関連記事
トウヤ「ポケモントレーナーのマスターになる!」【前編】【中編】【後編】

240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 15:30:42.99 ID:nIixHds90
トウヤ「ソウリュウ・・・たしかこの地方で最強のジムだって話だな・・・」

フウロ「そうだよ〜最強のジムの名に相応しくドラゴン使いばかりだって〜」

トウヤ「なるほど・・・ドラゴン・・・って!?フウロさん!!ジムは!?」

フウロ「えへへ〜今は他の鳥使いの人に任せてるよ!」びしっ!

トウヤ「胸張っていうことじゃないだろ!」

フウロ「だってキミのこと、気になるから・・・」

トウヤ「え・・・っ!」

フウロ「なーんちゃって///」

トウヤ(照れながらいわれると冗談に聞こえないよ!)


241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 15:36:21.22 ID:lNhXcyhT0
うまく安価を消費したなwwwww

【閲覧注意】ゾッとする画像貼ってけ
すぐヤらせてくれそうな・・・ギャル風小学生の画像
アブソル「ほろびのうたを歌おうか」
エリカ「まあ・・・・足で感じてしまいますの・・・・?」
シルバー「ポケモンマスターになってやる」
サカキ「ナツメ…エリカ…カスミ…ハァハァ」

 

242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 15:36:58.42 ID:nIixHds90
「ここが最強のジム・・・特に対したこと無かったね、ゾロアーク」

ゾロアーク「ぞろあっ!」

「これでバッジはあと三つ他のジムも対したこと無さそうだ・・・」

「ポケモンを使役しているような者に真の強さは生まれないだろうしね・・・」

「・・・ん?あれは・・・」

トウヤ「フウロさんジムリーダーなんだから仕事・・・まあ、そんなこと言われちゃ仕方ないか」はー

フウロ「ふふっ♪トウヤくんの試合はやくみたいな〜」


243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 15:37:18.19 ID:tugD8/fF0
いい展開だ


245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 15:48:58.20 ID:nIixHds90
「キミ、ジムリーダーなの?」

フウロ「え・・・?は・・・はい・・・?」

トウヤ「?フウロさん知り合い?」

「ねえジムリーダーなら勝負しないかい実は僕バッジを集めてるんだ勝ったら僕にキミのジムバッジを渡して欲しい」

フウロ「すみません、今日はおやすみなんです・・・フキヨセジムへ行けば対戦してくれるとおもいますよ」

トウヤ「早口なやつだな・・・なら僕と勝負しないか?」

「キミは?」

トウヤ「俺はトウヤ!ポケモンマスターとトレーナーマスターになりたい男だ!」

「・・・へえ」


247:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 15:53:26.59 ID:nIixHds90
トウヤ「僕が勝ったらおまえのバッジを貰う、僕が負けたらこのバッジ二つあげる」

フウロ「と・・・トウヤくん!?」

トウヤ「フウロさん・・・なんか俺・・・こいつに負けたくないんだ」

「いいよ、僕のバッジは五つだけどキミに負ける気しないしかけてあげよう」

トウヤ「勝負だ!え〜っと・・・」

N「僕はN、ポケモンを解放する者だ!ゆけ!ゾロアーク!」


252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 16:12:37.69 ID:nIixHds90
トウヤ「ゾロアークか・・・ゆけ!ドククラゲ!」

ドククラゲ「じー!」

N「僕が戦わせるポケモンはゾロアークだけ、これはハンデじゃなく最も親しいトモダチだからさ」

トウヤ「一匹だけで十分・・・?いってくれるな!ドククラゲ!なみのり!」

N「ゾロアーク!ナイトバースト!」

ゾロアーク「ぞぉおおお!ろあー!」バシュウ!

ドククラゲ「じー!?」

ずだーん

トウヤ「な・・・!なみのりの中に打ち込んでダメージを・・・」

N「素晴らしい威力だ、ゾロアーク」


254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 16:19:25.75 ID:nIixHds90
トウヤ「ドククラゲ!?」

N「キミのドククラゲ・・・信用はしてるようだけど僕のゾロアークよりも弱いね」

ドククラゲ「じー・・・」

トウヤ「次は当てるぞ!ドククラゲ!へドロ爆弾!」

N「無駄だね・・・ナイトバーストで命中率の下がっているキミのドククラゲのへドロ爆弾じゃ・・・僕のゾロアークには当たらない」

ゾロアーク「ろーあー!」ビシュッ

ドククラゲ「じじ!?」ぼーん

トウヤ「な・・・ドククラゲ!?」

フウロ「ドククラゲ・・・戦闘不能・・・」


259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 16:27:38.75 ID:nIixHds90
フウロ(やっぱりこの戦い・・・強さが違うよ・・・まだトウヤくんじゃ・・・)

N「ごめんね、ドククラゲ。さあ、次のポケモンをだしてごらん」

トウヤ「くそ・・・ゆけ!エルフーン!」

エルフーン「わふっふ!」

N「ふうん・・・エルフーンか・・・」

N「でもそのエルフーン・・・きみにまだなついてないみたいだけど」

トウヤ「もしかしてNはポケモンとの絆がなつき度だけで測れると思ってんの?」

N「・・・?」

トウヤ「みせてやるよ!いけ!エルフーン!」

エルフーン「ふん!」

トウヤ「ぼうふう!!」


261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 16:31:02.01 ID:nIixHds90
N「かわすんだゾロアーク!」

トウヤ「残念!狙いはそっちじゃないのよ!」

フウロ「きゃあ!?」すぱーん

N・ゾロアーク「!?」

エルフーン「ふふーん♪」

トウヤ「このすきに!決めるぞエルフーン!」

トウヤ「しびれぼうふう!!」

エルフーン「えるふー!!」

ゾロアーク「ぞ・・・ぞれあっ!?」


264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 16:34:54.11 ID:nIixHds90
ゾロアーク「ぞろ・・・あ・・・」びりびり

エルフーン「ふふーん♪」ニタア

すぱすぱすぱっ!!

ゾロアーク「ぞ・・・ろ・・・あ・・・」ばたっ

N「そ・・・そんな・・・下着姿に見とれていたらゾロアークが・・・プードル刈りに・・・」がくっ

トウヤ「やったぜ!エルフーン!」

エルフーン「ふふーん♪」

フウロ「ふふーんじゃないよね・・・?」ごごごごご

トウヤ・エルフーン「」びくっ!!


266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 16:39:53.50 ID:uo8MGh3T0
Nだせぇwwww


267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 16:41:28.16 ID:nIixHds90
トウヤ「いやいや・・・まえエルフーンにスパッとされたひとは全部丸出しでしたけど・・・フウロさんはほら少年漫画のお色気シーンくらいしかぬがされて・・・」

フウロ「・・・ねえエルフーンちゃん?あたしのジムのタイプ、何かわかるかな?」

エルフーン「ふ・・・ふーん・・・」

フウロ「そ、あなたのとーっても苦手な飛行タイプ、これがなにを意味するかわかるかな〜?」

フウロ「バルジーナ!ウォーグル!フリーフォール!!」

ぎゃああああああああああああふーんんんんんんんんん!!!!!!!

