過去の良作の再投稿です。
ピックアップ希望のSSがある場合は下記リンクからお願いします。
SS宝庫のオススメSS


関連記事
ゾンビ「夏だし腐るのはえーな俺たち」ゾンビ「ほんとだね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 13:36:56.12 ID:hp8VdakV0

―――深夜 廃ビル

少女霊「ふわぁぁ……おはようございまーす」

幽霊「おう、起きたか」

少女霊「今日も静かでいいですねぇ」

幽霊「そうだな……もう夏休みも終わりだから、肝試しに来る子どももいない」

少女霊「やっぱり、こうして静かな夜は最高ですね」

幽霊「全くだ」


ゾンビ「すっげ!すっげ!!日本やべえ!!」

ゾンビ「貨物船に密航した甲斐がありましたな!!」

ゾンビ「ねえねえ、私達の拠点どこにする?」

ゾンビ「そうだな……あ、あの廃ビルなんていいんじゃないの?」

ゾンビ「雰囲気、出てますなぁ」

ゾンビ「ふふ……我々の野望はあの廃ビルから始まるのですね」

ゾンビ「おーし、じゃあみんな、人間に見つからないように移動すっぞ」

ゾンビ「うーっす」
元スレ
幽霊「ゾンビ!?」ゾンビ「幽霊!?」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1314592616/


 
 
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 13:41:02.45 ID:hp8VdakV0

幽霊「おーい、なんか団体さんがこっちに向かってきてるよ」

幽霊「まじんがー?」

少女霊「えー……もう、どこの馬鹿?」

幽霊「でも、なんか様子がおかしいんだよな」

幽霊「どんな風に?」

幽霊「足を引きずってるっていうか……なんか人間らしくないっていうか」

少女霊「どういうことですか?」


ゾンビ「はーい、集合!」

ゾンビ「おーっす」

ゾンビ「では、この廃ビルに入るわけですが、もしかしたら人間がいるかもしれません」

ゾンビ「そーですね」

ゾンビ「というわけで、えっと、先発部隊の少女ゾンビちゃん!」

少女ゾンビ「え!?いつから先発部隊に選ばれたんですか!?」

ゾンビ「いいから、いってきなさい!これも勉強ですよ」

少女ゾンビ「はぁーい……めんどっちいなぁ」




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 13:45:15.52 ID:hp8VdakV0

―――廃ビル 一階

少女ゾンビ「―――というか、誰もいないでしょ……」

少女ゾンビ「だれかぁ……いますかぁ?」

少女ゾンビ「……」

少女ゾンビ「やっほー!」

少女ゾンビ「二階に行こうかな」


少女霊「外に集まってるみたいですね」

幽霊「数は……50人ぐらいか」

幽霊「どうします?」

幽霊「そりゃ、お前、お出迎えするしかないだろ」

幽霊「はぁ……折角の休日が」

少女霊「じゃあ、ポルターガイストさんたちを呼びにいきますね」

幽霊「おう、頼むよ」

少女霊「全く……夏休みの宿題は終わってるのかなぁ」

幽霊「さてと、ここに人間が来るまで暇だな……かくれんぼするやつ、この指とーまれ!」




8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 13:46:34.53 ID:EUYucUbe0

せいぜい5人とかかと思ったら50人いたでござる




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 13:50:27.91 ID:hp8VdakV0

―――二階

少女ゾンビ「つかれた……」

少女ゾンビ「ここ無駄に広いなぁ」

少女ゾンビ「……お、ソファあるじゃん。すわろーっと」

少女ゾンビ「ふぅ……」

少女ゾンビ「ゾンビになってもう半年か……私、なにやってるのかなぁ」


少女霊「ポルターさん!出番ですよー!」

ポルターガイスト「ん?おー少女霊ちゃん、ちょっと背が伸びた?」

少女霊「あ、わかります?」

ポルターガイスト「わかるよ。うん、かわくなって」

少女霊「えへへ、どうもありがとうございます」

ポルターガイスト「あ、仕事?」

少女霊「はい。人間さんが来たので。とりあえず驚かせて下さい」

ポルターガイスト「おっしゃ、おっちゃんにまかせとき!」

少女霊「はい!」




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 13:56:13.77 ID:hp8VdakV0

少女ゾンビ「……さてと、いきますか」

ヒュン!

少女ゾンビ「―――いた!?」

少女ゾンビ「なに!?なんか、飛んできたけど……靴?」

少女ゾンビ「あ、そっか。私、裸足だもんね。誰かが気を利かせてくれたのかな?」

少女ゾンビ「……よし。ちっとだけ大きいけど、ま、靴ずれはしないでしょ。ゾンビだし」

少女ゾンビ「誰か知らないけど、サンキュー!」

ポルターガイスト「あ、れ?驚いてないどころか、お礼された……」

ポルターガイスト「もういっこいっとくか」

ヒュン!

少女ゾンビ「……いた!!もう一足きた……片方だけじゃだめってことか」

少女ゾンビ「おし。さあ、いこ」

ポルターガイスト「ええ!?なんか変だぞ、あの子……」

ポルターガイスト「むむ……あんなタイプの子は初めてだな。これは報告しておくか」

少女ゾンビ「……いた!!さっそく靴ずれした!!―――でえい!!ゾンビは裸足が一番ってことか、バーロー!!」




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:00:03.00 ID:hp8VdakV0

―――廃ビル 外

ガヤガヤ……

ゾンビ「おやつ食ってもいーっすか?―――え?だめ?」

ゾンビ「はぁ……」

ゾンビ「どうしたの?」

ゾンビ「いやね、ほら、前に出逢った人間さんとメールしてんだけど」

ゾンビ「うんうん」

ゾンビ「なんか会いたいって言ってきちゃって」

ゾンビ「まずいじゃん」

ゾンビ「絶対、引くよなぁ。ゾンビだしなぁ」

ゾンビ「少女ゾンビちゃん、遅いなぁ。なんかあったのかしら?」

ゾンビ「あ!おい!もう二時じゃん!!ワンセグ携帯持ってる奴いるか!?」

ゾンビ「あるよー」

ゾンビ「ちょっと、見たいアニメがあるんだよね!」

ゾンビ「……よし、暇だし、少女ゾンビちゃんを追うか」




15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:02:17.16 ID:TmIpglqY0

なんでゾンビがワンセグ持ってんのwww




18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:04:28.17 ID:hp8VdakV0

少女霊「ええ?驚かない?」

ポルターガイスト「ああ」

幽霊「ふうん……音とか試した?」

ポルターガイスト「ああ、やってみたが無関心だ」

幽霊「それは困ったな……」

少女霊「どうします?」

幽霊「―――よし、では三階に奴らを投入しよう」

少女霊「奴らって……は!!」

幽霊「来なさい」

オフィスレディ霊「仕事の時間ですわ!」

オフィスレディ霊「構いませんわ!やってやりますわ!」

少女霊「いけますかね?」

幽霊「我々のエリート部隊だ。いける」

ポルターガイスト「こいつは面白くなってきたぜ」

幽霊「幽霊の誇りにかけて、驚かせてやるぞ!」




20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:10:06.13 ID:hp8VdakV0

―――廃ビル 一階

ゾンビ「ねえねえ、隊長。今更ですけど勝手に入って大丈夫?」

ゾンビ「大丈夫。ここの地主はもう死んでいる」

ゾンビ「幽霊とか出そうだね」

ゾンビ「やめてよぉ」

ゾンビ「おいおい。幽霊なんて非科学的な連中がいるはずないだろ?脳みそまで腐ったのか?」

ゾンビ「頭が陥没してるお前にいわれたくないね!!」

ゾンビ「ほら、静かに!―――えーでは、これから未知の領域に入るので、トイレは済ませておくように!」

ゾンビ「はーい」


オフィスレディ霊「ここで待機ですわ!」

オフィスレディ霊「はい!御姉様!」

オフィスレディ霊「足を組んでみたりして、大人を表現ですわ!」

オフィスレディ霊「キーボードをカタカタ叩いて、眼鏡をくいっ!これがオフィスレディですわ!」

オフィスレディ霊「おほほほ!!」

少女ゾンビ(うわぁ……変な人たちがいる……どうしよう?)




