1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 20:17:46.76 ID:CkSTu5aL0
先輩「それも、柔らかいマシュマロおっぱいです」

男「はい」

先輩「いまならこのおっぱいを男君の好きにしていいと言われたらどうしますか?」

男「……も」

男「揉みません」

先輩「つまり、突きはするということですね!」

男「え、いや……そういうことでは」

先輩「うむうむ。しょうがない、では突きなさい、突きなさい」

男(ハニートラップじゃないよな……?)




元スレ
先輩「ここにおっぱいがあります」男「はあ……」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354706266/


 
 
6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 20:22:19.87 ID:CkSTu5aL0
男(……先輩の胸、制服の上からでもその柔らかさが確認できるんだよな)

男(絶対、柔らかいだろうな)

先輩「おやおや?ぐずぐずしてると、こっちから押し付けにいきますよ〜?」

男「あ、いえ、ちょっと待ってください」

先輩「迷わなくていいんですよ、男ならさっさと貪る!」

男「貪った結果が檻の中じゃシャレにならんですよ」

先輩「合意の上だから、一回だけ、一回触るだけでいいから!」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 20:24:49.28 ID:CkSTu5aL0
男(一回。そうだよな、一回だけなんだ……)

男(しかも、向こうから誘ってきてる)

男(問題ない、あったとしても)

男(このおっぱいを触れるなら、俺は後悔しない!)

男「では、失礼して」

プニョン

先輩「ひゃっ……」

男(何これ、柔らかい……!)




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 20:29:01.13 ID:CkSTu5aL0
男「あ、あの……もう一回いいですか?」

先輩「だめでーす♪」

男「えぇっ…、そんな!?」

先輩「一回だけでーす。本当はわしづかみしてほしかったですけどね」

男「します、します。もう揉みしだきますから!」

先輩「ふふっ、また今度にしましょうね」

男「そんな殺生な……」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 20:33:48.44 ID:CkSTu5aL0
男「というか、なぜいきなり胸を?」

先輩「えっとですね、どうすれば手っ取り早く好意を示せるかと考えまして」

男「……はい?」

先輩「好きとは恥ずかしくていえないですし、手紙は風情がないのでこのような方法を」

男「あの、胸に触っていいっていうほうが恥ずかしくないですか?」

先輩「……そんなの、男君だから言えるんですよ」

男「き、気持ちはうれしいんですけど……」




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 20:37:29.00 ID:CkSTu5aL0
先輩「ちなみに、次におっぱいに触れるチャンスは」

先輩「私の思いを受け入れない限り、未来永劫訪れませんよ!」

男「な、なんだと……!?」

男(いや、思わず驚いてしまったけど、普通じゃないかそれ)

先輩「さあ。どうしますか、受け入れておっぱいを揉むか」

先輩「受け入れずに、もうおっぱいを揉めない日々を送るか!」

男「あの、考えさせてもらってもいいですか……?」

先輩「もう、男なら即決断するべきですよ?」

男「すいません……」




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 20:41:49.60 ID:CkSTu5aL0
男「必ず、返事はしますので……」

先輩「いい返事をおっぱいの感度あげて待ってますよ?」

男「わ、わかりました……」

男「それじゃ、俺はここで……」

先輩「はい、ごきげんよう?」

───

男「……ふう、なんか凄い目にあってしまったな」

会長「おや、男ではないか」

男「あ、生徒会長。こんにちわっす」

会長「ああ、こんにちは。それよりだ、男」

男「ん、なんですか?」

会長「ここにおっぱいはない……」

男「は?」




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 20:46:25.21 ID:CkSTu5aL0
会長「知っての通り、私は胸が小さい」

男「は、はあ……」

会長「陰ではまな板会長、貧乳会長と呼ばれている」

男「ご存知です」

男(そして俺もそう呼んでいる)

会長「しかしだ、無い胸を舐めるという性癖だってあると思うのだ」

会長「胸に顔を押し付け、ペロペロするならむしろまな板の方がエロティック」

会長「そう、思わないか?」

男「考えたこともないです」

会長「いま考えろ、そして感じろ。否、感じさせろ」

男「つまり、舐めろと」

会長「ああ、舐めろ」




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 20:48:34.38 ID:CkSTu5aL0
男「ちょっとまってください」

男「流石にそれはちょっと、どうかと」

会長「女が良いと言っているのだ、何故来ない?」

会長「据え膳食わぬは、女への冒涜」

会長「据え膳すら並ばぬモノへの裏切り」

男「じゃあ、聞きますけど。ここで脱げますか」

会長「…………ほら、多目的トイレがあるだろ?」

男「いや、あるだろ?じゃないです」




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 20:51:50.07 ID:CkSTu5aL0
会長「何なんだ、舐めたくないのか?」

会長「お前も貧乳は劣等とおもっているのか?」

会長「嘆かわしい」

会長「貧乳のデメリットなど、授乳が画にならぬだけだろう!」

会長「大きいからといって、いいわけではない……!」

会長「形とか、色とか、あるだろう……、触り心地とか」

男(色はともかく、あんたは形も触り心地もないでしょう)




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 20:54:40.07 ID:CkSTu5aL0
男「まあ、正直な話」

男「舐めさせてもらえるなら、舐めたいです」

会長「ならば話ははやい」

会長「さあ、トイレに行こう!多目的トイレに!」

男「あ、あの、ちょ、落ち着いてください!」

会長「なんだ、ここでする気か?……助平め」

男「いや、あなたがいいますか」

男「そうではなくて……、俺が舐めるのは胸じゃありません」

男「首筋です」

会長「!?」




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 20:56:44.26 ID:xOUsi64U0
分かってるなあ




29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 20:57:16.24 ID:CkSTu5aL0
会長「ちょっとまて、首筋もたしかにいいかもしれないが……」

男「流石に、胸を舐めると色々とやばそうですので」

男「首筋で」

会長「……マークは?」

男「つけませんよ」

会長「か、髪で隠せるだろう?髪で隠せばいいじゃないか!」

男「……まあ、それなら」

男(隠れるのか心配だけどいいや)




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 20:59:34.06 ID:+8FMlvrlI
この男.....出来る!




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:00:31.78 ID:CkSTu5aL0
男「じゃあ、ちょっと髪どけてもらえます?」

会長「うむ。……さあ、こい」

男(うわ、やべ……いい匂いがする)

男(むはーっ、やべ……、とりあえず、まずはペロリと)

レロッ

会長「ひっ……、あ……っ」

男(いいね、なんかエロイ事してる気分になってきた)

ちゅっ

会長「──ッ……!」

男(とはいえ、誰かきたらまずいしさっさと吸い付いてしまおう)




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:04:34.08 ID:CkSTu5aL0
男(……名残おしいが、俺の名誉と学園生活のためだ)

チュゥゥゥゥ

会長「い、っ…、たっ……!」

男「ふぅ、終わりですよ……」

会長「……ふふふふ、これで名実ともに私はお前のものだ」

男「えっ」

会長「いや、冗談だ。しかし、お前には私の想いにこたえる義務がある」

男「で、ですよね」

会長「私の想い。受け入れてくれるのならおっぱいを舐めてくれ」

男「……考えさせてください」




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:07:39.19 ID:CkSTu5aL0
会長「おいおい。今すぐむしゃぶりついてもかまわんぞ」

男「あ、あのー。ちょっと、こういうのって熟考するべきだと思うので」

会長「……待ちきれない」

男「ほ、ほら。メロンも食べごろまで待ちますし」

会長「私は今が食べごろだ」

男「……あの、とりあえず!必ず返事はするので。俺はここで……!」

会長「あっ……。やれやれ、帰ってしまったか」

会長「……キスマーク、か」

会長「えへへへ……」




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:10:33.91 ID:CkSTu5aL0
男「俺はもしかしたら、一生分の幸運を使い果たしているのかもしれない」

男「先輩も会長も、美人なんだよなあ……」

男「色々と、対極にある人たちだけど……甲乙つけがたい!」

幼馴染「何が?」

男「おわっ!……なにしてんの?」

幼馴染「下校してんの」

男「そうか、それはよかったな。じゃ、そういうことで」

幼馴染「あ、男ー。ちょっとまってよー」

男「なんだよ、俺はいま忙しいんだよ。つかこの前貸したDVD……」

幼馴染「ここに脚があります」

男「あれ、なんだろ。泣きそうだおれ」




42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:13:32.13 ID:CkSTu5aL0
幼馴染「女子テニス部でも評判の美脚です」

幼馴染「テニスウェアから覗く脚線美が最高と、男子の中でもっぱらのうわさです」

男(ああ、クラスの男子がオカズにしてるらしいし)

幼馴染「触りたくない?」

男「わるいな、そういう趣味はないから」

幼馴染「触り方しだいで、おパンツもみえちゃうし」

幼馴染「いまなら、今日一日はいたニーソもついてくよ?」

男「ニーソだと……?」

幼馴染「くんかくんかしたくない?」

男(くそ、してぇ……!)




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:18:13.64 ID:CkSTu5aL0
幼馴染「脚も、ニーソもくんかくんかし放題」

幼馴染「しかも、パンツも見放題」

男(なんだそりゃ、とんだ天国じゃねぇか……!)

幼馴染「幼馴染はあて馬、かませ犬、敗北要因」

幼馴染「そんな糞みたいな風潮を破壊すべく、私はこの武装をしてきたの」

男(なるほど、たしかにすげえ……)

男(無駄にガーターベルトで飾るより、男を惑わせるぜ……ニーソックス!)

男(絶対領域がまぶしいぜ……)




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:22:31.01 ID:CkSTu5aL0
幼馴染「さあ、どうするの?」

男「……いや、ちょっとまて!」

男(あぶねえ、そうだよ、こいつは俺がニーソ好きってしってるから…・・・)

男(惑わされるな、……そうだ、冷静になれ)

男「……帰るぞ?」

幼馴染「ニーソ、あげるよ?」

男「え?」

幼馴染「脱ぎたて。ほっかほか」

幼馴染「あったかいよ、いい匂いだよ、きっと」

男「……しゃーねぇなぁ!」




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:25:35.40 ID:CkSTu5aL0
幼馴染「……こんな路地裏で幼馴染の脚の匂いをかぐなんて」

幼馴染「えっち」

男「黙れ、気が散る」

幼馴染「本当に、ニーソが好きなんだから」

男「……じゃあ、嗅ぐ前に」

すりすり

幼馴染「あんっ……、もう、ばかぁ……」

男(あー、いい匂いだ……、肌もすべすべだし)

男(ニーソもいいなあ、……パンツはっと)

男(おお、薄いブルー。レースですか、いいね!)




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:29:17.62 ID:CkSTu5aL0
男「むはぁ……」

くんかくんか

幼馴染「んっ、もうっ…、がっつき、すぎぃ……」

男「いいではないか、いいではないか……」

男(むはーっ、いいね、この甘い香り。幼馴染の家の匂いがするじゃねぇか……)

幼馴染「わ、私の脚、どう……?」

男「ニーソっていいよね」

幼馴染「ば、ばかっ」




63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:31:43.17 ID:CkSTu5aL0
幼馴染「あ、もうこんな時間……」

男「本当だ、かれこれ一時間も……」

男「そんなことより、ニーソだよ、ニーソ!」

幼馴染「あ、うん。はい、どうぞ」

男「むはーっ、……やべぇ、半年これで戦える」

幼馴染「ね、ね?また、……私の脚くんかくんかしたくない?」

幼馴染「ニーソも、毎日だってあげるよ?」

男「わかった、返事は折り入ってさせていただく」

幼馴染「え、えっ!?ちょっ、なんでそんなに手馴れてるの!?」




64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:33:51.57 ID:CkSTu5aL0
幼馴染「それじゃ、明日ね。何時に起こせばいい?」

男「いつもどおりでいいよ」

幼馴染「うん、じゃあモーニングコールするね」

男「了解。じゃーな」

幼馴染「うん、またね」

男(……しかし、思いもよらぬ収穫があったな)

男(やべえ、かばんの中からニーソのかほりが……)




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:36:22.62 ID:CkSTu5aL0
男「ただいま」

姉「あら、お帰り」

男「あれ、皆は?」

姉「夕飯のお買い物」

男「ふーん……」

姉「ねえねえ?」

男「あ、ごめん。先にかばん部屋に置いてくるわ」




67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:36:44.41 ID:PwJXmPnf0
姉か?姉なのか?




