関連記事
男「うぇええいwwwwwwww」女「うんばあああwwwwww」【前編】【後編】【番外編】

387:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 22:00:25.13 ID:5QzwIapw0
皆さん!保守ありがとうございました!これからまた書かせていただきます!
ほんとサービス残業って憎いですよね!!ほんとぶっ壊れたら良いんですよ!!!!!!!!!!
サービス残業さいっこーーーーーーーーーー!!!!!!!!!


391:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 22:07:50.16 ID:+NMWRj+y0
>>387
おかえり


388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 22:01:24.37 ID:zc94p3wT0
ッキタア”ア”ア”ア”アアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!


390:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 22:05:14.58 ID:3YjK+/PL0
キター!!!!

私がAV監督になったら実行する100のマニフェスト
女「君も私とセッ○スしたいんだ?」
キメセク・ベスト
キメセク アルコールと媚薬をキメテセッ●ス
キメセク 美少女に媚薬を飲ませてセッ●ス




 

392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 22:11:14.92 ID:5QzwIapw0
会長の豪邸

黒服「会長…ヒソヒソヒソ」

会長「ほぉ…これがデス山の……」

男「おいジジイ」

会長「ふっwwジジイと来たか…」

黒服たち 「」ジャキッ!!

男「……あん?」

会長「よいよい…銃を降ろせ」

男「俺に話ってなんだ、ジジイ」

黒服たち「」ピクッ

会長「よい。話しはな…」

会長「おぬし、デス山と闘いたくはないかの?」

男「!」

男「デス山と闘えるのか…!?」

会長「フォフォフォw」


398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 22:17:35.16 ID:5QzwIapw0
男「闘わせろ!!」

会長「闘えるとも」
会長「わしらが極秘裏に開催している賭け試合、そのトーナメントで優勝すればな…」

男「なるほどな……」

男「いいぜ!その話し乗った!!」

会長「フォフォフォww」

会長「それにしてもおぬし……」

スッ

ヒョコッ…ヒョコッ…ヒョコッ…

男「?」

会長「なかなか良い体しておるのぉ…」さわさわ

男「」ゾゾゾゾ〜

男「な、なんだおめぇ気持ちわりいな!!!!!!!」

黒服たち「」ジャキッ

男「んだコラァ!!!俺は銃なんぞ怖かねぇぞ!!!!」

会長「フォフォフォwwwまぁよいわ…せいぜい頑張るんじゃのww」ヒョコッ ヒョコッ


400:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 22:23:02.24 ID:5QzwIapw0
会長「ちなみに……」
会長「おぬしの一回戦の対戦相手はこやつじゃ…」
会長「ロン!」

ロン「はい……」スタスタ…

男「女みてぇな顔した野郎だな」

会長「美しいじゃろう……わしのお気に入りじゃ…」


ベロォ〜……ヌチャッ


男「オエェエッ!!!な、何やってんだおめぇ!!」

ロン「……」

会長「フォフォフォwwww」ベロベロ…

ロン「……」

男「お前そんな口臭そうなジジイに顔舐められてなんともねぇのかよ!!!!」

ロン「……」

会長「わしゃ強い男が好きでの……」
会長「そんな豪傑達をより強い力でしたがえるこの快感……フォフォフォwwww」

会長「権力とは偉大なり………フォフォフォフォフォフォwwwww」


401:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 22:28:34.73 ID:5QzwIapw0
会長「対戦は明後日……黒服たちに向かえにいかせるでの……」
会長「ホテルも用意しとるから対戦まで好きにせい」

男「おう……」

黒服「こちらです…」

男「あぁ」

スタスタスタ

男「……」

クルッ

男「おい。ロンとか言ったな」

ロン「……」

男「俺はてめぇみたいなオカマ野郎は大ッ嫌いだ」

男「…ぶっ潰す」

ロン「……」

男「じゃあな」

スタスタスタ


406:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 22:37:32.19 ID:5QzwIapw0
明後日-闘技場-

アナウンサー「さぁ!!やってまいりました!!地獄遊戯トーナメント!!」
アナウンサー「一体この中の誰が優勝し、デス山と拳を合間見えるのか!!!」
アナウンサー「注目の第一回戦!!!」

アナウンサー「西門からやって来るのはこの男!!!会長のお気に入り!!」
アナウンサー「数々の豪傑達を眠らせてきた美しき火の鳥!!!!」

アナウンサー「ローーーーーーン!!」

観客達「ワアァァァァァァアア!!!」

アナウンサー「そして東門からやって来るのはああああああ!!!!」

アナウンサー「帽子が破れて中のパンツが丸見え!!!誰だこの変態はああああああ!!」

アナウンサー「なななんとおおおお!!!あのデス山の息子!!!!!!」

アナウンサー「要注意人物!!!!!!」

アナウンサー「男ーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」

観客達「ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!」

アナウンサー「さぁ!!!第一回戦!!!!これは目が離せません!!!!!!」

アナウンサー「今!!!ゴングです!!!!」

カーーーーーーーーーーン!!!!


407:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 22:41:01.23 ID:QkbOjIS+O
結局パンツの意味なかったんじゃねえか


409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 22:46:49.30 ID:/dWPGLXI0
パンツバレバレじゃねーかw


410:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 22:53:41.54 ID:5QzwIapw0
男「いくぞカマ太郎!」

ロン「……」

男「ハァーーーー!!」ドスッ!!

ロン「ッ……」

アナウンサー「おーーっとぉ!!!ロン選手男の先制攻撃をもろに喰らってしまったぁあ!!」

男「…!」
男(俺のパンチで…たお・・・れない)

ロン「……」

アナウンサー「な、なんだぁ…?二人とも沈黙している…」

ロン「私は…」

男「?」

ロン「私には…妹がいる…」

男「なんだいきなり…」

ロン「もし私が会長に逆らって妹が殺されたら……私はどうすればいい」

男「………」

ロン「お前にはわかるまい……この屈辱が…」


414:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 23:04:23.75 ID:ix8u4DVDO
ただのカオスSSだと思って開いたら・・・
ナニコレー


416:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 23:06:29.82 ID:5QzwIapw0
ロン「ヒョォオオオ!!」ブオンッ

アナウンサー「飛んだあああああああ!!!火の鳥が飛んだあああああああ!!!!!」

男「ッ!!」

ロン「ハアアアアアアアアア!!!!!!」ドドドドドド

アナウンサー「空中から蹴りの猛打猛打猛打!!!」

男「グアッ!!!!」

アナウンサー「あぁぁあっと!!!男吹っ飛んだ!!!」

男「ハァハァ……」

ロン「ふんッ……貴様本当にデス山の息子か?」

男「だったらなんだよ……」

ロン「……弱すぎる」

男「」ピクッ

男「………フハッwww」

ロン「?」

男「フハハハハハハハwwwwwww」


420:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 23:12:15.52 ID:5QzwIapw0
男「これだよ!!これだよコレコレコレェエエエ!!!!!!!」
アナウンサー「おっと男選手どうしたんだぁ?」

男「俺は待ってたんだよ!!!!こういう境地を!!!!こういう状況を!!!!!」

男「今まで俺がどういう思いで生きてきたと思う!!!えぇ!?カマ野郎!!!!!」

ロン「……」

男「退屈だ!!!!退屈で死にそうだった!!!!!!」

男「この数年!!!デス山を求めてこんなくっせぇえパンツかぶって!!!!」

男「闘いに明け暮れ!!!たまにモバゲーやって!!!!!!」

男「ストリートファイターのアプリがやたら金取るもんだからバイトして!!!!!」

男「噂を聞きつけて強者とされる者と合間見えてもどいつもこいつもチンカスばっか!!!!!!」

男「俺は待ってたぞオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!」

男「こういう状況をおおおおおおおおお!!!!!!!!」

ロン「……ふんっ……狂人が…」

男「ハハハハハハッ!!!!!」

ダンッ

アナウンサー「男が!!!男が猛然とロン選手に飛び掛るぅぅぅう!!!」


422:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 23:14:20.68 ID:Pp96SH510
たまにモバゲーやって!!!!!!
たまにモバゲーやって!!!!!!
たまにモバゲーやって!!!!!!





たまにモバゲーやって!!!!!!


423:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 23:15:08.87 ID:wzU0NPyUO
モバゲーてwwwwwwおまwwwwwwwwwwww


424:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 23:15:26.24 ID:5QzwIapw0
男「ハハハハハハッ!!!!!」ズバンッ!!

ロン「ウグッ!!!」

ドカァーーン

アナウンサー「今度はロンが吹っ飛んだあああああ!!!」

男「まだだ!!!まだ寝るな!!!!」

男「ハァッ!!!!」シュッ

ロン「ぐああああああ!!!」ボギィッ!!