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:11:42.90 ID:LqwoDDu/O

オフィスレディたん可愛い




23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:14:31.49 ID:hp8VdakV0

少女ゾンビ(とりあえず、絡まれたら厄介そうだし……そーっと……そーっと……)

オフィスレディ霊「それにしても、上司の幽霊さん。最近、人使いが荒くない?」

オフィスレディ霊「だよね。このキャラ設定とかなんなの?」

オフィスレディ霊「ですわ!っていうのがオフィスレディっぽいって思ってるらしいよ?」

オフィスレディ霊「恥ずかしいっつーの」

オフィスレディ霊「というか、私はまだ16歳なんだけど」

オフィスレディ霊「え?ああ、確かにスーツが似合ってないもんね」

オフィスレディ霊「でしょ?」

オフィスレディ霊「にしても……人間、遅いなぁ」

少女ゾンビ(人間って……私のこと人間に見えるの……)

少女ゾンビ(ちょっと、嬉しいんですけど……ふふ)

少女ゾンビ(良い人たちかも……よし)

少女ゾンビ「―――あ、あの」

オフィスレディ霊「あ……」

オフィスレディ霊「―――人間ですわ!」




24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:18:25.88 ID:hp8VdakV0

少女ゾンビ「あ、あの……貴方達は?」

オフィスレディ霊「え……?オフィスレディ霊ですわ!」

少女ゾンビ「私、少女ゾンビっていいます」

オフィスレディ霊「……」

少女ゾンビ「……てへ」

オフィスレディ霊「いや、驚かないの?」

少女ゾンビ「何がですか?」

オフィスレディ霊「え?いや、私達、幽霊なんだけど」

少女ゾンビ「えぇぇぇええええ!!?!?」

オフィスレディ霊「―――ふふふ!!さあ、呪い殺してあげますわ!」

少女ゾンビ「あ、すいません。私、ゾンビなんでもう死んでるんです。だから、その殺すのはちょっと無理かなぁって」

オフィスレディ霊「え?ゾンビ?」

少女ゾンビ「はい」

オフィスレディ霊「―――きゃぁあああああああ!!!!!!」

少女ゾンビ「ひぃ!?」




26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:21:08.33 ID:TmIpglqY0

霊とゾンビってどっちが上なんだ?




28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:23:13.30 ID:hp8VdakV0

―――二階

ゾンビ「なぁなぁ……怖い話しようぜ」

ゾンビ「やめて!!」

ドガァ!!

ゾンビ「ぎゃああ!!腕がぁぁぁ!!!もげたぁぁぁ!!!」

ゾンビ「あ、ごめん」

ゾンビ「ここにはなにもないな」

ポルターガイスト「すげえ人数だ……腕が鳴るぜ……おらおら!!」

ヒュン!ヒュン!ヒュン!!

ゾンビ「―――何か飛んでくる!!」

ガン!ザン!!ブチュ!!

