1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 03:54:18.25 ID:vueaOijh0
女「何してんだお前」

男「女の顔に埃がついててさアハハ」

女「とぼけるな」

男「いや全然とぼけてねえし!ほれ、これが付いてたんだよ」

女「じゃあ普通にとればいいだろ。なんであんなに顔近づけてたんだよ」

男「なっ、お前明らかに目瞑ってただろ!なのになんd」

女「いいから答えろ」

男「キスしようとしてまんた」

小説版 魔法少女まどか☆マギカ 初回限定版 【書籍】



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 03:55:31.11 ID:vueaOijh0
女「寝込みを襲おうとかとことん終わってる奴だな」

女「それに俺は男だって言ってるだろ。何回言ったら分かるんだよお前は」

女友「なんか騒がしいと思って来てみれば・・・」

女友「また君たち喧嘩してんの?w」

女「喧嘩じゃないし」

男「正確には痴話喧嘩だな」

女「お前はもう黙れよ」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 03:56:35.53 ID:vueaOijh0
男「いやん女ったら冗談きっつ〜い!」

女「・・・腹パンしてもいい?」

女友「はいはいw飽きないね〜君たちも」

女「こいつが毎日毎日わけのわからないことしてくるんだからしょうがないじゃん」

男「いや〜照れるねハハッ」

女「褒めてないし」

男「お?これがツンデレってやつか?」

女「デレてないし」




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 03:57:35.66 ID:vueaOijh0
男「デレまーだー?チンチン」

女「ほんとに殴るぞ?」

男「すいませんでした」

女友「ちょっと君達、私を置いていかないでよ」

女「ごめん、あまりにもこいつにイラがきたんで」

男「ニヤッ」

女「イラッ」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 03:58:49.76 ID:vueaOijh0
女友「で、今回は何があったのさ?」

女友「おいちゃんに話してみ?」

女「おいちゃんって・・・」

女「休み時間に寝てる最中に男が俺にキ、キスしようとしてたんだよ」

女友「いいじゃんしちゃえば」

女「・・・は?」




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 03:59:45.28 ID:vueaOijh0
女友「女くんもさ、今や女の子なわけだし」

女「好きでこうなってない」

女友「それに君ら中学生の頃からの付き合いなんしょ?」

女「好きでそうなったんじゃない」

男「こいつぁひでえや!」

女友「まあとにかく・・・」

女友「私はお似合いだと思うけどなーw」

男「俺も俺も!やっぱ女友は分かる奴だぜ」

女「突っ込むのもめんどくさいわ・・・」


先生「よーしそれじゃあホームルームはじめるぞー」




14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:00:37.84 ID:vueaOijh0
――放課後

女「ふぅ・・・やっと一日終わった〜」

男「女ー、今日お前もバイト入ってるだろ?一緒に行こうぜー」

女「おお、そうだった」

男「ったく忘れっぽいのは相変わらずだなw」

女「うっさい」

女友「おーい女くーん」

女「ん?どうした?」

女友「いやーなんかさーゴニョゴニョ」




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:01:27.72 ID:vueaOijh0
女「・・・」

女「はぁ・・・めんどくさ・・・」

男「?」

女友「まあ一応行ってあげなよ!」

女「どこって?」

女友「屋上で待ってるってさ」

女「はぁ・・・行ってくる・・・」

女友「行ってらっしゃーい!」




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:02:10.64 ID:vueaOijh0
男「何しに行ったんだ?」

女友「・・・知りたい?」

男「女のことなんだろ?」

女友「もちろん」

男「教えろください」

女友「えー、どーしよっかなー」

男「・・・」




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:03:01.87 ID:vueaOijh0
男「明日サーティワンのアイス奢るから」

女友「よろしい♪」

男「現金な奴め・・・」

女友「何か言ったかな〜?」

男「なんでもないでーす!」

男「・・・それで女は何をしに?」

女友「告白」

男「はぁっ!?」

男「女が・・・相手は!相手は誰だっ!?」

女友「男くん落ち着きなよw女くんが告られたんだって」




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:03:52.78 ID:vueaOijh0
男「なんだ・・・そうだったのか・・・」

女友「焦り過ぎw」

男「告白されたって言えよ!わかんねーだろ!」

女友「あははwそれもそうだねw」

男「つーかまたかよ。あいつ一昨日も告られてなかったっけ」

女友「だねえ。女くんが女の子になって早2週間。これで6回目くらい?」

男「多すぎだろ・・・」

女友「女くん可愛いもんね〜」

女友「まあ元々女の子みたいな顔立ちしてたし」

女友「そんな女くんが身体も女の子になったわけだから躊躇う理由がないもんね」




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:04:41.85 ID:vueaOijh0
男「あいつ大丈夫かよ」

女友「心配?」

男「ああ」

女友「わお。はっきり言うね。やっぱベタ惚れしてるんだw」

男「ベタ惚れっつーか・・・」

男「なんか放っとけないんだよなー」

女友「ふぅん・・・まあなんか男くんらしいけどさw」

女友「でもあんまりもたもたしてると他の子にとられるかもよ?」

男「・・・」




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:05:46.07 ID:vueaOijh0
女友「男くんは女くんが他の子と付き合っちゃってもいいの?」

男「ぐっ・・・」

女友「男くんも告ればいいのにw」

男「おま、簡単に言うけどなあ・・・」

女友「女くんのこと好きなんでしょ?」

男「まあ好きだけど・・・でもなんかそうじゃないっていうか・・・」

女友「なにwまさか男くんチキってんの?w」

男「はぁ!?チ、チチ、チキってねーし!!1」

女友「チチチってwまあ男くんの好きにすればいーけどね」

男「・・・」




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:06:37.63 ID:vueaOijh0
男「俺は・・・そういうんじゃないんだよな、たぶん」

女友「よく言うよwさっきだってキスしようとしてたくせにw」

男「昔っからああいう感じだぞ俺たちはw」

女友「ふぅん・・・男くんはバイっと・・・」

男「おいふざけんな何メモしてんだよ!バイじゃねーし消せそれ!」

女友「やだよーん!」

男「おいこら!」




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:07:58.10 ID:vueaOijh0
――屋上

女(あれか?俺に言いたいことがあるって人は)

女「・・・」

男子生徒「あっ、女さん・・・来てくれたんだね」

女「用って何?」

男子生徒「俺・・・女さんのことがすk」

女「ごめんなさい」

男子生徒「はやっ!!」




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:08:49.49 ID:vueaOijh0
女「そういうことなんでもう帰りますね」

男子生徒「え・・・あのさ・・・」

女「・・・?」

男子生徒「断られた理由くらい教えて欲しいなーって・・・」

女「俺がもともと男だったことくらい知ってるでしょ?」

男子生徒「うん」

女「それが理由」

男子生徒「でも君は今は女じゃないか」




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:09:44.13 ID:vueaOijh0
女「・・・それが?」

男子生徒「それがって・・・。女性は男性と付き合うのが普通だと思うよ」

女「そうかもしれないけど、少なくとも俺は喋ったことも無い人と付き合うのは無理かな」

女「あ、今のも理由に付け足しといて」

男子生徒「じゃあ友達からでおねg」

女「ごめんね、これからバイトなんだ。急いでるからまた今度。それじゃあね」

男子生徒「あ・・・」

女(はぁ・・・。今日で6回目か?)

女(これからどれだけこういうこと繰り返さないといけないんだろう)

女(相手ががっかりする顔も見たくないし・・・)

女(めんどくさいな・・・)




29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:14:19.71 ID:vueaOijh0
――教室

女友「お!女くんおかえりー!」

女「ただいま〜」

男「お、おかえり女!」

女友「さて、おいちゃんは職員室に用事あるからいってくるかな」

女友「君らこれからバイトっしょ?頑張って!」

女友「あ、女くん結果は・・・?」

女「断ったに決まってるでしょ」




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:17:42.92 ID:vueaOijh0
女友「だよね〜wよかったね男くんw」

男「お、おう!ま、当然だな!」

女「なんか男に言われるとむかつくな〜」

女友「あははwんじゃそろそろ行くね。また明日〜!」

男「またなー」

女「また明日ー」

男「おーし、俺らもいくか」

女「そだな」




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:21:13.17 ID:vueaOijh0
――下校

男「んで相手はどんな感じの奴だったんだよ」

女「覚えてない」

男「お前w30分もたってないだろ」

女「知ってどうするんだよ」

男「どうもしないけどなー。とりあえず顔は」

女「まあ良い方だったんじゃないの」

男「ほ〜」

女「聞いといてその反応はなんなんだよ・・・」




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:21:59.12 ID:vueaOijh0
男「いや、なんでもないぞ?」

男「顔良かったのに断ったんだなーって思ってな」

女「当たり前だろ。俺は男なんだ」

男「その顔でよく言えるぜ・・・」

女「今まで男として生きてきたわけだからどう考えたって無理だろ」

男「まあわからないでもないが・・・」

女「俺このまま恋愛も結婚もできないままでいくのかな・・・」

男「そのときはまかせろ!」

女「何言ってんだコイツ」




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:23:40.28 ID:vueaOijh0
女「・・・まあいいや。それよりなんか盛り上がってたけど何話してたんだ?」

男「え?」

女「教室で女友とさ」

男「ああ、あれか。何?やきもちですか?かわええのうw」グリグリ

女「痛い痛いっ!何すんだよ!やいてないから」

男「2週間前のお前は可愛かったなーって話!」

女「なんだそれ」




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:25:08.46 ID:vueaOijh0
男「だってお前、朝いきなり電話してきて『男っ・・・俺っ・・・』とか言って泣くもんだからさ〜」

女「いい加減忘れろよそれ・・・」

男「女の家に行ってみればお前女になってべそかいてんのww」

女「好きでなったんじゃないって言ってるだろ・・・」

男「なんで女になったか分かったのか?」

女「まだよく分かってないらしい」

男「ふーん。ま、見た目あんまかわらんしな。違和感ないわ」

女「どういう意味だよそれ・・・」




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:26:15.19 ID:vueaOijh0
男「そのまんまだって。胸もほんとにあるのか分からんくらいぺったんこだしなw」

女「はぁ!?ちゃんとあるわ!!」

男「むきになんなってw」

女「なっとらんわ!」

男「まあとりあえずもう一回泣いてくれよ、な?w」

女「誰が泣くか!」

男「いや〜、あれは可愛かったな〜」




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 04:27:32.45 ID:vueaOijh0
女「忘れろ・・・」

男「永久保存版だぜ!」

女「はぁ・・・」

女「・・・やばっ!くだらないこと言ってたらもうこんな時間だ」

男「まじだ。店長うるさいからなー・・・急ぐか」




52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 08:23:36.03 ID:vueaOijh0
――バイト終了

男「おっつかれー」

女「おつかれ」

男「なあ女」

女「ん?」

男「これからちょっと時間あるか?」

女「別にこんな時間から用事なんてないけど」




53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 08:26:11.37 ID:vueaOijh0
男「ちょっと買い物に付き合ってくれ。ここ10時まで開いてるからまだ時間はある」

女「え〜・・・どこいくんだよ」

男「ちょっと本屋へ」

女「そんなもん一人で行ってこいよ・・・」

男「いいじゃん。頼むってw」

女「仕方ないな〜」




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 09:57:22.99 ID:vueaOijh0
――本屋

男「・・・」ペラペラ

女「何しにきたかと思ったら立ち読みかよ!」

男「わりいわりいw」

女「早く帰っとけばよかった・・・」

男「帰ってもいいぞ?」

女「もう人気も無いほどに暗いだろ外!ちゃんと責任もてよな!」

男「わーったわーったw」ペラペラ

女「ったく・・・」




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 10:55:26.88 ID:vueaOijh0
女(雑誌か・・・)

姉『女の子になったんだから女の子の勉強しくんだよ!』

女(そういや姉ちゃんに言われてたな・・・一応見ておくか)

女「・・・」ペラペラ

女(『気になる男の子を落とす方法!第1位はソフトタッチ!』・・・?)

女(ただのビッチじゃないのかそれって・・・)

男「何読んでんだ?」

女「うわっ!?」

男「ほう・・・女性雑誌とな・・・お前もついにやる気になったか!」




64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 11:14:07.92 ID:vueaOijh0
女「べ、別にそういうつもりじゃ!」

男「いいことだなーうんうん・・・いいことじゃ・・・」

女「あ、おい!勝手に納得して行くな!」

男「冗談だ冗談wどうせ女の姉さんにでも言われたんだろ?」

女「・・・よくわかったな」

男「なんとなくわかるって」

女「だから俺は別に女としての振る舞いとかそういうのには全く興味ないんだからな!」

男「はいはいw」




67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 11:35:51.28 ID:vueaOijh0
女「あ」

男「お?」

女「かわいー・・・」タタタッ

男「ペットショップか」

女「はぁ〜・・・・かわいい・・・」

男「・・・」




68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 11:36:32.54 ID:vueaOijh0
男(俺的に今のお前の方が可愛いわけだが・・・)

男「女って犬とか好きだったか?」

女「子犬とか子猫とか大好き!」

男「そ、そうか」

男(普段あんま見ない表情だな・・・)

女「にゃーん」

男「!?」

女「にゃんにゃん♪」

男(おいばかやめろ)




80:保守どうもです:2011/06/25(土) 13:48:58.01 ID:vueaOijh0
女「はぁ・・・かわいい・・・」

男(頭撫でても・・・大丈夫だよな・・・?)

女「撫でたいなぁ・・・」

男「・・・」よしよし

女「・・・何してんの」

男「はっ!?右手が勝手に・・・!!」

女「意味わかんねーし。帰ろ」

男「そだな・・・帰るか・・・はは・・・」




82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 13:52:30.88 ID:vueaOijh0
――帰宅路

男(すげえさらさらで・・・なんだろ、柔らかかった。女の髪・・・)

男(あれが女の子の髪・・・なのか・・・?)

男(童貞にはちとハードだったぜ・・・)

女「何さっきからじろじろ見てるんだ。気持ち悪い」




83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 13:54:21.41 ID:vueaOijh0
男「ああっ!もっと罵って!!」

女「まじで気持ち悪いからやめろ」

男「はいすいませんでした」

女「ここまででいいよ」

男「お?家まで送ってくぞ?」

女「いや、いい。それじゃおやすみ」

男「お、おう。気をつけてな。また明日」




84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 13:57:01.09 ID:vueaOijh0
――女宅

女「ただいまー」

姉「おかえりぃ。遅かったねー」

女「男の買い物に付き合ってたら遅くなった」

女「買い物っていうか立ち読み・・・」

姉「男くんとデートしてきたんだ!」

女「一言も言っとらんわ」




87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 14:02:32.93 ID:vueaOijh0
姉「本屋行ってきたんだったら雑誌とか読んできた?」

女「一応ね」

姉「少しは役に立ちそう?w」

女「何の役に立てるんだよ!」

女「てかソフトタッチってなんだよ!ただのビッチじゃん!」

姉「男の子はそっと指先が触れるだけでもドキっとしちゃうものなんだよ?」

女「いや、もともと俺男だったけどそうなのかな・・・?」

女「とりあえずお風呂入ってくる」

姉「今度男くんに試してみたら〜?w」

姉「ごゆっくり〜♪」




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 14:04:14.76 ID:vueaOijh0
女「なんでいっつも男が話しに出てくるんだよ」ブツブツ

女「はぁ・・・」

女「なんか最近ため息ついてばっかりな気がするな・・・」

女「なんでこんな身体になっちゃったんだろ・・・」フニッ

女「んっ・・・」

女「やば・・・やめよ・・・」




102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 15:48:13.84 ID:R9LNowhei
つだみきよの「革命の日」みたいな感じか




106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 16:57:57.65 ID:vueaOijh0
――浴室

女「・・・・・」

男子生徒『女性は男性と付き合うのが普通だと思うよ』

女「別に女同士っていうつもりで言ったんじゃないんだけどな・・・」

女『俺このまま恋愛も結婚もできないままでいくのかな・・・』

男『そのときはまかせろ!』

女「・・・・・・」

女「まかせろってどういうことだよ全く」

女「無責任なこと・・・言うなよな・・・」




107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 17:01:13.67 ID:vueaOijh0
姉「さっきから何ぶつぶつ言ってるの〜?」

女「姉ちゃんっ!?盗み聞きか!?」

姉「何言ってるかは聞こえなかったわよw」

女「・・・・・・」

姉「・・・心配なんでしょう、これからが」

女「え・・・?」

姉「相談したいことあったらいつでも乗るからね」

姉「お姉ちゃんはいつもあんたの味方だから」

女「姉ちゃん・・・」

女「うん、ありがとう・・・」




109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 17:05:24.31 ID:vueaOijh0
姉「で、あんた」

女「ん?」

姉「このブラかわいーじゃん!どこで買ったの?w」

女「ーーっ!!何勝手にみてんだよ!!!」

姉「いいじゃないwもう姉妹なんだしさw」

女「そ、そういう問題じゃないだろ!」

姉「誰かに見せた?ねえ!見せたの!?」

女「んなわけねーだろ!いいから出てけーっ!」

姉「顔真っ赤にしてw」




118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 18:20:56.15 ID:vueaOijh0
――女自室


女「あー疲れた・・・」

女「お風呂ってそもそも疲れをとるところなのに・・・姉ちゃんのやつ」

女「・・・でもサッパリしたー」

女「もう12時か・・・お?メールだ。誰からだろ」

女「男からか」




119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 18:22:55.99 ID:vueaOijh0
From男
To女
subject今日はありがとな

ごめんな。くだらないことに付き合わせて。

女もなんか頼みがあったら言ってくれな。

俺たちは中学校からの付き合いなんだから、遠慮なんてするなよ!

