1:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/10(月) 19:30:50 ID:w8YGcpro
幼「男、今日も部屋に来てくれて、ありがとー」ピョン

男「ああ、幼」ニコ

幼「…あれ、男、何持ってるの?」

男「火鉢だよ」

男「最近、寒いからな…」

幼「…へぇ〜」




元スレ
SS深夜VIP
幼馴染「火鉢で」男「暖をとる」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1355135450/


 
 
2:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/10(月) 20:16:35 ID:w8YGcpro
幼「ふむふむ」

幼「…これがそうなんだ〜。初めて見たよぉ」ジー

男「こないだ、押し入れで見つけたんだ」

男「父さんが使えるって言ってたから、持ってきたよ」

男「ほら、炭もある。一緒に使ってみよう」

幼「うん」ニコ

幼「ふふっ、楽しみだねぇ」

男「ただ、暖かいってだけだぞ」

幼「うん、でもね」

幼「初めて、何かを使うってだけで、わくわくするよね」

男「まあね」ニコ

幼「持ってきてくれて、ありがと、男」




3:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/10(月) 20:34:04 ID:w8YGcpro
カチャカチャ

男(ライターで、炭に火をつけるって大変だな)

男「……」

幼「…なかなか、火がつかないねぇ」

男「うん」

男「面倒くさいかな?」

幼「うーん」

幼「いやじゃないよ。なんか、昔って感じで楽しい♪」

男「わかるよ。趣はあるな」

幼「えへへ」

男「お、ついた」

幼「換気しなきゃね」

男「頼むよ」

幼「うん、わかった♪」




5:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/10(月) 20:51:54 ID:w8YGcpro
幼「ふ〜ふん♪」

男(幼、楽しそうだな)

幼「ねぇ、ねぇ男、このあとどうするの〜」

男「俺、食べ物持ってきてるんだよね。火であぶって食べるやつ」

幼「なに、なに」

男「餅、マシュマロ、クラッカー、チョコ、あとスルメね」

幼「おお〜!定番だね!…スルメは渋いけど」

男「早速、焼いて食べようか」

幼「お〜!」




7:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/10(月) 21:01:45 ID:w8YGcpro
男「まず、マシュマロからな」

幼「うん、うん」

男(マシュマロを串に刺して、火であぶる)

幼「キャンプで焼いたの、思い出すよね」

男「夏、俺達の家族で、よく行くよな」

幼「来年も行こうね〜」

男「もちろん」




8:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/10(月) 21:15:53 ID:w8YGcpro
幼「幼稚園、入る前から行ってるもんね、私たち」

男「キャンプ歴にも、年季がはいるからな」

幼「マシュマロもよく焼くしね」

男「ということで、ベテランの焼いた、マシュマロはどうだ?」

幼「ん〜、おいしー。とろとろしてる」パクリ

男「なあっ」パクリ

幼「カラメル色の焼き加減、さすが男だよ!」ニコニコ

男「ふふん」




9:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/10(月) 21:21:59 ID:w8YGcpro
男「焼いたマシュマロを、軽く火であぶったクラッカーに挟んで、と」

幼「うん、これもおいしいよね♪」

幼「サクサクしてるのに、とろりとしてて」

男「そうそう」




10:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/10(月) 21:45:24 ID:w8YGcpro
ポカポカ

幼「あったかいね、男」

男「ああ、じんわりあったかいな」

幼「こういうの考えるなんて、昔の人はすごいねぇ」

男「ふふ、ローテク、侮れないな」

幼「ストーブも好きだけど、火鉢もいいな」

幼「あたたかさがね、優しいの」

幼「あたたかくて、優しいって、男と一緒だね」ニコニコ

男「……」カアッ

幼「じゃ、火鉢のそばで、男にくっついたら、もっとあったかいかも〜」ピト

男「…!?」

幼「えへへ♪」




11:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/10(月) 21:53:03 ID:w8YGcpro
幼「ふふ、あったかいな〜」

