1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:18:40.28 ID:IF8QJ4SM0
男「よっ」

友「や」

男「宿題やってきた?」

友「やってないの、お前だけだろ」

男「うーるせ、急に良い子ちゃん振りやがって」

友「わりーかよ」

男「後で見せて」

友「あー、どうしよっかな」

男「まじで、頼むって」




元スレ
友「男、好き」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1305130720/
DAT:ここを右クリックして名前をつけてリンク先を保存


 
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:20:16.08 ID:IF8QJ4SM0
友「ん、しゃーねーな」

男「やり、ありがと」

友「やっぱ止めるわ」

男「勘弁してくれよ意味解からん」

友「だってなんか、感謝してねえんだもん」

男「いやもうホント、ホントに頼むって。感謝してる、する」

友「冗談ぴょんだ、引っかかった」

男「なろ、てめー」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:21:49.95 ID:IF8QJ4SM0
友「……なあ、男」

男「んー?」

友「お前、好きなやつとかいる?」

男「ぶはっ」

友「うわ、きったね」

男「お前なにいきなり言ってんだよ。青春かっ」

友「なんだよ、いいじゃん別に」

男「なに、惚れた子とかいんの? あ、告白された」

友「ん、まあ、惚れたヤツっつーか、好きなやつ」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:23:21.03 ID:IF8QJ4SM0
男「まじかー、友に好きなやつかー」

友「なんだよ、なんだよー」

男「意外だなって。うわ、顔赤っ」

友「うそっ」

男「いや、違うかも」

友「でも、なんか熱い」

男「じゃあ赤くなってんだ」

友「やっぱ言わなきゃよかった」

男「いや、でも俺手伝うぜ。うん、手伝う」

友「いやいいって。いいって、恥ずいって」




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:26:10.01 ID:IF8QJ4SM0
友「なあ」

男「ん」

友「男さ、可愛い系と美人系、どっちがいい?」

男「あー、可愛い系、かな。つーか女の人の話だよな」

友「うん。この流れで犬の話とか無いから」

男「犬の美人系とか分からんなー、グレートデンとか」

友「そっか、可愛い系か」

男「ゴールデンは両方。ドーベルマンはかっこいい系。あ、かっこいい系の女の人とかいるじゃん」

友「じゃあかっこいい系?」

男「可愛い系しかありえない」




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:29:04.14 ID:IF8QJ4SM0
男「でさ、お前の好きな人って誰? 杉本? 大竹?」

友「ううん全然違う」

男「えー、じゃあ大木」

友「はずれ」

男「んー? 三組の椚田か二組の佐伯」

友「大はずれ。あと一回」

男「えっ、じゃあ、えっと。んー金田かな、うーん……鈴木」

友「ぶぶー」

男「くっそー当てたかった。でもそいつらじゃなかったら誰?」

友「その内分かるよ、たぶん」




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:31:18.65 ID:IF8QJ4SM0
男「じゃあな、後でノート貸してな」

友「あいあい。じゃな」

男「うーす」

友2「よす」

友3「はよ」

友2「男、宿題やってきた?」

男「残念、それさっきに俺が友に言った言葉」

友2「役立たず」

男「うるせ、ばーか」




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:33:17.82 ID:IF8QJ4SM0
友3「なんかさ、さっきの友なんか変じゃなかった?」

男「どこが」

友3「どこがって、なんか、どっか。変だった、つーかいつもと違かった」

友2「んー……そうかもしれないし、違うかも知れない」

男「そうかな。いつもと変わんないと思うけどな」

友3「見間違いかなー……? 分かんなくなってきちゃった」

友2「あ、お前友の事好きなんだ。だからそう言うの分かるんだ」

友3「はあ? お前馬鹿じゃないの?」

男「あーでも、変だったかもしれない」




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:34:25.79 ID:+iqz4O2Z0
友の一人称が確定しない限り、ボーイッシュな女の子だと信じてる




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:38:22.69 ID:pXEp7r/r0
>>19
俺も




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:35:20.51 ID:IF8QJ4SM0
男「…………」セカセカ

友2「後でそれ俺にも貸して」

男「だめ。ムリ」セカセカ

友2「…………」

友2「…………」カキカキ

男「…………くそ、間違えた」

友2「案外、気付かんもんだ」

男「なに?」

友2「なんでも」




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:38:14.75 ID:IF8QJ4SM0
男「
…………くそ、間違えた」×

男「…………くそ、間違えた」○




23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:39:23.21 ID:IF8QJ4SM0
男「友、これ」

友「ん。変な落書きとかしてないよな」

男「するかよ。まじでありがとな」

友「次はないからな、ちゃんと自分でやれよ」

男「分かってるって、じゃ」

友「ん」




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:41:27.11 ID:IF8QJ4SM0
友「……ほんとに落書きしてねえだろうな」

友「あ……相合傘。俺と男の名前……」

友「でもこれ、男の字じゃない」

友「……ま、いっか」

友「あ、だめだ。これ、提出するから」

友「消そ……」




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:42:17.30 ID:QhYeha2P0
ホモ頂きましたー




29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:44:36.28 ID:94q5QjVI0
>>25
いやわからん、一人称が俺なボーイッシュな娘かもしれん




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:43:21.43 ID:pXEp7r/r0
いやまだわからんぞ!
一人称が「俺」の女のことなんていっぱいいるぞ!
主に腐女子




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:44:02.28 ID:IF8QJ4SM0
友「男ー、帰ろーぜー」

男「おー、ちょっと待ってなー」

友3「お前らってほんとに仲いーよなー」

男「羨ましいか?」

友3「ちょっとね」

友「男、はやくぅ」

男「待ってろって。じゃ、また明日」

友3「ん、じゃね」

友2「……あれ」

友3「どしたの」

友2「なんも言わないんだ、あいつ。ありゃたしかに変だわ」




31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:46:43.53 ID:IF8QJ4SM0
男「お前、今日の体育でヘマこいてたろ」

友「あ、何で知ってんだよお前」

男「いや、外見てたらお前が」

友「言うなって、その先言うなって」

男「ボール顔面で受けてすっころんで後頭部打ってたよな」

友「言うなってもー。痛かったんだからな」

男「前も後ろも痛くて何でかこめかみ押さえてうずくまってたよな」

友「どうしたらいいのか分かんなかったの」

男「いいじゃん、みんな笑ってたじゃん」

友「あの場にいてみろお前。痛いし恥ずいしで泣きそうになったんだからな」

男「だせー」

友「うるせーよ」




32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:48:19.81 ID:8J5pFYBZ0
これは女っぽい
でもわからんとなんかスッキリしないからやだ