遠慮なんてしてるとお兄ちゃん泣いちゃうぞ(>_<)

んじゃまた明日な。(返信はいらないから)




120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 18:24:00.50 ID:vueaOijh0
女「男・・・」

女「変な所でいつも律儀なんだからな」クスッ

女「中学校からの付き合い、か」

女「・・・・・・」

女「寝よ!」




129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 19:30:35.17 ID:vueaOijh0
――朝

女「いってきまーす」

姉「いってらっしゃい♪」

女(昨日ちょっと遅かったから眠いな・・・)

女「ふあ・・・」

男「うーす。どうしたw眠いか」

女「ん。眠い」

女「誰かさんのせいで眠い」




130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 19:31:22.60 ID:vueaOijh0
男「誰のことかなーアハハ」

女「・・・」ジー

男「悪かったってば!昨日はごめんな」

女「はいはい。別にいいですよ」

女「それに姉ちゃんのせいでもあるし」

男「お姉さん?」

女「まあちょっとね」

女「ふあぁ・・・」

男「授業中に寝るなよ?w」

女「わかってるって」




131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 19:39:13.01 ID:vueaOijh0
――教室


女友「やーやー!仲睦まじく一緒に登校?」

女友「いいねえ!眩しいねえ!いやぁ眩しい!」

女「おはよ」

男「別に今日特別一緒に登校してきたってわけじゃないだろ」

女友「まぁねっ」




132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 19:40:10.29 ID:vueaOijh0
男「女友はいつもながら朝っぱらからテンション高いな」

女友「君らはやたらとテンション低いよね」

男「朝だしな」女「朝だし」

女友「連れないなぁ〜」

女友「今日は5時間目に体育があるからテンション上がっちゃうんだって!」

男「あれ?そうだったっけか?」




133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 19:40:55.72 ID:vueaOijh0
女友「バスケバスケ♪」

男「女の体操服姿が見れるのか・・・!うおおおおおお」

女「やだなにこの人気持ち悪い」

男「ふひひ」

女友「くれぐれも犯罪だけはだめよー」


先生「よーしホームルームはじめるぞー起立」




138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 20:11:34.57 ID:vueaOijh0
――授業中


先生「はーい、ここテストに出すかもしれないからな」

先生「きちんと復習をしておくように、わかったな」

女「ふあ・・・」

女(眠すぎ・・・。あくびばっか出る)

女(無理しても授業は頭に入らないしいいや、寝ちゃえ)

女「・・・・・・」




140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 20:14:26.01 ID:vueaOijh0
女『んん・・・朝?』

女『まだ外が暗い。・・・4時か』

女『・・・・・・』

女『ううっ、気分が悪い・・・』

女『・・・トイレ・・・吐きそう』

女『うぷっ』




142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 20:18:00.95 ID:vueaOijh0
女『――っはぁ、はぁ」

女『ちょっと楽になったかな・・・』

女『なんか昨日食べたもんがあたったかな』

女『とりあえず薬飲もう・・・』

女『身体が、重い・・・』

女『えーと確かここに・・・うっ・・・』

女『あ、頭がっ・・・割れ、るッ・・・!』

女『う・・・ううっ・・・』




143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 20:22:21.21 ID:lFomj0r70
ど、どうしたんだ?




145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 20:27:54.85 ID:vueaOijh0
女「んっ・・・んんん・・・・」

先生「はい、じゃあ次はー・・・女、答えてみろ」

女「んん・・・」

女友「ちょっと女くん、当てられてるよ」

女友「女くん?」

女「・・・はっ!何?どうした?」




146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 20:28:40.25 ID:vueaOijh0
先生「・・・・・・」

女友「だから、当てられてるんだって」

先生「女・・・まさか寝ていたのか?」

女「え、ええっ!そんな!とんでもない!」

先生「廊下で目覚まして来い」

女「はい・・・」




148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 20:39:31.11 ID:vueaOijh0
――廊下

女(さっきの夢・・・俺が女になった日の晩だよな)

女(思い出しただけでも頭痛がする・・・)

女(あの頭痛の酷さは忘れられない・・・)

女(何せ気絶するくらいだったから)

女(・・・・・・)

女(気絶して起きたら女になっていた)

女(・・・全くわけがわからないな)

女(俺の身体に何が起こったんだよ一体)

女「はぁ・・・」




150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 20:49:07.48 ID:vueaOijh0
――休み時間


女「すー・・・」

女友「また寝ちゃってるw」

男「よく寝るなー」

女友「男くん昨日女くんに何かしたでしょ!」

男「はぁ?なんもしてないって」

女友「アバンチュールな一夜とか・・・?」

男「あるわけねーだろ!」




152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 20:55:25.46 ID:vueaOijh0
女友「んじゃおいちゃんは先に準備いってるからさー。あとはよろしゅ!」

男「はいよ」

男「・・・・・・・」

男「女ー次は体育だぞー」

女「すー・・・」

男「早く起きないとちゅちゅしちゃうぞっ♪」

女「・・・っ!」ガタッ




153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 21:02:33.69 ID:vueaOijh0
男「そんなに嫌かよ」

女「なんか嫌な予感がして」

男「ほんとお前寝てるときのセンサー鋭いよな」

女「男のせいで鍛えられたからな」

男「何それなんか俺が調教したみたな言い方でえろい」

女「何コイツ気持ち悪い」

男「あんまり言うとおいちゃん傷付いちゃうな・・・」

女「女友みたいな言い方しなくていいから」

男「まあとにかく早く着替えろよ。体育だぞ」




156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 21:12:11.87 ID:vueaOijh0
女「・・・・・」

男「・・・・・・?」

女「・・・けよ・・」

男「ん?」

女「出てけっていってんのっ!着替えられないだろ!?」




157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 21:12:52.70 ID:vueaOijh0
男「あ、ああっ悪い悪いwついお前を男だと捉えてたわ」

男「んじゃ先行ってるわ。早く来いよー」

女「うん・・・」

女「・・・・・・」

女「男のまま・・・ほんとはその方がうれしいはずなのに」

女「なんだこのモヤモヤした感じ・・・」




158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 21:16:47.36 ID:vueaOijh0
―――体育館

――男子コート


男子生徒A「なあやっぱり可愛いよなー女」

男子生徒A「見てみろよあれ」

男子生徒B「な。背もちっちゃいし顔も可愛いし」

男子生徒B「てか男の時から外見は変わってないよな。髪がちょっと伸びたくらい?」

男子生徒A「男の時から可愛かったからな・・・」

男子生徒B「でも今や身体も女ってことだろ?文句ねーじゃん」




159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 21:18:05.21 ID:vueaOijh0
男子生徒C「言葉が男っぽいのが玉にきずだけどなw」

男子生徒B「いや、俺はむしろそっちの方がそそるけどな」

男子生徒A「そうかー?二人の時だけ女の子っぽいって設定のがよくね」

男子生徒C「なんだそれ胸が熱くなるな」

男子生徒B「付き合ってから色々と言えよw」

男子生徒A「ああああ女と付き合いたいよおおお」

男「・・・・・・」

男(最近やたらと女の話を耳にするな)

男(むー・・・)




160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 21:21:10.77 ID:PGvEPljH0
股が暑くなるな




161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 21:24:05.67 ID:7cTbBkeP0
>>160
もっと通気性がいいもの履けよ

http://www.amazon.co.jp/dp/B004LZHPWQ/




165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 21:36:16.33 ID:vueaOijh0
――女子コート


女友「お、きたきた」

女「んー」

女友「うちのチームは今日は最初審判だね」

女「んー」

女友「女くん主審任せていいー?」

女「んー」

女友「んじゃお願いねん!」




166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 21:38:16.55 ID:vueaOijh0
女「ふぁ〜・・・」

女子生徒B「ハイッ」

女子生徒A「あっ!」

女「ねむ・・・」

女子生徒A「女さんあぶないっ!」

女「えっ・・・?」

バシッ

女「痛っ・・・」




171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 21:54:04.95 ID:vueaOijh0
女子生徒A「女さんごめん!大丈夫?」

女「あ、ああ。大丈夫大丈夫」

女子生徒A「ほんとにごめんね!」

女「いいっていいって。ぼーっとしてた俺が悪いんだしさ」

女「試合再会してくれていいよ?」

女子生徒A「そう・・・?ごめんね・・・」




172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 21:54:56.29 ID:vueaOijh0
女友「まったくー」

女友「ほんと今日の女くんは冗談抜きにぼーっとし過ぎだよ?」

女「そうかもな・・・」

女友「それと」

女「?」

女友「さっき足捻ったでしょ」

女友「保健室で診てもらったら?」

女「大丈夫だって」




173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 21:57:31.15 ID:vueaOijh0
女友「ほれほれ」ツンツン

女「いっ!痛い!何すんだ!」

女友「全然大丈夫じゃないじゃん〜」

女友「よーしここはおいちゃんに任せとき!」

女友「おーい!下僕よー!」

男「呼びやしたか」

女「どっから沸いた・・・」




174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 21:58:44.51 ID:vueaOijh0
女友「女くんが足捻ったっぽいから念のため保健室連れてってあげてー」

男「きたー!!任せろ!」

男「一回でいいから女子を保健室に運ぶ係やってみたかったんだよな!」

女「すごく身の危険を感じる」

女子生徒C「女友さーん!」

女友「ほいほーい!今いくー!」

女友「んじゃ後は任せたよ!」




176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 22:01:16.62 ID:vSXVPoPF0
よっしゃきたああああああ




180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 22:08:12.25 ID:vueaOijh0
女「え、一人で行けるからいいって」

女「・・・いっ・・・痛ぅ」

男「・・・ったく」

男「ほら。乗れよ」

女「え・・・?」

男「早く。負ぶってやるから乗れって」

女「うぅ・・・」




181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 22:08:52.82 ID:vueaOijh0
女「せめてもうちょっと人目の無い所に出てから・・・」

男「・・・よし、ここならもういいだろ?」

女「いてて・・・うん」

女「・・・乗るぞ?」

男「ワクワク!」

バシッ

男「あ痛っ!なんで叩くんだよ!」

女「なんか変なこと考えてっぽかったから」

男「んなことねーって!はよ乗れ」

男(ちょっと考えたけど)




187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 22:17:03.75 ID:vueaOijh0
女「ん・・・」

男「よいしょっと・・・。軽っ!お前軽過ぎだろw」

女「そうか?」

男「ちゃんと飯くってんのかよ」

女「食べてるわ」

男「まあ重くなるような部分ついてないもんなー女にはw」




188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 22:18:21.25 ID:vueaOijh0
女「どういう意味だよそれ!」

男「前も同じような話しなかったか?そのまんまだっての」

男(・・・とか言って強がってみたものの・・・)

男(背中にね?なんか当たったてるわけですよ)

男(この場合もう胸以外ありえないわけでね)

男(なんとも控えめなお胸が微妙な柔らかさを僕の背中に与えてるんですよ)

男(ちょっともうちょっとマシなおぶり方無いか・・・?)




190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 22:19:14.74 ID:vueaOijh0
女「ひっ!」

女「お、おまっ!どこ触ってんだよ!」バシッ

男「痛っ!しょ、しょーがねえだろ!」

女「そ、それお尻・・・もうちょっと下の方に・・・」

男「下の方って・・・これでいいか?」

女「逆!!逆ーーっ!!」

男「あ、あああごめんごめん!わざとじゃないんだわざとじゃ!」




201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 22:59:05.28 ID:vueaOijh0
男「あ、あああごめんごめん!わざとじゃないんだわざとじゃ!」

女「う、うん・・・んなこと、わ、分かってるって」

男(いかん、完全に体操服をなめてたわ。薄すぎるこれ)

男(それにだ。距離的な関係で女から甘い匂いがまじでやばい)

男(これ何?汗の匂い?シャンプー?え?え?)

男(お、女よ・・・そんなに強く抱きつかないでくれ・・・)

男(くそっ・・・!女の子ってなんでこんなにも良い匂いするんだ・・・)

男(あ、やべ勃ってきた・・・)




203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 22:59:58.08 ID:vueaOijh0
女(ったく男の奴が変なとこ触るから心臓が止まるかと思ったわ・・・!)

女(・・・・・・)

女(でもこうしてると・・・)

女(・・・男の背中でかいな)

女(こういう時こいつは頼りになるよなほんと)

女(普段はお調子者なのに)クスッ




208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 23:12:32.28 ID:vueaOijh0
女「・・・・・・」

男「・・・・・・」

女(・・・なんだろう、男の動きがぎこちないような?)

女「男?どうした?やっぱ重いか?重いなら降りるぞ?」

男「い、いや!全然重くねーし!ゆゆーっすわ!!1」

男(鎮まれ我が息子ーっ!)

女「ゆゆーってなんだよ・・・」

男(堪えるんだ俺・・・!)




211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 23:19:16.84 ID:vueaOijh0
――保健室


養護教諭「これはどう?」

女「い、た・・・」

男「どうですか先生」

養護教諭「うーん、軽い捻挫みたいね」

男「骨折とかではないんですね?」

養護教諭「大丈夫。骨折はしてないわ」

男「よかったな」

女「う、うん・・・」




212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 23:22:30.47 ID:vueaOijh0
男「んじゃあとはお願いします先生」

養護教諭「はい、わざわざどうもありがとね」

女「男、ありがと」

男「お、おう。んじゃまた後でな」

男「失礼しました」

ガラガラ




216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 23:34:43.51 ID:vueaOijh0
男(ふぅ・・・)

男(やばかった・・・まじでやばかった)

男(あんな風になってるとこ女に見られてたらどうなってたんだろうか・・・)

女『お、大きくなってる・・・』

男『こ、これはその、だな・・・』

女『いいよ・・・してあげても・・・』

男『なん・・・だと・・・』

男(いやいやいや、流石にこれはないよな)




217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/25(土) 23:35:42.96 ID:vueaOijh0
男(・・・・・・)

女『え・・・お前・・・』

男『いや!これは違うんだ!』

女『もうお前とは一緒にいられないわ・・・』

男『待ってくれ!誤解なんだ!誤解なんだーっ!』

男(どっちかっていうとこっちだな・・・)

男(なんにしろ危なかった・・・)




221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 00:00:44.53 ID:trBBQcYW0
――教室


女友「おおー。どうだった?」

男「軽い捻挫っぽい感じだとさ」

女友「そっかー!骨折とかしてなくてよかったよ!」

男「いや、さ、流石にそこまでひどくないだろ・・・」

女友「・・・?」




222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 00:01:33.10 ID:trBBQcYW0
女友「!!」

女友「んでんでんで?女くんのおっぱいはどうでごじゃいやしたか!」

男「ええ、それはもうなんていうかこうホワワワン♪って感じでってじゃかぁしいわ!」

女友「男くんノリ突っ込みとか寒いよ・・・」

男「うっさいわ」

女友「女の子をおぶるのはちょっと童貞くんにはハードル高かったかな?w」

男「どどど童貞ちゃうわ!」




227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 00:33:00.97 ID:trBBQcYW0
女友「あ、女くん戻ってきたね」

女友「おーい女くん足大丈夫ー?」

女「あ、うん。大丈夫だと思う」

女「先生も明日になれば治ってるってさ」

女友「そっかそっか。それはよかった!」

女友「男くんがねー女くんのおっぱい気持ちよかったってw」

女「なっ・・・!」




229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 00:34:15.51 ID:trBBQcYW0
男「ちょ、おま何いってんww」

女「・・・・・・」

男「いやいやいや言ってない言ってない!」

女友「ふふん♪」

男「おい何他人の修羅場楽しんでんだよ!」

女「・・・・」ジー




230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 00:35:18.52 ID:trBBQcYW0
男「ああっ、そんな目で見ないで!!」

女「ふん」プイッ

男「あああっ、やっぱりもっと見て!!」

女友「男くん席戻った方がいいんじゃない?そろそろ先生くるよw」

男「元はと言えばお前が話を盛るから・・・!」

先生「男、早く席に戻りなさい」

男「ぐぬぬ」




280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 09:18:07.56 ID:trBBQcYW0
――放課後


女「あ〜今日は一日眠かった〜」

女友「ほんと眠そうな顔してたねw」

男「目がこんな感じにとろーんって!」

女「全然違うから」女友「それはちょっと違うかな・・・」

男「もうなんなんだよお前ら」




282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 09:18:49.38 ID:trBBQcYW0
女友「まあ男くんはともかく、授業もほとんど寝てたし」

男「どうすんだよ今日もバイトだぞ?」

女「バイトのために体力温存しといたんだよ」

男「なるほどな・・・」

男「女は今日何時から入れてたっけ?」

女「んー、確か5時」




283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 09:21:48.12 ID:trBBQcYW0
男「確かって・・・相変わらずいい加減だな」

女「うっさい・・・」

男「俺は6時からだわ」

女「やったー!一人で帰れるー!」

男「冗談でも傷つくわそれ・・・」

女友「案外冗談じゃなかったり?w」




287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 09:33:05.46 ID:trBBQcYW0
男「え、女・・・まじなのか?」

女「冗談に決まってる」

男・女友「「おお・・・」」

女「・・・なに?」

女友「デレとるがな・・・」

男「女友さん、これがツンデレというやつで間違いないんですね?!」

女「デ、デレとらんわ!」




288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 09:34:37.21 ID:PY3bl+tCP
ツンデレとかありきたりな性格いらn
いやこれは中々どうして




289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 09:35:57.04 ID:trBBQcYW0
女友「あ、それより男くん男くん」

男「なんだよ」

女友「何か大事なこと忘れてないかなー?」

男「・・・・・?」

男「・・・・・・・」

男「・・・・・・!!」




290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 09:38:40.76 ID:trBBQcYW0
女友「おっ!思い出した?」

男「ああああ・・・昨日のインターネッツで調べた履歴消すの忘れてた・・・・」

女「何調べてたんだよ・・・」

男「聞きたい?」ニヤッ

女友「男くんだから大体想像つくけどさ」

女「うん・・・」




291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 09:39:52.78 ID:trBBQcYW0
男「お前ら・・・腕を上げたな・・・」

女「全然嬉しくない」

女友「・・・って君の私生活のことなんざ一言も聞いてないっての!」

女友「男くん昨日サーティワンのアイス奢るって約束したよね!」

男「アッ」




297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 10:02:53.29 ID:trBBQcYW0
女友「忘れたとは言わせないよ?もし忘れたって言うんなら・・・」

男「言うんなら・・・?」

女友「このメモのこと言っちゃおっかな〜」ヒラヒラ
男「奢らせてください」

女「何?その紙」

女友「ちらり」

男「あーーっ!」

女「・・・・?」




298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 10:03:53.99 ID:trBBQcYW0
男「わかったわかった!」

男「・・・っつーわけでちょっと行って来るわ・・・」

女友「女くんじゃあね〜!」

女「お、おう」

男「おい、あんま高いもん選ぶなよ。今小遣い弟より少ないんだからな」

女友「わかってるって〜w」

男「ほんとかよ・・・」




299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 10:04:36.75 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・」

