1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 21:15:34.86 ID:QIErW0bJP

女「いやあ、自分の性器をしごく事にこんなに一生懸命になるんだね」

男「……」

見られた。

女「ああ、大丈夫、気にしないで続けてくれ」

男「できるかっ」


張り型チ●ポ自慰

自慰マニュアル―男の気持ちいい!!オ●ニー

ひとりHマニュアル 絶頂版―女の子のためのオ●ニーテクニック集




 

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 21:19:43.08 ID:QIErW0bJP

女「ふふっ」

男「……んだよ」

女「しまわないのかい?」

男「……うっせ。つーより、なんでお前が?」

女「ボクかい? 君の家に来ているんじゃないか」

男「違う、なんで勝手に入ってきた?」

女「君のお母さんからは許可を取ったさ」

……勝手に入れやがったな。



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 21:25:27.74 ID:PXSp7yIt0

続けてくださいお願いします



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 21:26:50.74 ID:QIErW0bJP

男「……ちっ」

女「でも、君は凄い心臓の持ち主だね」

男「あん?」

女「下に母親がいるのに、自慰に勤しめるとは……ボクにはできそうもない」

……お前にはついてないだろ。

女「もっとも、無いからしようにもできないけどね」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 21:33:05.44 ID:QIErW0bJP

男「変な反応だな」

女「ん?」

普通だったら。

男「普通だったら、もっと恥ずかしがるもんだけど」

女「ははは、逆に興味がわいているからね」

男「はぁ?」

女「できれば、しているところ、射精まで見ていたいくらいだ」

ダメだ、こいつ。



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 21:41:08.78 ID:QIErW0bJP

男「するかっつーの」

女「そうか、残念だ」

男「……」

女「ふふっ、今日はいいものが見れた」

男「変なこと言うな」

女「普段の生活ではそう見れないからね。頭の中に鮮明に浮かんでくる」

男「……」

タイミングが悪すぎただろ、さっきの。



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 21:46:55.96 ID:QIErW0bJP

女「お返しに、ボクの自慰を見せようか?」

男「ふざけんな」

女「でも、ボクはまだやったことがないんだ」

男「……」

聞きたくない、聞きたくない。

女「どうするのか、教えてくれないかい」

男「俺が知ってるわけないだろ!」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 21:50:09.51 ID:QIErW0bJP

女「そうか」

男「……」

女「じゃあ……」

近づくな、やめろ。

女「君の持っているその本を貸してくれ」

男「!」

この本はダメだ。

女「ダメかい?」

男「無理」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 21:56:34.05 ID:QIErW0bJP

女「おや、何故だい?」

男「なんでって……」

これは、男が見るものであってだな……。

女「とってもピンクだね」

男「見たら俺は死ぬ」

女「どうして?」

男「恥ずかしすぎて」

女「ボクのことは考えないのかい? ボクが恥ずかしすぎて死んでしまうかもしれないよ?」

知るかよ。



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 22:01:46.92 ID:QIErW0bJP

男「わかったよ」

女「読ませてくれるのかい?」

そんなキラキラした目で見るな。

男「やだ」

女「そうか、それは残念だ」

男「なんでそんなに見たいんだよ」

女「貴重な資料だからね」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 22:06:45.37 ID:QIErW0bJP

男「資料?」

女「うん」

男「どういうことだよ」

女「いいじゃないか。黙秘権を行使するよ」

男「黙秘拳ってどんな流派だ」

女「こういうときにボケないでくれ」

男「……」

女「さあ、早く」

男「やれやれ……わかったよ」

死にたい。



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 22:09:26.48 ID:QIErW0bJP

女「すまないね」

ペラリペラリ。

恥ずかしいぞ、この野郎。

女「ふむ……」

男「頷きながら見るな、そんないいもんじゃねえ」

女「素晴らしいよ」

男「……はぁ」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 22:14:52.97 ID:QIErW0bJP

女「……君は」

なんだよ、読み終わってから話しかけろよ。

男「んだよ」

女「胸の大きな子が、好みなのかい?」

男「……」

うわあああああああああ。

女「そうなのかい?」

男「……そうだよ、悪いか」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 22:23:08.39 ID:QIErW0bJP