ゾンビ「うわあああ!!!!顔が粉砕したぁぁ!!!」

ゾンビ「ひぃぃぃ!!」

ポルターガイスト「あわわ……ばかな……金ダライを投げただけなのに……や、やってしまった……幽霊として一番の禁忌……「人殺し」を……」

ゾンビ「おい!懐中電灯つけて顔を探せって!」




31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:27:36.38 ID:hp8VdakV0

―――36階

幽霊「―――じゃあ、次のシーンだ。おほん……アウトだよ!!」

幽霊「えーと……日常の第6話か?」

少女霊「月が綺麗……」

幽霊「君の方が綺麗だよ?」

少女霊「はいはい」

幽霊「ほんとだってばぁ」

オフィスレディ霊「―――いやぁぁぁぁぁ!!!!」

幽霊「うわぁぁ!!!こら!!床をすり抜けてくるなって!!びっくりするだろ!!」

オフィスレディ霊「大変です!!ゾンビです!!!」

幽霊「何の話だ?」

オフィスレディ霊「あいつら……人間じゃないんです!!」

幽霊「ええ?」

少女霊「あの、落ち着いてください」

オフィスレディ霊「やばいですわ!!日本の終わりですわ!!」




32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:32:47.45 ID:hp8VdakV0

幽霊「―――ゾンビ?」

オフィスレディ霊「は、はい!!」

幽霊「ぷ!あははははは!!ゾンビって、ありえねー!!」

オフィスレディ霊「え?いや、本当ですわ!!」

幽霊「俺、宇宙人とかゾンビとかそういうの信じないタイプなんだ」

オフィスレディ霊「でもでも!!」

少女霊「でも、ゾンビなんて想像上の怪物なんじゃ……」

オフィスレディ霊「信じてください!!」

幽霊「まてまて。ゾンビだっていう確証はないだろ。本人が「ゾンビだ」って言っただけじゃん」

オフィスレディ霊「それは、そうですけど……」

少女霊「でも、オフィスレディ霊さんたちがここまで怯えるのも不思議ですね」

幽霊「たしかにな。リングとか見てもまばたき一つしなかった彼女たちが……」

幽霊「分かった。よし、少女霊ちゃん。ちょっと、様子を見てきてくれ」

少女霊「はい!」

幽霊「無理はしないでね?少女霊ちゃんは僕らのアイドルだし」




34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:36:58.39 ID:hp8VdakV0

―――二階

ゾンビ「ちょっとー、トイレの水が流れないわ!」

ゾンビ「こまりんこ」

ゾンビ「あのなぁ……それは当然だろ」

少女ゾンビ「―――わぁぁぁぁ!!!」

ゾンビ「ひっぃい!?!」

ゾンビ「きゃぁぁ!!」

少女ゾンビ「ちょっとちょっと!逃げないでください!!私ですよ!!」

ゾンビ「あ、なんだ……ここにいるゾンビかと思った」

少女ゾンビ「それより、大変です!!」

ゾンビ「なにが?ガスの元栓でも閉め忘れた?」

少女ゾンビ「違います!ちゃんと閉めてきました!―――ここに幽霊がいるんです!」

ゾンビ「幽霊……?」

少女ゾンビ「はい」

ゾンビ「どうしたの?暑さで脳みそが馬鹿になったの?」




35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:40:24.60 ID:TmIpglqY0

どっちも存在認めろよwww




36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:40:27.41 ID:hp8VdakV0

少女ゾンビ「本当ですよ!!この目で見ました!!」

ゾンビ「腐った魚の目をしているぞ」

少女ゾンビ「ほっといてください!」

ゾンビ「幽霊なんているわけねーだろ」

ゾンビ「うんだ」

少女ゾンビ「あーん!みたんだってばぁ!!」

ゾンビ「いいかい?幽霊ってのはプラズマの一種でね」

少女ゾンビ「じゃあ、こっちに来てください!」

ゾンビ「あ、ちょっと!?」

少女ゾンビ「本当にいるんですから!!」

ゾンビ「ひぃぃ!!腕がちぎれる!!」

少女ゾンビ「ほらほら!来てください!!」

ゾンビ「やろうども!少女ゾンビちゃんに続け!」

ゾンビ「うーっす」




38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:45:09.45 ID:hp8VdakV0

―――三階

少女ゾンビ「あ……れ?」

ゾンビ「ほら、何もいない」

少女ゾンビ「でも、アソコに変な人たちが……」

ゾンビ「おー!こいつは、また古いPCだなぁ」

ゾンビ「使えそう?」

ゾンビ「うーん……電源は……つかないか」

ゾンビ「自家発電装置でも持ってくるべきだったね」

ゾンビ「あの屋敷には必要だったからなぁ」

少女ゾンビ「はぁ……」

ゾンビ「少女ゾンビちゃんは初めての遠征で疲れただけだよ。ほら、10分だけここで休憩しよう」

少女ゾンビ「はい……そうします」

ゾンビ「うん」

ゾンビ「この椅子回るー♪うひょー♪」

ゾンビ「それそれー!まわれまわれー!!」




40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:49:27.84 ID:hp8VdakV0

少女霊「―――この下から声が」

ポルターガイスト「―――ぬわぁぁぁ!!!」

少女霊「きゃぁあ!?って、ポルターさん?」

ポルターガイスト「やってまった……少女霊ちゃん、俺、もうだめだぁ」

少女霊「どど、どうしかたんですか?!」

ポルターガイスト「おれ……殺しちゃった……うぅ……人間……しんじゃった……」

少女霊「ええ!?」


ゾンビ「いやぁ、やっと頭が見つかったぜ」

ゾンビ「そういえばさっきの金ダライなんだったんだ?」

ゾンビ「なんか急に飛んできたよな」

少女ゾンビ「……え?」

ゾンビ「なんのブービートラップなんだよな」

少女ゾンビ「あの……私も靴が飛んできました」

ゾンビ「マジ?もう、なにここ、怖い」

少女ゾンビ「もしかして、というか、絶対に誰かいますよ。この廃ビル」




46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 14:57:12.20 ID:hp8VdakV0

ポルターガイスト「うぅ……もうおら……かえるだぁ」

少女霊「泣かないでくださいよぉ」

ポルターガイスト「もうやだ!もうだめだ!!故郷のおっかあに合わせる顔がないだよぉ!!」

少女霊「あぅ……」

ポルターガイスト「少女霊ちゃん……やべえよぉ!!」

少女霊「うーん……」

少女霊(でも……ゾンビさんならセーフですよね……尚更、確かめないと)


