1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:31:46.28 ID:g1akZeYV0

幼「おーい男〜、一緒に帰ろ!」

男「ん、ああ・・・って男じゃなくて先輩、な。何度も言わすな」

幼「んもーまたそれ?去年はなにも言わなかったくせにー、学校ではちゃんと敬語だしいいじゃん」

男「中学ん時は先輩って呼ばせてたろ。同じ学校の先輩後輩なんだから親しき仲にもってやつだ」

幼「そーやってさ、自分から遠ざけなくてもいいのにさ・・・」ポソ

男「ん?」

幼「なんでもない!で、センパイ?今日はご飯いるの?」

男「あーそうだ、オレラノオヤキョウカラニカゲツホドイエヲアケルンダッタナ」

幼「!?なっ、なにその棒読み?」

??「エロ展開の邪魔だからな」

男「・・・?なんか聞こえたか?」

幼「??なんにも?」

元スレ
幼馴染「こらーーーっ!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362159106/


 
5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:33:33.70 ID:g1akZeYV0

幼「じゃあご飯作りに行ってあげる!」

男「おお、助かるわ。まあ毎日じゃなくて構わんから。できるときで」

幼「毎日いくわよ。すぐ栄養偏りそうだし」

男「いいんだよ多少偏った方が。温室で育つと厳しい環境には適応できねえのさ」フッ

幼「フッじゃないわよ。なんでそんなんで偉そうに上下関係語れるのよ。」
幼「あ、野良ネコ!きゃ〜かわいい!逃げない!なでなで〜」ナデナデ

男「うわバッチイな。かわいいけどよく触れんな」

幼「・・・わかりやすいダブルスタンダードね」




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:36:30.54 ID:g1akZeYV0

男「ふぃ〜今日も疲れた。帰宅部は帰宅まで気を抜けんからな。」

幼「さいですか・・・んじゃ、着替えたら作りに来るから。」

男「おう、いつもありがとな。」

幼「なっ、何よ急に・・・ビックリするじゃない」ドキドキ

男「?なにが?」

幼「なんでもない!じゃあまたあとで!」バタン!


幼「ふぅーーっ。びっくりした。昔っからだけどああいうごく自然な言い方・・・」
(どきどきする。ああいうのって男だけなの?男だから・・・なのかな?)
幼「ハッ!いかんいかん!そ・・・そういう感情はとりあえず置いといて、とりあえず行こう!」




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:37:09.97 ID:g1akZeYV0

男「・・・ス○4のオンラインでもやるかあ・・・」

男「ムッ、こいつつええ・・・は!?グラップしただろが!!」
男「ふはは、苦戦はしたが所詮俺にはカナウマイ」
男「お?同じ奴か・・・あー被せてきてんじゃん・・・あーあ萎えた」
男「あーはいはい強い強い。はいはい。はいはーーい!!」ウーワウーワウーワ
男「あークソゲ・・・PP70もいかれてんじゃねーか!こっち勝っても10しか増えねえんだぞ!!」ガタガタ!!

幼「うるさい!・・・またゲームなの?」

男「いや職人のような俺のザ○ギにサ○ットで入ってくっから・・・」

幼「いや多少はわかるけど!さんざん聞かされてるし!そのスティックの音外まで聞こえてくんの!」

男「お、おおすまん・・・」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:38:06.68 ID:g1akZeYV0

幼「まったく・・・じゃあご飯作るね」

男「手伝うよ」

幼「え?いいよそんなの」

男「遠慮すんなって。作ってもらうばっかになってたらあとでどんな見返りを要求されるか・・・」

幼「十年来の付き合いなのに、あたしがそんなことする奴だと思ってんの?」

男「思ってねーよ。ただの好意だーなんてそれこそ十年来の付き合いで恥ずかしくて言えねえだろが」

幼「・・・」

男「なんだよ」

幼「かわいい」ニコ

男「なっ・・・ほらさっさとやるぞホラァ!」ドキドキ




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:38:48.69 ID:g1akZeYV0

男・幼「できた!!」

男「いやー我ながらうまそうだわ」

幼「野菜洗って味見しただけじゃない。昔っからだけど」

男「うるさいな。俺が野菜を洗わなければ、オマエの手はひび割れて細菌が入って苦しみのたうちまわr」
幼「はいはい助かりました!食べよ?」

男「くっ・・・いただきます」

幼「いただきまーす!・・・うん、おいひい!」

男「おっ、こりゃうめーわ!」

幼「マルちゃん○麺か本格○め炒飯の二択だったのをおいしいハンバーグにしてあげたんだから感謝しなさい!」

男「台所事情まで握られてるとは・・・まあこのハンバーグになってよかったのは事実だな。ありがとな。」

幼「ふふーん!」

男「いい嫁さんになれるよ」

幼「!・・・男の?」ポツリ

男「ん?」

幼「んーん!ほら冷めるよ!」




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:39:43.30 ID:g1akZeYV0

男「ごっそさーん」

幼「お粗末さまでした」

男「ふ・・・まあ確かにおそま」
幼「殺すわよ」
男「おいしかったーっ!」

幼「まったく。」

男「オマエ風呂どうすんの?泊まってくんだろ?」

幼「そうなのよね。両方で沸かして入るってのももったいないし、入らせてもらおうかな」

男「おう、んじゃあ沸かしてくる」

幼「着替えと制服取ってくるわ。」

男「ほいほい」




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:40:36.42 ID:g1akZeYV0

ジャーーーーキュッ
男「こんなもんか。」

幼「おじゃましまーす」

男「ちょうどきたな。先はいっちゃえよ・・・!?」

幼「そーするー・・・?なに?」

男「おまそれ・・・」(なんで着替えの一番上に下着を・・・)

幼「ん・・・あっ!」ばっ!

幼「・・・みた?」

男「いや・・・」

幼「・・・色は」

男「黄色の上下・・・はっ!」

幼「・・・」

男「無言で近づくな・・・ウワーーーー」




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:41:24.63 ID:g1akZeYV0

ジャーーー

男「」ホケー

男「は!・・・あれが黄泉というところか・・・」
男(幼は風呂ね・・・)
男「・・・」ムラムラ
男「ぬ・・・抜こう」ヌギッ

ジャーキュッ・・・ガチャ

幼「ふぅーいいお湯だった・・・けど・・・」ドキドキ

幼「落ち着こう・・・男ー?あがったよー」

幼「男ー寝て・・・起きてるじゃん・・・ってヘッドホンしてる。またゲーム?」

幼・・・幼・・・




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:42:32.49 ID:g1akZeYV0

幼「・・・?聞こえてたんなら」

男「幼・・・はぁはぁ」シコシコ

幼「」
幼「な・・・」///(なにやってんのよーーーー!!って・・・)
幼(お・・・おちついて!!知識としてはおぼろげに知ってる・・・)
幼(しかもわ・・・私の名前呼びながら・・・)ドキドキ
幼(ここはもう一回お風呂上がるフリをして・・・)



幼(って待って、わたしは下着を見られたのよ・・・?対して男は普段トランクスでうろつくのはもちろん)
幼(私が下着を洗濯してやることだってある)
幼(恥ずかしさでいえば、あの行為をみられてトントンぐらいでしょ!)

幼(しかもトントンで済ますのでは気が済まないわ!ヘッドホンしてるしスマホで・・・)ピロリン☆

幼(動画も撮っておこう)ピピン☆




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:43:10.86 ID:g1akZeYV0

男「幼・・・ああ、すごい・・・」

幼「なにがすごいのよ・・・」///

男「そんな自分からそんな巨乳で俺のを・・・ああ・・・」シコシコ

幼「う・・・」ドキドキ

幼(すごく・・・現実感ない光景でドキドキするけど・・・頭はなんだか冷静・・・)ドキドキ

男「ああ・・・もう・・・な、なかにだすぞ!!」シコシコ!!

幼「!?こらーーーーーっ!」

男「!!???!?!??」ビクウウウウウウウ

男「よ、幼!!???」

幼「なにしてるの・・・?」

男「・・・・・・」
男(死んだフリをしよう・・・)ガク
幼「死んだフリすんな」

男「!?」




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:43:49.98 ID:g1akZeYV0

男「あの・・・どこから・・・」

幼「最初」

男「」

幼「で・・・なにしてたの?」

男「いや・・・ごめんなさい・・・」ビクビク

幼「ごめんなさいじゃなくて。なにをしていたの?」

男「えっ・・・と・・・」ビクビク

幼(あれ・・・なんか・・・)ゾク

男「・・・ニーを・・・」

幼「聞こえない」

男「よ、幼?オマエ、なんか・・・」

幼「・・・オマエ?」

男「!?」




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:44:32.21 ID:g1akZeYV0

男「いやだって・・・なん、っていうんだよ・・・」ビクビク

幼「・・・とりあえず様付けかな?」

男「なっ・・・ふざけ」
幼「んー?なーに?私に楯突ける立場なの?」

男「だっ・・・そ、それは・・・」

幼「別に今後死ぬまでってわけじゃないんだからさ、試しに言ってみてよ」

男「・・・・・・幼・・・様・・・」

幼(うーーーわーーー)ゾクゾクゾクゾク

幼「そ・・・それで?なにをしていたの?」

男「・・・ナニー・・・」

幼「聞こえないってば」

男「お・・・オナニー・・・」ゾク

幼「・・・です、幼様、ね」フフ




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:45:26.03 ID:g1akZeYV0

男「・・・オナニーです、幼様・・・」

幼(ああ・・・)ゾクゾク

男(・・・)ゾクゾク

幼「・・・あれ?おかしいねー・・・」

男「な・・・なにが・・・」

幼「興奮。してるでしょ」クスクス

男「!そ、そんなこと・・・」

幼「ソレ、興奮してるからそうなってるんでしょ・・・?それくらいわかるよ・・・?」

男「う・・・」ギンギン




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:46:16.34 ID:g1akZeYV0

幼「それで・・・」

男「・・・?」

幼「なんだか私に似た名前が聞こえたけど・・・」

男「!?い、いやそれは!」

幼「誰かを想像しながらしたの?」

男「・・・」

幼「そうなのね・・・だーれ?」

男「よ、幼っていう・・・幼と同じ名前の・・・」

幼「様」

男「よ、幼様と同じ名前の・・・人・・・です」

幼「・・・ふぅーん」

男「・・・?」




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:47:00.02 ID:g1akZeYV0

幼「ショックだなーーーー!!」

男「!?」

幼「こーんなかわいい幼馴染が一緒にいるのに違う女の人想像しながらひとりでなんてーーー!」

男「ちょ、ちょっ!」

幼「ショックすぎて動画を一斉送信するかもー!無作為にー!」

男「ウわわわわまって!待ってください!」

幼「なーに?」ニコ

男「ほんとは・・・幼・・・様で・・・してました・・・」

幼「・・・フフ・・・」

男「うぅ・・・」

幼「ヘンタイ」

男(グッ・・・)ゾクゾク




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:47:48.69 ID:g1akZeYV0

幼「ずーーっと一緒にいる私でそんな想像しながらしてたなんて・・・よくいままで襲われなかったわ!」

男「そ・・・そんな理不尽な・・・」

幼「それで?」

男「え?」

幼「どんなことしたの?脳内で」

男「ぅ・・・その・・・挟んで・・・もらったりとか・・・」

幼「はさん・・・?・・・!ば、ばか!」///

男「ええっ!?」

幼「ま・・・まあいいわ、ねえ。」ドキドキ

男「な、なんでしょう?」

幼「つ・・・続き。して?」

男「!?」




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:48:30.95 ID:g1akZeYV0

男「いやそれは!」

幼「なあに?私は下着見られたし脳内で凌辱されたしあまつさえひとりでしてる場面を見せつけられたのよ?」

男(発端は幼の不注意じゃないのか・・・?)

幼「不穏な空気をかんじるわね・・・」

男「・・・気のせいですよ」




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:49:13.05 ID:g1akZeYV0

幼「・・・なのに続きをしていいとまで言ってあげてるのよ?よろこんでしなさい。動画配信されていいならしなくてもいいけど?」

男(うう・・・)・・・シコシコ

幼(わあ・・・///)ドキドキ

男「はぁはぁ・・・よ、幼・・・」シコシコ

幼「様ね」

男「よ、幼様・・・」ゾクゾク

幼「っく・・・ンフフッ」

男「!?」

幼「ねえ、気付いてるんでしょ?」

男「・・・?」

幼「手は止めない」

男「!」シコシコ




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:51:03.69 ID:g1akZeYV0

幼「声をかけた時はもう携帯はしまってたわよ?」

男「そ・・・れが・・・?」

幼「顔は撮れてない・・・ってこと」

男「・・・」

幼「それに、男は私の名前を呼んでた。」

幼「見られて困るのはむしろ私よね。友達だろうと他人だろうとね。」

幼「なにより・・・私が誰かに見せたりするって、本気で思ってないよね?」

男「思って・・・ないです」

幼「ね?ということは・・・男はこの状況をいつでも逆転できたでしょ?」

男「・・・」

幼「それに気付かないわけないよね?私がわかるんだから」

幼「つまり、この状況は、男が望んでたってことじゃない・・・」




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:51:48.66 ID:g1akZeYV0

男「そんなこと」
幼「そんなことっていいながら手が速くなってるよ〜?先っぽの方もさっきより赤くなってるよね?」

男「うぅ・・・」シコシコ

幼「言葉で責められて気持ちい〜い?正直に言えたらぱんつ見せてあげる」

男「!・・・き・・・きもちいい!幼様になじられるの気持ちいいです!」

幼「あはは!必死じゃない!そんなに見たいの?」ゾクゾク

男「み・・・見たいです!」

幼「あ・・・ごめんね、やっぱり見せられない」

男「な、なんで・・・!」

幼「絶望的な顔しちゃって、かわいい・・・なんでってこの下」

幼「なにも履いてないから・・・」

男「!?」ゾクゾク




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:52:40.21 ID:g1akZeYV0

男「ああっ!もう・・・!」シコシコ

幼「え?え?」

男「出そう・・・」シコシコ

幼(あ、あわわわ///)
幼「い、いいよ?頑張ってシコシコしてるもんね・・・?」

男「幼様・・・!」

幼「見せて・・・見たい。私・・・」

幼「男が、だーいすきだから」ニコ

男「!?」

幼「パンツじゃないけど・・・みせてあげるね?ちらっと」チラ

男「あ・・・!!お、俺も・・・幼が、幼様が大好きです!ああ!」

ビュビュービュッ!ビュクビュク・・・ドク・・・ドク・・・

幼「うわあ!ひゃああ///」




29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:53:41.95 ID:g1akZeYV0

幼「い、いつもこんなにでるわけ?」フキフキ

男「いやそんなことは・・・」フキフキ

幼「こんなにでたのは何が原因?」

男「よ、幼様の・・・」

幼「あはは、もういいって!普通にはなそ?」

男「え・・・」

幼「あれ?物足りない?」

男「・・・」

幼「ふふ、図星言われると昔っから黙るよねー?」

男「う、うるせい・・・」

幼「ツッコミもよわいよー?」




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:54:38.87 ID:g1akZeYV0

男「あ・・・あのさ、俺・・・変態かもしれない」

幼「そうよ」

男「」

男「で、でも、幼・・・じゃなきゃこんな風になったりしないしさ」

幼「・・・」

男「あんなにで・・・たのも、好きって言ってくれて舞い上がったから・・・イって返事したみたいな・・・最悪なタイミングだったけど」

幼「・・・」

男「俺がお前を好きなのは・・・間違いなくほんとだから。この十年」

幼「・・・」

男「・・・幼?」

幼「短いわね」

男「?」

幼「私は男が遊んでるのを初めて見てからだから・・・十年と三カ月ぐらいだもん!」

男「・・・はは!」

幼「ふふ!・・・そして・・・」




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:56:33.71 ID:g1akZeYV0

男「?」

幼「男がまたあんなことしようとしたら・・・」

男「・・・」ゴクリ

幼「・・・いじめてあげるね?」ペロ

男「う・・・うん」ゾクゾク

はっきり言うと、この作品のテーマはありふれたテーマ、「ドM向け」です。




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:57:15.96 ID:g1akZeYV0

幼「さって、お風呂入ってきたら?」

男「ああ・・・そうするわ・・・」

バタン!ジャーーー・・・

男(あ・・・あの幼はなんだったのだ・・・知らない一面ってことか・・・)
男(正直・・・興奮して鼻血でる寸前だった・・・って!告白してんじゃんお互いに!)