女「ふむ……そうか」

男「……」

女「胸に、とっても興味があるんだね、君は」

男「うるせー! もういいだろうが!?」

女「いや、まだ全て読み終えてないよ」

男「あーもぉーー!!」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 22:38:18.73 ID:QIErW0bJP

女「よかったよ」

男「……俺のライフはゼロだ」

女「そうか。それは良かった」

男「よくねえ!」

女「君の嗜好がわかってとても楽しかったよ」

男「ふん……」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 22:41:32.03 ID:QIErW0bJP

女「よし」

いきなり上着脱いで……ブラ。

男「なんだよいきなり!?」

女「さあ、判定だ」

男「なにが!?」

女「ボクの胸は、好みかい?」

男「……は?」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 22:43:52.98 ID:QIErW0bJP

女「ボクもやはり、一少女として、気になるところだ」

男「いやいや、おかしい」

女「え?」

男「少女って……」

女「訂正しよう。一女性として、気になるところだ」

男「うむ、しっくりくる」

女「それで、どうなんだい?」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:00:29.41 ID:QIErW0bJP

男「うーん」

女「ふむ」

男「2点(100点中)」

女「……そうかそうか。それは精進しないといけないね」

男「お、おい……」

女「いや、いいんだ……仕方ない結果さ」

こんなことを言うのは、悪いんだが。

本当に、魅力のない、胸だ。



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:10:49.50 ID:QIErW0bJP

気を重くするなよ。

俺には、魅力的に感じないだけで。

他の人にとっては、素晴らしいかもしれないぞ。

女「ん、なんだい? ジロジロと見て……」

男「みてねーよ」

女「それにしても、ボクの胸はそんなに貧相だろうか」

そんなことは言ってない。



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:16:20.75 ID:QIErW0bJP

男「俺にとっては2点だってことさ」

女「ふむ、そうか……それでは困る」

困られても。

女「もう一度本を読んで勉強しよう」

男「勘弁してくれ!」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:28:15.37 ID:sSGjT6bA0

なんでボクっ娘なんだよ…



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:35:01.17 ID:7S29H+f10

>>37
喋り方からして分かるだろ



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 23:36:14.92 ID:qcig0SA80

>>38
そうじゃねぇだろ



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 00:19:22.33 ID:/TJbosG9P

男「やれやれ……」

昨日は散々な目に遭った。

女「やあ」

男「おう」

女「気分が優れないようだが?」

男「ちょっとな」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 00:24:20.71 ID:QpB+5RVI0

佐々木を彷彿とさせる



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 00:25:41.56 ID:rBgnN/WM0

ハルヒの佐々木でイメージしてるはぁはぁ



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 00:29:51.03 ID:YhjSfBhN0

やっぱり佐々木か



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 00:31:05.91 ID:nbJE/cSN0

ID:/TJbosG9Pと>>1は同一でおk?



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 00:35:07.97 ID:/TJbosG9P

女「君の気分が優れないと、こちらも調子が崩れてしまうよ」

男「そうかい」

女「なにかあったのかい?」

男「お前が元凶だ」

女「なんと」

男「……」

わざとらしい。

>>45
YES



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 00:52:09.76 ID:/TJbosG9P

女「そういえば」

さらにわざとらしく、話を変えやがった。

女「君、宿題はしたのかい?」

男「……は?」

女「ほら、現代文の」

男「……あったっけ?」

女「ああ。素晴らしい文章だったよ」

覚えてなかった。



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 00:56:44.94 ID:/TJbosG9P

女「忘れてしまったんだろう?」

男「……おう」

女「まあ、見せてあげてもいいが」

男「なんだ?」

女「その代わり、条件がある」

男「? なんだ」

女「今度、ボクと一緒に出かけよう」

なんだ、そんなことか。

お安い御用。



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/14(火) 23:45:25.00 ID:/TJbosG9P

