過去の良作・時事ネタの再投稿です。
ピックアップ希望のSSがある場合は下記リンクからお願いします。
SS宝庫のオススメSS(2015/02/20追加済み)

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 17:34:32.31 ID:g8Gl7C3i0
男「ちょっと待て、お前今なんて」

幼馴染「だからぁ、○ナニーだよオ○ニー!」

男「一回黙ろうか」

幼馴染「何で?」

男「あまりその言葉は人前で、こう例えば学校の帰り道なんかで使っちゃいけないんだ」

幼馴染「なんで?」

男「マナーだ」

幼馴染「マナー?」

男「そうだ。物を食べる時に口をあけてくっちゃくっちゃやると嫌われるだろう?それと同じだ」

幼馴染「私ちゃんと口閉じて食べるよ!」

男「おうわかった。だからとりあえず、この話はまた今度ということで」

幼馴染「嫌!」

男「なんで!?」

幼馴染「学校で知らないの私だけなんだよ!?友達に聞いても、『あんたは知らなくていいよ(微笑)』って言われるし」

男「(微笑……)」

元スレ
幼馴染「ねぇねぇ!オ○ニーって何!?」 男「!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1359707672/


アスカ「ん?コネメガネからメール……?」
妹「そういやさ〜今日何の日か知ってる〜?」ニヤニヤ 俺「ヤ〜〜〜〜wwwwwレンソ〜ランソ〜ランwwwwソラァwwソ〜ランwwwwソ〜ランwwww」
幼馴染「ねぇねぇ!オ○ニーって何!?」 男「!?」
光彦「いいですよ灰原さん、その調子でしゃぶってください」
女僧侶「中で出して…っ♥びゅくびゅく欲しいの…っ♥」
クラスのヤリ●ン3人に「30分以内にイカせたら5000円ちょうだい」と言われた結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【画像】JSのお●ぱいにも完敗しそうなド貧乳女子・・これは泣けるwwwwwwww
6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 17:37:11.08 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「だからさぁ、ちょこっと教えてくれるだけでいいの!ねぇ、知ってるんでしょ?」

男「……知ってる、知ってるがな」

幼馴染「私の悪口なの?」

男「いやそれだけはない」

幼馴染「じゃー大丈夫じゃん!教えてよ!」

男「……いや、場所が悪いというか」

幼馴染「説明するのに場所が関わるの?」

男「だからさっきも言っただろうが!マナーだ、マナーの問題なんだ!」

幼馴染「マナーねぇ……」

男「だからこういう話はなんだ……その……もっとこう、一目につかない場所でやるべきというか」

幼馴染「じゃあウチいこっか!」

男「!?」

幼馴染「どうしたの?さ、早く!早く!」

男「ちょ、ちょっと待て、ちょっと待て!」

幼馴染「なんで?」




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 17:41:38.46 ID:g8Gl7C3i0
男「いや……この話はなんだ、密閉空間で男女二人で行うような話じゃないというか」

幼馴染「じゃあお母さんも連れて来よう!」

男「なお悪いわ!」

幼馴染「えー?じゃあどうしたらいいの?」

男「えーとだな……そうだ!お前のお母さんに聞けばいいじゃないか!」

幼馴染「教えてくれなかった」

男「え」

幼馴染「『そういうのは友達にでも聞きなさい』だってさ……」

男「いやおかしいだろ!」

幼馴染「だーかーらー……お願いー」

男「むむむ……」

男「(なるべくなら教えたくない……純粋なままでいてほしいのと、教えるのが恥ずかしい)」

男「(しかしこいつが……知らないまま大人になったとして、同僚や先輩にこんなことを聞いたとしたら……)」

ホンワホンワ




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 17:43:24.95 ID:g8Gl7C3i0
――――――

幼馴染「先輩!オナニーってなんですか!?」

先輩「知らないの?じゃあホテルいこっか教えてあげるよ」

幼馴染「はい!」

――

先輩「服脱いで」

幼馴染「え?服脱ぐんですか?」

先輩「そうだよオラァ!!」

ズブッ!!!

幼馴染「きゃああ!!」

先輩「これがオナニーだよ!!」

ズッブズッブ

幼馴染「痛い!すごく痛い!!」

―――――――




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 17:44:49.41 ID:g8Gl7C3i0
ホンワホンワ

男「……(てな感じになりかねん!!)」

幼馴染「どうしたの?さっきから黙って」

男「……わかった、教えてやる」

幼馴染「ほんとー!?うれしー!」

男「ちょっとうちに来い」

幼馴染「いいよ!……あ、でもちょっと待って」

男「?」

幼馴染「準備してくから!」

男「何の」

幼馴染「まぁまぁ、気にしなさんな」




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 17:46:36.69 ID:g8Gl7C3i0
―――――

ガチャ バタム

幼馴染「おじゃましまーす」

男「きたか、俺の部屋は二階だ」

幼馴染「知ってる」

男「だろうなぁ」

ガチャ

幼馴染「相変わらず綺麗に片づけてるね」

男「友達呼ぶしな」

幼馴染「へー、友達ともオ○ニーするの?」

男「ぶっふぅ!?」

幼馴染「どうしたの!?風邪!?」

男「違うわ」




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 17:48:37.77 ID:g8Gl7C3i0
男「……さて、まず、お前が聞きたがってた」

ガサゴソ

幼馴染「なんか面白い物ないかなぁ」

男「おいこら」

ゴツ

幼馴染「あいた」

男「何やってんだ」

幼馴染「なにって……家探し?」

男「よそでやれ」

幼馴染「ここでやることに意味があるの!」

男「よし、帰れ」

幼馴染「も、もうしないから!」

男「はぁ……全く」

幼馴染「で、オナ○ーってなんなの!?」キラキラ

男「うっ……」




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 17:52:35.56 ID:g8Gl7C3i0
男「えーとだな……その、なんだ……そ、それはな……」

幼馴染「オ○ニーは?」

男「(ここで嘘を教えてはぐらかすか……?いや、もしそんなことをしたら)」

ホンワホンワ

―――――――

男「実はオ○ニーってのは、恋のおまじないの一種なんだよ!」

幼馴染「そうなんだ!ありがとう!!」

―――

幼馴染「ねぇ皆!オナ○ーした!?私は昨日ネットで調べて、本格的なのしちゃったんだ!」

級友A「!?」

級友B「ちょっ……何言ってんの!?」

幼馴染「やっぱ皆オ○ニーしてるよね!Aちゃんなんてやっぱり隣のクラスのCくんの事を思ってオ○ニーしてるんだよね!」

級友A「いやあああああああああ!!」

―――――――
ホンワホンワ

男「……(という事になりかねない!!)」




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 17:55:56.00 ID:g8Gl7C3i0
男「お……えーとそれは、正式名称をマスターベーションといってだな」

