過去の良作・時事ネタの再投稿です。
ピックアップ希望のSSがある場合は下記リンクからお願いします。
SS宝庫のオススメSS(2015/02/20追加済み)

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:13:12.75 ID:XyM0Oyhf0

蘭「アッ・・・、お帰り、コナン君。これはね膣内トレーニングしている最中なんだ」ムニムニ





3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:14:20.86 ID:vnhraV470

これこそ淫蘭





7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:14:53.82 ID:5V/OYBBg0

>>3
おう!





元スレ
ニュース速報(VIP)@2ちゃんねる
コナン「蘭姉ちゃんおま○こにカラーボール突っ込んで何してるの?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1386339192/


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:16:23.04 ID:XyM0Oyhf0

コナン「何?膣内トレーニングって?」

蘭「膣内の筋肉を強化して、締りの良いおま○こにするんだ!!そうすればきっと新一私のマ○コに夢中になって戻ってきてくれると思うんだ」ムニムニ

コナン「…そうなんだ。蘭姉ちゃんは筋トレ得意だからちょうど良いね!!」

コナン(きめえ女だな…)





11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:18:26.31 ID:XyM0Oyhf0

蘭「うん。カラーボールをおま○こでムニムニするだけで、おま○この締りが良くなっていくんだ!!」ムニムニ

コナン「でも、適度にしてね蘭姉ちゃん。部屋がマ○コの臭いで充満しているからすごい臭いんだ」

蘭「ごめんね。実は私半年おま○こ洗ってないんだ。おま○こ臭い方が、臭い嗅いだとき新一興奮すると思って。あとで換気しとくね」ムニムニ

コナン(お前の臭マ○コで誰が興奮するかよww)

コナン「じゃあ換気お願いね、蘭姉ちゃん。僕は博士の家に行ってくるね。じゃあね!!」

蘭「行ってらっしゃい!!」





12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:20:06.75 ID:qpJxjOuh0

これは博士に期待せざるを得ない





14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:20:43.04 ID:XyM0Oyhf0

〜アガサ宅にて〜

コナン「…ってわけなんだ。蘭の奴どう思う?博士」

アガサ「ワシは蘭君のマ○コの臭いだけで十分抜けるわい。是非嗅いでみたいのう」

コナン「俺はあんな奴じゃ興奮しねぇし、鍛えられた筋肉マ○コには興味ねぇよ。おれは灰原や歩美ちゃんみたいな純白マ○コでしか抜けねぇんだよ。勘違いうぜえし、マ○コ臭せえしで最悪だぜ」

アガサ「まあ、そう怒るんでない。君にはこれをあげるからぜひ使うと良い。その名も哀君のウンコ臭ルームフレグランスじゃ!!」





16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:22:31.54 ID:XyM0Oyhf0

コナン「なんだこれは・・・」

アガサ「これは、実際に哀君のウンコを使用しておるルームフレグランスじゃ!!」

コナン「なるほど、灰原のウンコ臭で蘭のマ○コ臭を消すのか!!ぜひ使わせてもらうぜ!!」





20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:24:15.55 ID:XyM0Oyhf0

〜後日〜

コナン「博士!!灰原のウンコ臭フレグランス最高だぜ!!蘭の臭いマ○コの臭いも消えるし一石二鳥だぜ!!」

アガサ「じゃろ。わしはそのフレグランスだけで射精してしまうわい。ところで新一、ちょうど昼飯を作ったところじゃ。一緒に食べんか」

コナン「おお、たまには博士の料理も良いな。何の料理だ?」

アガサ「これじゃ。その名も哀君の輪卵管パスタじゃ!!」





26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:27:22.98 ID:XyM0Oyhf0

コナン「なんだこれ?」

アガサ「哀君の輸卵管を使用したパスタじゃ。実際に哀君の輸卵管を使用しておる。哀君の輸卵管をクローン技術を使って複製したもの大量に採取して茹で、さらに哀君の経血を絡めて、卑猥な味に仕上げたぞい」

コナン「おお。香りだけで射精しそうだぜ!!」

アガサ「ちなみに経血は哀君に強制的に生理を起こさせる薬を投与し採取したぞ。なかなか大変だったぞ。」

コナン「さっそく頂くぜ。博士!!・・・おお!!いい感じに生臭くて美味いなww」





30: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/12/06(金) 23:30:08.19 ID:Ak97IKEZ0

読んでて吐きそうになるSSは初めてだ





31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:30:42.67 ID:PjAPQFr5i

想像したら・・いやできないわ





34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:31:44.22 ID:XyM0Oyhf0

アガサ「じゃろwwプロのシェフでも作る事が出来ない逸品じゃ!!あと哀君の羊水ジュースも用意したぞ」

コナン「おお、口直しにちょうど良いなww」

アガサ「じゃろ、生臭い後に酸っぱい味が最高じゃ。強制的に生理を起こさせる薬を投与した後、実際にセックスして妊娠させたのじゃww」

コナン「ご苦労だったな博士!」

ガサガサッ

コナン「誰だっ!!!」ダッ

アガサ「窓際で誰かが見ていたようじゃ。人影が見えたぞい」

コナン「どうやら博士の家、誰かに狙われてるみてぇだな。まさか、黒の組織か!!博士、灰原の命が危ねぇぞ!!」

アガサ「そんなに心配するのでない。どうせワシの発明の様子を見に来た者の仕業じゃろ」

コナン「とりあえず今日は帰るから、また何か不審な事があったら連絡しろよ博士!!じゃあな!!」





35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:34:25.69 ID:XyM0Oyhf0

〜後日〜

コナン「ただいま蘭姉ちゃん」

蘭「お帰りコナン君。遅かったね。もう夜だしごはんだから先にお風呂入るね。よかったらコナン君も一緒に入る?蘭姉ちゃんの引き締まったおま○こコナン君に見てあげるよ」

コナン(蘭には興味ねぇが、マ○コの様子も気になるし一応一緒に入るか)

コナン「うん。じゃあ入ろう!!」

蘭「じゃあ先にお風呂に行ってるね」





38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:38:35.33 ID:XyM0Oyhf0

〜風呂にて〜

蘭「ほらコナン君蘭姉ちゃんの筋肉おま○こよ」

コナン「わあ、すごいや。でも臭いからもういいや」

蘭「ホント遠慮深いんだから、コナン君は」

ポロッ

コナン「あれれ・・・蘭姉ちゃんのおま○こが外れちゃったよ・・・」

蘭「あらら、いけない」カチャッ

蘭「そういえばコナン君に言ってなかったね。蘭姉ちゃんのおま○こ取り外し式にしたんだ。こうすれば取り外し出来るから、新一が私のおま○こ持ち運びする事が出来るかなと思って」





42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:43:57.75 ID:XyM0Oyhf0

コナン「わあ、画期的だね」

蘭「ちなみにマ○コを取り外しても、取り外したマ○コとわたしの子宮頚部は異次元空間で繋がってるんだ」

コナン「どういうこと?蘭姉ちゃん」

蘭「つまり、新一が取り外したマ○コに中出ししたら、その精子が異次元空間を通って、ちゃんと蘭姉ちゃんの子宮に届くってことだよ」

コナン「わあ、いつでも妊娠できるね」

蘭「いつでも妊娠するリスクを背負っているマ○コこそ、本物のマ○コだって新一が言ってたからこうしたんだ。これで新一も喜ぶはずよ」

コナン「すごいや蘭姉ちゃん」

蘭「新一、事件で忙しいからきっと性欲溜まってると思って、蘭姉ちゃん頑張ったんだ。これで事件で日本全国どこへ行っても私とセックスできるからこれで私に夢中になるはずよ」

コナン「新一兄ちゃん喜ぶと良いね」

蘭「今度新一来たら渡すんだ!!」





43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:47:47.23 ID:XyM0Oyhf0

〜後日〜

コナン「…ってことなんだ。気持ち悪くて仕方ねえよ。勘違いもいい加減にしろって感じだぜ」

アガサ「ワシならそんな画期的なマ○コ使ってみたくて仕方ないわい」

コナン「っていうか蘭の取り外し式マ○コ作ったの博士だろ。あんなもん作るの博士ぐれえしかいねえよ」

アガサ「ばれとったかww蘭君に大金を積まれてのう。どうしてもって言われたし断れんかったんじゃ。探偵事務所が最近火の車って言ってたのも、このために蘭君がこっそり貯金してたかららしい」