アナウンサー「な!?い、今の音はああ!!!」

男「おいコラてめえぇえ!!!んなもんで折れてんじゃねえぞ!!!!」

アナウンサー「う、腕が!!!ロン選手の腕が!!!」

ロン「クッ…!!」

ロン「ヒョオオオオオ!!!!」ダンッ

アナウンサー「ロンが飛ぶぅうう!!!」

男「ハハハッ!!!そうだ!!!!俺を楽しませろ!!!!!」

ロン「ハイハイハイハイハイハイハイハイ!!!!!!!」ズダダダダダダダダ


429:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 23:24:23.90 ID:5QzwIapw0
男「どうしたカマ太郎!!!そんなんじゃ俺は倒せねぇぞおおお!!!」
アナウンサー「ああああ!!!ロン選手の蹴りを全て片手でいなしているううう!!!」

ロン「ハアアア!!!」シュビッ!!
男「ハハーッ!!」バシィッ
アナウンサー「あっと!!!ロン選手捕まったァーー!!」

男「妹がなんだってぇぇええ?」
ロン「くっ…!!」
男「俺はなぁ…!!んなこた知ったこっちゃねぇんだよ糞があああ!!!」
男「この状況で闘い以外の話しなんて無粋だろ…!!なぁおい!!」

ぶぉんっ

ロン「うっ…!!」

アナウンサー「ロンがぶん投げられるゥー!!しかし男の猛追は止まらないィーー!!」

男「力と力ァー!!!」ドゴォッ

ロン「ガハッ!!」

男「どっちが強いか!!!どっちが弱いかァー!!!」バギャァッ

ロン「グアアアアアアアッ!!!」

男「それだけで充分だあああああ!!!!!!」ズバァァァン!!!

ロン「あぐあああああああああ!!!!!」


433:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 23:30:28.54 ID:5QzwIapw0
アナウンサー「ロンダーーーーーーーーーーウン!!!」

男「」シュタッ

男「おいコラカマ助ェーーー!!!!」

ロン「……」

男「てめぇもう終わりかああ!!!」
男「まだまだ全然足りねぇぞ!!!」

ざわざわ…

ロン「……フフッ…」
ロン「」スッ

アナウンサー「立ったああああああ!!!」

ロン「失礼した……お前は弱くない…男」

男「……フハハハww」

ロン「久しぶりに武人としての血が騒ぐ……」

男「ゾクゾクするなぁ…おい!」

ロン「」シュッ

男「来たァーーー!!!」


440:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 23:38:06.68 ID:5QzwIapw0
男「おごぇ・・・!!!」メキョォォオッ
男「ぶあああああああっ!!!」
アナウンサー「ロン選手の蹴りが顔面にィー!!」

ロン「私が火の鳥と呼ばれる由縁はな…」
男「もっと来いやコラァァア!!」
ロン「この技にある!」

ロン「ハッ!!!」ズバンッ

男「オェッ!!」

アナウンサー「こ、これはァーー!!ロンの必殺技ァーー!!!」

ロン「ハァァァァァ!!!!」ズババババババ

男「ぐああああ!!」

アナウンサー「ロンの蹴りが!!拳が!!!男をどんどん空中へと舞い上げていくゥーー!!」

男「ア”ア”ア”アァァァ!!!」
ロン「ハアアアアアアアアア!!!!!」ズババババ

アナウンサ−「美しい!!!!!まるで舞うように空中へと上がっていく!!!!!その姿!!!!!」

アナウンサー「まさに火の鳥!!!!!!!!!」

ロン「おおおおおおおおお!!!!!」

ロン「セイッヤァーーーーーー!!!!!」ズガアアアアアアアアアン


444:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 23:48:05.65 ID:5QzwIapw0
男「うっひょォーーーー!!!!!!」

ガシィッ

ロン「な!!」
男「おまえすげぇぜ!!!!!!」
ロン「貴様!!!」

男「腕が折れてなかったら!!」
男「いやww折れてても別に関係ねぇか!!ww」

男「ハァッ!!!」ぶぉんっ!!

ズダァーーーンッ!!

アナウンサー「な、なんだぁ!!!?ロン選手が突然地面に叩きつけられた!!!!」

男「ハァーーーーーーーッッッッ!!!!!!」

ロン「!!!!!」

ドゴォォォォォォ!!!!!

ロン「ッッッカハッ…!!!」

アナウンサー「た、倒れているロン選手に物凄いパンチが入ったああああああああああ!!!!!!!」

男「よっと」シュタッ
男「なかなか面白かったぜ…カマやん」


445:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 23:50:46.18 ID:rYvf06ZAO
これが…天才の天才ってやつか……


448:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 23:52:07.54 ID:SQhdF0M70
最初のころとギャップありすぎだろwww


449:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/29(水) 23:52:30.71 ID:5QzwIapw0
シーーーーーーーーーーーーーーン……

審判「」バサバサッ

アナウンサー「こ、これは戦闘不能の白旗!!!」

アナウンサー「勝者!!!!!!!男ォーーーーーー!!!!!!」

観客たち「ワアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!」

男「あー!どうもどうもー!」
男「俺とセックスしたい奴いたら楽屋こいよー!ハハハッ!www」

アナウンサー「ロン選手は担架で運ばれて行きます…!」

観客達「ワアアアアアアアアアアアアア!!!!」

アナウンサー「それにしても物凄い奴が来てしまった!!!!」

アナウンサー「あのロンをまるであやす様に倒してしまった!!!」

アナウンサー「デス山の息子!!!!!その看板に偽りなしィーーーー!!!!」

観客たち「ワァアアアアアアアアアアア!!!!!」

男「ちっ……」

男「結局親の七光り扱いかよ」

男「尚更ぶっ飛ばしたくなってきたぜデス山…。ハハハハハwww」


453:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 00:02:29.58 ID:5QzwIapw0
会長「フォフォフォフォフォwwwwww」

会長「あの小僧やりおるわい!!」

会長「それに比べてロン!」

会長「わしゃ弱い奴はすかん…奴はもうええ」

会長「おい」

黒服「はっ」

会長「」ボソボソ

黒服「はい!直ちに」

会長「フォフォフォフォwww」


462:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 00:28:16.48 ID:5QzwIapw0
-男の待機部屋-

コンコン

男「は〜いどうぞー」
黒服「男様。2回戦進出おめでとうございます」ガチャ

男「はいはい」

黒服「つきましては会長から…」ボソボソ

男「あぁ!?」
男「ロンの次は俺をペットにする気かあのホモジジイ!!!」

黒服「……」

男「おい兄ちゃん。あのジジイに伝えとけ」

男「あんま舐めた真似してっと地獄見るぞってな」

黒服「……よいのですね」
男「あ?」
黒服「あなたのご友人や家族がどうなっても……」
男「ぶっwwwぶはははははwwwwwww」

男「友人ってあれか?www女とか須賀?wwwwwwwだったらどうなってもいいよwwwwww」
黒服「…あなたのご家族が」
男「母ちゃん?wwwwwwwまぁいいやwwwwww好きにしろよwwwwwww」

男「地獄見るのはてめぇらだぜwwwwwwww」


466:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 00:39:35.17 ID:5QzwIapw0
アナウンサー「さぁ!!!2回戦!!!!!」

アナウンサー「東門からやってくるのはこの男ォーーーーーー!!!!!」

アナウンサー「さきほどあのロン選手を病院送りにしてしまった張本人!!!!」

アナウンサー「デス山の息子!!!!!!男ォーーーーーーーーーーー!!!!!」

観客たち「ワアアアアアアアアア嗚呼!!!!」

男「うっしゃああああああ!!」

アナウンサー「そして!!西門から現れる豪傑!!!」

アナウンサー「その妙技!!!肩を並べるものなし!!!!神童!!!!!!」

アナウンサー「神宮寺京介ェーーーーーーー!!!!」

観客たち「わああああああああああ!!!!」



アナウンサー「?」

アナウンサー「お、おや?これはどうしたことだ?」

アナウンサー「神宮路選手が出てきません!」

ざわざわ…       ざわざわ……         ざわざわ…
ざわざわ…          ざわざわ……


471:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 00:44:04.72 ID:5QzwIapw0
ぽいっ

ぽてっ



観客A「キャアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!」

観客B「う、うわああああああああああああ!!!!!!!」

アナウンサー「!!!!!!!!!」

アナウンサー「あ、あれはあああああああああああ!!!!!!!」
アナウンサー「う、腕だあああああああ!!!!!何者かの腕が場内に投げ込まれたぁあああああ!!!」

男「なんだ?」

アナウンサー「あ!!!!あぁぁぁああああああ!!!!!!」
アナウンサー「あ、あれはァーーーーーーーーーー!!!!!!!!」

???「」

会長「ひょおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」
会長「あの姿!!!!!!!!」
会長「な、なんと神々しい…!!!!!!!!」
会長「愛しい!!!!!愛しいぞぉおお!!!!!デス山あぁぁぁぁぁああああ!!!!!!!」