幼馴染「そうなんだ!かっこいいね!」

男「いや全くかっこよくないぞ。周りの人間にしてるなんてことがバレてみろ。笑いものだ」

幼馴染「え……そんなに秘匿すべきことなの……?」

男「(なんで秘匿とか知ってんだよ)……まぁそうだな。少なくとも言いふらすような事じゃない」

幼馴染「じゃあ私……恥ずかしいことしてたの?」

男「……そうだ!そうなんだ!ようやくわかってくれたか!」

幼馴染「……ご、ごめんね?」

男「(恥じらい気味に謝るだと!?やめろ!うちの愚息が喜んでいる!!)」

幼馴染「で……そ、それはどういう意味なの?やっぱ気になるよ」

男「ああ……えっとな……」




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 17:58:11.82 ID:g8Gl7C3i0
男「……まず、性器というものがあるだろう?」

幼馴染「ミルクセーキ?」

男「ちょっと違うな」

幼馴染「どのセーキ?」

男「発音が違うな……ええと、男女平等に下腹部についているものの総称で」

幼馴染「お腹?」

男「違う!その下だ」

幼馴染「え?でもこれは男女で違いがあるよ?」

男「知ってるわ!だからそれを両方ともを指す言葉として性器があるんだ」

幼馴染「セーキ……ああ、何か昔習ったかも」

男「お前記憶力壊滅的だもんな」

幼馴染「えへへ」

男「褒めてねぇよ」




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 17:58:39.49 ID:KLmb9Lh/0
幼馴染が3人いる俺は勝ち組




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 17:59:46.96 ID:wcKjpOmy0
>>37
4Pホモプレイができるな




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:02:21.46 ID:g8Gl7C3i0
男「まずその性器が、えーと……生殖行為に使われるだろう?」

幼馴染「セーショクコウイ?」

男「……アレだよ。アルファベット三文字の」

幼馴染「JIS?」

男「ちげぇよ。Sしかあってねーよ。てかなんでJIS知ってんだよ」

※JIS=日本工業規格

幼馴染「……えーと、ごめん、わかんないや」

男「……セッ○スだよ」

幼馴染「……セッ○ス?」

男「ええ?習っただろ」

幼馴染「わ、忘れちゃった……」

男「……ほら、ドラマとかで」

幼馴染「ドラマとかで?」

男「こう男女が裸になってこう……なんかするやつ」

幼馴染「……あー、あるね、あれがオ○ニー?」




47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:05:03.77 ID:g8Gl7C3i0
男「違う!あれがセッ○スだ」

幼馴染「ああ、セッ○スってエッチのこと?」

男「そっちは知ってんのな」

幼馴染「そりゃあ、思春期の乙女ですから」

男「……まぁいい、話を進めるぞ」

幼馴染「はーい」

男「セッ○スをするというのは生物として非常に重要な行為だ。
特に人間は常に発情期と言われ、いつでもセッ○スが可能である状況下にある」

幼馴染「難しくてよくわかんない」

男「いいから聞け。しかし、日常的にセッ○スをするわけにはいかない。
という事はセック○の代替行為が必要となるわけだ」

幼馴染「……つまり、セッ○スしたいけどできないから、代わりにする事があるの?」

男「そうだ」




48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:05:45.27 ID:uPtYLkIm0
小学生のころ幼馴染がノートに漢字で「勃起」って書いてたの何だったんだろう




50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:06:53.42 ID:g8Gl7C3i0
男「それがお前の気になっていた……オ○ニーだ!」

幼馴染「……へぇー」

男「ふぅ、説明に時間がかかっちまった。これでわかっただろ?
今日はさっさと帰って頭の整理を」

幼馴染「ねぇ」

男「なんだ」

幼馴染「どうやってやるの?」

男「!?」

幼馴染「オ○ニーがセック○の代替行為ってのは理解したよ。
でもどうやってやるの?何をどうするの?」

男「(ナニをどうこうするんだよ……!)」

男「えっと、それはな……」




55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:09:33.79 ID:g8Gl7C3i0
男「……さ、さっき説明した性器だよ」

幼馴染「ああ……おちん○ん?」

男「そんな言い方してんのか」

幼馴染「他になんていうの!?」

男「正式名称は、ペ○スだろうが」

幼馴染「おぼえとこー……ペ○ス、ペ○す……」

男「連呼すんな」

幼馴染「別にち○こしてないよ。で、そのお○んちんがどうなるの?」

男「それを刺激して……性的興奮を与えるんだよ」

幼馴染「……せいてきこうふん?」

男「なんか、こう……アレだよ、エロい感じだ」

幼馴染「……えろい感じ」

男「……とにかく、それを触るとな?エロい感じになるんだよ」

幼馴染「……ふむふむ」




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:14:10.87 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「……ちょっとまって!」

男「なんだ」

幼馴染「わたし、お○んちんついてないよ!?」

男「うるせぇ知ってるよ」

幼馴染「じゃあどうしたらいいの?」

男「代わりになんかあるだろ?」

幼馴染「おしっこするとこあるよ」

男「……それだよ、それをこう、触るんだよ」

幼馴染「……ふむふむ」モゾモゾ

男「ちょっと待て」

幼馴染「何?」

男「何してんだ」

幼馴染「実践」

男「家でやれ」

幼馴染「えー」




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:16:41.48 ID:g8Gl7C3i0
男「えーじゃない」

幼馴染「でも、合ってるかわかんない」

男「合ってるから」

幼馴染「つまり、オ○ニーってのは、男の人のお○んちんとか、女の人のお○んことかを触ることなの!?」

男「声がでかい!あとそんな呼びかたしてたのか!」

幼馴染「友達に聞いたの!『この呼び方、男子が喜ぶよ』って!」

男「そいつ今度連れてこい、シめる」

幼馴染「その時は一緒にオ○ニーだね!」




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:19:10.72 ID:g8Gl7C3i0
――――――

