【解読困難】エヴァ昔話シリーズ
【第壱話】シンジ「雪女だ!間違いねぇ!」 
【第弐話】シンジ「なんたらや、鶴が罠っこさ引っかがってだ…」
【第参話】マリギツネ
【第四話】ゲンドウ「ああ…間違いねぇ…牛鬼だ」
【第五話】変竹取物語 アスカ姫
【第六話】屁っこぎ女房
【最終話】桃太郎

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/09(土) 22:42:44.74 ID:I9hFcQRDO

昔々の事である、其処には心優しき老夫婦が住んで居たそうだ。


シンジ「ばんばぁ、ぺっこ里さ下りでって薪売ってくっからよぉ」

アスカ「行ってございん、あだすはマンマこしぇで待ってっがらなぁ」


シンジは雪が積もる田んぼの中で、運悪く罠に掛かった鶴を見つけた。


シンジ「じゃじゃじゃ…なんたらもじぇごど…今助けでけっからな…」


鶴は罠から逃れ、嬉しそうにシンジの頭上を旋回した。


シンジ「もうおしぇられんでねぇど…」

シンジは眩しい太陽の光に顔をしかめながら言った。




3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 00:05:36.42 ID:nFZjPYNW0

なんてこった
前回よりもまるで読めねえや




4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 00:22:40.77 ID:rXAWKRya0

何だこれ…


何だこれ…

元スレ
SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
【解読困難】 シンジ「なんたらや、鶴が罠っこさ引っかがってだ…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362836564/


 
 
2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/09(土) 22:54:53.40 ID:I9hFcQRDO

シンジは里で薪を売り、米など食料品を購入して帰路に立った。


シンジ「はぁ…かしぇげどかしぇげどはっぱす暮らしっこ楽になんねな…」

シンジ「オラかばねいれぐてわがねじゃ…」


急に空模様が怪しくなり、空気も冷えて来たようである。

その内シンジは家に着いたようであった。


シンジ「ばんばぁ!雪っこモレモレど降って来たじゃ!!」

アスカ「なんたら寒ぇど思ったったおん」




6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 05:05:15.55 ID:I9hFcQRDO

シンジ「しゃねがら、マンマにすべじゃ」

アスカ「ほだな、マンマにすべ」


アスカ「ありゃ?この煮物あめでだな」

シンジ「なんたら痛ますね、はえぐ食えばいがったな」


アスカ「ずんつぁんほれ、白菜漬けだの漬がさりあんべぇ良いど」

シンジ「んだな、んめじゃ」


トントン…


シンジ「ん?誰が来たんでねが?」

アスカ「こっただ雪モレモレど降る日に誰来たべ?」




8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 09:55:48.14 ID:I9hFcQRDO

???「もしもし… ごめんくださいまし…旅の途中、雪に降られ難儀して居ります…」

シンジ「なんだべ、娘っこの声だな…」

ガラッ

アスカ「あら〜、こったに雪たげで、ほれほれ中さへぇらい…」


二人はその娘を家の中に招き入れた。
冷えきった体を暖める為に、
囲炉裏の所に連れて行き、
温かい汁物を与えた。


シンジ「ほれ、味噌汁あがらい」

娘「ありがとうございます…」

ズズッ…

娘「…美味しい…」


聞けば娘は両親を亡くし、親類の所に向かう途中だったそうだ。
娘はレイと言う名であった。




9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 10:08:09.07 ID:I9hFcQRDO

シンジ「今年は大雪だなや、こんで旅続げんの無理だべ…」

アスカ「レイさんがいがったら、雪っこ無ぐなるまでこごさ居だら良いでねが」

レイ「お二人がご迷惑で無ければ…喜んで…」ニッコリ


レイは二人の申し出を快く受け、
春まで家に滞在することになった。

レイは大層働いた、雪かき、炊事、洗濯、掃除、
厳しい冬には大変な仕事だ。
老夫婦だったシンジやアスカはとても助かった。




10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 10:18:01.52 ID:I9hFcQRDO

シンジ「おレイは良ぐ働ぐし、器量も良い…おらいのホントの娘になってけだら良いべなぁ…」

アスカ「んだんだ、うちの子さなってけらい…」


子が居なかった二人はレイをとても可愛がった、
そんな二人の気持ちを汲み取ったのか、
レイは迷わず二人の子になった。


レイ「お父様…お母様…不束な娘ですが…改めてよろしくお願い致します…」

シンジ「お〜お〜…」ジワッ

アスカ「よろすぐなぁ…」ポロポロ


二人は泣いて喜んだ。




11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 10:42:28.39 ID:I9hFcQRDO

〜〜〜〜数日後〜〜〜〜


ゲンドウ「久すぶりだな… スンズ…」

シンジ「おやず…」


実は二人は親子であった。
すっかり疎遠になっていたが、
この度養女を迎えた事を伝える為に、
十数年振りに再開を果たした。
しかしシンジは家に上がるに上がれ無くあった。


