1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 09:41:26.75 ID:nIixHds90
トウヤ「みなさんはおかしいとおもわないだろうか」

トウヤ「女のポケモントレーナーは一部の年増を除きみんな美少女か美女・・・」

トウヤ「なのに彼女たちは全く相手を警戒せずに勝負をしかけたり人けのないばししょにいたりする」

トウヤ「襲ってくれと言わんばかりではないか!!」

トウヤ「そこでだ、僕は最強のポケモントレーナーとなり女の子トレーナーも攻略したいとおもう!」

トウヤ「最初のポケモンは何がいいだろうか!?>>5」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 09:46:55.79 ID:QNrg3Y1k0
ドククラゲ!


【閲覧注意】ゾッとする画像貼ってけ
すぐヤらせてくれそうな・・・ギャル風小学生の画像
アブソル「ほろびのうたを歌おうか」
エリカ「まあ・・・・足で感じてしまいますの・・・・?」
シルバー「ポケモンマスターになってやる」
サカキ「ナツメ…エリカ…カスミ…ハァハァ」
涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版
魔法少女まどか☆マギカ (1)
逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録



 

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 09:53:41.56 ID:nIixHds90
トウヤ「最初はやはり水タイプが一番だな・・・よし」

トウヤ「ドククラゲ!きみにきめた!」

ポカン

ドククラゲ「ジー!」

トウヤ「ふふ・・・ドククラゲは水と毒の複合タイプ・・・最初のジムリーダーやライバルたちのつかう岩、炎、草、水にすさまじくゆうり!!」

トウヤ「さらにこの触手・・・ふふふふふふ」

トウヤ「僕の最初のポケモンに相応しい・・・!」

ベル「あ〜っ!トウヤ!」

トウヤ「ふふ・・・だれかきたようだな」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 09:59:17.33 ID:nIixHds90
トウヤ「なんだベルか・・・」

ベル「あっ!トウヤもポケモン貰ったんだ!」

トウヤ「ああ、ドククラゲだ・・・ベルも何か貰ったのか?」

ベル「へへ〜うん!もらったよぉ〜」

ベル「でてきて!ポカブ!」

ポカブ「ぶー」

トウヤ(ベルらしく雑魚ポケモンか・・・)

トウヤ「なるほど、いいポケモンを貰ったな」

ベル「えっへへ〜ねえねえ!せっかくポケモン貰ったんだし・・・バトルしようよ!」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 10:03:49.00 ID:nIixHds90
トウヤ(・・・こいつはバカか・・・?)

ドククラゲ「じぃー」

ポカブ「ぽ・・・ぽかっ・・・」びくびく

トウヤ(あの豚、さっそくドククラゲにびびってるじゃないか・・・)

ベル「初バトルだよぉ〜緊張するね〜ポカブ〜」

ポカブ「ぽ・・・ぽか・・・」

トウヤ「ははっ!ベルはバトルする気満々だな〜」

ベル「この日のためにイメトレしてきたもん!」

トウヤ(カスだな・・・


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 10:10:15.16 ID:nIixHds90
トウヤ「それじゃあバトルしようか」ニコ

トウヤ(こんなの倒してもたいした経験にもならない・・・はやめに終わらすか

チェレン「とう!」バッ!

ずさっ!

チェレン「審判は僕がやろう!」

ベル「チェレン!?」

トウヤ「またいらねぇのが・・・」

チェレン「そして僕は勝った方と戦う!さあ始めてくれ!」

ベル「あはは〜相変わらずチェレンおもしろ〜い」

トウヤ(はやめに済ますか・・・)「わかった、いけっ!ドククラゲ!」

ベル「ポカブ!いけー」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 10:15:35.06 ID:nIixHds90
トウヤ「ドククラゲ!なみのりだ!」

ドククラゲ「じじー!」ばしゃー

ベル「わわっ!!ポカブ!たいあたり!」

ポカブ「あポカ!?」

チェレン「こうかはばつぐん・・・ドククラゲの勝ちだね・・・」

ベル「そ・・・そんなぁまだ何もしてないよぉ・・・」

トウヤ(なるほど・・・レベルは50そこそこだな)

チェレン「さあトウヤ!つぎは僕と勝b」

トウヤ「まずはジム戦だな、いくぞドククラゲ」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 10:24:51.09 ID:nIixHds90
チェレン「ま・・・まt ベル「待ってよ!トウヤ!」

ベル「つぎはまけないからねっ!トウヤ!」

トウヤ「・・・」

トウヤ(・・・ベルもそういえば女の子トレーナーなんだよな・・・

トウヤ(・・・しかしベルだぞ・・・幼なじみでちょっと頭が弱くて天然でキョニュウで金髪の・・・

トウヤ(・・・こういうとアリなきもしてくる・・・

さてどうするか・・・>>18


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 10:42:35.09 ID:Po4mscqDO
スカートの中に顔を突っ込む


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 10:48:35.90 ID:nIixHds90
トウヤ「ベル!」

ベル「ひゃっ!?と・・・トウヤっ!?」どさっ

トウヤ「ずっとこうしたかった・・・」

ベル「え!?と・・・トウヤ・・・スカートの中に顔突っ込んでそんなセリフ言われても・・・!!」

トウヤ「スカートの中じゃなけりゃいいのか」

トウヤ「ベル・・・おまえってほんとかわいいよな」

ベル「す・・・スカートの中とかそういうことじゃないよぉ!!」

チェレン「お・・・おいベル!なにトウヤを誘惑してるんだ!トウヤを離せ!」

ベル「トウヤが抱き着いてきてるんだよぉ・・・!!」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 10:55:06.66 ID:nIixHds90
トウヤ「ベルがかわいいから仕方ないだろ///」

ベル「え・・・っ///」(こんなに照れてるトウヤ初めて・・・)

トウヤ「ベルも僕のこと嫌いじゃないだろ?」

ベル「・・・そ・・・それは・・・そうだけど・・・」

トウヤ「ベル!金髪天然キョニュウ幼なじみー!!!」がばぁ!

ベル「やめてよぉっ!!」

チェレン「トウヤー!僕は黒髪クール貧乳幼なじみだぞー!」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 10:55:42.00 ID:S3i4im5n0
チェレン・・・


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 11:00:45.41 ID:nIixHds90
ベル「ほんとに・・・やめて・・・」

ベル「・・・あたしはトウヤのこと・・・そんな風に見れないよ・・・」

トウヤ「べ・・・ベル・・・」

トウヤ(・・・し・・・しまった・・・一体僕は策も練らずに何を・・・!)

