1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 20:59:45.12 ID:peks6XOo0

俺「これ・・・ほらっ!!俺の身体からキノコ生えてるっっ!!」ボロンッ・・・

妹「へっ・・・?えーっと・・・ええっ!?」

俺「ほらこれこれ!!触ってみてほらほら!!」ビンビンッ・・・

妹「えええっ!?・・・さ、触れって言うのっ!?」

俺「良いからちょっとシコシコって触ってみろって!!ほらほら!!そいそい!!」

妹「ええーーー・・・やんなきゃだめー・・・?」

俺「良いからちょっとだけちょっとだけだからほらシコシコってそいそい!!」

妹「わ、わかったよぉ・・・あぅー・・・し、しこしこぉー・・・」シコシコシコ・・・

俺「オッフォーーーゥwww・・・あーいやすまん・・・な?キノコだろ?」

妹「えっ・・・?ええー・・・まぁ・・・はい・・・うんっ・・・」

俺「ちょっと食ってみて!!」

妹「ええええーっ!!?・・・やっ・・・それは・・・ちょっと・・・」

俺「わかったわかった・・・食うのは無しな!!うん・・・よし・・・じゃちょっと咥えるだけ咥えてみよっ?なっ?」

妹「いやいやいや・・・えええー・・・ハァ・・・わかったよぉ・・・もぅそんな目で見ないでよぉー・・・あぅー・・・」

元スレ
ニュース速報(VIP)@2ちゃんねる
俺「おっ・・・おい!妹!!ほら見て見て!!」 妹「んー?なにー?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1376913585/


