1: ◆SWYGzMGb56:2013/08/12(月) 21:54:50.55 ID:MBEhXeX00

幼馴染「......」

男「......」

俺の名前は男。


そして目の前で、なんとも不機嫌そうな顔で
俺を睨むこの女の子は俺の幼馴染。


彼女の特徴を一つあげるとすれば......それは


非常に照れ屋なところだ。


元スレ
SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
幼馴染「う、嬉しくなんてないんだから!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376312090/


 
 
2: ◆SWYGzMGb56:2013/08/12(月) 22:02:42.39 ID:MBEhXeX00

例えば俺が彼女の頭を撫でたとき

幼馴染「ちょ!! なに人の頭撫でてんのよ!!」

そう言って、俺を睨みつけてくる。


しかし、ここでやってはいけないことは......


彼女、幼馴染の頭から手を退けることだ。


俺の幼馴染は非常に照れ屋だ。
この言動はその自分の感情を隠しているに過ぎない。


ここで手を退けようものなら......


幼馴染「......ぁ」


彼女は悲しげな表情をしてしまうだろう。





4: ◆SWYGzMGb56:2013/08/12(月) 22:07:49.36 ID:MBEhXeX00

幼馴染「撫でるなとは......言ってないわよ......」


しかし、時には失敗もある。


現に俺は彼女の頭から手を退けた。


さて、この場合の対処は時間が重要だ。


男「幼」

幼「......え、ふむ!?」


まずは彼女を抱き締める。
すると彼女の身長は俺の胸くらいなので
抱き締めると自然と俺の胸に顔を埋めることになる。





5: ◆SWYGzMGb56:2013/08/12(月) 22:21:07.26 ID:MBEhXeX00

幼「ちょ!! 男......はぅ!?」


そして抱き締めたら次だ
彼女が喋りだす前に決めないといけない。


幼「は、離しなさいよ......んん!?」


そして俺は自分の腕の中で、もじもじと動いている
彼女の頭を優しく撫でた。


男「幼......幼......」


この時、余裕があれば
彼女を撫でながら名前を呼んであげる。


幼「な、なによ......いきなり何なのよ......」


すると、彼女のさっきまでの
トゲトゲした雰囲気は消え、変わりに


幼「こんなことしないでよぉ......もう......バカァ......」


顔をすっかり赤くさせ、上目で俺に
睨むという反抗手段しか持たない、可愛い女の子になる。





7: ◆SWYGzMGb56:2013/08/12(月) 22:29:02.18 ID:MBEhXeX00

男「幼」


幼「な、なによぉ......」


幼は照れ屋だ、俺が何かしら
幼にアクションを起こせば
大抵は照れ隠しという名の罵倒がくる。


男「髪、綺麗だな」


幼「だ、だから何よ!! は、早く離れなさいよ......」


しかし、先でも言ったが
素直に彼女の言葉をのんではいけない。


むしろ、対抗するくらいが良い。





8: ◆SWYGzMGb56:2013/08/12(月) 22:42:04.10 ID:MBEhXeX00

今回は幼の髪を褒めちぎる。


男「こんなに綺麗なのを維持するのって大変だろ?」


幼「それはまぁ......楽ではないけど」


男「だろ? でも幼は凄いなぁ」


男「俺がこうやって撫でても崩れないし、全然引っかからないし」


男「幼はえらいなぁ......よしよし」


幼「なぁ......!?」


するとどうだろう、幼は俺の胸に顔を埋めてしまった。


幼「ふ、ふりぇしくなんて......ふぁいんだふぁら!!」


声が籠もって聞こえづらいが
幼がこの行動をしている時点で
幼が喜んでいるのは一目瞭然だ。


現に、俺が離れようとしても幼は俺の服をしっかりと
掴んで離れない。





9: ◆SWYGzMGb56:2013/08/12(月) 22:46:15.74 ID:MBEhXeX00

と、このように俺の幼なじみは


非常に照れ屋さんだ。


口調はすこし凹凸あるが


その内側、心はとても純粋で
健気な温かい女の子である。


簡単にいうと、外はツンで中はトロトロである。





22: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 12:29:12.08 ID:MBEhXeX00

しかし、この照れ屋な幼は


俺が他人に優越感を感じる要因、そして


この睨みながらも、その愛らしい瞳で俺を見つめる幼は


幼の家族と俺の家族以外、俺だけしか知らない


なぜなら............


