1:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:13:06 ID:HTp4jF1c

幼「私のパンツ盗んだ犯人は男だよね!? 早く出せ!」

男「お、お、お、俺じゃねえし! いきなりベランダから部屋突ってきて、何言ってんだよ!」

幼「へー、しらばっくれるんだぁー」

男「しらばっくれるって言われてもな……証拠は?」

幼「こんなことするのは男しかいない!」

男「ただの言いがかりじゃねえか!」


 
 
2:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:13:52 ID:HTp4jF1c

幼「ていうか前にも何回か盗んでるでしょ!? 返せ!」

男「はぁ!? んなことしたことねえし!」

幼「男のことならなんでも分かるの! どうせ性欲持て余してオナニーにでも使ったんでしょ! 変態! 死ね!」

男「ちょ蹴るなバカ! 俺はやってねえって!」

幼「絶対嘘!」

男「嘘じゃねえよ! 殴るな! あれだ、もし俺がパンツ盗んでたなら、一日なんでも言うこと聞いてやってもいい!」

幼「ふーん、そんなこと言っちゃっていいんだー」

男「あ、あぁ。やってねえからな」

幼「ふーん。じゃあもし反対に男じゃなかったら、私も一日なんでも言うこと聞いてあげるわ!」





3:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:14:34 ID:HTp4jF1c

男「幼こそ確証もないのにそんなこと言っていいのかよ」

幼「だって絶対男だし」

男「だから俺じゃねえ――」

コンコン

妹「兄貴ー、入っていいかー?」

男「妹か? 大丈夫だぞ」

妹「んじゃあ入るぞー」
ガチャ

妹「……あ、幼姉だ」」

幼「妹ちゃんやっほー。ちょっと聞いてよ妹ちゃん! 実はね――」

妹「あ、そういえば幼姉、ちょっと下着借りてるよー」

幼「……え?」





4:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:15:18 ID:HTp4jF1c

妹「大人っぽい下着の参考にちょっと幼姉の部屋から勝手に借りたんだー」

幼「……は?」

妹「なんとなく雰囲気分かったからまた勝手に返しとくねー」

幼「あ、うん」

妹「でさ、兄貴。電子辞書貸してー」

男「おう、持ってけ持ってけ」

妹「ありがとー、んじゃー借りてくねー」

男「早めに返せよ?」

妹「はーい」

ガチャ、バタン

幼「…………んじゃ私も帰るかー」

男「待てこら」





5:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:16:00 ID:HTp4jF1c

男「ごめんなさいは?」

幼「ごめんなさい。海より深く反省しています。はい、これでいいわよね、じゃあまた明日!」

男「だからちょい待てや」ガシッ

幼「な、なによ」

男「何度も蹴って殴って罵って、覚悟はできてるんだろうな?」

幼「ソンナコトシテナイデスヨ?」

男「一日なんでも言うこと聞いてあげるわ、だっけ?」

幼「……ナンノコトカナ?」

男「おい」

幼「くっ。言ったわよ! くっそ、絶対男だと思ったのに!」

男「まだ言ってんのかよ……」





6:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:16:46 ID:HTp4jF1c

幼「だって男のイメージ的に仕方ないじゃん。マジないわー」

男「はぁ……。とりあえず幼への命令決まったわ」

幼「え……変態的なことはなしだから!」

男「真っ先にそれってホント幼の中の俺のイメージって……」

幼「変態? バカ? エロガッパ?」

男「もういいや。まぁそういうことは言わねーから安心しれ」

幼「それならいーけど。んで、何なん?」

男「今日一日その態度と言葉遣いを女性らしくするってことで」

幼「はぁ?」

男「いや、だからその『はぁ?』とかをやめろってことだよ」

幼「具体的には?」

男「もっと女らしくいてくれってこと。手を出すのも禁止だからな」





7:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:18:30 ID:HTp4jF1c

幼「それでいいの?」

男「あ、あと俺のことご主人様って呼ぶこと」

幼「はぁ!?」

男「今日は俺の言うこと聞くんだからそういう呼称の方が分かりやすいだろ?」

幼「……やだ」

男「なんでも言うこと聞くんだろ? なんなら今日一日俺の前で全裸で過ごすとかにしようか?」

幼「なっ! ふざけんな変態!」

男「どっちがいい?」

幼「くっ……分かったよ!」





8:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:19:19 ID:HTp4jF1c

男「よし。あとさ、がさつな態度とか言葉遣いとか手を出したりとか、命令違反する毎に、幼が毎日楽しみにしてる『風呂上がりアイス』を俺に献上するってことでいいか?」

幼「なんでそうなんの! 私の生きる希望取り上げて何が楽しいの!?」

男「いや、罰が無いと幼、普通に違反しまくるだろ?」

幼「そんなことないし!」

男「ならいいじゃねえか。違反しないって言うならこのルールで」

幼「……くっ」

男「決まりだな。というわけで今からスタートってことで」

幼「わかったわ」





9:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:19:51 ID:HTp4jF1c

男「とりあえず出かけるかー」

幼「家の中で良いと思うわよ?」

男「それじゃあ面白くないし」

幼「私は家でまったりしたいわ」

男「動きませんって意思表示でベッドに腰掛けたかもしれないけど、足おもっきり広げて、女らしくないぞ? 違反一回目だな」

幼「そ、そうかもしれないけど、女らしさって男の価値観で決まるから、難しいのよね」

男「今男って言った。早速アイス二日分かー」

幼「まだ慣れてないからっていうことで許して? ご、ご主人様?」

男「――照れながら言ってる幼が可愛いから今のは許すとするか」





10:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:21:05 ID:HTp4jF1c

幼「か、可愛いって何言って……」

男「ああ、俺もいつもの男友達みたいな感じじゃなくて女として扱うから、そのつもりで」

幼「……お世辞って可愛いって言ってくれたってことね」

男「いや、実際幼って可愛いと思うぞ? ただがさつな態度で損してるだけでさ」

幼「そ、そうなんだ。……ありがと」

男「ん。そんじゃ出かけるかー」

幼「う、うん」

男「急にしおらしくなったな」

幼「その、たまにはご、ご主人様に女扱いされるのも悪くないかなって思って……」

男「……うん、なんかこの命令して正解な気がした」





11:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:21:42 ID:HTp4jF1c

大型デパート


男「とりあえず昼飯でも食うか」

幼「そうしましょ」

男「なるべく値段の高いところっと……」

幼「――奢らせる気じゃないでしょうね?」

男「今日一日なんでも言うこと聞くんだろ?」

幼「く……」

男「もっと女の子らしくしないと違反にすんぞ?」

幼「ナンデモ私ニオ申シ付ケクダサイ主人様」

男「メイド口調なのになんでそんなに睨んでんだよ。ってか確かにメイドらしくってのもいいかもな、もしくは奴隷とかにするか?」

幼「普通にするから女らしくにさせてください!」

男「まぁ頑張れ。あの店にすっかー」

幼「まぁまぁお手頃な値段。手加減してくれるんだ」

男「ただ食べたいもの食べるだけだって」





12:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:22:30 ID:HTp4jF1c

男「さて、料理も揃ったことだし」

幼「いただきまーす」

男「ちょっとストップ」

幼「ん?」

男「食べさせてくれ」

幼「はぁ?」

男「今日なんでも言うこと聞くんだろ? それと今の違反だからな」

幼「う……」

男「はい、あーん」

幼「えっと……」

男「ほら、早く食わせてくれ。そうじゃないと違反一ヶ月分だから」





13:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:23:50 ID:HTp4jF1c

幼「それは酷くない!?」

男「だったらほら」

幼「……アホみたいに口開けて――」

男「違反だからな、あと早く食わせてくれないとペナルティ課すから」

幼「く……あ、あーん」

男「んぐんぐ……美味い。ほれ幼も口開けてみ」

幼「う……」

男「ほれ、あーん」

幼「ん……もぐもぐ。美味しいけど……恥ずかしい……」

男「――照れてる幼って可愛いよな」

幼「か、かわっ! うっさいバカ!」

男「はい違反っと」





14:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:24:35 ID:HTp4jF1c

幼「結局全部食べさせ合っちゃった……」

男「途中からのりのりだったくせに」

幼「なっ! ちがっ! 死ね!」

男「ホント単純な。今ので合計9違反だから」

幼「う……」

男「最初の余裕はどこいったんだろうな」

