1:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 01:32:56 ID:oCCwxRC6

キースの部屋─

キース「そうだ。アッカーマン訓練兵は確かに歴代トップクラスの逸材だ。
    しかし最近、目に見えて成績が落ち込んでいる。」

エレン「そんな風には見えませんが……。」

アルミン「いや、確かにそうだよ。
     2位のライナーとの差がここ一ヶ月で大きく縮まった。」

エレン「ライナーが急成長してるだけなんじゃないか。
    それに、縮まったといっても、点数で言うと5倍以上開いてるし。」

キース「一ヶ月前は20倍だった。
    アッカーマン訓練兵は我々人類の希望のひとつだ。
    もし、何かこの状況の原因があるならば、改善する必要がある。」

アルミン「それで、ミカ…アッカーマン訓練兵の幼馴染である、
     我々が呼び出されたのですね。」

キース「その通り。
    実は今回の件、上層会議でも取り上げられる程の問題になっている。
    言葉遣いなど気にせず、心当たりをできるだけあげて欲しい。」

エレン「尽力します。
    ……と言いたいところですが、自分は先月から、
    ミカサとは別の班になりました。
    あまり有力な証言はできないかと……。」
元スレ
SS深夜VIP
エレン「ミカサの成績が不調?」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1368894776/


 
 
2:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 01:35:29 ID:oCCwxRC6

アルミン「エレン……。原因は今、君がはっきりさせたよ……。」

エレン「は? 何言ってるんだ、アルミン。」

アルミン「教官殿、ミカサはエレンと幼い頃から一緒に暮らしてきました。」

キース「それは聞いている。」

アルミン「ミカサはそんなエレンに家族以上の愛情を感じています。」

エレン「アルミン!? 何言ってんだよお前……。」

アルミン(エレン、僕はもう疲れたんだよ……。)





3:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 01:36:44 ID:oCCwxRC6

キース「続けたまえ。アルレルト訓練兵。」

アルミン「はい。
     ミカサは確かに超人的な能力を持っています。
     しかし、ミカサの訓練に対するモチベーションは、
     エレンを守るという一点から来ています。」

アルミン「そんなミカサから、エレンを引き離したらどうなるでしょう。
     訓練中も、他の班にいるエレンが気になって仕方ない。
     これでは、集中できるはずもありません。」

キース「アルレルト訓練兵、貴様は私を馬鹿にしているのか。
    そんな恋する乙女のような理由であのアッカーマンが……。」

アルミン「その通り、ミカサはまさに『恋する乙女』なのです!」

キース「!!」

エレン「!!?」





4:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 01:40:14 ID:oCCwxRC6

キース(アルレルトは頭が切れる。
    冗談でこのようなことは言わんだろう。さらに……。)

アルミン「自分がこの問題の解決を図るなら、
     まずはエレンとミカサを同じ班に戻します。
     コスト面から見ても、最も簡便な策と考えます。」

キース「(やはりか。)なるほど、確かに、一訓練兵からの案として
    素直に受け入れるなら、そのぐらいの対策が適切だろう。」

エレン「おい! アルミン!
    何話を進めてるんだよ! まず前提からして俺は納得して……。」

キース「いないのか。
    貴様は女の思いにも気づけない鈍感馬鹿かね。イェーガー訓練兵。」

エレン「!!」

アルミン(意外! 僕が自分の胃かわいさにぶちまけた恋愛論に、
     教官がこんな風に乗ってくるなんて!)





5:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 01:41:08 ID:oCCwxRC6

エレン「……仮に、エレンの言うとおり、ミカサが俺を……その、
    あ、愛しているとして、そんな理由で班を再編だなんて……。」

キース「そんな理由? 貴様は、愛する者を守ろうとする力を否定するのか。」

エレン「い、いいえ、決してそんなつもりは……!
    しかし、そのような個人的事情でミカサだけ班替えというのは、
    不公平じゃないですか!」

キース「それも一理ある。
    そこでだ。アルレルト訓練兵の案を参考にした、私の考えはこうだ……。」





6:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 01:43:10 ID:oCCwxRC6

翌日・訓練場─

ミカサ「6人1班体制から男女ペア体制への転換……?」

ザワザワ
    ザワザワ

キース「静粛に! 諸君らの訓練効果向上のため、
    来週より新規体制での訓練を行う!」

キース「具体的には、今までは一人一人で出していた成績を、
    ペアの合計点として発表する!」

キース「しかし、諸君らは今まで通り励めばそれで良い!
    ペアを3つ集めることで、今までのような6人1班を作る!
    また、訓練時の得点も個人ごとに採点する!」

キース「ただ、それが発表前に合算されるだけだと思え!」





7:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 01:45:52 ID:oCCwxRC6

ザワザワ
    ザワザワ

コニー「それがどうして訓練効果向上に繋がるんだ?」

マルコ「たぶん、連帯責任だよ。
    中には鼻から成績を上げるのを放棄した訓練兵もいる。
    でも、ペアとなると相手にも迷惑が掛かる。」

ジャン「しかし、男女ペアってのは一体……。」チラ

ミカサ(男女ペア……! 離れ離れになったエレンと復縁のチャンス!)