幼「学校......怖いよぉ......男ぉ......」


学校での彼女は他人と接するのが不器用な女の子だからだ





24: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 12:39:42.02 ID:MBEhXeX00

彼女は照れ屋だ


そしてそれが、他者が幼に近づきがたいという


非常に残念な効果を発揮している。


幼は基本的に受け身の立ち位置


つまり自分からは、他人に話しかけない。


学校では非常にクールで可愛い女の子だ。


それにより命名されたニックネームは


雪ダルマ


幼「......私って......太ってるの?」


半ば泣きながら俺に相談を持ちかけた昨年が懐かしい......。


男「きっと幼が校庭で楽しそうに雪ダルマを作っていたからだよ」


男子生徒曰わく、ギャップ萌えだとかなんとか......。





25: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 12:50:05.64 ID:MBEhXeX00

というわけで


俺の幼は学校でこそクールな女の子ではあるが


俺と二人きりになると


幼「ねぇ......男」


たちまち快活な女の子になる。


男「どうした?」


幼「学校で会話してたあの女の子だれ?」


男「ああ、同じ委員会の子」


幼「ふ〜ん、そうなんだ......」





26: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 12:58:33.47 ID:MBEhXeX00

本などで見る照れ屋な女の子は
自身の照れを隠すために、多少暴力的な行動をする


それは彼女も例外ではない


現に幼は俺の脇腹にパンチしてきた
しかし、それは弱々しいものだ



幼の暴力は物理的な痛みでの暴力ではない


幼のその本質は先にも述べた......


健気さである。


幼「............」


ポス ポス


男「幼、言いたいことがあるなら口で言わないと駄目だぞ?





27: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 13:05:30.10 ID:MBEhXeX00

幼「ず......ずるいわよ」


男「うん」


幼「私はあんな風に男と話せないもん......」


幼「あの女の子、ずるいわよ......」


幼「私だって......男と学校で、あんな風に楽しく話せたらなって......」


幼「そ、それだけ......終わり」


ポス ポス


そんな、小さい女の子が大事ものを横撮りされて
拗ねているような表情の幼には


男「そっか、ごめんな......」


謝るのが一番効果がある。





28: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 13:17:41.39 ID:MBEhXeX00

幼「別に、謝らなくて......いいわよ」


と、幼は言うが、これは逆に慰めて欲しいと言っている証拠である


さて、ここで重要なのは


幼の健気な努力を褒めてやることだ


男「俺がその女の子と話しているとき、幼、物陰でこっち見てただろ?」

褒める材料は
学校で、もじもじ、しながら俺とその女の子を見ていた幼
そして、放課後に委員会で遅くなった俺を待ってくれた幼だ


幼「......む」


男「会話に混ざろうって頑張ってたもんな〜」


幼「......うぅ」


男「そうやって努力してんだから、幼は偉いよ、よしよし」

ナデナデ

幼「べ、別に、嬉しくなんか......」





31: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 13:29:37.02 ID:MBEhXeX00

男「それに俺のこと待っててくれたじゃないか」


幼「あれは......その、なんというかその......」


ここで高等テクニック、とは少し言い過ぎだが
幼が話している途中に、理不尽な愛情を与える


男「幼」


幼「なによ......ひぅ!?」


男「ああ〜、幼〜」


理不尽な愛情、それは幼を抱っこし、抱きしめることだ。


幼「ちょっと!! 降ろしてよ!! 私重いから......」


ちなみにここは俺の家なので問題はない。


男「幼」


幼「な、なによ......」





33: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 13:43:34.82 ID:MBEhXeX00

そして幼を見つめ続ける


それは幼が照れて俺から目をそらすまでだ
それまで幼から目をそらしてはいけない


幼「な、なによもう......」プイ


幼が俺から目を逸らしたら


勝ちだ。


男「幼、ありがとうな」


幼「......!!」


男「幼のそんな健気なところ......」


男「大好きだ」


幼「!!??」


すると、彼女はたちまち
俺に視線を戻し、しかし言われたことが事なので
照れてまたすぐ逸らす、それを数セットほど繰り返す。


幼「な、なんでそんなこと堂々と......!!
  あう......うぅ.....もぉ......恥ずかしと思わないの?」
 

そして、そんな彼女からを目を逸らさず見つめ続ける。
優しく見つめるのが大切だ。
 

幼「むぅ、ちょっとぉ、そんなに見つめないでよ!!」
 

幼「ああ、もぅ......んん!!」チラチラ 





34: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 13:53:34.81 ID:MBEhXeX00

幼「お、降ろしてよぉ......!!」


前に対抗するのがいいと言ったが


今回は少し捻りを加えてみようと思う。


男「嫌なら、抜け出せばいい」


男「俺、そんなに力入れてないよ?
  抜け出そうと思えば、楽勝だよ?」


俺がそう言うや、幼は不意をつかれたような表情を浮かべ


そして、俺が本当に力を入れてないかを確認して
容易く俺の腕から抜け出した。














35: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 14:09:35.01 ID:MBEhXeX00

そして、俺をまるで恨みがましく、しかしもの足りないような表情で


幼「......バカ......」


そう言い残し、俺の部屋の窓から自分の部屋の窓へと


飛び移ろうと足をかけたところで幼は
こんな言葉を、呟くように言った。


幼「う、嬉しくなんてないんだから......」


そして自分の部屋へと帰ってしまった。


幼は照れ屋だ。


しかし、それは本人も理解している。


だからこそ、ささやかに努力をし続けている。


俺は幼のそんな健気なところが......