アナウンサー「デス山だああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」

アナウンサー「デス山が血の滴る神宮寺選手を咥えて!!!入場してきたァーーーーーーーー!!!!!!」


474:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 00:48:30.90 ID:5QzwIapw0
観客達「ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!」

アナウンサー「こ、これは一体どういう事だあああああああああああああああ!!!!!!!!!」

会長「デス山!!!!!デス山ァーーーーーーー!!!!!!!」
会長「愛しい!!!!!!愛しいぞぉおおおおおおおお!!!!!!」
黒服「か、会長!あまり叫ばれては…」
会長「黙らんか!!!!!!このカスが!!!!!」ガンッガンッ!
黒服「ぐぁ!!!も、申し訳ありまっ!!せん!!」
会長「デス山!!!デス山じゃ!!!!!我が愛しの!!!!!デス山が!!!!!!!あああああ!!!」

デス山「……」

男「あ………ぁ……あ……」

デス山「…プッ」

ドサッ

ごろん…

アナウンサー「じ、神宮寺選手が…!!」

アナウンサー「こ、これはもう……!」

デス山「匂いだ…」

男「……ぇ……え?…」

デス山「匂いがする……」


479:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 00:53:56.46 ID:5QzwIapw0
デス山「」クンクン
男「……」

アナウンサー「な!デ、デス山が!!デス山が男選手の頭を執拗に嗅いでいる…!!」
アナウンサー「い、いや!!違う!!!男選手が被っているパンツの匂いを!!!」

男(ダ……ダメだ……身動き一つ取れやしねぇ……!!!)
男(なんだ…!!なんだこの圧倒的威圧感は………!!!!)

男(今まで出会ってきた奴らの比じゃねぇ……!!!)

デス山「懐かしい……あの匂いだ」

男「……ぇ…」

デス山「ヴァネッサ……」

男「……ぁ……ぇ……」

デス山「……もらっていく」

ヒョイッ

男「あっ……」

アナウンサー「おーーーっと!!!デス山が男選手の被っているパンツを取り上げたぁああ!!!」

男「あ……ぁ……」

デス山「」スタスタ


482:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 00:58:09.68 ID:5QzwIapw0
アナウンサー「い、いいのか!?親子の久しぶりの再開がこんな物でいいのかぁ!!?」

男「ぉ……お、お、おい!」

デス山「」スタスタ

男「お、おい!!」

デス山「」スタスタ

男「待てコラ糞親父ぃいいいいいいいいい!!!!」

デス山「」ピクッ

男「!」ゾクッ

デス山「」クルッ

男「ウッ…」ゾクゾクゾクゥッ…!

男「お、……お……お前どうしてここに…」

デス山「………」

デス山「………」

デス山「匂いがしたから来た」

アナウンサー「気まぐれ!!!!気まぐれで選手が一人死んでいる!!!!」
アナウンサー「これがデス山です!!!!!!皆さん!!!!」


484:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 01:03:06.07 ID:5QzwIapw0
男「お、おれっ……がっ……」
男「お……まえを……たお……たお、す…」

デス山「」フワァ〜

デス山「……寝る」

デス山「」スタスタ

アナウンサー「あぁーーっと!!!デス山選手が帰ります!!!!」
アナウンサー「頭にパンツを被ってご機嫌です!!!」

アナウンサー「こ、これはどうなるんだ!?男選手の不戦勝か!?」

審判「」サッ

アナウンサー「男選手不戦勝です!!!」

男「……」ブルブルブル

男(ダメ…だっ……足の震え……とまんっ……ねぇっ!!)

アナウンサー「まさかの展開だ!!神宮路選手戦闘不能につき男選手不戦勝ーーー!!!」


男(あれが………)


男(デス山………!!!!)


489:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 01:16:08.84 ID:5QzwIapw0
-男の控え室-

男「」ブルブルブルブルブル…
男(デ……デス山……)

男(勝てる訳ねぇっ!!!!!!!)

男「あ……あ”……」ブルブルブル

男(だ…ダメだ………)

コンコン

男「」ビクゥッ!

黒服「男様。そろそろです…」

男「ハァ……ハァ…」

ドクン……ドクン……

男(無理……無理だ……)

男(たぶんこのままだと俺ぁ……俺ぁ優勝する……!)
男(ロンが会長の相手してたぐらいだ…!!)
男(たぶんロンで相当強い……!!でも俺にとっちゃお遊び程度……!)

男(このままじゃ優勝する……!!そして……!!)

男(デス山に殺される…………!!!!!!!!)


491:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 01:20:39.10 ID:5QzwIapw0
男(闘う前から敗北してる……!!!圧倒的に……!!)

男(無理だっ!!不可能だ!!!どうあがいても!!!どうやってもデス山に殺される!!!)

黒服「男様…?大丈夫ですか?」

男「うわぁぁぁあ!!!」ビクゥッ!!

黒服「ど、どうされました?」

男「て、てめぇーら!!お、俺を殺す気か!!!」

黒服「…は?」

男「無理に決まってんだろ!!!あんな!!!!あんな奴と!!!!」
男「あんな奴と闘えるかってんだ!!!!」

黒服「い、いえ…あなた様が戦うのはデス山様ではなく…」
黒服「ガンドウ様ですが…」

男「バッ!!!!このっ!!!!バカがっ!!!!!!」

男「そんなのどうせ糞みてぇに弱いに決まってる!!!!」

男「俺は!!!俺は勝っちまう!!!!」

男「勝って!!!優勝して…!!!!」

男「デス山に殺される!!!!!」


496:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 01:24:45.61 ID:5QzwIapw0
黒服「では…辞退なされますか?」

男「!!」

黒服「そうすればあなたは解放される」

男「お……俺ッ……はっ…」

黒服「辞退……されますか?」

男「ハァハァ……!!俺は……!!」

ドクン……ドクン……

男(母ちゃん……ごめんッ……!!)


男(大見得切ってここまで来たのに……母ちゃん……!!母ちゃん…!!!)


男(俺には…俺には無理だった…!!俺には!!)




男(闘う事すら無理だった!!!!!)


499:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 01:30:12.98 ID:5QzwIapw0
黒服「会長…」

会長「なんじゃ?」

黒服「実は……」ボソボソ

会長「!?」

会長「けぇーーーッ!」

会長「なんと!!なんと情けない!!!あの男本当にデス山の息子か!?」

会長「辞退じゃと!!!?」

会長「闘う事すらせんのか!!」

会長「弱い!!!弱すぎるっ!!!!!」


会長「つまらん!!!!!つまらーーーーーーん!!!」ガンッガンッ!!

黒服「うぐぁっ!!あぐっ!」

会長「なんじゃあやつは!!!!殺せ!!!!あんな腑抜け!!!!」

黒服「し、しかし」

会長「殺せ!!!!!!殺せと言っておる!!!!!」バシィッ!!

黒服「ぐあっ!!も、申し訳ありません!!た、直ちに!!」


500:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 01:33:17.63 ID:5QzwIapw0
黒服たち「待て!!!!!!」

男「ハァハァ……!!」タッタッタッタッタ

黒服「撃て!!!撃てェーー!!」

バンッ!! バンバンッ!!

男「ハァハァ……!!」タッタッタッタッタ

黒服「待てェ!!!貴様ァーーー!!」

男「ハッ!!」

黒服「おごぉえええええええええええええええええ!!!!!!!」バギョオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!

男「ハァハァ……」タッタッタッタッタ

黒服たち「殺せ!!殺せーーーーーーーー!!!!」

バババババババ

男「」シュンッ

黒服「き、消えた!!」

男「ハァハァ……」

こうして…男は逃げた


506:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 01:38:59.25 ID:5QzwIapw0
母「はははははwwwwww」
TVに出てるお笑い芸人たち「そんなんあるかァーー!」
母「あはははははwwwww」

ガラッ

母「あっ……」

男「………」

母「……おと……こ……」

男「………」

母「あ、あんた!!!あんた帰ってきたのかい!!!!!!」

母「男!!!男ーーー!!!」

男「……か、母ちゃん…おれ…」

母「はぁ〜〜〜!!!!久しぶりだねぇ〜〜!!!もう何年も連絡もしないで!!!!」
母「ほんとにバカなんだから!!!!!!」

男「かあ……ちゃん……俺……」

母「ほんっとに久しぶりだ!!!!」

母「よく帰ってきたねぇ〜〜〜!!!!!!!」抱きッ

男「あ………」


507:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 01:42:49.29 ID:5QzwIapw0
男「あ……ぁ……」ポロッ