ゲンドウ「上がるごったら早ぐせ… んでねばけぇれ」


ゲンドウは静かに、そして厳しく語った。




12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 12:14:28.52 ID:I9hFcQRDO

意を決し、シンジは家の敷居を跨いだ。


シンジ「おやずよ、ぺっこ聞いで欲す事あんだ…」

ゲンドウ「何だ…」

シンジ「おらいでわらすなさなねがったがらよ、旅の娘ば養女さしたんだ」

ゲンドウ「ほぉ…」

レイ「初めまして…お祖父様…」


ゲンドウ「ユイ…!?」

シンジ「は?何かだってれ、こいづはレイってんだ」


ゲンドウ「いや、なしてもね… たんだの見間違ぇだ…」

シンジ「まんず、そう言うこっだがら……んでオラだずけぇるわ」

ゲンドウ「あぁ…」


二人はゲンドウ宅を後にした。




13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 14:25:30.96 ID:XV5jE1PAO

スンズwwwwwwwwwwwwwwwwくっそwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 15:34:43.69 ID:I9hFcQRDO

ある晩、レイは奥の部屋に放置されていた機織りを使いたいと申し出た。


レイ「布を織りたいのです… 貸して頂けますか?」

シンジ「ああ、かまねども…何年も使ってねがら、まどもに動がねがもしんねど?」

レイ「大丈夫…動くみたいです」ニコ

シンジ「んだども糸っこねえど」

アスカ「明日里さ下りでって買ってこば良いべ?」

シンジ「んだな、そうすっぺ」

レイ「お父様…お母様…ありがとうございます…」ニッコリ


シンジ「あれな、アスガが機織りすてがら買ってけろ言われだんだども、
   アスガてんぼくされだがら一反も織らねでぶん投げでだんだぁ」

アスカ「スンズ!おめ余計なごと語んな!」バキッ!

シンジ「あだだだ…なぬもはだがねくたっていがべじゃあ!」

アスカ「あんだバガぁ!?あだすだって名誉っつーもんがあるべ!」

レイ「や、やめて…二人とも…」オロオロ


シンジとアスカは久しぶりに夫婦ケンカをした、
終わった後は二人ともけろりとしていた、
夫婦の事は夫婦にしか分からない、
何故かレイはそんな二人の事が、
微笑ましいと感じたのだった。




