1:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:09:26 ID:teExK1bs

――葛城宅

シンジ「おはようアスカ」

アスカ「おはよう」

シンジ「今日も可愛いね」ニコッ

アスカ「な、何言ってんのよ?!このバカシンジ!///」カァァ

シンジ「本当のこといっただけだよ?あ、もう朝ご飯できるから」





元スレ
SS深夜VIP
アスカ「素直なシンジ・・・?」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1385482166/


 
 
2:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:09:57 ID:teExK1bs

アスカ(まったくシンジのやつ何考えてるのかしら・・・)ドキドキ

シンジ「アスカー」

アスカ「なっなに?」ビクッ

シンジ「どうしたの?なんか今日のアスカ変だよ」

アスカ「あっアンタの方が変でしょ?!」

シンジ「僕のどこが変なのさ?全くアスカは・・・」





3:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:11:00 ID:teExK1bs

アスカ「ふんっ!」

シンジ「まぁ怒ったアスカも可愛いからいいか」ニコッ

アスカ「っ!///」カァァ

ミサト「おはよー」

シンジ「おはようございます、ミサトさん」

アスカ「ミサトー!ちょっと聞いてよ!シンジがなんか変なのよ!」





4:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:14:43 ID:teExK1bs

ミサト「何が変なの?」

アスカ「私のことサラっと、かっ・・・可愛いとかいうのよ・・・」///

ミサト「よかったじゃない、それがどう変なの?」

アスカ「いつものシンジならそんなこと言わない!」

シンジ「僕はいつもアスカのこと可愛いと思ってるよ?」

アスカ「っ!ね?!おかしいでしょ?!」///





6:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:15:56 ID:teExK1bs

ミサト「まぁいいんじゃない?素直で」

アスカ「よくない!」

ミサト「アスカもこの際素直になんなさい、シンちゃんご飯ー」

シンジ「はい」

アスカ(絶対おかしい、昨日までのシンジと違う)

アスカ(そりゃシンジに可愛いって言ってもらえてうれしいけど・・・)///





7:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:16:32 ID:teExK1bs

シンジ「アスカ、そろそろ支度ないと遅刻しちゃうよ?」

アスカ「わかってるわよ!」

ドタドタ

シンジ「アスカどうしちゃったんだろう?」

ミサト「シンちゃんこそどうしたの?」

シンジ「何がですか?」





8:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:17:25 ID:teExK1bs

ミサト「んーなんかアスカに対していきなりストレートなこと言うようになったじゃない?」

シンジ「ただ、僕はアスカには笑っていて欲しいんです」

ミサト「だからあんな態度を?」

シンジ「はい、それに僕は本当にアスカのこと可愛いと思ってるので、嘘はついてないですよ」

ミサト「なんかシンちゃん変わったわねー」





9:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:18:04 ID:teExK1bs

――学校

アスカ「ファースト!」

レイ「・・・何?」

アスカ「シンジが変なのよ!」

レイ「碇君が?」

アスカ「いきなり私に可愛いとかいってくるのよ!」





10:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:18:42 ID:teExK1bs

レイ「そう・・・自慢なら他でやって」

アスカ「あんたバカァ?こっちは真剣に悩んでるのよ」

レイ「碇君に好かれて悩む理由がわからない」

アスカ「なに?アンタはシンジのこと好きなの?」

レイ「好きよ、大好き。だって碇君といるとポカポカするもの」

アスカ「っ!よくそんな恥ずかしいこと言えるわね!」





11:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:19:38 ID:teExK1bs

レイ「恥ずかしい?どうして?」

アスカ(シンジもファーストもおかしくなってる・・・?)