 
10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 21:09:41.27 ID:peks6XOo0

俺「ほら早くぱくって感じで!!じゅぽって感じで頼む!!ほら!!はよはよ!!」

妹「あぅー・・・なんか臭いよぉー・・・?はぁ・・・うぅー・・・えいっ!・・・はむっ」チュポッ・・・

俺「ヒャゥウィィィィゴォォォォォォォォッッッwwwwwww」

妹「・・・」

俺「・・・ああすまん・・・なっ?キノコだろ・・・?ちょっと上下に動かしてみよっか?なっ?」

妹「んむぅー・・・ちゅぽっ・・・ちゅぱっ・・・んちゅっ・・・ちゅぷぅ・・・」

俺「イィィィィヤッフゥゥゥゥゥゥゥゥゥッッッwwwペェェェニスタァァァァイムッッッwww」

妹「んっ・・・ちゅぷっ・・・じゅぷっ・・・んちゅっ・・・ちゅぽっ・・・」

俺「はぁーーーんっ・・・もうダメだぁっ・・・おち○ぽキノコ汁発射オゥラァァァァァァァァァァイィィッッッ!!」

ビュクンッビュクンッ・・・

妹「んんーーーーっ!!?・・・んっ・・・ティ・・・ティッヒュ・・・」トロォ・・・

俺「あー・・・ティッシュ無いからさ・・・キノコ汁だし・・・飲んでみよっ?なっ?」

妹「うへぇぇーーーっ!?・・・あぅぅ・・・うぅー・・・んっ・・・ゴクッ・・・んっ・・・うぇぇ・・・飲んじゃったぁ・・・」

俺「どうよどうよ!?・・・どんな味だっ!?匂いはっ!?ほらっ!!言って!!」

妹「あぅぅ・・・な、生臭くて・・・なんかどろぉっとして・・・ちょっとぉ・・・苦い感じ・・・?」





13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 21:15:57.44 ID:peks6XOo0

俺「なるほどなるほどぉーーーwww実はな・・・それな・・・www」

妹「・・・」

俺「おにぃちゃんの精子でしたぁーーーーwwwwイェェェェェェェェェスッッッ!!」

妹「・・・」

俺「おにぃちゃんの精子飲むとかお前変態だなぁーーーwwwww」

妹「・・・お、おにぃちゃんのばかぁーーーーっ!!」ダダダッ・・・

俺「・・・ごめんな・・・妹・・・」

ガラッ・・・

トーチャン「お前・・・まだ・・・伝えて無かったんだな・・・」

俺「い、言えるわけねーだろ・・・でも・・・言わなきゃ・・・ダメだよな・・・」

トーチャン「ああ・・・いつまでも隠してはいられない・・・命に・・・関わるからな・・・」

俺「俺、妹探してくる!!」





16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 21:21:32.34 ID:peks6XOo0

妹「・・・ヒック・・・ヒック・・・おにぃちゃんの・・・ばかぁ・・・ヒック・・・」

ドクンッ・・・ ドクンッ・・・

妹「な・・・なにこれ・・・!?」

ドクンッ・・・ ドクンッ・・・

妹「お・・・おに・・・ぃ・・・ちゃ・・・」バタッ・・・





俺「おいっ!!しっかりしろッッ!!・・・ああーっクソっ!!」ボロンッ

シコシコシコシコ・・・

俺「ごめん・・・妹・・・口開けるからな・・・」

妹「・・・ぱぁ・・・くっ・・・」チュパッ・・・

俺「んほぉぉぉぉぉッッ!!おち○ぽみるく発射オゥラァァァァァァァァァァイィィィッッッ!!」

ビュクッビュクッ・・・

妹「・・・んっ・・・んくっ・・・ゴクッ・・・んんーっ・・・ハッ!」





18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 21:27:21.47 ID:peks6XOo0

俺「き、気が付いたかっ!!妹!!」

妹「お、おにぃ・・・ちゃん・・・?・・・ッッ!?ま、また精子飲ませたぁっ!?」

俺「あーっ!!ちょ、ちょっと待て!!これにはわけがあるんだっ!!」

妹「わけ!?・・・一体どういう理由があって妹に精子飲ませるのよぉっ!!?」

ザッ・・・

トーチャン「お前がおま○こキングダムのプリンセスだからだ・・・」

俺「トーチャン・・・」

妹「お父さんっ!?・・・お、おま・・・?///」

トーチャン「そうだ・・・おまぁぁぁぁぁぁんこっキングダァァァァァァァムッッッ!!その・・・選ばれしプリンセスだ」

・・・





19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 21:29:45.32 ID:JGi8JE2x0

そのキングダムに住みたいです





20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 21:31:11.49 ID:peks6XOo0

妹「つ、つまり・・・お父さんやおにぃちゃんたちはち○こマスタァーっていう兵隊で・・・」

俺「ああ・・・」

妹「私がおま○こキングダムのプリンセス・・・?」

トーチャン「ああ・・・そういうことだ」