幼「マシュマロクラッカーおいしいな〜」

幼「なんだか気分がいいな〜」

幼「…男といっしょで楽しいな〜、なんて…」ボソ

男(幼、ゴキゲンだな)

男(…子どもみたいで可愛い)クスッ

男(まあ、幼は最初から可愛いけど…)




13:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/11(火) 23:57:57 ID:w8YGcpro
幼「ねえ、男」

幼「男は、コタツと火鉢、どっちが好き?」

男「なんだ、その質問」クスッ

男「…そうだなぁ」

男「ありがちだけど、両方好きかな」

男「火鉢はふたりであたれるし、コタツはふたりではいれるだろ」

幼「…ふたりでかあ…」

幼「確かに…」

幼「私もだよ」

幼「こうして、火鉢で焼いて、何か作ってくれる男も」

幼「コタツでぐっすり無防備な男もだいすき」ニコニコ

男「そうか」クスッ

男(…いつの間にか、俺の話になってる?なんで?)

幼「……」




14:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/12(水) 00:16:05 ID:w8YGcpro
幼「……」

男「……」

男(…なんだか空気がおかしい)

男(…気まずい)

幼「」///ギュッ

男(服をつかまれた)

男(いつも、つかまれてるのに、何かがおかしい)

男(いつもの甘える感じじゃなく、心細くてすがりつくみたいな…)

幼「…」/////ギュー
男(幼、顔真っ赤だ。…まさか)

幼「…あのね、男、私…」

男「…うん、何?」

男(…さっき、急に俺の話になった流れだと…)

幼「…ずっと」

男(…来る)




15:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/12(水) 00:24:37 ID:w8YGcpro
男(…来い!!)

幼「……」

幼「男のことがす…」

ぐううぅぅ〜っ!!

幼「ふぇ…」

男「!?」




16:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/12(水) 23:24:30 ID:w8YGcpro
男「……」

幼「……」

幼「私じゃないもん…」カアッ

男「…あー、お腹すいたなあ」

幼「…うん」

男「そろそろお昼だしなあ」

男「クラッカーだけじゃ足りないなあ」

男「…幼、お餅焼いてもいいか?」ニコ

幼「うん」グスッ

幼「…私のばかぁ」ボソ




17:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/12(水) 23:40:15 ID:w8YGcpro
男「火鉢に網をのせて、と…」

男「…で、お餅を焼く」

幼「……」グスッ

男「…あとは焼けるまで待つ、と」

男「……」

男(…また、気まずい)




18:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/12(水) 23:54:49 ID:w8YGcpro
……

男「おーっ、焼けてきたな」

男「ぷくーっと、ふくらんできた」

幼「…ぐすん」プクー

男(…幼もふくらんでる)

男「」ツンツン

幼「…ひゃ」

男「」ツンツンツン

幼「…ふぁ、ふぇ」

男「ふふっ」モミモミ

幼「…ふわ、おろこぉ…、ほっぺ、もんりゃらめぇ…」

男(…楽しい、やわらかい)モミモミモミ

幼「…らめっ、らよぉ〜!」

男「♪」モミモミ




19:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 00:08:18 ID:w8YGcpro
幼「…ううっ」

男「…悪い」

幼「…男、ひどいよぉ」

幼「わたし、ほっぺよわいのにぃ…」

男「…ごめん。調子乗りすぎた」

幼「…もういいもん」プイッ

男(…やりすぎちゃった)

男(…でも、いいほっぺだったなあ。やわらかくて、あったかくて。毎日、いじっても飽きないだろうな)

幼「…男に触れられたほっぺ…」サスリサスリ

幼「…えへへ」




20:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 00:16:02 ID:w8YGcpro
男「…さっ、お餅、食べよう」

