1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 04:12:41.26 ID:8koYrPKJ0

「寒い日に温かいこたつで食べる」

「このギャップがいい」






3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 04:16:55.75 ID:8koYrPKJ0

「もう食べ終えてしまった」

「もう一つ頂くとしよう」






元スレ
ニュース速報(VIP)@2ちゃんねる
クワトロ「冬に食うアイスとは美味な物だな」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1385147561/


 
 
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 04:20:00.54 ID:8koYrPKJ0

「クーラーボックスは偉大だな」

「こたつに出ずともアイスを手に取れる位置で保存出来る」

「いいものだ」






6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 04:30:03.74 ID:8koYrPKJ0

「大尉?寒いのに何を食べてるんです?」

「見ての通り、アイスだ」

「いや、知ってますけど寒いのに何故アイスを?」

(アホなのかこの人は?)

「寒い日に体を温めて食べるアイスというものは何故か美味だ」

「はあ・・・僕も頂いてもいいですかね?」

「・・・構わんよ」






7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 04:35:54.13 ID:8koYrPKJ0

「じゃあ・・・このハーゲンダッツってやつを」

(!それは私が楽しみにしていたものじゃないか)

「待てカミーユ、まずはこのガリガリ君ソーダ味にするといい」






8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 04:47:04.63 ID:8koYrPKJ0

「僕はラクトアイス派です、それになんだっていいでしょう」

「・・・そうか、いいだろう、君も冬のアイスを楽しむと良い」

(口惜しいが・・・仕方あるまい)

「どうも、・・・ああ、確かに美味しいですね」

「そうだろう」






9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 05:02:30.47 ID:8koYrPKJ0

「・・・ごちそうさまです」

「良い、それよりもう一つどうかね?」

「いえ、結構です」

「美味しいですけどそういくつも食べるほどではないですね」

「・・・そうk「カミーユ!ここにいたのね!」

「ファ?どうしたんだ」

「呑気ね!あなた、昨日君の部屋で一緒に遊ぼうと約束したじゃない」






10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 05:15:08.48 ID:8koYrPKJ0

「・・・ああ、これから行こうと向かってた途中だったんだよ、すぐに行こう」

「そうなの?早く行きましょ」

「ええ」

「デートを忘れるとは迂闊だなカミーユ」

「あ、大尉まだいたんですね」

「!クワトロ大尉、挨拶遅れてしまってすみません」

「・・・気にすることはない」

「それよりも早く行くと良い」

「はい、失礼します、アイスどうもでした」

ああ、またくるt「行きましょ!」

「」






11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 05:17:07.71 ID:2kUCcXXk0

(アーガマに冬とかあるんですか?)





