1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:05:35.71 ID:AkJPVieH0

コナン「博士、いい年してそんなもん見て楽しむのかよ・・・」

阿笠「日曜日の朝はプリ○ュアまでバッチリじゃぞい」

コナン「うわぁ・・・」

阿笠「とはいえさすがにデパートの屋上にわし一人で行くのも恥ずかしいんでのう」

コナン「少年探偵団の保護者役として、ってことか。めんどくせー。休日はFPSで時計型ショットガンで無双したいのによー」

阿笠「そう言うでない。それにな、歩美くんや元太くんはもちろん、新一や哀くんにも楽しめるように仕掛けがあるぞい」

コナン「・・・?俺や灰原が楽しめる?一体何があるんだよ」

阿笠「ホッホッホッ、それは当日のお楽しみじゃよ。気になるんだったら一緒に来るんじゃなwwww」

コナン「ちっ、そう言われたら行くしかねーじゃねえか・・・」





元スレ
ニュース速報(VIP)@2ちゃんねる
阿笠「新一、ヒーローショーを見に行くぞい」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1392739535/


 
 
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:08:59.91 ID:AkJPVieH0

〜〜〜米花町デパート屋上〜〜〜

歩美「わー!すごい人だねー!」

阿笠「仮面ヤイバーショーはもちろん、プ○キュアショーもこの後開催じゃからな!」

元太「昼飯のうな重食ったら眠くなってきたぜ・・・」

光彦「今日はヒーローショーを見に来たんですよ!寝ちゃ何しに来たかわかりませんよ元太くん!」

灰原「やれやれね・・・さて、いったい何があるのかしらね?」

コナン「博士が俺達も楽しめる、って言うぐらいだ・・・ただの大きなお友達も楽しめるヒーローショーってわけじゃないだろう・・・」

歩美「あ!そろそろ始まるみたいだよ!」





7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:11:08.89 ID:AkJPVieH0

怪人「モクモクモク・・・子供がいっぱいいるリベラ!!」

女「やめて!みんなには手を出さないで!」

怪人「うるさいリベラ!」ドカッ!

女「キャアッ!」

怪人「モクモクモク!どの子供を連れて行ってやるリベラ・・・?お前に決めたリベラ!」

光彦「え?僕ですか?」

コナン(なるほど・・・読めてきたぜ)