母「しばらく見ない間にまた逞しくなってぇ〜〜!!!母ちゃん嬉しいよぉ〜〜!!」ギューーッ

男「あ……あぁぁああ」ボロボロボロ

母「ん?」

男「うわぁぁぁぁああああ」ボロボロボロボロ

母「な、なんだいこの子は!!!!!泣いてるのかい!!?」

男「うわああああああああああああああああああ!!!!!」ボロボロボロ

母「どうしたんだい全く!!!」

男「母ちゃんッ!!!!母ちゃーーーーーーーん!!!!!」ボロボロボロ

男「母ちゃーーーーーーーーーーん!!!!!!!」ギューーーーーー

母「はははwwwwwwどうしたんだろね〜!!ほんとにこの子は!wwww」

男「うわああああああああああああああああああああ!!!!!!!!」ボロボロボロボロ

母「あれ?あんた…私のパンティーは?」


母「まさか!!」

男「うわあああああああああ!!!!!!」ボロボロボロボロ


509:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 01:45:37.01 ID:5QzwIapw0
母「お父さんに……会ったのかい…?」
男「」ビクッ

母「………」

母「会ったんだね……」

男「………ぐすっ…」

母「……」

男「……」コクリ

母「………そうかい」

男「………」

男「お……俺……かあ…ちゃ…」

母「いいよ」

男「!」

母「もういいんだ男」

男「……」

母「あんたはよく頑張った…ね?」なでなで

男「あ…あぅあ……」ボロボロボロ


510:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 01:52:15.32 ID:5QzwIapw0
数週間後

ガラッ

母「男入るよー」

男「入ってから言うなよ!」

母「ほら…ご飯だ」

男「……ありがとう」

母「あんた……これからどうするんだい?」

男「……」

母「学校も途中で辞めちゃって…」
母「もうあんた今何歳だい…」

男「……」

母「お母さんがバイト見つけてきてやろうか?」

男「うるせえ!!」

母「……」

男「今はまだ何にもする気になんねんだよ!!」

母「……ハァ……そうかい」


512:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 01:57:04.63 ID:5QzwIapw0
男「………」

---デス山---

男「うっ…!!」ゾクッ

男「うわああああああああああ!!!!」

男「糞が!!!!出てくんなちくしょおおおおおおお!!!!!!」

-----男「辞退……辞退します……」------

男「あああああああああああああ!!!!!!!」

ガシャーーーン

男「くそが!!!!!くそがああああああ!!!!」

パリーーーーーーン

男「もう嫌だ!!!!嫌だあああああああ!!!!」

ガシャーーーーン!!!


513:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:00:38.24 ID:5QzwIapw0
それから、男は母の紹介でとあるバイトをする事になる…

男「……っしゃいませー……」

須賀「いらっしゃいませぇーー!」

男「……」

須賀「………あ、あのすんません…男さん…」

男「んだよ……」

須賀「あ、あの……もうちょっと…その…声張ってもらえませんかね…」
須賀「うちの店は元気がモットーなんで…」

男「あ?」

須賀「あ!いえ!!なんでもないです!!」

男「」モグモグ

須賀「あ!!あの!!何食べてるんですか!?それ今からお客さんに出す料理なんですけど!!」

男「別いいだろ」

須賀「いや!!え!?うそ!」

男「」モグモグ

須賀「あ……いえもういいです……」


519:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:05:07.32 ID:5QzwIapw0
男「それよりさー須賀くん」モグモグ
須賀「は、はい!」

男「おめぇバフェリンまだやってんの?」ボソッ
須賀「え、え?」

男「俺にもまわせよ」ボソッ
須賀「え……あはははははwwwまいったなぁ〜ww」

男「あ?」
須賀「あ!!あの!!任せてください!!大丈夫っす!!!」

男「100錠もってこい」
須賀「い、いや男さんそりゃいくらなんでも…」

男「あ…?組織ごとぶっ潰すぞコラ」
須賀「ハハハハwww100錠っすね!!任せてください!!ハハハwwwww」

男「あのさ〜。女って今何してんの?」
須賀「あぁ…あいつっすか…」

須賀「あれからもっとヤバいヤクに手だして……今廃人っす」
男「ははwwwwwwwうけるなそれwwwwwww」

須賀「いやぁ〜ww結構ヤバイっすよwwもうしばらく会ってないっすけど」
須賀「いきなり泣き出したり、やたらと怒ったり…」

須賀「それに常に震えてるしwww」

男「ぶはwwwwwwwやべぇwwwwwww」


526:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:08:41.93 ID:5QzwIapw0
シェフ「あ、あの〜……りょ、料理上がりましたけど…」

男「おう」

須賀「あ、あの悪いんすけど男さん……お客さんに……料理…出してもらっていいっすか?」

男「え〜」

須賀「あの〜…男さん一様ウェイターでこの店入ってますんで…マジお願いします!!」

男「どうしよっかな〜」

須賀「お願いします!!他のみんなに示しつかないんで!!この通りです!」ペコペコ

男「チッ……しゃぁねえ」

男「これも社会勉強だなwwwははwwww」

須賀「そっすねwwwハハハwww」

男「何がおかしんだよ」

須賀「ヒッ」ビクッ!!

男「チッ……いってくるわ」

須賀「は、はい〜!」


531:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:12:24.42 ID:5QzwIapw0
男「あ〜い料理おまっとさーん」

客「はぁ!?」

男「ほら。食えよ」コトッ

客「お前客に対してその態度なんだ!」

男「あぁん?」

客「な、何睨んでんだよ!!」

男「いいから食えよめんどくせぇ」

客「おい!店長呼べ店長!」

須賀「はいぃ〜〜〜!!すいませーーーん!!」

須賀「あいにく今店長お休みでしてぇ〜!すいませぇ〜〜ん!」ペコペコ

客「おめぇんとこは従業員の教育もろくにできねぇのか!?」
客「こいつ何て言ったと思う!?」

客「あ〜い!料理おまっとさぁ〜ん!だぞ!?」
客「客を舐めてんのか!!!」

男「チッ…」

客「おい舌打ちしたぞ今!!」


535:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:17:38.53 ID:5QzwIapw0
男「じゃあいらねんだな?あ?」
客「はぁ?」

男「料理食わねぇんだなって聞いてんだよ!!」
客「な、何言ってんだお前!」
男「食わねぇなら」

男「もういらねぇよなっ!」

バギャアアアアアアアアアア!!!!

須賀「ヒィイイイイ!!!」
客「あっ!!!あぁああああああ!!!」

須賀「ちょ、ちょっと男さーーん!!テーブルごとぶっ壊してどうするんですかァーー!!」
男「…チッ」
客「もう二度と来るかこんな店ーー!!!」タッタッタッタ

他の客たち「ざわざわ…」

須賀「あ、だ、大丈夫ですから!!そのままゆっくりお食事続けてください!あは、あははは」

男「あーだりぃ……帰るわ俺」
須賀「ホッ…」
男「あ。おい」
須賀「は、はい!」
男「バフェリン今よこせ」
須賀「え、え」
男「持ってんだろ」
須賀「う……持って…ます…」


538:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:22:34.45 ID:5QzwIapw0
男の部屋

男「久しぶりキメんなぁ〜wwwハハハwww」

カリッ

男「うっっぷ……」

ごくん

男「はは……wwまたやっちった…ww」
男「もう二度とやんねぇとか言ってたくせにwwwははww」

数十分後

男「ひゃひひゃああああああwwwwwwwwwあひひひひひwwwwww」

男「でゅあああああああwwwwwwひゃあああwwww」

男「ふへへへへへへえwwwwwwwwwwwww」

ガラッ

母「あ、あんたああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」

男「ひょほっ?wwwwwww」

母「またヤクをキメたのね!!!!!!!!!!!!」


542:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:25:18.94 ID:5QzwIapw0
----------
--------------
--------------------
--------------------------

男「………」

男(ちくしょう……キマってたからろくに応戦できなかった……)

男「っつ…」

男「内モモいてぇwww」


男「やべwwwこの痛み懐かしいwwww」


男「昔は女とこの部屋でバフェリンキメてよく母ちゃんにボコられたっけ……」


男「キメてセックスとかしてたな〜………」



男「女……今何してんだろ……」



男「会ってみてぇな……」


545:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:31:14.81 ID:5QzwIapw0
男「たしかここらに……あっ。あった」

------------------------------
須賀「え?女に会うんすか?」
男「おう」
須賀「会ってもしょうがないと思いますけど…」
男「いいから今どこに居るか言えよ」
須賀「えっと……××町の…」
------------------------------
男「アパートに一人暮らしか……えーっとたしか205号室だったな」

ピンポーン

男「……」

ピンポンピンポンピンポーン

男「………でねぇな」

男「留守か?」

ドンドンドン

男「おーい女ー。いるかー」

ガチャ

男「おお?」

女「……………」


549:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:33:45.88 ID:5QzwIapw0
女「…………」
男「お、おいおめぇなんだその頭…」

女「………」

男「真っ白じゃん。それ地毛?」

女「………」

男「おい。俺だよ俺。男。久しぶり」

女「………」

男「なぁおい」

ギィ…

男「あ、おいドア閉めんな」

女「……何」

男「いや、久しぶりに会ってみたいなーって思って」

女「………」

男「………」

女「あがる…?」

男「お、おう」


550:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:36:36.11 ID:MDcEoYJ30
男「でゅひwwwでゅふふひwwwww」

