過去の良作の再投稿です。
ピックアップ希望のSSがある場合は下記リンクからお願いします
SS宝庫のオススメSS

2:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 21:22:55 ID:UXTbkg1M
男「殺人鬼ねぇ」

女「そだよー」

男「ふぅん」

女「あれれ? もしかして信じてない?」

男「だって……なぁ? どうみても可愛い女の子だし」

女「むー……可愛いって言われて悪い気はしないけどさ」

殺人鬼 (綾辻 行人)



 
3:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 21:27:51 ID:UXTbkg1M
男「あ、もしかして怒った?」

女「ちょっとね」

男「俺を殺すのは勘弁な」

女「やらないよ。本気でやり合ったら殺されるのあたしじゃん。君、あたしより強いんだから」

男「そうかなぁ」

女「そだよ」

男「そういうもんかなぁ」

女「そーゆーもんだよー」




4:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 21:33:14 ID:UXTbkg1M
男「あ、ヤキソバできたよ」ジュージュー

女「待ってました!」ダキッ

男「こらこら、抱きついたら危ないよ。まだフライパン熱いんだから」

女「ケチー」

男「火傷したくはないでしょ?」

女「んー、まあそりゃあね」




5:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 21:40:09 ID:UXTbkg1M
男「はい、お皿ならべて」

女「あいあいさー」カチャカチャ

男「……」セッセ

女「あたしのはキャベツ多めにお願いね?」

男「はいはい。芯のとこがいいんだよね?」

女「さっすが。あたしの好みをわかってるね」

男「一緒に暮らしてるからねぇ」

女「あと油揚げも!」

男「はいはい」




6:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 21:47:15 ID:UXTbkg1M
男「さて、それじゃあ食べようか」

女「やったー!」(∩´∀`)∩イタダキマース

男「いただきまーす」(´人`)

女「あむ……あむ」ズルズル

男「うまい?」

女「んまいっ!」(*´д`*)ペカー

男「そう、よかった」




7:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 21:54:11 ID:UXTbkg1M
女「ありがとね」ハムハム

男「なにが?」

女「橋の下で震えてたあたしを拾って、服とかご飯までくれて」

男「毎日言ってるね」

女「毎日思ってるの」

男「ただの気まぐれだよ。もしかしたら明日『出て行け』って言うかもしれない」

女「毎日言ってるね」

男「毎日思ってるの」

女「えへへ」

男「ははっ」




8:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 22:02:51 ID:UXTbkg1M
男「そういえば、やめれないの?」ズルズル

女「やめる?」ハムハム

男「そう。禁煙みたいに」

女「禁殺? うわ、言いにくっ」

男「はは、語呂悪ぃ」

女「ふふ、面白いね。……それはともかく、できないよ」

男「できないのかぁ」

女「できないよー」

男「そっかぁ」

女「そだよー」




9:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 22:07:19 ID:UXTbkg1M
男「禁煙みたいに禁断症状とかでるの?」

女「んー、そういうのとはちょっと違うかな」

男「ふぅん?」

女「説明しにくいんだけど、特に意識してやってるわけじゃないんだ」

男「殺人なのに?」

女「そ、殺人なのに」

男「そういうもんかぁ」

女「そーゆーもんだよー」




11:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 22:12:17 ID:UXTbkg1M
女「どう言ったらいいのかな……例えば君は『呼吸をやめろ』って言われても、やめれないでしょ?」ズルズル

男「そりゃまあ、そうだね」ズルズル

女「なんでやめれないの?」

男「死んじゃうじゃん」

女「そだね。じゃあ、君は『やめたら死んじゃうから』って思いながら呼吸してる?」

男「んー……? あぁ、なるほど」

女「そんな感じ」

男「そんな感じかぁ」

女「そなの」

男「そっかぁ」




12:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 22:18:49 ID:UXTbkg1M
男「我慢はできないの?」

女「そりゃ、ちょっとの間だけならね」

男「ちょっとの間だけかぁ」

女「そ、我慢しても気付いたらやっちゃってるから」

男「ふぅん」

女「こうやってお世話してくれてる君の頼みだからさ、きいてあげたいところなんだけどね」

男「そっかぁ」

女「そだよー」




13:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 22:25:10 ID:UXTbkg1M
女「ごちそうさまでした」

男「おそまつさまでした」

女「あ、食器持ってくから重ねちゃって」カチャカチャ

男「別にいいのに」カチャカチャ

女「えへへ、お世話になってるからこれくらいはね」

男「ありがとね」

女「うん。あ、お茶いれる? コーヒーがいい?」

男「ココアがいいな」

女「はいはい。君は甘党だねー」




14:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 22:32:31 ID:UXTbkg1M
女「はい、ココア」

男「ありがと」

女「でも君もおかしな人だよねー」

男「失敬な」

女「だってそうでしょー? 殺人鬼なんか拾って、しかもお世話までしちゃうんだから」

男「何度でも言うけど、俺には可愛い女の子にしか見えないからね」

女「可愛い女の子……ねー」

男「うん」




15:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 22:39:43 ID:UXTbkg1M
女「ほんとにそう思ってる?」

男「思ってるよ」

女「その割には手ぇ出してこないじゃん?」

男「そういうのが目的で君を拾ったんじゃないからね」

女「じゃあどんな目的だったのさー」

男「気まぐれだよ。ただの、気まぐれ」

女「そっかー」

男「そうだよー」




16:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 22:47:05 ID:UXTbkg1M
女「もしかして、あたしって女としての魅力ない?」

男「君は魅力的だよ。スタイルもいいし、顔も性格も可愛いし」

女「あぅ……」

男「好きだよ」

女「うぅ……」

男「愛してると言ってもいい」

女「……にゃ……」

男「にゃ?」

女「にゃあああああああっ!///」パチーン

男「オプーナッ!」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000OG985I/minnanohima07-22/ref=nosim/





18:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 23:44:36 ID:UXTbkg1M
男「腫れてきた」

女「ごめん……」

男「すぐ治るから大丈夫」

女「よかった。でも君が悪いんだからね! あんな恥ずかしいこと言うから」

男「え? 俺、なんか恥ずかしいこと言ったの?」




19:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 23:52:44 ID:UXTbkg1M
女「素だったの……?」

男「……?」キョトン

女(ってことはあれは男の本心で……。可愛いとか……あ、あああああ愛してるとか///)

男「どうかしたの?」ヒョイ

女「(あ、顔が近……)……にゃああああああっ!///」スカッ

男「うわっ、危なっ」




20:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 23:59:30 ID:UXTbkg1M
TV(ツヅキマシテ レンゾクサツジンジケンノゾクホウヲ……)

男「このへんで連続殺人事件だって」

女「こわいねー」

男「君も気をつけてね」

女「……」キョトン

男「どうしたの?」

女「ぷっ……あはははは!」

男「……?」

女「やっぱり君は面白いね」




21:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 00:05:01 ID:UXTbkg1M
女「普通はそこで『君がやったの?』とか聞くでしょ?」

男「でも、君だったら事件になるような証拠なんて残さないでしょ?」

女「……」

男「それに、君がここにきて大分たってから始まったからね。この事件」

女「……君はほんとに面白いね」

男「そうかなぁ」

女「そだよー」

男「そういうもんかぁ」

女「そーゆーもんだよー」




22:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 00:14:06 ID:UXTbkg1M
女「それに、あたしは大丈夫だよ」

男「そうなの?」

女「相手は連続殺『人』犯でしょ? あたし殺人『鬼』だもん」ケラケラ

男「ふぅん?」

女「人殺し程度に殺される鬼なんかいないよ。だからだいじょーぶ」

男「そうかなぁ」

女「そだよー」




23:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 00:26:14 ID:UXTbkg1M
男「さて、じゃあちょっと出かけてくるね」

女「こんな遅くからお仕事?」

男「うん。仕事っていうかバイトっていうか、そんな感じ。たぶん帰るのは朝方になると思う」

女「あたしも働いてお金入れたほうがいいかな?」

男「いまのところお金に困ってはいないけど、やりたいならやってみたら?」

女「んー、やっぱりやめとく。いつ殺しちゃうかわかんないし」

男「そっか。何か欲しいものあったら言ってね。買ってくるかお金渡すかするから」

女「いいよぉ。お世話になってるのにそこまで」

男「君がいてくれるだけで嬉しいんだよ」

女「もう……ばか///」




25:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 00:35:33 ID:UXTbkg1M
女「でも大丈夫。我慢する」

男「じゃあどうしても我慢できなかったら言ってね」

女「うん、わかった」

男「あ、それとこれ」ポイ

女「おっとと」キャッチ

男「出かけるときとか持ってた方が便利だと思うから渡しとくね」

女「携帯電話? いいの?」

男「うん、君がよけりゃだけど。いつでも呼んでくれ」

女「ありがとー」ギュッ




26:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 00:46:08 ID:UXTbkg1M
男「部屋の中のものは自由に使っていいから」

女「押入れの中にあるのとかでもいいの?」

男「いいよー。大したもの入ってないと思うけど」

女「なんか無用心すぎない? あたしが泥棒だったらどうするの?」

男「信用してるから」

女「あぅ……///」

男「それに、一緒に暮らしてこの方なくなったものは食材くらいだからね」

女「ちょっと! あたしがつまみ食いしてるみたいじゃん!」プンスカ

男「ははっ、ごめんごめん。じゃあ行ってきます。もし出かけるなら」

女「スペアキーでしょ? わかってる。いってらっしゃい」




27:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 00:56:11 ID:UXTbkg1M
女「ぬっふっふ。さーて、押入れ探索といきますか」

女「って、実は前に覗いたことあるんだよね」

女「えーと、どのへんかな」ゴソゴソ

女「あ、あったあった」

女「テケテテン♪ ちょーこくとー」

女「……ノリで言ってみたけど、恥ずい///」




28:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 01:03:40 ID:UXTbkg1M
ガチャガチャ カチャ

男「ただいまー」バタン

男「……?」

男「でかけてるのかな」スタスタ

男「書き置きだ。携帯の使い方わからなかったのかな」ペラッ

『ちょっとでかけてきます。朝までには帰るね。P・S彫刻刀借ります』

男「……」

男「仏像でも彫りに行ったのかな」




29:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 01:09:17 ID:UXTbkg1M
ガチャガチャ カチャ

女「ただいまー」

男「おかえりー」

女「あ、帰ってたんだ」

男「うん。何してたの?」

女「ちょっと探し物をねー。……うぅ、さむっ」

男「風呂沸かしてあるから入っておいで」

女「君が入ろうとしてたんじゃないの?」

男「そのつもりだったけど、ちょうど手が離せないから」ジュージュー

女「なんか悪いなぁ……」




30:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 01:14:05 ID:UXTbkg1M
女「そだ、それ終わってから一緒に入る?」

男「んー? 別にそれでもいいけど」ジュージュー

女「……や、やっぱり先に入るね///」

男「うん、風邪ひかないようにちゃんと温まっておいで」

女「はーい。……覗いちゃダメだよ?」

男「『一緒に入る?』とか言ってたのに覗くのはダメなんだ」

女「もうっ」

男「ははっ。覗かないから、行っておいで」

女「うん(ほんとはちょっと覗いて欲しかったけど……///)」




31:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 01:20:49 ID:UXTbkg1M
女「ふぃー。いいお湯だった」(*´ω`*)