女「仲いいな・・・」

女「・・・あ!バイトだったバイトバイト」




313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 10:55:54.36 ID:trBBQcYW0
――バイト先


女「いらっしゃいませ!何名様でお越しでしょうか?」

客「3人です」

女「3名様ですねー。喫煙席と禁煙席御座いますが、どちらにされますか?」

客「禁煙で」

女「かしこまりました。ではこちらへどうぞ」




314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 10:56:38.66 ID:trBBQcYW0
女「ご注文がお決まりでしたらボタンを押してお知らせください」

女(ふぅ、日中寝てたっていっても体が少しまだだるいな)

ドンッ

女「わっ」

先輩「おっと。大丈夫?」

女「あ・・・どうもすみません・・・」




316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 10:59:12.86 ID:trBBQcYW0
先輩「いいよいいよ」

先輩「それより女ちゃん顔色悪いけど大丈夫?」

女「え?ほんとですか?」

先輩「ちょっと悪そうに見えるね」

女「あ、でも風邪とかじゃないんで大丈夫です」

先輩「そう?あんまり無理しないようにね」




318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 11:00:29.16 ID:trBBQcYW0
先輩「しんどかったらすぐ言うんだよ?そのときは俺が店長に言っておくから」

女「あ、はい。どうもすみません・・・」

ピンポーン

パート「女ちゃんオーダーとって!」

女「はい、すぐ行きます」

女(迷惑かけないようにしないと・・・)




320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 11:03:57.23 ID:trBBQcYW0
――サーティワン


男「俺の・・・金が・・・」

女友「ごちそうさま♪」

男「まじ鬼畜すぎるわ」

女友「ふふふ。今度おいちゃんが奢ってあげるからよしとしてよw」

男「ほんとかよ・・・」




321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 11:04:43.20 ID:trBBQcYW0
男「てかお前この間もそんなようなこと言ってたじゃねーかよ!」

女友「あれれー?そうだっけー?w」

男「お前な・・・」

男「あ、やべ。もう5時半じゃねーかよ」

女友「6時からだっけ?」

男「おう。ちょっと急ぐわ」




322:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 11:05:41.90 ID:trBBQcYW0
女友「ほいほーい。あんがとね!また明日!」

男「んじゃなー」タタタッ

女「ばいばーい!」

女友「ふぅ〜、おいしかったー」

女友「・・・・・・・・・」

女友「また私一人か・・・」




337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 12:17:00.68 ID:trBBQcYW0
――バイト先


男「えらい忙しそうだな・・・」

パート「男くんもそんな呑気なこと言ってる暇あったら働いた働いた!」

男「あ、すみません」

ガッシャーン

男(うわ、この糞忙しい時に・・・)




339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 12:17:52.25 ID:trBBQcYW0
男(誰がやったんだ?)チラッ

女「誠に申し訳ありません!すぐに作り直してお持ちしますので!!」

男(女かよ!あいつがヘマするなんて珍しいな)

客「ああ、もういいよ。食べる気失せたからさ」

女「誠に申し訳ありません!」




342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 12:20:52.42 ID:trBBQcYW0
女(はぁ・・・何やってんだ俺・・・)

女(お客さんを怒らせて帰らせるとか初めてだよ・・・)

女(割れたお皿拾わないと・・・)

女「・・・っ痛!」

男(ばっかあいつ何やってんだ)

男「女っ――」




344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 12:21:42.56 ID:trBBQcYW0
先輩「女ちゃん!指・・・」

男「あ・・・」

女「すみません、すぐ片付けます・・・」

先輩「俺がやっとくから」

女「え、でも・・・」




347:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 12:24:32.06 ID:trBBQcYW0
ポンポン

女「先輩・・・?」

先輩「先行ってて。後で行くから」

女「はい・・・」

男「・・・・・・」

男(何あの人どさくさに紛れて女の頭に手置いてんだよ)

男(・・・何いらいらしてんだ俺・・・)




361:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 13:00:08.06 ID:trBBQcYW0
先輩「おばさん、ちょっと俺と女ちゃん抜けますね」

パート「抜けるってあんたちょっと!」

先輩「少しの間ですから」

パート「そんなの許されるわk」

パート「ああっ!ちょっと!」

女「先輩・・・」




365:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 13:03:02.22 ID:trBBQcYW0
先輩「救急箱は・・・あったあった」

女「・・・・・・」

先輩「・・・これでよしっと」

女「ありがとうございます・・・」

女「ほんと俺・・・足引っ張ってばっかで・・・」

先輩「気にしなくていいって。誰だって一度くらいミスはあるよ」




366:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 13:03:54.08 ID:trBBQcYW0
先輩「大事なのは同じことを二度繰り返さないことだから!」

女「はい・・・」

先輩「それと女ちゃん」

女「・・・なんですか?」

先輩「『俺』なんて言わない方がいいと思うよ」

女「えっ?」




370:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 13:11:56.79 ID:trBBQcYW0
先輩「『私』とかの方が絶対可愛いと思う」

女「そんな、か、可愛いって・・・!」

先輩「照れてる照れてるw可愛いな〜!」よしよし

女「ちょっ、せんぱ・・・やめてくださいっ・・・」

先輩「ごめんごめん!ついからかいすぎた」




373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 13:12:58.20 ID:trBBQcYW0
先輩「さて、そろそろ仕事に戻るか。おばさん怒ってたなぁ・・・」

先輩「先に行ってるよ」

女「はい・・・ありがとうございました」

女「・・・・・・・・」

女(可愛いって・・・ま、真に受けるな俺!!)




443:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 17:35:50.68 ID:trBBQcYW0
男「ちょっと先輩さん」

先輩「おお、男くん。今日は遅かったね」

男「あの」

男「聞きたいことあるんすけど」

先輩「・・・・・・・・」

先輩「何?」




446:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 17:36:46.59 ID:trBBQcYW0
男「女と、何しに行ってたんですか」

先輩「君には関係ないだろ?」

男「関係ないことは」

先輩「それとも・・・嫉妬か何かかな?」

男「・・・・っ」




447:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 17:37:28.09 ID:trBBQcYW0
先輩「・・・・・・・」

先輩「ただ応急処置をしてあげてただけだよ」

先輩「何か文句でもあるのかな」

男「・・・・・っ」

先輩「君も女ちゃんのことが好きなら行動で示したらどうだい?」

男「俺は別にそんなんじゃ」

先輩「じゃあ口を挟まないでくれるかな」


先輩「俺は真剣に女ちゃんのことが好きなんだ」




450:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 17:38:27.08 ID:trBBQcYW0
女「傷浅くてよかったー・・・」

女「あ、男ー」

先輩「・・・・・」スタスタスタ

男「・・・・・」

女「?」

女「なんかあったのか?」

男「なんにもねえよ」




453:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 17:39:46.52 ID:trBBQcYW0
女「いや、でも明らかにお前いつもと違う顔してる」

女「・・・何か・・・あった?」

男「だから何も無いって言ってるだろ!」

女「っ!」

女「・・・そうか」

女「・・・余計なお世話だったな。ごめん・・・」スタスタスタ

男「あっ・・・」

男「・・・・・」




467:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 18:20:08.91 ID:trBBQcYW0
―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――


男「・・・・・・」

先輩「・・・・・・」

女(なんなんだ?この空気)

女(もう仕事は終わったっていうのに、重過ぎる・・・重過ぎるよ・・・)

女(男はああ言ってたけど絶対何かあったよな、男と先輩)




469:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 18:21:15.26 ID:trBBQcYW0
女(でも一体何が・・・)

女「・・・・・・」

先輩「女ちゃん」

女「あ、お疲れ様です」

先輩「お疲れ!指、大丈夫?」

女「おかげさまで・・・」

先輩「よかったw」

先輩「そうだ、もう外暗いし送ってくよ」




470:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 18:22:10.15 ID:trBBQcYW0
女「あの、でも・・・」チラッ

男「・・・・・・」スタスタスタ

女「・・・・・・」

女「お願い、します・・・・」




472:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 18:23:42.95 ID:trBBQcYW0
男(俺はどうしたらいいんだ・・・)

男(くそっ・・・)

男(俺は女のことは・・・もちろん好きだ)

男(でもそれは女性として?)

男(・・・・・・)

男(分からない・・・)

先輩『俺は真剣に女ちゃんのことが好きなんだ』

男(・・・・・・)




475:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 18:24:48.04 ID:trBBQcYW0
先輩「お待たせ、それじゃ帰ろっか」

女「はい」

先輩「女ちゃんの家はこっちでいいんだっけ?」

女「そうですけど・・・先輩の家は確か反対側でしたよね?」

先輩「そうそう、よく覚えてたねw」

女「やっぱ俺一人で帰ります。先輩に悪いですし」




476:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 18:25:41.22 ID:trBBQcYW0
先輩「気にしないでよ。女の子一人で帰らせるなんてできないし」

先輩「それに俺が好きでやってることなんだからさ」

女「でも・・・」

先輩「好きな人のために何かしたいって思う気持ち、変かな?」

女「え・・・?」

先輩「・・・なんでもない!今の聞き流してw」




479:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 18:27:01.88 ID:NvN4NFa70
>>476
先輩ウザwwwww




478: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 【東電 68.6 %】 :2011/06/26(日) 18:26:56.07 ID:WDIyxj2V0
先輩が計算高くてなんかムカつく




480:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 18:27:14.52 ID:trBBQcYW0
女(い、今好きな人って・・・それって・・・)

女(俺!?俺のこと、なの、か?)

女(えっえっ・・・・急にそんな、どうする!?)

先輩「女ちゃん?」

女「ひゃいっ!?」

先輩「行くよ?」

女「あっ、は、はいっ」タタタッ

女(なんでもないって言ったもんな・・・。聞き流せとも言ってたし・・・うん)




486:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 18:49:41.54 ID:trBBQcYW0
――バイト先


店長「もうすぐ閉めるぞー」

男「はい、すみません。すぐ出て行きます」

スタスタスタ

男「はぁ・・・・」

男「・・・・・・・」

女友「男ー」




487:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 18:50:36.45 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・?」

女友「うぃっす!」

男「女友・・・?」

女友「どうしたんwそんなにしょぼくれた顔しちゃって」

女友「男くんはシリアス担当じゃないっしょ〜?」




489:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 18:51:32.84 ID:trBBQcYW0
男「これでどやっ」

女友「顔おもっきし引きつってる・・・」

男「・・・・・」

男「・・・何しにきたんだよ」

女友「んー?いやぁ、女くんと男くんの様子を見にだね」




491:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 18:52:13.21 ID:trBBQcYW0
男「今店終わったとこだぞ・・・」

女友「みたいだね・・・」

女友「おいちゃんしくじっちゃった?」

男「・・・・・・・・」

女友「・・・・・・・・」

女友「あれ?そういえば女くんは?なかなか来ないけど」

男「・・・・・・」




492:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 18:52:56.02 ID:trBBQcYW0
女友「待ってるんじゃないの?」

男「あいつならさっき帰ったよ」

女友「さっき?なんで?」

男「・・・・・・」

女友「あーわかったー、また喧嘩したんしょどうせw」

男「喧嘩は!・・・・してない、たぶん」




500:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:03:34.34 ID:trBBQcYW0
女友「たぶんってなんだよたぶんって」

女友「・・・・じゃあまさか一人で帰らせたの?」

男「んなわけない」

女友「・・・どういうこと?」

女友「おいちゃんに詳しく説明してみ?全部解決しちゃる!」

男「・・・・・・」




501:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:04:24.72 ID:trBBQcYW0
男「・・・先輩さんと帰った」

女友「え」

男「バイトの先輩」

女友「バイトの先輩ってあの人?」

女友「私がちょっと前にここ来たときに居たあのかっこいい人?」

男「そう。たぶんその人で合ってる」

女友「え!それまじっすか」

男「まじっす」




503:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:05:13.89 ID:trBBQcYW0
女友「じゃあ今女くんはその人と?」

男「たぶん」

女友「男くんは止めなかったの?」

男「・・・止めなかった」

女友「どうしてさ!?」

男「どうしてって」




504:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:06:53.59 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

男「・・・俺あの人の気持ち聞いたんだよ」

女友「気持ち?」

男「あの人は俺に言った」

男「真剣に女のことが好きだって」




505:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:07:36.67 ID:trBBQcYW0
女友「・・・・・・それで?」

女友「そうですか。って言って引き下がっちゃったの?」

男「何も言えなかった」

女友「馬鹿だねえ・・・・。君女くんのこと好きじゃなかったの?」

男「前も言っただろ!?そういうんじゃないんだってたぶん・・・」

男「自分でもわかんねーんだよ・・・あいつのことが女性として好きなのかどうか・・・・」




506:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:08:27.36 ID:trBBQcYW0
女友「・・・・・・・」

男「・・・・あいつが初めから女だったら問題なかったのにな・・・・」

女友「・・・女くんが元々男だったからダメなの?」

男「よくわからないけど・・・たぶんそこで引っかかってる」

男「あああああもどかしい」




515:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:34:18.60 ID:trBBQcYW0
男「それかもう俺が普通に誰かと付き合ったりしてたらこんなことにもならなかったんだろうにな」

男「ま、俺には無理かw」

女友「そ、そんなんだったらさ・・・お、おいちゃんと・・・・」

男「?」

男「どうした?女友?」

女友「すぅ・・・」

女友「私とっ!・・・どう、かな・・・?」




516:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:34:59.04 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

男「・・・・は?」

女友「ほ、ほら!私なら生まれたときから女だし!?」

男「お前、意味わかっていってんの・・・?」

女友「ば、馬鹿にしないでよ!わ、私は・・・」

女友「私は・・・・・・」




520:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:35:40.60 ID:trBBQcYW0
女友「あああああもうっ!」

女友「・・・・私は君のことが好きなんだよっ!!」

男「・・・・・・・!?」

女友「〜〜〜っ///」

女友「お、お兄から電話入ってるし、か、帰るわ!また明日っ!!」タタタタッ

男「お、おう!また明日なっ」

男「・・・・・・・・・」

男「えええええええええええええ」




521:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:36:21.85 ID:trBBQcYW0
女友「・・・・・・っ」タッタッタッタッ

女友(男くんの恋路をサポートするはずが)

女友(何言ってんだ私・・・!馬鹿じゃないの!?)

女友(これじゃあ全く逆のことをしてるじゃん!)

女友(応援するようなこと言っておきながら・・・)

女友(私最低すぎる・・・)




524:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:37:02.59 ID:trBBQcYW0
女友(男くん困っちゃっただろうなー・・・)

女友(う〜〜・・・・勢いだけで出たもののはずがじい・・・)

女友(私・・・男くんのこと好きだったんだな・・・)

女友(自分でも気がつかなかったとかなんて愚かなんだろう)

女友(・・・・・・)

女友(私は何を期待してるんだろうな・・・)




534:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:41:37.17 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・え?」

男「女友が?俺のことを?」

男「何この急展開!」

男「え!?いつからだ!?全くそんな感じには見えなかったぞ?!」

男「と、とととりあえず落ち着け落ち着け・・・・」

男「・・・女友だって顔は確かに可愛いけど・・・」




535:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:42:17.75 ID:trBBQcYW0
男「いやそういう可愛いからとかっていうのはだめだろ!」

男「性格性格・・・・女友は気さくな奴で話しやすいんだよな〜・・・」

男「一緒に居て楽しいし・・・」

男「いや!でもやっぱりほら!今までなんかそんな感じに見てなかったしな!」

男「・・・・・・・・・」




537:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:43:36.10 ID:trBBQcYW0
男「あああああああああああ」

男「どうしてこうなった!?」

男「逆にどうしてたらこんな風にならなかった?」

男「わからねえ・・・わかんねえよ・・・」

男「うわああああ」




540:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:44:47.06 ID:trBBQcYW0
――女宅前


女「本当に今日はありがとうございました」

先輩「どういたしまして」

先輩「また誘ってもいいかな?」

女「え・・・?」

先輩「送らせてってこと!」




541:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:45:28.11 ID:trBBQcYW0
女「そんな・・・何度もこんな遠い所まで悪いですから」

先輩「女ちゃんみたいな子一人にしておけないんだよ」

先輩「ここら辺特に暗いみたいだし、危ないよ?」

女「男もいるし・・・大丈夫だと・・・」

先輩「・・・・・・」

先輩「女ちゃんはさ、男くんのことどう思ってるの」




543:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:46:20.10 ID:trBBQcYW0
女「・・・はい!?」

先輩「男くんのこと好きなの?」

女「な、な何を急に!」

先輩「・・・・・・」

女「・・・・・・」

女「わからないです、そんなこと・・・」




544:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:47:20.73 ID:trBBQcYW0
女「男のこと・・・好きだけど・・・でもそれは・・・!」

女「・・・それは・・・恋愛感情じゃ、ないですきっと・・・」

女「・・・・・・・」

女「俺・・・これから一生恋愛感情を抱くことのできないまま生きて行くことになるかもって・・・」

女「でも・・・そんなのっ・・・いやだ・・・!」

先輩「・・・・・・」

女「俺・・・わからないんです・・・」

女「ほんと・・・どうしたらいいか・・・」




545:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:48:01.12 ID:trBBQcYW0
先輩「・・・・・・っ」ぎゅっ

女「えっ――」

先輩「・・・・・・」

女「せんぱ、い・・・?」

先輩「・・・不安?」

女「だって・・・俺は元々男で――」




548:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:48:48.55 ID:trBBQcYW0
先輩「女ちゃんが嫌っていうなら仕方ないけどさ」

先輩「できるよ。恋愛」

先輩「女ちゃんはもう女の子。そうでしょ?」

女「・・・・・・」

先輩「不安に思うことなんてないよ」

先輩「心配しなくていい」

女「・・・先輩・・・」




549:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:49:29.88 ID:trBBQcYW0
先輩「・・・・・・」

女「・・・・・・」

先輩「・・・!ごめんね」スッ

女「あっ・・・い、いえ、そんな」

先輩「じゃあ俺もう行くね、また!」

女「は、はい、また・・・」



590:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:26:58.47 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・」