女「ひふっwwwwひひっwwwひふふふwwwwwww」

男「でゅええええええええええwwwwwwwwww」

女「ちゃんぱwwwwwwwwwwwwすぅうすぅうwwwwwww」

男「ひゅうううふううううううwwwwww」

女「きゃんwwwwwwぱひょぉおおwwwwwwww」

男「はっひゅwwwwっうぁっひゅwwwwwww」

女「ファっしゅwwwwwwっしゅっしゅwwwwwww」


ガラッ


母「あなた達……!!!!」

男「ひゃふっ!!?」

女「ひょえ!?」

母「またヤクをキメたのね!!!!!!!!!!」


551:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:38:19.96 ID:lJddnrtK0
この>>1の構成力すげえな


552:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:38:29.21 ID:5QzwIapw0
男「…………」

男(なんだこの部屋…………ようわからん模様が壁一面に書かれてる……)
男(それに薄暗ぇし……幻想的な音楽かかってるし……)

男「こ、これお前が書いたの?」

女「」コクリ

男「へ、へぇ〜……」

女「好きなところ……座って……」

男「わか…った」

女「コーヒー……淹れてくる……」

男「うん」



男(なんか怪しい液体混ぜたりしねぇだろうな……)

男(………まぁでも……混ぜられたら混ぜられたで別にいっか…)

男「は〜ぁ!」ごろん

男「なーんかジメジメした部屋だなーおい」

女「………あなたにはワカラナイのね」


554:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:41:11.90 ID:5QzwIapw0
女「そこにある図式は4次元を………その図式は5次元よ……」

男「……へぇ〜……」

女「これは人の心を模した図式……」

女「そして…」

男「あ、あのさ!俺…よくわかんねぇし良いよ別に」

女「………」

女「……そう」

男「コーヒー頼むわ!あ!俺ミルク入りで頼むわ!」

女「」コクリ

女「」スタスタ

男「………うん。ヤバイな」


556:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:43:32.23 ID:P9PuqPoc0
ヤクをキメすぎて次元を超えたのか


559:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:44:33.77 ID:5QzwIapw0
男「」グビッ
男「あちッ…」

女「……」

男「あ、あのさ女」

男「お前今仕事とか何してんの?」

女「……それを聞いてどうするの」

男「いや…別にどうもしねぇけど」

女「デリヘル」

男「へ〜デリヘルね」グビ

男「デリヘルぅ!!!?」ブバッ

女「……」コクリ

男「そ、そうなんだ」

男(ま、まぁ昔からヤリマンだったし……あながち意外でもないかもな)

男「その……客は取れてんの?」

女「……あまり」

男(だろうなぁ……)


563:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:48:15.22 ID:5QzwIapw0
男「今付き合ってる奴とかいんの?」
女「いない」

男「そうなんだ……」
女「………」

シーーン…

男「……」
女「……」

シーーン…

男「あのさ…」
女「……何」

男「お前俺に聞きたい事とか無いわけ?」
女「……特に」

男「久しぶりなのに………なんで?」
女「………聞かなくてもわかるから」

男「は?」
女「あなた……逃げてきたのね」

男「!」

女「……宇宙の波動にあわせれば全て見える…」

男「………な!何いってんのかわかんねぇし!」


566:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:53:57.64 ID:5QzwIapw0
女「あなたも夢を見ればわかる」
男「は?夢?毎日見てるっつの」

女「その夢じゃない……」
男「じゃあアレか?ヤクキメて見る夢?ww」

女「」コクリ
男「ぶはwwwwwwwww」

女「人の心は宇宙そのもの、宇宙は人そのもの」
男「…」

女「宇宙は命そのもの、命は宇宙そのもの」
男「……」

女「宇宙は…」
男「あーーもういい!!」

女「……」
男「俺が逃げてきたってどういう事だよ!」

女「…とつてもない恐怖……それからあなたは逃げ出した」
男「……」

女「顔を見て一目で理解した」

女「あなたは今……破滅へと進んでいる」

男「…………」


573:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 02:59:59.13 ID:5QzwIapw0
男「……何言ってんのかさっぱりだわ」
女「……嘘」

男「……」
女「諦めがあなたを包んでいる……絶望があなたを暴れさせる」

男「うぜぇっつんだよ!!!!!」ダンッ

女「……」

男「久しぶりに会って何言っちゃってんの!!?」
男「おめぇマジで頭イカれてんじゃね!?」
男「バッカじゃねえのマジでwwwwww」

女「………」

男「んだよこの部屋wwwwマジきもちわりぃwwwwww」
男「おめー昔っからぶっ飛んでたもんなwwwwぶっ飛びすぎて宇宙いったかwwwwwwハハハハwwwwwww」

女「………あなたは」

男「あ?」

女「あなたは今、自分を許せないでいる……」
男「……」

女「どうしようもなく………許しを求めている……」

女「……だから………私はあなたを許す……」


577:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 03:02:55.63 ID:5QzwIapw0
男「………」
女「………」

シーーン…

男「………帰るわ」

女「……」コクリ

男「」スタスタスタ

女「」トテトテトテ

ガチャ

男「フッwちゃんと見送ってくれんのなw」

女「……」

男「じゃーな」

女「……男」

男「あ?」

女「……また…来て」

男「はぁ?www二度と来るか!!バーーーーーーッカ!!!」

バタン


581:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 03:12:11.05 ID:5QzwIapw0
男(なんだよアイツ…マジで頭イカれてんじゃねぇの…)

---------女「あなた……逃げてきたのね」-------------

男「………」

男「お前に何がわかんだよ……」ボソッ

男「あ〜ぁ!帰ってまたバフェリンでもキメよっと!」

--------------女「諦めがあなたを包んでいる……絶望があなたを暴れさせる」-------------

男「………」

男「死ねっつのマジで」

男「……」

----------------女「どうしようもなく………許しを求めている……」-----------------

男「なんだよ糞が!!!」

男「なんであいつの事ばっか頭に出てくんだ!!!!」

男「あーーー!!!ウゼェ!!!!どっかいけバカ女!!!」

------------女「……だから………私はあなたを……--------------

男「帰ってバフェリンやりまくんぞーーっと!!」タッタッタッタ


583:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 03:14:13.46 ID:5QzwIapw0
数日後

ピンポーン

ガチャ

女「……」

男「………よっ」

女「……あがって」

男「……おう」


584:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 03:16:55.30 ID:5QzwIapw0
それから男は女の家に足しげく通うようになり
いつしか二人は恋人同士になろうとしていた…

男「お前よぉ」

女「…何」

男「デリヘルやめろよ」

女「………」

男「…」

女「……生活できない」

男「俺んち住めばいいじゃん」

女「………お母さんがきっと許してくれない」

男「あ?ババアとか関係ねぇし」

女「……」

男「いいから俺んち来いって」

男「飯なら俺が食わしてやっから」

女「………」

女「」コクリ


587:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 03:22:03.85 ID:jQnU1bK00
話がめちゃくちゃなのにまとまっててワロタwwwwwwwwwww


589:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 03:25:39.40 ID:5QzwIapw0
それから男は体力を生かしてガテン系の仕事に着いた
女との同居は最初母に猛反対されるも
熱意で説得し、
母、女、男の三人一つ屋根の下での生活が当たり前になってきた。そんなある日

男「……それじゃあ仕事行って来るわ」
母「いってらっしゃい!!!」

女「……まって」
男「あ?」

女「……これ」スッ
男「あ。弁当ねwwわりぃわりぃw」

母「ふふふwwwwww」
男「んだババア気持ち悪ぃな」

母「バカ!!!!!!気持ち悪いってなんだいあんた!!!!!!!!」
母「微笑ましいと思ったんじゃないか!!!!もう夫婦みたいだよあんたら!!!!!!」

男「ハハハwww夫婦かwwwwいいなそれww」
女「……」

母「顔色一つ変えないねこの子は…」

男「あぁそれね。照れてんだよ」

母「そうなのかい?」

女「……」


593:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 03:31:17.89 ID:bbz79SyZO
女に何があってこうなったんだよ


595:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 03:37:00.17 ID:5QzwIapw0
工事現場

先輩「あ!男さん!これうちの後輩から差し入れっす!」

男「おー!サンキューな」

先輩「いえ!」

男「どうよ調子は」

先輩「ぼちぼちっすね」

男「おーそっか」

先輩「男さん今日も大活躍っすね!鉄骨6本軽がる持つとかマジ人間じゃねぇっす!」

男「ははww楽勝楽勝www」

男「まだ全然いけるっつのwwww」

先輩「やっべぇーーーwwwマジ男さんかっけぇwww」

男「だははははwww」

先輩「あはははははwww」


597:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 03:41:12.61 ID:5QzwIapw0
ニュース「……ており、現在も犯人は逃亡しているものと思われます」