ベル「だって・・・だってあたしの好きな人はチェレンだもん!!」

トウヤ「え?」

チェレン「え!」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 11:06:34.59 ID:nIixHds90
ベル「いつもあたしたち二人の面倒みてくれてて・・・」

ベル「不器用だから衝突しちゃうとこもあるけど・・・ほんとはやさしくて・・・ポケモンの知識だってあたしやトウヤよりあって・・・」

ベル「誰よりも大人っぽくて面白くて・・・そんなチェレンがあたしは大好きなの!!」

トウヤ「」

チェレン「え・・・ほ・・・本当かい///」

ベル「うん・・・今まで言えなかったけど・・・チェレン大好き!」

トウヤ「・・・」

トウヤ「・・・は?」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 11:13:06.58 ID:nIixHds90
トウヤ「ベル・・・今このメガネが僕よりポケモンの知識あるとかいった?」

ベル「うん!ポカブが怯えてるのにいち早く気付いて審判を始めてくれたのもチェレンだし」

チェレン「気付いてたのか・・・」テレっ

トウヤ「・・・」

ベル「いつも夜遅くまでポケモンの勉強してるし」

チェレン「ばれないようにしてたつもりだったけどな〜してたつもりだけどな〜」どや

トウヤ「・・・ベル・・・」

ベル「?」

トウヤ「僕の方がこんなメガネより百倍ポケモンに詳しくて百倍チャンピオンのうつわだボケえええええええええ!!!!!」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 11:22:58.21 ID:nIixHds90
トウヤ「チェレン・・・おまえ個体値っつーの知ってるか???」

チェレン「個体値・・・?ああ、ポケモンによって強さが違うってやつかい?」(初めて話し掛けてくれた///)

トウヤ「ああ!個体値は1〜31まであるポケモンの個体差だ!知らなかったろ!?!?!?なあ!!!!」

チェレン「あ〜でもそれはオダマキ博士のフィールドワークで最近明らかになってたやつだよね?」

トウヤ「え・・・あ・・・ああ」

ベル「さすがチェレンくわしー!」

トウヤ「じゃ・・・じゃあ俺のドククラゲの個体値を見ただけでわかるか!?わかんねーだろ!?」

チェレン「個体値はよくわからないけど計算式は知ってるよ、え〜っとこのドククラゲは素早さととくこうが31みたいだね後は25くらいのなかなかいい個体だ」

ベル「すごーい計算はやーい!!」

トウヤ「・・・な・・・なら」

トウヤ「バトルだチェレン!」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 15:26:19.43 ID:l3Zh5xxS0
>>30すっごく亀だけど個体値は0-31の32段階だ


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 11:42:18.87 ID:nIixHds90
チェレン「やっと勝負するつもりになったかい!トウヤ」

トウヤ「ああ!ベル!僕のほうか強いことを証明してやる!」

ベル「二人とも本気だねっ!」

トウヤ「ドククラゲ!ぶったおせ!」

チェレン「ゆけっ!>>38!」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 11:47:39.36 ID:GEPwtu8O0
カイリキー


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 11:55:58.28 ID:nIixHds90
カイリキー「きりー」

トウヤ「な!?チェレン!おまえ初心者じゃないのか!!」

チェレン「まだ旅に出てないだけでポケモンを育ててないわけじゃないからね」

トウヤ「でもタイプ的に毒タイプがあって素早いドククラゲのが有利なんだよ!ドククラゲ!なみのり!」

どばしゃー

チェレン「有利なのはこっちさ!カイリキー!地震だ!」

カイリキー「りきー」ゴゴゴゴゴ

トウヤ「なにっ!?地震でなみのりを跳ね返した!?」

ばしゃー
ドククラゲ「じー!?」

チェレン「トドメだ!カイリキー!穴を掘る!」

こうかは ばつぐんだ


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 11:56:46.64 ID:Xw/fvWAC0
アッー


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 12:03:18.04 ID:nIixHds90
ベル「ドククラゲせんとーふのー!よってチェレンの勝ち!」

トウヤ「あ・・・あ・・・」

チェレン「初めてトウヤに勉強以外のことで勝てたね」どや

トウヤ「・・・僕が・・・チェレンに負けた・・・!?」

ベル「まけちゃったねぇトウヤくん!」

チェレン「べ・・・ベル・・・本当に僕でいいのかい?」

ベル「うん!きっとトウヤもこの勝負の結果で認めてくれたよ!一緒にジムにいこっ!!」

チェレン「ああ!悪いな!トウヤ!」

トウヤ(・・・僕が・・・僕が・・・)
うわあああああああああああ
チェレンとの バトルに まけた


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 12:13:42.63 ID:nIixHds90
ベル「じゃあねぇ〜トウヤ」



ドククラゲ「・・・じー」

トウヤ「・・・くそっ・・・!くそ・・・」

ドククラゲ「じー」

トウヤ「うるさい!おまえのせいで負けたんだ!おまえが弱いから!」

トウヤ「・・・・・・」

「ポケモンが弱かったんじゃない、あなたに実力が無かっただけ・・・」

「さっきの戦いは地震を警戒してもっとトリッキーな技を使うべきだった」

トウヤ「・・・誰だ・・・・・・誰だよあんた・・・」

カトレア「アタクシはカトレア」

カトレア「アタクシの名前を聞いてもあなたみたいな駆け出しにはわからないでしょ?」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 12:25:47.13 ID:nIixHds90
トウヤ「・・・カトレア・・・か」

トウヤ「あんたは強いのか?」

カトレア「・・・強いかどうかはともかくとして・・・」

カトレア「アタクシならあんな退屈な勝負にしないわ」

トウヤ「・・・退屈・・・」

カトレア「そう、まあ初心者だから仕方ないわね、でも自分のポケモンを悪く言わないで」

カトレア「アナタのドククラゲ・・・きっと強くなれるから」

トウヤ「・・・」

ドククラゲ「じー」

トウヤ「ごめんな・・・ドククラゲ・・・」

カトレア「ポケモンリーグで・・・待ってるわ」

あなたたちはその才能がある・・・そんな気がするから・・・


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 12:28:53.91 ID:nIixHds90
トウヤ「・・・」

トウヤ「・・・よし・・・」

トウヤ「行くぞ!ドククラゲ!まずは最初のジムだ!」

ドククラゲ「じー」

俺たちの旅はここからはじまる!!!

トウヤ「しかし最初のジムは・・・どこになるかな・・・」

>>55


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 12:35:17.61 ID:Yo9xOt/70
ライモンシティ


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 13:03:30.39 ID:nIixHds90
トウヤ「ライもんジム・・・」

トウヤ「最初のジムなのにドククラゲで弱点つけないじゃないか・・・」

ドククラゲ「じー」

トウヤ「何かポケモン捕まえるか・・・いや・・・でも・・・さっきのカトレアなら・・・ドククラゲだけで行くのか・・・?」

トウヤ「ここは・・・」

1ドククラゲを鍛える
2新しいポケモンを捕まえる
>>65


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 13:07:40.00 ID:NaGY7F9q0
エルフーンたんハァハァ


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 13:36:10.05 ID:nIixHds90
トウヤ「エルフーンたんはあはあ」

トウヤ「エルフーン捕まえたくなってきたやっべー」

トウヤ「もふりたいもふりたい」

エルフーン「きゅわん!」

トウヤ「え!マジで出てきた!」

エルフーン「きゅわわー!」 サラサラ

トウヤ「か・・・からだが・・・痺れ・・・」

保育士「こらエルフーン!またいたずらして!」

エルフーン「きゅわわ」

保育士「すみません!うちの幼稚園のエルフーンが・・・」

トウヤ「・・・い・・・いえいえかまいませんよ・・・」びりびり

保育士「まあ!しびれごなをくらってますね!すみません・・・」

トウヤ「だ・・・大丈b」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 14:46:28.76 ID:nIixHds90
保育士「すみません・・・」

トウヤ「いや、大丈夫ですよはは・・・」

トウヤ「ところであのエルフーンは保育士さんのポケモンなんですか?」

保育士「いえ、わたしのポケモンでは無いんですが何日か前から急にうちの幼稚園にやってきて・・・それからはうちのアイドル的存在になってるんです」

トウヤ「幼稚園のアイドルか・・・」(なんか捕まえづらいな)

保育士「もう悪さしないようにちゃんとしつけますね」

エルフーン「プープププー♪」

トウヤ「これは!?」

保育士「ん・・・」くらっ

ばたん

トウヤ「くさぶえか!!」

エルフーン「」ニタァ


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 14:50:13.99 ID:nIixHds90
トウヤ「くそ・・・エルフーン!保育士さんに何をする気だ!」

エルフーン「フーン!!」

エルフーンの ぼうふう!