コナン「で、いくら積まれたんだ?」

アガサ「軽く2億ってところかな?英理さんからの仕送りもどうやら含まれているらしい」

コナン「2、2億!!…まあ俺の家じゃねえからいいか」

アガサ「新一は冷たいのう…」





45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:50:58.93 ID:XyM0Oyhf0

コナン「それよりも、その机の上においてあるマ○コは誰のマ○コだ?また誰かのマ○コ使って物騒な開発するんじゃないだろうな」

アガサ「馬鹿じゃのう新一は。新一が一番興奮する人物のマ○コだというのに」

コナン「もしや・・・、ペロッ・・・これは灰原のマ○コ!!」ムニムニ

アガサ「そうじゃそれは哀君のマ○コじゃ」

コナン「何で灰原のマ○コがここにあるんだ?」

アガサ「ワシの新発明じゃ!!その名も手のひらサイズのマ○コ型哀君じゃ!!」





47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:53:39.39 ID:XyM0Oyhf0

コナン「なんだよそれ?」

アガサ「見ての通りマ○コ型の哀君じゃ。実際に哀君の陰部から採取したマ○コじゃ。そのマ○コの中に哀君の脳を移植させたのじゃ!!」

コナン「なるほど!!灰原の意思で動く灰原のマ○コってことか!!」

アガサ「手のひらサイズでかわいいじゃろww」





50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/06(金) 23:57:07.02 ID:XyM0Oyhf0

コナン「灰原からマ○コを切り取ったってことは、断面はどうなってるんだ?」

アガサ「断面をそのままにしておくと、ちょっとグロいだろ。だから断面には哀君のおっぱいを縫い合わせておいたぞ!!」

コナン「なるほど、マ○コを裏返せば、おっぱいか。灰原の陰部と胸を同時に楽しめるって手法か!!チ○コがスリルショックサスペンスだぜww」

アガサ「どうってことないわい」

コナン「ところで、灰原動かないけど、眠ってるのか?」

アガサ「まだ手術したばかりで麻酔が切れてないのじゃ。なかなかの大手術じゃったからのう。そのうち哀君は目を覚ますじゃろ」

コナン「なるほど。じゃあまた来るぜ博士!!灰原が目が覚めたら俺にも触らせろよ!!」

アガサ「もちろんじゃ!!」





52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:02:23.77 ID:XyM0Oyhf0

〜後日〜

アガサ「さて、哀君の様子はどうかのう・・・」

アガサ「おおおおおおお。哀君目覚めたのか!!」

マ○コ灰原「・・・」ムニムニ

マ○コ灰原(一体ここはどこなの・・・)パクパク

アガサ「マ○コ哀君可愛いのう・・・マ○コ哀君可愛いのう」

マ○コ灰原(そうだ・・・私博士に眠らされたんだわ。一体今の私はどうなっているの?)ムニムニ

アガサ「哀君ワシが分かるか?哀君は今哀君自身のマ○コになったのじゃ」

マ○コ灰原(なるほど・・・眠らされた間にマ○コにされたのね。ここのところの博士の変態行動にはうんざりしていたところだったけど、まさかこんな事するとは・・・、こんなふうになってしまうだったら先に手を打っておくべきだったわ)ムニムニ





53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:07:21.92 ID:XyM0Oyhf0

アガサ「どうやらワシの声が分かるみたいじゃのう。一応五感は残しておいたから、わしが認識でるようじゃ」

アガサ「哀君、きみは今日からワシのペットとして暮らしてもらう。ワシがたくさん可愛がってあげるぞい」

マ○コ灰原(冗談じゃないわ…早くここから脱出しないと)ムニムニムニ

アガサ「おお。もぞもぞする姿が可愛いのう。どうやら照れているようじゃな。よしよし。かわいがってあげるぞ」

マ○コ灰原(気持ち悪いわ・・・)パクパク

アガサ「抵抗しても無駄じゃよ。今の君の姿じゃどこにも逃げることは出来ん。おとなしくワシのペットになるのが君にとってもワシにとっても一番じゃ」

マ○コ灰原「…」





54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:11:30.99 ID:XyM0Oyhf0

アガサ「さぁ、そうと分ったらおとなしくワシのペットになるのじゃ。おいで哀君」

マ○コ灰原(このキチガイは何をしでかすか分からないわ。今のところは大人しくしたがっておくべきね)パクパク

アガサ「おお可愛いのう。ムニムニしていて最高じゃ!!」

マ○コ灰原(…気持ち悪い。工藤君に早く助けを求める手段を考えないと)

アガサ「かわいい哀君にご褒美を挙げるぞ」チュッ

マ○コ灰原(口臭臭っ…。やってられないわこんなの…)ムニュウ・・・





55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:13:50.82 ID:XyM0Oyhf0

アガサ「おおくすぐったいのかのう。もう一度ご褒美じゃ」ペロッ

マ○コ灰原(臭くて気絶する・・・)

アガサ「わしの唾液を存分に味わうがよい。君には歯がないうえに消化器官もないのじゃ。つまり、哀君は人間の体液からでしか栄養を摂取できないのじゃ。ワシがキスしたときに存分にワシの唾液を味わうのじゃ。さもないと君は餓死してしまう」

マ○コ灰原(…もう嫌。助けて工藤君!!)

アガサ「まぁ、明日には新一も来るから。新一にも見せてやるわい。きっと喜ぶはずじゃ」

マ○コ灰原(工藤君はそんなことしないはずよ。とりあえず明日までの辛抱ね…)





58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:17:34.81 ID:XyM0Oyhf0

〜翌朝〜

アガサ「おはよう哀君。目覚めのキスじゃ」チュッ

マ○コ灰原(なんなのこの口臭…。いくら朝でもおかしい匂いだわ…)ムニムニ

アガサ「またムニムニしておる。きっとワシのキスが相当快感なんじゃなwwほれ哀君もワシにキスするのじゃ。キスが快感なんじゃろww」

マ○コ灰原(冗談じゃないわ…)

アガサ「照れんでもいいんじゃよ。ほれ」

マ○コ灰原(…)

アガサ「いいから、するんじゃよおおおおおおおお!!!!!!!!」バシッッ

博士はマ○コ灰原を壁に投げつけた。





60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:20:45.02 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原(いっ、痛い、何するの…)

アガサ「ワシの言う事を聞かないと君は生きる事すらできないのじゃ。まあ、この先沢山思い知ることになるじゃろう。ワシの朝食のキスを拒むのであれば、仕方がない。代わりに哀君にはワシの朝一で出た下痢を食べてもらおう」

マ○コ灰原(…臭っ。ふざけんなこの糞じじい…)

アガサ「今日は散歩がてら哀君を連れて買い物にでも行こうと思ってのう。たくさん食べてスタミナをつけておくんじゃぞww」

マ○コ灰原(このじじい、いったいどこまで変態なの…)





63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:24:19.67 ID:XyM0Oyhf0

〜昼〜

アガサ「さて出かけるぞ、哀君。あれ、わしのおいしい下痢を食わんかったのか。全くもったいない。痔の痛みを我慢しながら一生懸命踏ん張ったワシの血が混ざった朝一のホカホカ特製下痢便が台無しじゃ」

マ○コ灰原(どこまでキチガイなのかしら…)

アガサ「まあいい。出先で沢山おいしいものを食べさせてやるわい。さあ行くぞ、哀君」

マ○コ灰原(どうにかこの機会を利用して逃げ出さないと。何かいい案はないかしら…)

アガサ「さあ、わしの胸のポケットに入るんじゃ」

マ○コ灰原(こんなところに…まあいいわ。バッグに入れられるよりかは脱出しやすいわね) ムニムニ





68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:29:14.77 ID:XyM0Oyhf0

〜米花市某スーパーにて〜

アガサ「着いたぞ哀君。さて今日は1週間分の食料品を買い込むとするか」

マ○コ灰原(博士が油断した一瞬その時がチャンスよ!!)ムニュゥ

アガサ「哀君も食べたい食料があったら買ってあげるぞ。ま、哀君が食べる時には一回ワシの体内を通ってるんじゃがなww」

アガサ「あったぞ、カレーコーナー。あとで哀君にワシの下痢とカレーを目隠しで当ててもらうのに使うんじゃ。楽しみじゃろ、哀君ww」

マ○コ灰原(一体この親父はいつまで、キチガイじみた行動をとるつもりなの…)

アガサ「ワシの下痢は確かあのキーマカレーに似ているんじゃったなwwお、あった…、あんなに高い所にあるぞい」

アガサ「よいしょ…老人にはキツイのう…」

マ○コ灰原(博士が気を取られている…今ならすぐに脱出して近くの陳列棚の間かどこかに隠れれば、きっと逃げる事が出来るはず…)





69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:32:35.27 ID:XyM0Oyhf0

アガサ「高くて取りづらいのう…」

マ○コ灰原(今よ!!!)ヒュッ

灰原は飛び降りた

パクパクパタパタパクパクパタパタ

マ○コ灰原(ハァハァ…、あの陳列棚、商品が少なくて入りやすそう。あそこまで急ぐのよ!!)パクパクパタパタ

マ○コ灰原(あそこまで大体5メートル。間に合うかしら…)パクパク

マ○コ灰原(博士がカレーを取り終えた…胸のポケットを気にしているわ!!)

