1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 15:30:53.96 ID:qCKcIiUq0
金正日「ほんとなの」

お付き「完膚なきにまで本当です。とは言っても、15分前に宣戦布告されたばっかりですけどね」

金正日「なんでわたしに早く教えないの」

金正日「ちょっと外の様子見てくる」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 15:33:41.89 ID:AfLsZZWD0
勝てる要素が見あたらない




元スレ
金正日「え、アメリカが攻めてきた?」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1312871453/
DAT:ここを右クリックして名前をつけてリンク先を保存


 
5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 15:35:43.00 ID:qCKcIiUq0
金正日「何もないじゃん。どうしよ、アメリカって超強いし、ヤバいよね本格的に」

金正日「ん?なんだあれ、鳥かな?」

キィィィィィィィィン!! ボッ ボッ ボッ ボッ ボッ
ボシュゥゥゥウウ!!ドガーンドガーンドガーンドガーン





金正日「…あれ?何も残ってないじゃん。しかも今のなに?なんなの?建物一つないし、良く見たらうちも吹っ飛んでるし。どうしよ、マジでどうしよ」




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 15:39:33.05 ID:qCKcIiUq0
ガラガラッ

お付き「今のはアメリカの無人戦闘機ですね。我が国は敗北しました」

金正日「はやっ」

金正日「さも当たり前のように瓦礫の中から出てきたけど大丈夫なの?」

お付き「なにがです」

金正日「君だよ君の体」

お付き「セクハラです」

金正日「ちょ」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 15:40:54.14 ID:ZNp6Qy2s0
はえええ




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 15:45:25.28 ID:qCKcIiUq0
お付き「将軍様」

金正日「なんだよ話しかけるなよ」

お付き「国滅んだんで金って呼んでいいですか?」

金正日「馴れ馴れしいなお前好きにしろよ」

お付き「はい、金」

金正日「せめて『さん』とか『様』とか付けてよ呼び捨てとか流石に心が痛むよ」

お付き「とりあえず、どうしますか。このままアメリカが上陸するのを待つか、それとも、逃げるか、この二択です。これ以外に選択肢なんて有りません」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 15:50:31.74 ID:7SFUnJ0U0
こいつらなんで生きてんだwww




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 15:50:42.52 ID:qCKcIiUq0
金正日「とまあ捕まるのは嫌なもので………………」

金正日「こんな所までいつの間にか逃げて来て隠れたんだけども、何処?ここ」

お付き「船、ですね。それも巨大な。いい加減狭いコンテナの隙間に居るのも疲れました」

HAHAHA!オーゥ!イェア!

金/お「「!!」」

金正日「え、あそこに居るのってアメリカ人じゃないの?」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 15:56:33.63 ID:qCKcIiUq0
お付き「金髪色白高身長筋肉、間違いなくアメリカ人です。それもテンプレート的な。M16を装備していますね、ズバリ兵士でしょう」

金正日「おい馬鹿野郎!しかも沢山居るじゃねえか!」

お付き「どうもアメリカ軍の軍艦だったようです。いやはや」

金正日「お前に着いて行った結果がこれだよ!大体お前と私どうやって警備潜り抜けたんだよ!お前何者だよ!」

お付き「ただの付き人です(キリッ」
金正日「転べ!って、うおっヤバいヤバいアメリカ人こっち来てるヤバいヤバい!」




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 16:01:44.78 ID:qCKcIiUq0
HAHAHA!ファックファック!ファックファック!

金正日(…………………………行ったか?それにしても…狭い…腹の肉が…)

付き人「へぇっくし!」

!! ファックファック!?

金正日(付き人ぉーっ!!)

ドンッ 金正日「えっ?」

ズザァァァアアアアア!

アメリカ兵「おーう?」

金正日「こんにちは」




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 16:09:40.73 ID:qCKcIiUq0
アメリカ兵「アジアン!?ピッグ!?」

金正日「うわわわわわ」

アメリカ兵「スゥウウウ!」

金正日「ヤバい叫ばれる!………って、あれ?」

アメリカ兵「」ドサッ

お付き「幸いパトロールは1人だけだから良かったものの。金、行動が軽率過ぎますよ」

金正日「転んだ上に前歯折れ。お前がどついたんじゃろがい!それに手刀って!手刀で一撃って!もうお前誰だよ!しかも船は既に海の旅に出てるし!カモメ飛んでるし!散々だよ!」




