1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 16:40:00.84 ID:0sfvIgbx0

レッド「…」

マサキ「〜♪…ウワッ!!なんやレッドさん!!いつからそこにおったんや!びっくりしたぁ…来たなら来たで挨拶ぐらいしいや?そんなんだからシロガネ山の亡霊とか言われてまうんやで?」

レッド「…すまない」

マサキ「まぁ、始めた会った時もそんな感じやったな〜、懐かしいわ〜」

レッド「…あぁ」

マサキ「そんで?用件はなんや?またボックスの拡張か?」

レッド「…マサキ、すまん。オレのこの罪深い願いをどうか許して欲しい」





元スレ
ニュース速報(VIP)@2ちゃんねる
マサキ「それは…それは無理やレッドさん」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1385970000/


 
 
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 16:43:49.38 ID:0sfvIgbx0

マサキ「…?」

レッド「あの機械を貸してくれないか」

マサキ「あの機械?何の事や…?」

レッド「ポケモンと融合するあの機械だ」

マサキ「…あかん。レッドさんそれは神を冒涜する行為や」

レッド「…だっておかしいだろ。こんな世界」

マサキ「なんも…なんもおかしい事なんか無いわ」





5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 16:48:24.95 ID:0sfvIgbx0

レッド「どうかお願いだ。この世界の歪みを、人の過ちを、狂ってしまった秩序をオレが体現するんだ」

マサキ「…レッドさんにそんな責任も権限もあらへん。思い上がんなや」

レッド「…優しいな」

マサキ「よう言われるわ。ありがとう。でもダメなもんはだめなんや」

レッド「そうか…残念だ」

ボンッ

マサキ「…あかん。レッドさん考え直すんや」

レッド「もう何度もそうしたさ。でも…もう限界だ。フシギバナ『ねむり粉』」

マサキ「うっ…」





7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 16:52:17.45 ID:0sfvIgbx0

レッド「ごめんよ…」

レッド「これがボックスのメインサーバーか。…やはりひどい。何が孵化余りだ、性格が気に食わないから、ちょっと好奇心が強く無かったり血の気が多かったり少なかったり、ポケモンの個性を個性とも認めずに…神にでもなったつもりなのか」

レッド「おいでみんな。一緒になろう」





12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 16:57:03.18 ID:0sfvIgbx0

レッドは他のトレーナーのボックスからポケモンと言うポケモンを引き取った

孵化あまりのポケモンを始め
ともに旅したであろうにボックスにおざなりにされているポケモン

その寂しそうなポケモン達全てを引き取ったのだ

レッド「…可哀想に。辛かったよね。寂しかったよね。苦しかったよね。
もう大丈夫だよ。オレと一緒に戦おう。思い知らせてあげよう。君たちの素晴らしさを、美しさを、強さを…!」

そしてレッドは繰り返した

次から次へとそのポケモン達と融合を繰り返した





13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 17:00:18.37 ID:psmsvW770

究極生命体だな





15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 17:01:53.52 ID:0sfvIgbx0

レッド「はぁ…はぁ…はぁ」

次々と融合を繰り返したレッドはだんだんとその体積は膨れ上がり、お世辞にも美しいと言うものからは大きく外れた容姿になっていった

理性はどんどんと薄れ、装置を動かすことも困難になりつつあった

化け物
悲しい事にそう呼ぶのが相応しかった

しかしそれは美しかったのだ

少なくとも朦朧とした意識の中でマサキが目にしたその姿は、行動は、どんなポケモンより、どんな人間よりもひたすらに純粋にうつった

マサキ「…」





16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 17:09:23.55 ID:0sfvIgbx0

レッド「あ…うぁあうぉ…」

もうこれ以上装置を動かす事はレッドには出来なかった
皮肉な事に、取り込んだポケモン達の深い深い劣情が、悲痛な叫びが、復讐心が

レッドの心を体を理性を蝕んでいたのだ

レッド「うぁああ…ぃあ」

マサキ「…これで最後のポケモンや。レッドさん」

ねむり粉の効果が消え、意識を取り戻したマサキは最後のポケモンを装置に置くと
レッドのその醜いいびつな手を引き装置へと導いた

レッド「…サキ、アガト」

マサキ「…ワイは見届ける。決してレッドさんの様に即時的な救いを求めたりはせぇへん。
それがこのシステムを作ってしまったワイの責任や。
一生抱えていく事がワイなりの贖罪や。」

レッド「…」





20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 17:14:40.58 ID:0sfvIgbx0

マサキ「ほな、さいなら」

マサキはそう言うと、装置を動かし家を後にした

最後にレッドと一緒になったのはミュウというポケモン

ポケモンの先祖と言われているポケモン

ミュウはレッドの醜い体を最後に
美しくしなやかな、見るからに神々しいポケモンへと変えた

そしてレッドは、そのポケモンは洞窟の奥深くでトレーナーを待つ





23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 17:16:12.77 ID:0sfvIgbx0

終わり
みんなは孵化あまりとか逃がしてるの?





24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 17:20:50.35 ID:E1xJmfQb0

おつ





25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/02(月) 17:23:59.54 ID:savoh7wG0

おつ

やはりミュウツーだったか





劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 完全版/ピカチュウのなつやすみ【劇場版ポケットモンスター新シリーズ公開記念・期間限定生産商品】 [DVD]
ポケットモンスター Y
ポケットモンスター X
カテゴリー「ポケットモンスター」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件