キース「なお、ペアの申請は今週中に紙面にて提出すること!
    幸い、第104期訓練兵の男女比率は1:1である!
    各自、相手を見つけておくように! 以上、解散!」

ワァァァァー!
      イソゲ!アブレタラシャレニナランゾ!
 ハンナ-!オレダーケッコンシテクレー!
          リアジュウシネ!





8:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 01:47:04 ID:oCCwxRC6

ミカサ(!? ペアは自由ということ!?
    ならば、すぐにエレンにペアの申し込みを……!)

エレン「……。」ジー

ミカサ(……エレンに今すぐにでも駆け寄って、ペアになってと言いたい。
    でも、エレンはことあるごとに、世話を焼きすぎる私を避けていた。)

ミカサ(……もし、また私が空回りしたら、今度は卒業まで一緒にはいられない……。
    そんなのは耐えられない……。)





9:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 01:48:15 ID:oCCwxRC6

ジャン(ミカサ! まだエレンの所に行かない!
    エレン以外にもまだチャンスがあるってことだろ!
    今行かないで、じゃあいつ行くんってんだ!)

ミカサ(でも、早く行かないと他の子がエレンに声を掛けかねない……。
    アニなんて、エレン以外の誰を選ぶのか想像もできない……。)

ミカサ(アルミン、助けて……! もう一度、その知恵で私を……!)





10:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 01:48:47 ID:oCCwxRC6

ジャン(今でsy
 エレン「ミカサ!」





11:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 01:49:41 ID:oCCwxRC6

ミカサ「!? エレン!?」

エレン「何を驚いてんだよ。ペアだってよ。申請書はお前が書いてくれ。」

ミカサ「!!!」

ジャン「なっ、てめぇエレn
 ミカサ「うん! 書く!」ポロポロ

エレン「か、勘違いするなよ。お前が俺を守るんじゃない。
    俺がお前を守るんだからな!」

ミカサ「……ま、負けない///////」ウツムキ

ジャn

アルミン(エレン。よく言ったよ。君は。)





14:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:00:43 ID:oCCwxRC6

前日・キースの部屋─

キース「実は、班替えで成績が落ちたのはアッカーマン訓練兵だけではない。
    ハンナ・フランツペアもなのだ。」

エレン「あのバカップルが?」

キース「さすがに言葉を慎み給え、イェーガー。
    ……まあ、わからんでもない。あの二人は、私でも気がつくほどの仲だ。」

アルミン「しかし、それでも男女ペア制なんて……。
     少し度が過ぎるのではないでしょうか?」

キース「先ほども言ったとおり、『愛する者を守ろうとする力』というのは、侮れぬのだ。
    どんな兵士も命を懸けて戦う。しかし、そこには強い動機が必要だ。
    感情ある兵士が命を懸けるのに、最も強い動機になるのは『愛』なのだ。」

アルミン(ダブルショック! これが本当に、あの教官の口から出た言葉なのか!?)





15:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:01:48 ID:oCCwxRC6

エレン「そ、そうだとしても、もともと愛する異性なんていない、
    俺やアルミンのような訓練兵の方が多数派のはずです!」

アルミン「エレン!? 何を決めつけているの!? まあ事実だけど……。」

キース「確かに、貴様は多数派だな。イェーガー訓練兵。
    この一ヶ月で成績が下がった者、という意味でな。」

エレン「!?」





16:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:02:19 ID:oCCwxRC6

キース「イェーガー訓練兵。貴様はこの不調をどう説明するのだ。」

エレン「そ、そんなはずは……。俺がミカサと離れたぐらいで……。」

キース「ほう。私は何も言っていないが、アッカーマン訓練兵が関係するのか。」ニヤニヤ

エレン「!!?」

アルミン(この教官、思っていた以上の切れ者……! しかも意外と俗物!)





17:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:04:41 ID:oCCwxRC6

エレン「う……。しかし、例えば俺がミカサと組むとして、
    あいつは俺を守ることでモチベーションを上げるわけですよね……。
それは男としてのプライドが……。」

キース「貴様はそれに甘んじる男なのか。イェーガー。
    男としてのプライドで、アッカーマンを守れるほどの力をつけようとは思わんのか。」

エレン「……!
    いいえ、自分は全ての巨人を駆逐するために兵士になりました!
    女一人守れないで、そんなことは出来ません!」

キース「よく言った! それでこそ男だ。」





18:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:05:50 ID:oCCwxRC6

アルミン(ミカサの班替えだけでは、あのエレンをここまで焚きつけられなかった……。
     僕を長年悩ませてきた鈍感野郎の背中を、この教官はいともたやすく押したんだ。)

キース「……。」フッ

アルミン(お見事です! 恋愛教官!)





19:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:07:19 ID:oCCwxRC6

体制転換発表後・食堂─

アルミン(あのときは思わず敬礼をするほど感動したけど……。
     一体僕は誰と組めば良いんだろう……。)ハァ

アルミン「……。」チラッ

エレン「/////」

ミカサ「////////////」ジッ

エレン「な、なんだよ、ミカサ。こっちばっか見んなよ!//////」

ミカサ「わかった。これからはいつでも見られるから//////」

エレン「お、おい!恥ずかしいだろ!/////////」





21:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:10:28 ID:FNiRU1VI

この教官になら抱かれてもいい

ってライナーが言ってました





22:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:10:47 ID:oCCwxRC6

アルミン(ああ、ずっと望んでいた展開なのに、
     バカップルが増えてしまったという後悔さえある……。
     あぶれそうな僕は嫉妬しているんだろうか……。)

アニ「隣、良いかい?」

アルミン「えっ、ああ、もちろん。」

アニ「……。」ジト





23:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:11:55 ID:oCCwxRC6

エレン「ああっ! もう分かったよ!
    ずっと守ってやる! もう言わないからな!/////////」

ミカサ「……うん、もう聞かない//////」

アルミン「ハハハ……。今更ながら、見せつけられると胃に来るね。」

アニ「なんだ、アルミンもか。なら私が代わりにぶん殴ってくるよ。」





24:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:12:51 ID:oCCwxRC6

アルミン「ちょっと待ってアニ! 何もそこまで……。」

アニ「冗談さ。」

アルミン「聞こえないよ……。」キリキリ

アニ「アルミン、私は誰と組めば良いと思う?」





25:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:14:08 ID:oCCwxRC6

アルミン「え、えっと、アニ? それは相談なのかな?」

アニ「そうだよ。」

アルミン「誰も思いつかないの?」

アニ「一瞬、頭をよぎった奴がいた気がするけど、もう忘れたんだ。」

アルミン「そう……。」チラ





26:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:15:03 ID:oCCwxRC6

ミカサ「エレン、お箸の持ち方が正しい。
    ちょっとくらい間違えてくれないと注意できない。」

エレン「お前が間違ってるよ!」

アルミン(もう二人の世界の方向性さえ見えない……。)

アニ「アルミン、気づいてた?」

アルミン「えっと……。エレン……、のことだよね?」

アニ「ん……。」





27:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:15:57 ID:oCCwxRC6

アルミン「そうだね。気づいてたよ。」

アニ「知っててこの配置替えを提案したんだ。酷いね、アルミンは。」

アルミン「あっ……。その、ごめん。」





28:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:17:52 ID:oCCwxRC6

アニ「なんだ、やっぱりアルミンの案なのか。」

アルミン「えっ、かまをかけたの!?」

アニ「ああ、なんだ、アルミンも意外とドジなとこあるんだね。
   でも、酷いと思ったのは本音だよ。」

アルミン「うう……。」

アニ「責任取って、私とペア組むなら許す。」

アルミン「わかったよ……。って、え?」





29:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:18:35 ID:oCCwxRC6

アニ「嫌かい? アルミン?」

アルミン「えっと、嫌ではないよ。アニ。でも、アニは良いのかい?
     美人だし、もっと良い人がいるんじゃ……?」

アニ「なっ。」





30:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:20:33 ID:oCCwxRC6

アルミン「あっ、ご、ごめん、変なこと言ったかな。」

アニ「いいや……。まったく、心臓に悪いよ。
   いつからあんたは私をそんな風に思っていたの……。」

アルミン「いつからかな。でも、ずっと前だね。」

アニ「そっか。じゃあ私で良いかい。」

アルミン「こちらこそ、よろしく頼むよ。アニ。」





31:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:21:53 ID:oCCwxRC6

ミカサ(……アニ。)