33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:49:26.89 ID:IF8QJ4SM0
男「じゃーなー。ノートありがとなー」

友「ホントに自分でやってこいよー」

男「やなこったー」

友「なんだとー」

男「ばーい」

友「ばーい」

友「……ばい」




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:51:47.27 ID:IF8QJ4SM0
友「ただいま」

友「……えへへ」

友「可愛い系か、よし」

友「がんばろ。可愛い系」




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:53:35.26 ID:IF8QJ4SM0
友3「だってしかたないじゃん。男も友も来ないってんだから」

友2「つったってよ、二人きりっつーのもないって」

友3「珍しいよね、せっかくの休日なのに男が来ないとか。友とどっかで遊んでんのかなー」

友2「だったら俺らと合流すんだろ、だから二人でってのは無しだなー」

友3「どーするー、これから。ゲーセンとか……ん?」

友「…………」

友2「どした?」

友3「面白い物が見られるかも」

友2「はぁ?」

友3「ついてきな」




39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:56:32.41 ID:IF8QJ4SM0
友「こ、これかな」


友2「……なあ、あれって」

友3「友でしょ、たぶん」

友2「人違いじゃないんか?」

友3「さあ……似てるよね、人違いだとしても。似すぎだよね」

友2「えー。でもアレが友だとしたらさぁ」

友3「友が女装してるってわけだよ」

友2「めっちゃオメカシしてんじゃん」

友3「普通に可愛いよ」




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:59:25.75 ID:IF8QJ4SM0
友「でも、こっちの方が」


友2「めちゃくちゃノリノリで服選んでるぞ」

友3「やっぱ別人かー? 声もそっくりなんだけどな」

友2「あ、そうだ。携帯かけてみりゃいいんだ」

友3「正直恐くない? 真実を知るっつーかさぁ」

友2「知らぬが仏ってのはな、無知なやつが作り出した戯れ言なんだよ、とう」


友「あれ、友2? はーい、どしたー」

友2「お、おおう。今どこよ?」

友3「アウトー!」




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:00:54.77 ID:8/y6DT800
ホモスレキタ――(゚∀゚)――!!




48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:02:55.52 ID:IF8QJ4SM0
友「今? 家だけど」

友2「いや、やっぱり俺らと遊ばねーかなって。家にいるくらいだったらさ」

友3「ダウトー!」

友「あー、ごめん。今日はちょっとそーゆー気分じゃねーや」

友2「あ、あーそー。なら仕方ねーナ、ん、ばーい」

友「おう、ばい」

友2「……つーこっちゃ」

友3「……どうしよ」




50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:05:08.01 ID:IF8QJ4SM0
友2「どうしよったって、なあ」

友3「これ、男に言う?」

友2「言えるわきゃねーだろ。隠してるっつーことは、知られたくないわけだし」

友3「そうだけどさ……でも男だけハブってのは」

友2「知らぬが仏なんだよ」

友3「お前さっきそれ戯れ言とか言ってたろ」

友2「男だって二言するし前言撤回するんだよ」

友3「汚ぇ」




51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:07:12.76 ID:IF8QJ4SM0
友「んー……着てみないと分かんないかなぁ」

店員♀「いらっしゃいませー。何をお探しですかぁ?」

友「あ、あの。可愛い服を……可愛く見える服」

店員♀「くすっ。でしたら、こちらなど如何でしょう?」

友「あ、いい……。でもちょっと派手」

店員♀「派手ですか。なら、こちらは?」

友「あ……これ。これ、着てみても良いですか?」

店員♀「はい、どうぞ。試着室はあちらになっております」

友「えへへ……似合ってくれよ」




54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:09:52.48 ID:IF8QJ4SM0
友2「うっわがっつり楽しんでんじゃん」

友3「店員も普通に接してる……たしかに見た目女の子だけども。だけども!」

友2「バレねえモンだなー女装って」

友3「友って、いつもどんな声だった?」

友2「どんな声って、そりゃなんかちょっと高くて、やたら引っかかりの少ない」

友3「そりゃバレねーわ」

友2「髪の毛はいつも通りだけど、別に自然だしな」

友3「上手く隠しやがって、羨ましい」




55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:12:42.31 ID:IF8QJ4SM0
友「うん……ちょっと思ったより可愛すぎるかな?」

友「でも、男が好きなの、こんくらいかもしれないし」

友「すみません、あのー」

店員♀「はい、なんでしょう?」

友「あの、見てもらってもいいですか……?」

店員♀「はい、構いませんよ」

友「じゃあ、あの」シャー

友「どうですか?」

店員♀「…………あ」

店員♀「と、とってもお似合いですよ、お客様!」




57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:14:37.44 ID:IF8QJ4SM0
友2「あ、出てきたってブッフー!?」

友3「どれどれってブッハー!?」

友「どうですか?」

友2「な、はぁ!? 完璧に女じゃねーか」

友3「ずるい。ずるい、女のあたしより可愛いとかっ」

友2「こりゃあ、引き返せねえなぁ……どっぷりハマるわけだ」

友3「もうあいつ女でいいじゃん。化粧とかしちゃってさ、女物の服とか買っちゃってさ、理不尽に似合っててさ」

友2「僻むなよ、女」




58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:14:54.04 ID:7A7I0JlU0
店員目大丈夫かwww?




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:17:25.60 ID:IF8QJ4SM0
友「そうですか? ……じゃあ、これ買います」

店員♀「はい。ありがとうございます」

友「……見惚れる程、かな。期待して良いかも」

友「えへへ」


友2「あ、分かった」

友3「なにが」

友2「あいつ元から女だったんだよ」

友3「お前馬鹿じゃないの」




61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:20:06.90 ID:IF8QJ4SM0
友「さ、早く帰ろ。誰かに見つかる前に」

友「……えへへ、えへへ。買っちゃったぁ」

友「たぶん可愛いよね。男、気に入ってくれるよな」

友「これ着るんだったらスカートはあれで大丈夫かな……わっ」ドンッ

イケメン「わっ……と。ごめんよ、お嬢さん……」

イケメン「……美人だ」

友「へ? うわっ」

イケメン「お嬢さん、今から僕とお茶でもしませんか?」

友「あの、その、困ります」




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:23:05.02 ID:IF8QJ4SM0
友3「あ、なんか絡まれてる」

