関連記事
女神「人の世が混迷しているようです」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 16:39:10.50 ID:wW8LsxgS0
従者「魔獣、ですか」

女神「ええ……大昔に魔界より人間界へと流れてしまった凶悪な魔獣です」

女神「その時は人間達が何とか封印しました」

女神「可能であれば天界からも支援を行うべきだったのですが、こちらで事態に気づくのに遅れ」

女神「多くの犠牲者を出した忌まわしき事件です」

女神「それより封印された魔獣の状態を随時確認していましたので、今回は先手を打つことも出来るでしょう」




元スレ
女神「どうやら魔獣の封印が解けてしまうようです」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1342165150/
SS深夜VIP
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1342174847/


 


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 16:42:12.73 IID:3ceVY7n2
従者「突如、大陸の四方に現れた魔獣……今でこそ国は五つで安定していますが」

従者「魔獣出現以前はもっと多くの国があったものの、殆どが滅ぶか隣国との合併という形を取らざるを得なかった……」

従者「二百年前の話ですね」

女神「あら……珍しく随分と詳しいのね」

従者「ええ……」

女神「……? あ」

女神「……ごめんなさい」

従者「あ、いえ、そんなお気になさらずに」




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 16:45:36.12 IID:3ceVY7n2
従者「というか、また俺ですか?」

女神「完全に復活するまでにはまだ時間がありますが、それよりも先に大量の魔物が現れるでしょう」

従者「眷属みたいな奴らですね」

女神「多くの従者は人間達の居住箇所で防衛する事になりますが」

女神「貴方は魔獣討伐に向かってもらいます」

従者「それはいいのですが女神様が人間界に降ろせる場所は、中央の国のウェッブリバーだけですよね」

女神「そうよ」

従者「……魔獣が封印されているのはそこ以外の四方の国ですよね?!」




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 16:48:28.16 IID:3ceVY7n2
女神「仕方がないですね……他の神に貴方の人間界への降臨をお願いします」

従者「因みに降臨後、俺はどういった行動をとらせるおつもりだったのですか?」

女神「ウェッブリバーより南下しグリーングランドの魔獣を討伐後、折り返して北上しシルバースノウの魔獣を……」

従者「凄い面倒じゃないですか!」

女神「貴方ならできるわ。そう! 単身、魔物という魔物を倒しながら魔界を横断した時の様に!」

従者「血生臭い過去を例に上げないで下さいよ」

女神「あら、あれ以来一部の従者達からは人気があるじゃないの」

従者「それの所為で女神様の他の従者からは、野蛮だの凶悪だのと今だ避けられているのですが」

女神「まあ……貴方以外はまともに武器も振るえない魔法特化の子ばかりですからね」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 16:51:32.99 IID:3ceVY7n2
従者「にしても何故その二ヶ国なんです? 遠いです」

女神「東西の国には男神を信仰しているのですよ? 心配する必要など無いではないですか」

従者「あー……」

女神「南北の国……魔法で戦えない事も無いでしょうがあまりにも非力すぎます」

従者「えーと、そうしますと……ああ考えるまでも無く女神様以外の女神に頼めばいい訳ですか」

女神「……何か嫌な言い方ですね」

従者「女神様、以外の、女神にお願いすればいいのですね」

女神「ちょ、ちょっと貴方、まさか他の神に主従するつもりではないでしょうね!」

従者「え?! 男神からはよく持ちかけられますが、女神間でも欲しがられてたんですか?! 胸熱!」




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 16:54:12.39 IID:3ceVY7n2
女神「という訳でして、降臨の方をお願い致します」

従者「おへがいいだじまず」ボッコボコ

月の神「それは構わないが……君は強力なリジェネレーションの力を持っていたのでは?」

女神「一時的に切っておきました」ニコリ

従者「バウンドでヴルボッゴでじだ」

月の神「何かあったかは聞かんが肉体のダメージは持ち越されないから安心するといい」

従者「ばーい」

月の神(いや実際には何があったか知りたいが……)チラ

女神「……」ニコニコ

月の神(止めておこう……)




9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 16:57:18.80 IID:3ceVY7n2
月の神「私なら北でも南でも送ってやれるがどちらでいいのだい?」

女神「復活の進行の早さだとやはり南からでしょうか?」

月の神「まあそうなのだが、個人的な意見としては北を先にすべきではないか?」

月の神「私と水の神を信仰している国だからな……近接戦闘ができる従者が本当に心許ない」

従者「南は風の神……ですか」

女神「彼女は見た目こそ怖いけど、優しいのですからね」

月の神「で……結局どうするんだい?」

従者「では北でお願いします」

月の神「了解した。ではいくぞ」パァァ




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:00:19.12 IID:3ceVY7n2
従者「……」ビュオォォォ

従者「寒っ! さっぶ!!」ビュオオオ

従者「何処だここ! ああ、王都の傍か!」ビュオオ

従者「うおおおぉぉ! シルバースノウってこんな所だっけ!」ビュオオオ

従者「……」ビュォォォ

従者「うん、間違いなく雪に閉ざされた国だ!」ビュオオオ

従者「ぬあああ!」パアァァ

戦士「良し! これで入国できる! いざ行かん! 暖炉のある宿へ!!」ビュオオオ




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:03:33.43 IID:3ceVY7n2
店主「何もこんな時に入国しなくても良かったじゃないの」

戦士「ぞうでずね」ガクガク

店主「周囲の岩山を抜ける洞窟で吹雪が止むのを待つとか考えるとおもうんだけどなぁ」カチャカチャ

店主「こんな日だから宿泊客用の料理が無くてすまないね。はい、ミネストローネとパンだ」ホカホカ

戦士「やっだあ」ガクガク

店主「にしても、旅人さんも運が悪いね……なんでこんな時期にこんな国に来ちまったんだい?」

戦士「……?」ズズー




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:06:11.36 IID:3ceVY7n2
店主「最近じゃ大昔に封印された魔獣が復活しそうだとか恐ろしい話だよ」

店主「おまけにその所為で魔物も現れてきている」

店主「今はまだ落ち着いているけども……これからどうなる事やら」

戦士「国の兵士とかは動いていないのですか?」

店主「まだ魔物狩りのレベルだねぇ……だいたい、魔獣の封印された場所が分からないって話だからね」

戦士(人間側やばいな)ズズー




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:09:32.10 IID:3ceVY7n2
戦士(さぁてここからどうするか……)

戦士(天界としては飽くまで人間に戦わせたいらしいからなぁ)グビ

戦士(ま、全て俺達で処理する訳にはいかないもんな)

戦士(どうにか戦闘要員掻き集められないかな。無理か)グビリ

戦士(吹雪が止んだら街で情報収集するか……何とか戦う意思のある人が見つかればなぁ)フアァ

戦士(シルバースノウの蒸留酒ウメーー)




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:12:42.26 IID:3ceVY7n2
――……
「お兄ちゃん! 見て見て! 太陽だよ!」

