1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 20:28:42.20 ID:D/Ttc3QK0

灰原「な、なにこれ・・・?」

コナン「指輪だよ、見てわかるだろ?」

灰原「そうじゃなくて、なんで指輪なんか・・・」

コナン「まぁ、あれだ」

コナン「記念っていうか、なんていうか・・・」

コナン「光彦死んだじゃん?」

灰原「お祝い・・・ってわけ?」

コナン「ま、まぁ!そんなとこだよ!」

灰原「クスッ、そういうことにしといてあげる」

コナン「へへっ・・・」





5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 20:29:26.21 ID:5YA/tZzJ0

もう死んでたか






 
 
10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 20:31:20.98 ID:D/Ttc3QK0

コナン「しかし残念だったなー光彦は」

灰原「そうね、まさか蘭さんに殺されるなんて」

コナン「ハハッ!まぁ蘭も、光彦のこと憎んでたしな」

灰原「貴方が殺すように仕向けたくせに・・・フフッ」指輪キラッ

コナン「似合ってるぜ灰原」

灰原「ありがとう、工藤くん」





16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 20:34:22.22 ID:D/Ttc3QK0

コナン「さて、じゃあ俺行くわ」

灰原「・・・?」

灰原「どこへ行くの?こんな夜中に」

コナン「あぁ、言ってなかったな」

コナン「ちょっと、おっちゃんとな」

灰原「殺るの?」

コナン「あははっ!殺らねーよ」

コナン「殺るのは俺の仕事じゃない」

灰原「そうだったわね」

コナン「すぐ戻る」

灰原「いってらっしゃい」





24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 20:37:13.57 ID:D/Ttc3QK0

灰原「ったく、夜までせわしない人ね」

灰原「よっこいしょ」

光彦「動かないでくださいおっぱい揉みますよ」

灰原「ひっ」

灰原「つ、円谷くん・・・?」

光彦「やはり、あなた方の仕業だったんですね・・・」モミモミ

灰原「う、動いてないのに揉まないで・・・///」





28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 20:41:22.24 ID:D/Ttc3QK0

光彦「おっと、失礼しました」

灰原「何の用?」

灰原「貴方、死んだはずでしょう?」

光彦「えぇ、死にかけました」

灰原「え?」

光彦「あと数分、発見が遅かったら確実に死んでたみたいですよ」

光彦「でも、僕は仲間に助けられたんですよ」

灰原「仲間・・・」

灰原「馬鹿ね、そばかすのある人間に仲間なんているわけ・・・」

光彦「入ってきてください」

?「久しぶりやな、ちっさいねーちゃん」

光彦「紹介しましょう、僕の仲間です」

?「紹介なんかなくても、俺が誰かわかるやろ?」ニヤッ

灰原「あ、貴方は・・・!?」





34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 20:45:35.70 ID:D/Ttc3QK0

光彦「服部君ですよ灰原さん?」

服部「クククッ」

灰原「服部平次・・・生きていたのね」

服部「ま、誰かさんのおかげで体中機械だらけになってしもたけどな」

服部「こうして生きとる」

光彦「僕も、機械だらけになりました・・・貴女たちのせいでね」

灰原「サイボーグ・・・」

光彦「そして、こんなことが出来るのは・・・」

灰原「まさか・・・嘘よ!!」

服部「そう」

?「ワシじゃよ」

灰原「貴方・・・!?」





36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 20:46:43.18 ID:+4eJOXkM0

                   __       ,、, -、 ,. -――‐- 、  _,へ
                / /,. Y__ヘー 二く: : ヽ: ∠--_、__,. , ---\: : : ⌒>'⌒,ー─'二< ヽ.、
               /  , '//二\> 人 ): : /:∠二、   ´_二二_'ヽ:: : :/ 人く >'二 \ \  \
             , '  // //  ヽ.i |   __/ / ,. ― ミヽ  /,. ―-、ヾ,マ、_ /  // /  \ ;.  \  \
             ,' , ./   !.、.● ノ,ィュ__/,、匸:| {  ● }}={{ ●   } |::] ,、ヽ__ 《ミュ \_.●ノノ   ー-、゙、