友2「なに? うわ、マジだよ」

友3「結構イケメンじゃん。誘われちゃえばいいのに」

友2「ふざけろタコ。男が男に誘われてって堪るかよ」

友3「手こずってるけど」

友2「そりゃあナンパなんかされた事ねぇだろうからな」

友3「っていうかナンパされるレベルなんだ」

友2「冷静に考えたら意味分かんねえな」




64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:26:06.42 ID:IF8QJ4SM0
イケメン「貴女の事を知りたい。今日一日、二時間だけでいい」

友「あの、本当に困るんです……!」

イケメン「お願いだ、僕に、貴女を」

友3「あー友、こんなとこにいたんだ」

友「へ? へ!?」

友2「探したぜまったくよ。いい加減その迷子癖、治せって」

友「あ……あ……」サー

イケメン「お連れの友人がいたのか。食い下がって悪かったね」




68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:29:01.18 ID:IF8QJ4SM0
友3「ほら、行くよ。とゆーわけで、返してくださいね」

イケメン「ああ。お嬢さん、恐がらせてしまって、申し訳無い」

友「い、いえ。もういいですから」

友2「よしじゃあ行こうぜー」


イケメン「俺の目に狂いが無ければ、彼女は恋について悩んでいたようだが……」

イケメン「二時間あれば手伝えたであろうだけに、実に惜しい。しかし頑張れよ乙女、恋する道に正義はある!」

イケメン「……そこのお嬢さん、今から僕とお茶でもしませんか?」




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:31:41.49 ID:IF8QJ4SM0
友「…………」

友3「まあ、さ。落ち込むなよ、友」

友2「誰だって趣味ってモンがあるからな。似合ってるっつーか、可愛いからいいじゃん」

友「……お前ら、なんとも思わねえの?」

友2「だから、可愛いって」

友「違えよ。キモイとか、そんなんだよ」

友3「驚きはしたけど、なんとも思わなかったよ、あたしらは」

友2「むしろ楽しかったよな。後ろついてって、こそこそ」

友「いつから見てんだよ馬鹿野郎」

友2「電話でウソこかれたのはびっくりした」




70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:34:09.83 ID:IF8QJ4SM0
友3「それ、いつからやってんの?」

友「女装?」

友3「そうそれ」

友2「あ、気になる」

友「……去年の夏前くらいから」

友3「随分最近だね」

友2「結構手慣れてる感じだけどな」

友「パソコンとかで調べてるから」

友3「そんな事まで調べられるんだ」




71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:36:27.79 ID:IF8QJ4SM0
友2「質問。男はこの事知ってんの?」

友「男は……知らない。秘密にしてる」

友3「んーまあそうだろうとは思ったけどね」

友2「正直言って、他人に言えたもんじゃねえからな」

友「…………」

友3「で、でも不自然じゃない分マシじゃない?」

友「そうか……?」

友2「うん。バッチぐー」

友「そうか……」




73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:39:00.18 ID:IF8QJ4SM0
友2「あ、分かった」

友3「何も分かってないんだね」

友2「いいから聞け。友はな、男が好きなんだ」

友3「お前ってそればっかりだよな」

友2「いやいや、今回はちゃんとした憶測があってなってどうした友?」

友「あう、あう」ポロポロ

友3「な、泣いた」

友2「あわわわわ嘘だって嘘ウソ。ジョークだよ冗談、な? な!?」

友「あうー」ポロポロ

友2「ホントは俺なにも気付いてないから、分かってないから!」




76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:41:49.90 ID:IF8QJ4SM0
友「言わないでくれー」ポロポロ

友3「なにを!」

友「男に言わないでー。ぐす。まだ、まだだめなんだー」ポロポロ

友2「言わねえよ! 誰が言うかよなア!?」

友3「ええ!? そう、そうだよ当たり前じゃん! なに言ってんだよ友はもー!」

友「俺から言うんだー。男には俺からいうんだー」ポロポロ

友2「そうか、言おうな! それまで誰にも言わんから、よし泣きやもう!」

友3「つーか言うの? あの男に告るの?」

友「うん、いう……あ」




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:43:25.56 ID:IF8QJ4SM0
友2「…………」

友3「…………」

友「……そうだよ、俺、告るよ。男の事、好きだもん」

友2「……開き直んなよ」

友「……ごめん」

友2「……ごめん、ちょっときつく言い過ぎた」

友3「……人それぞれだしね」

友「…………」




80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:46:01.78 ID:IF8QJ4SM0
友「帰る」

友2「そうか、じゃあ俺らもこの辺で」

友3「そうだね。今日の事は無かったと言う事で」

友「じゃな」

友2「おう、また明日」

友3「ばい」

友「…………」

友「……ばれちゃった」




81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:48:41.53 ID:IF8QJ4SM0
男「よう」

友「よ」

男「お前昨日どこ行ってた」

友「べつにー。どっか適当なとこ」

男「またぶらぶらしてんのか。ここ最近多いよな」

友「あれだな、夢遊病ってやつだな」

男「それぜってー違えし」

友「なんつったけそーゆーの。徘徊?」

男「それじゃあ耄碌してんじゃねーか」




82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:51:07.99 ID:IF8QJ4SM0
男「あー。お前最近どうなのよ、好きな人っつーの」

友「えー、まあぼちぼち」

男「ぼちぼちか」

友「ぼちぼちっつーか、そろそろ」

男「おっ、告りますか」

友「まあ、そうしようかなとは」

男「そーかー。成功を祈らせてもらうわ。ナンマンダブナンマンダブ」

友「死んじゃってんじゃねーかよ殺すな。失敗を願う呪詛だろそれ」




83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:53:42.32 ID:IF8QJ4SM0
男「でも友に彼女か。なんか感慨深い」

友「なんだそりゃ」

男「曲がりなりも幼馴染がだよ? 誰かと付き合うってのはなんか、こう」

友「あー、分かる。分かるよそれ」

男「だろ。だから幸せになれよ、俺祈るから」

友「あったりまえだろお前。そうならなきゃ、嘘だよ……」

男「緊張すんなって」

友「してねーよ」




84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:56:15.43 ID:IF8QJ4SM0
男「あ」

友「どした」

男「宿題忘れた」

友「見せないからな」

男「いいよ別に」

友「あ、珍しい」

男「いつまでもお前に頼ってらんねえしな」

友「いざとなったらちょっとさみしいな」

男「じゃあ見せて」

友「ふざけろ」




85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 02:58:23.01 ID:IF8QJ4SM0
男「結局教えてもらえないまんまだな」