先輩「最近殺人多いっすね」

男「だなー」

先輩「これとか隣の県じゃないっすか」

先輩「こえーなぁー」

男「おめーも大概悪さしてんのにおかしな話しだな」

先輩「やだなぁ〜!もういい年だし足洗ってるっすよー!」

男「ほんとかよおめぇww」

先輩「当たり前じゃないっすかー!嫁さん怖いっすもんww」

男「ははははwww」

先輩「ははははwww」

先輩「でww女さんとはどうなんすか?ww」

男「え?w」

先輩「結婚式呼んでくださいねww」

男「バーカまだわかんねえよwww」


599:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 03:44:41.55 ID:R+/nWlpc0
デス山どこいったwwwwwwww


603:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 03:48:52.79 ID:5QzwIapw0
ピルルルル

男「あ」
先輩「噂をすれば…w」
男「あーうぜぇ!あっち行ってろ!シッシッ!」
先輩「はいはいww」

ピッ

男「おう。どうしたー」
女「………男」

男「あん?」
女「……今日は仕事どれぐらいかかるの…」

男「あー。今日はたぶん残業あっから8時9時ぐらいになるかもなー」
女「………」
男「どうした?」

女「……わかった」
男「?」

男「あーそっか」
男「今日だもんな」
男「俺とお前が付き合い始めたの」
女「………」

男「オッケーオッケー。仕事なんざ俺の超パワーでササッと片付けちまうからよ」
男「うまいもん作って待っててくれやwww」
女「……わかった」


608:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 03:54:26.33 ID:5QzwIapw0
-夜-

男「あー糞!」
男「結局こんな時間になっちまった」
男「俺がすごくてもやっぱ一人で仕事してるわけじゃねぇからな〜」

男「でもちゃんとお土産も買ったし…許してくれんだろあいつ」

ゴロゴロ……

サァーーー……

男「んだよちくしょう!!!今日記念日だぞ!!!雨振ってんじゃねぇよボケ!!!」

ピシャーーン!!

男「雷まで鳴るんだ!!そうなんだ!!!今日記念日なのにそういう事するんだ!!」

男「神様のクソッタレ!!!!!!」

ピシャーーーーーーーーーーーーン!!!!!

男「家までダッシュだなこりゃ」タッタッタッタッタッタ

タッタッタッタ……


男「……」

男「……なんだよ……何があったんだ……」


611:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 03:58:58.90 ID:5QzwIapw0
男「玄関が……ぶっ壊れてる……」

男「」ゾクッ!!

男「おい!!!!女!!!!!母ちゃん!!!!!!!」タッタッタッタッタ
男「ハァハァハァ…!!」タッタッタッタ

母「あっ…!!あぁっ!!…あんっ!!」
母「き、来たらあっ…!!!だ、ダメだ!!!ダメだ男ーーーーーーー!!!!!」

ガラッ

男「!!!!!!!!!!!」

母「あっ!!!あぁっ!!!!」
デス山「ハッ!!ハッ!!!ハッ!!!」

ズコズコズコ

男「あ……あ”あ”あ”あああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!」

母「あっ!!!あぁぁぁああ!!!!」
デス山「ハッ!!ハッ!!!ハッ!!!」

男「うわあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」

男「な、なんでおめぇがここにいんだよおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!」

男「なんでいるんだよチクショオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!!!!!」


612:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 03:59:29.50 ID:ffEBKvUHO
女wwwおっき余裕www

NTRしね

厨ニ病ワロタ

ヴァネッサァーー!!!!

デwwwスwww山wwwww

女ェ…

なにこのスレ怖い


614:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:02:54.67 ID:5QzwIapw0
デス山「ウッ!!」

ドプドプドプッ……!!

母「あ……あ……」
デス山「……ふぅ……」

男「お、おめぇ!!!!なんでここにい、いる、いるんだ、よおお!!!!」

デス山「……」クルッ

男「ヒッ」ゾクゥッ!!

デス山「……匂い……」

男「……へ……」

デス山「ヴァネッサの匂い……」

男「あ、それパ、パンツ!!!」

デス山「今日は勝った……と思う」

男「頭にパンツ被って何やってんだよテメェエエエエエエ!!!」

男「ハッ!!!!!!」


男「お、女!!!女は!!!!!」


615:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:05:23.48 ID:5QzwIapw0
男「女!!!!!!女ァーーーーーーーー!!!!!!」

男「てめええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!」

男「女に何かしやがったのかああああああああああ!!!!!!!!!!!」

デス山「……?」

男「女!!!!女どこだああああああああ!!!!!!!」

ガタッ

男「押入れか!!!」

母「ば…バカッ!!」

男「ハァハァ…」

ガラッ

女「……」ガタガタガタ

男「女!!!」

ガバッ

女「……」ガタガタガタ

男「大丈夫だ!!もう大丈夫だから!!!!!」ギューー


620:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:10:41.18 ID:5QzwIapw0
デス山「………」ぼー

男「お前なんもされてねぇか?」

女「」コクコク

男「良かった…!!!良かったァーーー!!!」

デス山「………」

男「な、何見てんだよ…!!!」

デス山「……」ヒタ……ヒタ……

男「こっち来るんじゃねえええええええええええ!!!!!!!」

男「母ちゃんとズコバコやってりゃいいだろうが!!!!!おめぇら夫婦なんだしよぉおお!!!!!」

母「男……女ちゃん連れて……逃げ」

デス山「……邪魔」シュッ

男「おぐぇえええええええええ!!!!!!!」ボギョオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!

女「イッ……!!」ガタガタガタガタガタ

デス山「………」じー

女「ハッ……!!!ハッ……!!!アッ……!!!ヒッ……ヒィッ……!!」ガタガタガタガタガタガタ


622:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:14:31.90 ID:5QzwIapw0
デス山「……」くんくん

女「ヒッ…!!ヒィイッ……!!」ガタガタガタガタガタガタ

デス山「……」

にまぁ〜

デス山「……」ベロォ

女「ハッ……!!!」ブルブルブルブルブルブル

男「や……めろ……お…おい…ガフッ…」ポタポタポタ…

母「……くっ……」グラッ…

母「ハッ!!」ダンッ!!

母「おおおおおおおお!!!!」ブンッ!!

バキィッ!!

デス山「………」

デス山「……?」

母「くっ…!!!この化け物がぁああ!!!」


624:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:18:47.98 ID:5QzwIapw0
ガシッ

母「あがっ」

デス山「……ヴァネッサ」

ググググ…

母「カハッ…!!」
デス山「俺は今からコイツとヤるんだ……邪魔すんな」
母「そ、その子はダメだ…!!その子は男の恋人なんだよ…!!」
デス山「……?」

母「あんたの息子の恋人だって言ってるんだ!!!やめておくれよ!!!!!」

デス山「………関係……ない」

ブンッ

母「アァッ!!」

ガシャーーーーーーン!!

母「ウッ……ウゥウッ……」ガクッ

男「か……母……ちゃん……」

女「ヒッ…!!ヒッ…!!」ガタガタガタガタ


629:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:23:05.93 ID:5QzwIapw0
ビリィィイイイ!!!

女「あっ…!!!あぁぁあぁあ!!!」

男「や…めろ…!!ざっけんな……!!!やめろ……やめてくれ……!!」

デス山「……」のそ…

女「ひっ…!!ヒアアアアアアア!!!!」ガタガタガタ

デス山「……」ガバァ…

女「あ!!!あ”あ”あ”あ”!!!」

男「さわんな…!!さわんなよ……!!俺の女に……女に!!!」



男「女にさわんなああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!」

男「あ……」


-ブツン-


デス山「……♪」ビリッ ビリィイッ


シュッ


632:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:26:21.43 ID:5QzwIapw0
バギョオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!!

デス山「グアッ……!!!!」

ドサァッ!

オトコ「………」シュタッ


デス山「!?」


オトコ「………」

デス山「ハッ!ハハッ!!www」

オトコ「……フー……」

デス山「ハハハハハハハwwwwwwwwwww」

デス山「俺がwwwwwwww俺が倒れたぞ今wwwwwwwwwwwww」


デス山「ハハハハハハハハハハハハハwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


オトコ「」シュッ

デス山「オグェ!!!」ドッゴォオオオオオオ!!!


633:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:27:37.75 ID:5B3WCWHEO
覚醒キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!


634:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:27:44.06 ID:r7tolhO50
オトコキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
オトコキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
オトコキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


635:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:28:38.48 ID:JLeqfRzzO
男からオトコへ…!!


637:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:29:37.28 ID:5QzwIapw0
デス山「ガハッ…」

オトコ「…………」

デス山「お前……俺の子か…」

オトコ「……」

デス山「今わかったぞ。あまりにチンケすぎて気づくことすら出来なかった」

デス山「確かに俺の子だお前は!!」


デス山「会いたかった…!!!会いたかったぞ!!!」

デス山「ハハハハハハハハwwwwwww」

オトコ「」シュンッ

デス山「!!」

バシィッ!!

