1:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:13:16 ID:cG.ikFp2

思いついた掌編をいくつか投下





2:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:14:49 ID:cG.ikFp2

その1


 時々思う。

 俺以外の人間は、実はもういないんじゃないかって。

 だって、俺は誰の心も覗けないんだ。

 俺以外、みんなロボットでもおかしくないだろ?

 みんな隠してるだけかもしれないんだからさ。

 親だって、偶然普通の人間として現れた俺を拾って、育ててるだけ。

 いやいや、監視するためかもな。

 唯一の人間である俺の事を調べて、より人間に近付くために。



 
 
4:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:15:45 ID:cG.ikFp2

 なーんて、バカみたいな妄想をする夏の夕方。

「そろそろ降りて来て、ご飯を食べちゃいなさい」

 一階から母親の声が聞こえた。

 今日のご飯はなんだろう。

 まあ、レギュラーだろうな、母さんまとめ買いしてたし。

 偶にはハイオクが良いんだけど。





5:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:17:40 ID:cG.ikFp2

その2


 2DKの広さで、家賃二万五千円。

 不動産屋の窓ガラスに張ってあったその物件を見て、俺は住んでいたマンションからすぐに引っ越した。

 1Rで五万も取られる所だったんだ。

 そりゃ、即決するしかない。

 けど、引っ越してすぐ、俺は後悔した。

 いわくつきの物件の方が大分住み易いと思う。

 なにしろ、毎晩隣の部屋から親子喧嘩が聞こえるんだから。

 喧嘩と言うより、一方的な母親の怒鳴り声と子供の泣き声か。

 壁が薄いから、お隣さんの声が余さず残さず全部聞こえる。





6:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:19:13 ID:cG.ikFp2

 たまったもんじゃない。

 おかげで俺は、今日も寝不足だ。

 近所の人に聞いてみると、結構有名な母子家庭らしく、児童相談所に電話してみようか、なんて話さえ出ているらしい。

 今晩も五月蠅かったら俺が電話をかけよう。

 そう思いつつベッドに潜り込んだ。

 今日こそ安眠出来ますように、と祈りながら。

 夜中の十一時、やっぱり、お隣さんは五月蠅かった。

 母親の声だけが、休む事なく聞こえる。





7:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:21:34 ID:cG.ikFp2

その3


 俺は鼻詰まりが酷かった。

 それはある意味長所であり、短所でもある。

 臭い物を臭いと思わないから、場所次第で他人よりずっと不快な気分にはならない。

 例えば、公園の便所とかな。

 そんな俺の鼻詰まりを知ってる知人は、汚い仕事を俺に押し付けて来る。

 臭いじゃわからねぇけど、視覚で感じる不快感はあるんだよ、バーカ。

 そう言いたいが、知人が持ってくる仕事の給料は良い。

 渋々だけど、俺は今日も今日とて現地に向かう。

 到着すると、責任者である知人が待っていた。

「今日も酷いぞ。ほかほかのこたつの中で、一ヶ月以上放置されてたらしいからな。ドロドロになってる」

 いつもの事じゃないか。

 それより俺は、スイッチが一ヶ月入ったままの状態でも、意外とこたつは火事にならないもんだな、と思った。





18:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:45:31 ID:/nnUeegQ

>>7
実体験思い出しちまったじゃんか…orz





8:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:23:32 ID:cG.ikFp2

その4


 貝のアクセが若い女の子の間で流行ってる。

 私もまだ若いつもりだけど、流石にマスコミの情報操作に流され過ぎでしょ。

 だって貝なんて、この前までパワーストーンの一つに過ぎなかったんだよ?

 なのに今じゃ、どれどれの貝の何色に凄い効果があるらしいよ、なんて会話が日常。

 海に行けば簡単に拾えそうなのに、何千円も払って、安っぽい貝でブレスレットやネックレスを作ってる。

 馬鹿らし過ぎてついていけないよ。

 私はそう思いながら、貝殻の模様が描かれている箸とお茶碗を持って、シジミのお味噌汁を口にした。





9:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:25:12 ID:cG.ikFp2

その5


 私が働いている施設に、目の見えない男性がいる。

 事故で視力を失ってしまったそうだ。

 それ以外はいたって正常で、まだ施設内限定だけど、杖を突きながら歩く事にも慣れた様子だ。

「先生のおかげで、やっと生きているって実感が湧いてきました。ありがとうございます」

「いえ、あなたの強い意志があってこそですよ。今日はもう遅いので、いつものお薬を飲んで、眠って下さい」

「わかりました」

 置いている場所を完全に覚えており、私の補助なく、彼は一人で薬を呑み込んだ。

 彼の頭に取り付けている機械で脳波を調べ、完全に眠ったところで透明なマスクを付けて注射を打つ。

 さて、今日はどの部分を交換しようかな。





10:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:28:44 ID:cG.ikFp2

その6


 目を覚ましたら異世界だった。

 衣服が違うのもそうだけど、大通りを歩いている人は、堂々と剣や弓や杖を持っている。

 すげぇ、ファンタジーの世界だ!