幼(男にあんな一面があったなんて・・・)
幼(なんだか・・・可愛かったな・・・告白しちゃった、お互いに・・・)///

男・幼(でもやっと、やっとアイツと付き合えた・・・)




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:58:09.34 ID:g1akZeYV0

幼「・・・さて、布団敷いたしあとは・・・男の部屋の物色ね!」

幼「なかなかガードが固かったけど、今は完全な無防備よねー」ヒヒヒ

幼「さーて定番の、ベッドから・・・?なんだろ?お徳用の、液状のり?」

幼「と・・・?ピンクの、ペン立て???やわらかい・・・」グニグニ

幼「・・・・・・この入口?の形・・・ハッ!」///

幼「ななな・・・なんてものを・・・!」///




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:59:35.78 ID:g1akZeYV0

ジャーキュッ・・・キュッ

男「ふう・・・いい湯だった、あれ、どした?幼」

幼「うん、ちょっとアルバイト探しててね」

男「バイト?部活やってんのにそんな暇あんの?どんなん探してんのよ」

幼「・・・ホール」

男「ホール?あ、レストランかー、オマエ愛想いいしむいてんじゃねーか?」

幼「ふふ、ありがと・・・それで、よさそうなホール見つけたんだけどね?」

男「おお、いいじゃん。見してよ」

幼「うん、これなんだけど・・・」プルン

男「!!???」




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:01:15.07 ID:g1akZeYV0

男「ほ、ホール・・・」

幼「ホール」

男「・・・はは、こりゃおじさん一本とられたよ!山田君!ざぶとn」
幼「こら」

男「」

幼「かわいい彼女がいるってのにさっそくこんな、モノに浮気なんて・・・」

男「ちょちょ!ちょっと待ってくれ!彼女になったのついさっきじゃ・・・」

幼「彼女になりそうな気配を感じたら即処分しなさいよ!それに・・・」

男「理不尽すぎるだろ・・・なんだよ?」

幼「敬語。忘れてるわよ?」

男「なん・・・だと・・・」ゾク




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:02:16.91 ID:g1akZeYV0

幼「最後ね」

男「なにが・・・ですか?」

幼「あと一回様をつけ忘れたり、敬語を使わなかったら・・・」

男「・・・」ゴクリ

幼「男を彼氏兼奴隷にするわ。」

男「!?・・・ちゃんとできたら・・・?」

幼「ちゃんとできたら?そりゃあ彼氏のままよ?ちゃあんと対等な、彼氏と彼女の関係」

男「・・・」

幼「さーて、男はどっちがいいのかしらねー?ふふ、こんなこと普通聞くまでもないんだけど、ほらアンタって普通じゃないから・・・ね?」

男(こいつ・・・)ゾクゾク




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:03:20.00 ID:g1akZeYV0

幼「それで・・・急にこの態度になった原因。わかるよね?」

男「ほ、ホールのこと・・・でしょうか」

幼「あれ?敬語なんだ・・・ふふ、まあいいけど・・・そう、これね」プルン

男(うわぁ・・・幼がオナホ片手に・・・)

幼「使い方、教えなさい?」

男「・・・はい・・・」

幼「従順になってきたねー。そういうあんた、大好きよ?」

男(!?)「ありがとう・・・ございます・・・、こ、このローションをこの中に入れて・・・」

幼(の、のりじゃなかったんだ・・・)

男「・・・で、馴染ませて・・・えっと・・・」モジモジ

幼「・・・使い方教えなさいってば。何度も言わせないで?」

男「は・・・はい」ヌギ




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:04:24.49 ID:g1akZeYV0

幼「あれ?何も言ってないのに、脱ぎだしちゃってどうしたの〜?」

男「いや、幼・・・様が、つ、使い方を・・・」

幼「適当にごまかしてお茶濁しちゃってもよかったんじゃなーい?わたしならプライド捨てて馬鹿正直にいきなり脱ぎだしたりしないけどな〜?」

男「・・・ぅ・・・っく・・・」グス

幼「ハァ・・・あーあー年下の彼女にけなされて半ベソかいちゃって・・・もーかわいいわね?いいよ?従順になろうとしたんだもんね?」ギュッ

男「は・・・はぃ・・・」ヒック

幼「なーんて言ってあげてもよかったけど。脱いでからじゃ説得力無いよ?あはは」

男「え・・・あ・・・なんで・・・」ギンギン

幼「なんでじゃないでしょ!」チソコパン!

男「うあっ!」

幼(さ、さわっちゃった・・・///)

幼「ま、まったく・・・しかもなにそれ?なにもしてないのに先からトロ〜って」




42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:06:22.34 ID:g1akZeYV0

男「あ・・・あのこれは。風呂の水で」

幼「違うでしょ。我慢してたら出てくるんでしょ?私がなにも知らないとでも思ってるの?」

男「す・・・すみません・・・」

幼「うそついたわね。・・・もういいわ。片づけて。」

男「え!そ・・・」

幼「なによ?」

男「・・・」

幼「ん?なに?」

男「・・・下さい・・・」

幼「きこえなーい」

男「う、うそつかないから!み、見てて下さい!」

幼「・・・プッ!あはははは!」




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:07:51.90 ID:g1akZeYV0

幼「あーはは・・・そんなに見てほしいの?女の人に?」

男「よ、幼様に!幼様に見ててほしいです!」

幼「うん、そこは合格ね。でもなにを見たらいいのかわかんないなー?テレビでも見てたらいいの?」

男「こ!これを・・・使うところです!」

幼「これってなーに?」

男「ほ、ホールを・・・」

幼「・・・あのね?私は男のことだーい好きだけどね?はっきり言えないなら見てあげないからね?」

男「そ・・・そんな・・・!」

幼「最後のチャンスよ?さて、どう表現するのかしら」クス

男「・・・」

男「お、俺がオナホールでオナニーしてるのを幼様に見られて、情けなくザーメン垂れ流すところを見てて下さい!」




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:09:09.99 ID:g1akZeYV0

幼(・・・ざ、ざーめんって何・・・?)

男「よ、幼様・・・?」

幼「あ、うん・・・」

男「・・・」

幼「あんた・・・ほんっとーに・・・プライド捨てちゃったのね・・・」

男「!?」

幼「サイッテーね」

男「そ・・・そんな・・・」

幼「でもね?それでいいのよ・・・?私に対してプライドなんていらない。従順になって、ひたすら私を愛してね・・・」

男「!ああ・・・!!」

幼「そうすれば・・・私が、全部あげるからね?」ヌギ




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:10:00.40 ID:g1akZeYV0

男「よ、幼様!なんで?」

幼「下だけ、見せてあげる。百点を期待した質問に百二十点が返ってきたからね・・・?」パサ

男(うわ・・・幼の下半身・・・生えてないんだ・・・なんてきれいな・・・)
男「すじ・・・」

幼「す?・・・!!へ、ヘンタイ!」///

男「あ、すみません・・・!」

幼「もう・・・ふふ、これで百十点分ね」

男「え・・・」

幼「あと十点分は・・・私がしてあげるから。」

男「え、えぇっ!?」

幼「なに・・・不満?私じゃ・・・イヤ?」

男「そそそそそそそそそんなことないです!うれしいです!」

幼「ふふ、はい、貸して?」プル




47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:11:05.46 ID:g1akZeYV0

男「うう・・・」ギンギン

幼「わぁー、がっちがちじゃない、興奮してるんだ?」

男「は、はい・・・」(下半身出してオナホ持った幼がひざまずいて見上げてくるって・・・興奮しないわけないよ!そうだろみんな!?)

幼「じゃあさっそく、いくね・・・?」ヌプ

男「っ・・・ぁあっ!」

幼「あ、ごめ・・・!い、痛かった?」

男「ち、ちがいます、気持ちよくて・・・」

幼「そ、そうなんだ・・・」(こんなに・・・形変わるほどおっきくて・・・カタいんだ・・・)

幼「こんなの入るの・・・?」

男「っく・・・え?」

幼「なんでもない!」




48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:12:31.71 ID:g1akZeYV0

男「それで・・・う、動かしてもらえると・・・」

幼「うん・・・こ、こう?」ヌプヌプ

男(うわ!な、なんだこれ・・・!!)「そ、そうです・・・」ハァハァ

幼「・・・」ゾク

男「は、あーす、すごい・・・」ハァハァ

幼「・・・ン・・・」クチュ

男「よ、幼様・・・?」

幼「ハァ・・・な、なに?」

男「もしかして・・・興奮して・・・」

幼「〜〜!///」ヌプヌプヌプ!!

男「うあぁ!」




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:13:11.77 ID:g1akZeYV0

幼「フフー、ちょーっと黙ったらすぐ調子に乗っちゃって!」ヌプヌプ

男「うああ!すいませんすいません!」

幼「許すわけないでしょ!このヘンタイ!ヘンタイ幼馴染が!」ヌプヌプ

男「ぐあ!た、立ってられない・・・!」ガクガク

幼「え?きゃあ!!」どたーん




50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:14:09.45 ID:g1akZeYV0

幼「・・・ちょっと」

男「・・・すみません・・・」

幼「私に覆いかぶさって、襲うつもりなの?」

男「そ、そんなことは・・・」

幼「腰、浮かせて?」

男「は、はい」ムク

幼「起きるんじゃなくて。腰を浮かすの」

男「え、こ・・・こうですか?」クイ

幼「そうね。ひざまずいてるのも疲れるし、このまま下からしごいてあげる」ヌプ

男「!?っく・・・は、い・・・」




51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:15:09.60 ID:g1akZeYV0

幼「・・・」ヌプヌプ

男「うう・・・気持ちいい・・・」ハァハァ

幼「ふふ、必死な顔かわいいわよ・・・?もっと見せて?」

男「はぁはぁ、幼様ぁ・・・気持ちいいです・・・」

幼(ああ・・・)ゾクゾク

男「幼様と、セックスしてるみたいです・・・」

幼(・・・///)「た、確かに・・・ね///」ヌプヌプ

男「ああ・・・幼様かわいい・・・」

幼「///また!調子にのって!」ヌプヌプヌプ!

男「ああっ!すみません!」ハァハァ

幼「許さない!イクまでしてあげるわ!!」ヌプヌプ!

男「あっぁっああ!い・・・いきそ・・・!」




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:15:42.53 ID:g1akZeYV0

幼「ん〜?イっちゃう?出ちゃうの?情けなくおもらししちゃうの?」

男「で、でます・・・!もう、ああ!」ビクビク

幼「ダメね」ピタ

男「え・・・!?な、なに・・・!?」

幼「な・に・か・・・忘れてない?」

男「え・・・!?」ハァハァ

幼「んもう・・・キス、しなさいよ///あんたみたいなヘンタイとのファーストキスはこれでいいわ///」

男「よ、幼様・・・!」チュッ

幼「ンー」チュッ

幼「意外に柔らかいんだ・・・///」

男「幼様の唇も、柔らかくて・・・かわいいです・・・」

幼「じゃあ・・・イカせてあげるね?男・・・」ヌプ

男「っは、はい・・・」




53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:16:36.61 ID:g1akZeYV0

幼「ほらほら〜、フフッ!」ヌプヌプ

男「あ、ああ・・・そろそろ・・・」

幼「いいよ?これを私のおまんこだと思って、男の精液ドバーって、たーくさん出して?」ヌプヌプ

男(よ、幼、なんて下品な言葉づかいを・・・!)「あ!もうイキます!くっ!」ビクゥ


幼「だめ〜〜」ピタ

男「くぁっ!!・・・え・・・」(えええええええ!!??)




54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:17:26.38 ID:g1akZeYV0

幼「こーんな道具で彼女に情けなくイかされるなんて、普通のカップルではありえないんじゃなーい?」

男「で・・・でも!これ見つけたのは幼様で・・・」

幼「持ってたのは男でしょ?」

男「う・・・ど、どうしたら・・・」

幼「さっき言ったこと、おぼえてない?自然に敬語が身にしみちゃったかなぁ?」

男「さっき・・・」

幼「・・・落ち着いたみたいだから再開するね?このままじゃイケないけど!あはは!」ヌプヌプ

男「うああ・・・ハァハァ・・・」(さっき・・・敬語・・・様付け・・・ちゃんとできたら・・・)ハッ!

幼「思い出した?奴隷兼彼氏か、彼氏か、どっちがいい?」

男「そ・・・そんな・・・」(奴隷ありきに変わってる・・・)

幼「わかると思うけど、普通の彼氏はこんなヘンタイプレイでイったりしないの。このままイケずにしごかれるだけよ」クス




56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:19:06.66 ID:g1akZeYV0

男「・・・うぅ・・・」

幼「・・・ねえ、わかってるんでしょ?奴隷でなにがいけないの?私が年下だから?意地はってるの?」ヌプ

男「俺は・・・幼様と・・・対等でいたいんです・・・」

幼「年下の子に敬語使っちゃってるのに?イキそうですぅってみっともなく叫んだのに?押し倒したはずの女の子に主導権とられながらキスしちゃったのに?矛盾してなあい?それ」クスクス

男「そ・・・」(そうだ・・・よ・・・奴隷でなにが困るって云うんだ・・・?彼氏でも奴隷でも、幼が好きなことに変わりはないんじゃないのかよ・・・?)

幼「んー?」ヌプヌプ

男「いかせて・・・いかせてくれ!幼!オマエにイカされたい!」

幼「敬語やめちゃった?奴隷でいいの?奴隷が・・・いいの?」ゾク

男「奴隷がいい!イカせて!出させてください幼様ぁ・・・」

幼(ああ・・・)ゾクゾク
幼「フフ、素直になれてえらいえらい!イカせてあげちゃおっか?」




57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:20:19.77 ID:g1akZeYV0

男「お、お願いします!」

幼「じゃあ、ラストスパートがんばりなさい!」ヌプヌプ!

男「うああ・・・すごいぃ・・・」カクカク

幼「あはは!みっともなく腰振って!いいわね、奴隷は恥知らずでいられて!」ヌプヌプ

男「は、はいぃ・・・きもちよくって、そのことしか・・・」

幼「このヘンタイ!マゾ!奴隷!ばかチンポ!」

男「う、ぅううぅう!」ビクビク

幼「罵られてイキかけてんじゃないわよ!答えなさい!私はあんたの何!?」ヌプヌプ!

男「う、うあ!幼様は・・・俺の、ご主人さまです!!」

幼「そうよ!私の奴隷は・・・こんな道具にイカされちゃだめよ!」ヌポォ

男「エッ!?」

幼「愛液とアンタの我慢汁と、ローションでべっとべとの私の手でイクの・・・」ヌチュヌチュ




58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:21:23.04 ID:g1akZeYV0

男「うあぁ・・・!幼様の手・・・あ・・・愛液!?」

幼「そ、私も濡れちゃって・・・最初からだけどね///」ヌチュヌチュ

男「うぅう・・・そんなこと言われたら・・・もう!」

幼「いいよ。さっき想像でブチ撒けようとした、私のおまんこに、思いっきりかけて?頑張れば、ニンシンさせられるかも・・・」

男「う!!うぁぁ!!」ビクビク!!

幼「きゃあ!?あはは、すごーいまだ大きくなる!ほらがんばって!イキなさいよ!マゾ奴隷!」

男「くぁっ!」

ビュッ!!ドピュドピュ!!ビューッ・・・ドクドク・・・

幼「うわーさっきより出てるじゃない・・・そんなに気持ちよかったの?」

男「う・・・うん・・・」ハァハァ

幼「そっか・・・じゃあまだだいじょうぶね?」シコシコ




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:22:24.11 ID:g1akZeYV0

男「うわ!よ、幼!イったばかりでそれは!」

幼「イったのはそっちの勝手でしょ!私はまだ足りてないのよ!」シコシコ

男「ちょ・・・ほんとに!くすぐった・・・あ、あわ!」

プシャッ!ビシュシュー!シュ!

