1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 17:36:43.70 ID:VIcYGciIO

セレナ「そう・・・」

シトロン「そうですか?美味しいですよセレナの料理!」

ユリーカ「セレナおかわり!」

セレナ「う、うん」

サトシ「やっぱりタケシぐらい料理が上手くないと。な?ピカチュウ」

ピカチュウ「ピカ」

セレナ「・・・ごめんなさい」

ユリーカ「サトシってそのタケシって人が好きなんだね!」

サトシ「俺、ポケモン以外に興味ないから」

ピカチュウ「ピカ」

シトロン「サトシのポケモン愛や常軌を逸してますね!ハッハッハ」

サトシ「それがポケモントレーナーだぜ!そうだろピカチュウ!」

ピカチュウ「ピカ」





元スレ
セレナ「どう?美味しい?」 サトシ「うーん。微妙かな」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1390466203/


 
 
3:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 17:44:59.77 ID:VIcYGciIO

セレナ「作り直すね」

サトシ「あ、待てよセレナ」

セレナ「え?」

サトシ「タケシなら作り直したりしないぜ」

セレナ「じゃあどうしたら」

サトシ「食べるよ」

ピカチュウ「ピカ」

セレナ「あ、ありがとう」

サトシ「それとそのエプロン少し染みがついてるぜ」

サトシ「タケシならもっと衛生面しっかりしてたよなピカチュウ」

ピカチュウ「ピカ」

セレナ「・・・」





5:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 17:52:17.19 ID:3rfl0jN70

タケシタケシうるせぇぇぇぇぇ





8:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 17:58:36.65 ID:dwIFSaWSO

正直タケシのハイスペックさは他キャラには及びもつかないから仕方ないな

親友、家事炊事、物知り、屈強、ギャグ、エロ、そこそこの強さ、兄貴分、旅歴の長さ…

セレナには荷が重い





9:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 17:58:37.04 ID:VIcYGciIO

シトロン「へえ。そのタケシって人と長い間旅を」

サトシ「うん。大人の女の人に惚れては耳引っ張られたりしてさ」

ピカチュウ「ピカ」

サトシ「面白い奴だったよ。ハッハッハ」

ピカチュウ「ピカカッカッカ」

ユリーカ「さっきからタケシの話しかしないね」

セレナ「うん」

サトシ「セレナとユリーカもこっち来いよ!タケシの話してるんだから」

ユリーカ「行こセレナ」

セレナ「私、洗い物あるから」

サトシ「そんなの後でいいだろ?タケシならみんなで分担してたぜ」

ピカチュウ「ピカ」





10:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 18:07:41.48 ID:VIcYGciIO

シトロン「そろそろ寝ましょうか」

ユリーカ「私も眠くなってきちゃった」

サトシ「・・・寝るなよ。タケシの話してるんだぜ」

ピカチュウ「ピカ」

サトシ「な?」

セレナ「そ、そうだよね!わ、私もタケシの話聞きたい!」

ユリーカ「おやすみなさい・・・」

サトシ「ったく仕方ないな。ユリーカは寝てもいいよ」

シトロン「ええーっ!ユリーカだけですか!?」

サトシ「タケシなら小さいユリーカに無理はさせない」

シトロン「は、はあ」

サトシ「ユリーカのお兄ちゃんだろ?タケシは立派な兄貴だったぜ」





11:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 18:13:52.90 ID:VIcYGciIO

シトロン「タケシの話だけで数時間経過しましたね」

セレナ「サトシってタケシに事が好きなのかな?」

シトロン「ま、まさか。ホモじゃあるまいし」

セレナ「でもサトシがホモだったら」

シトロン「仕方がありませんね・・・ここは僕が何とかしましょう!」

セレナ「あ、シトロン!」

サトシ「タケシと一緒に走ってトラックに追いついたりしてさ」

セレナ「へ、へえ」

ピカチュウ「ピカ」





13:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 18:21:36.74 ID:VIcYGciIO

シトロン「できましたよ!見てください!」

サトシ「何だそれ」

シトロン「メカタケシです!今日から僕達と一緒に」

サトシ「ピカチュウ。10万ボルト」

ピカチュウ「ピカ」

シトロン「そ、そんな!せっかく作ったのに!」

サトシ「シトロンの気持ちは凄い嬉しいよ。でもさ」

サトシ「タケシはもっと皆を包み込んでくれる温かさがあるんだ。わかるだろ?」

シトロン「軽率でした。ごめんなさい」

サトシ「いいよ別に。でもまたタケシを侮辱したら本気で怒るからな」

ピカチュウ「ピカ」





14:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 18:28:25.01 ID:VIcYGciIO

サトシ「夜が明けて来たな。朝御飯の時間だ」

セレナ「洗い物するの忘れちゃった。ごめんサトシ」

サトシ「俺が洗っとくからいいよ」

セレナ「でも炊事洗濯は女の仕事だって」

サトシ「みんなでやる事だろ?タケシならそういうぜ」

セレナ「う、うん」

サトシ「もっと自信持てよセレナ!」

セレナ「タケシみたいに?」

サトシ「そうタケシみたいに。頼むぜセレナ!」





16:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 19:05:20.39 ID:VIcYGciIO