少女ゾンビ「人間かどうかは分かりませんが、金ダライは明らかな敵意を感じます」

ゾンビ「そやね」

ゾンビ「うち、金ダライはないとおもうんやわぁ」

ゾンビ「ああ、これはやばい匂いがプンプンするぜ」

ゾンビ「腐臭ってこと?」

ゾンビ「よし。これは我々に対する挑戦だな。―――みなもの、今から我々はゾンビとしての意地をみせるぞ」

ゾンビ「ははーん……隊長も悪ですねえ……いいでしょう、やってやりましょう!!」

ゾンビ「よし!全力をもって、ここにいる何者かをビビらせて、追い出すぞ!!」




47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 15:03:49.02 ID:hp8VdakV0

少女霊「とにかく少し落ちついてください」

ポルターガイスト「でもぉ」

少女霊「もしかしたら人間じゃないかもしれません」

ポルターガイスト「え?でも、喋ってたし」

少女霊「ゾンビだとオフィスレディ霊さんが言っているんです」

ポルターガイスト「ゾンビ!?そんな非現実なこと……!!」

少女霊「確かに信じられませんが……でも、あの人たちが酷く怯えていました」

ポルターガイスト「そ、そうなのか……」

少女霊「ゾンビじゃないにしろ、なにかあると思うんです。それを今から確かめましょう」


ゾンビ「でもさ、どうする?ここは新天地だ。勝手が違うからビビらすのも大変だぞ?」

ゾンビ「だよねえ。そもそも、相手はきっと俺たちよりも上階にいるし、地形的にも不利だ」

少女ゾンビ「うん……あの人たちも上に逃げていったし……」

ゾンビ「隊長……どうするおつもりで?」

ゾンビ「ふん……頭を使え。……確かに地の利を活かせることはできないが、いくらでもそれを覆すことはできる」

ゾンビ「というと?」




49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 15:08:21.96 ID:hp8VdakV0

少女霊「では、行きましょう」

ポルターガイスト「お、おう!」

少女霊「あの……どうして私の後ろに?」

ポルターガイスト「だって、それは……ゾンビだったらこわいだろーが!!」

少女霊「意外と怖がりなんですね」

ポルターガイスト「ほっとけ!!」

少女霊「では、行きますよ」

ゾンビ「あーあー」

ゾンビ「うーうー」

少女霊「!?」

ポルターガイスト「な、なんだ!?このうめき声は……!!」

少女霊「……人間にしては少し不気味な声ですね」

ポルターガイスト「ま、まじで……ゾンビか……」

少女霊「そんなバカな……とりあえず下に向かいましょう」

ポルターガイスト「くそぉ……ポルターガイスト歴30年の俺が……少女霊ちゃんの後ろに隠れないといけねえとは……!!」




51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 15:12:22.30 ID:hp8VdakV0

―――三階

少女霊「……誰もいない」

ポルターガイスト「そんなわけねーだろ。確かに声がしたんだから」

少女霊「ポルターさん、私は向こうの部屋を見てみますから」

ポルターガイスト「お、おう。じゃあ、俺は向こうのトイレを調べてみる」

少女霊「お願いします」

ポルターガイスト「……ひぃぃ」


ガチャ

少女霊「……誰もいないか」

少女霊「でも、さっきの声は……うーん……わかりません」


ポルターガイスト「だ、誰かいやがるのか!?でてきやがれってんでえ!!!」

ポルターガイスト「―――な、なんだ、やっぱりだれも―――」

ゾンビ「―――あぁあぁあああ」

ポルターガイスト「ぎゃぁあああああああああ!!!!!!!」




54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 15:18:34.98 ID:hp8VdakV0

少女霊「ポルターさん!?」

少女霊「ポルターさん!!どうかしました!!?」

少女霊「―――いない!?」

少女霊「……うそ……ポルターさんが消えちゃった……」

少女霊「大変だ……!!みんなに知らせないと!!」


―――トイレ 個室

ポルターガイスト「ん!!!?!?んん?!?!?」

ゾンビ「なんすか?この半透明のやつ」

ゾンビ「知らんよ」

ゾンビ「今の女の子テラワカユス」

ゾンビ「デュフフフ!いいでござるな!」

少女ゾンビ「そうかなぁ……着物とかダサくないかな?」

ゾンビ「タンクトップの少女ゾンビちゃんもそそるけど、やっぱり露出が少ない女の子も魅力あるんだよね」

ゾンビ「そうだな。そういうこのパンチラとかすげー興奮するもんな!少女ゾンビちゃんはタンクトップとパンティーだけだから、もう有難味ないけど」

少女ゾンビ「好きでこんな恰好になってません!!!」




57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 15:24:52.01 ID:hp8VdakV0

ポルターガイスト「―――ぷはぁ!!てやんでい!!!!人間風情が俺を素手で掴むとはいい度胸だこらぁ!!」

ゾンビ「静かにしろ。我々は人間ではない」

ポルターガイスト「なんだと?」

ゾンビ「ほらほら。ちゃんと臭いなさい。そして腐臭に悶えなさい」

ポルターガイスト「わ、わりい……俺、幽霊なもんで、嗅覚はねえんだ。あるやつもいるけど」

ゾンビ「幽霊!?」

ポルターガイスト「なんだ……そういうお前らはなにものなんでえ」

ゾンビ「我々はゾンビだ。この度はある事情により日本にやってきた」

ポルターガイスト「ゾンビ!?」

ゾンビ「すげえ!日本って幽霊にさわれるんすね!」

ゾンビ「マジはんぱねえ!」

ポルターガイスト「やめろ!!足を掴むな!!」

少女ゾンビ「ほら!私の言った通りじゃないですか!幽霊はいるんです!!」

ゾンビ「うむ……」

ポルターガイスト「ゾンビって本当なのかよ……確かに目ん玉ないやつとかいるけどよぉ」




61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 15:30:34.81 ID:hp8VdakV0

―――36階

幽霊「パワーゲイザー!!」

幽霊「テリー!」

幽霊「正解!」

幽霊「じゃあ、次は俺だな。―――10年早いんだよ!!」

幽霊「バーチャファイターの……だれだっけ?」

少女霊「みなさん!!」

幽霊「おかえり。どうしたの血相変えて」

少女霊「そ、それが……ポルターさんが……消えました!!」

幽霊「なんだとっぉ!?」

幽霊「―――そうか、相手は僧侶か何かか?」

少女霊「分かりません。気が付いたらポルターさんはいなくて。でも、他には誰もいなくて……」

幽霊「……どういうことだ?」

幽霊「とりあえず、仲間が何かに巻き込まれたのは間違いない」

幽霊「そうだな。よし、みんな第一種戦闘配置だ!」




64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 15:35:45.66 ID:hp8VdakV0

ゾンビ「幽霊か……本当なんだな」

ポルターガイスト「俺も初めてみたぜ、ゾンビなんてよ」

ゾンビ「隊長、どうします?悪いの俺達じゃないっすか?」

ゾンビ「そうだな。無断で幽霊たちの縄張りを荒らしたわけだしな」

少女ゾンビ「謝りにいきます?」

ゾンビ「うむ、それが良かろう」

ポルターガイスト「なんだ、結構いい奴なんだな」

ゾンビ「はは、幽霊とゾンビ。似た者同士だ、争う必要がどこにある」

ポルターガイスト「それもそうだな」

ゾンビ「とりあえず、ポルターさんに道案内を頼みたい」

ポルターガイスト「おうよ。おっちゃんにまかせな」

少女ゾンビ「ふう……でも、幽霊って以外に怖くないんだ」

ゾンビ「やっぱ、俺たちも死んでるからかな?」

少女ゾンビ「どうだろうね?」

ポルターガイスト「じゃ、いくか」




65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 15:41:16.88 ID:hp8VdakV0

―――五階

少女ゾンビ「もっと上なんですか?」

ゾンビ「やべえ、足もげそう……冗談抜きで」

ポルターガイスト「そうか……俺たちは肉体がないから疲労とか感じなくなってるけど、ゾンビは違うもんな」

ゾンビ「マジできついっす」

ポルターガイスト「まあ、ゆっくりいこう。焦ることはないからな」

ゾンビ「んじゃ、休憩しよ」

ゾンビ「花咲くいろはってこの時間じゃなかった?」

ゾンビ「うひゃ!!!まずいじゃん!!」

ゾンビ「アホか!何やってんだ!!早くワンセグ!!」

少女ゾンビ「すいません。ちょっとお手洗いに行ってきます」

ポルターガイスト「ああ、その先の突き当たりにあるから」

少女ゾンビ「はーい」

ゾンビ「このオープニング曲はいいよなぁ」

ゾンビ「ホビロン!!」




66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 15:45:21.65 ID:hp8VdakV0

―――女子トイレ

少女ゾンビ「ふう……」

少女ゾンビ「幽霊かぁ……ふふ。私達と変わらないみたい……」

少女霊(いました……ふふ)

