関連記事
女「……男、勃起してる」【前編】【後編】

260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 17:27:50.39 ID:CoN2gyTLP
女「な、なんで?」

いきなりおろおろする。

男「別に、いいじゃねえか」

女「よくない、おしおきだもん」

男「俺の意思も考えろよ」

女「やだやだ」

男「ふざけんな」

医者「ほう、童貞をこじらせたと」患者「はい」
ぺろぺろしたくなるような美脚画像選手権
混浴温泉で思いきって堂々と勃起してみたら、たまたま入浴していた女性客がチラ見どころか我を忘れてガン見急接近!
「もう目が離せない!フニャチンから勃起するまでの一部始終を見てしまった

 

267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 17:49:42.00 ID:CoN2gyTLP
女「なんで?」

寂しそうな顔で言う。

男「……ふん」

女「ま、待ってよ」

なんだよ、もう。

男「他に当たれ」

誰だっていいんだろうが。


269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 17:50:54.29 ID:CoN2gyTLP
別に俺じゃなくても。

こいつは結構モテるし。

俺じゃなくてもいいはずだ。

女「他?」

男「そ、他」

女「どうして?」

こいつ……。


271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:00:19.76 ID:CoN2gyTLP
男「ふんっ」

女「なんで? 他の人がいるの?」

男「はあ?」

女「ちょ、ちょっと」

男「どうせ俺以外とも、こういうことしてるんだろ?」

女「……」

黙った。

やっぱりな。


273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:08:45.09 ID:CoN2gyTLP
じゃなきゃ、こんなこと。

進んでやれないだろう。

女「……」

男「……本借りるからな」

俺がやつに背中を向ける。

すると。

すぐに俺の背中を、やつが抱きしめた。

女「酷い、その言い方」

何が悪い。

女「処女だし、あんなことするの、初めてだったし」

……ヱ?


279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:17:39.80 ID:CoN2gyTLP
女「だから頑張って、勇気出したのに……」

ふくれっ面。

男「嘘つけ」

女「嘘じゃないっ」

ギュッと。

さらに強く抱きしめられる。

女「……失礼だよ、男」


289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:31:47.96 ID:CoN2gyTLP
男「はっ、どうだかな」

女「……む」

するとやつは。

俺の正面に来て。

俺を押し倒した。

ベッドに上手く倒れる。

男「どうするつもりだ」

女「わかんない」

考えなしにするな。


296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:41:06.43 ID:CoN2gyTLP
男「ったく、どけ」

女「やだ」

男「なんでだよ」

女「一緒にいたいもん」

男「……」

女「私のこと、いや?」

違う。

臭いから。

俺の……えふんえふんで、顔とか臭うから。


301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 18:49:01.06 ID:CoN2gyTLP
男「寄るな」

胸の感触は素晴らしいが。

臭いは凄まじい。

最悪の臭いだ。

俺の……うん。

女「嫌い?」

男「そうじゃないけど……」


326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 19:24:24.55 ID:CoN2gyTLP
女「じゃあ、どうして……?」

涙目になるな。

男「いいから、離れろ!」

胸の感触ぅ、感触ぅ!

女「わかったよ」

ゆっくりと離れる。

女「……あ」

ん?

女「……」

自分の体を嗅いでる。

女「なるほど……」


330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 19:29:50.17 ID:CoN2gyTLP
女「イカ臭い」

男「そうだな」

女「イカ臭いゲソ」

変なこと口走ってる。

男「とりあえず、体洗って来い」

女「……」

どうしたんだ?