「えへへ〜これなら久しぶりに洗濯が捗るねー!」

「お兄ちゃんはどうするの?」

「うん、分かった! 楽しみにしているね!」




16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:15:11.97 IID:3ceVY7n2
戦士「……うーん、何て夢を」

戦士「お、吹雪は止んだな」シンシン

戦士「さーってどっから行ってみるか……お」

戦士「占い屋? 結構でかいな。儲けてるって事は当たるのかな?」

戦士「先行き真っ暗だろうけどやってみるか?」カラン

占い師「おや……見ない顔ですね。旅人さんでしょうか?」

戦士「ああ、見ての通りだ」




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:18:35.95 IID:3ceVY7n2
占い師「それでは、何を占いましょうか?」

戦士「ん? あれ、何を占ってもらえばいいんだろう?」

戦士「うーん、俺のこの先の運勢みたいな。半年とか一年とか長期的に見て」

占い師「ではそちらにお掛けになって下さい」

戦士(こういうの初めてだなぁ……少し緊張してきたなぁ)

占い師「……」ジャラジャラ

占い師「……うん?」ピタ

占い師「……?」ジャラジャラ

占い師「……むぅ」

戦士(やばいフラグがビンビンだ)




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:21:21.12 IID:3ceVY7n2
占い師「……」ジャラジャラジャラ

占い師「……」ジャラ

戦士「死相しかないですかね」

占い師「いえ……貴方は一体」

占い師「人に限りなく近く、人を限りなく超越した……そんな存在」ブツブツ

戦士「……え?」

占い師「癒しの神の大いなる恩恵……とても人に与えられる恩恵ではない」ブツブツ

戦士「……え、ちょ、え?」ダラダラダラ

占い師「そしてこの体は仮の……まさか神の遣い……そんな」ゴクリ

戦士(Oh...そんな馬鹿な)




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:24:11.91 IID:3ceVY7n2
占い師「何と言う事……」

戦士「いやー占いだって間違う時はあるんだろ?」

占い師「……何年やってきていると思っているのですか」

占い師「ああ……なんて素晴らしい事なのでしょう。今目の前に……ああ、これはもう」

戦士「もう?」スゥ

占い師「……え!?」ビク

戦士「……参ったな、予定が狂うじゃすまないな」

戦士「確かに我々は陰ながら人間を支援する時はあるが……」

戦士「妄想のうちならまだしも、あまり変な認識を広められと困るんだよ」コォォォ




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:27:15.99 IID:3ceVY7n2
占い師(す、凄い殺気……ここ殺される)

戦士「勿論、口外しないで頂ければ問題ないのだがね」

占い師「ち、誓います……この件に関しては私の墓まで持っていくと」

戦士「物分りが良くて助かるよ」スゥ

占い師(生きた心地がしなかった……)

占い師「あ、あの……差し支えないようでしたらこちらに来られた理由は?」

戦士「……」

占い師(地雷? 地雷?!)ビクビク




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:30:10.21 IID:3ceVY7n2
戦士(これなら問題ないかな……)

戦士(どの道戦士として行動していけば、俺の目的はこの子も知る事になるだろうし)

戦士(あーいっその事手伝わせるか……事情が事情だけに仕方が無いよなぁ)

戦士「君も知っての通り魔獣の封印が解けそうだからね」

占い師「あ、ああ……それで」

戦士「飽くまで人間主体で討伐してもらうつもりなんだけど」

戦士「人を集めたりしたいから君も手伝え」

占い師「え? あ! はい喜んでっ!」

戦士「あれー?」




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:33:29.02 IID:3ceVY7n2
戦士「嫌がるかと思った」

占い師「だって神の遣いの方に、一時とは言え仕える事ができるのですよ!!」

占い師「なんて素晴らしい事か! ああ、なんて素晴らしいのでしょう!」

戦士「変わった子だがまあいいか……魔獣討伐するって言ったらどれくらい人集まるかな?」

占い師「結構集まると思いますよ? 兵じゃない人でも好戦的な考えの人が多いですからね」

戦士「でも封印されている場所とか分かっていないんだよね?」

占い師「だから皆さん待機しているんです。今のところ兵士だけで魔物の駆除はできていますからねぇ」

占い師「まあ国としての誇りとかで、安易に民間人に協力を仰げないでいるのが現状なのですが」

戦士「仕方の無い話だな」




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:36:30.27 IID:3ceVY7n2
占い師「民間の方が集まっているのはこちらの方です」

戦士「なあ……本当に店とか大丈夫か? 一日二日じゃ終わらないと思うぞ?」

占い師「資産はある程度余裕がありますからね。ご安心を」

戦士(いや客商売だから長期休業に対する信用問題というか……それだけ信用を勝ち取っているのか?)

戦士(しまったなぁ……最近の人間界の状況ってあまり知らないな)

戦士(今回は軍の中だけじゃないんだ……上手く周囲に合わせられないと後が辛いぞ)

占い師「あの、そんなに悩まれるほど苦しい状況ではないので……」




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:39:16.87 IID:3ceVY7n2
衛生兵「……あ」

弓兵「うん? どうかしたかい?」

戦士「お……」

戦士(うん? 今回何の役割だ?)

占い師「お知り合いですか?」

戦士「ああ、そうだ」

戦士(けど俺から紹介できねーよ)




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:42:22.30 IID:3ceVY7n2
占い師「ま、まさかこの方達も神がm」ドゴォ

戦士「おっとこんな所に殴り慨のある壁が」シュッシュッ

占い師「」ガタガタブルブル

弓兵(……君の友達って大丈夫なのかい?)

衛生兵(凄い大丈夫)

弓兵「あーコホン。君、そこの女性はまさか知っているのかい?」

戦士「知っているというか……まあそんなところだ」

占い師「ええ?! やっぱりそうなのですか?! じゃあさっきはなんd」

戦士「お前……これで一般人だったらどうする気だ」ゴォォ

占い師「」ガクガクブルブル




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:45:17.52 IID:3ceVY7n2
弓兵「どういう事だ……?」

戦士「占ってもらったらなんか俺が人間じゃないのがバレた上に、神の遣いの者ではとまで感づかれた」

弓兵「凄いな……ああ、そういえばごくごく稀にそういう人もいるらしいな」

戦士「止めてもらいたい話だな……」

衛生兵「……」クィクィ

戦士「どうかしたか?」

衛生兵「その人親しい?」クビカシゲ

戦士(あれ? なんか嬉しいイベント?)

弓兵(おや珍しい)




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:48:24.23 IID:3ceVY7n2
戦士「さっき出会ったばっかりだ。事情が事情だから手伝ってもらう事にしたんだよ」ナデナデ

衛生兵「そう」

戦士「で、占い師。こちらは俺の知り合いの」

衛生兵「衛生兵です。よろしく」

戦士(また軍属っ?)