少女ゾンビ「ん……はぁ♪」

少女霊「―――わ!!!」

少女ゾンビ「ぎゃぁああああああ!!!!!!」


ゾンビ「ところでポルターガイストさん」

ポルターガイスト「ん?」

ゾンビ「ここには幽霊はどの程度いるんだ?」

ポルターガイスト「そうだな……今は50人ってとこだな」

ゾンビ「そうか……我々と同じぐらいか」

ポルターガイスト「そういうこった。―――ところで、あんたたちが来日した目的ってなんだ?」

ゾンビ「気になるか?―――だが、秘密だ」

ポルターガイスト「ええ?別にいいだろぉ」




67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 15:50:58.51 ID:hp8VdakV0

少女ゾンビ「うあぁああああ……!!!」

少女霊「あ!ちょっと、待って!!」

幽霊「あーあ、逃げちゃった」

少女霊「はぁ」

幽霊「だから出てきたところでって言ったじゃない」

少女霊「すいません」

幽霊「ん……?」

少女霊「どうしまし……ひぃぃ!?」

幽霊「うでだ……!?」

少女霊「誰の腕でしょうか……」


ポルターガイスト「ふうん……それで日本にな」

ゾンビ「ああ」

少女ゾンビ「わぁああああああ!!!!」

ゾンビ「どうしたの!?片腕ないよ!!!」

少女ゾンビ「おしっこのぞかれたぁ……!!」




68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 15:56:15.32 ID:hp8VdakV0

ゾンビ「なんですと!?」

ゾンビ「誰だ!そんな良い旅夢気分になってるやつは!!」

ポルターガイスト「どんなやつだったんだ?」

少女ゾンビ「そ、それが……ドアの隙間からにゅっと顔が……」

ポルターガイスト「俺の仲間か……?」

ゾンビ「幽霊でも女の子のトイレを覗くんすか?」

ゾンビ「マジぱねえ」

ポルターガイスト「そんなわけないだろう。きっと何かの間違いだ。見回り中だったのかもしれん」

ゾンビ「とりあえず、腕は探さないと」

少女ゾンビ「う、うん」

ゾンビ「よし、みんなで探そうぜ」

ゾンビ「おう」

ポルターガイスト「おっちゃんにまかせろ!」

少女ゾンビ「ありがとう……みんな」




73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 16:05:20.61 ID:hp8VdakV0

―――36階

少女霊「……」

幽霊「腕、持ってきちゃったけど」

オフィスレディ霊「こわいですわ!」

少女霊「マネキンのではなさそうですね」

幽霊「そだね」

幽霊「なんだろう……なんか、質感が気持ち悪い」

幽霊「腐ってるかんじしねえ?」

少女霊「もしかし……ゾンビ?」

幽霊「だから、そんなのあり得ないって」


―――五階 トイレ

ゾンビ「あった?」

ゾンビ「ないっしゅ」

少女ゾンビ「そんなぁ……ここ以外落とす場所なんて……」

ゾンビ「捨てられたとか……ないよな?」




74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 16:10:38.79 ID:hp8VdakV0

少女ゾンビ「え……?」

ポルターガイスト「それはないと思うが」

ゾンビ「ポルターガイストさん、先に仲間の方と合流してくれませんか?我々の足では朝を迎えてしまう」

ポルターガイスト「おう。分かった。何人かここに連れて来てやる」

ゾンビ「腕の所在もお願いしたい」

ポルターガイスト「任せとけって。―――んじゃ、ちっとだけ待ってな」

少女ゾンビ「はぁ……うで……」

ゾンビ「大丈夫だって」

ゾンビ「そうそう」

ゾンビ「おっぱいがポロリしちゃうよりはマシでしょ?」

少女ゾンビ「……」

ゾンビ「に、睨まないで……」

少女ゾンビ「はぁ……」

ゾンビ「戻ろう。向こうのソファで休もう」

少女ゾンビ「はい」




77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 16:15:22.97 ID:hp8VdakV0

―――36階

少女霊「……腕……」

幽霊「キモイし捨てるか?」

幽霊「そうだな」

オフィスレディ霊「それがいいですわ!」

幽霊「じゃあ、少女霊ちゃん、お願いできる?」

少女霊「うぇ……私が捨ててくるんですか?」

幽霊「だって……ねえ」

幽霊「少女霊ちゃんが持っていきましょうって言ったし」

少女霊「わ、わかりましたよぉ」

幽霊「よろぴく」

少女霊「もう……」

幽霊「―――さてと、次はなにして時間潰す?」

幽霊「いいの?階下に謎の集団がいるんだろ?」

ポルターガイスト「―――ただいまっと!!!」




80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 16:21:11.02 ID:hp8VdakV0

幽霊「ポルターおじさん!!」

ポルターガイスト「その呼び方はやめろ!」

オフィスレディ霊「あら、ポルターさんですわ」

ポルターガイスト「よう!」

幽霊「今までどこにいたのさ。少女霊ちゃんが心配してたよ?」

ポルターガイスト「わりいな。ちょっとゾンビに捕まってさ」

幽霊「ゾンビ!?」

幽霊「どういうこと?!」

ポルターガイスト「おう。この世はまだまだ不思議なことがあるもんだ」

幽霊「ちょっと、詳しく説明してくれ」


少女霊「さてと……この腕……どうしよっかな」

少女霊「あ……このダストシュートに捨てればいいか」

少女霊「―――てい」

少女霊「ふう。よし」

少女霊「さてと、帰ろう」




81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 16:26:05.42 ID:hp8VdakV0

幽霊「―――ゾンビってマジですか」

ポルターガイスト「えらくマジだ」

幽霊「ゾンビなんて信じられねえ」

ポルターガイスト「でも、本当だ」

オフィスレディ霊「ね?ね?私たちの言った通りですわ!」

幽霊「うーん……でも、嘘には思えないしなぁ」

ポルターガイスト「だからマジだって」

少女霊「あ、ポルターさん!!無事だったんですね!!!」

ポルターガイスト「おうよ!」

幽霊「どうする?」

幽霊「ゾンビか……会ってみる価値はあるな」

ポルターガイスト「おう、そうか」

少女霊「やっぱりゾンビだったんですか?」

ポルターガイスト「そうなんだよ。誰でもいいから数人ついてきてくれ。ゾンビたちも会いたがってる」

幽霊「分かった。よし、行こう」




82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 16:30:26.42 ID:hp8VdakV0

ゾンビ「ちーちちっちおっぱい!」

ゾンビ「もげもげ!」

少女ゾンビ「……」

ゾンビ「遅いなぁ」

少女ゾンビ「……腕……」

ポルターガイスト「おっす、待たせたな」

ゾンビ「おお」

幽霊「……どうも」

少女霊「ゾンビ、さん?」

少女ゾンビ「あー!!!トイレ覗いた子!?」

少女霊「あ!トイレの子!?」

ゾンビ「トイレの子だって」

ゾンビ「なんだが、興奮するね」

少女ゾンビ「それより、私の腕はどこですか!?」

少女霊「うで?」




84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 16:34:36.12 ID:hp8VdakV0

ポルターガイスト「ああ、そうだ。訊くのすっかり忘れてたぜ」

幽霊「なんのこと?」

ゾンビ「実は、この子がトイレで腕を落としたらしくって」

少女ゾンビ「腕がないとなんか寂しいんです!返してください!!」

幽霊「……」

少女霊「……」

ゾンビ「どうして目をそらす?」

幽霊「ほら、ちゃんと謝らないと」

少女霊「ええ!?酷い!」

少女ゾンビ「まさか……捨てたんじゃないよね?」

少女霊「……」

少女ゾンビ「ちょっと!!」

少女霊「……ごめんなさい」

少女ゾンビ「―――うわぁぁぁぁん!!」

少女霊「あ、の……すいません」




86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 16:39:20.86 ID:hp8VdakV0

ゾンビ「はぁ……」

幽霊「まさかゾンビの腕だなんて思わなくて……」

ゾンビ「かわいそ!かわいそ!」

ゾンビ「少女ゾンビちゃん、ドントクラーイ!」

ゾンビ「おいこら!ちょっと可愛いからって、腕を捨てるなんて暴挙はゆるされないよ!」

ゾンビ「パンツみせろこら!!」

少女霊「えぇ!?」

少女ゾンビ「うでぇ……うでぇ……」

ゾンビ「おらおら!どんなパンツ穿いてるか教えろください!!」

少女霊「あの……パンツってなんです?」

ゾンビ「……」

幽霊「この子、下着がない時代に死んだんでそういう知識がないんですよ」

ゾンビ「―――ぐはぁ!!!」

ゾンビ「ああ!!ゾンビさんが鼻血を!?」

少女霊「え?え?」




90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 16:42:49.00 ID:hp8VdakV0

ゾンビ「ともかく、少女ゾンビちゃんの腕はちゃんと探してください」

幽霊「そうですね。おい」

少女霊「は、はい?」

幽霊「ちゃんと探すように」

少女霊「えぇ〜!?」

幽霊「私たちはゾンビさんたちを36階まで案内するから」

少女霊「もう……わかりました!!」

ゾンビ「悪いね」

少女霊「はぁ……なんで私ばっかり」

少女霊「じゃあ、行ってきます」

少女ゾンビ「まって」

少女霊「え?」

少女ゾンビ「私もついてく」

少女霊「別に構いませんが……」

