1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 00:24:35.17 ID:gLmUTVqt0

セレナ「あのね…サトシ」

シトロン「セレナー!サトシー!旅の準備は出来ましたかー?」

サトシ「え、ああ、うん!」

シトロン「じゃあ次の街へ出発しましょう!」

ユリーカ「わーい!」

セレナ「ごめん、サトシまたあとでね…」

サトシ「え…あぁ!」







 
 
6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 00:30:18.29 ID:gLmUTVqt0

〜ショウヨウシティ〜

ユリーカ「ショウヨウシティとうちゃーく!」

シトロン「やっとつきましたね!」

サトシ「よっしゃあ!早くジム戦だ!!」

セレナ「………」

シトロン「何言ってるんですかサトシ、もう夜ですよ?ジム戦は明日にしましょう」

サトシ「そうだなー今日はゆっくり休むか」

セレナ「………」

シトロン「どうしたんですかセレナ、ずっと無言ですよ?」

セレナ「いや、なんでもないよ!」






8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 00:32:45.98 ID:gLmUTVqt0

〜ポケモンセンター〜

シトロン「えぇ!?どの部屋も満室なんですかー!?」

ジョーイ「はい、すみません…」

ユリーカ「そんなあ……」

サトシ「仕方ない!今日は野宿だな!」

ピッピカチュウ
セレナ(ドキッ…)
シトロン「そうですねぇ…」






10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 00:36:17.65 ID:gLmUTVqt0

サトシ「あそこの林の中とかどうだ?ポケモンいなさそうだし」

シトロン「そうですね、あそこがちょうど良さそうですね」

ユリーカ「野宿なんて初めてだから怖いよお」

セレナ「………」

サトシ「なあ、セレナ、本当に大丈夫か?さっきからなんも話してないけど」

セレナ「う、うん、全然平気!ただ野宿がちょっと不安なだけ!」

サトシ「大丈夫!なんかあったらすぐに知らせてくれ!俺とピカチュウが守ってやるぜ!」
ピッピカチュウ

セレナ「あ、ありがと……」





11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 00:40:27.71 ID:gLmUTVqt0

就寝時間

シトロン「もうそろそろ寝ましょうか!」

ユリーカ「お兄ちゃん怖いよお…」

シトロン「ユリーカ、今日は僕と寝ましょう」

ユリーカ「うん…、セレナは野宿平気?」

セレナ「う、うん…サイホーンレースの合宿でしたことあるから、だ、大丈夫…」

サトシ「俺とピカチュウは何度もやったことあるから平気だぜ!」
ピッピカチュウ

シトロン「では皆さん、おやすみなさーい!」





14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 00:45:23.54 ID:gLmUTVqt0

ホーホー

シトロン「スースー」

ユリーカ「ズガァァァ」

セレナ「ねぇ…ねぇ…サトシ…」

サトシ「う、うーん?うん?なんかあったのか!?」ガバ!