弓兵「私は彼とは面識が無いが、衛生兵とは旧知の仲の弓兵だ」

占い師「わ、私はこの町で占いをやっております占い師と申します」

占い師「お、お二方はどちらの神様のt」ハァハァ

戦士「不必要な情報を集めるな」ゴァ

占い師「」ガクガク




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:51:18.08 IID:3ceVY7n2
弓兵「……口外しない約束は取り付けたんだろ? 少し厳しくはないかい?」

戦士「俺の首がかかっていますので……物理的に」

衛生兵「癒しの神様、乱暴しない」

戦士「昨日マウント取られてフルボッコにされました」

弓兵「あの方が……君は何をしたんだ?」

占い師「……」ゴクリ

戦士「……忘れろ」ボソ

占い師「サー! イエスッサーー!」




29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:54:21.23 IID:3ceVY7n2
衛生兵「防衛がお仕事」

戦士「そうか。まあ魔獣の事は任せてくれ」

弓兵「と言っても体は飽くまで人に近い作り物だからなぁ……」

衛生兵「死なないでね?」

戦士「まあ死んでも……いや怒られるな」

戦士「人々の事、任せるぞ」

弓兵「結構従者は降りてきているからね。隠密に駆除はしているから大丈夫だろう」

占い師「……」ゴクリ

戦士(俺も大概だがこの子もぶっちゃけ過ぎだろ)




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 17:57:13.49 IID:3ceVY7n2
……
戦士「……なんか外から見ても凄い賑わっているんだが」

占い師「ええ、そりゃあもう大勢いますから」

戦士「どのくらい?」

占い師「二十人ほどですかねぇ」

戦士「内訳は? 弓が何人とか前衛がどれくらいとか」

占い師「ええぇ? そこまで分かりませんよぉ……情報屋じゃないんですよ?」

戦士「そういえばそうだったな」




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:00:21.32 IID:3ceVY7n2
「俺が魔獣を討ち取ってやるぞーーー!!」
「へってめぇができんのかよ!」
「お前ら甘く見すぎ。昔どんだけ死んだと思ってんの」
「今と比べるとか情弱乙wwwww」

戦士(25人……前衛10の弓が8……魔法使いが7のうち2回復特化っと……)

戦士(まだまだ人間達の魔法面は未熟すぎるからな……あまり戦力には考えられない)

戦士(何より実際魔獣が動き出して、今の状況でその恐怖に勝てるのは半数にも満たないだろうな)

占い師「えっと……あまり状況は芳しくないのでしょうか?」

戦士「圧倒的に数が足りないし、この調子ではなぁ。二百年前、急ごしらえの軍隊でも千単位で死んだからな」




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:03:10.27 IID:3ceVY7n2
戦士(参ったな……もう魔獣の恐怖は完全に風化しているし)

戦士(もっと堅実な……堅実だったら完全にウェッブリバーに避難だよなぁ)

占い師「あのー……集まっていた方とお話していかなくて良かったのでしょうか」

戦士「現状、あそこで何かを話して得られるものは無い……いや現段階では時期早々といったところか」

戦士「何ていうかさ、冷静にもっと魔獣やべぇ……どうにかしたいけどどうにもなんねぇっていう人っていないのか?」

占い師「うーんどうなのでしょう……それでしたらこの国の書物庫で人を探すべきかと」

戦士「書物庫? そんなのがあるのか?」

占い師「かなり古い文献が保管されている場所です。本当に冷静に対応しようとする人であれば、過去の騒動の際を情報が調べているかと……」




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:09:21.15 IID:3ceVY7n2
戦士「意外と人がいるな……」

占い師「あのーすみません」

「はい? あれ? 占い師さん?」
「どうされたのです?」

戦士(やっぱ人望厚そうだな……これは捗るな)

戦士(数は18か……それでも決死の思いがあるなら話は別だ)

戦士(……弓と魔法ばっかだな)

戦士(これだと俺の素性を隠して上手く戦うのって無理じゃ?)

戦士(むしろ俺が最前線で盾にならないと勝てないよなぁ……それでもすぐに蒸発しそう)

占い師「皆さん、かなり本気だそうですよ!」

戦士「あー……うん後は前衛かぁ」




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:12:28.33 IID:3ceVY7n2
「え、この方も魔獣討伐に?」
「見た事の無い方ですね」

占い師「ですが凄い頼りになる方なのですよ!」

「占い師さんがそういうのならきっとそうなのでしょうね」
「前衛が不足していので助かりますねー」
「まあ……もっと大々的に集まってくれないとなんだけどなぁ」

戦士「不足っていうかいないじゃないか……」

「今日は外回りで魔物駆除ですね」
「何人いましたっけ?」
「16人だな」

戦士(あれ、かなり流れが来ているんじゃね?)




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:15:47.30 IID:3ceVY7n2
戦士(後衛18に前衛16+自分で……酒場の連中含めて……)

戦士(対魔獣の訓練でどれだけついて来れるかだよなぁ)

戦士(うーん……どれだけ人が必要だろう。前衛左右展開で150ずつと魔法、弓部隊合算100は最低ラインだよなぁ)

戦士(今の時代の人間の平均技量次第ではもっと必要か? 過大評価し過ぎか?)

戦士(そもそも民間で100以上集めるのが無理な話か……)

戦士(とすると兵士か? 軍と市民が協力し合って魔獣を? いや、この先の未来を考えるのなら)

戦士(共同戦線を組むというのは良い経験になるかもしれないな)ムーン

占い師(こちらが話しかけないと押し黙る時があるけども……何か機嫌を損ねるようなことでも?)ドキドキ




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:18:12.67 IID:3ceVY7n2
戦士「なあ、今の状態で市民と軍が手を取り合って戦う事ってありえると思うか?」

占い師「へ? ええーと……難しいと思いますよ」

「今のところ、兵士だけで事足りてますしね」
「何でも魔獣が封印されてるところを探し出して、総攻撃しようという話もあるそうです」

戦士(それは不味いな……勝手に封印解かれて本調子になられたら、従者だけでどうにかしないといけなくなる)

戦士(まともに調練が済んでいない兵士じゃ、足止めにもならないだろうし)

「占い師様……あの方、大丈夫なのでしょうか?」
「なんかさっきから黙ったりしてて……怖い感じが」

占い師「だ、大丈夫です! とても頼りになる方なのですよ!」




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:21:39.03 IID:3ceVY7n2
戦士(衛生兵達に会って状況を確認しないとだな……)スック

占い師「あ、あのどちらに?」

戦士「さっきの二人に会ってくる。やはり兵士もいないと人員が足らなさ過ぎる……」

戦士(待てよ、兵士と合同で行った方が訓練もやり易いな……問題はそれだけ上層へのパイプが無いと難しい事だが)

戦士(うーん……とにかく手回しするしかないのかなぁ)

占い師「あのー私もついていってもいいでしょうか?」

戦士「あー……まあいいか」




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:24:10.30 IID:3ceVY7n2
戦士「という訳なんだがどう思う?」