男「なんか食べる? それとも寝ちゃう?」

女「あ、なんか軽いものがあったら欲しいかな」

男「俺はホットドッグ食べようかと思ったけど、トーストの方がいいかな?」

女「君の作るホットドッグの誘惑に勝てる者がいるだろうか。いやいない」

男「褒めすぎじゃない?」

女「いやぁ、あそこまでのはなかなか食べれないよー?」

男「そうかなぁ」

女「そだよー」




34:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 21:42:02 ID:UXTbkg1M
男「ほい、できた。飲み物は何がいい?」コトッ

女「君と一緒のでいいよー」

男「じゃあココアだね。はい」コトッ

女「甘党だねー」

男「おいしいよね」

女「そだねー」

男「よし、食べようか」

女「わーい!」(∩´∀`)∩イタダキマース




35:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 21:50:57 ID:UXTbkg1M
女「あむ……あむ」ハムハム

男「うまい?」

女「んまいっ!」(*´д`*)ペカー

男「そりゃよかった」

女「もうこのね……カレー味のキャベツのシャキシャキ感と表面が揚がった玉ねぎのサクサク感、
  そして上にのったでっかい魚肉ソーセージと、ケチャップとマスタードの絶妙な配分がね……」ハムハム

男「そっかぁ」ニコッ

女「どしたの?」ハムハム

男「いや、食べてるとこが可愛いなって」

女「そんなこと言われたら……食べにくいよ///」

男「ははっ」




36:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 21:58:54 ID:UXTbkg1M
男「そういえば探し物ってなんだったの?」

女「んー、ちょっとね」

男(言いたくない……か)

男「よーし、そんな君にプレゼントをあげよう」ゴソゴソ

女「プレゼント?」

男「テケテテン♪ おーさーいーふー」

女「あ、かわいい財布! でもモノマネの方は似てない!」

男「プレゼントは中止になりましたー」スッ

女「そんなっ!?」




37:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 22:09:37 ID:UXTbkg1M
女「嘘です! めちゃくちゃ似てました!」

男「よろしい。ではこのお財布を進呈しよう」スッ

女「ははー! ありがたき幸せ」スッ

男「中身は家のお手伝いをすることで増やすことができます」

女「わかったー。……って、もうなんか入ってるみたいだけど」

男「それはお小遣いです」

女「そんな……なんか悪いよ」




38:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 22:15:34 ID:UXTbkg1M
男「いいから。それで服買いな。外寒かったでしょ? 余ったら好きに使っていいから」

女「でも……」

男「でもじゃなくて、こういう時はなんて言うのでしょうか」

女「……ありがとう」

男「ん。正解」ナデナデ

女「わっ? もう……ずるいなぁ」

男「なにが?」

女「わかんないならいい」プイッ




39:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 22:22:39 ID:UXTbkg1M
女「君はお仕事どうだったの?」

男「んー、ぼちぼちかな。バイトみたいなもんで慣れないことしたからねぇ」

女「慣れないこと?」

男「そう。人探し」

女「見つかったの?」

男「まだだねぇ。でも大体のアタリを付けたから、時間の問題だと思う」

女「そっかー」

男「そうだよー」




40:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 22:29:21 ID:UXTbkg1M
男「ごちそうさまでした」

女「ごちそうさまでしたー。やっぱり男の料理はおいしいねぇ」

男「そうかなぁ」

女「そだよー」

男「そっかぁ」

女「……あたし、好きだよ。君の料理」

男「はは、ありがとう」




41:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 22:38:44 ID:UXTbkg1M
女「あ、食器片付けるよ」

男「お、さっそく財布の中身を増やす算段だね」

女「お小遣いなくてもこれくらいやるよ。っていうかいつもやってるでしょ!」プンスカ

男「ははっ」

女「片付け終わったらちょっと寝てもいい?」カチャカチャ

男「うん。俺もちょっと眠いから、風呂入ったら寝るよ」

女「じゃあ……一緒に寝る?」

男「ん? いいよ?」




42:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 22:47:15 ID:UXTbkg1M
男「って言っても、ほんと寝るだけだよ?」

女「う、うん……」

男「ん、じゃあどうぞ」

女「失礼します……」スッ

男「ふぁあ……」

女「ほんとに眠いんだね」

男「うん、慣れないことやるとちょっと疲れるね」

女「お疲れ様。ゆっくり休んでね」

男「うん。おやすみ」

女「おやすみー」




43:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 22:56:22 ID:UXTbkg1M
女「……」モゾモゾ

男「Zzz」

女「……」ギュッ

男「Zzz」

女「あったかい……」

男「Zzz」

女「殺人鬼が隣にいるってのに、警戒心もなく寝ちゃって」ツンツン

男「むが……っ……Zzz」

女「寝るときに人の温もりを感じるなんて何年ぶりだろう。もしかしたら初めてなのかも」

男「Zzz」

女「ふふっ。おやすみ」




45:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 23:52:43 ID:UXTbkg1M
男「ちょっと仮眠のつもりが、起きたら午後のおやつの時間だった」

女「よくあるよねー」

男「腹は……寝る前に食ったから減ってないな」

女「眠気覚ましのコーヒーでも淹れようか?」

男「ココアがいい」

女「はいはい」




46:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 23:59:15 ID:UXTbkg1M
女「はい、お待たせー」

男「ありがと」

男「……」ズズッ

男「うん、うまい」

女「よかった」

男「そういえば今日は暇?」

女「いつでも暇だよ」

男「そっかぁ」

女「どしたの?」




47:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 00:02:39 ID:UXTbkg1M
男「いや、一緒に買いに行こうかと思ってね。君の服」

女「いいの!?」

男「もちろん」

女「でも、今日はお仕事は?」

男「また夜中になると思うから大丈夫」

女「じゃあ、お願いしてもいい?」

男「うん。これ飲んだら行こうか」




48:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 00:13:48 ID:UXTbkg1M
女「わぁ、こんな人がいる時間に出歩くの久しぶりかも」

男「大丈夫?」

女「うん、頑張って我慢する」

男「もうちょっとゆっくり出ればよかったかなぁ」

女「気にしすぎだよ。あっ、ほらあれ見て可愛いー」

男「お、白のコートか。君に似合いそうだね」

女「そ、そうかな///」

男「試着してみたら?」

女「君がそういうなら、してみようかな……」




49:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 00:27:41 ID:UXTbkg1M
女「どう……かな?」

男「うん、思ったとおり似合ってる」

女「そうかな。えへへ」クルッ

男「他にも持ってきてみようか?」

女「ううん、これで決定だよ」

男「そんなすぐ決めちゃっていいの?」

女「いーのっ。君が選んでくれたやつだからね」

男「そういうもんかなぁ」

女「そーゆーもんなのっ」




50:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 00:38:21 ID:UXTbkg1M
男「ここも付き合わなきゃダメか?」

女「いーじゃんいーじゃん」

男「下着売り場なんて場違いな気がするけどなぁ」

女「ねね、君は赤と黒どっちが好き?」

男「どっちも好きだよ」

女「むー」

男「君がつけるならピンクかなぁ。ん? 白地に黒フリル……そういうのもあるのか」

女「ちょっと! なんか今までにないほど真剣な顔してるよ!?」




51:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 00:47:14 ID:UXTbkg1M
男「いやー買ったねぇ」

女「結局、服のお金も出してもらっちゃったね」

男「安いのばっかりだったから気にしなくていいよ。今回の件が片付いたらまた纏まったお金も入るし」

女「そっかー」

男「そうなのです。まあこの量はちょっとびっくりだったけど」

女「普段着も買っちゃったからねー」

男「うちの中では基本俺のジャージだったもんねぇ」




52:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 00:57:46 ID:UXTbkg1M
女「いやーお恥ずかしい」

男「いやぁ、サイズのでかいジャージ着てる女の子って可愛いと思うよ?」

女「ふぇっ!?」

男「可愛い子が可愛い格好してるとか、もはや天国だよね」

女「ちょ……やめてよ……こんな往来で可愛いとか……///」

男「可愛いものを可愛いと思った時に可愛いって言う。それが可愛いものに対しての礼儀だよ」

女「……にゃ……」

男「にゃ?」

女「にゃああああああああああっ!」パチーン

男「オプーナッ!」ビターン




53:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 01:05:05 ID:UXTbkg1M
女「ああっ! 大丈夫!?」

モブ「うっは、見た今の? 女の子のビンタで倒れてんの。テラ情けねぇー」

モブ2「マジで? 貧弱貧弱ゥってか?」

モブ「ねえ君、こんな貧弱なの放っておいて俺達とテラ遊ばない?」

モブ2「これでも俺達鍛えてっからさー。そんな奴より楽しめると思うってか?」

女「はぁ……」

モブ「テラため息つかれた」

モブ2「お前の顔が好みじゃなかったんじゃねってか?」




54:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 01:13:31 ID:UXTbkg1M
女「悪いけどパス。どっかいってくんない?」

モブ「まぁまぁ、テラそんなこと言わずにさぁ」

モブ2「ちょっとお茶するだけでもいいからさぁ……ってか?」

女「ウザ……あんまりしつこいと殺しちゃうよ?」

モブ「うっは、テラ犯罪予告。こえー」

モブ2「君みたいな子に殺されるなら本望だよってか?」

女「……じゃあ死ねよ」ヒュッ

モブ「テラえっ?」

モブ2「ってか?」




55:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 01:18:49 ID:UXTbkg1M
男「おっと」ガシッ

女(あたしの攻撃を止めた!? いつの間に!?)

男「はいそこまでー」グッ

女「……どいて、そいつら殺せない」ググッ

男「悪いね君たち。ここは退いてくれないかな?」グッ

女(あたしの全力でも動かない……)グググッ

モブ「あ? テラ意味わかんねぇ」

モブ2「貧弱は黙ってろってか?」

男「……」ギロッ

女・モブ・モブ2「っ!?」ビクッ




56:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 01:24:31 ID:UXTbkg1M
女(なにこの重圧感!?)ブルッ

モブ「な、なんかいきなり雰囲気テラ変わってね?」

モブ2「い、息苦しくなったってか」

男「……失せろ。次は無ぇぞ」

モブ「テラひっ……!」ドタドタ

モブ2「てか……っ!」バタバタ




57:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 01:29:36 ID:UXTbkg1M
男「ふぅ」

女「もう放していいよ。手」

男「あっ、ごめんごめん」パッ

女「掴むんじゃなくて繋いで欲しいんだけど……いいかな?」スッ

男「もちろん。喜んで」ギュッ

女「なんか飲みたい」

男「じゃああそこで休憩しようか」




59:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 19:37:21 ID:H6Vmlps2
男怪しいな それともそう見せてるだけか?

