1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:30:39.00 ID:qsx4+b730

阿笠「影響下にあるあらゆる機械が光彦君の命を狙うぞい!」

コナン「サンキュ博士!」

阿笠「クレグレモ悪用スルンジャナイゾー」





元スレ
ニュース速報(VIP)@2ちゃんねる
阿笠「できたぞ新一!全自動光彦潰し機の起動スイッチじゃ!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1384518639/


 
 
2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:32:06.42 ID:qsx4+b730

歩美「コナンくんおそーい!」

灰原「あなたが待ち合わせに遅刻なんて珍しいわね」

コナン「わりいわりい」ポチットナ

光彦「それじゃみんなで学校n



次の瞬間、少年探偵団が目にしたものは



大型トラックにひき肉にされた光彦の姿だった





4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:34:10.14 ID:qsx4+b730

歩美「あぶなーい!もう少しでお洋服汚れるところだったよ」

コナン「ごめん、実はこのスイッチのせいなんだ」

灰原「ああ、博士が言っていた装置がついに完成したのね」

元太「おーい!みんなー!!」

歩美「ほらー!ぐずぐずしてたから元太くんきちゃったじゃない!」

光彦「どうしましょう、服もランドセルもバラバラです……」

元太「すげー!ミンチになった光彦がもうあつまってるぜ!」

コナン「先生に理由を話して正直に謝るしかないな」

灰原「そんなことより、そろそろ急がないと遅刻よ?」


こうして俺たちは、再生を続ける赤黒いソバカススライムとともに学校へ急ぐのであった





7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:36:52.50 ID:qsx4+b730

小林先生「光彦君、事故には気を付けないとダメよ」

光彦「ごめんなさい先生……」

コナン「せんせー、でも悪いのは運転手さんのほうじゃないのー?」

小林先生「そうね……光彦君もいちおう被害者だものね」

小林先生「もういいわ、席につきなさい」

光彦「コナンくん、庇ってくれてたすかりました」

コナン「いいってことよ、俺たち仲間だろ?」ポチットナ



次の瞬間


電動鉛筆削り器が光彦の指目掛けて飛んできた





9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:38:50.66 ID:5HJ0QeQq0

なんで飛んでくるんだよwww





10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:39:03.00 ID:qsx4+b730

光彦「な、なんですかこれは!?」ガリガリガリガリガリガリ


コナン「大丈夫か光彦ぉぉぉおおおおおっ!!!?」ポチットナ



次の瞬間


電動鉛筆削り器が剥き出しの光彦の股間に齧りついた



光彦「うわぁぁぁああああああああああ!!?」ビチャビチャビチャビチャ

小林先生「光彦君、いいかげんにしなさい!!」

コナン「せんせー、ぼく光彦くんを保健室につれていくね!」

コナン「光彦だいじょうぶか? 立てるか?」

光彦「え、ええ……」





11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:41:01.99 ID:qsx4+b730

――保健室――


コナン「おまえはここでしばらく休んでろ」

光彦「今日は朝から災難でした」

コナン「それじゃ俺は教室に戻るからな」



コナン「……さてと、もう1回このボタンを」

阿笠「わしじゃよ」

コナン「うわあああああああああああああああああああああああっ!!???」ポチットナ

コナン「って博士かよ!ビックリさせんな!!」

阿笠「まあまあ、落ち着かんか新一」

阿笠「実はな、新しいスイッチを持ってきたんじゃ」

コナン「なんだと!?」





13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:43:11.37 ID:qsx4+b730

阿笠「機能自体は変わらないのじゃが」

阿笠「ボタンを押しっぱなしにすると連打状態になる機能と」

阿笠「その状態でボタンをロックできる機能を追加したんじゃ」

コナン「なるほど」ポチットナ


次の瞬間、背後から爆音が轟いた


保健室からは煙が立ち込め、様々な金属が擦れ合う音と光彦の悲鳴がこだましていた


コナン「さーて、教室に戻るか」

阿笠「ワシも哀くんのブルマとスク水の回収が終わったから帰るぞい」





14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:45:57.54 ID:qsx4+b730

――翌日――

光彦「みなさんおはようですー」

コナン「光彦、その顔のペイントみたいなのはなんだ?」

光彦「ああ、これは昨日からやたらと機械に巻き込まれるせいで」

光彦「再生時に取り込んでしまった金属粒子が、表面に浮かび上がってるんですよ」

コナン「お前もたいへんだな」ポチットナ

光彦「ほら、またトラックが突っ込んできましたよ」

そういって光彦がやれやれと溜息を吐く
轟音を立てる鉄の塊が、光彦の体を噛み砕こうとした次の瞬間
その巨体のすべてを光彦は吸収していた

コナン「……どうなってんだお前」

光彦「どうもこうも、金属が体に入りっぱなしみたいな状態になっちゃったんで」

光彦「いつの間にか、機械を取り込めるようになっただけですよ」

光彦「おっと、もう時間がないですね」


そういうと、光彦は銀翼を生やし、ジェットエンジンで飛び立っていった





15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:47:47.17 ID:cS23NuDH0