男「(こうして、俺の幼馴染は正しい知識を得ることに成功した)」

男「(その際に友達も失わず、処女も失わなかったのだからとてもいいことだ)」

男「(こうやって彼女も、少しずつ大人になっていくのだろう)」



                              終わ……


幼馴染「ねぇねぇ!射精ってなに!?」

男「!?」

幼馴染「えーとね、『イく』も同じ意味なんだって」

男「……えっと」

幼馴染「ねぇねぇ、ねーったら……」

男「とりあえず、学校でする話じゃねぇよ!!!」

友「急に大声出すなよ」

男「あ、すまん」




91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:22:56.38 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「でも今すぐ聞かないと私ハブられちゃうよ!!」

男「ハブられねーよ!どんな厳しいグループだそこは!」

幼馴染「だって皆知ってるんだよ……?私だけ知らないなんてひどいよ」

男「聞いたのか?」

幼馴染「うん……そしたら『はいはいアンタにはまだはやかったでちゅねー。はいチョコあげる』って……」

男「(マジ子ども扱い……)」

幼馴染「私、どこが悪いのかな!?」

男「悪くねぇ。むしろ純粋なのはいいことだ」

幼馴染「やった!」

男「というわけで知らなくてもいい。よーしこの話はおわりやったー」

幼馴染「よくないよ!」

男「なんでさ」

幼馴染「昨日オ○ニーついて聞いたでしょ?それで今日その事について自慢気に話したんだけど」

男「ちょっと待て」

幼馴染「何?」




92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:25:05.92 ID:g8Gl7C3i0
男「お前、自慢げに話たのか?昨日の事を?」

幼馴染「うん。『私の幼馴染が懇切丁寧にお話してくれたんだー』って」

男「お前もしかして馬鹿なの?」

幼馴染「馬鹿じゃないもん!成績いいもん!」

男「ああ俺よりよかったよな。それで何?お前何いっちゃってんの?」

幼馴染「そしたらね?友達がね?『えーすごい!じゃあ射精とか見せてもらっちゃったりー!?』って」

男「ああ……」

幼馴染「それで私が、『しゃせー、って何?』って聞いたら大爆笑」

男「……」

幼馴染「教えてもらったのも嘘とか言われちゃって……はぁ」

男「なるほどなぁ……」




95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:27:18.27 ID:g8Gl7C3i0
男「……あーわかった、昼休みに屋上に来い。話してやるよ」

幼馴染「本当!?」

男「ただし、このことは自慢げに話すなよ。誰かに話すならもう話さん」

幼馴染「わかった!雑誌で読んだってことにしておくね!」

男「(やけにリアルな言い訳だな……)おう、わかった」


―――――――
キーンコーンカーンコーン

幼馴染「……」ドキドキ

男「……おほん」

幼馴染「はい!」

男「まだ何も言ってない」

幼馴染「わかりました先生!」

男「ちょっと落ち着こうか」




98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:30:17.81 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「でもさ、学校で二人でえっちな話するなんて、ちょっとドキドキしない?」

男「自覚はあんのな!?」

幼馴染「え?だって昨日のオ○ニーの続きなんでしょ?だったらえっちな話だよね?」

男「まぁそうだけどさ……」

男「……」

幼馴染「?」

男「(……っべぇ!こいつを意識するところだった!無駄にエロい体しやがって!服が緩い!スカート短い!)」

幼馴染「どうしたの?」

男「お前ちょっとスカート短い。これからもっと長くしろ」

幼馴染「ええ!?」

男「あと服もゆるい。中にタートルネック着てこい」

幼馴染「な、なんで!?」

男「うるせぇそれが正しいんだよ」

幼馴染「が、がんばるけどさー……」




99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:30:58.05 ID:z7rJmWL00
高校生の時処女って何?って女子に聞いたなー
懇切丁寧に教えてくれたよ…




103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:32:33.49 ID:QrT5xzvD0
>>99
オナニーって知ってる?って聞いたら
野球選手でしょ?って返した当時女子中学生ならいた




120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:44:52.27 ID:RX0kv/ZR0
>>103
誰だよwwww
オマリー?




123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:48:20.56 ID:QrT5xzvD0
>>120
多分そうだと思う




104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:32:58.10 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「そ、そうしたらこれからも色々教えてくれるんだよね!?」

男「まだこれ以上何か聞くつもりかよ」

幼馴染「だって、わかんないのは嫌だし」

男「他の人に……ハッ!!」

男「(もしほかの人のチョイスを間違えたら……)」

ホンワホンワ

――――――――

幼馴染「先生!アナルファックってなんですか!?」

先生「何?そうか先生が教えてやろう。体育倉庫に来い


―――

ズンッズンズンッ

先生「これがアナルファックだ!!」

幼馴染「すごイィィ!!ケツアクメきちゃううう!!」

―――――――――




107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:35:32.17 ID:g8Gl7C3i0
ホンワホンワ

男「……(それはまずい!!)」

男「……仕方ないな、お前に彼氏ができるまでだぞ?」

幼馴染「わーい!」

男「(まぁこいつにもいつかイケメンで紳士で身長180越えの金持ちの彼氏ができるだろう……それまでの辛抱だ)」

幼馴染「じゃ、じゃあ教えて!」

男「おう……射精ってのはな……」

幼馴染「……うん!」モグモグ

男「あの、エビフライ咥えながら聞くのはやめてもらえません?」

幼馴染「なんれ?」モフモフ

男「咥えながら話すな」

幼馴染「えー?」モフモフ




111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:38:18.71 ID:g8Gl7C3i0
男「……まず、放尿行為に関しては知ってるよな?」

幼馴染「おしっこ?えー今食事中だよばっちい」

男「その話を持ち出してきたのはお前だろうが」

幼馴染「え?射精っておしっこの事なの?」

男「違うわ」

幼馴染「……??」

男「でも、強ち間違いではないんだ、どちらも共通して、そのなんだ、男性器の先端部分から出る」

幼馴染「……先端部分」

男「……このエビフライでいう、このへんだ」

幼馴染「ああ、なるほど!」ガブ

男「うわぁあやめろ!」

幼馴染「?」

男「(こういう説明したあとにさくっとエビフライかみちぎんなよ……)」




115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:41:56.60 ID:g8Gl7C3i0
男「いいか、射精というのは……オナ、いやマスターベーション、通称自慰行為を行った最終段階として、
男性器から精子という液体を出すことだ」