幼「うん」

男「何、つけて食べたい?」

幼「うんとね…」

幼「おしょうゆとのり!」

男「セオリーだな」

幼「お餅におしょうゆ、塗って」

幼「火鉢であぶった、パリパリののりを巻いて」

男・幼「いただきます」パクッ




21:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 00:28:18 ID:w8YGcpro
幼「ん〜、おいし〜!」

男「んまんま」

男「よくのびるなあ」ノビーン

男「幼のほっぺみたいにやわらかい♪」

幼「もう〜」

幼「おしょうゆの風味と、のりの香ばしさが、お餅にマッチしてる」

幼「えへへ」

幼「間違いのない味だね」ニコ

男「おうっ!」

男「王道は正義だな」

幼「うん!」

幼「次はなにつけて、食べる?」




22:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 00:32:06 ID:w8YGcpro
男「きな粉だな」

幼「またまた、お約束だねっ!」

男「お砂糖混ぜたきな粉を、たっぷりつけて」

幼・男「いただきまーす!!」




23:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 00:38:17 ID:w8YGcpro
幼「…やさしいあじだね」ニコ

男「ああ」

幼「きな粉のマイルドな甘さが、お餅のやわらかさをひきたてるね」

男「うん、うまいな。…今日はグルメを語るなあ、幼」

幼「ふふ〜」




25:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 00:46:56 ID:w8YGcpro
幼「」パクッ

幼「ん〜」ニパー

男(しあわせそうに、食べてる幼、かわいい)




26:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 17:06:43 ID:w8YGcpro
男「……」

男「」ナデナデ

幼「…どうしたの、男、私まだ食べてる途中だよ?」

男「…すまん」ナデナデ

男「なんだか幼の頭を、なでたくなっちゃって」ナデナデ

幼「も〜」

幼「……」ナデラレ

幼「…もっと、ナデナデしていいよ」




27:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 17:21:17 ID:w8YGcpro
男「…さて、次は餅に、何をつけようかな?」ナデナデ

幼「私ね、大根おろしじょうゆがいいな〜」ナデラレ

幼「今からおろして作るよぉ〜」

男「ん」ピトッ

幼「…なでなでやめちゃ、だめなの」

男「なでなでしながらじゃ、大根すれないよ?危ないし」

幼「…あのね、大根は怒ってすると、辛くなるって、お母さんが言ってたよ」

幼「だからね、優しいきもちですると、おいしくなるの」

幼「私、男になでなでしてもらってる時が、一番優しいきもちになれるんだよ」




28:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 17:25:17 ID:w8YGcpro
幼「だからね、お願い」ニコー

男「わかった」ニコ

男「揺らさないように、そっとな」ナデナデ

幼「えへへ」




29:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 17:30:56 ID:w8YGcpro
男「」ナデナデ

幼「〜♪」(大根、すってます)スリスリ

男「…なんだこれ」

幼「私は楽しいよ〜」スリスリ

男「…まあ、いいか」

幼「ふふ」スリスリ




30:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 17:42:42 ID:w8YGcpro
幼「男〜、できたよぉ」ニパー

男「うん、早速しょうゆにつけて、食べよう」

……

幼・男「いただきますっ!」

幼「今日はいっぱい、いただきます、してるね」

男「ああ、いちいち言わなくても、いいかもな」クスッ

幼「別にいいじゃん。何か作ってもらったら、感謝だよ」

幼「私、男にいつも感謝してるよ」

幼「…男、いつもおいしいの、ありがとう」

男「どういたしまして」ニコ

男「…幼もありがとう」




31:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 19:13:47 ID:w8YGcpro
男「ふふっ」

幼「えへへっ」

男「…食べようか」

幼「そうだね」ニコ

男「…大根おろし、ホントに、甘い」モグモグ

幼「でしょ♪」モグモグ

幼「私の愛情だよっ」ニパー

男「あい…」カアッ

男「……」

幼「?」




32:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 20:36:33 ID:w8YGcpro
幼「…大根おろし、いっぱい作っちゃった」モグモグ