コナン「やったな!ステージに上がれるぜ、光彦!」

阿笠「こんな機会はめったにないぞい!」

元太「いいなー光彦!」

光彦「そうですね・・・では、行ってきます!」





11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:14:53.91 ID:AkJPVieH0

女「大きな声でヤイバーを呼んでみよー!」

「「「ヤイバー!!!!」」」

女「あれー?来ないなー?もっと大きな声で呼んでみよう!」

「「「「「「ヤイバー!!!!」」」」」」


ヤイバー「か弱き子どもたちの未来を守るため・・・!仮面ヤイバー参上!覚悟しろ!シケモク怪人!」

怪人「お、おのれ、ヤイバー!この場でニコチンとタール漬けにしてくれるわ!」

ヤイバー「トゥッ!」

歩美「頑張れー!ヤイバー!」

元太「負けるな!そこだ!ヤイバー!」

コナン「光彦がステージに上げられたこと以外は何もおかしいことはない・・・」ヒソヒソ

コナン「てっきりステージに上げられた光彦が怪人にボコボコにされると思ったんだが・・・」ヒソヒソ

灰原「ええ・・・結局何もないままにクライマックスね」ヒソヒソ

コナン「博士、本当に何かあるんだろうな・・・?」

阿笠「ホッホッホッ、盛り上がったころがいいかと思ってのう。そろそろいい頃合いかのう」ヌギッ





14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:18:19.46 ID:AkJPVieH0

ヤイバー「トドメだ!シケモク怪人!」

???「待つんじゃ、ヤイバー!」

ヤイバー「だ、誰だ!?」

???「ワシじゃよ」

ヤイバー「いや・・・誰っすか・・・」

???「わしの名は、セーラーキュアアガサマギカウィザードじゃよ」

アガサ「アガサと呼んでくれていいぞい☆」

ヤイバー「お、おう」

光彦「は、博士!何やってるんですか!」



コナン「お、おい!博士のやつ!セーラー服に特撮もののヘルメット被ってるぞ!」

灰原「絶望的にセンスがない上に、体型のおかげでさらにひどいことになってるわね・・・」





15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:20:30.60 ID:AkJPVieH0

アガサ「ところでヤイバーよ、何故シケモク怪人を攻撃しているのじゃ」

ヤイバー「え、それはこいつが悪であるからだ!」

アガサ「本当にそうかのう?実際にシケモク怪人が悪事を働いていたところを見たのかのう?」

ヤイバー「実際も何も、こうしてかよわい子供を誘拐しているではないか!」

アガサ「その“かよわい子供”というのが間違いじゃよ」

光彦「え?」

ヤイバー「なん・・・だと・・・?」

アガサ「元々シケモク怪人は捨てられたシケモクの回収をし、それを糧に生活しておる。ただそれだけじゃ。気性は穏やかなんじゃよ」

ヤイバー「では・・・なぜこの子を誘拐しようと・・・?」

アガサ「簡単じゃよ。シケモク怪人もまた正義の心を持っているのじゃよ」

ヤイバー「い、一体何を言っているんだ!ま、まさか・・・」

アガサ「そうじゃ・・・この子供こそが真の倒すべき悪、怪人フレックル、またの名を光彦なんじゃよ!」ババーン

光彦「え?え?ちょ、ちょっと待ってくださいよ・・・」





16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:22:33.22 ID:AkJPVieH0

コナン「おいおい、結局光彦かよ・・・」

灰原「彼に流れを持ってくのはいつものことだけど・・・今回は無茶がありすぎて・・・」

コナン「い、いや、待て灰原!見てみろ周りを・・・」



子供A「た、たしかに・・・!シケモク怪人はお姉さんを突き飛ばしただけで・・・」

子供B「何にも悪いことをしてない・・・実は悪いやつじゃないんじゃ・・・」

黒服A「あ、兄貴!すごい展開になってきやしたぜ!」

黒服B「ああ・・・まさか人質の子供のほうが黒幕とはな・・・熱い展開になってきたぜ」


コナン「周りが・・・!博士の口八丁に乗りつつあるんだ・・・!」

灰原「ステージは観客の空気も重要・・・観客を乗せることで不可能を可能にしようとしているのね!」





17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:23:36.52 ID:w59XmQFW0

兄貴…





18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:24:13.24 ID:ot3KvXtI0

なぜお前らがいる





19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:24:47.91 ID:AkJPVieH0

ヤイバー「そんな・・・!どうしてそんなことが言えるのだ!」

アガサ「彼の顔をよく見るんじゃ・・・何処かで見覚えがないかのう?」

ヤイバー「ペロッ、この味は・・・光彦!では・・・俺は間違えていたというのか・・・」

アガサ「間違いは誰にでもある。問題は過ちを犯したあとにどうするか。そうじゃろう?」

ヤイバー「すまない、シケモク怪人」

怪人「謝る前にすることがあるリベラ・・・ここでヤツを倒すリベラ!」

ヤイバー「ああ、力を貸してくれ!アガサ!シケモク怪人!そして、ステージの前のみんな!」

女「みんなでヤイバーたちを応援しよう!」

「「「「ヤイバー頑張れー!」」」」





20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:26:19.54 ID:YQtTuS/Wi

味で光彦ってわかるのかよ・・・





21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:26:38.01 ID:AkJPVieH0

光彦「え?え?そんな、いったいどういうこt」

ヤイバー「ヤイバーパァーンチ!」ドゴォッ

光彦「げぼっ」

怪人「シケモクスモーク!」プハァー

光彦「ゴホッゴホッ」

アガサ「キュア・アガサ・フィナーレ!」ドシーン

光彦「ぐええっ」

女「ここで次のステージのプリキュ○たちも乱入ダァーッ!!!」

○リキュアA「キュアドライバー!」

プ○キュアB「キュアバスター!」

「「「キュアドッギング!!!」」」ドゴーン

光彦「ぐああああああ」





22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:28:20.76 ID:AkJPVieH0

歩美「すごーい!滅多に見れない合体技のキュアドッギングだ!」

元太「すげぇ・・・すげえぜ・・・」

コナン「おいおい、すごいことになってきたじゃねーか、何の発明もなしで・・・口八丁だけでこんな」

灰原「彼を侮っていたわ。発明しか取り柄がないデブだと」

コナン「見なおしたぜ博士!」

灰原「人は見かけによらないものね」



黒服A「うおおおおおお!頑張れみんなああああああああ!」

黒服B「クックックッ、今日のショーは最高だ・・・わざわざ見に来た甲斐が合ったぜ」





23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:30:35.92 ID:AkJPVieH0

アガサ「そろそろトドメじゃ!いくぞ、みんな!よーし、この時計型軽機関散弾銃で」ズドドドドドドドドドド

光彦「ぎゃああああああああああああああああああああ」ドカーン

ヤイバー「やった!」

怪人「悪は滅びたリベラ!うっ」ガクッ

プリキュアA「大丈夫!?シケモク怪人!」

怪人「あ、足元がふらついただけリベラ・・・」

ヤイバー「すまない・・・俺の攻撃のせいでこんな・・・」

怪人「気にするな、俺達はこんな見た目リベラ・・・怪人と間違えても仕方ないリベラ」





24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:31:43.92 ID:AkJPVieH0

黒服B「なるほどな・・・」

黒服A「どうしたんですか?兄貴?」

黒服B「人を見かけで判断してはならない。という教訓にもなっているんだ、このショーは」

黒服A「た、たしかに!シケモク怪人が実は良い奴でしたね!」

黒服B「ヒーロー物は熱い戦いに目が行きがちだが、それではただプロレスを見るのと変わらない」

黒服B「どこかに子供たちへの示しとなる“教訓”がなければヒーロー物とは言えない」

黒服B「今回はそれを忘れずに俺達に見せてくれた。まったく、最高だったぜ・・・!」

黒服A「さすが兄貴!」





25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:33:28.28 ID:AkJPVieH0

歩美「今日のショーすごかったね!」

元太「大声で応援しすぎたせいで腹減っちまったぜ」

阿笠「ホッホッホッ、帰りに何処か寄っていくかのう?」

コナン「まったく、博士もいいもん見せてくれたぜ・・・」

灰原「人は見かけだけで判断してはならない、それを私達に教えてくれたのね」

コナン「ああ!そうだな!だって・・・」

「「「「真実はいつも一つ!」」」」

コナン「だからな!」


君たちもよく見かけで判断してしまってはいないだろうか?
それは時には真実から目を背けてしまっているのだ。
真実を見極めたければ見てくれだけに囚われず、よく考えなければならない。
そう、真実はいつもひとつなのだから・・・


End





26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:34:41.76 ID:AkJPVieH0

プリキュア見逃した腹いせに書いたおわり





28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:39:05.59 ID:zyErZXDJ0

光彦が何をしたって言うんだ!!





29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/19(水) 01:43:09.00 ID:xrI8xERjO

シケモク怪人てマサルさんに出てきた奴じゃねーかwww






カテゴリー「名探偵コナン」のSS一覧
SS宝庫のオススメSS
 

最新記事50件