妹「そして、プリンセスの私はち○こマスタァーの精子を飲まないと・・・生きられない・・・」

俺「ああ・・・閉経帝国の呪術師の呪いのせいでな・・・ッッッ!!」

妹「閉経・・・帝国・・・」

トーチャン「この際だ・・・全て話そう・・・」

俺「と、トーチャン・・・ッッ!!」

トーチャン「いずれわかることだ・・・」

妹「な、なんなの・・・?」

トーチャン「閉経帝国の皇帝は婆ちゃん、呪術師はカーチャンだ」

妹「ッッッ!?・・・おか・・・あさん・・・たちが・・・敵・・・?」

俺「くっ・・・」

トーチャン「辛いかもしれんが・・・受け入れるしかない・・・」





21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 21:37:07.59 ID:peks6XOo0

・・・

ガラッ

俺「ただいまー」

妹「た、ただいまー」

トーチャン「・・・」

ザッ・・・

カーチャン「オマァァァァァァァァンコッコッコwwwwオマァァァァァァァァンコッコッコwwww」

俺「出やがったな・・・カーチャンッッ!!」

カーチャン「我ら閉経帝国に逆らうとは・・・愚かなり・・・オマァァァァァァァァンコッコッコwwww」

トーチャン「おいっ!!今はかーさん一人だ!!倒して妹ちゃんの呪いを解くぞッッッ!!」

俺「おうっ!!」

カーチャン「私は夕飯の準備で忙しい・・・お前らの相手はこいつよぉっ!!」


ザッ・・・

俺「なっ・・・お、おい・・・なんであんたが・・・ッッ!?」





24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 21:42:59.68 ID:peks6XOo0

爺ちゃん「・・・悪いのぅ・・・歳を取って・・・晩飯抜きは堪えるんでねッッッ!!」

妹「お、お爺ちゃん・・・ま・・・で・・・」フラッ・・・

トーチャン「くっ・・・妹ちゃんっっ!!今お父さんの濃厚おち○ぽみるく飲ませてあげるからねっ!!」ボロンッ・・・

シコシコシコシコシコシコ・・・

妹「や・・・やだよぉ・・・お、おにぃちゃんのほうが・・・マシだよぉっ・・・あぅぅ・・・」

トーチャン「大丈夫大丈夫濃厚だからっ!!おくちま○こ孕ませてあげるからっ!ねっ?」

シコシコシコシコシコシコ・・・



爺ちゃん「どうやら・・・俺君と一騎打ちのようじゃのぉ・・・ニヤリ」

俺「望むところだぜ爺ちゃん・・・ッッ!!」

爺ちゃん「ペニィィィィィィィィィィィィィィスファイトォォォォォォォォォォッッッッ!!」ボロンッ

俺「レディィィィィィィィィィィィィィィ・・・ッッッ」ボロンッ

俺&爺ちゃん「ゴォォォォォォォォォォォォッッ!!」





25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 21:50:08.21 ID:peks6XOo0

俺「ほらほらほらほらぁぁぁぁぁッッッ!!ここを擦られるのが気持ち良いんだろォォォォッッ!?」

シコシコシコシコシコ・・・

爺ちゃん「んほぉぉぉぉぉっっ!?俺きゅんのおててま○こしゅごぃぃぃぃっ!!」

俺「さっさとイっちまえよっ!!イク時の恥ずかしい顔見ててやるからよぉぉぉぉっっ!!」

爺ちゃん「ま、負けられなぁぃっ・・・そっちがその手ならっ・・・えいっ・・・ぱくっ・・・んちゅぅぅぅぅっ」

俺「ウィィィィィィィィッッッwwwwおくちま○こがおち○ぽじゅぽじゅぽしてりゅぅぅぅぅぅぅぅッッッ!!」

ジュポジュポジュポジュポジュポ・・・

爺ちゃん「んっ・・・じゅぽっ・・・ちゅぱっ・・・どうじゃっ・・・ワシのおくちま○こはとろふわじゃろぉ・・・れろっ・・・ちゅぱっ・・・」

俺「んほぉぉぉぉっっ!!もうらめぇぇぇぇっっ!!おち○ぽみるく一番絞りいっぱぁぁぁぁぁぁぁぁぁいッッッ!!」

ビュクッビュクッビュクッ・・・

爺ちゃん「んんーーーっ・・・んくっ・・・んっ・・・ゴクッ・・・もぉ・・・ほんとにおくち孕ませるつもりぃ?ニヤァ・・・」



ドピュッドピュッ・・・

妹「んっ・・・んくっ・・・ちゅぱっ・・・ゴクッ・・・うぇぇ・・・おとーさんの飲んじゃっだぁー・・・」

トーチャン「はぁ・・・はぁ・・・妹ちゃんのおくちま○こしゅごかったよぉー・・・」





27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 21:56:53.66 ID:peks6XOo0

爺ちゃん「おやおやぁ・・・?二人とももぅペニスダウンかぁ・・・?ニヤニヤ」

妹「ひっ・・・お、おにぃちゃぁーんっ・・・」

トーチャン「あんまり・・・そいつを舐めないほうが良いぜ・・・」

爺ちゃん「強がりを言うなっ・・・俺君もそこに転がって・・・いないッッ!?」

シュンッ・・・

俺「爺ちゃん・・・ケツま○こがら空きだぜ?」

爺ちゃん「ふぇっ!?」

俺「ペニィィィィィィィィィィィィスイィィィィィィィィィィィィンッッッ!!」

ズボォォォォォォォォォォォッッッ!!