女「えっ、ええっ!?・・・今・・・」カーッ

女「だっダメだっ、思い出しただけで顔が熱くなってくる・・・!」

女「〜〜〜っ////」




591:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:27:59.05 ID:trBBQcYW0
女「ああああ恥ずかしい・・・」

姉「ニヤニヤ」

女「うわっ!!」

姉「誰・・・?さっきの人」

女「えっ・・・ハ、ハハ、ナンノコトカナー」

姉「結構イケメンだったじゃん!ねえ!誰なの!」

女「・・・やっぱダメか・・・」




593:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:29:58.41 ID:trBBQcYW0
女「てかいつから見てたの!?」

姉「『本当に今日はありがとうございました』から」

女「最初かよ?!あんた一体いつから張り込んでたんだよ・・・」

姉「張り込みだなんていやぁねえ・・・人聞きの悪い」

女「でも姉ちゃんのしてたことって張り込みに近いものだぞ・・・」

姉「あんたの様子が昨日変だったから男絡みかと思っただけだよ」

姉「だからこうして見てた」




594:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:31:20.17 ID:trBBQcYW0
女「男絡みって・・・」

姉「それでそれで?さっきの人!」

姉「年上っぽかったけど、学校の先輩か何か?」

女「違う学校のね。一つ上の先輩」

姉「一体どこで知り合ったの」

女「バイト先での先輩だよ」




595:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:32:45.60 ID:trBBQcYW0
姉「ほぉ〜・・・」

女「なんだよ・・・」

姉「男くんを差し置いて、ね・・・」

女「だから!そういうんじゃないって!」

姉「あれ?抱き合ってたからてっきりそういう関係かとw」

女「〜〜っ」




597:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:34:42.14 ID:trBBQcYW0
女「抱き『合った』んじゃないんだからな!」

姉「なんでもいいよw」

女「・・・・・・・」

姉「男くんだって結構かっこいいと思うんだけどなぁ・・・」

女「このタイミングで言っても信じてもらえないかもしれないけど一応言っとく」

女「俺は先輩とも男ともそういう関係じゃないから」

女「お風呂入ってくる」

姉「もう・・・あんなに怒っちゃって」




602:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:37:54.25 ID:trBBQcYW0
――浴室


女「姉ちゃんの奴絶対誤解してる」

女「はぁ・・・めんどくさ・・・」

女「・・・でもあんなとこ見られたら・・・無理ないか・・・」

女「・・・・・」




604:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:38:35.86 ID:trBBQcYW0
先輩『不安に思うことなんてないよ』

先輩『心配しなくていい』

女「うあああっやっぱり恥ずかしい・・・!」

女「い、今は忘れよう!」フルフル




606:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:40:48.48 ID:trBBQcYW0
――リビング


女(ふぃ〜、すっきりしたー)

女(あぁ・・・お風呂上りにクーラーの効いた部屋気持ちい・・・)

女「〜〜♪」

姉「!!ちょっと服くらい着ないといけないでしょ〜?」

女「えータオル巻いてるしこれくらいいいじゃん」

姉「だーめ!」

姉「あんたまさか学校でもこういう格好・・・」

女「するわけないだろ!?どういうシチュだよそれ!」




610:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:52:57.73 ID:trBBQcYW0
姉「高校男児なんて性欲の塊みたいなもの・・・」

姉「いつ何時も警戒心を怠らないように」

女「姉ちゃん高校の時何かされたの・・・」

姉「ううっ・・・・」

女「え!?まじで?」

姉「別に何もないけど?」




612:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:54:43.96 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・」

女「はぁ・・・姉ちゃんってそういうことは気にするのな」

姉「女の子として当然だと思うけどー?」

姉「あ!ほら髪もまだ乾いてないじゃない・・・」

姉「こっちきて、拭いてあげるから」

女「・・・・・・」

女「子供じゃない・・・」

姉「姉妹なんだからいいでしょー?」

女「姉妹ってこういうことするのか?」




617:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:57:09.59 ID:trBBQcYW0
姉「私はしてみたかったかなぁ」
女「ふーん・・・」
姉「・・・今日何があったか、詳しく聞いてもいい?」

女「ダメって言っても聞くんだろ・・・?」

姉「まぁね〜」

女「・・・・わかったよ」

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





618:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:58:53.80 ID:trBBQcYW0
姉「なるほどね〜」

姉「先輩さんがあんたに好意があるのは間違いないね」

姉「本人も言ったんでしょ?」

女「なんでもないって言ってたけど・・・確かに・・・」

姉「問題は男くんだよね〜。あんたはどうしたいの」

女「だから俺は・・・わからない・・・」

姉「ふむ・・・」




620:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:02:06.75 ID:trBBQcYW0
姉「じゃあどうしようもないね」

女「え・・・?」

姉「あんたの気持ちはあんたにしか分からない」

姉「恋愛するもしないもあんた次第だしね」

姉「相手もあんた次第」

女「俺・・・次第・・・」




621:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:06:57.15 ID:trBBQcYW0
姉「まあじっくりと考えるといいよ〜」スタスタスタ

女「・・・・・・」

男子生徒『女性は男性と付き合うのが普通だと思うよ』

先輩『できるよ。恋愛』

先輩『女ちゃんはもう女の子。そうでしょ?』

姉『恋愛するもしないもあんた次第だしね』




622:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:07:38.43 ID:trBBQcYW0
女「俺は・・・」

女「・・・・・・」

女「う〜〜・・・頭痛くなってきた・・・焦っても仕方ないか・・・」

女「とりあえず今日はもう寝よ・・・」




627:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:12:57.29 ID:trBBQcYW0
女『うう・・・』

女『・・・ここ、は?・・・リビング?』

女『そうか・・・確か俺は薬を取りに来て・・・』

女『あれ、そういえば体調が治ってる』

女『・・・・なんだったんだろ』

姉『んん〜・・・』




628:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:13:53.59 ID:trBBQcYW0
女『あ、姉ちゃん。おはよう』

姉『・・・ん。あら、珍しい』

女『アハハ・・・なんか早く目が覚めちゃってさ』

姉『ふーん・・・。朝ごはん作るから着替えてきな〜』

女『ほいほい〜』

女『その前にトイレトイレっと・・・』




629:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:14:35.63 ID:trBBQcYW0
女『しかし何だったんだろうなあの頭痛・・・』

女『治ったからよかったけど・・・・って、ん?』

女『あれ・・・あれ!?ない・・・?ない!!』

女『・・・・・・・・』サワッ

女『・・・・・・んあっ』

女『・・・・・・え・・・』




633:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:16:06.41 ID:trBBQcYW0
女『う、うわあああああっ!!』

女『ど、どどうして』

女『夢?夢なのか?!』

女『いや、でもさっきの感覚・・・』

女『・・・どうなってんだよこれぇ・・・』

女『とりあえず、うぅっ・・・男に、電話・・・・』

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





637:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:17:49.01 ID:trBBQcYW0
タタタタタッ

ガチャリ

男『女っ!!』

女『男っ・・・俺っ・・・』

男『あ・・・れ・・・?』




638:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:18:30.26 ID:trBBQcYW0
男『・・・何か変わった感じには見えないが・・・』

女『ないんだ・・・』

男『え・・?』

女『ついて・・・なかったんだ・・・』




641:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:25:09.90 ID:trBBQcYW0
――学校


ざわざわざわ・・・

女友『へ〜!それで女の子になっちゃってたんだ!』

女『・・・・・・』

男『別にいいんじゃねーの・・・なんも変わってない感じに見えるし』

女『そーいう問題じゃねーだろ!!』

女友『とりゃーっ!』




642:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:26:15.23 ID:trBBQcYW0
女『ええっ?!』

女友『バストチェーック!!』

男『キ、キター!!』

女『お、おいっ!・・・や、やめっ・・・!』

女友『おお?ここか、ここがええのんか?』

女『んっ・・・くすぐっ、た・・・男・・・たすけ、て・・・』




644:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:29:36.70 ID:trBBQcYW0
男『い、いかん、朝から刺激が強すぎる・・・』

男『おい女友、そろそろやめとけ・・・』

女友『あはは、ごめんね女くん。ちょっと調子に乗り過ぎちゃったw』

女『・・・はぁ・・・はぁ・・・』




649:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:35:46.04 ID:trBBQcYW0
女友『んで?』

女友『その制服はどしたの?』

女『・・・姉ちゃんの』

女友『よく似合ってるじゃん!ね?男くん』

男『ま、まあ・・・似合ってるな・・・』

女友『照れてるw』

男『照れてねーよ!』

女『これからどうなるんだろ・・・はぁ・・・』

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





652:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:36:52.00 ID:trBBQcYW0
――朝


ピピピピッ

女「ん、んん〜・・・うるさいっ・・・!」

女「朝か・・・」

女「・・・何か夢見てた気がする」




653:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:37:35.37 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・」

女「まあいいや。よく寝たーっ」

姉「パン焼けたよー」

女「はーい、着替えたらいくー」




656:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:43:27.49 ID:trBBQcYW0
――登校


女「いってきまーす」

姉「いってらっしゃい♪」

女「・・・・・・」スタスタスタ

女「男・・・いつものとこに居ないな・・・」




657:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:44:49.58 ID:trBBQcYW0
女(そういえば昨日なんか変なまま別れたんだった)

女(すっかり忘れてたなー・・・)

女(ほんと何があったんだろ?触れない方がいいのかな)

女(うん、そうだな)

女(・・・あの様子からに触れて欲しくないことだったんだろう・・・)

女(知りたいけど・・・いいや・・・)




660:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:49:31.34 ID:trBBQcYW0
――教室


女「おはよ」

女友「あ、女くん・・・お、おはよ!」

女「・・・?」

女「あ・・・男・・・お、おはよ」

男「・・・・お、おう」

女友「お、おはようーハハ、ハ」

男「おっす・・・」

女「・・・・・」




662:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:50:20.67 ID:trBBQcYW0
女(何だこの空気。色々とおかしいぞ・・・)


女友(気まずいよ!気まずすぎて死んじゃいそうだよっ!)


男(今日は・・・なんか色々と無理そうだな・・・)




663:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:51:01.39 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

女「・・・・・・」

女友「・・・・・・・」

男「席、戻るわ・・・」

女「お、おお」

女友「あっ、おいちゃんも・・・」

男「・・・・・・」

女「・・・・・・」

女友「・・・・・・・」




664:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:52:57.83 ID:trBBQcYW0
――ホームルーム


ミーンミーン

女「あっつー・・・」

女「もう蝉も鳴いてるし・・・」

先生「先生が話してるときに下敷きで仰ぐのをやめよ」

女「・・・・・・」




665:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:53:39.26 ID:trBBQcYW0
先生「はい、というわけでもうすぐ夏休みとなるわけだが」

女(もうそんな季節かー)

女(今年はなんか早いな〜)

先生「夏祭りや海などに行く者はくれぐれも本校生徒としての誇りをもっt」

女(夏祭り・・・なんだかんだで久しく行ってないな)

女(・・・まあ行く連れも居ないし・・・いっか)

先生「あとスリなどにも気をつけるように」

先生「はい、それではホームルーム終わり。起立」




689:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:30:32.99 ID:trBBQcYW0
――放課後

女「・・・やっと終わった」

女(今日はいつにも増して長く感じたな・・・)

女(それもこれもこの暑さとこの雰囲気のせいなんだろうけど)

男「・・・・・・・」

女友「・・・・・・」




691:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:31:13.99 ID:trBBQcYW0
ポトン

男「・・・・女友、消しゴム・・・落ちてたぞ」

女友「あっ・・・あ、ありがと・・・」

男「お、おう・・・全然・・・」

女友「あは、は・・・」

女(ほんとどうしたのこれ)

女(今日女友の冗談を一回も聞いてない気がするぞ)

女(雨が降るな・・・)




692:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:31:55.86 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・」

男「俺ちょっと寄ってくところあるからもう行くわ」

女友「今日はバイト・・・ないの?」

男「ああ」

女「俺も無いし帰ろっと・・・」




694:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:33:22.31 ID:trBBQcYW0
――帰宅路


女(結局朝の挨拶から話したっけ)

女(・・・・・・)

女(とりあえず今日バイト無くてよかったなぁ)

女(こんな状態で男とどう仕事すればいいんだ・・・)

女(明日のバイトまでにはどうにかしたいな〜)




695:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:34:25.10 ID:trBBQcYW0
女「はぁ・・・」

先輩「わっ」

女「ふぁっ!!」

女「せ、先輩!どうしてここに」

先輩「たまたま俺も帰宅途中だっただけだよ」

女「そうなんですか・・・って、びっくりするじゃないですか!」

先輩「あははwしてもらいたくてやったんだけどね!」




701:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:36:42.69 ID:trBBQcYW0
先輩「上手くいったみたいでよかったよ。いや〜可愛いな、あはは」

女「か、からかわないでください」

先輩「ごめんごめんwでも可愛いってのはほんとだから」

女「そういうのをやめてって・・・」ボソボソ

先輩「それで?ため息なんてついてどうしたの?」

先輩「なんか嫌なことでもあった?」

女「え・・・別に・・・ないです」




702:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:37:40.12 ID:trBBQcYW0
先輩「ほんとかな」

女「・・・・・・」

先輩「まぁいいやw無理に聞こうとは思わないよ」

先輩「俺でよければいくらでも相談に乗るからね」

女「はい・・・」

女(聞けないよなぁ)

女(昨日先輩と男に何があったかなんて・・・)




704:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:38:51.38 ID:trBBQcYW0
男「用事があるとか言って抜け出してきたけど・・・」

男「・・・・・・」

男「俺ってまじへたれだな・・・」

男「・・・・ん?」

男「なんで女と先輩さんが」

男「・・・・・・・」コソコソ




706:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:39:50.95 ID:trBBQcYW0
先輩「んー・・・そうだ!」

女「?」

先輩「もうすぐ夏祭りあるじゃん?」

女「あ〜、今日学校でも話出ました」

先輩「女ちゃん一緒に行かない?」

女「えっ」




709:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:41:51.66 ID:trBBQcYW0
先輩「もしかして誰か先客がいたかな?」

女「いえ・・・いませんけど・・・」

先輩「じゃあもし都合がついたらまた教えてよ!」

女「・・・はい。わかりました」

先輩「それじゃ、俺こっちだから。またね!」

女「はい、また・・・」




710:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:42:44.52 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・」

男(女と先輩さんが夏祭り・・・)

男(・・・・・)

男(そんなんよくねーだろ)

男(納得いくわけない)

男(どうするか・・・)

男「・・・・・・」

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





712:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:47:20.25 ID:trBBQcYW0
――女友宅


女友「ぬあああああ!」

兄「っ!?」

兄「おい、うるせーぞ!なんだ急に」

女友「お兄には関係ないわ!」




714:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:48:01.44 ID:trBBQcYW0
兄「飯食ってる時くらい静かにできねーのかお前は」

兄「まだ心臓バクバクいってんだぞこっちは」

女友「むうううう」

兄「早く食って自分の部屋行け」

女友「うるさいなぁ。わかったよ、ご馳走様でしたっ」




715:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:49:30.01 ID:trBBQcYW0
バタン

女友「う〜〜・・・・」

女友「どうしたらいいのだ〜・・・」ジタバタ

女友「・・・・・・・・」

女友「今日の学校の雰囲気って私のせいだよね、きっと・・・」

女「はぁ〜・・・・」

女友「私が男くんにあんなこと言ったから・・・」




719:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:51:21.82 ID:trBBQcYW0
女友「・・・・・・・・・」

女友「やっぱこんなのダメな気がする・・・」

女友「私は・・・・」

女友「私は男くんとも女くんともいつも冗談言い合ってる生活の方が好き、なんだよね」

女友「そしてたぶん男くんもそれを望んでる」

女友「そうなんだよ・・・うん、そうなんだ」

女友「明日言おう。男くんに」




723:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:55:07.22 ID:trBBQcYW0
――男自室


男「・・・・・」

男「くっそ、全くいい案が思い浮かばねー」

男「一体どういう理由で女は先輩さんの誘いを受け入れたんだ・・・?」

男「・・・・・・」

男「まさかあいつ・・・」




725:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:56:12.37 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

男「・・・ダメだな・・・俺・・・」

男「こんなのあまりにも卑怯すぎる」

男「女友にも返事をしていないのに・・・」

男「最低だ・・・」

男「・・・・・・・」




726:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:57:47.45 ID:trBBQcYW0
――女自室


女「夏祭りまであと・・・えっ」

女「来週かよ!」

女「そんな・・・すぐじゃん」

女「・・・・・・」

女「先輩ほんとに俺のこと・・・」




727:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:58:28.35 ID:trBBQcYW0
女「もし先輩に告白されたら俺なんて答えるのかな・・・」

男子生徒『女性は男性と付き合うのが普通だと思うよ』

先輩『女ちゃんが嫌っていうなら仕方ないけどさ』

先輩『できるよ。恋愛』

先輩『女ちゃんはもう女の子。そうでしょ?』

姉『恋愛するもしないもあんた次第だしね』

女「・・・・・・」




728:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 23:01:09.47 ID:trBBQcYW0
女「こんなときに男に相談できればなぁ・・・」

女「そういえば男は誰と・・・」

女「・・・・誰とでも・・・いいか」

女「俺に関係ないもんなそんなこと」

女「そんなこと・・・・」

女「・・・・・・・」




730:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 23:04:32.61 ID:trBBQcYW0
――男自室


男「あれから考えたけどやっぱり・・・」

男「これしか、ないよな・・・」

男「・・・・・・・」

男「明日女友にちゃんと話そう」

男「女とのことはそれからだ」

男「まずは女友の気持ちに答えないとな」

男「よし、寝るか」

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





761:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 00:00:19.38 ID:trBBQcYW0
―――朝


女「いってきまーす」

姉「頑張ってね〜♪」

女「あぁ〜・・・」

女「今日バイトかー・・・」

女「学校でも雰囲気悪いし、バイト先でも雰囲気悪いし・・・」




762:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 00:01:06.69 ID:trBBQcYW0
女「どうすればいいかなぁ・・・」

男・女「「あ・・・」」

女「お、おはよ・・・」

男「お、おうっす」

女(いきなり会っちゃったよー!)