幼「うぅ……」

男「んじゃま、行くか」

幼「ごめん、ちょっとおしっこいってくる」

男「その単語も女らしくない気がしないでもないけど……」

幼「お花摘みにいってきますわ」

男「なんでもいいけど、行ってら」

幼「うん」





15:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:26:13 ID:HTp4jF1c

幼「お待たせ」

男「おう、じゃあ行くぞ」

幼「ってあれ? レジは?」

男「済ませたぞ?」

幼「へ?」

男「ん?」

幼「私に奢らせるんじゃ?」

男「そんなこと言ったか?」

幼「口にはしてなかったけど……。なんでも命令できるんだよ?」

男「でももうお会計済ませちゃったからな」

幼「いや、せめて自分の分だけでも払うから!」

男「いやいや、なんでも言うこと聞くんだろ? 奢らせとけ」

幼「で、でも……」

男「今日は女性扱いするって言っただろ? 女なんてのは男に奢られて素直にお礼言っときゃいいんだよ」

幼「え、あ、うん。ありがと……」





16:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:27:07 ID:6uDndVck

素直になれない幼馴染が可愛杉 






17:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:27:22 ID:HTp4jF1c

男「次はどこ行く?」

幼「適当にウィンドウショッピング?」

男「そうすっかー」

幼友「あ、幼と男くんだ」

幼「うげっ」

男「今のはアウトかな」

幼「あ、待ってご主人様。今のは――」

幼友「ごしゅじん……さま?」

幼「へ、あ! ち、違うわよ! なんでこんなやつのこと!」

幼友「へー、普段男くんと一緒にいるときの幼ってそんな感じなんだー」

幼「だから違うんだってば!」

幼友「隠さなくてもいいのに。……イメージはちょっと変わったかもだけど」





18:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:29:14 ID:HTp4jF1c

幼「ほんとに違うから! こんなやつとそんな関係な訳ないし!」

幼友「デートの邪魔しちゃ悪いから行くね」

幼「誤解してるって! あんたホントに耳ついてる!?」

幼友「じゃあまた学校で!」ダッ

幼「だから話を聞け幼友! って行っちゃった……」

男「――今の会話中に違反五回っと。五日分のアイスありがとう」

幼「今のは緊急事態だから仕方ないでしょうが!」

男「六回っと」

幼「くっ! この鬼! 悪魔!」

男「プラス二回かな?」

幼「うがあああああ!」

男「さらにプラス1か」

幼「ご主人様、お願いします。許してください」

男「んー……今から10分間、語尾に『にゃん』をつけるっていうならいいぞ?」





19:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:30:19 ID:HTp4jF1c

幼「う……」

男「9日分のアイスかー楽しみだなー」

幼「……分かったにゃん。許してくださいにゃん? ってニヤニヤするな! ――にゃん」

男「くっ」

幼「もう早く次行くにゃんご主人様」

幼友「――――」

幼「……え?」

幼友「みんなには内緒にしとくねって言いに戻ってきたんだけど……なんていうか、ごめんね幼」ダッ

幼「待って幼友!」

男「まぁそのなんだ……。どんまい」

幼「終わった、私の学園生活――」





20:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:31:15 ID:HTp4jF1c

なんだかんだで帰り道


男「久しぶりに幼と二人きりで出かけたよな」

幼「確かにそうかも」

男「飯食って適当に服とか見て回っただけだけどさ、なんていうか楽しかった。幼はどうだった?」

幼「まぁ、楽しかった。かな」

男「そっか……」

幼「うん……」

男「……」

幼「……」





21:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:31:52 ID:HTp4jF1c

男「やっぱり俺さ……」

幼「ん? 真面目な顔してどうしたの?」

男「幼のこと、好きだ」

幼「へ!? な、な、何言って……」

男「聞こえなかったならもう一度言う」

幼「ひゃい」

男「幼。好きだ」

幼「え、やっ、でも私、がさつだし、口悪いし、すぐ手出すし……」

男「それでも俺は幼が好きだ。そういうところも含めて、ずっと昔から幼が好きなんだ」

幼「っ! ありがと……私も好き……だよ?」





22:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:32:38 ID:HTp4jF1c

そして男の部屋へ

男「幼、ホントにいいのか?」

幼「う、うん」

男「じゃあその、失礼して……って殴るな!」

幼「男に触られそうになったらつい条件反射で手が……」

男「……」

幼「いや、その、嫌ってわけじゃないの。だからその……」

男「ちょうどここにタオルがあります」

幼「へ? ――嫌な予感しかしないんだけど」

男「手を縛ろうか」

幼「やっぱり……」





23:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:34:21 ID:HTp4jF1c

男「ついでに縄で色々身体を縛ってみました」

幼「されるがままの私って一体……。それに初めてが緊縛プレイって何なの……」

男「ま、俺ららしいんじゃね。ってことで早速――」

コンコン
妹「兄貴ー、いるかー?」

幼「妹ちゃん!? こんな姿見せられないわよ!?」

男「小声で怒鳴るな顔が近い。……妹! ちょっとだけ待ってくれ!」

妹「んー」

男「幼、とりあえずタオルだけ解くからすぐ隠れろ」

幼「う、うん」

男「……妹ー、いいぞー」





24:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:35:22 ID:HTp4jF1c

ガチャ
妹「何かしてたのー?」

男「い、いやまぁちょっとな」

妹「ふーん。あ、幼姉は帰ったんだー?」

男「あ、あぁ。ベランダから出てったよ」

妹「じゃあちょうどいいー。幼姉の件、うまくいったから約束通りお小遣い頂戴ー」

男「げ。またあとで渡すから、ちょっと今は……」

妹「幼姉の性格利用して言うこと聞かせる作戦とか、幼姉のことよくわかってるよねー。パンツ盗んできてって言われたときはホントにびっくりしたー」





25:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:36:03 ID:HTp4jF1c

男「い、いや、あのさ……」

妹「奇抜というか、すごい発想だよねー、そうやって幼姉で遊ぶって。それが成功するところがまたすごいというか……。まぁいいやー、またあとでちゃんとお小遣い頂戴ねー」
ガチャ バタン

男「…………さぁ逃げるか」ダッ

幼「待たんかごらあああああああああ!」

男「うぎゃあああああああああ」



妹「――幼姉を兄貴になんて渡さない。さてと、部屋にある幼姉のパンツコレクションでも堪能しようかな……ふふふ……」


おわり





26:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 04:38:36 ID:HTp4jF1c

このオチが書きたかっただけで、途中適当ですみません
ありがとうございました。

>>16支援ありがとー!





27:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/04/17(水) 05:11:54 ID:3qCtdlRA


個人的に緊縛プレイを詳細に書いてほしかったけど面白かったよ

カテゴリー幼馴染「」のSS一覧
管理人のオススメSS
 
The Last of Us (ラスト・オブ・アス) (初回同梱特典 豪華3大コンテンツのDLプロダクトコード(サウンドトラック、カスタムテーマ、アバターセット) 同梱)
トモダチコレクション 新生活
ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル (通常版) (初回封入特典 プレイアブルキャラとして「吉良吉影」が使用可能になるDLコードがついた「川尻早人メモ」! 同梱)
ガンダムブレイカー (初回W特典「フリーダムガンダム」のパーツデータ一式+「ガンダム バトルオペレーション」出撃エネルギー(備蓄用)3個セット 同梱)
ドラゴンズクラウン
真・女神転生IV “豪華ブックレット仕様"サウンド&アートコレクション 付
NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3 ( 初回封入特典:うずまきナルト「孫悟空コスチューム」がダウンロードできる"プロダクトコード同梱) 予約特典5体のコスチュームがダウンロードできるプロダクトコード入りカード付
サモンナイト5 (初回封入特典ソーシャルゲーム「サモンナイト コレクション」の特設ページで入力すると「5」の主人公カードが入手できるシリアルコード 同梱) 予約特典『サモンナイト5』特別設定集 付
ドラゴンズドグマ:ダークアリズン 数量限定特典“「メイジ」のための「指輪セット」付き

 

最新記事50件