トウヤ「うわああああっ!」どたーん!

トウヤ「くっ・・・いきなり・・・」

トウヤ「はっ!!」

保育士「むにゃむにゃ」はらり

トウヤ「な・・・このエルフーン・・・!」

トウヤ「綺麗に服だけ脱がすtoloveる的な技術をもってる!!」

エルフーン「フーン」ニヤニヤ


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 14:53:22.38 ID:nIixHds90
トウヤ「しかもかなりのいたずらごころ・・・」

エルフーン「フーン!」

トウヤ「幼稚園のアイドルだろうと関係ない!俄然ゲットしたくなった!」

トウヤ「おまえを捕まえてチェレンとベルを脱がす!!ゆけっ!ドククラゲ!」

ドククラゲ「じじー!」

エルフーン「フーン」さらさら・・・

トウヤ「くっ!早速痺れ粉か・・・!」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 15:00:49.33 ID:nIixHds90
トウヤ「がんばれドククラゲ!へドロ爆弾!」

ドククラゲ「じー!」ババッ

エルフーン「フーン・・・」ひょいひょい

トウヤ「くそっ!素早くてまるであたらない!」

エルフーン「フフーン!」パチパチパチ

トウヤ「!?これは・・・」

エルフーンのアンコール!ドククラゲはアンコールを受けた!

ドククラゲ「じー」ババッ!

トウヤ「くそっ!これじゃへドロ爆弾しかできない!」

エルフーン「フフーン」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 15:03:41.73 ID:QNrg3Y1k0
おい保育士レイプの邪魔すんな


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 15:04:28.91 ID:nIixHds90
トウヤ「くそ!このままじゃ・・・」

トウヤ「だいたい僕ベルにしかかってないじゃないか・・・」

トウヤ「・・・負けたくない・・・こうなったら・・・!」

トウヤ「僕と勝負だ!エルフーン!」

エルフーン「フーン?」

トウヤ「おりゃー!!」

トウヤの ふいうち!

エルフーン「フーン!?」

トウヤ「捕まえたぞーもふもふー!」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 15:10:54.93 ID:nIixHds90
エルフーン「フーン!?フフーン!?」じたばた

トウヤ「エルフーン!僕のポケモンになってくれ!」

トウヤ「僕と一緒にくればもっと色んなやつにいたずらできるぞ!」

エルフーン「ふん!?」

トウヤ「たとえば幼なじみ属性のついた天然ロリキョニュウとか各地のジムリーダーとか!保育士さんだってきっとたくさん脱がせられるぞ!」

エルフーン「フフーン!!」ばっ!

トウヤ「うわあっ!?」どたーん

トウヤ「いてて・・・だめか・・・」

エルフーン「フーン・・・」

トウヤ「ん・・・?エルフーン・・・?」

エルフーン「フーン!」カチッ!てんてんてん!

トウヤ「自分からモンスターボールに!?」

やったー エルフーンを 捕まえたぞー


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 15:12:30.35 ID:QNrg3Y1k0
だめだこのエルフーン・・・


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 15:18:09.01 ID:nIixHds90
トウヤ「たく・・・どこまでいたずらな奴なんだ・・・でも・・・」

トウヤ「エルフーン!ゲットだぜ!」ドククラゲ「じっじじじ!」

トウヤ「・・・でも保育士さんどうしよう・・・」

幼稚園児「せんせー!みてみて〜お花〜」ガラッ

トウヤ「あっ!!」

幼稚園児「え・・・?」

保育士「うーん・・・むにゃむにゃ・・・」

保育士「あれ・・・トウヤくん・・・エルフーンは・・・?ん・・・?」

トウヤ「ほ・・・保育士さん・・・これはエルフーンのしわz」

保育士「きゃああああああああああ!!」

幼稚園児「せんせーがれいぷされてるぅ!!」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 15:28:14.50 ID:nIixHds90
・・・

「あ〜っ!れいぷせんせーだー」「ねぇみんなれいぷってなに〜?」「おれきいたことあるぜーれいぷってのはむりやりこうびすることなんだってさー」「うわあどーぶつみたーい」

トウヤ「・・・」

保育士「いくらエルフーンの仕業でも・・・見ましたよね・・・」

トウヤ「はい、はっきりと、日頃重労働できたえあげられた撫で回したくなるようなお尻を・・・」

保育士「・・・」

トウヤ「・・・」

保育士「・・・ってください・・・」

トウヤ「え?」

保育士「エルフーンつれてはよでてけゆーどんじゃクソガキィ!!!!」

トウヤ「はいいいいいい!!!」

エルフーン「ふわっ?」

保育士「うちの若いモン連れてケツの穴にビードル詰めて奥歯ガタガタいわしたろかァ!?アア?」

トウヤ「すみませんでしたー!!!」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 15:31:19.51 ID:OA+egq420
>>86
せんせーwww


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 15:34:10.86 ID:nIixHds90
トウヤ「ふぅ・・・いい尻だった」

トウヤ「なあエルフーン、これからは服脱がす相手に気を付けような」

エルフーン「フーン」

トウヤ「わかってるんだかいないんだか・・・」

トウヤ「しかしこれでポケモンはエルフーンとドククラゲの二匹になったな」

トウヤ「どちらも電気に決定打をもってないな・・・」

トウヤ「しかしライもんジムのジムリーダーは自らシャイニングビューティとか名乗ってんのか・・・」

トウヤ「なんかオカマの予感がしてきた・・・よっぽどの美人じゃなかったら凄まじいいたずらしてやろうぜ二匹とも!」

フーン! じー!


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 15:39:50.63 ID:nIixHds90
「ライもんポケモン・・・つよいもん・・・」ボソボソ

トウヤ「ん?」

カミツレ「ライもんライチュウとうライチュウ・・・」

トウヤ「・・・」ひゅううう

カミツレ「・・・ライチュウよりライボルトボルトチェンジでボルボルボルボ・・・」

カミツレ「」どやっ

トウヤ「・・・」

トウヤ(これが残念美人というやつか・・・ジムに入っていったけど挑戦者かな・・・)

トウヤ「しかしギャグにすらなってないきがする・・・美人だったけど」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 15:56:08.76 ID:nIixHds90
トウヤ「あの人が挑戦者ならバトルはあの人の後になるのか・・・」

トウヤ「まあ美人だったしジムリーダーが何を使うか見たいから見学していくか」

ガチャ

トウヤ「これは・・・」

トウヤ「フィールドが遊園地に・・・よく見たらジムの外も遊園地だしなにこのリア充スポット!!」

トウヤ「ベルとチェレンはここでいちゃいちゃしてたのか・・・ブツブツ」

エリートトレーナー「おいおい!挑戦者ならこの門下生最強の俺のシママを倒してから・・・」

トウヤ「しずめろドククラゲ」

エリート「うわあああああああああああ」ざばーん

トウヤ「ジムまでリア充スポットにするとは・・・オカマジムリーダー許すまじ!!」メラメラ

エリート「こ・・・こいつ・・・つよい・・・」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 16:12:12.08 ID:nIixHds90
トウヤ「・・・?僕以外挑戦者は今いないのか?」

トウヤ「さっきの美人さんは門下生かな・・・さてと」

トウヤ「オカマジムリーダー覚悟!」ばーん!