アスカ(それともおかしいのは私なの?わからなくなってきた・・・)

アスカ(いいわ、私も素直になればいいだけの話だわ・・・///)

アスカ「シンジ」

シンジ「アスカ、どうしたの?」

アスカ「大好き・・・」///カァァ

タッタッタッタ

シンジ「えっ?」





12:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:20:10 ID:teExK1bs

シンジ(いままで見たどんなアスカの顔よりも可愛かった・・・///)

トウジ「せんせ!どうしたんや?顔赤くして」

シンジ「い、いや、なんでもないよ」

トウジ「そんなことより今日の放課後ゲーセンでもいかへんか?」

シンジ「別にいいけど、どうしたのさ?急に」

トウジ「遊びにいくんにいちいち理由が必要かー?」





13:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:20:54 ID:teExK1bs

シンジ「それもそうだね」

アスカ「・・・」

放課後―

トウジ「ほないこか」

ケンスケ「あそこのゲームセンターでよくない?」

シンジ「どこも変わんないでしょ」





14:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:22:27 ID:teExK1bs

アスカ「・・・」

アスカ(べ、別にシンジが気になるからついてきたわけじゃないわ!)

アスカ(たまたま、そう、たまたまよ!)

数十分後―

トウジ「くそったれが!死ねっオラ!」

ケンスケ「トウジはそうやってすぐ熱くなるからミスが多くなるんだよ」





15:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:23:02 ID:teExK1bs

シンジ「二人ともうまいね」

シンジ(それにしても今日アスカが言った大好きっていうのは本当のなのかな・・・?)

シンジ(アスカのことだし僕のことからかっていったのかな)

シンジ(あぁ・・・アスカ)

トウジ「せんせ!」

シンジ「うわあ?!」





16:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:23:45 ID:teExK1bs

トウジ「何ぼーっとしとるんや?」

シンジ「いや、ちょっと考え事してて」

ケンスケ「とりあえず休憩しよう、疲れた」

アスカ(それにしても男の遊びってのは見てて退屈だわ)

顔面原子人「ヨォ姉チャン!」

アスカ「っ!?誰よアンタ!」





17:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:24:19 ID:teExK1bs

人面原始人「一緒ニ遊ボウゼェ」ガシッ

アスカ「っく!離しなさいよ、このおにぎりが!」

顔面原子人「チョットソコノ路地裏行コウヨォ」

アスカ(こいつら力が強い・・・!)

アスカ「ちょっと!どこ触ってんのよ?!」///

人面原始人「ヤワラカァイ」





19:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:26:35 ID:teExK1bs

シンジ(今頃アスカ何してるだろう、家に帰ってるよな)

顔面原子人「ソロソロ服脱ソウカァ」

人面原始人「ソウダネェ」

アスカ「誰か助けてぇ!」ウル

シンジ(ん?今アスカの声が聞こえたような・・・)

トウジ「そろそろ帰るか」





20:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:27:28 ID:teExK1bs

ケンスケ「そうだね」

シンジ(気のせいか)

シンジ「僕トイレに行ってくるよ」

トウジ「わしら先にいっとるで」

シンジ「わかったよ」

顔面原子人「アァ可愛イイナァア」





21:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:28:22 ID:teExK1bs

人面原始人「ウフフフッフウウ」

アスカ「いや!いやっ!誰か・・・(シンジぃ!助けてー・・・!)」

顔面原子人「コノ娘、巣ニ持チ帰ロウ」

人面原始人「ソシテ僕タチノ子ヲイッパイ産マセルンダァ」

アスカ「いや!来ないでっ!」ガシャン

シンジ「何の音だろう?」





22:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:31:32 ID:teExK1bs

シンジ(それにこの声、アスカの声だ・・・!)

シンジ(この路地裏から聞こえてきた、行くしかないか)

シンジ(鉄パイプがこんな所にある、一応もっていくか)