マ○コ灰原(急がなきゃ!!)パクパクパタパタ

マ○コ灰原(…こんなところにも隙間があるわ。博士の足元から2メートルくらいしか離れてないけど、もう間に合わない。仕方がないから隠れるわ)ヒョィ

アガサ「あ、あれ??哀君がおらん…、糞おおおおおおおお!!!。逃げおったな…、ワシをなめおって。何処じゃああああ。出てこい、哀君!!」





71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:36:28.04 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原(気付かれるかしら…)

アガサ「君はワシがいないと生きていけないんじゃ!!堪忍して出てくるがいい!!」

マ○コ灰原(博士が足元を探し始めたわ!!このままだと見つかってしまう!!何かいい策はないのかしら…)

アガサ「哀君のことだから、そう遠くには行けないはず。どうせ近くにおるんじゃろ。高くジャンプは出来ないはずじゃから、居るとしたら一番下の陳列棚じゃな」

博士は陳列棚の最下段を調べ始めた。

マ○コ灰原(博士がこっちに気付く、身をひそめてやり過ごすのよ…)ゴソゴソ





73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:37:31.30 ID:8Y8ERg2i0

スーパーでこんなことやってるやついたら通報するわ





76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:40:27.90 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原(はっ!!!商品は前に詰めて陳列されてる。陳列棚の後ろは隙間が空いているんだわ)

マ○コ灰原(しめたわ。やっぱり後ろにスペースがある。これなら、表から見えないように陳列された商品の後ろの隙間をつたって、陳列棚の端から端までなら自在に移動できるわ。急いで端の方まで逃げるのよ)ムニムニパタパタ

アガサ「どこじゃ哀君!!」バタバタ

マ○コ灰原(ハァハァ…、危なかった。さっき私が身を潜めていたところを探しているわ。…陳列棚の後ろの壁に穴が!!この穴から反対側の陳列棚に移動できるわ)ムニムニパクパク

マ○コ灰原(だいぶ移動したわ。ここなら、ばれなそうね)

マ○コ灰原(安易に動くのは危険だし、このまま閉店までやり過ごすのが良さそうね)

マ○コ灰原(人の足音がしない。物陰からあたりの様子を伺えそうね)





78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:44:25.38 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原(博士はいないわね)

マ○コ灰原(外の様子はどうかしら…)

灰原は陳列棚の商品の物陰から外をのぞいた

マ○コ灰原「博士の胸ポケットから脱出して15分以上は経ってる。もう博士は帰ったかしら。っん?なんか視界が暗いわ」

灰原の視界を大きな影が覆った


???「Ready or not」

???「もういいかい」

???「Here I come」

???「探しに行くよ」

???「I see you」




アガサ「哀君見ーつけた」



マ○コ灰原(…見つかったわ!!)





81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:48:57.39 ID:XyM0Oyhf0

アガサ「何やっとるのかね。陳列棚に隠れて」

マ○コ灰原(殺される…)

アガサ「全く哀君は淫乱じゃのう。自分のマ○コを自ら大衆にさらけ出すなんて…」

アガサ「君のやっている事はマ○コをおっぴろげながら、陳列棚に座って、『私のマ○コ買ってください〜!!』って言ってるのと同じじゃぞ。ワシでも思い浮かばない変態プレイじゃ」

アガサ「自分のマ○コを陳列棚に並べて誰に買ってほしかったのかな?ワシが買ってあげるぞ。たくさん可愛がってあげるぞい!!」

マ○コ灰原「!!!」(何をする気?)ムニムニ

アガサ「淫乱なことしたいんじゃろ?いっぱいしてやるぞい。さぁ、来るんじゃああ!!」

マ○コ灰原「……」(どこへ連れて行くの!!)ムニムニニニ





82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:51:46.76 ID:XyM0Oyhf0

アガサ「ムッ、ムフッ…ンチュゥゥゥゥ」チュゥゥゥゥ 

マ○コ灰原(息が出来ないわ…)ムニニ

アガサ「んっ、んふうっ、ワシの口づけをたっぷり浴びると良い。淫乱なことしたいんじゃろ?」

マ○コ灰原(息が臭い。このままだと窒息する!!)ムニムニ

アガサ「ちょうど昼時じゃ。ワシの唾液が昼ごはんにちょうど良いじゃろう」

マ○コ灰原(うっ・・・)

アガサ「あれれ、おかしいのう。ワシの唾液を食べないみたいじゃな。唾液は嫌いなのかのう。ワガママじゃのう。淫乱だし、ワガママだし本当に哀君は手が掛かるのう。ほれ、これが欲しいんじゃろ、はじめから言うんじゃ、哀君」

マ○コ灰原(博士のチ○コ!!!もしかして!!)

アガサ「ほれ、ワシのチ○コをたっぷりなめると良い」プラプラ





83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:54:20.22 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原(…どういたらいいの)

アガサ「恥ずかしがらんでも良い。ちゃんと舐めれたら栄養たっぷりのご褒美をやるぞい」

マ○コ灰原(…)

アガサ「いいから舐めるんじゃあよぉおおおおおおおお!!!!!!!」ギュウウウ

博士はマ○コ灰原を強く握りしめた。

マ○コ灰原(どうやら舐めないと駄目みたいね。仕方ない…)チュルルル

アガサ「おお可愛いのう。子猫みたいじゃ。よしよし」

マ○コ灰原(臭いし、カスだらけだわ)チュルル・・・

アガサ「哀君がたくさん栄養吸収できるようにチ○カスをたくさん貯めておいたぞい。たくさん食べると良い。あれれ、乗り気じゃないようじゃな?そうかこの大きさじゃ舐めたくないんじゃな。よしあの薬を使うとするか」

アガサ「この薬は、チ○コの大きさを10倍にする薬じゃ。飲んでワシの大きくなったち○ぽを食べさせてやるわい。」

マ○コ灰原(こんなもの無理だわ!!!)

アガサ「全く。こんなに手のかかる子にち○ぽを舐めさせてあげる優しい紳士はワシぐらいじゃぞww」





84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:56:03.69 ID:XyM0Oyhf0

アガサ「おおお、大きくなってきたわい。さあ食べるんじゃ」

博士は大きくなって反り返ったペニスを突き出した。

マ○コ灰原(何か逃げ出す策はないのかしら・・・)

アガサ「いいから食ええええええええええ!!!!!!!」ギュゥゥゥゥ

アガサ「食わんなら、わしが無理やり食わしとるわい!!!!おらあああああ!!!!!!」ズブズブ

マ○コ灰原(いやあああああああああああああ)ギチャギチャギチャ

アガサ「美味しいじゃろ、わしのち○ぽ」

アガサ「哀君のマ○コ気持ちいいのう。もうイクわいっ」

マ○コ灰原(ぎゃああああああああああああ)





85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 00:58:34.91 ID:XyM0Oyhf0

アガサ「あっ、ムフッッ、アンッ、イクッ、イクウゥゥ・・・アンアンアンアン」ドピュルルルル・・・

アガサ「全くヤラシイ体しとるわい。イってしまったではないか」フキフキ

アガサ「おおおお、後ろのおっぱいから母乳が出とる。哀君は排泄する代わりに後ろのおっぱいから母乳が出るようにしておいたのじゃ。つまり哀君のウンコは母乳なのじゃ」

マ○コ灰原(一体どんな体してるの…)

アガサ「わしの栄養たっぷりの精子をたくさん飲んだからじゃwwさっそく飲ましてもらうぞい」チュパチュパ

灰原(もう抵抗する気力がないわ…)

アガサ「哀君の母乳美味しいのう」

アガサ「これで分かったじゃろ。君はこんな特殊な体になってしまったのじゃ。ワシくらいしか君の体を理解しておるものはおらん。ワシと運命を共にするしか君には選択肢がないのじゃ!!」

灰原(私一体どうなるの…)





87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:00:34.10 ID:XyM0Oyhf0

〜後日〜

コナン「ただいま、蘭ねぇちゃん。…あれ蘭ねぇちゃん!!」

コナン(蘭が全裸で意識を失ってる…)

コナン「おい蘭しっかりしろ!!」

蘭「ここよ、コナン君」

コナン「蘭姉ちゃんのマ○コが外れた…、まさか!!」

マ○コ蘭「そうよ、コナン君。私マ○コになったんだ」

コナン「一体どういうこと蘭姉ちゃん?」

マ○コ蘭「その名もマ○コ型蘭。脳から出る微量の電磁波を電波にして、取り外したマ○コの中に取り付けた受信機に送ってマ○コを動かす事で、マ○コが動くのよ」

コナン「つまり蘭姉ちゃんの意思でもって動く蘭姉ちゃんのマ○コってことだね」

マ○コ蘭「そういう事」

コナン(ほぼ灰原と一緒じゃねえか…)





88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:03:22.10 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ蘭「取り外し式のマ○コも良いけど、私自身がマ○コになっちゃえば、新一もっと喜ぶと思って」

コナン「新一兄ちゃん喜ぶと良いね…」

マ○コ蘭「うん。ちなみにマ○コの私が元の股の位置に戻れば、本体は普通に稼働するわ。だから日常生活には何ら支障はないから、心配しないで」

コナン(なるほど、いつもマ○コの灰原と違って、蘭は都合のいい時にマ○コになれるのか。しかも会話ができるなんて、灰原より高性能じゃねぇか!!)