男「じゃ、夕飯、さんまにする?」モグモグ

男「冷凍なら、買えるかも」

幼 「いいね」

幼「私たち、まだお昼食べてるのに、お夕飯の話してる」クスッ

男「そうだな、まあいつものこと、だけど」クスッ




33:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 20:53:34 ID:w8YGcpro
幼「お餅、おいしかったね」

男「うん」

幼「ねえ、男」

男「なんだ?」

幼「火鉢っていいね。こうやって火が燃えてるところを見てると、なんだか落ち着く」

男「よくわかるよ。夏のキャンプ、思い出すよな」

幼「うん、薪でごはんつくるからね」

幼「今日は、キャンプ、思い出しまくりだけどね」

男「俺、毎年、楽しみにしてるからだな。…幼もか?」

幼「うん」

幼「これは火鉢で、中で燃えてるのは炭だけど、私にとっては、ちょっとしたキャンプファイヤーなの」




34:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/13(木) 21:04:32 ID:w8YGcpro
ヒューッ

幼「…外、寒そう」

幼「男、肩借りるね…」コテン

男「うん、火鉢使ってると、窓閉められないからなあ」

男「寒いかな」

男「ほら、ひざ掛け」サッ

幼「ありがと」

(火鉢で、炭がじんわりと燃えている)

幼「……」

男「……」




36:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/14(金) 00:05:24 ID:w8YGcpro
男(…この沈黙は、さっきと違うな。…なんだか心地いいや)

幼「…男」

男「うん?」

幼「私ね、いま幸せなの」

幼「おいしいものがあって、あったかくて、いつもいっしょの男がいてくれて」

幼「男は、どんなときに幸せを感じる?」

男「……」

男「…うーん、そうだな」

男「いつも通りに過ごせること、かな」

男「特に、変わったことがなくても、毎日楽しいじゃん」

男「俺は、それでいいかな」




37:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/14(金) 00:15:32 ID:w8YGcpro
男「平和がいちばんだろ?」

男「…でも、なにも刺激がないわけじゃ、ないんだよ」

男「幼とは幼稚園に入る前から、家族ぐるみでの付き合いをしてる」

男「だから、いっしょにいるのが、当たり前だよね」

幼「…うん」

男「ふたりでいると落ち着く。それが当然だから」

男「…だけど」




38:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/14(金) 00:36:10 ID:w8YGcpro
男「…幼といると、すごくドキドキするんだ」

幼「…え?」

男「うん、幼は何にでも喜んでくれるんだ。だから、いっしょにいると俺も、新鮮な気持ちになれるんだよ」

男「例えばさ」

男「作った食べ物はおいしく食べてくれる」

男「俺、たいして料理上手くないじゃん」

男「でも、幼はいつもおいしい、おいしいって、食べてくれるよね」

男「さっきから、ふたりで作ってるものなんて、別にたいしたものじゃない」

男「でも、幼は喜んでくれる」

男「…それがすごく嬉しいんだ」




39:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/14(金) 20:02:36 ID:w8YGcpro
幼「……」

男「あと、キャンプみたいな行事だけじゃなくって、こうゆう火鉢とか、使ってるだけで、楽しんでくれるよね」

男「何気ないことが楽しいって、素敵なことなんだよ」

男「…そんな幼といるだけで、俺も毎日が、すごく楽しいんだ」

男「だからさ、ずっと幼と、いっしょにいたいんだ」

男「好きだよ、幼」

幼「…男」




40:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/14(金) 20:12:52 ID:w8YGcpro
男「大好きだ」

幼「……」

幼「私が毎日楽しく、過ごせてるのはね」

幼「…いちばん大事な人がね、そばにいるからなの」

幼「誰かを好きだなーって、思うだけで」

幼「一日一日が、キラキラするんだよ」
幼「それは男のおかげなの」

幼「…私も、男が大好き」ニコッ




41:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/14(金) 20:27:21 ID:w8YGcpro
幼「……」