幼馴染「……よくわかんない」

男「はぁ?」

幼馴染「じーこーいって?オナ○ーの別名かなにか?」

男「そういうことだ。『自分を慰める』と書いて自慰だ」

幼馴染「慰めるの?なんで?」

男「……相手がいないからだろう」

幼馴染「えー?でも人間ってそんな四六時中えっちしてられないんでしょ?」

男「そういう事でなくってだな」

幼馴染「よくわかんない」

男「はぁ……えっとな?まず世の中の男性が全員セッ○スできるとは限らないんだ」

幼馴染「!?」




119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:44:08.26 ID:LJRvBwDC0
読みやすいし面白い




122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:45:46.97 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「な、なんで!?男の子ってみんなおち○ちんついてるんでしょ!?」

男「いやそうだけどな?まず女性との接触機会がない人もいて」

幼馴染「学校があるじゃん!」

男「男子校というものもあってだな」

幼馴染「そ、それでも、お店にも、電車にも、色んな所に女の人いるじゃん!」

男「まぁそれでも……とにかく女性と性行為にいたれない人もいるんだ。俺もその一人だ」

幼馴染「ええ!?何で!?私じゃダメ!?」

男「ブフゥッ!!?ち、違うとりあえずなんか違うんだ!」

幼馴染「……」ズーン

男「ああ、そのなんだ……お前とするのがいやって訳ではない。ただそういうのはちゃんと相手を選び入念な準備や
その他必要な事が多いからな?まずはこうなんだお互いを知りあうことによってなんたらかんたら」

幼馴染「なるほどわかった!じゃあ色々教えてね!」

男「……はいはい」

幼馴染「で、射精なんだけど」

男「あれまだ理解できてなかった?」




124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:48:41.17 ID:yx32WbwW0
幼馴染かわいい




125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:48:48.50 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「んー……何でお○んちん触ったらせーしでるの?
私何も出なかったよ?」

男「お前とは違うからな……ていうか別に報告は」

幼馴染「昨日はちゃんと部屋の鍵しめてやったよ?
お母さんに見つかったら怒られるかもだからさぁ」

男「いや、わかったから」

幼馴染「まずね?どうやったらいいかわからなかったからとりあえず鍵締めて
ぱんつ脱いでスカート脱いで、下半身すっぽんぽんになったんだよ」

男「おい」

幼馴染「それでね?とりあえずベッドの上に座って足開いて……どうしたの?」

男「……ちょっと待ってくれ」

幼馴染「……なんで体育座り?」

男「男には、そういう時もあるんだ」

幼馴染「……??」




127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:52:20.18 ID:g8Gl7C3i0
男「続けるぞ」

幼馴染「あ、うん。まずね?私まだ毛が生えてないから……」

男「お前の話じゃない射精についてだ!」

幼馴染「え?でも終わってないよ?」

男「いいから。その話はいいから」

幼馴染「ええ……でも……」

男「でもじゃない。まず知ってると思うが男性器は棒状でな?主にそれをこすることによって性的興奮が得られるんだ」

幼馴染「こするとえっちな気分になるの?」

男「……まぁそうだ」

幼馴染「こするの?」

男「……は?」

幼馴染「いや、オ○ニーしてるのかなって。そうだったら感想聞かせてほしいなって」

男「……いや、話さんぞ?」

幼馴染「なんで!?」

男「なんでもだ」




132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:55:21.36 ID:g8Gl7C3i0
男「とにかく、それで性的興奮が得られるだろう?それが一定の部分までに達すると射精するんだ」

幼馴染「ほーう……」

男「わかったか……?」

幼馴染「うん!お○んちんをこすこすすると、しゃせーするんだよね!」

男「……外では使うなよ?そのセリフ」

幼馴染「え?うん。わかったよ」




133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:55:29.92 ID:yx32WbwW0
今月からオナ禁するって決めてたのに…




143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 18:58:48.34 ID:g8Gl7C3i0
――――――――――

男「(こうして俺の幼馴染は、自慰行為や射精に関する正しい知識を手に入れた)」

男「(これで友達の話に置いて行かれることもなく、素晴らしい学園生活を手に入れるだろう……)」

男「(俺も幼馴染として、鼻が高い)」


                                     お……


幼馴染「ねぇねぇ!私すごいこと発見しちゃった!!」

男「お前いい加減にしろよ!!今いい感じで終わろうとしてただろうが!」

幼馴染「えぇー……何?オ○ニー中だったの?」

男「ちげぇよ。てかお前なんで人の部屋に勝手に……」

幼馴染「勝手じゃないもん。おばさんが『どうぞどうぞwwww』ってあげてくれたもん」

男「(草生やしすぎだろババァ……)で、何の用だ、つまらん用事なら帰れ」


幼馴染「AV見せて!」


男「は?」




147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:02:19.67 ID:g8Gl7C3i0
男「え?ごめん今なんて言ったの?」

幼馴染「AV!AV!AV見せてよ!」

男「連呼すんな。お前どうしたの?病院行く?」

幼馴染「おかしくなったんじゃないよ!私気づいちゃったんだよ!すごい事に」

男「鼻で笑ってやるから言ってみろ」

幼馴染「あのね?AVってあるじゃん?アダルトビデオ!」

男「……あるな」

幼馴染「あれ見れば万事解決なんだよ!」

男「何が?」

幼馴染「え?私の知識」

男「……お前何言ってんの?」

幼馴染「実はさ、私恥ずかしながらセッ○スの経験がなくてさー……」

男「そこよりもっと恥ずかしがるポイント一杯あったよな」




151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:04:52.14 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「でも、それもあれじゃない?AVみれば全部載ってるじゃん!」

男「……のってるて」

幼馴染「というわけで、AV見せて!」

男「……はぁ。わかった」

幼馴染「やった!」

男「いや帰れよ」

幼馴染「ええ!?」

男「何が楽しくてお前と二人でAV鑑賞会するんだよ。危なっかしすぎるわ」

幼馴染「何が危ないの?」

男「あとお前もうちょっと服の露出抑えてこい」

幼馴染「え?こういうの好きじゃなかった?」

男「好きとは別の問題だ」

幼馴染「えー、服着替えてくるからAV見せてよー」

男「……あのなぁ、そもそもAVなんて」

男「……ハッ!?」




160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:08:19.74 ID:g8Gl7C3i0
男「……(もし俺がここでAVを見せなかったら、こいつは一人で借りに行く可能性が!?)」