男「おい、早く行って来いよ」

女「帰らない?」


337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 19:36:15.83 ID:CoN2gyTLP
男「帰らん」

女「本当?」

男「ほんとだ」

女「本当に、本当?」

男「しつこいぞ」

女「だって、怖いんだもん」

男「……」

何がだ。


338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 19:43:09.49 ID:CoN2gyTLP
女「……帰らない?」

男「さっきも言ったとおり、帰らん」

さっきから何を気にしてるんだ。

女「じゃあ、一緒に来て」

男「は?」

女「お風呂まで、一緒に来て」


341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 19:46:28.38 ID:CoN2gyTLP
男「なんで!」

女「やっぱり帰るの?」

男「一緒に行く意味はないだろ?」

女「帰るかもしれないじゃん」

男「だから……」

女「一緒に入ろうとは言ってないんだから、いいでしょ?」

……あ。

そうだな。


343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 19:51:41.94 ID:CoN2gyTLP
ちょっと勘違いしてた。

男「わかったよ」

女「うん、じゃあ行こ」

ギュッと、手を握られる。

男「別に握らんでもいいだろ」

女「いや?」

いやっつーか。

……その手は、息子を触った手だろ?


348:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 19:59:14.32 ID:CoN2gyTLP
男「とりあえず、だ」

女「?」

男「手を離せ」

女「うーん、どうしよっか」

男「はーなーせー」

女「いーやー」

今の状況は。

風呂に到着。

やつは着替えようとしている。

部屋を出ようとする俺。

やつが手を離さない。つまり、出れない。


349:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 20:04:40.24 ID:CoN2gyTLP
女「着替えるから見ちゃダメだよ?」

男「なら手を離せ」

女「やーだ」

だったら、どうやって服を脱ぐ気だ。

女「あ、脱げない」

今更気づいたか。


352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 20:16:18.63 ID:CoN2gyTLP
男「やれやれ」

女「……じゃあ、離す」

男「そうしろそうしろ」

女「……」

悲しそうな目でこちらを見ている。

男「わかった、ここにいてやるから」

ニンマリと笑う。

やれやれ。


353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 20:34:09.66 ID:CoN2gyTLP
女「目、つぶってる?」

男「おう」

女「じゃあ……」

衣擦れ。

衣擦れの音。

女「……ふぅ」

男「……ん?」

服を頭に乗せられた。

好き放題しやがって。


355:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 20:39:45.34 ID:CoN2gyTLP
女「あ、パンツ忘れてた」

そう言って。

やつは部屋を出て行った。

……え。

今あいつ、どういう格好?

ノーパンなのはわかる。

そして、上を着てない。

ということは……。

ブラジャー一丁。


358:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 20:49:21.98 ID:CoN2gyTLP
すこし、乗せられた服をずらす。

なんでかって?

野暮なこと聞くなよ。

まあ、うん。

俺もやっぱり。

当たった胸は見ておきたいと言うか、なんというか。

バレないように……な。


363:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 21:07:07.96 ID:CoN2gyTLP
女「おまたせ」

中に入ってきた。

おお。

これは……。

凄いな。

女「? どしたの?」

男「何が?」

女「勃起してる」

男「!!」

えええ……。

俺の息子、絶倫すぎやしないか。


369:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 21:17:29.71 ID:CoN2gyTLP
女「もしかして、私の服の匂いで?」

男「……」

んなわけあるか。

女「ねえね、どうして?」

近づくな。

……すげえ、でかい。

腕が、挟まってる。

女「これ、何かわかる?」

男「何が?」

女「腕に当たってるの」


372:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 21:31:14.52 ID:CoN2gyTLP
おっぱい。

おっぱい。

ち、違う、胸だ。

男「わ、わからん」

女「うそー?」

ムニムニと。

心地よい感触。


374:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 21:37:08.67 ID:CoN2gyTLP
女「ねぇねぇ」

こいつ。

変態だ。

男「やめろ」

女「なんだと思う?」

男「……」

なんか、言いたくねぇ。

言ったら、もっと何か言われそうだ。


381:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 21:53:36.92 ID:CoN2gyTLP
男「……どれ」

女「ひゃっ」

触ってやった。

女「触るのは反則」

男「触らんとわからんだろう」

女「でも……ちょ、ちょっと……」

揉んでみた。

男「やわらかいな」

女「……うぅ……」


383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 22:00:26.38 ID:CoN2gyTLP
女「も、もういいでしょ」

怒られた。

女「酷い、わかってるくせに」

男「いやあ」

素晴らしかった。

いい体験をさせてもらった。

女「酷すぎる……」

男「早く入れよ」

女「うん……」

小さくホックを外す音。

やばい、興奮してきた。


385:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 22:06:02.86 ID:CoN2gyTLP
男「やれやれ」