セレナ「美味しい?」

サトシ「普通かな。タケシならもっと塩味効かせてたかな」

セレナ「(タケシ・・・どうしたら私はタケシになれるんだろ)」

ピカチュウ「ピカ」

サトシ「は?臭い?そういえば六日ほど風呂に入ってないもんな」

ユリーカ「どこかにお風呂ないかな?」

シトロン「・・・よし!任せてください!僕が」

サトシ「近くに川があったよな。そこで身体を洗おうか」

シトロン「・・・」

サトシ「どうしたんだよ?さっさと行こうぜ」





17:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 19:15:14.23 ID:VIcYGciIO

サトシ「ふぅ・・・」

ユリーカ「どうして川なのお兄ちゃん?」

シトロン「恐らくタケシの教え・・・タケシの」

サトシ「セレナも見てないでこっち来て」

セレナ「わ、私も脱ぐの?」

サトシ「そうだよ」

セレナ「(タケシなら脱いでるはず)うん!私も入る!」

ユリーカ「私たちも行こデデンネ!」

デデンネ「デ」

サトシ「じゃあまずセレナが俺の背中流して俺がユリーカの背中流すから」

シトロン「ぼ、僕はセレナですね!」

サトシ「いやシトロンはデデンネを洗えよ。セレナ女の子だぞ」

シトロン「すみません」

サトシ「女の子は大切にしろってタケシ言ってたんだから」





19:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 19:21:56.85 ID:dwIFSaWSO

もし、これをカスミ時代からやってたとしたら………

ちょっとジュンサーさん呼ばなきゃ





20:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 19:22:49.24 ID:VIcYGciIO

サトシ「ユリーカ。股もちゃんと洗うからな」

ユリーカ「何で?」

サトシ「タケシがヒカリやハルカに言ってたんだ」

サトシ「股は洗えって。大事な部分らしいぜ」

ユリーカ「へえ。会ってみたいな〜タケシに」

サトシ「・・・それはできないな」

ユリーカ「どうして?」

サトシ「男と男の約束ってやつかな」

ユリーカ「ふーん」

セレナ「洗い終わったよサトシ」

サトシ「洗い終わった?ちょっと待てよ大事な場所忘れてるぜ」

セレナ「だ、大事な場所って」

サトシ「チンコ」





21:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 19:32:58.57 ID:VIcYGciIO

セレナ「これでいい?」

サトシ「チンコは大事な部分だから。何れ使うらしいぜ」

セレナ「つ、使うって。まさか」

サトシ「せっくすする時に使うんだって。セレナは知ってるか?」

セレナ「し、知らない」

サトシ「女の子に股にチンコ入れて腰振るんだって。タケシが言ってた」

セレナ「へ、へえ・・・」

サトシ「けどそんな事して意味あるのか?」

セレナ「ほ、ほら・・・こ、子供を」

サトシ「子供?」

セレナ「ううん。やっぱりいい」

サトシ「カスミ達も教えてくれなかったんだよな。気になるぜ」





23:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 19:43:28.09 ID:VIcYGciIO

サトシ「あーサッパリした」

ピカチュウ「ピカ」

サトシ「え?シトロンの洗い方がイヤらしかったって」

セレナ「そうなのフォッコ?」

フォッコ「フォフォフォ」

セレナ「どういう事なのシトロン!?」

シトロン「ち、違いますよ・・・僕は・・・」

サトシ「あ、そうだ。シトロンさ俺がぬ、脱ぐ時さジロジロみてたよな」

シトロン「何で見なくちゃいけないんですか!」」

サトシ「見たけりゃ見せてやるよ」

サトシ「やっぱり気になるよな?タケシも言ってたんだよな。他人のチンコは気になるって」

セレナ「(サトシのおちんちん・・・)」

サトシ「遠慮するなよ。ホラホラ」





24:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 19:51:55.26 ID:VIcYGciIO

ユリーカ「大丈夫?」

シトロン「タケシ・・・貴方はサトシに一体何を吹き込んだのですか」

セレナ「タケシと居る時のサトシって楽しそう。この写真もこれも」

フォッコ「フォフォフォ」

セレナ「自分に自信を持てって?けど私とタケシじゃ」

フォッコ「フォフォフォ」

セレナ「タケシは男セレナは女。うん、わかってるけど」

フォッコ「フォフォフォ」

セレナ「ありがとうフォッコ!私頑張ってみる!」

フォッコ「フォフォフォ」

セレナ「タケシには無い私だけの事をすればいいんだね!」

フォッコ「フォフォフォ」





28:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 20:29:09.57 ID:VIcYGciIO

セレナ「サトシ!あのね」

サトシ「セレナ。この洗濯物乾いてないよ」

セレナ「えっ・・・ごめん」

サトシ「謝らなくてもいいぜ。けど今度から注意してくれよ」

セレナ「うん」

サトシ「タケシはもっと要領よくやってた」

ピカチュウ「ピカ」

サトシ「けどセレナは旅なんて始めてだから仕方ないよな。そう落ち込むなよ!」

セレナ「うん。ねえサトシ」

サトシ「どうした?」

セレナ「やっぱりいいや。今度から気をつけるね」





30:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 20:39:19.96 ID:VIcYGciIO

