1: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 09:44:41.43 ID:qEQSIE3AO

〜〜野原〜〜

バイキンマン「や、やめろ……俺様今日は何もしてないぞ! いきなり現れて、地面に叩き落とされる理由が……」


ア○パンマン「ハハハッ。関係ないよーやられ役は黙って殴られてればいいんだよー」


ドンッ! ゴキメキキキボリィ!!


バイキンマン「ぐぼぉぇぇぇぇぇぇぇ! 鳩尾やめ……おぼぼぼぼぼぼぼぼ」


ア○パンマン「ハハハッ。どうしたのー? バイバイキーン言わないのかい」


バイキンマン「俺様がなにを……おぇぇぇ」


ア○パンマン「なにもしてないけど君ーは敵だよー、らんららんらーん」


バイキンマン「アンパンマンはここまで極悪非道じゃなかった……」


バイキンマン「お前本当にアンパンマンなのか……?」


ア○パンマン「気付いたかい。僕は、髭親父から灰汁を入れて作られたアクパンマン!!」


バイキンマン「アクパンマン……?」


アクパンマン「そうだよ 僕は生まれ変わったんだ。だから君が、二度と悪さしないように存在を消す」


バイキンマン「ひっ!!」


アクパンマン「覚悟はいいかい」






 
 
3: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 09:52:11.62 ID:qEQSIE3AO

食パンマン「やめなさいアンパンマン! いえアクパンマン!!」


カレーパンマン「そうだぞ! バイキンマンは、悪い奴だけど、今は無抵抗じゃないか。そんな奴を殴るなんてアンパンマンらしくないぞ」


アクパンマン「おやおや、ナルシストとウンコ野郎の登場かい」


カレーパン「なっ! オイラはカレーパンマンだ!」


食パンマン「私はナルシストなんかじゃありません!」


アクパンマン「ハハハッ。うるさい奴らだ。正規パンの分際で僕を止めようっていうのかい?」


食パンマン「くっ……! なんですかこのパンパワーわ!!」


カレーパンマン「こりゃヤバいぜ……食パンマン一気にいくぞ!」


食パンマン「はい!!」


アクパンマン「まとめて喰ってあげるよ!!」


――――





4: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 09:59:34.74 ID:qEQSIE3AO

アクパンマン「あー、マーガリンほしいわ。まてよ、カレーあるから、これにつければいいじゃないか。ハハハッ。僕って天才」


食パンだったもの「」
カレーパンだったもの「」


モグモグクチャクチャガブガブ


バイキンマン「く、喰ってる……仲間を喰ってる……」


アクパンマン「げぷっ、喰った喰った」


バイキンマン「……」ガタガタ


アクパンマン「さーて、バイキンマン。君も、正規パン達の後を追わせてあげるよ」


バイキンマン「お、俺様にはロボットが!!」


バイキンマン「こーい! ロボォォォォォォ!!」パチーン


ロボ ゴゴゴゴゴゴ


アクパンマン「ふん、ふんふんふーん」


ゴキャ ドゴォォォォォォン


アクパンマン「オモチャ遊びは卒業しなよバイキンマン」


バイキンマン「しゅ、瞬殺……だと」





5: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 10:01:55.30 ID:qEQSIE3AO

アクパンマン「まだオモチャがあるなら出してもいいんだよ? けどね、その100倍で君を殴るから」


バイキンマン「100倍……それは……死ぬんじゃ」


アクパンマン「君は脳みそまでバイキンなのかい?  そのつもりに決まってるじゃないか」


バイキンマン「……許してくれ! なんでもするから許してくれ!!」


アクパンマン「ならオモチャの破片で自殺してよ」


バイキンマン「え……」





7: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 10:09:05.62 ID:qEQSIE3AO

アクパンマン「僕考えたんだよ。あれだけ、アンパーンチしても、何度も君は生きていて悪さを繰り返した」


アクパンマン「僕は優しいし、愛と勇気が友達だからさ。どこかで手加減してたのかもしれない」


アクパンマン「だから自分の手で死んでよ」


バイキンマン「それ以外で……」


アクパンマン「うるさいな。死んでよ」


バイキンマン「……」


――――


ドキンちゃん「もー、お腹空いたからごはん頼んだのに。戻らないと思ったら、まーたアンパンマンに絡んでたわけ?」


バイキンマン「ど、ドキンちゃん!」


バイキンマン「いけない! このタイミングで来ちゃいけない! 早く逃げるのだ!」


「なによ? まさか美味しい物独り占めする気じゃないでしょうね」


バイキンマン「違う! そんなんじゃない」


ドキンちゃん「ならなんな「やぁ、ドキンちゃん」


ドキンちゃん「えっ……アンパンマン。いつの間に横に」





10: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 10:17:37.44 ID:qEQSIE3AO

アクパンマン「僕さー、前から思ってたんだけどね。都合悪くなったら、一人で逃げる。児童向けなのに、バイキンマンと同棲してる」


アクパンマン「しかも人は騙すし、食パンのストーカーみたいなのもしてた君が正直気に食わなかったんだよね」


ドキンちゃん「え、え……アンパンマンなんか雰囲気違う」


アクパンマン「ノンノン、僕はアクパンマンだよ」


ドキンちゃん「アクパンマン?」


アクパンマン「そして、これなーんだ?」


ドキンちゃん「そ、それは食パンマン様のマント? よね?」


アクパンマン「正解。食パンマンは僕が食べちゃったんだ」


ドキンちゃん「えっ……食べたってどういうこと……」


アクパンマン「赤バイキンは理解もバイキンレベルかい? 食べたってのはそのままの意味さ。食パンマンは死んだの」


ドキンちゃん「うそよ! うそに決まってる!!」


アクパンマン「嘘じゃない。バイキンマンが見てたからね。なぁ、バイキンマン」


ドキンちゃん「う、そよね?」


バイキンマン「……」


ドキンちゃん「そ……んな」





12: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 10:23:38.53 ID:qEQSIE3AO

アクパンマン「だから君、もう生きてても意味ないでしょ?」


ドキンちゃん「食パンマン様が死んだ食パンマン様が死んだ食パンマン様が死んだ食パンマン様が死んだ」


アクパンマン「あー、精神がやられちゃったか。まっ、これから死ぬバイキンにはどうでもいいことだけどさ」


ガシッ


バイキンマン「やめろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」


アクパンマン「さようならードキンちゃん。あの世でも食パンのストーカーしちゃダメだよ」


ボギュルブシャアアアゴリリブチブチ


バイキンマン「あ……ああ……」


アクパンマン「返り血で汚れて力が出ないよーなんてねー、最初から灰汁で汚れてるから平気さ」


ドキンちゃんだったミンチ「」


バイキンマン「あああああああああああああ!!」





14: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 10:30:56.28 ID:qEQSIE3AO

アクパンマン「さて、赤バイキンも処分したし次は黒バイキンだね。」


バイキンマン「……遺言はそれだけか」


アクパンマン「遺言? バイキンマン。君、もともとおかしい頭がおかしくなったのかい」


シュッ ボシュゥ


アクパンマン「え、う、腕が……破裂」


バイキンマン「さっき俺様が、いくらアンパンチされても死なないことを疑問に思っていたな」


バイキンマン「あれは、俺様がアンパンマンより強かった。たったそれだけのシンプルな理由」


アクパンマン「ふ、ふざけるなよバイキンマン……」


アクパンマン「君が手加減をしていたとでも言いたいのか!」


バイキンマン「……」


バイキンマン「こんな形で語り合う日が来るとは、残念だ」





16: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 10:33:28.52 ID:qEQSIE3AO