やっと入ったか。

女「うわーなんかヌルヌルするよ」

男「そうかい」

どうでもいい。

女「くさーい」

うるさい。


387:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 22:20:49.18 ID:CoN2gyTLP
男「……じゃあ、部屋で待ってるからな」

女「えっ」

男「いいだろ、それくらい」

女「う、うん」

男「帰らないから、安心しろ」

女「わかったよ」


388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 22:24:54.23 ID:CoN2gyTLP
ふう。

これでやっと。

落ち着くな。

男「さて、と」

本を読んで、待っているか。

男「……」

もしかして、もしかすると。

このままだと、あの後の続きをすることになるのか?


391:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 22:32:45.22 ID:CoN2gyTLP
マジかよ。

じゃなきゃ、帰ってもいいはずだもんな。

これはまずい。

あそこから再開する気力なんてないぞ。

流れってものがある。

改めて、レッツゴーなんて、できないだろ。


396:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 22:38:25.33 ID:CoN2gyTLP
約束を破るというのは。

酷いことだとわかっているが。

俺は、部屋を後にすることにする。

ゆっくり、バレないように。

……。

ええい、なんだその目は!

仕方ないだろう!

なんと言われても、俺は帰る!


401:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 22:57:46.80 ID:CoN2gyTLP
そうと決まればレッツゴー!

レットイットビー!

ビートイット!

階段をゆっくりと降りれば、いける!

女「あっ」

……。

脱出失敗のお知らせ。


403:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:04:42.13 ID:CoN2gyTLP
男「ちょっと、トイレにだな」

女「トイレは2階にもあるよ?」

男「……」

もっと良い言い訳は……!

男「まあ、実は、お前を驚かせようとしてたんだ」

女「そうなんだ」

つか、早くね?


405:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:08:53.04 ID:CoN2gyTLP
それと。

なんでタオル一枚なんだ。

女「服、持ってくるの忘れちゃった」

……はぁ。

こいつ、色々抜けてるな。

男「じゃあ、部屋に戻るか」

女「うん」


406:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:12:50.01 ID:CoN2gyTLP
男「……ふぅ」

女「もう、このままでいい?」

男「なんで?」

女「暑いから」

男「勝手にしろ」

女「まあ、最終的にこうなるし」

男「……は?」

女「ふふふ」

出ましたよ、暗黒微笑。


409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:17:53.65 ID:CoN2gyTLP
女「さってと」

ハラリと。

タオルを落とす。

女「なにがいい?」

男「……」

女「フ●ラ? 手コキ? それとも足コキ?」

マジでか。

女「あ、エッチは最後だからね」

いや、聞いてないです。


411:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:24:12.03 ID:CoN2gyTLP
タオルを落としたくせに。

見えるのは尻と背中。

背中を向けて、落としやがった。

ええい、前を見せろ。

いや、きょ、興味ないけどね。

男「最初でも最後でも別に変わらんだろ」

女「大事だよ、私の始めてだもん」

……。

本当に処女らしい。


414:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:42:19.42 ID:CoN2gyTLP
男「あーじゃあ」

女「?」

そのワクワクした顔で見るな。

男「……手コキ」

女「わかりましたー」

クルリと。

体を前に……ってあれ?

タオルをまた、巻き直した……?


416:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:47:49.05 ID:CoN2gyTLP
おいおい、なんだよそれ。

見せろよ。

女「パ●ズリってのもあるね」

男「……」

あー、もうどうでもいい。

女「じゃあ、いきまーす」

そして。

俺はズボンを脱いだ。


417:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:48:33.49 ID:E64vl3Pb0
俺もズボンを脱いだ。


418:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:49:02.45 ID:RyGiQF3/0
俺はパンツも脱いだ


419:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:49:32.32 ID:hDE7QAGa0
俺もズボンを脱いだ。


420:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:49:33.75 ID:Rt8LpE/y0
じゃあ俺は皮を…


421:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:50:27.07 ID:IGuIaSHw0
おまえらww


423:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:52:31.98 ID:CoN2gyTLP
男「……はぁ」

