1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 06:24:57.38 ID:GrSnjzjV0

さて





2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 06:25:50.14 ID:GrSnjzjV0

だいたいポケスペ設定な





3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 06:26:28.49 ID:GrSnjzjV0

じゃ、書くよ


元スレ
ニュース速報(VIP)@2ちゃんねる
ナツメ「レッドが私にキスしちゃう、さいみんじゅつをかけた」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1379107497/


 
 
7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 06:28:40.97 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「私は、レッドをからかうことが好きだ」


ナツメ「いつだったか」


ナツメ「シロガネ山の秘湯で」


ナツメ「裸体を拝ませてやったときの」


ナツメ「あいつの反応は」


ナツメ「とてもよかった」





9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 06:31:27.42 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「あいつは、真っ赤になって」


ナツメ「取り乱した」


ナツメ「その反応は、見られた側がするものじゃないかと」


ナツメ「思うような反応だった」


ナツメ「おもしろい」


ナツメ「実にいい」





10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 06:33:13.86 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「今度はもうちょっぴり」


ナツメ「大胆なことを」


ナツメ「させてやろうと」


ナツメ「考えた」


ナツメ「私の当然の摂理」


ナツメ「うん」





11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 06:37:02.07 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「くくくくく」


ナツメ「まあ」


ナツメ「実際にやってみよう」


ナツメ「そうしよう」


ナツメ「それがいい」


ナツメ「うん」





14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 06:40:43.96 ID:GrSnjzjV0

マサラタウンの外の草原


ナツメ「よう、レッド」


レッド「おはよ、ナツメ」


ナツメ「こんな朝早くからポケモンバトルのトレーニングか」


ピカ「ピカ!」


レッド「あぁ」


ナツメ「精が出るな」


レッド「あぁ」





16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 06:44:10.11 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「まあ、頑張れ」


レッド「おう」


ナツメ「そういえばな」


ナツメ「レッド」


レッド「なんだ?」


ナツメ「近々、ヤマブキシティでな」


ナツメ「小さい規模のものだが」


ナツメ「ポケモンバトルの大会がある」





18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 06:48:16.23 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「よかったら出場してくれ」


ナツメ「特に参加費用とかはないんだ」


レッド「それはいいな」


ナツメ「チャンピオンが出ると」


ナツメ「出場選手も、観客も喜ぶ」


ナツメ「だから、たのん――」ピピッ





19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 06:52:39.37 ID:GrSnjzjV0

レッド「――ッ!?」ビクン


レッド「え……あ……?」ツカツカツカ


レッド「な――」(ナツメの顎を引き寄せる)


レッド「お、おかし――んんッ!!??」ンチュッ


ナツメ「んん……」


レッド「んんんッ!?」レロ……クチュ……


ナツメ「ん……レ……ん……」レロレロ……





20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 06:55:55.82 ID:GrSnjzjV0

レッド「――」


ナツメ「んぅ……」



レッド「――」


レッド「……」


レッド「ぷは……」


ナツメ「ふぅ……」


レッド「――ちっ、ちがう!!!!!!」


ナツメ「……今日は、いつにもまして大胆だな」(レッドの唾液を拭う)





22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:00:45.30 ID:GrSnjzjV0

レッド「おかしい絶対おかしい!!!!!」


ナツメ「出し抜けに、おかしいことをしたのはお前だろう」


ナツメ「自分からしでかしといて」


ナツメ「その言い草はなんだ」


ナツメ「私はやられ損か」


レッド「絶対俺じゃないんだ、こんなの俺じゃないんだって!!!!」





24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:03:16.77 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「どう見ても」


ナツメ「お前だろ」


ナツメ「バカか?」


ナツメ「私の唇に吸い付き」


ナツメ「舌を蹂躙したろう」


ナツメ「感触が」


ナツメ「まだ残っているぞ」


ナツメ「ここに」ンベ





26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:05:59.55 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「まあ」


ナツメ「レッドがしたいのなら」


ナツメ「私は」


ナツメ「いつでもいいが」


ナツメ「ふふっ」





29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:08:03.55 ID:GrSnjzjV0

レッド「したくないッ!!」


ナツメ「だったらなんでしちゃったの?」


レッド「わからない……ッ!!」


ナツメ「そうか」


ナツメ「そうかそうか」


ナツメ「理性ではなく」


ナツメ「本能が」


ナツメ「私を求め――」


レッド「ちがうッ!!!!」





31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:10:56.81 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「くくくくく」