相変わらず人間を辞めてる光彦





16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:48:08.36 ID:qsx4+b730

小林先生「じゃあこの問題は光彦君に解いてもらおうかな」

光彦「はいです」


席を立った光彦を狙ってミサイルが飛んでくる

気に留める様子もなく、光彦の左腕が展開し光線を放つ

窓をガラスごと溶解させた光は、容易くミサイルを捉え、爆散させた


光彦「昨日からホントに多いんですよねえ」

歩美「光彦……くん……?」

光彦「ああ、これは電子レンジを集積させてつくったただの陽電子砲ですよ」

小林先生「あ、ああ……ばっ……ば」


小林先生「化け物ぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!!!」





19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:49:45.68 ID:uyTyobaF0

化け物wwwいまさらすぎるwwwww





20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:50:11.07 ID:qsx4+b730

暗紫色の金属光沢を放つ皮膚

血管のように蠢くケーブル類

ギシギシと咬みあう歯車とアクチュエーター

そこにいたのは、俺たちの知っている光彦ではなかった


光彦「ばけ……もの……?」


カメラレンズの瞳孔が拡散し、ピントを絞る様に再び収斂する


光彦「違う……ぼくは……」

光彦「バケモノなんかじゃ……はっ!」

光彦「上空より熱源反応?」

光彦「これは……学校全体を巻き込む規模じゃないですか!?」

コナン「おい光彦!!」


コナンが呼び止める声も聞かず、校舎と同化した光彦は屋上へと移動した





24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:52:19.19 ID:qsx4+b730

光彦「あれを止めるためには……ぼくが直接っ!!」


光彦は体内の冷却装置とコンプレッサを化学プラントに組み換え、大気を圧縮吸収

同時に流線型をした長大な機体を形成してゆく


歩美「やだ……何この臭い」

灰原「アンモニア臭と……オゾンね」

灰原「攻撃は遥か空の上からきてるんでしょう?」

灰原「つまりこれはアンモニアではなくヒドラジン」

灰原「そしてオゾン臭のもとは酸化剤として用意された液体酸素」

コナン「要するにロケット燃料じゃねえか!」

コナン「おい……それじゃまさかっ!!」


次の瞬間、光彦は宇宙へと飛び立ち

数分後、帝丹小学校の上空で大規模な爆発が観測された





29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:54:52.37 ID:qsx4+b730

――1週間後――

コナン「おはよう、歩美!灰原!」

灰原「おはよう、江戸川くん」

歩美「おはようコナンくん!」


俺たちはこうやって平和な朝を今日も迎えている

これも光彦が学校を救ってくれたおかげだ

光彦のいない通学路は、どこか寂しく感じた













光彦「まだ終わりませんよ!!」





31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:57:02.08 ID:qsx4+b730

コナン「光彦!!?」


光彦の声とともに、あたりが闇に包まれた

空を見上げれば、そこには青空は無く、代わりに





巨大な光彦の顔が、空を埋め尽くすように浮かんでいた





32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 21:59:08.05 ID:qsx4+b730

阿笠「ついに……恐れていたことが起こってしまった……」

コナン「博士!?」

灰原「どういうこと?説明してちょうだい」

阿笠「ああ、実は光彦くんはもともと宇宙からきた機械生命体だったのじゃ」

阿笠「しかし、地球にたどり着いた時には大きなダメージを受け、記憶回路も破壊されていた」

阿笠「だから地球人に擬態し、自己修復による機能の回復を待っていたんじゃ」

歩美「そんな……たしかに地球人にあるまじき顔だとは思ってたけど」

コナン「まさか本当に宇宙人だったとはな」





35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:01:14.92 ID:qsx4+b730

阿笠「ワシはずっと光彦くんのことを監視していたんじゃ」

阿笠「このまま、ただの地球人として一生を終えてくれることを願ってな」

阿笠「しかし、その願いも空しく、光彦くんの体に異常が起こっていた」

阿笠「機械生命体としての本能が目覚めようとしていたのじゃ」

阿笠「ワシは悩んだ、しかし地球人類全ての危機と、一人のなにも知らない少年」

阿笠「天秤にかけるには、あまりにも残酷な事実じゃった」

阿笠「ワシは用意していた兵器を用いて、光彦くんを消滅させようとした」

阿笠「新一、きみに渡したあのスイッチじゃ」

阿笠「だが、残念なことに逆効果じゃった」





37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:03:31.17 ID:qsx4+b730

阿笠「生存本能を刺激された光彦くんは有機生命体としての肉体を改変し」

阿笠「凄まじいスピードで機械生命体へと再組織化を図ったのじゃ」

阿笠「更には宇宙に飛び立ち、人工衛星群を取込み建設中の宇宙ステーションを掌握」

阿笠「人類史上最凶最大最悪の敵として、今まさに再び地上へと降り立とうとしておるのじゃ」

阿笠「新一よ、あのソバカスが見えるか?」

阿笠「あれは光彦胞子、アレに侵された者は光彦くんと同じ機械生命体となってしまう」

阿笠「地球上のあらゆる生命体が光彦くんと化してしまうのじゃ」

阿笠「あれが地上へと一斉に発射されてしまえば、もう終わりじゃ……」