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:37:16.84 ID:lVBpHKPl0
なんてこった・・・
こいつ・・全ての属性を・・・




70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:38:26.53 ID:9z1Hpb/m0
凌駕するつもりなのか………………




72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:39:38.24 ID:CkSTu5aL0
男「で、姉ちゃん。なに?」

姉「その前に、はい。おやつ」

男「……雪の宿?おいおい、飯前だぞ」

姉「2枚くらい大丈夫よ、さ、食べて食べて」

男「なんだよ、まったく」

パリポリ

男「……この塩味と甘さのハーモニーがいいね」

姉「ね、男」

男「んー」

姉「そこに指があります」

男「あー、指ね」

男「ん?」




75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:41:30.95 ID:CkSTu5aL0
姉「お姉ちゃんは、いつも思ってたの」

姉「ああ、男の指、きれいだなって。ピアニストみたいだなって」

男「なるほど、で?」

姉「男の指が大好きなの、私」

男「そりゃどうも」

姉「さて、ここで問題です。なんで私はおやつに雪の宿をチョイスしたでしょうか」

男「……!」




77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:44:51.21 ID:CkSTu5aL0
姉「お姉ちゃんからのお願いっ」

姉「なめさせて?」

男(ここに来て自分からするタイプできたか!)

姉「ね、いいわよね?」

男「いや、まて。姉ちゃん……、さすがに姉弟でこれは」

姉「大丈夫、指フェラだから!指ついてるだけでその辺大丈夫なるわよ!」

男「ならない、ならない、絵的にまずい……」

姉「こっちだって譲歩してるのよ、本当なら壷洗いがいいのに……」

姉「しょうがない、男がだめっていうなら当初の目的の通り」

男「なめてください」

姉「もう、甘えんぼなんだから」

男(まあ、指だしいいや)




84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:49:10.80 ID:CkSTu5aL0
姉「ほら、雪の宿でほんのり塩味な指を差し出しなさい?」

男「……ほら」

姉「んっ、ちゅっ、…んむ、ちゅぱ……」

男(やべ、舌とかツバが、あったけぇ……!)

姉「男の、ゆひ、おいひいよう……」

男「塩味ついてるしな」

姉「……むぅ」

ガリッ

男「痛ぇっ!?」

姉「風情のないこと言わないの……」




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:49:42.93 ID:R6p6/Y0L0
何故ハッピーターンじゃないのか




89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:52:35.28 ID:CkSTu5aL0
姉「はむっ、んっ…むっ」

姉「きもひい?」

男「お、おう……」

姉「じゃ、次の指いくわよ……」

男「え、10本全部かよ」

姉「んーん、20本」

男「脚だと別プレイになるので却下だ」

姉「……いいわよ、じゃあ二倍ねっとりでいくもん」

男(ふやけるかもしれんな、俺の指)




91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:57:03.36 ID:CkSTu5aL0
姉「ん、れろっ、じゅるっ…、ちゅぱ……」

姉「ぷはぁ……、美味しかった」

男「涎でベトベト……」

姉「ねぇ、舐めて?」

男「は?」

姉「男の指についてる私の涎……、舐めて?」

男「……」

ぺろ

姉「……んっ、いいっ」

男「……ティッシュとってくれない?」

姉「やーだ、全部ちゃんと舐め取るの」

男「……はいはい」




93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:58:12.85 ID:+8FMlvrlI
姉エロ過ぎええなぁー




94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:59:29.02 ID:CkSTu5aL0
姉「いやー、眼福だったわ」

男(結局、全部の指を舐めさせられた)

男(自分の指を舐めるなんて、どんなプレイだ)

姉「ねえ、また指フェラしてほしいでしょ?」

男「いや、まあ、うん……」

姉「ねえ、男はお姉ちゃんがイケナイお姉ちゃんって気づいてる?」

姉「弟を好きになっちゃう、だめなお姉ちゃんって」

男「できれば、気づきたくなかったかな?」

姉「お姉ちゃんの彼氏になってくれたら、いつでもしてあげるよ?」

男「……考えさせてくれ」

男(姉弟だから考えるまでもないけどさ……)




95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 21:59:33.44 ID:5Go9wFlh0
もう色々と我慢ならん




96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 22:01:09.70 ID:CkSTu5aL0
男「じゃあ、おれ部屋に戻るから」

姉「うん、夕飯できたら呼ぶわね……?」

男「へーい」

男(……指、ちょっとふやけてたな)

男(しかし、どうしよう)

男(オカズに困る)




97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 22:03:39.72 ID:CkSTu5aL0
男(先輩も会長も幼馴染も姉ちゃんも)

男(現段階では、すばらしいオカズだ)

男(どれにするべきか、迷う!)

男(いっその事、今日は抜きに抜いて抜きまくるか?)

男(……いや、とりあえず今日はこの……)

男「ニーソちゃんでヌこう!」

コンコン

妹「お兄ちゃん、いるー?」

男「おわっ!?ちょ、ちょっとまて、片付ける!」




101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 22:04:42.45 ID:kUnRk3g1O
妹来た




108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 22:15:27.27 ID:CkSTu5aL0
男「……よし、はいっていいぞ」

妹「何々?エロ本でも隠してたかー?なんだよ、青いなぁ」

男「かってな空想をするんじゃないよ」

男(まあ、オカズという点ではエロ本と同じだが)

男「で、どうかしたか?」

妹「へへっ」

妹「ここにセーラー服がありまーす!」

男「なんだと……!?」

男(うちの学校はブレザーだが、妹のところは学ラン!)

男(そして女子は……セーラー服!)




113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 22:20:39.85 ID:CkSTu5aL0
男「そうか、制服のまま親父達と買い物にいったか?」

妹「ううん、わざわざ着替えてやったんだぞ〜?」

男「なるほど、できた妹じゃないか」

妹「ほら、セーラー服いいでしょ?ね、ね?いいでしょ?」

男「こ、こら、抱きつくな……、息がかかるっ!」

妹「……脱がしたい?セーラー服脱がしたい?」

妹「……いいよ?」

男「……いや、しかしだな」

妹「いまなら黒パンストビリビリしていいよ権付き!」

男「おら、はやくしろ」




120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 22:24:23.10 ID:CkSTu5aL0
妹「やだぁ……、乱暴しないでぇ……」

男「何してんだよ」

妹「いやー、この方がムードあるかなーと、ない頭で考えたの」

男「あー、なるほど」

妹「じゃあ、もっかいやるよ、ていくとぅー」

男「ああ、頼むぜ。主演女優」

妹「こほん」

妹「だめ、乱暴しないでぇ…・…」

男「こんなところでさけんでもだれもこねえよ」

妹「ヘタクソ」

男「悪い……」




123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 22:27:49.19 ID:CkSTu5aL0
妹「やだあ、パンスト破いちゃぁ……」

男「……」

ピリッ、ビリッ……

妹「あぁ……やめて、おねがい……」

男(こいつ、役にのめりこむタイプか?)

妹「あっ、スカート、だめっ……!」

男(何気に誘導してやがる)

スルスル

妹「スカート、脱がされちゃった……」

男(しかし、上は制服なのに下はパンツってそそりますな)

妹「ん、どうしたの?」

男「いや、下だけ脱がすってのもいいなーって」

妹「……じゃあ、このままにする?」

男「じゃあ、このままで」




126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 22:31:45.75 ID:CkSTu5aL0
妹「…あ、お兄ちゃん、お兄ちゃん!」

男「なんだよ」

妹「ちょっと待ってね」

男(壁に向かってなにする気だよ)

妹「はやくっ、もう……我慢できなっ……!」

男「こらこら!何立ちバックご所望してんだ!」

妹「だって、お兄ちゃんのエロ本にこういうシーンがあったしー」

男「読むなよ、実践するなよ!」

妹「お兄ちゃんにだけだもん……。きゃっ、言っちゃった!」




132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 22:39:51.12 ID:CkSTu5aL0
妹「ねえ、お兄ちゃんは私の気持ち、受け入れてくれる?」

妹「私はね、お兄ちゃんがそうしてくれたら、毎日セーラー服で、お兄ちゃんの好きなポーズとってあげるよ」

男「……いや、じゃあ、考えさせてくれないか」

妹「むぅ、優柔不断なんだから」

男「常識に則ってバッサリ切らないだけでもいいだろ?」

妹「うん……、そうだね」

姉「2人ともー、ごはんよー」

男「ほら、いくぞ」

妹「まって、着替えないと……」

男「はやくしろよー」




134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 22:43:02.98 ID:CkSTu5aL0
男「ふう、食った食った」

男「今日は特に見るテレビもないし、寝ようかな」

男「ふう、今日は一日色々といい思いをしたな」

男「……寝よう、明日はきっと普通だ」

男「すぅ、……すぅ」




139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 22:44:58.23 ID:CkSTu5aL0
男「……ふぁあ」

男「朝か、……あれ。ここは?」

男「学校……?」

先生「あら、男くんじゃない」

男「せ、先生!?……あれ、確か先生って去年転任したはずじゃ」

男(あ、夢かこれ)

先生「……もう、わかってるんでしょう?」

先生「ここに眼鏡&スーツがあるわ」

男(夢の割りには普通だな)

先生「ほら、こっちにいらっしゃい?」

男(……何をされるんだ、おれ)




147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 22:58:25.39 ID:CkSTu5aL0
先生「……さあ、ブラウスのボタンを上から順に外していってくれない?」

先生「それでいて、脚をなでて……」

男(ま、まあ。夢だしいいか)

先生「……んっ、手際よく、ね?」

男「ええ、手先は器用なんで、大丈夫ですよ?」

スリスリ

先生「んっ、だめっ……、くすぐったい……」

男(本当の先生も、こんな声あげるのかな……)




151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 23:02:57.76 ID:CkSTu5aL0
男「……あ」

男(ブラジャー……、黒なんだ)

先生「ふふ、下も黒いのよ?」

男「いや、まあ。それはまあ、そうでしょうに」

先生「ねえ、男君はメガネをかけてる女性はどう思うかしら?」

男「そうですね。個人差ありますけど、先生は知的にみえますよ」

男「そして、そんな先生が服を脱がさせようとするのは……その、とてもいいです」

先生「あら。……じゃあ、全部脱がして────」


ガバッ


男「……」

チュンチュン

男「うおわああああああああああああああ!!!」




152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 23:05:57.91 ID:CkSTu5aL0
男(まあ、夢ですもん。夢だからしょうがないもん……)

男「前向きに考えよう、エロイ夢で朝勃ちとか夢精せずにすんだ……」

男「げげっ!?もうこんな時間かよ、学校いかねぇとっ!」




155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 23:06:49.38 ID:1Iifilqz0
モーニングコールはどうした