ナツメ「まぁ」


ナツメ「年頃とはいえ」


ナツメ「そういうことに興味深々なのは理解できるが」


ナツメ「する相手を選ばないと」


ナツメ「大問題になるぞ」





33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:13:12.41 ID:GrSnjzjV0

レッド「俺が誰構わずこんなことをしてるわけない!!!」


ナツメ「それはよかった。私オンリーか」


ナツメ「ふふっ」


レッド「そういう意味じゃないッッ!!!」


ナツメ「照れるな照れるな」


レッド「うがーーー!!」





36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:16:13.43 ID:GrSnjzjV0

レッド「……帰る」


レッド「今日の俺はどうかしているんだ」


レッド「疲れがたまっているんだ……」


レッド「絶対そうだ……」


レッド「じゃなきゃおかしい……」


ナツメ「疲労がたまったらゆっくり休めよ」


レッド「わあってるよ!!!」


ナツメ「またな〜」バイバイ


レッド「……あぁ」


……





38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:17:49.71 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「とまあ」


ナツメ「こういうことだ」


ナツメ「私って天才」


ナツメ「くくくく」


ナツメ「さて」


ナツメ「次はどうしてやろうか」





45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:24:46.80 ID:GrSnjzjV0

タマムシシティのデパート


わいわいがやがや


レッド「えっと、きずぐすりコーナーはっと……」


ナツメ「よう、レッド」


レッド「……ナツメか」


ナツメ「お前も来てたんだな」


ナツメ「きずぐすりのバーゲンセール」


レッド「……あぁ」


ナツメ「……なんだ、あの時のことをまだ気にしているのか」


レッド「……」





51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:30:09.02 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「小さい小さい」


ナツメ「気にしすぎだ」


ナツメ「だいたいキスの一回や二回や三回や四回や五回や」


レッド「まだ一回だ!!!」


ナツメ「まだ?」


ナツメ「まだ?」


ナツメ「二回目以降も」


ナツメ「あるとは」


レッド「くぉのやろう」





53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:34:23.98 ID:GrSnjzjV0

――あ、あの人たちって
――チャンピオンのレッドとジムリーダーのナツメじゃねーか
――私レッドのファンなのよねぇ


ざわざわざわ


ナツメ「ふふっ、周りがうるさくなってきたな」


ナツメ「そろそろ買い物に戻る」


レッド「……あぁ」


ナツメ「あ……っ おい……ちょっと待て」


ナツメ「帽子にホコリがついているぞ」





57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:37:41.21 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「トレードマークなんだろう」ポンポン


レッド「……悪い」


ナツメ「まったく」


ナツメ「注意し――」ピピッ





58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:42:04.52 ID:GrSnjzjV0

レッド「ッッッ!!??」ガシッチュッ!!


レッド「んっんっんっ!!!???」ギュゥゥゥゥゥ……


ナツメ「ん……」


ざわざわざわざわッッ!!!!





60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:45:28.77 ID:GrSnjzjV0

レッド「ちょ――んんぅッ!!??」バッ……チュッ


レッド「離れ――ぅんッ!!?」バッ……ンチュッ


レッド「んん〜〜〜〜ッ!!!???」レロ……クチュクチュ……ンレロ……


ナツメ「んぅ……んん……ん……」





62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:47:50.48 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「……」


レッド「――」


レッド「――っぷは」


レッド「違うううううううううあああああああああああああああ!!!!????」


ナツメ「……レッド」


がやがやざわざわ!!!!





64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:50:03.58 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「お早い二回目だな」


ナツメ「さすがのエスパーの私も」


ナツメ「予想できなかったぞ」


ナツメ「しかしだな……」


ナツメ「確かにいつでもしていいとは言ったが……」


ナツメ「こんな公衆の面前でなくとも……」


レッド「なんなんだよああああああああああああああ!!??」





67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:55:08.63 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「私だってそのな……」


ナツメ「一応ジムリーダーだから」


ナツメ「周囲の評判というものが」


ナツメ「あってだな」


ナツメ「……」


ナツメ「」キョロキョロ


――びっくりした
――ね、熱烈ね
――近頃の若いもんは大胆だのぅ
――レッドとナツメってできていたのか
――デパートでディープなんて……
――レッドのほうからいったよな