友「なにが」

男「お前の好きなやつ」

友「まあそれは……後のお楽しみと言う事で」

男「告白成功しなかったら一生分かんないままだよな」

友「結果の成否に関わらず終わったら言うよ」

男「あー、そう?」

友「たぶん」

男「信用ならんなー。じゃ」

友「おー」




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:00:21.37 ID:IF8QJ4SM0
男「よーす」

友2「よ」

友3「おはよ」

友2「お前らホント仲良いよな」

男「ん? 俺と友?」

友3「毎朝一緒に登校してきてさ、帰る時も一緒じゃん」

男「そりゃー幼馴染だからな」

友2「傍から見たらヒモみてえ」

友3「困ったら友に宿題たかるとこが特に」

男「そいつは仲が良いって言わねえんじゃねーか?」




87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:02:56.25 ID:IF8QJ4SM0
男「……あふ」

男「……あ。友発見」

男「…………」

男「なにボーっとしてんだよ馬鹿。……あーあ」

男「うわ、痛そ」

男「……また意地張ってる」

男「あーあ、茶化されてる茶化されてる」

男「あいつ、ホント泣き虫だな」




89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:05:37.21 ID:IF8QJ4SM0
友「男ー帰ろー」

男「おー、ちょっと待ってなー」

友3「お前ら毎日それしか言わねえな」

男「べつにいーだろ」

友2「どっちかが女になれば問題ない会話なんだけどな」

男「なに言ってんのお前」

友「男ー」

男「おーう。じゃな、お前ら」

友2「ばい」

友3「ばい」




90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:07:17.60 ID:IF8QJ4SM0
友2「友のやつ、まだ頑張ってんのかな」

友3「さあね。あいつらの様子を見る限りでは、あんまり動いてないみたいだけどね」

友2「どうする? 男が友と付き合ったら」

友3「さあ……どうしようか」

友2「俺も作ろっかな、彼女」

友3「作れるもんならやってみなよ」

友2「言いやがる」

友3「それで、どうすんの」

友2「……どうすっかな」




91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:09:22.08 ID:IF8QJ4SM0
男「友ー。お前また体育でやらかしたろ」

友「また見てんのかよお前。暇だな」

男「なにが。ぼけっとつっ立って、とんできたボールに顔面ぶつけてたじゃん」

友「うるせーなーもう。そんなとこばっか見てんじゃねえよ」

男「まあその後俺も先生に見つかって怒られたけどな」

友「ばっかでー」




92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:11:43.49 ID:IF8QJ4SM0
友「……なあ、男」

男「ん」

友「後でさ、家に来てくれよ」

男「ん、分かった。でもさ、このまま直に行った方が早くね」

友「それじゃだめなんだよ」

男「なにが」

友「それは言えない」

男「……まあ良いけどさ」

友「三〇分くらいしたら家に来て。玄関は開けとくから」

男「なんでお前が出ないの」

友「いいから」




94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:13:19.97 ID:IF8QJ4SM0
友「……言っちゃった」

友「早くしないと……こいつと、こいつ」

友「化粧は薄めでいいよな……? あ、髪留めとか、付けようかな」

友「雑誌とかも隠さないと。こういう化粧品も隠さなきゃダメだよな」

友「……緊張してきた。止めよっかな」

友「だめだ。どちらにせよ、今言わなきゃダメなんだ」

友「…………男」




97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:16:31.92 ID:IF8QJ4SM0
男「三〇分経ったかな。そろそろ行っても良い頃合い」

男「しかし珍しい、友から誘ってくるなんて」

男「珍しいなんてもんじゃねーや。二年近く行ってないな、アイツの部屋」

男「なんか行かせてくれなかったんだよな」

男「もしかしたらエロ本見付かるの嫌だったのかとも考えたけど、友に限ってそれはない」

男「あったとしたら、それをカミングアウトする気になったか」

男「まあ、何かしら隠しているのは間違いないな」

男「最近特に様子が変だしな。カミングアウト期待」




99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:18:43.23 ID:IF8QJ4SM0
男「玄関開いてるっつってたな。おじゃましまーす」


友「……きた」


男「あれ、ちょっと変えたか?」


友「どきどきしてきた。……恐いな」


男「友ー、いるー?」

友「……うん。入ってきて良いよ」




101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:20:21.88 ID:IF8QJ4SM0
男「…………」

友「…………」

男「……どういうこったよ、そいつは」

友「説明する必要もねえだろ。こういう事だよ」

男「いや、分からねえ。分かって堪るか。しっかり説明しろ、友」

友「……俺は女装をしている」

男「なんでそんな事してんだ」

友「男が好きだから」




102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:22:25.10 ID:IF8QJ4SM0
男「は、あ?」

友「俺は、一人の女としてお前が好きだ」

男「馬鹿な」

友「マジだよ」

男「おフザケかよ」

友「本気だよ」

男「……なんだよそりゃ」

友「……全部、嘘じゃないよ」

友「男、好き」




105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:24:53.13 ID:IF8QJ4SM0
友「男の為に、少しでも女の子に近づけるよう頑張った」

友「化粧だってちょっと覚えた。おしゃれだってちょっと覚えた」

友「男が可愛い系の女の子が好きだって言うから、そういう服を探した」

男「……お前の部屋に入れてくんなかったの、これが原因かよ」

友「……うん」

男「お前が度々どっか出かけてたの、そういう事かよ」

友「うん」




108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:27:58.57 ID:IF8QJ4SM0
友「え……?」

男「……帰るわ」

友「待って、待って……!」

男「くんなよ、クソが」

友「男。男! 待って!」

男「俺を巻き込むな」

友「男……男。いかないで」

男「くんなっつってんだろ、気色悪い!」

友「男」




109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:28:27.63 ID:oOU59sA70
(´・д・`)




112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:30:06.20 ID:IF8QJ4SM0
友「…………男」

友「そっか、そうだよな」

友「お前、女の子が好きだもんな」

友「俺、ただの男だもんな」

友「気持ち悪いって言われちった……」

友「嫌われちゃった……」ポロポロ

友「ごめんね、ごめん。謝るから」ポロポロ

友「帰らないで」ポロポロ




116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:33:22.52 ID:IF8QJ4SM0
友「……朝、なっちゃった」

友「……男」

友「学校、行きたくない」

友「サボろう……」




118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:35:12.16 ID:IF8QJ4SM0
男「…………」