156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 23:10:00.72 ID:CkSTu5aL0
男「……ふう」

男(よかった、も放課後だけど何事もないや)

男「……さて、帰るかな」

部長「あら、男さん?」

男「あれ、確か……茶道部の部長ですよね?」

部長「ええ、覚えてくださってうれしいです」

男「いえいえ、俺も部長さんみたいなキレイな人に……」

部長「あらあら、お上手ですね」

部長「あの、よかったらお茶でもどうです?」

男「え、でもいいんですか?」

部長「ええ、部員は私以外いなくて」

男「あらら……」

部長「みんな、やめてしまったんですよ」




161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 23:18:33.46 ID:CkSTu5aL0
部長「はい、どうぞ……」

男「あ、いただきまーす」

部長「最初は、物珍しさやお茶菓子目当てにくる人が多いんですけど」

部長「先生がとても厳しい方なので、やめてしまわれる方が後を絶たなくて……」

男「でも、部長さんは3年間ずっといたんですよね、すごいっすよ」

部長「ふふ、私なんて。まだまだです」

男「いやいや、お茶も美味しいですし」




162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 23:20:08.23 ID:CkSTu5aL0
部長「ふふふ、嬉しい」

男「でも、事実ですし」

部長「男さんと話していると、なんだか笑顔になってきますね……」

男「いやあ……」

部長「あ、そうそう」

男「どうかしましたか?」

部長「ここに耳掻きがあります」




163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 23:20:39.45 ID:PwJXmPnf0
耳かきだと耳かきだと耳かきだと耳かきだと耳かきだと耳かきだと耳かきだと耳かきだと耳かきだと耳かきだと




165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 23:22:41.61 ID:D9qYZIOC0
ふともも・・・ふともも・・・




168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 23:24:40.92 ID:CkSTu5aL0
部長「さ、こちらへ……」

男(これは……)

部長「遠慮なさらなくても、いいですよ?」

男「……っ」

男「それじゃ、遠慮なく」

部長「……では、動かないで下さないね?」

男「は、はーい……」




169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 23:27:55.84 ID:CkSTu5aL0
男「んっ、くぁ…あっ……!」

部長「ふふ、動いちゃ、だめですよ?」

男「い、いやぁ、わかってはいるんですけどね?」

部長「……そうですね、私も小さい時なんかはよく母親にしかられましたし」

部長「あら、男さん。随分と溜まってらっしゃいますね?」

男「そういえば、最近してなかったかな……」

部長「でしたら、ここでスッキリしていってください?」




175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/05(水) 23:32:56.04 ID:CkSTu5aL0
部長「ふぅ〜っ」

男(あっ……、部長さんの息、すげえ心地いい……)

部長「次は、反対の耳をしましょうか」

男「お、お願いします……」

部長「こうしていると、なんだかとっても和やかな気分になってきます……」

男「俺もですよ……なんだか、いいですよね」

部長「はいっ。……ふ〜っ」

部長「終わりました……」

男「ありがとうございます、部長さん」

部長「あ、待ってください。そのままで話を聞いてくれませんか?」




272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 10:10:47.52 ID:CkSTu5aL0
男「……あの」

部長「その、もうすこしこのままでいてもいいでしょうか?」

男「いや、俺はいいんですが……?」

部長「ふふ……、よかった」

部長「男さん、私のこと受け入れてくださいますか?」

男「う、うーん……、か、考えさせてもらってもいいでしょうか?」

部長「もし受け入れてくださるのなら、いつでもこうやって膝枕を……」

男「み、魅力的ですが……!」

部長「……そうですよね、いきなりこんな事を言われても迷ってしまいます、ね」

部長「……お返事、待ってます」

男「は、はーい……」




276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 10:21:28.62 ID:CkSTu5aL0
男「……お茶の味が思いだせん」

男「しかし、膝枕はよかったな」

委員長「あれ?男君、まだ帰ってなかったんだ」

男「い、委員長っ!?」

男(さっきの聞かれてない、よな?」

男「……委員長も帰ってなかったんだ?」

委員長「うん、さっきまでバスケ部だったから……」

男「ユニフォーム脱いだ方がよくない?風邪引くんじゃ……」

委員長「ここに腋があります」

男「!?」




279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 10:24:42.45 ID:W4iDhb6T0
次は腋ですか




281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 10:27:12.68 ID:CkSTu5aL0
委員長「ユニフォームから覗く、白く細い腕」

委員長「そして丁寧に処理されている腋」

委員長「部活直後だから、いい感じに女の子の汗のにおいもする」

男(腋……か)

委員長「どう?ぺろぺろしてみたくない?」

男「……いや、ちょっとまって」

男「まあ、うん。ぺろぺろしよう、ぺろぺろ」

委員長「うんっ、だったらさっそく人気の無い場所へ──」




282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 10:34:39.35 ID:CkSTu5aL0
男(……人に流されるままこういう事をしていていいのだろうか)

委員長「ほら、早くしないと汗のニオイがなくなっちゃうぞ?」

男「いや、そう簡単にニオイが消えたら制汗スプレーは売れないだろう」

委員長「あ、スプレーもあるよ?後で胸元にプシューってやってほしいな〜」

男「いや、わかった……、とりあえず。手をあげてくれないか?」

委員長「素直でよろしいっ。…っと、ばんざーいっ」

男(うわっ……これはまたなんともそそるニオイだ)




285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 10:45:35.54 ID:CkSTu5aL0
男「じゃあ、舐める……けど?」

委員長「うんっ、……来て?」

レロォ……

委員長「ひゃんっ……」

男「これは……」

男(汗のいい感じのしょっぱさと、むわっとした匂い……)

男(そして女の子独特の甘い香りがして良い……)




286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 10:48:20.22 ID:ePXxd0sAO
男の属性が広すぎる




287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 10:52:50.28 ID:CkSTu5aL0
男(むはーっ、……たまらんですな)

委員長「あ、ふっ……舌、あったかいっ……」

男(腕も奇麗だし……くはー、バスケットコートはヴァルハラかおい!)

委員長「男君、眼がこわい……、ひゃんっ」

男「眼、つむろうか?」

委員長「そういう問題じゃないんだけどねー……?」

男「いや、視覚を遮断し、嗅覚を研ぎ澄ませることによって、より委員長の薫りを……」

委員長「もうっ、好きにしなさい……」




288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 10:53:18.68 ID:SPDFea9lO
可愛い子にこんなことされたら属性無くても飛びつくだろ




289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 11:01:30.50 ID:CkSTu5aL0
男「……ん、いやあ、堪能させていただきました」

委員長「ふふっ、私の腋。男君の涎でびちょびちょだよ?」

男「ああ、思いっきり魂かけて舐めてやったからな」

委員長「えっち……。じゃ、じゃ。次はスプレーだよっ」

男「ああ!」

男「このスプレー、振った方がいいの?」

委員長「うん、お願いっ」




291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 11:10:03.86 ID:CkSTu5aL0
男「じゃあ、いくけど……、いいかな?」

委員長「うんっ……、来て?胸元にかけて……?」

男「では遠慮なく」

シュゥゥゥ

委員長「ひゃっ……、冷たくて、気持ちいっ……!」

男「腋にもかけないとだめだよなー、腋も大事なんだよな」

シュゥゥゥ

委員長「んんっ……」

男(なんか変なことしてるんじゃないかって思ってくるんだが)




292:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 11:18:15.53 ID:CkSTu5aL0
委員長「んー…、ありがとう。おかげでスッキリしたよ」

男「それはよかった……」

委員長「あのね……?私……」

男「いや、委員長の気持ちは嬉しいんだけど……」

委員長「えっ、え!?まだ何も言ってない……!」

委員長「でも……うん。どう、かな?」

委員長「私と付き合えば、汗も腋も舐め放題だよ?」

男「か」

男「考えさせてくれっ……、じゃ、そういうことで!」

委員長「あっ……!……逃げちゃった」




296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 11:27:53.96 ID:CkSTu5aL0
男「もうこんな時間か……」

後輩「あれ、先輩?」

男「お、後輩か……何してるんだ?」

後輩「ちょっと、色々ありまして」

男「へえ。じゃ、そういう事で!」

後輩「あ、待ってください……」

後輩「ここに唇があります」

男「oh」




299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 11:30:30.96 ID:YT7Z5+u90
さすが後輩、勢いがある




301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 11:32:15.43 ID:CkSTu5aL0
後輩「柔らか、ぷるぷるん。乙女の唇」

後輩「これを……先輩の肌におしつけちゃいます!」

男(あ、くそ!キスじゃねーのか!)

後輩「全身リップでいきたい衝動を抑えつつ、ほっぺたを頂いてしまおうと思います」

後輩「どうでしょうか?」

男「よし、こい……う、受け止めてやる」




302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 11:33:46.65 ID:YT7Z5+u90
あ、くそ!キスじゃねーのか!




304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 11:41:41.20 ID:CkSTu5aL0
後輩「私のちゅーは柔らかくて気持ちいですよー?」

男(それを唇で味わいたいもんだ、それをさせぬとは悪魔か!)

後輩「むふふふ……、緊張してます?」

男「し、して…ない!」

後輩「それはよかった……、じゃあ、ほっぺたいただきまーす」

後輩「むちゅぅ…、ちゅっ」

男(やばい、柔らかいのがほっぺにあたっている……)




306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 11:43:56.55 ID:CWdGPL8H0
どっかにおっぱいや足や脇とか落ちてないかな




311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 11:49:51.36 ID:CkSTu5aL0
後輩「むちゅっ、んちゅ……」

後輩「先輩のほっぺた、ぷにぷにですねぇ……」

男「お、お前の唇も柔らかくてぷるぷるんだよ」

後輩「もう、先輩ったら……!」

後輩「そんな恥ずかしいこという先輩には、ちょっとお仕置きしちゃいますよー」

後輩「ちゅ……んちゅ、れろっ……」

男「ふぁっ……!?」

男(み、耳はまずい……)




313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 11:56:17.74 ID:CkSTu5aL0
後輩「ちゅ、むちゅ…」

男(やばい……、なんかゾクゾクしてくる……!)

