1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:38:00.09 ID:EiztwH6m0
女「夕日がキレイだなー」

男「死ぬの?」

女「うわあっ!」

男「こんにちは」

女「ちょっと!いきなり驚かせないで!死ぬところだったじゃない!」

男「え?死のうと思ってたんじゃないの?」

女「あ、そうだった」




元スレ
女「ビルの屋上から飛び降りよう」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355229480/


 
 
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:38:43.11 ID:EiztwH6m0
女「じゃあ、そういうことで、さようなら」

男「いやいや、待ちなさいってば」

女「何よ。邪魔しないで」

男「えっと、その、なんだ」

女「はっきり言いなさいよ」

男「えっとね、つまり……知ってる?」

女「知らない」

男「だと思った」




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:39:39.69 ID:EiztwH6m0
女「ってそれで終わり?」

男「知らない?」

女「だから知らないって」

男「飛び降り自殺ってグロいらしいよ」

女「……」




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:41:18.48 ID:EiztwH6m0
男「ほら、脳みそがぐちゃっと。鼻から出るかも。関節も無駄に増えちゃったりね。打ちどころがよかったら、無残な姿で救急車を待つことになるし」

女「……」

男「って知ってるかなあ、って思ったの」

女「そう、そういうことね」

男「?」

女「あなた、自殺を止めようとしてるのね?それで」

男「はあ」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:43:19.24 ID:EiztwH6m0
女「そうやって人のこと怖がらせようとしたり、わざと時間を引き延ばそうとしたり」

男「えーと」

女「あたしが飛び降りるのを少しでも伸ばそうとしてるんでしょ。あのね、そんなの無駄だから」

男「あなた、自意識過剰って言われたことあるでしょ」

女「なっ」

男「いや、悪気はないんだよ?ただね、そんなに自分が誰かから引き止められる存在だと思えるってのは羨ましいなあ、と思って」

女「死んでやる!」




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:45:05.42 ID:EiztwH6m0
男「あー、ちょっと待ってよ」

女「何よ!」

男「えーと、生きていればいいこともあるよ?」

女「ない」

男「まだ若いじゃん」

女「関係ない」

男「関係あるよ。見たところ、あなた高校生でしょ?」

女「そうだけど」

男「だよね、なんかお金がかからなさそうな服だもん」

女「バカにしないで!」




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:47:06.75 ID:EiztwH6m0
男「え?バカになんかしてないよ。羨ましいの。ほら、どんな服でも、若さが引き立ててくれるから」

女「死に装束をけなされたら、誰だって怒るわ」

男「死に装束?」

女「そうよ、せっかく死ぬんだもん。自分が死ぬときくらいは、ちゃんとした服を着たいじゃない」

男「血まみれで死ぬんだけどね」

女「それでも!これでも、今の自分にできる限りのおしゃれをしたのに、あんまりだわ」

男「それでその格好なんだ?」

女「そうよ、悪い?上から下まで全部新品なんだから」




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:49:10.98 ID:48Otqx/5P
きっちりしてんなwwww




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:49:20.10 ID:EiztwH6m0
男「うん、悪くないよ」

女「もう、いいから放っておいて!あたしが一人死んでもあなたには関係ないでしょ?」

男「うーん、それはそうだけどね」

女「だったら!」

男「まあこうやって会ったのも何かの縁だし、死ぬまでちょっと話をしても何も減りはしないんじゃない?」

女「それは、そうだけど」

男「だいたいなんで死のうと思ったの?」

女「あなたに何が分かるの?」

男「分からないから聞いてるんじゃない」

女「開き直らないで」




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:50:55.34 ID:EiztwH6m0
男「もう。じゃあ、なんて聞けばいいのさ」

女「だからそうじゃなくて、私に構わないでよ」

男「まったく、今から死のうって人が元気だね」

女「誰のせいよ!」

男「そうだなあ、あなたくらいの人が死のうとする理由は……」

女「人の話聞いてないでしょ、あなた」

男「彼氏にでもフラれた?」

女「!!」




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:52:27.98 ID:EiztwH6m0
男「あれ、もしかして正解?」

女「それだけで死のうなんて思わないわよ」

男「あれ、そうなの?じゃあ……いじめ?」

女「違うわ」

男「じゃあ……家庭不和」

女「……」




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:53:38.33 ID:EiztwH6m0
男「当たりだね」

女「満足した?」

男「ん?」

女「そうやって人の悩みを知って満足したかって聞いてるの」

男「まだ知ったわけじゃないよ。ジャンルが分かっただけ」

女「全部分かったら放っておいてくれるの?」

男「さあ、どうかな」




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:54:55.70 ID:EiztwH6m0
女「あのね、あたし、死にたいの。分かる?あなたには死ぬほどの苦しみなんて分からないでしょ?」

男「いや、分かるよ」

女「絶対わからない!死なせてよ!死ねば苦しみだってなくなるんだからさあ!いいじゃん、あたし一人くらい死んでも。何も変わらないし、何も困らないでしょ」

男「いや、僕が困るんだ」

女「はあ?なんであんたが困るのよ」

男「僕がそこで死のうとしてたんだから」




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:56:05.66 ID:EiztwH6m0
女「え?」

男「だから、僕が、そこで、死にたいの」

女「誰が?」

男「僕が」

女「どこで」

男「そこで」

女「なにそれ、意味分かんない」




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 21:58:15.92 ID:EiztwH6m0
男「意味は分かるでしょ。僕はずっと前から、今日、あなたが立っている場所から飛び降りて死んでやろうと決めてたんだよ」