爺ちゃん「んぎぃぃぃぃぃッッ!?おしりま○こっ・・・こっ・・・壊れちゃうぅぅぅっっ!!」ギチギチ・・・





28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 21:59:50.79 ID:peks6XOo0

俺「バイバイ・・・爺ちゃん・・・俺のみるくで受精しなッッッ!!」

ドピュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥンッッッ!!

爺ちゃん「あ・・・あがっ・・・あがっ・・・!?」

ドクンッ・・・ ドクンッ・・・

俺「ペニィィィィィィィィィィィィスアァァァァァァァウトォォォォォォォォォォッッッ!!」

ズボォッ・・・ 

爺ちゃん「けつま○こに新しい命芽生えてりゅぅぅぅぅぅッッッ!!妊娠確実ゥゥゥッッッ!!!」

オギャァオギャァ・・・

俺「種付け・・・完・・・了・・・ッッッ!!」

スプラァァァァァァァァァァァァァァシュッッッ!!


妹「お、おにぃちゃぁぁぁんっ!!」ぎゅぅぅ・・・

俺「おっ・・・おいおいっ///」

トーチャン「急いでかーさんを追うぞッッ!!」

俺「ああっ!!」





29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:07:57.52 ID:peks6XOo0

ガラッ・・・

カーチャン「オマァァァァァァァァンコッコッコwwwwジジイは敗れたか・・・ニヤリ・・・」

トーチャン「ああ・・・俺の奴にな・・・」

俺「カーチャン・・・妹の呪いッッ解いてもらうぜッッッ!!」

カーチャン「よろしい・・・来なさい・・・お前も生まれて来た場所に帰らせてやろう・・・」

クパァァァァァァァァァァァァァァァ・・・

妹「・・・ッッ!?な、なんて臭気なの・・・ッッ!?」

俺「だ、ダメだ・・・あそこへは・・・行ってはいけない気がするッッッ」

カーチャン「遅いッッッ!!」

シュンッ ジュプゥゥゥゥゥッッ

トーチャン「んほぉぉぉぉぉぉぉぉぉっっっ!?俺のおち○ぽにジャァァァストフィィィィィィィットォォォッッッ!!」

カーチャン「それはそうさね・・・おま○こは挿入されるおち○ぽにより内部の形を変えるもの・・・」

トーチャン「やらぁぁぁ・・・これしゅごいのぉぉぉ・・・かーさんと動物交尾だいしゅきぃぃぃっ!!」

カーチャン「私も動物みたいに交尾するのが大好きさっっ!!子供の前でも私は雌になるッッッ!!」





31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:15:21.84 ID:peks6XOo0

トーチャン「ああっ・・・かーさん・・・最高だっ!!お前は最高の雌だぁぁぁぁっっ!!」

ジュブッジュブッジュブッジュブッ・・・

カーチャン「んああああああっっ!!おま○こっおま○こすごいのぉぉっ!!」

ジュブッジュブッジュブッジュブッ・・・

俺「・・・」

妹「・・・」

トーチャン「ああっ・・・出そうだっ・・・子作りするぞッッ!!かーさんっっ!!子宮に注ぐぞぉぉぉッッ!!」

カーチャン「ちょうだいっっ!!あなたの動物精子っ!!あたしの動物ま○こにいっぱいちょうだいっ!!」

トーチャン「出すぞっ!!出すっ!!あっあっあっ・・・出るっ!!出るぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅッッッ!!」

カーチャン「あっ・・・あっあっぁっ・・・イグっ精子っ・・・出されてっ・・・あっ・・・イグぅぅぅぅぅぅッッッ!!」

ドピュッドピュッドピュッ・・・

トーチャン「はぁ・・・はぁ・・・べろっ・・・んっ・・・ちゅっ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