90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:05:00.59 ID:XyM0Oyhf0

〜後日〜

コナン「…ってことなんだ、博士だろあんなに物騒なものを作ったのは」

アガサ「また、蘭君に頼まれたのじゃ。5億積まれたら、断れんじゃろ」

コナン「まぁ、いいか。それよりマ○コ灰原はどうだ?」

アガサ「おお、新一来とったか!!マ○コ哀君なら起きてるぞい」

コナン「おお可愛いな!!久しぶりだな!!灰原」

マ○コ灰原(工藤君、あなた…)

アガサ「ワシは存分にムニムニしたぞ!!新一もかわいがると良い」

コナン「おお手触り最高だぜ!!」

マ○コ灰原(工藤君…あなたも博士と同じ変態なのね。見損なったわ。工藤君なら助けてくれると思ったのに…)





91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:06:43.63 ID:XyM0Oyhf0

アガサ「新一も可愛がっていいぞい」

コナン「かわいいな。マ○コ灰原」チュッ

マ○コ灰原(…んっ、工藤君のキス悪くないわね。唾液もおいしいわ)ムニムニ

コナン「なあ博士。今度この灰原で性処理させてくれよ」

アガサ「ああ、構わんぞい。じゃが、持ち帰るのは禁止じゃぞ」

コナン「ああ、今度博士ん家に泊まらせてもらった時に、使わせてもらうぜ」

プルルルルルル・・・・・・

コナン「光彦から電話だ」





92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:07:53.65 ID:ByTN0BQ40

光彦がついに来たか…





93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:08:37.15 ID:Ez29c+s70

光彦…どうなるんだ





94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:10:13.38 ID:XyM0Oyhf0

コナン「なんだ光彦?」

光彦『あ、コナン君ですか?今歩美ちゃんと元太君と遊んでるところです。コナン君も一緒にどうですか?』

コナン「じゃあ、俺も一緒に遊ぶぜ。今博士の家に居るから来いよ」

光彦『え?どこにいるんですか?コナン君の声ノイズがすごくて聞こえません』

コナン「ノイズ…まさか」

コナン「おい博士!この家盗聴器が仕掛けられてるかもしれねぇぜ!!」

アガサ「何じゃと?」

ガサガサ

コナン「あった。博士机の裏についてたぜ。恐らくいくつかあるだろうから、もっと探した方が良いな」

アガサ「了解じゃ新一」





95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:12:18.17 ID:XyM0Oyhf0

〜数分後〜

歩美「お邪魔します」

元太「UNAJU」

光彦「こんにちは、コナン君。電話口でもめてたみたいですけど、どうしたんですか?」

コナン「ほら見ろ、博士んちに10個も盗聴器が仕掛けられてたんだ」

光彦「大変ですね」

元太「盗聴器?なんだそれ食えるのか?」

歩美「誰が仕掛けたの?」

アガサ「まだよく分からん。恐らくワシの発明を狙う者じゃ」

コナン「しかも、まだ2、3個どこかに取り付けてあるみてぇだが、場所がわかんねぇんだ」

歩美「こわーい」

アガサ「まぁ、2、3個なら良いじゃろ。音声だけじゃワシの発明をパクることは出来んし。……」





97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:14:36.08 ID:XyM0Oyhf0

〜その頃、博士宅地下室にて〜

マ○コ灰原(どうやら、この家盗聴器が仕掛けられてたみたいね…)

マ○コ灰原(…まあいいわ。いっそのことこの家の発明を狙っている誰かが私のことも盗んでくれたらいいのに。博士の家に居るよりマシだわ)

マ○コ灰原(そんなことより、円谷君たちが遊びに来てるみたい。脱出のチャンスね)

マ○コ灰原(特に円谷君は卑猥だから、マ○コとおっぱいが一体になった私を見たら、まちがいなく家に持ち帰るはず。そうすれば脱出のチャンスが広がるわ)

マ○コ灰原(まあ、その時はマ○コの正体が私だとは気付かないだろうけど…)

マ○コ灰原(幸いにも例の盗聴器騒ぎと、円谷君たちが来たおかげで、私に対する警戒は弱まってるわ。現にそこのドアも空いてる。とりあえずリビングまでなら、簡単に脱出できるわね)





98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:19:08.65 ID:XyM0Oyhf0

光彦「コナン君、庭でサッカーしましょうよ」

コナン「悪い。俺はこの盗聴器を詳しく調べてるから、終わったら行くよ」

歩美「早く来てね、コナン君」

マ○コ灰原(今がチャンスね…、庭の円谷君のところまで行くのよ)

マ○コ灰原(まずはリビング…博士も工藤君も盗聴器に夢中ね…。今よ)

マ○コ灰原(リビングに到着。…全く気付かないわ。玄関も開けっ放しね。このまま外に出るわ。どうやら上手くいきそうね)


〜庭にて〜

歩美「元太君パス!!」

元太「よーし、歩美パス!!」

光彦「ちょっと僕にもボール投げてください」

ガサガサ・・・

光彦「あれ?草むらに何かいますね。何でしょう?小動物ですかね?」

マ○コ灰原「…」パクパク

光彦「これは!!…マ○コですね。後ろにおっぱいも!!なんでこんなところにマ○コがあるのでしょうか…」





99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:23:19.41 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原「…」ムニムニ

光彦「僕に何か訴えているみたいですね…。何なんでしょう。そう言えばこのマ○コ、毛が生えているという事はおそらく中学生以上と思われますが、中学生の僕のお姉ちゃんのマ○コと比べるとだいぶ小さいです」

マ○コ灰原(そんなこと良いから、ここから脱出させて!!)パクパク

光彦「この臭い、灰原さんの体操着のズボンの陰部のところと同じにおいがしますね。灰原さんが何か関係しているのでしょうか?」

マ○コ灰原(・・・死ね!!)パクパク

光彦「灰原さんに聞いてみましょう。…って、そういえば灰原さん最近学校来てないんでした。どこ行ったのでしょう。まさかこれが灰原さんなのでしょうか?」

マ○コ灰原(そうよ!!だから私をここから脱出させて!!)パクパク

光彦「まさかそんなことはないですよね。とりあえずこれを博士に見せてみましょう」

マ○コ灰原(大変だわ!!博士のところに連れて行かれる!!肝心な時に真面目になるんだから、使えない男ね!!)ムニムニプンスカ





100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:25:59.21 ID:Ba4q6trp0

>ムニムニプンスカ

くっそwwwこんなのでwwwww





101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:28:16.92 ID:XyM0Oyhf0

コナン「よぉ光彦!俺も参加するぜ!!」ダッ

光彦「ぁああ、コッ、コナン君!!ちょうど良かった。僕トイレ行ってくるので替わってください」サッ

コナン「良いけど。今何か隠さなかったか?」

光彦「いえ、何にも隠してないです。じゃあ!!」(コナン君に手柄を取られてはいけません!!)

マ○コ灰原(いやあああああああ)ムニムニ


光彦「博士!!庭にこんなものが!!」

アガサ「……おお、それはワシのペットじゃ。見つけてくれてありがとう光彦君」

光彦「いいえ、とんでもないです。それよりそれは何ですか?」

アガサ「…あ、ああこれはアワビに特殊な生命維持装置を取り付けた物じゃ。まだ実験段階でのうww」

光彦「そうですか。なんだかムニムニしてて可愛いですねwwじゃあ僕は外で遊んできます」

アガサ「気を付けるんじゃよ」

アガサ「………」

アガサ「………お帰り、哀君。冒険は楽しかったかい?たくさんご馳走を用意しとるわい」

マ○コ灰原(何をする気…)





102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:30:17.79 ID:XyM0Oyhf0

トイレにて

アガサ「うりゃあああああああああああああああああああ」

マ○コ灰原(いやあああああああああああ体がはち切れるううううううう)ギチュギチュ

博士は狂ったようにマ○コ灰原にペニスを挿入した

アガサ「ワシの精子を飲むんじゃああああああああ。アアンッ、アフゥウン//アッ、イクウウウウウウ」ドピュルル・・・

マ○コ灰原(…ウッ、臭い…)

アガサ「アッ、アフッウウ。ワシの精子をたっぷり飲むんじゃ。美味しいじゃろ」

マ○コ灰原(…)





104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:32:54.27 ID:XyM0Oyhf0

アガサ「さあ早く、大人しく飲むのじゃ」

マ○コ灰原(…)

アガサ「いいかりゃにょみぇえええええええええええええええええええいい!!!!!!」バチン!!グチュグチュ・・・

博士はマ○コ灰原を床に投げ踏みにじった。

マ○コ灰原(ううっ、痛い…。博士が乱暴するから、体が傷だらけね)

アガサ「ふっ、哀君が抵抗するなら仕方がない。さらに虐めてやるわい」

マ○コ灰原(何をするつもり…)

ヌギヌギ・・・

アガサ「ワシのアナルに入ってウンコを食べるんじゃ!!」





105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:35:37.56 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原(…!!いくらなんでもそんなの無理よ!!)