トウジ「あれ、せんせ何で路地裏なんかいったんやろ」

ケンスケ「いたの?」

トウジ「それになんか焦った感じやった」





23:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:33:02 ID:teExK1bs

ケンスケ「いってみる?」

トウジ「せやな、なんかあったのかもしれん」

顔面原子人「逃ゲテモ無駄ダヨォ」

人面原始人「大人シクシテエエ」

アスカ「気持ち悪いっ!」

アスカ(私、こんなところでこんな奴らに犯されちゃうの・・・?)ウル





24:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:34:02 ID:teExK1bs

カララララン、カララララン

顔面原子人「ナンダァコノ音ハァ?」

人面原始人「ドウデモイイヨォ、速くヤッチャオウヨォ」

シンジ「あなたたち、何してるんですか?!」

アスカ「シンジィ!」パァー

顔面原子人「オマエ誰ダヨォ!」





25:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:37:28 ID:teExK1bs

人面原始人「殺セエエエエ!」

シンジ「アスカ!うぉおおおおおおお!」

ドカッボカッ

シンジ「ぐはっ!」ドサ

アスカ「シンジ!」

トウジ「せんせ!」

ケンスケ「碇っ!」





26:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:38:21 ID:teExK1bs

顔面原子人「アヒャヒャヒャ、弱スギダロォwオ前ラモボコラレテェカ?!」

人面原始人「ホントダヨォw」

トウジ(なんやこいつら人間やない・・・!)

ケンスケ(足がすくんで動かないよ・・・)

シンジ「っく!(体が動かない・・・!体中が痛い・・・!)」

アスカ「しんじぃ!いや!シンジ!」





27:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:39:11 ID:teExK1bs

顔面原子人「ソレジャァ続キシヨッカ」

人面原始人「ソウダネェ」

アスカ「いやぁ!やめて!触らないでぇ!」ポロポロ

シンジ(くそっ!アスカ!なんで体動かないんだよ!)

シンジ(今動かなきゃいけないのに!)

シンジ(アスカは僕を好きって言ってくれた!だから僕もそれに応えなきゃ!)





28:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:40:30 ID:teExK1bs

シンジ(頼むよっ!動いてくれよっ!)

シンジ(動け動け動け動け動け動け・・・!)

シンジ(っ!)




シンジ「・・・アスカを、返せ!!」カッ





29:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:41:16 ID:teExK1bs

顔面原子人「ソンナ馬鹿ナ、立テルハズナイヨォ!」

人面原始人「足ノ骨オレテルハズダヨォ!」

トウジ「何があいつを駆り立てるんや?!」





30:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:42:18 ID:teExK1bs

ケンスケ「碇の体見ろ!ボロボロだ!」

ケンスケ「やめろ!碇っ!それ以上動いたら死ぬぞ!」

シンジ「よくも・・・アスカを泣かせたな?」





31:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:44:01 ID:teExK1bs

シンジ「僕がどうなったっていい・・・!」

シンジ「世界がどうなったっていい・・・!」

シンジ「だけどアスカは・・・せめてアスカだけは、絶対助ける!!」

トウジ「行けー、シンジっ!」

ケンスケ「トウジ・・・」

トウジ「誰かのためやない!お前自身の願いのためにっ!」





32:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:44:44 ID:teExK1bs

アスカ「シンジ・・・」///

シンジ「・・・うおおおおお!!」ガンッ!

顔面原子人「っかはっ!」ドサ

人面原始人「ガンチャン!」

人面原始人「ヨクモガンチャンヲ!」シュッ

シンジ「・・・」ッス





33:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:45:30 ID:teExK1bs

人面原始人「カワシタア?!」

シンジ「はあああああ!!」ガンッ!

人面原始人「げはっ!」ドサ

人面原始人「マ、マtt」

シンジ「・・・!」ガンッ!グシャッ!ゴキィッ!ゴンッ!

人面原始人「」





34:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:46:32 ID:teExK1bs

顔面原子人「ジンチャアアアン!」

顔面原子人「キサマァアア殺ス!」ッフ!

シンジ「!」ピキーン

顔面原子人「ハジカレタ?!ナンダァ?!ソレハァ!」

シンジ「うおおおおおお!!」ガキィン!

顔面原子人「ごっは!」ドサ





35:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:47:13 ID:teExK1bs

シンジ「・・・」

顔面原子人「マッマテ!ハナセバワk」

シンジ「・・・!」ゴンッ!グシャッ!ガンッ!ゴキィッ!