男「……(そんなことになったら!)」

ホンワホンワ

――――――――

幼馴染「いいもん!!もう知らない!私借りに行くから!」

男「待てよー!」

―――

店員「いらっしゃいませ(いい乳)」

幼馴染「ほぇぇ……たくさんあるよう」

おっさん「お嬢ちゃん、AVさがしてんのかい?」

幼馴染「え?あ、はい!」




163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:10:14.78 ID:g8Gl7C3i0
おっさん「なるほど。ならおっさんが世界に一つだけのオリジナルAVをお嬢ちゃんに作ってあげるよ!!」

幼馴染「ええ!?本当ですか!?」

おっさん「オラカメラ回せ!!」

店員「アイサー!!」

おっさん「女優はお嬢ちゃんだ!!オラいい声で鳴け!!」

ズンッズンッズン

幼馴染「あああ!!いっちゃうう!!性知識たくさん入ってきちゃうううう!!!」


―――――――――

ホンワホンワ

男「……(ということになりかねない!!)」

幼馴染「どうしたの?」

男「いや……わかった。仕方ない。見るか」

幼馴染「本当?やったー!」




170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:13:31.68 ID:g8Gl7C3i0
男「……(しかし、何を見せればいいんだ?)」

男「……(こいつの性知識が満たされるようなものって……なんだ?)」

幼馴染「わくわく」

男「(口で言うなよ)」

幼馴染「ねぇまだ?」

男「ああ……いや、何がいいかと思って」

幼馴染「お気に入りとかないの?」

男「!?」

幼馴染「いや……いっつもオナ○ーしてるんだよね?それに使うお気に入りとか」

男「(え……いや……あるけど……具体的に言うと橘なおだけど、それはどうなんだ……?)」

幼馴染「それが見たいなー」

男「……いや、今回はスタンダードなものにしようか」

幼馴染「……お気に入りがマニアックなの?」

男「うるさい」




175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:17:15.79 ID:g8Gl7C3i0
男「……(とりあえずXVIDEO○のまとめサイトに行って、ランキング上位でいいか)」

男「まぁ、今回は人気の作品ということで、結構一般的なシチュエーションなんだけど……」

カチッ

『同級生の可愛い女の子とAV見たら、エッチな事に―――』

男「……」

カチッ

男「別のにしようか」

幼馴染「なんで!?」

男「なんでもだ」




177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:20:02.93 ID:g8Gl7C3i0
男「……(上司部下ものか……これなら無難だろう)」

幼馴染「さっきのはー?」

男「大人になったらな?」

幼馴染「私十分大人だよ?」

男「……お、おうそうだな」

幼馴染「なんでそっぽ向くのさ」

男「(体だけは成長しやがって……)」

カチッ

<ダメデスヨ……ブチョウ

<イイジャナイカ

<アァン……

幼馴染「……何やってんの?」

男「いや、耳に息吹きかけたり、腕触ったりしてんだよ」

幼馴染「なんで?」

男「!?」




178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:21:56.65 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「……AVなんだよね?セック○しないの?」

男「いやする。するに決まってるだろ。たまにしないのもあるけど」

幼馴染「え?じゃあ何やってんの?」

男「前戯だ」

幼馴染「ぜんぎ?」

男「……そのなんだ、行為をする前に、性的興奮を高める必要があるから、それだ」

幼馴染「なんで性的興奮を高めるの?」

男「しやすくなるからだ」

幼馴染「えっちが?」

男「……そうだ」




179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:24:12.77 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「……なんで?」

男「……潤滑液がでるからだ」

幼馴染「……じゅんかつえき?」

男「ああ……性器を触ることによってな?お互いの性器がスムーズに入るために必要な」

幼馴染「ああ!しってるよ!あのねちょっとした奴だよね!?」

男「!?」

幼馴染「昨日私も触ってたら凄い出てきてね?ね、ね、見る?」

男「み、見ない見ない!」

幼馴染「なんだ、ちぇー」

男「ちぇーってお前な……」

幼馴染「あ、服脱いだよ!」

男「お、おう……」




183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:26:36.89 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「ほぇー……肌綺麗だねぇ……いいなぁ……」

男「まぁ、女優さんはそうだな……」

幼馴染「皆そうなのかな?私あんまり体に自信なくてさ……」

男「いやお前は自身もっていいだろ……」

幼馴染「そんなことないよ!私お腹とかぷにっぷにだよ!?」

男「はっはっは。まぁぷにぷにといったって」

ぷに

男「は」

幼馴染「ね?ホラ……触ってみて?」

男「お前何やってんの」

幼馴染「お腹触ってもらってる」

男「……え」




185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:28:57.88 ID:g8Gl7C3i0
ぷに   ぷに

幼馴染「ねー?私もっと腹筋も鍛えたいんだけどさー」

男「……いやあの」

幼馴染「どうしてもなんかやわらかいままで……いいよねぇ男子は腹筋ばきばきで」

男「(腕に胸があたってんだよ!)」

幼馴染「どうかした?」

男「……いや」バッ

幼馴染「ぷにぷにだったでしょ?」

男「(別の部分もな)というかこういうことはあまり人にしないほうがいいと思うぞ」

幼馴染「なんで?」

男「なんでもだ」




188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:31:34.05 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「えー……あっ!挿入するよ!」

男「いちいち実況せんでいいっての……」

<アァンッ  アァンッ イクッ イクーッ!