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 16:17:32.68 ID:qCKcIiUq0
金正日「このまま乗ってたらアメリカ着いちゃうじゃん!お前のせいだよ!お前が早く私に戦争のこと知らせてればこんなことには!」

お付き「豚が」ボソッ

金正日「えっ」




ザワ…ファック?ザワザワ…ファックwww

お付き「さて、今後の方針を決めましょう。機△海料イ鮹イΔ、供何処かにたどり着くまで大人しくしているかです」

金正日「そうだなぁ…>>25にすることにしよう。軽いけど」

気兇覗んで下さい




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 16:18:41.32 ID:ZNp6Qy2s0
2




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 16:24:16.60 ID:qCKcIiUq0
金正日「大人しくしてよう、船奪うとか無理ゲーじゃん。死にゲーとか勘弁だし」

お付き「雑魚が」ボソッ

金正日「えっ」



〜〜〜〜〜〜

金正日「……あれからどれ位経った?もう夜みたいだけども」

お付き「月の光り具合と位置から計算するとざっと6時間ってところでしょうかね」

金正日「ううっ…寒い。そういえばさっきのアメリカ人どうしたの?」

お付き「棄てました」

金正日「ひっでえなあ」




30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 16:29:38.74 ID:qCKcIiUq0
金正日「まあいいや、それよりお腹空いた………」

お付き「いいものが手に入ったんです。ソーセージとミートボール。アメリカ兵が持ってましたよ、ほら」

金正日「うわぁい!流石肉食の国アメリカだなぁ!早速頂きまー………獣くせえ。生じゃん。火は?」

お付き「ないです。少し考えれば分かるでしょう」

金正日「生き残るには野生に還らないといけないのか………ミートボールって熱を加えないとこんなにコリコリしてるのか…」




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 16:30:35.38 ID:FXbyRxFH0
キwwwwンwwwwタwwwwマwwww




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 16:35:55.37 ID:qCKcIiUq0
お付き「金さん」

金正日「何?」モグモグコリコリ

お付き「寒いです」ヨリソイヨリソイ

金正日「ぶっ!何やってんのちょっ………寝てる。はやっ。どうしよう」

金正日「………腹を枕にさせてみたけどえらく沈み込んでるな、大丈夫かな?ああ…いきのこり…た…い、いきのこ…スピー」




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 16:44:31.19 ID:qCKcIiUq0
ヴィィイイイイイイイイイ!!

金正日「ふおっ」ビクッ

お付き「やっと起きましたか。あと3秒遅かったら」

金正日「3秒遅かったらなんだよ!真顔で言いかけるのやめろよな!朝から騒がせるなよ!あとお前の周りに落ちてる銃がなんで増えてんだよ!またやらかしたなてめー!」

お付き「ソーセージとミートボールが3セット手に入りましたよ」

金正日「え?セット?」

お付き「どうやら何処かの島にたどり着いたようです。緑が目立ちますね、一見人工物らしきものは見当たりません。雰囲気からして主なのは熱帯系の植物でしょうか、私が見たことのない植物ばかりで、予想することしか」




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 16:45:03.68 ID:WXWfygc1O
付き人から狂気を感じる




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 16:49:56.49 ID:qCKcIiUq0
金正日「えっ、お前が知らない植物って珍しいね。でも地味に高くない?この船から陸までの高さって」

ドンッ

金正日「えっ、えっ?」

ドスンッ! ぴょん!もふん!

金正日「ごえあ!!」

お付き「これぞ合体技ミート・トランポリンです。ささ、船からアメリカ人が降りて来る前にちゃっちゃとここから離れましょう」

金正日「ちくしょう、帰ったらダイエットしてやる。無理かな、無理だよね、無理だな。私が痩せるわけがない」




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 16:56:52.91 ID:qCKcIiUq0
お付き「これ、金さんのM16です」ポイッ

金正日「おもっ」

お付き「弾抜いてたのに」

金正日「お前は私をどうしたいんだ。あ、ちょっと、ねえ待って追いてかないでよ」

〜〜〜〜〜〜〜

金正日「ひい…ひい………疲れた。足が棒になったみたいだ」

お付き「丸太みたいですね」

金正日「うるさいだまれ…ん?あれはなんだ?」

お付き「古い建物のようです。えらく風化していて蔦がはい回ってますね。元は白かったみたいですが」

金正日「何でお前こっちみてるの」




48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 17:02:00.73 ID:qCKcIiUq0
金正日「はいはい行けば良いんだろ?満足なんでしょ?分かってるよ分かってる」

