1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:17:15.37 ID:ecEL+VtT0

サトシ「ん?あれは・・・もしかしてルカリオじゃないか」

セレナ「ホントだ、こっちに来るわよ」

ルカリオ「ガオ!」

コルニ「ちょっとまってよルカリオ!一体どうしたの・・・!」

サトシ「うおー!かっこいいなあ!このルカリオ、君のルカリオなの?」

ピカピカキラリーン

コルニ(あ、なにこの子・・・か、かっこいい♥)

コルニ「そ、そう//あたしの///アナタが発する波動に引き寄せられたのかも///(あたしがかも///)」アセアセ

セレナ(む、もしかしてこの子サトシに一目惚れしたんじゃ・・・)






 
 
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:19:41.18 ID:ecEL+VtT0

ルカリオ「ガオガオン!」ジー

セレナ「?」

コルニ「ルカリオどうしたの?その娘を見て」

セレナ「私?」

ルカリオ(うおめっちゃかわいい//コルニタンみたいなスポーツ系もいいけどこういうギャル系めっちゃ好みだわ〜)

ルカリオ「ウォオオオオオオオオオオン!!!!!!」

コルニ「もしかしてルカリオこのトレーナーさんが気に入ったの?」

ルカリオ「オオン!」コクコク

コルニ「分かったわ、ルカリオ・・・そこのアナタ!ポケモンバトルをしない?」バーン

ルカリオ「おーん(デュフwこの子に俺の強さをアピールしまくってやるぜ!)」

サトシ「いいぜ!俺もルカリオと戦ってみたいぜ!!」

ルカリオ(!? お前じゃねえよ!!)

セレナ「頑張ってサトシ!!」





4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:23:03.75 ID:ecEL+VtT0

コルニ(フフフ、バトルをすればサトシって子と急接近しちゃってその後あんな事やこんなことが///)

フラダリ「ちょっと待つんだサトシ!またバトルをするつもりか!」

サトシ「フラダリ!いいじゃないかバトルくらい好きにさせてくれよ〜」

セレナ「今回は私もフラダリに賛成よ!いつもポケモンバトルばっかじゃないサトシは!」

セレナ(なんだかこのバトル嫌な予感が・・・てゆーかあの子絶対サトシ狙ってるわ!)

ルカリオ「バウバウ!(もーうっせーなー、あの可愛い子ちゃんにいいとこ見せるのによぉ)」

コルニ「ルカリオもやる気みたいだし早くやりましょうよ(サトシくんとあたし相性いいかも♥)」

フラダリ「黙れ!!この犬っころ!!」

一同「!?」

フラダリ「ルカリオ・・・貴様がそんなに戦いが好きな野蛮なポケモンと言うのなら私が・・・」

フラダリ「粛清してやる!!!!!!」

サトセレコル「!?」

ルカリオ「え、なにこのおっさん・・・」





6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:26:47.51 ID:RUxwCAY00

この理不尽さwww





7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:28:04.51 ID:ecEL+VtT0

サトシ「勝負あったな」

コイキング「コーイコイ」ピチピチ

フラダリ「コイキングよ・・・もういい戻れ・・・」

コルニ「未熟なシシコとコイキングじゃ鍛えぬかれたあたしのルカリオには敵わないよ!」

ルカリオ(余裕っすよwwww次はあの生意気なガキじゃwww)

フラダリ「ふはは・・・君たちの本気!心地良かったよ!」

フラダリ「だがその力を何に使う!?その力で汚れた人間どもを変えられるのか?」

フラダリ「私に見えるのは、愚かな人間どもが自分のことだけを考え」

サトシ「ピカチュウ!避けろ!そこで10万ボルト!」

ピカチュウ「ピカ!」

コルニ「ルカリオ!グロウパンチ!」

ルカリオ「ウォウ!(え?なにこのピカチュウめっちゃ強いんですけど・・・)」

セレナ「がんばってサトシ!」

ルカリオ(糞!セレナタソがあの野郎の応援を!?)

