1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 19:28:21.53 ID:l6/pIbnf0
少年「え?」

幼「はい、これメディア。聴けるやつ持って来てたよね?」

少年「え? 何が入ってるの?」

幼「だからぁ、私の喘ぎ声だってばww」

もっと知りたい!オンナのコのひとりえっち


元スレ
幼馴染「喘ぎ声を録音したからあげるねwww」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1323858501/
DAT:ここを右クリックして名前をつけてリンク先を保存


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 19:29:52.48 ID:l6/pIbnf0
幼「あ。信じて無いでしょー? ひどーい」

少年「そりゃあ……っていうか、ホントに入ってても困るけど」

幼「だってさ、少君、叔母さんの家に居候中なんじゃん?」

少年「? うん。夏休みの間はお世話になる予定」

幼「こっちが地元なんだから、今年もみんなで来れば良かったのに」

少年「うん……でも忙しいみたいなんだ。ところで、それがどうしたの?」

幼「うひひww 居候だし。こんな田舎だし。ひとりエッチのオカズに苦労してるんじゃないのぉ?」

少年「ブッ!? お、女の子がそーいうこと言うなよ!―――で、まさかこれ、本気で入ってるんじゃ」

幼「帰って聴いてみれば分かるって。あっ、それと!」

少年「ん?」

幼「オカズにしたらちゃんと報告してね?wwww」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 19:33:18.90 ID:l6/pIbnf0
―叔母の家

少年「ただいま」ガチャ

叔母「おかえりっ。お菓子あるけど、おやつ食べる?」

少年「……ごめんなさい。今食べると、夕ご飯入らなくなっちゃいそうだから」

叔母「そっか残念。じゃあ、夕食の用意できたら呼ぶから、ゆっくりしててね」

少年「はい。お世話になります」

トタトタトタ…バタン

少年「……」

少年(携帯プレーヤー持ってきてて良かったな。外に漏れずに聴ける)

少年(あ、喘ぎ声ってのは……さすがに冗談だとは思うけど……)ドキドキ

ポチッ

『――――――ンっ』

少年「!?」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 19:37:04.83 ID:l6/pIbnf0
『ん、ぅっ……えへ……やっと盛り上がってきたから、ここから録音しまぁす』

『あ。ちなみにオカズは、女子二人の間でフラフラしちゃう、優柔不断男子のちょいエロな漫画だよ』

『ぁ、ぁン、くぅ……んっ、聴こえてる?』

少年(こ、、、これって! 本当に!?)

『今ぁ、私……タンクトップとパンツだけで、ベッドに転がってるから……ンン、ぁ……想像してね?』

『私が自分の指で、胸とかアソコとかいっぱい……イジってるぅ、とこ♥ ハァ、ハァ……ぁ、ぁっぁ!』

少年「……ゴクッ」

『ハァ、くぁ。オ○ニー、気持ちいいよぉ……ンっ』

『ぁぁ、ん、ハァ、ぁン! ぁ、ぅぅっ、ふぁっん』


少年「はぁ、はぁ、はぁ」




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 19:37:30.93 ID:l6/pIbnf0
―幼馴染の家

少年「幼ちゃん!」

幼「やっほー。 ゆうべはおたのしみでしたねww」

少年「なんでドラクエ風なの? いや、そんなことより、これっ!」カタッ

幼「そっちできちんと聴けた? 少し心配だったんだ」

少年「途中でなんかちょっと、音が途切れてたけど―――そうじゃなくてっ」

幼「ウソっなんでだろ。あ、でも、ってことはじっくり聴いてくれたんだwww」

少年「あぐっ……ま、まぁその……じっくりってわけじゃ……」




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 19:41:23.11 ID:l6/pIbnf0
少年「と、、とにかく! よくないよ、こういう事するの」

幼「少君って真面目だよねww 相変わらず。でもやっぱりオ○ニーはしちゃった?」

少年「え」

幼「『え』じゃなくて。私の喘いでる声でぇ、少君もオ○ニーしたかなーって質問してるの」

少年「ぁ、う ///」

幼「使うだけ使っておいて、白状せずにお説教はズルイと思いまーすwww」

少年「…………ごめん。しちゃった」

幼「うひひww 謝んなくていいよ。その為に渡したんだもん」




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 19:42:21.71 ID:l6/pIbnf0
少年「だけど、僕のプレーヤーに移したデータはちゃんと消しておいたから」

幼「えー。つまんない」

少年「あとさ、うひひって笑うのはやめたほうが」

幼「えー……ねえ、メディアのほうにはまだ残してあるの?」

少年「うん。借り物だし、勝手に消すのはマズいかなって思って」

幼「ふぅん」

少年「でももう、今消しちゃったほうがいいよ。つ、使っておいて、説教じみてて悪いけど」

幼「はーい! じゃあちょっと待ってて」




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 19:45:09.06 ID:l6/pIbnf0
幼「さっきの話の続きだけどー」カチカチ

少年「? なに」

幼「少君にだけ告白させるのもズルっぽいよね―――実は私も昨日しちゃった。オ○ニー」

少年「!?」

幼「私のえっちな声で興奮してモゾモゾしてる少君を妄想して……いっぱい」

少年「そ、、だ、だから、女の子がそういうの言っちゃダメってば!」

幼「はいこれ。また貸してあげる」カタッ

少年「メディア……なんで??」

幼「ふひひww 昨日のその喘ぎ声録った分も、追加しといたから……ね♥」




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 19:47:23.06 ID:l6/pIbnf0
―叔母の家

少年(結局、押しきられて持ってきちゃった)

少年(まあでも、聴かなければいいんだ……ダメとか色々僕が自分で言ったんだし)

少年(聴かなければ……もし聴いたって、バレたりするわけじゃないけど……)

少年「……」ドキドキ

少年(バレたって……お、幼ちゃんは……むしろ聴けって……言ってて―――)



少年『―――実験?』

幼『そ。私ってね、性格こんなんじゃん?』

少年『こんなん?』

幼『親同士の付き合いで仲良くはしてても、女の子としてはびみょーでしょ』

少年『そんな……一緒にいて面白いよ』

幼『面白い、だしww まーいいの自業自得だもん』

少年『……』




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 19:49:35.90 ID:l6/pIbnf0
幼『けどねぇ、顔と身体は超自信ある! 私の大切な宝、日本の宝です』

少年『日本まで。あれ? それで実験の話は』

幼『あ、だから。よく言うでしょ。カラダだけ目当てなの!?とか、ココロとカラダは別よ!とか』

少年『うん』

幼『でもそーいうのって切り離せる人ばっかりじゃないし。多分ホントは切っても切り離せない?的な?』

少年『……そうかもね。よく分かんないけど』

幼『……私も分かんない。だから少君に、カラダ目当てで散々私をオカズにし倒してもらってww』

少年『なっ ///』

幼『そしたら、ひょっとしてココロも私のこと好きになってきたりするのかな?って。そういう実験』



少年「……」

ポチッ

『――――――ぁ』




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 19:52:22.25 ID:l6/pIbnf0
『ふぁ、ン……ぁ、ぁ、少くっ……ンぅ、ぁっ……』

『今回はぁ……ぅっ、ぁ、ぁっ……! ひとりエッチしてる少君をぉ、想って……ムラムラして、まぁす』

『んっ、んぁ、ン……ハァ……ハァ、ぁ、くぁ』


少年「……はぁ、はぁ」


『少君も……私でたくさん、ムラムラ……して、ぇ……ンぅ……びゅぅってしゃせー、してみて』

『私で、エッチなこと……妄想して……! く、んぅ、ぁっぁ!』

『ハァ、ハァ、ん、ぁ、少君っ少くぅん……ぁ、ぁンっぁ、あぁ! イケそっ、ぁ!!』




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 19:52:45.98 ID:l6/pIbnf0
少年「はぁ、はぁ、はぁ」

叔母「少くーん!」

少年「!?」ビクッ

叔母「お姉ちゃんから電話ー」

少年「はっ、はい! 今降りますっ」




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 19:56:01.62 ID:l6/pIbnf0
姉『―――そっちいる間だけでも携帯持たせとけば良かったね』