支援




61:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 23:39:05 ID:UXTbkg1M
男「はい。ホットココア」

女「ほんとに甘党だねー」

男「甘くておいしいよ」

女「……ほんとだ」コクッ

男「落ち着いた?」

女「……うん」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006WHXD36/minnanohima07-22/ref=nosim/





62:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 23:48:21 ID:UXTbkg1M
男「ここで初めて君と会ったんだっけ。懐かしいねぇ」

女「君があたしに声をかけてきた時は、どんな変態かと思ったよ」

男「なんという……」

女「だってそうでしょ? 汚れに汚れて痩せに痩せた女の子に向かっての第一声が、
  『君、可愛いね』だったんだよ? どんな感覚してるんだって思うでしょ普通」

男「いやぁ、女の子と話すのに慣れてなくて」

女「それにしたってもうちょっと言葉があるでしょー」

男「お恥ずかしい」

女「まあ、それについていっちゃうあたしもあたしだけどさ」

男「ははっ。それもそうだね」

女「ふふっ」




63:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 23:56:29 ID:UXTbkg1M
女「さっきのことだけど……なんで止めたの?」

男「そりゃ、無駄に殺さなくていいならそれに越したことないでしょ」

女「あんなの殺したって問題ないと思うけどなー」

男「そりゃそうだけどね」

女「そこは否定してあげようよ」

男「はは。……でも、ほんとは殺したくなんてなかった。でしょ?」

女「そんなこと……」

男「思ってない? 本当に?」

女「……」




64:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 00:04:56 ID:UXTbkg1M
男「それに、殺しちゃってたらせっかく買った服が汚れちゃってたかもね」

女「……それはやだねー」

男「じゃあ、止めてよかったじゃん」

女「そっか……」

男「そうだよー」

女「……ありがと」

男「どういたしまして」




65:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 00:18:05 ID:UXTbkg1M
女「ここ、こんなに綺麗なとこだったんだね」

男「そうだねぇ」

女「花が咲いて、水のせせらぎが聞こえて、優しい風が吹いて、雲が流れて、高い空があって、瞬く星が見えて……」

男「言われて見ればそうだね。今まで気付かなかった」

女「ずっと……ずっとずっとずっと、ここにいたいな」

男「いたらいいよ」

女「ほんと?」

男「うん。ずっといたらいい。俺でよけりゃそばにいるから。必要としてよ」

女「……ありがと///」




66:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 00:26:20 ID:UXTbkg1M
男「さて、そろそろ帰るとしますか」

女「うんっ」

男「晩ご飯はどうしようか」

女「たまには何か買って帰る?」

男「お、それもいいねぇ」

女「いいでしょー」

男「何か食べたいものある?」

女「んー……大抵のものは君が作った方がおいしいからなぁ」

男「ははっ。なんだそれ」




68:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 22:39:02 ID:UXTbkg1M
――数日後

ガチャガチャ カチャ

男「ただいまー」バタン

男「……」

男「やっぱり今日も出かけてるのかぁ」

男「うーん、やっぱり出られたらやりにくいなぁ。いったい何してるんだろ」

男「……まあ、いいか。詮索するのもあれだし」




69:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 22:46:47 ID:UXTbkg1M
ガチャガチャ カチャ

女「ただいまー」バタン

男「おかえりー」

女「また……君の方が……早かったねー」ビチャビチャ

男「うわ、びちゃびちゃじゃん。何やってんの」

女「水面歩行に失敗したー」ビチャビチャ

男「うわぁ、バカみたい」

女「うるさいよ!」




70:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 22:54:29 ID:UXTbkg1M
男「なんで水面歩行なんかしようとしたの」

女「ちょっと……追いかけっこ?」

男「真夜中に水上で? なんつーアグレッシブな追いかけっこだ……」

女「君は水面歩行できる?」

男「どうだろう。ものによるけど、ここらの川くらいなら飛び越えた方が早いからなぁ」

女「ここらの川って……幅跳び世界記録どころの話じゃないじゃん」

男「そうなの? まあそんな感じだから水面歩行は試したことないねぇ」

女「すごいねー……へくちっ」

男「あーあー……風呂沸かすから、とりあえずタオルで拭いときな」

女「はーい」




71:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 23:02:48 ID:UXTbkg1M
風呂(ノコリオヨソ5フンデ オフロニハイレマス)

男「もうちょっとで沸くね」

女「全自動ってすごいねー」

男「上がってから何か食べる?」

女「君は……なにか食べるの?」

男「そうだねぇ。今日はあっさりと鮭茶漬けでもしようかな」

女「あったまりそうだね。食べるー」

男「ははっ。じゃあ鮭焼くから、先に風呂入っておいで」

女「はーい……覗いちゃダメだよ……?」フラフラ

男「はいはい」




72:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 23:11:46 ID:UXTbkg1M
男「〜〜♪」ジジジ

男「よし、いいかな」ヒョイ トントントントン

男「うむ。程よくミディアムレア。あとはこのスライスに熱々の出汁をかければ火が通るね」

男「そういえばさっきフラフラしながら風呂に行ったけど、眠かったのかな」

TV(タダイマハイッテキタジョウホウニヨリマスト レンゾクサツジンジケンニアラタナヒガイシャ……)

男「……」

TV(ヒガイシャハ……)プツン

男「はぁ……」




73:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 23:21:05 ID:UXTbkg1M
男「いつもならもう出てるはずだけど、今日はやけに長いなぁ」

ガターン

男「女!?」ドタドタ ガラッ

女「あ……」グッタリ

男「大丈夫か!」

女「やだ……覗いちゃダメって……言ったのに」

男「言ってる場合かバカ! 何してんだ!」

女「ちょっと……体に力入んなくなっちゃって……」

男「とりあえずベッドに運ぶぞ」ダキッ

女「恥ずかしいよ……」

男「それも言ってる場合じゃない!」




74:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 23:33:09 ID:UXTbkg1M
男「37度強……」

女「微妙だねー……」

男「この寒いのに水に入ったりするから風邪ひくんだよ」

女「ごめんね……せっかく買ってもらった服ビシャビシャにして……」

男「今更だな。後でクリーニングに出しとくから大丈夫」

女「ありがと……」ゴホゴホ

男「医者はどうする?」

女「このくらいなら……すぐ治る……」

男「わかった。市販の薬だけ飲んどきな」

女「あい……」




75:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 23:50:54 ID:UXTbkg1M
男「ほら、葛湯作ってきたから飲んで」

女「ん……おいしい」コクッ

男「これであったまると思うから」

女「まだちょっと寒いよ……」

男「湯たんぽも持ってきた。あとは暖房を……ん?」ギュ




76:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 00:02:12 ID:UXTbkg1M
女「君があっためて」ウルウル

男「……ひょっとして、誘ってる?」

女「言わないでよ///」

男「平気なの?」

女「大丈夫」

男「でも……」

女「お願い。一緒にいて」

男「……わかったよ」




77:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 00:33:00 ID:UXTbkg1M
女「スー……スー……」

男(こいつの体、よく見たら傷だらけだな)

男(それも、最近ついたものじゃない)

男(俺と会う前……子供の頃から……?)

女「ん……男ぉ……愛してる……」ムニャムニャ

男「はいはい。俺も愛してるよ」ナデナデ

女「えへへ……」ムニャムニャ

男「ったく。幸せそうな顔しやがって……」フッ




79:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/07(土) 06:30:29 ID:UXTbkg1M
女「ん……」パチッ

男「起きたね」

女「いま何時ー?」

男「もう夕方。調子はどう?」

女「うん、ちょっとだるいけどもう熱はなさそう」

男「そう。よかった」

女「君……お、男の看病のおかげかな///」

男「ははっ。照れるなら言うなよ」

女「いーじゃん。ばか」ギュ




80:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/07(土) 06:34:08 ID:UXTbkg1M
男「しかし回復はやいね」

女「これでも殺人鬼ですから。人よりはね」

男「ただの可愛い女の子にしか見えないんだけどなぁ」

女「え……あぅ……///」

男「可愛かったよ」フッ

女「も……もーバカっ!///」




81:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/07(土) 06:38:10 ID:UXTbkg1M
男「なんか食べれる?」

女「重くなければ食べれそうかなー」

男「結局食べてなかった鮭茶漬けが……あー、一応病人だし鮭雑炊にしようか」

女「やったー」

男「じゃあ作って持ってくるから、寝ながら待っといて」

女「はーい。男の手料理は何でもおいしいよねー」

男「そうかなぁ」

女「そだよー」




82:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/07(土) 06:42:52 ID:UXTbkg1M
男「はい、おまちどー」

女「まってましたー」(∩´∀`)∩ワーイ

男「それじゃ、あーんして」

女「……マジで?」

男「マジで」

女「自分で食べれるよぉ」

男「病人は言うこと聞きなさい」

女「うぅ……///」




83:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/07(土) 06:47:48 ID:UXTbkg1M
男「ほら、あーん」

女「あーん。……あむ、あむ」モクモク

男「うまい?」

女「……んまい」(///ω///)

男「そう、よかった。んじゃ俺も」カチャカチャ

女「あ……」

男「ん?」アーン

女「スプーンそのままで食べるの?」

男「え? うん。スプーンっていうか鍋も同じだけど、何か問題でも?」

女(間接キスだ……)




84:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/07(土) 06:51:46 ID:UXTbkg1M
男「どした?」

女「え、ううん。なんでもない。間接キスだなんて思ってないよ」

男「え?」

女「あ」

男「えっと……俺の分と女の分と、分けたほうがいい?」

女「そのままで……いい///」

男「そっかぁ」

女「うん」

男「まあ間接キスどころじゃないことしたもんね」

女「……バカ///」




85:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/07(土) 06:55:52 ID:UXTbkg1M
女「ごちそうさまでした」

男「ごちそうさまでした。さて、ちょっと洗ってくるね」カチャカチャ

女「ごめんね? いつもはあたしが洗うのに」

男「いいって。甘えられる時に甘えときな」

女「ありがとー」

男「はいはい。何か要望があったら言いなよ」

女「じゃ、じゃあお願いがあるんだけど」




86:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/07(土) 06:59:23 ID:UXTbkg1M
男「んー?」

女「そ、その、後ででいいんだけど。また……あっためて欲しい///」

男「あらまあ」

女「///」

男「いいよ。片付けてくるからちょっと待ってて」ニコッ

女「あい///」




87:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/07(土) 07:03:24 ID:UXTbkg1M
男「さて、そろそろ行くか」

女「今日も例の人探し?」

男「うん。女は病人なんだから今日は外に出ちゃダメだよ?」

女「病人おいて行っちゃうの?」

男「ごめんね」

女「ううん。言ってみただけ。気をつけてね」

男「うん。できるだけ早く帰ってくるよ」




88:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/07(土) 07:07:59 ID:UXTbkg1M
男「あ、そうだ」

女「どしたの?」

男「女が昨日水面歩行に失敗したのって川でいいんだよね?」

女「あ、うん」

男「公園のそばのとこ?」

女「そうだけど……何で知ってるの?」

男「ん、なんとなくだけどね。それじゃ行ってくるよ」

女「行ってらっしゃい」

男「行ってきます」




89:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/07(土) 07:12:15 ID:UXTbkg1M
男「……」フゥ

男「公園のそばの川……ね」

男「女が外出しないなら、今日は仕事がはかどりそうだな」

男「んー……」ノビー

男「さて……さて……」コキコキ

男「そんじゃあやりますか」




92:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/07(土) 09:48:11 ID:4CgcGMdE
面白すぎて鼻血出そう
支援




95:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 01:31:12 ID:UXTbkg1M
ガチャガチャ カチャ