フラダリ「今以上に奪い合う・・・悲しいみら」





8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:28:54.85 ID:ecEL+VtT0

コルニ「ハァハァ・・・アナタ強いね!良かったらシャラシティにこない?そこでジムリーダーをやってるのあたし!」

サトシ「マジで!?いくいく!お前とのバトルめっちゃ楽しかったもん!なあピカチュウ」

ピカチュウ「ピッカピカア!」

ルカリオ「ヴァウゥ(なんで・・・なぜピカチュウ如きに負けてしまったんだ・・・)」

セレナ「おつかれさまサトシ!ピカチュウ!さすがね!」

ルカリオ(あぁ・・・セレナタソがあんな奴らを・・・くそ・・・)

セレナ「ルカリオ、アナタもすごかったわよ!そう落ち込まないで」ナデナデ

ルカリオ「バウ!?(ぬおおおおおおおおおおおお!!!セレナタソに励まし&ナデナデしてもらったwwwwwwっw!!)」

コルニ「ルカリオ、アナタは頑張ったわ!今日は休んでね」ヨシヨシ

ルカリオ(おほおおおおおおおおお!コルニタンもええよおお!ポケモンやっててよかったwwwww)

フラダリ「世界はビジョンの無い人間どもに汚されていくのだ・・・」





9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:29:29.75 ID:ecEL+VtT0

セレナ「アナタ思ってたのと違って結構いい人かも!」

コルニ「え?それってどういう意味?まあそれはいいとしてサトシ!シャラシティで待ってる!」ピカーン

フラダリ「!?あの光はあの子の手・・・」

サトシ「ああ!絶対行く!」

コルニ「そ、そこには私のおじいちゃんもいるから紹介するね///待ってるから////」ピューン

セレナ「やっぱなんか嫌な感じ・・・」


フラダリ(・・・あの左腕のグローブ・・・あのこはまさか!?)

フラダリ「間違いない・・・スパッツ・・・健康的な肉付き・・・靭やかな腕と脚・・・」



フラダリ「まさしくスポーツ系!私好みの美しい少女だ!!」

サトシ「え?」

セレナ「全部聞こえてるんですけど・・・」

ピカチュウ「チャー」





13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:37:20.48 ID:ecEL+VtT0

シャラシティ

サトシ「そういえばここって前戦ったあの子がジムしてるとこだよな」

セレナ「そういえばそうね(あのサトシを狙ってる牝狐ね!サトシとあまり関わらせないように・・・)」

フラダリ「サトシよ、ここにはメガシンカおやじさんと言う人がいてだな、そこでごにょごにょ」

セレナ「へー、マスタータワーってとこでポケモンの修行ができるのね!」

サトシ「じゃあまずそこに行って見るか!」

セレナ(フラダリナイス!その空気を読まずに違う話をする才能、やっと役に立ったわね!)

フラダリ「ここがマスタータワーだ、見よこの芸術あふれる建造物を!実にすばらしい!」

コルニ「あら・・・アナタ!?サトシじゃない!」

メガシンカおやじ「コルによ、お客さんかのう?」

セレナ「あなたはあの時の!なんでいるの!?」

コルニ「だってここはアタシのお家でここで修行してるの!ねえおじいちゃん」

メガシンカおやじ「コルにはわしの孫じゃ、それはそうとこの子たちは?」

サトシ「俺はサトシ!こっちはピカチュウにセレナに向こうでブツブツ言ってるのがフラダリ」

ピカチュウ「ピカピカア」 フラダリ「この像はすばらしいぞサトシよ!こんなにs」





14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:39:56.72 ID:ecEL+VtT0

メガシンカおやじ「じゃあ御主達がプラターヌの弟子であったか!」

セレナ「博士を知ってるんですか?」

メガシンカおやじ「然様、奴はわしの弟子なのだからな」

サトシ「じゃあ博士もここで修行してたんですか!?」

おやじ「そうじゃ」

フラダリ「言わなかったかサトシ、博士はここでポケモンの限界を、メガ進化を調べていたのだ!」

サトシ「まじかよ!俺もそのメガ進化ってのを知りたいです!」

おやじ「ここにメガリンクと言ってメガ進化に必要なモノがあるじゃろ?試練を与えるからそれに合格すればメガ進化の継承者にする」

コルニ(チャーンス!継承者のあたしがサトシにメガ進化を伝授させてイチャイチャしてメガシンカ夫婦と呼ばれる日も///)

コルニ「じゃああたしがサトシにメガ進化を・・・」

ちょっと待って!