男「……いねえ、か」

男「…………クソが」

男「俺の所為だってのかよ」

男「俺が悪いってのかよ」

男「……クソが」

男「隣が寒いぜ」




120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:37:22.79 ID:IF8QJ4SM0
友2「んなわけねーだろメチャクチャ頑張ってるっちゅーに」

友3「でもさ、一発屋としての勢いにそっくりじゃん……あれ?」

友2「どした? ……あら」

男「…………」

友3「おはよ」

男「…………」ギロリ

友2「おいおい、友はどうした」

男「……知ってたろ、お前ら」




122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:39:42.61 ID:IF8QJ4SM0
友3「順序に沿って話せよ。意味分かんね」

男「しらばっくれるなよ、友の事だよ」

友2「……そうか、とうとうやっちまったのか」

男「なんで俺に言わなかった」

友3「知らぬが仏って言うじゃない」

男「知ってたら昨日みてぇな事になんねえよ!」

――――シーン

友2「落ち着けよ、男」

男「ふざけやがってよ……」




123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:42:02.90 ID:IF8QJ4SM0
男「なんで言わなかった……説明してみろよ、なあ」

友3「友に、口止めされてたから」

男「それでもせめて俺には言うだろうがよぉ……」

友2「言えるわけねえだろ」

男「あ?」

友2「お前が、友の好きなやつだって知ってんだから言えるわけねえだろ」

男「だからこそだろうが」

友3「お前、その時の友の顔を見てないからそう言えるんだよ」

友2「あいつ、泣いて頼んだんだぞ。男にだけは言うな、俺から言うんだ、って」




124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:44:18.92 ID:IF8QJ4SM0
男「……馬鹿が。そんな事したって、好き合えるわけがねえだろうが」

友2「だからって、止めさせる事もできねえしな」

男「つーかお前ら止めろよ、知ってんならよ」

友3「止められるわけないでしょあんなの。見たんでしょ、友のアレ」

男「……俺は止めたよ」

友2「お前には止められても俺らには無理だった」

男「……クソが」




125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:46:14.47 ID:IF8QJ4SM0
男「…………友の席、空いてる」

男「あのバカ、サボりやがったな」

男「……そこまで、かよ」

男「なんで俺なんだよ」




127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:48:19.82 ID:IF8QJ4SM0
友2「どうすんだよ、これから」

男「どうしようもねえよ」

友3「そんなワケないっしょ。お前ら幼馴染なんだから」

男「そういう次元じゃなくなった」

友2「このまま放っておくつもりかよ」

男「俺が行ったところでどうにかなるってのかよ」

友2「とりあえず友を引っ張り出してこいよ」




130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:50:23.27 ID:IF8QJ4SM0
友3「つーかさ、どういうフり方したわけ?」

男「……関係ねえだろ」

友2「……おい、本気で訊くぞ。お前、なんて言いやがったんだ?」

男「部外者は黙ってろよ」

友2「喧嘩売ってんのか、当事者が情けねえから突っ込んでんだろ」

男「誰も頼んでねえよ」

友3「頼まれた憶えも無いよ。あたしらは友の為にお前に訊いてんだ」




131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:52:14.90 ID:IF8QJ4SM0
男「……言ってやったよ、気持ち悪いって」

友3「男、お前なんて事」

男「仕方ねえだろ。考えるまでもねえ、あいつは男なんだぞ」

男「それが同じ男を好きになって、女装までしちまってよ。道踏み外してるってレベルじゃねーんだよ」

男「無理矢理にでも戻さなきゃなんねえだろうが。嫌でも現実見せなきゃよ」

友2「お前なら言葉を選んでくれると思ってたのに」

男「言葉なんて選んでたら……何も言えなくなっちまうよ」

友3「だからって、辛く当たるなよ」

男「どうしたらいいか分かんなかったんだよ……」




133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:54:02.48 ID:IF8QJ4SM0
友2「男」

男「あ?」

友2「お前学校抜けろ」

男「はぁ?」

友3「お前なに言ってんの」

友2「今すぐ友んとこ行け。それがお前と友の為だ」

男「理解できねえ、説明しろ」

友2「理解すんな、行きたくなくなるだけだから」

友3「……あ、なるほど」




135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:56:03.36 ID:IF8QJ4SM0
男「おい、俺だけ分からんぞ」

友2「男、お前にとって友はただのダチかよ。ご近所付き合いの幼馴染か?」

男「だから意味が分かんねえ」

友2「答えろッ!」

男「……まあ、違ぇ」

友2「だったらよ、学校なんか行ってる暇じゃねえだろ。こんなとこで油売ってる場合じゃねえだろうよ」

友3「友は待ってるよ。男からの真っ当な返事を、たぶん今も。一分一秒でも早く、友を楽にしてやれよ」

男「……ちょっと便所行ってくる」

友2「おう、行ってこい」

友3「今日はそのまま帰ってこなくていいよ」




136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 03:58:05.31 ID:IF8QJ4SM0
友3「……恥ずかし」

友2「だな」

友3「ガラにもなく変な事言っちゃった」

友2「いや、悪くなかったんじゃねえか? 偶の真面目にしちゃあ」

友3「……あたしら、なに言ってんだろうね」

友2「さてな。どんな結果にになっても俺ら悪者だよ」

友3「ハッピーエンドなんか見えやしないのにな」

友2「男が正し過ぎて反吐が出る。……でもなあ」

友3「やっぱりねえ。友のあの顔見せられたらね」

友2「どうにも否定的になれねえんだよな」




138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:00:12.20 ID:IF8QJ4SM0
男「なんだって俺がこんな事しなきゃなんねーんだよ」

男「学校フケてまでする事かよっ」

男「あったり前だろうがよ、馬鹿が!」

男「友に比べたら学校の価値なんてミジンコ以下だっ」

男「今あいつほっぽらかすくらいだったら学校を捨てる」

男「謝って、ちゃんとあいつを見てやる」

男「一体俺は何を言っているんだろうなア!」




140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:02:36.40 ID:IF8QJ4SM0
友「男……男……」

友「ごめんね。俺が女だったら良かったのにね」

友「好きになっちゃってごめん」

友「ちゃんと元に戻るから怒るなよ」

友「ちゃんと元に……うう」

友「男……許して」

男「友」




142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:04:04.52 ID:IF8QJ4SM0
友「男……男!?」

