1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 18:48:52.92 ID:I6DkIshYP

リオレイア「あなた、はいお弁当」

リオレウス「いつもありがとうな」

リオレイア「いえいえ、いつもお勤めご苦労様です」

リオレウス「じゃあ行ってくる」

リオレイア「いってらっしゃい」

イビルジョー「レーウスくーん!!あーそーぼ!!」

リオレウス「ぶふぉっ!?」

リオレイア「どうしたのあなた!?」

リオレウス「い、いや!問題ない!!」





元スレ
ニュース速報(VIP)@2ちゃんねる
イビルジョー「≪高難度≫俺のアナルに未曾有の脅威!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1392457732/


 
 
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 18:50:58.61 ID:I6DkIshYP

リオレウス「貴様……いったい何をしにきた……」ギロリ

イビルジョー「あれ朝からおかんむり?」

イビルジョー「いやー、早く起きちまったけど暇でさあ」

リオレウス「私は暇じゃない、今から仕事だ」

リオレウス「あと私の巣には寄りつくなといっていたよな……?」

リオレイア「あなた、まだ出発しないの?」

リオレウス「ああ、すぐに出る!」

リオレウス「お前ちょっとこっちにこい」

イビルジョー「ちわーっす」

リオレイア「あら、おはようございます」

リオレウス「さっさとこんかッ!!」





5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 18:52:58.63 ID:I6DkIshYP

リオレウス「本当にお前は何を考えているんだ……」

イビルジョー「俺は常にエロいことしか考えてないぜ!」

リオレウス「良くわかったつまり何も考えてないんだな?」

リオレウス「っと、お前と馬鹿やっている暇はもうないな」

イビルジョー「さっきいってた仕事ってなんよ」

リオレウス「ああ、火山への出張だ」

イビルジョー「飛べるっつってもだいぶ遠いだろ」

イビルジョー「毎日通ってんの?」

リオレウス「まあな」

リオレウス「嫁も単身赴任は許してくれないし、仕方あるまい」

イビルジョー「火山かあ……俺まだ行ったことねえんだよなあ」

リオレウス「連れて行かないぞ?」

イビルジョー「まだ俺何もいってないんだけど」





6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 18:54:59.32 ID:I6DkIshYP

イビルジョー「あれ?もしかして誘ってるう?」

リオレウス「……お前を連れて行ったら100%トラブルを引き起こすだろう」

イビルジョー「断られると俄然興味湧いてきたのですが」

リオレウス「……」

イビルジョー「ねえ連れてって!連れてって!!」

リオレウス「駄目だ」

イビルジョー「やだやだ!!俺も火山いきたいよおおお!!」ジタバタ

イビルジョー「レウスおじさんのお仕事見学したいよおおお!!」ジタバタ

リオレウス「いい大人が恥ずかしいとは思わんのか……」

イビルジョー「こういう羞恥プレイってアリかな?」

リオレウス「ナシだよ」





7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 18:56:59.43 ID:I6DkIshYP

リオレウス「はあ……お前を説得するなど無理か」

イビルジョー「お、連れて行ってくれる気になったか」

リオレウス「時間が無くなった、急ぐぞ」ガシッ

イビルジョー「ちょ!痛い!?爪めっちゃ食い込んでるんだけど!!?」

リオレウス「自分の重さを考えろ、持ち上げるのに手加減できるか」

リオレウス「海のど真ん中に投下されたいのならそうしてやるが?」

イビルジョー「すみません我慢します」

リオレウス「よし行こうか」バサア

イビルジョー「やばい俺の中のドMな部分が目覚めそう…///」

リオレウス「そんなに海に沈むのが好きか?」

イビルジョー「ごめんなさい黙ります」



ラギアクルス「……さっき空にすごいものが飛んで行った気がする」





8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 18:58:58.66 ID:I6DkIshYP