やはり。

俺の息子は凄まじい立ちようだった。

仁王立ちだな。

女「ふふふ」

音符がつきそうなほど、上機嫌のようだ。


424:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/30(土) 23:58:39.85 ID:CoN2gyTLP
女「さっき見た時より大きくなってるね」

黙れ。

女「ふふ、こんにちは」

俺の息子に話しかけるな。

女「それじゃあ……」

優しく。

握った。


428:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:02:18.22 ID:CoN2gyTLP
男「……っ」

ゆっくり、しごく。

女「さっきもしごいたけど、出なかったからね」

ああ、そうだったな。

女「ふふっ、もっともっと……」

少し、早くなる。


430:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:04:58.36 ID:CoN2gyTLP
男「うお……」

女「ふふふ……気持ち良い?」

自分でするより。

気持ちいいもんだ。

男「……そういえば一ついいか?」

女「? なに?」

これは聞いとかないと。

男「お前、俺のこと……」

女「大好きだよ?」

今更どうしたの? みたいな感じで。

答えられた。


434:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:11:12.08 ID:CoN2gyTLP
男「そうか」

女「だからさ……」

ギュウッと。

強く握られる。

いたたた……。

女「好きじゃなかったらこんなことしないよ!」

怒られた。

痛いから、マジで!


437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:20:12.92 ID:CoN2gyTLP
男「わ、わかった……い、痛い!」

女「あ、ごめんごめん」

男「……ふぅ」

そう言って、またしごき始めた。

女「……それで」

男「ん?」

女「男は?」

……。


439:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:24:36.65 ID:CoN2gyTLP
男「……おおおお、気持ち良いー」

女「そんなことどうでもいいの!」

また。

力強く握られた。

男「いたい!」

女「しらないもんっ」

男「ち、違う!」

女「え?」

男「一緒にいたい!」

女「……ぷっ、何そのシャレ?」


440:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:29:43.58 ID:CoN2gyTLP
男「なんて、言うと思ったか!」

我ながら、つまらんシャレだった。

女「ふーん……私は一緒にいたいけどね」

……。

素直なやつだ。

女「男も、正直に答えてよ」

恥ずかしいだろうが。


443:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:37:21.19 ID:CoN2gyTLP
男「……どうだろうな」

女「えっ」

唇が震えている。

男「……うーん」

女「そ、そんなに考え込むことなの……?」

目に涙が溜まっている。

え? 泣くの?


445:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:42:33.35 ID:CoN2gyTLP
女「私のこと……嫌いなの?」

男「そうとは言ってない」

女「じゃあ好き?」

男「そうとも言ってな――」

あ、涙。

女「酷いよぉ……男ぉ……」


449:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:48:36.15 ID:CoN2gyTLP
男「……えっとだな」

女「うぅ……」

男「可愛いお前が見たかっただけでだな」

女「……?」

男「好きだよ、好き」

言っちまった。

女「……」

もう、本当にそれは。

太陽みたいな笑顔だった。

……。

俺の息子を握りながらするような顔じゃないけどな。


452:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 00:58:31.07 ID:CoN2gyTLP
女「もう、可愛い私が見たかったらさ」

男「ん?」

女「言ってくれれば、いつでもするよ」

可愛いことを、言う。

……そんな作られた可愛さはいらん。

ナチュラル イズ ザ ベスト!


454:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 01:15:17.47 ID:CoN2gyTLP
女「なんて、バカみたいだね」

と、笑う。

あ、今の可愛かった。

男「ふんっ……」

女「なに?」

男「別に」

いえない……実はそろそろ出そうなんて……。


456:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 01:18:53.58 ID:CoN2gyTLP
男「……」

クールを装っている俺。

女「あっ」

何かに気づいたようだ。

女「そろそろ出そうでしょ?」

何故わかった。


458:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 01:24:29.70 ID:CoN2gyTLP
女「そんなあなたにひとつ質問」

男「なんだよ」

女「どこにぶっかけたいですか?」

ドコニブッカケタイデスカ?