男「……」

幼「ふふっ」

男「あはは」

幼「…えへへ、なんだか、恥ずかしいね」

男「…うん、俺も」

男「…クサイこと言っちゃったな」

幼「そんなことないよ。男、かっこよかったもん」ニコッ

幼「…私、うれしかったな。いっしょにいるだけで楽しいって、言ってもらえて」

幼「私と同じようにに、思ってくれてるんだもん」

男「俺も」ニコ




42:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/14(金) 20:58:05 ID:w8YGcpro
幼「いっしょだね」ニコ

男「うん」ニコ

幼「…でも、安心したなぁ」

幼「振られちゃう、なんて思ってないけど、告白するのって勇気いるもん」

幼「関係、変えるのって大変だよね」

男「俺もそう思うよ」

男「幼が、先に勇気を出してくれたからだよ」

男「だから、俺も伝えられたんだ。…さっき、餅を食べる前、告白しようとしてくれてたんだよね。それで、さ」

幼「…バレてたんだ。あれは恥ずかしいから、忘れてほしいな」




43:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/14(金) 21:09:35 ID:w8YGcpro
男「そんなこと、ないよ。…それに、幼のお腹の音、かわいかったよ」ニコッ

幼「音っ、もぉ、も〜!!」

男「ふふっ」

幼「…なんか疲れちゃった」

男「そうだな、少し、休もうか」

幼「」ピトッ

男「…また、くっつくのかい」

幼「もちろん!これが私の定位置だもん」




44:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/14(金) 21:20:04 ID:w8YGcpro
幼「ずっと、私をあっためてよねっ、男!!」ニコッ

男「もちろん!!」

……

幼「…で、焼きチョコとスルメは、いつ食べるの?」

男「…幼、やせてるのによく食べるよな」


おしまい




45:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/14(金) 21:22:14 ID:w8YGcpro
読んでいただき、ありがとうございました。




46:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/14(金) 21:31:34 ID:JS5XRHR2
乙乙乙!




47:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/14(金) 21:35:41 ID:7ZbviyCM

良かったよ!




49:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/14(金) 22:08:26 ID:ZxT97DR2

温まった


嫁にしろと迫る幼馴染みのために××してみた (電撃文庫) あるいは現在進行形の黒歴史6 −幼馴染が俺の嫁?− (GA文庫)
カテゴリー幼馴染「」のSS一覧
管理人のオススメSS
 
電子書籍リーダー Kindle Paperwhite
レイトン教授VS逆転裁判
とびだせ どうぶつの森
ペーパーマリオ スーパーシール
New スーパーマリオブラザーズ U
コール オブ デューティ ブラックオプスII (字幕版) 初回生産特典 DLC「NUKETOWN 2025」同梱&Amazon.co.jp限定特典 スリーブケース 付き【CEROレーティング「Z」】
龍が如く5 夢、叶えし者 予約特典 龍うた -龍が如く5 THE BEST SONGS SELECTION- 全国5大都市マップ 付き
テイルズ オブ エクシリア2 (初回封入特典:プロダクトコード同梱) 特典 予約特典「オリジナル短編小説「TALES OF XILLIA 2 -Before Episode-」&「設定資料集」付き
メタルギア ライジング リベンジェンス プレミアムパッケージ(限定版) 数量限定特典 カスタマイズ用ボディ『サイボーグ忍者』ダウンロードコード 同梱
ディスガイア D2 (初回限定版)
大神 絶景版 (特典 PlayStation 3で見られる絵巻物「妖獣戯画繪巻」のプロダクトコード同梱)
ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント- (初回限定生産版)
第2次スーパーロボット大戦OG (通常版) 特典 電撃スパロボ! SP - OG Official Book -付き
 

最新記事50件