リオレウス「着いたぞ」

イビルジョー「……まだ痛むんだけど、背中に爪痕残ってない?」

リオレウス「唾でもつけておけ」

イビルジョー「位置的に無理だっての」

イビルジョー「それともレウスが舐めてくれたりする?」

リオレウス「……もう到着してしまったが言っておこう」

イビルジョー「スルーかよ」

リオレウス「ここでは私とお前は他人だ」

イビルジョー「え?」

リオレウス「お前が引き起こすトラブルに巻き込まれてはかなわんからな」

リオレウス「そもそもトラブルを引き起こすようなこと自体するなよ?」

リオレウス「誰にも話しかけないこと、いや見つからないことがベストだな」

イビルジョー「俺信用無さ過ぎじゃないですかね」

リオレウス「身から出た錆だろう、当然の扱いだ」

リオレウス「そういうワケだから付いてくるなよ」テクテクテク





9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:00:58.58 ID:I6DkIshYP

イビルジョー「……」

イビルジョー「……気づかれなければどうと言うことは無い!」

イビルジョー「というわけで早速尾行開始だ」

イビルジョー「くっくっく……俺のスニーキングスキルを舐めるなよ」コソコソ


リオレウス(……あれで隠れているつもりか)

リオレウス「はぁ」

リオレウス(いちおう忠告はしたし後は無視しよう)


リオレウス「すみません、遅くなりました」

ウラガンキン「珍しく時間ギリギリだのう」

リオレウス「ちょっと朝方にくだらない輩に絡まれましてね」

ラングロトラ「大丈夫でやんしたか?」

イビルジョー「くっくっく」コソコソ

リオレウス「……」チラッ

リオレウス「……ああ、何も問題ない」





10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:02:58.01 ID:I6DkIshYP

リオレウス「そういえば主任、亜種ガンキンさんの具合は」

ウラガンキン「ああ、この前のハンターに大分手こずりおってな」

ウラガンキン「大事を見てあと一ヶ月ほど養生するそうじゃ」

ウラガンキン「その間、こっちもワシの管轄になる」

リオレウス「そうですか……」

ラングロトラ「元気だすでやんす」

ラングロトラ「レウスさんが間に合わなかったのは悪くないでやんすから」

リオレウス「そうだな、主任もいることだし気を切り替えていこう」

ウラガンキン「さて、今朝のハンターどものベースキャンプの様子だが……」

リオレウス「はい、じゃあ私は今日はここでスタンバイするので……」

ラングロトラ「ではあっしはこちら側から……」


イビルジョー(……なにコレつまんねえ)コソコソ





11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:04:57.83 ID:I6DkIshYP

弓「くらえっ!!くらえっ!!」ピシュン

リオレウス「ふんっ」カキン

片手剣「弓、距離が遠すぎる!!」

片手剣「もっと近くで狙え!!」

弓「は、はい!!」グググ

片手剣「おい馬鹿、今から火球くるぞ!!」

片手剣「溜めるのやめて回避しろ回避!!」

弓「え?」ピシュン

リオレウス「はっ!!」ボフン

弓「」

片手剣「弓いいいいいいいいいいいいい!!」

狩猟笛「大丈夫、ギリギリで乙ってないわ!」

片手剣「悪い、もう粉塵が残ってないからお前が回復してくれ」

狩猟笛「じゃあ私が連れて一旦エリア切り替ますね」ガシッ

片手剣「すまないかりかりぴー子、頼んだぞ!」





13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:07:00.65 ID:I6DkIshYP

ランス「喰らえ閃光玉!!」ポイッ

リオレウス「喰らうか!」クルン

片手剣「後ろ向いてたから当たってないぞ!気をつけろ!!」

ランス「え?」ピカー

リオレウス「はいはい毒爪毒爪」ガツン

ランス「うごあっ!」

片手剣「なぜガードしなかった!?」

ランス「うーあー、頭が回るう……」デュクデュク

ランス「っと早く回復せねば」ガシャン デュクデュク

ランス「あ、武器しまうつもりで間違えて出しちゃった」ガシャン デュクデュク

ランス「えーっと解毒薬解毒薬」デュクデュク

ランス「あったあった」デュクデュク

ランス「いただきm

[力尽きました]