バイキンマン「ライバルであり、友であると思ってた。宇宙をさ迷って、生涯ライバルと呼べる存在に出会えた俺様は幸運だと思った」


バイキンマン「悪さもした。だけど、誰かを殺す一線は絶対に越えなかった」


アクパンマン「それは、君が弱いからだ!!」


バイキンマン「誰かを殺すことでしか、証明出来ない強さなんていらない」


アクパンマン「ぐっ……死ねぇぇぇぇぇぇ!!」


シュッ パシッ


バイキンマン「遅すぎて話しにならないな」


アクパンマン「くそぉぉぉぉぉ!! まだだ! 最強のイースト菌を取り込めば!!」


シュッ


バイキンマン「消えたか。気の方角からしてパン工場」


――――


バイキンマン「……ごめんね……ドキンちゃん。こんな粗末なお墓しか作ってあげられなくて」


バイキンマン「それに食パンマンとカレーパンマン。無念は俺様が晴らすのだ」


シュッ





18: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 10:37:53.28 ID:qEQSIE3AO

〜〜パン工場〜〜


ジャム「お、アクパンマンおかえりー」パンパン


バタコ「アアッ! ヒグゥッ!」


チーズ「クゥン……(帰ってきた……)」


アクパンマン「うるせぇ! バコマンバタコ! バコッてないで僕の腕を最高級のイースト菌で作れ!!」


ドカッ バリィィィン


ジャム「おやおや、随分荒れてるねぇ。せっかく灰汁で君の内に秘めし修羅を解放してあげたのに……あっ、出る」


バタコ「また中……」


チーズ「クゥン……」


バタコ「大丈夫よチーズ……大丈夫だから」


アクパンマン「まだパワーが足りないんだよ。バイキンマンに後れをとるなんて……クソがぁぁ!!」


ボギッ!!


チーズ「ギャン!!」


バタコ「チーズ! なんで……こんな……」


アクパンマン「黙れ、バコバコバタコの分際で。僕に逆らう気か? 髭と一緒に僕を最強にする腕をを作ってればいいんだよ」


ジャム「バタコ手伝いなさい。アクパンマンを最強にすれば、私はこの世界の頂点に立てるのだからね……クフフフ」


バタコ「くっ……チーズ……チーズ……」グスッ


アクパンマン「それでいいんだよ」


アクパンマン「クハハハハハハ!!」





34: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 11:24:05.23 ID:qEQSIE3AO

〜〜空〜〜


バイキンマン「……最強のイースト菌。俺様も覚悟を決めるか。ん、あれは」


メロンパンナ「クリームパンダちゃん、ようやくオモチャ見つかって良かったね」


クリームパンダ「うん! カバオ君達に借りたオモチャだったから良かった」


メロンパンナ「ふふっ、じゃあ帰ろっか」


バイキンマン「おい」


クリームパンダ「ば、バイキンマン! なんだよ、またイタズラしに来たの!?」


メロンパンナ「そうなの?」


バイキンマン「そんな気分ではない。ただ、パン工場には帰らないほうがいい」


クリームパンダ「ば、バイキンマン! なんだよ、またイタズラしに来たの!?」


メロンパンナ「そうなの?」


バイキンマン「そんな気分ではない。ただ、パン工場には帰らないほうがいい」


クリームパンダ「なんでだよ! あーパン工場にイタズラする気だろー」


バイキンマン「……忠告はしたのだ。バイバイキン」


シュッ


クリームパンダ「消えちゃった!」


メロンパンナ(なんだろう、バイキンマンいつもと違ってた)





20: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 10:41:54.28 ID:qEQSIE3AO

ジャム「出来た! NEOイースト菌配合666チューニング!! これで、アクパンマンは最強の存在になったぞ!! ほら、祝いだしっかりしゃぶらんか」


バタコ「うぐっ……」


アクパンマン「クハハハハ!! たぎる!! 全身余すとこなく循環されたNEOイースト菌がバイキンマンの血を欲してやがるぜぇぇ!!」


アクパンマン「む、バイキンマンじゃないがそこそこの手練れが近くにいる」


アクパンマン「南か!!」


シュッ


――――


おむすびまん「ふぅ、長旅は疲れる……ここらでちょっと休憩するでござんす」


アクパンマン「おや、手練れがいると思えばおむすびまんじゃないか」


おむすびマン「あ、アンパンマン!? いつの間に」


アクパンマン「気配も読めないとは僕の測定ミスかな。ハハハッ」


おむすびまん(本当にアンパンマンでござんすかね……雰囲気が禍々しいものに)


アクパンマン「試運転の相手になってよ」


おむすびまん「試運転とは……?」


アクパンマン「試運転、殺しあいだよ!!」


シュッ ジュッゴォォ!!


おむすびまん「い、岩が溶けた!?」





21: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 10:45:30.57 ID:qEQSIE3AO

おむすびまん「アンパンマンどうして!」


アクパンマン「僕はアンパンマンじゃない。アクパンマンさ!!」

ゴッ!! キーーン


アクパンマン「仕込み刀か……忘れていたよ」


おむすびまん「くっ」


おむすびまん(防げたでござんすが、アンパンマンは本気で……しからば)


おむすびまん「ヤーッ!!!!」


キン! シュバッキンキンキン!!


アクパンマン「なかなかの斬撃だけど、僕には見えてるよ」


おむすびまん「なんと……全部すれすれで……」


アクパンマン「ねぇ、おむすびまん君の力はこの程度なの? 確か僕と同等の力があったはずだよね」


おむすびまん「し、しかし……あっしらは友では……」


アクパンマン「あーそういえばバタコだけど」


おむすびまん「ば、バタコさんがどうしたでござんすか」


アクパンマン「あのバコマン。ジャム相手にヒィヒィよがって面白いんだよね」


おむすびまん「な……そんな嘘……」


アクパンマン「本当だよ。あれもうすぐ孕むんじゃない? あっ、手遅れかも。ハハハハハ」


おむすびまん「あ……アンパンマン……アンパンマンンンンン!!!!」


アクパンマン「真っ赤になった。本気だね。僕を作ったのは髭だ。憎いなら僕も憎め」


アクパンマン「さぁ、第2ラウンドだ!!」





22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/04(木) 10:47:08.77 ID:nVNaPB0Yo

良い感じに厨二心を疼かしてくれる





23: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 10:47:56.55 ID:qEQSIE3AO

おむすびまん「やあああああ!!!」


シュバッキンキンキンキンキンキンキンキン!!


アクパンマン「くっ、これがおむすびまんの内なる修羅か!」


おむすびまん「おおおおぉ!! あっしは刀だけじゃござんせん!!」


ボッ ボボボボボボン


アクパンマン「ぐあぁぁ! 梅干しが爆発だと!?」


おむすびまん「秘伝の起爆梅干し! 滅する物にだけ使う隠し技でござんす!!」


アクパンマン「調子に乗るなよ!!」


シュバッ


おむすびまん「空に逃げるとは卑怯な!! 口だけでござんすか!」


アクパンマン(まだNEOイースト菌が完全に馴染みきってない……ここは距離をとる)


おむすびまん「三度笠を忘れてもらったら困るでござんすよ!!」


ザシュッ!!


アクパンマン「ぐ、そんな……」


ヒュー、ドスン


おむすびまん「友を手にかけたくはないでござんす……アンパンマン」


アクパンマン「ハァハァ……物覚えが悪いな……僕はアクパンマンだ。君の脳みそは梅干しサイズか」


おむすびまん「……残念でござんす」


ザクッ





25: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 10:51:48.46 ID:qEQSIE3AO

おむすびまん「アンパンマン……さらばでござんす」


アクパンマン「おむすびまん! 敵前で背中を向けるとはウ゛ァァァァァカダネェ!!」


ドグシュッ!!メリメリィ!!