男「うん、俺」

友「ま、待って、入ってくんな! 顔、汚いから……」

男「……じゃあ入る」

友「おいっ! うわああ」

男「……布団に隠れんなよ」

友「なんでここにいるんだよっ、学校は?」

男「逃げてきた、お前と同じにな」




144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:06:07.15 ID:IF8QJ4SM0
友「……男、昨日は」

男「待て、先ず俺に言わせろ」

友「……うん」

男「友。昨日は悪かった、ごめん。ちょっと頭がおかしくなってた」

友「おかしかったのは俺の方だよ。男が男に告白とかありえねえモンな」

男「そらパニクるっつの、察せ」

友「うん、察する」

男「まあでもな、やっぱりごめん。酷ぇ事言っちまったのには変わりねえから」

友「いいよ、許す」




147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:08:01.96 ID:IF8QJ4SM0
友「じゃあ、今度はこっちな」

男「ん」

友「すー……。ごめんな、いきなり変な事言っちゃって」

友「好きになっ、ちゃって、ごめんな」ポロポロ

友「明日からヒグッ、ちゃんと元に戻るからエグッ」ポロポロ

友「だから……せめて友達のままで」

男「本当にそれでいいんか?」

友「いてほし……へ?」




148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:10:14.61 ID:IF8QJ4SM0
男「俺さ、昨日のあの一言ってのは、お前の為を思って言ったつもりだったんだ」

男「だけどお前、逆に閉じこもっちゃったじゃん。失敗じゃん」

男「……って事に気付いたの、さっきなんだけどな」

友「だめじゃん」

男「うるせ。それにさ、お前、泣くほど嫌ならそういう事を言うなよ」

友「うるせ。今日一日ずっと練習してたんだからな」

男「今日一日練習して泣いてんのかよ」

友「うるせえ」




149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:12:02.55 ID:IF8QJ4SM0
男「だからな。我慢させるくらいなら、ちょっとくらい箍が外れても許して良いんじゃないかなって」

友「ちょっとって、どれくらい」

男「……女装、かな」

友「別に女装が好きなわけじゃないんだけど」

男「えっ」

友「お前に好いてもらうために女の子の格好したんだよ、バカっ」

男「あー、そう……じゃあどうしよ」

友「どうしようもできないよ。お前を好きでいられないなら、もうなにも無いもん」

男「じゃあそれでいいよ」

友「なんだよそれ……」




151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:14:20.81 ID:IF8QJ4SM0
男「一晩経って俺も冷静になった。で、ちょっとだけ心も広くなった」

友「……ばかっ」

男「うるせえ。お前、いつまで布団にもぐってんだよ出てこい、このっ」

友「やめろ、この、うわ」

男「……目、赤っ」

友「誰の所為だと思ってんだよ」プイ

男「つーか服、昨日のまんまか」

友「もう着替える気分じゃなかったんだよ」

男「……可愛いじゃない」




153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:16:01.35 ID:IF8QJ4SM0
友「…………」

男「顔赤くしてんじゃねーよ」

友「うるせ、ばーか」

男「いや、違うかも」

友「それ前にもやったろ」

男「とまあ、こんな感じ。だから、いいよ。お前がしたい事しても」

友「……なにそれ」

男「調子のいい事言ってるよ、分かってる。でもこれこそが俺の本当の気持ち。詫びでしかも、たぶん同情込みだけど」

友「……何でもしていいの?」

男「限度は守れよ。譲歩して……あーデートくらいかな」




154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:18:01.50 ID:IF8QJ4SM0
友「……じゃあ、早速いい?」

男「いきなりかよ。ま、いっか。なんだ?」

友「キス」

男「えー……そりゃあねーわ」

友「昨日と今日合わせて丸一日分泣いた俺の身にもなれ。順番違うけど、今はキスしたい」

男「えー、覚悟できてねえよ。まさかそう言うとは思ってねえもんよ」

友「んー」

男「って気が早ぇよ……あ、そうだ」

友「ん?」




155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:20:01.02 ID:IF8QJ4SM0
男「肝心な事を言いそびれるとこだった」

友「それよりキス。お前が良いよって言ったんだからな、俺もう我慢できないからな」

男「待てよってんだろ、ホントに大事な事なんだから」

友「……なにさ」

男「昨日の返事だけどな」

友「…………うん」

男「俺に彼女ができるまでなら、良いぜ」

友「具体的にいつまで」

男「予想外の返しなんですけど」




156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:22:06.81 ID:IF8QJ4SM0
友「んー」

男「やべえ、ちょっと緊張してきた」

友「んー」

男「友だと思うからいけないのか、男だと思うからいけないのか」

友「…………」

男「友だと思わねえと怒られるだろ、だけどそうすると自然に男だと思いこんじゃうだろ」

友「…………」

男「おい、ちょっとどうしたらいいのか教えろ」

 チュッ


    FIN




159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:24:19.76 ID:m0qE2HcJ0
ほう
エロなしとは




160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:24:20.62 ID:oOU59sA70
おー乙乙
おもしろかったよ




161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:24:41.44 ID:94q5QjVI0
えんだあああああ




165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:26:54.13 ID:h8uMHiVr0
>>161
いやあああああ




166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:29:17.40 ID:IF8QJ4SM0
お付き合いありがとうございました
初SSですので投下の間隔やら返信レスやらどうしたもんかと悩みましたがとりあえず走り切ってみました

友は男です、ア●ル開発済みです
男はノンケです




167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:40:29.19 ID:1V3xDkHA0
SSにもMTFネタが出てきたか




171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:47:35.14 ID:TvYcFM/+0
乙 予想以上に楽しめたよ 次も頑張ってくれ




173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 04:52:29.02 ID:yk3S10LQ0
大層乙であった




175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 05:03:05.84 ID:IF8QJ4SM0
友「エッチする?」

1.する
2.しない
3.さっさと寝よう
>>175




177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 05:05:48.38 ID:y0zmjnueO
1




180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 05:10:53.54 ID:IF8QJ4SM0
男「……なんつー事を」

友「まんざらでもない顔してる癖に」

男「俺、生意気な奴嫌いなんだよね」チュ

友「ん。ん……」

男「……俺のファーストディープだ。ありがたく受け取れよ」

友「うん、受け取る」

男「……勃ってる?」

友「え? うわっ」

男「なんかエロ」

友「見んなよえっち」




182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 05:14:37.77 ID:IF8QJ4SM0
男「見せる為の格好じゃねえのかよ」