お付き「流石ですね」

金正日「いやいやそれ程でもないよ〜」

お付き「知ってます」

金正日「へっ」

ガサガサガサガサガサガサ…

金正日「草が多い…よっ、と。おおっ………見事に何もないな」

お付き「おまえのめはふしあなか」

金正日「うわ゛ーっ!?結局着いて来たのかよ!耳元で呟くな!ビビるわーマジビビるわ!」




49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 17:07:05.19 ID:qCKcIiUq0
お付き「あの木の机の上を見て下さい。あれですよあれ」

金正日「こ、この黒い本か?どれどれ………読めない。あっ」

バッ

お付き「これは、今までに起きた戦争の記録のようです。年号ごとに記されています。ふむ、私も、いえ、誰も知らないような戦争の記録まで。隠蔽されたんでしょうか。残念ながら途中から途切れているようですが」




50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 17:14:10.44 ID:qCKcIiUq0
金正日「こんなしまにどうしてそんなのがあるの」

お付き「おそらく、この島もアメリカ軍の保有地です。しかもとびきり極秘クラスの」

金正日「投降しない?」

お付き「嫌です」

金正日「どうして」

お付き「調べたいです、もっと此処を」

金正日「好奇心………猫を殺すと言うぞ?」

お付き「黙れ豚」

金正日「」




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 17:20:53.91 ID:qCKcIiUq0
金正日「付き人の我が儘に付き合うこと数時間…めぼしい発見は」
お付き「早く来て下さい金さん」
金正日「ちょ、金網たかっ。お前が向こう側に居る理由を知りたい。と言うかやだそっち側こわい真新しい建物が建ってるじゃん」

お付き「早く来て下さい金さん」
金正日「………」ヨジヨジヨ バチバチィ!ビリビリビリビリ!

金正日「ひぎゃあ!?しびびびびびびびbbb!」

ぴょーーーーん!
どすぅ!

金正日「」

お付き「お、感電した拍子に越えれたじゃないですか。さ、死んでないで起きて下さい」




54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 17:26:19.93 ID:qCKcIiUq0
コソコソ コソコソ…

お付き「ところで」

金正日「?」

お付き「何故横穴から来なかったんです。大人しいそこから入れば無駄な時間を使う必要もなかったのに」

金正日「何時か泣かす」

お付き「泣きませんよ。口を閉じて下さい、誰か居ます」




55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 17:34:12.69 ID:qCKcIiUq0
金正日「あいつも………アメリカ人かな?建物の入り口を見張ってるってことは、やっぱり何か在るのか…」

お付き「軍服の肩には星条旗の刺繍。アメリカ軍所属なのは間違いなさそうです」

金正日「うっし投降しyなにしてるのよしなさいそんなどこぞの蛇みたいなスニーキングをやめなさい近付いていくな話しを聞け………あー、やっちゃった」

お付き「ヘルメットをしていないからこうなるんです」

金正日「今度は脳天チョップか。そして一心不乱に身体を漁るな」




56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 17:36:02.37 ID:ZNp6Qy2s0
このお付きはスネーク並だな




58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 17:40:51.60 ID:qCKcIiUq0
お付き「ちっ収穫なし、と」

金正日「ちょっと待ってこいつの無線がなんか喋ってる」

ファック?ファックファックファーック?ファック?

お付き「ああ、どうやら定時連絡が途絶えたから不信に思ってコールしたみたいですね。この無線なら私達が話していても会話は向こうには聞こえません。ただ、急いで離れたほうが良いのはかわりないですね」




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 17:48:51.17 ID:qCKcIiUq0
金正日「おっ!お前にしては珍しい台詞だなぁ!よし帰ろう!すぐ来た道を戻ろう!」

お付き「こういう時は懐に飛び込むのが得策ですよ。人は異常を感じると、周りばかり気にして足元を見ません。と、言うわけで、れっつスニーキングと行きましょう」

金正日「嫌だ!私は1人でも船に戻るぞ!え?鉛玉の味見はいかがって?いやいや結構、さあ潜入だ!」

◇◇◇◇◇◇◇◇

金正日「うわ、一本道とか舐めてんの」

お付き「私の前に出ないようにして下さい」

金正日「主を危険から庇うなんて付き人の鏡だよね!」

お付き「邪魔です」

金正日「はい」




61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 17:54:15.54 ID:qCKcIiUq0
金正日「もう罵声雑言浴びせられるのも慣れてきた」

