1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:09:31.89 ID:ZzNCJRG10
弟「早くしろよ!!」

姉「待てよ、私はまだパンツにシャツ一枚なんだよ、こんな姿で外に出たら嫁に行けないっつの」

弟「あーもう!!セミが逃げるだろ!!」

姉「あのな、今でも嫌になるくらい鳴き声が聞こえるだろ」

弟「虫カゴも虫捕り網もあるのにさー」

姉「用意周到なのは分かったが、私が用意出来てないから待ってろ」

弟「待ってる」



弟「ねーちゃんまだー?」

姉「はえーよ、そして普通にドア開けて姉の着替え見てるんじゃねーよ」

弟「うん、早く、セミ逃げる」

姉「逃げねぇよ!よいしょっと……しょうがない行くか」

弟「やっとだ!よし行くぞー!!」

姉「めんどっちぃ」

セミくんいよいよこんやです

元スレ
弟「ねーちゃんセミ取り行こうぜ!!」姉「しょうがねぇなぁ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343527771/




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:13:32.45 ID:ZzNCJRG10
弟「いい天気だなー」

姉「あっちぃ、早く帰りたい。アイス食べたい」

弟「いい天気なのに家に居たら馬鹿になるってかーちゃん言ってたぞ」

姉「そうか、だから私は馬鹿なんだな」

弟「外に出ればちょっとは頭良くなるかもなー」

姉「それで頭良くなったら苦労しないんだけどな」

弟「よし、姉ちゃん勝負しようぜ」

姉「なんだ、唐突だな」

弟「公園までまだまだあるけど、どっちが早く公園につくか勝負!」

姉「待て、それはつまり走るってことか?」

弟「当たり前じゃん」

姉「この暑い中をか!?」

弟「うん、そうだよ」

姉「拷問だな、そりゃ」

弟「ごうもんってなに」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:16:13.92 ID:ZzNCJRG10
姉「いや、なんでもない、とにかく待て準備体操が必要だろう?急に走るのは身体に悪い」

弟「そうなのか、学校でやってるのでいい?」

姉「ああ、なんでもいい」

弟「イチニ、サンシ、ゴローさん……」

姉「それ学校でもやってるの」

弟「先生の名前が五郎だからみんな面白がってやってるよ」

姉「なんだそりゃ、笑えるな」

弟「でもやると怒られるんだよね」

姉「そりゃそうだ」

弟「……サンシッー」

姉「ゴローさん」

弟「あははははwwwwwww」

姉「笑うなよ、私まで笑うだろ」

弟「だって、ねーちゃんがゴローさんって、あっはっはwwww」

姉「恥ずかしくなるからやめろ!笑うな!馬鹿者!!」




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:18:45.03 ID:ZzNCJRG10
弟「よし、じゃあ走ろう!」

姉「うーん、まぁいいか。ダイエットだと思えばいい、そうだ、これはダイエットだ」

弟「ねーちゃんダイエットするほど太ってない気がする」

姉「嬉しいこと言ってくれるじゃん、走るぞー」

弟「よーい……」

姉「ドン!!」

弟「あ、待ってよ!!ずるい!!!」

姉「姉に勝る弟など居ない!!」

弟「くっそー!!」

姉「は、早っ!!」

弟「これでもクラス4位だもんなー!!」

姉「また微妙な位置だな!!!そこまでいったなら1位とっちまえ!!!」

弟「びゅーん!!」

姉「ぬかされたぁ……」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:21:29.22 ID:ZzNCJRG10
弟「あははは、ねーちゃんの負けだ」

姉「負けた負けた、ゼェゼェ……あー喉乾いた、ねーちゃん負けたからジュース奢ってやる」

弟「マジか!!俺スプライト!!」

姉「はいはい、スプライト好きだなぁ。私は……無難にいろはすでいっか」

弟「金俺入れる!」

姉「分かった分かった、えっと……うわ、150円しかねぇ」

弟「どうしたの?」

姉「一本しか買えないぞ」

弟「なんで?」

姉「金が無いからだ、まぁお前の分でいっか。一口くれ」

弟「うーん」

姉「ん?ほら、早く金入れろよ」

弟「これ!」ピッ

姉「おお?いろはすだぞそれ」

弟「だってねーちゃんが買うのにねーちゃんが欲しいもの買えないのっておかしいだろ」




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:23:26.38 ID:ZzNCJRG10
姉「そ、そうか。優しいんだな弟は」

弟「ジュース奢ってくれるねーちゃんもね」

姉「はい、半分こ」

弟「うめー!いろはすも美味い!!」

姉「走ったからなー、うわーあっという間に空だ」

弟「貸して貸して」

姉「お、おうおう」

弟「いろはすってバキバキバキってやるのが好きだ」

姉「気持ちいいよな、なんか。バキバキバキって」

弟「えい!」

姉「ナイッシュー」

弟「よーし、セミ取るぞ」

姉「あっはっは、頑張れ頑張れ。ねーちゃんちょっと疲れたから、ここで見てるわ」




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:25:47.71 ID:ZzNCJRG10
弟「セミいねー!!どこだ!セミ!!」