少年「どうしたの?」

姉『お母さんがそっちに果物とか送るって。なにかリクエストある?』

少年「んー……任せるよ」

姉『何でもいいなら、うまい棒敷きつめとく。幼ちゃんには会った?』

少年「う、、、うん。相変わらず騒がしい」

姉『そっかぁ。ちっちゃい頃は少年と二人で大人しくて、女ちゃんばっかり元気だったけどねぇ』

少年「そうだった気もする」

姉『ま、じゃあ、お母さんにはテキトーに伝えとく』

少年「うん」

姉『女ちゃんのお墓参り忘れずにね。あの子霊感強かったから、放っとくと怨まれちゃうかもよ?』

少年「僕、姉さんと違ってレイとかレーカンとか信じてないから。でも礼儀だからちゃんと行くよ」

姉『そーいうところ子供っぽくなくて生意気……』

少年「…………姉さん」

姉『うん?』




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 19:59:13.78 ID:l6/pIbnf0
少年「電話ありがとう。様子確かめようと思ってくれたの?」

姉『あー……まぁ。うん。それも少しね』

少年「僕は―――すぐ落ち着くと思う。心配かけちゃってるけど、そんな大げさなことじゃないよ」

姉『あのさ…………お父さん、バカだけど、あんなの軽口叩いただけだから。脳筋なの。反省してる』

少年「分かってる。姉さんにまで、とばっちりでヘンなこと考えさせたみたいでごめん」

姉『……こういう時に、そうやって私のほうに気を使えるトコ、凄いと思うわ』

少年「き、切るよ」

姉『なーに照れてんの。家のことがどーだろうが、あんたは私の自慢の弟だからね?』

少年「姉さんこそ、そういうの、言ってて照れない?」

姉『照れないよぉ! だけど少年はもちょっと気楽に生きていいよ。愛してるぜべいべー』

少年「……べいべーて」




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:00:02.42 ID:l6/pIbnf0
―翌日

幼「はーい。ゆうべはおたのしみでしたか?ww」

少年「それ言う決まりでもあるの?」

幼「あるよwwww どこ向かってるの?」

少年「女ちゃんのお墓参りしとこうと思って」

幼「あ…………そぅ」

少年「?」

幼「私も一緒に行く」




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:02:23.57 ID:l6/pIbnf0
テクテクテク

少年「昨日、姉さんと電話してたら、女ちゃんの話が少し出てさ」

幼「うん」

少年「それで思い出したんだ。大抵は女ちゃんが、僕らをあちこち引っ張って行ってたなって」

幼「……」

少年「なのにお墓だけはイヤがって……霊が出るからって言ってさ。僕はそういうのピンとこないけど」

幼「……」

少年「でも、そう言ってた女ちゃんにだけは、あそこ行くと会えるのかなって気がしてくる。ゴメンね」

幼「え。なんで唐突に謝ってんの?」

少年「いや、だってちょっと……無神経だったから。幼馴染ちゃんは、その、事故の時……」

幼「一緒にいたこと? もう何年も経ったし、自分でついて来といて話題NGなら私バカじゃん」




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:02:58.80 ID:l6/pIbnf0
少年「けどさ。テンションひっっっくいよ?」

幼「まあショックは残ってるけどー、なんだーそういうゴメンかぁ」

少年「ん?」

幼「『他の女の話で嫉妬させてすまないね、キスしてやるぜぶちゅぅ』みたいなのと違うのぉ?」

少年「僕どんなキャラなのかな、それ」




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:03:46.34 ID:l6/pIbnf0
―墓地

幼「私、お線香の匂いって好き」

少年「僕も」

幼「ねえ…………結局、女ちゃんと三人で墓地まで来たことあるのは覚えてる?」

少年「え。そうだっけ」

幼「散々イヤがっといて、いざ来たらすぐ元気になってハシャいでさ。『霊は昼間は寝てるみたい』って」

少年「女ちゃんらしいや。あの頃って幼ちゃんはわりと内気だったよね?」

幼「…………そうだったかなあ」

少年「そうだよ。でも、昼間寝てるなら、墓前で女ちゃんに挨拶しても聞いてなかったりして」

幼「関係ない。どっちにしろ、この下にあるのは抜け殻のそのカケラだもん」

少年「ま、、、まぁ、そうだけど」

幼「……」

少年「幼ちゃん? やっぱり今日ヘンだよ、なんか」




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:05:03.31 ID:l6/pIbnf0
幼「よしっ。やっぱキスしよう」

少年「―――きす? なに?」

幼「ぜーんぜん触らないで音声ばっかりじゃ、かえってよっきゅー不満でしょ? キスしてみよ」

少年「な!? なに言ってんだよ急に……第一、墓地でそんなこと」

幼「少君ってオカルト信じないタイプだし。そしたら不謹慎とか無いよね」

少年「そ、そーいうコトと、こーいうコトは別で―――」

幼「平気だよ。霊がいたって昼間は寝てるから……ね。誰も見てない」スッ

少年「ダ……っ、ダメだって!」




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:07:59.33 ID:l6/pIbnf0
幼「ダメなのぉ? ぶー。じゃ、桶の残ってる水使うのはいい?」

少年「え、、? えっと。何に使」

ザバッ

幼「ひゃう! 冷たっ―――ふひひww 水も滴るいい女になってみた」

少年「お、幼ちゃん!? ホントなにやってんだよっさっきから」

幼「手ーちょうだい」

ムニュッ

少年「!!???」

幼「なにしてるって、決まってんじゃん。少君をゆーわく♥しようとしてるの」




42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:08:35.55 ID:l6/pIbnf0
少年「誘惑、てそんな」

ムニッムニッ

少年「ぁ、ぁう、あ ///」

幼「顔真っ赤ww どぉ? けっこう大っきくなったでしょ。少君もちらちら気にしてたよね……おっぱい」

ムニッムニッ

少年(や……やわらかぃ。うぁぁっ)

幼「今だけ、好きなだけじろじろ見放題。濡れてぴったり形出て、肌透けて……えっちな感じ、しない?」

少年「うぅ、お、幼ちゃ……マズイって」ゴクッ

幼「なら力づくで振り払えばいいのにww そしたらチャンス逃しちゃうけど……ンっ」

少年「!?」ビクッ

幼「ハァ……少君に触られてるんで、コーフンしてきちゃった。少君も……ダメって言うくせに」




45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:10:18.09 ID:l6/pIbnf0
幼「コーフンしてるよね? おち○ちんのとこ、膨らんじゃってるから丸分かり……ほら」サワッ

少年「ぅ、ぁっ!……はぁ、はぁ」

幼「そのまま動かないで。キス、するから」

少年「―――っ!?」

少年(お……幼ちゃん……なんだか怖い。けど)

少年(身体が、、、言うこときかな……っ)

幼「ん……」

少年「つ…………ぁあああっ!」ドンッ

幼「きゃっ!?」




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:11:24.51 ID:l6/pIbnf0
少年「はぁ、はぁ……あ。幼ちゃん、大丈夫ッ!?」

幼「いっつ。お尻が痛い。それだけだけど」

少年「ごめん……突き飛ばしたりして―――その、びっくりしちゃって」

幼「ふんっ。いーよーだ。少君のヘタレ! ミトコンドリア!」

少年「ミト……いや、だってさ、やっぱりお墓参りなんだし。イ、イヤだったわけじゃ、ないんだけど……」

幼「草食動物的なナニカ!」

少年「……」

幼「ふー。まぁ……私のほうが調子乗りすぎだよね。少君ごめんなさい」ペコリ

少年「そんな。謝られるようなことじゃないよ。こっちこそ」

幼「え、そう? じゃあ改めてキスしよーww ん〜」

少年「…………片付けて帰ろ」




48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:12:59.92 ID:l6/pIbnf0
―数日後―叔母の家

幼「ねー明後日、プール行かない?」

少年「プール? この辺にあったっけ」

幼「バス乗らなくちゃだけど、○町のほうに出来たの。で、お祭りあるからそれ寄ってこ」

少年「うーん。でも夜出歩くのに僕らだけじゃ……」

幼「平気。お祭りには私のお父さんとお母さんも来て合流するから」

少年「なら、叔母さんにいいかどうか聞いてみる。ちょっと待ってて」




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:14:16.05 ID:l6/pIbnf0
少年「―――OKって!」