女(どうしようか考えてた矢先に・・・)




764:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 00:02:05.10 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

女「・・・・・・」

女(き、気まずい・・・)

女(こ、こんな雰囲気で・・・)

女(やっぱ先輩とのことなんて聞けない・・・!)




765:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 00:02:45.95 ID:trBBQcYW0
男(な、なんで今日は会うんだよだよ・・・)

男(昨日あえて違う時間帯で登校して会わなかったのに・・・!)

男(・・・・・・)

男(き、聞きたい!先輩さんと夏祭りを約束したことの真意を聞きたい・・・!)

男(でも我慢だ我慢。俺が女友に気持ちを伝えるまでは・・・)

男「・・・・・・」

女「・・・・・・」




773:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 00:15:36.71 ID:trBBQcYW0
――ホームルーム


先生「昨日夏祭りなどに関しての注意事項を言ったが」

先生「夏休みの過ごし方として一つ追加する」

女友(・・・・・やばいよやばいよ)

女友(このままだと何もしないまま学校終わっちゃうよ・・・)

女友(・・・・・・・)

女友(放課後しかない・・・)

女友(絶対放課後に・・・!)




774:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 00:23:01.23 ID:trBBQcYW0
先生「遊んでばっかりじゃだめだぞー?」

先生「夏休み後には定期テストだからな」

男(やっときたぜ・・・)

男(放課後女友を呼び出すか)

先生「しっかり復習しておけよー。赤点なんてとるんじゃないぞ」

男(ああまじ早くホームルーム終われ!!)

先生「以上、ホームルーム終わり。起立」

男・女友(よしっ・・・!)




13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:29:31.97 ID:trBBQcYW0
――放課後


女「・・・・・・」

男「・・・・・・」

女友「・・・・・・・」

女(・・・いつまで続くんだこの空気は・・・)

女(結局何もできないまま放課後だよ・・・)

女(これからバイトだし)




14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:30:29.28 ID:trBBQcYW0
女(う〜ん・・・・)

女「・・・・・・」

女(・・・やっぱり聞くしかないよな)

女(そうしないと何も始まらない気がする)

女(バイトでもやりづらいしな・・・)

女(よし・・・)




15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:31:27.98 ID:trBBQcYW0
女「男――」

女友「あ、あのさっ」

男「んんっ?」

女「!」

女友「今日は女くんと男くんバイト?」

男「あ、ああ確かそうだったよな・・・」

女「う、うん」




16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:32:42.05 ID:trBBQcYW0
女(うあ、完全にタイミングが・・・しまった・・・)

女友「女くん、ちょっと男くん借りてもいいかな」

男「ふぇっ!?」

女「え、別に・・・いいけど」

女(そもそも俺の所有物でもなんでもないし・・・)




17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:33:16.64 ID:trBBQcYW0
男「俺もお前に言うことg」

女友「いいから!・・・ちょっと大事な話」

男「だから俺もお前に話g」

女友「きて!」

男「え、うおっ!?」

女友「それじゃ、またねっ」

女「ま、また明日」

男「ちょっ、引っ張るなって」ズザザ




18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:33:57.35 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・」

女「なんかまた放課後二人で・・・」

女「・・・・!」

女「い、いや、別にいいじゃん」




19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:34:42.96 ID:trBBQcYW0
女「そうだよさっきも言っただろ。男は俺の所有物でもなんでもないって」

女「男がどこで何してようと関係ないよな!うん!」

女「・・・・・・」

女「バイトバイト!」




20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:35:24.38 ID:trBBQcYW0
――空き教室


男「いてててっ、おい!いい加減離せ!」

女友「んー・・・ここでいっか」

男「やっと離したか」

男「女友がなんで俺を呼び出したのかは知らないが」

男「俺も女友に用があったんだ」




21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:36:13.18 ID:trBBQcYW0
女友「私に・・・・?」

男「ああ」

男「女友に言わないといけないことがある」

女友「・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・」

女友「・・・・・・聞く」




23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:37:39.55 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

男「・・・ごめんな」

男「やっぱり俺、女友の気持ちに応えられそうにないんだ」

男「気持ちは嬉しかった。ほんとにありがとな・・・」ポン

女友「・・・・・・」

女友「・・・・やっぱ・・・そう、だよね・・・」

男「・・・・・・・」




24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:38:59.15 ID:trBBQcYW0
女友「・・・私もさ、思ってたんだ」

男「・・・・・・」

女友「私たちがそういう関係になるべきじゃないって・・・」

女友「・・・・・・」

女友「・・・冗談言ってる方が楽しいもんね」

女友「それに想像できないしっ」

女友「・・・私たちが付き合ってるとこなんてww」




25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:40:06.45 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・・」

女友「君が断ってくれてよかったよ・・・」

男「女友・・・」

女友「・・・・・・」

男「・・・・・・・」

男「あのさ俺――」

女友「ああああああ」

女友「こういう雰囲気はやっぱりおいちゃんは嫌いだっ!」




26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:40:47.29 ID:trBBQcYW0
女友「いやぁほんとによかった!」

女友「男くんがもしオッケーしたらどうしようか内心ヒヤヒヤしてたよ〜」

男「おま、それどういう意味――」

女友「男くんやっと決心ついたみたいだね」

男「え・・・?」




30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:43:53.62 ID:trBBQcYW0
女友「顔見ればなんとなく分かるよ」

男「・・・・・・」

女友「行ってあげなよ、女くんのところ!」

男「・・・そんな分かりやすい?」

女友「おいちゃんを誰だと思ってる?」




31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:44:58.94 ID:trBBQcYW0
男「おいちゃん」

女友「そうなのです」

女友「おいちゃんにかかればなんでも問題が解決しちゃうんだぜ?」

男「へーすごい」

女友「信用してないな・・・」




32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:46:09.98 ID:trBBQcYW0
女友「・・・まぁとにかくだね、早く行くんだ少年!」ドンッ

男「痛っ!お前いちいち力強い・・・」

女友「あはは〜w」

男「・・・・でも」

男「ありがとな・・・女友」

女友「・・・・・・」

女友「・・・うん・・・がんばって・・・」

タッタッタッ・・・




33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 17:46:38.75 ID:trBBQcYW0
女友「いっちゃった・・・」

女友「・・・・・・」

女友「ふぅ〜・・・」

女友「おいちゃんいい仕事したなーっ」

女友「これでえがったんや。うんうん」




34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:06:36.22 ID:trBBQcYW0
――バイト先


女「いらっしゃいませ」

女「何名様でお越しでしょうか」

男性客「一人」

女「一名様ですね」

女「・・・申し訳御座いません、ただ今禁煙席のみなってしまうのですがよろしいでしょうか?」




35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:07:05.46 ID:trBBQcYW0
男性客「チッ・・・」

女「お客様・・・?」

男性客「ああ・・・」

女「ではこちらへどうぞ」

女「ご注文がお決まりでしたらそちらのボタンd」

男性客「ああ、分かってるから」

女「・・・・・・・」

女(何このお客さん・・・感じ悪い)




36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:11:22.64 ID:trBBQcYW0
スタスタスタ

男「今入りましたー」

女「男っ!」

男「お、どうした女」

女「な、なんでもない・・・」

男「なんだ?構って欲しいのか?w」

女「・・・は、はぁ!?何いってんだこいつ!」




37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:12:06.79 ID:trBBQcYW0
男「冗談だって冗談!」

店長「・・・仕事終わってからやれ」

女・男「すみませんでした・・・」

女(・・・・・・・)

女(男、バイトにちゃんときた・・・)

女(てっきり女友とどっか遊びにいったのかと思ってたのに)

女(それに・・・久しぶりに冗談言って・・・)

女(いや、嬉しかったとかそういうのじゃ・・・ない、と、思う・・・)




38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:14:18.13 ID:trBBQcYW0
パート「ちょっとちょっと、あそこのお客さん、禁煙席で煙草吸ってるわよ」

男「どれっすか」

パート「あそこよあそこ!」

男「うわ・・・見るからに・・・」




39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:14:51.51 ID:trBBQcYW0
ピンポーン

女「はい、ご注文をどうぞ」

男性客「ロースとんかつ膳とマルゲリータピザとシュリンプサラダ」

女「以上でよろしいでしょうか」

男性客「ああ」

女「・・・・・・」

女(ここ、禁煙席なのに・・・)




41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:16:25.69 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・・」

客A「ちょっとあなた」

女「・・・?」

女「どうされましたか?」

客A「あそこの客はどうして煙草を吸っているの?」




42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:16:56.84 ID:trBBQcYW0
客A「ここは禁煙席のはずよね?」

客B「煙たくて料理がまずいよ・・・」

客A「迷惑なの。どうにかしてもらえる?」

女「あ、はい。申し訳御座いません・・・」

女(・・・・・・)

女「あの、お客様・・・こちらは禁煙席ですので煙草の方は・・・」




43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:17:54.40 ID:trBBQcYW0
男性客「ああ?客に命令かよ」

女「申し訳御座いません。ですが他のお客様のご迷惑になりますので」

男性客「チッ・・・ったく、うるせぇなぁ」

女「申し訳御座いません・・・」

女(・・・・ふぅ。なんとかやめてくれたけど・・・)

女(面倒なお客さんだ・・・)




44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:19:39.72 ID:trBBQcYW0
――休憩室


ガチャ

男「?」

先輩「・・・男くんか」

男「・・・・・」

男「先輩さん・・・何か用ですか」

先輩「別に君に用はないよ」

先輩「ただ忘れ物を取りに来ただけだから」




47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:21:25.26 ID:trBBQcYW0
男「そうでしたか・・・すみません」

先輩「別にいいけど」

男「・・・・・・」

先輩「・・・・・・」

先輩「あ、そうそう」

男「・・・?」




48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:22:34.94 ID:trBBQcYW0
先輩「俺、女ちゃんと祭り行くことになると思うからさ」

男「・・・っ」

先輩「一応君にも言っておかないとね」

男(言わなくても知ってるっつーのに・・・)

男「そ、そうなんすか?」




49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:23:33.72 ID:trBBQcYW0
男「良かったじゃないですか」

先輩「告白するよ。その日」

男「・・・っ!」

先輩「驚いた?」

男「・・・・・・・」

男「・・・なんでいちいちそんなこと俺に言うんですか」

先輩「不公平かなと思って」




50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:27:47.92 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

男(何が不公平なんだ)

男(ただの煽りだろ・・・)

先輩「ま、そういうことだからさ」

先輩「仕事に戻るよ」

バタン




51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 18:28:27.08 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

男「・・・夏祭り・・・」

先輩『告白するよ。その日』

男「っ・・・」

男「・・・・・」

男「・・・俺もそろそろ戻ろう」

バタン




53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 19:31:54.91 ID:trBBQcYW0
パートA「ちょっとちょっと」

パートA「あそこのテーブルのお客さんなんか凄く怒ってるわよ」

パートB「ええ?どれどれ?」

パートA「ほら、あれよあれ。今先輩くんが接客してるとこ」

パートB「あら、ほんと」




54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 19:32:36.53 ID:trBBQcYW0
女「・・・どうしたんですか?」

パートA「あら女ちゃん」

パートB「なんかね、あそこのお客さんが揉めてるみたいなのよ」

女「・・・?」

女「!!」

女「オーダーとったとこだ・・・」




55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 19:33:37.34 ID:trBBQcYW0
先輩「申し訳御座いませんお客様っ」

男性客「お前は呼んでねえんだよ!あの女を呼べ」

先輩「誠に申し訳ありませんでした、ご注文の料理はすぐにお持ちいたしますので・・・」

男性客「お前の平謝りはもういいっつーの。いいから呼べ」

先輩「しかし――」

男性客「呼べっつってんだろ!」




56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 19:34:34.49 ID:trBBQcYW0
先輩「ひっ・・・!」

先輩「た、只今・・・」

タタタタッ


先輩「お、女ちゃん、ごめん!」

先輩「行って、くれないかな・・・」

女「えっ・・・わ、わかりました・・・」

女(正直・・・)

女(・・・やだなぁ。何言われるんだろ・・・)




57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 19:35:16.05 ID:trBBQcYW0
女「どうなさいましたか?」

男性客「どうもこうもねーだろ。おせえんだよ、料理が!」

女「申し訳御座いません、急いでお持ち致しますのでもうしばらくお待ちくださいっ」

男性客「あと何分くらいなんだ」

女「少々お待ちください・・・」




58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 19:37:00.59 ID:trBBQcYW0
―――――
―――


女「5分ほどになります」

男性客「ったく、早くしてくれよ」

男性客「こっちは腹減ってるから来てんだからよ」

女「はい、申し訳御座いません・・・っ」




59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 19:38:25.34 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・・」

女(はぁ・・・)

女(もう嫌だ、このお客さん・・・)




60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 19:39:58.55 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・」

男「女、大丈夫だったか?」

女「あ、男・・・大丈夫だって」

男「ほんとか?なんなら代わりに俺が接客するぞ?」

女「い、いいっていいって!男は他のテーブルまわっててよ」




61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 19:40:49.05 ID:trBBQcYW0
男「そうか。困ったら言えよ」

女「う、うん・・・」

女(・・・・なんかやたら男が優しい)

女(どうしたんだろ・・・)




62:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 19:42:58.33 ID:trBBQcYW0
女(・・・・・・・)

女(先輩と男のことも気になるし・・・)

女(・・・・・・・)

女(うう・・・)

女(気になることだらけだ・・・)

女(でもとりあえず・・・)

女(・・・今は仕事に集中集中)




63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 19:43:29.03 ID:trBBQcYW0
男(ほんとに大丈夫か・・・?女の奴)

男(さっき接客の様子見てたけど、腰引けてたぞ・・・)

男(びびってんなら大人しく俺に代わっておけばいいのに)

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:02:31.77 ID:trBBQcYW0
女「お会計2360円になります」

女「ありがとうございました!」

女「・・・・・・・」

女(だいぶ空いてきたな)

女(もうピークの時間帯が過ぎたのか)

女(忙しかったなー・・・)




66:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:03:03.60 ID:trBBQcYW0
男性客「・・・・・」スタスタスタ

女(うあ・・・あのお客さんだ・・・)

女「お会計2550円になります」

男性客「・・・・・・」

女「・・・・・・」




67:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:03:35.63 ID:trBBQcYW0
女(あれ・・・1000円足りない)

男性客「・・・・・・・」スタスタスタ

女「あの、お待ちくださいお客様!」

男性客「あんだよ」

女「えと・・・1000円足らないのです、が・・・」

男性客「はぁ!?ちゃんと置いただろ」




68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:04:27.33 ID:trBBQcYW0
男(なんだ・・・?)チラッ

男(・・・女?それにさっきのあの客か)

男(えらく揉めてるな・・・大丈夫かよ)

男(・・・・・)




69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:05:36.77 ID:trBBQcYW0
パートA「ちょっとちょっと、あれ大丈夫なの?」

パートB「店長でも呼んだほうがいいんじゃないの?」

パートA「男性陣なんとかしなさいよっ」

パートB「先輩くん」




70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:06:02.67 ID:trBBQcYW0
先輩「え、ええっ!?俺ですか・・・」

パートA「行ってあげなさいよ!」

先輩「ええ・・・少し様子を伺わせてください・・・」

先輩「・・・・・・・」




71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:06:47.18 ID:trBBQcYW0
男性客「ああ?ぼったくる気か?」

女(・・・ほんとに1000円札置いてないって・・・)

女(もしかしてどこかに落ちてるのかな・・・)

女(・・・・やっぱりない)

女「受け取っておりませんが・・・」

女(この人このまま払わないで逃げる気だ・・・)




72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:07:37.59 ID:trBBQcYW0
男性客「俺はちゃんと置いた」スタスタスタ

女(やばっ、逃げられる・・・!)

女「あ、お客様っ!」ガシッ

男性客「んだよてめえ!」

パシン

女「痛っ・・・!」




73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:08:36.74 ID:trBBQcYW0
先輩「・・・ちょっ、お客様――」

男「女っ!」タタタッ

女「・・・男・・・?」

男「おいあんた、払ってないよな」

男性客「お前、客に向かってなんて口聞いてやがる」

男「あんたは今手を上げた」

男「それに、レジ前の防犯カメラをチェックすれば全部分かることなんだぜ?」




74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:09:16.16 ID:trBBQcYW0
男「確かにこの人は払ってないんだよな?」

女「うん・・・見た限りでは・・・」

男「どうする?なんならまじでカメラチェックするぞ?」

男「あんたを一発ぶん殴ってやってもいい」

パート「ちょっと、男くん・・・」




75:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:10:22.00 ID:trBBQcYW0
男「いいんです」

男性客「・・・・・・」

男性客「・・・・チッ、払えばいいんだろ払えば」

男性客「ほらよ」

男性客「・・・・・・・・」スタスタスタ




76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:11:03.96 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

男「・・・大丈夫か?」

女「・・・・・・」

男「・・・・・・女?」

女「・・・うっ、ううっ・・・・」

男「!?」




77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:11:29.65 ID:trBBQcYW0
男「お、おいおい、泣くほどだったのかよ」

女「だって・・・うぅっ・・・」

女「怖かった、し・・・」

女「痛、かったし・・・ぐすっ・・・」

男「・・・・・・」




78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:12:51.53 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

女「でも・・・うっ・・うれじがっだ・・・」

男「・・・・・・」クスッ

男「・・・何言ってるかよく聞こえねえよ」よしよし

女「男〜・・・!」ぎゅぅ

男「お、おまっ・・・そんな抱きつくなって!」




79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:13:29.86 ID:trBBQcYW0
パートA・B「「・・・・・・」」ジー


男「ほ、ほらっ!見られてるだろ!」

女「うぅ・・・うっ・・・、えっぐ・・・っ」

男「・・・・しょうがない奴だな・・・全く」

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





87:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:37:28.85 ID:trBBQcYW0
――帰宅路


男「っしゃあ!終わったーっ」

男「さって、帰りますかー」

女「・・・・・・」

男「女?」

女「・・・・・・」




88:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:38:12.35 ID:trBBQcYW0
女「・・・男、ほんとにありがとう」

男「え」

男「ああ、もういいって。さっきも聞いたしw」

女「ん・・・」

男「・・・・・」

スタスタスタ




89:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:38:42.23 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・」

男(やばいな・・・なんだこの女の大人しい感じは)

男(なんかいつもよりまた可愛く見えるんだけど・・・)

男(・・・・・・)

男(そうだ、夏祭りのこと・・・)




90:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:40:03.83 ID:trBBQcYW0
男「なあ、女」

女「ん?何?男」

男「・・・・・っ」ドキッ

男(いちいち俺の名前を呼ぶのをやめてくれ・・・!)