12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 05:27:26.40 ID:8koYrPKJ0

「アベックめ・・・忌々しい」

「まあいい、また頂くとしよう」

「ああ、大尉、いい忘れましたけど」

「部屋を寒くしてこたつで冬気分もいいですけどね」

「食べ過ぎないようにしてくださいよ、アイス」

「一応はパイロットなんですから体調管理も大事ですよ」

「勿論だ、限度はわきまえている」

「ですよね、じゃあ失礼します」

「ああ、待たせるといけない、早く行k「カミーユ!何してるの!」

「すぐ行くよ!」

「じゃあ」

「・・・ああ」






14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 05:38:29.23 ID:8koYrPKJ0

「アノヒトイツモノノースリーブニサングラスナノニアノサムイヘヤでナニシテタノ?」

「シラナイヨ、アノヒトノヤルコトハボクニハトテモネ」

ソウネ、フフフ
ハハハ
「・・・度し難いな、全く」

「次だ、気晴らしに今度は贅沢に私もハーゲンダッツにしよう」

「ふふ、私もよくよく運の良い男だ」

「このような食べ方を満喫できるとはな」






15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 05:48:55.11 ID:8koYrPKJ0

「・・・ふぅ」

「美味かったな」

「適当に買い集めたが手が止まらずに全部食べてしまった」

「・・・む、腹の調子がおかしい」

「しかし寒い、こたつから出たくはない」

「どうしたものか」






16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 05:59:12.70 ID:8koYrPKJ0

「・・・むぅ」

「このままではまずいな」

「それにここはレクリエーションルームだ、他の者も使う」

「こんなところで漏らす訳にはいかない・・・!」

「仮に出してしまって人に逃げて見られなかったにしてもビデオですぐにわかってしまう」

「ええい、どうしたものか」






17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 06:07:30.02 ID:8koYrPKJ0

ブリッジ
「サエグサ、こたつとは良いな」

「ええ、私も好きです」

「私も少し入りたい」

「駄目ですよ、艦長」






18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 06:11:57.92 ID:8koYrPKJ0

「くそ・・・」

「!そうだ一瞬だけ出てクーラーを切ってすぐに入り直せばある程度寒さを凌げるじゃないか」

「私もただでは終わらん!」

「よし!行くぞ!」






19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 06:15:50.06 ID:S0lyEH5E0

こんなんだからいまだに嫁さんも貰えないんだよ





20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 06:25:37.41 ID:8koYrPKJ0

「ああ・・・寒い寒い寒い」

「・・・やはりこたつはいいな」

「後は部屋が常温に戻るまでの我慢だ」

「これでもう大丈夫だな、運に恵まれたな、ウン」

「ウン・・・ふふ・・・ハハハハハ」

「!まずい、出そうになった」






22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 06:39:51.06 ID:8koYrPKJ0

「・・・部屋の温度はもういいだろう」

「よし・・・出るぞ」

「トイレへ急がねば」






23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 06:49:53.28 ID:8koYrPKJ0

「走ると出そうになる・・・早歩きで行こう」

「あら、大尉?」

「・・・なんだ」

(急いでいるのになんなんだこいつは)

「何をしていらして?」

「汗が出ていますよ」

「実は・・・っ・・・!」

(アイスを食べ過ぎてトイレへ急いでいるなんて言えん・・・!)

(そうだ!)

「私もパイロットだ、体調管理のために、少しな」

「ウォーキングですか、熱心ですね、私もご一緒しても?」






25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 07:05:56.42 ID:8koYrPKJ0

(冗談ではない!)

「いや、私は一人が好きだ、遠慮しよう」

「そうですか」

「しかしエマ中尉、君もパイロットだ」

「人が励む姿をを見て自分もそうしようとするのも結構なことだ」

「だがそのために見たままに同じことをするのではなくまず己を見直し何が足りないかを考慮する」

「そしてそれを補うもトレーニングというものだ」

(ああ・・・トイレが目の前だと言うのにこの女は!)

「そうですね・・・私もトレーニングに励むことにします」

「では大尉、トレーニングルームへ行きましょう」






26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 07:20:29.22 ID:8koYrPKJ0

(ふざけるな)

「私も未熟なパイロットですのでお互いに足りない点を分け合うのも結構なことと存じます」

(こいつは私が言ったことを聞いていなかったのか)

「私は良い、トレーニングルームにも他に人がいるだろう」

「先ほど部屋の前を通ったのですが誰も居ませんでした」






27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 07:29:48.04 ID:8koYrPKJ0

(トイレが・・・離れていく・・・)

「ならカミーユはどうだ、君は彼の教育係だろう」

「親子の関係のようなものだろう」

「ならばお互いに知り合う点も多い」

「いいですね、彼の部屋へ行ってきます」

「いや、カミーユは今ファの部屋にいるはずだ」

「あら、よくご存知で」

「私も先ほど彼女の部屋の前を通ってきたのだ」






28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 07:34:48.56 ID:8koYrPKJ0

「ありがとうございます、では失礼します」

(よし)

「ああ、失礼する」

(いいぞ)

「では」

(いける)






30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 07:43:29.22 ID:8koYrPKJ0

「ふふ・・・ついに・・・」

「いや・・・待て・・・」

「公用トイレで下したブツを出して他に利用しているものに聞かれたら・・・」

「しかもトイレの紙がない場合どうしたらいい・・・」

「ここはやはり自室のトイレを・・・だが・・・」






31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 07:50:03.74 ID:8koYrPKJ0

ビービービー
「ッ・・・!」

(驚いて出そうになったじゃないか!何事だ!)