幼「やった! じゃ、明後日お昼食べて、気が向いたら迎えにくるね」

少年「気が向いたら!?」

幼「絶対向くからww だいじょーぶーってば。そ、れ、と」

カタッ

幼「はい今日の分」

少年「ぁ。ぅ…… ///」

幼「またすぐ赤くなるぅ。やだなぁもう、可愛い♥」




51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:15:58.66 ID:l6/pIbnf0
幼「これね、今朝こっそり録った、喘ぎたてほやほやだよ」ボソッ

少年「〜っ」

幼「実験なんだから遠慮なく持ってって。ただ少君もぉ、もーちょい素直になってくれても良くない?」

少年「素直……って?」

幼「ふひひww ちゃんと昨日もしてくれた? 私の……で、オ○ニー」

少年「う……ぅん」

幼「そしたらさ、こうして毎日喘ぎ声贈られるの、ホントは迷惑? それともホントは、楽しみ?」

少年「…………………楽しみに、なってる。幼ちゃんの……喘いでる声」




53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:17:32.57 ID:l6/pIbnf0
少年(こうやって、一人になったら、すぐ……何回も、聴くようになっちゃってるし……)

『おっぱい……ハァ、私、ノってくると、わりと感じるんだ……ぅ、ンぁ、ン』

『……だからぁ、今両手でもにゅもにゅしてみたり……ハァ……さきっちょとか、ぁ、ぁっぅ、弄ってる、トコ』

少年(……やめられなくなってる……ここ、叔母さんの家なのに―――!)

『ねえ。少君……ハァ……こないだおっぱい触った時の、感触、思い出してみてね……?』

少年「……ゴクッ」




55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:19:16.61 ID:l6/pIbnf0
『ンっぁ! ぁぁ、ハァ、ハァ……下もぉ……おフトン、固めて。擦ってぇぐりぐりぃ……って、ぁ、ふぁん!』

少年「はぁ、はぁ、はぁ」

『いいよぉ……わ、私もっぉ……少くんの、手、思い出して……んっぁ、ぅ……――――――』

少年(あ……まただ)

『――――――……ぁ、ぁ、ぁ! ふぁ、ン……』

少年(……これ、なんなんだろ。どれも必ずどっかに途切れがあるなんて)

少年(なのに幼ちゃんの方だと、そんなの無くて聴けるって言ってた……機器の相性とかなのかな?)




57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:21:03.68 ID:l6/pIbnf0
―プール

幼「じゃん! どぉ? どぉ?」

少年「う、、うん。か……可愛い」

幼「言いながら目を逸らすww ほら、見てって言ってるんだからしっかり見てよーエロい目つきで」

少年「エロ前提?」

幼「私は少君のこと、エロエロに見てるよー。ふひひww」




58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:23:39.83 ID:l6/pIbnf0
幼「あれだよねっ。脱ぐと案外しっかりした身体つき」

少年「身体づくりはしてるから……一応」

幼「てゆかさー、気合入れて水着来てるのに、男子からそーいう風に意識されなかったら切ないじゃん」

少年「いや、ちゃんと可愛いってば! お世辞で言ったわけじゃないよ」

幼「油断してたらち○こ勃っちゃうくらい?ww」

少年「なんでそーいう表現かなぁ」

幼「んー。ま、いいや。行こっ」グイッ

少年「うん」

幼「アトラクションとかヌルいのは後! まずは競泳できるとこで動けなくなるまで勝負ね!」

少年「三本勝負くらいでやめとかない?」



バシャバシャバシャ

幼「ひゃぅww 冷たくてきもちー」

少年(ホント、可愛いなぁ)




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:24:15.18 ID:l6/pIbnf0
―祭り

少年「こんばんは」ペコリ

幼母「こんばんは少君。いつも幼の面倒見てくれてありがとうね」

幼「えー、なにそのベタな感じ」

少年「い、いえ。僕のほうこそ」




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:25:47.51 ID:l6/pIbnf0
少年「幼ちゃんのおかげでお祭りにも来れたし、夏休み楽しく過ごさせてもらってます」

幼母「今度、ウチにもまた遊びに来てね?」

少年「はい、是非」

幼父「……」

幼「お父さん。『ウチの娘もこんくらしっかりしてたらなぁ』って思ってるっしょ?」

幼父「いやー、同い年なのになー」

幼「ねー?」

少年「///」

幼父「さて、花火上がるまでまだあるから、少しブラつこうか」




61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:26:41.84 ID:l6/pIbnf0
幼「……少君、少君。臨時おこづかいGETしてきたwww これで二人で抜け出してもへーき!」

少年「はぐれたら後が大変だよ」

幼「待ち合わせ場所も決めたから。しばらくなら屋台好きに回ってきていいって」

少年「でも」チラッ

幼母「…」

幼「ほら、手振ってるし。ね」




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:28:28.19 ID:l6/pIbnf0
スタスタ

少年「幼ちゃんのお父さんとお母さんって、おっとりしてて優しいよね。昔から」

幼「そーなの。いい人過ぎて、たまに泣き喚きたくなる」

少年「泣くの? あとこっち行くとあんまり屋台無いよ」

幼「……私、悪い子だから」

少年「? 幼ちゃん?」

幼「屋台なんてほっといて、周りに人……いないところ行きたいなぁ」ギュッ

少年「!?」

幼「いこ?」




63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:30:28.31 ID:l6/pIbnf0
幼「結構離れちゃったけど―――ここだったら花火も見えるよ」

少年「……うん」

幼「少君……ん……っ」

チュッ

幼「ふひひww キスしちゃったww 今日は、ダメって言わないんだ?」

少年「……墓前じゃないから。『イヤなわけじゃない』って、あの時も……」

幼「じゃあ……もっとしよ」ギュッ

チュッ…チュウ

幼「んちゅ、ん……はぁ……えへ。ン、ちゅぅ、んちゅっ……」

少年「はぁ、はぁ……」

幼「ひょっとしてで聞いちゃうね。私のこと、好きになってきた?」

少年「―――うん―――幼ちゃんのこと好きだ。んむぐっ!?」

幼「ちゅーっ、んむ、ちゅ」




64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:31:28.43 ID:l6/pIbnf0
幼「……ん、んむ、ん、はぁ、ンン」

チュゥ、チュプ、チュ…チュクッ!

少年(うぁ……っ、舌……!)

幼「はむ、んちゅ、ちゅくっん……れろ、ちゅぷっれるれる」

少年「ん、んぁ……はぁ、ん〜、ぁ……はっ」

少年(熱い……頭、ぼぅっとする……幼ちゃん……っ)

幼「はぁぁ……キスってきもちー」

少年「う、うん ///」

幼「少君もきもちーんだww さっき『好き』って言ってくれたから、私もうちょい頑張っちゃお」

少年「?」

幼「そのまま、じっとしてて……」




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:34:37.03 ID:l6/pIbnf0
幼「……」スッ

カチャカチャ

少年「!? お、、幼ちゃ」

幼「こっちにもキス、してあげる」

少年「な、や、でもっ」

幼「んしょ……わぁ、少君ガッチガッチ」

少年「っっっ ///」

幼「……ちゅっ。れろ、ちゅぷ」




68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:35:39.74 ID:l6/pIbnf0
少年「ふぁ、ぅっく……ぁ」

ドォーン!

少年(あ―――花火、が)

ドォーン!

少年「ぅぅ、あ、く、ああっ……幼ちゃ……」



―――ジャナイ!!!!

少年「!?」ビクッ




70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:36:44.04 ID:l6/pIbnf0
少年(…………部屋?)

少年(あ、そっか。お祭りから帰って。着替えずに寝ちゃったんだ)

…ァ…ンァ…

少年(音量踏んで上げちゃったのか。音漏れしてる……部屋の外までは届いてない、よな?)

少年(僕……幼ちゃんの喘ぐの聴きっぱなしで寝てたんだ ///)

少年(いい加減、聴くのガマンできるようにしないといけないよな…………けど)


幼『じゃね、少君。また泳ぎ行こう。あとさー』

幼『明日ならぁ……家いるの私だけだからwww エッチぃことしにおいでよ、ね♥』


少年「……」ドキドキ

少年(幼ちゃん…………あれ?)

少年(――――――さっきの音って、なんだったんだろ。喘ぎとかとは……違ってた……?)カチカチ




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:38:02.61 ID:l6/pIbnf0
『ぁ、ん、ぁぁっ……ぅ――――――……ぁぁン! ぁ、ぁ』

少年(この辺かと思ったけど。でも途切れて、る、だけ…………あっ!)