おむすびまん「なっ……に……」


アクパンマン「クククッ……ハァッッハッハッハッ!! 首を斬っても僕は死なないよ。だって元から首なんか無いからねぇ」


おむすびまん「ぬかったでござんす……」


アクパンマン「これだから、白米はいけないね。白い、圧倒的に白すぎる!! 戦闘でその白さは命とりだよ!」


おむすびまん「ぐ……いっそう一思いにトドメをさせでござんすよ……」


アクパンマン「僕に命令するな。君はそこで見てるがいい。本当の死闘をね」


アクパンマン「なぁ! バイキンマン!!」


バイキンマン「……」





26: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 10:54:57.47 ID:qEQSIE3AO

バイキンマン(強い……さっきまでと明らかにパンパワーが上昇している。俺様勝てるのか……)


シュッ スタン


バイキンマン「おむすびまん。悪いな、お前を助けてやる余裕はない」


おむすびまん「かまわんでござんす……これはあっし自身のミスでござんすから」


アクパンマン「あーーたぎる。もう、僕のNEOイースト菌がこんがりトーストしちゃいそうなくらい熱いよ」


バイキンマン「ふん、正義バカだったアンパンマンが見るかげもない悪党面だな」


アクパンマン「昔の話さ。アンパンマンだった頃から、本当は内なる修羅を解放したかったのかも知れない」


アクパンマン「考えてもみてよ。空は自由に飛べる。怪力。ヒーローと持ち上げられる存在。顔が汚れると力が出ない……その弱点すら克服した」


アクパンマン「力は使う為にある! 今の僕はアクパンマンだ!!」


バイキンマン「そんな理由で……そんな理由でお前は……ドキンちゃんや、仲間の食パンマンやカレーパンを」


バイキンマン「そんな理由で殺したのかああああああ!!」


シュッ ゴギィィィィィィ パシッ


アクパンマン「遅いよ。さっきのお返しさ」


バイキンマン「なんだとと!!」


アクパンマン「アーークパーーンチ!!」


ムギャアアアゴォォォン!!


バイキンマン「ごべはっ!」





27: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 11:03:08.42 ID:qEQSIE3AO

スタスタスタ ガシッ


アクパンマン「死んでないのはわかってるんだよ。たとえ、ぶつかった岩壁が大破しようがバイキンマン、君は死なない」


バイキンマン「がはっ……」


バイキンマン(まずい。俺様の予想を遥かに越えていた……)


バイキンマン(だが、俺様にだって負けられない意地と使命がある)


バイキンマン(考えろ……今のアクパンマンに弱点はないと言ってもいい)


バシンッ



アクパンマン「いつまで気絶したふりをしてるんだい? それとも、これが君の実力かな?」


バイキンマン「俺様今考え中、アンコしか入ってないお前の頭とは出来が違うからな」


アクパンマン「君って減らず口だけはいつも立派だったね。なんでアンパンマンの時に始末しなかったんだろ」


バイキンマン「……正義バカだった頃のほうが強かったよ」


ブンッ! ゴォワッッ!!


アクパンマン「ぐはっ! なかなか良いパンチ打つね……」


シュッ


バイキンマン(一先ず離れたけど……こんな距離無意味に等しい。策が浮かばない……)





28: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 11:06:07.63 ID:qEQSIE3AO

「ホッホッホッホッ 苦戦しとるのぅ バイキンマン」


バイキンマン「お、お前はバイキン仙人!」


バイキン仙人「いかにもワシじゃ。さっきまでは良い気迫があったのにのう」


バイキン仙人「アンパンマンが予想より強くて畏縮するとは、修行が足りんぞバイキンマン」


バイキンマン「くっ……」


バイキン仙人「さてさて、アンパンマン。お主の罪は重いのぅ」


アクパンマン「バイキン仙人か。存在は知っていたけど」


バイキン仙人「どれ、お灸を据えてやろう」


アクパンマン「年寄りの冷や水だよ!!」


ババババッッ!!


バイキン仙人「ホッホッホッ 凄い攻撃じゃが雑じゃのぅ」


バイキンマン(凄い……あれだけの手数を杖一つで簡単にあしらってるのだ)


アクパンマン「なかなか……なら僕はさらに倍で!!」


ドババババババッッ!!


バイキン仙人「ワシには大して変わらんよ。ホッホッホッホッ」





29: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 11:11:02.85 ID:qEQSIE3AO

アクパンマン「ハァハァ……なんで僕の攻撃が効かないんだ」


バイキン仙人「ホッホッホッ 愚問じゃのぅ、伊達に仙人とは呼ばれていないわい」


アクパンマン「くそっ! あの髭なにが最強だ!!」


バイキン仙人「そろそろ、終いにしようかの」


アクパンマン「くっ……」


バイキン仙人「寝なさい」


メロンパンナ「あ、アンパンマンになにするの!!」


バイキン仙人「メロンパンナちゃん! これは違うんじゃあ!!」

アクパンマン(しめた)


アクパンマン「アーークパーーンチ!!」


ゴワァァァグチャチャチャァァ!!


バイキン仙人「ごは! ワシとしたことが……」


アクパンマン「トドメだ! アーークキィィィク!!」


バイキンマン「やめろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」


グチュドン!!


バイキン仙人だったもの「」


アクパンマン「ハハハッ ちょっと強いからって調子に乗るからだ」


バイキンマン「ドキンちゃんだけじゃなくてバイキン仙人まで……」


メロンパンナ「な、なんで……」


クリームパンダ「なになに? どうしたの?」


メロンパンナ「見ちゃダメ!!」


クリームパンダ「うわぁ真っ暗だょ」





30: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 11:14:20.13 ID:qEQSIE3AO

アクパンマン「ハハハッ 助かったよ。メロンパンナちゃん」


メロンパンナ「どういうことなのアンパンマン!」


アクパンマン「ノンノン、僕はアクパンマンだよ」


メロンパンナ「アクパンマン……? あの枯れかけの花すら助けようとする優しいアンパンマンがどうして、どうしてなの!?」


アクパンマン「ピーピーやかましい菓子パンだよ。だんだんイライラしてきたな」


シュッ


メロンパンナ「えっ! 消え」


アクパンマン「アーークパーー「覇ー火布経菩!!」


バチィィン! ギリリリィィ


バイキンマン「どこまで殺す気だアクパンマン!!」


アクパンマン「ハハハッ」


メロンパンナ「なんでバイキンマンが私を助けてくれたの……」


バイキンマン「……悪には悪の……正義があるのだ!!」


アクパンマン「なに! キンパワーが増しただって!!」





31: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 11:17:17.95 ID:qEQSIE3AO

バイキンマン「俺様のキンが悲鳴を上げている……」


バイキンマン「だがな、アクパンマン……いや、アンパンマン!!」


バイキンマン「宿敵が道を誤ったなら全力で叩き戻すのが、本当のライバルだと俺様は思う」


バイキンマン「だから、だから……」


メロンパンナ「ば、バイキンマンの身体が黄金に!!」


クリームパンダ「眩しいよぉ」


アクパンマン「なんだよ……それ……」


アクパンマン「くそぉぉぉ!!」

ジバババババババッ!