N「ゾロアーク・・・」

ゾロアーク「ぞ・・・ぞろ」

N「おっぱいみれたから悔いがないって・・・どれだけ紳士なんだ!」


268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 16:55:31.79 ID:nIixHds90
トウヤ「まあN・・・勝ちは勝ちだ・・・バッジは貰うぜ・・・」

N「構わないよ、僕は今君に素晴らしいことを教えてもらった・・・」

N「ポケモンとは友情だけじゃなくて・・・エロスでもつながるべきなんだってね!」

フウロ「え・・・?」

N「僕はポケモンのエロスの解放に向かってこれからもっと強くなる・・・」

N「トウヤ!!キミは夢があるといった……その夢……かなえろ! 」

トウヤ「N・・・」

N「すばらしい夢を実現しキミの真実と するんだ!トウヤ!キミならできる!!」

トウヤ「・・・」

N「それじゃ・・・サヨナラ!!」

フウロ「台無しね・・・」


272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 17:00:10.62 ID:nIixHds90
トウヤ「N・・・」

トウヤ「おれ・・・絶対夢叶えるよ!叶えて・・・絶対おまえに自慢してやる!」

N「ふっ・・・」

アスファルトタイヤを切りつけながら暗闇走り抜ける〜

フウロ「なんで締めみたいになってんだろ・・・てゆうかソウリュウジムはどうするのかな・・・>>274」


274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 17:02:47.66 ID:f4qVnhibO
フウロと諸国漫遊


277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 17:35:27.72 ID:nIixHds90
トウヤ「ソウリュウジムなんかいかなくてももーいいな」

フウロ「えっ?」

トウヤ「Nのおかげでジムバッジはあるしのんびりしようよ」

トウヤ「一緒に旅行とか」

フウロ「りょっ!?」

フウロ「りょこりょこりょこりょこおですかあ!?!?」かあああっ

トウヤ「ああ、さっきのお詫びに、例えば>>280」


280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 17:41:38.01 ID:yC1b8qf4O
サザナミ


285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 17:46:31.94 ID:nIixHds90
サザナミタウン・・・

トウヤ「ついたな!サザナミタウン!」

フウロ「うわ〜泳ぎましょうよ!トウヤくん!」

トウヤ「いや〜おれ水着持ってないしな〜てゆうかフウロさんはもってんの?」

フウロ「ふっふっふ!いーとこ知ってるんだよね〜!!」

トウヤ「?」


287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 17:54:23.60 ID:nIixHds90
フウロ「ごめんくださーい!」

トウヤ「な・・・なんかおれには場違いなところな気が・・・高そうな家・・・」

「はぁーい!あっ!フウロちゃんじゃない!」

フウロ「お久しぶりです!シロナさん!」

トウヤ「シロナさん?」

シロナ「あらあら・・・もしかしてフウロちゃんのコレかしら?」

フウロ「な///」

トウヤ「ち・・・違います///俺はポケモントレーナーのトウヤです!」

シロナ「あら違うの?凄くなかよさそうだから勘違いしちゃったわあ」

シロナ「で、今日はトウヤくん連れて何の用かしら?」


289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 17:59:05.44 ID:nIixHds90
フウロ「たしかこの別荘にあたしの水着おいてましたよね?」

シロナ「ああ、それなら向こうのクローゼットにしまったわ」

フウロ「ありがとうございますっ!あっついでに男物の水着はないですか?」

シロナ「うーん、この別荘、女の子しかこないから多分ないとおもうわ」

フウロ「そうですよね・・・」

トウヤ「フウロさん、僕向こうで男物の水着買ってくるよ」

フウロ「あっそうですか!それじゃあたしは着替えてますね〜」


290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 18:03:33.32 ID:nIixHds90
シロナ「トウヤくんいっちゃったわね・・・」

フウロ「そうですね〜」ぬぎぬぎ

シロナ「実際のところどうなのよ?トウヤくんとは?」

フウロ「はひっ!?そ・・・そんななんにもないですよっ!!」

シロナ「ほんと嘘が下手ね〜どこまでいったの?キスはもうした?」

フウロ「ききききききき」

シロナ「キスもまだ?つまんないわねぇ」

フウロ「いや!ししししかけましたよ!!!!!」

シロナ「へえ」


291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 18:09:24.37 ID:nIixHds90
フウロ「観覧車で!」

シロナ「ほほう!」

フウロ「でも・・・そのあと話そらされちゃいました・・・」

シロナ「ふむ」

フウロ「あたしには魅力ないんでしょうか・・・今日もあっさりと否定されたし・・・」

シロナ「大丈夫、フウロちゃんの魅力はきっとあの子も理解してるわよ」

フウロ「そうですかね?」

シロナ「あなたの魅力に気付かない男の子はいないわよ、自信もちなさい」

フウロ「はい・・・」


294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 18:19:07.73 ID:nIixHds90
トウヤ「この辺りの店・・・た・・・高い・・・」

トウヤ「男物の水着なんなほとんどパンツじゃねーかなんでこんな高いんだ!」

海パンおとこ「少年!それは大きな間違いだ!海パンは漢たちの夢がつまったもっこりパンツだ!決してお金では変えないものがそこにある!」

トウヤ「すみませ〜んこの海パン一丁で買い物にきてる変態をつまみ出してくださーい」

海パン「はっは!無駄だよ!わたしはここのアルバイトだからな!」

トウヤ「・・・じゃあ一番やすいやつください・・・」

海パン「おお!それならこのブゥーメラン!!!!」

トウヤ「やっぱそこの高いのでいいです」


295:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 18:27:32.52 ID:nIixHds90
海パン「ここでそうびしていくかい?」

トウヤ「あ、はい、そうびします・・・」

・・・

トウヤ「はー・・・高かった・・・フウロさんはどこかな・・・」

フウロ「トウヤくーん!こっちこっちー!!」

トウヤ「ああフウロさ・・・」

フウロ「うわ〜トウヤくんの水着たかそー!スパンコールついてる〜!」

フウロ「・・・?トウヤくん?」

トウヤ「あ・・・ああ!高いのかわされたからさ〜」

トウヤ(ふ・・・フウロさんの水着・・・破壊力ありすぎる!!)


298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 18:47:34.00 ID:nIixHds90
休憩するから参考画像ください


300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 18:54:44.70 ID:lNhXcyhT0
>>298
ここまでのSSはこのための布石だったのか!!