女「いいかい?」

男「おう、いいぜ」

簡単なことさ。

教科担任にガミガミされるより。

それに。

こいつのプライベートを、あまり知らないからな。



96: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/14(火) 23:58:04.90 ID:/TJbosG9P

女「そうか、なら、……ほら」

男「おう、ありがとう」

女「礼なんかいらないさ。ある意味、取引をしたのだから、ボクも君にお礼を言わないといけないよ」

やつは深くお辞儀をした。

女「ありがとう」

ニッコリ笑いやがって。



99: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 00:18:30.87 ID:v6guebIvP

男「……」

女「む、どうしたんだい?」

男「別に」

……俺はこいつに、してるところを見られたんだよな。

女「?」

男「別に、なんでもないって」

女「いや、違う」

近づいてくるなよ……。

女「ああ、パンくずか」



101: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 00:34:12.42 ID:v6guebIvP

……。

近くにいかなきゃわからんぞ、そんなの。

女「うん、とれた」

おい、食べるな。

男「おう」

女「どんくさいね、相変わらず」

ほっとけ。



123: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 17:39:19.59 ID:v6guebIvP

女「ちょっと髪もはねてるよ」

男「だぁ、お前は保護者か」

女「保護者……いいかもしれないね」

男「ふざけんな」

女「ふふ、まあそう怒らずに」

その笑顔がむかつく。



124: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 17:42:48.21 ID:v6guebIvP

男「はぁ……」

女「ためいきかい? 幸せが逃げていくよ」

男「ほっとけ」

女「じゃあボクに当たるようにためいきをついてくれ。そうすれば、ボクに幸せがやってくる」

いや。

その理屈はおかしいだろ。



127: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 17:49:19.17 ID:v6guebIvP

男「ためいき自体が幸せじゃあないだろ」

女「む……?」

男「つまり、ためいきをついた人に幸せがやってこなくなるんじゃないか?」

女「なるほど……」

男「……ん?」

こいつ、いきなり近づきやがって。



128: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 17:55:04.48 ID:v6guebIvP

女「君に来ない幸せは、ボクが頂くよ」

男「けっ」

女「ふふふ……」

男「おい」

女「ん?」

男「歩きづらい」



131: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 18:16:35.19 ID:v6guebIvP

女「そう言ったら、ボクがやめると思うのかい?」

男「一応言っといたんだ」

女「ふふ、そうかい」

邪魔すぎる。

男「……」

女「おっと、そんなに早く歩かないでくれよ」



133: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 18:28:45.38 ID:v6guebIvP

男「うるさい」

女「むっ……」

男「お前があくまで邪魔をするなら、俺は俺で抵抗す……る?」

こけてやがる。

ついでに、パンツ丸見え。

男「白か」

女「ああ、真っ白だ」



135: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 18:38:10.30 ID:v6guebIvP

女「君は、白は好きかい?」

男「言うかよ」

女「むぅ、嫌いかい?」

男「……嫌いじゃない」

女「そうか」

男「?」

女「見たいときにいつでも言ってくれ。君が見たいなら、いつでも見せるから」

変態が。

女「もちろん、君以外の人には見せるつもりはないけどね」

俺も見る気はない。



138: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 18:42:57.31 ID:v6guebIvP

男「そういうこと、平気な顔で言わないほうがいいぜ」

女「どうしてだい?」

男「俺が野獣だったらどうする?」

女「言われるがままさ」

男「じゃあもし、ここで俺がパンツを下ろせといったら?」

女「下ろせばいいのかい?」

男「ストップストップ」



141: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 18:53:19.41 ID:v6guebIvP

女「ん、ストップ」

男「とりあえず脱ごうとしてるそのモーションをやめろ」

女「わかった、言うとおりにしよう」

男「はぁ……」

女「またためいきだね」

男「ほっとけ」



142: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 18:58:15.90 ID:v6guebIvP

学校についてもこいつは。

ずっとくっつきやがって。

変な噂が立ったらどうするんだ。

男「……おい」

女「大丈夫、トイレと授業中は離れてるから」

男「俺の脚の上に乗るな」

女「迷惑かい?」

男「迷惑だ」



144: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 19:02:15.20 ID:v6guebIvP

