1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 21:46:22.64 ID:yiLIzpBYO

姉「やだぁ…怖い…」

アナル「モォォォォ」

姉「何て言ってるの?」

アナル「ンモォォォォッ」

姉「お願いだから静かにして!」






 
 
8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 21:53:35.02 ID:yiLIzpBYO

姉「どうしよう…なんでアナルがしゃべるようになっちゃったんだろう」

アナル「スイヘーリーベ…」

姉「でっ…でも早く学校に行かないと!」

急いでトイレから出る姉





12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 21:58:38.08 ID:yiLIzpBYO

-電車

アナル「マイフレンド…」

クスクス クスクス

姉(もう!電車の中ではしゃべらないでよっ!)
ベシッ

アナル「アゥ」

女児「あのお姉さん お尻から声が聞こえるよ!」

マザー「見ちゃダメザマス」

クスクス クスクス

姉(恥ずかしいよぉ)
カーカッカッカァァァァ





14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 22:04:37.69 ID:yiLIzpBYO

-学校

姉「おはよう」

アナル「グッモ…」

あけみ「今日も姉は美しいなぁ」

ともえ「男も女も魅了するって すごいよね」

姉「そんなことないよ」

アナル「モォォォォッ」

姉「あっ…」

ハナコ「姉さん 今 尻から声がしただ!あだすは聞いたど」

姉「えっ?どういうこと?」

あけみ「お尻から声なんてするわけないじゃん!」

アナル「スイヘーリーベ…」

ハナコ「やっぱり しゃべっただ!!」

姉「もうっ…やだぁ…」





15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 22:06:41.96 ID:uVIK0ICZ0

僕の船





18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 22:08:28.67 ID:yiLIzpBYO

-トイレ

姉「もう!学校では しゃべらないでっ!」

アナル「メンゴ…」

姉「みんな…私のことカッコイイとかクールとか思いこんじゃってるから 勝手なことされると困るの!」

アナル「ボビン…」

姉「…ごめん…私もちょっと言いすぎちゃった」

アナルを優しく撫でる姉





19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 22:12:13.38 ID:yiLIzpBYO

先生「今日はテストだよ」

カリカリカリッ

姉(あれっ…ここの問題なんだったっけぇ)

姉(えーっと…えーっと…)

アナル「クリプトン…」

姉(えっ!?)

アナル「クリプトン…」

姉(ありがとう!あなたのおかげで助かったわ!!)
カリカリカリッ





20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 22:13:11.90 ID:S5bKc97zi

あなるはどこから見てるんだ





21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 22:16:18.87 ID:yiLIzpBYO

-弁当の時間

ミキ「今日のテスト!元素記号のとこしか わからなかったよ」

あけみ「私も でも姉は全部わかったでしょ」

姉「ギリギリね」

姉(私は元素記号のとこがわからなかったのになぁ)

姉(やっぱりお母さんが作るからあげはおいしいなぁ)
バリバリッ

アナル「ハングリー…」

姉「!」

アナル「ハングリーハート…」

姉「ごめん!みんな!ちょっとトイレ行ってくるね!」

あけみ(もしかして生理?)





22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 22:20:06.67 ID:yiLIzpBYO

-トイレ

クパァ☆

アナル「アイムハングリー…」

姉「やっぱり!お腹が空いてたのね」

姉「ちょっと待ってね」

グイッ

からあげをとって
アナルに食べさせる

姉「おいしい?お母さんが作ったからあげなんだ!」

アナル「マイウ…」
ムシャムシャ

姉「そんなに急いで食べると お腹壊しちゃうよ」

アナル「ア…リ…ガ…アゥ」

姉「気にしないで…さっきのテストのお礼よ」





23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 22:22:12.35 ID:HtPOTo5y0

口から入れたものはケツから出る
ケツから入れたものは・・・





24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 22:29:23.36 ID:yiLIzpBYO

-お風呂

姉「はぁ」

姉が湯船に浸かる

アナル「ビクッ」

姉「あっ…ごめん…起こしちゃった?」

アナル「バブル…」
ブクブク

姉「水の中でしゃべると泡が出てくるの?これじゃあ 私がおならしてるみたいで嫌だなぁ…」

バシャ

姉「なんであなたは突然しゃべるようになったの?」

アナル「モォォォォッ」

姉「もう…やっぱり答えてくれない…」





26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 22:40:26.45 ID:yiLIzpBYO

-姉の部屋

アナル「ミーミー」

姉「心配しなくても ずっといっしょだから」

姉「なんでおまんこやクリトリスはしゃべらないのに あなたはしゃべれるの??」

アナル「ピーヤ」

姉「…」

姉(なにか特別な力でもあるのかな)





27:米田 ◆YONE/zixE6 :2014/01/03(金) 22:45:23.54 ID:SIQAxyoQ0

  _, ,_    
(  ゚д゚ )   
( ∪ ∪    
と__)__)旦~~





28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 22:47:11.98 ID:S5bKc97zi

>>27
ヨネさんそんな顔しても・・・





29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 22:49:42.19 ID:yiLIzpBYO

姉は最初 しゃべるアナルに驚いたが
どんどんアナルと打ち解けていき
アナルがしゃべるようになって
2週間が経ったある日のこと

アナル「ラスタ…」

ザワザワ

姉(もうっ…!!電車ではしゃべらない約束でしょ!)