後輩「むふふ、先輩……、きもちいいですかー?」

男(か、軽くやばい……)

後輩「じゃあ、もっとしてあげますね?」

後輩「ちゅっ、んっ……」

男(舌の生暖かさがやべぇっ……)




316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 12:01:41.09 ID:CkSTu5aL0
後輩「ちゅっ、ちゅぅ……ぷはぁ」

後輩「むふふっ。せんぱぁい……、美味しかったですよ?」

男「そか、それはよかった……」

後輩「私の彼氏になってくれたら、いつでもこうしてあげるんだけどなー?」

男「それは、魅力的だけど……、まあ。考えさせてくれないか?」

後輩「むぅ、仕方ないですねぇ……」

男「わ、悪い。それじゃ、またな」

後輩「はい、さよなら先輩」




317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 12:03:15.70 ID:CkSTu5aL0
男「……」

男「はあ……」

男「何で俺童貞なんだろ……」




375:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 15:19:20.24 ID:CkSTu5aL0
男「あ、やばい……!」

男「やっべ、今日はバイトあるじゃん……」

男「今から一旦家に帰って用意して、ダッシュでもギリギリだろうな……」

男「……考えてる暇はないか、急ごう」




379:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 15:24:30.50 ID:CkSTu5aL0
男(……4分前、ギリギリか)

男(原付の免許とろうかな……)

男「お、おはよーございます」

店長「んだよ、今日は遅いじゃねーの」

男「すいません……、着替えてきますね」

店長「おう」

男「今日は何人入ってるんスか?」

店長「俺とお前合わせて三人」

男「少なくないっすか」

店長「シフトミスった」

男「おい」




380:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 15:28:53.10 ID:CkSTu5aL0
男(着替えたら結局、2分過ぎてしまった)

独「あ、男さん。おはようございます」

男「ドイツさん。おはよーございます」

男「いやあ、冷えますね今日は」

独「これからもっと寒くなる、です」

男「みたいですね」

男「そういえば、日本は慣れましたか」

独「かれこれ3年でありますから、ばっちり、です」

独「でも、まだわからないこと、あるですけど」

男(まだ日本語ぎこちないな……)

男「まあ、今日もとりあえず働きますか」

独「やぼーる、です!」




384:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 15:33:35.05 ID:YT7Z5+u90
この>>1はどこまで行く気なんだ…




385:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 15:34:50.08 ID:CkSTu5aL0
男「……今日はお客さん少ないな」

店長「少ないからって、気ぃぬくなよー」

男「へいへい」

店長「ああ、それと」

男「なんすか」

店長「明後日、お前やすみだっけ」

男「はい」

店長「入ってくれね、休むヤツいるから」

男「うぇーい」




386:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 15:39:20.59 ID:CkSTu5aL0
男「ふー、終わった……」

男(しかし、ファンシーショップで働くの最初は抵抗あったけど)

男(店長からして男だし、気にならなくなってきたな)

男「さて、帰ろうかな」

独「あ、男さん。お疲れ、です」

男「お疲れ様です」

独「あの、よかったら、お食事、どう、です?」

男(ふむ、お金もあるし……)

男「いいですよ、近くに喫茶店ありますし。いきましょうか」

独「やぼーる、です」




390:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 15:48:03.02 ID:CkSTu5aL0
男「でも、すごいですよね、日本の大学通うのに1人で留学してくるなんて」

独「そ、そんな、こと、ない、です」

男「最初は色々とまどいませんでした?」

独「来る前に、いろいろ、予習した、です」

男「ドイツとくらべて、ここが違うっていうのは?」

独「えーと」

独「ど、ドイツ語、通じない、です」

男(そりゃそうだ)




395:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 15:52:18.47 ID:CkSTu5aL0
男「そうだ、男性はあっちとくらべてどうですか?」

独「日本の人も、いい人、いるです」

男「それはよかった。学校卒業したら、国に帰るんですか?家族もいるでしょうし」

独「うーん、きめて、ないです」

男「早く決めた方がいいんじゃあ」

独「こ、これから!これから、…次第、です」

男「なるほど……」

男(ここのコーヒー、美味いなやっぱり……)




398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 15:53:58.17 ID:CkSTu5aL0
男「ふう、ごちそうさま」

独「ごちそうさま、です」

男「どうします?デザートでも……」

独「あ、じゃあ……男さん、どうします?」

男「そうですね、なら。ショートケーキを」

独「なら、私も、それ、です」

男「了解、すいませーん……」




400:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 15:56:16.26 ID:CkSTu5aL0
男「ん、甘くて美味い」

独「本当です……、男さん、よくここにくるです?」

男「そうですねー、バイト前の腹ごしらえにたまに」

独「そう、ですか」

男「安くて美味しいですしね」

独「種類もいっぱい、です」

男(ただ、イチゴは小さいんだよな)

独「あ、あの!」

男「はい?」

独「ここに、ケーキが、ある、です」

男「ありますね」




406:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 15:59:42.96 ID:CkSTu5aL0
独「そ、そうじゃない、です」

独「その、食べさせてあげたい、です」

男「あーんですか」

独「……です」

独「この前みた、日本のドラマで、やってた、です」

独「男の人も、女の人も、嬉しそうだったです」

男(まあ、それはそういう関係でやるものですし)

独「……だめ、です?」

男(欧州美女のあーん、か)

男(……いや、いいに決まってるだろ)

男(彼女は、自分で一度フォークを銜えている)

男(間接キス、いいですね)

男「よ、よろこんで。食べさせて下さい?」

独「……や、やぼーる!」




408:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 16:03:41.58 ID:CkSTu5aL0
独「あーん」

男「あ、あーん」

男「……ん」

独「どう、です?」

男「……美味しいです」

独「よかったです、もっと、どうです?」

独「あーん」

男「あーん……」

独「あーん」

男「……ん」

独「あーん」

男「ちょ、たんま!フォアグラでも作る気ですか!?」




410:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 16:05:36.22 ID:CkSTu5aL0
独「……調子に乗っちゃった、です」

男「……ていうか、ドイツさんの分無くなっちゃったじゃないですか?」

独「男さんの、ください、です」

男「……あーん」

独「あーんっ」

独「……美味しい、です」

男(……なにこれ、どきどきする)




413:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 16:15:16.70 ID:CkSTu5aL0
独「ごちそうさま、です」

男(結局、ほとんど全部互いに食わせておわったな)

独「ふう……」

男「ドイツさん、ケーキはお好きですか?」

独「はい、甘いもの、好きです」

男「でしたら、また今度。一緒にここでケーキ食べません?」

独「……はい、喜んで、です」




418:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 16:23:43.76 ID:CkSTu5aL0
独「あ、男さん?」

男「ん」

独「クリーム、お口についてるです」

ぺろっ

男「っ!?」

独「ふふ、甘い、です」

男「……どどどど、どうも」

独「お、男さん……、 イッヒ・リーベ・ディヒ……です」

男(ドイツ語っ!?……いやまあ、流れ的にあれだよな?)

男「か、考えさせてください」

独「むっ……、は、はい、です……」

男(まったく、俺は政治家か……)




421:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 16:28:45.00 ID:CkSTu5aL0
男「それじゃ、でましょうか?」

独「はい、です」

男「いや、俺が払いますよ?」

独「で、でも……」

男「男を立てて下さいよ。払わせてください」

独「は、はい、で、す」




425:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 16:39:43.39 ID:CkSTu5aL0
男「ううっ、寒いっすねえ」

独「です……」

男「じゃあ、俺はここで」

独「はい、家の近くまで送ってくれて、ありがとう、です」

男「それじゃ、また」

独「はい」

独(……ツヴァイ、ドライ、フュンフ、ジーベン、エルフ)

独(素数、素数……)

独(だめ、ドキドキしたまま……)




429:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 16:43:10.80 ID:Rpm3NopF0
独可愛すぎワロタ




431:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 16:50:24.24 ID:CkSTu5aL0
男(……さて、今日は帰って寝るか)

男(ふぅ……、明日も冷えるだろうな)

男「……やれやれ。どうしよっかな……」

男「早く決めないと、……そのうち全員に返事しないとな」

男「……まあ、明日かんがえよう」




436:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 16:56:51.98 ID:CkSTu5aL0
男「……ふぁあ」

男「……朝かぁ」

男「よし、学校行こうか」

男(飯は、いいや)




437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 17:02:50.37 ID:CkSTu5aL0
男「ふう、……今日はゆっくりいけそうだ」

ブロロロロロ

男(お、でっけーリムジン)

男(あれ?止まった……)

ガチャ 

お嬢様「あら、ごきげんよう?」

男「……どうも、お嬢様」

お嬢様「今日もいい天気ですわね」

男「車いっちゃいましたよ?」

お嬢様「今日は貴方と共に行こうかと思いまして」

男「さいですか」

男(つか、この人なんで普通の公立高校かよってるんだろ)




442:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 17:04:41.00 ID:x27m4sGg0
お嬢様きたあああ




443:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 17:06:58.06 ID:Ec3vaXIQ0
圧倒的正義お嬢様




447:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 17:12:48.43 ID:CkSTu5aL0
男「……今日もいい天気ですね」

お嬢様「ええ、本当ですわ」

男「寒いですね」

お嬢様「貴方が抱きしめてくれればいいんですけれど」

男「後ろから殺気感じますよね、空にはヘリが飛んでますし」

お嬢様「……ちょっと、失礼しますわね?」

プルルル

お嬢様「給料下げられなくないのなら、今すぐ警護をやめなさい。わかった?」

ピッ

お嬢様「これで大丈夫、ですわ?」

男(仕事してんのに給料下げられるって可哀想だな……)




450:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 17:21:16.65 ID:CkSTu5aL0
お嬢様「学業の方は、いかがかしら?」

男「そうですね、まあ、ぼちぼち」

お嬢様「ふふふ、問題はないようで。よかったですわ」

男「お嬢様も、その。俺たちみたいに生活水準の違うのと一緒で疲れないですか?」

お嬢様「幸い、友人にもめぐまれて。貴方のような方ともめぐり合え」

お嬢様「至極充実した毎日を送らせてもらっていますわ?」

男「それはよかった……」

お嬢様「それはそうと……」

お嬢様「ここに、ポッキーがありますわ」

男「すいません、放課後でいいですか」

お嬢様「む、仕方ありませんわね……」




456:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 17:37:51.82 ID:CkSTu5aL0
お嬢様「さ、放課後ですわ?」

お嬢様「このポッキーをつかって、何をするか……お分かり?」

男「まあ、鼻につっこむわけではないのはわかります」

男(あ、あのポッキー……冬のくちどけだ)

お嬢様「チョコレートの部分は、貴方にお譲りしますわ?」

男「そ、それはどうも……」

お嬢様「では……はむっ」

男(まさかお嬢様とポッキーゲームとは。つかどこで覚えた)




457: 忍法帖【Lv=8,xxxP】(1+0:15) :2012/12/06(木) 17:38:51.96 ID:4RI7KiiJ0
一体どこまでやるつもりなんだ………!




459:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 17:42:51.22 ID:CkSTu5aL0
サクサク……

男(て、お嬢様ペース速いって!)

男(つか、……このままじゃ……)

お嬢様(どうしましょう、このままだと彼と……)

お嬢様(いざとなると、恥ずかしくなってしまって、いけませんわね)

お嬢様(……だ、だめっ、やっぱりチューなどできません、わっ!)

ドンッ

男「おわっ……!?」

お嬢様「す、すいません……。やはり、その、恥ずかしくなってしまって……!」

男「いや、その、……俺も流石にまずいかな、と思いましたし」

男(しかし、あの至近距離はやばかった、息が触れあいそうになったぞ……)




464:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 17:54:59.34 ID:CkSTu5aL0
お嬢様「……で、ですが!」

お嬢様「あのように、近くで見詰め合うというのは、いいものですわね」

男「え、ええ。まあ」

お嬢様「お慕い申し上げております……、どうか。この気持ちを抱いてはくださりませんか?」

男「……かっ!」

男「考えさせてください、……返事はしますので」

お嬢様「……いい返事を期待していますわ?」

男「は、はい」

男(ヘタに返事したら消されるんじゃないのか俺)




467:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 18:01:38.85 ID:CkSTu5aL0
男「じゃ、俺はそろそろ……」

お嬢様「あら、よければお送りしますわよ?」

男「だ、だ、大丈夫ですっ!!」

お嬢様「遠慮なさらないでも……」

男「ははっ、ご厚意だけ。ありがたく」

お嬢様「そうですが。でしたらせめて、警護だけでも」

男「大丈夫です!!!」




488:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 18:44:36.29 ID:CkSTu5aL0
男「……さて、かえるか」

男「明日は休みだし、久しぶりに出かけるかな」

男「お金もあるし、ちょっと遠出をするか」




493:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 18:56:00.23 ID:CkSTu5aL0
男「……アキバはゲーム買うときくらいしかこないけど」

男「やっぱり、なんていうか独特の空気だ」

メイド「可愛いメイドさんがいますよー」

男「!?」

男「よかった、ただの客引きか……」

男「いやあ、びびったびびった」

ポニテ「あれ、男か」

男「うぉっ……、お前は同じクラスの」

ポニテ「なんだ、君もこういった事に興味があるのか」

男(……ポニテに眼帯で軍服ってもりすぎだろ)

男「も、って。まるで俺までそっちの道みたいに……。会長が泣くぞ」

ポニテ「姉さんは関係ないだろ!?」

男(しかし、本当に姉妹か?……胸に差がありすぎる)




496:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 18:57:52.26 ID:RwBOhmKz0
軍服…だと?




500:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:05:42.99 ID:CkSTu5aL0
男「しかし、似合ってるね。軍服」

ポニテ「そうか?ありがとう」

ポニテ「しかし、かっこいいとは思わないか?」

男「うん。そうだね……」

ポニテ「この髑髏の意匠なんて、どうだろうか?」

男「いいかんじだね、日本とは大違いだ。かっこいいよ」

男「まあ、でも海外でそれ着るのやめてね」

ポニテ「流石にそこまで恥知らずでもない……、デザインが好きなだけだ」




503:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:09:02.23 ID:CkSTu5aL0
男(流石に腕章は無地か)

ポニテ「しかし、男は一体何をしに着たんだ?」

男「ああ、休みだからちょっとな」

ポニテ「なら、私と一緒に色々見て回らないか?」

男「おれまでそっちの人間と思われるのはちょっと」

ポニテ「まあまあ、いいじゃないか!」

男「おわっ、ちょ!引っ張るなよ!」




505:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:14:41.99 ID:CkSTu5aL0
ポニテ「……さて、ここでいいか」

男(うわー、見事に人気がないや)

ポニテ「コホン」

ポニテ「……なあ?」

ポニテ「ここに、軍服をきた少女がいる」

男「そ、そうだな……」

ポニテ「ハグハグしたくないか?」

男「ああ、うん。したい」

ポニテ「……むぅ。もっとしたそうにしろ」




509:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:20:45.30 ID:CkSTu5aL0
男「……こうか?」

ギュッ

ポニテ「えへへ、あったかあい……」

男(なんだろ、相手がコスプレしてるからか、すげードキドキする)

男(いい匂いだし、柔らかいし……むはーっ!)

ポニテ「もっと、強くっ、…な?」

男「……いや、ちょっとまってくれっ」

ポニテ「こないのなら、こっちからいくぞ?」

ぎゅっ

男「……おいおい、軍人さんがそれでいいのかよ」

ポニテ「構わない……、だって私は女の子だからな」

男「へぇへぇ……」




511:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:21:30.43 ID:x27m4sGg0
可愛いねェ




512:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:22:55.60 ID:wm2g/R5m0
たまらん




513:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:25:32.99 ID:CkSTu5aL0
ポニテ「背中……」

男「あん?」

ポニテ「背中、撫でて?」

男「……ポンポンするのは?」

ポニテ「じゃ、それも頼む……」

男(なんなんだ、この甘えっぷりは)

ナデナデ

ポニテ「ふう……落ち着く」

男(こっちはドキドキがとまらねーぜ)




518:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:32:05.63 ID:CkSTu5aL0
男「……はい、はぐはぐ終わり」

ポニテ「……ふぅ、暖かいな、お前は」

男「そいつはどうも?」

ポニテ「なあっ!頼む、私をお前の……」

男「考えさせてくれ」

ポニテ「さ、最後までいってないぞっ!?」

男「……いやまあ、待ってください。本当に」

ポニテ「あまり焦らさないで欲しい」

男「めんぼくねえ……」




522:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:40:45.75 ID:CkSTu5aL0
ポニテ「まあ、よい」

ポニテ「そろそろ帰ろうか、男?」

男「だな……」

ポニテ「あ」

男「どうしたよ」

ポニテ「手、手!」

男「お前甘えんぼだな」

ポニテ「わがままをいっていいなら、……指を、だな」

男「はいはい、恋人つなぎってやつね」

ギュッ

ポニテ「えへへへ……」




526:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:48:04.85 ID:Ikd6WTLY0
男はこんな状況でよく耐えられるな




528:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:48:45.95 ID:CkSTu5aL0
男(……アイツとは駅で別れたはいいけど)

男(なんか、体力つかったなあ)

男「……家に帰るかな」

男(……うん、そうしよう)




529:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:50:10.28 ID:JgrRn7EG0
会長かポニテと付き合ったら気まずい思いすることになるな




530:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:50:49.50 ID:H8HkFRYF0
だから早めに幼馴染にしとけとあれほど




531:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:51:24.89 ID:pjqxLPTs0
姉妹丼でもええがな




532:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:51:51.42 ID:Md7+sPlwO
ポニテたんの破壊力が今のところ最強なわけだが




533:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:54:45.37 ID:5L4OAIkx0
ドイツ一択




534:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:56:03.42 ID:zOoYTlxKI
部長一択




536:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:56:30.63 ID:/nDL7kiy0
もうハーレムでいいんじゃないかな




539:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 19:57:32.17 ID:CkSTu5aL0
男「……ん」

従姉「ん、お!なんだよ、男。ここにいたのか、探したぜ」

男「あれ、どうしの?」

従姉「いやー、お前の家いったんだけどさー、誰もいねーのよ」

男「そうなんだ、残念でした」

従姉「……あれ、何か冷めてね?」

男「気のせいだろ」

従姉「そうとは思えねーな」




541:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:00:13.83 ID:CkSTu5aL0
男「つーか、来るなら電話しろよ」

従姉「いや、私もそうしよーっておもったけどさー」

従姉「あ、めんどくせーわ。ってなっちまって」

男「……メールとかあったじゃん」

従姉「い、いーじゃねぇか、さっさとお前ン家いこーぜ?」

男「はいはい……」




544:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:07:25.33 ID:CkSTu5aL0
男「……その辺すわってろよ。お茶いれっから」

従姉「お、わりーな」

男「で、何のようだよ」

従姉「近くまできたから、寄っただけだぜ」

男「さいですか」

男「ほい、お茶」

従姉「へへ、いただきまーす」




545:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:07:39.73 ID:x27m4sGg0
次は従姉か…素晴らしい限り




547:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:15:24.70 ID:CkSTu5aL0
従姉「お前のいれたお茶はうめーな」

男「いや、お袋が沸かした麦茶だから」

従姉「なんだよ、ノリわりー」

男「……すまん」

従姉「な、な、お菓子ねーか?」

男「……あー、ポテチあったかな。コンソメ」

従姉「じゃあ、それくれっ、な?一緒に食おーぜ?」

男(まあ、いいか。まだまだいっぱいあるし)




549:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:22:02.30 ID:CkSTu5aL0
従姉「うめーな」

男「そうだなー」

従姉「……あ、もうないじゃんか」

男「あんたがバカみたいに食うから」

従姉「おいこら、従姉に向かってバカってのは酷くねーか!?」

男「みたいだよ、みたい……」

従姉「まったくよ、もっと年上を敬えよ」

男「わかってるよ、それくらいは」




554:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:29:51.86 ID:CkSTu5aL0
従姉「……なんも面白いテレビやってねーな」

男「ドラマの再放送でもみてろよ」

従姉「そうだなー、それしかね−な」

男「で、夕飯はくっていくのか?」

従姉「お前が許可していいことじゃねーだろ」

男「さようでございますね」

従姉「まあ、飯前には帰るよ」

男「わかった……」

従姉「あ、そーだ。なあなあ!」

従姉「ここにおっぱいがあるぜ」

男(回帰しやがったよ……)




556:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:33:16.77 ID:SYfITL+L0
一周したか……




561:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:35:29.61 ID:YTU43AL20
でかいのか…小さいのか…ゴクリ




563:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:36:52.17 ID:CkSTu5aL0
男「……おっぱいがどうしたよ」

従姉「うりゃっ」

ガハッ

男「っ!?」

男(く、苦しいッ……、息が出来ない……っ!?)

従姉「へっへっへ、どーだ?おねーさまのおっぱいは」

男「んっー!もがっ……!」

男(柔らかいけど……、くる、しぃ……)




566:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:42:58.84 ID:CkSTu5aL0
男「……!……っ!」

ジタバタ

従姉「おっと、わりーわりー!」

男「ぷ、はぁっ!……あー、死ぬかと思った」

従姉「おいおい、こんなんで死ぬとかありえねーぜ?」

ふにゅん

男(……なるほど、押し付けてくる系か)

男「……でかいよねー」

従姉「ウヘヘヘ、だろ、奇麗に育てたからな!」

男(そんな誇らしげにいう事じゃないだろうに)




570:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:46:39.69 ID:kZGFKqcQ0
押し付けてくる系ってなんだよwwww




571:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:47:30.00 ID:RwBOhmKz0
>>570
当ててんのよ!




573:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:50:44.90 ID:CkSTu5aL0
男「……やわらかいね」

従姉「だろ?うりうりっ」

ふにょん

男「……見事に形がつぶれてますな」

従姉「うへへへ、なんつーか、エロイな!」

男(やべえ、なんかもうおれはもしかしたら幸せなのかもしれない……)

従姉「次は、どこに押し付けてやろっかなー」

男「顔っ!顔、もっかい、顔!」




574:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:53:49.03 ID:6/uLykZUO
なんかむかついてきた




575:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 20:59:28.41 ID:CkSTu5aL0
従姉「ったく、しょーがねぇなぁ……ほらっ」

がばっ

ふにょん

男「んっ……ふぅ」

男(あー、柔らかくてしやわせ……)

従姉「おめーはあれか、おっぱい好きか?」

男「大小にこだわらんが、好きだ!」

従姉「素直なやつだな……。ま、ゆっくり堪能してくれや」

男「おう」




582:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 21:05:47.85 ID:CkSTu5aL0
男「……ふぅにゃぁ」

従姉「んっ、こらっ……あんまり顔を、おしつけ…きゃぁっ……」

男(むはーっ、いいな、おっぱい……、うへへへへっ)

従姉「こら、やめて……っ、もうっ……」

男「もうちょっと、もうちょっと!」

従姉「もーダメだっ、まったく。調子に乗るもんじゃねーぜ?」

男「くそっ、そっちから着ておいてなんて言い草だ」




586:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 21:13:31.23 ID:CkSTu5aL0
従姉「あ、でもよ?」

従姉「お前が俺の男になるっていうなら、考えてやってもいーけどなぁ?」

男「あの、考えさせてください」

従姉「かーっ!だめだわ、ヘタレすぎて涙がでるわ、草食系ここにありだわー!」

男「うっせぇ、……どの肉を食うか選ぶ権利はあるだろう」

従姉「まっ、ゆっくり考えろ。いつまでも待っててやんよ」

男「へぇへぇ……」

従姉「おっと、もうこんな時間か」

従姉「じゃー、そろそろ帰るわ。あばよっ」

男「ああ、じゃあな」




591:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 21:23:44.54 ID:CkSTu5aL0
男「……ふう」

男「ちょっと調子にのりすぎたか、首がいたい」

男「……ふう」

男「仮眠とろうかな」




593:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 21:27:13.10 ID:J1H0E5HG0
幽霊少女「この木の下に体があります」




594:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 21:27:40.47 ID:OZuYmmPu0
>>593
やめろwww




596:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 21:29:44.80 ID:BnoTTfjGO
>>593
何プレイだよwww




599:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 21:32:09.02 ID:CkSTu5aL0
男(まだまだお袋も帰ってこないだろうし、ゆっくり寝よう)