「スクランブル、ティターンズの艦隊が本艦に接近中」

「戦闘態勢、モビルスーツパイロットは直ちにモビルスーツデッキに集合せよ」

(ふざけるな)

「これは訓練ではない」

「繰り返す、ティターンズの艦隊が本艦に接近中」

「モビルスーツパイロットは直ちにモビルスーツデッキに集合せよ」

「これは訓練ではない」






32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 07:51:13.42 ID:oNwDlu9v0

クワトロが目に浮かぶな
あの人はちょっとかわいそうでいい





33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 07:55:43.64 ID:8koYrPKJ0

「まあいい、トイレですぐに出してから行けb「大尉!トイレの前で何をしているんです!行きますよ!」

「まて」

「何を待つんです!スクランブルなんですよ!?」

「いy「ほら!」

(ああ・・・トイレが・・・私から離れていく・・・)






34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 08:09:40.45 ID:8koYrPKJ0

「来たか、パイロットスーツに着替えろ」

「カミーユとクワトロ大尉はすぐに行け!!」

「了解です」

「ああ」






36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 08:18:03.31 ID:8koYrPKJ0

(何故こんなことになった・・・)

「カミーユ、気をつけるのよ」

「ええ、Zガンダム、カミーユ行きます!」

「頼みますよ、大尉」

(ええい、早くに落としてしまおう)

「・・・ああ、任せろ」

「クワトロ・バジーナ、百式、出る」

(射出?いや!)

「まt「があああああああああああ!」






39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 08:25:08.87 ID:8koYrPKJ0

「・・・はぁ・・・はぁ・・・」

「大尉!どうしたんです!?すごい叫びが聞こえましたけど!?」

「気にするな、気合を入れたのだ」

(耐えた、私は耐えたぞ)

「それよりも任務に集中するんだカミーユ」






40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 08:29:38.72 ID:ANZA+Ux60

お前が一番集中できてない





41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 08:31:21.88 ID:qFz0fKLw0

癖になるなこのスレ





43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 08:37:02.12 ID:8koYrPKJ0

「ハハハ、コロニーレーザーに出向く最中、このような場所で立ち会うとはな」

「ちょうどいい、テストだ、私のジ・Oを出す」

「待て」

「私も出よう」






44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 08:39:31.17 ID:MKIb7gY40

全部脳内再生されるのがすげぇな





46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 08:53:56.48 ID:8koYrPKJ0

「良いだろう、天才のデモンストレーションと行こうじゃないか」

「パプティマス様、私もすぐに続きます」

「いい、すぐに終わらせてみせよう」

「フフフ、ジ・O、発進するぞ」

「キュベレイ、出る」






47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 09:00:27.74 ID:Enoi4rb20

戦争だし漏らしてる奴ぐらい結構の数いるはずだよな





48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 09:15:22.38 ID:8koYrPKJ0

「出てきたのは二機だけ?」

「だが一方は新型のようだ、警戒しろ」

「女狐め、早い」

「シャア!」

「ハマーンだと?」

「不気味な顔で出てくるな!」

「カミーユ!私に続いて後方援護だ!」

「子供じゃありません!ついていけます」






49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 09:29:41.54 ID:8koYrPKJ0

(ハマーンはどうでもいいが敵機が少ないのは都合がいい)

「どうでもいいだと?口の聞き方に気をつけてもらおう!」

(すぐに終わらせてもらう!)

「ええい!」

「ファンネル!」

(被弾は出来ない!)

「やられはせんよ!」






50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 09:46:49.81 ID:8koYrPKJ0

「ファンネルが当たらない?」

(まずい)

「!」

(こいつの前で出すのは御免だ)

「下がれハマーン!」

「奥の手でもあるというのかシャア!」

「ええい!」

「何を!」

「これでもう使えまい!」

「出来ないとでも?」

(これ以上は無理だ!)