お付き「分かれ道ですね。右と左。金さん金さん」

金正日「ん?」

お付き「金さんは右曲がりですか?左曲がりですか?」

金正日「すっっっごい質問をするなぁ………私のは真っすぐだけど短か過ぎて。若い頃は右曲がりだったかな」

お付き「じゃあ左に行きましょう。しっかり着いてきて下さい」




64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 18:01:42.37 ID:qCKcIiUq0
お付き「金さん金さん。金さんスッゴく嫌われてましたよね、国民から」

金正日「いきなり精神攻撃してきやがって。今なんの関係があるんだよ………」

お付き「いや、ふと今頃国民達は喜んでいるのかと思ってですね。やっぱりお祭り騒ぎでしょうな。下手をしないでも他国民まで」

金正日「うるっせー、嫌われたところで構わないよ。どうせ好かれてもろくなことなんてならない」
お付き「そう、ですか」




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 18:10:27.54 ID:qCKcIiUq0
金正日「いい加減無機質な壁を伝って歩くのにも飽きてきた………って、なにあれえ!?ちょっとちょっと付き人!なんなのあれ大きい!いきなり壁が硝子張りになってビビった!更にその向こう側に映る景色にビビった!あービビった!!」

お付き「わかりません、人型の何かと言うことしか。サイズは…縦に25m前後のようです。一階に当たるここが頭部と同じ高さなので、この施設が地下深いことが予想出来ます」

金正日「工場なの?ここ工場なの!?洒落にならないでしょあんなのが動いたら!」

お付き「組み立て中のようです。見て下さい、横の壁に部品らしきものが立てかけられています。外見上完成している可能性も否定できませんが」




68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 18:17:33.17 ID:qCKcIiUq0
金正日「もう戻ろう…良いもの見れたじゃん………」

お付き「そうですか、ご勝手になさって下さい。」タッタッタッタッタ

金正日「……………」

金正日「ちくしょお」タッタッタッタッタ




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 18:22:56.86 ID:qCKcIiUq0
お付き「着いて来たんですか、結局。私は構いませんよ」

金正日「ちっ………。階段かぁ、下り…っと言うことは、はぁ、さっきのに近付くってことかぁ」

お付き「怖いですか」

金正日「怖くないよ!お前はどうなんだよ!」

お付き「怖いですよ」




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 18:28:36.50 ID:qCKcIiUq0
金正日「………そうか」

〜〜〜〜〜〜〜

金正日「階段降りた途端に動き封じられたね。まさかザル警備からこんなセ○ム並の警備に…いやそれ以上か………」

お付き「強行突破しますか」

金正日「お前怖いってガチで嘘だろ」




73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 18:34:58.40 ID:qCKcIiUq0
ファック ファックファック ファック? ファックファックwwwww
ファァック ファッッッックwwwファックファック
ファック ファックファック ファック!

お付き「いやあのですね、何か私達には弾が当たらないような気がするんですよ」

金正日「んなことあるかっ!お前冷静ぶってるけどだんだん化けの皮剥がれてきたなぁっ!!」ボソッ…

お付き「硬直してても、いずれ見つかりますよ」

金正日「………だけども」




76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 18:42:47.71 ID:qCKcIiUq0
金正日「………やっぱりそれは駄目だよ。勝てるわけがないから、無駄死にだから。おいナニを取り出してるうわ臭え」

お付き「ソーセージですよ、大分発酵してますね。とりゃっ」ポイッ


ファック?ファックファック.....ファ゙ーッグ!?
ファックファックファックファック!ファック!ファ゙アアアアアア゙アアアアア!!ファック!
ファックファック! ファック!?フーァック!!!?