幼「きゃあ!ほ、ほんとに噴いた!」

男「ハァハァ・・・ゑ?」




61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:24:11.42 ID:g1akZeYV0

男「そ、そうかさっき本も見つけて・・・試したと」フキフキ

幼「そ、そういうこと・・・あはは・・・」フキフキ

男(ど・・・どう考えてもエスカレートしている・・・奴隷にされたし・・・奴隷に)ゾク

幼「ねえ?」

男「な、なん・・・?」

幼「奴隷にされて。うれしいんでしょ?」

男「・・・」コク

幼「素直でかわいいねー?安心してよ、二人の時だけだし、別にご飯つくれーとか言わないしさ」

男「できないしな!」

幼「期待してないしなー!あはは!」

男「はは!」




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:24:56.09 ID:g1akZeYV0

幼「・・・ただああいう時に、男を私の好きにさせてくれたらそれでいいの・・・ね?」

男「あ、ああ・・・」ゾクゾク

幼「じゃあ、さっそく!」

男(ドキ!)

幼「ちゃんと、キスして?」

男「・・・」

幼「だ、黙らないでよ!」

男「いや、かわいいなーと思って・・・」チュ

幼「ばか・・・」チュ




63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:25:38.87 ID:g1akZeYV0

男「なんか・・・なげー一日だったな・・・いろいろありすぎて・・・」

幼「そうねー・・・後悔してる?」

男「何一つしてないよ・・・」

幼「あ、従順な男はっけーん!ふふ」

男「はは・・・ってちょっと」

幼「?なに?」

男「さっき、客間に布団敷いてあったと思うんだけど・・・」

幼「暖房代がもったいないじゃない」

男「だ、だよな・・・」

幼「なんて言わないわよ?せっかく付き合ってるんだから一緒に寝ていいでしょ?」///

男「う、うん///俺も、こっちに誘うつもりだったし・・・」

幼「えへへ・・・おやすみ!」チュ

男「おやすみ!」チュ




64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:26:19.43 ID:g1akZeYV0

チュン・・・チュン・・・ドゥードゥー、ッホッホー

男「ふああ・・・ハトの鳴き声って意外と凶悪だよな・・・」

幼「あ、おはよ、ごはんできてるよ?」

男「おはよ・・・いただきます」ムグムグ

幼「いただきまーす!」ムグムグ

幼「ねえ」ムグムグ

男「んん?」ムグムグ

幼「昨日のことなんだけど・・・」ムグムグ

男「うん・・・」ムクムク

幼「こら」ギュ!

男「!?おま・・・足で・・・!」

幼「節操のないヘンタイね?まったく」

男(なんでわかったんだろう・・・)




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:27:22.68 ID:g1akZeYV0

幼「学校ではいままで通りがいいよね、さすがにさ」

男「あー、そうだな・・・先輩って呼んで、敬語でな」

幼「うん、そうよね!わかったわ!」

男(物分かりいいなあ・・・ちょっとコワイ)




67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:28:05.45 ID:g1akZeYV0

幼「じゃあ朝練あるからいってきまー・・・?あら?男も何かあるの?」

男「いや・・・?」

幼「?ゆっくりしてたら?登校にはだいぶ早いけど」

男「彼女と登下校したいんでな?」

幼「!・・・・・・う・・・うん///」

男・幼「いってきまーす」ガチャ・・・バタン!

幼「へへー!」ギュ

男「おわ!腕組まれると歩きづれーよ!」

幼「ここはまだ学校じゃないから・・・私の希望が通るの」ボソ

男「う・・・わかった///」

幼「素直ね!」

男「無理やりな!」




68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:29:32.49 ID:g1akZeYV0

?「おはよーさん!」

男「お前は・・・新キャラ!」

幼「身も蓋もないですよ先輩!友先輩おはようございます!」

友(♂)「おはよー、幼ちゃん!仲いいねーお二人さん!」

幼「男先輩が寝ぼけてたんで、引きずり出してきたんです、ね?」

男「え?あ、ああ・・・」

友「幼馴染っていいよなあ・・・いてもこんなマンガチックにはなかなかならんよ?かわいいし世話焼きだしさあ!わかっとるのかね男君!」

男「朝からウザいな・・・幼馴染ってキャラは基本タメだろ?一個下のこいつは妹みたいなもんだよ」

幼「お兄ちゃんは妹に服従して罵られるのが好きな真性のヘンタイなんだ・・・」ボソ

男「!?」ゾク

友「ん?幼ちゃんなんだって?」

幼「なんでもないです!朝練あるんで私先にいきますね!」タタタ・・・

男「お、おう・・・」友「がんばってねー」




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:30:12.60 ID:g1akZeYV0

友「かわいいよなー幼ちゃん!男どもも群がってくんだろ?気が気じゃないな、幼馴染としてはよ!」

男「そうかもな」(違う意味でだけど・・・)

男「そういやおめーはなんでこんな早いわけ?おなじ帰宅部のエースなのに」

友「あー・・・昨日ちょっと徹夜でCODBO2をね・・・」

男「はは、お前がそんなハマるとはな。」

友「まあほら!趣味の話は人が離れてくからさ!学校いって話を展開させようぜ!」

男「?たまにわけわからんこというよな・・・?」




70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:31:05.92 ID:g1akZeYV0

?「あら、おはよう男君、友君」

男「ゲ!友引き返そう」クル

友「ん・・・?ゲっ!賛成」クル

委員長(♀)「こ、こら!まちなさいよ!」

男「あ、委員長おはよう!」友「おはよう!」

委員長「とってつけたように・・・まあいいわ、おはよう。二人とも日直じゃないのに感心ね!ついでだから教室の掃除しときましょうよ!」

友「委員長も日直じゃないじゃん」男(友が会話するなら俺は空気化の術を使おう)スー

友「その術は俺と委員長には通じんぞ」委員長「何回見たと思ってるの」

男「」




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:31:38.70 ID:g1akZeYV0

委員長「私はクラス委員だから。日直じゃなくてもできる限り早く来るのよ」

友「でも男のほうの委員は全然こないじゃん?」

委員長「いいのよ。強制されるのもウザいだろうし、好きでやってることだから」

男(掃除させようとしたじゃねーか・・・)

委員長「してくれそうな人には頼むのよ」

男「!?」(心読むな!)

委員長「読んでないわよ」

男「!!??」

友「声に出てんよ男・・・」




72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:32:24.84 ID:g1akZeYV0

友「なんというか、処世術?」

委員長「したたか、といいなさい」ホホホ

男「じっとしてても寒いしな。たまにはやるかぁ」

友「まーね」

委員長「ありがと!はい、ホーキ!」

男「・・・まあしかし、嬉しそうにやれんのはスゲーよ。委員長偉いよな」

委員長「そ・・・そう?ありがと・・・」//

友「・・・」




73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:33:00.44 ID:g1akZeYV0

男「終わったな!そろそろみんなくるだろ」

委員長「そうね!助かったわ、二人ともありがと!」

友「いいえーw」

ガヤガヤ・・・

友「全く、天然のジゴロだな?おまえ」

男「何の話だ?」

友「委員長赤くさせるなんてなかなかできねーよ」

男「???」

友「天然だから言ってもしょうがねーか・・・」




74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:33:35.52 ID:g1akZeYV0



男「ん?あら!?」

友「どしたい」

男「弁当がない・・・」

友「オマエ親御さん出かけてんじゃないのかよ?」

男「いやそうなんだが・・・」(幼作ってないかな?きいてみよう)スチャ

男(お前弁当持ってる?)

幼(ごっめーん!ちょっと寝坊したから作るヒマなくて!)

男(いーよいーよ、なんとかするから)

男「といっても財布もないんだよな・・・親の旅行今日からだったから油断してたな・・・友・・・」

友「すまん・・・500円しかないんだ・・・」

男「だよな・・・いや、すまんな」

委員長「あれ?男君ご飯食べないの?」

男「かくかくしかじかでな・・・」




75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:34:21.93 ID:g1akZeYV0

委員長「そうなの・・・私の、少し分けたげようか?」

男「ま、マジでか!」

委員長「いいわよ?私小食だし、掃除手伝ってもらったしね」

友「委員長俺も掃除・・・!」

委員長「わかってるわよ、3人で屋上で食べない?」クス

男「行こうすぐ行こう疾くいこう」

友「国語力あんな・・・いや、あるのか・・・?」




76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:34:59.65 ID:g1akZeYV0

ガヤガヤ・・・

幼「あのー・・・」

モブ(かわいっ!)「一年生じゃん、ど、どうしたの?」

幼「男先輩の・・・中学の後輩なんですけど・・・男先輩いますか・・・?」

モブ「あー、男なら・・・」


男「まじうめーよこれ!委員長すげえ!」

委員長「そう?あ、ありがと・・・」///

友「見た目もきれいだし、家庭的だな!そんであんな早く来てんだからなー」

委員長「ふふ、慣れればなんてことないわよ」クス

ガチャ!




77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:36:32.49 ID:g1akZeYV0

幼「おと・・・!」

男「ん・・・?あ、幼」

友「幼ちゃん!おーい」

委員長「?お友達?」

幼「・・・」ジー

男「な、なんだよ・・・?」

委員長「こんにちはー、緑の上履き・・・一年生?」

幼「はい、私は男先輩の・・・」

男(なんかまずいよかんがする・・・)ドキドキ

幼「ごしゅじ」男「ゲフンゲフン!!」幼「ん」男「ウェーッフン!!」幼「さ」男「ゲフッゲフ!!」

友「ちょっ、男きったねーよ!」

男「す、すまん、飲み物なかったからな!こいつは幼っていって俺の幼馴染!ちょうど良かった!喉乾いたしこいつに金借りてジュースでも飲んでくるから!」

委員長「あ・・・ごめんね?男君、気が利かなくって・・・」シュン




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:37:10.33 ID:g1akZeYV0

幼「・・・」(男君ですってえ!?)

男「いいっていいって!ほんとうまかったしありがとな!なんかお礼するから!またな」

委員長「う、うん・・・」///

友「あとでなー」

男「おう!」(生還できたらな・・・)「ほら、いこう?」

幼「・・・はーい。失礼しますね!」ペコ

委員長「・・・かわいい子ね、男君にとっては・・・妹さんみたいなものよね?」

友「いやあ、どっちかっつうと・・・」ニヒヒ

委員長「妹、よ・ね?」

友「あ、はい・・・たぶん・・・」




79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:37:52.68 ID:g1akZeYV0

幼「・・・」ズンズン

男「ちょ、おい、幼!引っ張るなって・・・お、おい、ここ!」

ガチャ・・・バタン!・・・カチ

男「女子トイレじゃねーか・・・」

幼「・・・」

男「な・・・なにしてんだよ、早く出ようぜ」

幼「センパイ?喉、渇いたんですよね?」

男「え・・・うん、まあ・・・」

幼「でも私、お弁当がないっていう先輩のためにパン買っちゃったから、ジュース買えないんです・・・」

男「あ・・・そ、そうなのか・・・悪いな、気を遣わせて・・・」




80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:38:40.44 ID:g1akZeYV0

幼「いいんです。せめて精一杯出来ること、します」スルスル

男「な!なにして・・・」

幼「声、おおきいですよ?今は誰もいませんけど、いつ誰が入ってくるか・・・」

男「う・・・」

幼「ほらぁ・・・センパイ?ジュース、飲ませてあげますよ・・・」

男「じょ、冗談だろ・・・?」

幼「どう受け取ろうと、私はオシッコしますから。制服汚すか、飲むかは、センパイにまかせます。」

男「な・・・なんでこんな・・・」

幼「あ、出ますよ・・・!んっ」チョロロ…

男「ちょ、ちょっ!」カプ




81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:39:27.11 ID:g1akZeYV0

幼「ぁん!あは・・・男先輩、そんなに私のオシッコ飲みたかったんですかぁ・・・?」チョロチョロ

男「んぐっ!んんー!」ゴクゴク…

幼「必死に吸いついちゃって・・・撫でてあげます」ナデナデ

男「んん・・・」ムクムク

幼「もう・・・すぐ大きくするんですね、ソレ?」チョロロ

男「んっん・・・」(だって・・・)

幼「あん・・・もう、イタズラっ子ですね・・・?」ナデナデ

男「・・・」(うう・・・)ゴクゴク




82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:40:34.70 ID:g1akZeYV0

幼「・・・ふぅ、すっきりしました・・・あら?きれいにしてくれるんですか?」

男「んん・・・」チュプチュプ

幼「あは、スイッチ入っちゃってますねー?でも注意してくださいね・・・しょ・じょ・ま・く・・・破らないように・・・」

男「・・・!!んん!んんー!」

幼「あん!逆効果でしたね、そこはオシッコの穴じゃないのに・・・ふふ」

幼「・・・はい、もう終わりですよ」

男「・・・んん・・・」チュプ

幼「あっ・・・?こ、こら、おわりですって!」

男「んんー!」フーフー

幼「あっやん・・・!こら!・・・もういじめてあげないわよ?」




87:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 03:51:43.65 ID:g1akZeYV0

男「うぁ・・・!」

幼「こ・れ・・・委員長さんといたときも大きくしてたんじゃないですか?」

男「そ、そんなことない・・・」

幼「ふぅーん・・・でも、なんとでもいえますよね?」

男「そんな・・・」

幼「いいんですよ?どっちでも・・・」

男「・・・え?」

幼「少なくとも今日、帰るまでは立たなくしてあげますから」

男「えっえ・・・」

幼「脱いで下さい」

男「・・・あ・・・」

幼「何言ったって無駄だって、そろそろわかりますね?センパイなら・・・」

男「・・・」カチャカチャ…

幼「ふふ・・・」スルル・・・

男(あ、幼の素足・・・白くてエロい・・・)




88:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 03:53:49.82 ID:g1akZeYV0

げ!前後してもうた。一応こっちが先
男「!・・・」

幼「どうします?ここで私を襲うぐらいはできますよ?好きだから、そのあとも付き合ってあげます・・・」

男「・・・」

幼「けど、順序も守れない我慢もできない奴隷は、私、いりません」

男「!!・・・んん!」プハッ

男「ご・・・ごめんなさい・・・ゆるして・・・!」

幼(・・・あぁ〜〜)ゾクゾクゾク

幼「いいですよ・・・許します。今の件は・・・」

男「今のって・・・」

幼「わからないんですか?」グリィッ




89:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 03:54:28.51 ID:g1akZeYV0

男「うぁ・・・!」

幼「こ・れ・・・委員長さんといたときも大きくしてたんじゃないですか?」

男「そ、そんなことない・・・」

幼「ふぅーん・・・でも、なんとでもいえますよね?」

男「そんな・・・」

幼「いいんですよ?どっちでも・・・」

男「・・・え?」

幼「少なくとも今日、帰るまでは立たなくしてあげますから」

男「えっえ・・・」

幼「脱いで下さい」

男「・・・あ・・・」

幼「何言ったって無駄だって、そろそろわかりますね?センパイなら・・・」

男「・・・」カチャカチャ…

幼「ふふ・・・」スルル・・・

男(あ、幼の素足・・・白くてエロい・・・)




90:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 03:55:08.98 ID:g1akZeYV0

男「・・・はい・・・」ボロン

幼「うわぁ・・・やっぱりおっきい///ほんとにこんなの入るのかな・・・///」(まったく・・・相変わらず節操がないんですね)

男「!!???」

幼「・・・なんですか?」

男「い、今・・・言葉と考えが逆・・・!」

幼「・・・・・・・・・!!!・・・」///

男「よ・・・幼・・・!」ムラムラムラムラムラムラムラムラムラムラムラァ!!