幼馴染「うわぁ……痛くないのかな?こんなおっきいの……」

男「慣れれば痛くないんだよ。最初はだれだって痛いと思うし」

幼馴染「私小指一本でも怖かったんだよ……!?それなのにこれって」

男「うるせぇ黙ってろ」

幼馴染「でもね?ちゃんと小指舐めて涎でべちゃべちゃにしたらちょっと入って、
入口のほうぐるぐるしてたら気持ち良くなってきて」

男「……」スッ

幼馴染「ほえ?」

男「帰れ―!!!!」

幼馴染「きゃああああああっ!?」




193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:34:11.24 ID:g8Gl7C3i0
―――――――

幼馴染「ねぇねぇ!あれから皆の話についていけるようになったんだよ!」

男「そりゃ良かったな」

幼馴染「この前も友達が彼氏できたらしくってさ、その彼氏がすっごいえっちで……」

男「そんな話はもういい」

幼馴染「え?じゃあ私の話?」

男「それもいいからさっさと席につけ」

幼馴染「はーい」

スタスタスタ……

男「ふー……」

男「(あれからあいつは友達との間で話がはずむようになり)」

男「(良いかどうかは別として、前よりさらに生き生きとしているような気がする)」




208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:38:10.56 ID:g8Gl7C3i0
男「(性知識というものは、教えてしまえば勝手に成長する)」

男「(少しさびしいが、もう俺が教えることもないのだろう)」

男「(しかし、これで俺の素晴らしい幼馴染は、より素晴らしい存在を確立していくに違いない)」

――――――――――

級友A「でさー……その時彼がなんていったと思う?」

級友B「なんていったの?」

級友A「ア○ルでしたい!だってさ!」

級友B「ええ〜!?大丈夫なの!?」

級友A「大丈夫!彼がローションもアナ○ビーズも持ってたし……私もちょっと興味あったし」

級友B「やっだ〜!おっとな〜!!」

幼馴染「……(ア○ルって、何だろう?)」

幼馴染「……(今日も、あとで聞きに行こうっと)」


――――

男「えっくしょい!……なんだ?風邪か?寒気が」

                                                  終わり。




210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:38:36.09 ID:01etJ3q+0
ちょっと待てーーーー!




242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:46:35.44 ID:mr7iw60Z0
後日談はよ!




243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:46:46.70 ID:g8Gl7C3i0
――――――――

男「今日も平和でメシがうまい」

友「だな」

幼馴染「ねぇねぇ!ア」

男「ちょっと待とうか」

幼馴染「何?」

男「その話は例によって俺に対する質問か?」

幼馴染「そうだねぇ」

男「オーケー。後で家で聞くから学校で二度とその言葉を口にするな」

幼馴染「!?」

友「!?」




248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:48:50.81 ID:g8Gl7C3i0
――――――――

男「で、今度はなんだ」

幼馴染「ア○ル!!」

男「……」

男「……」

男「……はぁ」

幼馴染「何その溜息!?」

男「いやもう、それに関しては説明するまでもない」

幼馴染「何で?」

男「尻だ」

幼馴染「……おしり?」

男「……尻の穴、つまり肛門だよ。それの別名がアナ○。わかったか?じゃあもう一人で帰れるなよーしよし」

幼馴染「え、じゃあアナ○ビーズは?」

男「お前の友達は何やってんだよ」




253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:53:40.51 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「私の友達曰くね、『ローションがあるからアナ○ビーズ大丈夫』だってさ」

男「まぁそりゃなぁ……まぁなぁ……」

幼馴染「ね!ね!教えてよ!アナ○ビーズって何!?」

男「……たとえば男性器のレプリカとして、ディルド、っていうものがあるんだよ」

幼馴染「でぃるど……?」

男「ああ。バイブレーション機能付きのものは「バイブ」とも呼ばれるな」

幼馴染「私の携帯にもあるよ!バイブ!」

男「うん知ってる。だけど人前ではバイブバイブ言うなよ」

幼馴染「わかったよ!」

男「そのディルドーの、アナ○用のものが通称アナルビーズとかそういうことだよ」

幼馴染「ビーズなのに……?」

男「……ああもうわかったよ。アナ○ビーズってのはその通りビーズだ。だから形はディルドとは大分違う」

幼馴染「ほ、ほう……」

男「丸っこいビー玉みたいなのがたくさんつながってんだよ」

幼馴染「え!?それでどうするの?」




255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:56:03.76 ID:g8Gl7C3i0
男「いや……そのままだよ。入れるんだよ。それを」

幼馴染「アナ○に!?」

男「そうだよ」

幼馴染「……入るの?」スリスリ

男「自分の尻を確認すんな。その時のために、ローションがあるんだよ」

幼馴染「そうだ!ローションって?乳液とかじゃないよね?」

男「ああそうか……化粧品は知ってんだよな。ローションは単純に、潤滑液だ。
それをビーズに塗って、入りやすくするんだよ」

幼馴染「そっか……そうしないと、痛いよね!」

男「ああ」

幼馴染「痔になっちゃうね!」

男「……そうだな」




259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 19:58:59.81 ID:g8Gl7C3i0
男「わかったか……?つまりアレだ。ローションは入れやすくするもので、ビーズは入れるもんだ」

幼馴染「おしり……そういう世界もあるんだね」

男「世界は広いからな。それだけじゃすまんぞ」

幼馴染「え!?教えて!?」

男「いやいや。これ以上は流石に俺の口からは」

幼馴染「えーケチー」

男「はぁ……まったく」

幼馴染「とりあえずありがとう!また聞きに来るね!」

男「もうくんな」

――――――――――

級友B「ねぇ聞いて!私も彼氏できちゃった!」

級友A「えー!?おめでとう!」

幼馴染「え……お、おめでとう!」

級友B「付き合ってまだ三日なんだけど……昨日ついにしちゃった」

級友A「アンタ早いねー!」




263:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:01:17.36 ID:g8Gl7C3i0
級友B「彼ったらはげしくってさー。なんで金曜日に泊まったかわかっちゃったよー」

幼馴染「(なんで金曜日なの!?)」

級友A「えー?そりゃよっぽどの好きものだよね。よく相手できたね」

級友B「まぁそりゃ、ちゃんとピルもゴムもあったし?お母さんと焼肉も行ったし!」

級友A「準備万端じゃん!」

級友B「そりゃあね!」

幼馴染「……(ゴム?ピル…‥?わけわかんないよぉ)」オロオロ

級友A「あー……あんたには早かったか」

級友B「まぁ、いずれわかるよ」

幼馴染「えー……?」




268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:03:13.62 ID:g8Gl7C3i0
級友A「なんかいないの?彼氏とか」

幼馴染「いないよー……」

級友B「好きな人とか」

幼馴染「……」

級友A「その反応は」

級友B「にやり」

幼馴染「え?な、何!?」

級友B「……はいこれ」

スッ

幼馴染「え!?な、何!?」

級友B「これが、『ゴム』。コンドームとも言うかな?」

幼馴染「あ……習ったかも」

級友A「まぁ、これだけは高校に入っても言われるよね」

級友B「お母さんもこれだけは口すっぱくしてくるよ……」




275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:06:06.71 ID:g8Gl7C3i0
級友A「うふふ……ついに大人になっちゃうのかなぁ?」