姉「いねーって、すげー鳴いてるのになぁ。あーほんと馬鹿みたいにいい天気、暑いけど」

弟「あ、居た!!あそこに居るぞ!!」

姉「雲一つねぇなぁー、今日は散歩日和ってか」

弟「ねーちゃーん!!」

姉「どうした、セミは居たか?」

弟「届かないんだよ、ねーちゃんなら届くかなって」

姉「そうか、セミは高い所が好きなんだな」

弟「そうなんだよ、セミは高い所が好きで、俺も高い所行きたいんだけど、いけないんだ」

姉「うんうん……それは社会に出てもきっとそうだよ」

弟「何の話し?」

姉「いや、なんでもない。よし、取りに行くぞ」

弟「うん!」




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:26:08.00 ID:WOKySv0x0
ちょっと今から姉ちゃん産んでもらう




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:28:49.09 ID:ZzNCJRG10
姉「たっけぇな、オイ」

弟「でしょ、ねーちゃんでも無理?」

姉「何、姉に出来ないことはあんまり無いぞ」

弟「あんまりなんだね」

姉「もしかしたら出来ないかもしれない、出来なかったらごめん」

弟「うん、大丈夫」

姉「よし、木に登るぞ」

弟「え、登れるの?」

姉「当たり前だ、昔は木に登ってよくこの街を見下ろした」

弟「そうなんだ、凄い」

姉「……あんまり思い出したくない思い出だけど」

弟「気をつけてね」

姉「おう、下で待ってろよ」

弟「……うん!」

姉「いった、なんだこの木、登りにくい……ぐぎぎ、だけど、弟の為なら……っと!!あぶねぇ、落ちるかと思った。なんで馬鹿と煙とセミは高い所が好きなんだよ」




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:31:17.02 ID:ZzNCJRG10
弟「ねーちゃーん!!大丈夫ー!!」

姉「平気平気!!今取るからなー!!うるっせぇええ!!セミの鳴き声直に聞くとやっばいな」

弟「すげーねーちゃんすげぇー」

姉「む、セミが鳴くのをやめた……私に気づいたのか、だけど、こうして……逃げる瞬間を見計らって」

弟「……ゴクリ」

姉「今だ!!」

ジジッ

姉「ぎゃっ!!!」

弟「ねーちゃん!?」

ドスンッ

姉「ちょっと、ドスンッて失礼だな、いたたた……」

弟「大丈夫か!?」

姉「平気平気、受け身は取った」

弟「そ、そうなんだ。セミは?」

姉「逃した……しかも、おしっこかけられた……くっそーセミ殺す」




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:34:11.11 ID:ZzNCJRG10
弟「ダメだよ、殺しちゃ」

姉「そうだな、生け捕りにして拷問を……」

弟「ごうもんってなに」

姉「なんでもない忘れてくれ、ちょっと水道まで行こう。身体がセミのおしっこでくっさい」

弟「ほんとだ!くっせー!!」

姉「うるせー!!ほら行くぞ、ダッシュダッシュ!!」

弟「おー!」



姉「うー……服にびっしょり」

弟「あははは!!」

姉「笑うな!もー誰の為を思って……」

弟「ご、ごめんね」

姉「謝るな!」

弟「ど、どうすればいいの?」

姉「ああ、すまんすまん。気にするな、もういいやまるごと水浴びしちゃえ」




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:36:14.12 ID:ZzNCJRG10
弟「わっ!冷た!」

姉「うひゃーきもちいい〜!弟もやるか?」

弟「いいの?服濡らして怒られない?」

姉「こんなに天気いいんだ、すぐ乾くよ」

弟「そっか!」

姉「ほら、びしゃー!」

弟「うひゃー!!気持ちいいー!」

姉「そうだろうそうだろう。って、うわ、下着丸見えじゃん!」

弟「あ、ほんとだ」

姉「まぁいっか、どうせ誰も見て無いし」

弟「ほんと?大丈夫?」

姉「どうせすぐ乾くさ!ほら、まだセミ探すんだろ?」

弟「うん!次はあっちのほう行こう!」

姉「行くかぁー」




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:37:36.18 ID:ZzNCJRG10
弟「あ!!あれ!!見て!!」

姉「ん?うわ、クワガタじゃねぇか」

弟「凄い、こんな公園にも居るんだ」

姉「ましてや真昼間ってのに。なんで居るんだか」

弟「捕まえられるかな」

姉「どうだろうなぁ、それはお前次第だろ」

弟「頑張る」

姉「頑張れ、ねーちゃんここで見てるから」

弟「うん、行ってくる」

姉「男を見せてやれ!!」

弟「お、男?う、うん!」




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:40:08.86 ID:ZzNCJRG10
弟「……ゴクリ」