カミツレ「あら、オカマとは失礼ね・・・」

トウヤ「あれ・・・」

カミツレ「アナタなかなか強そうね・・・わたしは」

トウヤ「ダジャレはいいから!ジムリーダー出してよ残念美人!」

カミツレ「・・・な!///」かあっ

カミツレ「ま・・・まさかアナタ・・・聞いてたの・・・?」

トウヤ「ああ、もっとセンスをみがi」

カミツレ「素晴らしいギャグでしょう!?わたし今度ラジオで発表するの・・・秘密ね」

トウヤ「一生秘密がいいですよ、ジムリーダーを出しt」

カミツレ「ふふ・・・あまりのおもしろさでクラクラしちゃってわからないのかしら?わたしがジムリーダーのカミツレよ」

トウヤ「ギャグはもういいですってばつまんないですからまじで」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 17:18:45.09 ID:nIixHds90
カミツレ「・・・つまらない・・・?」

トウヤ「いやギャグとしての面白さ0ですからほんと」

カミツレ「・・・世界にはいろんな感性の人がいるわね・・・」

トウヤ「現実を見てください、何?今日ジムリーダー休みなの?」

カミツレ「いいわ!これはジムリーダーとしてではなく一人のエンターテイナーとして勝負よ!」

トウヤ「まだいってるよこの人」

カミツレ「ゆけっ!エモンガ!」

エモンガ「えもー」

トウヤ「あれは・・・」

カミツレ「エモンガのスピードについてこれるかしら?」

トウヤ「スピードなら・・・いけっ!エルフーン!」

エルフーン「ふわっ!」


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 17:23:44.18 ID:nIixHds90
カミツレ「なるほど、スピードにはいたずらごころで勝負ってことかしら」

トウヤ「ああ!エルフーン!痺れ粉で動きを止めろ!」

エルフーン「ふーん!」さらさら

エモンガは まひした!

エモンガ「えもーん」もきゅもきゅ

エモンガはクラボのみで まひを直した!

トウヤ「きのみなんかもたしてたのか!!」

カミツレ「エモンガ!アクロバット!」

エモンガ「えもーっ!」しゅばば!

こうかはばつぐんだ!


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 17:32:33.08 ID:nIixHds90
エルフーン「ふーん!?」

トウヤ「エルフーン!?」

カミツレ「アクロバットはアイテムを持ってない状態で使うと威力が上がる技、次でとどめよ」

エモンガ「えもー」

トウヤ「くそっ!エルフーン!」

エルフーン「ふーっ・・・」

エルフーン「ふーん!!!」ビュワアアアアア

トウヤ「な・・・勝手に暴風を・・・!」

カミツレ「勝手に行動なんてまだ捕まえたばかりかしら?エモンガ!とどめのアクロバット!」

ビュワアアアアア

エモンガ「えもぉ!?」ひゅーん

エモンガ「えもーっ!?」どさーっ

カミツレ「な!?エモンガ!?」

トウヤ「カミツレさん!あんたのエモンガは所詮風にのってるだけだけどなうちのエルフーンは」

トウヤ「風の使い方は一流なのさ!」


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 17:40:47.27 ID:nIixHds90
エモンガはたおれた!

トウヤ「やったなエルフーン!」

エルフーン「ふーん・・・」

カミツレ「エモンガを壁に当てて倒すとは・・・だけど」

カミツレ「もう一匹いるからよろしくね」

エモンガ「えもー!」

トウヤ「もう一匹!?エルフーン!」

エルフーン「ふーん!」ビュワアアアアア

カミツレ「エモンガ!風の中に十万ボルト!」

エモンガ「えもー!」びりりりりりり!

エルフーン「える!?」ビビビビビ

エルフーン「ふーん・・・!」ばたーん

トウヤ「な・・・エルフーン!?」

カミツレ「アクロバットが効いてたようね、さあつぎのポケモンだすんだもん」

トウヤ「だからつまんねーよ」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 17:49:50.72 ID:nIixHds90
トウヤ「とはいったものの・・・あいてのポケモンはあと二匹・・・」

トウヤ「最後に決めで出したかったけど・・・いけ!ドククラゲ!」

ドククラゲ「じじー」

カミツレ「わざわざ弱点タイプ・・・?」

トウヤ「・・・」

カミツレ「いや、あの顔はドククラゲしかいないってことかしら」

トウヤ「ドククラゲ!あの寒い女のポケモンにうってやれ!」

カミツレ「!?」

トウヤ「れいとうビーム!!」

ドククラゲ「じぃー」ドシュルルルルル

エモンガ「えも!?」

ずしゃーん こうかはばつぐんだ!!エモンガはたおれた!

トウヤ「ふう・・・僕のドククラゲがあのエモンガよりはやくて助かった・・・」

カミツレ「なるほど・・・ドククラゲがアナタのエースってわけね」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 17:57:50.63 ID:nIixHds90
カミツレ「いいわ!わたしも本気のポケモンだしてあげる」

カミツレ「ゆけっ!ゼブライカ!」

ゼブライカ「ゼブルルル!!」

トウヤ「シマウマポケモンか・・・ちょっとかっこいい・・・」

カミツレ「ゼブライカ!こうそくいどう!」

ゼブライカ「ゼーブ!」ひゅひゅひゅ!

トウヤ「ドククラゲ!なみのり!」

カミツレ「跳ぶのよ!ゼブライカ!」

ゼブライカ「ゼブ!」だんっ!


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 18:12:11.16 ID:nIixHds90
トウヤ「なみのりを・・・跳んでかわす!?」

カミツレ「うちのゼブライカに生半可な攻撃は効かないわ!決めるわよ!ゼブライカ!」

カミツレ「ワイルドボルト!」

ゼブライカ「ゼブー!!」ビリビリビリビリ

トウヤ(物理耐久のないドククラゲがあんなのくらったらヤバイ・・・でもどうすれば・・・)

トウヤ「一か八か!耐えてくれ!ドククラゲ!まきつく!」

ゼブライカ「ゼブ!」ドン!

ドククラゲ「じじー・・・」しゅるるるる

ゼブライカのワイルドボルト!こうかはばつぐんだ!

ドククラゲ「じー・・・!」

カミツレ「・・・まさか・・・このこ・・・」

トウヤ「よく耐えた!ドククラゲ!その至近距離で・・・へドロ爆弾!」

ドククラゲ「どくーっ!」ボボボボ


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 18:22:51.56 ID:nIixHds90
ゼブライカ「ゼブぶぶ」ガクッ

ドククラゲの へドロ爆弾!ゼブライカはたおれた!ジムリーダーのカミツレを倒した!