男「ただいまー」バタン

女「あ、おかえりー」トタトタ

男「ただいま。寝てなくていいの?」

女「うん、もうだいぶマシになったよー」

男「そっか。よかった」

女「えへへ、心配してくれてありがと」

男「どういたしまして」




96:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 01:39:22 ID:UXTbkg1M
男「なんかいい匂いするね」

女「うん、今日はあたしがごはんを作ってみましたー」

男「Oh……」

女「え? なにその反応」

男「女って……料理できるの?」

女「ででででで、できるよ! 失礼な!」

男「へぇ……」

女「信じてないね?」




97:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 01:47:57 ID:UXTbkg1M
男「だって……なぁ? 今まで全然作らなかったじゃない」

女「むー……そりゃそうだけどさ」

男「まあ俺が料理好きだから率先してやってただけなんだけど」

女「そうそれ! 男の料理がおいしすぎるせいだよ!」

男「えー?」

女「明らかに自分より上手な人に料理作るのってなんかこう……なんかなの!」

男「そういうもんかなぁ」

女「そーゆーもんなの!」




98:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 01:57:44 ID:UXTbkg1M
男「じゃあなんだってまたいきなり料理を?」

女「そ、それはその……」

男「……?」

女「あたしだって料理できるっていう女の子アピールっていうか……」

男「ふむ」

女「可愛い女の子みたいなとこもあるんだよーみたいな……ああもう! なに言わせんの!///」

男「全部自分で言ったのに!?」




99:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 02:05:16 ID:UXTbkg1M
男「でもさ。俺いつも言ってない? 女は可愛い女の子だよって」

女「そ、それはそうだけど……」

男「可愛いよ。女」

女「……にゃ……」

男「愛してる」

女「にゃあああああああ!///」スカッ

男「ははっ。危ねぇっ」サッ




100:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 02:12:02 ID:UXTbkg1M
女「はーい、どうぞー」コトッ

男「おー、ハンバーグだ」

女「ちょっと不恰好だけどね」エッヘン

男「よし、食べようか」

女「うんっ!」(∩´∀`)∩イタダキマース

男「いただきます」




101:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 02:17:38 ID:UXTbkg1M
男「……」スッ

女「……」ドキドキ

男「……あむ」パクッ

女「……」ドキドキ

男「お、これはニンニク醤油の照り焼きだね」モグモグ

女「うん、ちょっと甘辛にしてみたんだけど……どうかな」

男「香ばしくていいね。この甘辛がご飯をすすめてくれる。噛んだら溢れてくる肉汁と、
  塩コショウの下味がついたミンチの中にある玉ねぎのみじん切りがちょうどいい甘みを出してくる」モグモグ

女「……」ドキドキ

男「……うん。おいしい」

女「よかったぁ」ホッ




102:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 02:21:06 ID:UXTbkg1M
女「ちょっと焦げちゃったから心配だったんだー」

男「照り焼きにしたら焦げ付くのが早いからねぇ。でも俺はこれくらいの方が好きだよ」

女「ほんとかなー?」

男「うん。表面がカリッとして香ばしくて、それが中の柔らかさを引き立てるっていうか」

女「ふふ、信じてあげる。……ありがと」

男「ほら、自分で食べてみな。あーん」

女「ちょ、ちょっと……///」

男「あーん」




103:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 02:27:22 ID:UXTbkg1M
女「あ、あーん……あむ」ハムハム

男「どう?」

女「……んまい」(*´ω`*)

男「でしょ?」

女「うん」

男「正直、俺が作ったのよりおいしいと思うんだけど」

女「それは言いすぎだよー」

男「そうかなぁ」

女「そだよー」




104:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 02:33:24 ID:UXTbkg1M
女「そういえばまだ見つからないの? 探し人」ハムハム

男「あー、なんか追っかけられてるの気付いたらしくてさぁ」モグモグ

女「あー、追跡系の仕事だったの?」

男「うん」

女「それは厄介だねぇ」

男「高飛びしないあたり、まだ自信ありげだけどね」

女「捕まえられるもんなら捕まえてみろってこと?」

男「そんな感じ」

女「大胆だねぇ」

男「自信過剰だよねぇ」




105:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 02:39:25 ID:UXTbkg1M
男「んでまぁ、ちょっとばかり頭に来たからさ」モグモグ

女「うん」ハムハム

男「本気出しちゃおうかなって」

女「今までまじめにやってなかったみたいな言い方だねー」

男「まあ否定はしないよ。でも明日からちょっと本気出す」キリッ

女「あはは、ちょっとでいいの?」

男「充分だねぇ」

女「それ、男もなかなか自信過剰だって思われても仕方ないよ?」ケラケラ

男「ははっ。まあそれはやってみてからのお楽しみってことで」




106:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 02:45:55 ID:UXTbkg1M
男「ごちそうさまでした」(´人`)

女「ごちそうさまでしたー。食器まとめちゃってー」カチャカチャ

男「作ってもらったし俺が洗うよ?」カチャカチャ

女「いーのっ。そのかわりと言っちゃなんだけど……お願いがあるの」

男「ん、お小遣い?」

女「ううん、違う」

男「ふぅん? まあ俺でできることならやるけど」

女「ふふ、その言葉、忘れないでね?」




107:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 02:50:08 ID:UXTbkg1M
女「あ、そうだ。お風呂沸かしちゃってるから入ってきなよ」

男「ん、それじゃあ入ってこようかな」

女「外寒かっただろうからゆっくり入ってね」

男「わかったー」スタスタ

女「……ふふ」ニヤリ




108:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 02:59:03 ID:UXTbkg1M
とりあえず今夜はここまでにします。
読んでくれた人、支援してくれた人ありがとう。
ただ鼻血は出ないだろ。




109:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 09:06:15 ID:0CWsr3y.
面白すぎて鼻血出た
支援
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B005FM013Y/minnanohima07-22/ref=nosim/





111:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 05:52:33 ID:UXTbkg1M
男「ふー、いい湯だ」ザパー

ガラッ

女「失礼しまーす」

男「」

女「お、お背中流します」

男「」

女「ちょ、ちょっと……何か言ってよ」

男「顔真っ赤だよ」

女「///」




112:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 05:59:57 ID:UXTbkg1M
男「風呂入って大丈夫なの? 風邪ぶり返さない?」

女「たぶん大丈夫」

男「そう? じゃあいいけど」

女「それに、汗かいたり……ゴニョゴニョ……したから、拭くだけじゃなくて流したいし」

男「あぁ……なるほど」

女「あー、シャワーが気持ちいー」シャワァー




113:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 06:06:05 ID:UXTbkg1M
女「ふぃー。あったかーい」ザパーン

男「わざわざ俺のいる湯船に入ってこなくても」

女「細かいことは気にしなーい」

男「せまくね」

女「じゃあこうして……」モゾモゾ

男「俺に背中を向けて?」

女「これでどうだ!」ガシーン




114:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 06:13:41 ID:UXTbkg1M
男「なるほど。俺が後ろから女さんを抱きかかえる形ですね」

女「なんで敬語なのさ」ケラケラ

男「そうしないといけない気がしたのです」

女「なにそれ、変なのー。あ、もしかしてあたしの裸見て欲情しちゃったとか?」

男「うん」

女「ふぇっ?」

男「好きな女の裸を見りゃ欲情もしますけど」

女「そ、それは……その……また、後で///」

男「はは、自分で言っといて照れるの何とかしろよ」

女「男がストレートすぎるのっ」




115:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 06:19:32 ID:UXTbkg1M
女「男は……さ」

男「んー?」

女「この傷、気になる?」

男「んー、そんなにかな」

女「そんなに?」

男「気にならないわけではないけど、それも含めて女だし知らなくても別にいいかなーって」

女「男……」

男「話したくないなら聞かないし、話したいなら聞くよ」ギュッ

女「うん」




116:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 06:30:19 ID:UXTbkg1M
女「……昔の傷って時点で大体わかると思うけど、虐待されてたの。子供の頃にね」

男「……まあ、今の日本だとそのくらいしか理由がないだろうね。事故にしては小さいし、数が多い」

女「うん。それで、気付いたらいつの間にか殺人鬼になっちゃってた。
  んー、なったって言うよりは目が覚めたって感じなのかな? よくわかんないや」

男「君は可愛い女の子だよ」

女「ありがと。それで、色々あった後にフラフラしてるところを男に拾われたのです」

男「そっか」

女「そだよー」

男「ふぅん……」

女「……男は優しいね」




117:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 06:36:46 ID:UXTbkg1M
男「そう?」

女「下手な慰めの言葉なんかかけずに、こうして抱きしめてくれる」

男「何も言葉が思いつかないだけかもしれないよ」

女「それでも、結果オーライじゃない?」

男「そうかなぁ」

女「そだよー」

男「そういうもんかなぁ」

女「そーゆーもんだよー」




118:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 06:41:42 ID:UXTbkg1M
女「そーゆーわけでっ!」ザバァ

男「うん?」

女「あたしは愛に飢えています!」グッ

男「……」

女「……」

男「……」

女「ちょっと……何か言ってよ///」

男「あぁ、ごめん。色々見えてるから凝視してた」




119:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 06:49:24 ID:UXTbkg1M
女「……///」ザプン

男「それで、何の話だっけ」

女「なんでもない!」プンスカ

男「ごめんって」

女「ふーんだ」プンプン

男「ほら」クイッ

女「あっ……ん」チュッ




120:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 06:53:20 ID:UXTbkg1M
男「機嫌なおった?」

女「うー……なんかなー……もー。男はずるいよ……」

男「ごめん」

女「まったく……」

男「それで、愛に飢えてる女さんはさっきのお願いごとで俺に何をさせるつもりなのかな?」

女「しっかり聞いてるじゃん!」

男「ははっ」

女「もう……バカ。たっぷり愛情もらうんだからね///」

男「いいよ。それじゃあとりあえず背中の流しっこでもしようか」




121:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 06:58:10 ID:UXTbkg1M
男「……」パチッ

男「……」ムクリ

男「……」ボケー

女「やだもう……男ったら……そんなとこぉ」ムニャムニャ

男「……」キョロキョロ

男「夕方4時か……」

男「まさかとは思うけど、もしかして、ひょっとすると、けっこうダメ人間なんじゃないだろうか。俺」

男「否! まだ真っ当な人間としての生活に戻るチャンスは……」

女「ダメダメだよぉ……もぉ……」ムニャムニャ

男「……そうですか。まあ戻るつもりもないんだけどね」




124:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 17:20:54 ID:jAJS1/XI
鼻血とまんない
支援




128:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/10(火) 15:27:14 ID:N4uLux72
かわいいのう




129:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/11(水) 00:28:57 ID:UXTbkg1M
女「おはよー……」トテトテ

男「おはよー。っていうかもう夜だよ」トントン

女「よくあるよねー」ケラケラ

男「最近多いなぁ……まあ今回の仕事が片付いたら元に戻せるかな」トントン

女「なに作ってるの?」

男「水菜と大根とツナのサラダだよ」

女「おおー。あれシャキシャキしてて大好きー。ポン酢で食べるとおいしーよねー」

男「たまにはさっぱりしたのもいいよね」




130:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/11(水) 00:36:02 ID:UXTbkg1M
男「もう食べれる? それとも俺が行ってからにする?」