ゾンビ「うん。いいんじゃないの。いってらっしゃい」




92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 16:47:51.52 ID:hp8VdakV0

―――五階 廊下

少女ゾンビ「どこに捨てたの?」

少女霊「えっと……36階のダストシュートから……ぽいっと」

少女ゾンビ「なんで勝手に捨てるのよ!!」

少女霊「すいませんってば!!」

少女ゾンビ「もう……なんか違和感あるんだからね」

少女霊「はい」

少女ゾンビ「早く回収しなきゃ……よいしょ」

少女霊「え?あの、なにしてるんですか?」

少女ゾンビ「何ってこの中に捨てたんでしょ?」

少女霊「そうですけど、ダストシュートから直接行く気ですか!?」

少女ゾンビ「だって歩くのしんどいし」

少女霊「いやいや、やめたほうが……!!」

少女ゾンビ「いっきまーす♪―――きゃぁああああああああ!!!!!!」

少女霊「わぁああああ!!!!!少女ゾンビさぁぁぁぁん!!!!」




96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 16:53:21.23 ID:hp8VdakV0

―――36階

ゾンビ「いやぁ……まさか運んでくれるとはありがとうございます」

幽霊「いえいえ。触れられるのが幸いしましたね」

オフィスレディ霊「ゾンビさん、お茶ですわ!」

ゾンビ「ええ尻しとるなぁ……ぺろん」

オフィスレディ霊「きゃぁ!?」

ゾンビ「おい!これ、ランカちゃんの限定フィギュアじゃん!?」

幽霊「え?しってんの!?」

ゾンビ「もちろんでござるよ!!」

幽霊「えーそっちでもアニメ流行ってるんだ」

ゾンビ「ニホンノアニメサイコーネ!」

幽霊「急にカタコトにならんでください」

ゾンビ「いやぁ、いいところですね」

幽霊「そういえば、どうしてここに?」

ポルターガイスト「ああ、そのことなんだけど」




98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 17:00:43.65 ID:hp8VdakV0

―――地下 ゴミ捨て場

少女霊「少女ゾンビさん!!どこですか!!」

少女ゾンビ「……こ、こ……ここ……」

少女霊「え……きゃぁあああ!!!!!首だけ!?!?」

少女ゾンビ「ごめん……落ちた衝撃でバラバラになっちゃった……すごく、痛い」

少女霊「えとえと!?大丈夫……じゃないですよね!?ええ……どうしたらいいですか!?」

少女ゾンビ「と、とりあえず……パーツを拾ってくれると、嬉しんだけど……」

少女霊「わ、わかりました!!」

少女ゾンビ「さいあく……いっ!」


幽霊「ほお……日本の文化が好きで永住を?」

ゾンビ「そうです。今回はその下見で日本を訪れました」

幽霊「それで人目につかない場所を探して、ここに来たわけですね?」

ゾンビ「はい。しかし、大変失礼なことをしてしまったようだ」

幽霊「いやいや。こちらも事情を知らなかったとはいえ、ご無礼を」

ポルターガイスト「で、どうする?俺的には別にこの廃ビルの一部を貸してやってもいいと思うが」




99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 17:07:04.05 ID:JczJ9f4Y0

ゾンビと幽霊が大量にいるビルか……




100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 17:07:21.80 ID:hp8VdakV0

少女ゾンビ「はやくぅ……」

少女霊「もう、だから止めた方がいいっていったじゃないですか……あ、右足発見」

少女ゾンビ「まさかあんなに急だとは思わなかったの」

少女霊「ゴミがクッションになると思ったんですか?……あ、これは右腕……捨てた奴だ」

少女ゾンビ「うっさいなぁ。早く拾ってよ」

少女霊「む……これ、燃やしてもいいんですけど?」

少女ゾンビ「ちょっと!笑えないから!!」

少女霊「じゃあ、少し黙っててください……これは、胴体だ」


幽霊「貸すというか、ここは俺達の所有物じゃないし。住みたければご自由にどうぞって感じだけど」

ゾンビ「いいんですか!?」

ポルターガイスト「ああ、お前らがいるとなんか楽しそうだしな」

ゾンビ「それはありがたい」

幽霊「何人程度の移住を考えているのですか?」

ゾンビ「大体100人ぐらいですね」

幽霊「100人か……まあ、余裕でしょう」




101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 17:10:03.96 ID:TmIpglqY0

余裕なんだwww




102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 17:13:13.68 ID:hp8VdakV0

少女霊「これで全部ですかね?」

少女ゾンビ「ありがと……よいしょ」

少女霊「手足ってくっつくんですね」

少女ゾンビ「まあね……ゾンビだから」

少女霊「ゾンビってすごいですね」

少女ゾンビ「そう?幽霊のほうがいいじゃない。壁とかすり抜けられるんでしょ?」

少女霊「でも、肉体があるほうがいいなーって思う時もありますよ?生きている人は私たちのことを見ることができませんし」

少女ゾンビ「ふうん、そういうものなの?」

少女霊「はい」

少女ゾンビ「ゾンビも大変だけどね。すぐに疲れちゃうし。手足はもげるし。人間が私たちを見たら大概吐くし」

少女霊「ええ?吐く?」

少女ゾンビ「臭いんだって。酷い話よ」

少女霊「臭いんですか?」

少女ゾンビ「臭わない?」

少女霊「別に感じません……幽霊ですし」




103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 17:18:32.91 ID:hp8VdakV0

少女ゾンビ「そっか……臭わないんだ……そうなんだ……」

少女霊「それより、ここから出ましょう。いつまでもゴミ捨て場には入れませんし」

少女ゾンビ「そっか……でもダストシュートからは戻れそうにないわね」

少女霊「当たり前じゃないですか」

少女ゾンビ「どこからか出られるの?」

少女霊「えっと、確か……こっちだったと思います」

少女ゾンビ「道案内、お願いね」

少女霊「ここあまり使わないんで、正直不安なんですけど……」


ゾンビ「では、試しに一週間ほどここに住んでみてもいいですか?」

幽霊「許可などいりませんよ。気に入ったのならどうぞ」

ゾンビ「助かります」

ポルターガイスト「そういえば二人おせえな」

幽霊「そういえば……」

ゾンビ「うむ……少し心配になってきた。四肢が粉砕してなきゃいいけど」

幽霊「ゾンビも大変ですね」




104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 17:22:45.01 ID:hp8VdakV0

少女霊「ここですね」

少女ゾンビ「鍵開けてよ」

少女霊「え?」

少女ゾンビ「いや、私はすり抜けられないから」

少女霊「あ……ここ錠前が……」

少女ゾンビ「鍵はある?」

少女霊「うーん……何分ここは廃ビルなんで」

少女ゾンビ「マジぃ?」

少女霊「ともかく探してみますね」

少女ゾンビ「お願いね」


―――36階 廊下

オフィスレディ霊「ふんふーん」

ゾンビ「あ、ちっす」

オフィスレディ霊「あら、どうかしました?」

ゾンビ「ここって禁煙っすか?」




106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 17:24:29.99 ID:TmIpglqY0

双方の順応性ぱねぇ




108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 17:27:08.48 ID:hp8VdakV0

オフィスレディ霊「違いますけど、タバコお吸いになられるんですか?」

ゾンビ「そうなんすよ……じゃ、失礼して」

オフィスレディ霊「あ、でもその辺に吸殻は捨てないでくださいね?」

ゾンビ「うーっす」

ゾンビ「スパー……いやぁ、うまいなぁ」

幽霊「こっちにもっとアニメグッズおいてるんですよ!見ます!?」

ゾンビ「見るでござる!!」

ゾンビ「やっほー!やっぱり日本は違うぜ!!」

幽霊「急ぎましょう!」

ゾンビ「ひゃっはー!!」

ダダダッ……ドン!

ゾンビ「いて!……おいおい、気を付けろよな」」

ゾンビ「あ、ごめん」

幽霊「すいません。廊下は走らずにいきましょう」

ゾンビ「全く、アニオタどもめ……あれ?タバコ、どこいった?」




111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 17:32:26.36 ID:hp8VdakV0

―――地下 ゴミ捨て場

少女ゾンビ「おっそいなぁ……退屈……」

少女ゾンビ「ここに住むことになるのかなぁ……だとしたら、あの子とももっと……」

少女ゾンビ「……うん、悪くないかも」

少女ゾンビ「ふう……」

……ボッ!

少女ゾンビ「ん?」


―――1階 警備室

幽霊「異常なし!」

幽霊「うす!」

少女霊「すいませーん」

幽霊「どったの?こんなところに用事なんて珍しいね」

少女霊「あの、ゴミ捨て場の鍵ってあります?」

幽霊「鍵?いやぁ、見ての通りここには何もないよ?俺たちも警備員のマネをしてるだけだし」

少女霊「はぁ……ですよね……どうしよぉ」




112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 17:36:06.44 ID:dGrHUAQ10

うわあああ!!早く鍵を!!