少年(もしかして。途切れてるんじゃ無くて音量が小さくなってるだけ、とか)カチカチ

少年(……ここらで、音上げて……みれば)


―――アナタガ


少年(やっぱり!)


アッテルノハ幼ジャナイ!!!


少年「…………え?」




75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:40:13.04 ID:l6/pIbnf0
少年(なんだ今の。『あなたが会ってるのは幼じゃない』……? 幼じゃないって……幼ちゃんの声だし)

少年(幼ちゃんのイタズラかゲームなのかな。僕がこれに気づくかどうか?)

少年(毎度途切れてたのもわざとか……じゃあ他の、音が無いって思ってたところも……)カチカチ


―――ダマサレナイデ。キヅイテ

少年「……」

―――アナタガアッテルノハ幼ジャナイ!!!
―――幼ハ
―――カラダヲ、ウバ、ワ、レ、タ




80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:42:40.22 ID:l6/pIbnf0
―――カラダヲウバワレタ
―――コエデクベツ……デキナイカラ……ナマエデツタエル
―――女ガ、幼ノ、カラダヲウバッタ!!
―――ダカラワタシ、ヲ

少年(な、、、なんだよ、これ。趣味悪いって)

少年(幼ちゃん……僕を怖がらせようと思って、こんな―――こと―――)



私ってね、性格こんなんじゃん? けどねぇ、顔と身体は超自信ある! 私の大切な宝 
ちっちゃい頃は少年と二人で大人しくて、女ちゃんばっかり元気だったけどねぇ
あの子霊感強かったから
大抵は女ちゃんが、僕らをあちこち引っ張って行ってたなって
あの頃って幼ちゃんはわりと内気だったよね?
この下にあるのは抜け殻のそのカケラ いい人過ぎて、たまに泣き喚きたくなる

……私、悪い子だから



少年「……」ドクンッドクンッ




83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:44:10.96 ID:l6/pIbnf0
少年(あ……っ、ありえない! 身体を奪うとか、そんなのあるわけない! 考えすぎだっ)

少年(第一、機器のせいで音が消えてたとかじゃないなら―――)

少年(こんなのが入ってるせいで途切れて聴こえてたなら―――)

少年(幼ちゃんだって変だって気づく。なのに……幼ちゃんのほうでは全部きちんと聴けてるって……)

少年(そうだよ! なんだ。やっぱり幼ちゃんがイタズラして、知らないフリしてただけだ)

少年「……」

少年(……どうせ、中身移してメディアは幼ちゃんが持ち帰ってるんだから。今確かめよう……ない、し)




84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:45:03.35 ID:l6/pIbnf0
ギシ…ギシ…

少年(叔母さんも叔父さんも寝てるよな。静かにしないと)

少年(ここのオーディオ、確か僕のから移せたはず。ヘッドホンの穴は……あった)カチャカチャ

ポチッ

『いいよぉ……わ、私もっぉ……少くんの、手、思い出して……』

少年(あるわけない、ありえない。霊とか。幼ちゃんが)

『んっぁ、ぅ……イ、ぁ、ハァっぁぁ! イけそっ、んぁ、ぁぁぁっ……ぁく、ぁ!』

少年「!!!」


少年(途切れ、、が、、、、、、ない)




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:46:06.24 ID:l6/pIbnf0
―翌日

叔母「それじゃ私出かけるけど。具合大丈夫?」

少年「……寝てれば良くなると……思います」

叔母「そう……無理に起きなくてもいいけど、ご飯は冷蔵庫入れとくね」

少年「はぃ……」

叔母「お腹すいたら食べて。他にも、家の中の物は好きにしていいから」

少年「はぃ……すみません。行ってらっしゃい」




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:47:14.00 ID:l6/pIbnf0
少年「……」

少年(移したらどれも、普通に聴けた……なのにまた僕のに入れ直すと―――)

少年(あ、あのメッセージ……浮かび上がってくるみたいに……こんな……こんなのって)

ピンポーン!

少年「!?」ビクッ

ピンポーン! ピンポーン!

少年「……」ガクガク


幼「少くぅーん。いーまーせーんーかー」


少年「ハァ、ハァ、ハァ」




90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:49:27.54 ID:l6/pIbnf0
少年(か、、、帰った。よな?)

少年(どうしよう。どうしようどうしよう。どうすれば。誰か、誰か助けて!!)

少年(そうだ―――姉さんに!)

ドタドタドタ

少年(電話、出て! 姉さん!)



姉『―――はい。姉ですが』

少年「あ、あ、姉さん!」

姉『はい姉ですよ』




91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:52:05.81 ID:l6/pIbnf0
姉『……』

少年「こんなの、バカみたいだけどっ、僕、霊とか信じないって言ってたくせに……だけど!」

姉『……』

少年「嘘でも騙してるわけでもなくてっ、僕じゃ……どうしていいか! お願いだから信じて!!」

姉『―――まずね。話通りなら幼ちゃん……女ちゃんか。あんたに危害を加える様子は無いんだね?』

少年「き……がい? う、うん。そういう感じは全然……」

姉『ならひとまず怯えなくてもいい。っぽいんじゃない? 怖いのは分かるけど、落ち着いて』

少年「姉さん……あ、あの。信じてくれてるの……?」

姉『んーとね。私、高校で生徒会の書記してるでしょ? そこの生徒会長がおっぱい星人の末裔でさ』

少年「…………お?」

姉『遠いおっぱい星から移住した宇宙人の子孫。しかも、本物のおっぱい星人が私の恋人。スゴイ?』

少年「意味が……あ、そ、そっか。いきなりおかしな話されても信じられるわけない……よね」

姉『そんな皮肉じゃなくって! 私の周りもメチャクチャだから、あんたの話くらい信じるってコト』

少年「いや。それにしたってないよおっぱい星人は」

姉『ふんっ。今度会わせてやるから覚悟しとけ』




92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:52:26.57 ID:l6/pIbnf0
姉『私の……というか会長の知人で、お祓いとか本格的にやってる巫女さんがいるの』

少年「ミコ? って、神社なんかの巫女?」

姉『そう。そっちに相談したほうがいいだろうから、アポ取ってみる! 一旦切るね。待ってて』

少年「うん……ありがとう! 姉さん」



トゥルルルル

少年「! もしもしっ」

幼『あー、やった、少君出た』

少年「ッ!?」

幼『なかなか来てくんないから、さっき私のほうから押しかけちったwww』

少年「……」ドクンッドクンッ

幼『でも誰もいなくって。どっか出かけてた?』

少年「ぁ、ぅ……」

幼『少君?』




93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:53:02.86 ID:l6/pIbnf0
少年「ご……ごめん。僕、体調が悪くて。その、ずっと寝てて……今、少し起きて」

幼『え、具合悪いの!? 風邪?』

少年「風邪じゃなくて、えっと……なんていうか疲れ……ちょっと疲れが……」

幼『そっかーざんねーん。ゆっくり休んで、オ○ニーは控えめにねww ふひひwww』

少年「……」

幼『……少君、ホント大丈夫? 』

少年「う、うん」

幼「?」

少年「いやほら……前から気づいてたんだけど。うひひをふひひに変えてもあんまり意味無いなって」

幼『あれ。そう? でもこれ以上変えるところないよぉ』

少年「無い、かなぁ?」

幼『んー、でも愛しの少君がそう言うなら、考えとく。元気になったら電話ちょうだいね!』

少年「…………うん」




94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:54:21.60 ID:l6/pIbnf0
巫女『私の知見の限りでは―――申し訳ありませんが、にわかに信じがたいお話ではあります』

少年「え……っ」

巫女『ご説明致しますので、心穏やかに聞いてください』



巫女『霊を肉体に憑依させる術法は確かに存在します。口寄せなどと称されるものです』

巫女『相応の修行を得たイタコなどであれば独力で―――』

巫女『もしくは、素養のある方を器とし、私達のような者が儀式をお手伝いすることで』

巫女『けれどどちらも、器となる者が自発的に霊を受け入れ、短時間の憑依のみを可能とする術……』

巫女『霊による強制的な憑依では……それ自体滅多にはございませんが、より瞬く間に終わります』

巫女『肉体と、肉体の本来の持ち主である魂の結びつきに勝てず、弾き出されるためです』



少年「それじゃあ」

巫女『いかに霊力が強くとも一般の方が、他者の身体を奪い取り長年支配を続けるというのは―――』

少年「やっぱり僕の勘違い、ってことなんでしょうか?」

巫女『仮に…………ありうるとするなら、ですが。かなり特異な条件が必要となるでしょう』




97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:55:40.35 ID:l6/pIbnf0
巫女『憑依側の霊力が図抜けて強いのは無論。肉体側との霊的な相性が際立って良く、その上で』