女「女の子との接触は、男の子にとってとても刺激的なことだと聞いたけれど」

男「お前と触れ合っても嬉しくない」

女「むむ、ボクのことを女の子として、異性として見ていないと?」

男「そういうことだ」

女「嬉しいなあ」

男「はあ?」



153: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 20:07:53.39 ID:v6guebIvP

女「つまり、ボクのことを同性のように、仲良くしてくれている、ということだろう?」

男「……」

ポッジティブぅ……。

女「嬉しいなあ、嬉しいなあ」

本当に喜んでいるようだ。



154: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 20:12:38.30 ID:v6guebIvP

男「お、おい」

女「む?」

男「脚の上で動くな」

女「なんでだい?」

男「いいから」

くそ、やっぱり俺も男か。

反応してやがる。



155: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 20:16:26.41 ID:v6guebIvP

女「なにか、悪いことでも?」

男「ああ、悪い」

女「なにがいけないんだい? 体で喜びを表しているだけさ」

男「言葉で表せ」

女「それじゃあ思いが伝わらないだろう?」

男「……」

女「……あっ」



157: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 20:22:41.33 ID:v6guebIvP

男「?」

女「えっと……うん」

いきなり離れた。ラッキー。

女「嫌がるようなことをして悪かったね、す、すまなかった」

男「? おう」

どうしたんだ? いきなり……。

……あ。



159: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 20:42:16.92 ID:v6guebIvP

男「えっとだな……」

女「次の授業の準備しないと……」

逃げられた。

誤解だ。いや、誤解じゃないけども。

まずいな。これは、後できまずい。

女「そ、それじゃあ、後で」

男「お、おう」



162: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 21:02:55.75 ID:v6guebIvP

帰宅中。

女「……」

いつもうるさいあいつは、一言も喋らない。

気まずい。

これは、いやなムードだ。

男「お、おい」



163: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 21:05:30.95 ID:v6guebIvP

女「なんだい?」

男「さっきのことなんだが……」

女「ああ、弁当の話かい? あれはね……」

男「違う、別にお前のチーズソーセージの話はするつもりはない」

女「じゃあ……君の、かい?」

いきなり下ネタか。



166: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 21:24:58.98 ID:v6guebIvP

男「まあ、そうなるな」

女「すまなかったね、ちょっと、ビックリしてしまってね」

男「ああ、すまん」

女「ふふ、ボクが昨日見たものが当たっていると考えると、すこし恥ずかしくなってしまってね」

男「……」

畜生。



170: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 21:37:03.12 ID:v6guebIvP

男「悪かったな」

女「いや、嬉しいことさ」

男「はぁ?」

女「つまり、ボクとの接触を好ましく思ってくれたということだろう?」

男「……」

まあ、そういうことになる。

つか、肌がめっちゃスベスベだったのが原因だ。

……ああ、やっぱりそういうことなんだ。



172: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 21:40:16.56 ID:v6guebIvP

良い匂いするし。

柔らかいし。

暖かいし。

女「ふふふ……」

男「……んだよ」

女「なんでもないさ」

男「うっぜー」

女「無関心より嬉しいよ」

男「……はぁ……」

女「あ、そうだ。ためいきためいき」

またくっつきやがって。



175: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 21:45:24.83 ID:v6guebIvP

女「ふふふ……」

男「不気味」

女「笑い方かい?」

男「そうだ」

女「くすくす」

男「そんな笑い方するやつはいない」

女「ふふっ……そうだね」

ふふっ、じゃねえよ。

ふふっ、じゃ。



178: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 21:48:22.84 ID:v6guebIvP

女「決めた」

男「ん?」

女「今度行く場所」

男「どこだよ」

女「ふふっ、教えないよ」

じゃあ言うな。



179: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 21:52:54.70 ID:v6guebIvP

男「あのな……」

女「なんだい?」

男「悪いけど、お前いつ行くつもりだよ」

女「いつでもいいんじゃないのかい?」

男「こっちにも都合があってな」

女「都合か……ふふっ、ボクに合わせてくれるくせに」

男「……」

女「君のそういうところ、結構好きだよ」

合わせてるつもりは全然ない。



180: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 21:55:54.74 ID:v6guebIvP