 そう喜んだのも束の間、俺はすぐに絶望した。

 まず、言葉が通じない。

 ジェスチャーで話そうとしても、首を傾げられるか、指を差して笑われるだけ。

 当然、買い物なんて出来やしない。

 観察してみると、やっぱり金も日本の金とは違う。

 かと言って、盗んで食料を得る度胸もない。

 完全に詰んでいた。





11:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:31:24 ID:cG.ikFp2

 だが、途方に暮れる俺の前に救世主が現れる。

「君、もしかして異世界の人かな?」

 俺の知っている言葉だ。

 喜びのあまり、俺は恥ずかしげもなく、涙を流してしまった。

 それだけ嬉しかったんだ、まともに誰かと話す事が出来て。

 彼は慣れた様子で、ずっと俺の背中を擦ってくれていた。

 落ち着いてから話を聞いてみると、時々俺みたいのがこの世界に迷い込んで来るらしい。

 そして彼は、俺みたいなやつの案内人との事。





12:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:34:14 ID:cG.ikFp2

「元の世界に帰してあげられるけど、暫く残ってもいいよ。どうする?」

 正直、こんな場所から早く脱出したかった。

 けど、この世界の話を聞いて、少し見て回りたいとも思った。

 その事を口にすると、なら僕が案内してあげるよ、君の言葉が通じる知り合いにも紹介するね、と彼は微笑んだ。

 彼の言葉は今までに出来た、どんなに親しい友人よりも頼もしく感じた。

 俺は少し躊躇い気味に、よろしく、と伝える。

「なら、この紙にサインを書いて。一応、案内をするお仕事だからね、こういう形式が必要なんだ。もちろん、お金は発生しないから安心して」

 完全に信頼してしている俺は、疑う事なく名前を書いた。

 街の地下で呻いている、俺と同じ異世界人の存在に気付かないまま。





13:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:38:26 ID:cG.ikFp2

その7


「出来た!」

 僕は喜んだ。

 長い年月をかけて完成させた、人間関係予想装置。

 プロフィールを入力すれば、人間関係について色々予想してくれる、まぁ名前の通りの機械だ。

 例えば、結婚する相手は誰か、付き合う事になる人は誰か、生涯の親友は誰か、などなど。

 結婚の場合、離婚はするのか、するならば何年間夫婦でいるのか、などもわかる。

 生涯付き合う恋人の数も、入力するだけで一発だ。

 あまり自分のも他人のも見たくはないけど、不倫をする相手も検索可能。

 産まれて来る子供についても容易に調べられる。





14:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:39:01 ID:cG.ikFp2

 これを使って、僕は占い師として大金持ちになるつもりだ。

 色んな所に営業に行ったりして、テレビに出るのもいいかも。

 それはそれとして、まずはテストを兼ねて、僕で占ってみよう。

 内容はそうだなぁ、妥当に結婚をする相手でいいか。

 可愛い女の子だったら嬉しいな、っと、出た出た。
 
 えっと、名前は……佐藤、翔太……?





15:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:41:08 ID:cG.ikFp2

その8


 五年間住んでいた家が燃えた。

 俺が知ったのは、海外出張が終わって帰国した時だった。

 すぐに警察に呼ばれ、話を聞く。

 とは言っても、半ば放心状態の俺の耳には入らない。

 これから住む場所はどうするのか?

 燃えた通帳や印鑑は?

 火災保険に入っていたと思うけど、実際はどうだっただろうか?

 そんな事ばかり考えていた。





16:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:42:19 ID:cG.ikFp2

 警察官は相槌も打たない俺に呆れたのか、話を変えて一枚の写真を取り出した。

「この人に見覚えはありますか?」

 記憶にある女が映っている。

 六年前に別れた元彼女だ。

 別れた後から、会うどころか連絡も取ってないけど。

 そう伝えると、なぜか俺を疑うような目で見ながら警察官は言う。

「この人があなたの家で焼死体となって発見されました」





17:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:44:22 ID:cG.ikFp2

その9


 朝日が昇るより早く、俺はアパートに戻った。

 仕事を終えたばかりだから疲れていた。

 けど、その疲れもすぐに吹き飛ぶ。

 同じアパートの女性と顔を合わせる事で。

「おはようございます」

「おはよう。今日もこんな時間までお仕事? いつもお疲れ様」

「いえ、貴女ほどではありませんよ。毎日、こんなに朝早く出勤だなんて」

「ほんと、もう少し近い職場を選べばよかったわ」

 そう言って微笑む彼女に俺は惚れている。





19:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:46:24 ID:cG.ikFp2

 少し幼さがある顔立ちに反して、大人びた性格。

 外見も中身も俺の理想と一致している。

 そんな彼女と、こうして少し話すだけでも俺は幸せを感じる。

 しかし数日後、彼女はアパートの前で涙を流していた。

 事情を聞くと、恋人が交通事故で亡くなったらしい。

 彼女を抱きしめながら、丑の刻参りって本当に効くんだな、と何年間も毎日欠かさず繰り返した行為を思い出す。





20:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:48:26 ID:cG.ikFp2

その10


 俺には幽霊が見える。

 意思の疎通も可能だ。

 幽霊たちは、普通の人が思っているよりも寂しがりやで、他愛のない話しでも喜んで聞いてくれる。

 特に俺の周りは子供の幽霊ばかりで、感情が凄く豊かだ。

 だから、少しでも喜んで貰うために、沢山のお話をしようと思っている。

 ぼっちだった俺の大切な友達。

 年齢は一回り離れているけど、贅沢は言わない。

 今の状態でも、楽しいんだから。

 けど、やっぱり友達は多い方がいいな。

 これからも少しずつ、幽霊の友達を増やそう。

 よし、決めた。

 今日はあの子供にしよう。





21:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 01:52:51 ID:cG.ikFp2

少ないけど、これで終わり
ありきたりな物ばっかりだから何かでネタが被ってたらごめんな





22:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 02:01:20 ID:SdoJX7tY

SSっていうよりショートショートだな
面白かったよ
また思い浮かんだら書いてほしい






24:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/08/09(金) 02:20:19 ID:hLV1yFDI

面白いです。はい





小さな物語のつくり方
カテゴリー「その他」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件