姉「ゆっくり近づきすぎだろ、逃げるぞあれじゃ」

弟「……」タッタッ

姉「と思ったら急に小走りしやがった、大丈夫か、あいつ……」

弟「……ジー」

姉「動けよ!様子見かよ!!」

弟「……」

姉「あーでもなんだ、水浴びしたらさっぱりしたなぁ……あ?なんだ、ずっとこっち見てる奴がいる……あーそうか、私下着丸見えか。まぁいいや……どうせ見てるの弟と同じくらいのガキだし」

弟「ていや!」

姉「お、捕まえたか!?」

弟「やった!!!ゲット!!!」

姉「おお、マジか!見せろ!!」

弟「げ、ゲットしたけど!!どうすればいいの!?」

姉「そうか、網から出せないな。えっと……背中の部分持てばいいんだっけ?」

弟「う、動けないよ」




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:43:31.36 ID:ZzNCJRG10
姉「ちょっと待ってろ、そのまま、そのままだぞ。網の上から……捕まえてっと」

弟「うんうん」

姉「そのまま、ゆっくり網を上にあげるんだ。大丈夫だ、ねーちゃん掴んでるから逃げられないよ」

弟「分かった、そっとだね」

姉「そうだ、そっとだぞ……」

弟「……」

姉「そしたら、私が支えているから、網に手を突っ込んで、お前が生でクワガタを手で掴むんだ」

弟「わ、わかった……頑張る」

姉「よしよし……そのままそのまま、違う違うそこじゃない!そこを掴んだらクワガタ死ぬだろ!」

弟「ど、どこ!?」

姉「私が今掴んでる所を同じように掴むんだよ。力入れすぎるなよ、死ぬから」

弟「うん……こ、こう?」

姉「そうそう、いいか?私手を離すからな?お前は手を離さないで、ゆっくり網の中から出すんだ」

弟「分かった」

姉「せーの!」




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:46:53.83 ID:ZzNCJRG10
弟「や、やった」

姉「よし、そのままカゴに入れてやれ」

弟「やったー!!クワガタゲットだー!!」

姉「セミよりもすげーじゃねぇか!」

弟「みんなに自慢出来るかな」

姉「そりゃ出来るともさ。さてと、どうする?まだ続けるか?」

弟「ううん、早くかーちゃんにこれ見せたいから!」

姉「そうかそうか、かーちゃんきっとめっちゃビビるぞ」

弟「ほんと?」

姉「うん、私がクワガタだかカブトムシだかを捕まえた時もビビってた」

弟「ねーちゃんもやったことあんのか!だから上手かったんだな!」

姉「そ、そうかな、上手かったか?」

弟「うん、ねーちゃんすごい」

姉「よ、よせよせ、照れるから」

弟「すげークワガター……」




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:48:56.57 ID:ZzNCJRG10
姉「んじゃ帰るか」

弟「うん!」

姉「帰りは歩いて帰ろうな、走ったらクワガタ逃げそうだし」

弟「逃げられるのはやだ!」

姉「そうだよな、一所懸命捕まえたもんな」

弟「うん」

姉「ん?あれは……」

弟「? どうしたの?」

姉「なんか今光ったような……ちょっとこっち来い」

弟「う、うん」

姉「やっぱりだ!!」

弟「何々?」

姉「500円玉だ……」

弟「ご、ごひゃくえんだま……」

姉「これがあればジュースが買えるぞ……」




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:51:08.80 ID:ZzNCJRG10
弟「でもかーちゃんが拾ったものは交番にって言ってた」

姉「あー、それもそうだなぁ。帰り道に交番あるし、弟の教育も兼ねて届けるか」

弟「うん」



警察「うん?」

姉「すんませーん」

弟「すみません!」

警察「おやおや、どうしたのかな?」

姉「なんか500円落ちてたんで届けにきました」

警察「おお、わざわざ偉いね」

弟「かーちゃんに怒られるから」

警察「そうか、君のお母さんは良いお母さんだね」

弟「見てみて!!クワガタ!!」

警察「おお、立派なクワガタだ……ココら辺で捕まえたのかい?」

弟「そう!そこの公園!!」




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:54:19.02 ID:ZzNCJRG10
警察「そうかぁ、おじさんも昔クワガタとかカブトムシとか捕ってたな……懐かしいものだ」

弟「おっちゃんも捕るの上手い?」

警察「昔はね、今はちょっと難しいかな」

弟「そっかー!ブランクだな」

姉「お前どこでそんな言葉覚えたんだよ……」

警察「はっはっは、それじゃこの500円は預かっておくね、あ、そうだ、ちょっとそこで待ってなさい」

姉「ん?書類とか書くのかな」

弟「しょるい?」

姉「500円みつけたのは私達だ!ってのを書くやつ」

弟「へーそんなのあるのか」

姉「わかってないな」

弟「わかってる!」

姉「まぁいいや、しかし交番は涼しいなぁ……」

警察「おまたせ、ほらアイスだ」

姉「あ、あれ?」




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 11:58:32.53 ID:ZzNCJRG10
弟「おー!!すげぇアイス!!」