「ここで終わりにするか!続けるか?シャア!」

「頼むから下がってくれハマーン」

「シャア!?」

「シャアが私に涙目で懇願している!?」






51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 09:56:37.14 ID:8koYrPKJ0

「それほどまでに私を・・・」

「ならば私と!」

「それは断る」

「何を」

「今だけは帰還しろ!」

「!こいつ・・・まさかまだ私を」

「っ調子が狂う!下がるぞ!シロッコ!」

「貴様、何を言っt「黙れ!」

「」






53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 10:08:06.66 ID:8koYrPKJ0

「奴のせいで弾も少ない」

「データも十分、だがこのままは分が悪い」

「この勝負預ける!」

「・・・」

「クワトロ大尉!?何をしたんですか!?」

「敵は帰投した、カミーユ、私も先に帰投する」






54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 10:15:46.49 ID:8koYrPKJ0

(終わった・・・!急いで帰投だ・・・!)

「被弾もせずで相手をプレッシャーだけで退かせるなんて」

「あれがクワトロ大尉の実力なんですね」

(ララァ、私を導いてくれ)






55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 10:25:15.78 ID:8koYrPKJ0

「戻った、誰かスーツを頼む」

「大尉!流石!」

「クワトロ大尉!」

(何故皆まで集まる)

「すまないが通してくれ」

「大尉、よくやってくれた」

「艦長、すまないが急ぎだ、後にしてくれ」






57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 10:29:41.22 ID:8koYrPKJ0

(見える・・・私にもトイレが見えるぞ)

「カミーユ、戻りました」

(手に届く位置に・・・)

「キャア!」

「!?」

「何があった」

「大尉が私の尻を触ったんです!」






58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 10:34:46.20 ID:8koYrPKJ0

「」

「大尉・・・」

「クワトロ大尉!」

「待て、誤解だ」

「見損ないましたよ!」

「誤解だ。待ちたまえ、大人の事情がある」

「知らないよ!そんな大人修正してやる!」

「まt」






60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 10:54:46.08 ID:8koYrPKJ0

クワトロ・バジーナは迷いを捨てた
その後、コロニーレーザー付近での戦闘でクワトロ・バジーナは
パプティマス・シロッコとハマーン・カーンの駆るジ・Oとキュベレイを単独で圧倒
為す術もなく撃墜されたシロッコは自身の悪意で周囲の人間を引きずり込もうとした
その際にクワトロ・バジーナは撃墜したと見るとすぐに帰投し逃げ切れたがその際にカミーユ・ビダンは巻き込まれ精神崩壊してしまった
それを見た人類に失望したクワトロ・バジーナは軍から姿を消した
そして一度は見逃したがまた自身から逃げたシャアに憤慨したハマーン・カーン
その後第一次ネオジオン紛争を引き起こし、彼女の戦死で戦いは終わったかに見えた





61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 11:07:18.12 ID:8koYrPKJ0

人類に失望したシャア・アズナブルは地球に住み、アイスを創りだした人々に復讐を誓った
まずはコロニー落としを行い、グリプス戦役以後も堕落した地球連邦を倒そうとした
その後フィフス・ルナを落とした時にアムロ・レイの所属するロンド・ベルからの妨害を一度受けたが
シャア・アズナブルはロンド・ベル以外は自分たちに手を出せないと見、サイコフレームの情報漏洩をせずに
しかし戦友のブライトはともかく、アムロを暗殺するのを避けたいシャアは情報操作と自身の政治的行動によって一切の身動きを取れないようにし、無事にコロニー落としを成功させた





62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 11:11:25.02 ID:8koYrPKJ0

「シャア」

「なんだ」

「こたつとアイスは相性が良いな」

「そうだろう」

「だがな」

「ああ」

「貴様はこのために地球を寒冷化させたというのか」

「・・・」

「人類はこたつとアイスがあれば分かり合えると思ったのだよ」

終われ





63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 11:17:34.98 ID:8koYrPKJ0

ちょっとしたネタスレのつもりだったの・・・SSにするつもりなかったの・・・もう眠いの・・・許して・・・





64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/23(土) 11:35:36.63 ID:Va2h3EZ20

しかし>>1。このスレは私にいい時間を過ごさせてくれた。礼を言おう。







ガンダム トライエイジ 第6弾 シャア・アズナブル 【マスターレア/MR】 06-056
カテゴリー「機動戦士ガンダム」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件