どんな質問だよ。


462:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 01:32:30.59 ID:CoN2gyTLP
女「私のオススメは……」

オススメとかあるんですか。

参考にしよう。

女「お口、おっぱい、お尻かな」

……どれもいいな。


464:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 01:41:42.41 ID:CoN2gyTLP
男「どうしようか……」

こういうときは、誰に相談すればいい?

俺の趣味でいけばいいのか……。

正直。

どれもいいんだよなぁ……。

女「お、お尻って言っても、穴じゃないからね……?」

聞いてませんよ。


473:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 02:12:52.12 ID:CoN2gyTLP
あ、でも。

純粋に尻にぶっかけるのも……。

って、何言ってんだ。

だったらここは……。

男「じゃあ、胸で」

女「はーい」

そして、ついに。

タオルで隠されていた胸を。

見た。


476:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 02:16:03.61 ID:CoN2gyTLP
男「……」

これは。

凄い。

本当に、その一言。

女「早く、出すなら」

男「すまん、もう少しだけ頼む」

女「ん……」

すこし、手でしごくやつ。


477:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 02:19:43.02 ID:CoN2gyTLP
男「あ……そろそろ」

女「はいっ」

胸を寄せる。

女「お好きなだけどうぞ」

ニッコリと微笑む。

そして。

出した。

本日3回目。


479:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 02:24:02.97 ID:CoN2gyTLP
女「うわぁ……」

同じ反応だ。

なんか安心する。

女「暖かいけど、ベトベト……」

仕方ないだろ。

女「……うん」

男「あん?」

女「やっぱり、エッチしたい!」

いきなりだな。


481:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 02:26:52.11 ID:CoN2gyTLP
女「やっぱり、私も体を持て余してるっていうか……」

男「そうだな」

でもな、考えてごらん?

俺はもう3回出してるんだぞ?

結構満足してるんだけどな。

女「あ、ナヨナヨ!」

男「流石にな」

そしていきなり、息子を咥える。

女「復活!」

欲望に正直だな、人間って。


485:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 02:37:24.25 ID:CoN2gyTLP
女「じゃあ、やろっか?」

男「その前に」

女「なに?」

男「いじらせて」

女「えっ!」

顔を真っ赤にして。

目を見開く。

女「は、恥ずかしいよ……」


486:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 02:38:43.35 ID:CoN2gyTLP
男「俺にもする権利はあるだろう?」

女「でも……」

タオルで隠れている、やつの下半身を見やる。

女「ひゃ、エッチな目」

以外にどんな目をしてそこを見るんだ。


595:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:08:07.06 ID:CoN2gyTLP
女「で、でもでも……」

モジモジしてる。

女「やっぱり……恥ずかしいって言うか……」

男「俺なんか公開オ●ニーだぞ」

俺のほうが死ぬほど恥ずかしい。

女「わ、私だって……」

俺「お前のは目撃だ、見入ってない!」


597:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:12:13.53 ID:CoN2gyTLP
女「それでも……」

男「……わかった」

女「もう、ビショビショだから……」

……。

立った。

俺の息子は。

その言葉で一気に。

さらに勇敢に、気高く。

勃起した。


599:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:13:11.30 ID:Ae0i1KszO
早くして下さいうちの息子が暴れて大変なんです><


600:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:20:37.45 ID:CoN2gyTLP
女「もう、男は知らないと思うけどさ」

何をだよ。

女「男の……いじってる時から……なんだから」

興奮する。

激情する。

感奮する。

熱狂する。

そして息子が熱り立つ。


603:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:23:28.25 ID:CoN2gyTLP
勝手に。

体が勝手に。

やつを。

抱きしめていた。

女「へっ!?」

この際、自分の……は気にしない。

強く抱きしめてやる。


607:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:26:02.04 ID:CoN2gyTLP
女「や、やめてよぉ」

嬉しいくせに。

なんて、ちょっと自意識過剰か。

男「好きだ」

女「……」

あれ。

すっげえ泣いてるぞ。

……なんか、ダメだったか?