警察「ほら、お姉さんも」

姉「あ、ありがとうございます……あの、書類とか書かなくていいんですか?」

警察「ああ、お金だけっていうのは仮に『それは私が落とした500円です』って言われても、証明が出来ないんだ」

姉「あ、なるほど……」

警察「財布とかだと身分証明とか入ってるから出来るんだけどね、お金とかだと大金じゃない限り難しいんだよ。だから、君にこれは返すよ」

姉「あ、ありがとうございます……」

警察「そして、ちゃんと届けにきたご褒美にアイスだ」

弟「でもかーちゃん知らない人から食べ物とかもらっちゃダメって」

警察「はっはっは、君のお母さんは本当に良いお母さんだ。何、おじさんは警察官だからね」

姉「警察官は正義!」

警察「……そう言ってくれるとありがたいけどね」

弟「正義の味方か!」

警察「悪は許さないけどね」

弟「かっこいい……」




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:01:33.93 ID:ZzNCJRG10
警察「だから、安心してアイスを食べるといい。ご褒美だからね」

姉「なんか本当ありがとうございました」

警察「君も出来たお姉さんだ」

姉「そ、そんな、あはは……」

警察「それじゃあ、またな!」

弟「またなー!バイバイ!」

姉「あ、待って、ほらアイス貰ったお礼は?」

弟「アイスありがとうございました!」

警察「何気にするな!気をつけて帰るんだぞ!」



姉「良い人だったなぁ」

弟「正義の味方かっこよかった」

姉「そうだな、正義の味方はかっこいいよな」

弟「俺も警察官になる!」

姉「そうか、じゃあいっぱい勉強しないとな」




44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:04:11.01 ID:ZzNCJRG10
弟「勉強はなー、ちょっとなー」

姉「ちょっとなーじゃないっての」

弟「ねーちゃんはどう?」

姉「どうって、そりゃ、うん。ぼちぼちだ」

弟「じゃあ俺もぼちぼちだ!」

姉「真似すんな!」

弟「アイスうめー!」

姉「こいつ、誤魔化しやがったな……」

弟「ねーちゃんのアイスは何味?」

姉「私はいちごだ、弟は?」

弟「俺ソーダ!」

姉「ソーダもうめーよな、一口くれ」

弟「はい!」

姉「んー、うまい!ほら、私にも一口やる」

弟「いちごもうめぇ!!」




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:05:56.85 ID:ZzNCJRG10
姉「だよなー。あ、アイス貰ったことはかーちゃんにナイショな」

弟「なんで?」

姉「だって、風呂あがった時にアイス食えないし」

弟「そうだった、アイスは1日1個だった!」

姉「そういうことだ!」

弟「じゃあナイショだ!」

姉「おうおう」

弟「ただいまー!」

姉「ただいまー」




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:07:44.74 ID:1J9kODEF0
拾ってきたお金そのまま渡しちゃうのかよ
お金預かってポケットマネーあげろってこち亀が




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:10:50.84 ID:ZzNCJRG10
>>46
俺もこち亀で見た覚えがあるんだけど、この警察官はその500円預かって、自分の500円出したとか、そういう感じでお願いします
なんかややこしいですけど




48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:09:50.43 ID:ZzNCJRG10
翌日。

姉「あー、今日は図書館でも行こうかなぁ、図書館はクーラーも聞いてるし、静かだし、何より本があるし」

弟「ねーちゃん、クワガタが元気ねぇんだ!」

姉「あー?クワガタもこんだけ暑かったらバテるよなぁーわかるわかる……」

弟「はちみつあげたのにダメだった!」

姉「はちみつだけじゃダメだな、あのゼリーみたいなのじゃないと」

弟「蒟蒻畑?」

姉「確かにゼリーだけどあれあげてもダメだぞ」

弟「そっか、じゃあゼリーみたいなの買いに行かないと」

姉「私金無いからなぁー、それに図書館行こうと思ったのに……」

弟「えー……」

姉「うーん……仕方ない、行くかぁ」

弟「ほんとか!」

姉「ただし、チャリで行くぞ今日は」

弟「分かった!カーチャンに鍵もらいに行く!」




51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:13:04.16 ID:ZzNCJRG10
姉「今日もあっちぃ、でも今日は雲があるなぁ」