カーチャン「はぁ・・・んっ・・・今っ・・・あたしの卵子にっ・・・あなたの精子が・・・キスしてるっ・・・んっ・・・」

シュゥゥゥゥゥ・・・

妹「・・・呪いが・・・解け・・・た・・・?」





34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:19:37.13 ID:peks6XOo0

カーチャン「ごめんね・・・妹ちゃん・・・私・・・どうかしてた・・・」

妹「ううんっ・・・いいのっ・・・お母さん・・・」

トーチャン「ハァハァ・・・俺はもうダメだ・・・ここに残る・・・あとは・・・頼んだぞ?」

俺「ああ・・・まかせておけ・・・婆ちゃんのおま○こぐちょぐちょにしてやるぜ」

カーチャン「気をつけてね・・・」

俺「ああ・・・行ってくる・・・」

妹「お、おにぃちゃんっ・・・」ぎゅぅぅぅ

俺「あ、あのさ・・・妹・・・もし・・・無事に戻ったら・・・」

妹「・・・」ぎゅぅぅぅ

俺「子作り・・・交尾しようぜ・・・」

妹「うんっ・・・ぜ、絶対戻って来てっ!!あたしっ・・・待ってるからっ!!」

俺「ああっ!!イクぜっ!!」





37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:27:00.42 ID:wM3s5Psa0

今北産業





39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:29:49.11 ID:339bKsWH0

>>37


不能





38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:29:38.01 ID:peks6XOo0

ガラッ・・・

婆ちゃん「・・・ようやく来たか・・・」くぱぁ・・・とじぃ・・・くぱぁ・・・とじぃ・・・

俺「ああ来たぜ・・・婆ちゃんのおま○こに・・・セックスの卒業証書を授与しになッッ!!」

婆ちゃん「卒業・・・?笑わせてくれるッッッ!!」

デーレデデーデーデーデーデー
デーレデデーデーデーデーッッ!!

3・・・ジュワァン・・・ 2・・・ジュワァン・・・ 1

俺「変身ッッッ!!」

シュワァァァァァ・・・

俺「閉経おま○こキターーーーーーーーーーーーーーーッッッ!!」

婆ちゃん「来いッッッ!!」

俺「ち○こマスタァーオナフォーゼッッ!!ババアま○こ・・・堪能させてもらうぜッッ!!」





41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:36:35.42 ID:peks6XOo0

婆ちゃん「偉大なるグランドマザァま○このくぱぁ・・・味わうがいいッッッ!!」

クパァァァァァァァァァァァァァァァァァァッッッ!!

俺「ぐあああっ!?・・・くせぇっ・・・なんて臭さだっ!!・・・こっちはこれでっ!!」

ピンクロォータァー オンッ!

俺「とぅぅぅりゃっ!!」ブゥゥゥゥゥゥィィィィィィィンッッ

婆ちゃん「んほぉぉぉぉぉっっ!?クリトリスらめぇぇぇぇっっ!!敏感なんだからぁぁぁぁぁっっ!!」ブッシャァッ・・・

俺「こいつもどうだっ!!」

ディルドォー オンッ!

俺「おもちゃのおち○ぽ挿入してやるぜぇぇぇぇぇっっ!!」ジュブゥゥゥゥゥィィィィィィィンッッッ!!