金正日「いっかしょにあつまっておおさわぎしてる」

お付き「今のうちに進みますよ、次の階段まで距離はないですから、さあ、走って」




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 18:50:00.74 ID:qCKcIiUq0
金正日「人使いが荒過ぎる…」



お付き「深い所まで来ましたね。小部屋があります。調べてみましょう」

金正日「上の部屋のアメリカ人達キレてるだろうなぁ………はぁ、もう後戻りは不可能だぁ………」
お付き「おや、この本は…」

金正日「黒塗りだね。あそこにあったやつと同じかな」




79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 18:57:43.56 ID:qCKcIiUq0
お付き「はい。同じようなもののようです。ただ、こちらはかなり新しいですね………おっ、今回の我が国とアメリカの戦争記録も残っています」

金正日「どれどれ」

お付き「見事に開戦日と終戦日が同じですね。開戦から16分で終戦してますし。瞬殺でしたね」

金正日「あんまし落ち込ますようなこと言うな。パソコンあるじゃん、電源点けてブラウザ開きっぱなしだし、情報まる見えだし」

金正日「ぐーぐるぐーぐる…MELON、と」

お付き「くだらないことやる位ならさっさと私にマウスを渡しやがれ下さい」




81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 19:03:45.65 ID:qCKcIiUq0
金正日「いたい銃床でお尻撲られた」

お付き「ほう、これは大変興味深いです」

金正日「読めねえ」

お付き「『天才型人工知能搭載二脚歩行機動戦略兵器開発計画』とのこと」

金正日「なにそれ何か右腕が疼くんだけど」




83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 19:10:34.64 ID:qCKcIiUq0
お付き「先程金さんが驚いていた機械のことでしょう。アメリカが世界を握る為の兵器らしいです。それ位重要な兵器と言うことは」
ブツンッ

金正日「停電!?」

お付き「罠でしょうな、これは。いやぁ、不覚不覚。じきに兵士が駆け付けて来ますよ」

金正日「嫌だあしにたくなぁい!」

お付き「大丈夫ですよ。私が護るんですから」




85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 19:17:28.01 ID:qCKcIiUq0
金正日「…1つ聞いていいかな?そこまでして何故私を?」

お付き「付き人が主を護るのに難しい理由が要るんですか?」

金正日「お前が理屈なしに動くと思うか?」

お付き「嫌いなんですよ」

金正日「………うん?」

お付き「嫌いなんですよ、私は」




87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 19:28:48.37 ID:qCKcIiUq0
お付き「私は他人を裏切るのが嫌いなんですよ、裏切られるのも嫌いです。大嫌いです、いや、怖いんですよ」

お付き「それは、貴方が1番知ってるんじゃないですか。私を拾ってくれた、ね」

金正日(えっ?)




89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 19:34:22.96 ID:qCKcIiUq0
金正日(あ、そういえば拾ったなぁ………暇つぶしに、と思って。いつの間に付き人になったんだっけ?)

お付き「だからですよ、それだけじゃないですか。それだけじゃいけないんですか」

金正日「うんいいとおもうよ」

ファックファックファックファックファックファックファックファックファックファックファックファックファックファックファック
金正日「!!」




91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 19:41:53.84 ID:qCKcIiUq0
金正日「ヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバい絶対アメリカ人来てるアメリカ人来てる」

お付き「この部屋に入っちゃったせいで逃げ場もないですね」

金正日「おい弾よこせよ私結局弾貰ってないよ抜かれっぱないだよーっ!!」

お付き「はい」

金正日「ミートボールとか要らないから!8個も要らないから!!」




93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 19:51:46.79 ID:qCKcIiUq0
お付き「金さんに弾丸は渡しませんよ。誰かを殺したら、射殺されちゃいます」

金正日「いいからよこせ!お前はどうするつもりなんだ!!」

お付き「それは知りません。でも―――」

ファックファックファックファックファックファックファック
バタァアン!

カチャッ ジャキッ

お付き「貴方だけは生かしてみますよ」




95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 19:52:48.31 ID:ZNp6Qy2s0
お付きさんかっこいい……




96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 19:54:15.12 ID:i5C0v5KX0
なんでこんなに強いんだよ…




97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:01:51.20 ID:qCKcIiUq0
お付き「死んで下さい、アメリカ人」

アメリカ兵「ファックファックファックファック!ファァァァック!!」

金正日「やめろぉおおお!!」

ツキトバシッッッ!