ガサゴソ

男「ん」

怪盗「ん」

男「……誰だお前」

怪盗「妖精です」

怪盗「べ、別に!怪盗の本分をわすれた貴方のストーカーでもなければ」

怪盗「貴方の部屋に忍び込んで、盗みそっちのけでベッドにもぐりこんでたわけでもないので!」

男「怪盗かよ」

怪盗「な、なぜそれを!?」

男「……頭いたい」




607:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 21:40:08.71 ID:CkSTu5aL0
男「とりあえず、警察よぶか」

怪盗「ちょいまってください、私は妖精です!」

男「てめぇさっき何でバレたって顔しただろうが」

怪盗「違います、シルクハットとモノクルをした妖精なんです!」

怪盗「……妖精の話は、よーせー?」

男「……ッ!」

ベシッ

怪盗「きゃんっ」




611:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 21:46:55.70 ID:CkSTu5aL0
男「で、なんで怪盗なんかやってんの?」

怪盗「理由なんてありません、家業なんで!」

男「家族ぐるみじゃねーか」

怪盗「怪盗一家なんですよ、世界股にかけたり!」

男「……なるほど、やっぱ通報するべきか」

怪盗「あっ!まって、まってくださいよぅ!」

怪盗「ここに盗品があります!」

男「おいふざけんな」




617:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 21:52:44.79 ID:CkSTu5aL0
怪盗「まずは、くまのぬいぐるみ」

男「ふむふむ」

怪盗「ティーカップ」

男「ふんふん」

怪盗「そしてハンカチ」

男「……ねえ、これどっから盗んだの?」

怪盗「はい!駅前のファンシーショップです!」

男「怪盗じゃなくてただの万引き犯じゃねーか!?」

怪盗「いいえ!ちゃんと昨日の深夜、閉店して誰もいないときに忍び込んだので!」

男「いきがっていうことじゃねーな」




618:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 21:57:33.70 ID:J1H0E5HG0
>>617
バイト先かよwww




619:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 21:58:01.64 ID:CkSTu5aL0
怪盗「あ、まだまだあるんですよ」

男(て、手錠……)

怪盗「あ、あの……その」

怪盗「逮捕、してくださいっ」

男「いや、だから通報すると」

怪盗「そうではなく!こう、もっとフェチ的な意味で……」

男「なるほど……」

怪盗「できれば、後ろ手がいいです」

男「またマニアックな」




625:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 22:03:51.55 ID:CkSTu5aL0
カチャ、カチャ

ガシャン

怪盗「あぁっ……、捕まってしまいました」

男「では、さっそく通報を」

怪盗「ちょっとまってくださいっ」

怪盗「……い、色々したくないですかっ!?」

男「いやあ、怪盗みつけたら通報するという義務を果たしたい」

怪盗「意地悪しないでくださいよっ!」

男「……じゃあ、聞くけど、何されたいんだよ」

怪盗「た……」

怪盗「叩いてください!」




630:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 22:09:05.91 ID:CkSTu5aL0
男「えー……」

怪盗「あ、いえ!顔じゃないです、……その、お尻を!」

怪盗「や、やさしく、なでなでしてから、バシーンと……」

怪盗「あ、直ですか!?直接がいいなら、どうぞ、脱がして──」

バシーンッ

怪盗「ぎゃひぃ!?」

男「まあ、このわけのわからんコスチューム越しでいいよ」

怪盗「て、手作りなんですよ?」

男「ほう。手先は器用みたいだな」

怪盗「はいっ!」




633:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 22:16:03.62 ID:CkSTu5aL0
男「……」

なでなで

怪盗「ひゃぁっ……、撫でる手、気持ちいいですっ」

男「そうか、そいつはよかった」

ベシーンッ

怪盗「ひゃぁっ!?」

バシーン

怪盗「ひぎぃっ!」

男(いい音なるな……)




639:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 22:22:41.08 ID:Tu47sdL40
泥棒で変態とか救いようがないな




640:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 22:23:43.37 ID:CkSTu5aL0
怪盗「もっと、…叩いてっ!」

男(なーんか、いけないことしてる気分になるんだよな)

バシーン

怪盗「ふぁ、…あっ…」

怪盗「おしり、きもちいい……」

男(ただのマゾだし、この子)

ベシーン

怪盗「ひゃぁっ……、んっ……!」




643:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 22:26:47.72 ID:CkSTu5aL0
怪盗「はぁ、……はぁ」

男「あ、ちょっと脱がすよ?」

怪盗「!」

怪盗「直接ですか!直接くるんですか!?」

怪盗「さあ、きてください!ビシバシきてください!」

男「まあ、そうあせるな」

男(くそ、服の構造がわからん……)

男(あ、脱げた。……くそ、いいケツしてやがんぜ)




645:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 22:29:50.42 ID:CkSTu5aL0
怪盗「ばっちこいです、さあ、さあ!」

ピトッ

怪盗「ひゃぁっ!?つめ、た……!」

怪盗「な、なに……!?」

男「ああ、湿布はってやってんだよ」

怪盗「お、お気遣い、うれしいです……」

ピト

怪盗「んっ……!」

男「これでよし、じゃあパンツ穿かせるぞ」

怪盗「は、はぃ……」

男(…………シミなんてなかった、シミなんてなかった)




650:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 22:35:02.93 ID:CkSTu5aL0
男「……ほら、手錠外すぞ」

怪盗「……はーい」

男「不服そうな顔をしないの、ほら。外れたぞ」

怪盗「仕方ありません、今日のところはひとまず撤退します」

怪盗「しかし、私とて怪盗!必ずやあなたのハートを華麗に盗んでみませます!」

ガララ

怪盗「さらばっ!」

シュババッ

男(怪盗らしく窓から出て行きやがった……)

ドシーン

怪盗「いったぁーいっ!」

男「oh……」




656:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 22:44:32.48 ID:CkSTu5aL0
男「……さて、バイト行って。終わったら寝よう」

男(んーっ、明日も休みだし。ゆっくり外歩くかな)




660:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 22:53:20.83 ID:CkSTu5aL0
男「んー、今日はちょっと暖かいかな。昨日と比べて」

男「お、あそこにいるのは」

転校生「あ、男くん」

男「やあ。もうこっちにはなれた?」

転校生「へえ、おかげさんで」

男「よかった。まあ、転校生さんは美人だから、すぐに溶け込めるとおもったよ」

転校生「ふふ、てんごいわはったら、あきまへんぇ?」

男「てんっ…え?」

転校生「あら、かんにんぇ?……標準語でゆうたら……」

転校生「冗談いったら、だめだよ?……やろか」

男「な、なるほど」




674:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 22:59:21.84 ID:YT7Z5+u90
まだ15人か




675:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 22:59:51.36 ID:CkSTu5aL0
転校生「もう年末やし、せわしのうなってきて」

転校生「うちも、ここん所ほっこりしてばっかなんよ」

男「へ、へー、そうなんだ」

男「そういえば。京都の人ってどすとかいうと思ったけど、そうでもないんだね」

転校生「ああ、お年寄りは使いはるけど……、うちら若いモンは……」

男「ま。テレビとか、漫画の影響か方言ってステレオタイプのイメージが強いからね」

転校生「でも、京ことばの中には全国で使ってるもんもあるんですえ?」

男「え、まじで?」




680:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 23:04:46.17 ID:CkSTu5aL0
転校生「ぎょうさんあって、全部説明はできんけど……」

男「あ、でもまあ。あの辺は都あったしね」

男「……でも、なんでこっちにきたの?家の都合?」

転校生「まあ、そう……、やねえ。深い理由はあらへんけど」

男「ふーん。あ、そうだ、飯くいにいかない?」

転校生「せやったら、もうちょいいったら所の通りあがった所に美味しい店あるんよ」

男「あ、まじで?じゃあ、そこにしようかな」




682:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 23:09:06.40 ID:CkSTu5aL0
男「……ん、あ、美味い」

転校生「このお魚のたいたん、ええ味やわぁ……」

男「やっぱり、和食がすきなの?」

転校生「洋食も食べんことはないけど……」

男「まあ、俺も。和食はすきだよ」

転校生「そうやね……」




686:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 23:15:37.97 ID:CkSTu5aL0
男「ふーっ、食った食った」

転校生「おおきに……、うちが紹介した店喜んでもろうて、うれしいわぁ」

男「ん、……いや、お礼いうなら、こっちの方だよ」

転校生「…やぼなお人やわ」

男「……?」

転校生「あ、せやせや」

男「!?」

転校生「どないしたのん?そんな身構えて」

男「……いや、なんでも。で、なに?」

転校生「ここに、おそそがあるんよ」

男「ごめん。ちょっとまってね」

男(えーっと、おそそ、おそそ。スマホで検索っと)

男(…………)

男(だめだろこれ)




696:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 23:20:24.65 ID:YT7Z5+u90
破壊力バツグン




697:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 23:21:41.46 ID:CkSTu5aL0
男「おちつこう、それはまずい」

転校生「問題なんて、あらしまへん」

男「おおありだって、考え直そうよ、なっ!?」

転校生「未来の旦那に見せることに、なんのためらいもあらへん」

転校生「せやから、みとくれやす……」

男「で、でもさ……」

転校生「男くん、うちがこんなに好きやのに男くんは……」

転校生「うちじゃあかんのん……?」

男「わかった、おちつこう。な、うん、わかったから、おちつこう!」




711:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 23:29:24.70 ID:CkSTu5aL0
男(で、人気のないところにきてしまったわけだが)

男「ほ、ほら。そと寒いし……ね?はやく、しようか」

転校生「……なんや、緊張するわ」

男「だろうね……」

転校生「その、あんじょう処理できてるかわからへんけど……」

男(処理?)

ハラリ

男「……!」

男(森林伐採完了してるじゃねーかぁ!!)




714:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 23:31:04.12 ID:Z/OqdfRQ0
京都の街並みは整備が行き届いてるから、うん




719:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 23:40:23.92 ID:CkSTu5aL0
男「……き、きれーに処理できてるね」

転校生「毛ぇはえてんのは、みっともないと思うて……」

男「や、そこは個人の趣味といいますか」

転校生「うちの……、どう…やろか?」

男「そうだね……、うん!素敵!」

男「さ、さわってもいいかな!」

男(いやいや、おれ何いってんだ)

転校生「よ…よろしゅう頼みます」

男「……!」

男(神よ!何故こんなにも理性強く俺を生みまうた!)




724:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 23:44:51.10 ID:CkSTu5aL0
男(ここまでされても、法律がこわくて襲えない!)

男(……さ、さわるだけ?)

男(そうさ、いれなきゃいいんだ、いれなきゃ!)

男「じゃ、さわる、よ」

ちゅくっ

転校生「んっ……はぁ……」

チュク、クチュ…

転校生「はぁ……、そんな、しんきくそうせんと、…もっと、いろうて……」

男(京都の言葉はわからんが、じらすなということか?)




727:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/06(木) 23:47:55.43 ID:CkSTu5aL0
男(ふむ……、一応、濡れてはきてるか)

男(雫、がたれている)

男(いや、はやいだろ……、どうなってんだ)

チュクッ

転校生「は、あぁ…んっ!」

男(よし、なめよう!)