           , --. |.//./,二 -Z'' 三 r―/: :|├/ヘヽゝ--彡'―ヾミ ---'ノノヾ┤|: :├: 、 'ー、''ミv‐二゙\\ !
          _i_: : : : : 、| | / ● ,.ィ゙  /: : : : :ハ Y  `三三{_    _}三三´_  Yノ : ノ: : :}:、  \k、● \\ イ
         |: : : : : : : :、、ヽ_ /;ソ、 ,V: : : : : :`| ({{ : : : : : : ≧≦: : : : : : : }}) |: : : : : ノ、Nir、_ ノ,、\ ./ ノく
       /,┬ ミ .  ノく >- ,ィ'彡': : :Y` ヾ: :_ -ヽ   ̄マ ̄ ̄  ̄ ̄タ ̄  /‐- :_: : : :}ヾ、: : :ヾミュ -- くノ :{、
    , N 冖;く  ,.  〉 _人` ヾ: : :./   ,/  / \   ` ー---‐ ´    /     ̄\  ゙ヽ: : ヾ  ゙̄《,v | ヽ、
  /゙ , ン,二 ミ , ,: : !: : : -、 〈ミ‐ '  ̄ ̄   ,/    ` ー .____, - '"     \  ゙  ̄.\ィリ  //\ヽ、\
./ .| .| | /   i. 川:/: : : !: : \_ __ - ゙´                         ヽ 、    __,/: : : :ノ:く .| | l 、
|  '、 '、l ●.ノ,r‐-ヽ: : : : : : : :イ                                 |   ̄ ̄ \: : : : : : :ノノ./. ∨ :,
|  ,  `ヽ== イ   Y\:_: :- '´                                 |  !   |W ヽ: : :Y´ '´  .|   |
|  |  , 上 ,!   .   /\.!            アガサローリングじゃよ       |  !   |lA  ,゙ー´=‐-、 、  .!
.、 , !、/イ ●ヾュ、_イ :|_人: : : ヽ                                 |  ゙、 !: : 川 /' ● .i .| l |  !
. ヽ | 、| |   .| 川: ./: : :_ : : : \ ___                             ヽ  ヾ |,. ':ー : :ヽ、 ノ .| ! .| /
  ゙ ヽ ー-二 / 川:. >' : : : _ :/_    `ヽ 、                          ゙__ /: : : : : : : :L ,.ィ  ,/
     ー凵 <  ミツヽ/, '  (イ.\ __   \    ,. ‐ ´ ̄ ̄ ̄` ‐ .、     , '´ ̄    ̄\: 、: : :r ´N ´
       ! 、二 彡 ̄ | /-、__ ,ィ;ュ : :\ `_    /    , -─‐-- 、  \   _  , .-t ,/:ヾ}  ト 、ヽノノ
         |、: : : : : : :| く>二 ヾミュ、: : { : : : : ‐-/  __ム__ __〉、_ ヽ‐ : : :ヽ 、 /: : :,ィュ,- 、Y 〉 l|
           | : : : : :,ヾr ./  \/  ヾミ/: : : : : | ({{ : : : : : : :><: : : : : : :}}) |、: : : : : ∧_ ≪/二 く 〉〈
          ̄ヽ-,' 、\\ ● l!.、  . {: : /: :/A   ,三三{     }三三 、 人V: : : : :/    f/´  ヽ ゙、 |
            ! 、\.\>=≪, -ミ 〈`.┤__!├、 / /r─‐ ミュ─ 彡─ くヽ∨┤|: :/─´  /_、 ●./ ,イ ゙;
            ゙、\- 、  i | ● \ヾ' ‐ヽ_ [::| {   ● }}={{ ●  } |:コ__/: :/イ〉,'三ミぐヾ二.-.' ' ./|
             \   \  | \  _ノ| , _ .r 'ム、、ー‐._ /  ヽミ ─  / /:ミソ´ 彡'/ ● ∧   ///
               \  \_>,_ く >.y /: : ヽ, 二二 , __ ,二フ: /: ト、 ( | 、 // r '  ./
                ` ー - -‐ '' ヽ -へ ,r : :\─‐ ' ´  ` ─ ラ'i : :\く_<ヽ、__/// /
                             `ー´ ` ‐-----‐ ´ ヽ: :>、/ー‐∨、__r_'. -‐'