弓兵「もうちょっと軍が苦戦してくれればその流れも難しくないが」

衛生兵「今は市民に頼る気なさそう」

戦士「そうかー……」

占い師「私のほうからも掛け合ってみましょうか?」

戦士「うーん……え? 軍にも顔がきくの?」

占い師「常連さんの中に偉い方もいらっしゃいますからね」

弓兵「私達が何かするよりも、その方がいいかもしれないね」




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:28:05.16 IID:3ceVY7n2
……
占い師「市民との共闘を検討してみるとの事です」

戦士「……マジで?」

弓兵「凄いね……一体どう言いくるめたんだい?」

占い師「占いの結果、不吉な相が国に表れている、と言って具申してきましたよ」

戦士「いいペテンだな」

衛生兵「そういう事言っちゃ駄目」

占い師「まあ、私も分かっててやってますしね」




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:33:22.33 IID:3ceVY7n2
戦士「ああ、そうだ……軍で無理やり魔獣を攻撃しようとしているって話ってマジ?」

衛生兵「場所は特定できたけど、周りに魔物が多くて難航中」

戦士「お、いい流れじゃないか」

弓兵「そ、その発言はどうかと思うよ」

戦士「戦士嬉しそう」

戦士「市民と軍が一致団結して戦う、最高の流れじゃないか」

占い師「そうなのでしょうか……?」

戦士「そうなのさ。良し良し果報は寝て待て。俺は宿屋に帰っておくかな。調練内容も綿密にしないとだし」

占い師「あ、それでしたら私の家で泊まられたらいかがでしょうか?」

弓兵「ほほう」ニヤニヤ

衛生兵「……」ピク




42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:36:11.56 IID:3ceVY7n2
占い師「そんなすぐに状況が動くとも思いませんし、ずっと宿屋にいられては費用のほうもかさむのでは……」

戦士「あー……そういう事なら頼もうかな」

弓兵「おやおや……いいのかい占い師さん。仮にも一つ屋根の下に男と一緒だなんて」

占い師「神々の遣いの方なのですよ? そのような不埒な事は行わないと信じています!」

戦士「……」

『……娼婦でぇーす……天界に帰ったら夜這いしに……神経毒なんてお手の物よぉん』

戦士「……」フッ

衛生兵「死んだ魚の目?」

占い師「仮に押し倒されてもやったああ! 神の遣いの方と肉体関係キターー! て喜びます!」

弓兵「たくましい子だね……」




43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:39:11.77 IID:3ceVY7n2
……
占い師「夕食出来上がりましたよ〜」

戦士「おおっいい香りだ〜」スンスン

戦士「パスタかぁ……久しぶりだなぁ」イタダキマス

占い師「天界では人間と同じような食事なのでしょうか?」

戦士「全く同じという訳ではないが、基本はそんなものだな」カチャカチャ

占い師「というか天界はどういった方々がおわすのですか?」

占い師「私達は神様がおり、その僕がおり、そしてその下に精霊など雑務をこなす者がいると思っているのですが」

戦士「少し違うかな。うん、美味い!」モグモグ

戦士「天界は基本的に信仰されている八柱の神とその遣いである俺達従者がいる」

戦士「そして信仰対象というほどでない八柱のご子息ご息女にあられる神々がいる」

戦士「雑務は大抵、俺達が行っているんだ」

占い師(コックさんみたいな遣いの方っているのかなぁ)モグモグ




44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:42:04.70 IID:3ceVY7n2
占い師「戦士さんのような方々って結構いらっしゃるんですか?」

戦士「多いところだと一柱で100人以上はいたような……」

占い師「うわー凄いですね……どうやったらなれるのですか?」

戦士「こればっかりは俺からも上手く説明できないんだが……神々には魂に形や色が見えるらしい」

戦士「勿論便宜的にそう言っているんだと思うし、感覚的な話なんだと思う」

戦士「それで神々の趣味というかそれにそった形や色の魂をもっていればおめでとう、という訳だ」

占い師「ちなみに、戦士様の魂はどんな感じだと言われましたか?」

戦士「くすんでいて無駄の多い形だと」

占い師「……えー?」

戦士「ゆえに磨いて形を整えればきっとイケる、だそうだ」

占い師「ええ?!」




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:45:21.78 IID:3ceVY7n2
占い師「部屋はこちらをお使い下さい」

戦士「すまないな」

占い師「いえいえ、それでは失礼しますね」バタン

戦士「ふーっ」

戦士(今のうちに調練内容を……)

戦士(スノーフィールドに現れた魔獣は氷狼。巨体による突進と氷のブレスが強力だ)

戦士(おまけに並の鎧では前足で薙ぎ払われただけで三枚おろし)

戦士(攻撃の要を何処に置くかだが……)




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:48:30.73 IID:3ceVY7n2
戦士「……」フォンフォンフォン

占い師「お、お早うございます……」

戦士「おう、お早う」フッー

占い師「こんな朝早くから外で素振りだなんて……寒くないのですか?」

戦士「今日は雪もおだやかだし体も暖まっていいぞー」

占い師「天界でも朝は素振りをなさっていたのですか?」

戦士「まあ、習慣てやつだな」

戦士(って昨晩からべらべら喋り過ぎだ俺っ)




47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:51:36.15 IID:3ceVY7n2
戦士「おお、焼きたてパンか?!」

占い師「さ、流石にそれは無理ですよぉ。元々焼いてあったのを軽く炙っただけですって」

戦士「いやいや、それでも芳醇なパンの香りが……」ゴクリ

占い師「あははは、戦士さんは面白い方ですね」

戦士「ほうかぁ?」ハフハフ

占い師「……」

戦士「どうかしたか?」

占い師「戦士さんも元は人間なのですよね……」

占い師「シルバースノウの方なのですか?」




48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:55:53.49 IID:3ceVY7n2
戦士「飽くまでこの姿はここで活動する為に肌色とか変えているんだ」

占い師「何と言いますか……本当に漠然とした話なんですけどもそう感じるんです」

戦士(……この子、神様方みたく魂が感じられるのかもしれないな)

戦士(初見で俺が見破られたのも納得だな)

占い師「あのー……もしかして聞いてはならない事だったのでしょうか?」

戦士「いや……俺自身のことだからいいか」

戦士「君の感じた通りだ……俺はこの国で生まれ育った人間だよ」

戦士「これが今のところ、魔獣に対する作戦や訓練の内容だ」パサ

占い師「え? え? ええと……」ペラ

占い師「え……これって……こんな詳しく……」




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/13(金) 18:58:58.33 IID:3ceVY7n2
戦士「もう二百年も前の事だもんな……」

占い師「戦士、さん……」

戦士「両親を早くに亡くした俺は妹と二人で生活をしていた」

戦士「俺が山に狩りをしにいった時だ……魔獣が現れ、俺の住んでいた村は壊滅した」

戦士「シルバースノウの首都に逃げ延び討伐軍に加わった。二千人近くの傭兵や兵士、俺みたいな人間で溢れ返った」

戦士「うち前衛を務めたのは千五百人ほどだったが……その中で生き残ったのは数十人だったそうだ」

占い師「戦士さんはその時……」

戦士「……こうして過去の精算ができる日が来るとはな。必ず勝つぞ、この国の平和のためにも」

占い師「……はい!」




1:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 19:20:47 IID:3ceVY7n2
占い師「そ、そういえばもう一つお聞きしたい事がありまして」