オトコ「!?」

デス山「久しいぞ…!!!闘いと言う物が!!!」

バキィッ!!!!!!!

オトコ「ゴハッ!!!」


640:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:33:55.19 ID:5QzwIapw0
デス山「ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”アアアアアアアアア!!!!!!!!!」

ドゴォオオオ!!!!

オトコ「ウグァッ!!!!!!」

ガシャーーーーーーン

ドサッ

デス山「ハハハハハハ!!!!wwwwwwもっとだ!!!!もっとだぁぁああ!!!!」

デス山「」シュンッ

ドガガガガガガガ

デス山「ハハハハハハハハwwwwwwwwwwwwww」

バギャア!!!

オトコ「ガッ!!!!!!」ゴプッ…!

オトコ「オエエエエエエエ」ビチャビチャビチャ…

デス山「ハァッ!!!」バキィッ!!

オトコ「グア!!!」


643:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:39:37.37 ID:5QzwIapw0
デス山「俺は待っていたぞぉおおおお!!!!!!」

デス山「待っていた!!!!!俺はずっと待っていたぁああああ!!!!!!!」

デス山「退屈で退屈で退屈で退屈で!!!!!!!!」

デス山「相手になる奴を!!!!闘いと呼べる代物を!!!!!!!」

デス山「俺は待っていた!!!!!!!こういう状況をおおおおおおおおお!!!!!!」

デス山「おいガキ!!!!!立てぇえええ!!!!もっと俺と闘え!!!!!!!」

ダッ

オトコ「!!」

デス山「ハァッ!!!!」バキィーーーー!!!!

オトコ「うぐぇ……!!」


ドヒュウ!!


ガシャーーーーーン


645:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:46:11.39 ID:5QzwIapw0
デス山「どうした!!!!!!なぜかかってこない!!!!!」

オトコ「…うっ…」ユラァ…

オトコ「ハァッ!!!!」ズガッ!!

デス山「グフッ!」

オトコ「ハァッ!!!!!」バキッ!!

デス山「ガッ!!」

オトコ「アアアアアアアア!!!!」ズガガガガガが

デス山「ぐあああ!!」


オトコ「ガアアアアア!!!」ドガッァアアン!!

デス山「ガハァッ!!!」


デス山「プッ」ビチャ


デス山「いい!!!良いぞ!!!!お前ェーーー!!!」


オトコ「ハァハァ…」


650:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:52:22.66 ID:5QzwIapw0
母「う……ぅう……」
母「ハッ」

デス山「ハハハハハ!!!!」
オトコ「オオオオオオオ!!!」

ドガガガガガ

母「デス山……男……!!」
母「デス山と張り合ってる……!」

デス山「良いぞ!!!良いぞォオオ!!!」
オトコ「アアアアア!!!」

ドギャッ!!!  バキィイッ!!!

母「男はいつか私が見た…あの殺戮兵器…!!」
母「あれは限界点を越えた強さ…」

母「だけどデス山は……まだ余力がある…」
母「このままじゃ……」

デス山「ハァーーーッ!!」 ヒュオッ
オトコ「!!」

バキャァァァアアア!!!

オトコ「ぶあッ!!」
ドサッ


651:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:54:01.15 ID:gn8dkvFU0
だれか漫画化してください


652:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 04:58:50.08 ID:5QzwIapw0
デス山「ハッハーーー!!!」ドゴォオオン!!
オトコ「ぐああああああああ!!!!!!!」

母「!!」
母「い、今の衝撃で家が!!」

ギギギギギ

ゴゴゴゴゴ

母「まずい…!!崩れる!!」

女「………」ガタガタガタ

母「ウッ」ズキン

母「」ダッ

女「!」

母「こっから逃げるよ!!」ダダダダ
女「」コクリ

母「男ーー!!!女ちゃんは私が抱えて行くから安心しなァーー!!!」
母「あんたはそいつを!!!お父さんをぶっ飛ばしてやりなああああ!!!」ダダダダダダ

バキキキッ


653:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:04:10.58 ID:5QzwIapw0
-家の外-

母「……私達の家が……」

バキキキ……
バキバキバキ…

母「あの二人は…!!」

ガバァッ
デス山「はははは!!!」

ガバァッ
オトコ「フーー…フーーー……」

母「……男……」

オトコ「」ガクガクガク

母「もうダメだ……男は限界が近い……」

デス山「おい……!!楽しかったぞ…!!」
オトコ「フー……フー……」

デス山「しかし……結局勝つのは俺だ……」
オトコ「……フー……フー……」

デス山「もうわかってしまった……お前では俺は倒せん……」
オトコ「………」


657:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:08:34.39 ID:5QzwIapw0
デス山「……終わりだ……」
オトコ「フー……フー……」

デス山「お前をヤッた後にあの女をヤる……」

オトコ「」ピクッ

デス山「また退屈な日々だ……」

デス山「だがあいつが孕めばいつか俺を倒す俺の子がまた現れるやもしれん……」

デス山「お前じゃなくてな…ハハッww」

オトコ「………うぅうう」

デス山「ハハハハハハwwwwwwww」

オトコ「ううううううう!!!!」

デス山「ハハハハァッ!!終わりだぁあ!!!」

オトコ「ううううううううううおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!」


デス山「ガアアアアアアアア!!!!!!!」 シュバッ!!


オトコ「あああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」 シュンッ!!


658:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:15:53.48 ID:5QzwIapw0
バギャアアアアアアアアアアア!!!!!!

デス山「ハッハァーーーーー!!!!!」

オトコ「ぐあああああああああああああああああああ!!!!!!」


ドヒュウ!!!


ズダーーーーーン!!!


母「くっ………男……!!!」


オトコ「あ………ぁ」ガクッ


母「男…!!!男ーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」
女「あ……あ!!」

デス山「ハッ!……お前は退屈な子供だ!」

ズキン…

デス山「チッ……奴の拳がかすったな」
デス山「」クルッ

女「!!」ゾクゥッ!


661:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:19:18.92 ID:5QzwIapw0
デス山「………逃げても無駄だ…」

女「ヒィイッ!!」ガタガタガタ
母「くっ……!!」サッ

デス山「ヴァネッサ……お前じゃあ相手にならん……わかってるだろう?」

母「この子だけは……守る……!!」

デス山「ふんっ…好きにしろ」

のそっ……のそっ……

女「……ヒッ……ヒィッ……」ガタガタガタ
母「ここまで……か……」



女「………!」

母「………!」



デス山「……ん?」


女「………おと……こ」

デス山「」クルッ


664:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:26:26.31 ID:jayKmLB90
久しぶりに見たらなんだこれは?わ、分からん‥……‥どうしてこうなった?


668:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:29:49.15 ID:5QzwIapw0
オトコ「……親父」
デス山「……生きてたのか」
オトコ「俺は……やっぱりあんたの子だったみたいだ」
デス山「あん?」

オトコ「俺もな……あんたの気持ち……少しわかるんだ」

オトコ「強すぎるがゆえの退屈さ……」

オトコ「この世界のくだらなさ………」

オトコ「強すぎるがゆえ……仲間もできない……」

オトコ「孤独だ……そして次第に孤独すら感じなくなっていく……真の孤独……」

オトコ「……乾く………どうしようもなく……」

オトコ「どれだけ血を浴びて……ぶっ倒しても……ぶっ倒しても……」

オトコ「女とヤッても……ドラッグをキメても……」

オトコ「どうしようもなく…………」

オトコ「乾く………」

オトコ「乾き続ける……」

オトコ「くだらねぇ生き物さ……俺たちは」

オトコ「満たされる事なんてねぇんじゃねか……そう思っちまう……」


669:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:31:03.62 ID:YTMDvC9h0
急に語りだしたww


670:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:33:39.32 ID:5QzwIapw0
オトコ「だけど……!!!」

オトコ「だけどなぁ……!!!!!!」


オトコ「俺は………!!!俺はあんたとは違う………!!!!俺は………!!!」

オトコ「俺は見つけたんだ………!!!」

オトコ「くだらねぇ世の中にも!!!!!一筋の希望を……!!!!」

オトコ「どんなに絶望しても……!!!!まだ大丈夫だって思えるような……!!!!!」

オトコ「そんな希望を……!!!!!!!」

オトコ「俺には!!!!!!俺にはあああああああああああああああ!!!!!!!!!!」



漢「大切な人がいるんだあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


グワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!


デス山「!!!!!」

母「な……!!!!これは!!!!!!!」

女「………おと……こ」


672:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:36:30.55 ID:5QzwIapw0
デス山「ハッ!!!!ハハハハハハハハッ!!!!!!!」

デス山「ハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!!!!!!」

デス山「アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!」ダンッ!!!!!!