婆ちゃん「んぎぃぃぃぃぃっっ!?閉じてたおま○こ無理やり犯されてりゅぅぅぅぅぅぅっっっ!!」ジュッパァッッ・・・

俺「思い出したかよっ!!性の喜びを!!女のときめきを!!」

婆ちゃん「あ、あひぃぃ・・・もうらめぇ・・・生おち○ぽほしいよぉ・・・」トロトロ・・・

ダダダッ・・・

俺「ッ!?みんなッッ!!」





44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:44:53.86 ID:peks6XOo0

妹「卒業証書・・・授与ッ!!」

婆ちゃん「はやくぅぅぅっっ!!おち○ぽおち○ぽ欲しいのぉぉぉっっ!!」

トーチャン「婆ちゃん・・・あなたはっ・・・セックスで俺を作り命を育て・・・」

婆ちゃん「んほぉぉぉぉっっ!!卵子がぁぁぁっ!!卵子出てりゅのぉぉぉっっ!!」

カーチャン「立派に女性としての役割を果たしましたッッ!!」

婆ちゃん「やらよぉぉぉぉぉっっ!!皆におま○こびちょびちょなの見られてりゅぅぅぅぅぅっっ!!」

爺ちゃん「よって・・・ここに・・・セックスからの卒業証書を授与・・・します・・・」

婆ちゃん「きてぇぇぇぇぇっっ!!精子いっぱいびゅっびゅしてぇぇぇぇぇっっ!!」ジュパァァァァッッ

俺「うおぉぉぉぉぉぉぉぉッッッ!!卒業証書授与おち○ぽイィィィィィィィィィィンッッッ!!」

ジュプゥゥゥゥ・・・

婆ちゃん「生のおち○ぽぉぉぉぉぉっっ!!おち○ぽだいしゅきぃぃぃぃぃぃぃっっっ!!」

俺「中出し子作り孕ませ交尾ぃぃぃぃぃぃフィニィィィィィィィィィィィッシュッッッ!!」

ドピュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥンッ!!

婆ちゃん「おち○ぽみるくが子宮に満タン入ってりゅぅぅぅぅぅぅぅっっ!!受精させられてイグぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅッッッ!!」

スプラァァァァァァァァァァァァァァシュッッッ!!





46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:49:42.32 ID:CpvBNvJPi

スプラッシュキタ━━━(゚∀゚)━━━!!





47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:50:39.51 ID:peks6XOo0

― 数日後・・・

妹「んっ・・・おにぃちゃぁ・・・んっ・・・もぅ・・・我慢できないよぉっ・・・」トロトロォ・・・

俺「はぁ・・・はぁ・・・」

妹「交尾したいっ・・・おにぃちゃんのおち○ぽ入れて交尾したいよぉぉぉっ!!」

俺「入れるよっ・・・んっ・・・」ヌプゥゥ・・・

妹「あっ・・・んんーーっ・・・はぁっはぁっ・・・しゅきぃ・・・だいしゅきぃ・・・」ジュプッジュプッ・・・


トーチャン「あいつらは・・・全く・・・兄妹だってわかってんのかねぇ・・・」

カーチャン「まぁまぁ・・・交尾は動物が本能でするものでもあるし・・・」

爺ちゃん「人間はそれに加えて・・・」

婆ちゃん「愛で・・・交尾をする生き物じゃからな・・・」

トーチャン「そっか・・・ああ・・・そうだったな・・・」


妹「やらぁぁぁっ!!イクぅぅぅぅっ!!交尾しゅきぃっ!!子作りだいしゅきぃぃぃぃっっ!!」

俺「一番奥で出すからなっ!!・・・受精しろよっ!!妹っ・・・妹・・・ああっ・・・イクっ!!」

ビュクッビュクッビュクッ・・・fin・・・





48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:52:55.29 ID:Tqx5nTXt0

〜本編開始〜





49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:54:10.26 ID:3MuChBt30

NGはよ





50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:54:10.25 ID:2AG2+Kr20

今回のNG集は





51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:55:43.40 ID:peks6XOo0

NGシーン

ヨォォォォォイッッ アクショォォォォォォンッッッ!!


俺「ほら早くぱくって感じで!!じゅぽって感じで頼む!!ほら!!はよはよ!!」

妹「あぅー・・・なんか臭いよぉー・・・?はぁ・・・うぅー・・・えいっ!・・・はむっ」チュポッ・・・

俺「ヒャゥウィィィィゴォォ・・・あっ」

ビュクッビュクッ・・・

妹「んんーーーっ!・・・んっ・・・んくっ・・・うぇぇ・・・早すぎぃwww」

俺「イェェェェェス・・・」

トーチャン「イェェェェスじゃねーよwwwこの早漏がwww」


カァァァァァットッッッ!!

スタッフ「ティッシュお願いしまーす・・・あと女性スタッフは俺さんのおち○ぽおっきくしてくださーい」

女性スタッフ「はーいっ」





52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:56:25.50 ID:vjDEl9B60

清純派姉が出なくてちょっと悲しい





53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 22:58:11.42 ID:peks6XOo0

NGシーン

ヨォォォォォイッッ アクショォォォォォォンッッッ!!