顔面原子人「」

シンジ「はぁ・・・はぁ・・・」カランカラン・・ドサ

アスカ「しんじぃ!」





36:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:47:49 ID:teExK1bs

シンジ「ア・・・スカ?・・・よかった・・・無事で」

アスカ「シンジ!今ミサトを呼ぶからね!」

シンジ「もう・・・目がかす・・・んで・・・アスカ・・・の・・・こと・・・も・・・よく・・・みえな・・・い」

アスカ「ミサト?!すぐ来て!シンジが大変なの!」

アスカ「今ミサトを呼んだから!」

シンジ「・・・」





37:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:49:04 ID:teExK1bs

アスカ「シンジ・・・?!シンジしっかりして!!」

シンジ「・・・」

アスカ「いやああああああ!!!」

――――

――NERV本部

アスカ「リツコ!シンジは?!」





38:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:49:43 ID:teExK1bs

リツコ「鎖骨と右足と左腕の骨が折れてるわね、あと肋骨もヒビがはいってるわ」

アスカ「そんなぁ!?シンジは助かるの?!」

リツコ「まぁ命に別状はないから大丈夫よ」

アスカ「・・・よかった」

リツコ「シンジ君相当無理をしたみたいね」

ミサト「駆けつけたらアスカが泣き叫んでて、シンジ君は倒れてるし」





39:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:50:15 ID:teExK1bs

ミサト「一時はどうなることかと思ったわよ」

リツコ「それにしても誰と喧嘩したらここまでの怪我になるのかしら」

アスカ「アイツら人間じゃなかったわ・・・」

ミサト「人間じゃなかったって?」

アスカ「なんていうか、言葉もかたことだったし、雰囲気が人間じゃなかった」

アスカ「それに力もすごく強くて、あたしの力じゃどうにもできなかったわ」





40:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:52:25 ID:teExK1bs

リツコ「でもそんな相手にどうやってシンジ君は勝ったのかしら」

リツコ「シンジ君の今の状態からじゃ立つこともできなかったんじゃないかしら」

アスカ「うん、それはなんかシンジがいきなり人が変わったみたいになって」

アスカ「ATフィールドまでつかってたわ」

リツコ「人間がATフィールドを使うなんてありえないわ」

ミサト「アスカを守りたい気持ちが不可能を可能にしたのよ」





41:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:53:45 ID:teExK1bs

アスカ「シンジ・・・」///ッポ

リツコ「ちょうど今、アスカの王子様が気付いたそうよ」

―――

――シンジの病室

アスカ「シンジ!」

シンジ「アスカ・・・無事でよかったよ」





42:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:54:37 ID:teExK1bs

アスカ「それはこっちの台詞よ!・・・その、助けてくれてありがとう」

シンジ「それが、あんまり覚えてないんだ」

アスカ「どういうこと?」

シンジ「アスカを助けようと思ってあの変な男たちに立ち向かったけど
    ボコボコにされて、アスカを助けないとって思ったあたりから記憶が曖昧なんだ」

アスカ「これだけひどい怪我なんだから当然でしょ」

シンジ「まあアスカが助かったならいいや」





43:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:55:26 ID:teExK1bs

アスカ「シンジのおかげよ」

シンジ「そう言えば学校で僕に好きって言ったのって本当?」

アスカ「・・・冗談であんなこと言わないわよ、それくらい分かりなさいよ・・・バカシンジ」///

シンジ「そっか、うれしいよ、僕もアスカのこと好きだよ」///

アスカ「何よ、顔真っ赤にしちゃって」

シンジ「アスカもでしょ」

アスカ「・・・///」

終わり





44:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 01:56:22 ID:teExK1bs

エヴァssは書くのはじめてなので口調とかもいろいろ
間違ってるかもですが、ご了承ください
お疲れ様でした





45:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/11/27(水) 03:45:34 ID:9RU5Tgkk






素直な戦士たち (新潮文庫)
カテゴリー「新世紀エヴァンゲリオン」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件