15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 15:46:23.77 ID:I9hFcQRDO

シンジ「じゃじゃじゃ…糸っこ買うべど思ったけんど、銭っこ足らねじゃ…」

アスカ「三軒隣の冬月のずんつぁまがら借りれば良いべ」

シンジ「冬月のずんつぁまがぁ…前借りでだのけぇしてねんだけんど…貸してけっぺが…」

レイ「大丈夫…織った布を売ればお金になります…そう言えばきっと貸してくれますわ…」


シンジ「ほが、まんず行ってくっがら…」


シンジは半信半疑だったが、
誠心誠意冬月翁に話しをした、
結果上手いこと借りる事が出来た。




16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 15:54:21.73 ID:I9hFcQRDO

シンジは里で絹の糸を買い込んできた。


シンジ「ほれ、買って来たど」

レイ「ありがとうございます…早速機織りしますわ」

レイ「それで…一つお願いがあります…」


シンジ「なんだべ?」

レイ「わたしが機織りしてる間は、絶対覗かないでくださいまし…」

アスカ「わがったわがった、ぜって見さいがねがら安すんすろ」


レイ「それでは…」ペコリ

暫くすると機織りの音がし始めた。

ギッコンバッタン ギッコンバッタン




18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 16:30:05.95 ID:I9hFcQRDO

ギッコンバッタン ギッコンバッタン

機織りの音は三日三晩続いた。


レイ「出来ました…」


レイの手にはそれはそれは美しい布があった。

シンジ「じゃじゃじゃ!こっだだ綺麗な布見だごどねぇじゃ!」

アスカ「なんたら綺麗だべぇ…」ウットリ


レイ「これを売れば…良いお金になります…どうぞ売ってきて下さいまし…」

シンジ「売るのもなんだが勿体無ぇみでだなぁ…」



〜〜〜〜葛城反物店〜〜〜〜

ミサト「ちゃぁ〜なんたら見事な反物だべ…こったな見事な物初めで見だわ〜」

シンジ「なんぼで買ってけるんだべ?」

ミサト「十両でなんじょだ?」

シンジ「( Д ) ゜ ゜」

シンジ(そんだげ有れば、ずんつぁまにけぇしてもお釣りの方がでっけぇ…)

シンジ「ほんでいがす!」

シンジは大喜びで帰った。




19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 16:44:56.51 ID:I9hFcQRDO

シンジ「今けぇったど!」

アスカ「お帰りスンズ、布っこなんぼで売れだのや?」

シンジ「んどな…」コソコソ

アスカ「( Д ) ゜ ゜」

シンジ「たまげだべ?」

アスカ「」コクコク


シンジ「おレイはおらいの宝だなや!」

アスカ「」コクコク

シンジ「冬月のずんつぁまさも銭っこけぇしたし、すばらく安泰だなや♪」

シンジ「ほんでおレイはなんじょした?」

アスカ「まだ機織り始めだじゃ」



ギッコンバッタン ギッコンバッタン




20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 17:20:31.09 ID:I9hFcQRDO

二人はレイの織った布のお陰で、
今まで手にしたことの無い金額を手に入れた。

しかし一体どうやったらあのような反物を作れるのか、
シンジは知りたくて仕方が無かったが、
レイとの約束を思いだし、部屋を覗くのは止めた。



レイ「お父様…お母様…また出来上がりましたわ」ニコ…

シンジ「おぉ…こりゃ前にも増しで良い出来だなゃあ…」

アスカ「おレイ…ぺっこやづれだんでねが?大丈夫が?」

レイ「大丈夫…少し休めば…」


二人はレイのやつれ方を見て心配になった。




21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 17:40:33.27 ID:I9hFcQRDO

シンジ「まんず売ってくっからよ…」

アスカ「気ぃづげでな…」


〜〜〜〜葛城反物店〜〜〜〜

ミサト「こりゃ大したたまげだ!前のも見事だったけんど、こりゃ遥かに上物だぁ〜!」

ミサト「ぺっこ見でけらい番頭さん!」

リツコ「長年番頭させでもらってっけど、こっただ見事なの見だごどねがす…」

ミサト「着物に仕立ででお城さ出したら百は硬ぇんでねが?」ヒソヒソ

リツコ「んだんだ、そんくれぇ行ぐんでねがすべが?」ヒソヒソ



ミサト「スンズさん、三十両でなんじょだべ!」

シンジ「( Д )     ゜ ゜」

シンジ「いがすいがす!ほんでいがす!」


年寄りが二人余生を過ごすには、
充分すぎる程の大金である。




22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 18:07:23.70 ID:I9hFcQRDO

シンジはあまりの金額に魂が抜けたように惚けて歩いていた。
その姿を眺める二人組の男達がいるのも知らず。


悪者い「あのじさま、やんべ銭っこ持ってんな?」

悪者ろ「山道さへぇったら追い剥ぎすべ…」ニヤリ


〜〜〜〜山道〜〜〜〜

悪者い「おう!じさまよぅ!」

悪者ろ「懐の物ば置いでってもらうべが!」

シンジ「な、なんだおめだず!追い剥ぎが!?」

悪者い「んだ!その通りよ!」

悪者ろ「はえぐ出さねば怪我すっと!」ジリジリ


シンジ(逃げでわがね、逃げでわがね、逃げでわがね、逃げでわがね、逃げでわがね…)

悪者い「なぁにぶつくさかだってんだじじぃ!」

シンジ「うおぉぉぉぉ!!」グワッ!

悪者ろ「な!やる気がじじい!」スラッ


二人の悪漢が同時にシンジを襲う!