39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:05:44.80 ID:qsx4+b730

コナン「博士、どうにかできないのかよ!!」

阿笠「……光彦くんが地球に降り立つと時を同じくして」

阿笠「もう1つの地球外知的生命体との邂逅があったのじゃ」

阿笠「超テクノロジーによってつくられた機械ウナギと」

阿笠「その機械ウナギによってもたらされた無限情報サーキット」

阿笠「通称『Gストーン』に記録されし人智を超越した超科学」

阿笠「ワシはそれを解析し、もしもの時にそなえて準備を続けていたのじゃ」


阿笠「『黒の組織』とよばれる者たちを指揮してな」





40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:08:02.83 ID:qsx4+b730

灰原「博士!!」

阿笠「哀くんよ……もうこれ以上は無理じゃわい」

阿笠「光彦くんを監視する体制をつくるために君を利用し」

阿笠「アポトキシン4869を用いて君を幼児化させたのは」


阿笠「何を隠そう、このワシじゃよ」


コナン「博士……そうだったのか」

阿笠「いまさら許してくれとは言わん」

阿笠「ワシを恨んでくれてかまわん」

阿笠「その代り……力を貸してくれんか」

阿笠「光彦くんを止めるために」





45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:10:12.08 ID:qsx4+b730

コナン「……へっ、バーロー」

コナン「地球の危機だっていうのに、断る理由なんざねえよ」

阿笠「新一!」

蘭「話はついたようね」

コナン「蘭……ねえちゃん?」

蘭「もういいのよ新一、すべてわかってるから」

蘭「それに今の私は」



蘭「サイボーグLANよ」





47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:12:20.64 ID:qsx4+b730

阿笠「新一や、君も覚えとるだろう」

阿笠「蘭君が小学生の頃、事故に巻き込まれて半年ほど入院したときのこと」

コナン「ああ……まさか!」

阿笠「その時、すでに彼女の体はサイボーグ化されておったんじゃ」

阿笠「落下した光彦くんの素粒子Mによって、通常の治療は効果が無かったからのう」

コナン「畜生……あの事故も光彦に引き起こされたものだったっていうのかよ!!」

歩美「蘭お姉ちゃんってとっても強いと思ってたけど、サイボーグだったからなんだね!」

蘭「ええ、そうよ歩美ちゃん」

蘭「私はとっても強いから……今から光彦くんと戦うの」

コナン「やめろ蘭!お前の手におえる相手じゃねえっ!!」





49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:14:33.50 ID:qsx4+b730

蘭「心配してくれるのね新一」

コナン「なんで蘭が戦わなきゃならねえんだ!光彦への復讐か!!?」

蘭「違うよ新一、そんなんじゃないよ」

蘭「ただ、他のみんなを私みたいな目に合わしたくないだけ」

蘭「お父さんやお母さん、園子たちを守りたいから」

コナン「蘭……」

阿笠「それに、新一にも戦いに参加してもらうぞい」

阿笠「光彦くんの素粒子Mに対抗できるのはGストーンだけじゃが」

阿笠「Gストーンを身に着けたまま高濃度の素粒子Mを浴び続けることで」

阿笠「人間でも多少の耐性を得ることができるのじゃ」

阿笠「そう、君たちが身につけておった探偵団バッジ」

阿笠「あれにGストーンが仕込まれておったのじゃ」





51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:17:37.46 ID:qsx4+b730

コナン「つまり、戦いに参加できるのは俺と」

灰原「私ね」

歩美「ええっと……コナンくん?」

コナン「歩美は無理するな、ただの小学生なんだから」

歩美「……嫌だ」

歩美「よくわからないけど、光彦くんのせいで世界が危ないんでしょ?」

歩美「それにコナンくんたちは危ないことしようとしてる!」

歩美「歩美だって少年探偵団だよ!!」

歩美「みんなが辛い思いをしてるのに……ひとりだけ置いてけぼりなんてひどいよ……」

阿笠「光彦くんに対抗するためのウナーマシンは3機用意されておる」

阿笠「歩美くん、大変だとは思うが頼めるかね?」

コナン「博士っ!!」





52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:18:45.36 ID:QbG+Qgbr0

なんだよ熱い展開じゃねえか…





54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:19:53.67 ID:qsx4+b730

歩美「………うん」

歩美「歩美……がんばる!!」

歩美「コナンくんたちといっしょに、光彦くんをぜったいにとめるよ!!」


灰原「そろそろ認めてあげたらどう、工藤くん?」

コナン「……バーロー」

コナン「絶対に、俺たちで光彦の暴走を食い止めるぞ!!」


みんな『おおーーっ!!』





56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:22:01.87 ID:qsx4+b730

蘭「みんな、用意はできた?」

コナン「ステルスウナー、準備完了!」

歩美「ライナーウナー、いつでもいけるよ!」

灰原「ドリルウナー、出撃できるわ」

蘭「それじゃいくわよ」


蘭「フューーーーーーーーーーーーーーージョンッ!!!」



サイボーグLANは、機械ウナギとフュージョンすることにより

メカノイド『ゲウナー』へと変形するのだ





57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:22:59.99 ID:8dVzWqku0

マニュアルのフュージョンは成功率何%だっけ?