301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 18:55:44.27 ID:FSU302uq0
>>298
301-1


301-2


301-3



308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 19:42:17.72 ID:nIixHds90
トウヤ「ふ・・・ふーろさんも水着!にあってますっ!!」ドキドキ

フウロ「あ・・・ありがと・・・」

トウヤ「じゃ・・・じゃあ・・・」

フウロ「およごっか♪」

トウヤ「うん!」

ばしゃばしゃばしゃフウロさんはやーいきゃっきゃうふふ

シロナ「若いっていいわねぇ」

シロナ「わたしもじゅうはちのときはあんなだったな〜」

うきわガール「うわーシロナおばちゃん独り言までいってるぅ」

ビキニのおねえさん「ああはなりたくないな〜」

大人のおねえさん「シロナさんあたしがこどものころからあんなだけど何歳かしら・・・」


309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 19:47:14.44 ID:nIixHds90
トウヤ「フウロさん泳ぐのはやすぎですよ!その髪飾りスクリューにでもなってるんですか!?全くおいつけなかったよ!」

フウロ「ふふ!一流のパイロットは肺活量がちがうんです!かなりの重力にも耐えられます!」

トウヤ「いやそれ戦闘機とかじゃないの?貨物パイロットには関係ない気が・・・」

フウロ「細かいことは気にしない!でもほんと海がきれいだねぇ」

トウヤ「そうだ!ドククラゲやエルフーンも・・・」

フウロ「ダメ、特にエルフーンは!」

トウヤ「はい・・・」


311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 19:53:57.29 ID:nIixHds90
トウヤ「しっかしシロナさんってお金持ちだよなあ・・・こんな別荘持ってるなんで」

フウロ「あはは、確かにあの人はシンオウのポケモンリーグチャンピオンだけどこの別荘は他の人のだよ」

トウヤ「シロナさんの別荘じゃなかったのか!」

フウロ「まあ春と秋にいつも使ってるのシロナさんだからほとんどシロナさんのみたいになっちゃってるけど・・・そういえば今日は家主のお嬢様いないね〜」

トウヤ「家主はお嬢様なんだ」

フウロ「うん!お人形さんみたいにかわいくて綺麗なブロンドの髪と瞳ですっごく上品な人だよ!」

トウヤ「へ〜あってみたいな〜」

カトレア「呼んだかしら?」

トウヤ「どうわあ!?」


312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 19:57:56.01 ID:nIixHds90
フウロ「あっ!カトレアちゃん!来てたんだ〜!」

カトレア「今来たばかりよ、久しぶりね。フウロそれに・・・」

トウヤ「あ・・・あなたはカトレア!!」ドキドキ

カトレア「・・・いつかのドククラゲの子ね。アタクシのこと、覚えててくれたの?」

トウヤ「ああ・・・あなたのおかげでポケモントレーナー続けられてます!」

フウロ「あれ?二人とも知り合いなんだ」


313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:01:59.42 ID:nIixHds90
トウヤ(あ・・・憧れのカトレアお嬢様が・・・てゆうかあそこの家主カトレアかよ!)

カトレア「少しは強くなったかしら?」

トウヤ「もちろん!もうバッジだって7つだよ!」

フウロ「不正みたいなもんだけどね〜」

トウヤ「こ・・・こらっ」

カトレア「ふーん、仲がいいのね、あなたたち」

フウロ「そ・・・そんな〜てへへ」

トウヤ「そんなことないです!!」

カトレア「?そう・・・」

フウロ「・・・」


314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:06:16.14 ID:nIixHds90
カトレア「じゃあアタクシはそろそろ別荘に戻るわ、」

トウヤ「えっ?もう?」

カトレア「生まれつき肌が弱いの、じゃあね、トウヤ」

トウヤ「う・・・うん・・・」

フウロ「ばいばーい」

カトレア「」ふりふり

トウヤ「」ぽけーっ

フウロ「ねぇトウヤくん・・・」

トウヤ「な・・・なに!?」

フウロ「カトレアちゃんのことどうおもってるの・・・?」

トウヤ「ほへ!?そ・・・それは・・・>>317」


317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:08:13.66 ID:+hvK00bW0
ペロペロしたい!


318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:14:03.88 ID:nIixHds90
トウヤ「ペロペロしたい・・・!(キリッ」

フウロ「・・・もっと真面目に答えて欲しいな・・・」

トウヤ「いやだからペロペロしたい!あの純白な肌に僕のベロを虫のように這わせたい・・・!」

フウロ「・・・」

フウロの 好感度が ガクッと 下がった!

トウヤ「な・・・なんちゃって〜」

フウロ「・・・冗談でも・・・そういうのはきついよ・・・本当はどうおもうの・・・?」

トウヤ「そ・・・それは」
↓2


319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:15:14.01 ID:+FN2X+uB0
殴り殺したい


320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:15:40.58 ID:divCsNVu0
ペロペロしたい


322:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:32:10.84 ID:nIixHds90
トウヤ「俺はペロリストだ、カトレアお嬢様をペロペロしたい!」

トウヤ「更に言うならあのモフモフブロンドヘアーをカリカリモフモフしたい!!」

フウロ「・・・」

フウロ「そんなに・・・カトレアちゃんのこと好きなんだ・・・」

トウヤ「あれ・・・ふう・・・ろ・・・さん?」

フウロ「う・・・」ぐすっ

フウロ「な・・・なんでもないよ・・・あ・・・あたしちょっと目、洗ってくるね・・・」

トウヤ「お・・・おい!フウロさん!」

どうする
2↓


323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:33:19.72 ID:f4qVnhibO
フウロをおかずに抜く


324:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:33:25.02 ID:6DkF0tgUO



328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:37:58.87 ID:nIixHds90
トウヤ「な」

トウヤ「なんてことを・・・いくらペロリストでも僕は紳士なペロリストだったはず・・・紳士なペロリストは決してペロペロへの欲望は表に出さず、匿名性の高い場でしかペロペロへの欲望をくちにだしてはいけないのに・・・」

トウヤ「引いたよな・・・フウロさん・・・」

トウヤ「そもそも今日はフウロさんへのお詫びのための旅行なのに・・・」

トウヤ「フウロさんに謝るしかないか・・・」


329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:43:22.33 ID:tugD8/fF0
これはうまい消費


331:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:48:53.07 ID:nIixHds90
フウロ「ぐすっ・・・ぐす・・・っ」

フウロ「そうだよね・・・トウヤくんは元からカトレアちゃんが大好きだったんだよね・・・だからあたしを彼女か聞かれても必死に否定してて・・・」

フウロ「あたし・・・バカみたい・・・」ぽろぽろ

トウヤ「フウロさーん!」

フウロ「!」

トウヤ「フウロさーん!どこですかー!!」

トウヤ「フウロさーん!」

フウロ「・・・ばか」

トウヤ「いないな・・・いったいどこまでいったんだ・・・」

シロナ「あら?どうしたの?トウヤくん」

トウヤ「シロナさん!」


333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 20:54:02.85 ID:nIixHds90
トウヤ「〜ってことで・・・フウロさんを怒らせちゃって・・・」

シロナ「ふーん・・・で?あなたはどうしたいの?」

トウヤ「そりゃ見つけだして謝って・・・」

シロナ「謝ってからどうするの?今までみたくまた曖昧な関係になるの?」

トウヤ「曖昧って・・・」

シロナ「フウロちゃんはきっとあなたを愛してる・・・でもあなたはこのままあの子をキープみたいな扱いにするの?」

トウヤ「・・・」

シロナ「白黒、はっきりつけたほうがいいわよ?」

トウヤ「そうですよね・・・」

フウロ(さっきから全部丸聞こえなんだけどね〜)

トウヤ「僕は・・・」


336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:00:52.82 ID:nIixHds90
トウヤ「僕は!トレーナーマスターになる!」だん!