トウヤ「やった!!やったぞドククラゲ!」

ドククラゲ「じじー」

カミツレ「至近距離でまきつかれたらいくら動きが素早くても無意味・・・わたしの負けねはい、ボルトバッジ」

トウヤ「いやいい勝負だったよあんた強いね・・・って・・・え?バッジ・・・」

カミツレ「だからギャグじゃなくてほんとにジムリーダーよ、わたしは」

トウヤ「え・・・真面目に・・・?」

カミツレ「真面目に」ニコッ

カミツレ「ほんといい試合だったわね!ふふ・・・新しいギャグおもいついたわ」

カミツレ「ドククラゲと毒くらべ・・・ふふ」どやっ

トウヤ「やっぱどっかに他にいるだろ」


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 21:26:41.31 ID:nIixHds90
トウヤ(カミツレさんか・・・へんな人だけど一応モデルで美人だな・・・)

トウヤ「さてどうしよう・・・>>119


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 21:30:02.45 ID:JHeNq7su0
フウロに会いに行く


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 21:59:18.25 ID:Xw/fvWAC0
ここまで来てカミツレスルーかよwww


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 22:51:12.37 ID:nIixHds90
カミツレ「トウヤはこれからどうするのかしら?」

トウヤ「あと七つ・・・ジムバッジを集めて挑戦します、ポケモンリーグに」

トウヤ「あそこにいけば・・・倒さなきゃいけないライバルや、アドバイスをくれた女の子に・・・会える気がするから!」

カミツレ「いい眼ね、目標が定まったとってもいい眼」

カミツレ「だけど今のままじゃポケモンリーグどころか他のジムリーダーにすら負けるわよ?」

トウヤ「やっぱ二匹だけだときついよな・・・」

カミツレ「そうね、ポケモンリーグを目指すなら色んなポケモンを捕まえないとダメ」

エリート「か・・・カミツレさん!」

カミツレ「どうしたの?」

エリート「ふ・・・フウロさんが・・・フウロさんが・・・!」

カミツレ「!フウロに何かあったの!?」

エリート「プラズマ団を名乗る男たちと戦って・・・誘拐されたんだそうです!」

カミツレ「プラズマ団!?」

トウヤ「フウロ・・・?プラズマ団・・・?」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 23:01:29.85 ID:nIixHds90
カミツレ「・・・トウヤ・・・一緒に来てくれる・・・?」

トウヤ「話が見えないよ、なんだ?フウロとかプラズマ団とか」

カミツレ「フウロはわたしの友人でフキヨセジムのジムリーダーなの!」

トウヤ「ジムリーダー!?なんでそんな人がさらわれたり・・・?」

カミツレ「わからないけど・・・最近フキヨセにも変な格好の集団がいたってきいたこともあるの・・・きっとフウロはそいつらと戦って・・・」

トウヤ「ジムリーダーの仕事は街の治安を守ることも含まれてるからな・・・」

カミツレ「今暇で腕の立ちそうなトレーナーはアナタだけだから・・・お願い」

トウヤ「暇って・・・まあ美人にお願いされちゃ断れないな・・・」

カミツレ「フキヨセまで飛ぶわよ!お願い!サンダー!」

サンダー「ぎーぎぎぎぎぎぎ!!」

トウヤ「え・・・サンダーって・・・」

カミツレ「挑戦者にはジムリーダーは本気だしちゃダメって都条例で決まってるのよ」

トウヤ「・・・まだまだ僕は弱いってことか・・・」


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 23:07:23.65 ID:nIixHds90
ばさばさ!

トウヤ「さ・・・流石伝説のポケモンサンダー・・・すぐに着いちゃいそうだ・・・」

トウヤ「なあなあカミツレさん!ほんとーはぜクロムとか隠し持っとんちゃいますか〜?」うりうり

カミツレ「流石にそこまでのは持ってないわサンダーだってたまたまジムの上の発電施設にとまってたのを捕まえものだし」

トウヤ「え?サンダーってえ?」

カミツレ「そろそろ着くわね、ここがフキヨセシティ」

トウヤ「ひ・・・飛行機だー!!」


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 23:17:23.31 ID:nIixHds90
フキヨセジム

カミツレ「ジムリーダーのカミツレと申します」

鳥使い「おお!カミツレさん!」

カミツレ「フウロはいったいどこに連れていかれたんですか?」

鳥使い「・・・分かりません・・・」

カミツレ「あなたの鳥ポケモンなら追跡可能なはずですが、本当のことを聞かせてください・・・」

鳥使い「本当に・・・わからないんです・・・主力のポケモンはみんなプラズマ団にやられてしまって・・・」

鳥使い「プラズマ団からは他の鳥ポケモンで追跡してくるなら・・・その場合ポケモンもおまえの命も失うことになる・・・と」

カミツレ「本当にプラズマ団がそういったのですか?」

鳥使い「はい・・・このジムの門下生みんなが証人です・・・」

カミツレ「・・・わかりました。ありがとうございます」


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 23:26:42.01 ID:nIixHds90
トウヤ「なにかわかった?」

カミツレ「ええ、この事件、どうやらプラズマ団の仕業じゃなさそうね」

トウヤ「どうして?」

カミツレ「プラズマ団っていうのは過激なポケモン愛護団体なのよ、色んな国の偉い人たちも巻き込んでひたすらポケモンを愛しましょう、解放しましょうって言って寄付金を集めてる胡散臭い団体」

カミツレ「その団体がジムリーダーをさらったり民間人やポケモンを殺したりしてるのをこうも表沙汰にするとは思えないわ」

トウヤ「なるほど、別にその胡散臭い団体が表沙汰にすることがあってもおかしくないと思うけど?」

カミツレ「なんだか違う気がするの・・・もっと別の・・・小物の犯行だと・・・」

トウヤ「ほんとに小物の犯行だとフウロって人危ないな・・・なにされることか・・・」

カミツレ「そう、だから一刻もはやく見つけ出さないと・・・」


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 23:34:10.63 ID:nIixHds90
フウロ「ん・・・」

小物「お目覚めかな〜フウロちゃーん」

フウロ「ここ・・・は・・・?」

小物「プラズマ団のアジトさ!でゅふふ・・・もう君は助からないお」

フウロ(う・・・動けない・・・?)

小物「ボスがくるまでおれたちとお話しな〜い?」

フウロ「だ・・・だれがあなたたちなんかと・・・」

小物「おれたちさ〜普段はロリコン気取ってるけどさ・・・君みたいな性格と顔がロリでおっぱいでかいことかも実は大好きなんだお」

小物「だから〜いいことするかお話ししない?」

小物「お話ってのはきみの友達の幼女の連絡先とかwwwでゅふっwww」

フウロ「・・・」


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 23:44:08.00 ID:Q1qh/P560
なんだお前らか


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 23:46:20.49 ID:mSxqWNUfP
おおお俺じゃねーよ!俺ならまずカミツレちゃん襲うし!!