占い師「以前現れた際に、なんらかの術を用いて封印されたとあるのですが……」

占い師「現在、お世辞にも魔法学が発達しているとは言えないのに、魔獣を封印した術とは一体……」

戦士「ああ、それか……昔は大気や大地、自然が持つ魔力を元に力を得る魔方陣用いた術が発達していたんだ」

戦士「と言っても、魔方陣さえあればいい訳ではないし、書物だけで扱えるようになる奴は天才の域だ」

戦士「多くの優秀な術者は魔獣封印でその命と引き換えに役目を全うしたんだ」

占い師「それで今の時代ではその術が残っていないと……」

戦士「もしかしたら何処かに書物くらいはあるかもしれないが……焚き火の為の火一つでも相当な努力が必要だからな」

戦士「才能がなきゃコストパフォーマンスが悪すぎるし、敷居も高いってのが廃れた理由なのかもしれないな」




2:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 19:23:14 IID:3ceVY7n2
占い師「なるほど……歴史を調べると昔は今の魔法学以前に、魔力を物に込めて扱う研究が盛んだったのに」

戦士(ああ、俺らが潰したあれか)

占い師「それもピタリと消えてしまったので、神々が人間には不要な力であると全て排除しているのかと邪推してしまっていたので……」

戦士(ごめんなさいっ)

占い師「どうかなさいましたか?」

戦士「いや、何でもない」

戦士(そういえば今の魔法学は認めてるって事は人間が魔法を使う事を認めたって事かな)




3:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 19:26:14 IID:3ceVY7n2
占い師「それにしてもこれからどうなさるのですか?」

戦士「一般人と兵士が組んで戦う事になれば、何かしらのアクションがあるだろう」

戦士「その時に占い師が俺を軍のお偉方に紹介して欲しい」

戦士「後はまあ……適当に誤魔化すよ」

占い師「だ、大丈夫なのでしょうか?」

戦士「成るように成るさ」




4:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 19:30:00 IID:3ceVY7n2
……一ヵ月後
「やーーー!」ガンガン
「たーーー!」ガガガッ

戦士(だいぶ様になってきたかなぁ)

戦士(熟練度で言えば二百年前とは比べ物にならない)

戦士(が、今回は封印という事態の先送りは使えない。ここで全ての決着をつけないといけない)

弓兵「おー精がでるねぇ」

衛生兵「調練、順調?」

戦士「おう、見ての通りさ」




5:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 19:33:05 IID:3ceVY7n2
弓兵「しっかしこんな作戦で上手くいくのかい?」

戦士「封印中を襲うんだ。寝ぼけ頭に前回のダメージが残ったままだ」

戦士「十分に勝機はある……が半数は死ぬかもしれないな」

占い師「ええ?! そんな……!」

戦士「こればかりはどうにもならない……」

衛生兵「戦士、魔獣について詳しい?」

戦士「……前回の戦いで死んだからね」

弓兵「ああ……だからこんなに具体的な訓練だったのか」




6:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 19:36:12 IID:3ceVY7n2
弓兵「出撃が一週間後との事だが大丈夫なのか?」

戦士「もう基礎はマスターしているし、残すは本番かな」

占い師「なんか皆さん勝手に調練していますが」

戦士「いや、彼らは彼らなりに考えてやっているよ。攻め側があの手のこの手で攻撃している」

戦士「ぶっつけ本番に向けて、想定外の事態に対処できるよう予想外に慣れようとしているんだ」

占い師「意味があるのでしょうか? 相手は何倍も大きい魔獣なのですよ?」

戦士「正直無いだろうね。だが……前向いて歩くという事は大きな力になるんだよ」




7:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 19:39:01 IID:3ceVY7n2
「前衛部隊を六組に分ける。一組には7:3で盾と攻撃の役を分ける」

「攻撃は長槍に限る。剣が届く範囲に近づくのはただの自殺行為だ」

「三組ずつに別れて魔獣の両脇を挟み、一方が始めに攻撃する」

「魔獣は攻撃した方に爪で裂いてくるだろう。そこをすかさず盾役が受け止める」

「そこへもう一方が後ろ足や横っ腹を見せている魔獣に攻撃。今度はそちらに攻撃がいくだろうから盾役が受け止める」

「その間、絶えず弓部隊は攻撃し続ける事。味方への誤射に細心の注意を払え」

「氷のブレスを吐く際には必ず距離をとる。バックステップで引いたら魔法部隊を前面に押したて、魔力や火炎の壁でブレス受け止める」

「ブレス後、魔獣は突進をしてくるだろう。それを全組の盾が受け止めろ」

戦士「これを繰り返して魔獣の体力を奪い、倒すしかない」




8:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 19:42:21 IID:3ceVY7n2
占い師「……それを言った時、もう馬鹿にするレベルであしらわれましたよね」

弓兵「だろうなぁ……どうやって納得させたんだ?」

戦士「氷の塔の遣いだ、と言ってやったんだ」

衛生兵「氷の塔?」クビカシゲ

占い師「昔から言い伝えとしてあるのですよ。このシルバースノウの何処かに賢者が住まう塔がある」

占い師「そしてそこから世界を見守り、有事の際は人々に知恵や力を与える、と」

戦士「今でも残っていたおかげで面倒が減って助かった」




9:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 19:45:29 IID:3ceVY7n2
ザッザッザッ
弓兵「道はこっちで間違いないのかい?」

戦士「のはずだ」

「や、やってやるぞ!」
「震えてるじゃねーか」
「まあ気持ちは分かるけどな」

占い師「それにしても……なんで両側で三組なんですか? 全員であたった方が……」

戦士「確実に攻撃を止められる訳じゃないし、壊滅するか防げるかの二択って訳でもないからな」

戦士「基本、魔獣に攻撃が届かない、盾役で魔獣の攻撃に間に合わない者は支援に入ってもらう事にしてある」

衛生兵「負傷者の避難?」

戦士「他にも盾が損傷してしまった際には予備を前に出したりと大忙しさ」




10:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 19:48:22 IID:3ceVY7n2
「あんたらが討伐部隊か」ザッ

弓兵「ああ。周辺の狼は?」

「何とか片付いたぜ」
「しっかし大所帯だな」
「ま、あんだけでかいのが相手だ……これでやっと渡り合えるってもんなんだろ」クイ

占い師「ゆ、雪が盆地状に……あ」

氷狼「」ズウゥゥン

衛生兵「おっきい……」

「マジかよ……あれ」
「俺オワタ」
「何言ってやがるんだ……俺はあれを盾で受け止めるんだぞ」

戦士「ここから先は自分は兵士と共に行きますので後をお願いします」

騎士「うむ、すまないな」




11:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 19:51:17 IID:3ceVY7n2
騎士「お前達! 今日まで調練してきた内容はなんだ!」