ぺろっ

転校生「あっ、はぁ…んっ!あか、ん…ふっ…んっ」




738:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:00:02.77 ID:CkSTu5aL0
男「……すごい、濡れてる」

転校生「いやっ、いけずっ、いわんといて……」

男(むはーっ!かわいい……)

ちゅっ、れろ

転校生「ふぁっ…んっ、もう、あかんっ……、い、いく……!」

転校生「あ、は、あ…────ッ!」

男「…………ッッ!!」




741:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:03:30.52 ID:CkSTu5aL0
男(やってしまった……)

転校生「んんっ、人前で、果ててしもうた……」

男(人の絶頂を始めてみてしまった)

転校生「はぁ……、なあ、男くん」

転校生「いまさらやけど……ウチな、男くんの事……」

男「あの、告白だったら。返事は保留でいいかな!?」

転校生「……いけず」

男「ぜ、絶対、絶対返事すっから!」

転校生「ほんまに?」

男「う、うん!」

男(はやいところ逃げないと、理性がやばい!)




744:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:05:32.25 ID:ruTpmSaV0
一番いいとこいったのは転校生だな
これで返事を後回しかww




745:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:05:45.18 ID:CkSTu5aL0
男「……よし、下全部はいた?」

転校生「……うん、大丈夫」

男「それじゃ、また学校で!」

転校生「……?何をそんなに急いでるのん?」

男「うーん、ほら。いろいろ?」

転校生「ふふ、変なお人」

男「じゃ、じゃあね……!」




746:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:07:35.48 ID:CkSTu5aL0
男(……もしかして俺は逆に不幸なんじゃないだろうか)

不良「ん、アンタ。ここで何してんだ?」

男「うぁぁおうあっ!?……なんだ、おまえか」

不良「汗びっしょり……、もう十二月なのに」

男「師走なんだよ、走りまわったんだよ」

不良「……アンタ先生じゃないじゃん」

男「あーもう!そういうツッコミはいいんだよ!」




750:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:12:02.94 ID:CkSTu5aL0
不良「とりあえず、ジュース」

男「ありがとう……」

不良「なんかあったの?」

男「まあ、色々と」

不良「へー、ま、私には関係ないけどなっ!」

男「明るい顔でいうなよ……」

男「で、おまえは何してんだよ」

不良「ああ、コンビニにちょっとな」

男「たばこか」

不良「売ってくれるわけないじゃん……ばか?」

男「うっせ」




754:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:13:47.09 ID:CkSTu5aL0
男(いや、まてよ?)

男(パターン的に、こいつもなんかしてくるはずだ)

男(……にげよう!)

男「じゃ、じゃあ!おれ帰るわ!」

不良「な、なんだよっ!?せっかく会ったんだ、ゆっくりしていけばいいじゃん」

男「……そうはいっても」

不良「別になんもしやしないって」

男「そう?」

不良「うん」




759:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:16:05.64 ID:CkSTu5aL0
不良「しかし、最近さむいなー」

男「そうだな」

不良「毛染め買いにいこうとしたけど。出るまで億劫だったなあ」

男「だろうな」

不良「な、なんだよ!そのめんどくさそーな!」

男「そ、そんなことないって……」

不良「じゃあ、眼。あわせてくんない?」

男「……」

ススッ

不良「そーらーすーなー!」




762:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:18:16.70 ID:CkSTu5aL0
不良「なんもしないって」

男「なんもさせない?」

不良「あー、もう!両方約束するって」

男「……そっか、ならいい」

不良「まったく……」

男(ふう、落ち着ける)




763:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:19:46.86 ID:CkSTu5aL0
男「なんもないかー、よかったよかった」

不良「ああ、なんもない……」

ソワソワ

不良(もうちょい、もうちょいで手が触れ合う……)

ぴとっ

不良(うわあああああああああ!むり!むーりー!)

ババッ

男「……何してんだよ」

不良「な、なんでもない!」




769:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:26:12.78 ID:CkSTu5aL0
男「へんなやつ」

不良(くぅー、好き勝手いいやがって!)

不良「気にしなくたって、いい、から!」

男「顔真っ赤だぞおまえ。熱あんじゃねーの?」

不良(ほわあああああああ!覗きこむなあああああ!)

バキッ

男「ぐへぇっ!?」

不良「あっ!?ごめっ、つい反射的に……」

男「いや、いいけど……いてて」

不良「あ、ちょっと待ってて!ハンカチ濡らしてくるから!」

男(ハンカチ常備ってなんか可愛いなおい)




772:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:29:03.61 ID:CkSTu5aL0
不良「ど、どう?」

男「ん、……まあ」

不良「ごめん……」

男「そんな顔すんなよ」

不良(うわーーんっ!やっちゃったよ、絶対嫌われたー!うわーん!)

男「……なんかヘンだな」

不良「へへへへ、ヘンじゃない!」

不良「そう、ヘンじゃない」

不良(好きなやつの前で平気でいられないのはヘンじゃない!)




774:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:30:50.67 ID:CkSTu5aL0
不良(……あ)

不良(よくよく考えたら、私のハンカチを男が……!?)

ボフンッ

男「!?」

不良「ふぁああ……」

男「おい、やっぱへんだろ」

不良「へ、へんじゃなひ……」

不良(おちつけ、こうったら……、ハラァくくれ!)

不良「な、なあ!」

男「!?」

不良「みがまえんなー!」




775:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:32:52.27 ID:CkSTu5aL0
不良「何もしない!……っていったら、嘘になるけど」

男「するんじゃないか」

不良「いいから、きけ!……その」

不良「わ、私は、お前が……」

不良「だ、だ、だ、だ、だだ、……大、好きです!」

不良「こっ、こっ、恋人にしてくだ、さい……」

男「……ごふっ」

男(……なんだこの痛烈なインパクト)




777:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:35:03.93 ID:CkSTu5aL0
男「おちつけ、さけぶな、恥ずかしい!」

不良「は、はずかしいけど、だって、いわないと……」

男「ま、まあ、それはそうなんだが」

不良「……だめ?」

男「いきなりだから、気持ちの整理がつかない」

不良「……じゃ、あとで返事くれる?」

男「……ああ、待ってくれるのか?」

不良「…………うん」

不良「だって」

不良「ここに、恋心があるからな!」

男「くさっ」

不良「鼻でわらうなー!」




783:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:37:57.88 ID:CkSTu5aL0
男「じゃ、俺は帰るかな」

男「返事を少しでも早くするために落ち着きたいし」

不良「おう……またな」

男「ああ。それと。あんまりやんちゃすんなよな」

不良「……はーい」

男「じゃ、またな」

不良「ん。ばいばい」

不良(こ、こ、こ、こ)

不良(告白しちまった……やばい、はずかしい……!)




784:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:39:01.07 ID:pOpVKG8hO
ここにきてピュアピュア




796:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:47:56.34 ID:CkSTu5aL0
男「さっさとかえらねえと……!」

男「……」

男「……」

男「……」

男「あの、何みてるんですか?」

男「……副会長?」

副会長「あっちゃぁー。ばれちゃってたか!」

男「なんすか?」

副会長「いやねえ、最近会長が元気なくてさ」

男「は、はあ……」

副会長「なんでなんだろうね」

男「……なんでなんでしょうね!?」

副会長「にゃはははー、まあ。異性がらみとは知ってるんだけどなー!」

男「おぉぅ」




801:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:51:47.08 ID:CkSTu5aL0
副会長「まあ、親友のあの娘が元気ないのは心苦しいんだけどね?」

副会長「まだ、そういう関係になってない以上……」

副会長「私にもチャンスがあるわけで……」

副会長「いますぐ、それを実行しちゃうのだ☆」

男「いっ!?」

副会長「んっ……ちゅぅぅ」

男「!」

男(く、唇うばわれた……ここ道端なのに!)

副会長「おっと、つい勢いあまっちゃったよ」

副会長「これはまずい、男の子にちゅーしちゃった。ファーストキスを捧げてしまった」

副会長「これはもう、きまりだなー」

男「え、えぇえええ!?」

男(既成事実と実力行使!?)

男(既成事実は何個もつくったが、まさかそれを武器にしてくるなんて!?)




804:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:55:23.65 ID:CkSTu5aL0
男「……あの」

副会長「大丈夫。ちゃんと総ての初めてをささげるから、ちょっとまってね」

男「あの、ここ道端です!」

副会長「最初が野外というもの、乙だよね?」

男「やる前提!?」

副会長「にゃは、おいおい。据え膳食わないのは人類の罪だよ?やるしかない!」

男(……いや、その理屈だとおれ食べすぎになるんですよね)




805:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 00:57:18.55 ID:CkSTu5aL0
男「あの、さすがに、その一線は!」

副会長「むぅ〜?しょうがないなぁ、チェリーでいたい年頃かぁ!」

副会長「そのかわり」

副会長「ねっとりと……ちゅーをしようじゃぁないの!」

男「……お願いします」




808:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:03:22.12 ID:CkSTu5aL0
副会長「ん、ちゅっ…・むちゅっ……、れろっ」

男(俺は何回人気のいない場所に……)

副会長「ん、むぅ、は…んっ」

男(あー、舌が柔らかい……、気持ちいい)

副会長「んぁ、……ふぅん」

男(あー、やっべ、キスっていいなぁ……、こっちからもやってしまおう)

副会長「……ちゅぅぅぅ」




812:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:10:06.68 ID:CkSTu5aL0
男「ぷはっ……」

副会長「へへへ、あまりのえっちなちゅーに酸欠かな?」

男「いや、そういうわけじゃ……」

男(どうしよう……、すげえ疲れたかも)

副会長「あ、ね。男君、男君!」

男「こ、こんどは何……」

副会長「ここにぬぎてたのショーツがあります」

男「ありがとうございます!」




816:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:13:55.26 ID:CkSTu5aL0
男「でも、いいんですか……?」

副会長「いいんだよー、だってスペアがあるしね?」

男「じゃあ、ありがたく」

男「スーーーーーーゥ」

男「ハーーーーーーァ」

副会長「どうかな?」

男「いい匂いです」

副会長「私とつきあってくれたら、毎日でもあげちゃうけどなあ?」

男「……ま、また返事しますね!?」

副会長「もうっ、ゆーじゅーふだんっ」




818:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:20:26.49 ID:CkSTu5aL0
男「……それじゃ。これはありがたく頂戴しますね」

副会長「ふふっ、うん。またね?」

男「はい!」

男(いやー、いいもんもらっちゃったなあ)




821:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:24:52.01 ID:CkSTu5aL0
男「……しかし」

男「そろそろ、ちゃんと決めないとなあ」

男「……」

男「よし、決めた」


『告白、とても嬉しかったです。こんな俺でよければ、どうぞよろしくお願いします』

男「一斉送信、と」




825:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:26:01.55 ID:gSio+MO30
一斉送信…だと…




828:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:26:34.87 ID:CkSTu5aL0
男(……泥被るのはおれでいい)

男(刺されようが、どうなろうが、かまいやしない)

男(……俺は、もう選べない!)