セレナ「何にもないよ…落ち着いて…」

サトシ「な、なんだよ…おどろかせやがって…」

セレナ「ピカチュウは……?」

サトシ「寝てるよ」





15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 00:48:12.06 ID:gLmUTVqt0

セレナ「よかった……、サトシ、あのね…今日の話の続きがしたいんだけど…」

サトシ「ああ、そういえばなに?」

セレナ「あのね…」

サトシ「うん…」





17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 00:52:38.24 ID:gLmUTVqt0

セレナ「私今回の旅が初めての旅なの…だからこの旅で自分が少しでも大人になれてたらいいなあ…って思うのね」

サトシ「旅は人を成長させるって言うもんな…」

セレナ「だから……だからッ!!」

サトシ「うん?」

セレナ「その、なんてゆーか….」

サトシ「なんだよ、はっきり言えよ…?」





19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 00:55:20.24 ID:gLmUTVqt0

セレナ「私と……私と……」

サトシ「ん?」

セレナ「え…え………」

サトシ「?」

セレナ「エッチして!!!!!!」

サトシ「!?!?!?なにいってんだよ!?だって俺達まだ……」

セレナ「そんなの関係ないよ!お願い!お願い!!」

サトシ「おい、ちょっとまてよ……」





23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 01:04:12.83 ID:gLmUTVqt0

セレナ「私は…早く大人になりたいの!!もうママに馬鹿にされたくない!!」

サトシ「セレナ………」

セレナ「サトシがその気がなくても私はヤるよ!」ガバ‼︎マッパダカ‼︎

サトシ「お、おいセレナ………」

セレナ「サトシぃ…」

サトシ「ば、ばか!のるなっ!」

セレナ「どう、私の胸は…大きい?」

サトシ「あぁあ……」

セレナ「はやく、舐めて……エッチって最初は女の子の胸を舐めるところから始めるのよね…私知ってるわ…」

サトシ「…………」

セレナ「早く……」

サトシ「ペロッ…ちゅぱちゅぷぺろ」

セレナ「ぁぁん…あぁぁぁ…んっ」





25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 01:07:37.42 ID:gLmUTVqt0

セレナ「きもちぃ…この感覚さいこぅ…あぁぁんんあはぁぁん…んっ」

サトシ「ちゅべろちゅぴゅるじょろっう」

セレナ「ぅん、んんっ…」

サトシ「セレナのおっぱい…おぃしいよぅ…ちゅぷちゅぱべろ……」

セレナ「もっとなめてぇ……もっとは、はげし、んっ…はげしくぅぅ!」

サトシ「んんんっ、べろ……ちゅぱっ!んんん!!!」





28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 01:11:15.24 ID:gLmUTVqt0

セレナ「はぁはぁはぁ…きもちぃ……」

サトシ「はぁはぁはぁはぁ…おぃしかったぜ…………」

セレナ「あら…なにかしらこの突起物…」

サトシ「セレナ………もう今日はここまでで……」

セレナ「なにかしらぁ……」
サワサワ

サトシ「セ、セレナ………やめ…やめ……てくれ」

セレナ「んふぅ……」





31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 01:14:39.62 ID:gLmUTVqt0

セレナ「ちょっと覗いちゃおうかしら…」
チャックパカー
サトシ「待ってくれ…今日はもう……ぁあ」

セレナ「寝かせないわよ……」

サトシ「ぁぁん…ああ」

セレナ「うわぁ…おっきいのね…シコシコ」

サトシ「やめてく……れ…!やめてください…んァァァァ…」

セレナ「太くて…おっきい……」シコシコ

サトシ「あぁぁぁんん」





34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 01:25:25.67 ID:gLmUTVqt0

セレナ「ちょっと味見しょ……」

サトシ「まってく……ぁぁん」

ペロッ

ビクンビクン

サトシ「ぁぁぁぁぁ……」

セレナ「い、いただきま…す」
パクリトナ

サトシ「うっぎぎぎ…」

セレナ「ぅんぅん……ジュルジュル」

サトシ「ああぁぁぁぁ」

セレナ「はほひのおひんほおいひい(サトシのおちんこおいしい)!」

サトシ「ぅんぅん………あぁ…セレナ………」

セレナ「じるジュルジュルじゅぼ」





35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 01:26:11.03 ID:gLmUTVqt0

サトシ「セレナぁぁぁぁぁ……さいこうだぜぇぇぇ…うぅんぁぁぁ」

セレナ「じゅぼじゅぼジュルジュル」

サトシ「う……あああああああ!!!セレナ離れてくれ!はやく!!」

セレナ「いやら!んっんっ……ジュルジュル」

サトシ「うわぁぁ!!!」

ドビュルルルッピョッイ‼︎


セレナ「………」

サトシ「ご、ごめん、セレナ……おれ…」





37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 01:29:28.57 ID:gLmUTVqt0

セレナ「せいしってこんな味するんだ…案外いけるかもっ!マカロンと合わせたらおいしそう……」

サトシ「セ、セレナ……?平気なのか……?」

セレナ「うん、なんか大人になってるって感じがする!それにしてもサトシはポケモンバトルは強いのに夜のバトルは弱いんだね……」

サトシ「そ、それは……」

セレナ「じゃあサトシ、い、いれて…」





38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 01:31:25.89 ID:gLmUTVqt0

セレナ「あ、その前に……」

サトシ「ん…?」

セレナ「わ、わたしのその…わたしのパルシェン掃除してくれる…?」

サトシ「パルシェン……」

セレナ「ダメなんて…言わせないわ……」

サトシ「わ、わかったよ……」





39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 01:32:35.32 ID:CdVIjWtr0

わたしのパルシェンでじわじわくるwww