幼「ちょ、ちょっとタイム!待ってください!やだ私///ってこら、すごい目つきでみないで!!」

男「幼ォォォォォ!!」

幼「きゃあっ!やだ///だ・・・ダメ!変なことしたらご主人さまやめるもん!」

男「」ピタリ

幼「そ、そう・・・それでいいのよ・・・」ハーハー




91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 03:56:05.13 ID:egAax+tB0

素晴らしいです




92:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 03:57:04.44 ID:g1akZeYV0

幼「もう・・・初めてがトイレなんて嫌なんだから・・・その辺かんがえてよね///」

男「そ・・・そうだよな・・・ごめん・・・」(かわいい)

幼(気を取り直して・・・)「それはそうと」グイッ!

男「うわ・・・足でなんて・・・!」

幼「そういえば・・・私怒ってるんでした。根に持つタイプですし・・・男先輩に関しては」グリグリ

男「ううっ・・・!」ギンギン

幼「踏まれておっきくして・・・気持ちいいですか?」グリリ

男「気持ち・・・いい・・・」(それに、座ってるとこに片足あげてるもんだから・・・股間が・・・)

幼「じっくり、みていいですよ?」ググ

男「はぁ・・・はぁ・・・」




93:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 03:58:42.31 ID:g1akZeYV0

幼「ほぉら、どうですか?気持ちいいんでしょ?絶っっっっっっっっっっ対にあり得ないけど、委員長さんとのえっちより私に踏まれる方がいいに決まってますよね?」

男(委員長との・・・)ムクムク

幼「なに想像してんですか?」グリィッ!

男「うわ!ごめんなさい!」

幼「先輩は自分の立場が分かってないんですかね?」

幼「それとも・・・私の気を引きたくてそういう態度をとるんですか?」

男「う・・・」

幼「それなら・・・成功してますよ?」グリグリ

男「う、ああっ・・・!」ハァハァ




94:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 03:59:52.96 ID:g1akZeYV0

幼「なさけなーい、後輩に踏まれてギンギンにさせられちゃって、みじめですね?気持ち悪いですねぇ?」

男「はぁはぁ・・・」

幼「でも・・・そんな人なのに、受け入れてくれる人がいますよ?ラッキーですね?」グリグリ

男「うぁあ・・・」

幼「誰かわかりますよね?人が来るかもしれないけど、おっきい声で言えたらイカせてあげますよ?」

男「う・・・幼・・・」

幼「聞こえませんって」グリリ

男「・・・!!・・・よ、幼さん・・・幼様ですっ!!」

モブ(♀)ガチャ…エーソーナノー?

幼「よくできまし・・・たっ!」グリリリ!

男「・・・っ!」

ビュビューッ!ビュクビュク・・・ビュッ・・・ビュッ・・・

幼「ふふ、すごーい・・・出てる音の方が聞こえちゃいそう・・・」ボソ

モブ「何か男の声聞こえた?」モブ2「外からじゃない?それよりさ・・・」バタン




95:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:00:36.47 ID:g1akZeYV0

幼「人生終わっちゃうとこでしたね?」

男「はぁ・・・はぁ・・・」

幼「私はセンパイとなら・・・いいですけど・・・」

男「はぁ・・・俺だって、幼と、なら・・・」

幼「ふふ・・・当然です」

男「あ・・・それから・・・」

幼「・・・?」

男「よかったら・・・パン、くれ」

幼「・・・えへへ、どーぞ!」

男「ありがとな!」




96:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:02:29.81 ID:g1akZeYV0

幼「さて・・・教室戻りましょ?センパイは私より教室遠いから、うがいするヒマもないですね?」

男「いや・・・ここの水道で・・・」

幼「誰か来たらどうするんですか?ほら、出ますよ!」

男「ちょ!ズボン履かせて!」

幼「ほら早く!」

男「わあ!」

ガチャ…バタン!




97:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:09:46.64 ID:g1akZeYV0

幼「じゃあ先輩?また帰る時に!」タタタ…

男「ああ・・・また後でな」


友「おう、遅かったな!ンコか?」

男「大声でおまえ・・・いや、小といえば小か・・・な」ゾクゾク

友「?」

委員長「・・・」ジィー




98:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:10:43.66 ID:g1akZeYV0

放課後

男「普段は待たないけど、今日は一緒に帰る約束だしな。図書室ででも暇つぶしを・・・」

友「幼ちゃん待ち?」

男「ああ、待ってないと怒って飯がまずくなるからな」

友「ケェーっ!仏罰が下れ!」

男「天罰でいいんじゃねーか?普通に・・・」

友「うちは仏教なの!じゃーな!」タタタ…

男「それで仏罰が下れって方が罰あたりなんじゃないのか?よくはわからんが・・・」

委員長「男君」




99:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:11:19.93 ID:g1akZeYV0

男「お、委員長、朝はよきて帰りも残るって大変だな?」

委員長「うん・・・ちょっと・・・いいかな?」

男「ん?なに?」

委員長「ここじゃなんだし、生徒会室に・・・」

男「お?おお・・・」

ガラガラ・・・ガラガラピシャ




100:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:12:24.79 ID:g1akZeYV0

男「あ、あれ?だれもいねーの?」

委員長「うん。金曜は活動しないから」

男(なんか・・・やばいなあ・・・幼にでも見られた日には・・・)




101:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:13:12.90 ID:g1akZeYV0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

幼「ちょっと!!」

男「うわ、幼!」

幼「全然こりてないのね・・・」

幼「さっきは友先輩を交えてご飯食べてたから飲尿で済んだのよ・・・」

幼「あんな女と二人っきりでいたなんて・・・これはもう・・・」

男「まさか・・・黄金・・・!?」

幼「そのまさかよー!!!」

男「ウワアアア!!!エル・ドラドー!!!!」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
男(なんてなことに!?)ゾクゾク

男(・・・いやゾクゾクって俺さすがにそれは!)

「・・・っと・・・」

委員長「ちょっと!男君!」

男「はっ!はい!?」




102:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:13:59.15 ID:g1akZeYV0

委員長「き、聞いてたの!?」

男「あっいや・・・ごめん・・・」

委員長「フー。まあ見られてショックだったのはわかるけど、そんな気絶するほど衝撃うけなくても・・・私だって驚いたんだから」

男「???」

委員長「もう!だから、昼休みに女子トイレからあなたと幼さんが出てきたっていう話よ!」

男「             」ダラダラダラダラダラダラダラダラ

委員長「た・・・滝のような汗ね・・・」

男「・・・だ・・・」

委員長「・・・?」

男「だれが見たのかは知らないけど、人違いじゃなイカナナナナナナナナナナナナナ」

委員長「最後まで動揺隠しなさいよ!それに・・・見たのは私なの。」

男「・・・だめだ・・・もうおしまいだぁ・・・!!」




103:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:14:55.52 ID:g1akZeYV0

委員長「ちょっと落ち着いて。あのね。別に先生に言おうとか、脅そうとかじゃないの」

男「・・・え・・・?」

委員長「ゆすり、たかりをしようとか・・・パンかってこいやとか、市ね変態とか、今すぐ消し炭になれとか言おうとしてるわけじゃないのよ」

男「それにしちゃスラスラと具体案が出てくるな!」

委員長「なんでなのか、聞きたいだけ・・・」

男「・・・いや、あれは・・・ぐ、具合が悪くなって・・・男子トイレが一杯だったんで、幼に見張ってもらって用をたしてたん・・・だよ」

委員長「ほんとに?」

男「あ、ああ・・・」

委員長「・・・そか。」

男「・・・終わり?」

委員長「・・・ううん、まだ。」

男「・・・えっ?」




104:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:16:32.41 ID:g1akZeYV0

コンコン!
幼「失礼しまーす」

男「・・・幼?」

委員長「・・・クラス委員としてははっきりさせないといけないから・・・ごめんね?」

男「え・・・え?」

委員長「はい、隣の会議室に入ってて?二人でいるとこ見られたくないでしょ?」

男「・・・!」ガチャ・・・バタン

委員長「はーい、どうぞー」

幼「失礼しまーす」ガラガラ

男(・・・!まさか・・・!)




105:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:17:22.39 ID:g1akZeYV0

委員長「いらっしゃい、まあ座って?」

幼「あ、はい・・・」ポフ

委員長「わたし・・・覚えてる?」

幼「委員長先輩ですよね?おぼえてますよー」アハハ

委員長「そう、じゃあ話は早いわね?」

幼「何でしょう?」

委員長「お昼休みに、あなたと男君が一緒に女子トイレから出てくるのを見たの。私が」

幼「・・・!」

男(ぐっ・・・!)

委員長「さっき男君にも聞いたんだけど、幼さんと別れて、その・・・も、漏らしちゃいそうだったから思わず空いてる女子トイレに入ったって」

男(・・・!?)

委員長「それで鉢合わせしたのが幼さんで・・・見張ってもらってなんとか事なきを得たって・・・そうなの?」

幼「え・・・と・・・」

委員長「・・・」

男(・・・)




106:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:18:29.36 ID:g1akZeYV0

幼「そ、そうなんですよー、大変でしたよー」アハハ

委員長「・・・」

男(あぁ・・・)

委員長「ふぅん・・・?男君本当は、具合が悪かったって言ってたけど・・・」

幼「・・・!あ、そういえばそうだったかも・・・?」

男(ば、バカ!)

委員長「へぇ?知ってたの?知ってたならなぜ訂正しなかったの?ただ急いでたのと具合が悪かったのでは大分違うわよ?話を聞く人の印象は」

幼「あ・・・」

委員長「問題なければそのまま帰すつもりだったけど、ちょっと食い違いがあるわね。ね?男君?」

幼「え・・・?」

男「・・・」ガチャ




107:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:19:18.51 ID:g1akZeYV0

幼「・・・男?」

男「・・・すまん」

委員長「ごめんね?でも風紀に関わる事だから。はっきりさせないと・・・」

男・幼「・・・」

委員長「なにか・・・全然違うことをしてたんじゃない?」

男・幼「・・・」

委員長「・・・さっきも言ったけど。先生に話したりとかするつもりはないのよ?ただなにがあったのか・・・」

幼「・・・なんで」

委員長「・・・ん?」

幼「そんなつもりないなら、知らなくてもいいんじゃないですか?」

委員長「だめなのよ。・・・幼さんなら、わかるでしょ?なんでなのか・・・」

幼「・・・」

男「・・・?」

委員長「好き、だから。男君が・・・」

幼「なっ・・・!」




109:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:20:58.25 ID:g1akZeYV0

男「       」

幼・委「・・・気絶してる・・・」

男「は!」

男「・・・いや、委員長・・・俺は」

幼「黙りなさい」

男「ゑ?」

委員長「ゑ?」

幼「男が弁明しても無駄だから黙りなさいって言ったの」ゴゴゴ…

男「ちょ・・・ちょっ!」(まずい流れだこれ!)

委員長「・・・幼さん、先輩に向かって」

幼「委員長先輩は先輩ですよ?もちろん」

幼「ただ男・・・あんたは私のなに?」

男「ォアーソノ・・・今年はカネモトがアレして・・・アライも」

幼「どん語はやめなさい。しかも阪神時代の」

男「」




110:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:22:10.64 ID:g1akZeYV0

幼「さ、言ってあげて?間違えると・・・ひどいわよ」

男「ひ、ひどい・・・(歓喜)」

委員長(なんなの・・・?まさか、もう、つ、付き合ってるとか!?そんな・・・)

男「俺は・・・幼、様の・・・奴隷です」

委員長「」

幼「ふふ・・・間違えずによく言えたね?えらいね?」ナデナデ

男「あ・・・」ムクムク

委員長「」

幼「あっもう・・・節操無しのばかオチンチンがまた・・・もう///」

男「ぅ・・・」

幼「それで?お昼休み何をしてたの?」

男「あ、あの・・・幼様のオシッコを頂いて・・・アソコを踏まれて情けなくイキました・・・」

委員長「」

委員長「コラアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」

男・幼「!?」




111:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:23:27.73 ID:g1akZeYV0

男「さ、再起動した・・・」

幼「失神したかと思ったのに・・・」

委員長「そ・・・そんなねえ!芝居うって切り抜けようなんて許さないわよ!」

幼「・・・だって。わかってもらうしかないわよ」

男「・・・え」

幼「脱いで」

委員長「」

幼「もー・・・いちいち失神してたら進まないですよ!ただでさえ無い知恵を絞った委員長先輩の尋問シーンが書いてみるとこれがまた意外と退屈だったんですから!」

委員長「だ、誰の知恵がないですって!?」

幼「委員長先輩じゃないですよ」

委員長「・・・?じゃあ誰なのよ・・・?」




112:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:24:03.92 ID:g1akZeYV0

幼「男!私がこうなっちゃったんだから、もう腹くくりなさい!」

男「うう・・・」カチャカチャ…

委員長「ちょ、ちょっとやめて!!」

幼「無駄ですよー?誰の言うことが優先されるべきか・・・一番わかってるのはこの奴隷なんですから・・・」

男「ぅ・・・幼、やっぱりこんな・・・」

幼「・・・あ、そう。わかった。」

男「・・・あ・・・!」

幼「どこででも服従できないなら意味ないよねぇ?安全なところで自分の性癖だけ満たしながら気持ち良ーくヌイてもらえればそれでいいんだ?」
幼「そんなの服従してるとは言えないわ。私は帰るから、頑張ってセンパイに弁明しといてね?」スタスタ

委員長(なんなの?この威圧感は・・・?)

男「待って!待ってください!」カチャカチャ!!

幼「待たない」スタスタ

男「幼・・・幼様!脱ぎました!全部脱ぎました!」

委員長(ギャーーーーーッ/////)

幼「あ・・・っそ。だから?」ガラガラ・・・ピシャン!!




113:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:25:34.05 ID:g1akZeYV0

男「え・・・うそ・・・そんな・・・幼様、幼様ぁぁ!!」
シーーーーン
男「う、うそだ・・・そん、な・・・」グス、ヒック…

委員長(・・・どうしたら)




114:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:26:39.72 ID:g1akZeYV0

委員長「・・・あの・・・」ガラララ!!
男・委「!?」

ピロリロ☆

幼「くっくく・・・あーははは!撮ったわよ!生徒会室で全裸で泣きじゃくる男!ヒャー七不思議だわー!」

男「あ・・・あぁ・・・幼様・・・幼様・・・!!」

幼「あらあらー、かわいそうな男ちゃんじゃない?見捨てられたと思ったのー?怖かったねー?さみちかったねー?」

男「うん・・・!うん・・・!」

幼「下半身は犬の尻尾みたいにおっ勃てながら、後輩のご主人さまに慰められて号泣しちゃうのー?」

男「うん・・・!」グスグス

幼「そんなヘンタイを、誰が受け入れてくれるの?委員長先輩?」

男「ち、違います・・・幼様だけです!!」

幼「ふふ、そうねー?よく言えたね?」ヨシヨシ

委員長「・・・」

幼「と、いうことなんです。わかっていただけ・・・」

委員長「し・・・信じないわよ!」

男・幼「!?」




115:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:27:44.78 ID:g1akZeYV0

幼「ご・・・強情ですね・・・」

男「え・・・っと・・・」

幼「・・・わかりました。このくらいで済ますつもりでしたけど・・・」

委員長(充分すぎるぐらいの変態行為だったけど・・・)

幼「・・・男?」

男「は・・・はい」

幼「先輩のほうにソレ、向けなさい」

委員長(え!?ちょ・・・っと!!)

男「・・・はい」ブルン

委員長(ひゃあああーーーー///)ドキドキ

幼「どう?男・・・先輩に見られて、興奮するでしょ?私とはまた違った興奮よね?」

男「は・・・はい。興奮します・・・」ハァハァ

幼「・・・なに興奮してんのよ!!」チソコパァン!!




116:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:28:26.82 ID:g1akZeYV0

委員長(えええええ!?)

男「あうぅっ・・・ご、ごめんなさい!!ごめんなさい!!」

委員長(謝るの!?誘導されたのに!?)