友「うるせえ……ちょっと顔洗ってくる」

男「うん、いってこい」

友「……後でさ、もう一個お願いしていい?」

男「突飛でもないものじゃなかったらな」

友「たぶん嫌がられる」

男「なんだそりゃ」

友「でも、お願い」

男「……分かったよ。顔、洗ってきな」




183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 05:16:34.18 ID:IF8QJ4SM0
友「……我慢、できそうにないかな」

友「見せるだけなら大丈夫……だよな」

友「これもいつか知ってもらわなきゃいけないんだし」

友「……男、俺だって覚悟してんだぜ」




185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 05:19:34.45 ID:IF8QJ4SM0
友「ただいま」

男「おかえり。随分時間かかったな、化粧ってそんなに落とすの大変なのか?」

友「ううん、そんな事ないよ」

男「そうか。で、お願いってなんだよ」

友「うん……絶対引くかもしんねえけどさ、嫌いにならないでよ?」

男「じゃあそう言う事を頼むなよ……はいはい、なんだってんだ」


友「俺の……ひとりえっち、見てほしい」




187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 05:22:47.91 ID:IF8QJ4SM0
男「…………は?」

友「二度も言わせんなよ、ばか」

男「嫌でも言わせねえよ。つーか言えねえだろ、顔真っ赤なくせに」

友「うるさい……」

男「だってさ、意味……を理解したくない」

友「見ろよ、これ」

男「……まあお前そっくりなち●こだな」

友「うるせぇ。……ちょっと、我慢できないかなって」




188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 05:27:19.86 ID:IF8QJ4SM0
男「マジかよ……ハードル高過ぎるってよ、ホントに」

友「一回だけで良い。そしたら、もうしないから」

男「……まさか幼馴染のエロ本を発見する前にオ●ニー見せられる羽目になるとはな。分かったよ、好きにしろ」

友「ちゃんと見ててね」

男「わってるっつの」

友「……ベッドの方がしやすいから」

男「そうか」

友「なんでそんなに冷静なんだよ」

男「正直、見たくない半面見てみたいから」

友「……えっち」

男「俺にどうして欲しいんだよお前は」




189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 05:30:23.94 ID:IF8QJ4SM0
友「じゃ、いくね」

男「ちょっと待て、質問がある」

友「なに……」

男「俺の知ってるオ●ニーの体勢じゃない」

友「これが楽なんだよ」

男「……そうか。四つん這いになってケツ穴俺に向けてたらやり易いのか、変わってんな」

友「そう、変わってんの……」




192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 05:34:48.71 ID:IF8QJ4SM0
友「ん……はっ、あッ!」ズチュ

男「ちょっと待て、謎がある」

友「な、にっ!?」

男「どうしてケツの穴に指を突っ込んでんだ」

友「これが、ハァ、いいのっ。く、ああっ!」ズチュ

男「待ってくれ、ホント待ってくれ。俺の精神衛生上よろしくない」

友「もう止まれないよぉっ。んんん!」ズチュズチュ

男「……マジかよ」




194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 05:56:44.21 ID:IF8QJ4SM0
友「はう、あ。あ……ああ」ズチュズチュ

友「男、男……見て」ズチュ……

男「……嫌というほど見てる」

友「ひひ……男の為にっ、頑張ったんだよ……? お尻で気持ち良くなれるように」ズチュズチュ

男「……ありがとう」

友「せめてここで……男を気持ち良くできるようにって……んふっ」ズチュ

男「良いから好きにしろ、集中したらどうだ」

友「うん……うんっ。うあ、ああっ」ズチュ




195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:01:06.89 ID:IF8QJ4SM0
友「はぁ、はぁっ。男っ、気持ちいいっ。男っ」ズチュズチュ

友「うぐうぅ、あう、ああぁっ」ズチュ

男「…………」

友「もっと見てっ、見てぇ。俺がおしりで、オ●ニーしてるとこっ、んああっ!」ズチュズチュ

男「エロいな」

友「はっ、あ、やだ、もうダメっ」ズチュ

友「イくとこ見てっ、イっちゃう、あうっ!」ズチュズチュ

男「…………」

友「男っ! あっ、ひゃあああ」ビクビクッ

友「ひぐっ、ぐぅ……んっ」ビクッビクッ




198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:07:12.20 ID:IF8QJ4SM0
男「……満足したか?」

友「ハァ、ハァ……んくっ。うん……した」

男「そうか、良かったな」

友「ねー、男。手、繋いで」

男「うん」ギュウ

友「えへへ。ごめんね、無理言っちゃって」

男「ホントだよ」

友「ありがと……」




199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:11:38.42 ID:IF8QJ4SM0
友「ほんとはな、これ、もっと時間かかるんだ」

男「そうか」

友「でも男が見てるって思ったら、すごい感じた」

男「辛そうだったけどな」

友「慣れれば気持ちいいんだ。ごめんね、いままで男をオカズにしてた」

男「だろうな」

友「んふ……ごめんな。……あれ?」

男「……どうした」

友「……勃ってる」




201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:15:35.06 ID:IF8QJ4SM0
男「…………」

友「勃ってる」

男「二度も言うな」

友「俺で、発情しちゃった?」

男「…………うるせえな」

友「……えへへ。苦しい? なあ、苦しい?」

男「我慢できるっつの、こんくらい」

友「しなくていいんだぞ、男。俺のここ、あるから」

男「見せるな、バカが」




202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:19:34.83 ID:IF8QJ4SM0
友「ここに入れたいって思ったんだろ? だから、ほら」フリフリ


男「誰がそんな汚いとこっ……」

友「さっき洗ってきたから大丈夫だぜ。ゴムもあるし」

男「いつ買ってきたんだよ、そんなん」

友「女装して、ね……。心配ならこれつけて」

男「だからしねえっつの!」

友「……シようよ。今度は男の番だぞ?」

男「……頼むから勘弁してくれ。そこだけは、絶対に……」




204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:22:52.56 ID:IF8QJ4SM0
友「男の為に頑張ったんだよ? 男のチ●コがここに入るのを想像して……」

男「俺さ、オナ禁二週間目なんだよ、マジで」

友「だからそんなにパンパンなんだね」

男「……我慢してんだって」

友「俺は、出してほしいなぁ……」




205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:27:18.94 ID:IF8QJ4SM0
男「……責任、とらねぇぞっ」ガバッ