弟「鍵と金もらってきた!」

姉「でかした、金は私が預かる。お前財布持ってないだろ」

弟「持ってない!かーちゃんもねーちゃんに預けろって言ってた!」

姉「だよな」

弟「チャリ久々だから緊張するな」

姉「乗り方忘れてないよな?」

弟「きっと平気だ」

姉「転ぶなよ、転んでも自分で立ち上がるんだぞ」

弟「転ばない!」

姉「その油断が命取りになるんだ、気をつけろよ」

弟「うん」

姉「私後ろ走るから、お前前走れ」

弟「分かった!」

姉「どこで買うかわかるか?いつもかーちゃんと行くスーパーだぞ?」




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:16:08.23 ID:ZzNCJRG10
弟「わかってる!」

姉「そうか、なら任せる」



弟「はえー!自転車はえー!」

姉「おい!こら!あんまり飛ばすな!」

弟「びゅーん!」

姉「って、馬鹿!そっちじゃねぇ!!右だ右!!」

弟「右ってこっち?」

姉「そっちは左だ!!!バカ!!」

弟「もーしょうがないなぁー」

姉「それは私のセリフだっつの……はぁー今頃図書館だったのになぁ……」

弟「つかれたー」

姉「やっとついた……」

弟「でも久々のチャリ楽しかった!」

姉「それはよかったな……」




55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:18:53.91 ID:ZzNCJRG10
弟「おおー涼しい」

姉「生き返る……」

弟「ゼリーどこにあるんだ?お菓子コーナー?」

姉「だからそれは私達が食べるゼリーだよ!」

弟「そっか、じゃあどこ?」

姉「んー、多分この時期なら……ああ、あったあった、ほらここ」

弟「でっけぇクワガタ!!」

姉「それ人形な、ほらこれじゃないかなゼリー」

弟「これかー、美味いのか?」

姉「お前が食うな!」

弟「だって美味しそう!」

姉「あのな、お前が普段食べてる食べ物をクワガタに食べられたらどう思う?」

弟「それは……悲しい」

姉「そうだろ、同じ事しようとしてるんだ」

弟「それはダメだ」




57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:20:30.33 ID:4BDVbCZZ0
田舎の夏って感じでほのぼのするわ




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:20:57.23 ID:ZzNCJRG10
姉「そうだ、もしかしたら逮捕されるかもしれない」

弟「逮捕!?」

姉「昨日の警察官に!」

弟「ごめんなさい……」

姉「大丈夫だ、私が事情を説明するから」

弟「ほんとか?」

姉「任せろ!」

弟「よかった〜!」

姉「まぁいいや、ねーちゃん今日は金持ちだから、今日こそジュース奢ってやるよ」

弟「マジかー!やったー!スプライトー!」

姉「ほんとスプライト好きだな」

弟「スプライト好きだ、しゅわってしてて」

姉「しゅわってしてるの他にもあるだろ」

弟「スプライトのしゅわっとしてるのが一番良いんだ」

姉「そうか、こだわりだな」




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:24:37.16 ID:ZzNCJRG10
弟「冷たい!」

姉「私はー……コーラでいいや」

弟「コーラ!コーラも好きだ」

姉「スプライトとどっちが好き?」

弟「それはスプライトだ、スプライトのしゅわっとしたほうが俺に合う」

姉「そうかーコーラ負けたかぁ。世界のコーラがなぁ」

弟「コーラも嫌いなわけじゃない!」

姉「そっかそっか、えっと……あとお菓子も買うか」

弟「お菓子!?いいの!?」

姉「ああいいぞー駄菓子だけな」

弟「よっしゃー!」

姉「200円までな」

弟「分かった、えっと……ブラックサンダーと、マーブルチョコと」

姉「おいおい、チョコは溶けるからあんまりチョコばっかにするなよ」

弟「うん、あと……キャラメルと、フエラムネも買っていい?」




61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:26:12.98 ID:w2++imVv0
なんて平和な夏・・・俺にはもう戻らない夏・・・




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:26:17.10 ID:YEU1UFpO0
フ、フェラ!?




63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:26:39.60 ID:8xIn36XGO
フェラ ムネ好きだったなぁ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0015XMZ86/minnanohima07-22/ref=nosim/





65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:27:06.73 ID:y5+q/fi90
おまえらwww




64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:26:47.24 ID:ZzNCJRG10
姉「懐かしいな、フエラムネ」

弟「ぴゅーぴゅー鳴るから楽しい」

姉「よく家で鳴らして怒られたっけか」

弟「かーちゃんの前でやるのは禁止だ」

姉「そうだったな、まぁ帰りにどっか寄って食べればいいだろ」

弟「うん!じゃあ、これで!」

姉「オッケー、レジ行くか」


店員「お会計が750円です」

姉「はい」

弟「750円です!」

姉「残念、私が出したのは1000円だ」

弟「え?1000円って、あの紙じゃないのか?」

姉「あれも1000円だけど、500円玉二枚でこれも1000円だ」

弟「んー?」




67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:29:20.13 ID:ZzNCJRG10
姉「弟にはちょっと難しすぎたかな」