42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 01:38:24.33 ID:gLmUTVqt0

セレナ「は…はい…どうぞ……」
パルッシェッ‼︎

サトシ「こ、これが……」

セレナ「早くしてぇぇ!!」

サトシ「あぁ…クチュクチュクチュ、んぅぐぅ…う、うめぇん……」

セレナ「ぁぁぁぁぁ……あぁあんああ!」

サトシ「セレナぁぁぁぁぁ!マカロンよりおぃしぃよぉぉぉ!!クチュクチュクチュクチュ」

セレナ「ぁぁんん!もっと、もっとぉぉぉ!」

サトシ「べろべろべろぐにゅぐにゅ!!」

セレナ「んぁぁぁっっっっ!!!」
パルシェンノシオフキ‼︎

サトシ「んんんんんっ!!!」





43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 01:43:23.23 ID:gLmUTVqt0

サトシ「はぁはぁはぁ…」

セレナ「サトシ…だあぁいすき……」

サトシ「セ、セレナ……」

セレナ「じゃぁ…サトシいれて……」

サトシ「セ、セレナ!もういいだろ今日は……もう夜遅いし……」

セレナ「いやだ…絶対にやる……」

サトシ「セレナ…もういいだろ…」

セレナ「サトシ…やるよ!!」





45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 01:51:30.16 ID:gLmUTVqt0

セレナ「じゃぁ…サトシ、いくよ……」

サトシ「セレナ………わ、わかった……」
デュルデュルデュルスポッ

セレナ「………はいった……はいったあんあぁぁんんん」

サトシ「うっぎぎぎ…セレナ………」

セレナ「私が動くよぉ……あんあんあんっ!あん!あ!んん!んぅ!」
パコパコパコ

サトシ「ぁ、ぁん!セレナきもちいよ!セレナいいぞ!こんじょうだ!あっ!いいぞー!せれなぁぁぉ………」

セレナ「サトシだいすき……サトシのが奥におくに…っさとし!んぁぁぁっっっっ!あんはああんあんあ!!!んぁぁ!」
パコパコパコ

サトシ「セレナぁぁいいぞぉ!愛してる愛してるぞぉ!セレナぁぁぁぉ!!」

セレナ「サトシいいわぉぉぉんー!っんふぅ!」カミヲウシロニタバネル

サトシ「ぅぁぁぁ、セレナ交代だぁぁ!次は俺がぁぁ」

セレナ「いいわよぉっふぅ!!」





46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 01:56:56.10 ID:gLmUTVqt0

サトシ「いくぜぇぇうぉぉぉっ」
パコパコパコ

セレナ「いいわぁぁっんふぅぅぅっあ」

サトシ「ぁぁぁぁぁ……んっんっんっ」
パコパコパコ

セレナ「サトシぃぃぃ、私のおっぱいが暇してルゥゥゥぁんっ」

サトシ「ぁぁぁぁぁ……いただくぜぇっんっふぅ」ペロペロチュパチュパパコパコパコ

セレナ「うんっっっあぁぉんっっ」

サトシ「愛してるッ愛してるっぁ…、腋がこんなにひらいてるぅっ、なめるぞぉっふう」

セレナ「そこもなめてぇぇぇぇっぅ!」

チュパチュパチュパペロペロペロペロ コウカハバツグンダ‼︎

サトシ「あぁぁんんっ、あぁ!あ!おう!」

セレナ「わ"だじをメチャクチャにしてぇ!だいすき!愛してる!さとしぃぃ!」

サトシ「おれもだぁぅぁぁぁ!!」
ペロペロクチュクチュパコパコパコ‼︎





49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 01:58:26.42 ID:gLmUTVqt0

サトシ「いくぅいくぅ!もうむりだぜぇっ!むりだいうくぅぅ!」

セレナ「うぇるかむぅぅぅ!!」

サトシ「愛してるぜぇ!セレナぁぁぁ!」

セレナ「わたしもぉぉお!サトシぃぃ!」

ドビュルルルッピョッイ





51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 02:07:01.39 ID:gLmUTVqt0

ホーホー

セレナ「ありがとね…サトシ…」

サトシ「え…?」

セレナ「私、サトシのおかげで一歩大人になれた気がする」

サトシ「そっか……」

セレナ「あぁ….たのしかった……もう一回やろうよ!」

サトシ「ええぇ…もういいだろぉぉ!」

セレナ「うふふ….冗談…」

サトシ「なんだ…」

セレナ「でもまた野宿したら……」

サトシ「……」

セレナ「………いい…?」

サトシ「勿論いいぜ!今度は俺が攻めるぜ!」

セレナ「うふふ…サトシったら……」

2人「アハハハハハハハハハ」





52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 02:10:52.69 ID:CdVIjWtr0

今までのヒロインは変化球な感じだったけどセレナは直球だよな





53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 02:16:20.81 ID:gLmUTVqt0

パコパコパコパコパコパコ
ユリーカ「ねぇおにぃ……ちゃんっあ」

シトロン「なんですかユリーカっっ…あっんっ」

ユリーカ「遠くでサトシの声したけど起きちゃっ…ぁんっっ、っんふぅっ、起きちゃったのか……なっっ?…」

シトロン「そんなことありませんよぉ……さぁっっユリーカ集中してってあっっ…」
パコパコパコ

ユリーカ「そ、そだね……あんっぁんっおにぃっっちゃ……んっあんんぁぁぁっ」
パコパコパコ





54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 02:17:10.47 ID:gLmUTVqt0

シトロン「まさか僕達がこんなことする何て想像もしないでしょうねっっあんっあっっ」
パコパコパコ

ユリーカ「おにぃっっちゃ……ん……あんあんぁんぁんっ」

シトロン「ユリーカっっ…いくよっ!いくっよ!今こそサイエンスが未来を…っユリーカを切り拓くときっっっ!!!!!」

ユリーカ「ぁんああああんっ!」

ドビュルルルッピョッイ‼︎

ユリーカ「おにいちゃん…だいすき…」
シトロン「僕もですよ…ユリーカ」

フラダリ「なるほどあの少年達が…面白くなってきたな!フハハハハッ‼︎ 」


END





56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/19(木) 02:21:44.17 ID:CdVIjWtr0



このパーティーヤバ過ぎwwwww






ポケットモンスター Y
ポケットモンスター X
カテゴリー「ポケットモンスター」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件