シロナ「え・・・?トレーナーマスター・・・?」

トウヤ「フウロ!僕はきみを幸せにする!そして・・・」

トウヤ「カトレアお嬢様ともペロペロする!!」ドン!

トウヤ「こんな僕だけど・・・それでも見捨てないでいてくれるなら・・・」

トウヤ「また一緒に旅しよう!!」

フウロ(・・・)ざっ!

フウロ「・・・うんっ///!!」

シロナ(・・・いやペロペロはドン引きだわぁ・・・)


339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:14:24.17 ID:nIixHds90
フウロ「ぐす・・・トウヤくん・・・」

フウロ「ふつつかものですが・・・あたしのこと、よろしくおねがいします・・・ぐす」

トウヤ「ああ!絶対幸せにする!」

カトレア「アタクシをペロペロするってなんの話かしら?」

トウヤ「びくっ!!や・・・やっぱいましたか・・・」

カトレア「全部丸聞こえよ、そんなにアタクシをペロペロしたいの・・・?」

トウヤ「へ・・・えっと・・・その・・・」

カトレア「ふふ・・・いいわよ・・・ただし」

カトレア「ポケモンリーグでアタクシを退屈させないような試合ができたらね」

トウヤ「!」

フウロ「むー」

カトレア「待ってるわ」

トウヤ「はい!」


341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:25:29.11 ID:nIixHds90
やったー フウロを つかまえたぞ!

トウヤ バッジ7個 プレイ時間36時間
ポケモン図鑑 つかまえた数2匹 つかまえたトレーナー1人
ポケモンレポートに書き込んでいます・・・

ここからどう展開しますか?


342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:26:47.21 ID:f4qVnhibO
ポケモン捕まえようぜ!


343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:27:57.27 ID:t243cQjC0
ここからどうやってハーレムに持っていくかだな


344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:30:57.57 ID:98eYrdQ40
カミツレさん落とそう


346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:35:07.05 ID:nIixHds90
トウヤ「とりあえずポケモンをつかまえたいとおもう」

フウロ「まだトウヤくん二匹しかてもちいないしねバッジ七個なのにそれはすごい珍しいよ」

トウヤ「やっぱバッジ七個クラスになるとそれなりにポケモンが必要だな・・・僕のてもちは・・・」

ドククラゲ 水毒
エルフーン 草

フウロ「鋼タイプにとっても弱いね〜」

トウヤ「確かに・・・炎タイプか地面タイプがまずは必要か・・・」


352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:43:07.15 ID:nIixHds90
フウロ「特にカトレアお嬢様はメタグロスっていう戦闘用ロボットポケモン持ってるらしいですしおすし」

トウヤ「メタグロスか・・・半端な炎ポケは返り討ちにされるな・・・」

フウロ「でもメタグロスに簡単に勝てるポケモンなんてそう簡単には捕まらないねぇ」

トウヤ「う〜ん・・・そういえばイッシュには砂漠があるんだな・・・」

フウロ「・・・?確かにありますけど・・・」

トウヤ「ここなら暑いから炎ポケモンや地面ポケモンがたくさんいるんじゃないか!?」

フウロ「確かにそうですね!」

トウヤ「よーし!じゃあ砂漠にレッツゴー!」


360:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:49:29.83 ID:nIixHds90
なんとかデザート

トウヤ「ここが砂漠・・・!」

フウロ「風がつよいねっ」

トウヤ「でもこんな砂嵐の中暮らしてるポケモンなら・・・きっと強いはず・・・」

フウロ「・・・でも・・・いたっ!ちょっと砂嵐が強すぎ・・・あだっ・・・るよっ!!」

トウヤ「た・・・たしかに・・・よ・・・よし・・・それなら・・・」

トウヤ「ゆけっ!エルフー フウロ「あっ!古いお城があります!ちょっとあそこで休憩しましょ!」

トウヤ「へい・・・」


362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:52:41.18 ID:nIixHds90
ダルマッカ「どんどこちー!」

フウロ「きゃっ!?」

トウヤ「砂漠のポケモン!こいつは・・・」

フウロ「ダルマッカね・・・はやくお城で休憩したいのに〜」

トウヤ「よくみたらこいつ炎タイプかな・・・ゲットするか・・・?」

↓1 どうする?


363:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:52:55.52 ID:+FN2X+uB0
しない


365:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:55:02.13 ID:nIixHds90
トウヤ「こんな不細工いるか!ゆけっ!ドククラゲ!なみのり!」

ドククラゲ「じー!」ざばああああ

ダルマッカ「まっか!?」

どばしゃああああ ダルマッカをたおした!

フウロ「はやくはいろっ!」

トウヤ「ああ!」


367:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 21:59:03.17 ID:nIixHds90
古代の城

フウロ「う〜・・・砂まみれだよ〜」

トウヤ「帰ったら風呂入らないとな」

フウロ「へ!?」

トウヤ「い・・・いや深い意味はな・・・ ズボッ

トウヤ「ん?・・・ズボッ?」

トウヤ「おわあああああああああ」

フウロ「トウヤくん!・・・おねがいっ!ドンカラス!トウヤくんを助けて!」

ドンカラス「かかー!」バサバサバサ


371:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:06:19.55 ID:nIixHds90
トウヤ「ほ・・・本気で死ぬかと思った・・・下暗闇過ぎる・・・」

フウロ「よしよし!よくやったね〜ドンカラス!」

ドンカラス「カァー!」

トウヤ「ありがとな、ドンカラス・・・しかし、下があんな暗闇じゃポケモンもきっといないな・・・」

フウロ「ふふん!それはどうかなっ!トウヤくん!ポケモンには夜行性のものやもの影に隠れてるのもいたりしてね」

フウロ「こういうところにこそ・・・あ・・・!」

トウヤ「・・・?え?フウロさん?」

フウロ「と・・・トウヤくん・・・あの中から・・・>>374が!!


374:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:07:34.88 ID:XpWjp9IC0
バチュル


375:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:12:09.72 ID:AsTS+EdJ0
バチュルかよwww
まあ可愛いとは思う


376:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:14:02.35 ID:nIixHds90
バチュル「ばちゅちゅちゅ!」

トウヤ「うわあっ!・・・って」

トウヤ「ちっちゃくてかわいい・・・」

フウロ「いや蜘蛛のポケモンだよ!それ!」

トウヤ「フウロさんは虫ポケモンだめなのか?」

フウロ「いやそういう問題じゃなくて・・・野生のポケモン・・・」

バチュル「ばちゅー」

トウヤ「なんだこいつ、肩に乗って来てる。よーし!仲間にしてやろう!」

バチュル「ばちゅばちゅ!」


377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:18:09.34 ID:nIixHds90
フウロ(正直虫ポケモンは
うちのこたちがバリバリ食べてるの見てからあまり好きじゃないんだけど・・・)

バチュル「ばちゅ〜」

フウロ(すごく懐いてるみたいだしいっか)

トウヤ「これで三匹!でもやっぱ炎ポケモンが欲しいな・・・なあバチュル、この辺で強い炎ポケモンしらないか?」

バチュル「ばちゅ・・・」

バチュル「ばちゅ!ばちゅばちゅ!」すたたたた

トウヤ「ついてこいってことか?」

フウロ「いってみよっ!」


382:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:30:42.91 ID:nIixHds90
フウロ「・・・ここは・・・」

トウヤ「何かの祭壇みたいだけど・・・」

バチュル「ばちゅー」ピリピリピリ

誰だ・・・我が眠りを覚ましたうつけものは・・・

トウヤ「!?誰だ!」

こちらが問うておるのだ・・・小僧・・・おまえは何者だ・・・

フウロ「あわわわ・・・いったいこれは・・・」

トウヤ「僕はポケモントレーナーのトウヤ!この砂漠に強い炎ポケモンを探しにきた!」

ほう・・・つよい炎ポケモン・・・

それは・・・

ウルガモス「シューシューシューシュー・・・」

我のことか!?

トウヤ「うわあでっけー蛾・・・」

フウロ「ああああああ・・・」


389:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 22:39:19.54 ID:nIixHds90
ウルガモス「スピューウ!!」ゴオオオオ!

ウルガモスの かえんほうしゃ!

バチュル「ばちゅ!?」

トウヤ「バチュル危ない!ゆけっ!ドククラゲ!」

ドククラゲ「ジジー!」

こうかは いまひとつのようだ

ほう・・・あまりこちらでは見かけないポケモンだな・・・

トウヤ「どうやらあの蛾がしゃべってるみたいだな・・・つかまえてやる!ドククラゲ!なみのり!」

ドククラゲ「ジジー!」ばしゃあ!

ウルガモス「ガア・・・」ごごご・・・

ウルガモスの サイコキネシス!
ドククラゲのなみのりを打ち消した!


412:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 03:09:29.04 ID:nIixHds90
トウヤ「ありゃー毎回ドククラゲのなみのりは破られちゃうな・・・」

フウロ「・・・あそこまでおっきい蛾はむりだよぅ」

トウヤ「まあ倒しちゃうのもあれだし・・・ここはまきつくだ!」

ドククラゲ「ジジー!」シュルルルルル

ウルガモス「!?」ぐぐっ!

トウヤ「よし!決まったぜ!」

愚かな・・・

ドククラゲ「!?」ふわり

ウルガモス「ギギィス!」カッ

ウルガモスのサイコキネシス!こうかは抜群だ!

トウヤ「げ!ドククラゲ!?」


424:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 07:47:45.93 ID:nIixHds90
トウヤ「ドククラゲが頑張ってる間に・・・エルフーン!しびれごな!」

エルフーン「フワッ!」さらさら

ウルガモスはまひした!

ウルガモス「ピギャゥ!」ゴオオオオ

エルフーン「ふん!?」

ウルガモスのかえんほうしゃ!エルフーンは倒れた!

トウヤ「エルフーン!?」

小僧・・・これで貴様の手持ちはゼロだな・・・

トウヤ「・・・っ」

フウロ「何をー!それならあたしの鳥ポケモンで!」

トウヤ「フウロさん!」

フウロ「ご・・・ごめんっ」

トウヤ「ウルガモス・・・僕はおまえが必死なんだ・・・!」

トウヤ「僕だけでつかまえてやる!ハイパーボール!」


425:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 07:52:16.88 ID:nIixHds90
しかしボールからでてしまった!

トウヤ「ハイパーボールハイパーボールハイパーボールハイパーボール!!」

おしい!もうすこしでつかまったのに!

ウルガモス「・・・」

トウヤ「ぜえ・・・ぜえ・・・」

・・・何故それ程までに我を欲する・・・?

トウヤ「僕は・・・友達と・・・」

トウヤ「Nと約束したんだ!夢を叶えると!!」

トウヤ「ポケモンリーグを制覇するって!!」

ふん・・・制覇してその先に何がある?

トウヤ「あるさ!僕は!」

トレーナーマスターになる!


426:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 07:56:12.32 ID:nIixHds90
トレーナーマスター・・・?くだらん・・・馬鹿げた欲望だ・・・

フウロ「あたしもそう思います・・・」

トウヤ「Nは獣姦マスターになるためにもっと強くなってくる・・・」

トウヤ「僕はNに負けない様につよくならないとだめなんだ!ゆけっ!タイマーボール!」

なるほど・・・友のためか・・・

馬鹿げているが・・・

それに付き合ってやってもいいか・・・

カチッ! ウルガモスをつかまえたぞ!


445:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 15:00:48.41 ID:nIixHds90
フウロ「・・・や・・・やったね!トウヤくん!」

トウヤ「ああ!ここまでつよいウルガモスをゲットしたんだしこれで鋼タイプを倒せる!」

トウヤ「・・・ってあれ?さっきのバチュルは・・・」

バチュル「ばちゅ!」ビリビリ

トウヤ「ごわっ!?きゅ・・・急に出てきて電磁波すんな・・・!」

フウロ「そのバチュルもゲットしたみたいだしこれで手持ちは炎水草電気が揃ったね!」

トウヤ「ああ、ちょっと炎に弱い気がするけど・・・次のジムに行ってみようか」

フウロ「次のジムって・・・>>446だっけ?」


446:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 15:03:01.01 ID:iKnLCjbV0
ニビ


450:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 15:12:16.84 ID:nIixHds90
ニビシティ

トウヤ「ここがニビシティか・・・なんか凄く懐かしい気持ちだ・・・」

フウロ「トウヤくん来たことあるの?」

トウヤ「無いんだけどさ・・・あのデジ絵じゃなくて水彩画の様なおつきみやまの色・・・なんだか凄く懐かしいよ」

フウロ「ふーん・・・」

タケシ「ななっ!」キュピーン!