38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 20:47:31.83 ID:3D6ZPFUU0

>>36
きもすぎワロタ





43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 20:50:24.01 ID:D/Ttc3QK0

博士「久しぶりじゃな、哀君」

灰原「博士、どーして・・・」

博士「どうしてワシが生きてるのか不思議なようじゃの」

灰原「だって貴方はあの時・・・はっ!!」

博士「あの時、なんじゃ?」

博士「ワシが死ぬときでも見たのかの?グフフ」

灰原「・・・」

博士「確かにワシは死にかけた。でも、ワシを救ってくれた人たちがいるんじゃ。入ってくれ」

?「やぁ、久しぶりだね哀君」

?「哀ちゃん!久しぶり!!」

灰原「あ、貴方たちは!!」





45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 20:52:16.96 ID:z8m+QCYgP

どんだけ助けた奴が出てくんだよ





48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 20:54:44.45 ID:D/Ttc3QK0

優作「優しいを作ります」

有希子「希望が有ってこその子」

灰原「ど、どーして・・・」

優作「どうして生きてるのか、不思議そうな顔をしているね」

有希子「確かに私たちは貴方たちに殺されかけた」

有希子「でもね、助けてくれた人がいるの」

優作「入ってください」

灰原「え・・・?」

?「久しぶりじゃねぇか・・・シェリー」

灰原「あ、貴方は!?」





51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 20:58:21.22 ID:I5pcZihI0

優しさの連鎖繋がりすぎwwwww





52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 20:59:02.53 ID:D/Ttc3QK0

灰原「ジン・・・」

ジン「はっ、その面・・・」

ジン「どうして俺が生きてるのか不思議そうな面してるじゃねぇか・・・」

灰原「貴方は・・・私がこの手で」

灰原「この手で殺したはずよ!!」

ジン「実はあの時、俺はまだ生きていた」

ジン「死ぬ寸前だったがな」

ジン「でも、そんな俺を助けてくれた人がいるんだ」

灰原「嘘・・・?」

ジン「入ってくれ」

?「志保、久しぶりね。私のこと覚えてる?」

灰原「あ、貴女は!?」





56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:02:52.07 ID:D/Ttc3QK0

ジン「お前の姉だ、シェリー」

明美「ホントに小さくなったのね」

灰原「な、なんでお姉ちゃんが・・・」

明美「あら、どうして私が生きてるのか不思議そうな顔をしているわね」

灰原「いや、ジンに殺られたんでしょ!?」

明美「そう、貴女に殺されかけたあの日」

灰原「私なにもしてないよ!?」

明美「私を救ってくれた人がいるの」

灰原「だから私は・・・」

明美「入ってください」

?「角、二個入り12000円です」

灰原「貴女は!?」





58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:03:56.53 ID:Cn5d0Quui

高いなおい





60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:06:29.34 ID:D/Ttc3QK0

蘭「こんにちわ哀ちゃん」

灰原「な、なんで貴方が」

蘭「どうして私が生きてるのか不思議そうな顔をしているのね」

蘭「そう、貴方とコナンくんに殺されかけたあの日」

蘭「私はある人に助けて貰ったの」

灰原「うそ・・・貴方の心臓は確かに・・・」

蘭「入ってください!」

灰原「!?」

蘭「」

灰原「」

蘭「」

灰原「・・・?」




?「いやー!遅れて申し訳ないですー!!」

灰原「遅せーよ!」





65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:10:08.46 ID:D/Ttc3QK0

灰原「高木刑事・・・」

高木「久しぶりだね、哀ちゃん」

千葉「俺もいるぜ?」

灰原「ど、どうして・・・」

高木「なんで僕が生きているか不思議そうな顔をしているね」

千葉「俺もいるぜ?」

灰原「貴方は、確かにあの時佐藤刑事を庇って・・・」

高木「死んだ・・・」

千葉「俺もいるぜ?」

高木「でも、僕はあの時助けられたんです」

灰原「そ、そんな・・・」

高木「入ってください!」




?「・・・よう、灰原」

灰原「!?」





69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:17:48.06 ID:D/Ttc3QK0

灰原「く、工藤くん・・・?」

新一「・・・」

灰原「貴方、その格好」

新一「悪い、お前の薬箱からガメた」

ジン「(ガメたって今時・・・)」

灰原「そ、それより!どーして貴方が!!」

新一「全部、俺の仕組んだことだ」

灰原「ま、まさか」

灰原「まさか、私を裏切ったの!?」

新一「あぁ、そうだ」





70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:22:36.23 ID:D/Ttc3QK0

灰原「どうして!?みんな殺して幸せになろうって言ったのは貴方じゃない!!」ウルウル

新一「あぁ、そうだな」

新一「それしか方法がないと思ってた」

新一「でも違うんだ!」

新一「人を殺したその先に!幸せなんてない!!」

新一「それを、教えたかった。みんなに」

新一「そして、これは俺が仕組んだこと・・・」

灰原「工藤くん・・・」

新一「その、なんだ」

新一「俺たち二人だけじゃなく、みんなが幸せになるために・・・さ?」

灰原「え?」

一同「ハッピー!ウェディング!!」クラッカーパンパンッ

一同「ヒューヒュー!!ピーッピーッ!!」