アガサ「さぁ来るんじゃ、温かいぞ、ワシのアナルは」

マ○コ灰原(助けて工藤君!!)

アガサ「いいから来るんじゃあよおおおおおおおおお!!!!!」

ガシッ

マ○コ灰原(いやああああああああ)

アガサ「さぁ入るんじゃあああああ!!!!!」グチャブスッ

マ○コ灰原(びゃああばっばあばばああああああ!!!!)

博士は嫌がるマ○コ灰原を無理やりアナルに突っ込んだ

アガサ「アアアアンッ、ッフフッン、アンアッアン、アナリュウウンアンアンアンアン・・・」

博士は身をよじらせながら、激しく喘ぎ声を出した





106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:37:58.34 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原(いやあああああ、部おおおおおo大オオオおおおおおおお)

アガサ「アニャリュウウウウウウウウ、気持ちいいいいいいい」ブリリリリシュュュュ・・・

マ○コ灰原(息が出来ない…)

アガサ「ウンティンインインもれちゃううううううううう」ブリブリブリリリリリリブブブブブブブブ

マ○コ灰原(意識が遠のいてきたわ…)

アガサ「ハアアアアアアアアアアアアンンンンンアンアンアンアン・・・・・・・・・」ブリブリブリミチミチィィィ

マ○コ灰原(…私このまま死ぬのかしら……お姉ちゃん…)

アガサ「アッフン・・・アッフン」ドピュドピュ

マ○コ灰原(…膣内にウンコが…傷口に染みて痛い…)

アガサ「アッ・・・アッッ・・・」

アガサ「……」

マ○コ灰原(……)

二人は意識を失った





108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:40:26.44 ID:XyM0Oyhf0

アガサ「…あれワシは何を…、そうだっ!!哀君をアナルに入れたのじゃった!!哀君はいったいどこへ…!!哀君!!!!!」

アガサ「早く助けんと、酸欠で死んでしまう!!!」

博士はマ○コ灰原を見つけるため辺りを探した

アガサ「哀くん、どこじゃあぅふんっ、あん…アンアンアアアンンンン、アナルゥゥゥキモティィイイイ!!」

アガサ「あっ、哀君はっ、まだワシのアナルの中におるのかっ、あんっ。はやく出さなければっんっ///。感じちゃってっ、出すのにっ手こずるのうっん」ブリリプシュー

博士は自分のアナルの中を探った

アガサ「おったぞ。哀君…おお、ウンコまみれじゃのう。今、きれいにしてやるぞい」ペロッペロッ





110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:41:39.27 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原「・・・・・・」

アガサ「哀君目を覚ませ!」

ドンドン!!

元太「博士トイレまだかよ!!いくらなんでも長げぇよ!!漏れちまう」

アガサ「…お、おお、ちょっと待っておくれ」

アガサ「この場を早く片づけないと…」

マ○コ灰原(……うんっ、この声は…小嶋くん。…私まだ生きていたのね…。もういっそのこと死にたいわ)





113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:44:43.06 ID:XyM0Oyhf0

〜後日博士宅にて〜

コナン「よぉ、博士!!灰原はどうだ?」

アガサ「哀君ならそのカゴの中に入っておる」

コナン「ずいぶん厳重なカゴだな。おーい灰原」ムニムニ

マ○コ灰原「」

コナン「灰原!俺だぞ」

マ○コ灰原「」

コナン「寝てるのか灰原?」

マ○コ灰原「」

アガサ「きっと疲れて寝ておるんじゃろ。そっとしておいてやってくれ」

コナン「そうなのか。悪かったな灰原」チュ

マ○コ灰原(このキスは…工藤君…)

アガサ「まぁ今日の夜は哀君とプレイするから、今は体力温存してるんじゃろww」

コナン「程々にしろよ博士、じゃあな!!」





115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:47:13.95 ID:XyM0Oyhf0

〜後日博士宅地下室にて〜

マ○コ灰原(…はぁ、…ここは地下室のテーブルの上?今は1時…。まだ昼ね。かなり寝てしまったわ。博士が学会から帰ってくるのは夕方だったわね)

マ○コ灰原(また、気持ち悪い事されるのかしら…、もう抵抗する気力もないわ)

ガタッ

マ○コ灰原(…一階から物音がするわ。かなり早いけど、きっと博士が帰ってきたのね)

パタッパタッ

マ○コ灰原(博士にしては歩く音が小さいし、スピードも遅いわね)

ヌチチ

マ○コ灰原(何だか妙ね)

パタ・・・パタ・・・

マ○コ灰原(この足音博士のじゃないわ。どうやら忍び足で歩いてるみたい)

ヌチ・・・





118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:50:56.03 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原(…思い出した。少し前にこの家盗聴器が大量に仕掛けられていたんだわ。きっとその犯人ね)

マ○コ灰原(博士のいない隙を狙ったんだわ)

パタパタ

マ○コ灰原(!!どうらや地下室の方に降りてきてるわ)

パタパタ

マ○コ灰原(こんな家から連れ出してほしいところだけど、凶悪犯の可能性もあるし、一応、動かない方が賢明ね)

ギィィィィ・・・

マ○コ灰原(ドアが30儖務いたわ。この隙間じゃあ入れないから、中の様子を伺ってるのかしら?)

マ○コ灰原(でも変ね。人影が見えないわ…)

ヌチャヌチャ・・・

マ○コ灰原(……テーブルの下から物音がする!!気付かない間に犯人はこの部屋に侵入していたのね!!)

マ○コ灰原(犯人はほふく前進でもしてるのかしら?とりあえず。寝ているふりをしましょう…)





119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:54:13.70 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ蘭「哀ちゃん。わたしよ」ムニムニ

マ○コ灰原(!!蘭さん。しかもマ○コ…。どうして?)ムニムニ

マ○コ蘭「説明はあとよ。とりあえずここから出してあげる」ムニムニ

ガチャガチャ

マ○コ灰原(なんで私の言ってることが分かるの…。)ムニムニ

マ○コ蘭「マ○コ同士はマ○コがヌチヌチする音で会話が通じるのよ。もちろん私は人間の言葉で話してるけど」ムニムニ

マ○コ蘭はマ○コにカギを咥え、器用に灰原が収まっているカゴの扉をあけた

マ○コ灰原(なるほど、マ○コにも言語があったのね…)ムニムニ

ガチャッ

マ○コ蘭「よし。開いたわ」ムニムニ

マ○コ灰原(蘭さんありがとう。助かったわ)ムニムニ

マ○コ蘭「助かった?馬鹿ねwwあなたこれから死ぬのよww」ムニニ・・・





126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 01:58:05.53 ID:XyM0Oyhf0

ドスッ

マ○コ灰原(え?きゃあああああああああ)

マ○コ灰原はテーブルの下に突き落とされた

マ○コ蘭「しねええええええええ」ムニニ

ドンッ

マ○コ灰原(いやあああああああああ)

マ○コ蘭はテーブルの上からボディプレスを仕掛けた

マ○コ灰原(一体どういうつもり!!)ムニニ

マ○コ蘭「あなたを殺して、私がマ○コ灰原になって、新一をあなたから取り戻すのよ…」ムニニ

マ○コ灰原(どういうこと?)ムニ

マ○コ蘭「あなた知ってた?新一はこのあと博士の家に侵入してあなたを助け出すつもりなのよ。博士と一緒のときはあなたをオナぺットとして扱ってたけど、本当はあなたを助けるチャンスを伺ってたの」ムニムニムニ





128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:00:51.49 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原(江戸川コナンが工藤新一という事を知ってるのね…)ムニムニ

マ○コ蘭「そうよ取り外された10個の盗聴器を仕掛けたのは私。他のは知らないけど。だから新一が何かの組織に体を小さくされたこと、あなたが博士にセクハラをされてたこと、マ○コにされたこと。全部知ってたわ」ムニムニ

マ○コ蘭「新一はいつも哀ちゃんに夢中だった。博士が発明したあんたのウンコフレグランス、輸卵管パスタ、そしてマ○コになったあなた…」ムニムニ

マ○コ蘭「だから、負けじとわたしも変態になろうと頑張った。博士に大金を積んでマ○コを取り外し式にしたり…、そしてあなたと同じようにマ○コになったり…」ムニムニ

マ○コ蘭「でも新一は私に振り向いてくれなかった…」ムニニ・・・

マ○コ灰原(……)

マ○コ蘭「だから、あんたが死ぬほど憎かった!!」ムニィィ

マ○コ蘭「だから今日あんたを殺して、私はあなたと入れ替わるの。そして入れ替わった私はこの後来る新一に助けられて、マ○コ灰原として新一に一生可愛がられるのよ。オホホホホホホホ!!!!!!」ムニニニニ





130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:03:10.98 ID:nvSyxFvg0

これぞ愛憎劇





132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:04:22.72 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原(入れ替わるって?そんなの無理よ、マ○コの大きさが違うわ)ムニムニ

マ○コ蘭「馬鹿ね。これよ」スッ

マ○コ灰原(APTX4869!!)ムニ

マ○コ蘭「そう、この座薬型APTX4869をマ○コに突っ込めば私のマ○コも幼児化するわ。幸いにも私とあなたはマ○コの形状が似てるから、区別がつかないわ」ムニムニ

マ○コ灰原(…)

マ○コ蘭「さぁ、そうと分かったら、あなたはもうおさらばよ…」ムニニ

マ○コ灰原(殺される!!)ムニ

マ○コ蘭「おりゃあああああああああ」ムニニニニ

ドスッッ

マ○コ蘭のタックルが炸裂した

マ○コ灰原(いやぁっ!!)ムニ





135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:07:11.84 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ蘭「ふん、さすがにマ○コの中に脳が内蔵されてるから、ダメージがでかいわねww」ムニニ

マ○コ灰原(そういえば、工藤君が言ってたけど蘭さんは本体の脳からの電波をマ○コが受信することによって動いてるんだわ。私と違ってマ○コの中に脳がないから、あんなに私にタックルをくらわせてもダメージが少ないんだわ)

マ○コ灰原(蘭さんの方が大きいしこのままだと、私死ぬわ)

マ○コ蘭「くらええええええええ」ムニィィィィ

ドスッッ!!