バイキンマン「見える、アクパンマン。お前の攻撃も、その胸の悲鳴も!!」


アクパンマン「なにを言ってるんだよ!」


バイキンマン「覇ァァァァ!!」

バイキンマン「いくぞ!!」


バイキンマン「俺様の右手がキンキン唸る! イースト掴めと轟き叫ぶゥゥゥ!!」


バイキンマン「爆熱!! カァァァァビィィィフィィィンガァァァァァァ!!」


アクパンマン「ぎゃあああ! 顔が顔がカビて力がああ!!」


バイキンマン「魂のカビはその全てを腐らせる! ポイズゥゥゥンエンドォォォォ!!」


ドゴォォォォン


アクパンマンだったもの「」



バイキンマン「……キンがもう限界な、のだ……」


ドサッ





32: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/04(木) 11:19:36.53 ID:qEQSIE3AO

メロンパンナ「バイキンマン!」


クリームパンダ「アンパンマン!」


おむすびまん「……終わったんでござんすね」


メロンパンナ「おむすびまん!? 酷い傷!」


おむすびまん「あっしは大丈夫でござんす。ギュッと握られ作られるのがおむすび。この程度の傷は海苔を貼れば治るでござんす」


おむすびまん「それより、この二人の結末がこんな形で終わるなんて……酷い話でござんすよ」


バイキンマン「ぐ……」


メロンパンナ「バイキンマン! 意識が戻ったのね」


バイキンマン「俺様は……勝ったのか」


おむすびまん「ああ、そうでござんす」


バイキンマン「……」


バイキンマン「こんな気持ちか……」


バイキンマン「こんな虚しい気持ちの為に俺様は今まで」


おむすびまん「……今は休むでござんすよ」


バイキンマン「……アンパンマン」


――――

――







33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/04(木) 11:21:12.22 ID:aURsScNbo

なにこれ悲しい





42: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/05(金) 19:01:43.80 ID:qEQSIE3AO

〜〜パン工場〜〜


ジャム「NEOイースト666の反応が消えたねぇ。やはり、試作品ではダメだったか」


ジャム「だが……幾度アンパンマンの魂を錬成してきたのはこの完全パン兵器を作り出す為」


ジャム「目覚めよ! メタルアクパンマン達!!」


メタルアクパンマン’s「僕、メタルアクパンマン!! よーし、世界中の異物を皆殺しにしよう」


ジャム「それいけ! メタルアクパンマン!!」


シュババババババババッ


ジャム「ククク……完全なパン兵器。一つ一つがアンパンマンの10倍の力を持っている。これで確実さ」


バタコ(大変だわ……どうにかしないと)


――――


メタルアクパンマン「配置完了。これより駆逐を始める」


恐怖のパンがラ゛ンラ゛ンラ゛ン





43: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/05(金) 19:04:09.61 ID:qEQSIE3AO

〜〜各地〜〜


こむすびまん「オイラの剣は強いでござんしゅ〜こむすび、こむすび、こむすびまーん」


スッ


メタルアクパンマン「……」


こむすびまん「おや? アンパンマンでござんしゅか?」


メタルアクパンマン「小麦反応無し。排除開始」


ドズブッッ!!


こむすびまん「アンパンマン……なんで……」


メタルアクパンマン「次に移動」


シュッ


メタルアクパンマン「SLマン排除」


メタルアクパンマン「かつぶしまん排除」


メタルアクパンマン「鉄火のマキちゃん排除」


メタルアクパンマン’s「排除排除排除排除排除」


――――

――




ジャム「クハハハハ! 私の作ったパン兵器達にかかれば雑魚ばかりだ!!」





44: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/05(金) 19:05:49.52 ID:qEQSIE3AO

〜〜街〜〜


メロンパンナ「バイキンマン大丈夫?」


バイキンマン「ああ……俺様なんで街にいるのだ」


メロンパンナ「わたしとクリームパンダちゃんで、バイキンマンとおむすびまんを運んだの。治療が必要かなって」


おむすびまん「そういうことでござんす」


クリームパンダ「アンパンマンは僕が運んだよ!」


バイキンマン「アンパンマン」


メロンパンナ「アンパンマン本当に死んじゃったのかな」


バイキンマン「俺様が憎いのか」


メロンパンナ「……それは」


おむすびまん「あっしは死んでないと思うでござんす」


メロンパンナ「でも、何の反応もないよ」


バイキンマン「ふん。俺様腹減ったのだ。なんか食べてくる」


スタスタスタ ガチャ バタン


おむすびまん「不器用なやつでござんすね」


メロンパンナ「……」





45: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/05(金) 19:08:30.88 ID:qEQSIE3AO

〜〜街中〜〜


バイキンマン「……ふん」


バイキンマン「はーひふへほー! 俺様ついにアンパンマンを倒した! お邪魔虫を倒したのだ!」


バイキンマン「……」


バイキンマン「……やっぱり虚しいのだ」


バイキンマン「えーい! ドキンちゃんの仇もバイキン仙人の仇も取った!!」


バイキンマン「それだけなのだ。むしゃくしゃする! くだもの屋発見! りんごもバナナも食べちゃうのだ!」


バイキンマン「ほらほら、ぶどうもイチゴもバクバクなのだ」


――――


バイキンマン「……おかしい。店主はどうしたのだ?」


バイキンマン「そもそも街中に皆が居ない?」


ドゴゥァァァァン!!


バイキンマン「な、なんの音なのだ!? この先か?」





46: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/05(金) 19:10:18.73 ID:qEQSIE3AO

――――


長ネギマン「グホッ! アンパンマン……なんで私を攻撃する!」


メタルアクパンマン「……排除。小麦成分配合無し。排除排除排除」


シュッ ザバババババババ!


長ネギマン「ぐっ、が、ごぶふ、げは!!」


メタルアクパンマン「耐久性高し。強者。NEOイーストヒート」


ジュゥゥゥゥ


メタルアクパンマン「メタルーーアーークパーンチ!!」


長ネギマン「ら゛べは」


――――


メタルアクパンマン「排除完了」


メタルアクパンマン「背後に異物感知」


バイキンマン「……アンパンマンだと?」


メタルアクパンマン「最終標的バイキンマン発見。ジャムおじさんの指示を待つ」


〜〜どこかの洞穴〜〜


ジャム「おやおや、雑菌が自分から殺菌されに現れるとはねぇ」


ジャム「決めた。雑菌は消毒だぁ」


メタルアクパンマン「イースト!」


ジュバッ


バイキンマン「なに! はやっ!!」





47: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/05(金) 19:12:00.41 ID:qEQSIE3AO

メタルアクパンマン「消毒消毒消毒消毒消毒消毒消毒」


ドバババババババッ


バイキンマン「ア゛ブ! 攻撃が重い……一発一発がアンパンチクラスだと……」


ドバババババババッ


バイキンマン「ぎゃやぎゃ……腕が持たな」


キィーーーン


メタルアクパンマン「外部干渉……白米反応」


おむすびまん「本物とは似ても似つかないパンでござんすね」


メタルアクパンマン「……」


バイキンマン「おむすびまん……何しに来た。俺様助けてほしいなんて言ってないのだ」


おむすびまん「やれやれ、傷口に塩振って来てみれば」


メロンパンナ「バイキンマン大丈夫!? えっ……アンパンマン?」


おむすびまん「まがい物でござんすよ」


メタルアクパンマン「異物増殖。小麦成分感知。ジャムおじさんの指示を仰ぐ」





48: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/05(金) 19:14:35.35 ID:qEQSIE3AO

ジャム「メロンパンナちゃんとおむすびまんもいるのか。ふふふ」


ジャム「オーブントースター発動。モードヒャッハーっと」


メタルアクパンマン「イースト! オーブントースター発動。180℃でこんがり焼きまーす」


ゴウ゛ァァァァボウボッ!


おむすびまん「炎を吐いたでござんす!」


バイキンマン「火炎放射だと! アンパンマン号だけじゃないのか!」


メロンパンナ「ひっ!!」


メタルアクパンマン「こんがり焼き目は君ーさー」


ボボボボボボボゥ!