片手剣「ランスうううううううううううううっ!!」





14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:08:59.02 ID:I6DkIshYP

弓「すみませんぴー子さん……」

狩猟笛「いいから弓、待ってて」

狩猟笛「今から回復旋律吹くからね」ジャリン

イビルジョー「あー、意外と暇だなあ」ヒョイ

弓「あ」ゴリッ

イビルジョー「あれ、なんか引っかけたか?」

弓「」

[力尽きました]

狩猟笛「弓いいいいいいいいいいいいいいいっ!!」

イビルジョー「うわハンターじゃねえか」

狩猟笛「くっ、さっきのエリアに戻って……」

ラングロトラ「見つけたでやんす」ゴロゴロゴロ

狩猟笛「きゃあっ!!」ドンッ

イビルジョー「背中痛いのにこれ以上痛いの嫌だよ帰れよ」ブンッ

狩猟笛「ぐへっ!」ズザアアアア





15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:11:02.66 ID:I6DkIshYP

片手剣「ぴー子!!戻ってきたのか!?」

片手剣「さっき弓が倒れたってメッセージが……」

狩猟笛「ううう……」

片手剣「ってボロボロじゃないかどうした!?」

リオレウス「チェックメイト」ボフン

狩猟笛「」

片手剣「かりかりぴー子おおおおおおおおおおおおっ!!!」

[力尽きました]

[報酬金が0zになりました]

[これ以上復活できません]

ネコタク「旦那さん、お帰りはこちらだニャ」

片手剣「駄目だこいつら1年前からまるで成長していない」





17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:13:07.19 ID:I6DkIshYP

ラングロトラ「……」

イビルジョー(やべっ、見つかっちまった)

ラングロトラ「見かけない顔でやんすね?」

イビルジョー(レウスの野郎にまた怒られる……)

ラングロトラ「どうしたでやんすか、黙ったままで」

イビルジョー「……ちょっとこっちこい」

ラングロトラ「いったい何でやんすか?」

イビルジョー「おらっ!!」ガッ

ラングロトラ「うわっ!?」ゴロン

イビルジョー「ちょっくら失礼するぜ」ガシッ

ラングロトラ「あ、あっしを喰っても美味くないでやんすよ!?」ジタバタ

イビルジョー「安心しろよ、んなことしねえからよお」





20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:15:09.68 ID:I6DkIshYP

イビルジョー「ちょっくら面倒な理由があってよ」

イビルジョー「俺を見つけたこと黙っててくれね?」

ラングロトラ「離すでやんす!!」ジタバタ

イビルジョー「だから黙っててくれるって約束してくれたら離すって」

ラングロトラ「あんさんみたいな不審者を見つけて黙ってられるワケないでやんす!?」ジタバタ

ラングロトラ「っていうかそんな言葉信用できないでやんす!!」ジタバタ

イビルジョー「分からん奴だな……」イラッ

イビルジョー「黙らんと犯すぞ!」ギロッ

ラングロトラ「ひ、ひいっ!!」

ラングロトラ「あっしは雄でやんすよ……?」

イビルジョー「俺は雄の方が好きだけどー?」

イビルジョー(まあレウスの同僚を本気で犯すワケないけどな)

ラングロトラ「早くどくでやんすこの変態ッ!!」

イビルジョー「残念だが変態は俺にとっての褒め言葉だ、逆に興奮するぞ?」

ラングロトラ「嫌あああああああああっ!!」





21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:16:58.69 ID:I6DkIshYP

イビルジョー「嫌なら黙ってろよ、な?」

ラングロトラ「う……ううう」ポロポロ

イビルジョー「おいおい、これぐらいで泣きだすなよ……」

ウラガンキン「何をしとるかああああああああああっ!!」

イビルジョー「い゙っ!?」

ラングロトラ「主任っ!!」

イビルジョー(畜生、また余計な奴に見つかっちまった……!!)