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 23:53:20.29 ID:nIixHds90
フウロ「・・・わかりました・・・連絡先を教えさえすれば解放してくれるんですね・・・」

小物「おお〜話がわかるぅ〜」

小物「フウロちゃをいいこいいこ」なでなで

フウロ(手・・・汚い・・・でも我慢しないと・・・)

フウロ(カミツレちゃんの連絡先を渡せばきっと助けに来てくれて・・・こんなやつら・・・)

フウロ(これが連絡先・・・です)

小物「へへぇ〜ほーんといい子だな〜フウロちゃんは〜」

小物「え〜と?91177777っと・・・」

フウロ(よし!連絡した!これで・・・

小物「カミツレちゃんに連絡完了ってかぁ?」

フウロ(な・・・なんで・・・!?


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/29(土) 23:58:26.50 ID:nIixHds90
小物「だいじょ〜ぶ・・・ちゃーんとカミツレちゃんには連絡したから・・・」

小物「でもおれたち・・・人間じゃないからさ〜電波を通してちょっとした念力遅れるんだ〜」

小物「たとえば、ポケモンを全部すてて丸腰でここまで来いとか命令すると・・・」

小物「その通り来てくれるんだぐふふ・・・まあ相手が本当に気を許した相手からかかってきた電話にしか無理なんだけど」

小物「優しいフウロちゃんのおかげでカミツレちゃんもゲットだお・・・」

フウロ「そ・・・そんな・・・」

フウロ「カミツレ・・・ちゃん・・・」


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 00:05:57.39 ID:nIixHds90
ぴりりりりり

トウヤ「電話?」

カミツレ「!フウロから!?」ぴっ

カミツレ「もしもし!?フウロ!?」

カミツレ「・・・」

カミツレ「・・・」

トウヤ「?」

カミツレ「・・・」

トウヤ「?・・・カミツレ・・・?」

カミツレ「いかなくちゃ・・・」

トウヤ「え?」


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 00:09:30.43 ID:nIixHds90
カミツレ「こんなもの・・・いらない・・・」ポイポイ

トウヤ「お・・・おい!それあんたのモンスターボール!」

カミツレ「いらない、いかなくちゃ・・・」だだだだだ

トウヤ「カミツレ!・・・一体なんなんだ・・・」

カミツレ「いかなくちゃいかなくちゃ・・・」ぶつぶつ

トウヤ「まあ最初あったときもあんなんだったし大丈夫か・・・?」


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 00:14:32.41 ID:nIixHds90
さてここから
カミツレフウロ小物に孕まされエンドか
トウヤが助けてきゃっきゃうふふか
ちなみにエロはあまり得意じゃないです


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 00:16:33.60 ID:/wTPgfSy0
スレタイ達成で


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 00:17:03.40 ID:t243cQjC0
後者しかない


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 00:30:55.34 ID:nLS7kT2hO
孕ませ!孕ませ!


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 00:33:26.95 ID:SFxcnUIx0
スレタイは実行すべきだと思うんだ


152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 00:38:20.29 ID:Q7D9/pjf0
スレタイはどうした


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 00:38:40.16 ID:nIixHds90
小物「げへへ・・・フウロたん・・・カミツレちゃんがきたらもっとたのしくなるね・・・なにしようかな〜」

小物「カミツレがくる前にさきに味見しない?あの子フウロちゃんのおっぱいに嫉妬しちゃうかもよ」

小物「馬鹿者!その嫉妬心がいいんだろうが!試食なんぞもっての他!!」

小物「なんだよそれくらいいーじゃないかお!おっぱい!おっぱい!」

フウロ「・・・・・・」

ギィ・・・

小物「ぐへへ・・・来たかカミツレちゃん・・・」

カミツレ「いかなくちゃ・・・いかなくちゃ・・・」

フウロ「カミツレちゃん!?」

小物「おいおい念力強すぎたか?ちょっとラリってね?」

小物「そんなことはない!素晴らしく制御できていると思わないか?」

小物「シャイニングビューティーなカミツレさんがまるで人形のようにおとなしくなっているんだお」

フウロ「カミツレ・・・ちゃん・・・」らぽろぽろ

トウヤ「・・・俺は操られて無いカミツレがいいけどな・・・!」だん!


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 08:12:59.08 ID:nIixHds90
フウロ「!?」

小物「な・・・!?誰だ!」

トウヤ「そりゃこっちのセリフだってーの誰だよあんたら」

トウヤ「だいたい念力できるようなビックリ人間なオッサンたちがなんでわざわざこんな真似を・・・」

小物「ふひひ・・・おれたちは人間じゃないよ・・・」

トウヤ「?」

小物「おれたちは・・・」

スリーパー「ポケモンさぁ!」でゅわん

トウヤ「!?」

フウロ「に・・・逃げて!!」

トウヤ「ちょうどいいや、おまえら」

トウヤ「経験値にしてやる!」


165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 09:36:36.11 ID:nIixHds90
小物「ガキ、おまえ一人だけできたのかお?」

トウヤ「ああ、友達少ないんだよ」

小物「ばかだなぁ・・・おれたちに一人で挑むとはくく・・・」

トウヤ「おまえらなんか人呼ばなくても大丈夫だ!ゆけっ!エルフーン!」

エルフーン「ふーん!」

トウヤ「今回は言うこと聞いてもらうぞエルフーン!暴風!」

エルフーン「えるふー!!」ビュワワワワ

フウロ「す・・・凄い・・・あのエルフーン・・・飛行タイプでも無いのにあんなに暴風の威力が高いなんて・・・!」

スリーパー「ふふふ!ではこちらは三匹で・・・」

スリーパー「「「サイコキネシス!」」」

トウヤ「だいたいそういう技すると思ってたぜ!ゆけっ!ドククラゲ!ミラーコート!」

ドククラゲ「じじーっ!!」

スリーパー「ななななななな!?」

トウヤ「六倍返し!!」

スリーパーをたおした!


166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 09:43:34.39 ID:nIixHds90
フウロ(あのスリーパーたちが弱いわけじゃないのにこんなにあっさりと・・・)

フウロ「かっこいい!!」キラキラ

フウロ「ありがとーっ!!」がばーっ!

トウヤ「のわあ!?」

カミツレ「ん・・・あれ?わたしは一体・・・」

カミツレ「あら・・・?」

フウロ「ありがとうありがとう!一時はどーなることかとおもったよ!でもアナタのおかげで助かっちゃったー!ねぇ名前教えてよー!」ぎゅうううううう

トウヤ「く・・・くるしっ!・・・やめ・・・いややめないで・・・」

カミツレ「・・・トウヤ?フウロになにしたのかしら?」

トウヤ「いやいや誤解するとこ無かったじゃん!今のとこ・・・むぎゅー」


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 09:48:18.52 ID:nIixHds90
フウロ「トウヤって言うんだ!カミツレちゃん!この子があたしたちをたすけてくれたんだよっ!」むぎゅー

トウヤ「や・・・やばい・・・気持ちいい・・・」

カミツレ「助けてくれたのはいいけど下心まるだしね、トウヤ」

トウヤ「仕方ないじゃん!こんなにかわいい子にこんなことされて下心でない男がいたらそいつはホモだ!!」

フウロ「かかかかか可愛いだなんてー///」ぽっ

カミツレ「・・・なんでイライラするのかしら・・・」


168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 09:58:20.67 ID:nIixHds90
トウヤ「しかしさっきまでさらわれてたのに元気な人だな・・・」