バイキンマン「この温度はまずい! 俺様の存在が滅菌されてしまうのだ」


おむすびまん「焼きおにぎりになってしまうでござんす」


メロンパンナ「こんがり焼けちゃう」


バイおむメロ「退くしかない!」


シュッ



メタルアクパンマン「逃亡を確認。追尾開始」


シュッ





55: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/08(月) 13:55:00.64 ID:Q1CXrE8AO

――――


メタルアクパンマン「……」


キュゥィィィィィィン


メロンパンナ「速い! アンパンマンより飛ぶのだけは速かったはずなのに……」


おむすびまん「あっしを捨てるんでござんす! それすれば、メロンパンナちゃんだけでも逃げられるでござんすよ」


メロンパンナ「そんなことできない!」


バイキンマン(くそっ! 逃げ切れないのだ……結局、戦うしかないのか)


メタルアクパンマン「最後尾はメロンパンナ、抱えられたおむすびまん。ジャムおじさんの指示を仰ぐ」


ジャム「別のメタルアクパンマンが、クリームパンダを見つけたからね。合流次第まとめて処分でかまわないよ」


メタルアクパンマン「イースト!」





56: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/08(月) 13:56:48.62 ID:Q1CXrE8AO

〜〜山頂〜〜


スタッ


バイキンマン「……ふぅ。逃げるのはおしまいなのだ」


メロンパンナ「バイキンマンなんで止まるの!?」


おむすびまん「……やぁ!」


シュッ スタッ


メロンパンナ「おむすびまんまで降りて何する気!」


バイキンマン「死ぬ気か」


おむすびまん「バイキンマンこそ」


バイキンマン「はひふへほー俺様はそう簡単には死なないのだ」


おむすびまん「そうでござんすね。あっしも簡単に死ぬ気はないでござんす」


メタルアクパンマン「……」


――――


おむすびまん「浮いたまま仕掛けてこないでござんすね……」


バイキンマン(余裕か? いや、何かを待ってる?)


シュッ


メタルアクパンマン2「……」


クリームパンダ「くそっ! 放してよ!」


メロンパンナ「クリームパンダちゃん!」


バイキンマン「複数だと……ジャムおじさんは何を考えてるのだ」


「あー、あーマイクテス」


おむすびまん「この声はジャムおじさん?」





57: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/08(月) 13:58:49.08 ID:Q1CXrE8AO

ジャム「そうだ、私さ。メタルアクパンマンの首輪に付けたマイクから失礼するよ」


おむすびまん「ジャムおじさん! 誰より優しかったはずのあなたが、なぜこんなことをさせるんでござんすか!」


ジャム「おむすびまん。二面性のない人物なんかいないよ。私は一介のパン職人で終わりたくなかっただけさ」


おむすびまん「そんな……ジャムおじさんは皆から慕われ認められていたじゃないでござんすか!」


ジャム「美味しいパンを焼けることなど自己満足さ。上には上がいる。だが、アンパンマンを生み出せるのは私しかいなかった」


ジャム「強大な兵器をこの手で生み出せるんだよ? それを使わずに我慢することが出来ようか」


バイキンマン「理由はそうだとしても本当に自分の意思なのか!? 俺様が、お前を捕らえた時ですら、かびるんるんやドキンちゃんの為に、パンを作ってくれるようなジャムおじさんが!」


ジャム「……」


ジャム「……話はおしまいだ。やれ」


メタルアクパンマン「イースト!」





58: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/08(月) 14:00:28.44 ID:Q1CXrE8AO

メタルアクパンマン「アーークキィーク!」


キュゥゥイゴン!


バイキンマン「グぼっ!痛いのレベルじゃな……」


ガシッ


メタルアクパンマン「……?」


バイキンマン「けど、俺様を倒せるのはアンパンマンだけなのだ……おむすびまん!!」


おむすびまん「わかってるでござんすよ! やァァァァァァ!!」

ザッシュ! ジャッジャッジャッ!


メタルアクパンマン「」


バイキンマン「……まずは一体なのだ。ブホッ」


おむすびまん「大丈夫でござんすかバイキンマン!」


バイキンマン「さっさともう一体を片付けてジャムおじさんに会いに行くのだ。あの会話の間は、きっと黒幕がいるのだ」


おむすびまん「黒幕、そいつにジャムおじさんは操られて……それならば変貌ぶりにも合点がいくでござんす」


バイキンマン「俺様ただの悪党だけは許せないのだ。だからいくぞ!」


おむすびまん「おうでござんす!」





59: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/08(月) 14:02:15.74 ID:Q1CXrE8AO

ジャム「私のメタルアクパンマンがやられた……? ならば」


――――


バイキンマン「メロンパンナちゃん! 俺様達が戦ってる間にクリームパンダちゃんを助けるのだ」


メロンパンナ「うん!」


おむすびまん「三度笠! 起爆梅干し! 斬撃!!」


ガババババババッ!!


メタルアクパンマン「緊急回避」


バイキンマン「させないのだ! くらえ! キーーンパーンチ!!」


ダゴォォォ!!


メタルアクパンマン「異常異常異常異常異常異常」


メロンパンナ「今ね! クリームパンダちゃん!!」


クリームパンダちゃん!!」


クリームパンダ「うん!」


バイキンマン(よし、人質は取り返した。おむすびまんと二人ならいけそうなのだ)


ジャム「安堵の表情を浮かべるのはこしあんより甘すぎるよバイキンマン! いけ、メタルアクパンマン3、4」


シュシュンッ


バイキンマン「なに!」


メタルアクパンマン3「ダブルーー」


メタルアクパンマン4「アーークパーンチ!!」


バゴォォォォォ!!


バイキンマン「じ、ぎゃああああああああ!!」





60: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/08(月) 14:05:24.24 ID:Q1CXrE8AO

おむすびまん「バイキンマン!!」


メタルアクパンマン4「アーークキィーク!!」


おむすびまん「しまっ!」


ドンッ! ゴ、キンッ


おむすびまん(刀が折られたでござんすか……無念」


メタルアクパンマン4「追撃。アーークキィーク」


メリッドンッ!!


――――


メロンパンナ「あ、あ……」


クリームパンダ「バイキンマンとおむすびまんが……」


メタルアクパンマン3「残り小麦成分配合2体」


ジャム「他愛ないねぇ。バイバイ旧作パン達」


メタルアクパンマン3「ダブルー!」


メタルアクパンマン4「アーークキィーク!!」


メロンパンナ「くっ……」


メロンパンナ(せめてクリームパンダちゃんだけはわたしが守る!)


クリームパンダ「メロンパンナちゃん!!」


――――





61: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/08(月) 14:07:40.85 ID:Q1CXrE8AO

ジャム(これでまた一歩)


ジャム「3、4全員の死亡を確認したら2を連れて戻って来なさい」


……


ジャム「? 3、4どうした」


メロンパンナ「お、お姉ちゃん!」


ジャム「なに!?」


ロールパンナ「メロンパンナ無事か?」


メロンパンナ「うん!」


ロールパンナ「良かった」


ロールパンナ(……この状況はなんだ? アンパンマンが三人。その内二人に向けたリボンが何も躊躇わなかった。本物のアンパンマンなら……)


メロンパンナ「お姉ちゃん。そこにいるのはアンパンマンじゃない。アクパンマン、偽者よ」


ロールパンナ「そうか。なら話は早い。私はメロンパンナを傷つけようとした者を許しはしない」


ロールパンナ「いくぞ! ロォォォォォォォォル!!」


パシュン!! メギョォォ!