女「そんな……だって」

男「それこそ、あなたが死のうなんて思うずっとずっと前からね」

女「だって、あなた全然見えないじゃない!その、死にたいようには」

男「あなただって、死にたいようには見えないなあ」

女「まじめな話なの?」

男「まじめだよ。あなたは自殺に対して不まじめなの?」

女「まじめ……だわ」




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 22:01:38.00 ID:EiztwH6m0
男「ごめん、まじめなのは分かるよ。ビルから飛び降りようなんて思う人の悲しさは身にしみてるから」

女「……うん」

男「はっきり言うね。あなたの自殺を止める気はないよ」

女「……うん」

男「ただ、死ぬなら他の場所で死んで欲しいんだ。ここは、僕の死に場所なんだ」

女「……」




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 22:03:38.44 ID:EiztwH6m0
女「どうしてここで死にたいの?」

男「夕日がキレイでしょ。ここね、この街で夕日が一番キレイに見える場所なんだよ」

女「そうなんだ」

男「それにこのビル、白いでしょ。だから夕日がすごく映えるんだ。ここから飛び降りたら、まるでビル全体に血をまき散らしたみたいになるんだよ」

女「……ちょっと、怖いかも」

男「死ぬのやめたくなった?」

女「ううん」

男「しょうがない子だなあ」




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 22:06:33.82 ID:EiztwH6m0
女「だって、あたしが飛び降りるのやめたら、あなた死ぬんでしょ?」

男「え?」

女「そんなの、やだし」

男「優しんだね」

女「別に、そういうんじゃないわよ」

男「あはは。じゃあ、お礼に昔話をしてあげようか」

女「昔話?」




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 22:08:48.44 ID:EiztwH6m0
男「そう、むかしむかし。その場所から飛び降りた女の人の話」

女「え……」

男「知らなかった?まあ、大きなニュースにはならなかったからね」

女「どのくらい前なの?」

男「うん。ちょうど10年前の話なんだ。ちょうど10年前の今日。一人の女の人が飛び降りたの」

女「10年前……」

男「今日のような夕日がキレイな日だった。夕日が壁に流れるように赤色を残している街を見渡してから、うなずくように、女はこのビルから飛び降りた。ためらいもせず、一直線に」

女「この場所から?」

男「うん。……きっと、よっぽど覚悟をしてたんだと思う。飛び降りた瞬間に感じた風に、ホッとしたんじゃないかな。これで終わる……って」

女「ホッとした……」




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 22:10:43.39 ID:EiztwH6m0
男「だけど、途中で壁にぶつかっちゃったの。落ちる勢いがなくなっちゃったんだね。だからすぐには死ねなくて」

女「どうなったの?」

男「救急車で運ばれたけど、結局、彼氏が病室に駆けつけた時には、もう死んでた」

女「その彼氏って……」

男「察しがいいね」

女「……後追い自殺?」

男「10年越しのね」




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 22:12:33.44 ID:EiztwH6m0
女「同じ日、同じ場所、同じ夕焼けの日に……」

男「分かってくれた?ここで死ぬのはやめてね。ここで死んでいいのは、僕だけなんだ」

女「やだ」

男「もう、聞き分けがないなあ」

女「やだやだ」

男「子どもじゃなんだから」

女「あたしがやめたら、あなたが死ぬんじゃない」

男「そうだよ」

女「だったら、いや」




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 22:14:03.61 ID:EiztwH6m0
男「困ったなあ」

女「困ってしまえ」

男「本当に困った。……もう、夕日が沈む」




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 22:15:19.12 ID:EiztwH6m0
女「本当だ……」

男「こんなに夕焼けがキレイな日を、僕は今日まで10年間待ってたんだ」

女「……ごめん、なんて言わないからね」

男「あーあ。来年の今日は晴れてるかなあ」

女「きっと雨だよ」

男「意地悪だな」

女「絶対雨だよ」




42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 22:17:08.99 ID:EiztwH6m0
男「仕方がないから、僕はまた来年。あなたはどうする?」

女「仕方がないから、あたしはここでは死なないであげる」

男「ありがとう。感謝するよ」

女「……また、会えるかな」

男「そうだね、またお互い、死にたくなったら」




44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 22:19:20.82 ID:EiztwH6m0
と、女が自殺を止めてくれたところで、この話はおしまいです。
支援に感謝です。




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 22:22:35.22 ID:RJUfHzgL0





48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/11(火) 22:24:24.02 ID:YQapsoyMO



フィッシュストーリー ポテチ〔初回限定仕様〕 [DVD]
カテゴリー男「」女「」のSS一覧
管理人のオススメSS
 
電子書籍リーダー Kindle Paperwhite
レイトン教授VS逆転裁判
とびだせ どうぶつの森
ペーパーマリオ スーパーシール
New スーパーマリオブラザーズ U
コール オブ デューティ ブラックオプスII (字幕版) 初回生産特典 DLC「NUKETOWN 2025」同梱&Amazon.co.jp限定特典 スリーブケース 付き【CEROレーティング「Z」】
龍が如く5 夢、叶えし者 予約特典 龍うた -龍が如く5 THE BEST SONGS SELECTION- 全国5大都市マップ 付き
テイルズ オブ エクシリア2 (初回封入特典:プロダクトコード同梱) 特典 予約特典「オリジナル短編小説「TALES OF XILLIA 2 -Before Episode-」&「設定資料集」付き
メタルギア ライジング リベンジェンス プレミアムパッケージ(限定版) 数量限定特典 カスタマイズ用ボディ『サイボーグ忍者』ダウンロードコード 同梱
ディスガイア D2 (初回限定版)
大神 絶景版 (特典 PlayStation 3で見られる絵巻物「妖獣戯画繪巻」のプロダクトコード同梱)
ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント- (初回限定生産版)
第2次スーパーロボット大戦OG (通常版) 特典 電撃スパロボ! SP - OG Official Book -付き
 

最新記事50件