男「・・・・・・・あれ」

男「・・・な、なんだったっけ・・・」

女「何それ」クスッ

男「ちょっと待て、全力で思い出す」




91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:40:46.51 ID:trBBQcYW0
男(女に見惚れて忘れましたとか・・・)

男「・・・・・・・」

男「!」

男「ああ思い出した思い出した」

女「?」

男「あの、さ」




92:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:41:12.33 ID:trBBQcYW0
男(とりあえず確認だけとってみるか・・・)

男「・・・・夏祭り、さ・・・お前、誰かと行くのか・・・?」

女「んー、まだ決めてない」

男「決めてないって・・・?」

女「先輩からさ、誘われてたんだけどまだ返事してないし」




93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:41:59.33 ID:trBBQcYW0
男「あ、ああ、そうなのか」

男(い、いや知ってたけどさ)

女「うん〜」

男(なんだまだ返事してなかったのか・・・)

男(・・・誘ってみるか?)




94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:42:26.88 ID:trBBQcYW0
男(・・・・・・・)

男(よし・・・)

男「あのさ、女」

女「ん?今度は何?」

男「俺が誘ったら・・・どうする?」




95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:42:53.61 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・っ」

女「・・・夏、祭り?」

男「お、おう」

女「男・・・誰かと、行くんじゃないの・・・?」

男「誰かって・・・俺にそんな奴いると思うか?」




97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:43:54.31 ID:trBBQcYW0
女「女友、とかさ・・・」

男「・・・・・」

男「行かないよ」

女「そう、だったんだ・・・」

男「・・・・・・」

男「それで・・・答えは・・・」

女「えっ?」

女「・・・あ、ああっごめん」




98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:44:44.00 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・」

女「男と・・・行きたいな・・・」

男「・・・・・!」

男「ほんとか!?ほんとなのかっ!?」ガシッ

女「やっ・・」

女「い、痛いってば・・・」




99:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:45:52.47 ID:trBBQcYW0
男「あ・・・悪い悪い、つい・・・」

女「・・・ほんと、だから」

男「・・・・・!!」

男「きたこれ!おっしゃあああ!!」

女「何・・・そんなに喜ぶことなのか・・・?」




100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:46:21.38 ID:trBBQcYW0
男「そりゃな!もうめちゃくちゃ嬉しいぞ!」

男「先輩さんにも勝ったってことだし!」

女「・・・・・・」

女「・・・やっぱ何かあったの?」

男「お?」

女「先輩と男、昨日から様子変だったからさ・・・」




101:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:46:48.81 ID:trBBQcYW0
女「男に聞こうとしたけど怒ってどっか行っちゃったし・・・」

男「あ・・・」

女「聞いちゃまずかった?」

男「まずく、ないけど・・・」

女「けど・・・?」




102:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:47:32.89 ID:trBBQcYW0
男「これは夏祭りまでとっておく」

女「・・・?」

男「とりあえず俺と先輩さんは勝負してたってこと!」

男「それで今んとこ俺が有利って感じかな」

女「・・・ふぅん・・・」

女「・・・ま、いいや」




103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:48:11.23 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・・」

女「・・・・・・・」

女「夜風が気持ちい・・・」

男「・・・そうだな」

男(・・・そういえば去年も一昨年もこうやって女と夜風に当たりながら帰ったっけ)




104:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:49:39.61 ID:trBBQcYW0
男(・・・・・・・)

男(去年と変わらないはずなのに・・・)

男(何か・・・違う・・・)

男「・・・・・・」

男「もう俺たちも高2なんだもんな・・・」

男「早いよなーほんと」




105:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:50:08.32 ID:trBBQcYW0
男「ついこの間まで中学生だった気がするのに」

女「うん・・・」

男「まるで中身は育ってないような気もするけどな」

女「・・・・・・・」

女「男は・・・変わった気がする」

男「え?」




106:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:50:46.80 ID:trBBQcYW0
女「あ、いや・・・やっぱりなんでもない・・・」

男「そ、そうか・・・」

男「・・・・・・」

女「・・・・・・」




107:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:51:14.36 ID:trBBQcYW0
男「お、着いたな」

女「うん」

男「んじゃ、また来週な」

女「来週?」

男「明日土曜日だぞ」

女「あれ、そうだったっけ」




108:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 20:51:51.90 ID:trBBQcYW0
男「お前・・・相変わらずだなw」

女「・・・うっさい」

男「・・・・・」

男「まあとにかく、おやすみな」

女「うん・・・おやすみ、男」


女「・・・・・・・」




111:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 21:23:19.56 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・・・」

姉「あららぁ?」

女「!?」ビクッ

姉「あららららぁ?」ニヤニヤ

女「姉、ちゃん・・・またそんなとこに・・・」




112:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 21:23:45.79 ID:trBBQcYW0
姉「『うん・・・おやすみ、男』・・・」

姉「・・・・っきゃー!」

女「わあああああっ////」ドスドス

姉「痛い痛いっ、ごめんってばやめてー!」

女「〜〜〜///」

姉「家でじっくり聞かせてもらうぞ〜♪」

姉「はいはい、家に入った入った!」




113:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 21:24:47.32 ID:trBBQcYW0
―――女宅
――リビング


姉「ふむふむ・・・」

姉「ほうほう・・・」

姉「ほぉ〜・・・」

姉「で、続きは?」

女「え、ここまでだけど」




114:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 21:25:14.17 ID:trBBQcYW0
女「続きって何」

姉「だから、ちゅっちゅはしてないの?ちゅっちゅ」

女「ちゅっ!?そ、そんなことするわけないだろっ!」

姉「あの雰囲気はしてると思ったのに・・・」

姉「『うん・・・おやすみ、男』・・・」

女「〜〜っ///」




115:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 21:25:41.18 ID:trBBQcYW0
姉「いや〜あれはしてたでしょー常識的に考えて」

女「し、してないっての!」

姉「わかったわかった・・・」

姉「・・・・・」

姉「それで夏祭りは男くんと行くことにしたんだ」

女「・・・うん」




116:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 21:26:06.46 ID:trBBQcYW0
姉「楽しみだなーっ!」

女「何が?」

姉「夏祭りっていったらそりゃ・・・浴衣でしょ?」

女「あ・・・」

姉「あんたにあの浴衣似合うかな〜!」

女「ゆ、浴衣・・・」




117:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 21:26:32.20 ID:trBBQcYW0
姉「浴衣はねー、胸がちっさい子の方がよく似合うんだよ?」

姉「夏限定の魅力だねっ!」

女「・・・・・・・」

姉「お姉ちゃんちょっと浴衣探してくるよ」

姉「思い立ったらすぐ行動ー!あははー」

女「・・・・・・・・」

女「楽しそうで何より・・・」




118:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 21:27:36.22 ID:trBBQcYW0
――男自室


男「いやー・・・」

男「正直」

男「今日の女は特に可愛かった」

男「うん、そんな気がする」

男「妙にしおらしい感じだったしな」




119:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 21:28:06.89 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・・」

女『男と・・・行きたいな・・・』

男「・・・・夏祭り、楽しみだな」

男「・・・・・・」

男「よーし寝よ!おやす!」




120:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 21:28:35.00 ID:trBBQcYW0
――女自室


バタン

女「ふぅっ」

女「お風呂気持ちよかった〜」

女「・・・・・・」バサッ

女「あ〜・・・このままベッドで寝れる・・・」




121:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 21:29:30.96 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・・・」

女「・・・今日の男、かっこよかったな・・・」
男『・・・大丈夫か?』

女「・・・・・・・」

女「・・・・はっ!?」

女「また男のこと・・・」




122:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 21:30:33.97 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・」

女「夏祭りか〜・・・」

女「今年は楽しい夏になりそうだな」クスッ

女「さてそろそろ寝よっと。おやすみ・・・」

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――




124:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 21:38:09.32 ID:miscmI2uo
面白くなってまいりました!


いや、今までも面白かったけどさ




129:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:12:55.82 ID:TtkkS8F/o
すっかり女が乙女になってるじゃないか
くそっ!なんでやねん!




130:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:13:34.51 ID:trBBQcYW0
―――月曜日
――朝


ピピピピッ

女「・・・・・・」

女「・・・うる・・さいっ!」ガンッ

・・・・・・・




132:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:17:59.10 ID:trBBQcYW0
女「・・・朝かぁ」

女「よいしょっと」

女「ん、んんーっ!」

女「準備しよっと」

―――――――
―――――
―――





142:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:25:38.05 ID:trBBQcYW0
女「〜〜♪」

姉「・・・・・・」

女「あ、おはよ姉ちゃん」

姉「ああうん、おはよ・・・」

姉「・・・・・・・」

女「・・・・何?」




143:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:26:21.33 ID:trBBQcYW0
姉「急にどうしたの・・・?」

女「え、なにが」

姉「いやぁ、髪のお手入れしてくあんたを始めて見た気がするから・・・」

女「ま、これくらいはしないとさ」

姉「前と言ってることが全然違う・・・」




144:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:27:37.33 ID:trBBQcYW0
女「・・・なんだったっけ?女の子として当然、だっけ?」

姉「・・・・・・!!」

女「前姉ちゃんが言ったんじゃん」

女「だから・・・」

姉「・・・・・・」

姉「変わったね・・・あんた・・・」




145:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:30:33.80 ID:trBBQcYW0
姉「お姉ちゃん、嬉しいよっ・・・」ぎゅっ

女「う、うわっ」

姉「いつまでも真っ直ぐのままの子でいてね・・・」

女「分かった分かった!」

女「分かったから!ただでさえ暑いんだから離れて!」

姉「やーだー」

女「・・・・・・・」

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





146:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:33:40.60 ID:trBBQcYW0
女「いってきます」

姉「はい、いってらっしゃい♪」

女「・・・・・・」スタスタスタ


ミーンミーンミーン


女「あっつ〜・・・」

女「真夏だな・・・」




147:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:36:02.10 ID:trBBQcYW0
男「だな」

女「あ、男」

男「おっす!」

女「おはよ」

男「・・・・・・・」

女「・・・何、じろじろ見て」




148:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:38:23.68 ID:trBBQcYW0
男「・・・いや、気のせいかもしれないけどさ」

男「なんか今日は髪の毛整ってるなーと」

女「なっ!気のせいだ・・・気のせい!」

男「いつも同じとこに寝癖作ってくるのになw」

女「・・・はあ!?」




151:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:43:46.05 ID:trBBQcYW0
男「お前いっつもここにぴょんって感じで寝癖ついてるんだぞ」

男「知らなかったのか?」

女「・・・知らなかった」

男「ま、それもそれで可愛かったからいいんだけどな」

女「っ!?」




155:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:46:52.99 ID:trBBQcYW0
女「お、おいっ!」

男「はい」

女「か、可愛いとかそういうの・・・か、簡単に言うな!」

男「・・・・・・」

男「わーったわーったw」

女「な、なんだよその間は」

男「別になんでもないぞ?」




158:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:51:09.12 ID:trBBQcYW0
女「いや、絶対なんかあった」

男「・・・・・・・」

男「・・・・なんか妙に女っぽくなったなーって思ってな」

女「え・・・」

男「ま、そもそもお前は女だしな。当たり前だわな」

女「・・・・・・」




159:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:53:51.65 ID:trBBQcYW0
男「あとは『俺』じゃなくて『私』って言ってくれれば完璧なんだけどな〜!」タタタッ

女「・・・あ、なんで急に走り出すんだよ!」

男「気分だ気分!」

女「ま、待てよっ!」タタタッ

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





160:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 22:58:30.22 ID:trBBQcYW0
――教室


女友「おはよ!」

女「お、おはよっ・・・」

男「うぃーす」

女友「二人とも朝っぱら眩しいねえ!」

男「・・・なんかそれ前も聞いた気がするぞ」




161:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 23:01:52.62 ID:trBBQcYW0
女友「いやいや、青春だね!」

女友「主に朝から汗だくでw」

女「こいつが急に走り出すから・・・っ」

男「お前たかがこれくらいで息切らしててどうすんだよ」

女「仕方、ないだろ・・・」




162:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 23:05:42.19 ID:trBBQcYW0
女友「おいちゃんはそういうの男女が一緒に汗水垂らす姿良いと思うなっ!」

男「なんか興奮しますな!それ!」

女「うわぁ・・・」

男「ああっそういう目イイッ!もっと!」

女「気持ち悪い」

男「はい」




163:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 23:08:47.63 ID:trBBQcYW0
女友「あははw」

女友「おいちゃんはまたこうやって君たちと馬鹿やれて嬉しいよ」

男「そうだな」

男「やっぱり俺たちはこうだよな」

女友「うむっ!」

女「・・・?」




164:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 23:11:58.54 ID:trBBQcYW0
――ホームルーム


ミーンミーンミーン

女(あぢぃ〜・・・)

女(クーラーなんで付かないのこんな暑いときに・・・)

女(職員室はガンガン効いてるってのに)

女(シャワー浴びたい・・・)




165:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 23:14:38.15 ID:trBBQcYW0
女(・・・・・・)

先生「それでだな。明日から夏休みなわけだ」

女(はえー・・・もう夏休みか〜)

先生「うるさい、静かにしなさい」

先生「楽しみなのは分かる。だがいいか」




166:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 23:19:34.47 ID:trBBQcYW0
先生「口を酸っぱくして言うぞ?」

先生「夏休みに出かける際には本校の誇りを持って臨むk」

女(またこの話か)

女(・・・・・・)

女(・・・夏祭り)

女(楽しみだ)クスッ




167:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/27(月) 23:21:29.46 ID:trBBQcYW0
女友「ちょっと女くん、何にやにやしてんの」

女「え、してた?」

女友「凄くしてました」

女友「また先生に注意されるぞ〜?」

女「う・・・気をつける」

先生「おい、そこ何をさっきからボソボソ喋っている」

女・女友「っ!・・・・・・・・」

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





202:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 18:30:35.99 ID:trBBQcYW0
先生「いいか、わかったな?」

先生「以上、ホームルーム終わり。起立」


女「終わった終わった〜」




203:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 18:31:20.79 ID:trBBQcYW0
男「あっちぃな〜しかし」

女友「干からびるぅ〜」

女「汗で身体が気持ち悪い・・・」

男「・・・・・・・・」

男「・・・・・・・!!」

男「女子・・・汗・・・シャツ透過・・・」




204:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 18:32:19.48 ID:trBBQcYW0
男「ハァハァ・・・」

男「目の保養じゃっ――」

ズブッ

男「あああああっ目がああああっ」

女「今更だけど男に目は必要ない気がする」

女友「身体で感じろっ!ですね?わかります」




205:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 18:33:00.63 ID:trBBQcYW0
男「ちょ、なんの前触れもなしにこれは・・・」

男「う、うわこれまじで痛い・・・ねえ血出てない?大丈夫これ」

女友「出てない出てない」

男「ちゃんと見てくれよ・・・」

男「・・・・・・・」

男「それにしてもこの異様な暑さ・・・」




206:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 18:33:51.69 ID:trBBQcYW0
女「学校の中ににいる方が暑い気がする」

女友「んだね」

女友「そういや今日は君らバイトちゃん?」

男「ああ、あるな」

女「今日は遅い日だったよな・・・?」

男「お、ちゃんと覚えてたか」

女「馬鹿にするな」




207:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 18:34:58.73 ID:trBBQcYW0
女友「だったらー、これから時間ある?」

男「あるけど、どうかしたのか?」

女友「じゃーん!!」

女「ああっ!サーティワンのクーポン券!!」

男「気が利くじゃないっすか女友さん!」

女友「どやぁ」

女友「ってことで早速!」




208:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 18:35:42.85 ID:trBBQcYW0
ブーッブーッ

男「おい誰かの携帯鳴ってるぞ」

女友「あ、おいちゃんだ」

女友「うげ・・・お兄・・・」




209:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 18:36:48.04 ID:trBBQcYW0
女友「はい、もしもし」

女友「うん・・・うん・・・」

女友「・・・・はぁ!?ばっかじゃないの?」

女友「・・・・・・」

女友「・・・・わかった」

ピッ




211:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 18:40:03.40 ID:trBBQcYW0
女友「はぁ・・・・」

女「どうかした?」

女友「おいちゃん一緒に行けないや・・・」

男「何かあったのか?」

女友「なんかお兄が家の鍵持って行くの忘れて」

女友「今も家の前で閉め出し状態らしい・・・」




212:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 18:40:56.33 ID:trBBQcYW0
男「・・・・そ、そうか」

女「じゃ、別の日でいいじゃん。サーティワン」

女友「このクーポン有効期限今日までなんよ・・・」

女友「だからさ、おいちゃんの分まで食べてきてよ君たち」

女友「クーポンがもったいないしさ」




213:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 18:41:48.90 ID:trBBQcYW0
男「いいのか・・・?」

女友「うん〜、おいちゃんも一緒に行きたかったけど・・・しょうがないや」

女友「ほんとあんの馬鹿兄・・・!」

女友「だから、はいこれ」

女「あ、ありがと・・・」

女友「んじゃおいちゃんは急ぐよ!また夏休みに!」タッタッタ・・・




214:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 18:48:40.41 ID:trBBQcYW0
男「お、おう!また連絡するわ!」

女「ま、またな・・・」

男「・・・・・・」

女「・・・・・・」

男「・・・あいつもなんだかんだ大変そうだな」

女「そ、そうだな」




215:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 18:52:24.91 ID:trBBQcYW0
女「・・・どうするの、これ」

男「そのクーポン、今日までなんだろ?」

女「うん・・・そう書いてある」

男「んじゃバイトまで時間あることだし行くか」

男「女友の気持ちも無駄にしたくないしな」

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





218:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 19:32:20.44 ID:trBBQcYW0
――サーティワン


女「すずし〜・・・」

男「ああ、生き返るな・・・」

女「わぁ!こんなに一杯種類が!」

男「何にする?」




219:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 19:34:00.40 ID:trBBQcYW0
女「どうしよっかなぁ〜・・・」