お付き「くっ…!?」

金正日「私だ!私が金正日だ!こいつは私の奴隷だ!解放してやれ!!私を探していたんだろう!私が忍び込んで全てを企んだ!私の負けだ!私の国は負けた!私の首だけで十分だろう!」

お付き「黙れぇぇええっ!!!!」

お付き「貴様ァッ!!何処まで落ちぶれれば気が済むのだ!!己の国に誇りを持て!どんな形であるにしろ、貴方が選んだ、貴方が創った国だろうがッッ!!少なからず、貴方を好きな方だって居るんですよッ!!そんな姿を見てッ、喜ぶと思うか!!」




100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:11:21.80 ID:qCKcIiUq0
金正日「うるさい!何が誇りだ!今最善の手を尽くしているだけだろ!!それとも何だ!?そんな見えもしないものの為にお前を見捨てろと?私は気まぐれなんだ!」
お付き「うるさい!私は………今の貴方は大ッ嫌いです!!」

アメリカ兵「ファック!!」

ズギューン!!

お付き「あ」




104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:20:29.93 ID:qCKcIiUq0
お付き「がはっ」ドサッ…

金正日「!!」

お付き「ひゅー…ひゅー…ひゅー…ひゅー………わ、たしっ。ですね、ふこう…なんだとおもいっ、まっ、す。けっきょ、く、わた、しぃのぉ、のぞむかたちで、ひゅー…ひゅー、おわれな、かっ」

お付き「わた、しっ。です、ね、やっ、ぱ、り。しあわ、せ、なんだと、おもっ。さい、ひゅー…ひゅー…ごっをっ、ある、に、みとってっ、もらえ、ひゅー…ひゅー…」

お付き「かく、じゃなけりゃ、いいって、も、のじぁ、ないんで、すよ。かく、じゃなけりゃ、いいって、ものじゃ………ぁ」カクリ
アメリカ兵「ファック!まざーファッカー!!」




110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:27:28.46 ID:qCKcIiUq0
金正日「お………うぉ、おおお」
ファックファックファックファック

金正日「最後くらい………銃をはなしてくれよ………」

ファックファックファックファックファックファック

金正日「私が…指を外しといてやるからな、そして、この銃は………」

ファックファックファックファックファックファックファックファック

金正日「余り弾全部受け取れええええええええ!!!!」

ダダダダダダダダ!!

オーウオーウオーウオーウオーウオーウオーウオーウオーウ!!

金正日「うわあああああ!!」




112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:31:15.71 ID:qCKcIiUq0
ダダダダダダダダ!! ダダッ! ダダダダダダダダァ!! ダダッ! カチッ カチッ カチッカチカチ

金正日「弾切れ………ッ!」

ファックファックファックファックファックファックファック

金正日「だけど………ッ!あいつの、ポケットにぃッ………!!」
カチャァン!!

金正日「リロードッ!!」




114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:36:56.84 ID:qCKcIiUq0
ダダダッ! ダッ!
ダダダダダダダダダダダダ!

ギューンギューンギューン!!

金正日「ぐあっ!」ビスッ

金正日「脇腹に………貰ったか………へへ、ダイエット、しなくてよかったなぁ」

ダダダダダダダダダダダダ!!




117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:42:16.91 ID:qCKcIiUq0
ダダッ!! カチッカチッ

ファックファックファックファックファックファックファック!

金正日「これがッッ……!!最後の弾倉!リロー…!」ビスッ!

金正日「ぐあああっッ!リロードォッ!!」カチャァ!ジャキィン!!

ダダダダダダダダ!!!!

ファ………ック

金正日「攻撃が止んだ…?今のうちに………ッ!」

ピタッ

金正日「……………………1人ぼっちじゃないさ、な?」ニヤッ




118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:51:10.93 ID:qCKcIiUq0
金正日(64式………あいつがいっつも磨いていたなぁ。借りてくぞ、いや、ついて来い)

金正日「ここは…地下最深部かな?広い、だだっ広い………警備は見当たらない、か。慎重に、慎重に………」

コソコソ コソコソ




121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 20:56:50.11 ID:qCKcIiUq0
金正日「はぁ………はぁ………血が、止まらない。私も、もう長くはないな………」

金正日「アメリカを…!アメリカの真実を………伝えるまでは……………」

ガタッ

金正日「くっ!!」ババッ

金正日(また…兵士か………?)チラッ




122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 21:01:54.15 ID:qCKcIiUq0
アメリカ将校「ファーック………まざーファッカー!!シット!シーット!」

アメリカ将校「ファーックックックックックッ………!」

金正日「笑っている………ん?うおっ!?あいつッ…あのロボットの前でッ………!!」

アメリカ「まざーファッカーまざーファッカーまざーファッカー………!!」

金正日「64式………付き人………もっかいだけ、手伝ってくれ」

ジャキッ




126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 21:17:41.91 ID:qCKcIiUq0
ジャキッ
――――――――回想