少年「……」

巫女『比類なき思念の爆発の際、息が届くほど傍にいたなら。尚可能性は低いものの、あるいは』

少年「思念の爆発って……例えばどんな」

巫女『例えば―――苛烈な死の瞬間』

少年「ッ!?」

巫女『心当たりがおありなのですね?』

少年「……女ちゃんが……家族で事故にあって亡くなった時に……」

巫女『……』

少年「一緒に車に乗っていて、たった一人生き残ったのが……! 幼ちゃんなんです……!」




100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:56:39.38 ID:l6/pIbnf0
カチャカチャ

少年(ご飯……あっためたほうが良かったな……冷たい)

少年(まぁいいか。お腹にたまれば)

少年(明日になれば……巫女さんが来てくれて……)



少年『どう、するんですか?』

巫女『私自身の目で確かめてからになりますが―――お話の通りであるなら、祓う事になるでしょう』

少年『……っ』

巫女『死者が生者に害をなしているのなら、捨て置くことはできません』

少年『……僕は、どうしたら』

巫女『今日一日、その女性とは接触せず屋内でお過ごし下さい。明日午前にそちらにお伺い致します』



少年「……」モグモグ




102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:57:33.09 ID:l6/pIbnf0
バタンッ

少年「幼ちゃん!!」

幼「少君! もう平気なの? てゆーか呼び鈴も押さずに飛び込んでくるなんて情熱的」

少年「はぁっ、はぁっ……」

幼「実はそこまでエロいことしたかった?」

少年「違……じゃなくてっ。君は」

幼「?」

少年「君は―――女ちゃん―――なの? 幼ちゃんの身体に……っ、女ちゃんがいるの?」

幼「うわ、なぁにそれー。いきなり」

少年「……僕の音楽プレーヤーに入ってたんだ。君の声に紛れて、幼ちゃんからのメッセージ」

幼「……へえ」

少年「他の機械だとそんな音聴けないのにっ! 何回消して入れ直しても浮かんで来るんだ」

幼「……」

少年「『身体を奪われた』、って」




104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:59:07.27 ID:l6/pIbnf0
女「ふぅん。幼ちゃんやるなぁ」

少年「!? 女ちゃ」

女「しっ。黙って」

少年「―――っ!」

少年(え、なんだ!? 喋れな、くっ)

女「ついて来て」クルッ

少年「ッ! ッ!」

少年(か……勝手に動いて……操られてる!?)




105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 20:59:44.47 ID:l6/pIbnf0
女「ちょっと汗かいてるね。でもま、少君の汗ならいっか。私のベッドに寝ていいよ。えーと、仰向けで」

少年「……ッ」ドサッ

女「驚いてるww 好きに動けないっしょ?」

少年「……」

女「これ、言霊ってやつ。一発で効かせるとか無理だけど、あの喘ぎ声にいっつも篭めといたの」

少年「!?」

女「最初に言ったよねーwww 実験だって。少君が、カラダから私のモノになっていくって実験ww」

少年(そ、、、そんなっ)

女「カラダが求めちゃってぇ、どんどん聴くのやめられなくなってったでしょ」




108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:01:40.19 ID:l6/pIbnf0
女「ねえ―――ところで、私のベッドどんな感じ? 『女の子の匂い』とかってするのかな?」

少年「……」

女「自分じゃよく分かんないんだよね。一度うつ伏せになっていいから、匂いかいでみちゃってwww」

少年「……」スー、スー

少年(う……甘い匂い、する)

少年「///」

女「はいまた仰向け……めっちゃ赤くなってるww 少君って、わっかりやすいよねー」

少年(ううぅ。くそっ)

女「そんな少君に私からプレゼント!」スチャッ

少年「!?」

女「今日渡すつもりだったエッチ音声♥ 目隠し付きで、ヘッドホンでたっぷり聴かせてあげる」




109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:03:04.61 ID:l6/pIbnf0
『んぁ、ぁは、ハァ、ぁぁ、ぃっ……少く……ぁ、少くん……聴こえてる?』

少年「……っ……ハッ」

女「ヒドイって思ってる? 思ってても、私のエロ声聴き始めたら夢中になるカラダなくせに……れろっ」

少年「ッ」ビクッ

女「ちぅ……ちゅぷっ。ん、おへそ舐めちったww もっと、少君の色んなとこペロペロさせてね」




111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:04:54.18 ID:l6/pIbnf0
『あっンぁ……んっぁ! ぁ、ハッ……っぅ!』

少年(ふ……ぁ、頭に、響く……ぅぅ)

女「れる、んちゅぅ、れろ〜。少君の汗の味がする♥」

クニッ

少年「―――!?」

女「男の子でもチクビって勃つんだね……弄ってあげたら、やっぱり気持ちいいのかな?」クニクニ

少年「ッ、ッ」

女「わww悦んでる反応だwww じゃ、もっとチクビしたげる。ちゅぷっ」

少年「〜!」ビクンッ




112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:06:19.81 ID:l6/pIbnf0
チュプ、レロレロ、チュプッレロッ
クニ…クニ、クリクリ
『あっ! あ、イ、イキそ、やばっ、ヤバ、んぁ、あぁ!』

少年「……ッ! ……ッ! ……ッ!」

女「んっ。少君の、すっごく熱いよ。私のお腹ぐいぐい押してて……コスってあげたらすぐ出ちゃいそ」

少年「ハッ、ハッ、ハッ」

女「あれ……もうこっちの声聴こえてない? いいもん。じゃー勝手にぐりぐりしちゃうから!」

グニュッ

少年「!!」

女「ほらぁwww オ○ニー声聴きながら、やーらかいお腹にコスられてしゃせーしちゃえwww」

グリッグリッ グニュニュ!

少年「〜! 〜! 〜!」

『ああ、も、イク、イクから、聴いててっ、少くぅ……ぅ、ンぁぁぁ、ぁぁっ!』

少年「――――――ッッッ!!」ビクッビクッビクッ




114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:07:45.98 ID:l6/pIbnf0
女「はいっ! 少君の大好きなエッチ音声と、目隠しはおしまい。取っちゃうよ」スチャッ

少年「ハー、ハー、ハー」

少年(うあ、あ……光が、ちかちかする……)

女「苦しそうだけど……エロぉい顔♥ んちゅ、ちゅぅ」

チュク…チュプ、チュッ

女「ぷぁっ……あ。ズボン履いたまま出しちゃったから中気持ち悪いかな? すぐキレイにしたげる」

少年(ぐ、ぅ……くそぉ! こんな、好き勝手に)

女「睨んだってムダ―――それに気持ち良かったでしょ? あっさりお漏らししちゃったのは誰だっけ?」

少年「……っ ///」

女「次は、またお口でイカせてあげるね……♥」




116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:10:09.43 ID:l6/pIbnf0
ズルリ

女「うわwww せーしの匂いすごっ。トランクスまでべしょべしょwww」

少年(う……っ、ううう)

女「ありゃ。今度は泣きそう? そんな顔しなくてもぉ、少君のならヤじゃないってか嬉しーし。はむっ」

少年(!? ト、トランクスの上から)

女「ずちゅ……んく、んじゅる」

少年(吸われ……っ、やばっ、あ、うあっっ)

女「あーww もうパンツの下で元気戻ってきてる。じゃ、もう全部脱がすね」

スルッ

女「ふぁ♥ 白いのぬらぬらしてて、おっきくなっててスんゴいエッチぃ……」

レロ…




117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:10:50.58 ID:l6/pIbnf0
女「れろ、ちゅぷ……ん、はぁ、んじゅるるっ!」

少年「―――ッ!」ビクンッ

女「ン……そろそろ、少君の声も聴きたいかな……喋っていいよ。ちゅぅぅ〜」

少年「うぁ、あっ!」

女「いい声www れろぉ、れるれる、んちゅ! じゅっぷ、じゅるぅぅ」

少年「ぁ、ぁぁ、く……ぅ、あ、あぁぁ」

少年(女ちゃんの舌、絡ま……! 腰がっ溶け……あぁ! ダ、ダメだ、またっ!)