113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 17:36:48.34 ID:hp8VdakV0

少女霊「はう……困ったなぁ」

幽霊「なんかあったの?」

少女霊「それが少女ゾンビさんが閉じ込められちゃって」

幽霊「ええ?あんなところに?」

少女霊「はい」

幽霊「なにやってんだか」

少女霊「でも、なんとかしてあげないと」

幽霊「そうだねえ」


―――36階

ポルターガイスト「やっぱり遅いな」

幽霊「なんかあったのかなぁ」

ゾンビ「うむ」

ジリリリリリリリリリ!!!!!!

オフィスレディ霊「きゃぁあ!?なに!?」

ゾンビ「これは!?」




114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 17:41:26.21 ID:hp8VdakV0

―――警備室

幽霊「なんだ?また警報装置の誤報か?」

幽霊「なんでこれだけ生きてんすかね?」

幽霊「さあ?」

少女霊「とりあえず戻ります。鍵はどうします?」

幽霊「一応、探してみるよ」

少女霊「お願いします」


―――ゴミ捨て場

少女ゾンビ「うそ……もえてる!!!ファイヤー!!!」

少女ゾンビ「洒落にならないって!!!助けて!!!」

ガチャガチャ!!

少女ゾンビ「ちょっと!!だれか!!!」

少女ゾンビ「ごほ!ごほ!!……けむい……」

少女ゾンビ「あーあ……こんなとことで二度目の死を迎えるんだ……なんだ……もう、つまんないなぁ……ごほ!!」




116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 17:46:45.26 ID:hp8VdakV0

―――36階

ジリリリリ……

幽霊「鳴りやんだ。やっぱり誤報ですね」

ゾンビ「多いんですか?」

幽霊「まあ、なんであれだけ生きてるのか不思議なくらいなんで」

ゾンビ「なるほど」

ポルターガイスト「俺、ちょっくら様子みてくるわ」

幽霊「あ、おねがいしまっす」

ゾンビ「ん?なんか焦げくさくない?」

幽霊「えー?わかんないよ?」

ゾンビ「いや、臭うでござるよ……くんくん」

幽霊「ごめん、僕達は嗅覚がなくて」

ゾンビ「どこからだ……あ、廊下からだ」

ゾンビ「ここっぽくね?」

幽霊「ダストシュートだ……あ、なんか黒い煙が出てきてる」




119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 18:02:13.67 ID:hp8VdakV0

―――ゴミ捨て場

少女ゾンビ「ごほ!ごほ!!……あー、ゴミはよく燃えるなぁ……ごほ!!」

少女霊「―――あの、すいません鍵が見当たらなくて」

少女ゾンビ「そう……ごほ!!」

少女霊「って、燃えてる!!燃えてますよ!?!?」

少女ゾンビ「そうね。燃えてるわぁ」

少女霊「逃げましょう!!早く!!」

少女ゾンビ「鍵」

少女霊「あ……そっか」

少女ゾンビ「馬鹿……ごほ!!ごほ!!」

少女霊「さ、探してきます!!」

少女ゾンビ「待って。ここに居て」

少女霊「え……でも……」

少女ゾンビ「いいから。―――やっと、出逢えた友達ともっと喋りたいし」

少女霊「少女ゾンビさん……」




120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 18:05:56.63 ID:hp8VdakV0

―――1階

ポルターガイスト「ったく、どこにもいねえぞ」

幽霊「これ、なんすか?」

幽霊「煙だ……地下ってゴミ捨て場だっけ?」

ポルターガイスト「どうした?」

幽霊「あ、ここから黒い煙が」

ポルターガイスト「なんだと?」


―――36階

ゾンビ「うわ……やっぱりどこかで燃えてんじゃん?」

幽霊「まじでー?」

ゾンビ「どうかしたのか?」

ゾンビ「隊長、これ」

ゾンビ「ん?―――おい!こりゃ火事じゃないか!?」

幽霊「えええ!?!」

オフィスレディ霊「大変ですわ!!」




124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 18:12:07.14 ID:hp8VdakV0

―――ゴミ捨て場

少女ゾンビ「―――でね、ごほ……そのゾンビがまたドジでさぁ……ごほ!」

少女霊「……あの」

少女ゾンビ「ん?」

少女霊「……わたし」

少女ゾンビ「いいから。傍にいて」

少女霊「でも!!」

少女ゾンビ「私、友達を作れないまま死んだから、こうして貴女とお喋りするの楽しいのよ」

少女霊「諦めないでください!!ここから出ればもっとお話できますって!!」

少女ゾンビ「……そうね」

少女霊「ね、でましょう?私も、少女ゾンビさんともっと、もっとお話したいですから!」

少女ゾンビ「ふふ……うれし……ごほ!!……でも、もう無理だと思う。鍵、無いんでしょ?」

少女霊「それは……探せばきっと!!」

少女ゾンビ「ダメね……こうして廃棄された建物の鍵なんてとっくに処分されてるもの」

少女霊「そ、んなぁ……」




125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 18:17:10.43 ID:hp8VdakV0

―――36階

ゾンビ「やべえじゃん!?やべえじゃん!?」

幽霊「どうしよう!!こんなこと初めてだぁ!?」

オフィスレディ霊「大変ですわ!大変ですわ!!」

ゾンビ「ええい!うろたえるな!!」

幽霊「でも!?」

ゾンビ「隊長、どうするんすか?」

ゾンビ「消火栓は使えるのか?」

幽霊「え……いや、多分、水が来てないと思います」

ゾンビ「むう……」

オフィスレディ霊「あの!お時間をくださればできますわ!!」

ゾンビ「本当か!?」

幽霊「あ、無理矢理水道を繋げる気?!あれ、ばれたから人間が来ちゃうよ?」

オフィスレディ霊「でも、ここを灰にしたくはありませんわ!」

ゾンビ「頼む。俺たちは燃えやすいのでな。やってほしい」




127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 18:22:09.37 ID:hp8VdakV0

少女ゾンビ「あ……もうすぐ、燃えちゃうなぁ」

少女霊「くそ!くそ!これさえ開けば!!」

ガチャガチャ!!

少女ゾンビ「もういいから」

少女霊「でも!!」

少女ゾンビ「ありがとう」

少女霊「え?」

少女ゾンビ「出逢ったばかりなのに、そんなに真剣に助けようとしてくれて」

少女霊「そんなの……!!」

少女ゾンビ「幽霊だから燃えないでしょ?最後まで居てよ」

少女霊「そんなの……いや、です!貴女が燃えるところなんて見たくないですよぉ!!」

少女ゾンビ「おねがい…・・ごほ!ごほ!!」

少女霊「―――お願い!開いて!!開いてください!!!」

ガチャガチャ!!!

ポルターガイスト「―――ばかやろう。そんなんじゃあ、開くわけねえよ」




128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 18:26:59.35 ID:hp8VdakV0

少女霊「え?」

少女ゾンビ「あなたは……ごほ!」

ポルターガイスト「やっぱりここにいたのか。遅いから心配したぜ?」

少女霊「ポルターさん……ここの鍵が開かないと少女ゾンビさんが!!」

ポルターガイスト「そうだな。―――おっちゃんに任せろ」

少女ゾンビ「え?」

少女霊「あ……そっか、ポルターさんは……」

ポルターガイスト「物を操るのが俺の能力よ?―――こんなの朝飯前だっての」

カチャン……!