マ○コ灰原(いやあああああああ)ビチャァ

マ○コ蘭のタックルで灰原は壁に叩きつけられた

マ○コ灰原(痛い…、しかもこの臭すぎる臭いは何なの?)

マ○コ蘭「あら、哀ちゃん知らなかった?私半年もマ○コ洗ってないの。私のマンカス汁が付いたら臭くてもう身動きできないわww」

マ○コ灰原(なんて不潔な女なの…、体中がマンカス汁でベトベトで、臭いだけで体力が削がれていくわ…)





137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:10:08.88 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ蘭「もう決着がつきそうね。最後のタックルで決めてやるわ…」ムニニ

マ○コ灰原(博士に虐められて元から体が弱ってたのも影響してか、もうダメだわ…)

マ○コ灰原(もう死んじゃう…)

マ○コ蘭「おりゃあああああああああああ」ムニニニニ

マ○コ灰原(…もうダメ……)ムニュゥゥ・・・





139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:10:50.10 ID:N+QBk+8q0

さぁどうなるどうなる





140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:10:50.35 ID:tNXVGVvP0

ムニュゥゥ・・・にちょっと萌えた





141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:14:01.44 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ蘭「おりゃあああ……ぅっ…うっ、うわあああああああああああああああ!!!!!!!!!」ギチャァァァ

マ○コ灰原(何が起こったの?蘭さんの様子がおかしいわ!!!)

マ○コ蘭「いやああああああああああ!!!!!!!!!!!」ギチギチギチャァァ・・・

バタッ


マ○コ灰原(蘭さん?…意識がないわ)ムニ

マ○コ蘭「……」

マ○コ灰原(いったに何が…)ムニ



コナン「大丈夫か!灰原ぁ!!!!!!」





144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:18:38.75 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原(工藤君?)ムニ?

コナン「よかった!間に合った!無事みてぇだな」

マ○コ灰原(どうして?)ムニ?

コナン「マ○コ蘭はどうやら気を失ってる。危機一髪だったな…」

マ○コ灰原(そういえば蘭さんが言ってたけど、工藤君私を助けに来たのね。幸いにも蘭さんが来る時間が遅かったから、私たちが戦ってる時に来てしまったのね…)ムニ

コナン「ちげーよ。助けに来るのはもう少し後だったが、なんかおめぇと蘭が大変なことになってるみてぇだから、急遽駆けつけたんだ」

マ○コ灰原(どうして私と蘭さんのことが分かったの?)ムニニ

コナン「盗聴器だよ。蘭の盗聴器10個回収した後、まだ2、3個残ってるって言っただろ?あれは俺の盗聴器だ」





146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:21:19.17 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原(なるほど。博士をだましてたのね…ってなんで工藤君私と会話できるの!?)ムニ!

コナン「ああ、実は俺こっそりマ○コを1匹飼ってんだ。だから、マ○コの言語を取得したってわけだ。あとでそのマ○コに会わせてやるよ」

マ○コ灰原(そうなのね…、工藤君も博士と大して変わらないわね…、ヒーローなんだか悪役なんだかわからないわ)ムニュ

コナン「バーロー。俺はマ○コ同意の下で飼ってるんだ。博士と一緒にするな」

マ○コ灰原(あら、ごめんなさい。まぁ、あなたのおかげで助かったわ。ありがとう)ムニ

コナン「大変だったぜ。今日灰原を助けに行くから盗聴器で様子を聞いてたら、いきなり蘭が来て、暴走しだすからよ。急いで駆け付けたぜ」

コナン「まぁ、俺がここに助けに来るのを蘭が知ってたのは、きっとおれの部屋にでも盗聴器が仕掛けてあったんだろ。迂闊だったぜ」





147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:25:57.88 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原(それより、蘭さんはどうしたの?いきなり様子がおかしくなったわ)ムニニ

コナン「ああ、博士んちに着いたら表に本体が居てな。本体の脳をキック力増強シューズで一発かましてやったんだ。いまは気絶してる」

マ○コ灰原(なるほど…)ムニ

コナン「本体の脳に衝撃を与えれば、マ○コも動かなくなるからな。恐らく蘭は普通にこの家まで来て、表でマ○コ蘭になってここに侵入したんだろ」

マ○コ灰原(でも、本体のままだったらすぐに私を殺せたのに、蘭さんはどうしてマ○コ蘭になったの?)ムニムニ

コナン「さぁな。マ○コにはマ○コのプライドがあるんだろ。それより、お前大丈夫か?ちょっと様子を見せてみろ」ビロッ

マ○コ灰原(いやっ///恥ずかしいわ…)パクパク

コナン「バーロー。おまえ傷だらけじゃねぇか!!博士に乱暴されたからか?」

マ○コ灰原(そうよ最悪だったわ)ムニ

コナン「おまけにマ○コの傷口に博士のウンコが溜まってるぜ。これも俺がお前を守ってあげられなかったせいだな」

マ○コ灰原(工藤君…)ムニ





148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:29:37.07 ID:XyM0Oyhf0

コナン「助けに来るのが遅れて悪かったな…、もう少し遅かったら大切なお前を失うところだったぜ」

マ○コ灰原(いいのよ工藤君…///)ムニニ

コナン「でも大丈夫。お前の体の傷も心の傷も俺がたっぷり癒してやっからよ」

マ○コ灰原(…///)



コナン「俺の胃液でな!!」

マ○コ灰原「!?」ムニュ





150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:30:55.59 ID:GxUChX4O0

えぇぇぇ





152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:34:11.25 ID:N+QBk+8q0

このナナメ上をいく物語の展開…ただ者じゃねぇ





153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:34:34.61 ID:XyM0Oyhf0

コナン「ちょっとこっちへ来い。灰原」

マ○コ灰原(何するの、工藤君?)ムニニ

ゴクッ・・・

コナンはマ○コ灰原を飲み込んだ

コナン「うっっ、灰原大丈夫か?」

マ○コ灰原(…ここは工藤君の胃の中、何だかとっても気持ちいいわ)ジュルル

コナン「俺の胃酸で博士のウンコを洗い流して、殺菌するんだ」

マ○コ灰原(やだ、全力で私の傷を癒してくれる工藤君イケメン///)

コナン「うっ」ゲプッ

マ○コ灰原(工藤君の胃液が傷に染みてちょっと痛いけど、体がどんどん癒されていくわ……)





156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:40:19.17 ID:XyM0Oyhf0

コナン「灰原疲れてんだろ?俺の胃の中でしばらく寝てろ」ゲプ

マ○コ灰原(ゲロ吐いても、介抱してくれる工藤君、イケメン…何だか心地よくて眠くなってきたわ…)

マ○コ灰原(このまま工藤君の胃の中で………)

マ○コ灰原(……)



???「志保」


マ○コ灰原「!!」

???「志保こっちよ」

マ○コ灰原「お姉ちゃん!!どこなの!?」

明美「志保、ここよ」





157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:43:16.22 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原「お姉ちゃん・・・?」

マ○コ明美「久しぶり、志保」

マ○コ灰原「お姉ちゃん!!!!!!!……ってお姉ちゃんもマ○コなの!?どうして?」

マ○コ明美「実は私死んでなかったのよ。組織に銃で撃たれた後すぐにコナン君に助けられたの。でも、組織に狙われる危険性があるから博士に頼んで、私もマ○コになってコナン君のところで飼われてたの」

マ○コ灰原「そうだったんだ、お姉ちゃん…。工藤君が1匹マ○コを飼ってるって言ってたのはお姉ちゃんのことだったのね!!」

マ○コ明美「そうよ、志保。だからもう大丈夫よ」

マ○コ灰原「そんなことより、何で胃の中に居るの?」

マ○コ明美「それはこれからわかるわ。さぁ志保、こっちへおいで」

マ○コたちは肛門の方へと下って行った

マ○コ灰原「ちょっと、どこに行くのお姉ちゃん?」





161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:47:10.01 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ明美「肛門よ。実はコナン君のアナルにはマ○コの中に脳を内蔵され、さらにおっぱいがオプションで付属されている体にされていた人たちを元に戻す解毒作用があるのよ」