ドクン!

少年「ふあ……あ〜〜〜ッッ」ビクビク

ビュクッビュクビュクビュルルル…




118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:12:01.09 ID:l6/pIbnf0
少年「ハー、ハー、ハー」

女「二回目でもたくさんびゅーって出たね……れろぉ。んっ、少君の匂いと味する。れる、んちゅ」

少年「つぁ、ハッ……ど……どうして、こんな」

女「えー言ったじゃん。少君のことエロい目で見てるって」

少年「そうじゃなくてっ! どうして……幼ちゃんの身体を……ッ。あんなに仲良かったじゃないか!」

女「うん。仲良かったよね。好きだったよ」

少年「だったら」

女「生きたかったから―――他に理由っている?」




121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:13:04.40 ID:l6/pIbnf0
女「あの事故の時にさ、幼ちゃんだけはほとんど怪我無かったの。奇跡的にってやつ」

少年「……そう聞いてる」

女「幼ちゃん、ずたぼろで死に掛けの私を抱いて、すっごい勢いで泣いてた」

少年「……」

女「でも私はもう……自分の身体がダメなの自覚してて。その幼ちゃん見てね、思ったんだ―――」




123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:14:54.72 ID:l6/pIbnf0
女「ああなんて優しくてキレイなままの身体だろうって。このカラダを奪えば私はまだ生きられるって!」

少年「そ、、、そんなの」

女「不思議でしょ? そんなことできるとも、やりたいとも考えたこと無かったのに。本能って凄いよね」

少年「……なら……やっぱりその時に?」

女「うん。気がついたら病院のベッドで。お父さん達も助からなかったって聞いたのはその後」

少年「……」

女「したらもう選択肢ないじゃん?ww 幼ちゃんとして幼ちゃん家で生きる以外私どうすれば良かった?」

少年「…………分からないよ。だけどっ、だからって」

女「上から目線やめて! つーかさ―――少君だってここに逃げて来たくせにwwwwwwwww」

少年「ッ!!」ビクッ




124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:16:32.29 ID:l6/pIbnf0
女「こないだ、少君の叔母さんにこっそり教えられちゃったww 『だから優しくしてあげてね』だってww」

少年「叔母さんが……?」

女「少君とこのお父さんにいらない子扱いされたんでしょ?wwwww 私知ってるよ!!」

少年「あ……う」

女「道場継がせたくて鍛えてきたのに、お姉さんばっかり才能あって少君弱っちいままだから!wwww」

少年「……っ」

女「『繊細な年頃だから』なんて叔母さん言ってたけどさー。そりゃオジさんが悪いんだろうけど」

少年「……」

女「そんで逃げてるのは少君が弱いからだよねぇ? ねえ、そんなんで私に死を選べって言えんの!?」

少年「……」

女「―――ってまぁ、少君は誰にも酷いことしてないか。でも弱いよ。私も、少君も」




125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:17:24.44 ID:l6/pIbnf0
女「はー……やだなもう、エッチな雰囲気消えちゃったじゃん」

スタスタ

女「もっかい流すね。どーせ外にまで聴こえないから、ヘッドホンいらないや」ポチ

『…………ぁ、ンン……』

少年「うっ」

女「わぉww バカにされたばっかなのにすぐ反応しちゃうんだ? もうパブロフのあれみたい」

『ぁっ、んぁ、ンっ、ハァ……ぁ……』

少年「ふ、ぅ、止めて……ハァ、ハァ」

女「少くぅーん♥」スルッ

少年「!?」

女「ダメ。目逸らさないで。せっかく生おっぱい見せてあげるんだから」




128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:20:43.52 ID:l6/pIbnf0
『いっ、ぁっ、ハァ、ハァァ、ンぁ!』

女「ん……どぉ?」フルン

少年「……ゴクッ」

女「感想。えーと、おっぱいについて思ったことを隠さずそのまま言葉にしなさい」

少年「白くてキレイで……や、柔らかそう。女の子のおっぱい、初めて見た」

少年(……! か、勝手に口がっ!?)

少年「女ちゃんのおっぱい、最近毎晩想像してたけど。本物って、すごい……美味しそうに見える」

女「いいでしょー?ww 私の……幼ちゃんのおっぱい。じゃあこれをどうしてみたい?」

少年「触ってみたい。揉んだり、ち、乳首のところ舐めたり……顔埋めたり、ぐりぐりしてみたい ///」

少年(うっわぁぁぁぁぁぁぁ! 黙れぇぇぇぇ、黙れって僕!!)

女「スwケwベww でもいいよ。その通りのことさせてあげる。ほら、来て少君」




129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:23:12.13 ID:l6/pIbnf0
ムニッ

女「ン……っ」

ムニッムニッ

女「んぁ、ぁ、ん……ぁ。少君の手だと、やっぱ全然違う……ぁ」

少年(うっぁ、うう……おっ、おっぱい揉んじゃってる……! 女ちゃんの―――幼ちゃんの身体の!)

少年「ハァ、ハァ、ハァ……やば……ぅっ、んちゅ、ちゅぅ、れろれろ」

女「いいよ……もっと少君の好きなように、して。触るのも舐めるのもぐりぐりも、ぜーんぶいいから」

少年「ハァハァ、ハッ、ちゅぅ、ハァ」

少年(やめなきゃ……でも身体が……! そ、それにいい匂い、やわらかくて……ああ)

『ぁぁ、ハァ、んぁっん♥』

少年(せめて喘ぎ声、止まってくれないとっ。耳から入って―――内からトロかされてく―――)

女「いーこと教えてあげるね。この言霊の縛りって、少君の欲望にくっついてるの」

少年「ハァ、ハァ、んちゅ、はぁ……ど、どういう」

女「えっとね。めっちゃ簡単に言っちゃうと、スケベ心が原動力って感じ?」




130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:24:11.53 ID:l6/pIbnf0
女「つまりぃ。少君が私のカラダに惚れちゃって、エッチしたいって思ってるから抵抗できないんだよww」

少年「!?」

女「ねえ、もっと欲望をぶつけてよ。私の少君……おねがい」タプン

少年「う、ぐ、くぉ……ちゅぅ、ちゅぷれろ、れろれろ」

ムニッムニムニッムニッ

女「んぁ、あ! いぃ、あ、きもちーよ、ん、ぁっ」




132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:25:15.86 ID:l6/pIbnf0
女「ふぁ、ん、ぁン……あぁ。少君のおち○ちん、また凄く元気になってる。そろそろ犯しちゃおっかな」

少年「ハッ、ハァァ……犯……?」

女「もし子供できても、少君のなら産んであげる♥」

少年「ッ!? な、なに言ってんだよ! そん」

女「うるさい。また黙って」

少年「……ッ、……ッ」

女「少君は寝っ転がってればいいから。そんで……もっと喘ぎ声のほうに耳を澄ませてみて」

『ひぁ……ッ、んぁ、ぁっ!……ハァ、ハァ、ンっン』

少年(う……ぁ、くぅ)

女「おおっ。また一回りおっきくなったよ。仕込んだかいあったなー効きすぎwww」




135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:26:54.91 ID:l6/pIbnf0
女「すっげぇ痛そだけど……挿れる、ね……んっ」グヌッ

少年「ッ!!」

少年(ぐ、っぅぅ……やめ……やめろ! くそ、動かないと。なのにっ)

『あぁ、ぁ、少くぅん♥ ぁ、ぁぁっ』

少年(この甘ったるぃ声……! うう、あ、あ、またぁ、頭、どろって……ぅ)

女「はっ……くぅ、ん……」グヌヌ

ズ…ズズッ

女「いっ……たぁぃ……はぁぁ。でも、ぉ、見て少君……こっち顔向けて」

少年「―――ッッ!!」

女「もう全部、入っちゃったww ちょっと……動いたり無理そーだから、しばらくこのまんま……はぁぁ」




138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:29:02.79 ID:l6/pIbnf0
『ふぁ、ン、ぁ……ぃ! ぁぁ、んん、ぁっ』

少年「……ハッ……ハッ」

『ぅっぁ、ぁんっぁ、あ、あ……ハァ、ハァ……ぅぅ、ン』

少年「ハァ、ハッ、ハッ」

女「マジで、思ってたより効果テキメン? ずっとじっとしてるだけなのに少君ってばイキかけてない?」

少年「!」

女「やっぱりww まだ全然じんじんするけど、これちょっと動いてあげたら、中で漏らしちゃうのかなー?」

少年「……ッ! ……ッ!」

女「抵抗なんてできないってww それよりぃ、エロ男子の大好きなエッチ声にもっともーっと集中してよ」

少年(ひ……ヤだっ、やめてよっこれ以上)

女「……私の喘ぎ声聴かせながらだったら、このまま何回だってイケたりして……試してみたいな」




139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:30:49.62 ID:l6/pIbnf0
『あぁぁ、ンンっ、ぁっくぅ! ぁ、ぁぁ、ぁっ!』

少年(ヤバい、ヤバイヤバイッもうっ! 出る、ホントに喘ぎ声だけでイっちゃう!)