エレン「お、アルミンはアニとペアか。意外とお似合いかもな。」

アニ「まあ、そうかもね。」

アルミン「ア、アニったら///」

ミカサ「アニ、アルミンをよろしく。」





33:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:22:46 ID:oCCwxRC6

アニ「私が守れってこと?」

ミカサ「役割分担ということ。」

エレン「ああ、アルミンは頭が良いからな。
    強いアニと組めば百人力だ!」

アルミン「僕だって、アニを守るよ!?」

アニ「ふふ……。楽しみにしておくよ。」





35:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:27:29 ID:oCCwxRC6

エレン「なんだよ、見せつけてくれるじゃねえか。」

ミカサ「エレン、ここは私たちの愛を証明するタイミング。」

エレン「ちょっと待った! ここではやめろ!」


ジャンだったもの「」





36:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:28:39 ID:oCCwxRC6

チュー
エレン「しかし、教官が言ってた多数派って、ホントだったんだな。」

アルミン「うん……。あちこちでカップルが出来てるね。
     最初から、こうなることを分かってて僕たちを呼んだんじゃないかな?
     あの恋愛教官……。」


ライナー「結婚しよ」





37:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:29:36 ID:oCCwxRC6

クリスタ「ラ、ライナーってば、気が早いよ//////」

ライナー「はっ、口に出ていたのか……。」

クリスタ「ふふ。末永くよろしくお願いします。」


ユミル「くっ、男女ペアだなんて……。」





38:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:30:16 ID:oCCwxRC6

ユミル「くっ、男女ペアだなんて……。」

ベルトルト「仕方ないさ、そういう決まりだもの。」

ユミル「おい! 私があんたと組んだのは、ライナーの傍にいる
    あんたと組めば、クリスタといる時間も増えるからだからね!
    でも、その主体性のなさは、みっちり鍛えなおしてやる!」

ベルトルト「はは。楽しみにしておくよ。」

ワイワイ
  ガヤガヤ
 チュッチュ





39:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:33:26 ID:oCCwxRC6

アルミン「なんだかんだ言って、士気は上がってるよね。」

エレン「ああ、人類は愛情を取り戻しつつある。
    勝てる。人類の反撃はこれからだ!」


モノカゲ
キース(実に恋こそはまことのいのちである。)

おしまい





40:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:37:51 ID:oCCwxRC6

というわけで、初投稿完。
ジャンとかも丁寧に書いてやりたいけど、眠いし……。

何百レスも書いてる人すげーな。
読んでくれた人いたらthx。





41:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:41:53 ID:SIui721I

おつ。おもしろかった
エレミカが新鮮だったしキース教官の好々爺っぷりがw





42:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 02:41:55 ID:2XO9j1zc


良かった





43:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 03:34:31 ID:N1D4SgoA

ライナーに春が来ているとは

許せん





44:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 03:57:05 ID:u.CsODR.

クリスタをあんなホモ野郎に取られるSSを書くんじゃない!












まぁいいSSだったよ…心が和んだ






45:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/05/19(日) 04:41:44 ID:U0FrPOz6

暴力さんライナーを襲ってください


聖魔女待望論―恋の魔法は世界を変える―(第一巻)「恋せよ乙女」
DVD付き 進撃の巨人(11)限定版 (講談社キャラクターズA)
進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
(仮) TVアニメ「進撃の巨人」オリジナルサウンドトラック
カテゴリー「進撃の巨人」のSS一覧
管理人のオススメSS
 
The Last of Us (ラスト・オブ・アス) (初回同梱特典 豪華3大コンテンツのDLプロダクトコード(サウンドトラック、カスタムテーマ、アバターセット) 同梱)
トモダチコレクション 新生活
ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル (通常版) (初回封入特典 プレイアブルキャラとして「吉良吉影」が使用可能になるDLコードがついた「川尻早人メモ」! 同梱)
ガンダムブレイカー (初回W特典「フリーダムガンダム」のパーツデータ一式+「ガンダム バトルオペレーション」出撃エネルギー(備蓄用)3個セット 同梱)
ドラゴンズクラウン
真・女神転生IV “豪華ブックレット仕様"サウンド&アートコレクション 付
NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3 ( 初回封入特典:うずまきナルト「孫悟空コスチューム」がダウンロードできる"プロダクトコード同梱) 予約特典5体のコスチュームがダウンロードできるプロダクトコード入りカード付
サモンナイト5 (初回封入特典ソーシャルゲーム「サモンナイト コレクション」の特設ページで入力すると「5」の主人公カードが入手できるシリアルコード 同梱) 予約特典『サモンナイト5』特別設定集 付
ドラゴンズドグマ:ダークアリズン 数量限定特典“「メイジ」のための「指輪セット」付き

 

最新記事50件