幼「ね・・・男?私、男の性感帯を知ってるのよ?昨日アンタが寝た後色々物色したから・・・」

男(だ、だから寝坊したのか・・・)

幼「だから・・・ね?」スス…

男(う、後ろにまわって・・・)

幼「ぜーんぶ、私に任せるのよ・・・?」キュッ

委員長(うわ、に、握った・・・)

男「は、はいぃ・・・幼様・・・」

幼「ふふ、もう全然抵抗しないのね・・・ちゃあんと奴隷に成り下がれたね・・・?」シコシコ…

男「は、ぁ・・・ありがとうございます・・・」ハァハァ




117:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:29:19.31 ID:g1akZeYV0

委員長(す・・・すごい光景だわ・・・)

幼「・・・」シコシコ

男「うぅ・・・」

幼「そろそろ・・・ね、男?」

男「はい・・・」

幼「あんた、全部私に委ねられる?体も心も・・・?」シコシコ

男「はい・・・はい!!」コクコク

幼「ふふ・・・必死ね・・・じゃあ、とりあえず・・・ココね」グニッ

男「!?うあ・・・そ、そこは・・・!!」

委員長(な・・・なにしてるの・・・?)




118:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:30:17.70 ID:g1akZeYV0

幼「あら、先輩は見えてないみたい。実況しなさい?」グニ
男「よ、幼様に、あ・・・アナルに指を入れられてます!」

委員長「」

幼「ふふ、いいわよ・・・?実況止めたら私もやめちゃうから・・・必死になりなさい・・・下品にね?」シコシコ

男「う、うあ!ゆ、指が肛門の中で動いてます!だ、第二関節まで入って!ああ!前はしごかれて、後ろはいじくられて、す、すごすぎる・・・!!」

幼「その調子・・・」クス
男「あ、うあぁ・・・幼様にいたぶられるの気持ちいいです・・・!」

委員長「くっ・・・!」

幼「あれ?先輩くやしいんですか?誰にも言わないと約束した途端好きな人を目の前でいいようにいじくりまわされて」クスクス
委員長「この・・・!」ギュッ…シコシコ!

幼「な・・・!?」

男「うわ!アナルに指が入ってるのに!?二本の手がチンポを!?幼様のマジックハンド!千手観音様!あ、ありがたや!」←見えてない

幼「ギャーーーっちょっと!!なにするのよ!!」

委員長「お、男君を外道から救うには、これしかないの!わかって!」パク

男「うあっ!!」

幼「ちょっとーーー!!やめなさい!!離れなさいよ!!」グググ・・・

委員長「ん、んー!!んん!!」モゴモゴ




119:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:31:38.13 ID:g1akZeYV0

男「え、い、委員長・・・!?」

幼「気付いたならいつまでもしゃぶらせてないで、ばかチンポ静めなさい!!」

男「そんな無茶な・・・!」

委員長「んっんっ・・・!」モゴモゴ

男「あ、あ!や、やばい・・・!」ビク

幼「え・・・」

男「う、う・・・!!」

ドピュッ!!ビュビュ!!ドク…ドク…

委員長「んんっ・・・!!」




120:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:32:28.96 ID:g1akZeYV0

幼「ちょ、ちょっと男!!」

男「あ、よ、幼様・・・ご、ごめんなさい!!ごめんなさい・・・!!」

委員長「んふふーんばぁ・・・こんなに出してくれたわよ?男君は・・・私に」ドロォ

幼「・・・・・・」

男「よ、幼様・・・?」

幼「・・・ダ・・・」

男「・・・幼?」

委員長「ふふふ」

幼「ヤダーーーーーー!!!」

男・委「!?」




122:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:33:14.21 ID:g1akZeYV0

幼「ちょ、ちょっと男!!」

男「あ、よ、幼様・・・ご、ごめんなさい!!ごめんなさい・・・!!」

委員長「んふふーんばぁ・・・こんなに出してくれたわよ?男君は・・・私に」ドロォ

幼「・・・・・・」

男「よ、幼様・・・?」

幼「・・・ダ・・・」

男「・・・幼?」

委員長「ふふふ」

幼「ヤダーーーーーー!!!」

男・委「!?」




124:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:33:56.34 ID:g1akZeYV0

幼「ヤダーーー!!男が私より先に違う人に口でされてイカされたーーー!!!」

幼「ヤダヤダヤダうあああああん!!!」ビエエエエエエエ

幼「私だもん!!私が最初がいいんだもーーーんうああああああ!!!」

男・委「・・・だ・・・駄々っ子?」

男(そういえば昔から・・・自分の思い通りにいかないと駄々こねてたよな・・・)
男(いつのまにか治ったとおもってたけど・・・違ったのか。必死に頑張ってなんでも思う通りにしてきたから・・・)
男(そんな必要なかったんだな・・)

男「よ・・・幼?」

幼「グスッヒック・・・なによ」

男「あ・・・あのほら、委員長に出しちゃったけど、寸前までは幼にされてたから・・・幼にイカされたようなもんなんだよ!」

幼「・・・」グスグス

委員長「そ・・・そうよ幼さん!私くやしくってつい・・・!あ、あれはノーカウントよ!」

幼「グシ・・・ほんと」

委員長「もちろん!」(なんでフォローしてるのかしら・・・)




126:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:35:34.10 ID:g1akZeYV0

幼「じゃあ私・・・口でするよ?」グシグシ

男・委「え!?」

幼「だっていつまたその人が男のを咥え込むかわかんないんだもん・・・」

委員長(ひ・・・否定できない・・・)

男「・・・うん、お願い・・・します、幼様・・・」

幼「・・・ふふ、しょーがないなー男は!あーームッ」パク

男「う、くぁ・・・」(イッたばっかでやっぱつらい・・・)

幼「むむ・・・あむ・・・ひもひい?」チュブチュブ

男「は・・・はい、いいです・・・」

幼「無理しちゃって・・・くすぐったいくせにさ」クスクス

男「う・・・」

幼「だからって・・・止めてなんてあげないけど!」チャブチャブ!!

男「うっぅあぁ!」ガクガク

委員長(うわぁ・・・)///




127:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:36:44.54 ID:g1akZeYV0

幼「んぐぅ・・・モゴッ、んっんっんっんっんっんっん・・・・」チュブチュブチュブチュブ

男「あっあっあっ・・・!うああ!」

幼「んっんっんっんんっ・・・」ジィー

男「そ、そんな、じっと見られたら!う、うう!やばい!」

幼「んんっ!れちゃいそ?いうの?いっひゃう?」チャブチャブ

男「は、はい!ああ!出る!よ、幼!」ビク!

幼「だめーーーー」プハァ

男「う、うあ!ああ!!」ガクガク

委員長(ええーっ!?)




128:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:37:28.02 ID:g1akZeYV0

男「なんでこんな時に・・・!」

幼「男?こんな時もなにもないでしょ?」

幼「奴隷でいること・・・さっきわすれたわよね?」

男「え・・・?」

幼「私が泣いたとき。あなた私をかわいそうだとか、思わなかった?」

男「お・・・おもったけど・・・じゃあ、あれ演技だったの・・・か?」

幼「あれは本心。でもどんな時も私は男を見てるのよ・・・?」フフ

男「あ・・・」ゾクゾク

幼「かわいそうだとか思っていいのは、普通にしてる時でしょう?」
幼「少なくともこんな事の最中に考えていいわけないわよね」

委員長「ちょっと・・・思うぐらい・・・」

幼「いいんですよ先輩・・・これは躾ですし、本人もこの時は、自分から人権なんて捨てちゃってるんですから・・・ね?男?」シコシコ…

男「・・・ご・・・ごめんなさい・・・俺・・・大事なこと・・・忘れてました・・・」

幼「ほんとう?イカせてほしいから適当に言ってるんじゃないの?」シコシコ・・・




129:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:38:52.48 ID:g1akZeYV0

男「ほ、本当です!服従すること・・・が大事で気持ちいい事だって、ちゃんと思い出しました!」

幼「私が今日はイっちゃだめって言ったら?」シコシコ…
男「イキません!」

幼「・・・一生なら?」シコシコ

男「い!?・・・が、我慢します!」

幼「そう?じゃあそうして?ただし、一生はかわいそうだから、今から五分ね・・・」シコシコ…
男「は・・・い!?」

幼「んんーっ」パク
幼「んっんっんっんんーーーー」チュチュチュチュブチュブ
幼「んはぁ・・・んべー」ベーチロチロ

委員長「くっ・・・」

幼「フフ・・・男は絶対渡さない・・・」ンチュブチュ

委員長(うう・・・)

幼「んんーらひていいよ?男ぉ・・・」ちゅばちゅば

男「!?で、でもまだ三分しか・・・!」
幼「いいって言ってるじゃない・・・らいふきな男にらひてほひいの・・・」ングング

男「うあ・・・で!でも!!」

幼「いいはらぁ・・・いいんひょせんはいに見せつけて・・・?」モゴモゴ




130:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:40:08.46 ID:g1akZeYV0

幼「んっんっんっん〜〜ちゅるちゅ」チュブチュブ

男「も・・・もうだめだ!ああ、でる!幼様!!」ビク

幼「んっ!!」

ドピュドピュ!!ビュビュッ・・・ドピュ・・・ドピュ!!ドク・・・ドク・・・

幼(これが男の・・・せーしの味・・・)ゴクゴク…

男「うあ・・・飲まれてる・・・」ビクビク

委員長(の・・・飲んでる・・・)




131:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:40:50.57 ID:g1akZeYV0

幼「・・・わかっていただけました?」

委員長「・・・」

男「・・・」

委員長「よく、わかりました。先生には言わないし、男君を軽蔑したりもしない」

男・幼「ほっ・・・」

委員長「・・・でも」

男・幼(!?)

委員長「話を聞く限り、信じられないけど、まだ、でしょ?二人は」

男・幼「・・・///」

委員長「じゃあ、チャンスがあると考えてもいいんじゃなーい?」

幼「ないです!あんたもいいなさい!」

男「ない、です・・・?」

幼「こらぁなんで疑問形なのよ?」

男「あ・・・じゃ、じゃあ委員長、お先!」

幼「こら、待ちなさいよ!失礼します!」ペコ!!コラアアア…




132:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:41:45.59 ID:g1akZeYV0

委員長「・・・なんだか」

委員長(純粋なんだな・・・やってることは全然純粋じゃないけど・・・幼さんは男君の好みになろうとした結果が、女王様だったのよね・・・)
委員長(・・・必要以上に才能が開花してる感もあるけど・・・)
委員長(でも・・・こんなんでメゲる私ではないわ!・・・弟、そっち系のビデオとかもってるかな・・・)




133:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:42:44.21 ID:g1akZeYV0

男「あの・・・幼、ごめんな・・・?さっき、いろいろ・・・さ」
幼「五分我慢できなかったこと?委員長さんにイカされたこと?誘導尋問にあっさりかかったこと?多すぎてわかんない」
男「う・・・」
幼「でも、わかったこともあったけど・・・」

男「え・・・?」

幼「私、私ね・・・?独占欲がすごいみたい・・・///」

男「・・・」
幼「今までは何とも思わなかった・・・わけじゃないけど。でも、今日・・・私の彼氏が、他の女の人と楽しそうにご飯食べてるーって思ったら・・・あ、あせっちゃって・・・」

男「幼・・・ごめんな」

幼「取られるかもって。ただの幼馴染だった昨日まではさ、男が誰と付き合おうがそれが男の彼女でしょ?」
幼「でも今日からは・・・私にとっては浮気だもん。男が取られたらって、怖くなっちゃって・・・」

男「付き合いだして・・・後悔・・・」
幼「してないよ!それはない!私がやるべきことはね・・・?」

男「おう」

幼「もっと男に好かれる女の子になることと、男が私にクギ付けになるようしっかり調教することなの!」

男「ちょ・・・調教で・・・断定の形?言い切るの・・・?」
幼「言い切るよ!」

男「そっか・・・ほんとにごめんな、幼・・・うん、わかった!思いっきり調教してくれ!愛してるぞ!」

幼「私も!愛してる!」チュ!




134:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:43:49.09 ID:g1akZeYV0

友「明日休みか〜」ファ〜

友「男、ヒマしてっかな?」プルルル

男「もしもし?・・・友か」

友「おーう!幼ちゃんと一緒に帰ったのかよ?」

男「あぁ、まーね。で?なんすか?」

友「いやぁ・・・ヒマだろ?」

男「あ?今日?まあヒマ・・・オワッ!す、すまんヒマじゃなかった!」

友「・・・?じゃあ、明日は?」

男「っく・・・あ、明日?あー・・・っと・・・っ!だ、いじょーぶ・・・」

友「なんだ、風邪か?」

男「まあそんな・・・とこ。また明日!・・・連絡するわ!」

友「おう、じゃーな!」プッ

友「・・・何なんだ?」




135:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:45:00.96 ID:g1akZeYV0

男「ちょ、幼!と・・・友だっていったろ?」

幼「これからは・・・んっ、油断しないから」チュプチュプ

男「う・・・っく・・・!と、友だし、電話じゃんか!」

幼「関係ないもん!だまってしゃぶられてなさい!」チュパチュパ

男「う・・・もうだめ!ああ、出そう!」ビクビク

幼「今日四回目なのに早いんだね?そんなに私の口、気持ちいいの?」ングング

男「う・・・うん、かなり・・・っく・・・」

幼「・・・委員長先輩より?」ング・・・ピタ

男「!?・・・委員長・・・」ムク

幼「・・・おっきくした・・・」ムカムカ

男「い、いやちが・・・イキそうなのに止めるから!」

幼「まだ反省してないのね!?」シコシコシコシコシコシコ!!

男「ちょ、幼・・・様!うあ!」ビクビク




136:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:45:54.66 ID:g1akZeYV0

幼「今更様付けたって遅い!もう許さないわよ!」チュパチュパチュパ!!

男(い、言ってることとやってることが・・・)
男「あ!も、もうだめだ、でる、出ます!!」

幼「ダメ!我慢しなさい!出したら許さないから!」チュパチュパシコシコ!!

男「!?む、無理です・・・せ、せめてゆっくり・・・!!」

幼「絶対に出しちゃだめよ!ほらほら!」

男「ほ、ほらほらって・・・!う、もう、むり・・・!」ビク

幼「だめだってば・・・!きゃあ!!」

ビューッ!!ドピュドピュ!!ドピュピュ!!ドク・・・ドク・・・

幼「・・・」

男「す・・・すいませ・・・ぅあ!?」

幼「・・・」シコシコシコシコシコシコ

男「ちょっ・・・と!くすぐった・・・!」ガクガク

幼「・・・」シコシコシコシコ

男「ご、ごめんなさい幼様!許して・・・!」

幼「・・・」シコシコシコシコシコ




137:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:46:36.82 ID:g1akZeYV0

男「う・・・うう!!あああああ!!」

幼「・・・」シコシコシコ

プシャッ!!ビシュ!!プシャァァァ…

幼「・・・フー、男・・・?」

男「はーはー、は・・・はい」

幼「・・・最低よ、あんた」ジロ…

男「ぅ・・・っく・・・」ヒック…

幼「・・・そうやってすぐ泣いたりすれば、許してもらえると思ってるんでしょ?」

男「そ、そんなこと・・・」

幼「あるわよね?じゃなきゃあ今イって潮まで噴かされたのにもう泣きながら硬くしてる意味がわからないもの」

男「こ・・・これは」ギンギン

幼「なに?なじられると反射的に勃起しちゃうようになっちゃったの?」

男「そ・・・そうです・・・」

幼「なに?それ。イヌだって待てって言われれば我慢できるのよ?」




138:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:47:42.55 ID:g1akZeYV0

男「は・・・はい・・・ごめんなさい・・・」

幼「・・・謝るにしても言い方一つで受けがよくなるのよ?練習してみる?」

男「あ、は、はい・・・!お願いします・・・!」

幼「じゃあとりあえず・・・私は常時発情期の、イヌ以下のヘンタイです。はい?」

男「は・・・」

幼「復誦するのよ!ほら早く!」

男「わ・・・私は常時発情期の、イヌ以下のへ、ヘンタイです・・・」

幼「ふふ・・・」ゾクゾク(小さい時から知ってる男が・・・こんな・・・///)

幼「・・・これからは犬並みになれるよう頑張りますので、どうかお許しください・・・はい」

男「・・・これからは犬並みになれるよう頑張りますので、どうかお許しください・・・」




139:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:48:32.41 ID:g1akZeYV0

幼「・・・うん、許してあげる」フフ

男「!よ・・・幼様・・・!!」

幼「はい、おいで?」オイデオイデ

男「ああ・・・幼様・・・幼様ぁ・・・」ギュ・・・

幼(・・・///)ゾクゾク

幼「・・・ね、男・・・いま、幸せ?」

男「はい・・・!幼様と一緒にいるだけで・・・幸せです・・・!」

幼「うん、わたしも・・・幸せよ///」ギュー

男「ああ・・・嬉しいです!」ギュー




140:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:49:13.17 ID:g1akZeYV0

幼「・・・とまぁ、さっきのはアメとムチを意識してみたんだけど。できてたかな?」ムグムグ

男「で、出来てたどころじゃないんじゃないか?ほんとに俺、幸福感じすぎたせいか頭がチカチカしてあんまり記憶がないんだよ・・・」ムグムグ

幼「そ、そうなの?///そんなに良かったならやった甲斐あったわね。ごちそーさま!」

男「ごっそーさん!それで・・・なんだけど」

幼「うん?」

男「飯作ってもらったり、イロイロ・・・してもらってるから、たまには俺が幼になんかしてあげたいんだけど・・・」




141:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:50:19.45 ID:g1akZeYV0

幼「そう?ありがと!ふふ・・・じゃあ、お風呂。一緒に入る?」フフ

男「あ・・・うん!も、もう溜めてあるから・・・」

幼「気がきくね?ありがと!じゃあ、はいろ?」

男「お、おう・・・」

ガチャリ

男(う・・・幼と狭い脱衣所で二人・・・)

幼「ほら、はやく脱いでよ!」スルスル・・・

男「あ・・・う、うん」スルスル

幼「あ・・・ん、もう」

男「?どした?」




142:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:51:01.29 ID:g1akZeYV0

幼「新しいブラだから、ホックの場所が・・・んぎぎ・・・」プルプル

男(で、でかい・・・)

幼「・・・男、外して?」

男「え、あ、うん・・・」(あれ?これ、どうなってんだ・・・?)