女「んっ……しょ」ズチュッ

少年「〜!」

少年(ああ、ぁ……ッ)

女「いい顔www よだれ垂れてるよぉ? ほんのちょびっと中でコスるだけで、そんな感じちゃう?」

少年(感じ、感じるから……ッ! だからこれ以上刺激しないでっ腰がもう、弾け)

女「ぅ、ん……」ズチュッ

少年「〜!!」

少年(ああ、がっ、あぁぁ)

女「やせ我慢しないでさー、また精子どばどば吐き出しちゃおっ。ね♥」




141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:33:19.85 ID:szzzHuEK0
催眠オ○ニーしてるみたい




142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:33:46.63 ID:l6/pIbnf0
女「くぅ、ん。ン」ズズ、ズチュッ

少年「〜ッ! 〜ッ!」

女「はぁ……痛ぁ。少君ったら涙ぼろぼろ流しながら頑張るなぁ。でも―――あと一押しかな」

『いっ』
『ぁぁ…ン』

少年(あ、ああ。もう……! キモチイ、イ……あたま、白、く……)

女「そう。もっとだよ……もっともっと受け入れて。蕩けて、バカになって。理性なんか無くしちゃおうよ」

少年(うぁ、ぁぁ、ぁ、ふ、ぁぁ、ぁ、、、)

『きもちー♥』
『く……ぅん』
『ふぁ』
『あっあっあっ』
『ハァ……少くんもぉ……♥ ハァ、エロいことで、脳みそとろとろになってね?』

少年(あ、あー、あ、ひぁっ、あ、ああぁーーー)ビクッビクッ

女「私に少君の子供、ちょーだい」




143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:33:50.41 ID:v4vJTUOm0
寒い




144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:36:29.48 ID:0dxrQlN/0
寒いなら摩擦すれば暖かくなるんじゃね?




145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:37:21.13 ID:l6/pIbnf0
少年(ああぁぁぁぁぁぁ―――)


少年「――――――ああああああぁぁぁぁッッッ!!」

ドサ…

女「……え?」

少年「ぐ……ぅッ」ヨロッ

女「…………え?? 嘘……なんで動け、、、なんで立てんのっ!?」

少年(音も……止めないと)

『また、ぁ、ぁ……イケそ、少く、少く、ぅ、ぁンっぁ』

ポチ

『ン……――――――』

少年「はぁぁ」

女「なんで……? あ、こらっ、ズボン履いちゃダメ!!」

少年「……ヤダ。服くらい着させてよ」

女「あ……ぁ。言霊―――破っちゃうくらいイヤだった……の? 私のことそこまで嫌い?」

少年「好きだよ。女ちゃんのこと好きだから、できればカッコつけたいんだ。それだって欲だろ?」




146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:38:16.30 ID:l6/pIbnf0
少年「まぁその……カッコつけるのがちょっと、だいぶ遅すぎた感あるけど」

女「でもこれで二度も突き飛ばされた……少君、あんな気持ち良さそうだったのに……」

少年「ゴメン。けど女ちゃんが大好きなのはホントだから」

女「実験……上手くいってたってこと?」

少年「白状すると必要なかったよ。もっと前から好きだった」

女「……」

少年「言っとくけど外見だけじゃなくて、ヘンテコな性格だって好きだ」

女「……ウソぷー?」

少年「なにそれ」

女「少君、カッコつけようとしすぎて嘘ついてないー?とゆうニュアンス」

少年「ついてないって!」




148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:39:27.77 ID:l6/pIbnf0
少年「実はさ。家出る前に、霊とかに詳しいっていう巫女さんに相談したんだ。女ちゃんのこと」

女「……うん」

少年「そしたら巫女さんは―――女ちゃんを祓う、って言ってた。明日こっちに来るって」

女「あ……なんだ……そっかぁ。なら私、もうオシマイってことじゃん」

少年「オシマイにしたくない。女ちゃん、僕の身体に入らない?」

女「――――――へ?」

少年「害があるなら祓うしかないって言ってた。でも僕なら合意の上になる」

女「ええっ!?」

少年「支配までしなくてもこう……お互い半々くらいでさ」

女「そ、そんな急に言われても。ほいほい移ったりできないよ、方法だってよく分かんないし」

少年「その巫女さんが手伝ってくれれば可能らしいんだ。僕に素質があれば……」

女「あんの?」

少年「うん、無いと思う……けど女ちゃんは特別霊力が強いみたいだし、きっとできるって!」

女「……」

少年「ダメ、かな」




151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:42:44.55 ID:l6/pIbnf0
女「まずね。その巫女さん、合意ならホントに許してくれんのかな? 私前科がヤバイのに」

少年「必死に頼んでみる」

女「んでもし少君のほうに移れたとしてさー、男の子じゃん。さすがに無理ない?」

少年「えっと……急にそっち方面に目覚めたことに……ってのはどうかな。二重人格?」

女「エッチなことは?」

少年「…………オ、オ○ニーで頑張る」

女「ねー少君…………あんま考えずに勢いで言ってない?」

少年「……ゴメン。まだそう細かいことまでは……で、でも色んな問題はこれから考えようよ、二人で!」

女「今考えなって。分かってなくない? 少君の人生が潰される可能性だって充分あるよ」

少年「うん。それだけは―――分かってる。それだけ、はっきり覚悟してからドア開けたんだ」

女「……」




155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:43:39.40 ID:l6/pIbnf0
女「じゃあ、さ。保険かけとくけどOK?」

少年「保険?」

女「口移しで、少君の身体に気を送り込んでおくの」

少年「それでどうなるの?」

女「もし巫女さんが私にヘンな事したり、少君が裏切ったりしたら―――気が暴れて少君も道づれww」

少年「……」

女「どうンむぐっ」

少年「ん――――――ぷはっ。ど、どう? 気入った?」

女「……こんな時は、ためらわないでキスしてくれるんだね少君」

少年「女ちゃん?」

女「びっくりしちゃって出来なかったからぁ、もーいっかい!」




158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:46:19.28 ID:l6/pIbnf0
チュッ…チュッチュプ

少年「……ん、ちゅっはぁ……ン」

女「んー。だいぶ入ってきた。もっかい♥」

少年「ね、ねえ。結構経つけどまだかかるの?」

女「まだまだ。舌が溶けてひとつになっちゃうくらいいっぱいしないと」

少年「う……うん。ん、ちゅぅ、んっ」

チュプ…チュッ、チュクッ

女「ふぁ。えっとねーもっとこう、全身くっつけたほうがやり易いから。上からぎゅぅってしながら」

少年「え、、、えっと、こう? ///」ギュゥ

女「そう、そんなん。ンっ、ちゅっ、ちゅぅぅ……ハァ、ん、んぁ、はぁぁ」

チュッ、チュゥ、クチュッチュクク、チュゥゥ…

少年(う、ぁ、柔らかい……あったかい。舌も……ホントに溶けてくみたいだ)

女「んー、はぁぁ、ちゅぅうぅ、んふ♥ キスきもちー」

少年「ぷはぁっ。あ、あの……気持ちはいいんだけど、まだ?」

女「少君www 気がどーのなんて難しいこと、私にいきなりやれるわけないじゃんwwww」




160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:46:58.12 ID:l6/pIbnf0
少年「え、えええっ!?」

女「ただちゅーしたかったの。騙されやすすぎー」

少年「そんな」

女「うひょひょww バイバイ」

少年「バイ……?」

女「―――」

少年「…………女ちゃん……?」




165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:49:20.45 ID:l6/pIbnf0
―墓地