ナツメ「はぁ……」


レッド「うなあああああああああああああ!!!!!????」





70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 07:59:30.59 ID:GrSnjzjV0

――ぴんぽんぱんぽん〜


――お呼び出しの、お知らせをいたします


――マサラタウンよりお越しのレッド様


――ヤマブキシティよりお越しのナツメ様


――ジムリーダーのエリカ様がタマムシシティ来客室でお待ちしております


――ぴんぽんぱんぽんー


レッド「」


ナツメ「ほう」





74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:03:13.92 ID:GrSnjzjV0

来客室


エリカ「タマムシデパートにようこそ」


エリカ「いつもご利用頂きありがとうございます」


エリカ「心から歓迎いたしますわ」


ナツメ「おう」


エリカ「さて」


ナツメ「うん」


エリカ「用件は」


エリカ「おわかりですよね」


レッド「」





77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:06:38.71 ID:GrSnjzjV0

エリカ「とりもなおさず監視カメラの映像をご覧下さい」ピッ


エリカ「なんということでしょう」


ナツメ「なんということだ」


ナツメ「女性が衆目の中で」


ナツメ「唇を奪われている……」


ナツメ「挙げ句の果てに舌まで……」


ナツメ「これは……」


ナツメ「強姦……ッ!!」





78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:08:40.24 ID:T29vVpbN0

盗人猛々しいとはこの事だなww





79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:10:58.44 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「まさに大事件……ッ!!」


ナツメ「犯人は、映像にある、この赤い帽子を被った男……ッ!!」


ナツメ「犯人め……ッ!!」


ナツメ「こんなにもかよわい女性に手をかけるなんて……ッ!!」


ナツメ「この私が許さない……ッ!!」


ナツメ「必ず捕まえてやる……ッ!!」


ナツメ「じっちゃんの名にかけてッッ!!」


エリカ「まあ」


レッド「」





81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:15:01.77 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「私の名推理によると」


ナツメ「犯人はこのかよわくて可憐な女性の身近な存在」


エリカ「へえ」


ナツメ「ふふふふふ」


ナツメ「私の名推理が光る……ッ!」





84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:18:45.00 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「わかった」


ナツメ「わかったぞ」


エリカ「わかっちゃいましたか」


ナツメ「うむ」


ナツメ「犯人は――」


ナツメ「犯人の名は――」


ナツメ「その名は――」


ナツメ「名はなんと――」


ナツメ「おぉぉぉぉぉぉ」


ナツメ「うぉぉぉぉぉぉぉ」





86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:21:24.58 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「レッ――」


ナツメ「ばきゅーん」


ナツメ「ぐはっ……なん……だと……」


エリカ「あらまあ」


ナツメ「ぐぐぐ……」ヨタヨタ


ナツメ「ばたり……」


ナツメ「エリカ、イソジンある?」


エリカ「はいどうぞ」





88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:26:08.87 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「」指先ヌリヌリ


ナツメ「犯人は」床にカキカキ


ナツメ「レッ……」


ナツメ「ド……」


ナツメ「がくっ」





89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:27:20.00 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「エスパー探偵ナツメ」


ナツメ「犯人にハートを射止められ」


ナツメ「ここに散る」


ナツメ「たらら〜」


ナツメ「たらららら〜」


ナツメ「らら〜」


エリカ「エスパー探偵って勘だけで事件を解決しそうですね」


レッド「(帰りたい)」





91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:30:46.59 ID:T29vVpbN0

このナツメぶん殴りたいww





92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:34:04.54 ID:GrSnjzjV0

エリカ「ところで犯人さん」


ナツメ「極悪ハート強盗怪盗レッド」


エリカ「私の」


エリカ「言いたいことは」


エリカ「わかりますね?」


レッド「……ごめんなさい」





94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:37:05.64 ID:GrSnjzjV0

レッド「あんな公衆の中で」


レッド「馬鹿なことをしてしまい」


レッド「デパートの従業員や」


レッド「デパートのお客さんに」


レッド「大迷惑をかけてしまい」


レッド「ごめんなさい」


エリカ「私には?」





96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:40:23.91 ID:GrSnjzjV0

レッド「ひいてはタマムシシティのジムリーダーのエリカの」


レッド「顔にも泥を塗るような真似をしてしまい」


レッド「本当に」


レッド「ごめんなさい」


エリカ「ちがう」


エリカ「ちがう」





98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:41:30.45 ID:GrSnjzjV0

エリカ「そんな」


エリカ「矮小なことは」


エリカ「どうでもいい」


エリカ「私には?」


エリカ「私には?」


エリカ「私のターンでは?」


レッド「」





99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:44:20.28 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「残念だがエリカ」