幼「もうちょっと、強く引っ張っていいから」

男「え、だ・・・大丈夫なのか?」

幼「うん、おねがい・・・」

男「こう・・・かな?」プチ

幼「うん、ありがと」クル

男(お、おっぱ・・・い)オパオパ

幼「・・・もう!凝視しない!」///

男「あ、す、すまん!」




143:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:51:49.61 ID:g1akZeYV0

幼「それで・・・何かしてくれるっていうのは、感謝の気持ちなんでしょ?」

男「え、うん、もちろん」

幼「そっか・・・じゃあ、脱いで?・・・でも、純粋に感謝の気持ちしかないんなら、オチンチンはおっきくしてないわよね?」

男「え・・・え?」

幼「そりゃそうでしょ?ご奉仕するのに、オチンチンなんて使わないんだから。ほら脱いで!」

男「う・・・」スルスル

幼「・・・あれ〜?」クスクス

男「・・・」ギンギン

幼「男ってば・・・結局こういうことしたかっただけなの?」クス

男「ち・・・ちが」

幼「違うかどうかはそのコに直接聞くから、入りましょ!」ガチャ

男「う・・・うん」バタン




144:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:52:29.76 ID:g1akZeYV0

幼「よい・・・しょ!」タプン

男(う、うわ・・・すごい)

幼「さてと、じゃあ体、洗ってもらおうかな!」

男「あ、おう、わかった」シュコシュコ

幼「・・・男?」

男「ん?」

幼「私、肌弱いから、タオルではこすらないでね?」

男「え、じゃあ・・・」

幼「入念に、しっかり手洗いして?」

男「手・・・洗い・・・!?わ、わかった・・・」




145:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:53:04.43 ID:g1akZeYV0

男「じゃあ、しつれいして・・・」ヌル

幼「うん・・・ンッ!」ピク

男「・・・痛くないか?」ヌルヌル

幼(男の手、吸いついて・・・)「気持ちいいよ・・・?」

男「・・・」ヌルヌル

幼「ん、あ・・・やぁっ」ピクピク

男「よ、幼…」ヌルヌル

幼「はぁはぁ・・・なぁに?」

男「ま、前も・・・いい?」

幼「ヘンタイなんだから・・・ん、おねがい」クル

男(お、おっぱい・・・が・・・!)




146:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:53:43.57 ID:g1akZeYV0

幼「見てないではやく・・・」///

男「あ、うん・・・じゃあ・・・か、肩から・・・」

幼「純情か!肩は後ろからでできてたでしょ?ほら、エンリョしてたとこがあるじゃない・・・」プルン

男「う、うん。じゃあ・・・」ヌル

幼「ん・・・くっ!」

男「あ!い・・・痛かったか?」

幼「だ、大丈夫だから・・・もっと、して?」

男「わ、わかった・・・」ヌルヌル…

幼「あぁん!」ピク!




147:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:54:23.29 ID:g1akZeYV0

男(や、柔らかすぎる中に、どんどん主張してくる突起が・・・!こ、これが・・・)
男「おっぱい・・・おっぱい・・・おっぱい・・・」ハァハァ

幼「ちょっと、連呼してるじゃない・・・んん!」ピク

男「幼・・・かわいいよ・・・」ヌルヌル

幼「こ、こらぁ・・・主導権とろうとするなぁっ・・・」ピクピク

男「・・・」ジィー

幼「・・・」ジィー

ン・・・チュ・・・

幼「ん・・・ふぅん・・・んちゅ」

男「ちゅ・・・ん・・・ぷは」




148:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:55:00.77 ID:g1akZeYV0

男「幼・・・」モミ

幼「こ、こら!もうきれいに・・・なったってば///」ピクピク

男「ああ、きれいだ・・・白い肌だから、赤くなってるのが目立ってる・・・」ヌルモミ

幼「ん、ふあぁ・・・だ、だめ、な、なんか・・・」ビクビク

男「胸だけで・・・俺の手で、イってくれるのか・・・?イって、幼をイカせたい・・・!」

幼「い、イクの・・・?私、イッちゃうの・・・?イキたい、イカせて?男・・・んぁっ!」ビク!
幼「んっ・・・ふぁ・・・あ、イク・・・イッちゃう!んんーーーーっ!」ビクンビクン…ビク…

男「幼・・・」

幼「はぁはぁ・・・また・・・調子に乗ったわね?」

男「!!」ビクゥ

幼「で、でも・・・今回はいいの・・・すっごく、気持ち良かったから・・・ありがと、男?」チュ




149:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 04:55:59.75 ID:g1akZeYV0

男「ああ・・・幼・・・」チュ

幼「でもまだ、途中よ・・・?ほら、ここは特に弱いから、舌できれいに・・・して?」

男「う・・・うぁ・・・よ、幼・・・」ペロ

幼「〜〜〜!!」(す・・・すごい・・・)ビクビク

男「ん・・・んむ・・・」クチュ・・・ペロ・・・

幼「んあぁっ!」

男(幼・・・!)チュパ・・・ペロ・・・

幼「んんっ・・・ほら、中も・・・」くぱぁ

男(え、エロすぎ・・・)チュ・・・クチュ・・・

幼「あぁ・・・いいよぉ・・・男の舌、らんぼうできもちい・・・」




150:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:01:42.14 ID:g1akZeYV0

幼「んん〜っ!さっきイッたのに、も、もう・・・あん!」ビクビク

男「んん・・・!イって…幼…」チャプ・・・ペロ・・・チュパ

幼「あ、またイッちゃうからね?わたしがいくとこぉ、ちゃんと見ててね?男・・・んあっ!」

男(幼・・・!)チュパチュパ!ペロ・・・チュパァ

幼「あ、あ・・・!イク!またイクううぅうぅ!」

ビクビクン!ビク・・・ガクガク・・・




151:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:02:21.40 ID:g1akZeYV0

幼「はぁ・・・はぁ・・・」

男「はぁ・・・はぁ・・・」

幼「す・・・はぁ、すごかったわよ・・・?」

男「幼がイってくれて・・・幸せだよ・・・」ハァハァ

幼「はぁ・・・はぁ・・・ふふ、こんないい子にはご褒美、あげないとね・・・?椅子にすわって・・・?」

男「え、う、うん・・・」スト

幼「ふふ、やっぱりがちがちにして、期待してたんだ・・・男?昨日言ってたこと・・・」

男「ん・・・?」

幼「挟んで・・・あげる・・・」

男「う・・・!うん、お願い・・・します」




152:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:03:03.48 ID:g1akZeYV0

幼「ん・・・しょ」タプン

男「うわ・・・やっぱりお、おおきい・・・」

幼「いっぱい気持ち良くなってね?いくよ・・・?」グニ

男「っ!?うあ・・・気持ちいい・・・!」

幼「ほらほらぁ」プルプル

男「くっあぁ・・・こすれて・・・!」

幼「ふふ・・・昨日まで何も知らなかった女の子にこんなことさせて・・・ヘンタイさん?気持ちいいの?奴隷なのにご主人さまに奉仕させて、征服した気分かしら?」タプタプ

男「うう、うん・・・!気持ちいいです、幼様!」

幼「んもう・・・すぐだらしない顔になるんだから・・・私がご主人様だってこと、忘れたらだめよ?いい?」タプタプ




153:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:03:45.67 ID:g1akZeYV0

男「は、はいぃ・・・!わかってます!きもちいいです!」ハァハァ

幼「ふふ、ほんとにわかってるのかしら?ほんとは誰でもいいんじゃないの?たとえば、委員長先輩とか・・・?」クス

男「そ、そんなことありません!幼様以外でこんな・・・勃起したりしません!」

幼「当たり前よねー?わかってるならいいのよ?そもそもあの女の貧乳じゃこんなことできないしね!あはは!」プルプル!

委員長「何だろう・・・?このイラつき・・・」ムカムカ

幼「いい?委員長先輩には・・・ううん他のだれにも男の無駄に大きいばかチンポを挟むなんてできないのよ!わかってるわね!?」

男「わ、わかってます!わかってますぅ・・・!」

幼「きゃははは!わかってますぅだって!なっさけなー!いい?男・・・あんたにはわたししかいないの。私だけ見るの。一生服従するの。それが気持ちいいから・・・はい、復誦」ムニュムニュ!!

男「お・・・俺には幼様しかいません!幼様だけ見てます!幼様に一生服従します!き、気持ちいいからです!う、うぁ・・・もう!」

幼「ふふふ・・・よく言えたわね!ご褒美よ!情けなくばかチンポイキなさい!今日一番濃ゆ〜いの、たっくさん出しちゃいなさい!」ゾクゾク

男「うあ・・・で、出る!」
幼「んっ・・・」パク

男「はさみながら・・・咥え・・・うぅっ!!」

ドピュドピュドピュ!!ビュビュッ!!ドピュピュピュビュグゥッ!!・・・ビュッ・・・ビュッ…

幼「ん!んぐ!」ゴクゴク

男「う・・・ぐあ・・・」ハァハァ




154:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:04:28.74 ID:g1akZeYV0

幼「ん・・・んく・・・」ゴクゴク

男「あ、ああ・・・」ガクガク

幼「もう・・・多すぎよ・・・そんなに良かったの?」

男「うう・・・はい・・・すごく・・・」ハァハァ

幼「ふふ、だいぶ素直になって、かわいい。さ、湯船入んないと風邪ひくよ?」

男「うん・・・」




155:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:04:58.39 ID:g1akZeYV0

ザパーーー

男「ヴぇぁぁぁ〜ふううーー」

幼「あはは、おっさんじゃん!おーいおっさーん!」

男「な・・・日本男児の風呂はこれが基本だ!」

幼「ヴぇぁぁ〜って!きゃはは!」

男「はは・・・まあ前回一緒に入った時はこんな声は出してなかったかな」

幼「最後に入ったのは・・・小3?かな?」

男「小3だよ、間違いない。幼んちで入って・・・あん時は大変だったからよく覚えてる・・・」




156:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:05:40.58 ID:g1akZeYV0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ザパーーー

小男〜「きもちいいね!幼ちゃん!」

小幼「うん、あったかーい」

小幼「ね、男くん、わたしたちおまたのかたちちがうよね?なんでだろ?」

小男「うーん、幼ちゃんはとししただから、もうすこししたらオチンチン出てくるんじゃないかな?」

小幼「そうなんだ!ちゃんとできるかな?ね、男くん、見てみて?」ザパ

小男「う・・・うーん、たぶん・・・」ムクムク

小幼「!?男くんのオチンチン成長した!おかあさーん!男くんのオチンチンがー!」ガチャ!ドタドタ…


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




157:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:06:13.90 ID:g1akZeYV0

男「・・・で家族会議だ。なんも知らないのに吊るしあげられて・・・」

幼「あはは、そういえばそうだった、ごめんね?男・・・」

男「いやいいけどね・・・」ハハ

幼「でもあの時、お母さんにさ」

男「うん?」

幼「もう男とお風呂入っちゃだめって言われたんだけど、私泣いちゃって・・・そしたら、いい子にしてたら、また一緒に入るようになるかもって言われたの」

男「・・・」

幼「たぶん、こういうことだったんだと思う・・・」///

男「はは、見抜かれてたんだな・・・」




158:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:06:53.49 ID:g1akZeYV0

幼「よーし!あがるよー!」ザパ

男「おう、先あがれよ?俺もうちょっとあったまるから」

幼「うん、わかった!・・・男のお風呂サービス、気持ち良かったよ///」ガチャ・・・バタン

男「あ、はは・・・それはよかった」///




159:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:07:29.41 ID:g1akZeYV0

男「ふぃーいい湯だった・・・あら?幼、寝てるのか」

幼「スー・・・スー」

男「おーい風邪ひくぞ・・・て」

男(お、おっぱいが・・・はだけとります!これはスニーキングミッションだ!大佐!)