セレナ「タケシはタケシ。私は私」

セレナ「私、タケシに負けない!」

シトロン「頑張ってくださいね」

ユリーカ「セレナならタケシを越えれるよ!」

サトシ「行こうぜ。ほら早く」

シトロン「あ、はい」

ユリーカ「セレナがタケシを超えるって言ってたよサトシ!」

シトロン「こ、こらユリーカ!」

サトシ「タケシを?無理だぜ」

セレナ「・・・」

サトシ「だってセレナ女の子だろ。無理だよ」

セレナ「・・・」

サトシ「どうした?そんな顔して」

セレナ「(サトシはタケシを信頼してる心の底から・・・やっぱり私じゃ)」

サトシ「セレナ?」

セレナ「サトシ・・・私・・・さようなら!」

サトシ「あ、待てよセレナ!どこ行くんだよ!」

ピカチュウ「ピカ」





31:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 20:51:10.41 ID:VIcYGciIO

セレナ「サトシ!ずっと好きだったのに!」

セレナ「それなのに・・・サトシのバカ!」

「うわっ!」

セレナ「ご、ごめんなさい!私よそ見してたものだから」

「いいよいいよ。君こそ大丈夫か?」

セレナ「え、はい・・・あの貴方はもしかして」

「ん?」

セレナ「タ、タケシ・・・さん・・・?」

タケシ「そうだけど。どこかで会った事あるかな俺達」

セレナ「は、始めまして!私サトシと旅をしてるセレナです!」

タケシ「サトシと・・・そうかサトシと」





32:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 20:52:16.64 ID:dwIFSaWSO

タケシキター

そしてなんか察してるしwwww





33:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 21:05:07.04 ID:VIcYGciIO

タケシ「そうかサトシがそんな事を」

セレナ「タケシさん私」

タケシ「タケシでいいよ。セレナはサトシの事が好きなんだな」

セレナ「いや私は・・・」

タケシ「サトシは鈍感だからな〜女の子の気持ちに気が付かないんだ」

セレナ「私タケシになりたい。サトシが求めてるタケシのように」

タケシ「無理して何かになろうとするなよ。セレナは今のままでいいんじゃないか」

タケシ「サトシだって解ってくれるはずさ。あいつはいい奴だから」

セレナ「うん」

タケシ「さてそろそろ行くよ」

セレナ「待って!せめてサトシに会ってから」

タケシ「まだ俺とあいつは会えない。俺達が今度会う時は」

タケシ「俺がポケモンドクターとしてサトシがポケモンマスターになるまでは」

サトシ「おーい!セレナー!」

タケシ「どうやらサトシが来たみたいだ。頑張れよセレナ」

セレナ「うん!ありがとうタケシ!」

フォッコ「フォフォフォ」





34:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 21:20:19.95 ID:VIcYGciIO

タケシ「全くサトシは相変わらずだな」

ラッキー「ラッキー」

タケシ「どうしたラッキー・・・これは酷い怪我だ」

「おう、待てぃ!そのポケモンは俺のものだぞ」

タケシ「お前の?違うだろこの子は野生のポケモンだ」

「先輩。何なんですかこいつやっちゃいましょうよ」

「お、そうだな」

タケシ「お前達ポケモンハンターだな」

「そうだよ」

タケシ「こんな事をして罪悪感はないのか!」

「ま、多少はね?」

タケシ「そうか・・・どこの地方にもお前らのような悪が栄えるものだ」

タケシ「お前らのような悪党は俺が喝を入れてやる!」

「ま、まずいですよ先輩!こいつ・・・」

タケシ「お前ら人間じゃねぇ!」





36:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 21:35:56.48 ID:VIcYGciIO

サトシ「ごめんなセレナ。何か怒らせちゃって」

セレナ「いいよいいよ気にしなくて」

シトロン「何かいい事でもあったんですか?」

セレナ「ううん。何でもないよ」

ユリーカ「みんな揃ったねデデンネ!」

デデンネ「デ」

サトシ「さあ行こうぜみんな!」

セレナ「うん!」

フォッコ「フォフォフォ」

ホルビー「ホホホ」

ピカチュウ「こうしてサトシとセレナの仲はより強くなった」

ピカチュウ「だが例えタケシに認められても」

ピカチュウ「カスミ、ケンジ、マサト、ハルカ、ヒカリ、デント、アイリス」

ピカチュウ「さらにシゲル、ヒロシ、ジュン、シンジも残っている」

ピカチュウ「タケシとの戦いは序章に過ぎない。まだ始まったばかりだ」

ピカチュウ「道のりは険しいぞセレナ」








37:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 21:57:23.08 ID:+wLiu/t90







40:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 22:38:39.50 ID:dwIFSaWSO

乙。

ということはピカが挙げた人達編も…?





42:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/23(木) 23:10:37.48 ID:JFFLEIRDO

BWのメンツがヤケにあっさり別れたのはタケシ力が足りなかったせいか






カテゴリー「ポケットモンスター」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件