友「うわっ。……うん、男」

男「お前が悪いんだからな、お前がっ」モゾモゾ

友「あ、ゴムは……」

男「いるかっ、そんなモン!」クニクニ

友「あっ、焦らさないで……」

男「ヒクヒクしやがって、お前の所為だからなぁ」クチュクチュ

友「はやくっ早く入れて」




206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:32:34.33 ID:IF8QJ4SM0
男「入れるぞっ!」グチュ

友「あがっ!」

男「く、は……熱、いっ」

友「ああ、大きい、よ」

男「ハァっ、動くぞ!」グチュッ

友「ひぎゃっ!?」

男「はぁ、はぁ、くそ、キツ過ぎるっ……」グチュッグチュッ

友「うぐっ、うあ、あっあっ。男っ、男っ」




207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:37:00.02 ID:IF8QJ4SM0
男「くそ、友、友っ!」パンッパンッ

友「ひゃああ、良いっ。すごっ、いっ! 激しい、ああっ!」

男「良過ぎんだよ、このっ、生意気がァッ」パンッパンッ

友「ぎゃ、あっ! だめ、強過ぎるっ、痛いよっ」

男「うるさいっ、お前が悪いんだ、お前が! クソ、出すぞっ!」グチュグチュグチュグチュッ

友「はぁっ、出して、中でっ、イって」

男「ぐっ、くぅおお……」ドクッ

友「ああっ、熱いっ……中がぁ……」

男「ぐ、うあ、ああ」ビュルッビュルッ




208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:40:33.96 ID:yk3S10LQ0
終わったと思ってたのに・・・前かがみつらいさるよけ




210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:43:07.68 ID:IF8QJ4SM0
男「ハァ、ハァ、ハァ。くっ、ハァっ」

友「はぁ……はぁ……。いっぱい、出た」

男「はぁっ、はぁっ」

友「二週間……すごい。必死に腰振っちゃって、精子いっぱい出しやがって」

男「はぁ……うるせぇ、んだよっ、このっ!」グチュッ

友「ぎゃっ! 待って、早、いぃ」

男「はっ、はっ」グチュッグチュッ

友「ちょっと、休ませてっ、痛い! 痛いよっ」

男「うるさい! お前がこうしたいって言ったんだ、文句言うなァ!」パンッパンッ

友「あが! 男……男っ……」




213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:48:03.25 ID:IF8QJ4SM0
男「お前のもこうしてやるっ!」ニギッ

友「ひゃっ。き、急に、うああっ!」

男「俺だけじゃずるいだろっ、だからお前もっ」シコシコ

友「あああ! やめろぉ、挿入ったまま、扱くなぁ……」

男「男のくせに、変な声出しやがって! おら、動くぞ!」パンッパンッ

友「がっ、あ、ああっ! やだ、出るっ、イくっ!」シコシコ

男「はあっ、はあっ、この変態がっ」パンッパンッ

友「やだぁっ、やああぁ!」ビュルルッ




214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:53:56.48 ID:IF8QJ4SM0
男「出したっ。出しやがったっ、可愛い声で啼きやがった!」パンッパンッ

友「はっ、あ、もうやめてっ、イったからぁ、あああ!」ニュチニュチ

男「やめるかよ、まだ、イけんだろうがっ。はぁっ、はぁっ!」パンッパンッ

友「もう、ムリっ! あっ、ああああぁ!」ビクビク

男「くあっ、締めるな、バカっ! あ、ぐっ、う……!」ビュルッ

友「ひうっ。あ、う……出てるぅ……」ビクッビクッ

男「はぁ、はぁ、はぁ。は、うっ……くっ」ビュル……




216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 06:59:22.53 ID:IF8QJ4SM0
友「はっ……はっ……、乱暴に、すんなよぉ……痛い」

男「はぁ、はぁ……ごめ、ん。つい……」ズル……

友「傷付くんだからぁ、優しくしないと血とか出ちゃうんだからぁ……」ポロポロ

男「……あ、精液垂れてきた……」

友「はぁ、はぁ……エロい……?」ポロポロ

男「馬鹿言ってんじゃねえよ……。血は、出てないみたいだ」

友「そっか……気持ち良かった?」

男「……最高」

友「そっか……」




217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 07:05:43.38 ID:IF8QJ4SM0
友「男、こっち来て……」

男「なに?」

友「……掃除、してやる」

男「なにを」

友「……チ●コ」

男「……頼んだ」

友「ん」




219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 07:12:00.59 ID:IF8QJ4SM0
友「ん、ちゅ。はむ……」ペロペロ

男「く、う……掃除って、レベルじゃないぞ……?」

友「ひいの……んむ」チュパ

男「……涙、出てる」

友「うん……ひらふぁっふぁひゃら」チュゥ

男「うくっ。……しゃぶるのやめてから言えよ」

友「ちゅう……んぱ。……痛かったから」

男「……ごめんな」

友「うん。掃除、終わり」




221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 07:14:13.00 ID:IF8QJ4SM0
男「なあ、友」

友「ん」

男「乱暴して、ごめん」

友「……やだ、許さない」

男「だよな」

友「じゃあ、こうしようぜ」

男「次は優しくする」

友「……うん。なら、いいよ」

男「うん」ナデナデ




222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 07:16:21.64 ID:IF8QJ4SM0
男「友、キスしよう」

友「……なんで?」

男「……なんでだろうな」

友「あんなに、嫌がってたのに」

男「……一線を超えるって、マジで恐いんだな」

友「気持ち悪いとか言ったくせに」

男「ごめんって」




224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 07:19:17.41 ID:IF8QJ4SM0
友「したいのかよ、キス」

男「うん」

友「お前の精子、飲んだ口だぞ」

男「いいんだよ」

友「……ん」

男「ん」

 チュッ


    FIN




225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 07:22:49.12 ID:IF8QJ4SM0
お付き合いありがとうございました
即興だからって拙いエロ表現ですね、お目汚し申し訳ございませんでした
終わってから友のタマをいじるのを忘れていた事に気付きました、すみません

お疲れさまでした
良い一日を




228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 07:55:32.56 ID:L7aG2enI0
中出しした後そのままにしておくと下痢する
というか生は怖くてできねーな




229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 08:01:14.14 ID:yk3S10LQ0
大層乙であった
玉もそうだけどチクビはいじらなかったんだな




231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 08:52:15.48 ID:h8uMHiVr0

友可愛いよ友




220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 07:13:25.46 ID:Ci/ctCeh0
これって男と友の2人に感情移入すれば2回愉しめるよな




G-men (ジーメン) 2010年 03月号
G-men (ジーメン) 2010年 03月号
クチコミを見る


 

最新記事50件