幼馴染「え?え?」

級友B「こんな純粋無垢な女の子を汚すのはどこのどいつだろうねぇ」

幼馴染「汚す!?」

級友A「あ、先言っておくけど、始めては痛いよ」

幼馴染「そ、そうなんだ……」

級友B「血も出るしね」

幼馴染「血も出るの!?」

級友A「うん」

幼馴染「あわわ……そ、それって大丈夫なの?」

級友B「大丈夫なんじゃない?」

級友A「確かに、私もどうなってるかとか確認したことないなぁ」

幼馴染「びょ、病院行かなくて大丈夫なの!?」

級友B「おーげさだなぁ」

級友A「かわいいなぁ」




281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:08:46.51 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「……」ゴクリ

級友A「お?」

幼馴染「ねぇ!」

級友B「え?どうしたの?急に大声出して」

幼馴染「……お、男の子を、その気にさせる方法、とかって」

級友A「……」

級友B「……」

幼馴染「あ、いや、そのこれは……」

級友A「うへへへへへ!!」

幼馴染「!?」

級友B「ふひひひひひ!!」

幼馴染「え!?え!?」

級友A「まっかせときなさいって……!」

級友B「私たち、親友だもんね!」

幼馴染「……二人とも」ウルッ




285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:11:06.12 ID:g8Gl7C3i0
―――――――――

男「……もしもし?」

『大変だよ!私すごいこと発見しちゃった!!』

男「そうか。切るぞ」

『ええ!?ちょっと待って!今回のは本当にすごいから!』

男「……はぁ、なんだよ」

『そ、それは後でのお楽しみ……』

男「切るぞ」

『あー待って!お願い待って!ちょっとでいいから!お願い!』

男「……俺はどうすりゃいいんだ?」

『えへ……うち、来てくれる?』

男「構わんけど」

『そっか!じゃ、待ってるね!』

ガチャ

男「あ、おい!」




289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:13:49.58 ID:g8Gl7C3i0
男「お邪魔しまーす」

ガチャ

幼馴染「……」

男「何だよお前……人呼びつけておいて寝るとか」

男「全くもう……さっさと起き……」

スルリ

男「!?」

幼馴染「え、えへへ……」

男「ちょ、お前何で服!」

幼馴染「……」スタ、スタ

バタム  カチャッ

幼馴染「これで……誰も入ってこないよね?」

男「おま……ちょ、おま……」

幼馴染「おま○こ?」 くぱ

男「ち、違う!」




297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:15:49.58 ID:g8Gl7C3i0
男「とりあえず服を着ろ!!」

幼馴染「なんで?」

男「なんでもだ!」

幼馴染「今日は、ちゃんと理由言ってくれないと、いやー」

男「いや、じゃなくてだな!」

幼馴染「えい」

ドンッ

男「おうっ!?」

ドサッ

幼馴染「ゆだーんたいてきー!」

ガバッ

男「おま……むぐっ!?」

コロッ

男「……飴?」

幼馴染「……ぷは。だって」




305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:17:23.79 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「ファーストキスはレモンの味……って言ってたんだもん」

男「……そんなとこまで、従わんでも」コロ

幼馴染「初めて……だよね?」

男「いや?」

幼馴染「!?」

男「俺は別に、初めてじゃないな」

幼馴染「……え?」




310: 【吉】 :2013/02/01(金) 20:18:11.76 ID:NvVVXpX10
な…なんだと?




318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:19:19.22 ID:g8Gl7C3i0
男「……お前本当記憶力壊滅的だよな」

幼馴染「そ、そんな事ないもん!」

男「俺のファーストキスは……五年ほど前、甘酒でよっぱらったお前に散々とられたわ」

幼馴染「え」

男「むりやりひっぺがしてもなんどもなんども繰り返しキスしてくるお前は少し恐ろしかったぞ……」

幼馴染「え、えへへー……覚えてない」

男「あれからだ。お前に絶対酒を飲ませないようにしたのは」

幼馴染「そういえば心理テストに『酔うとキス魔タイプです』って書かれてたよ」

男「当たりすぎだ」




326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:20:45.82 ID:gtUbg/bM0
至高の幼馴染SSだな!




327:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:20:56.01 ID:EsNp5nj80
甘酒にアルコールって入ってたか?




332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:21:49.86 ID:gNYS9Go90
>>327
入ってるけどアルコール飲料に定義されないほど微量らしい




330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:21:48.67 ID:g8Gl7C3i0
男「だから俺のー……むぐっ!?」

幼馴染「……あむ、あむ」

男「……お前無茶苦茶するよな」

幼馴染「えへ、飴おいしー♪」コロコロ

男「さて……で、何で俺にこんなことをしたんだ?」

幼馴染「すっごく冷静だね?何で?」

男「冷静……か。はっはっは!どこがだよ!」

幼馴染「え?」

男「お前にはまだ教えてなかったっけ」

幼馴染「何を……?」

男「『勃起』」

幼馴染「……ほぇ?」

カチャカチャ……

ズルッ




341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:23:53.24 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「ええええー!?な、なにこれおっきい!?私の知ってるお○んちんじゃないよ!?」

男「こんなもん見せたことないからな」

幼馴染「昔見たのはもっとちっさかった!」

男「お前半端なとこだけは記憶力いいな!?」

幼馴染「明確におもいだせるよ?色とか形とか。臭いも」

男「やめろ」

幼馴染「えへー……こうなってるってことは、ノリノリってことだよね?」

男「……ここまで来て、お前に恥かかせるわけにはいかんだろ」

幼馴染「そういうとこが、好き!」ペロッ

男「はうあ!」




354:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:26:21.83 ID:g8Gl7C3i0
男「お前そんな技術どこで……」

幼馴染「私の級友たちは……ちゃんと教えてくれたよ!」

幼馴染「あむっ」

男「おふっ」

幼馴染「もごもご……あれ?いがいとおいひいねぇ」

男「加えながら喋るな!」

幼馴染「んぐんぐ……んんー、顎疲れるぅー……」

男「あぐっ、やめ、ちょっ、歯が当たってる!」

幼馴染「歯ー?こうー?」

カリッ

男「おふぅあっっ!!!」

ビクンッ

幼馴染「ほへっ!?」

ビュルッ   ビュッ ビュ




361:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:28:01.31 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「えほっ!!げほっ!」