騎士「俺達が帰るべき場所を守る為、家族や愛する人を守る為……」

騎士「二百年前の災厄の終止符を我々の手で討つ為にここまできたのだ!」

騎士「臆するな! 我々の未来はこの先にあるのだ!!」

「お、おおーー!」
「そうだ! 俺は……俺達は英雄になるんだ!」
「やってやる……絶対に生きて帰ってやる!」

弓兵「中々な激励だね」

戦士「あの時の玉砕ムードに比べたら屁でもないさ」

騎士「総員、配置につけ!」




12:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 19:54:17 IID:3ceVY7n2
弓兵「弓部隊、配置完了」

衛生兵「魔法部隊、配置完了」

戦士「……」キョロキョロ

戦士「前衛、全六班配置完了」

騎士「総員の配置完了を確認。合図を」

戦士「衛生兵、火の手を空に」

衛生兵「火炎魔法・弱」ボオオォォ

「始まるのか」ゴクリ
「魔法部隊、爆破魔法撃ち方始めーー!」




13:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 19:58:13 IID:3ceVY7n2
ドドドド

氷狼「」ビシビシビシ

「まだだ! 撃ち続けろ!!」
「あの巨大な氷が割れたら……あいつが襲い掛かってくるのか」
「巨大な盾を数人がかり……どんな攻撃でも受け止めてやるって思っていたが」
「ああ……なんかもうこれがただの金属の板に見えてくる……だが、やるしかないんだ!」

氷狼「」ビキビキバキン

氷狼「」ガラガラガラ

騎士「盾を構えろ! 臆するな! 我々は勝てる! 我々が勝つ!!」

氷狼「……」キョロキョロ

氷狼「オオオォォォォォン!!」




14:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:03:45 IID:3ceVY7n2
「ひぃっ!」ビリビリ
「なんて咆哮……」ビリビリ

戦士「……」ブル

戦士「っ! 盾を持てっ!! 来るぞ!!」グッ

「走っ、来た、来たぁっ!」
「や、やってやる! やってやるぅ!」

氷狼「ガウ! ガウ!」ドドドドド




15:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:06:53 IID:3ceVY7n2
……
「二班、五班、六班壊滅! 離脱します!」
「右側、四班! 持ち堪えられません!」

騎士「……三班、1から4組は四班の援護に入れ!」

弓兵「これほどかっ」ギリギリ ビュン

衛生兵「救護隊、半数の魔力が底を尽きました」

「攻撃隊も全員の魔力が尽きるまで後十数分です」

騎士「十数分……? ハッ、それまで生きていられるか!」

戦士(……やはり、強いな)ギリ




16:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:09:05 IID:3ceVY7n2
戦士「……精鋭隊! 背後に回れ!」

騎士「な、おい……止めろ! まだ!」

「野郎ども! 特攻命令だ! 行くぞぉ!」
「どうせ全滅だ! 男上げてやるぜ!」
「へっへへ、いいのかい? どうしようもなくなったら、じゃないのか?」

戦士「このままではジリ貧になって全滅するだろう」

戦士「戦力が少しでも残っている今、俺達が捨て身になってでも魔獣の体力を奪う他無い!」




17:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:12:44 IID:3ceVY7n2
弓兵「本当に勝てるのか……戦士」ギリギリ ビュン

「ブレス来ます!」

弓兵「撃ち方止め! ……既に四半は回復が追いつかず戦闘不能。頼むよ……」


衛生兵「攻撃隊前へ! 負傷者は退避、早く!」

衛生兵「……戦士? あ、魔獣の……逃げて」


「は、はは……どーするんですこれ」コソコソ
「右手目の前に見えますのがブレスを吐く直前の魔獣でございまぁす」ガクガク

氷狼「ォォォォン」コオオォォ




18:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:15:13 IID:3ceVY7n2
戦士「隠密だ隠密……横向かれたらブレス直撃だぞ」

戦士(参ったな……ようやく回りこめると思ったら、バックステップで追いつかれるだなんて)

戦士(気づかれたら最後だ……ただでさえブレス吐かれたらタジタジなのに、こんな至近距離とか……)

戦士「うん? 待てよ? どうせ玉砕覚悟なら」

「ちょ近い近いっすwwwww」
「何近づいているんですかwwww」
「俺らオワタwwwwww」

戦士「総員、長槍構え」スッ




19:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:18:41 IID:3ceVY7n2
氷狼「ォォォォォオオオオ」ォォォオオ

氷狼「オオオオオオ!!」ゴオォォ

戦士「今だ顎を突き上げろ!!」ドッ

「どうにでもなれ!」ドッ
「さようなら俺の短かった人生ー!」ドッ

氷狼「ガッウウッ! グルゥゥ!」ギロ

戦士「やっべ、口が完全に閉まってない!」

「ひいいい! 退避! 退避ぃ!!」
「オワタwwwwwオワッタったwwwwwww」

氷狼「ゥゥゥオオオオォォ!!」




20:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:21:41 IID:3ceVY7n2
衛生兵「爆破魔法、照準、魔獣顔部、撃て!」ドドドド


戦士「右に行け!」

「はひぃぃぃぃぃ!」
「死ぬ! 死ぬ!」

氷狼「ぎゃいん!」ドゴォン

氷狼「きゃぅん!」ゴオオオオオ

「ブレス! 来た! ブレうひぃ!」
「顔が逸れたけど拡散してぇぇぇぇ!」




21:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:27:02 IID:3ceVY7n2
氷狼「ガウ! ガウ! ウウウ!」バタバタ

戦士「ぜえ……はあ」

「ひぃぃなんで生きてるんだ俺ら!」
「我らの主、水の神よ感謝いたしますっ!」

戦士(完全に塞げなかったとは言え、半開きの口からのブレス……)

戦士(原理こそ分からないが、大量の空気と共にブレスを吐く)

戦士(出口が少しは詰まっていたんだ。呼吸器系にダメージを与えられたはずだ……ここで何とか畳み掛ければ)

戦士「総員、攻撃開始!」




22:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:31:02 IID:3ceVY7n2
……
氷狼「クゥーン……」グッタリ

戦士「はあ……はあ……精鋭隊、状況」ドクドク

「三名負傷……移動に問題無し。二名……」フルフル

戦士「そうか……。騎士様、魔獣に止めを」

騎士「私がか? 君の方が……」

戦士「シルバースノウの代表としてここにおられる貴方がすべきです」

騎士「……分かった」シャラン

騎士「……許せとは言わんぞ」ヒュン




23:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:33:37 IID:3ceVY7n2
「おい、お前……大丈夫か?」
「勝ったんだな……俺ら」
「むしろ、生き残れたが正しいだろうな」