母「!!!!」

母「男!!!!危ない!!!!!」


漢「………」


デス山「ハァアアアアアアアアアア!!!!!!!」シュバッ


漢「」シュッ


デス山「おげええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!」バギョオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!

ドヒュウウウウウウウウウウウウウン!!!!!!!

ズダアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!!!

ゴロゴロゴロゴロゴロ!!!!!!!

デス山「あ……おげ……ひょ……ひょへ……」ピクピクピクッ


677:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:42:50.39 ID:5QzwIapw0
デス山「あ……あがっ……」

漢「……親父……」

漢「もう終わりにしようぜ……こんなくだらない事は」

デス山「あがっ……ガハッ……」ボタタッ

漢「俺たちだって変われるんだ……」

デス山「ぐっ……ぐがああああああああ!!!」

ズバァアアン!!!

漢「」バシィッ!!

母「デ、デス山の拳を……片手で……!!!」

漢「」メキョメキョ…

ボギィボギボギィッ!!

デス山「ぐああああああああああああああああ!!!!!!!!」

漢「これで終わりだ……!!!」


漢「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!」


680:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:46:41.35 ID:5QzwIapw0
漢「ハアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!」


ドッギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!


デス山「がばああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」


ズギャギャギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!!!!!!


デス山「ぎょばああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」





ズダアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!!!!!!!!!!






漢「親父…………もっと母ちゃんの事……大事にしてやってくれよな……」


デス山「……あ……あぉえ………でゅへ………」ピクピクピクッ


681:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:51:19.71 ID:5QzwIapw0
母「勝………った……」

女「は……はぁ……!!」にこぉ〜

母「息子が!!!!!!!勝ったあああああああああああああああ!!!!!!!!!!」

女「あはっ…!!あははははははっ!!!!」

漢「はははwww勝っちまったぁ!!wwww」

女「男ーーーーーーーーーーー!!!!!!」タッタッタッタ

漢「女ーーーーーーーーー!!!!!!」


ガバァ

漢「」
女「んぐッ!」

母「全く!!!!!親の前でキスなんて結婚式の時だけでいいんだよ!!!」
母「見せ付けてくれちゃって!!!」

母「ねぇ……お父さん」

デス山「うぐ……あが……」

母「これからは家族みんなで……仲良く暮らせるといいけどねぇ……」なでなで

デス山「あ……あぐぇ……」ピクピク


682:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:56:47.81 ID:5QzwIapw0
こうして男と女は結婚した。

デス山はその後生まれて初めての入院を経験する事になるが
その際、甲斐甲斐しく看病する母の優しさに触れ、生まれて初めての恋をしてしまう

壊れた家はデス山のコネで会長が豪邸を建て直してくれた


こうして、デス山と母、

男と女、

そして、その間に生まれた新たな命と共に


5人仲良く、末永く?暮らしましたとさ。


おしまいおしまい


683:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:57:20.92 ID:gle7qKLS0



684:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:58:54.25 ID:A4NuvgUn0



685:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:59:36.74 ID:KJVASq/CO



686:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 05:59:52.33 ID:5/FuFmnY0
乙!


687:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 06:00:40.01 ID:5QzwIapw0
明日っつーか今日も仕事なのになんでこんな事やってんだよ俺ぁあああああああああああああ!!!!!!!!
マジでアホなんじゃねぇのか!!!!!!!!!俺のアホオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!



でも今まで読んでくれた皆さん。本当にありがとうございました。

こんなバカげた話しに最後まで付き合ってくれて感謝です!!!

保守してくれた皆さん。最後まで書けたのはあなた達のおかげです!!!!

ほんっとうにありがとうございました!!!!!!


SSで戦闘シーンって表現難しいですね…

もう効果音だらけで書いてる時自分で失笑してたんですが

効果音だらけで何が起こってんのかサッパリだったと言う人も

そこら辺は感じていただけると幸いです。

それとデス山の読みは 「です やま」 です。


おやすみなさい!!!!!!バギョオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!


688:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 06:00:39.96 ID:IbslILgK0
今まで見たSSで一番面白かった。
俺はこういうのがすきなんだな。


689:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 06:00:44.66 ID:YTMDvC9h0
面白かった…乙


691:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 06:02:13.78 ID:YTMDvC9h0
発狂しすぎワロタ


693:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 06:07:12.38 ID:xe6hOw9S0
楽しかったよー!乙!


695:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 06:11:21.37 ID:H19Ly7bK0
声に出してワロタwwww乙!


698:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 06:19:08.01 ID:GGQb7Zqx0

間違いなくまとめブログに()に乗るな


俺は太赤字で



702:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 06:45:25.45 ID:FCP+ovZx0
こんな壮大なSSは初めてだ


705:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 07:02:14.41 ID:7Cw+ZVFQO
文章なのにうるさいってすげぇなwwwww

>>1


707:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 07:39:24.44 ID:kTv/cMCRO
乙!!
もうスレタイ関係ねぇwww


709:太字で頼むぞ:2010/12/30(木) 07:40:08.03 ID:sEBHcbMp0

なんでこんなにまとまってたんだ?www


711:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 07:58:04.93 ID:2NooaMkL0
俺はなんて神スレを開いてしまったんだ・・・
超乙


715:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 08:20:19.01 ID:VgEihvbB0
超大作乙


716:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 08:31:42.39 ID:eWR3+qp00
>>1からの内容の変わりようがすごいな


717:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 08:39:36.76 ID:Fi9sZn1WO
終ってたWWWW
>>1乙! 好きだこういうやつ!


728:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 10:28:20.37 ID:Vq7ezkEc0
乙!
これは近年稀に見る良スレだった


732:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 10:48:42.60 ID:4MRLKsjw0
1スレ内で完結させるとはさすが…



>>1超絶乙!!!!


733:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 10:51:19.78 ID:MJ5oz7yj0
何気なく開いただけのスレだったのにちくしょうちくしょうwww
>>1乙 仕事終わったらゆっくり寝ろw


734:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 10:54:34.46 ID:8T5BwaQV0
才能ってあるんだなって本当に思った


738:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 11:18:57.55 ID:5B3WCWHEO
俺は幸運だ
なぜならこんな神SSに出会えたのだから


>>1乙!


739:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 11:25:51.09 ID:OhvpUjfI0
乙wwwwwwwwkagerouの400倍面白かったwwwwwwwwwwwwwww


751:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 12:38:13.35 ID:zBQiPGF90
面白かった……また、書いてくれよ>>1……


760:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 13:23:31.33 ID:KV3m17TNO
あんな超展開だったのに
ほっこりしてる自分がいるwwwww
>>1おつ!
いいもん読ませてくれて本当にありがとう!!!!


777:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 15:01:25.66 ID:t6For9uhO
最高だった>>1ありがとう


779:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 15:06:32.51 ID:X4Ic5yc20
乙!

漫画で見たいなぁ


797:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 16:37:15.16 ID:FBB4JxEOO
ギャグ漫画→バトル漫画
近年希に見る現象だなwww

>>1
面白かったぜ


805:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 18:16:51.69 ID:U5kEbpCAO
ひま潰しで開いたスレだったのに…
くそおもしろかったぜちきしょう!!!!
>>1


812:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 19:32:12.83 ID:MJ5oz7yj0
メチャクチャな展開に見えるがその実態はカスな主人公が修行・出会い・葛藤を通して
一人の漢になるという王道的ストーリーであった


818:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 21:40:30.82 ID:5QzwIapw0
みなさんどうもありがとうございます!!!!

まさかまだ残ってるとは思いませんでした…

ありがたい!!!

このSSは本当に運が良かったです

たくさんの保守してくれた人や、読んでくれた人、

面白がってくれた人にめぐり合えて感謝感謝です!

ありがとうございます!


820:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 21:48:57.41 ID:RtMa5iiC0
どうせだから1000までいこうぜ


821:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 21:57:32.38 ID:5QzwIapw0
>>820
え///

>>1000までだなんて…///
いいのかなぁ…///

憧れのスレの向こう側を体験しちゃっても…いいのかなあ〜///

調子こいちゃって…いいのかなぁぁぁああ///////でゅひひひひwww


825:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 22:38:09.56 ID:MNRasMNY0
行くぜ>>1000!

831:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 23:03:36.89 ID:5QzwIapw0
なんだかこのまま>>1000
目指すのも忍びないので
ロンの過去とか書いてみます

もうしばらくお付き合いしていただければ


832:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/30(木) 23:06:51.27 ID:MNRasMNY0
>>831
お願いします大先生

私がAV監督になったら実行する100のマニフェスト
女「君も私とセッ○スしたいんだ?」
キメセク・ベスト
キメセク アルコールと媚薬をキメテセッ●ス
キメセク 美少女に媚薬を飲ませてセッ●ス


男「うぇええいwwwwwwww」女「うんばあああwwwwww」【番外編】へつづく

元スレ
男「うぇええいwwwwwwww」女「うんばあああwwwwww」
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1293463047/

 

最新記事50件