ラングロトラ「助けてくれでやんす!!」

ラングロトラ「こいつ、あっしのことを犯すって!!」

ラングロトラ「雄でも関係ないって……ひっぐ……」ポロポロ

ウラガンキン「なんじゃと!?」ギロリ

イビルジョー「いや……あのですね?」





22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:18:58.37 ID:I6DkIshYP

ウラガンキン「ラングから離れんかああああっ!!」ドンッ

イビルジョー「ぐあああっ!!」ドサー

ウラガンキン「早く逃げろ!!」

ラングロトラ「ひいいいいいいっ!!」ゴロゴロゴロ

ウラガンキン「さてと……」ガシッ

イビルジョー「あ……」

ウラガンキン「ワシのかわいい部下を犯すじゃと……?」

イビルジョー「それは言葉の綾というか、嘘も方便というか!?」

ウラガンキン「じゃまかしい!!」

ウラガンキン「ノンケに手を出すとはホモにあるまじき行為じゃ!!」

イビルジョー「へ?」

ウラガンキン「お主のような他人の気持ちも分からん馬鹿者には……」

ウラガンキン「犯される方の気持ちを実際に教えてやらないかんのお」ボロン





24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:21:18.90 ID:I6DkIshYP

イビルジョー「あれオッサンもそっちの気のヒト!?」

イビルジョー「じゃないお願い待って!!言い訳させて!!」

ウラガンキン「言い訳など必要なかろう」

ウラガンキン「現行犯をきっちり押えたんじゃ、言い逃れできまい」グニッ

イビルジョー「ちょっ!?いきなりは無理!!オッサンのデカ過ぎ!!」

イビルジョー「ちょっとは慣らして!!前戯プリーズ!!」

ウラガンキン「強姦される身にそんなものあるか!!」

イビルジョー「お、俺は初めての奴にいきなりぶっ挿したことなんてねえぞ!?」

ウラガンキン「ほお……前科持ちか」

イビルジョー「いかん墓穴掘った!」

ウラガンキン「じゃあ益々遠慮はいらんのお」

イビルジョー「無理無理!!裂けるって!!」

ウラガンキン「ふんっ!!」ズプッ

イビルジョー「ぐああああああああああっ!!」





25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:23:06.51 ID:I6DkIshYP

ウラガンキン「ふんっ!ふんっ!!」パンパン

イビルジョー「痛い!!痛いってオッサン!!」

ウラガンキン「その割にはおっ勃ておって……」グリグリ

イビルジョー「そりゃ痛いけど挿入れられたら誰だって……」ビンビン

ウラガンキン「仕置きが足りんようじゃのお!!」パンパン

イビルジョー「ひぎゃっ!?」ビクンッ

ラングロトラ「レウスさん!!こっちでやんす!!」

リオレウス「……」

イビルジョー「レ、レウス……?」

ラングロトラ「って主任!?なにしてるでやんす!!?」

ウラガンキン「この阿呆にお前の恐怖と痛みを教えとるんじゃ」パンパン

イビルジョー「み、未遂だったじゃないですかあ!?」

ウラガンキン「んなことは関係ないわい!!」パンパン





27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:24:57.93 ID:I6DkIshYP

イビルジョー「ちょ……レウス……助け……」

リオレウス「はあ?」

リオレウス「私を誰かと勘違いしていませんか?」

イビルジョー「ッ!?」

リオレウス「私の可愛い後輩を強姦しようとする輩は知り合いには居ませんが?」

イビルジョー「そ、それは誤解なんだよ……」

リオレウス「黙れよ強姦魔」

ウラガンキン「往生際が悪いやつじゃ」パンパンパン

イビルジョー「ひぎいいっ!!」

ウラガンキン「悔い改めんかいっ!!!」びゅるるるる

イビルジョー「んあっ……!」どぴゅ

リオレウス「ラングはこんな汚いものみないでいいからな」サッ

ラングロトラ「主任……」





29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:26:22.51 ID:kPw/vsya0

主任優しい





30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:27:00.61 ID:I6DkIshYP

イビルジョー「はあ……はあ……」ボロボロ

ウラガンキン「まったく、近頃の餓鬼は」ぬぷっ