フウロ「笑顔がいちばんですから!」

カミツレ「まあこういう子だから」

フウロ「そうだ!お礼したいからうちのジムにこない?」

フウロ「たのしいコト、しよっ?」

トウヤ「トゥアートゥアートゥアーノシイーコトヲ!?!?」

フウロ「まってるね〜」キラキラ

トウヤ「え・・・えへへ・・・はーい」

カミツレ「・・・ばかね」


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 10:03:26.61 ID:nIixHds90
トウヤ「・・・」ずーん

フウロ「はい!お礼の技マシン!アクロバットですよ〜」

トウヤ「あ・・・ども・・・あ〜お礼これか〜あは・・・あはは」

カミツレ「ジムの時点で察しなさいよ・・・」

トウヤ「ところでたのしいコトって・・・もしかして・・・」

フウロ「>>171だよ〜」


171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 10:06:33.48 ID:JP8M4ij8O
フウロちゃん可愛い
安価なら観覧車


174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 10:11:26.60 ID:nIixHds90
フウロ「・・・一緒に観覧車乗らない?」もじもじ

トウヤ・カミツレ「え?」(てっきりバトルかと・・・)

トウヤ(しかしかわいい・・・)

トウヤ「うん!乗ろう!」ぱあああああっ

フウロ「や・・・やったー!」がばーっ

トウヤ「く・・・くるし」

カミツレ「・・・」


177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 10:18:10.44 ID:nIixHds90
・・・

トウヤ「うわーいい景色ですね!フウロさん!」

フウロ「でしよでしよ?子どもの頃からお気に入りなんだ〜」

フウロ「でもね、最近はもっと高いとこからこの景色みれるの!」

トウヤ「え?どうしてですか?」

フウロ「ふふーん!あたしはなんとージムリーダーだけじゃなく!飛行機のパイロットでもあるのです!」じゃじゃーん!

トウヤ「えっ!?この免許本物ですか!?」

フウロ「そだよ〜だからいつも鳥ポケモンと一緒に居られるんだ〜」

トウヤ「うわーそれってすごく充実してますね」

フウロ「でしよでしよ!」


178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 10:23:24.50 ID:nIixHds90
フウロ「キミなら・・・のせてあげてもいいかな・・・///」

トウヤ「えっ!」ドキッ

フウロ「あはは〜でもまだ荷物は載せても人は乗せたことないんだけどね・・・」

トウヤ「じゃあ一緒に練習しましょう!」

フウロ「え・・・?」

トウヤ「僕ならどれだけ練習台に使ってかまいませんよ!だから・・・一緒に乗りましょう!」

フウロ「うん・・・///」

トウヤ「フウロさん・・・」

フウロ「と・・・とーやくん・・・///」


179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 10:24:40.76 ID:nIixHds90
カミツレ「・・・」

カミツレ「・・・そんなにわたし・・・フウロが取られるのが嫌なのかしら・・・」

カミツレ「・・・」


181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 10:29:38.15 ID:nIixHds90
トウヤ(・・・っておいおい!会ってすぐの女の子にこんなことしてもいいのか!?トウヤ!)

トウヤ(た・・・たしかにトレーナーのマスターになりたいとは思ってたが軽い奴みたいだし・・・いやでもここで・・・)

トウヤ(ええい!やけくその行動安価だ!>>182


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 10:31:34.28 ID:25EMp+bCO
自分の上に乗ってもらう


183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 10:41:12.16 ID:nIixHds90
トウヤ「フウロさん!!」

フウロ「は!はい!?」

トウヤ「ぼ・・・僕!実は観覧車で座ってるとき上に乗ってもらうのが夢だったんですううう!」

トウヤ(き・・・キスは逃がしたけどこれでいいはず・・・!

フウロ「そ・・・そーなの?じゃあ」

フウロ「乗ってあげるね・・・///」

トウヤ「ぅわふぅろかわぃぃ」


184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 10:50:20.59 ID:nIixHds90
トウヤ(や・・・やわらけぇ・・・やわらけぇよ・・・

フウロ「えへへ・・・なんかトウヤくんおとーさんみたーい」

トウヤ「ははは・・・じゃあフウロさんは娘ですね、フウロちゃん!」

フウロ「じゃートウヤくんはおとーさんだね!トウヤおとうさん!」

トウヤ・フウロ(な・・・なんか凄く恥ずかしい///

・・・

カミツレ「・・・」

ダンサー「おっ!カミツレさんじゃあ〜ん!一緒に」

カミツレ「乗らない!!」


186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 11:19:36.74 ID:nIixHds90
トウヤ「はあ〜幸せ〜」

トウヤ「ん?」



ベル「誰も見てないよぉ〜」

チェレン「だ・・・だからってこんなとこじゃだめだよ!」

ベル「チェレンだってほんとはしたいくせに」くすっ

チェレン「で・・・でも万が一・・・ん?」



トウヤ「見なかったことにしよう・・・」

フウロ「どーしたのおとーさんっ」

トウヤ「なんでもないよフウロちゃん。」

とうやぁぁぁぁ!そのおんなはだれだああああ!

ちょっとチェレン!?

フウロ「ね〜おとうさんを呼ぶ声がした気がするんだけど〜?」

トウヤ「気のせい気のせい」


189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 11:24:39.44 ID:nIixHds90
カミツレ「・・・なにあれ?」

チェレン「トウヤぁ!ちきんと説明しろおおおお!!」

トウヤ「・・・」

フウロ「・・・」

ベル「もー!チェレンはあたしのなのに!トウヤ!誰かくらいおしえたげてよぉ!」

トウヤ「・・・」イライラ

フウロ「やっぱり知り合いじゃ・・・」

トウヤ「ドククラゲ、沈めろ」

ドククラゲ「じじー!」

チェレン「トウヤおとーしゃああああん」

トウヤ「なんで聞こえてんだよ」イライラ


190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 11:28:46.71 ID:nIixHds90
チェレン「どうしても教えないと言うなら!カイリキー!地震だ!」

トウヤ「冷凍ビームで筋肉を固めてやれ!」

カイリキー「りきー!」ごごごご

ドククラゲ「じー!」ばばばばばは

ベル「ちょっ!?ちょっと!!」

フウロ「こんなことしてたら・・・!」

カミツレ「壊れるわね・・・」


191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 11:30:16.67 ID:nIixHds90
トウヤ「や・・・やばい!いくらチェレンを追い返すためだからって・・・!これじゃ・・・」

>>195


195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 11:36:43.99 ID:LwFhhsq30
自分の体温で氷を溶かす


197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 11:40:39.19 ID:nIixHds90
チェレン「うおおおおおお!!!!」

トウヤ「なんであいつ自分の体温で冷凍ビームの氷とかそうとしてんの!?」

トウヤ「とか言ってる間に・・・うわあああああ!!」

フウロ「きゃー!!」

ベル「おおう!」


198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 11:44:23.53 ID:nIixHds90
トウヤ「あ・・・あれ・・・生きてる・・・?」

カミツレ「世話が焼ける・・・」

フウロ「これはカミツレちゃんのサンダー!」

ベル「か・・・カミツレさんかっこいい・・・///」

チェレン「メンドーなことになったな・・・」

トウヤ「ほとんどおまえのせいだよ!」


201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 11:56:27.32 ID:nIixHds90
フウロ「あーあせっかく楽しかったのにね〜おやこごっことか〜むぐっ」

トウヤ「はははフウロさんなに言ってるんですか〜ははー」

カミツレ・チェレン「」じとー

ベル「か・・・カミツレさん!ありがとうございます!」

カミツレ「このまちのジムリーダーとして当然のことをしたまでよ、あらあなたは・・・」

ベル「おとーさんの説得の件ではお世話になりました!ベルです!」

カミツレ「そう・・・自由に旅ができるようになったのね」

トウヤ「え?知り合いなのか?」

カミツレ「前にちょっとね」

ベル「やっぱり・・・変態なチェレンよりカミツレさんのほうがかっこいい・・・」

ベル「カミツレさん!あたしと付き合ってくださいっ!」

え!?