メタルアクパンマン「異常異常異常異常異常異常……」


ゴドバァァァァドンッ


ロールパンナ「……」


――――


ジャム「おのれ、おのれぇぇぇ!! 私のパン兵器を!! 許さん! ロールパンナ楽には死なさんぞ!!」





70: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:13:17.57 ID:qEQSIE3AO

――――
――


ロールパンナ「木陰に運んだが……虫の息だな」

メロンパンナ「大丈夫かな」

クリームパンダ「大丈夫だよ。きっと……」

ロールパンナ「メロンパンナ、詳しく教えてくれないか?」

メロンパンナ「うん。あのね……」

――――

ロールパンナ「なるほど。ならジャムおじさんの元に行くべきか」

メロンパンナ「けど、パン工場に居るのかな」

ロールパンナ「いないだろう。目立ちすぎる。……いや、探す必要はないようだ」

メロンパンナ「えっ?」





71: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:13:55.35 ID:qEQSIE3AO

ジャムおじさん「そんなところに隠れていたのかい」

ジャムおじさん「だがね……もう逃げ場はないよ」

クリームパンダ「あわわ……アクパンマンが一杯」

ジャムおじさん「ふふふ、残り96パンのメタルアクパンマン全投入さ!!」

ロールパンナ(数が多すぎる。仕方ない……)

ロールパンナ「良いだろう。私が相手になってやる」

メロンパンナ「お姉ちゃん! 私も」

クリームパンダ「ぼくも戦えるよ!」

ロールパンナ「お前達には無理だ。バイキンマンとおむすびまんを頼む」

メロンパンナ「お姉ちゃん……」





72: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:14:35.63 ID:qEQSIE3AO

ジャムおじさん「死に損ないを庇おうとも、ロールパンナが死ねば皆殺しに変わりないんだがねぇ」

ロールパンナ「ジャムおじさん!よほどこれに自信があるんだろ?」

ジャム「もちろんだとも。ただし、念には念をね……やれ」

メタルアクパンマン「イースト!!」シュッ

メロンパンナ「きゃあああ!」

ロールパンナ「させるか!ロォォォォォォルァァァァ!!」

ドシュュュル!

メタルアクパンマン「」

ロールパンナ「……狙ったな。メロンパンナを殺そうとしたこと、後悔させてやる」





73: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:17:08.78 ID:qEQSIE3AO

ロールパンナ「ロォォォォォル!ロォォォォォル!!」

シュルルルルルドドォォン!

ロールパンナ「大したことはないな!数だけか!?」

メタルアクパンマン「包囲オーブントースター」

ゴォォォォォォッ!

ロールパンナ「遅い!そこっ!」

シュルルルルル!

メタルアクパンマン「」

ジャム(くくく……30パン程度は犠牲にしてもいい)

ロールパンナ(おかしい……弱すぎる)

メロンパンナ「お姉ちゃん凄い!がんばってー!」





74: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:17:41.28 ID:qEQSIE3AO

――――

ロールパンナ「最初のと合わせてもまだ大量にいるな……」

メタルアクパンマン「発酵完了」

ロールパンナ「なに?」

ジャムおじさん「くくくっ……完全体メタルアクパンマンを見せてあげよう」

ロールパンナ「残りのアクパンマン達が一つになっていくだと……」

ヘヴィアクパンマン「やぁ!僕ヘヴィアクパンマン!」

ロールパンナ(見た目はアンパンマンと変わらないのに……なんだこの威圧感は)

ヘヴィアクパンマン「ロケットアクパーンチ!!」

ゴリリッドンッ

ロールパンナ「見……っ」

グチャ





75: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:18:12.70 ID:qEQSIE3AO

ジャムおじさん「あっはははは!潰れた!ロールパンナが潰れたぁぁぁ!私に逆らうからだ!見ろ!ちぎれた左腕が転がってるぞ」

メロンパンナ「い、いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

メロンパンナ「お姉ちゃん!今助ける……今助けるから!」

ヘヴィアクパンマン「スクリューアクパーンチ」

ゴシュッ!バチン!

ロールパンナ「メロンパンナには触れさせない……」

ジャムおじさん「チッ、死に損ないが。ボロ雑巾のような身体と片腕でヘヴィアクパンマンに勝てるとでも思っているのか」





76: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:20:30.03 ID:qEQSIE3AO

ロールパンナ(勝てないだろうな。今のままじゃ……あんなに悩んだ力に頼るしかないとは)

ジャムおじさん「目障りだ。さっさと巻き付いたリボンを切って始末してしまえ」

ヘヴィアクパンマン「イースト!」

ロールパンナ「バイキンマン……今だけはこの力、受け入れてやる!」

ロールパンナ「うぉぉぉぉ!ロォォォォォラァァァァァァ!」

メロンパンナ「ダメ!お姉ちゃん悪の心にのみ込まれちゃう!」

ロールパンナ「絶対に!メロンパンナを守ってみせる!!」

ジャムおじさん「これは……ブラックロールパンナか」





77: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:21:16.76 ID:qEQSIE3AO

ロールパンナ「ハァ……ハァ……」

ロールパンナ(くっ……頭が)

ヘヴィアクパンマン「ロケットアクパーンチ!」

ロールパンナ「石になってろ!」

ヘヴィアクパンマン「身体が固まって力が出ない」

ロールパンナ(効いたか)

ジャムおじさん「そうか。ブラックロールパンナだと石化と電撃が使えるんだったね」

ジャムおじさん「だがね、全てに対応出来るから完全なんだよ」

ヘヴィアクパンマン「アークパンマァァァァン」バリィン

ロールパンナ(……気休めにもならなかったか)





78: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:21:47.77 ID:qEQSIE3AO

ヘヴィアクパンマン「リボンが邪魔だよぉちぎるよ」グググッ

ロールパンナ(まだ足りない……もっともっと)

ロールパンナ(片腕に満身創痍。全力の一撃にかけるしかない」

シュルッ

ヘヴィアクパンマン「あれ?ほどけたよ」

ジャムおじさん(諦めたのか)

ロールパンナ「はぁぁぁぁぁ!!」バチバチッ

ジャムおじさん「死ぬ気か。くくく……」

ロールパンナ「ロォォォォォラァァァァァ!!」

バチバチバチバチドォォォン

ヘヴィアクパンマン「カウンターサンシャインアークパーンチ」

ゴドォォォォォォン





79: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:24:50.43 ID:qEQSIE3AO

――――

ロールパンナ「相打ち、か……」

ヘヴィアクパンマン「元気100倍アクパンマン!無駄な足掻きだよ」

ロールパンナ「そんな……もう」ドサッ

メロンパンナ「お姉ちゃん!」

メロンパンナ「メロンジュース飲んで正常に戻って……」ピチュン

ロールパンナ「んっ……メロンパンナ……」

メロンパンナ「戻った、良かった……」

ジャムおじさん「良くないねぇ。まぁ、どうせ死ぬか」

ジャムおじさん「やれ」

ヘヴィアクパンマン「イースト!」





80: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:25:20.76 ID:qEQSIE3AO

ヘヴィアクパンマン「ロケットアクパーンチ!」

メロンパンナ「クリームパンダちゃんだけでも逃げて!」

クリームパンダ「やだよ!ぼくが!」

ドッ!グチャ

クリームパンダ「ぎゃあああ!!」

メロンパンナ「クリームパンダちゃん……まで……!皆が何をしたっていうのよ!!」

ジャムおじさん「弱いくせに私に逆らったこと。極刑だよ」

ジャムおじさん「全て消せ」

ヘヴィアクパンマン「皆殺しイースト!皆殺しイースト!」





81: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:25:46.91 ID:qEQSIE3AO

メロンパンナ「助けて……」

メロンパンナ「助けてよ!アンパンマン!!」

ジャムおじさん「死んだ者は助けてくれないよ」

ヘヴィアクパンマン「処分開始!アークパーンチ」

メロンパンナ「……っ」

――――

メロンパンナ「……」

メロンパンナ「あれ……」

ジャムおじさん「なんだと……そんな馬鹿な」

メロンパンナ「あっ……ああ」

「ごめんね」

メロンパンナ「あ、アンパンマン」

アンパンマン「やっと、意識が戻ったんだ。遅すぎたけど……」

メロンパンナ「アンパンマン……アンパンマン!」





82: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:28:30.03 ID:qEQSIE3AO

ジャムおじさん「お前は死んだはず……確かに頭が無くても動けたことはあった……」

ジャムおじさん「だが、その状態でヘヴィアクパンマンの攻撃を受け止められるはずが」

アンパンマン「僕は……とんでもない過ちを犯した。意識だけが閉じ込められたような中で、カレーパンマンとしょくぱんまんが呼んでくれていた。許せないはずなのに……」

アンパンマン「このままでいいのか!あなたにはやらなくてはいけないことがあると!」

アンパンマン「だから……僕はジャムおじさんを止める!!」





83: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:29:00.87 ID:qEQSIE3AO

ジャムおじさん「アンパンマン……それが親への言葉か!!」

アンパンマン「……ジャムおじさん」

ジャムおじさん「ええーい!殺せぇ!!」

ヘヴィアクパンマン「イースト!」

ヘヴィアクパンマン「ロケットアクパーンチ!」

アンパンマン「アーンパーンチ!」

ガギッドォォォォォン

アンパンマン「アーンキーック」

ヘヴィアクパンマン「アークキーック」

ドォォォォォン

アンパンマン(やっぱり顔がないと元気100倍になれないのか!)