灰原「え・・・?」





71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:23:22.12 ID:DInCVIDq0

蘭…





74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:28:34.50 ID:D/Ttc3QK0

ウォッカ「ミュージック!スタート!!」

園子「今日は飲むわよ!!」

蘭「ちょっと園子!」

新一「はははっ!」

蘭「新一、幸せになるのよ?」

新一「あぁ、ありがとう蘭」

有希子「ほらほら!哀ちゃんはこっちこっち!着替えなきゃ!!」

灰原「えっ?えっ?」





78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:31:58.26 ID:D/Ttc3QK0

ベルモット「有希子!ドレス持ってきたわ!」

有希子「ありがとー!きっと哀ちゃんに似合うわ!!」

光彦「歩美ちゃん!こっちですよ!」

歩美「あ、光彦くん!」

服部「なんやなんや!お前らもゴールイン間近かいな!!」

光彦「ちょっと、やめてくださいよー!!」

服部「赤くなっとる!」

千葉「俺もいるぜ」

ジン「いいもんだな、人の笑顔ってものは」

高木「そうですね・・・」

ジン「?」

高木「一杯、どうです?」

ジン「いただこう」





79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:32:58.74 ID:fkBjSf5B0

普通にいい話だった





83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:34:43.66 ID:LuhR1+/CP

微妙に脳内再生流れるのがやだこわい





84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:36:33.36 ID:D/Ttc3QK0

優作「新一、良く似合ってるぞ」

新一「ありがとよ、父さん」

目暮「いやー!遅くなってすまない!!」

新一「警部!?」

目暮「工藤くん、立派になったな」

博士「本当じゃ、あの新一君がのぅ」

新一「博士・・・」

園子「みんなー!新婦の登場よ!!」

一同「おー!!」

灰原「恥ずかしいわ・・・」

新一「良く似合ってるよ、志保」

灰原「や、やめてよ・・・///」

明美「(本当、綺麗だわ。志保・・・)」





86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:38:23.21 ID:D/Ttc3QK0

ウォッカ「さぁみんな!もう一回乾杯だ!!」

一同「かんぱーい!!!」

ワハハハ

ドンチャンドンチャン

ヒューヒュー













元太「」ニタァ





89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:41:55.14 ID:D/Ttc3QK0

ガチャ

園子「ん?また誰か来たみたいね」

蘭「あ、お父さんかも!」

新一「おっちゃんには世話になったしな。挨拶がてら俺が行ってくる」

灰原「えぇ」

明美「綺麗よ志保」

灰原「お姉ちゃん・・・本当に、生きててよかった」

明美「うん・・・」

ガシャーン

蘭「キャー!!」

灰原「!?」

服部「なんや!?」

光彦「げ、元太くん・・・!?」




元太「よう、楽しそうじゃねぇか・・・」





92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:45:28.66 ID:D/Ttc3QK0

新一「逃げろ・・・みんな・・・」

灰原「工藤くん!?」

ジン「近づくな!あいつは危険だ!!」

元太「うなぎの蒲焼き」

歩美「・・・?」

元太「うなぎの刺身にうなぎの丸焼き」

元太「そしてうな重・・・」

千葉「俺もいるぜ?」

元太「随分うまそうなものを食べてるじゃねぇか・・・光彦」

光彦「こ、これは・・・」

元太「あぁん!!ナンダゴラッ!!?」

園子「ひっ」

ウォッカ「俺の後ろに隠れろ」

園子「は、はい・・・!」





93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:47:01.36 ID:8kJ+jM8F0

ウォッカさん男前…





95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:48:28.22 ID:D/Ttc3QK0

元太「俺に黙ってこんなもん食いやがって!許せねーよなぁ!!」

元太「どうなんだよ!オイ!!」

グサッ

元太「え・・・」

新一「・・・」

元太「てってめっ・・・」

元太「なんじゃこりゃ・・・」

元太「なんじゃこりゃあぁ・・・!!!」

元太「死にたく・・・ねぇよ・・・」ドサリ

灰原「工藤くん!!」

灰原「工藤くん!?しっかりして!!」





96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 21:52:26.49 ID:D/Ttc3QK0

新一「そうして僕は、彼女に助けられたんです」

新一「勿論、旧友だった元太も無事助けられました」

新一「人っていうのは、誰かを助け」

新一「誰かに助けられを繰り返し」

新一「生きていくんだなって、生きていけるんだなって思えましたね」

新一「それが、人の生きる道」

新一「人生で、もっとも大切なことなんじゃないかなって」

新一「今ではそう、思えます」







えんど





102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 22:03:23.17 ID:yOc3TDrR0

無理矢理終わり過ぎw





104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/05(月) 22:28:19.04 ID:yUX3pmzy0

俺は良い終わり方だと思うぞ





文庫版 死ねばいいのに (講談社文庫)
カテゴリー「名探偵コナン」のSS一覧
管理人のオススメSS
 

最新記事50件