ナツメ「こいつは」


ナツメ「私にだけなんだ」


ナツメ「ふっふっふっ」


エリカ「は?」


エリカ「は?」





100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:46:26.30 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「レッド、証拠を見せてやれ」


レッド「見せない!!」


ナツメ「へえ」


ナツメ「そうか」


ナツメ「そうかそうか」


ナツメ「見せないということは」


ナツメ「証拠があるということさ」


レッド「こんのやろう」





103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:49:03.62 ID:GrSnjzjV0

レッド「証拠そのものがない!!」


ナツメ「あるある」


レッド「ねぇよッ!!」


ナツメ「あるんだな」


ナツメ「これが」


レッド「あるわけがな――」


ナツメ「」ピピッ





108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:55:25.96 ID:GrSnjzjV0

レッド「んなッ!!??」ガシッ


ナツメ「ほら、私の後頭部に手を回した」


レッド「うぐぐぐぐ」グググググッ


レッド「い、いやだぁぁ……」グググググッ


ナツメ「言葉とは裏腹に」





109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 08:57:00.27 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「もう」


ナツメ「レッドの唇が」


ナツメ「私の唇に」


ナツメ「触れそうだ」


ナツメ「レッドの吐息を感じる」


ナツメ「さて」


ナツメ「」(目を閉じる)





117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:05:12.53 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「いつもよりも」


ナツメ「乱暴に」


ナツメ「やってもいいんだぞ」


ナツメ「レッド」ピピピッ


レッド「――ッッ!!!???」ガバッ


ンレロ……ネチャ……クチュクチュ……ンチュッ……ッッ!!


レッド「んん……うぅぅぅ……んんっ……うっぐ……うぅぅぅ……」ポロポロ


ナツメ「ん……ん……」





122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:10:45.00 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「ぷは」


ナツメ「レッド」


ナツメ「ほら」ンベ


レッド「うぅぁぁ……や……」レロ……レロ……


ナツメ「んぁ……」レロ……レロ……





124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:14:25.18 ID:GrSnjzjV0

クチュクチゅ……レリョ……クチュリ……クチュクチュクチュクチュ


レッド「う……うぅぅ……っうぐ……うぅう……ひっ……」


ナツメ「ん……ん……あ……」





125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:17:00.72 ID:GrSnjzjV0

エリカ「ふふふ」


エリカ「ふふふふふふ」


エリカ「うふふふふふふふふふふふふふふ」


エリカ「うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ」


エリカ「……」


エリカ「……」


エリカ「ふふ……」





126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:19:04.18 ID:GrSnjzjV0

その時


タマムシデパートは


崩壊した


閃光とともに


轟音を立てて





128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:21:45.28 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「レッド」


ナツメ「災難だったな」


レッド「……」


ナツメ「空中から」


ナツメ「唾液を垂らして」


ナツメ「飲ませるのは」


ナツメ「さすがに大怒りを買ったな」


レッド「……」





131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:24:02.62 ID:GrSnjzjV0

それはそうと





132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:24:56.19 ID:GrSnjzjV0

お花摘みにうんこしてきます





134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:27:13.85 ID:qhecH5KQ0

>>132
隠れてないwwww





137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:32:25.92 ID:GrSnjzjV0

うんこ摘んできました





138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:36:03.75 ID:GrSnjzjV0

ところでなんですが

もりもりと摘みながら思いついたんですが

ナツメはあえてトイレに行き(お花は摘まない)

鍵をかけて

ピピっとするんです





140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:37:39.38 ID:GrSnjzjV0

そうすると


ドアがどんどんどん


熱烈なノックをされ


そこでまたピピっとすると


もっと熱烈にどんどんどんどんどん





142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:41:19.11 ID:GrSnjzjV0

それを何回か繰り返したあと


鍵をあけると


もうそりゃ


唇が


まるで食べられるかのように


覆い尽くされますよね


ナツメはそれに応えながら


鍵に手を伸ばし


ほくそ笑みながら


がちゃり





145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:44:14.60 ID:GrSnjzjV0

まあ、続きいきます





146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:45:16.84 ID:wZNexiUR0

はよ





147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:46:30.53 ID:GrSnjzjV0

ヤマブキシティの病院の病室


ナツメ「お互い大したケガがなくてよかったな」


ナツメ「しかし」


ナツメ「次は」


ナツメ「もうちょっと控え目にな」


レッド「……」





148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:49:32.63 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「まあ」