男「・・・・・・」

男(やっぱ女子は甘いものに弱いのかねえ)

男(女のテンションの上がり具合が明らかだ)




220:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 19:35:25.51 ID:trBBQcYW0
店員「はいどうぞ〜」

男「ども」

男「ほれ、お前の分」

女「おっ、ありがと!うわぁ・・・おいしそう・・・」

男「・・・ん!これ、滅茶苦茶うまいぞ!」

女「・・・んっ、うん、おいしい!」




221:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 19:36:58.36 ID:trBBQcYW0
女「女友に感謝しないと・・・ん」

男「・・・・・・」

男(何か女子がアイス食べる姿ってドキドキするな・・・)

女「はぁ〜・・・幸せ・・・」

男「・・・・・・」




222:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 19:38:48.68 ID:trBBQcYW0
女「おいしかったです、ご馳走様!」

男「おま、食うのはやっ!」

女「遅すぎるんだよ・・・」

女「あ、男、アイス溶けてきてるぞ」

男「・・・うわっまじだ」

女「早く食べないからそうなるんだって」




223:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 19:43:18.55 ID:trBBQcYW0
男「いや、うまいけどさ。頭キンキンして・・・」

女「んじゃちょっと食べてあげる」

女「はむっ」

男「あ・・・」

女「これもおいしい!!何頼んだんだっけ?」

男「・・・・・・」




224:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 19:44:10.97 ID:trBBQcYW0
女「男?」

男「・・・あ、えと、マンゴココナップル・・・」

女「マンゴココナップルか〜。次来たときはそれ頼もうかな」

男「・・・・・・・・」

女「早く食べないとまた垂れてくるぞ」

女「それにバイトもそろそろ時間が」




225:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 19:44:45.01 ID:trBBQcYW0
男「あ、ああ、そうだよな!」

男(これを食べたら・・・)

男(女と・・・)

男(・・・・・・)




226:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 19:45:22.45 ID:trBBQcYW0
女「・・おいっ」

男「はい・・・?」

女「だらだらに溶けてきてるじゃん」

女「もう食べないなら全部俺が貰う〜」

女「あむっ」

男「あ、ああっ!俺の・・・アイス・・・」




227:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 19:46:31.95 ID:trBBQcYW0
女「あむっ・・・んっ・・・ダメだった?」

男「・・・いや・・・いいよ・・・」

女「おいしかったおいしかった♪」

男「あぁ・・・・」

男(もう少し・・・だったのに・・・)




228:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 19:47:08.31 ID:trBBQcYW0
女「さて、食べ終わったことだし」

女「バイトいこかー」

男「お、おう・・・」

男「・・・・・・・」

女「・・・・・?」

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





230:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 20:08:08.65 ID:trBBQcYW0
――バイト先


男「いらっしゃいませーってあんたは・・・」

男性客「・・・・」

男「・・・何しにきたんですか」

男「よくあれだけのことをしておいて――」

男性客「昨日の侘びだよ」




231:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 20:09:17.77 ID:trBBQcYW0
男「・・・は?」

男性客「あの子は今は忙しそうか?」

男「女は・・・今はちょっと」

男性客「そうか・・・」

男性客「なら代わりにこれを渡しておいてくれないか」

男性客「昨日は悪かったと」




232:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 20:11:14.29 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・」

男「・・・はい、わかりました」

男性客「それだけだから」

男性客「それじゃ」スタスタスタ


男「・・・・・」




234:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 20:11:59.24 ID:trBBQcYW0
女「洗い終わりましたよー」

パートA「悪いねぇ。手伝ってもらっちゃって」

女「いえ、いいんです」

パートA「昨日のところは大丈夫なの?」

女「あ、はい。大丈夫です」

パートA「そう、よかったわ〜」




235:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 20:12:45.14 ID:trBBQcYW0
パートA「・・・それで・・・」

女「・・・?」

パートA「あれから男くんとどうなったのっ」

女「えっ」

パートB「あっそれ私も知りたい」

女「ええっ」




236:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 20:13:52.82 ID:trBBQcYW0
パートA「というかあなたたち付き合ってたの?」

パートB「なんとなくそうかも・・・とは思ってたけどねえ」

女「えええ!?ちょ、ちょっと・・・違いますってそんな」

パートA「照れなくてもいいのよっ」

パートB「そうそう。おばさんたちは女ちゃんの味方よ!」

女「味方って・・・」




237:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 20:18:13.84 ID:trBBQcYW0
女「それと男とはそんな・・・そんな関係じゃ・・・ない、ので・・・」

パートA「・・・そうだったの?」

パートB「だったら男くん昨日は大胆なことしたわねー」

パートA「よねぇ。男くんは女ちゃんのことが好きなんじゃないの?」

女「すっ!?好きってそんな・・・」

パートA「おばさんの予想だとそうだと思うけどな〜」




238:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 20:23:24.96 ID:trBBQcYW0
パートB「女ちゃんは男くんのことどう思ってるの?」

女「どうって・・・」

女(どう思ってるんだろう・・・)

女(・・・・・・・・)

女(前とはなんか違うんだよな・・・)

女「・・・・」




240:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 20:31:21.42 ID:trBBQcYW0
女「・・・・」

パートA・B「・・・・ん?」

女「頼りに、なる・・・奴です・・・」

パートA「頼りになる・・・か」

パートB「なるほどねぇ・・・ふふ」

パートA「頑張ってね!女ちゃん!」

パートB「おばさんたち応援してるわよ!」

女「えっ、えっ!?」

女「・・・・・・」

―――――――
―――――
―――





244:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 21:06:22.73 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

パートA「あ、いたいた」

パートB「ちょっとちょっと、男くん」

男「・・・?どうしたんですか?」

パートA「男くんってさ、女ちゃんのこと好きなんでしょ?」

男「っはぁ!?何急に――」




245:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 21:10:20.36 ID:trBBQcYW0
パートB「じゃなかったら昨日あんなことしないよね〜」

男「・・・あ、あれは男として当然のことをしたまでで・・・」

パートB「ふぅん・・・ま、いいや」

パートA「で、好きなんでしょ?」

男「会話がまた元に!?」




246:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 21:10:55.02 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

男「なんかわからないんすけど」

男「放っておけないんですよあいつのこと」

パートA「・・・明日から夏祭り始まるけど、一緒に行くんでしょ?」

男「一応今のところ・・・」




247:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 21:11:21.38 ID:trBBQcYW0
パートB「じゃあそのときが勝負ね!」

パートA「頑張りなさいよ〜」

男「・・・・・」

男(勝負・・・か)

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





248:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 21:18:50.82 ID:trBBQcYW0
――帰宅路


男「おつかれー」

女「ん、おつかれ」

男「あっ、そうそう」

女「?」

男「今日さ、昨日のクレーマーがさ」

女「えっ・・・また来てたの?」




250:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 21:20:41.68 ID:trBBQcYW0
男「まあ一応来てた」

女「そ、そだったんだ」

男「で、そのクレーマーからこれ。お前にって」

女「・・・何これ」

男「いや、俺もしらんけど。侘びって言ってたな」

男「菓子折りかなんかじゃね?」




251:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 21:23:25.44 ID:trBBQcYW0
女「ふーん・・・」

男「ほんとでもあんとき一発ぶん殴ってやりたかったなー」

女「え・・・?」

男「昨日お前が手上げられたとき」

男「もうちょっとのとこで俺もあいつを殴ってたわw」

女「そんなことしたら男が・・・」




253:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 21:27:33.44 ID:trBBQcYW0
男「それくらいいらついたってこと!」

女「・・・・・・」

女「・・・男、ありがと」

男「お、おう。ま、まあ大丈夫そうでよかった」

女「・・・・・」

男「・・・・・」

男「・・・明日だな。夏祭り」

女「うん・・・楽しみ」

男「俺も」




254:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 21:31:18.24 ID:trBBQcYW0
男「時間は・・・」

男「夕方5時からでいいよな?」

女「・・・うん、なんでもいい」

男「なんでもいいって・・・まあ楽しもうな」

女「うん・・・!」

男「それじゃまた明日」

女「ん。おやすみ」

男「おやすみ」

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





260:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 22:02:36.16 ID:trBBQcYW0
――男自室


バタン

男「ふぅ〜〜」

男「汗で気持ち悪かったからすっきりしたー」

男「今日もめちゃくちゃ暑かったもんな」

男「クーラー極楽極楽・・・・」




261:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 22:03:02.29 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

男「明日・・・」

男「あ、やべっ。待ち合わせ場所言うの忘れてた」

男「メール送っとくか」

男「神社前でいいよな」




262:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 22:03:32.27 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

男「・・・・よしっ」

男「女と遊ぶのも久々だな〜」

男「・・・・・・」


ブーッブーッ

男「返信はえーな」




263:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 22:04:42.54 ID:trBBQcYW0
From女
To男
subject Re:明日の待ち合わせ場所

いいよ〜。

夕方5時に神社前ね( 'ω')

楽しみにしてる!

それじゃおやすみなさい(絵文字)




264:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 22:06:11.11 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

パートB『じゃあそのときが勝負ね!』

男「・・・・勝負・・・」

男「・・・・・・・」

パートA『男くんってさ、女ちゃんのこと好きなんでしょ?』

パートB『じゃなかったら昨日あんなことしないよね〜』

男「・・・・・・・」




266:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 22:07:14.78 ID:trBBQcYW0
男「・・・・俺は・・・」

男「俺は女のことを・・・」

男「どうって・・・ただの大事な友達・・・」

男「・・・・・・」

男「・・・大事な・・・友達・・・」

男「・・・・・・」




267:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 22:10:07.68 ID:trBBQcYW0
男「・・・そうだよなっ」

男「ははっ、何言ってんだ俺」

男「女はただの大事な友達に決まってんじゃん!」

弟「兄ちゃんさっきからうるさいって」

弟「勉強してるんだから静かにして」

男「お、おうごめんごめん」

男「・・・・・・」

男「寝るか・・・」


・・・・・・・・。

―――――――――――
―――――――――
―――――――
―――――
―――





276:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 22:49:36.45 ID:trBBQcYW0
―――夕方
――女宅


姉「・・・これでよしっと」

姉「できたよ!」

女「あ、ありがと・・・」

姉「あらかわいい♪」

姉「よく似合ってる!」




277:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 22:50:21.57 ID:trBBQcYW0
女「そうかな・・・」

姉「これで男くんの目も釘付けだねw」

女「そ、そんなこと別にっ・・・!」

女「・・・狙ってない・・・」

姉「ふふふっ」

女「・・・・・」




278:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 22:54:43.59 ID:trBBQcYW0
姉「あんたほんとに女の子らしくなったね」

姉「お姉ちゃんは嬉しいよ」

女「・・・・・・」

姉「え・・・」

姉「・・・言い返しもしてこないんだ」


姉「それで?」

姉「どこで待ち合わせてるの?」

女「現地だったと思う」




279:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 22:56:06.03 ID:trBBQcYW0
姉「あら、じゃあもう出ておいた方がいいんじゃない?」

姉「ここから歩いてくならちょっとかかるかもよ」

女「わかった。そうする」

姉「忘れ物はない?」

女「そんな持ってくものとか特にないし大丈夫」




280:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 22:56:43.64 ID:trBBQcYW0
姉「お金くらい持っていきなさいよ?」

女「当たり前じゃん!」

女「よしっ。それじゃ行ってきまーす」

姉「はい、楽しんでらっしゃい♪」

バタン

姉「・・・・・・・」




282:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:00:37.15 ID:trBBQcYW0
姉「ありゃよっぽど男くんに助けてもらったことが効いてるな・・・」

姉「・・・・恋する乙女だねぇ!」

姉「高校生っていいなぁ〜」

姉「私も戻りたい・・・」

―――――――
―――――
―――





283:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:04:30.05 ID:trBBQcYW0
――神社前

男「・・・・・・」

男「あれ・・・おかしいな・・・」

男「待ち合わせ場所は確かに神社前って言ったのにな・・・」

男「・・・電話してみるか」




284:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:07:26.57 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

男「出ねえ・・・」

男「どうしたんだ・・・?」

男「・・・・・・・・」

男「ちょっと辺りを捜してみるか」




285:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:08:50.32 ID:trBBQcYW0
女「あれ・・・」

女「男まだ来てない・・・?」

女「ここじゃないのかな・・・」

女「・・・・・・」

女「・・・これって迷子・・・?」




286:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:11:34.00 ID:trBBQcYW0
女「ええっどうしよ」

女「・・・あ、そうだ。電話しよ電話」

ガサゴソ

女「・・・・・・」

女「うそ・・・無い・・・」

女「・・・家に・・・置いてきた・・・・」




287:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:14:23.22 ID:trBBQcYW0
女「うあああ、どうしよどうしよ・・・」

女「う〜・・・・」

女「その辺歩いてたら見つかるかな・・・」

女「・・・はぁ・・・どうしていきなりこうなるんだろ・・・」

男性A「ねーねー」

女「っ!」ビクッ

男性A「君可愛いね!」

男性B「一人?」




288:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:16:29.58 ID:trBBQcYW0
女「いえ・・・一人じゃ、ないです・・・」

男性A「あれ?でも他に見当たらないよ?」

女「・・・・・」

男性B「お友達に置いてかれちゃったのかな?」

男性A「じゃあさ、ちょっとの間でいいから俺たちと一緒に歩かない?」

女「・・・嫌です」




295:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:27:59.73 ID:trBBQcYW0
男性B「いいじゃんちょっとくらい〜」

男性A「ね、行こ!」

ガシッ

女「・・・っ」

男「あ、女、わりいわりい遅れてw」

女「男っ!」

男性A「んだよ・・・彼氏持ちかよ」

男性B「惜っしいな〜。可愛かったのに」

男「なんだあいつら」

男「ごめんな、遅れて」

女「・・・・・」

男「さ、んじゃ早速見て回るか」

女「・・・・・」

男「・・・どした?」

女「ありがと・・・」

男「ん?何が?」

女「え・・・その・・・助けて、くれて・・・」

男「・・・あ、ああっ、そんなの気にするなって」




296:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:31:55.24 ID:trBBQcYW0
女「いつも男は危ないとき来てくれる・・・」

男「・・・っ」

男「はは・・・」

男(そういう表情されるとまじでやばいって!)

男(それに浴衣がさ・・・超似合ってて・・・)

男「・・・・・・」

女「・・・・・・?」

男「い、行くかっ!」

女「・・・うんっ」




297:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:33:58.15 ID:trBBQcYW0
スタスタスタ


男「・・・・・」

女「・・・・・」

女(うう・・・)

女(・・・だめだ・・・男の顔がまともに見れない・・・)

女(なんでだろ・・・男の顔見ると・・・)




298:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:34:26.61 ID:trBBQcYW0
女(・・・・・・)チラッ

男「・・・・・・」

女(〜〜〜///)フルフル

男「・・・・・?」

―――――
―――





299:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:36:16.34 ID:trBBQcYW0
ガヤガヤガヤ


男「うおお・・・」

男「ほんと人がすげーな」

男「いつもこんなに賑わってたっけ」

女「・・・来るの久しぶりだから覚えてない」

男「ま、俺も久しぶりに来たんだけどな」

男「でもなんか祭りだーって感じがしていいな!」

女「・・・祭りだし・・・」

男「・・・・・・・・」




300:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:37:06.81 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・・」

男(しかし人ごみに酔うくらい多いな・・・)

女「・・・・・・・」

男(さっきから女下向いてばっかいるけど何してんだ?)

男(前向いて歩かないと埋もれるぞ・・・)

男(ただでさえちっこいんだし)




301:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:37:38.88 ID:trBBQcYW0
女「ぁっ・・・」

ぎゅっ

男「・・・!?」

男「ど、どうした?急に腕なんか掴んだりして・・・」

女「ぁ・・・・」

男「女・・・?」

女「・・・・・!!」

女「ご、ごごごめんっ!」スッ




302:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:38:54.87 ID:trBBQcYW0
男「い、いや・・・別にいいけどさ・・・」

男「急に掴むから驚いただけで・・・・」

女「・・・・・・」

女「・・・・置いてかれそうに・・なった・・・から・・・」

男「・・・な、なるほどな」




303:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:40:09.08 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・」

男「ほれ」

女「えっ・・・?」

男「掴んでていいぞ」

男「迷子になられても困るしな」

女「・・・・・・」




304:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:43:41.42 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・っ」ぎゅっ

男「・・・ちょっ?!」

女「・・・?」

男「う、腕掴んでいいとは言ったけどさ」

男「こんなにがっしり・・・」

男「つーかこれ掴むっていうより腕組んでる――」

女「・・・・だめだった・・・かな」

男「・・・・・・っ」




306:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:44:28.12 ID:trBBQcYW0
男「き、今日は祭りだしなっ!べ、別にいいぞっ!」

女「・・・・・・」

女「ありがと・・・」ぎゅぅ

男「・・・・・・」

男(お、俺腕組んで歩いたこととか今まで一度もねーぞ!)

男(無駄に緊張するな・・・・)




308:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:44:54.44 ID:trBBQcYW0
男(なんていうかこう、歩きにくい・・・)

男(・・・・・・)

男(・・・まあ女が楽しそうにしてるならいいか)

男「今度はちゃんと前向いて歩けよっ」

女「うんっ」

―――――
―――





309:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/28(火) 23:45:36.39 ID:Gl8QJ8Po0
なぜか男にときめく俺




314:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 01:45:28.84 ID:3gwwYJXC0
これが青春・・・か




321:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 15:45:05.94 ID:trBBQcYW0
ガヤガヤガヤ


男「なんか食いたいもんあったら言えよ〜」

男「今日は俺が奢るから」

女「えっ、いいの?」

男「俺が誘ったんだしな。いいぞ」

女「ありがとっ・・・」

男「・・・・っ」ドキッ




322:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 15:45:32.33 ID:trBBQcYW0
男(まただ・・・その表情・・・)

女「?」

男「お前さ・・・わざとやってる?」

女「・・・・・?」

男「・・・・いやごめん・・・なんでもない」




323:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 15:46:48.80 ID:trBBQcYW0
女「・・・・」ジー

男「み、見ちゃらめえっ!」

女「こんなとこで恥ずかしいからやめて」

男「ぶっちゃけ俺もやって後悔した」




324:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 15:47:25.87 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・」

男「神社前であんな感じだったから言えなかったけどさ」

女「ん?」

男「似合ってるぞ。浴衣」

女「・・・・・・・」

男(おろ・・・言い返してこないのか)




325:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 15:47:51.79 ID:trBBQcYW0
女「〜〜〜////」かーっ

男(か、かわええ・・・!!)