弟「俺にはまだちょっと早いみたい」

姉「そうだな、だけどいつまでも分からないままじゃ、警察官にはなれないからな」

弟「うん!頑張る!」

店員「ふふっ……」

姉「すんません、騒がしくて」

店員「いいのよ、可愛いわね、これくらいの子は」

姉「あはは、そうですね」

店員「駄菓子の袋別のほうがいいかしら?」

姉「あ、お願いします」

店員「熱中症には気をつけてね」

姉「はい、気をつけます。ありがとうございます」

店員「いえいえ、ありがとうございました、またお越しくださいね」

弟「何話してたんだー?」

姉「熱中症に気をつけろって」




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:32:21.08 ID:MOTty+IQ0
楽しかったなぁ…小学生の時はなぁ…
今じゃなぁ…今じゃ…畜生




70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:32:41.35 ID:ZzNCJRG10
弟「ねっちゅーしょー?」

姉「ゆっくり言うな、別の意味になるから」

弟「うん」

姉「熱中症ってのはあまりにも暑すぎてぶっ倒れることだ」

弟「去年とーちゃんがなったやつか」

姉「そうそう、それそれ。だから気をつけろ」

弟「どうすればいい!」

姉「そうだな、こまめに水分補給だっけか。あれ、それは脱水症状?いや、確かどっちもだったはず」

弟「そっか、じゃあこまめにスプライト飲む!」

姉「そうしろ、さてとどこ行くか」

弟「これ食べたい」

姉「そうだよな、んー……チャリあるし、土手で食べるか」

弟「土手!行こう!」

姉「ちょっと遠いけど、あそこ川あって涼しいしな」

弟「うん!」




74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:36:27.95 ID:ZzNCJRG10
姉「ひー……忘れてた」

弟「ねーちゃん早くー!!」

姉「この坂……きっつい!!」

弟「先に行っちゃうよー!!」

姉「待てー!!先に行くなぁ!!!ひぃひぃ……」

弟「ダメだなぁ、ねーちゃんは」

姉「ゼェゼェ……ふー、疲れた」

弟「早く食べよう!」

姉「おう、えっと、ほら駄菓子の袋」

弟「よっしゃー!あれ、なんだこれ冷たい」

姉「ああ、保冷剤入れておいたからな。チョコ溶けるから」

弟「ちべてー!ほら」

姉「んがっ!!急に頬につけるな!バカモノ!!」

弟「あははは!!ブラックサンダー食べよう」

姉「ブラックサンダーうめぇよな」




75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:37:19.66 ID:kC1ICLh60
なんかほっこりするな




76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:38:01.86 ID:ZzNCJRG10
弟「美味い、これ発明した人は繊細だ」

姉「そうだな、繊細だ。だけどな、弟、こういう時は天才って言うんだ」

弟「そうそうそれそれ」

姉「なんだわかってたのか」

弟「次フエラムネ!」

姉「私にもくれ」

弟「うん、はい!」

姉「むぐむぐ……」




ピュー!




弟「あはははは!!!」

姉「あっはっっはっは!!」




79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:40:12.88 ID:ZzNCJRG10
弟「なんか笑える」

姉「そうだな、お前と私笑いの沸点がおかしいのかもしれない」

弟「笑いのふってん?」

姉「同じ所で笑うって意味だ」

弟「なるほど」

ピュー!

弟「あははは!!」

姉「あーおっかしーなーもー」

弟「あ!ねーちゃんあれすげーラピュタの雲だ」

姉「ん?ああ、積乱雲か」

弟「せきらんうん?」

姉「ああいう雲のことを積乱雲って言うんだ」

弟「へー、姉ちゃんはなんでも知ってるなぁ」

姉「なんでもは知らねーけどなぁー、弟よりは知ってること多いけど」

弟「やっぱねーちゃんはすげーやー」




80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:42:40.78 ID:ZzNCJRG10
姉「な、なんだ。急にどうした」

弟「クワガタも捕まえられるし、ゼリーのこととか知ってるし、ジュース奢ってくれるし、すげぇ」

姉「そうか、凄いか」

弟「うん!」

姉「弟も凄いって言われるようになるさ」

弟「どうだろう」

姉「私の弟なんだからなるに決まってるだろ」

弟「そうか!」

姉「うむ……ってあれ、雲行き怪しいな」

弟「せきらうんが近づいてる気がする」

姉「やべー!チャリだから帰りやべーぞ!!」

弟「やべー!」

姉「うわ!!降ってきた!!」

弟「逃げないと!」

姉「逃げる!?」




82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:44:47.82 ID:ZzNCJRG10
弟「雷が来る!」

姉「積乱雲だから来るかもな!とりあえず、チャリ押して橋の下まで行くぞ!」

弟「分かった!!」




姉「ふー……濡れた濡れた、何私は2日連続でびしょびしょになってるんだ」

弟「つめてー」

姉「ええっと……ああ、ハンカチもびしょびしょだ。でもいいや、絞って、とりあえず拭かないと」

ピュー!