女「男が食べるなら一緒に食べるよー」

男「ん、じゃあスパゲッティ茹でちゃうよ」

女「やったー! 今日は何のパスタにするの?」

男「スパゲッティ・アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ」

女「あーり……おりおり?」

男「まあ、ペペロンチーノだね」

女「ピリ辛のやつ?」

男「うん、大体あってる」




131:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/11(水) 00:45:15 ID:UXTbkg1M
男「ほい、できたよー」コトッ

女「おいしそー」

男「ペペロンチーノには薄切りにした鶏ステーキと、ステーキソースを含ませた大根おろしをのせてみたよ」

女「大根おろしでさっぱりするねー」

男「よし、それじゃあ食べようか」

女「わーい」(∩´∀`)∩イタダキマース




132:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/11(水) 00:50:34 ID:UXTbkg1M
女「あむ……あむ。……んまいっ!」(*´д`*)ペカー

男「そりゃよかった」モグモグ

女「男はどんな料理も上手だねー」ハムハム

男「下手なのを作ってないだけじゃないかな」

女「たぶんどんなのでもおいしく作れるよ」

男「そうかなぁ」

女「そだよー」




133:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/11(水) 00:56:01 ID:UXTbkg1M
男「あ、そうだ。ちょっとお願いがあるんだけど」モグモグ

女「なになに? もしかしてえっちぃこと?」ハムハム

男「期待に応えられなくて悪いけど違うよ」

女「なーんだー。じゃあ何?」

男「今日は家から外に出ないでほしいの」

女「一歩も?」

男「そう、一歩も。もしかして用事ある?」

女「ううん。何もないけど。……なんで?」

男「たぶん今日は外が危ないから」

女「ふぅん?」




134:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/11(水) 01:03:34 ID:UXTbkg1M
女「なんで危ないってわかるの?」ハムハム

男「ん、なんとなくだけどね」モグモグ

女「でも、危ないって言ってもあたし殺人鬼だよ?」

男「君は可愛い女の子だよ。……いや、それはおいといて」

女「まあ家でやりたいこともあるから別にいいけど……男は大丈夫なの?」

男「うん。仕事もあるしねぇ」

女「そっかー」

男「そうだよー」




135:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/11(水) 01:12:31 ID:UXTbkg1M
男「さて……と、それじゃあ行ってくるね。くれぐれも外には出ないように」

女「うん。わかった。危険なんでしょ? 男も気をつけてね?」

男「うん。気をつけるよ」

女「行ってらっしゃい」

男「行ってきます」




136:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/11(水) 01:20:38 ID:UXTbkg1M
女「ふんふふーん♪」

女「お、もう3時過ぎかー。集中してると時間が経つのが早いなー」

女「そろそろご飯作ろうかな」

女「今日は何作ろう」

女「揚げ物……は寝る前に食べるには重いよねぇ」

女「うーん……」

女「……うどん」ハッ

女「きつねうどんにしよう」




137:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/11(水) 01:24:57 ID:UXTbkg1M
男「さて、さて。ここらへんなら大丈夫かねぇ」

男「んー」ノビー

男「加減が難しいんだよなぁ……」コキコキ

男「……」スー

男「……」ハー

男「よし……!」

男「行くか」




138:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/11(水) 01:29:07 ID:UXTbkg1M
女「ネギよし、出汁よし、かまぼこよし。うどんは……冷凍のがある」

女「あとはお揚げさんだねー」

女「んー……たしかこの辺に」ゴソゴソ

女「あった。ヒガシマルのうどんスープ」

女「これと醤油と砂糖で油揚げを煮込んでー……――っ!?」ゾクゾクッ

女「……なに、今の。殺気みたいだけど、人のとは微妙に違う。すっごくやな感じ」

女「男が言ってた『外が危ない』ってこれのことかな」

女「様子見に行きたいけど、外に出ないって約束しちゃったしなー」

女「男、大丈夫かなー……」




139:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/11(水) 01:34:40 ID:UXTbkg1M
ガチャガチャ カチャ

男「ただいまー」バタン

女「おかえなさーい」パタパタ

女「ご飯とあたしにする? お風呂とあたしにする? それとも、あ・た・し?」

男「ははっ。絶対に何かしら関わってくるんだ」

女「えへへ。一度でいいから言ってみたかったんだよねー。女の子の夢だよー」

男「新婚さんみたいだねぇ」

女「えへへぇ///」




140:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/11(水) 01:41:23 ID:UXTbkg1M
女「でも、まさか言える日が来るなんて思わなかったよー」

男「そうなの?」

女「うん。だってほら、あたし殺人鬼だし……さ……」

男「ふむ」ギュッ

女「ふぇっ!?」

男「君は可愛い女の子だよ」

女「……ありがと」グスッ

男「ん」ナデナデ




141:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/11(水) 01:44:53 ID:UXTbkg1M
女「……?」クンクン

男「どしたの?」

女「血の匂いがする。どっか怪我してない!?」バッ

男「あぁ、やっぱりバレたか。ちょっと失敗して左腕をね」スッ

女「血が出てるじゃない! 救急箱持ってくるから待ってて!」




146:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 21:04:23 ID:WhUQpA0.
面白すぎて鼻血爆散した。
支援。ティッシュ詰めて待ってる




147:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 21:15:47 ID:UXTbkg1M
女「これでよし、と。応急処置だけど」

男「ありがとうね」

女「どういたしまして。お医者さんに診てもらわなくていいの?」

男「うん。これくらいなら大丈夫」グッグッ

女「まあ血が多かっただけで怪我自体はそんなにひどいものじゃなかったみたいだけど。……今日の仕事で?」

男「うん。仕事自体は終わったんだけどねぇ」




148:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 21:22:43 ID:UXTbkg1M
女「見つけたんだ。探し人」

男「うん。ちょっと本気を出してね」

女「ほんとにちょっとで充分だったねー」

男「まあそれで怪我してちゃ世話ないけどねぇ」

女「でもまあ大したことなくてよかったじゃない」

男「そうかなぁ。うん、そうだねぇ」

女「ふふ。そだよー」




149:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 21:30:24 ID:UXTbkg1M
女「おうどん、すぐ作れるけど食べる?」

男「うん、もらおうかな」

女「ほいほい、じゃあ茹でますよー。って、よく考えたら麺類が続いちゃったねー」

男「そういえばそうだねぇ」

女「どうする? 何か別の用意する?」

男「まぁ、たまにはそんな日があってもいいんじゃない? せっかく用意してくれたんだし」

女「そう?」

男「うん」

女「えへへ、ありがと。すぐ用意するね」




150:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 21:44:27 ID:UXTbkg1M
TV(ホンジツゴゼン4ジ……インセキノヨウナモノガラッカシタトオモワレルクレーターガ……)

男「……」

TV(……カイシャインノ……)

女「あれ、それこの近くだねー」

男「そうみたいだねぇ。何かが人の上に落ちちゃったみたい。運の悪い人もいるもんだね」

女「午前4時かぁ。そういえばあれも同じくらいだったかなぁ」

男「何かあったの?」




151:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 21:52:12 ID:UXTbkg1M
女「うん、なんかすっごくやな感じがしてね」

男「やな感じ?」

女「うん、なんかこう……すごいプレッシャーっていうか、殺気みたいな」

男「ふむ…………」

女「なんか質が普通じゃなかったんだよねー。あ、気にはなったけど約束通り外には出なかったよ」

男「お、えらいね。後でご褒美をあげよう」

女「わーい! えっちなのがいいー!」(∩´∀`)∩

男「ご褒美は中止になりましたー」

女「そんなっ!?」Σ(´艸`;)




152:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 21:58:57 ID:UXTbkg1M
女「はーい、できましたよー」コトッ

男「おお、これは立派なきつねうどん」

女「お揚げもいい感じだと思うよー」

男「よし、それじゃあ食べようか」

女「いただきまーす」(∩´∀`)∩

男「いただきまーす」




153:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 22:07:55 ID:UXTbkg1M
男「うん、ダシがうまい」モグモグ

女「あったもので適当に作ったんだけど、なかなかいけるねー」ハムハム

男「薄切りのかまぼこには、何か懐かしさを感じるね」

女「昔ながらのおうどんって感じでいいでしょ?」

男「そうだねぇ。ただ……多いよねかまぼこ」

女「一本ぜんぶ使うのはやりすぎました」ショボーン

男「まあおいしいからいいんだけどね」

女「えへへ、ありがと」




154:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 22:19:26 ID:UXTbkg1M
TV(レンゾクサツジンジケンハ……アラタナヒガイシャハデテイナイモノノ……ハンニンハイマダニ)

女「あー、まだ捕まってないんだ。犯人」ハムハム

男「みたいだねー」モグモグ

女「まだ続くのかなー」

男「どうだろうねぇ。もう起きないんじゃないかな」

女「なんで?」

男「んー、なんとなく」

女「ふぅん?」




155:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 22:27:26 ID:UXTbkg1M
男「ごちそうさまでした」

女「ごちそうさまでしたー。食後に何か飲む?」

男「んー、じゃあココアで」

女「はいはい。今日はあたしもココアにしようかな」

男「おや、珍しい」

女「なんていうかその……さ。好きな人が好きなものは好きになりたいじゃない」

男「……」

女「な、なに?」

男「可愛いなぁと思って」

女「もう! そのストレートなのやめてってば///」




157:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/13(金) 22:35:11 ID:UXTbkg1M
女「お風呂はどうする?」

男「起きてからにしようかな。その方が傷口もちょっとは塞がってるだろうし」

女「そっか。じゃあもう寝ちゃう?」

男「んー、そうだねぇ」

女「ん、それじゃあお休みー。あたしはお風呂入ってから寝るよ」

男「わかった。お休みー」




159:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 00:21:02 ID:UXTbkg1M
女「ふぃー。いいお湯だった」トテトテ

男「はい、冷たいポカリ」

女「ありがとー……んっ、んっ……」

女「んまいっ!」(*´д`*)プハー

男「そりゃよかった」

女「って、まだ寝てなかったの?」

男「うん、なんか寝付けなくてねぇ」

女「そっかー」

男「そうだよー」




160:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 00:25:43 ID:UXTbkg1M
女「最近ずっと抱き枕つかってたから、それがないとダメなんじゃない?」

男「抱き枕? あぁ、そういうことか。そうかもねぇ」

女「さっきのご褒美くれるっていうんなら抱き枕になってあげてもいーんだけど」

男「ふむ。じゃあ」ナデナデ

女「ふゃっ……」

男「……」ナデナデ

女「ふにゃぁぁ……」

男「……」ナデナデ

女「……♪///」




161:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 00:32:20 ID:UXTbkg1M
男「これでいい?」

女「これもいいけど、えっちなのも欲しいです!」

男「いやほら、大したことないとは言え怪我してるしさ。俺」

女「あたしが動くから!」

男「風呂も入ってないし」

女「あたしは気にしませんから! むしろご褒美ですから!」

男「俺が気にするんだって」チョップ

女「あうっ」




162:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 00:37:01 ID:UXTbkg1M
女「うぅ……ダメ?」ウルウル