アナル「アゥ…ラァァーッ」
ブルブル

姉(さっきからどうしたの!?)

アナル「コラップス…」

ブッ

姉「?!!」

ブリブリブリッ

ミチミチィッ

姉「?!?!?!」

なんとアナルが電車内で
ウンコを漏らしたのだ!!





30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 22:56:46.92 ID:yiLIzpBYO

姉はお腹は全く痛くなかった
これはアナルが勝手に『吐き出した』という表現が適切だろう

姉「キャッ…嫌ァァァァッ!!」

ザワザワ

『凄ェ!!』

『あんなかわいい娘がウンコ漏らしてるぜ』

姉「もう最悪!!なんてことするの!?」

アナル「アゥ…」

ダッ

姉は急いで電車を降り
駅のトイレにこもった

姉「うぅ…シクシク」
グスンッ

アナル「メンゴ…」

姉「謝って許せるわけないじゃない…ひどいよ…こんなの…ひどいよォォォォ…」

アナル「メンゴ…」





31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 23:01:06.46 ID:yiLIzpBYO

姉「嫌い!」

アナル「モォォォォ…」

姉「大嫌い!しゃべらないでッ!!」

アナル「抜いてください…」

姉「えっ」

アナル「ケツ毛をいっきに5本抜くと ワチキは消えます…」

姉「…」

姉「そう」
ブチブチブチッ

シュンッ

姉のアナルは普通のアナルに戻った





32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 23:06:22.09 ID:S5bKc97zi

けつげ濃いのか





33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 23:07:45.69 ID:yiLIzpBYO

-家

姉「ただいま」
ガチャ

母「お姉ちゃん?!」

妹「お姉ちゃんッ!!!!」

母「大丈夫だった?!どこもケガはない!?」

姉「プライドはズタズタだけど ケガは…ないよ…??」

妹「あ…あのねェ…お姉ちゃんがいつも乗る電車が脱線事故起こしたんだぁ…乗客の人はみんな死んじゃったみたい…それで帰りも遅いし…」

妹「ずっと…お姉ちゃんが…死んだって思ってた…!!」

母「本当に生きててよかったわ」

姉「えっ…!?いったいどういうことなの?!」





34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 23:12:59.31 ID:u/MqBdkP0

腸展開





35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 23:13:20.28 ID:yiLIzpBYO

脱線事故を起こしたのは
たしかに姉が乗っていた電車だった
あのまま次の駅まで行けば確実に姉も
事故に巻き込まれて死んでいた
しかし 姉が…いやアナルが
いきなりウンコを漏らして電車を降りたことで
姉は事故には巻き込まれなかったのだ

きっとアナルは本能で姉の危険を察知していたのだろう
だからウンコを吐いて姉を電車から降ろしたのだ

姉「そ…そんな…私はそんなことも知らないで…アナルにあんなひどいことを…」

姉「ごめんね…ごめんねアナル…あなたは私を守ってくれたんだね…!!」

姉はアナルを撫でるが
アナルがしゃべることはなかった





40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 23:22:14.03 ID:yiLIzpBYO

数年後

そこには娘と風呂に入る姉の姿が

幼女「おかーさん?なんでわたしのなまえは『なるみ』なの??」

姉「えぇーっ?それはねー」

姉「昔 お母さんが死にそうなときに 助けてくれた人がいたけど」

姉「私のせいでその人は 消えてなくなっちゃったんだぁ…」

姉「…なるみはきっとその生まれ変わり…だからその人の名前を少し借りたの」

幼女「あ!はつこいのひとだー」

姉「あったりー」

アナル「スイヘーリーベ…」

姉「?」

幼女「おかーさん さっきなにか言った?」

姉「んーん なにも」

姉(気のせいかな…?)








41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 23:23:24.35 ID:XGBtZVQw0

乙「パンツ」





43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 23:26:24.50 ID:S5bKc97zi

おつ





44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 23:26:31.14 ID:uLTXkjiM0

感動して....いいんだよな?





45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 23:28:01.62 ID:ufj2XxnJ0

泣いた





46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/03(金) 23:31:39.91 ID:Gtp+TFq00

泣かせるね





関連記事
お嬢様「私のア○ルが…しゃべっている?!」


カテゴリー「神・幽霊・妖怪・不思議・奇妙」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件