姉「そうじゃない!拭かないとって違う!」

弟「あははは!!」

姉「ほら、ハンカチでさっさと身体拭く!夏風邪はしつこいから!」

弟「わかったー」




84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:47:24.36 ID:ZzNCJRG10
姉「んーつか、服脱ぐか一回」

弟「えー?」

姉「だって、拭いてもさー服の水滴がすぐ身体につくから意味無い。一回絞るから脱いで」

弟「分かったー」

姉「はい、ばんざーい」

弟「一人で脱げる!」

姉「ああ、それもそうか、すまんすまん」

弟「はい!」

姉「はいはい、っと。絞ってる間に身体拭いておいて」

弟「うん、分かった」

姉「つーか私も服脱ぐかぁ……どうせ人なんて居ないし、橋の下だから見えないだろうし」

弟「ねーちゃん風邪ひくなよ」

姉「わかってるわかってる」




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:50:12.94 ID:ZzNCJRG10
姉「うひー、私の服も絞れるくらい染み込んでたか」

弟「ねーちゃんさみぃ!」

姉「そーだなぁ、でも服着るのもあれだしなぁ……なんかあればよかったんだけど」

弟「うー」

姉「しょーがない、ほらおいでおいで」

弟「え?」

姉「いいから、ほら!どーせ誰も見てやしないんだから、たまにはねーちゃんに甘えなさいな」

弟「う、うん」

姉「よしよし、いい子だ」ギュウッ

弟「んー……」

姉「ふぁあ……ねみぃ」

弟「うん、お菓子食べたから眠いね」

姉「そうだなぁ、フエラムネ残ってる?」

弟「残ってるよ、はい!」

姉「んー……んまい」




90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:52:05.12 ID:ZzNCJRG10
弟「寒くなくなった!」

姉「そりゃ、人肌ってのが一番あったけーんだよ」

弟「そうなのか」

姉「あったけーってか暑すぎず寒すぎずだったかな」

弟「ふーん……」

姉「なんか久々に弟抱きしめてたら眠くなってきた……」

弟「こんなとこで寝たら風邪ひく!」

姉「そうだよなぁ……わかってる、わかってるんだけどなぁ」

ピュー!

姉「!? びっくりしたぁ!」

弟「起きた?」

姉「いやぁ、微妙だけど」

弟「起きろー!」

姉「ねみぃ」




91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:55:36.15 ID:ZzNCJRG10
弟「寝たらちゅーするぞ!?」

姉「んー?そりゃ怖い脅し文句だ」

弟「ねーちゃん重いよ……」

姉「ごめんごめん、眠くて……」

弟「もーしょうがないなぁ」

姉「んー……」

弟「……」

姉「スー……スー……」

弟「寝るなあー!!」

姉「ぐぅ……」

弟「ねーちゃん!ねーちゃん!!」

姉「……すぅ……」

弟「むぐぐ……」




チュッ




95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 12:57:57.48 ID:ZzNCJRG10
姉「ふが……」

弟「ね、ねーちゃんが寝たから」

姉「お前今何した」

弟「何もしてない!!」

姉「ふむ……まだねむい……」

弟「寝るなぁ!」

姉「まだ雨やまねーのかなぁ」

弟「まだ大雨だよ。ねぇ、ねーちゃん川のはんらんしないかな」

姉「しないしない、どうせ通り雨だから、しないよ」

弟「このままやまなかったら……」

姉「だいじょーぶだ、そんときゃ私が助けてやる……」

弟「……うん、でも俺もねーちゃん助ける!」

姉「そりゃ頼もしいなぁ」

弟「でしょ」

姉「弟のキスも貰ったしね」




98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 13:00:24.48 ID:ZzNCJRG10
弟「むがー!!!!」

姉「こら、暴れんな!!」

弟「ねーちゃん起きてたのか!!」

姉「いいじゃんいいじゃん、ちゅーの一つや二つ!!ほら、もっとする?おねーちゃんがちゅーしてあげるぞー!」

弟「うるせー!バカー!バカー!!アホー!!」

姉「はいはい、冗談は良いとして……ん?あれ?でも弱まってきた?」

弟「え、ほんと?」

姉「うん、あーいや弱くなったり強くなったりか」

弟「そうだね」

姉「でもまぁ、そろそろ出る準備はしておくか。流石に下着姿でチャリはこげないしな」

弟「うん、分かった」



姉「おー見事にやんだな」

弟「よかったー、帰れないかと思った」

姉「やまない雨は無いんだよ、弟」




100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 13:01:48.50 ID:ZzNCJRG10
弟「なんかかっこいいセリフ」