男「うっ……」

女「お願い……」ウルウル

男「はぁ……」

女「……」ウルウル

男「ちょっと待ってて。腕濡らさないようにシャワー浴びてくるから」スタスタ

女「わーい! 男大好きー!」(∩´∀`)∩




164:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 00:43:21 ID:UXTbkg1M
男「……」パチッ

男「そして例の如く夕方に目覚める俺……」ムクリ

男「まあ仕事は昨日で終わったからいいか」

女「うへへぇ……」ムニャムニャ

男「ふふっ……」ナデナデ

男「ん、傷口も塞がったかな」グッグッ

男「それじゃ、左腕も洗いたいしひとっ風呂浴びてくるかぁ」




166:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 00:54:03 ID:UXTbkg1M
女「ふわぁ……おはよー」ゴシゴシ

女「……?」

女「男ー? いないのー?」

女「……」キョロキョロ

女「どこ行ったんだろ……」

ガチャガチャ カチャ

男「ただいまー」

女「あ、帰ってきた。おかえりー」




167:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 00:57:42 ID:UXTbkg1M
男「おっ、起きてたんだ?」

女「当たり前でしょー? 何時だと思ってんの?」

男「俺が家を出る時には寝てたけどね」

女「うっ……ほんとはいま起きたとこ」

男「ははっ。だと思った」

女「えへへ」




168:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 01:03:13 ID:UXTbkg1M
女「どこ行ってたの?」

男「ん、ちょっと夕飯の買い物にね」

女「起こしてくれれば手伝ったのに」

男「依頼人から報酬の受け渡しもあったからね。一人の方が良かったんだ」

女「なるほどー」

男「ごめんね」

女「お仕事関係なら仕方ないよ」

男「ふっふっふ。お詫びに今日はなんとこれを買ってきました」ズイッ

女「ん? 一体なに……キャーッ!!」




169:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/14(土) 01:09:09 ID:UXTbkg1M
ジュージュー

男「ははっ。うんめェ」カグッ

女「焼肉ってエライよ! うまいからエライよ!」(*´д`*)ペカー

男「仕事も一段落したし、今日は飲んで食べるぞー」

女「わーい!」(∩´∀`)∩

男「野菜もちゃんと食べなきゃだめだよ。ほい」ヒョイヒョイ

女「ああ! キャベツは焦げる手前が好きなのに!」

男「代わりに茄子とカボチャは全部食べてあげるから」ヒョイヒョイ

女「ちょっと! あたしも食べたいんだけど!」




173:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 00:37:42 ID:UXTbkg1M
――数日後。

女「おはよー……」トテトテ

男「おはよー。やっぱり朝起きるのが一番いいよねぇ」

女「んぅ……そだねー……ふわぁ」

男「眠いなら寝ててもいいのに」

女「なんか……眠気が覚めるようなこと……言ってー」(σω-)

男「今日ひま?」

女「んー……いっつも暇ー」

男「じゃあデートしようか」

女「( ゚д゚)ンマッ!!」カッ!




174:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 00:48:04 ID:UXTbkg1M
女「なんだってまた急にデートなの?」

男「んー、なんとなく。最近まったく外に出てないしさ、女」

女「あー……」

男「さすがに体に悪いと思うよ」

女「うーん、そう言われたらそうかも……」

男「それにほら、最近よくご飯のおかわりするじゃん」

女「げっ。もしかしてやばいの?」(ノ)´瓜`(ヾ)ムニムニ




175:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 00:58:09 ID:UXTbkg1M
男「いや、見た目はそんなに変わってないけど」

女「なーんだ……びっくりさせないでよ、もう」

男「でもたまには運動してもいいんじゃない?」

女「運動なら毎日男といっぱいしてるもん。ベッドの上で」プクー

男「そういうのじゃなくて」

女「むー……」




176:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 01:03:40 ID:UXTbkg1M
男「あぁ、もしかして嫌だった?」

女「うーん……嫌ってわけじゃないんだけど……」

男「体調が悪いとか?」

女「そーいうのでもなくてね……」

男「ふぅん?」

女「うーん……」

男「気が進まないならまた今度でもいいけど」

女「うーん。……いや、行こう。でも、人が少ないとこがいいかな」

男「ん、了解。それじゃあご飯を食べたら行こうか」

女「うんっ」




177:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 01:09:31 ID:UXTbkg1M
女「それで、公園まで来たけどなにするの?」

男「うん、コレでもしようかと思って」スッ

女「バドミントン? 懐かしいなー」

男「たまにはいいでしょ?」

女「そだねー」

男「しっかし久しぶりだなぁ。うまくできるかな」

女「じゃあ賭けでもしちゃう? 勝った方の命令をなんでもひとつ聞かなきゃダメとか」

男「おっ、随分ノリノリだねぇ。いいよ」

女「よーし、やるって決めたからにはとことんやっちゃうよー」




178:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 01:19:09 ID:UXTbkg1M
男「それっ」ヒュッ

女「ほっ」ポン

男「とうっ」パシン

女「ふっ」パンッ

男「よいしょっ」トンッ

女「なんのっ」カッ

男「甘いっ」カッ

女「まだまだっ」カッ




179:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 01:25:16 ID:UXTbkg1M
男「ふっ!」カッ

女「はっ!」カッ

男「っ!」カッ

女「っ!」カッ

男「っ!」カッ

女「っ!」カッ

カカカカカカカカカカカッ!!

通行人A「おい、なんか残像が見えるほどの勢いでバドミントンやってるのがいるぞ」

通行人B「なんか衝撃波とか出てないアレ?」

通行人C「2人とも若干飛んでるように見えるのって俺だけ?」




180:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 01:31:43 ID:UXTbkg1M
女「そりゃっ!」カッ

男「うおっ!?」スカッ

ズドン!

女「はぁ……はぁ……やったー!」

男「くそぅ……負けた……」ゼェゼェ

通行人A「なぁ……アレ……」

通行人B「よせ、やられるぞ」

通行人C「あぁ、俺達はバドミントンの羽根が地面に埋まったところなんて見ていない」




181:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 01:36:10 ID:UXTbkg1M
男「はい、飲み物買ってきたよ」

女「ありがとー」ゴクゴク

男「どういたしまして。……ん、うまい」ゴクゴク

女「やっぱ運動の後は冷えたスポーツドリンクだよねー」

男「そうだねぇ。久しぶりに運動してどうだった? すっきりした?」

女「うーん……。お腹すいてたのが中途半端に食べたせいで余計にすいちゃった……みたいな感じかな」

男「動き足りないならもうひと勝負する?」




182:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 01:40:22 ID:UXTbkg1M
女「うーん……。いや、いいや」

男「そう? ならいいけど。それで、勝った女は負けた俺に何を命令するのかな?」

女「それってさ、今じゃなくてもいいかな?」

男「うん?」

女「また今度、お願いしたいんだけど」

男「いいよ」

女「じゃあその時が来たらお願いするね?」

男「うん。俺でできることなら、だけど」

女「だいじょーぶだいじょーぶ。簡単にできることだから」

男「そう? わかった。その時が来たら言ってね」




183:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 01:43:31 ID:UXTbkg1M
女「うん。約束だよ?」スッ

男「ん」スッ

女「ゆーびきーりげーんまーんうーそつーいたーらはーりせんぼんのーます♪」

男「指切った♪」

女「ふふ」

男「ははっ。なんか懐かしいな」

女「たまにはいいでしょ?」

男「そうだねぇ。たまにはいいね」

女「約束、守ってね。……絶対だよ?」

男「うん。わかった」




187:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/15(日) 21:27:32 ID:nVEfZDxQ
鼻血で出血多量で病院から支援




188:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 04:51:43 ID:UXTbkg1M
女「けっこう遊んだねー」

男「筋肉痛が怖いなぁ」

女「またまたー。普段から肉体労働してるくせにー」

男「普段使ってる筋肉とは別モノだからなぁ」

女「そーゆーもんかなー」

男「そういうもんなの」




189:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 04:57:52 ID:UXTbkg1M
男「夕飯どうしようか。何か食べて帰る?」

女「家に帰って男のご飯がいいな」

男「ん、了解」

女「あ、でもちょっとあのお店見てきていい?」

男「いいよ。行こうか」

女「んー、すぐ終わるから男はちょっとここで待ってて」トテトテ

男「あいあいさー」




190:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 05:02:07 ID:UXTbkg1M
女「〜〜♪」ウキウキ

男「ごきげんだね」

女「そうかなー? うん、そうだねー」

男「パワーストーンとか興味あったんだ?」

女「うーん、実はそんなに」

男「なんと」

女「でもなんかピーンと来てね」

男「ふぅん? それで、なに買ったの?」

女「んっふっふー。なーいーしょー」

男「そっかぁ」

女「そだよー」




191:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 05:07:24 ID:UXTbkg1M
男「今日はチキンカレーです」コトッ

女「わーい」(∩´∀`)∩イタダキマース

男「ビーフもいいけどチキンが一番好きなんだよねぇ」

女「んまいっ!」(*´д`*)ペカー

男「ジャワカレーの中辛が俺の正義」

女「隠し味とかあるの?」

男「砂糖をちょっと入れてるくらいかな」

女「それだけなの?」

男「うん。ルー1箱で砂糖大匙1杯。それだけでコクが出るね」

女「へえー。言われてみればなんか辛さの中に甘さを感じるかも」




192:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 05:11:28 ID:UXTbkg1M
TV(ツヅキマシテオテンキデス……)

男「……」モグモグ

女「そういえば連続殺人事件のニュースやってないね。最近」ハムハム

男「犯人が捕まったってわけじゃないみたいだけど、あれから新しい被害者もいないみたいだね」

女「ほんとに男が前に言った通りになったねー」

男「そうだねぇ。なんとなくそう思っただけなんだけど」

女「男の『なんとなく』は百発百中だね」

男「そうかなぁ」

女「そだよー」




193:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 05:23:35 ID:UXTbkg1M
男「ごちそうさまでした」

女「ごちそうさまでしたー。はい、食器重ねてー」カチャカチャ

男「はい。じゃあ俺はお風呂沸かしてくるよ」

女「一緒に入りたいです!」∩`・◇・)

男「ダメって言っても入ってくるじゃない」

女「まあそうなんだけどさー」

男「ははっ。まあ沸くまでに洗い物も終わるでしょ」

女「えへへ。じゃあ早く終わらせなきゃ」




194:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 05:35:19 ID:UXTbkg1M
男「ふぅ。いいお湯だった」

女「そだねー」

男「特にやることもないしもう寝ちゃう?」

女「あ、あたしちょっとだけ部屋でやることあるんだ」

男「そっか。じゃあ何か飲み物でも淹れようか」

女「先に寝ちゃってもいいよ?」

男「ん、まあ飲み終わってから考えるよ」




195:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 05:38:51 ID:UXTbkg1M
男「コーヒー入ったよ」コンコン

女「ありがとー」カチャ バタン

男「部屋で何してるの?」

女「んー、まだ内緒」フーフー コクリ

男「ふぅん?」




196:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 05:45:13 ID:UXTbkg1M
男「ふわぁ……」

女「眠い?」

男「そうだねぇ。久しぶりにバドミントンしたせいかな」

女「もう寝ちゃおうか?」

男「やりたいことあるんじゃなかったの?」

女「ん、もう大体終わったから大丈夫」

男「そっか。じゃあ一緒に寝ようか」

女「うんっ」




197:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 05:50:29 ID:UXTbkg1M
女「……ねぇ、男」