衛生兵「C班は前衛四班五班の回復を優先」

「A,B班全員魔力尽きました!」
「D班、残り僅か!」

衛生兵「D班は一斑を。A,B班は応急処置を三班、六班に」

騎士「……」

戦士「浮かない顔ですね」

騎士「勝利を喜ぶには……あまりにも失った命が多すぎる」ツゥ

戦士(それでも死者は四割未満に抑えたんだ……大勝利だよ、間違いなく)




24:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:36:08 IID:3ceVY7n2
占い師「せ、戦士さん……大丈夫でしたか?」

戦士「何とかな……」ブルル

弓兵「お疲れ様……本当にな」

衛生兵「よくできました」ナデナデ

戦士「いや、怖かったとかそういうんじゃないんだ……確かに怖くはあったけども」

戦士「叫びたいんだ……やっと……やっと皆の仇を……家族の仇を討てたんだ」

戦士「はは……こんな日が来るとはな」

弓兵「言い過ぎない程度だったら……叫んでもいいんじゃないか?」

衛生兵「誰も咎めないよ?」

戦士「おいおい……いくらこんな成りでももう二百年の時を越しているんだぞ」

戦士「少しくらいは……成長くらい」ブル

戦士「……」グッ




25:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:39:15 IID:3ceVY7n2
「あの人、凄かったな……」
「ああ……きっとあの魔獣の眷属に恋人か家族をやられたんだろうな」
「うぐっひぐぅ、やっだよぉ、俺ら、がっだんだぁ」
「貰い泣きしてんじゃねーよ」


弓兵「まだ耳鳴りがするのだが」キンキン

衛生兵「すっごい大声」キンキン

戦士「すまんな」スッキリ




26:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:42:33 IID:3ceVY7n2
ザッザッザッ
「必ずお前達も国に連れて行ってやるからな……」
「ああ……早く準備を整えて戻ってこないとな」
「ウォッカを持ってきてやるからなぁ……」


占い師「……あの、皆さんはこれからどうなさるのですか?」

戦士「……衛生兵達は?」

衛生兵「ロックケイブが難攻中」

弓兵「西に援軍だな」

戦士「そうか……俺は南、グリーングランドに援軍だ」

占い師「と、遠いですね」

戦士「いやそれよりも大変な事がある」ゴクリ




27:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:45:39 IID:3ceVY7n2
「戦士殿はどちらに?!」バタバタ
「一体何時から宿屋以外で寝泊りを?!」
「おい! 新兵が何人かいないんだが見なかったか?!」


戦士「急げ急げ! とっ捕まる前に逃げ出せ!」

占い師「そんな犯罪者みたいなっ」

弓兵「戦士、早く頼むよ」

衛生兵「急いでー」

占い師「あのー差し支えないようでしたらグリーングランドもお供していいでしょうか?」

戦士「ああ! えっ」

弓兵「なんだかんだで許可するんだな」

戦士「ちょ」




28:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:48:55 IID:3ceVY7n2
占い師「どうしました? 神々の遣いともあろう方が、まさか一度許可した事を覆すような事なさりませんよね?」

弓兵(何気に怖い子だね)

衛生兵(言質取った)

戦士「あぁ! クソっ! 来たきゃあ来い! 南の魔獣は俺も知らん! 巻き添えで死んでも責任持てないからな!」

弓兵「あーあー……ノリで返事したからに」

衛生兵「やけっぱち」




29:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:51:12 IID:3ceVY7n2
戦士「……」ガタゴト

占い師「わー! 私、シルバースノウから出るの初めてなんですよー!」

戦士「それはいいが本当に大丈夫なのか? 店もそうだが長期的になるんだぞ」

占い師「いいですいいです。私にはこちらの方がよっぽど大事です」

戦士「そ、そうか……」

占い師「そういえば……戦士さんは以前にも神の遣いとしてこちらの世界に来られたのですか?」

戦士「八十年前くらいだな」

占い師「……」

占い師「乱世一歩手前の時代ですよね……? あ、それを防いだっ?」

戦士「そーゆーこと」

戦士(……今のは喋りすぎだったな)ウーン




30:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:54:06 IID:3ceVY7n2
占い師「それにしても……グリーングランドの魔獣はどういったのかご存知ないんですよね?」

戦士「他の国の魔獣までは気にしていなかったからなぁ」

占い師「えっと……その、それで向かわれても、魔獣を倒す事ができないのでは?」

戦士「え? 倒すって?」

占い師「え? 倒さないんですか?」

戦士「いや……というか君は俺をなんだと思っているんだ?」

占い師「え? えーと……魔獣を倒せる方、的な」




31:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 20:57:56 IID:3ceVY7n2
戦士「あのなぁ……俺は娯楽の主人公じゃないんだ」

戦士「俺に出来ない事なんて山のようにあるし、何よりこちらに降りて来た神々に遣える者の一人でしかないんだ」

戦士「俺が行くのは飽くまでちょっとした援軍だ。それこそ魔獣討伐から雑用までだ」

占い師「えぇ?! そんなぱっとしない内容……」

戦士「ぶちまかしていいんだったら、シルバースノウの魔獣も俺達で処理していたさ」

占い師「あー……」




32:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 21:00:40 IID:3ceVY7n2
「魔獣? 巨大な大蛇だ」
「眷属は毒蛇なんだがやたらと数が多くてな」
「魔法部隊と弓部隊で大蛇を攻撃中だ。正直、俺達前衛の兵士は居住地の防衛だよ」

戦士「そんなもんさ」

占い師「うーわー」




33:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 21:04:49 IID:3ceVY7n2
戦士「……」トンテンカン

戦士「……」カンカンカン

占い師「せ、戦士さん……そんな柵作りに精を出されても」

戦士「いやいや、必要な仕事だからな」

戦士「なあ、この周りは堀作っておかないか?」

「作ってどうするんだよ」

戦士「落ちた蛇放置して弱ったところを毒抜けば食えるんじゃね」

「ちょ」

占い師「えっ」




34:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 21:09:14 IID:3ceVY7n2
戦士「蛇うめぇ」ムシムシ

「魔獣様様wwwww」
「魔獣封印しておけば飢饉時の食料問題解決するんじゃね」
「鬼才現るwwwwww」

占い師「えー……」

戦士「蛇はいやか?」

占い師「すみません……流石に狩人とかではないので」

戦士「そいつは残念だが食わず嫌いも良くないぞ」ムシムシ

占い師「あの……グリーングランドへは何しに来たんですか?」




35:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 21:13:09 IID:3ceVY7n2
「魔獣が最後の抵抗してるらしいぞ!」
「毒蛇の群れがこっちに!!」

戦士「バトルフォーク持ってこーい」

「突いてからめ取っちまえ!」
「侵攻を許すなよ!」

戦士「取った奴はこっちの穴に放り込んどけー!」

「今日は蛇パーティだーーー!」
「そろそろ漬けてた酒もいい塩梅だぞ」

占い師「……なんだろう。シルバースノウと比べてこの凋落っぷりは」




36:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 21:15:46 IID:3ceVY7n2
戦士「かんぱーい!!」カチャン