ラングロトラ「主任……あの」

ウラガンキン「おうラング、もう心配せんでいいぞ」

ウラガンキン「この馬鹿モンはワシが足腰立たんようにしてやったからのお」

ラングロトラ「ええっと……その……」

リオレウス「なあ、ラング」

リオレウス「私たちが知ってる主任と、そこに転がっているバカ」

リオレウス「同じ生き物だと思うか?」

ラングロトラ「それは……」

リオレウス「それに、私たちが知ってる主任が無暗に他人に襲い掛かってくると思うか?」

ラングロトラ「それはないでやんすが……」

リオレウス「じゃあそういうことだ」

リオレウス「あのヒトは信用できる、どういう趣味であってもだ」

ラングロトラ「は、はいでやんす!」





31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:28:58.86 ID:I6DkIshYP

ウラガンキン「それじゃ仕事に戻るぞ」

リオレウス「主任、アレはどうします?」

ウラガンキン「しばらくは動くこともできまい、捨て置け」

ウラガンキン「いくぞ、ラング」

ラングロトラ「はいでやんす!」

リオレウス「……おい、バカ」ボソボソ

イビルジョー「レウスうう……違うんだよぉ……」ポロポロ

リオレウス「事情は後々聴くとして」

リオレウス「今日は連れて帰れんからな」

イビルジョー「え?」

リオレウス「こんな大事をしでかしたお前と一緒にいられるか」

リオレウス「誰かに見られたらどうする?」

リオレウス「しばらくは不慣れな土地で頭を冷やすんだな」

リオレウス「じゃあな」

イビルジョー「」





32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:30:58.12 ID:I6DkIshYP

―その日の晩―

ガンガンッ

ウラガンキン「誰じゃい、こんな時刻に……」

イビルジョー「ううう……」ポロポロ

ウラガンキン「なんじゃ、昼間の坊主か」

イビルジョー「おうちに帰れなくて……お尻も痛くて……ひぐっ」ポロポロ

イビルジョー「知ってるヒト他にいないし……寒いし……」ポロポロ

ウラガンキン「反省したか?」

イビルジョー「うん……」グスッ

ウラガンキン「仕方ないのう」

ウラガンキン「上がれ上がれ」

イビルジョー「うわあああんん!!オッサン!!オッサあああああん!!」ギュウウウ

ウラガンキン「こりゃ抱きつくな暑苦しい!!」





33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:32:59.99 ID:I6DkIshYP

―次の日の朝―

イビルジョー「今日から一緒に働かせてもらう、見習いのイビルジョーです!!」

リオレウス「……」

ラングロトラ「……」

ウラガンキン「心を入れ替えて今日から皆と働く事になった」

リオレウス(どうしてこうなった……)

イビルジョー「ラング先輩!!昨日はサーセンっした!!」ドゲザー

ラングロトラ「お、おう」

ウラガンキン「さて、今日のワシは炭鉱夫どもを適当に轢いてやらなきゃならんのでな」

ウラガンキン「悪いがリオレウス、新人教育は任せたぞ」

リオレウス「……了解です、主任」

イビルジョー「よろしく頼んますぜ!レウス先輩!!」

リオレウス「……はあ」





34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/15(土) 19:34:58.63 ID:I6DkIshYP

イビルジョー「いやあ、話してみれば気のいいオッサンでさあ」

リオレウス「ここではウラガンキンさんのことは主任と呼べ」

イビルジョー「はいはい」

イビルジョー「そういうことで、亜種ガンキンさんだっけ?」

イビルジョー「が復帰するまでの一ヶ月、俺住み込みで働くことになったからよ」

リオレウス「遅刻してもいいからお前の話を断るべきだった……」

イビルジョー「しかし、オッサンには大切なことを教えられたよ」

リオレウス「お前にしては珍しく殊勝なことを言うな」

リオレウス「それで何を学び取ったんだ?」

イビルジョー「ああ」

イビルジョー「前戯は時間をかけてしっかりじっくりと!!」グッ

リオレウス「……お前に一瞬でも期待した私がバカだった」



おわり






カテゴリー「モンスターハンター」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件