女「ふわぁぁん……イっちゃった……」

可愛いやつめ。


609:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:30:28.20 ID:EhrE1TbW0
何回賢者タイムにさせる気だ


610:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:30:33.27 ID:CoN2gyTLP
女「そんなこと耳元で言わないでよ」

怒ってる。

ペロリと、首筋を舐めてみる。

女「ひひゃあ」

まあ、当然の反応だな。

男「本当にイったのかよ?」

流石に、言葉だけでって凄いよな。


612:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:34:00.82 ID:CoN2gyTLP
そこまで。

俺のことを愛してくれてるってわけか。

思わずニヤける。

気持ち悪いな、俺って。

……うん、気持ち悪い。

女「ホントだよ」

そして、唇を尖らせる。

男「ん?」

女「チューして」


615:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:41:34.57 ID:CoN2gyTLP
男「なんで」

女「したいから」

当たり前のことを聞いて。

当たり前の答えが返ってくる。

男「そうか」

女「うん」

満面の笑顔。

キス、か。


617:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:44:11.79 ID:CoN2gyTLP
してやるよ。

女「おとこ〜」

そんな甘い声を出さなくても、な。

女「……んっ」

唇で唇をふさぐ。

なんてロマンチックな表現。

いや、なんかこれは。

無理やりな感じだけど。

それでも、いいと思った。


620:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 20:47:35.18 ID:CoN2gyTLP
女「んんんっ……」

こいつ。

舌を入れてきやがった。

このやろう。

お返しだ。

口が、いやらしい音を立てる。

怖いくらいに。


634:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:27:10.02 ID:CoN2gyTLP
男「はぁはぁ」

息切れ。

激しい、接吻。

深い接吻。

ディープな、キス。

女「はぁはぁ……来て?」

行きまーす。

こんなこと言われて。

引くわけには行かないだろう。


635:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:30:36.40 ID:CoN2gyTLP
綺麗だ。

とても。

女「あんまり見ないでよぉ……」

恥ずかしそうに顔を隠す。

男「……」

マジで、濡れてやがる。


636:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:37:14.35 ID:CoN2gyTLP
男「入れるぞ」

女「うん」

ゆっくりと。

息子を近づける。

息子よ、大人になって帰って来いよ。

女「んあ……」


637:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:40:10.86 ID:CoN2gyTLP
小さく、声をあげる。

……。

なんか、恥ずかしくなってきた。

これ、実況しないとダメか?

省いちゃってもいいんじゃないか?

包み隠さず全部言ったところで、何も生まれないぞ?


638:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:41:49.09 ID:c+40TYRw0
ふぅ…


639:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:45:45.00 ID:CoN2gyTLP
正直に。

俺は間一髪。

先端が入ったくらいで、止められた。

せっかくここからクライマックスなのに。

女「な、生でやるの?」

そういうことか。

男「いや、別に」

考えてなかった。

なんて、最低なやつだ、俺は。


640:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:51:53.26 ID:CoN2gyTLP
男「ちょっと、待ってろ」

女「私はいいけど……」

え。

ヱ。

ゑ。

マジで。


641:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:52:45.66 ID:CoN2gyTLP
さて。

事後。

事故か?

いや、事後。

男「……ふぅ」

女「ふふふ、男〜♪」

男「はいはい」


642:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:54:35.86 ID:flBXgfzOO
まさか…省略?


643:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:54:44.72 ID:olFMJc6Y0
おい・・・・


644:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:55:25.77 ID:Y692uGqa0
許さない...


646:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:55:45.26 ID:CoN2gyTLP
男「本、読んでいいか?」

女「どうぞー」

腕に胸が当たって、動かしづらい。

男「邪魔だ」

女「何よー」

ふくれっ面をしながら、笑う。

器用なやつだ。


652:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:57:53.71 ID:CoN2gyTLP
なんだよ。

みんな、なんでそんな顔で俺を見る!?

俺が意気地なしだとでも?!

事後だよ、事後。

そんなにみんな、知りたいのかよ!?

俺は本を読みたいんだよ!


655:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:01:29.17 ID:CoN2gyTLP
わかった、わかったよ。

俺はどうしようもないダメ男だ。

頼む。

俺とやつのデートについて話すから。

それで勘弁してくれ。

頼むよ、本当に。


657:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:02:16.04 ID:Fi9jI8KzI
おい、早く書k……書いてください


658:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:02:25.83 ID:9m9n2uAb0
デート話で勘弁してくれだと!?