俺「なるほどなるほどぉーーーwww実はな・・・それな・・・www」

妹「・・・」

俺「カルピスでしたぁーーーーwwwwイェェェェェェェェェスッッッ!!」

妹「だよねー!?www甘かったもん!!びっくりしたぁ・・・www」

俺「美味かったろ?www」

妹「なに!?どうやってち○ちんからカルピス出したのっ!?」

俺「ひみつぅー♪」


カァァァァァットッッッ!!





54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:01:17.06 ID:peks6XOo0

NGシーン

ヨォォォォォイッッ アクショォォォォォォンッッッ!!


俺「ごめん・・・妹・・・口開けるからな・・・」

妹「・・・ぱぁ・・・くっ・・・」チュパッ・・・

俺「んほぉぉぉぉぉッッ!!おち○ぽみるくすてぁんばぁぁぁぁぁぁぁぁぁいッッッ!!」

妹「・・・それ別の現場での台詞じゃなかった・・・?www」

俺「あーそうだ・・・すいませーんもう一回お願いしまーすwww」

妹「もーしっかりしてよーwww」

ハッハッハ・・・


カァァァァァットッッッ!!





58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:03:20.35 ID:peks6XOo0

NGシーン

ヨォォォォォイッッ アクショォォォォォォンッッッ!!


妹「そして、プリンセスの私はち○こマスタァーの精子を飲まないと・・・生きられない・・・」

俺「ああ・・・閉経帝国のじゅじゅちゅしの呪いのせいでな・・・ッッッ!!」

妹「えっ?www」

俺「閉経帝国のじゅじゅちゅ・・・呪術士・・・閉経帝国のじゅじゅちゅし・・・あああああーー!!」

トーチャン「落ち着けwwwすてぁんばぁぁぁぁいwww」

ハッハッハ・・・


カァァァァァットッッッ!!





62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:05:42.78 ID:peks6XOo0

NGシーン

ヨォォォォォイッッ アクショォォォォォォンッッッ!!


カーチャン「私は夕飯の準備で忙しい・・・お前らの相手はこいつよぉっ!!」


ザッ・・・ ぐぅー・・・

妹「す、すいません・・・///」

俺「腹減ったよなwww今日晩御飯何なの?」

カーチャン「ハンバーグよっ♪」

トーチャン「食ってからやるかwww」


カァァァァァットッッッ!!

スタッフ「一旦休憩はさみまーす」





63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:06:24.35 ID:Tqx5nTXt0

スタッフの仕事人根性にはいつも感心させられる





64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:09:05.71 ID:peks6XOo0

NGシーン

ヨォォォォォイッッ アクショォォォォォォンッッッ!!


爺ちゃん「けつま○こに新しい命芽生えてりゅぅぅぅぅぅッッッ!!妊娠確実ゥゥゥッッッ!!!」

オギャァオギャァ・・・

俺「種付け・・・完・・・了・・・ッッッ!!」

スプラァァァァァァァァァァァァァァシュッッッ!!

爺ちゃん「あいたぁぁぁぁぁっっ!!腰がイッたぁぁぁぁぁぁぁッッッ!!」ビュクッビュクッ・・・

俺「腰やりながら精子出してる人初めて見たわwww」


カァァァァァットッッッ!!

スタッフ「誰か担架持ってきておじいちゃん運んでーあとティッシュー!!」

ざわざわ・・・

トーチャン「おい・・・大丈夫かよ・・・」

爺ちゃん「あいたたた・・・大丈夫大丈夫・・・」





65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:11:40.80 ID:peks6XOo0

NGシーン

ヨォォォォォイッッ アクショォォォォォォンッッッ!!


カーチャン「よろしい・・・来なさい・・・お前も生まれて来た場所に帰らせてやろう・・・」

クパァァァァァァァァァァァァァァァ・・・

俺「おんぎゃぁっ!おんぎゃぁっ!ばぶぅばぶぅ・・・」

トーチャン「お前wwwなんだよwwwマジでwww」

妹「何やってんのwwwほんとにwww」


カァァァァァットッッッ!!