悪者い「ぶったぎったる!」
悪者ろ「死ねやじじぃ!」

シンジ「絶対恐怖領域全開!!」

バキィィィン!!

悪者い「ぎゃあああ!」ドバシャッ!
悪者ろ「ぎゃあああ!」ズベシャッ!


シンジ「オラの心の壁…思いしったが!」ハァハァ…


シンジは何気に強かった。
悪漢達は見えない壁に勢い良くぶつかり、
弾き飛ばされ目を回していた。


シンジ「今の内にずらかるべ…」




23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 19:22:23.86 ID:3ZkT4F4r0

シンジでじさまなら冬月は梅干しみたいな長老ポジか




24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/10(日) 20:29:43.32 ID:LwLU0S/qo

昔のじさまは4〜50代でじさまだから良いかもな




25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/11(月) 02:55:37.04 ID:I9hFcQRDO

シンジ「今けぇったど!」

アスカ「今度はなんぼで売れだ?」

シンジ「三十両」ヒソヒソ

アスカ「ぶくぶく…」バタン

シンジ「じゃじゃじゃ!アスガが泡吹いでひっくりけぇってしまったじゃ!」

レイ「お母様…しっかりして下さいまし…」

アスカ「う〜ん…」

シンジ「寝せどげ、めんどくせぇ」


アスカはあまりの金額に仰天し、
失神してしまったようだ。
レイは布団を敷き、アスカを寝せた。




26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/11(月) 03:10:50.32 ID:I9hFcQRDO

シンジ「おレイのお陰で、この先困んねぇぐれの銭っこ手さ出来だ、ありがどなぁ」

レイ「そうですか…それは良かった」ニコ…

シンジ「おレイ顔色おがすねど、がおったんでねが?」

レイ「大丈夫……最後の機織り…してきますね」


シンジ「無理すねぐて良いがらなぁ…」



ギッコンバッタン ギッコンバッタン


シンジ「すかす、なんじょにすてあすただ布織ってんだべな?」


シンジは急に覗きたくなった、
レイの心配も有ったが、
それより布の製造過程が見たくて仕方が無かった、
しかしレイとの約束がそれを引き止めた。




27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/11(月) 03:22:28.69 ID:I9hFcQRDO

シンジ「見だらわがね、見だらわがね、見だらわがね、見だらわがね、見だらわがね…」


シンジはどうにも我慢が出来なかった。


ペロッ プスッ…


シンジはとうとう障子に穴を開けてしまった、
恐る恐る中を覗いた時、シンジは驚愕した。


シンジ「こ、こいづは…」


中に居たのは鶴であった、
あの罠に掛かった鶴であった。
シンジに助けられた恩返しをするためにやって来たのだ。


シンジ「あの鶴が…羽っこ抜ぎ抜ぎ機織りさ織り込んで…あったにみすぼらすぐなるまで…」


シンジは涙が止まらなくなった、
感謝の気持ちと可哀想に思う気持ちが入り乱れた。




28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/11(月) 03:39:48.00 ID:I9hFcQRDO

ギッコンバッタン ギッコンバッタン

シンジ「うぅ…」




〜〜〜〜翌朝〜〜〜〜

レイ「おはようございます…」

シンジ「…おはよう…」

アスカ「おはようさん」



レイ「お父様、お母様……わたしはもうここには居られません…」

シンジ「おレイ…」

アスカ「なしてそったな事かだるのや!」

シンジ「もさげね!おレイ、なんじょにも我慢が出来ねがったんだぁ!」

アスカ「あんだ、見だのが!?」

シンジ「勘弁すてけろ!勘弁すてけろ!」


シンジは拝むように土下座した。


アスカ「こんスケベ!バガ!変態!信ずらんねぇ!」ドカッ!ドカッ!