フウロ「ん?」

タケシ「これは綺麗なおねえさん!わたしはターケーシと申します!このまちは初めてのようですね!わたくしが!御案内いたしましょう!!!!」

フウロ「え?あの・・・え〜っと」

トウヤ「間に合ってます!」むすっ

タケシ「おや?キミは弟さんかい?」

トウヤ「」ぴくっ


451:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 15:13:20.34 ID:eZliMeI80
アニメ準拠のタケシなのかw


452:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 15:13:50.30 ID:lzPUBbUO0
アニメ版かwwww


454:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 15:15:05.20 ID:nIixHds90
トウヤ「ぼ!く!は!フウロさんの彼氏です!!」

タケシ「そうか!フウロさんっていうのか〜お美しい!」

トウヤ「・・・」

フウロ「あはは〜ありがとうございます」

タケシ「ささっ!ニビシティはもうわたしの庭といってもいいほどですから!」

トウヤ「ひとのはなしをきけっ!!」


455:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 15:22:20.50 ID:nIixHds90
フウロ「すいませんタケシさん、本当にこの子はかれ・・・」

フウロ(・・・いや・・・こんなにヤキモチ焼いてるトウヤくんは初めてのだしもっとみてみたい・・・)

フウロ「いや弟なんですよ〜最近フウロねーちゃんをお嫁さんにする!とかいっちゃってて〜」

トウヤ「な!?」

タケシ「ふふふわたしがもしトウヤくんの立場でもそう言ってると思います」キリッ

フウロ「お世辞が上手いですね〜」チラッ

トウヤ「・・・」

フウロ(ふふっこりてるこりてるwwそろそろねたばらし・・・)

トウヤ「・・・ふふ・・・そうだねフウロねーちゃん!僕その辺みてくるよ!」

トウヤ「」にこぉ

フウロ「!?」


457:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 15:27:10.34 ID:nIixHds90
フウロ「あ・・・えっとトウヤく・・・」

タケシ「ささっ!フウロさんはわたくしめが案内しますからっ!!」

フウロ「トウヤくんっ!!」

トウヤ「ばいばーい、お、ね、え、ちゃ、ん!」

フウロ「・・・トウヤくん・・・」

タケシ「フウロさん?」

フウロ「すみませんっ!あたし・・・ほんとにトウヤくんの彼女なんです・・・!」

タケシ「へ?」

フウロ「ごめんなさい!」だっ

タケシ「」ごめんなさーいごめんなさーいごめんなさーい

タケシ「うわあああああああああ」

タケシ弟「あーあまーたふられたよ」


458:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 15:29:38.23 ID:lzPUBbUO0
タケシ弟wwwww


459:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 15:32:50.42 ID:nIixHds90
フウロ「トウヤくん・・・いったいどこに・・・」

ミニスカート「ちょっと!トウヤくんはあたしのモノよ!」

ガールスカウト「トウヤはあたしのよ!」

大人のおねえさん「あら、ボウヤはあたしの」

トウヤ「みんな幸せにするよ」ニコッ

トウヤさま〜!!

フウロ「な・・・なにあれ・・・この短時間に何が・・・」

メラメラメラメラ・・・

フウロ「ん・・・?」

タケシ「トゥォオヤァ!!」ゴゴゴゴゴゴ

フウロ「あ・・・あつい!!」


463:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 15:38:19.73 ID:nIixHds90
トウヤ「あれ?タケシさん、フウロねーちゃんと一緒じゃないの?」

タケシ「おまえフウロさんの茶目っ気をなにまにうけて他の女つれてるんだ!!このエロガキぃ!!」

トウヤ「茶目っ気をあんまり多めにみすぎちゃダメですよ、これだから魔法使いは・・・」

タケシ「まだ百歩手前だ!!ポケモンバトルで勝負しろ!エロガキ!」

トウヤ「でも僕、このあとジム戦が・・・」

タケシ「それは心配いらない!何を隠そう!この俺が!ニビジムジムリーダーいしのおとこタケシだからだ!」

トウヤ「へえ・・・」


464:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 15:43:17.49 ID:nIixHds90
タケシ弟(にいちゃんまだ童貞なんだ・・・おれもきをつけねーと・・・)

タケシ弟「これより!ニビジムジムリーダータケシ対挑戦者トウヤのポケモンバトルをはじめます!」

タケシ「」メラメラ・・・

トウヤ「」ニヤ

フウロ「トウヤくん・・・ごめ」

トウヤさま〜!頑張ってー!

トウヤ「ありがとー!」

フウロ「むう・・・」

トウヤ「なら僕から行くぞ!ゆけっ!ドククラゲ!」

タケシ「ゆけっ!カブトプス!」


467:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 15:50:48.51 ID:nIixHds90
タケシ「ふむ・・・なかなか鍛えられたドククラゲだね・・・流石バッジ7つといったところか」

タケシ「だがそれなら・・・」

トウヤ「なみのりだ!」

タケシ「俺も本気でいける!!」

タケシ「カブトプス!なみに乗ってアクアジェット!」

カブトプス「プス!」じゃばばばばば!

トウヤ「なみのりがまた効かない!?」

タケシ「そこでつじぎり!」

カブトプス「かぶ!」ズババ

ドククラゲ「じー!?」ザシュ!

きゅうしょに あたった!

タケシ弟「ドククラゲ!戦闘不能!」

トウヤ「な・・・!?」


473:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:01:06.78 ID:nIixHds90
トウヤさまっ!が・・・頑張ってー!

トウヤ「・・・もどれっ・・・ドククラゲ・・・」

タケシ「どうした?まだ本気は出していないのかい?」

トウヤ「ふん!まだまだこれからだよ!俺にはまだ三匹残ってる!」

トウヤ「ゆけぇ!最強のポケモン!ウルガモス!」

フウロ「え!ここでウルガモス・・・!?」

きゃーかっこいいー!

ウルガモス「・・・」

トウヤ「やっちゃえ!ウルガモス!」

ウルガモス「くだらん・・・」ぷいっ

トウヤ「え!?お・・・おい!ウルガモス!」

ウルガモス「相性が悪いのすらわからんか?もっと賢いものかと思っていたが・・・」

トウヤ「・・・」

タケシ「おいおいトウヤ!女の子の人気とるために強そうなポケモン使っても意味ないぞ」


474:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:03:29.13 ID:U9KPdZ0ZO
タケシが言うと重みが違うな
ギーマあたりに言わせても軽いだろうな


475:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:07:24.34 ID:nIixHds90
トウヤ「う・・・うるさい!なら・・・ゆけっ!エルフーン!」

エルフーン「ふーん」

タケシ「草タイプで来たか!ならシザークロスだ!カブトプス!」

トウヤ「エルフーン!ぼうふうでおいかえせ!!」

エルフーン「ふふーん!」ひゅわああああ!

タケシ「ッ!凄い暴風だな・・・カブトプス!いったん体制をととのえろ!」

カブトプス「ぷ・・・す・・・」

トウヤ「ここで草笛!」

タケシ「今だ!このすきにアクアジェット!」

カブトプス「かぶー!」


476:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:11:43.19 ID:nIixHds90
ドッ!

エルフーン「ふーん!?」

トウヤ「え・・・エルフーンまだいける!しびれごな!」

タケシ「遅い!カブトプス!シザークロス!」

カブトプス「プスウ!」ヒュヒュッ

ずばあ!!