男(皆を、分け隔てなく愛そう)

男「……うん、俺ってだめだな」

男「でも」

男「きっと、ここには愛がある」

男「……といいな」




832:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:28:05.65 ID:CkSTu5aL0
数日後

店長「……で?」

男「ですから、その……」

店長「腰がいたい、と」

男「はい」

店長「その首筋いっぱいのキスマークは?」

男「いやあ……なんていうかですね」

男「精巣が悲鳴上げてまして」

店長「そうか、死ね」




835:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:29:41.58 ID:IhcXouGz0
全員と戦ったのか…

シヌヤロ




839:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:30:54.88 ID:CkSTu5aL0
店長「まあ、あれだ」

店長「葬式にはでてやるよ」

男「んな……、怖いですって」

店長「……かー、まさかお前がハーレムの主になるとは」

男「まあ、一日一日交代なんですけど」

店長「なんでもいいが。泣かせるなよ」

男「自信ないです……」

独「男さーん、そろそろかえる、ですー」

男「あ、はーい」

店長「で、今日はあいつ、と」

男「は、はい。まあ……」




847:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:33:31.56 ID:CkSTu5aL0
店長「あ、男。待て」

男「あ、はいっ?」

店長「……ほら、これ」

男「ゴムですか」

店長「ちゃんと使ってるか?」

男「ええ、まあ、実の姉と妹もいますので」

店長「……」

店長「なあ、おい」

店長「お前、今どうよ?」

男「…………」

男「ま、それなりですかね」




849:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:37:23.98 ID:CkSTu5aL0
男(……確かに、このままでいいんだろうか)

独「男さん?」

男「あ、いえっ、なんでも!大丈夫ですよ?」

男「……その」

独「?」

男「なんか、すいません……俺」

独「……あの、私も、謝らないと、です」

独「あんなこと、されても、困ります、よね?」

独「他の娘たち、とも、話した、です」

独「…私達、男さんを、追い詰めてたんじゃないか、って」

男「まあ、あのラッシュは正直」

独「びっくりした、ですよ?こんな偶然、あるんです、ね」

男「ですねえ……」




855:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:40:47.10 ID:CkSTu5aL0
独「……形はどうであれ」

独「男さんといれるなら、しあわせ、です」

独「イッヒ・リーベ・ディヒ、ですよ」

男「……」

男(なんだろう、俺最低かもしれない)

独「男さん……、今日は大丈夫、です?」

男「……いいんですか」

独「はい、お願いします」

男「…………」

男「ヤボール、マイン。シャッツ」




857:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:45:19.44 ID:CkSTu5aL0
────

独「……んっ」

男「……じゃあ、いれます、よ?」

独「は、はいっ、です……」

ズプッ……

独「は、あ……、んっ、男、さ、んっ!」

男(くっ、ドイツさん、やっぱり……中がきつい……!)

独「……もっと、いい、です、よ?……動いて、も」

男「ええ、そうさせてもらいます」

ズンッズンッ

グチュッ、グチュッ

独「んっ……、あぁっ……!」




865:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 01:55:49.92 ID:CkSTu5aL0
独「んっ、は…も、もっと、おねがい、です……」

男(すげえ、エロい顔になってる……)

男「……ドイツさん、すごく、乱れますね?」

独「んっ、…いわないで、です……あっ、んっ…」

独「は、あっんっ…、おね、がい…、キ、ス、したい、です……」

男「ヤボール……」

独「ん、ちゅっ…」




869:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:01:57.34 ID:CkSTu5aL0
独「……ふぁあ」

独「わ、わた、わたし……もう……」

男「お、おれも……、い、いくっ……」

ドクッ、ドクッ

ビュクッ、ビュル、ビュルッ!

独「ん〜〜〜〜〜─────ッ!!」




873:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:07:02.94 ID:CkSTu5aL0
男(店長のくれたゴム、つかわなかったな)

独「どうかしたです?」

男「いや、なんでもないですよ?」

独「そう、ですか」

男「……あの、帰りましょうか?」

独「はい、です」

男「送りますので……」

独「あっ、あの……手を」

男「もちろんですよ、……さ、いきましょうか」

独「はいっ」




877:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:11:23.60 ID:CkSTu5aL0
男「……」

男(ドイツさんも送り届けたし)

男(帰るか)

男「ん」

ポニテ「……!」

男「よ」

ポニテ「どうやら、私は運がいいようだな」

男「何してんだよ」

ポニテ「ちょっと、お買い物だ」

男「そか」

ポニテ「その、一緒に帰らない、か?」

男「早く手ぇ、にぎれ。寒い」

ポニテ「うんっ」




881:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:14:41.50 ID:CkSTu5aL0
ポニテ「うかない顔だな」

男「いやあ、色々と悩んでて」

ポニテ「それは大変だな」

男「なあ、お前さ。今のままでいいの?」

ポニテ「……なんだ、それで悩んでいるのか」

ポニテ「そうだな。きっと、姉さんも同じ事をいうと思うんだが」

ポニテ「……自分が、一番男を愛してるという自負があるからな。私には」

男「……自負、ねえ」

ポニテ「森羅万象。三千世界の悉くのどれにも負けないし、それらに謳いあげたいよ」

ポニテ「お前が好きだと」

男「……そいつはどうも」




884:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:19:11.27 ID:CkSTu5aL0
ポニテ「……だから」

ポニテ「そう落ち込むな」

男「いや、まあ」

男(お前がそういってくれるのがキツイんだよな)

ポニテ「まあ、お前は残酷すぎるほどに優しい」

ポニテ「だからこそ。お前は誰も選べず、みんなを相手どる最低最悪の男だ」

男「うぐっ」

ポニテ「だが……そこも含めて、皆はお前を想っているんだろう」

男「けどさ……俺は」

ポニテ「なら、こうしよう」

ポニテ「別に、このままの関係でもいい」

ポニテ「そのかわり、だ」

ポニテ「私のいるときは私だけのモノだ」

男「それ、解決になって」

ポニテ「いいの」




886:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:21:06.92 ID:CkSTu5aL0
ポニテ「じゃ、私はここで大丈夫だから」

男「ああ、またな」

ポニテ「待て待て」

ポニテ「おやすみのキスを、してもらおうか」

男「……はいはい」

ポニテ「ん。……んっー」

チュ…

ポニテ「えへへへ、また」

男「うん、また……」




888:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:29:21.98 ID:CkSTu5aL0
男「……」

プルルルル

男「あ、もしもし?」

男「はい、俺です」

男「明日なんですけど、放課後大丈夫ですか?」

男「……はい、どうもです。では、また明日お願いしますね、先輩」

男「……考えるのよそう、まじで」




891:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:32:29.69 ID:CkSTu5aL0
先輩「男くーん?どうしたんですか?」

男「いや、ちょっと……」

男「あの、ぎゅっってしてもらえませんか?」

先輩「いいですよー?」

ギュゥ

男「ん、暖かいですね。やっぱり」

先輩「そうですか?」

男「なんだか、落ち着きますよ」

先輩「それはよかったです」

男「もう少し、この、ま、ま、で……」

先輩「……?」

男「すぅ…すぅ…」

先輩「よっぽど、疲れてたんですね」

先輩「おやすみなさい……」

先輩「起きるまで、ここにいてあげます」




893:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:35:07.29 ID:CkSTu5aL0
先輩「……」

先輩「気持ちよさそうな寝顔」

先輩「……ちょっとだけ、味見」

ちゅっ

先輩「ふふ……」

男「んっ……?」

先輩「あ、ごめんなさい」

男「……あ、すいませんっ!俺……」

先輩「いえいえ」




896:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:38:23.87 ID:CkSTu5aL0
男「……じゃ、おれは」

先輩「あ、その前に。ひとつだけ」

男「なんでしょう?」

先輩「ポニテちゃんから、ききました」

先輩「悩まないでいいです……、私はいまのままでも、十分」

男「で、ですが」

先輩「もうっ、いいんですよ〜?男の子でしょう?女の子はたべちゃいましょーよ?」

男「……はい」

先輩「すなおでよろしい、では。一緒にかえりましょうか」

男「そう、っすね」




899:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:40:25.78 ID:CkSTu5aL0
男(……)

男「あの、先輩」

先輩「はい?」

男「その、結構、皆にいってたり、してますけど」

男「好きです」

先輩「私も、好きですよ?」

男「……ありがとうございます、なんか、ちょっとだけ元気がでました」

先輩「それはよかった」

男「じゃ、俺の家はこっちなんで!」

先輩「はい、また……」




901:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:43:06.42 ID:CkSTu5aL0
男(……なんか、いろいろあるけど)

男(精一杯、生きていくしかないな)

男「……今日は、姉ちゃんか」

男「……店長にもらったゴムつかわせてもらうか」

男「……ううっ、寒っ」

男「……もうすぐクリスマスかぁ」

男「そしたら、すぐに大晦日、正月」

男「今年残りわずか、彼女達が少しでも元気でいてくれますように」




終わり




907:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:47:41.26 ID:+KMnrBRn0





910:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:48:51.02 ID:7ILo/DxF0
乙です




912:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:49:24.12 ID:CkSTu5aL0
おまけ

会長「では、男のどこが好きかあげていこう」

ポニテ「決まっている、優しさだ」

お嬢様「そうですわねえ、あの方のいい所といえば、まずはそこですわね」

幼馴染「あとは……割とセックスが丁寧!」

怪盗「えっ」

幼馴染「えっ?」

怪盗「……いやまあ?私はそういう趣味なので」

不良「……まあ、結局。好きなもんは好きってことで」

転校生「せやねえ……」

会長「おい、今度ふたりで誘惑しないか?」

ポニテ「姉妹丼か、いいな」

姉「……きいた?」

妹「うん!私達もやろう!」

従姉(……私の時はたまに休ませてやっか)




913:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:51:41.56 ID:CkSTu5aL0
つーわけで、終わる。ごめん、眠いですわー。
というか、ここまで長くなるとは想いもよりませんでした。計画性とか大事ね。
ポニテとドイツさんに趣味ぶちこみすぎたのは秘密

それじゃ、おやすみなさいまし。




919:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 03:00:10.56 ID:3WmrZw+D0
後輩と義姉は癒し枠か(休息的な意味で)




920:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 03:00:46.20 ID:9T6qHZF8O
ポニテかドイツか会長で迷うわ




924:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 03:12:44.37 ID:tuM7IuCL0
素晴らしかった




928:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 03:49:41.80 ID:bRwuv8JE0
おつ!
個人的にはぎゅーってのがツボ




929:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 03:51:40.12 ID:Mtei2mcX0
久々にすごいSSを読んだ
>>1よ完結してくれてありがとう




909:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 02:48:26.04 ID:+KMnrBRn0
ヤンデレが居なかったことが唯一の救いだな


ハーレムタイム THE ANIMATION Feast.2 「私、赤ちゃんが欲しいですっ」 [DVD][アダルト] なつドキ!ハーレム DVDゲーム[アダルト] 絶対☆は~れむ(1) (アクションコミックス) ハーレムカーニバル (二次元ドリーム文庫 232)
カテゴリー男「」女「」のSS一覧
管理人のオススメSS
 
電子書籍リーダー Kindle Paperwhite
レイトン教授VS逆転裁判
とびだせ どうぶつの森
ペーパーマリオ スーパーシール
New スーパーマリオブラザーズ U
コール オブ デューティ ブラックオプスII (字幕版) 初回生産特典 DLC「NUKETOWN 2025」同梱&Amazon.co.jp限定特典 スリーブケース 付き【CEROレーティング「Z」】
龍が如く5 夢、叶えし者 予約特典 龍うた -龍が如く5 THE BEST SONGS SELECTION- 全国5大都市マップ 付き
テイルズ オブ エクシリア2 (初回封入特典:プロダクトコード同梱) 特典 予約特典「オリジナル短編小説「TALES OF XILLIA 2 -Before Episode-」&「設定資料集」付き
メタルギア ライジング リベンジェンス プレミアムパッケージ(限定版) 数量限定特典 カスタマイズ用ボディ『サイボーグ忍者』ダウンロードコード 同梱
ディスガイア D2 (初回限定版)
大神 絶景版 (特典 PlayStation 3で見られる絵巻物「妖獣戯画繪巻」のプロダクトコード同梱)
ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント- (初回限定生産版)
第2次スーパーロボット大戦OG (通常版) 特典 電撃スパロボ! SP - OG Official Book -付き
 

最新記事50件