84: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:29:32.87 ID:qEQSIE3AO

ジャムおじさん「やっぱり私のアクパンマンは完璧だ!負けるわけがない!」

アンパンマン「ジャムおじさん!正気に戻って……」

ジャムおじさん「うるさい!うるさいうるさいうるさい!皆して私に逆らいおって!」

アンパンマン「……ジャムおじさん」

アンパンマン(どうして……なにがジャムおじさんを変えてしまったんだ)

ジャムおじさん「しねぇぇぇ!!」

アンパンマン「くっ!」

バタコ「アンパンマン!新しい顔よ!!」





85: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:31:28.28 ID:qEQSIE3AO

ジャムおじさん「バタコだと!?」

アンパンマン「バタコさん!」

バタコ「いけぇぇぇぇぇ!」ブンッ

チーズ「アンアーン!(アンパンマンいけぇぇぇぇ!)」

アンパンマン「こっこれは!」ピカーン

アンパンマン「勇気200倍アンパンマン!!」

ジャムおじさん「まさか……黄金の小麦を使っただと」

バタコ「そう、だからジャムおじさんに隠れて行動していたのよ」

アンパンマン「いくぞ!アーーンパーンチ!!」

バタコ「それいけ!アンパンマン!!」

ヘヴィアクパンマン「ぎっいいいいいいすとぉぉぉぉぉぉぉ」





86: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:31:56.78 ID:qEQSIE3AO

ジャムおじさん「私のヘヴィアクパンマンが……」

ヘヴィアクパンマン「」

アンパンマン「ジャムおじさんは、今どこにいるんですか」

バタコ「アンパンマン号に乗ってどこかに隠れているはずだけど」

チーズ「アーン……(わからないね)」

――どこかの洞窟――

ジャムおじさん「もう終わりなのか……」

「やれやれ、役に立たない駒だなぁ」

ジャムおじさん「君は……」

「せっかくバイキンエキス入りのジュースを渡しておかしくしてやったのに」

「もう用済みだよ」

ドスッ

ジャムおじさん「うぐっ!」バタッ





87: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:32:58.32 ID:qEQSIE3AO

――――
――


メロンパンナ「アンパンマン、バタコさん、チーズ……良かった。無事で」

バタコ「ごめんなさい……ジャムおじさんに気付かれないように、新しい顔を焼かないといけなかったから」

メロンパンナ「無事ならいいの……皆……」

――――

アンパンマン「おむすびまん」

アンパンマン「バイキンマン」

アンパンマン「ロールパンナちゃん」

アンパンマン「クリームパンダちゃん」

アンパンマン「皆、僕のせいで……僕の……」

アンパンマン「うあああぁぁぁぁぁぁあああああああ!!」





88: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:35:04.32 ID:qEQSIE3AO

バタコ「アンパンマン……自分だけを責めないで」

メロンパンナ「そうだよ」

チーズ「アンッ(アンパンマン)」

アンパンマン「僕はどうやって償えば良いんでしょうか……僕は……」

「死ねばいいと思うよ?」

アンパンマン「!?」

バタコ「あなた……カバオ君?」

カバオ「そうだよ。はいお土産」

ポイッ ドサッ

ジャムおじさん「」

バタコ「ジャムおじさん!なんでカバオ君が!?」

アンパンマン「カバオ君……君は一体」

カバオ「ぼくがジャムおじさんを操っていたんだよ。役立たずだったけどさ」

メロンパンナ「そんな……嘘よ」





89: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:35:30.72 ID:qEQSIE3AO

カバオ「いやーまさかバイキンエキスでこんな簡単にことが運ぶとはね」

アンパンマン「バイキンエキス……そんなものを君がどうして」

チーズ「……」クンクン

チーズ「アンッ!アンアン!(違う!カバオ君の匂いじゃない!)」

アンパンマン「チーズ本当かい!?」

チーズ「アンッ!(うん!)」

カバオ「……やっぱりその犬は目障りだな」

ゴキッゴキゴキバイキンキング

アンパンマン「お、お前は……」

バイキン大魔王「久しぶりだなアンパンマン!俺様は舞い戻ったぞ!!」





90: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:37:25.29 ID:qEQSIE3AO

アンパンマン「そんな……確かに倒してバイキン星へ」

バイキン大魔王「そうだ!そこのメロンパンナに隙を突かれ、鎖に縛られた俺様は敗北した」

バイキン大魔王「だが死んだわけじゃない。“力を溜めていた”のさ」

バイキン大魔王「そしてアンパンマン号を造ったジャムおじさん含み全員に復讐することだけを考え、実行に及んだ」

バイキン大魔王「一番警戒されないバカ面に変身してジャムおじさんにバイキンエキスを飲ませ、傍で監視していたのさ」

アンパンマン「……許さない。許さないぞバイキン大魔王!!」

アンパンマン「アーンパーンチ」

ドォォォォォン





91: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:37:54.44 ID:qEQSIE3AO

バイキン大魔王「効かん!黄金のアンパンマンだろうが俺様が最強だ!」

バチィィィィィン

アンパンマン「ぐはっ!渾身のアンパンマンが跳ね返され」


バイキン大魔王「潰れろ!アンパンマン!!」

ブンッ ドゴォォォォ

アンパンマン「地面が爆発した!?ここで戦ったらバタコさん達が危ない……どうする!どうする!!」

バイキン大魔王「もう一発喰らえ!!」

ブンッ ゴォォォォン

アンパンマン「ぐっ、ぬぐぅぅぅぅ!」

メロンパンナ「受け止めたアンパンマンが潰されちゃう!」





92: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:40:13.29 ID:qEQSIE3AO

バイキン大魔王「押し潰されろ!!」グググッ

アンパンマン「ち、力が強すぎる」

メロンパンナ「アンパンマン今行くわ!」

バイキン大魔王「させんわ!燃えてしまえ!」

ゴォォォォォォ

メロンパンナ「きゃっ!」

アンパンマン「メロンパンナちゃん!ぐうっ!」

バイキン大魔王「力を緩めたらぺしゃんこだぞ!ガハハハ!」

アンパンマン(カレーパンマンやしょくぱんまんがいたら……」

アンパンマン「ぐぁぁぁ!」

バイキン大魔王「ガハハハハ!弱すぎるぞアンパンマン!」

「そこまでなのだ!」

バイキン大魔王「なにっ!ぐはっ!!」

ドゴォッ!

アンパンマン「……バ、バイキンマン!?」

バイキンマン「……」





93: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:41:29.92 ID:qEQSIE3AO

アンパンマン「無事だったんだね……」

バイキンマン「ふんっ、俺様が簡単にくたばるわけないのだ」

アンパンマン「良かった……ドキンちゃんのことは」

バイキンマン「今はアイツを倒すことだけ考えろ!」

アンパンマン「……うん!」

バイキン大魔王「バイキンマン!俺様の顔を蹴るとは、何様のつもりだ!」

バイキンマン「バイキン大魔王お前が、お前がジャムおじさんを操っていた黒幕なのだな」

バイキン大魔王「そうだが、それがどうした」

バイキンマン「前から嫌いな奴だったが……今度ばかりは絶対に許さないのだ!」ブンッ

バイキン大魔王「バイキン星もこの星も最強の王様のものなんだよ!俺様のものなんだよぉぉ!」ブンッ

バゴォォォォォン!!