男「・・・」ソロソロ・・・

幼「スースー」

男(よ、よし、襟をめくって・・・)パサ…

幼「・・・」パチ

男「はぅあ!!!」

幼「・・・男〜」

男「あ、あわわ・・・」

幼「こんなミエミエの罠にひっかかって!罰を与えるわ!」

男「ひぃ・・・!」




160:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:08:05.99 ID:g1akZeYV0

幼「膝枕・・・して」

男「・・・え?」

幼「ひーざーまーくーら!ほら!」

男「え、あ、うん・・・」スッ

幼「えへへ・・・」

男「・・・かわいいな・・・」フフ

幼「もう、すぐそういうことを///今日はもう男も休ませてあげないといけないし!それに・・・」
幼「ずっと・・・好きだったし?これからは、男としてみたかったかったこと、していくの!ほら!ンー」

男「幼・・・俺も、大好きだよ・・・」チュ

幼「ンー・・・チュ!えへへ///」




161:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:08:42.13 ID:g1akZeYV0

チュン・・・チュン・・・

幼「ふぁ・・・オハヨ」

男「おお、おはよう、メシ作ってるぞ」

幼「あ、ありがと〜」ファァ

男「今日は部活あるのか?」モグモグ

幼「ううん、今日は休みだよー」ムグムグ

男「そっか。今日は、そろそろ友が来るから、家に戻っててくれるか?」

幼「・・・なんで?付き合ってるって言えばいいじゃん」

男「え、いやほら、それはそれとして、男同志で積もる話もあるしさ」

幼「・・・ふーん?男からの指図1・・・と」メモメモ

男「指図って・・・しかもメモって・・・」

幼「・・・ふふ、然るべきときに還元してあげる〜」フフ

男「か、還元って・・・」ドキドキ




162:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:09:30.49 ID:g1akZeYV0

幼「あ、もう・・・すぐこれ・・・見境ないわね///」サワサワ

男「う・・・す、すまん///」

幼「ふふ・・・さっそく還元、しとく・・・?」
ぴーんぽーん!
男「き、来た!」

幼「え!も、もう!男がすぐ立てちゃうから!どうすんのよ!」

男「えっちょ・・・く、クツ隠すから!どっか、隠れといて!」ドタドタ

幼「もー!わかったわよ!ばか!」ゴソゴソ

男「はいはーい!」ガチャ

友「おいっす!・・・男、昨日の朝からすっと、なんか痩せたか?」

男「あー・・・そうかもな、はは・・・まあ上がれよ!」

友「あ、そういやちょっと、サプライズゲストがいんだけど!」

男「サプライズゲスト?」

委員長「こんにちわ!」

男「」




163:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:10:13.66 ID:g1akZeYV0

友「はは!あまりの驚きで気絶してんじゃん!」

男「あ、い・・・委員長!こんちわ〜、はは・・・」ダラダラ

友「ビックリしたr」男「ちょっとこい」グイィ

委員長「あ・・・お邪魔だったかな・・・?」

男「あ、ちょ・・・ちょっと待ってな!男性ならではのモノが散乱してるからさ」ハハ

委員長「え、あ・・・うん///」




164:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:11:01.89 ID:g1akZeYV0

友(なんだよ?その辺で偶然会って、男んち行くって言ったらヒマだから私もって言われたんだよ!華があったほうがいいだろ?)ヒソヒソ

男(おま、だって、前もって言えよ!幼が知ったら・・・)ヒソヒソ

友(なんでだよ?付き合ってるわけじゃないんだろ?焼きもちは妬いてくれそうだけど、ヒヒ)ヒソヒソ

男(いやそ・・・)ヒソ…

友(どっちにしろ俺もいるんだから、別に変な風にはならねーよ!お前と二人にしたらわかんねえけど?)ニヤニヤ

男(むしろ三人だからまずいんだけど・・・)




165:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:11:55.15 ID:g1akZeYV0

男「お、おまたせー!」

委員長「あ、あの・・・私、迷惑だったら・・・」

友「んなことねーって!なあ!」男「あ?ああ、あがってあがって!」

委員長(・・・って言えば、上げるしかないわよねー・・・)フフ

・・・バタン

男「どうぞー」(幼はどこに隠れたんだ?俺の部屋かな?居間にいればいいよな・・・)

友・委「おじゃましまーす!」

幼(・・・!女の声?)




166:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:12:40.67 ID:g1akZeYV0

男「んじゃま、こたつにどーぞ!」

委員長「あれ?お部屋じゃなくていいの?」

男「あー、うちしばらく親がいないから。部屋は散らかってるし、暖房効きにくいから」ハハ

友「まあたしかに、この季節は居間にいることが多いなあ」

男(ナイス友!)

委員長「・・・そうなんだ。じゃあ、おじゃまします〜」ゴソ

友「お邪魔します、あーあったけー」ゴソ

男「まあ、茶かなんか持ってくるよ。」

委員長「ありがと!」友「サンキュー」
ピロリン
男(チャットか・・・幼?)

幼<なんで女の人きてんの

男(!?)<聞こえるとこにいんのかよ!?いやたまたま・・・ていうかどこだよ!?

幼<そのうちわかるわ

男(こえーよ・・・)




167:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:13:53.45 ID:g1akZeYV0

男「ほ、ほい」コト

友「すまんな」委員長「ありがとね!」

男「いえいえ。あーさむさむ」ゴソ

委員長「お休みの時って幼・・・さん?来てたりしないんだ?」

男「え?あ、そ、そりゃね!そんなしょっちゅうは・・・」

幼「・・・」イラッ

友「うん、俺結構来てるけど幼ちゃんがいることあんまないよな」

委員長「ふぅん・・・」

男「委員長の家はこの辺なのか?」

委員長「え?ま、まあそんなとこよ!」(連絡網の住所見てうろついてたなんて言えない・・・)

友「あ、男、ちょっとトイレ貸してくれ」ゴソ

男「ん、ああ、どーぞ」




168:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:15:04.31 ID:g1akZeYV0

委員長「・・・」男「・・・」
委・男(気まずい・・・)

委員長「あの!お菓子、作ったんだけど・・・」

男「えっ!?お、サンキュー!・・・って、たまたま持ってたんか?」

委員長「えっ・・・あっ!そ、そうなの、たまたま・・・」アハハ

男「そっか・・・うん、いただきまー」グニィ!「ひゅえっ!!」

委員長「ど、どうしたの!?」

男「な、なんでもない!」(ま、まさか・・・!)

ピロリン
幼<どこにいるか、わかったでしょ?

男<こたつか・・・

幼<友先輩と二人ですぐ部屋に上がると思ってたからね!ふふ、こうなったら隠したきゃがんばって隠してね?私はばれてもいいけど・・・
<それから、私がなにしようと邪魔したらだめだからね?

男(・・・)ゾク




169:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:15:54.38 ID:g1akZeYV0

委員長「どうかな・・・?」

男「あ、うんうまいよ!」

幼「・・・」ムカ

ゴソゴソ・・・ジィー・・・

男「!?」ムクムク

幼「・・・ぷぷ」ニギ
幼<すぐ反応しちゃったね?よくできました

委員長「なにか、聞こえた?」

男「!・・・気のせいだろ?」

委員長「・・・ねえ、男君」

男「ん?」

委員長「昨日のこと、気にしてないし、誰にも言わないから・・・」

男「え、ああ、ありがとう・・・」

幼「・・・!」シコシコ

男「!っ・・・く」




171:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:20:31.79 ID:g1akZeYV0

委員長「それで・・・男君が幼さんのど、奴隷だっていうなら・・・彼女はいないってことかしら・・・?」

幼(!・・・どんなプラス思考なのよ・・・!)シコシコ

幼<さっさと否定しなさい!

男「うぅ・・・いや、その・・・」

ジャーーーー

男・委「!」

友「ふう・・・溜まってたからなー、あ、小だよ?」ゴソ

委員長「そうなの、あはは」

幼「・・・んー」ペロ

男「な、舐め・・・!」

友「え?」

男「な、舐めてきれいにしたか?友!」

友「なわけねーだろが!」アハハ…




172:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:21:41.40 ID:g1akZeYV0

幼「ん・・・ん・・・」チロチロ・・・チュポ

男「!・・・」

幼<じゃ・・・私に聞こえるように実況しなさい

男「!?」<む、難しい・・・けど・・・がんばります

幼<いい返事よ?頑張ってね?

幼「・・・」グニ…グニ…

男「あ・・・た、たま(玉)にはモミ(揉み)の木でも見たいな・・・」

友「年一回見れんじゃねーか、クリスマスにさ・・・縁はねーけど」

委員長「わ、私も縁はまだないんだけど・・・///」




173:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:23:07.50 ID:g1akZeYV0

幼「んふふ・・・あむ・・・ちゅぽちゅぽ・・・ちゅば」

男「グ・・・フライパンでの調理は、少しずつ油を加え(咥え)ながら、舌で舐めて温度を確かめるんだっけ・・・?」

友「え・・・手を近付ければいいんじゃねーか・・・?」

委員長「そ・・・そうね、舌は・・・危ないかもね・・・?」

幼「プクク」

幼「・・・」シコシコ…チュパ

男「いやしかし、部活のシゴキはきついよな・・・舐められながらさ・・・」

友「さっきから舐められながらッてなんだよ?しかも帰宅部じゃねーか・・・あ・・・ちょっとまたトイレ!」

男「茶飲みすぎだろ・・・いってらっしゃい」委員長「ふふ、ごゆっくり」

ガチャ…バタン

委員長「・・・ね・・・男君、お話の続きなんだけど」

男「ごくごく、ングッ!え・・・」ギク

委員長「よかったらわたしと、モミの木・・・」

幼「・・・もう!!」バサ




174:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:23:58.29 ID:g1akZeYV0

男「ブーーーーーッ!!!」ブバァ

委員長「え、きゃあああ!」

友「!?」

幼「あらやっぱり・・・こんにちわ、委員長先輩?」

委員長「ななな・・・」

幼「何も知らずに私の男を誘惑しようとして・・・見てなさいよ!」バサ!

委員長「な、なによ・・・!」

友「どどどーした!?」ドタドタ

男「え、あ、その!お茶噴いちゃって!」

委員長「そ・・・!?そう、なのよ・・・!うん!」(私は誰にも言わないって約束したから・・・うう)




175:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:25:14.84 ID:g1akZeYV0

友「男を吹かせるって、どんな話したんだ委員長!?」

委員長「どっ・・・」男「あ・・・あの、モノマネがうまくってさ!」委員長「!?」

友「へーよかったら見してよ!」

委員長(うう、男く〜ん・・・)ジワァ

男(す、すまん委員長・・・いろいろすまん・・・)

委員長「え、っと・・・だ、だんかんばかやろう!この・・・だ、だめだこりゃ!」

男・友「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

委員長「・・・うぅ」//////////////////

友「あ・・・っと、ただただカワイイだけなんだけど・・・なんか混ざってるし・・・これでお茶噴いたのか?」

男「あ・・・口に2リットルぐらい入れてたからな・・・はは」

友「そ、そりゃなにもしなくてもふくだろ・・・」

委員長「う・・・うぅう・・・」///

幼(ぷぷ・・・男ナイスよ)




176:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:26:18.53 ID:g1akZeYV0

幼(さて、そろそろ・・・)シコシコ

男「・・・ぅく・・・」

委員長「・・・!」

幼<男?実況はいいからこのチャット・・・委員長先輩に見せたげて・・・?

男「・・・!友、あれ、なんか飛んでないか?・・・」ス(い、委員長これ・・・ごめん!)

友「んあ?どこよ?」

委員長(え、ケータイ・・・?)

幼<はーい、委員長先輩みてます?トクベツに実況してあげますから、想像してくださいね?

委員長(・・・!?)<な、何するつもりよ!やめなさい!

幼<ふふ、べーだ!

委員長「・・・!」

友「なんもないけど・・・」

男「あら?気のせいか・・・はは」




177:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:27:56.41 ID:g1akZeYV0

幼<いまからぁ、男のおちんちんをぉ、喉の奥ぅ、限界まで咥えまぁす!

委員長(この・・・!)

幼「ん、んも・・・んん〜!」ズヌヌヌ…

男「・・・!」(ど、どうなってんだ・・・!?)

委員長<やめてよ!こら、やめなさい!

幼「んん・・・んぐ〜!」ニュニュ…

幼「んん・・・」フー・・・フー・・・

幼<あぁ、おっきい・・・すっごく硬いですよぉ・・・?喉の形変わっちゃいそう・・・
<このまま、喉奥で、ゆうべい〜っぱい頑張ったおちんちんを、癒してあげるんです・・・

幼「・・・ん、ふん・・・」ンッンッンッン・・・ンムンム・・・チュパチュパ…

委員長(やめ・・・てったら!)ゴソ…ガシ!

幼・男「!?」

友「二人ともどした?」

男・委「なんでも!」




178:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:29:06.51 ID:g1akZeYV0

委員長<わたしが手でするから、口離しなさい!シコシコ…

幼<ちょっとまた!やめてよ!チュパチュパ!

男「うっく・・・」(天国なのか地獄なのか・・・!)

幼<邪魔しないで!もう、ぜったい先輩にはできないことしてやる!ヌプ

男「あふっ!あ、あーっくしょい!」ビク

委員長<なにしてるのよ!

幼「・・・」<お・し・り・・・ズプ…クニ、クニ・・・

委員長(・・・!)シコシコシコシコ!!

幼「・・・!」クニ・・・チュプチュパ・・・ンチュチュピ・・・

男(っあ・・・もうむり・・・!)ビクビク!!

幼・委(!!)

ドピュー!ビュビュ!ドピュドピュ!ビュッビュッ…

幼「んっんっ、んん〜!」ゴクゴク・・・

委員長(で、でてるの・・・?)

幼<いーっぱいでたぁ・・・先輩のときの倍ぐらい・・・濃ゆいし、すっごぉい・・・
委員長(・・・!)




179:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:30:07.06 ID:g1akZeYV0

友「おじゃましやしたー!」委員長「・・・おじゃましましたあ・・・」(また負けた・・・)ズーン

男「お、おう、またな?」
バタン

男「よ、幼・・・?」

幼「ここよ」

男「うを!」

幼「・・・」

男「えっと・・・あれはですね・・・!?」

幼「ん、んー!」チュ!

男「っぷは・・・おい、よ・・・んむ!」チュ!

幼「ん・・・んん・・・」チュ・・・クチュ

男「んむ・・・」プハ

幼「男・・・」

男「幼・・・ごめん、はっきり断れなくて・・・」

幼「うん・・・」

男(しおらしいな・・・?)




180:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:30:51.74 ID:g1akZeYV0

幼「・・・うん、覚悟きめた!」

男「な、なんの?」

幼「私の処女、今日もらって?男・・・」

男「」

幼「ふふ、ほら、シャンとして・・・言い方違ったわね?」

男「・・・ぇ・・・」

幼「私の処女膜で、私に入りたい入りたーいって言ってる下品チンポ、筆下ろししてあげる・・・」

男「ほんと・・・ですか?よ、幼様・・・」ムクムク

幼「ほんとよ・・・?」

男「ああ・・・」(ついに・・・)

幼「た・だ・し・・・」

男「!?」




181:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:32:04.26 ID:g1akZeYV0

幼「男の無駄におっきいおちんちん、こんなせまいとこに入れたらきっとすっごく痛いから・・・」サワ

男「う・・・」ゾクゾク

幼「男にも、いろいろ耐えてもらうからね?」

男「は・・・はい!幼様!」

幼「ん!いい返事!じゃあまだお昼過ぎだし・・・出かけよ?」

男「・・・え!?」




182:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:32:35.51 ID:g1akZeYV0

ショッピングモール

幼「あのね?初めてはムードが大事だから、男好みの下着をつけたいの・・・」

男「な、なるほど・・・それで・・・?」ゴク

幼「好みの下着、選んできて?」

男「ここ、男だけで入っていいのか・・・?」

幼「さあ?・・・いろいろ耐えるっていうのはうそだったの?」

男「い、いってきます!」

幼「いってらっしゃい」ニコ




183:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:34:46.24 ID:g1akZeYV0

モブ<オトコヒトリジャーン、キモ・・・イイノー?アレ・・・ヒソヒソ

男(う、うぅ・・・)ゴソゴソ・・・

幼「・・・」ギロ

モブ<・・・!ソソクサー

幼「見つかった?」

男「あ、うん、これ・・・とか・・・」

幼「いちご柄の上下ね・・・!こ、これ、胸の下の方しか布ないし、下穴あいてるんだけど・・・!」///

男「え!あ・・・が、柄とサイズしかみてなかった・・・!」

幼「・・・これにするわ」

男「・・・え!?」

幼「試着してくるね・・・?」




185:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:35:35.14 ID:g1akZeYV0

幼「まってて・・・」シャーッ

男(あんな・・・すごいデザインだったとは・・・)

幼「男・・・?」シャ・・・コイコイ

男「幼?」

幼「・・・」グイイ!

男「わっ!」シャ!

男「幼・・・!」

幼「うふふ・・・どう?」プルン…

男「すごい・・・似合ってる・・・」ムクムク

幼「ふふ、ありがと・・・ね、どうせおっきくしてるでしょ?」

男「う・・・うん///」

幼「・・・出して?」

男「はい・・・」カチャカチャ…ボロン




186:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:36:59.18 ID:g1akZeYV0

幼「うっふふ・・・ぴらっ」ピラ

男「・・・!」ビクン!

幼「びくってしたぁ・・・ここに、挟んで?」ムニ…

男「あ、は、はい・・・」クチュ

幼「ん・・・素股ってやつね・・・?」

男「はい、あ・・・濡れてる・・・」

幼「さっき宣言してから、止まらないの///うごかして・・・?」

男「ん・・・うん・・・」クチュ…クチ・・・チュプ

幼「あ・・・っ、イイよ・・・?」

男「・・・はぁはぁ」ニチュ…クチャリ…

幼「ん・・・んん・・・はぁん・・・」クイクイ

男(幼も腰動かして・・・あぁ、クラクラする・・・)ニチャニチャニチャ…




187:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:37:51.82 ID:g1akZeYV0

幼「んひっ・・・あ、ふぅ・・・」

男「や、やばい・・・幼・・・」ニチニチ!