エルフーン「ふー・・・ん・・・」ばたっ

トウヤ「エルフーン!?」

なんだ〜トウヤってよわ〜い

ださくね、タケシさんはさすがだよな〜

まだのこりいるじゃん!残りのポケモンなんだろね〜

トウヤ「・・・」

タケシ「さあ!もっと全力でこい!」


477:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:20:09.02 ID:nIixHds90
トウヤ「・・・ゆけっ・・・バチュル!」

バチュル「ばちゅ〜」

・・・ええバチュル〜?バチュルが許されるのはバック4つまでだよね〜

かえるか〜 しょーもない試合だったな

タケシ「・・・カブトプス!バチュルにストーンエッジ!」

バチュル「ばちゅ!?」

トウヤ「ば・・・バチュル!え・・・え〜っと・・・え〜っと・・・」

フウロ「トウヤくん!!!!」

トウヤ「!?」

フウロ「頑張って!!」ぐっ

トウヤ「・・・!!」

トウヤ「・・・よし!!バチュル!自分の周りにエレキネット!」

バチュル「ばちゅ!」びりびりびり


479:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:28:45.83 ID:nIixHds90
タケシ「なるほど・・・考えたな。自分の周りにエレキネットを貼れば電気が弱点のカブトプスは迂闊に攻撃出来ない・・・と」

タケシ「だが甘いっ!もどれ!カブトプス!」

タケシ「電気が効かないポケモンならどうだ!ゆけぇ!ゴローニャ」

ゴローニャ「うにゃーにゃ」

トウヤ「交代を待ってたぜ!バチュル!エナジーボール!」

バチュル「ばちゅ!」ひゅーん!

ゴローニャ「うにゃうにゃ!?」

タケシ「なっ!ゴローニャ!?」

トウヤ「まだまだ!バチュルの方がすば!もう一発エナジーボール!」

タケシ「おしかったね!ゴローニャ!不意打ちだ!」

ゴローニャ「ごろー!にゃ!」


480:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:34:01.86 ID:nIixHds90
トウヤ「!?バチュル!」

バチュルは たおれた!

タケシ「まだまだだね、最後のバチュルはよかったけど、他のポケモンはもっと技構成を考えた方がいい」

トウヤ「・・・はい」

なんだよ〜負けてやんの〜

ざっこ、俺でも勝てるわ〜

トウヤ「・・・くっ」ギリッ・・・

タケシ「おいきみたち!そういうことは・・・」

フウロ「雑魚くなんかないですっ!!」

うお・・・なんだこの女・・・

フウロ「見ててください・・・一週間後・・・」

フウロ「一週間後には!トウヤくんはタケシさんを倒すほどに成長しますからっ!」

トウヤ「フウロ・・・さん」


481:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:37:52.47 ID:nIixHds90
トウヤ「・・・」ぽんっ

タケシ「いい彼女を持ったね、トウヤくん」

トウヤ「・・・すいません・・・ちょっと俺、調子に乗ってました・・・」

トウヤ「次くるときは・・・負けません・・・!」

タケシ「いい目をするじゃないか、いつでも挑戦しにきてくれ」

フウロ「だ・か・ら・一週間後ですー!一週間で絶対つよくなりますからっ!」

タケシ「なんか一週間限定されてるね」

トウヤ「はは・・・」


482:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:42:31.66 ID:nIixHds90
フウロ「全く!みんなトウヤくんのことなんにもわかってないんだから!」

トウヤ「ごめん・・・フウロさん・・・」

フウロ「あれくらいあたりま

トウヤ「そして、ありがと・・・///」ぷいっ

フウロ「・・・ほほ〜」

フウロ「ね!もっかい言って!」

トウヤ「あり・・・がと・・・」

フウロ「もっともっと!」

トウヤ「あり・・・が」

フウロ「次は文頭にフウロちゃん愛してるをつけて!」

トウヤ「・・・///」

フウロ「あはは、調子にのっちゃった〜」

トウヤ「・・・愛してる・・・」ぼそ


483:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:46:16.48 ID:nIixHds90
フウロ「え?いまなんて トウヤ「これからは特訓だ!!」

トウヤ「そもそも特訓らしい特訓はしてない気がするし・・・」

フウロ「ねえねえ!トウヤくん!さっきなんて・・・」

トウヤ「ちょーしにのるなっ!」ぐにっ

フウロ「いたっ!つねることないじゃないですか〜!」

トウヤ「修行・・・となると」

トウヤ「まずは>>483」


484:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:47:18.21 ID:nIixHds90
フウロ「え?483?」

トウヤ「ま・・・間違いだ・・・>>486」


486:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:49:41.30 ID:QSo7nkn60
タブンネサンドバッグ


490:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:52:18.92 ID:/wXryjOL0
>>486
ゆるさない


492:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:53:33.79 ID:6AA2vPgfO
やめたげてよぉ!


497:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 16:58:03.04 ID:nIixHds90
トウヤ「フウロさん・・・」

フウロ「何?」

トウヤ「これって人道的にありなんですか・・・?」

フウロ「任天堂推奨だよ、タブンネで経験値ゲットキャンペーンだってさ」

トウヤ「いや・・・フウロさんもこんなことを・・・」

フウロ「あたしはちゃんと真面目に育てたからまだ血に染まってないよぅ〜」

トウヤ「・・・やっぱりそういう認識だよね・・・」

フウロ「あ・・・あそこに人間みたいなタブンネがいるよ〜」

トウヤ「あれはみちゃいけません!!」


500:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 17:03:08.47 ID:nIixHds90
・・・

げし・・・げし・・・

トウヤ「あっドククラゲがハイドロポンプ覚えた」

げし・・・げし・・・

トウヤ「やったーデンチュラに進化したぞー」

げし・・・げし・・・

トウヤ「エルフーンの技も強くなった!」

げし・・・げし・・・

トウヤ「ウルガモスレベルあがんねー」

トウヤ「・・・ねえ・・・フウロさん・・・」

フウロ「・・・なに?」

トウヤ「修行ってこんなんじゃなんか駄目な気がするんだ・・・いや強くはなってんだけど・・・」

フウロ「頑張ってー(棒)」

ぴいぴい・・・げし・・・げし・・・


502:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 17:07:13.16 ID:nIixHds90
げし・・・げし・・・げし・・・げし・・・

ぴいぴい!

げし・・・げし・・・げし・・・げし・・・

ぴいぴい!

げし・・・げし・・・げし・・・げし・・・

ぴいぴい!

げし・・・げし・・・げし・・・げし・・・

ぴいぴい!キラーン☆

げし・・・げし・・・げし・・・げし・・・

ぴいぴい!

げし・・・げし・・・げし・・・げし・・・


508:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 17:14:33.28 ID:nIixHds90
トウヤ「・・・・・・」

トウヤ「僕は近頃の少年漫画の主人公より・・・かなり修行したと思う・・・」

トウヤ「特にメンタル面では某ハンター漫画の登場人物並にグロ耐性がついたきがする・・・」

トウヤ「エモンガ見る度にカミツレさんぶちのめしてるような気分になったよ・・・」

フウロ「・・・トウヤくん久々にみたら老けたね・・・」

トウヤ「フウロさん・・・フウロさーん!!」だきーっ!