203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 12:01:50.62 ID:nIixHds90
カミツレ「ほ・・・本気で言ってるの・・・?」

チェレン「メンドーなことになったな・・・」

トウヤ「他人事かよ」

フウロ「カミツレちゃんモテる〜」

ベル「やっぱりめーわくかな〜・・・?」

カミツレ「え・・・え〜っと>>206」


206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 12:08:17.16 ID:DVGiCUQfO
チェレン消えて無くなれ


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 12:12:34.52 ID:nIixHds90
カミツレ「チェレンきえてなくなれ」

チェレン「へ?」

トウヤ「だそうだ、短い人生だったな」

ベル「どんまい」

フウロ「えっ?ほんき?」

カミツレ「さっきからうざいわ、わたしの出番はとるわ安易なホモネタに走るわ」

カミツレ「消えなさい」

チェレン「しゅん・・・」


211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 12:16:00.18 ID:nIixHds90
トウヤ「え〜これで俺のライバルが戦わずして消えた訳だが・・・」

ベル「チェレンが消えたんだしあたしたちは恋人ですね!カミツレさん!」

カミツレ「え・・・?」

フウロ「よかったね!カミツレちゃん!」

トウヤ「おめでとう」

カミツレ「ちょ・・・ちょっと?>>213


213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 12:19:46.47 ID:UQLHlItlP
かそくした


214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 12:19:53.13 ID:HI6tawiB0
加速
安価ならベルのおっぱいに嫉妬して断る


216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 12:26:20.83 ID:nIixHds90
カミツレ(そりゃこの子はたしかにかわいいけど)

カミツレ「・・・」じーっ

ベル「・・・カミツレさん・・・?」

カミツレ「・・・」

ベル「そんなに舐めるように見ないでください・・・///」

カミツレ「おっきい・・・」

ベル「はい?」

カミツレ「おっきい!」むにゅう!

ベル「ひゃう!?」


217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 12:29:23.12 ID:nIixHds90
カミツレ「・・・こんなにおっきいおっぱいなんだし・・・フウロみたいに別の男ができるわよ!フン!」だっ!

ベル「か・・・カミツレさん!?」

フウロ「お・・・男って・・・もじもじ」

トウヤ「・・・///」

チェレン「おい!カミツレさん追いかけなくていいのか!?」

ベル「おまえはきえろ」


221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 14:39:42.90 ID:U9/TAznuP
ベルひでぇ


222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 14:48:35.17 ID:tugD8/fF0
ベルビッチ


223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 14:53:33.70 ID:yPtBgeR20
ベルの変わり身の早さwwww


224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 14:58:48.44 ID:nIixHds90
カミツレ「・・・嫉妬なんかほとんどしないのに・・・なんでさっきは・・・」

カミツレ「フウロをトウヤにとられちゃったからね・・・」

トウヤ「別にとってねーよ」

カミツレ「!・・・トウヤ!」びくっ

トウヤ「カミツレ・・・おまえがなんでそんなに悩んでるか、おれにはわかるぞ!」


カミツレ「え・・・」

トウヤ「俺に惚れちゃってそれでフウロさんに嫉妬してんだろ〜このこの〜」

カミツレ「!?・・・あ・・・あなたに惚れる要素なんて無いわ!」ぷい

トウヤ「となるとフウロさんに惚れてんのかな〜?」

カミツレ「・・・惚れてるっていうか・・・取られたくないだけよ・・・」

トウヤ「ふーん・・・じゃあさ・・・」

1俺がおまえを奪うよ
2フウロさんはもらってく
3ベルと付き合えば?
4俺はカトレアが好きだから安心しろ
>>226


226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 14:59:59.10 ID:U9/TAznuP
2か4で迷う・・・4で


229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 15:09:12.81 ID:nIixHds90
トウヤ「俺はカトレアが好きだから安心しろ!」

カミツレ「え・・・」

トウヤ「カトレアのためにポケモンリーグも目指してるんだ、あの娘にもう一度・・・会いたい!」

カミツレ「・・・つまりフウロは遊びってこと?」

トウヤ「いや遊びっつーか健全な男ならああなるというか・・・」

カミツレ「ゼブライカ!一発こいつ蹴り上げてちょうだい!」

ゼブライカ「ぜぶー!」

トウヤ「きゃー!」


230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 15:11:21.83 ID:lNhXcyhT0
もうちょっとなんか言い方あるだろwwww


232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 15:15:29.88 ID:nIixHds90
フウロ「あっ!帰ってきた〜!」

ベル「カミツレさん!」

カミツレ「・・・」

トウヤ「ぐ・・・うう・・・」ぼろっ

フウロ「決まった?カミツレちゃん?」

カミツレ「ええ、まずは友達から・・・」

ベル「わかりました!カミツレ隊長!炊事洗濯お洗濯!すべてこのベルにお申し付けください!!」

カミツレ(・・・なんかわかってないような・・・)

フウロ「よかったね〜!カミツレちゃ〜ん!あれ?トウヤくんなんでボロボロなの?」

トウヤ「あはは・・・」


233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 15:20:16.72 ID:nIixHds90
トウヤ「・・・そういえばフウロさんもジムリーダーでしたよね・・・あの・・・ジム戦・・・」

フウロ「ああ!ジムバッジならさっきの技マシンについてるよ!」

トウヤ「え?」

フウロ「お礼だから・・・///」

トウヤ(お情けバッジ・・・これべつにいいのか・・・?)

カミツレ「・・・はやく会えるといいわね」ぎろっ

トウヤ「うっ!・・・ソーデスネ・・・」


234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 15:22:52.77 ID:nIixHds90
トウヤ「さて、ジムバッジはこれで二つ・・・まだ二つか〜」

トウヤ「次のジムはどこかな・・・」

>>236


236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/30(日) 15:23:45.21 ID:25EMp+bCO
あれ?フウロとキャッキャウフフしないの?



【閲覧注意】ゾッとする画像貼ってけ
すぐヤらせてくれそうな・・・ギャル風小学生の画像
アブソル「ほろびのうたを歌おうか」
エリカ「まあ・・・・足で感じてしまいますの・・・・?」
シルバー「ポケモンマスターになってやる」
サカキ「ナツメ…エリカ…カスミ…ハァハァ」

涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版
魔法少女まどか☆マギカ (1)
逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録


トウヤ「ポケモントレーナーのマスターになる!」【中編】へつづく

元スレ
トウヤ「ポケモントレーナーのマスターになる!」
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1296261686/




 

最新記事50件