幼「あっう、うん・・・」

男「あっあっ、で・・・!」
幼「んっ!」ギュウウウ

男「う、はぁ・・・!」ビクビク

幼「だーめ、家まで我慢して・・・ね?」

男「う・・・はい・・・」

アリガトウゴザイマシター




188:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:38:46.09 ID:g1akZeYV0

幼「ふー、ただいまー」

男「ただいまーっと」

幼「はい、脱いで?」

男「!?は・・・はい!」カチャ・・・パサ・・・ボロン

幼「ふふ、脱ぐのはやーい・・・期待しすぎよ?私はこれつけてくるね?」

男「は、はい・・・」




189:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:39:28.42 ID:g1akZeYV0

幼「男・・・おまたせ・・・どうかな///」タプン・・・

男「幼様・・・エロくって・・・かわいいです・・・!」

幼「ふふ、それじゃあ・・・」

男「・・・」ゴクリ…

幼「四つん這いになりなさい」




190:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:40:39.20 ID:g1akZeYV0

男「!?」

幼「ほら・・・はやく!ボサっとしないで!」

男「は、はい!」ガバ

幼「よしよし。じゃあとりあえずかんげーん」ぺた

男「・・・!」

幼「イヌみたいに・・・足裏舐めて?」

男「・・・はい!」ペロペロ

幼「あはは、くすぐったーい!どう?蒸れてるでしょ?そのためにわざわざ出かけたんだから・・・」

男「はぁ・・・はぁ・・・」ペロペロ

幼「んふふ、どう?くっさいでしょう?」

男「あ、はい!とてもくさいです!」

幼「なわけないでしょ!」ドベ!

男「!?」




191:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:43:29.32 ID:g1akZeYV0

幼「そんなことありません、いい香りですっていうのが正解なのよ?」

男「す、すみません・・・」

幼「ま、足はいいわ・・・そのまま四つん這いでいなさいね?後ろから観察してあげる」

男「!?はい・・・」

幼「・・・ぷ、あはは!おしりの穴丸見えよ!ばかチンポと、キンタマもばっちり!」

男「うう・・・はずかしいです・・・」

幼「はずかしいと我慢汁でちゃうんだぁ、あんたは?ねね、写真撮るわね!」スチャ

男「え、ええっ!?」

幼「ほらこっち向いて・・・向きなさい!」

男「う、は、はい・・・」クル

幼「ぷぷ、ヘンタイすぎるわね!いくわよ?はい、チーズ!」パシャ

男「う、うう・・・」




192:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:44:30.67 ID:g1akZeYV0

幼「うーうー言いながらさっきよりまたこれおっきくしてんじゃないの!」ガシ

男「ふぁっ!」

幼「ねえ、どうなの?イヌ以下の扱いを受けるとすっごく興奮するんじゃない?」シコシコ

男「し、します!興奮します!」ビクビク

幼「当然よねぇ?わたしがそうなるようにしてあげたんだから・・・感謝してる?」シコシコ

男「してます!幼様、ありがとうございます!」

幼「おしりにも指ぐらいならすんなりはいるよねー?」グニィ!

男「ぐうぅ・・・!うああ!」




193:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:45:58.54 ID:g1akZeYV0

幼「ヘンタイプレイ専用のマゾ奴隷にされてうれしい?」シコシコ

男「うれしいです!」

幼「ほんとなら守ってあげなきゃいけないような妹みたいな幼馴染に服従するのきもちい?」シコシコ

男「きもちいいです!」

幼「私のこと・・・愛してる?」シコシコシコシコ!

男「うあっあ・・・愛してます!あっあっあ・・・!でる・・・!」ビクビク

幼「私も愛してる・・・だから、我慢できるわね?」ピタ

男「ぐ、ううぅうぅっ!」ガクガクガク




194:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:46:59.23 ID:g1akZeYV0

幼「ふふ、さ!立ちなさい?ベッドいくわよ?」

男「あ、はい!」

幼「じゃ、男?横になって・・・?」

男「はい・・・」ゴロ

幼「ん、いいわよ・・・?」クィ

男「幼様・・・?」

幼「どーん!」ドーン

男「わぶっ!」

幼「あはは!どう?顔に座られるのどう?くるしい?」グリグリ

男「んー!んーむー!」

幼「何で答えないのよ!この奴隷は返事もできないのかしら!」グリグリ

男「んん!んぐ!」




196:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:47:53.06 ID:g1akZeYV0

幼「答えないと降りないわよ!気絶で済めばいいけどね!あはは!」グリグリ

男「んぶぶぶ・・・!!!」

幼「ほらほらー、はやく答えてぇ?男ぉ・・・」グリグリ

男「んいい・・・!」ペロペロ!

幼「ひゃあ!///」ビクゥ

男「ぶはーーー!はぁはぁはぁはぁ・・・」

幼「んもう・・・///まあ一応答えたわね・・・」

男「はぁはぁ・・・」

幼「・・・じゃ、今度は舐めて?私も舐めたげる・・・」チュプ・・・




197:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:50:51.12 ID:g1akZeYV0

男「ん・・・んむ・・・」チュプ・・・チュパ・・・

幼「んん・・・んふ・・・」ペロ・・・チュプチュプ・・・

男「んぐ・・・!んん・・・」ペロペロ

幼「んんー、裏筋、しつっこく責めてあげる・・・」チロチロチロチロ・・・チュプゥ・・・チュパ

男「ん、んはぁ・・・」チュパァ・・・ペロペロ

幼「あん!ふふ・・・こんなのは・・・?」ムニュ・・・チュピチロチロ・・・

男(うああ・・・!)

幼「これはなんていうの・・・?」

男「ぱ・・・パイズリです・・・」

幼「ふぅーん・・・いかにもえっちそうな名前ね・・・」クスクス

幼「ほらほらぁ・・・どう・・・?」ズリュズリュ・・・

男「あ!うう・・・!さっきまでので、もう、限界・・・!」

幼「・・・出しちゃおっか?その方が長持ちしてくれそうだし・・・?」




198:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:52:17.12 ID:g1akZeYV0

男「は・・・はい!出させてください・・・!」ペロペロ

幼「んふふ・・・足ピーンてしちゃってるね?イキそうなんだぁ・・・?」チュパチュパ

男「ううう・・・!も、もう・・・!」ビクビク

幼「イク?どぴゅどぴゅしちゃう?」ズリ!ズリ!

男「い!イキます!ううう!」

幼「はいがまーーーーん」ピタ

男「うあああ!出させて!イカせてください幼様ぁ!」ビグビグ!

幼「だーめ。ばかチンポ落ち着かせてね?」クスクス




200:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:53:26.31 ID:g1akZeYV0

幼「・・・はい、おちついた?」

男「は、はい・・・」

幼「よしよし、じゃこんどはこれー」プルプル

男「あ・・・」

幼「オナホールね?我慢汁だらっだらだけど、入れた瞬間出しちゃわないようにね?ふふ」ヌププ・・・

男「ぐぐ、ぐぎぎ・・・!」ビクビク

幼「あっはは、腰ガクガクしてるぅ!どう?すぐ出ちゃいそうなんじゃない?」

男「は、い・・・もう、動かしただけでやばい・・・!」

幼「それはわかんないわよ?やってみない・・・と!」ニュコニュコニュコニュコニュコ!!

男「うああああ!!ヤバイヤバイヤバイ!ああ、いくいく!」ガクガクガク

幼「だめだめだめ!いっちゃだめよ!」ヌコヌコヌコ!!

男「ああ!もう!でる!でますぅ!こんどこそ!」

幼「はいストーーーップ!」ヌポォ

男「あ、ぎゃああああああ!!!」ビクビクビクビク!!




201:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:54:52.58 ID:g1akZeYV0

幼「あははは!おもしろーい!一晩中これでもいいわね!」

男「はぁはぁ・・・幼様、許して・・・イカせてぇ・・・」

幼「ふふ・・・」ゾクゾク

男「トイレのあと舐めてきれいにします、全裸で町歩きます、なんでもしますから、入れさせてくださいぃ・・・」エグ、ヒック・・・

幼(・・・ぅうー///)「あ、あらあら、また私泣かせちゃった・・・?ごめんね?男の先輩らしい学校での姿とのギャップがたまんなくて・・・つい軽いいたずらしたくなっちゃうの・・・」

男(かるい・・・)




203:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:56:23.30 ID:g1akZeYV0

幼「・・・いいわよ・・・?私とセックス、しましょ・・・?」

男「・・・ああ・・・幼様!」

幼「子作りのためだけに腰を振って、私がイッてもあんたがイッても、抜かずに動かし続けて・・・そのままご飯も食べて・・・お風呂入って、寝て・・・外してあげるのは私が飽きたら・・・それで私、飽きたりなんかしないけど、それでもいいの・・・?」

男「は、はい・・・!」

幼「どうせ、入れたらすぐイッちゃうだろうから聞いとくけど、私の処女奪ったら、この先一生奴隷よ・・・?そんな人生でいいの・・・?」

男「俺・・・あの時幼様にオナニーを見られたのは運命だったって・・・もう、幼様の奴隷以外の人生は考えられません・・・!奴隷に、してください・・・!」

幼「・・・うん、男・・・よーく見て・・・」くぱぁ

男「ああ、き、きれいです・・・」

幼「うん・・・今から始めて、終わったらなくなっちゃう処女膜、よく見といてね・・・?」

男「はい・・・!ああ、みてるだけでやばいです・・・」ビクッ

幼「だめ、我慢して・・・?処女の私の、最後の姿・・・」

男(なんだか、真っ白い、蛇見たいな・・・うねって、つやつやで、えろい・・・!)ビクンビクン




205:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 05:58:10.69 ID:g1akZeYV0

幼「じゃあそろそろ、いくね・・・?」ツプ・・・

男「あ、あ、ああ・・・幼様・・・!」

幼「んっ!んん・・・」ミチミチ

幼「んっ!」ブツッ

幼(い、いったあああああ!)じわぁ

男「よ、幼様!大丈夫で・・・」

幼「だいじょぶ・・・あんたはオチンチンに集中してなさい・・・!」ミチミチ・・・!

男「あ、ああ!飲み込まれる!」

幼「くうぅ・・・!ぜんぶ、はいったぁ・・・?」

男「も、もうすこし・・・」(幼のマンコ・・・限界以上に拡がって・・・!)

幼「くうう、はいっ・・・ったぁ!」ズプ!!

男「く、うあああ!動いてもないのに!もう!出る!」ビクビク

幼「いいよ・・・?何も考えないで!中に出しなさい!ああ!」ビクビク

男・幼「い、イク・・・!」

ドビュビュビュドビュッ!!ビュビュビュビュ!ドビュビュ!ビュビュゥ!ビュッ・・・ビュッ・・・




207:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 06:02:27.29 ID:g1akZeYV0

幼「あ、ぅあああ!ああ・・・んあっ!」ビグビグビクビク!!!

男「くあぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

幼「ふぅ・・・はぁ・・・」

男「す・・・すごすぎる・・・」

幼「ふふ、やっぱりすぐイッたぁ・・・でもこんなものじゃおわらないよね・・・?」

男「は、はい・・・」ビク

幼「んふふ、中でおっきくなったよ・・・?ここからは、奴隷とご主人様のセックスだね・・・ふふ・・・」




209:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 06:04:20.05 ID:g1akZeYV0

幼「じゃあ、休憩おわりね?いくよ・・・?」

男「はい・・・!」

幼「んっんっ!」ズプズプ

男「ああ・・・気持ちいい・・・さっきと違って、形がはっきりわかる・・・!」

幼「ふふ、私を貫いといて、終わったら覚えてないなんて許さないからね・・・?」

男「入口はきつくて、中はうねって締め付けてくる・・・はぁはぁ・・・!」




210:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 06:11:48.44 ID:g1akZeYV0

幼「ほ、ほら・・・がんばって突き上げてみて?入れてすぐイって終わりなんて、童貞のままみたいなものよ?」

男「うう・・・!幼様!」パンパン!

幼「そ!・・・っそう、いいよ・・・ご主人さまに遠慮なく中出しなんてしちゃってまだ入ってるんだから、すぐ終わっちゃもったいないでしょ・・・?」

男「うっぐっ・・・!はぁはぁ!」パンパン

幼「あんあっ・・・!ちょっと、弱ってきたみたいね・・・?これで気合い入れて?」グニィ

男「あ、またアナル・・・!!」

幼「ふふ・・・見つけちゃったの、これ・・・前立腺?だっけ?」

男「ぐあぁ!うう、うああ!」パンパンギンギン




211:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 06:13:19.28 ID:g1akZeYV0

幼「男のチンポまたおっきくなったぁ・・・!引っ掻きながらどこまでも奥に入ってくるみたい・・・!わけわかんなくなる・・・!」

男「幼様が・・・感じてる・・・!さ、さっきだったのに、また・・・!」

幼「いいよ・・・?何回でもイって?孕ませるつもりできて!」ズップズップ

男「ああ、また!イク!イキます!幼様に中出しします!」ビクビク

幼「わ、私もイクから!いっぱいドピュドピュだしてえ!」ビクビク

男「あ、ああっ!」

ドビュビュビュドビュッ!!ビュビュビュビュ!ドビュビュ!ビュビュゥ!ビュッ・・・ビュッ・・・

幼「ああ!ああぁあぁあああっ!!」
・・・・・・・・・・




212:ドエマー ◆zd35OyvQf/aN :2013/03/02(土) 06:13:49.29 ID:g1akZeYV0

チュンチュン・・・チュン…

幼「ん・・・おはよ!男!」チュ!

男「おはよ・・・幼」チュ!

幼「男・・・?」

男「ん?」

幼「今日はアソコがジンジンするから・・・奴隷として、朝ご飯作って!」

男「え?そういうのは言わないんじゃ・・・」

幼「んもう!こんな時ぐらい気を使ってよ!」アハハ

男「わかってるよ、冗談!はは」

幼「あのね?今日いろいろしてくれたら・・・」

男「うん?」

幼「今夜倍にして返してあげるから・・・よろしくね?私の奴隷さん?」チュ

男「・・・わかりました、幼様・・・」チュ

劇終




213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 06:14:25.04 ID:YzZMRRGO0

マゾヒズムは内面描写控えめでもなんとかなるんだな
べんきょうになります




218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 06:20:33.85 ID:g1akZeYV0

>>213言葉責めに重点置いてたからいいかなーと思って、説明口調にならんようにきをつけつつ

案外楽しかったのでまた続きなり新しいのなり書くかもしれんが、また反応なくても連投しまくってやるわ!
さらば




214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 06:14:50.27 ID:WRAN154v0

素晴らしかった






217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 06:18:30.27 ID:4TihoTJg0

Mシチュあまり好きじゃ無いんだが、これは良かった。
乙〜




219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 07:17:38.25 ID:+iNWgcvjO

次も期待してるぜ乙




220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 07:18:06.10 ID:xtyDXj0u0




おさこん 〜幼馴染とイチャラブ結婚活動〜
おさこん 〜幼馴染とイチャラブ結婚活動〜
カテゴリー幼馴染「」のSS一覧
管理人のオススメSS
 
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [DVD]
ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
ルイージマンション2
メタルギア ライジング リベンジェンス(通常版) 数量限定特典『サイボーグ忍者』カスタムボディDLC同梱/『MGS4雷電』カスタムボディDLC付き
レイトン教授と超文明Aの遺産 ( 初回生産分封入特典: レイトン教授・超文明の秘宝 宝くじ 同梱)
キングダム ハーツ -HD 1.5 リミックス-初回生産特典:KINGDOM HEARTS for PCブラウザ(仮称)で使用できるアイテムシリアルコード 同梱
ドラゴンズドグマ:ダークアリズン
初音ミク -Project DIVA- F 初回限定特典 オリジナルラバーストラップ 付き
バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション

 

SS宝庫最新記事50件