マ○コ灰原「ずいぶんピンポイントな作用ね・・・」

マ○コ明美「私たち元の姿になってまた暮らしましょう」

マ○コ灰原「お姉ちゃん…」

マ○コ明美「コナン君のアナルからまた生まれて、二人で姉妹として暮らしましょう」

マ○コ灰原「また、お姉ちゃんと暮らせるのね」

マ○コ明美「うん、新しい人生もまた私がお姉ちゃんだけど、良いかしら?」

マ○コ灰原「もちろんよ!!お姉ちゃん!!」

マ○コ明美「ありがとう。こんなお姉ちゃんだけど、これからもよろしくね!!」

マ○コ灰原「お姉ちゃあああああああああん」ギュウウウウ

マ○コ明美「志保!!!!」ギュウウウウ


二人は貝合わせになった

マ○コ灰原「―――――――――――――」
マ○コ明美「―――――――――――――」





162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:48:59.92 ID:XyM0Oyhf0

〜コナンの肛門にて〜

マ○コ灰原「いよいよね」

マ○コ明美「そう、あの光輝くコナン君のアナルの出口の先に、私たちの未来が待っているのよ。出口に近づけば自然と体は元に戻るから、体が元に戻ったら自分から生まれるのよ」

マ○コ灰原「わかったわ」

マ○コ明美「お姉ちゃんから行くわね」

ドスンッ!!!

マ○コ灰原「何?何があったの?」

マ○コ明美「きっとコナン君が出産の痛みで動いてしまっているのよ、早く生まれた方が良さそうね」

マ○コ灰原「どうやらそうではないみたいよ。出口を見て!!」





165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:51:57.54 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ明美「何なのあれは!?」

マ○コ灰原「誰かのチ○コがコナン君のアナルの中に侵入してきているわ!!」

マ○コ明美「このままでは出口がふさがれて、私たち生まれる事が出来ないわ!!」

マ○コ灰原「大変ね…、このままでは母体に負担がかかって、工藤君の命が危ないわ!!」

マ○コ明美「どうしたらいいの…」


〜同時刻地下室にて〜

コナン「ふぅ、灰原たちが肛門に向かってるみてぇだな。これで俺も母親になれるのか!!母性が沸いてきたぜ!!」

蘭「そうはさせないわ、新一」

ドスッ!!





167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:54:50.84 ID:XyM0Oyhf0

コナン「痛てぇ…、クソ蘭の奴意識が戻ったのか。いつの間にマ○コが本体に戻ったんだ…」

コナンは床に倒れた。

蘭「迂闊だったわね。新一は私のものよ。哀ちゃん達には渡さないわ」

蘭はそう言うと、机の上にあったスイッチを取り出した

蘭「これは博士が開発したチ○コとマ○コを入れ替えるスイッチよ。これを利用すれば私にもチ○コが生えてくるわ」

コナン「蘭まさか…」

蘭「哀ちゃん達なんて生まないで、私の子供を産みましょう、新一。今アナルに居る哀ちゃん達は残念だけど私のチ○コで死んで、流れてもらうわ」

蘭はスイッチを起動させた

蘭「対象を毛利蘭にしてスイッチオン!!」

蘭「ほら出来たわ新一。私にもチ○コが生えてきたわ!!」

コナン「…」

蘭「さぁ、それではさっそく挿入させてもらうわね、新一。かわいい子供が出来るといわね」

コナン(クッ、灰原の命があぶねぇ…)





168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 02:58:41.96 ID:XyM0Oyhf0

〜コナンのアナルにて〜

マ○コ灰原「今の話聞いた?お姉ちゃん」

マ○コ明美「どうやらコナン君のアナルに侵入してきているのは、蘭さんのペニスみたいね」

マ○コ灰原「このままでは私たちも生まれる事が出来なくて、ここで死んでしまうわ」

マ○コ明美「母体のコナン君も、死んでしまう危険があるわ!!どうしたらいいの…」



???「大丈夫か!!姉ちゃんたち!!」


マ○コ灰原「あの声は…服部君?」

マ○コ明美「どこにいるの?姿が見えないわ…」


服部「ここや!!」


マ○コ灰原「服部君!・・・ってただのチ○コじゃない」

チ○コ服部「アホ!ただのチ○コやないで。世界でたった一人のチ○コ型探偵や!!」





170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:01:04.74 ID:i6EPEHLD0

チ○コ型探偵www





173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:02:47.03 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ明美「これがあの有名な服部平治君ね」

マ○コ灰原「ところであなた何でチ○コになってるの?」

チ○コ服部「アホ。そんなの決まっとるやないけ。工藤のアナルが好きやからや」

マ○コ灰原「服部君まさかあなた…」

チ○コ服部「昔から、工藤のアナルにチ○コ挿入するのが好きでな、ほんなら俺がチ○コになって工藤のアナルの中に住んでしまおうと思ってな。そうすれば、手っ取り早くオーガズムに達する事が出来るやろ?」

マ○コ灰原「…」

チ○コ服部「工藤のアナルの中でゴロゴロしとるだけで、すぐにイってしまうで!!ほんまに工藤ったらヤラしい体や。和葉とは大違いじゃ」

マ○コ明美「…」

チ○コ服部「ところで、姉ちゃんたち大変みたいやけど、どないしたんや?」





175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:06:06.71 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原「カクカクシカジカ・・・・・・」

チ○コ服部「なるほど、ほんならチ○コで工藤アナルの出口を塞ぐことによって、あんたら姉ちゃん達の出生を阻んで殺し、さらには中田氏して妊娠させ、自分の子供を作ろうってわけやな…」

マ○コ灰原「そういう事よ…」

チ○コ服部「工藤が自分のものになればワシらの命はおろか、工藤の命がどうなってもいいってことやな!!全くキチガイじみた女やで!絶対に許さへんで!!工藤のアナルはワシだけのものや!!」

パチパチパチ・・・・・・

マ○コ明美「蘭さんのペニスがピストン運動を始めたわ!!早くしないと危険よ!!」

チ○コ服部「良い策がある。俺に任せとけ、姉ちゃんたち!!」





176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:09:55.13 ID:XyM0Oyhf0

博士地下室にて

蘭「あああんん、気持ちいわ、新一のアナル」

コナン「クソ、陣痛が始まってやがる…マ○コ姿の灰原たちがどうやら元の姿に戻りつつあるみてぇだ…。このままじゃ俺の命はおろか、灰原たちがやべぇ…」

蘭「ハアアアアアアアアアアアアンンンンンアンアンアンアン・・・・・・・・・」ドピュルル・・・

蘭「はぁ、早くもイってしまったわ。ボテ腹プレイも悪くないわね。さて早くチ○コを元気にし、挿入して、胎内の哀ちゃん達はとっとと殺すのよ。そして、私の精子を着床させるのよ!!」



マ○コ灰原「残念だったわね」

蘭「哀ちゃん……、声がするという事は、アナルの出口付近に来ているのね!!生まれさせないわ!!」

マ○コ灰原「なんで私が出口付近にいるのか分かる?」

蘭「まさか…」

マ○コ灰原「今蘭さんが挿入していたのは、工藤君のアナルではなくて私のマ○コよ!!」





179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:16:27.41 ID:XyM0Oyhf0

蘭「…う、嘘よ…

マ○コ灰原「そう、出口付近に接近した私はピストン運動の最中、こっそりと工藤君のアナルに被さり蘭さんのチ○コを挿入してたのよ」

蘭「…バ、バカね。そこまで言い張るのなら、証拠があるはずよね?」

マ○コ灰原「証拠ならあるわ。蘭さん、自分のチ○コについてる液体を見てみなさい」

蘭「ふんwww私のチ○コにあなたのマン汁がついてるって言いたいの?www残念だけどこの汁はコナン君のウン汁よ!!透明で見分けがつかないからあなたのマン汁とは言い張れないんじゃない?www」

マ○コ灰原「よく考えなさい。きっと臭いを嗅いでも工藤君のウンコの臭いはしないはず…」

蘭「何が言いたいの……?」





182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:22:10.33 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原「そう。あなたはさっき私に体当たりをした。その時に私はあなたに大量にある物をつけられたわ」