94: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:43:17.23 ID:qEQSIE3AO

バイキンマン「がっ!はっ!」

バイキン大魔王「死に損ないの拳なんぞ効かん!」

アンパンマン「僕だって戦える!!」

バイキン大魔王「二対一だろうが、力の差がありすぎるんだよ!!」

ガッゴォォォドゴォン

バイキンマン「がはっ!」

アンパンマン「ぐっ……」

――――

バタコ「アンパンマン達が負けちゃう……」

チーズ「アンッ……(二人を信じるしかない……)」

――――

バイキンマン(くそっ!俺様はなんの為に立ち上がったのだ。あんな言葉無視して死を待ってれば)





95: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:44:11.23 ID:qEQSIE3AO

――――

「うるさい。俺様寝てるのだ。もう身体がボロボロ……痛いのだ」

「ちょっと!もう諦めるの!?あんなに馬鹿みたいにアンパンマンを倒すって努力してたくせに」

「ドキンちゃん?俺様は死んだのか」

「バカ者、まだお前は生きておる。そして、やらねばならん」

「俺様、十分頑張ったのだ」

「バイキン星の者の不始末は、バイキン星の者がつける。バイキンマンお前はやらねばならんのじゃ」

「……」

「あーもう!アンパンマンがピンチなの!アンタ、今助けなきゃ絶対に後悔するわよ!」

――――

バイキンマン「アンパンマン!!」

バイキンマン(気づけばバイキン大魔王を殴ってた……だがもう」





96: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:45:59.54 ID:qEQSIE3AO

アンパンマン「バイキンマン!」

バイキンマン「……俺様なぜアンパンマンに抱えられて」

バイキン大魔王「情けない奴だなバイキンマン!あれだけ倒したがっていた相手に抱えられながらでしか回避できないとは」

アンパンマン「大丈夫かい」

バイキンマン(また助けられたのか。逆さマンの時もドキンちゃんがピンチだった時も……)

バイキンマン(体が入れ替わった時も……結局)

バイキンマン「離せ!」バシッ

アンパンマン「バイキンマン!?」

バイキンマン「俺様は弱くない!俺様は!うぉぉぉぉぉぉ!!」ガシッ

バイキン大魔王「なんだバイキンマン?俺様を投げでもするつもりか?」





97: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:48:32.70 ID:qEQSIE3AO

バイキンマン「うぉぉぉぉぉぉ!!」グググッ

バイキン大魔王「ガハハハハ!万策尽きて奇行に走るとはな」

バイキンマン「うぉぉぉぉぉぉ!!」ググッ フワッ

バイキン大魔王「ほら投げてみろ!ガハハハハ!」

バイキンマン「ああ……投げてやるのだ……とびっきりの場所にな」

ブワッ シュンッ

バイキン大魔王「なぜ俺様は宇宙にいる!?」

バイキンマン「このまま二人で太陽にダイブと行くのだ」

バイキン大魔王「なんだと!ふざけるな!させるか!」

ゴンッ ゴン ドゴォン

バイキンマン「がっ……絶対に離さない……絶対に!!」





98: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:49:47.83 ID:qEQSIE3AO

バイキン大魔王「ええいっ!離せ!死に損ないが!!」

ゴドン ゴン! バキッボキッ

バイキンマン(意識が……飛びそうなのだ……)

バイキンマン大魔王「離せ!離せぇぇぇぇぇ!」

グチャ

バイキンマン「……あっ」

バイキン大魔王「しめた!」

バイキンマン(くそっ!くそっ!!)

「バイキンマンの意志は無駄にしない!」ガシィッ

バイキン大魔王「なんだと!?」





99: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:50:30.09 ID:qEQSIE3AO

バイキンマン「お、邪魔虫……」

アンパンマン「ふふっ、バイキンマン。君だけに任せられないよ」

アンパンマン「僕の罪の償い方はこれしかないんだ」

バイキンマン「けっ……正義バカが」

アンパンマン「もし、生まれ変われたら今度はトモダチに……」

バイキンマン「ふんっ、行くぞ!!」

アンパンマン「うん!!」

バイキン大魔王「やめ、お前達まで燃えてしま」

バイキンマン「バイバイキーン!!」

アンパンマン「アーンパーンチ!」

バイキン大魔王「ぎゃあああああああああああああ!!」

――――
――






100: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:53:09.27 ID:qEQSIE3AO

――――
――


ホラーマン「バイキンマンさんもドキンちゃんもどこへ行ってしまったんですかね」

かびるんるん「カビー(親分……)」

ホラーマン「寂しいですねー」

――――

バタコ「あの日から数日過ぎたけど、アンパンマンもバイキンマンもどこにもいない」

おむすびまん「大丈夫でござんすよ。きっといつか帰ってくるでござんす」

バタコ「おむすびまん……」

おむすびまん「幸いジャムおじさんもロールパンナちゃんも助かった。……犠牲は大きすぎたでござんすが」

バタコ「……うん。あれ?流れ星?」





101: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:54:28.82 ID:qEQSIE3AO

バタコ「わぁ!流れ星が一杯降って!まさか!!」

おむすびまん「どうしたんでござんす!?」

バタコ「もしかしたら、これは皆命の星かもしれないわ!皆が生き返るかも!」

おむすびまん「なんでござんすと!?」

バタコ「きっとそうよ!けど、それだとアンパンマンは……」

――――
――


――数ヶ月後のどこか――

「それは俺様のー」

「けちけちしないでよ」

「あー!また勝手に俺様の食べたー」

スタッ

「ん?なんだお前?見たことないやつだな」

「やぁ!僕……」

おわり





102: ◆F6lbtBSr3A:2013/04/30(火) 18:55:28.94 ID:qEQSIE3AO

これでおしまいです。

読んで頂けた方々ありがとうございます。





103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 19:07:11.49 ID:/D7x8xNAO

乙…!





104:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/30(火) 19:19:38.71 ID:PEBFP3IAO

乙です。
良かった、こんなのもいいね、カレーが出番少なかったけど。

カテゴリー「アンパンマン」のSS一覧
管理人のオススメSS
 
The Last of Us (ラスト・オブ・アス) (初回同梱特典 豪華3大コンテンツのDLプロダクトコード(サウンドトラック、カスタムテーマ、アバターセット) 同梱)
トモダチコレクション 新生活
ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル (通常版) (初回封入特典 プレイアブルキャラとして「吉良吉影」が使用可能になるDLコードがついた「川尻早人メモ」! 同梱)
ガンダムブレイカー (初回W特典「フリーダムガンダム」のパーツデータ一式+「ガンダム バトルオペレーション」出撃エネルギー(備蓄用)3個セット 同梱)
ドラゴンズクラウン
真・女神転生IV “豪華ブックレット仕様"サウンド&アートコレクション 付
NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3 ( 初回封入特典:うずまきナルト「孫悟空コスチューム」がダウンロードできる"プロダクトコード同梱) 予約特典5体のコスチュームがダウンロードできるプロダクトコード入りカード付
サモンナイト5 (初回封入特典ソーシャルゲーム「サモンナイト コレクション」の特設ページで入力すると「5」の主人公カードが入手できるシリアルコード 同梱) 予約特典『サモンナイト5』特別設定集 付
ドラゴンズドグマ:ダークアリズン 数量限定特典“「メイジ」のための「指輪セット」付き

 

最新記事50件