男「ん? どうしたの?」

女「……」

男「……?」

女「……やっぱりなんでもない」

男「ははっ。なんだそれ」

女「いいの! もう寝るよ!」

男「はいはい。それじゃあお休み」

女「……お休み」ギュ




198:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 05:56:19 ID:UXTbkg1M
男「Zzz」

女「……」パチッ

女「……」ムクリ

女「……」スタスタ

女「……」カチャ

女「……」ゴソゴソ

女「……」スタスタ

男「Zzz」

女「……今までありがと」チュッ

女「それじゃあね」カチャ バタン




199:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 06:02:56 ID:UXTbkg1M
男「……」パチッ

男「……」ムクリ

男「あれ……女?」キョロキョロ

男「……」スタスタ

男「どっか出かけたのかな」

男「ん……書置き?」ペラッ




200:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 06:09:39 ID:UXTbkg1M

男へ

今までお世話になりました。

さようなら。

P・S
 借りてた彫刻刀返すね。
 一緒に置いてあるのはプレゼントです。
 喜んでもらえたらいいなぁ。

        女より






201:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 06:15:55 ID:UXTbkg1M
男「一緒に……これか」シャラ

男「木彫りの兎が付いたネックレス……これのために彫刻刀を使ってたのか」

男「兎の目は……サファイアか? ……いや、アイオライトだな。あの店で買ったのか」

男「……中々うまいじゃないか。普通に売り物として店に出せるぞこれ」

男「兎に……アイオライトね……」

男「石言葉なんて普通はわからねぇよ。いや、普通はわからないだろうからこそ、か」

男「……」

男「……ったく。馬鹿だな」

男「黙って出て行くんなら……こんなもん置いて行くなよな……」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B008CQCA5C/minnanohima07-22/ref=nosim/





203:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/18(水) 18:48:34 ID:EEz4Xhl2
面白い
良作だわ




209:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/20(金) 21:01:17 ID:4LLzpJwc
俺、このSSが完結したら鼻血拭くんだ……




210:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 05:54:21 ID:UXTbkg1M
――数日後

男(あれから数日。女は戻ってきていない)

男(いや、もう戻るつもりもないのかもしれないな)

男(出て行った理由がわからないんだよなぁ)

男(単純に俺のことが嫌になった……とかか?)

男(嫌われてる実感はなかったけど、女性は急に冷めるって聞いたことあるしなぁ)

男(でもそれだとこのネックレスは……)

男「うーん……」ジュージュー




211:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 05:58:27 ID:UXTbkg1M
男「この辺にいるのはわかってるから探しに行ってみるか?」

男「でも出て行ったんなら俺に会いたくないかもしれないしなぁ」

男「……」コトッ

男「あ」

男「作りすぎた」




212:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 06:03:03 ID:UXTbkg1M
男「まあいいか。冷蔵庫に入れておいて明日にでも食べよう」

男「いただきます」

男「……」モグモグ

女『いただきまーす』(∩´∀`)∩

女『んまいっ』(*´д`*)ペカー

女『……あたし、好きだよ。君の料理』

男「……」

男「……ごちそうさま」ガタッ




213:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 06:07:46 ID:UXTbkg1M
男「……」ジャー

男「……」カチャカチャ

女『えへへ、お世話になってるからこれくらいはね』

男「……」キュッキュッ

男「……」カチャ

男「ふぅ……洗い物も終わったし風呂でも入るか」




214:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 06:13:21 ID:UXTbkg1M
男「……」シャワー

男「……」ゴシゴシ

男「……」シャワー

男「……」ザバー

女『……男は優しいね』

女『あたしは愛に飢えています!』グッ

女『たっぷり愛情もらうんだからね///』

男「……」ザバッ




215:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 06:18:22 ID:UXTbkg1M
男「……何もすることないな」

男「寝るか……」ゴソゴソ

男「……」

女『君があっためて』ウルウル

女『ん……男ぉ……愛してる……』ムニャムニャ

女『君……お、男の看病のおかげかな///』

男「……」

男「やれやれ……どうも思い出しちまうな」

男「出て行った女のことをいつまでも。未練がましいったらないねぇ」

男「……それだけ情が移ってたってことか」ハァ




216:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 06:26:35 ID:UXTbkg1M
ヴー ヴー ヴー

男「ん……メールか」


From:女

タイトル:無題

本文:たすけて


男「……っ!」ガバッ




217:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 06:32:33 ID:UXTbkg1M
女「送っちゃった……」

女「あたしがどこにいるかは送らなかったけど」

女「でも、やっぱりわかっちゃうかな。ここだと」

女「きっと男は来る。来て欲しい。でも来て欲しくない」

男『そりゃ、無駄に殺さなくていいならそれに越したことないでしょ』

男『ほんとは殺したくなんてなかった。でしょ?』

男『じゃあ、止めてよかったじゃん』

男『ずっといたらいい。俺でよけりゃそばにいるから』

女「ずっと……ここにいたかったなぁ……」

――Prrrrrrr




218:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 06:36:26 ID:UXTbkg1M
Prrrrrrr――

ピッ

男『よう』

女「あ……男……」

男『ったく、急に出て行きやがって』

女「……」

男『今まで連絡もしてこなかったのに、してきたと思ったら助けてって』

女「ごめんね……わがまま言って」

男『まったくだよ。夜中だぜ』

女「うん……ごめん」




219:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 06:41:05 ID:UXTbkg1M
男『まあ、いつでも呼んでくれって言ったの俺だからな』

女「ごめん……」

男『まあいいさ。たまには』

女「……」

男『星が……綺麗だな……』ザッ

女「そうだね……」クルッ

男「助けに、来たよ」




220:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 06:48:27 ID:UXTbkg1M
男「しっかし痩せたねぇ。ちゃんと食べてんの?」

女「……よくわかったね……あたしがここにいるって」

男「ん。なんとなく、ね」

女「……やっぱり男の『なんとなく』は百発百中だね」

男「そうかなぁ」

女「そだよー。殺人鬼のあたしもびっくりだよ」

男「……君は可愛い女の子だよ。可愛い、普通の、女の子だ」




221:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 06:53:19 ID:UXTbkg1M
女「ありがと。男がそう言ってくれてる間、あたしはほんとに普通の女の子になれてたよ」

男「……」

女「殺人鬼じゃなくて、ひとりの恋する女の子」

男「……」

女「好きな人と一緒に暮らす、ただの女の子」

男「……」

女「すっごく楽しくて、嬉しくて……幸せだったよ」

男「……」

女「でも、もう限界みたい。その魔法も効かなくなっちゃった」




222:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 06:57:13 ID:UXTbkg1M
女「お願いがあるの」

男「……」

女「ううん、これは命令。今日のバドミントンで勝ったあたしから、負けた男への命令」

男「……」

女「男はあたしを助けに来てくれたんだよね?」

男「ああ。そうだ」

女「あたしが何を言うかわかってて来てくれたんだよね?」

男「ああ」

女「……来てくれてありがとう、男」

男「……」

女「ううん、こう言った方がいいのかな……」




223:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 06:59:14 ID:UXTbkg1M



女「待ってたよ。殺人鬼の天敵――鬼殺し」







224:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 07:01:08 ID:UXTbkg1M
とりあえず今朝はここまで。
読んでくれた人、支援してくれた人ありがとう。
なんか鼻血の人増えてないか……(´д`;)




226:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 17:49:16 ID:Vhz5rGj.
鼻血で溺れても支援




227:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 18:20:25 ID:BkoqpWrs
ぶしゃああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!

……バタン




228:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 21:09:44 ID:qCL3GNrA
鼻血ってさ、こんなに出るとは思ってなかった。
そう、このSSに出会うまでは。




229:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/21(土) 21:21:49 ID:stK2v73c
おい一人倒れたぞ
誰か助けてやれy……ぶしゃあああぁあああ!




233:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 17:41:06 ID:UXTbkg1M
男「……知ってたのか」

女「うん。男と会う前に、そういうのがいるって噂を聞いたことがあって」

男「いつから俺がそうだって?」

女「なんとなくってのなら、最初に男を殺せなかった時からかな」

男「早いなぁ」

女「殺人鬼が殺せない相手なんてそうそういないからねー」

男「はっきりと確信したのは?」

女「男が連続殺人犯を殺してきた時……かな? あんなの普通の人間じゃできないもん」

男「……それもわかってたのか」




234:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 17:44:03 ID:UXTbkg1M
女「あたしも探してたからね。連続殺人犯」

男「なるほど。夜中に出かけてたのはそれか」

女「初めは彫刻刀で彫る木片を探してたんだけど、途中からはね」

男「ふぅん。だから気配がごっちゃになってたのか。そりゃ仕事が捗らないわけだ」

女「ごめんね。お仕事の邪魔しちゃって」

男「いいよ。理由があったんでしょ?」

女「理由ってほどのことじゃないけど、なんていうかこう……不快だったから」

男「美学?」

女「まあ、そんな感じかな。後は縄張り意識みたいな」




235:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 17:48:37 ID:UXTbkg1M
女「それで、獲物の臭いを付けた男が帰ってきて、殺意を感じた時間と同じ頃に
  獲物が死んだって報道された。それも、ありえない死に方で。もう間違いないよね」

男「なるほどねぇ。追ってたんならそりゃ気付くか……もう少し気をつけるべきだったな」

女「男が仕事について話したがらなかったから黙ってたけどね」

男「そりゃどうも」

女「聞きたいのはそれくらい?」

男「答えてくれるってんなら」

女「いいよ」

男「……なんで出て行ったんだ?」

女「……」




236:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 17:52:45 ID:UXTbkg1M
女「あたしは、殺人鬼だから」

男「……君は可愛い女の子だよ」

女「もういいの。その言葉はもう……効かない」

男「……」

女「もう無理なの。限界なの」

男「……」

女「前にも言ったよね? 『やめれない。我慢しても気付いたらやっちゃってる』って」

男「ああ。呼吸みたいなもんだから……って」

女「うん。最近はいっぱい食べたり、男とえっちしたりして誤魔化してたんだけどね」




237:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 17:55:25 ID:UXTbkg1M
男「空腹だけど寝て我慢する……みたいなもんか」

女「そう。結局、食べなきゃ人は死んじゃう」

男「でも、俺と会ってから女は人を殺してない」

女「我慢してたからね」

男「これからだってできるさ。

女「……」

男「山ほど料理を作るよ。まだ食べさせてない料理だってあるんだ」

女「……」

男「えっちぃことだって遠慮しなくていい。知っての通り、体力勝負の仕事してるしさ」

女「……」

男「だから……一緒にいよう」




238:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 17:57:23 ID:UXTbkg1M
女「……男はさ、息を止めたままで生きていけると思う?」

男「それは……」

女「ごめんね。たぶんもう自分じゃ抑えられないんだ」

男「……」

女「だから……あたしを殺して。あたしがあたしを止められなくなる前に」




239:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 17:58:59 ID:UXTbkg1M
男「……嫌だ」