一同「!?」

セレナ「私、メガ進化を使いこなしたい!」

コルニ「なななな、なんでアナタが!?」





15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:41:34.73 ID:ecEL+VtT0

セレナ「私、今まで目標がなかった・・・けど今見つけた!それはメガ進化を使ってサトシにもっと近づきたい!」

セレナ「・・・じゃなくメガ進化を使ってポケモンの事をもっと知りたいの!(コルニにサトシは渡さない!)」

サトシ「セレナが!?よしわかった!俺はセレナを応援するぜ!」

コルニ「ちょちょちょっと待って!アナタじゃ無理よ!第一アナタはメガ進化させれるポケモンはいるの?」

セレナ「それは・・・(どうしようこのままじゃサトシとコルニのワンツーマンになってしまう!)」

フラダリ「そんな事は関係ないぞ!」

サトセレ「フラダリ?どうしたの?」

フラダリ「セレナよ、君はプラターヌ博士に選ばれた可能性を秘めている選ばれし子供だ」

フラダリ「君ならメガ進化も使いこなせよう」キリ

セレナ「フラダリ・・・」ウルッ

サトシ「フラダリは変人だけどホント偶には良い事言うんだよな!」

ピカチュウ「ピカチュー」

コルニ「・・・わかったわ、あたし間違ってた!そのアナタの熱い思い全力で受け止めます!」

ゴニョゴニョポン!

ルカリオ「ガオン!」





16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:43:09.59 ID:ecEL+VtT0

セレナ「キャ!」

ルカリオ「ワオン」スリスリ

コルニ「どうしたのルカリオ?」

ルカリオ「ガオン!(セレナタソいい匂いするなあ)」

セレナ「え?どうしちゃったんだろうなんだか私になついてるみたい」

コルニ「セレナ、もしかしたらルカリオはアナタと一緒に戦いたいのかも」

セレナ「私と?」

ルカリオ「ウォオ!?(セレナタソに使ってもらえるかも!?もしかしたら色んな意味でチャンスかもwデュフw)」

セレナ「そうなのかな・・・じゃあよろしくねルカ・・・」

フラダリ「ふざけるなああああああああああああああああああ!!!!」

一同「!?」

フラダリ「貴様はまたしても戦おうとしている!しかも主人に背いてだルカリオよ」

フラダリ「私は選別しなければならない・・・平和を望む心清き人間とポケモンは守り」

フラダリ「そうでない者は・・・貴様のような争いを好むポケモンは粛清する!」

サトシ「また始まったかあ(呆れる)」





19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:44:22.94 ID:ecEL+VtT0

ルカリオ(ふざけんなよこのボーボー鬣ポケモンモドキめ!折角のセレナタソとの愛のバトルの邪魔を!)

セレナ「ちょっとフラダリ!これは私の・・・」

フラダリ「いいや!これは争いを好む愚かなポケモンと私の問題だ!君が新たな道を開こうとした矢先にこんな俗物に邪魔されるのは我慢ならん!」

フラダリ「ここは私が止める!」

セレナ「フラダリ・・・(本当に面倒くさい人よね)」

サトシ「お、フラダリがするのか!応援してるぞ!」

フラダリ「サトシよ、君なら分かってくれると信じていたよ・・・」

ルカリオ「グルル・・・ガウ!(もう容赦しねえ!このカエンジシ野郎ぶっ飛ばす!)」

メガシンカおやじ「メガリングとメガ進化を伝授する者が決まったようじゃな・・・さあ頂上に行くのじゃ!」

コルニ「なんだかなあ」





20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:46:05.06 ID:ecEL+VtT0

コルニ「なんかルカリオがやる気十分みたい!フラダリと一緒に戦わなくていいの?」

ルカリオ「バウ!(誰があんなのと一緒に戦うか!俺はセレナタソと一緒がいいんだよ!)」

フラダリ「私は性根の腐ったポケモンを倒したいのだよ、それにこの前君に負けたコイキングがリベンジをしたいと言っている」

ルカリオ(ちょ、あの時のコイキングかよwwwこりゃチャチャッと終わらせてセレナタソと一緒にバトろw)

フラダリ「ゆけ!ギャラドス!」ボン

ギャラドス「グアアアアアアアアアアアアア!!」

ルカリオ「え?」

サトシ「この前ギャラドスに進化させたんだよなフラダリ!」

セレナ「ギャラドスは本当に強いんだから!頑張ってフラダリ!ギャラドス!」

ルカリオ(そんなの聞いてないよw、てかセレナタソがあんにゃろうどもの応援を!?)