フウロ「きゃあ!?」

トウヤ「あー!久しぶりのフウロさんの感触・・・なんて幸せなんだろうか・・・!!」

フウロ「や・・・やめて〜っ///」


509:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 17:25:13.28 ID:nIixHds90
トウヤ「フウロさん・・・いい匂い・・・」

フウロ「や・・・やめて・・・っ!トウヤくん・・・!」

トウヤ「我慢出来そうに無いんだ・・・フウロさん・・・」

N「人間の雄は身の危険を感じたり、つよいショックを受けると、とても発情してしまうことがある・・・種の保存という本能が、きっと彼の頭の中を駆け巡っているのだろう」

フウロ「だ・・・だって・・・こんな場所じゃ・・・だめ・・・誰かに・・・見られちゃうよぅ・・・///」

トウヤ「フウロさん・・・フウロさん・・・ハァハァ・・・」

N「みたまえ、彼のあの表情!まるで幼女をみたときのスリーパーのような性欲にまみれた顔だ!」

N「そしてきっと・・・ズボンの中のコクーンはすでにズルズキンになっているだろう・・・これほどまでに、人間も本能に支配されているということだ」


510:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 17:29:29.01 ID:Rg6LhhLv0
Nうるせえwww


511:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 17:29:47.25 ID:HO6IoPeYO
Nさん何してんすか


513:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 17:30:31.90 ID:XTCrZ6OI0
Nは何がしたいんだwwww


515:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 17:39:52.21 ID:oH8N474R0
解説はNさんでお送りします


518:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 17:45:00.15 ID:nIixHds90
トウヤ「そんなこと言ってるけどフウロさんのここ・・・濡れてるよ・・・?」さわっ

フウロ「ひゃう!?そ・・・そんなとこさわっちゃ・・・だめだよぅ・・・」

トウヤ「僕が一度も相手しなかったから溜まってるんだろぅ?」くちゅ・・・

フウロ「だ・・・だめ・・・だめだって・・・///」

N「これ程までに彼女は何故拒絶するのだろうか、それは今までのトウヤとのギャップに戸惑っているからだけではない」

N「彼女はまだ男と付き合ったことも無ければ、こんな状況に陥ることも無かった、そしてトウヤもタケシに魔法使いがどうちゃらを語っていたが童貞」

N「もしここで性行為などすることになるなんということがあればそれは危険なのだ」

N「彼等には避妊具など何も持って居ない、さらに野外というアブノーマルでありかなり周囲の人に迷惑なプレー、」

N「野外はマジないと僕は思う、キチンとやることはホテルでしようらお二人さん」

フウロ「へ・・・///」

トウヤ「お・・・お前いつからいたんだよ!!」


523:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 18:03:01.57 ID:nIixHds90
N「これはメリープの腸を使ったコンドーム、これをつかうといい・・・」

トウヤ「いやいやいや!自分で買うから!帰れお前は!!」

フウロ「うう・・・///」

N「大丈夫だよフウロさん、僕はpixivとかでも男かトウコとしかからまされないから安心するといい」

トウヤ「そういう問題じゃねぇだろ!!!」

フウロ「そ・・・そっか!Nくんはポケ姦変態かロリコンストーカーにしかされないもんね!それなら安心!」

トウヤ「いいのかよ!」

N「ああ・・・たしかに僕はそのみっつにしかされない・・・ぐふっ」

トウヤ「傷ついてるぞおい・・・」


525:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 18:06:25.88 ID:nIixHds90
×フウロ「そ・・・そっか!Nくんはポケ姦変態かロリコンストーカーにしかされないもんね!それなら安心!」

○フウロ「そ・・・そっか!Nくんはホモかポケ姦変態かロリコンストーカーにしかされないもんね!それなら安心!」


526:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 18:09:11.40 ID:rZldlS3kP
訂正すんなwwww


527:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 18:14:17.47 ID:/wXryjOL0
根本から訂正するとこあんだろwww


528:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 18:31:50.20 ID:nIixHds90
N「さあ、ホテルにでもポケモンセンターにでもいってくれ」

トウヤ「・・・まさかお前はそこにもついてくるわけじゃないだろうな?」

N「ウェブカメラでも設置しておくよ、プラズマ団の力で、それじゃ!サヨナラ!」

トウヤ「おい!まてこら!」

フウロ「・・・トウヤくん・・・その・・・///」

トウヤ「え・・・な・・・何・・・?」

フウロ「こ・・・こういうのはもっとさ・・・順序を踏んでというかえ〜と・・・」

フウロ「・・・・・・てゆうかキスもまだだし・・・」

トウヤ「!!」

>>531


531:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 18:35:13.58 ID:UjsrqgLAO
押し倒してキス


532:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 18:55:29.12 ID:nIixHds90
フウロ「きゃ!」どさっ

トウヤ「そ・・・それってつまりキスしてもいいってことだよな・・・?」

フウロ「」コク・・・

トウヤ「フウロっ!」ちゅ・・・

フウロ「ん・・・」

トウヤ「ぷは・・・フウロさん・・・///」

フウロ「///」かああああっ

N「キスは何故生殖器が口には無いのにもかかわらず興奮するのか・・・僕は男女がもっとも近い距離で見つめあったりするからだけではない他の要因があると思っている」

N「しかしトウヤはトレーナーマスターになるとかいったのに以外とうぶだな・・・普通のキスで終わってしまった」

N「さて、エロ同人誌だとこのさきパイ●リとかさせたあと本番にはいってそのあとトウヤくん大好き(裏声)のあと少しだけ後日談があって終わりな訳だが・・・」


534:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 18:57:22.65 ID:v1zRYS710
Nいつまでいるんだよwww


535:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 18:59:41.03 ID:S9aaFYqm0
Nカエレ!


538:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 19:26:32.63 ID:nIixHds90
N「おっと、そうこうしてるあいだに!本番までいくかと思ったらやめたようだ」

トウヤ「・・・///」

フウロ「///」

N「頑張れトウヤ!おまえならできる!」

N「夢を叶えるんだろ?さあ!」

トウヤ「やかましい!!」


543:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 20:20:45.57 ID:nIixHds90
そんなこんなで俺あさって受験なんでそろそろやめます
誰か代わりを引き継ぐかカトレアお嬢様のエロ画像書くスレにしてください


544:B組【学0・運0・コ0・恋1】:2011/01/31(月) 20:22:25.58 ID:XTCrZ6OI0
>>543
ちょ、お前受験生だったのかよwwwww


552:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 21:15:26.56 ID:lzPUBbUO0
>>543
受験とこのスレどっちが大事なんですかああああ


550:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/31(月) 20:44:28.72 ID:3cVh1IqmO
えっ、どこ!?タマムシ大学とか?



【閲覧注意】ゾッとする画像貼ってけ
すぐヤらせてくれそうな・・・ギャル風小学生の画像
アブソル「ほろびのうたを歌おうか」
エリカ「まあ・・・・足で感じてしまいますの・・・・?」
シルバー「ポケモンマスターになってやる」
サカキ「ナツメ…エリカ…カスミ…ハァハァ」


トウヤ「ポケモントレーナーのマスターになる!」【後編】へつづく

元スレ
トウヤ「ポケモントレーナーのマスターになる!」
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1296261686/


 

最新記事50件