男「ふぅ、可愛いやつめ」


とても、魅力的だと思う。





44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/13(火) 17:26:41.38 ID:MBEhXeX00

幼は照れ屋で、健気だ


ある意味自分の気持ちを素直にさらけ出している。


そして、学校では俺と話したいなと
もじもじ、しながら機会をうかがう小動物だ


しかしながら、時に幼は、凄い行動力を見せる。


あれは今年の2月、バレンタインデーだった。





45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/13(火) 17:33:10.96 ID:MBEhXeX00

残念ながら俺はチョコが苦手だった。


苦手というよりチョコを食べると鼻血がでる。


だからチョコは極力食べない。


しかし、その時ばかりはそうも言ってられなかった。


幼「お、男ぉ......」


その日はいつものように俺の部屋で
幼と他愛ない話しをしていた。


男「ん〜なんだ?」


ふと、会話が途切れた時だ
幼が急にそわそわし始めた。





46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/13(火) 17:40:13.21 ID:MBEhXeX00

幼「え、えと......その......」


そんな幼を俺は黙って見守っていた。



言いたいことは分かっていたが



こんな風に手をしきりに動かしながら


俺にどうやってその話を切り出そうかと



そわそわしている、この可愛い奴を



見ているのも悪くないと思ったからだ





47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/13(火) 17:51:32.11 ID:MBEhXeX00

幼「......こ、これ......」


そしてそんな幼を見つめて数分......


俺の目の前には、手作りであろう


雪だるまの形をした平たいチョコレートが


俺に差し出すような感じで、幼の両手にのっていた


幼「た、たまたまお母さんが沢山チョコレート
  買ってきたから......」


幼「だから、作っただけなんだから......」
  

幼「べ、べつにバレンタインデーとか......そういうわけじゃないから」


幼「か、勘違いしちゃいけないんだから......」





48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/13(火) 17:54:40.91 ID:QmOrKCcO0

可愛いなぁ…





50: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 18:07:54.21 ID:MBEhXeX00

そう言いながら
幼が作ってくれたチョコを受け取る


しかし、俺はチョコを食べると鼻血がでる


男「なぁ幼、俺チョコを食べると鼻血でるんだけど」


そう俺が言った瞬間、幼は俺を意地悪な目で俺を睨みつけてきた


幼「男ぉ......前に私に言ったわよね」


幼「食べ物の好き嫌いは駄目だって」





51: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 18:14:15.65 ID:MBEhXeX00

男「これは好き嫌いではないと思うんだが......」


幼「でもチョコを食べて鼻血でるなんてマヌケよ
  克服しないと駄目」


男「えぇ......」


男「でも毎年鼻血でるし......」


そう、この特訓らしきものは以前からしている
しかし、今だに克服できていない。


幼「そう言うと思って、私は策を考えてきたんだから!!」


男「ほう、どんなの?」





52: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 18:20:54.66 ID:MBEhXeX00

俺がそう言うと幼は堂々と言った


幼「チョコを食べると鼻血がでる」


幼「その考えを壊せばいいのよ!!」


つまり固定観念を壊すということだが


男「で、どうやって破壊するの?」


幼「ま、まぁ......それは......ね?」


男「はぁ......」


幼「ほ、ほら私達......こ、恋人じゃない?」


男「うん」





53: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 18:29:22.42 ID:MBEhXeX00

幼「つ、つまり......私にとっては男が.......ね?」


男「うん」


幼「で、でも私って学校とかだと男と話せないから......」


幼「そ、その分も兼ねての策を考えてきたわけで......」


男「つまり......?」


幼「......なんだから......」


男「へ?」


幼「今日だけ、特別なんだからね!!」


と、大きな声で幼はそう言い放った後
雪だるまチョコを一口サイズにしてゆく


そして......全部バラバラにしたあと


その内のひとつを自身の口へ持っていき、それをくわえ


幼「ん!!」


俺に突き出してきた





55: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 18:39:18.65 ID:MBEhXeX00

ここはあまり覚えてないから割愛しよう。


しかし、唯一覚えているのは


雪だるまチョコが全部なくなっていたことと


そして


チョコを食べて鼻血がでるのが治ったことだ


と、こういったように幼は


照れ屋で健気な一面をもち、そして


凄まじい行動力を見せる。


あ、あと一つ覚えていた。たしか幼が言っていたような......