男「で、いつだよ?」

女「今度の日曜日」

男「……それってお前」

女「ん?」

こいつ、わかって選んでるだろ。

女「どうしたんだい?」

にやにやしやがって。



186: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 23:24:14.19 ID:v6guebIvP

男「わかった」

女「空いてるのかい?」

男「空いてる」

女「良かった」

男「はぁ……」

女「幸せがやってくるよ」

男「そりゃよかったね」



188: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 23:30:27.86 ID:v6guebIvP

男「土曜日どうすっかな」

女「自慰に勤しんだらどうだい?」

男「やめろ」

女「じゃあ、ボクも初体験してみようかな?」

男「自慰することを公言するな」

女「やり方がわからないのに、するわけないさ」



190: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 23:34:46.13 ID:v6guebIvP

男「そうかい」

女「男の子の自慰は、昨日で幾分かは理解したけど」

男「そのことはもう言うな」

女「今でも目を閉じれば思い出すよ……ふふっ」

男「あーもー!」

女「顔が赤いよ? 恥ずかしいのかい?」

恥ずかしくないわけ、ないだろう。



192: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 23:41:04.12 ID:v6guebIvP

男「許してくれよ……」

女「……でも確かに、この年頃でしていないボクは、逆に異端なのかもしれないね」

男「……」

いや、別にしないやつはしないだろう。

女「男の子に飢えてないからかな?」

男「性欲ないのか?」

女「うーん、一緒にいれればそれで十分だと、ボクは思ってるから」

ふーん。



194: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 23:45:19.21 ID:v6guebIvP

男「そんなもんなのか」

女「うん」

男「……」

女「ん?」

男「……のわりに下ネタとか多くないか?」

女「君をからかってるのさ。思春期の少年をね」

……お前だって思春期の少女だろうが。



196: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/15(水) 23:57:55.83 ID:v6guebIvP

男「へ、そうかい」

女「ふふっ」

男「……」

こいつは本当に、食えないやつだ。

女「あ、そうだ」

男「ん?」

女「ちょっと、ボクの家に寄ってくれないか?」



199: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/16(木) 00:07:58.53 ID:06d97TizP

男「お前の家に? なんで」

女「いいから、ね?」

男「いやと言ったら?」

女「自慰……」

とか言いながら、じーっと俺を見てやがる。

こいつ、まさか、SEでシャレをかますとは、恐ろしい子。


ごめん、今日はもう無理だ。



245: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/16(木) 21:06:35.69 ID:06d97TizP

男「わかったわかった」

女「ふふ、ありがとう」

こいつから離れたら。

どこかで言われちまいそうだしな。

自慰、じゃねえよ。



248: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/16(木) 21:22:49.80 ID:06d97TizP

男「で、なんだよ」

女「そろそろボクの家なんだから、待ってくれよ」

男「へいへい」

女「もちろん、あがってくれるよね?」

男「お前の家に?」

女「うん」

やれやれ。



251: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/16(木) 21:30:01.91 ID:06d97TizP

男「別にいいけど」

女「本当かい? ありがとう」

ふふふっ、と不気味な笑い。

何をしようってんだ。

女「ちょっと帰りが遅くなるかもしれないけど、いいかい?」

男「いいぜ、別に」



252: ◆wQe4Th9pu20V :2010/09/16(木) 21:39:29.65 ID:06d97TizP

女「ありがとう」

男「おう」

女「ふふ、感謝してばかりだね」

まあ、そうだな。

どうでもいいけどな。

女「さあ、着いたことだし、遠慮せず入ってくれ」



張り型チ●ポ自慰

自慰マニュアル―男の気持ちいい!!オ●ニー

ひとりHマニュアル 絶頂版―女の子のためのオ●ニーテクニック集



女「ほほう、これが自慰か」【後編】へつづく

転載元
女「ほほう、これが自慰か」
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1284380134/l50
 

最新記事50件