女「・・・ふんっ///」スタスタスタ

男「お、おいっ、先に行くなって!」

―――――
―――





326:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 15:48:31.63 ID:trBBQcYW0
スタスタスタ

男「いや〜こういう賑やかなのはいいなぁ!」

女「・・・うん」

男「夏を満喫してるって感じだ」

男「それよりさ」

男「何か食いたいもんはないのか?」

男「遠慮しなくていいんだぞ」




327:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 15:51:27.68 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・・」

女「・・・じゃありんご飴欲しい」

男「ほいほい」

男「俺も腹減ったしなんか食べるかな」

男「・・・お」

男「丁度そこに屋台あるな」




333:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 19:40:53.75 ID:trBBQcYW0
男「すいません、りんご飴一つ。それと焼きそばも」

屋台「あいよー」

屋台「おっ」

屋台「兄ちゃん可愛い彼女連れてるねえ!」

屋台「コイツはサービスだ!楽しんでけよ!」

男「はは・・・どうも・・・」




334:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 19:44:13.84 ID:trBBQcYW0
男・女「・・・・・・」

男「・・・・焼きそば大盛りサービスはありがたいけど」

男「ああいう冗談はな・・・」

女「・・・う、うん・・・」

男「・・・・・・」

男「・・・どっかで座って食うか」




335:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 19:48:33.31 ID:trBBQcYW0
男「ここでいいな」

男「・・・お前そういやりんご飴だけでよかったのか」

女「うんうん」

男「また欲しくなったら言えな」

女「うん、わかった」

女「・・・いただきます」

男「いただきまーす」




336:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 19:52:52.52 ID:trBBQcYW0
女「ん・・・おいしい!」

男「そりゃよかった」

女「はむっ」ペロッ

男「・・・・・・」

男(サーティワンでの一連の出来事がフラッシュバックするぜ・・・)

男(股が熱くなるな・・・)




337:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 19:53:30.84 ID:dirsXa/X0
股wwww




339:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 19:56:44.29 ID:trBBQcYW0
女「ん〜!おいしっ!」

男「ほんと女は甘いものが好きだなー」

女「まぁねっ」

男「テンションの上がり具合が凄いわ」

女「舌赤いー?」チロッ

男「・・・お、おう、赤い赤い」

女「んふふ」ペロペロ

男(舐めながら・・・ッ!)




340:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 19:59:47.87 ID:trBBQcYW0
男「お前やたら今日は攻撃的だな・・・いろんな意味で」

女「?」

男「自覚なしかよ・・・」

女「・・・は?」

男「なんでもないす・・・」

―――――
―――





341:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:05:08.21 ID:trBBQcYW0
男「ふぅ・・・食った食った」

女「ご馳走様〜」

男「さて、またちょっと見て歩くか」

女「うんっ」

男「なんかやりたいもんとかないのか?」

女「やりたいもんって?」




342:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:07:34.50 ID:trBBQcYW0
男「ほら、ああいうヨーヨー釣りとか」

男「あそこに金魚すくいもあるぞ?」

女「・・・・・・・」

女「・・・じゃあ・・・金魚すくい」

男「よし、まかせろ!」




344:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:10:10.86 ID:trBBQcYW0
男「おじさん、二人分」

女「あ、男がやるのを見てるからいいよ」

男「・・・は?お前もやれよ」

女「苦手だから・・・いい」

男「・・・ふーん・・・そんなこと気にしなくてもいいのに」

男「ま、やりたくなったら言えな」




345:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:14:39.99 ID:trBBQcYW0
屋台「一人分でいいのかい?」

男「はい」

屋台「300円な」

男「おし・・・昔金魚すくいで名を馳せた俺の実力を見せ付けてやろう」

女「・・・ごくり」




346:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:18:07.14 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・・」

ビリッ

男「ああっ!」

女「・・・・・・」

男「・・・くそっ・・・腕がなまってやがるっ・・・」

男「確か手首をこういう角度にしながら・・・」

男「・・・・・・・」

ビリッ

男「ああっ・・・」




348:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:21:56.74 ID:trBBQcYW0
女「・・・ふふっ」

男「おま、笑うなよ!こっちは割と必死でやってんだぞ!」

屋台「あと一回な」

男「・・・ぐぬぬ」

男「・・・・・・」

ヒュイッ

女「あっ」




349:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:26:28.80 ID:trBBQcYW0
男「・・・どやっ!」

女「やるじゃん」

男「おーし、次も――」

ビリッ

男「・・・・・・」

屋台「はい、一匹な。ありがとよ」




350:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:28:55.71 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・」

女「一匹とれたんだからいいじゃん」

男「俺は昔・・・ううっ・・・」

女「はは・・・」

男「・・・・・・」




351:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:30:33.32 ID:trBBQcYW0
男「・・・ほれ、一匹だけだけどこれ」

女「・・・・・・?」

女「・・・・くれるの?」

男「いらなかったら別にいいけど」

女「ううん、欲しい・・・」

男「はい」




352:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:34:53.80 ID:trBBQcYW0
女「・・・ありがと」

男「・・・・・・・」

男(・・・・浴衣を着た女の子が金魚の入った袋を持つ・・・)

男(あぁ・・・・)

男(夏だ・・・・俺は今確実に夏を満喫しているっ・・・・!)

男(うおおおお、なんかテンションあがってきた!)




353:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:37:22.17 ID:trBBQcYW0
男「次はどうするっ!」

女「・・・・・・・」

男「女・・・?」

男「・・・そんなに金魚が気に入ったか?」

女「・・・えっ!?な、なんで?」

男「いや、なんでそんなに凝視してにやついてるんだかなーって」




354:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:38:09.17 ID:trBBQcYW0
女「・・・にやついてた?」

男「思いっきり」

女「・・・・///」

男「・・・あ、そんなことより次はどこいくかだよ」

女「・・・・・・・」




355:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:38:40.46 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・こうして男と歩いているだけでもいいのに」ボソッ

男「え、それってどういう――」

女「・・・なんでもない」

男「・・・・・・・・」

男(お、俺童貞だからそんなこと言われると、か、勘違いしちゃうぞっ!)




356:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:39:06.99 ID:trBBQcYW0
男(・・・・・・・・)

男(・・・なんか今日は女の言動に振り回されっぱなしな気がする・・・)

男「・・・・・・・」

男「・・・と、とりあえずもうちょっと向こうまで行ってみるか」

女「うんっ」




357:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:43:59.87 ID:trBBQcYW0
ガヤガヤガヤ


男「うわ・・・・さっきより混んでねーか?」

男「今何時だ・・・7時半か」

男「・・・増えて当然だよな」

男「とりあえずはぐれないようについてくるんだぞ――」

男「って・・・・あれ・・・?」




358:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:44:25.83 ID:trBBQcYW0
男「言った傍からはぐれた感じ・・・?」

男「いや、この場合言う前からはぐれたことになるか・・・」

男「・・・・・・・・」

男「・・・ってそんなことどうでもいい!」

男「早く捜さないと」




359:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:44:52.00 ID:trBBQcYW0
ガヤガヤガヤ

男「うわ・・・・・」

男(・・・っつってもこの混雑っぷり・・・)

男(簡単に見つかりそうにないな・・・)

男(女は背ちっこいし・・・)

男「・・・・・・・」

男「もしもの場合に待ち合わせ場所決めておくんだったな・・・」




360:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:45:34.52 ID:trBBQcYW0
女「男、ちょっと喉かわいたかも――」

女「・・・あれ?」

女「男?」

女「・・・・・・・」

女「ええっ・・」

女「また迷子・・・?」




361:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:46:18.24 ID:trBBQcYW0
女「・・・どこいったんだろ・・・」

女「・・・・・・・」

女「いない・・・」

女「ど、どうしよ・・・」

フラフラ

女「・・・・・・・」

女「いないっ・・・」




362:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:46:50.89 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・っ」

キョロキョロ

ドスン

女「やっ・・・」

男性「あぶねーな・・・ちゃんと前向いて歩けよ」

女「すいません・・・」

女「・・・・・・」

女「・・・ぐすっ・・」




363:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:47:17.21 ID:trBBQcYW0
男「どこいったー・・・?」キョロキョロ

男「!!」

男「いた!あの後姿は」

男「女――あれ」

少女「・・・?」

男「あ、すみません・・・人違いです・・・」




364:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:47:45.37 ID:trBBQcYW0
男「うわはずかし・・・」

男「思いっきり不審な顔で見られたな」

男「・・・・・・」

男「まじでどこいったんだよ・・・」

男「意外と人ごみを避けた場所とかにいないかな」

男「・・・・・・・・」キョロキョロ

男「・・・・!」

男「・・・やっと見つけた」

男「あれは間違いなく女だな」




366:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:48:44.83 ID:trBBQcYW0
スタスタスタ

女「・・・ひっぐ・・・うぅっ・・・」

男「何泣いてるんだ?」クスッ

女「・・・・・・っ!?」

女「・・・男っ・・・」

女「・・・うぅっ・・・」

男「お前ほんと泣き虫になったよなw」




367:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:49:31.23 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・泣いでなんがっ、ない・・・」

男「どう見たって聞いたって泣いてる感じですが?」

女「・・・うっ・・・うぅっ・・・」

男「・・・・・・」

男「・・・ほんとお前って奴は・・・」

ぎゅっ

女「・・・ふぇっ・・・?」

男「・・・・・・・・・」




368:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:50:02.75 ID:trBBQcYW0
男「・・・ごめんな」

男「もう大丈夫だから・・・」

女「・・・・・・・・」

女「・・・・・うん・・・」ぎゅぅ

男「・・・・・・・っ」



―――――男くんってさ、女ちゃんのこと好きなんでしょ?



男(・・・・・・・・・・)

男(・・・・・だめだ)

男(・・・・もうこれ以上・・・無理、だな・・・)




369:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:50:29.38 ID:trBBQcYW0
男「・・・・女」

男「俺さ・・・」

男「・・・・・・・・」

男「お前に言いたかったことがあるんだ」

女「・・・・・・?」

男「お前のことが放っておけない」

男「ずっと前からそう思ってた」




370:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:50:58.34 ID:trBBQcYW0
男「てっきり俺はそれは単なる"中学校からの付き合い"からくる感覚だと思ってた」

女「・・・・・・・」

男「でも違ったんだ」

男「からかわれて怒るお前の顔に――」

男「だけどちょっとしたことで照れる顔に――」

男「普段ぶっきら棒な感じだけどたまに見せる笑顔に――」

男「・・・そんな女に・・・ずっと魅かれてた」




371:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:51:24.32 ID:trBBQcYW0
男「それに俺はこの間お前と先輩さんが仲良さそうにしてるのを見て・・・」

男「・・・嫉妬した」

男「気付いたんだ・・・俺はいつからかお前のことを・・・」

男「女のことを・・・一人の女性として見てるって・・・」

女「・・・・・!?」

男「・・・・・・」

女「・・・それって・・・・」




372:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:52:19.77 ID:trBBQcYW0
男「好きだ」

男「俺と・・・付き合ってくれ」


女「・・・・・っ!」




・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・




375:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:54:58.34 ID:dirsXa/X0
キタ━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━!!!!!!




377:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:56:17.21 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・・」

女「・・・・・・き・・・」

男「・・・・・・?」

女「・・・私も、好きっ・・・」

男「え・・・・」

女「・・・ずっと・・・もやもやしてた・・・」

女「男のこと・・・どう思ってるんだろうって・・・」

男「・・・・・・・」




378:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:57:14.59 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・」

女「・・・男と一緒にいるとどこか安心できて・・・」

女「・・・いないと不安で・・・気になって仕方なかった・・・」

女「それにいつも危ないときに助けに来てくれて・・・」

女「男のことを考えるとドキドキして・・・」

男「・・・・・・・・」




379:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 20:58:01.64 ID:trBBQcYW0
女「でも・・・男のこと好きになったらダメだって・・・」

女「元々男だったのに・・・そんなのダメだって・・・」

女「自分に言い聞かせてた・・・」

女「・・・言い聞かせてたっ・・・・・・」

女「でもっ・・・・・」

女「でももう・・・そんなことっ・・・」

女「・・・・我慢できないくらい・・・好き、なのぉっ・・・」

女「男のことがっ・・・ひっく・・・」

男「・・・・・・・・」




381:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:01:00.80 ID:trBBQcYW0
女「・・・うっ・・・うぅっ・・・えっぐ・・・」

女「・・好きっ・・・だよ・・男っ・・・・」

男「・・・・・・っ」


ひゅるるる......ドーーン!


女「・・・・・花・・火――んむっ?!」

男「・・・・・・・・」

女「んふっ・・・んん・・・っ・・・」

女「・・・んっ・・・・・ん・・・」

女「・・・・・・んはぁ・・・・」




382:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:01:26.43 ID:trBBQcYW0
女「・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・」

男「・・・ありがとう、女」

女「ん・・・///」

男「・・・・・・・・」

女「・・・・・・・・」




383:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:02:03.08 ID:trBBQcYW0
男「・・・花火、始まったみたいだし行くか?」

女「・・・・・男」

男「・・・ん?」

女「・・・・・嬉しいよっ・・・」

男「おま、泣き止んだかと思ったらまた泣いて――」

女「これはっ・・・嬉し泣きっ・・・」

男「・・・・・・・」

男「俺もだぞ」わしわし

女「〜〜///」




385:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:02:31.93 ID:trBBQcYW0
男「・・・・・・・」

女「・・・・・・」

男「なぁ」

女「・・・・何?」

男「頼むからもう一回『私』って言ってくんね?w」

女「・・・・っ!」




386:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:03:06.20 ID:trBBQcYW0
女「・・・は、はぁ!?」

女「も、もう言うわけないだろっ!///」

男「え〜そんな固いこと言うなよ・・・なっ?」

女「嫌っ!」

男「お、おい!待てって!」

女「いーやっ!」

男「そんなに走ると転ぶぞ!」

男「・・・・・・・・」




387:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:05:05.93 ID:trBBQcYW0
男「・・・今年の夏は最高の思い出になりそうだな・・・・」

男「・・・・・・・・」

女「男ーっ!早くしないと花火終わっちゃう!」

男「始まったばかりだろ・・・」

男「ったく・・・はいはい、今行きますよっ」



ひゅるるる.....ドン ドーン

・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・


  花火の音と共に
        彼らの夏がスタートを切ったのだった――――







                      The End...




389:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:06:16.00 ID:trBBQcYW0
お疲れ様でした。閉めが難しすぎて;;

えーと、改めてここまでお付き合いしてくれた皆さん、どうもありがとうございました!
もうすぐ夏ってことで男と女が葛藤の中、恋をする青春物語として書かせてもらいました。

一応これでえっち無しとしては終わりということにしたいんですが、アフターストーリーとしてえっち有りの話をどうしようか迷ってます。
えっちを期待してた方が多かったのならば書きたいと思っています。要望や質問などあったら書いておいてください。しっかり読ませて頂きます




390:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:08:48.48 ID:1mncOTFl0
エロはいらん




391:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:09:47.03 ID:8kCF2rGxo
うむ、いらぬ




392:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:11:50.68 ID:DRf0pI4AO
いやいるだろ




396:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:15:14.31 ID:wzt41fP60
お疲れ様でしたー
かなり面白かったです




397:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:15:50.61 ID:4MscHtGxo
すごかった!
ありがとう!
エロはいらんと思う
このまま終わっていいんじゃないか




399:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:20:40.27 ID:OXCOa/QWo
やべぇ、素晴らしかった。


エロは、あったらあったで嬉しいし、なかったらなかったでそれでいい。




401:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:25:23.73 ID:DRf0pI4AO
乙言ってなかった
改めて、乙!
個人的にはエロありで読みたい




403:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 21:50:16.98 ID:0HFUmurIO

よかった
こういうほのぼの系にエロはいらん




407:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 22:13:43.80 ID:280hoqtmo
一つだけ聞きたいんだが…クレーマーが渡したのってなに?




429:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/30(木) 20:43:55.27 ID:trBBQcYW0
読んでくれた人どうもありがと〜
祭りシーズンなんで、ああ・・・祭りいきてーな・・・って思ってもらえたらうれしいです。


要望に関してはエロはいらないって人が若干多目かな?
続編の希望が意外とあったように感じたので、ちょっと考えてみたいと思います。


それと質問について
>>407 何かの伏線とか特に意味はありませんでした。>>男「菓子折りかなんかじゃね?」
男がこう言っているようにただの菓子折りですorz




409:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 22:29:58.96 ID:GZigo606o
乙です

普段かき物している人?




429:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/30(木) 20:43:55.27 ID:trBBQcYW0
>>409 いえ、SSを書くのはこれが初めてです。




410:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 22:30:58.31 ID:4K2bXWma0

きりもいいしここまででおk




412:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/29(水) 23:23:52.98 ID:vW+eOiBLo
乙!
今年はこんな出会いを期待してる




416:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/30(木) 00:37:51.72 ID:ARyr1ShN0
心が温まった。ありがとう




417:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/30(木) 00:48:16.89 ID:KTt7rV1Yo

ここまで入り浸ったSSは久々だったわ




439:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/06/30(木) 23:52:05.26 ID:bWARyjyR0
素晴らしかったぜ!
1乙

小説版 魔法少女まどか☆マギカ 初回限定版 【書籍】
エースコンバット アサルト・ホライゾン 特典 戦闘機「F-4E PhantomII」がダウンロード出来るプロダクトコード入りカード付き
セブンスドラゴン2020 特典 「ドラゴンクロニクル2020」-16Pブックレット付特製サントラCD-付き
魔界戦記ディスガイア4 フーカ&デスコ編はじめました。(数量限定アペンド版)
機動戦士ガンダム 新ギレンの野望 (初回封入特典:ガンダムロワイヤル シリアルコード & 特別限定プロダクトコード同梱)
ARMORED CORE V (アーマード・コア ファイブ) 特典「オリジナルヘッドセット」付き





 

SS宝庫最新記事50件