少女霊「あいた!!開きました!!!」

少女ゾンビ「あ……ありがとう」

ポルターガイスト「ばかやろ、礼なんているかよ!!早く逃げるぞ!!」

少女霊「そうですよ!」

少女ゾンビ「そっか……うん」

少女霊「脱出です!!」




129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 18:31:35.41 ID:HqUVcFF60

ポル△




130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 18:32:20.44 ID:EbJiJvY40

おっちゃんGJ!




131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 18:32:50.72 ID:hp8VdakV0

―――36階

ゾンビ「各員、配置についたか?」

ゾンビ「うっす!各階、ダストシュートまでホースを持って行きました。あとは弁を解放するだけです!」

幽霊「―――え?できた?おし!」

ゾンビ「もういいのか?」

幽霊「はい!今、オフィスレディ霊たちが水道管をぶっこわして繋げたみたいです」

ゾンビ「分かった。では、一斉に放水するぞ!!」

幽霊「じゃあ、私たちが各階のゾンビさんに知らせてきます!」

ゾンビ「頼む!」

幽霊「お任せを!!」

ゾンビ「いくぞぉぉぉ!!ダストシュートから水を流しこめ!!」

ゾンビ「せいやー!!」

ザザー!!

ゾンビ「これでなんかとなるか……!?」

ゾンビ「初期消火は完全に間に合ってないっすけどね!」




132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 18:39:29.55 ID:hp8VdakV0

―――1階

幽霊「あ、出てきた!!」

少女霊「ふう、なんとかなりましたね!」

少女ゾンビ「まあね」

ポルターガイスト「おい、扉を閉めろ」

幽霊「あ、はい!」

ポルターガイスト「とりあえずそれで延焼を防げるはずだ」

少女ゾンビ「……はぁ、つかれちゃった」

少女霊「あはは……火事なんて初めてです」

少女ゾンビ「私も」

少女霊「えへへ」

少女ゾンビ「ふふ」

幽霊「今、ダストシュートから放水してるんでもうすぐ鎮火するかと!」

少女ゾンビ「あ、1階からはまだなんだ。私がやる……やらせて!」

ポルターガイスト「消火栓は向こうだ。俺がこっちまでホースを延ばしてやるぜ!!―――こっちこいや、ホース!!」




133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 18:44:45.66 ID:hp8VdakV0

―――数十分後

少女霊「―――確認してきました。もう大丈夫です。ゴミ捨て場はもうプールみたいになってましたけど」

少女ゾンビ「はぁ……よかったぁ……」

ポルターガイスト「にしても、なんで火事になったんだ?俺たちは燃えるもんなんてもってないのに」

幽霊「それは追々調べましょう。今は少女ゾンビさんを休ませてあげないと」

少女霊「そ、そうですね!」

少女ゾンビ「ごめんね」

少女霊「そんな……友達ですから、お礼なんていいですよ」

少女ゾンビ「そう……じゃあ、もういわない」

少女霊「いや、でも言ってくれたら嬉しいですので」

少女ゾンビ「もう、どっちよ?」

少女霊「えへへ」

少女ゾンビ「ちょっと寝るわ」

少女霊「はい」

少女ゾンビ「ありがとね……ほんとに」




134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 18:49:21.36 ID:hp8VdakV0

―――明け方

ゾンビ「なんと言ったらいいか……まさかタバコが原因だったとは」

幽霊「いえ、私たちのほうにも原因はあるようですので、ここはお互い様としましょう」

ゾンビ「すまないな……」

幽霊「顔を上げてください。これからここで生活する者同士、助け合っていきましょう」

ゾンビ「そう言ってくれるのか……感謝する」

少女ゾンビ「そう、もう寝るの?」

少女霊「はい。朝は弱いんですよね」

少女ゾンビ「そっか。お休み」

少女霊「はい……おやすみ―――」

ゾンビ「消えた……」

少女ゾンビ「さてと、隊長。私たちはどうしますか?」

ゾンビ「決まっているだろ。皆でどこに住むか決めるのだ!」

ゾンビ「やっほー!!アニメ部屋作ろうぜ!!」

少女ゾンビ「―――これからお世話になるね。よろしく」




139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 19:03:06.29 ID:hp8VdakV0

―――1年後 夏 廃ビル

男「ここ、出るらしいな」

女「マジで……ちょーこわ」

友「ほらほら、もうカメラは回ってるからいこうぜ」

男「そうだな。いい心霊映像が撮れればいいけどな」

女「それでテレビ局に売るんでしょ?ちょーうける」


少女霊「人間さんが来ましたね」

幽霊「そっかもう夏休みだもんなぁ」

少女霊「これから忙しくなりますね」

幽霊「全くだ。深夜アニメが遠のくよ」

ゾンビ「なになに?人間が来たの?」

少女ゾンビ「おっし!じゃあ、私達の協力技で絶望の淵に立たせちゃおうか!」

ゾンビ「ひゃっほー!少女ゾンビちゃん、最高!!」

少女霊「ほどほどでお願いしますよ?」

少女ゾンビ「分かってるって!―――んじゃ、いこっか!」




141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 19:06:01.98 ID:hp8VdakV0

少女霊「―――かえれぇ!」

男「うわぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

女「やばいやばいやばい!!!!!」

友「にげろぉぉぉ!!!!」

少女ゾンビ「にがすかぁ……」

男「ひぃぃぃぃ!?!?!?」

ゾンビ「うぁあぁぁあぁぁ……」

女「ぎゃぁああああああ―――――」

友「まてよ!!!!おいてくなぁあぁぁああ!!!!!」

幽霊「もっとあそびましょう?」

男「たすけてくれぇぇぇぇぇ!!!?!?!!?」

少女ゾンビ「―――がぁぁああああああ」

女「うぎゃぁあああああ!!!こっちくんなぁああああ!!!!」

少女霊「―――かえれ!かえれ!!」

男「ひぁぁああぁあぃぃぃぃぃ!!!!!!」




142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 19:12:41.51 ID:hp8VdakV0

少女ゾンビ「―――あっはっはっは!!あの男、ションベンちびってやんのー♪」

少女霊「もう、やり過ぎですってば!」

少女ゾンビ「そう?あれぐらいでいいと思うけど」

少女霊「もう……まあ、今度から気を付けてくださいね?」

少女ゾンビ「はいはい」

少女霊「ホントに分かってるんですか?」

少女ゾンビ「わかってるって!」

少女霊「ふぅ……じゃあ、信じます」

少女ゾンビ「ふふ……ありがとっ」

幽霊「おーい!みんなでかくれんぼしようぜ!」

ゾンビ「おっしゃー!昨日のリベンジだっぜ!!」

少女ゾンビ「かくれんぼだって!いこっ!」

少女霊「はい!―――負けませんよ?幽霊ですから、手加減しません。たとえ、親友でも、です」

少女ゾンビ「私だってゾンビだもん。負けないからね。親友だからって手は抜けないしね♪」


お し ま い




143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 19:13:30.76 ID:HiXQl19f0

乙  少女ゾンビちゃん可愛かった




146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 19:15:49.74 ID:NlFxQonw0

お憑かれさま!




151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 19:32:45.98 ID:HcP24oqZ0

乙! おもしろかったわ!




155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/29(月) 19:46:12.65 ID:s5DI3r2M0

お憑か霊サマー





カテゴリー「神・幽霊・妖怪・不思議・奇妙」のSS一覧
管理人のオススメSS

 

最新記事50件