女「あたしを殺さなきゃ、あたしが男を殺しちゃうよ?」

男「それでも、俺は……」

女「ここで男が死んであたしを逃がしたって、別の鬼殺しがあたしを殺すよ」

男「……!」

女「別の誰かの手にかかるくらいなら、あたしは男に殺されたい」




240:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 18:02:57 ID:UXTbkg1M
男「……」

女「……ね、覚えてる? ここで最初に会った時のこと」

男「ああ」

女「汚れに汚れて、痩せに痩せてたでしょ? あれ、あのまま死ぬつもりだったんだ」

男「ずいぶん……消極的な自殺だな」

女「そうだね。あの時のあたしは、人を殺してまで生きていたくないって思ってた」

男「……」

女「『今まで自分が食べてた肉や魚がちょっと前までは生きてたんだ』って知って、
  ショックを受けて食事に抵抗を覚えたりすること、誰でも一度はあるんじゃないかな?」

男「……」

女「大抵の人はすぐに割り切って元通り食べれるようになるんだろうけどね」




241:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 18:05:57 ID:UXTbkg1M
女「あたしの場合はちょっと違ったよ。なんせ相手が人間だもの」

男「……」

女「ついさっきまで生きてて、ついさっきまで喋ってて、ついさっきまで笑ってて……
  そんな相手が気付いたら死んじゃってるんだもの。あたしが殺しちゃってるんだもの」

男「……」

女「しかも、食べるでもなくただ殺しただけ。殺された人はたまったもんじゃないよね。
  いや、関係ないか。食べられようが食べられまいが殺された方は一緒だもんね」

男「……」

女「最初は『あ、やっちゃった』って思うくらいなんだけど、時間が経つと思い出しちゃってね……」




242:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 18:08:46 ID:UXTbkg1M
男「それで、この場所で……?」

女「うん。自殺したいってほどじゃないけど、誰かを殺したくはない。結局は死ぬしかない……って」

男「そっか……」

女「いまは死にたくないって思ってるけどね」

男「そっか……」

女「うん。死んでも、男と一緒に生きていたい」ニコッ




243:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 18:11:17 ID:UXTbkg1M
男「じゃあ、なんで出て行ったの?」

女「あたしが生きるには誰かを殺さなきゃいけない。……でも、やっぱりそれは嫌なんだ」

男「……」

女「前に男が言ってくれたように、やっぱりあたしは人を殺したくないんだよ」

男「……」

女「それで、はじめは前みたいにここで死ぬのを待つつもりだったんだけどね……。
  気付いたら男にメール送っちゃってた。寂しかったのかな」

男「そっか」




244:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 18:14:03 ID:UXTbkg1M
女「ごめんね? そのせいで嫌なことお願いすることになったね」

男「……」

女「お願いだよ。あたしを殺して」

男「……」

女「あたしを、助けて」

男「……わかったよ」

女「ありがとう」ニコッ




245:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 18:16:17 ID:UXTbkg1M



女「愛してるよ、鬼殺し」

男「俺もだよ、殺人鬼」







246:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 18:19:01 ID:UXTbkg1M
――――――――
――――
――

男「……」

女「ひと思いに……心臓とか……やってくれれば……よかったのに……」

男「ごめん。少しでも長く一緒にいたかったんだ」

女「あり……がと。あたしもだよ」

男「……」

女「ね……後ろから……抱きしめて」

男「ああ」ギュッ




247:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 18:22:54 ID:UXTbkg1M
女「男の服……汚れちゃう……ね」

男「そんなのいいさ」

女「えへへ……あたしは……両腕取れちゃった……」

男「……」

女「お気に入りの……コートだ……ったのに……なぁ」

男「ごめん……」

女「まあ……許してあげる……」

男「……」




248:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 18:26:13 ID:UXTbkg1M
女「やっぱり……好きだなぁ……この場所」

男「……」

女「花が咲いて……水のせせらぎが聞こえて……優しい風が吹いて……
  ゆっくり雲が流れて……澄んだ空が高くて……星が煌めいて……」

男「……」

女「何よりも……男と会えた……から」

男「……」

女「ね……どうして最初……会った時に……あたしを殺さなかった……の?」

男「このあたりに来てから、女が誰も殺してなかったから……かな」

女「そこは……嘘でも『女に一目惚れしたからさ』……とか……言って欲しかった」

男「もちろん、一目惚れもしたよ」

女「嘘……つき……でも……信じてあげる」




249:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 18:29:33 ID:UXTbkg1M
女「ねぇ……キス……して……」

男「あぁ」

女「ん……。こんなに幸せなの……生まれて初めて……」

男「そっか……」

女「でも……もっと一緒にいたかったな……」

男「いてやるよ。ずっと……一緒だ」




250:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 18:34:13 ID:UXTbkg1M
女「あり……がと……」

男「あぁ……」

女「あい……し……てる……よ」

男「俺もだよ」

女「えへへ……」

男「ははっ……」

女「……」

男「……」

女「……」

男「………………………おやすみ、女」




256:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/25(水) 22:56:38 ID:ZlFQfnf2
鼻血ですぎて献血行けなくなった




257:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/26(木) 17:34:32 ID:0pOUHvCQ
これを読んでたら、いつの間にか部屋が赤く染まってた




260:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 21:19:08 ID:UXTbkg1M
――――――――
――――
――

女「……」パチッ

女「……」ボー

女「……」

女「……あれ?」

男「あ、起きた?」

女「男っ!?」ガバッ




261:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 21:25:57 ID:UXTbkg1M
女「痛っ……!」

男「あー、無理しない方がいいよ。腕ないんだから。ほら、横になって」スッ

女「え……いったい何がどうなって……? あたし、死んだんじゃ……」トスッ

男「死んだら俺の家で寝てるわけないでしょ?」

女「そっか……」

男「そうだよー」

女「そっかー……」




262:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 21:30:29 ID:UXTbkg1M
女「ってそうじゃなくて!」

女「あたし『殺して』って言ったよね!?」

男「言ったねぇ」

女「じゃあ何で!?」

男「殺したくなかったから」

女「な……!」




263:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 21:33:56 ID:UXTbkg1M
男「愛してる女を殺したくなかった」

女「え……あ……えぇ……?/// で、でもバドミントンの時の命令は……?」

男「そんなもん知るか」

女「えぇー!? 」Σ(´д`;)

男「やりたくないことはやりませんよ」

女「む、むちゃくちゃだー!?」

男「それに、あの時ちゃんと『助けに来た』って言ったと思うけど」




264:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 21:37:14 ID:UXTbkg1M
女「じゃああたしの両腕を切ったのは?」

男「あぁ、なんかノリで」

女「最低だっ!?」

男「別にいーじゃん」

女「軽っ!? 腕切ったのに軽いっ!」

男「それで、もう殺せないでしょ?」

女「えっ……」

男「殺したくないんでしょ?」

女「まさか……そのために……?」

男「これで、誰も殺さずに一緒に生きていけるだろ?」




265:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 21:40:58 ID:UXTbkg1M
女「でも、あたし殺人鬼だし」

男「殺すのは我慢してもらう」

女「気付いたら誰か殺しちゃってるかも」

男「もう腕がないから殺せない」

女「脚でも人は殺せるよ?」

男「動かせないように縛るか、それでも無理なら切り落とすさ」

女「噛み殺すことだってできる」

男「口輪でもつけようか。犬みたいに」

女「でも……」




266:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 21:44:09 ID:UXTbkg1M
男「俺の我侭だけどさ。女に側にいてほしいんだ」

女「……あたしで……いいの……?」

男「お前がいいんだ。お前じゃないと駄目だ」

女「男ぉ……」グスッ

男「それとも、俺の側で生きるのは嫌か?」

女「……そんなことないっ!」ブンブン

男「そっか。よかった」

女「男ぉ……っ」トスッ

男「おっと」ダキッ

女「ふつつかものですが……っ……これからも……よろしくお願いします……っ」ポロポロ

男「こちらこそ。よろしく頼むよ」ポンポン




267:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 21:48:28 ID:UXTbkg1M
――○○年後

「お兄ちゃん! 早くしないと遅刻しちゃうよ!」

「わかってるよ。すぐ行くから」

「「お父さんお母さん、いってきまーす」」

「おう、行ってらっしゃい」

「気をつけてねー」

「「はーい」」ドタバタ

ガランガラン
チョットオニイチャン! バールモチアルクノヤメテッテイッテルデショ!
ヤッパリコレガナイトカラダガカルスギテナンカオチツカナインダ

「あの子たち大丈夫かなー」

「大丈夫なんじゃないかな」

「なんで?」

「ん、なんとなく」

女「そうかなー」

男「そうだよ」




268:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 21:50:49 ID:UXTbkg1M
女「でも、殺人鬼であるあたしの血を引いてるんだよ?」

男「『元』殺人鬼ね。もう君はただの可愛い女の子だよ」

女「女の子って、もうそんな歳じゃないよー。子供2人も高校生だし」

男「そうかな? まだまだ現役だと思うけど」

女「はいはい、片付けちゃうからお皿重ねてねー」

男「動じなくなったなぁ」カチャカチャ

女「そりゃもう、長い間一緒にいますから」




269:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 21:53:14 ID:UXTbkg1M
男「手伝おうか?」

女「大丈夫。そもそも日常生活する分には問題ないように作ってもらったんでしょ? この義手」

男「まあそりゃそうだけど」

女「何か飲む?」

男「ん、じゃあココア」

女「はいはい。好きだねー。ま、あたしも好きになったけどさ」




270:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 21:56:13 ID:UXTbkg1M
女「はい、どうぞ」コトッ

男「ありがとう。ん……うまい」

女「今日はお仕事は?」

男「久しぶりに休みだねぇ」

女「そっかー。じゃあ久しぶりにデートでもする?」

男「いいよ。映画でも見に行こうか」

女「いいねー」




271:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 21:59:30 ID:UXTbkg1M
女「ありがとね」

男「ん?」

女「あの時、あたしを殺さないでくれて。あたしの中の鬼を殺してくれて」

男「いつも言ってるね」

女「いつも思ってるの」

男「そっかぁ」

女「そだよー」




272:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 22:02:53 ID:UXTbkg1M
男「でも、女の中の鬼を殺したのは女自身だよ」

女「うん……」

男「よく頑張ったね」ナデナデ

女「えへへ。でも男が支えてくれたからだよ」

男「あれくらいなんてことないよ」

女「嘘つき……」

男「嘘じゃないさ。女と一緒にいるためなんだから」

女「もう……。ありがとね。愛してるよ、男」

男「俺も愛してるよ、女」

女「これからもよろしくね」

男「ああ。これからもずっと一緒だよ」

                     おわり




273:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 22:06:24 ID:UXTbkg1M
終わりです。読んでくれた人、支援してくれた人ありがとう。
もう鼻血も出なくなるだろ。




274:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 22:07:56 ID:S/bNnI.c
おつ




275:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 22:11:35 ID:NooaGHdw
乙!




276:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 22:14:15 ID:3fkBMu1Y
おつ




277:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/28(土) 22:23:05 ID:AOun/C8Q
鼻血だし尽くした乙




281:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/29(日) 12:18:53 ID:4wFNDGOc
おつおつおつ!!

これでやっと耳鼻科いけるぜ…




 

SS宝庫最新記事50件