男「す、すまん……」

幼馴染「もー!射精するときはちゃんと言って!?」

男「いやそのあまりに気持ち良くてだな……」

幼馴染「……でも、おいし」 ジュルッ

男「!?」ビクッ

男「(どういうことだ!抜きたての息子が反応した!?)」

幼馴染「ねー……私にも、して?」

男「……」ゴクリ




372:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:30:58.54 ID:g8Gl7C3i0
男「……お前、生えてないんだな」

幼馴染「体質なんだって」

男「……触るぞ?」

幼馴染「いいよ。むしろもっとがっつり――― ひゃうっ!?」

男「え!?大丈夫か!?」

幼馴染「え、あ……うん……大丈夫」

幼馴染「(い、いつもと違う……何で?)」

男「……す、すごくきれいだな」

プニッ  ニュルッ  クニッ  クニッ

幼馴染「んあッ!?ちょっ、な、なにこれ!?すごっ」ビクッ

男「(愛液が溢れてる……かなり感じてるな)」

幼馴染「あッ、あッ……も、もっとしてぇ……」

男「こうか?」

キュッ

幼馴染「〜〜〜ッ!?」ビクンビクンッ




385:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:34:30.00 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「……あ……は」

男「だ、大丈夫か?」

幼馴染「うん……だいじょぶ……だから……」

男「……むぐ」

幼馴染「ん……ぁ……れろ……ちゅ」

男「……ん……ぷは」

幼馴染「えへへ……」

男「いつのまにこんなエロいキス習得したんだよ」

幼馴染「……さっき♪」

男「……なるほどな」

幼馴染……そういってる間に、こっちも元気になってるね?」

男「……あれ?本当だ」

幼馴染「さすが男の子だよ……連続でも大丈夫なんだね?」

男「(いや普段はそんなことないが)あ、ああ……」

幼馴染「じゃあ……入れるね?」




388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:37:03.93 ID:g8Gl7C3i0
―――――――――

チュン、チュンチュン……


男「おい、さっさと起きろ。朝飯できたぞ。
……しかしお前んとこの母さん、いつの間に仕事行ったんだ?」

幼馴染「あと五分ー……」

男「……」

スッ

幼馴染「むぐっ!?」

男「……」レロレロピチャ

幼馴染「あふっ……は……ン……!?」ビクビク

男「起きたか」

幼馴染「はひぃ……」トローン

男「はぁ……さっさと顔洗ってこい」

幼馴染「まだ何か入ってる気がするよう……」

男「……知らんがな」




401:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:39:07.07 ID:g8Gl7C3i0
男「しかしお前……まさかビニールシート敷いてるとはな」

幼馴染「だって血が出るって。実際出たし!」

男「……まぁいいか。おかげで後が楽だったし」

幼馴染「えへへー……もう一回、する?」

男「……いや、その前に飯食え」

幼馴染「ごはん食べたらする?」

男「お前はそれしか頭にないのか」

幼馴染「男の子はいつでもしたいって言ってたよ!」

男「う……まぁ間違いではないが」




415:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:42:47.45 ID:g8Gl7C3i0
幼馴染「えへへぇ……えへへ……」

男「なんだよお前……本当に締まらない顔してんな」

幼馴染「だってさぁ……」

男「……はぁ」

幼馴染「うへへぇ……えへ……はっ!?」

男「何だ?」

幼馴染「……あ、あそこまでしたけど、私まだ、『好きです』って聞いてない!!」

男「は?」

幼馴染「え……もしかして、私のこと、どうでもよかった……?」

男「そんなことは流石にないけど……」

幼馴染「おほん。えー、私は、貴方の事が大好きです!」

男「お……」

幼馴染「ずっとずっと、一緒にいてくれて、時に優しく、時に厳しく、
毎日かっこよくて、なんでも教えてくれるあなたが大好きです!」

男「……お、俺も――――」




432:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:45:34.29 ID:g8Gl7C3i0
―――――――――――

級友A「おっはよー!」

級友B「はよーう!」

幼馴染「おはよう!」

級友A「お?その反応は」

級友B「まさか……」

幼馴染「えへへ……ついに私、彼氏が出来ちゃいましたー!!」

級友A「やったー!」

級友B「宴じゃー!!」


男「……はぁ。全く」

男「朝から元気なのはいいが……」


幼馴染「……それでね!その時ズボン降ろして、その時の彼のおちん○んが――――」

男「ちょ、ちょっと待てぇぇぇぇえ!?」


                                        終わり!!




436:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:46:14.37 ID:ZzroWg5y0
乙!最高だった!




440:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:46:47.13 ID:gtUbg/bM0

いや〜よかった!また書いてくれ




442:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:46:48.18 ID:KwuphALq0
乙!面白かったぞ




449:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:47:39.03 ID:1JloxWCj0
乙!すげえ良かったよ!




450:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:47:45.34 ID:heE4W/Vs0
なんだかんだキレイに終わってよかった




453:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/01(金) 20:48:12.37 ID:BeAc+Ufw0
乙!!!!

良くやった。
すげぇ面白かったわwww。

幼なじみと甘〜くエッチに過ごす方法
幼なじみと甘〜くエッチに過ごす方法
カテゴリー幼馴染「」のSS一覧
管理人のオススメSS
シンジのチ●ポを勝手にしゃぶってるマリを発見したアスカが怒ってたんだけど……
【ボッキ注意】 オリエント工業のこのラブドールが過激でドスケベwwwwwww (画像あり)
女僧侶「中で出して…っ♥びゅくびゅく欲しいの…っ♥」
クラスのヤリ●ン3人に「30分以内にイカせたら5000円ちょうだい」と言われた結 果・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【閲覧注意】風紀委員男「未成年の喫煙は禁止されてるよ」不良女「ああ?」
男「…へ?」 お水女「だからぁ」
美少女「あーんおしっこ漏れちゃうううううっ!!」ステテッ
灰原「くんくん、これは工藤君のパンツ!」
月「ニア、僕の勝ちだ」 ニア「だから死なないと…ふぅぐっ!!!」
あおい「ボク、AVに出ることにするよ…」パワプロ「ええっ!?」
アスカ「ん?コネメガネからメール……?」
妹「そういやさ〜今日何の日か知ってる〜?」ニヤニヤ 俺「ヤ〜〜〜〜wwwwwレンソ〜ランソ〜ランwwwwソラァwwソ〜ランwwwwソ〜ランwwww」

 

SS宝庫最新記事50件