23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:47:24.85 ID:ecEL+VtT0

コルニ「メガ進化よルカリオ!」

ルカリオ「ガオ!(ドヤァ!かっこいいだろw)」

ルカリオ(こうなったらちゃちゃっとやるか・・・)

コルニ「つるぎのまいで攻撃力を高めるのよ!」

ルカリオ「ガウ!(攻撃力を上げてボコボコにしてやるぜ!)」

フラダリ「ギャラドス地震」

ルカリオ「え?」

ゴゴゴゴドーン!グシャ

フラダリ「ギャラドス、もう一発だ」

グシャ

ルカリオ「」チーン





25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:48:24.46 ID:RUxwCAY00

ちょくちょくルカリオが喋るwwww





26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:49:06.88 ID:ecEL+VtT0

サトシ「すげー!フラダリが勝った!」

セレナ「フラダリすごーい!」

フラダリ「フハハハハ」

メガシンカおやじ「それではメガリングを授与する」

フラダリはメガリングを手に入れた

コルニ「フラダリ!アナタすごいのね!ルカリオもアナタの事すごいと思ってるわよきっと」

ルカリオ(ギャラドス怖い怖いもうや)

セレナ「ルカリオ、お疲れ様 疲れたでしょ?きずぐすりを塗ってあげるわね」ヨシヨシ

ルカリオ(セレナタソ・・・君は天使だ、決めた!セレナタソと添い遂げる!)

コルニ「? なんだかルカリオがあなた達と一緒に行きたがってる・・・そうだ!」

コルニ「ねえサトシ、ルカリオをあなた達と一緒に旅をさせてあげない?」

サトシ「ルカリオをか?いいぜ!パートナーは・・・」

ルカリオ「ぬほおおおおおおおおお!セレナタソと一緒に!?」

セレナ「やっぱりルカリオに勝ってメガリングを貰いメガ進化を使えるフラダリにしましょうよ!」

ルカリオ「は?」





27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:51:31.18 ID:ecEL+VtT0

フラダリ「しょうがない、私がこのルカリオを更正させよう」

ルカリオ(ちょっと待ってよ・・・こんなのと一緒はブラック企業以上にきついっすよ・・・)

セレナ「そうね♪フラダリとお似合いよルカリオ♪」

サトシ「そうだな!フラダリならきっとルカリオをかわいがってくれる!」

コルニ「フラダリ、ルカリオをよろしくね!」

フラダリ「お任せください、私がより良き世界の為このルカリオを使います!」

ルカリオ(いやだあ・・・いやだけど力が入らない・・・もう終わりだ・・・)

フラダリ「メガ進化・・・このメガルカリオ、どれだけのエネルギーがあるのかみものだな・・・」ニヤリ

終わり





28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:52:24.53 ID:5lSesUsC0

乙!





29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:53:08.93 ID:RUxwCAY00







30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:53:12.17 ID:QpxXl9E8O


メガギャラドスさんなしかw





31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:55:39.66 ID:ecEL+VtT0

やっぱエロで釣ったほうが伸びるかな
今回自分でもあんまおもしろくないと思ったし





32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:57:10.13 ID:5lSesUsC0

そんなことないよ
面白かった


俺もなんか書こうかな……





33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:57:50.01 ID:ecEL+VtT0

いつもこんな糞SS見てくれるお前らに感謝してるぜ!
おやすみ





34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:58:33.63 ID:QpxXl9E8O

そもそもこんな時間に書いといて伸びるかよw





35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:58:35.46 ID:RUxwCAY00

イチャイチャしとけばエロは別に欲しくないな





37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 02:01:30.16 ID:ecEL+VtT0

>>35
じゃあ考えとく



























フラダリで台無しにしてしまうかもしれんけど





39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 02:04:16.69 ID:RUxwCAY00

フラダリがいいアジだしてるから台無しはやだなww





41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 02:11:01.34 ID:Q9agT94l0

フラダリさんがナチュラルに絡んでてワロタ






ポケットモンスター Y
ポケットモンスター X
カテゴリー「ポケットモンスター」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件