シンジ「勘弁、勘弁すてけろ〜」




30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/11(月) 03:59:34.00 ID:I9hFcQRDO

レイ「さようなら…お世話になりました…」

アスカ「待ってけろ!行がねでけろ!」

シンジ「おめはオラだづのめんけぇ娘だ、どごさも行がねでけろ!」


二人はレイにすがって懇願した。
だがレイは涙を流し、悲しげにこう言った。


レイ「駄目なの…一度見られたら…この姿を保ってられないの……」


レイはみるみる鶴の姿になってしまった。


シンジ「おレイ…おレイ…」

アスカ「行がねでけろ〜…」


鶴は細く一鳴きし、空に舞い上がった、
別れを惜しむように家の周りを旋回し、
その内遠くに飛びさってしまった。

おレイが居なくなり、
ポッカリと心に穴が
開いてしまったような二人は気が付いた。
金より何より、娘のおレイが一番大切だったのだと。



終劇




31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/11(月) 04:04:58.09 ID:qe8upNsv0

乙波レイ




32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/11(月) 04:07:40.21 ID:I9hFcQRDO

ご静読ありがとうございました(*_ _)ペコリ



NERVでの上映会の下りは省きます。
需要は無いと思いますが、
もしあったら書きます。




33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/11(月) 07:17:21.81 ID:XIziXQ3po

次は何の話が来るか期待している




34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/11(月) 08:30:19.71 ID:p9Ubxig30

舞台裏見たい




36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/11(月) 13:52:46.94 ID:I9hFcQRDO

〜〜〜〜NERV試写会場〜〜〜〜

シンジ「今回も良い映画になったね!」

アスカ「主役はファーストに取られたけどね〜」

レイ「運が良かっただけ」

アスカ「クジで主役を決めるなんて、無いわ〜」

シンジ「あはは、でも準主役みたいなもんだったし、良かったじゃないか」

アスカ「だって婆さんよ?あたしの美貌が全く生かされ無いじゃない!」


マリ「イイジャン…デラレタンダシ…」

カヲル「エイガハイイネ…リリンガウミダシタブンカノ…キワミダヨ…」

青葉「」




37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/11(月) 13:54:05.01 ID:I9hFcQRDO

アスカ「あ…ごめん」

冬月「ナマエダケダッタ…」

マヤ「私はまたナレーションだけ…」

ミサト「悪者二人はまた来ないの?」

シンジ「トウジとケンスケは普通に学校ですよ、僕らは召集掛かった事になってますから」

ミサト「あらそう…」


日向「今回は出演者が限られたからね、仕方ないよ」

日向「予算が余り無かったし…」チラッ



ゲンドウ「私の出番が…少ないからだ…」クイッ




38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/11(月) 13:55:03.25 ID:I9hFcQRDO

ミサト「まあ良いじゃない、前作と今作二本立てで市内の映画館に配給するんだし、少しはお金になるでしょ?」

リツコ「ならないわ」

ミサト「あら…」

冬月「いつも迷惑を掛ける、市民の皆さんの為に無料公開だからな」

ミサト「なんだ、ただなんだ…」

アスカ「勿体無いわね〜」

日向「DVDのネット販売が割りと好調なんだよ、次作は大分楽になると思うよ」

ゲンドウ「まぁ…NERVの存在をご理解頂かねばならんからな…(なんちゃって)」

アスカ「なんか逆に何時も暇こいてるって思われるんじゃない?」

加持「俺たちが暇って事は、世の中が平和って事さ」

ミサト「確かにねぇ〜、ちょっち退屈だけど〜」

青葉「最後の使徒は何時現れるんでしょうね」

マヤ「さぁ〜…」



カヲル「」




ホントのおしまい




39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/11(月) 15:21:53.56 ID:sAEZLS6AO

乙!楽しかったよ!
次回作も期待してる

関連記事
【解読困難】 マリギツネ


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray] 新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画 (14) (カドカワコミックス・エース) 新世紀エヴァンゲリオン (13) 【プレミアム限定版】 (カドカワコミックス・エース) エヴァンゲリオン用語・語源事典
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [DVD]
カテゴリー「新世紀エヴァンゲリオン」のSS一覧
管理人のオススメSS
 
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [DVD]
ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
ルイージマンション2
メタルギア ライジング リベンジェンス(通常版) 数量限定特典『サイボーグ忍者』カスタムボディDLC同梱/『MGS4雷電』カスタムボディDLC付き
レイトン教授と超文明Aの遺産 ( 初回生産分封入特典: レイトン教授・超文明の秘宝 宝くじ 同梱)
キングダム ハーツ -HD 1.5 リミックス-初回生産特典:KINGDOM HEARTS for PCブラウザ(仮称)で使用できるアイテムシリアルコード 同梱
ドラゴンズドグマ:ダークアリズン
初音ミク -Project DIVA- F 初回限定特典 オリジナルラバーストラップ 付き
バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション

 

最新記事50件