59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:24:07.69 ID:qsx4+b730

阿笠「合体システムはまだ未完成なのじゃ」

阿笠「マニュアル操縦により合体するしかない」

阿笠「その成功確率は40%」

阿笠「それでもやるのかのう?」

小五郎「へっ、あたりまえじゃねえか」

小五郎「足りない分は勇気で補えばいいっ!!」

小五郎「ファイナルフュージョン、承ッッッ認!!!」

園子「了解!ファイナルフュージョン、プログラムドライブ!!」バンッ


FINAL FUSION GENGEUNAR





60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:25:28.08 ID:pEnI/dse0

BGMが脳内再生され始めた





62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:26:26.84 ID:qsx4+b730

蘭「ファイナル! フュゥゥゥジョォォォォォォン!!」


歩美「きゃあああ!!コナンくーーん!!」

灰原「くっ……!!」

コナン「いっけえええええええええええええええええ!!!」




阿笠「………やったぞい!」

阿笠「ファイナルフュージョン成功じゃ!!」



ついに我々の待ち望んだ真の勇者が誕生した


その名も『鰻重王ゲンゲウナー』





64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:28:37.95 ID:qsx4+b730

光彦「ようやくですか!」

光彦「ぼくの出番がしばらくなくて寂しかったんですよ!!」

コナン「うるせえ光彦!!」

コナン「お前は絶対……俺たちが止める!!」

阿笠「蘭くん、これを使うんじゃ!!」

園子「ミラーカタパルト、射出!!」

蘭「博士、これは?」

阿笠「グラビティ・ショックウェーブ・ジェネレイティング・ツール」


阿笠「通称ウナギィオンハンマーじゃ!!」


蘭「わかったわ、じゃあ早速」

コナン「光彦よおおおおおお!!!」

コナン&蘭『光になれええええええええええええええええええ!!!』





67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:30:52.27 ID:1l/wBc8Y0

てか元太をどうしたんだ…





68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:31:08.82 ID:qsx4+b730

空を埋め尽くしていた光彦の顔が光と化し消滅してゆく

全ての光彦胞子は破壊され、地上へと光が戻った


だが


Mマスター「あーあ、もう少しで完成するところだったのに」

Mマスター「酷いですよコナンくん」


コナン「博士、なんだありゃ!!?」

阿笠「あれが光彦くんの真の姿……『Mマスター』じゃ」

灰原「なんなの……この大きさは」

歩美「でも顔はもとの光彦くんと変わらないんだね」

蘭「このサイズじゃ内部から破壊するしかないわね」

蘭「いくわよ、みんな!!」





70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:33:11.44 ID:qsx4+b730

爪光彦「ぎゃああああああああああああ!!」

コナン「くそ、次から次にきりがない!!」

鼻光彦「うわああああああああああああ!!」

灰原「円谷くんの体の一部の機能を象ったもののようね」

腸光彦「たすけてくださあああああああああああああああい!!!」

歩美「うわあ……全部に光彦くんの顔がついててきもちわるいよお」

腕光彦「ひぎいいいいいいいいいいいいい!!!」

阿笠「蘭くん、新一、心臓じゃ」

阿笠「やつの本体はそこにある」

脊椎光彦「のおおおおおおおおおおおおお!!!」

蘭「聞いたわね、新一!!」

コナン「ああ、はやく決着をつけようぜ!!」

生殖器光彦「んふううううううううううう!!!」ビュルルルルルル





72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:35:22.52 ID:qsx4+b730

心臓光彦「ちょ、ちょっと待ってくださいよ!!」

心臓光彦「なんですかこの展開!!」