お付き「拳銃はですね、肩で撃つんですよ。いざと言うときのために、有無を言わさず将軍様にもお教えいたしましょう」

金正日「うはwww私に逆らうやつなんていないしwwwめんどくさいwwwww」

――――――――まずは


金正日「………軽くグリップを握り、ゆっくりとトリガーガードに指を掛ける」

――――――――そして


金正日「左手を右手に添え、銃身を安定させる。この時、左手に力を入れすぎない」

――――――――膝を地面につけて

金正日「身体の重心を落とし、手のブレ、反動を抑える、そして」
――――――――肩を竦めて

金正日「トリガーを引くだけだッ!!」

ズダァン!!




127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 21:24:26.10 ID:qCKcIiUq0
ビスゥゥッ!!!!

アメリカ将校「オーゥ!!」

ズダァン!!ダァン!!ダァン!!ダァン!!ダァン!!

アメリカ将校「オーゥッ!!」ビスッビスッ!チュンチュンチュン!!

金正日「3発…ッ!足と、右肩をやったか!?うおっ!!」

バチバチバチバチ!!

アメリカ将校「ファッキュー!!」

金正日「プラズマ銃!?とんでもないものを………とあぁっ!!ズザァアア!」

バチバチ!ヴァヂぃ!!
ジジジジジジジジ!!

金正日「くそォっ!!正面からは………ッ」




130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 21:30:47.14 ID:qCKcIiUq0
アメリカ将校「ファック!!!!ユー!!!!」

バチバチ ドロォ

金正日「金属板が!!?くっ!」ゴロゴロゴロゴロ

アメリカ将校「ファッキュー!!?」

金正日「見失ったのか!?がむしゃらに狙っている………!!」

金正日(あいつの動きを思い出せ………)ススッ

スタッ…スタッ…スタッ…スタッ………




132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 21:38:07.33 ID:qCKcIiUq0
アメリカ将校「ファーック?」

スウ………ッ

金正日(こっそりと…ひっそりと………だが、最後は)

スパァーン!!

アメリカ将校「」オウッ

金正日「大胆にッッ!!」

アメリカ将校「」ピクピク

将軍「手刀の味はどうだ。聞こえないよな、どうせ………」

ガバッ キュイイイン!!

アメリカ将校「ファーーーッ!!!」ズダァン!!!!



アメリカ「ッッッッ………」ドサッ

カチッ カチッカチッ スッ………
金正日「私には分かったよ。力ない乱暴は悪だ、だが、力有る乱暴は、正義になる、っとな」




134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 21:44:01.79 ID:qCKcIiUq0
金正日「ごふっ、ごふっごほっ………さあて、まだ仕事は残ってる」

よた………よた………

金正日「エレベーター………これで、アレの…コックピットに………」

………………………チーン ガガー

金正日「近寄ると更に大きいなぁ、コックピットは想像以上に狭い………」

金正日「えーと液晶の文字が………読めん、このこのこの!タッチタッチタッチタッチタッチタッチ!!」




136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 21:51:13.26 ID:qCKcIiUq0
『ファックファック。ファックファックファックファックファック。ファックファック』

金正日「うわ液晶に色んな文字出て来た。しかもうるさい。ヤバい。お?これは………」

ピピピピ………

『システム再機動。バッテリー88%。各部、チェック開始します。両腕部、異常無し。両脚部異常無し。頭部アイカメラチェック開始。ノイズ、ひび割れ無し。ウエポンチェック開始します。20mm対空機関砲、異常無し。重力子崩壊砲、異常無し。40mmロケット………………』

金正日「よっしゃあ理解出来るよ!!やったね!!でもうるせえ!!次は………」




138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 22:01:39.88 ID:qCKcIiUq0
ピピピピ!

『全システム、異常無し。戦闘パターンデータをインストールして下さい。オートモードに移行出来ません。マニュアルモードを続行します。液晶にタッチして下さい』

金正日「わかってるわかってる、この………ポンコツがっ!!」ポチッ

『全システム、シャットダウンします。情報保護モードへ移行します。姿勢保持、解除します。爆薬を機動します。おやすみなさい』
金正日「うおおおおおお!!!!」ダッ!




140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 22:08:31.70 ID:qCKcIiUq0
ヴィイイイイッッッッ!!ヴィイイイイ!!