姉「ごめん、今の無かったことにして」

弟「帰ってクワガタにゼリーあげる!」

姉「そうだな、クワガタも腹すかせて待ってるだろ」

弟「俺も腹減った!」

姉「お菓子食ったのにか!」

弟「うん!」

姉「流石だな、まぁ帰ったらなんか食べるか、そうめんでいいな、そうめん」

弟「そうめん好き!!」

姉「んじゃぁ、帰るかぁ」




102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 13:05:22.09 ID:ZzNCJRG10
――――――
―――


姉「ってことがさぁー、むかーしあったよねぇ」

弟「あったっけ……全く覚えてねぇ」

姉「あの時、お前はキスしてくれたのによぉ……すっかり生意気になって、ねーちゃん悲しい」

弟「してないかもだろー!もしかしたら、ほら人差し指とかで触っただけとか」

姉「それでも十分恥ずかしい思い出だけどな」

弟「うるさい」

姉「ふっふ、夏になると思い出すなぁ、こういう話し」

弟「俺にとっては黒歴史だけどさ」

姉「私にとっては良い思い出だよ」

弟「はー……夏だなぁ」

姉「夏だねぇ」

弟「久々にセミ取りとかしてーよなぁー……だけど、こんな大人になっちまってさ」

姉「今したら大笑いものだね、通報ものだよ、私らが木なんて登ってたらさ」




105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 13:08:26.31 ID:ZzNCJRG10
弟「それは言えてる」

姉「あの頃にゃ戻れないんだねぇ」

弟「ねーちゃんは昔っからそういう恥ずかしいセリフを堂々と言うよな」

姉「私は恥ずかしいと思ってないからね」

弟「聞いてるこっちが恥ずかしいっての」

姉「まぁ……セミはともかくさ、ほら、これ」

弟「なんだこれ」

姉「クワガタ取り!大人も参加出来るやつ!」

弟「へぇ」

姉「いっちょ、採取に行きますかね!」

弟「なんだ、昔と逆転だな」

姉「え?何が?」

弟「昔は俺から誘ってたのに、今じゃねーちゃんからだなって」

姉「そりゃぁ―――時代が変われば、立場ってのも変わるもんさ」

おしまい




106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 13:09:23.15 ID:cwfSR6oLP

和んだぞ




109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 13:10:56.87 ID:tRj7xZX60
おつ




110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 13:11:24.16 ID:ZzNCJRG10
窓から見える雲とか青い空とか、セミの鳴き声聞いてたら書きたくなって書いてまして
俺にはこんな優しいねーちゃんが居なかったのですが、生まれ変わったらこれくらい優しいねーちゃんが欲しいです
時間がおしてきたので、無理矢理な形で終わっちゃいました
機会があったらまた書きたいです

ありがとうございました




112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 13:13:05.24 ID:w2++imVv0
いい夏だったよ乙




117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 13:16:20.97 ID:ZXj5KgDe0
ちょっと切なくなった





119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 13:18:41.05 ID:SqiLYcP80
ええなぁこういうの




120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 13:20:12.47 ID:1N02J1kc0


こどもの頃はよかったなあ…




121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 13:22:53.07 ID:jA2rNQg40

もう川とか林で遊んだことは遠い昔だな・・・




122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 13:25:19.15 ID:WhIkJHiR0
えっちで優しいお姉ちゃんが欲しいです
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860323890/minnanohima07-22/ref=nosim/




Fate/stay night [Realta Nua]
テイルズ オブ エクシリア2 (初回封入特典:プロダクトコード同梱) 特典 予約特典「オリジナル短編小説「TALES OF XILLIA 2 -Before Episode-」&「設定資料集」付き
Forza Horizon リミテッド コレクターズ エディション (初回特典:ゲーム追加コンテンツ同梱)
PROJECT X ZONE (初回生産版:『早期購入限定スペシャル仕様』同梱)
New スーパーマリオブラザーズ 2
ニンテンドー3DS LL レッドXブラック シルバーXブラック ホワイト
ポケットモンスターホワイト2 ポケットモンスターブラック2
大神 絶景版 (特典 PlayStation 3で見られる絵巻物「妖獣戯画繪巻」のプロダクトコード同梱)
ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ 特典 「P4UアレンジサウンドトラックCD」付き
SDガンダム ジージェネレーション オーバーワールド
バイオハザード6 (【数量限定特典】エクストラコンテンツ「ザ・マーセナリーズ」用ステージDLコードセット同梱)
ブレイブリーデフォルト
初音ミク -Project DIVA- f 予約特典:デザイン保護フィルム(PlayStation(R)Vita専用)付き
デビルサマナー ソウルハッカーズ 先着購入特典:アレンジサウンドトラック 付き
DEAD OR ALIVE 5 コレクターズエディション (初回限定特典かすみ・あやね セクシーコスチューム ダウンロードシリアル同梱)
 

 

SS宝庫最新記事50件