幼「男......」


幼「お、美味しかった?」


幼「も、もしそうなら......」


幼「また......してあげても......いいんだから......ね?」


......今度は別の意味で鼻血がでないようにしよう。


そう俺は心に誓った。





57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/13(火) 18:48:03.61 ID:emexhHX4o

素晴らしい
本当に素晴らしい





66:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/13(火) 21:49:05.89 ID:D5Z4dHW3o

すっごくいいと思います





67: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 21:56:16.02 ID:MBEhXeX00

さて俺の幼の魅力、少しは理解してくれたかと思う。


しかし、今でこそこんな可愛い奴だが


付き合う前は中々に暴れん坊な奴だった


だが、それは敢えて言わない


なぜなら、当時の幼を明かしてしまえば


今の幼とのギャップについていけなくなる


それほどに暴れん坊な奴だった。


まぁ......中身はやっぱり今と変わらなかったが......





68: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 22:03:34.50 ID:MBEhXeX00

その証拠に............


ピラ


ここに一通の手紙がある。


これは幼が俺にあてて書いた......そうラブレターだ


文面にはなんともスタイルの良い文字が連なっている


そして......照れ屋ながらも
自分の感情を懸命に言葉で表現した


幼の健気さも紙一杯に盛り込んである。





69: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 22:10:40.06 ID:MBEhXeX00

これを俺はすっかり暗記するほどに読み込んだ。


それくらい俺にとって、幼の手紙に書かれた言葉達が


甘ったるくて、そして心地よかった。


というわけで今日も読むことにする


まぁ、寝る前に読むのが日課になっているからだが......


では、開始。





70: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 22:24:34.41 ID:MBEhXeX00

男さんへ

こんにちは。男さん。

単刀直入ですが、私はアナタが好きです。

とってもとっても大好きです。

でもその気持ちとは裏腹にアナタには

つい無愛想な態度をとってしまいます。

でもそんな私にアナタはいつも笑ってくれます。

笑顔のアナタが好きです。

頑張る姿のアナタが好きです。

ちょっと抜けているアナタが好きです。

今はまだこの気持ちを直接伝えることは出来ませんが

近いうちに絶対、明かそうと思います。

それまで待っててください。
                 アナタを慕う人より。





71: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 22:32:36.17 ID:MBEhXeX00

............

ふと見れば、ありふれた言葉だろう。


だが俺にとってはそんな言葉が


強く、強烈に、色鮮やかに刻まれた。


なぜならこの手紙を、俺のげた箱に入れる


幼の幸せそうな顔を見てしまったからだ。


その瞬間、俺は幼に惚れた。


手紙なんか見るまえにだ


何時もとは違う、屈託のない笑みを浮かべ


頬を淡く染めながら


その手に持った恋文をげた箱に入れる


そんな、初めて見つけた幼の心に


惚れないわけがなかった......。





72: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 22:40:55.92 ID:MBEhXeX00

ーーーーーーーーー


男「......」


男「......幼」


そして俺はこうして幼と恋仲になった。


あの温かくて、照れ屋で健気な、そして時には大胆な行動をする


そんな、小さくて可愛い奴と一緒になれた。


男「......おやすみ」


そして......できることなら......


男「......また明日」


これからもずっと幼と同じ道を歩んでいきたい。





73: ◆SWYGzMGb56:2013/08/13(火) 22:44:32.72 ID:MBEhXeX00

これにてこのSSは終わりです!!
短いけど、ありがとうございました!!
誤字多くてすいません!!





74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/13(火) 22:45:12.82 ID:3FM7OAH5O

超乙!





76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/13(火) 22:45:18.80 ID:3FM7OAH5O

超乙!





80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/13(火) 23:00:58.13 ID:SL62c1OL0

超乙です!!





32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/13(火) 13:30:20.46 ID:BMuO7tbf0

ケツから砂糖出てきた





82:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/13(火) 23:17:17.42 ID:L2aZAONDo

砂糖が体中の穴という穴から吹き出した






41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/13(火) 15:29:24.11 ID:Dqa1s+aDO

さっきションベンしてきたら甘ったるい臭いしてた





42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/08/13(火) 15:51:57.58 ID:ztDlU4ovo

お前それ糖にょ…いや何でもない





砂糖をやめればうつにならない (角川oneテーマ21)
カテゴリー幼馴染「」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件