金正日「ハァッ…ハッハッハッ………ハッハッ………!!」ダッダッダッダッダッダッダッダッ

金正日「ハァ…ハァ…!」ピタッ


金正日「付き人………一緒に帰るぞ………よいっ、しょ」セオイッ

金正日「うッ、くっ、ふっ、はぁ………はぁ…はぁ………」

金正日「アメリカ人が………見当たらない………いない…のか?」
金正日「あと…すこしッ!!」ダダダダダダダッ!!!!

『3...2...1...』



ドオッ




143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 22:17:43.53 ID:qCKcIiUq0
キィィィィ……………ン
ヒュゥウウ…


ガラガラ

金正日「なに瓦礫の中から普通に出て来ちゃってるの?何で無傷なの?私は」

金正日「………ああそうか…、最後の最後まで………ゴメンなぁ」
バルバルバルバルバルバルバルバル………

金正日「あれは………ヘリコプター?しかも、我が軍の………!近付いて来る………!!」




145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 22:20:16.93 ID:qCKcIiUq0
バルバルバルバルバルバルバルバルバルバルバルバぁルヴぁるヴァルヴァルヴァル!!

金正日「ロープで…誰か降りて………間違いない!我が軍の兵達じゃないか!それに………んっ!?」

シュル、シュルルルルル

金正日「お前は……………!!」




148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 22:25:53.93 ID:qCKcIiUq0
金正日「正恩………!!生きていてくれたのか!!よかった!よかった………!!」

金正恩「お久しぶりです。父上」
金正日「私はな、いい国の創り方が分かったかもしれない!正恩!私達は不器用だったんだ。それがこの結果を招いた。1からやり直そう、こうやって生きてるんだ!チャンスは有る!」




153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 22:32:14.87 ID:qCKcIiUq0
金正日「そして今度は、皆に好かれるような指導者になりたいんだ。考え方が変わったよ。だけど1人ぼっちじゃ無理だ。どうだ?手伝ってくれるか?」ニッ

金正恩「父上。貴方は、死んでいるんです」
ガッ! ズドン



ズドン ズドン ズドン

金正日「」ズルッ トサッ



ドサッ




157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 22:37:21.21 ID:bxi8cBWji
じょんいるー!!!!




162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 22:44:27.43 ID:qCKcIiUq0
金正恩「コルト・ガバメント………!模造品の64式なんてものじゃない………アメリカの最高の一丁の味はどうです?」

金正恩「父上さえいなければ、こんなことにはならなかったんです。貴方は、全てを壊した。自国も、何もかも。」

カチャッ スィィィッ…カチィン

金正恩「国の再建?不可能ですよ。国民は皆独裁者が消えたと喜んでいます。私もせいせいした、無能の父から受ける教育が、どれだけ苦痛だったことか。地図を書き換えねばなりません。もうじき『元』我々の地の民は衣食住に困ることもなくなるでしょう」

金正日「私も……………民を助けたかった……………

金正恩「自らを過信した。ならなぜ周りを敵にまわすような事件ばかり巻き起こしていたんですか?思想が高すぎた、父上には無理だったんです。後は任せて下さい、オヴァーマ大統領にね。おやすみなさい」

ズドン!!




164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 22:46:58.88 ID:kPkAloMRO
因果応報か




165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 22:53:20.01 ID:qCKcIiUq0
金正日「すま…な………かっ……………」



金正恩「………ヘリはここの近くに無造作に降ろしておけ。付き人のやつは、海に沈める。魚の餌になるか氷漬けだ。記録にも残すな」

金正恩「さあ帰るぞ、我らがアメリカの船に!!」

北兵士「「「「オオオオッッッッ!!」」」」

ザッザッザッザッ………



北兵士「………………………」
ジャキィ………ッン








169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 22:55:50.51 ID:mkHNbyWp0

金正日を応援したのは生まれて始めてだ




172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 22:56:50.71 ID:3FbTJaOkO
>>1


付き人KAKKEEEEEEE
あ、金正日も




173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/09(火) 22:58:40.41 ID:qCKcIiUq0
あー疲れた。ぶっちゃけ何故こうなったかは分からない
始めはアメリカに辿り着いてカジノ王になる話だった
おやすみ

核と女を愛した将軍様
マンガ 金正日の正体
マンガ 金正日 最期の日


 

最新記事50件