心臓光彦「もっと苦戦したり、作戦を立てたり!!」

心臓光彦「そこで新たな仲間が加わったり!!」

心臓光彦「そういうことは無いんですかっ!!!」

コナン「バーロー、博士の作ったウナーマシンなめるなよ?」

蘭「すごいわね、ここまで全部一撃で倒しちゃったわ」

灰原「エネルギー無限大で安定、いくらでも戦えるわよ」

歩美「各部ダメージチェック完了したよー、損傷ゼロだね」

心臓光彦「圧倒的じゃないですかああああああああああああああ!!!」

コナン「うるせえ、光になれ!!」

心臓光彦「」





74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:36:25.59 ID:Af0sjDf60

圧倒的過ぎクソワロタ





75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:37:45.95 ID:qsx4+b730

蘭「これが光彦くんの核」

灰原「すべての元凶」

コナン「あとは、これさえぶっ壊しちまえば……」


元太「やめろおおおお!!」キラキラキラ


歩美「元太くん!?」


元太「それを壊しちゃ、だめえええええ!!」キラキラキラ


コナン「え?」

バキン


元太「あ」





76: 忍法帖【Lv=3,xxxP】(1+0:15) :2013/11/15(金) 22:38:41.65 ID:IpT/1egT0

光彦・・・





77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:39:27.27 ID:cS23NuDH0

呆気ない…





78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:39:46.47 ID:LGN+JYLZ0

ああ…





80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:40:13.81 ID:qsx4+b730

灰原「何よ小嶋君、今更でてきて」

歩美「すごーい元太くん、きれいな羽根が生えて妖精さんみたい!」

元太「えーっとよ……」

元太「博士に説明受けたんだけどよ、俺も宇宙人らしくて」

コナン「なんだと!!?」

コナン「元太よ、光になれえええええええええええええええええええ!!!」

元太「ちょ」

元太「」





81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:42:30.68 ID:qsx4+b730

こうして、地球存亡の命運をかけた熱き勇者たちの戦いに終止符が打たれた

後で歩美ちゃんが光彦化してまた地球滅亡の危機に陥ったりしたが

なんだかんだで解決してついでに蘭の体も超進化人類エヴォリュダーとなった

俺は高校生の体に戻り、蘭と楽しい学生生活を過ごしている

ちなみに博士はスク水とブルマを盗んだ件が灰原にばれて芥子粒にされた



〜fin〜





82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:43:25.65 ID:cS23NuDH0







84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:44:06.47 ID:iL1wTrtn0

最初から最後までワロタ





85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:45:16.02 ID:qsx4+b730

おまけ

ウォッカ「兄貴……」

ウォッカ「結局オレたちの出番はないままでしたぜ」

ジン「兄貴ではないッ!!」

ジン「今の私は……ソルダートGINだ!!」



本当にお終い





86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:46:31.08 ID:/ydUOBWB0

おまけもワロタ





88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/15(金) 22:50:25.72 ID:XUnu+rwi0

ひと味違ってよかったよ





宇宙人のいる教室
カテゴリー「名探偵コナン」のSS一覧
SS宝庫のオススメSS
 

最新記事50件