66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:13:19.79 ID:peks6XOo0

NGシーン

ヨォォォォォイッッ アクショォォォォォォンッッッ!!


カーチャン「あっ・・・あっあっぁっ・・・イグっ精子っ・・・出されてっ・・・あっ・・・イグぅぅぅぅぅぅッッッ!!」

ドピュッドピュッドピュッ・・・

トーチャン「はぁ・・・はぁ・・・べろっ・・・んっ・・・ちゅっ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

カーチャン「はぁ・・・んっ・・・今っ・・・あたしの卵子にっ・・・あなたの精子が・・・キスしてるっ・・・んっ・・・」

トーチャン「もう一回する・・・?」

カーチャン「・・・うんっ・・・///」

俺「・・・」

妹「・・・」

俺「よそでやれwww」


カァァァァァットッッッ!!





68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:15:09.68 ID:peks6XOo0

NGシーン

ヨォォォォォイッッ アクショォォォォォォンッッッ!!


デーレデデーデーデーデーデー
デーレデデーデーデーデーッッ!!

3・・・ジュワァン・・・ 2・・・ジュワァン・・・ 1

俺「変身ッッッ!!」

婆ちゃん「・・・もう・・・良いんかね・・・?」

俺「いやwww変身してないwww」


カァァァァァットッッッ!!

俺「おーいwww変身しないぞーwww」

ハッハッハ・・・

スタッフ「おーいちょっとベルト確認してー」





71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:18:57.01 ID:peks6XOo0

NGシーン

ヨォォォォォイッッ アクショォォォォォォンッッッ!!


婆ちゃん「やらよぉぉぉぉぉっっ!!皆におま○こびちょびちょなの見られてりゅぅぅぅぅぅっっ!!」

爺ちゃん「よって・・・ここに・・・セックスからの卒業証書を授与・・・します・・・」

婆ちゃん「きてぇぇぇぇぇっっ!!精子いっぱいびゅっびゅしてぇぇぇぇぇっっ!!」ジュパァァァァッッ

俺「うおぉぉぉぉぉぉぉぉッッッ!!爺ちゃん婆ちゃんっ結婚記念日おめでとぉぉぉっ!!」

妹「おめでとー♪」

トーチャン&カーチャン「おめでとう♪」

爺ちゃん「へっ・・・?」

婆ちゃん「えっ・・・?なに?wwwサプライズかえ?www」

スタッフ「おめでとうございまーすっ」

パチパチパチパチ・・・

爺ちゃん&婆ちゃん「ありがとうーwww」



〜fin〜





74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:22:47.39 ID:2AG2+Kr20

良かった
おつ





75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:25:17.98 ID:7CwAbkfX0

NGがいい味出してる





76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:26:33.18 ID:jiiNUpBV0

ワロタ

楽しませてもらったよ
おつカレー





77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:27:52.19 ID:peks6XOo0

・・・

姉「変な叫び声聞こえてきてずっと部屋から出られなかったぁ・・・怖かったよぉー・・・あぅぅ・・・」





78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:30:29.33 ID:Tqx5nTXt0

カァァァァァットッッッ!!!





81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:44:24.05 ID:RS6iEx1J0

>>1禿げしく乙





82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/19(月) 23:46:20.03 ID:CpvBNvJPi



次は姉メインで





NGシーンのSS
俺「ったくよぉー・・・」 大統領「ふぇぇ・・・ごっごめんね・・・俺君・・・」
妹「…なに?…なんか用?」俺「…目標確認…射精するッッ!」ボロン
妹「おち○ちんろっくおんっ♪」 俺「チィッ…ロックされたッッ!」
俺「ち○こが腫れてるから病院行ってくるわ」 妹「www」
俺「おっ・・・おい!妹!!ほら見て見て!!」 妹「んー?なにー?」
俺「姉ちゃんの部屋から変な音がするんだけど…」 姉「ほぇっ!?」

俺物語!! 1 (マーガレットコミックス)
カテゴリー「俺「」・他「」・○○女「」等」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

SS宝庫最新記事50件