「「かんぱーい!!」」カチャーン

占い師「……」カチン

戦士「不満そうだな」

占い師「当たり前じゃないですか……何なんですかこのお祭り騒ぎ」

戦士「どうも魔獣自体は倒せたみたいだ。きっと首都も祭りをやっている最中だろうな」

占い師「今回は逃げ出さないのですね」

戦士「大した功績がないからな。最も、魔獣討伐に向かっていた仲間達はとんずらしたみたいだが」

占い師「はあ……」




37:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 21:18:30 IID:3ceVY7n2
戦士「もっと神の遣いの活躍見たかった、てか?」

占い師「それはまあ……当然じゃないですか」

戦士「活躍するのは人間達だよ。俺達はほんの手助けしかしないさ」

占い師「……」

戦士「まあ人間の尺度からしたらよく分からない話だろうな」

戦士「……ああそうだ。俺は後一時間しか居られないから」

占い師「へ?」




38:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 21:21:27 IID:3ceVY7n2
戦士「どうも魔獣討伐はここが最後だったみたいだな」

占い師「え? え? どういう事ですか?」

戦士「帰るのさ。その時にこの体は塵となるから跡も残らない」

占い師「そう……ですか……」

戦士「……今まで付き合ってくれてありがとう」

戦士「なんだかんだで君と過ごした時間は楽しかったよ」

占い師「いえ……こちらこそ貴重な体験をさせて頂きありがとうございます」




39:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 21:27:10 IID:3ceVY7n2
戦士「ここら辺でいいかな」キョロキョロ

占い師「他に誰もいらっしゃいませんね」

戦士「……おっと」ボロ

占い師「戦士さん……」グス

戦士「そんな顔をしないでくれ」

占い師「ですが、やはり寂しいものです」

戦士「仕方が無いさ……その為の俺達だ」ボロロ




40:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 21:30:52 IID:3ceVY7n2
占い師「また……何処かでお会い出来る事を願っています」

戦士「……願うだけならいいが、そんな事の為に自分の人生を蔑ろにしてはいけないよ」

占い師「はい……大丈夫ですよ。そんな戦士さんに顔向け出来ないような事はしません」

戦士「……」コク

戦士「あー……できればシルバースノウに送ってあげてからこうなりたかったが……そこは本当に申し訳ない」ボコボロロ

占い師「ふふ、そんな事はお気になさらないで下さい」

占い師「今までありがとうございました」ペコリ


兵;`;,;` . ブァ


;':'.` ;', ' . `


占い師「また……何時か何処かで……」グズ




41:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 21:34:02 IID:3ceVY7n2
……
女神「お疲れ様です」

従者「いやー……グリーングランドは気ままに暮らしただけでしたので何とも」

女神「え? 何かする事はなかったのですか?」

従者「眷属の毒蛇退治と居住区の防衛でしたので、基本は蛇を食べる生活でした」

女神「……蛇」

従者A「蛇っ?!」

従者B「や、野蛮人っ」

従者C「い、行こう皆。乱暴されるっ」

女神「あ、ちょ貴女達っ」

従者「わーぼっちが加速するー」




42:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 21:37:39 IID:3ceVY7n2
女神「貴方は間が悪いですね」

従者「俺の所為ですか?」

女神「全く貴方という人は」

従者「帰還のタイミング分かっているんですから人払いぐらいして下さいよ!」

従者「あれ? そういえば月の女神様に送ってもらったのに、戻ってくるのはこっちなんですか?」

女神「帰還先はこっちに定めておいてもらいました」

女神「帰還早々、向こうからこっちに来るのも疲れるでしょう?」

従者「ありがとうございます」




43:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 21:40:08 IID:3ceVY7n2
女神「それで、貴方としては今回の一件はどうでした?」

従者「叶わない清算ができたので……胸の支えがが取れましたよ」

女神「それなら良かったです」

女神「しばらくはお休みなさい。どんな内容であったにせよ、人間界に降臨するというのは心身共に負担になっているはずです」

従者「……前回もそうでしたがこのだるさは、魔法の副作用ではないのですね」

女神「当たり前です」




44:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/13(金) 21:44:14 IID:3ceVY7n2
女神「もう人間の時とは違うのですよ……故郷であれなんであれ、人間界は異世界なのです」

従者「気遣っていただけるのはありがたいですが、死んで200年も経っていて人間である事への執着がある人はいませんよ」

女神「あら? 心配損ですか……それでしたら、休む前に一つ頼みたい事がありまして」

従者「はあ……」

女神「ロックケイブにとても珍しい花が自生しているとの話です。その種を……」

従者「それでは休ませていただきますねっ」バッ

女神「あ、こらっ」


   女神「どうやら魔獣の封印が解けてしまうようです」  終




45:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/15(日) 03:24:25 ID:TpXn35p2
乙乙
こちらに来てたか


女神「魔王が人間界に攻め込んだようです」へつづく

SS速報VIP傑作集 勇者と魔王篇
まおゆう魔王勇者(3) 特装版 (ファミ通クリアコミックス)
まおゆう魔王勇者 外伝 まどろみの女魔法使い(1)
まおゆう4コマ 「向いてませんよ、魔王様」(1)
まおゆう魔王勇者 エピソード0 砂丘の国の弓使い
まおゆう魔王勇者~丘の向こうへ~ 3
まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る! 」 (4) (カドカワコミックス・エース)
カテゴリー「勇者・魔王・ファンタジー」のSS一覧
管理人のオススメSS

Fate/stay night [Realta Nua]
テイルズ オブ エクシリア2 (初回封入特典:プロダクトコード同梱) 特典 予約特典「オリジナル短編小説「TALES OF XILLIA 2 -Before Episode-」&「設定資料集」付き
Forza Horizon リミテッド コレクターズ エディション (初回特典:ゲーム追加コンテンツ同梱)
PROJECT X ZONE (初回生産版:『早期購入限定スペシャル仕様』同梱)
New スーパーマリオブラザーズ 2
ニンテンドー3DS LL レッドXブラック シルバーXブラック ホワイト
ポケットモンスターホワイト2 ポケットモンスターブラック2
大神 絶景版 (特典 PlayStation 3で見られる絵巻物「妖獣戯画繪巻」のプロダクトコード同梱)
ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ 特典 「P4UアレンジサウンドトラックCD」付き
SDガンダム ジージェネレーション オーバーワールド
バイオハザード6 (【数量限定特典】エクストラコンテンツ「ザ・マーセナリーズ」用ステージDLコードセット同梱)
ブレイブリーデフォルト
初音ミク -Project DIVA- f 予約特典:デザイン保護フィルム(PlayStation(R)Vita専用)付き
デビルサマナー ソウルハッカーズ 先着購入特典:アレンジサウンドトラック 付き
DEAD OR ALIVE 5 コレクターズエディション (初回限定特典かすみ・あやね セクシーコスチューム ダウンロードシリアル同梱)
 

 

最新記事50件