少年「……」

幼「こんにちは」

少年「幼ちゃん。こんにちは」

幼「家の方に行ったら、ここだって言われたの」

少年「そっか」

幼「……あの子のお参り?」

少年「うん…………女ちゃんの霊……魂かな? ここにいるのかどうか、分からないけど」

幼「いないよ」

少年「―――え?」

幼「あの子なら、私の中で眠ってる」




166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:50:22.39 ID:l6/pIbnf0
少年「そ、、、そうなの?」

幼「身体の手綱を私に明け渡して寝たの。私が引っ張りあげない限り、二度と表には出て来れない」

少年「じゃあ……もし―――」

幼「私が許可すれば、その間だけはね」

少年「……」

幼「だからってそれをすると思う? 体を持って目の前にいたら、改めて殺してやりたい程憎んでるのに」

少年「……そうだよね。当たり前だと思うよ」

幼「少君は、あっち帰るって本当?」

少年「うん。予定よりかなり早いけど」

幼「それって寂しいから……理由、聞いてもいいかな」

少年「いいけど。大したことじゃないよ。僕が一人でこっち来てたわけは幼ちゃんも?」

幼「中で、ある程度は……でも全部じゃない」




168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:53:17.10 ID:l6/pIbnf0
少年「―――父さんは僕に道場継がせるつもりで、僕もその気で。だから稽古はヤじゃなかったんだ」

幼「……うん」

少年「ただなんて言うか……向いてないらしくてさ。姉さんばっかり強くなって、僕は置いてかれてる」

幼「お姉さんのほうが特別強いだけかも」

少年「それにしてもね。だけど継続は力って思ってた。父さんもそう考えてくれてるって、疑ってなかった」

『両方女か、いっそ姉しか生まれなかったら諦めがついたのにな』

少年「冗談で言ったんだと思う……そりゃ、少しくらい本気だとしてもさ。あ、直接言われてはないよ!」

幼「たまたま聞こえちゃった?」

少年「うん。僕のいない場だったから余計にショックだった……のかな? どうってことない気でいたけど」

幼「……オバさんは?」

少年「母さんはまぁ、オタオタしてた」

幼「……」

少年「それから体調不良、情緒不安定って感じで。夏休みに療養しましょうってことになったんだ」

幼「なのにもう帰るの? あの子が言ったこと、気にしてるんだったら―――」

少年「……逃げて来たのがいけなかったとは、今もあんまり思ってないよ」




169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:54:01.22 ID:l6/pIbnf0
少年「だから本当はしばらくくらい、まだここにいたって構わないんだ」

幼「なら、結局どうして?」

少年「うーん。せっかく逃げてみたのに、それで解決しない時は、戻ってみるのもいいかなって」

幼「……そう」

少年「それにさぁ、姉さんの話じゃ、父さんがそろそろハゲて土下座してきそうだって言うんだよね」

幼「え。あの、少君のお父さん、確かもう随分」

少年「さらに完ハゲしそうってさ。それも可哀想だし、土下座もわりと見たく無いから、帰るよ」




170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:55:20.58 ID:l6/pIbnf0
幼「帰っちゃう前に、改めてお礼言わせて。助けてくれてありがとうございました」

少年「僕は役には……幼ちゃんのメッセージが無かったら気づきもしなかったし」

幼「…………あれは」

少年「ん? なに?」

幼「私にはそんな力なんて無いよ。あれはあの子が、少君に伝えようとしてたの」

少年「―――!?」

幼「本人も無意識だった。でも私は……外界より、あの子の魂の傍にいたから」

少年「いや。でも……ッ」

幼「酷い話でしょ?誰より憎んでるのに。誰より、本人より、私はあの子の心と触れ合って過ごしてきた」

少年「それは……ちょ、ちょっと待って。どういう事なの!?」

幼「……少君のほうにだけ音が浮かんできたって言ってたよね。言霊に篭めてた想いの通りに」




171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:57:11.33 ID:l6/pIbnf0
幼「篭めてた想いは二つ。少君に好かれたい。それと……少君に私を助けてあげて欲しい、って」

少年「だって! だけどあのメッセージは、幼ちゃんが助けを求めてるようにしか」

幼「まだ続きがあっただけよ。無意識で不安定だったから、中々上手く伝達できてなかったけど」

少年「……」

幼「そんな顔しないで」

少年「幼ちゃん……」

幼「少しでもお礼したいから、続きは教えてあげる。『ダカラワタシヲ』の続きは―――」



―――だから私を。少君がやっつけて




174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:58:59.46 ID:l6/pIbnf0
テクテクテク

幼「ああ! 自分の脚で歩けるってステキ」

少年「これからはいくらでも歩けるよ」

幼「ねえ、ところでもう一つ聞きたかったことがあるの」

少年「ん?」

幼「少君が帰る気になったのってー、私の身体で童貞捨てて自信がついたからってのもある?」

少年「ブッ!? お、女の子がそーいうこと言うなよっ。なるべくその辺触れないようにしてたのに!」

幼「笑い話にでもしないとやってられないもんwww」

少年「まったく……幼ちゃんまで」




176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 21:59:50.01 ID:l6/pIbnf0
幼「あの子みたいって?」

少年「い、いやその」

幼「いいの。突然まったく別人格になるわけにもいかないし、嫌だけどあの子っぽい演技もしないと」

少年「あ、そ……そっか、そうだよね」

幼「両親や友達との関係も再構築しなくっちゃ」

少年「大変だ!」

幼「大変よ。それでも私は私の時間を進めていかないとね」




178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 22:01:23.29 ID:l6/pIbnf0
少年「ねえ僕、帰るのやっぱり延ばそうか? 事情知ってるから、手伝えることがあるかも」

幼「ううん、まずは自分でやってみようと思うの」

少年「……大丈夫?」

幼「外に出たらあーしてこーして、って散々夢想してきたもの、その実行の時よ」

少年「分かった。でも必要ならいつでも声かけてね」

幼「ありがとう、少君」

少年「それにさ、僕の家のほうにも遊びに来てよ。あちこち案内するし……なんなら友達も連れて」

幼「そうねえ。再構築が進むかも。けど、都会の男の子の家に泊まりで連れてくっていうのは……」

少年「え。マズイかな?」

幼「少君はずっと表にいるのに、私よりそういう機微苦手?」

少年「ううっ」

幼「ふふ。でも家にはきっと行くね。多分一人で―――ひょっとすると二人かも知れないけど」




180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 22:02:24.59 ID:l6/pIbnf0
叔母「少君、荷造りできた?」

少年「はい」

叔母「もっといて良かったのに。むしろずぅっといても」

少年「そ、そういうわけにも。お世話になりました」

叔母「ちぇっ。じゃあちょっと車の中片づけてくるから、家に電話しといて」



少年「もしもし、僕。うん。もう出るとこ。ところでさ姉さん、伝言頼みたいんだけど……父さんと母さんに」

少年「そうそう。帰って話する前にそれ伝えといて……だって僕じゃまた、照れて言えないって!」

少年「……言い方はなんでもいいよ。姉さんの言いやすい感じで―――えーと。いやホント、なんでも」

少年「なんだったらほら、こないだ言ってたアレでもいいや。なんだっけ。愛してるぜべいべー?」


おわり




182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 22:04:19.05 ID:99j9JZ400
一乙!
いい話だった!




184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 22:04:35.39 ID:S6gi/5EO0
乙おもしろかったわ
エロシーンが催眠オナっぽくてよかった




196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/14(水) 22:13:21.85 ID:stnQ+xT70
…ふぅ
実に素晴らしかった!おつ!


関連記事
兄「すまん妹。実は俺、おっぱい星人なんだ」


ファイナルファンタジーXIII-2
モンスターハンター3G
ワンピース 海賊無双 TREASURE BOX(初回特典:オリジナルカスタムテーマ9種DLコード、ソーシャルゲーム専用レアフィギュア用コード同梱)
マリオカート7
ワンピース 海賊無双(通常版)(初回特典:オリジナルカスタムテーマ9種DLコード、ソーシャルゲーム専用レアフィギュア用コード同梱)
スーパーマリオ3Dランド
星のカービィ Wii
任天堂公式ライセンス商品 ピタ貼り for ニンテンドー3DS
ニンテンドー3DS アイスホワイト


 

SS宝庫最新記事50件