ぜひお願いします、イチャラブ大好物です


659:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:03:58.46 ID:c+40TYRw0
デートなんていいんだよ!
寸止めされた男の気持ちが分からんのか!
























ちくしょう!!!


660:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:04:40.18 ID:CoN2gyTLP
おお、よし。

というわけで。

話して行きたいと思う。


男「じゃあ、俺帰るわ」

女「泊まっていかないの?」

男「アホか、明日学校だぞ」

女「そっか! 学校かぁ……」

男「残念だったな」

女「……」

男「……次の休日、どっか行くぞ」


662:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:10:31.13 ID:CoN2gyTLP
女「え?」

男「……じゃあな」

女「あ、待ってよ」

男「ん?」

俺は、うそつきだ。

実は、デートなんて行ってない。

見栄を張りました。

女「おっぱい、男のでいっぱいなんだ」

男「……」

女「一緒にお風呂、入ろ?」

男「……入る」

デートはしてないけど。

一緒に、風呂には入った。

それだけだ。


664:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:14:29.00 ID:CoN2gyTLP
女「あ」

男「なんだよ」

女「……男、勃起してる」

男「そうだな」

女「元気いっぱいだね」

言うな、バカ。

女「続き……する?」

男「……」

する。

END


653:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 21:58:48.93 ID:A2sQPr/h0
なんか今日調子悪い?
文章にいつもらしさが無い気がする


669:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:18:13.35 ID:CoN2gyTLP
ごめん、本当に。
初の試みで、新しい男女SS書きたかったんだけどね。
それがこのざまです。
ヤマなし、オチなし、文才なしと。
いいところ無しですいませんでした。

実は、ハロウィンでボクッ子SS書こうと思ってたんです。
今から立てようか、考え中です。
ボクッ子だったらこんなことには……ならなかったかと。

>>653
ボクッ子じゃないと無理なんだと気づきました。


667:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:16:07.75 ID:9m9n2uAb0





あと、正直に言いなさい怒らないから
ちょっと続けるのがきつくなったんだろ、そうなんだろ


669:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:18:13.35 ID:CoN2gyTLP
>>667
きつかったです。


670:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:21:38.54 ID:cuLJ9iLb0
やっぱり本領はボクっ娘だよね
でも面白く読めたよ、乙


673:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:23:10.54 ID:RuW89+490
そ・・・そうか・・・じゃあしょうがないな乙









いやしょうがなくない


675:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:24:12.43 ID:CoN2gyTLP
ちょっとしたら、ボクッ子立てますね。

最近スレ立て難しいから立てられるかわからないけど。


679:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:26:39.69 ID:A2sQPr/h0
>>675
おつおつ
自分のペースでがんばれー


676:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:25:14.47 ID:vCRgx4gf0
いや十分クオリティ高かったよ。
ドストライクだったし

>>1乙〜


677:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:26:02.00 ID:WSKCkhU70
俺は楽しめた
乙!


678:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:26:06.17 ID:zWXtjWja0
乙!

たまにはこういうのも書いてほしいなとか思ってないんだからねっ!
次スレ、ちゃんと立てなさいよ!


680:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 22:27:33.53 ID:IYjxJ95S0
正直言葉だけで女が濡れたシーンにはかつて無いほどのときめきを覚えたことだけは>>1に伝えておきたい。
理想の女

>>1お疲れ


691:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/31(日) 23:09:22.34 ID:7ajP7RKp0


俺マジ興奮した、抜くところだったぜ

医者「ほう、童貞をこじらせたと」患者「はい」
ぺろぺろしたくなるような美脚画像選手権
混浴温泉で思いきって堂々と勃起してみたら、たまたま入浴していた女性客がチラ見どころか我を忘れてガン見急接近!
「もう目が離せない!フニャチンから勃起するまでの一部始終を見てしまった

女「……男、勃起してる」おしまい

元スレ
女「……男、勃起してる」
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1288353964/

 

最新記事50件