蘭「まさか……」

マ○コ灰原「蘭さんが、工藤君のアナルではなく、私のマ○コに挿入したとしたら、恐らく…」

マ○コ灰原「ついてるはずよ!!!あなたのチ○コに!!!さっきあなたが私に体当たりしたときに付けた臭いマンカス汁がね!!!!」

蘭「う、嘘よぉぉぉぉぉぉっぉおおおおおおお」

マ○コ灰原「嘘だと思うなら嗅いでみなさい。自分のチ○コを」

蘭「」クンクン

蘭「マンカス汁くっっっさあああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」





186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:28:02.46 ID:XyM0Oyhf0

マ○コ灰原「全く。私のマ○コと工藤君のアナル区別もつかないで射精してたなんて。あなたに工藤君を愛する資格はないわ…」

蘭「いやぁぁぁあぁあぁああああああああああああああ、新一ぃぃぃぃぃぃいいいいいいいいいい……」

チ○コ服部「あのキチガイ女がショックを受けている今のうちに脱出や!!これ以上アナルに居ると母体に負担がかかってしまうで。早く外に出るんや!!」

マ○コ明美「私から脱出するわ!!さぁ志保私についてきなさい!!」

マ○コ灰原「うん!!!お姉ちゃん!!!」

マ○コ明美「これからいろいろ大変な事もあると思うけど、今度の人生でもよろしくね…」

マ○コ灰原「うん!!!お姉ちゃん!!」



マ○コ明美「さぁ、行くわよ!!志保!!!」




灰原たちは体を元に戻しながら、光り輝くアナルの外へと脱出した





188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:31:35.24 ID:kMzMlTSX0

斬新すぎる





191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:32:40.78 ID:XyM0Oyhf0

灰原『その後、私は彼氏でもあり母親でもある工藤君から新たな生を受けて、この世によみがえった。体は小さいままだけど、大好きなお姉ちゃんと工藤君…いや新一と一緒に暮らす事が決まり、私にも幸せな生活が戻った』


灰原『博士は一連の変態行為により警察に逮捕された。博士は大方の予想通り黒の組織のボスであり、黒の組織のメンバーも逮捕された』


灰原『そして蘭さんの本体は、博士がいなくなり廃墟と化したあの家の地下室に眠っている。マ○コは本体から外し、新一がキック力増強シューズでどこか遠くへと葬りさったわ』


灰原『マ○コを外すと本体が動かなくなるから、蘭さんはもう動くことはない……』


灰原『これで私は黒の組織や蘭さんに怯えることなく、安全に暮らしていける事になった。これも新一のおかげ…、愛しているわ、新一』





194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:34:36.84 ID:N+QBk+8q0

マジキチな物語なほど、なぜか感動的でいい話になるよな





198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:41:16.49 ID:XyM0Oyhf0

〜後日〜

チ○コ服部「フェイク?」

明美「そうよ。あのピンチの時、本当は蘭さんのチ○コは志保ではなくて私のマ○コに挿入したのよ」

チ○コ服部「しかし、あのキチガイ女自分のチ○コの臭い嗅いで臭いって言ってたやろ。あれはなんやったんや?」

明美「あのマ○コをチ○コにするスイッチを使えば、自分のマ○コがそのままの衛生状態でチ○コになるの。だからはじめから蘭さんのチ○コは臭かったのよ」

チ○コ服部「そうだったんや…」

明美「まだ処女の志保の初めての相手が蘭さんじゃあ可哀そうでしょ?」

チ○コ服部「なるほど!!そういうことか!!」

明美「志保はきっと今頃……」





201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:43:35.94 ID:i6EPEHLD0

妹思いのいい姉だ





202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:44:40.82 ID:XyM0Oyhf0

〜ベットの上にて〜

灰原「あっ、あぅん/////工藤君……、もうイくわ」

コナン「バーロー。ちゃんと俺の精子受け止めねえとイかしてやんねぇよ」

灰原「やだ///じらさないで……あっ、あふっんんん///」





203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:46:01.99 ID:XyM0Oyhf0

〜エピローグ〜

光彦「はぁ、何だか最近コナン君と灰原さん、前よりもっと仲良くなりました」

光彦「もう僕は灰原さんを諦めるしかなさそうですね…」

光彦「今頃、コナン君たち今頃SEXしてるんでしょうか…僕も誰かとSEXしたいです…」

光彦「!!こんなところにマ○コが落ちてます。この間博士の家で見つけたものよりもだいぶ大きいです。高校生くらいでしょうか?しかも陰毛が角のようになってますね」

光彦「この間は拾ったマ○コ博士に返しちゃいましたが、これは持って帰りましょう。これで僕のさびしい気持ちを紛らわすのです」





207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:49:23.69 ID:XyM0Oyhf0

〜光彦宅にて〜

光彦「あっあっ///気持ちいです。でも小学生の僕には少し穴が緩いですね…」

光彦「そうだ!!博士の家からこっそり盗んだチ○コを10倍にする薬を使いましょう!!」ゴクゴク

光彦「おお!!来ました来ました。これでさらに気持ちいいSEXが出来ますね!!」

光彦「あうんっ、あっ、マ○コの奥に当たって気持ちいです」

光彦「子宮頚部を突き破る勢いで、マ○コの奥の奥まで入れちゃいましょう」


光彦「はぁ、はぁ…んっ…?!うわあああああああああああああああああああ」




光彦「僕のチ○コの先がありません。いやああああああああああああ」




光彦のチ○コは時空を超えた








209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:52:11.80 ID:EQx3JvLo0

光彦wwwwwwwwwwwwwwwwww

いちもつ





210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:52:53.72 ID:H/1O199s0

光彦死なずに済んでよかったな






211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:54:31.01 ID:d30SONY30

お疲れ様でした





212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:55:40.29 ID:3IPqGZ3n0

面白かった乙





214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 03:56:21.57 ID:kMzMlTSX0

乙。なんだかんだで面白かった





215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 04:04:46.79 ID:XyM0Oyhf0

(おまけ)

〜後日〜

光彦「はぁ、道端で拾ったマ○コちゃんサイコ―ですねww」

光彦「おかげでチ○コを10倍にする薬なくなっちゃいました。博士のうちに取りに行きましょう」

光彦「チ○コがなくなっても、僕には再生能力がありますから、これからもヤリまくりますww」

光彦「おいで、マ○コちゃん。出かけるよ」

マ○コ?「…」ムニニ・・・


博士宅にて

光彦「そういえば廃墟になってたんですね…。怖いですが中に入りましょう、マ○コちゃん!!…あっ」ピョン!!

マ○コ?「」パタパタムニムニ

マ○コ?は走り出した

光彦「あっ。マ○コちゃん待ってください!!!」





217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 04:06:58.11 ID:hb1B0v1G0

マン姉ちゃん再び・・・か





219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 04:09:20.17 ID:XyM0Oyhf0

光彦「マ○コちゃん地下に行っちゃいました……怖いけど追いかけましょう!」

マ○コ「」ムニムニパタパタ!!!

光彦「待って、マ○コちゃ……、うわぁぁぁあああああああああ!!!!!遺体があります………これは蘭さん?」

光彦「マ○コちゃんはこの遺体のこと知ってて僕に教えてくれたんですね」

光彦「ありがとう、マ○コちゃん。ってそんなことより早く警察に連絡を!!!」





221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 04:13:24.26 ID:PyUk060q0

本体との感動の再会





222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 04:15:42.83 ID:XyM0Oyhf0

光彦「…」プルルルルルル

パチッ・・・キュイーン・・・メリメリメリ

光彦「あっ、警察ですか。遺体を見つけたので連絡しました場所は…」

バシィィィィィィィィィィィッッッ!!!!!!!!

光彦「うわぁぁぁぁぁああああああああ!!!!!!!!!!」

光彦は何者かに殴打された


〜その頃新一宅にて〜

灰原「!!!!!!!!!!」(なんなのこの嫌な感じ。まるで組織の連中が近くにいる時の張りつめた空気だわ……)

コナン「どうした?志保?」

灰原「…ぅううん。何でもないわ新一………」



本当に韓





223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 04:28:34.91 ID:EQx3JvLo0

とりあえずマ○コが頭から離れない一日になりそう





226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 04:50:59.85 ID:hYdZSs3I0

あーおもしろかった





227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 05:11:32.28 ID:5sv937N10

面白かった





232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 05:39:32.78 ID:BcjHHS+k0

多分書いた人天才だな 凄い読みやすいし





235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 06:16:43.46 ID:cPiDcVJx0

マジでクオリティ高くて永久保存レベルだわ、てか保存した。後でじっくり堪能するわw

>>1また気が向いたら書いてくれ





236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 06:55:24.18 ID:G3Q4iY6w0

読み終わった…なんだよこれ…
ヤバイとしか言えねえよ





245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/07(土) 08:05:12.12 ID:U3SHfzCD0

きちってたけど面白かったぜ…





ヴァギナ 女性器の文化史 (河出文庫)
カテゴリー「名探偵コナン」のSS一覧
SS宝庫のオススメSS
シンジのチ●ポを勝手にしゃぶってるマリを発見したアスカが怒ってたんだけど……
【ボッキ注意】 オリエント工業のこのラブドールが過激でドスケベwwwwwww (画像あり)
女僧侶「中で出して…っ♥びゅくびゅく欲しいの…っ♥」
クラスのヤリ●ン3人に「30分以内にイカせたら5000円ちょうだい」と言われた結 果・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

SS宝庫最新記事50件