ナツメ「あれだ」


ナツメ「平常位は」


ナツメ「舌ぐらいにしないか?」


レッド「……」


ナツメ「まあ」


ナツメ「レッドが望むのなら」


ナツメ「そうじゃなくてもいいが」


レッド「……」





150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:51:17.96 ID:GrSnjzjV0

レッド「……」


レッド「……」


レッド「……」


レッド「……」


レッド「したろ……」


レッド「俺になんかしたろ……ッ!」





153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:54:25.11 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「舌れろ?」ンベ


レッド「うるせぇ答えろッッ!!??」


ナツメ「はっはっはっ」


ナツメ「なにをおっしゃる」


ナツメ「レッドさん」





154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:57:06.95 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「レッドは」


ナツメ「私の」


ナツメ「おもちゃだ」


ナツメ「私だけの」


ナツメ「おもちゃだ」





155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 09:59:48.89 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「知らなかったのか?」


レッド「誰が――ッ!!」


ナツメ「まったく」


ナツメ「しょうがないやつだ」


ナツメ「もっと」


ナツメ「その身に」


ナツメ「くくくくく」


ナツメ「思い知らせたほうがいいか?」





157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:03:39.05 ID:GrSnjzjV0

レッド「ナツメ!! 俺になにかしたんだなッ!!??」


ナツメ「魔法をかけた」


レッド「解けッッ!!! いますぐ解けッッッ!!!!」


レッド「さっさと解くんだッッ!!!」





158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:04:33.74 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「お前が」


ナツメ「私に」


ナツメ「恋する」


ナツメ「魔法」


ナツメ「解かない」


ナツメ「ずっと」





159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:06:49.04 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「よっと」(ベッドに仰向けに寝る)


ナツメ「……」


ナツメ「解かないよ」


ナツメ「一生解かない」





161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:10:08.96 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「レッド」


ナツメ「レッド」


ナツメ「……」


ガチャ


レッド「――ッ!!??」


ナツメ「超能力で鍵をかけた」


ナツメ「逃がさない」


ナツメ「ずっと逃がさない」





163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:13:16.21 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「魔法を見せよう」ピピッ


レッド「あがっ!!??」


レッド「うぐぐぐ……ぐっ……」ツカ……ツカ……


レッド「うぅぅ……」ノシッ……


ナツメ「もっと、魔法をかけよう」ピピッ





165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:15:16.84 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「レッド」


ナツメ「レッド」


ナツメ「すまないな」


ナツメ「恨むなら」


ナツメ「私にも」


ナツメ「魔法をかけた」


ナツメ「己を恨め」





166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:18:06.84 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「レッド……」


ナツメ「愛してる……」


ナツメ「お前も私を……」


ナツメ「愛してる……」ピピピピッ


レッド「あぁぁぁぁッッ!!!」ガシッッッ





168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:22:24.91 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「もっと乱暴にして……」ピピッ


ナツメ「唇を貪り」ピピッ


ナツメ「舌を絡め取り」ピピッ


ナツメ「衣服を破り」ピピッ


ナツメ「私を」ピピッ


ナツメ「もっと」ピピッ


ナツメ「好きにして」ピピッ


レッド「ナ……ッッ!! ツメ……ッッッ!!! や……やぁ……ッッ!!!!」ググググググgッ





169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:23:03.96 ID:Ppy56DI+P

耐えるの?耐えちゃうの?





170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:24:12.65 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「愛している」


ナツメ「レッド」ピピピピピピピピッッ!!!


レッド「あああああああああああああッッッッッッ!!!!!」


……





171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:25:57.36 ID:GrSnjzjV0

ナツメ「その後」


ナツメ「二人は」


ナツメ「永遠に」


ナツメ「魔法に」


ナツメ「呪われましたとさ」





173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:27:51.38 ID:GrSnjzjV0

終わり





174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:28:20.67 ID:hmAItSSI0







175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:28:41.35 ID:GrSnjzjV0

くぅ〜疲れましたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww





176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:30:31.39 ID:GrSnjzjV0

まあ、あれだ





177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:31:16.33 ID:GrSnjzjV0

悪女っていいと思います





181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/14(土) 10:36:58.38 ID:k/h/8Qma0

おつ





トマト缶ってすごい!赤の魔法レシピ57 (タツミムック)
ポケットモンスター Y
ポケットモンスター X
カテゴリー「ポケットモンスター」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件