1:みんなの暇つぶしさん:2010/10/10(日) 03:31:10 ID:FqkgRtXQ

シュッ
仕事から帰りすぐにビールを開け、テレビをつける。
ここ最近ずっとこうだ。
たまに同僚を飲みに誘っても何かと理由をつけて断られる。
仕事もうまくいっていない。

それもこれもあのクソ上司のせいだ。
毎日毎日、結果を出せ、成果を出せとプレッシャーをかけてきやがる。
しかも俺が成果を出したらそれをさも自分の手柄かのように上に報告しやがる。



 

2:みんなの暇つぶしさん:2010/10/10(日) 03:34:45 ID:FqkgRtXQ

男「あのクソ上司め。マジ死なねーかな」
いつもの悪態をつきながらテーブルの上の缶ビールに手を伸ばしたところで
そこに奇妙な形をした小さい瓶があることに気付いた。
男「何だこれ?香水の瓶か?でもこんなの買った覚えないし・・・・。」
男「中身は・・・・、見えないな。何か入ってんのか?とりあえず開けてみるか。」


ボンッッッ!!!!



3:みんなの暇つぶしさん:2010/10/10(日) 03:36:37 ID:FqkgRtXQ

魔神「こんばんは、ご主人様。あなたの願いを一つだけかなえてあげましょう」
男「は?え?えぇ?はぇぁぁああああぁ!?」
魔神「おや、どうしました?ご主人様?」
男「いや、おまえは何だ!!?どこから出てきた!?」
魔神「これは申し遅れました。私はランプの魔神。私を呼び出した者の願いを一つだけかなえるのが私の役目です。」
男「願いをかなえるランプの魔神!!?」
魔神「えぇ、そうです。あぁランプじゃなくて瓶の中に入っていたのは最近は古臭いランプに入っていても誰もこするなり開けるなりしてくれないもので・・・・」
男「いや、そこじゃなくて!!願いをなんでもかなえてくれるって・・・」
魔神「あぁ、最初に言っておきますがなんでもではありませんよ。アメリカ大統領にしてくれとか100兆円くれとかいうのは無理です」
男「何だ、そうか・・・・。いや!でももっと現実的な望みならかなえてくれるってことだよな!!」
魔神「えぇ、そうですね」



4:みんなの暇つぶしさん:2010/10/10(日) 03:40:30 ID:FqkgRtXQ

男「(ゴクッ)じゃぁ・・・、俺の上司を殺してくれ!!」

魔神「分かりました。では報酬はご主人様の寿命10年分ってとこですね」

男「はぁ!??」

魔神「おや?人一人殺して十年なら安いもんだと思いますが?」

男「いや、なに警察か裁判官みたいなこと言ってんだよ!!」

魔神「そうですか?でも私としてもちゃんと報酬を頂かないと」

男「なんだよ、ただじゃないのかよ」

魔神「ただで願い事がかなうなんてそんなうまい話あるわけないでしょう?」



5:みんなの暇つぶしさん:2010/10/10(日) 03:42:12 ID:FqkgRtXQ

男「ランプの魔神がそんなこと言っていいのか?」

魔神「そうですね寿命を差し出すのが嫌というなら日本円で五千万円でもいいですよ?

男「たけーよ、そんな金あるわけないだろ!!!」

魔神「じゃあ臓器で払うという手段もありますが」

男「ヤクザか!!却下だそんな提案!!」

魔神「でしたら他の願い事に変えたほうがいいかと思いますが?」

男「ちくしょう、せっかくクソ上司とおさらばできると思ったのに・・・」



6:みんなの暇つぶしさん:2010/10/10(日) 21:22:58 ID:g4pJ1Jsk

男「いや、まてよ。そうだ!!報酬はその上司から頂いてくれ!!!!」

魔神「はい?でもそれはご主人様のものではないでしょう?あなた自身の願いをかなえるのですから、差し出すものもあなた自身のものでなければいけませんよ」

男「いや、違う!あいつはいつも俺の手柄を奪ってばかりだ。つまり今のあいつの財産は俺のものだ!!!それにどうせあいつは死んじまうんだ、問題ないだろ?」

魔神「ほう、つまりあなたはその上司のものは自分のものだからそれで報酬を払うと?」

男「そうだ。どうせ俺のおかげで稼いだ金なんだ。」

魔神「ふむ・・・・」



7:みんなの暇つぶしさん:2010/10/10(日) 23:22:20 ID:g4pJ1Jsk

魔神「面白い!いつもならこんな依頼は受けないのですが今回は特別です。
あなたの望みをかなえて差し上げましょう」

男「本当か!?」

魔神「えぇ、でも報酬はちゃんといただきますよ?」

男「分かってる、あいつのものならなんでも持って行ってくれ。
ただし、できるだけひどい死なせ方をしてくれよ?」

魔神「かしこまりましたご主人様。では私はご主人様の上司を殺し、
その報酬としてその上司のものをなんでも頂いていい。そういう契約でよろしいですね?」

男「(ゴクッ)あぁ、いいぞ」

魔神「ではこれで契約成立です。契約を果たした後またご主人様のもとに
報告にうかがわせていただきますので、そのときまでお元気で。」

ボンッッッ!!!

男「消えちまった。これであの魔神が本当に上司を殺してくれたら・・・・。くくくく」



8:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 00:06:02 ID:9q8htK/.

数日後。男の職場

上司「男君、まだこないだ頼んだ仕事終わらないの?」

男「あ、すいません。まだもう少しかかりそうです・・・」

上司「こまるなぁ。もう頼んだの一週間前だよ?そんなんだから(ネチネチネチネチ・・・・)」

男(クソが。どうせお前の手柄にしかならないんだからやる気が出ないのは当たり前だろうが)

上司「ちょっと、聞いているのかい?」

男「え?あ?すいません・・・・・」

上司「すいませんじゃないだろう、全く。ともかくこの仕事は来週中に終わらせてくれよ?」

男「はい、分かりました。(けっ、あと自分の命が後わずかとも知らないで)」



9:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 00:15:49 ID:9q8htK/.

終業後

同僚「よぉ男、今日もこっぴどく怒られてたな」

男「ホントいい加減にしてほしいよ。それより今日は金曜日だし、この後久しぶりに飲みにいかないか?」

同僚「悪い、今日は先約があってな。また今度さそってくれよ」

男「なんだ、またかよ。じゃぁまた今度な」

同僚「あぁ、じゃあな。(あいつ酔うと上司の文句と自慢話ばっかりだからな。一緒に飲んでてつかれんだよ)」



10:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 00:24:19 ID:9q8htK/.

男のアパート

男「ちくしょう、あの魔神め。願いをかなえるとかいっといてあれっきり何にも起こらないじゃないか」

男「はぁ、明日は仕事もないし気分転換に久しぶりのドライブでも行くか」


ドライブ中車内

男「この道もしばらく来てなかったな。久々にこの峠をせめてみるか!」

魔神「ご主人様」

男「うわぁぁぁ!!」キキーーーーーッ

魔神「おっと。ご主人様、もっと丁寧な運転をした方がいいですよ」

男「お前がいきなり出てくるからびっくりしただけだろうが!!」

魔神「そうですか。それは失礼しました。」



11:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 01:12:58 ID:9q8htK/.

男「いや、それはいい。それよりもお前がまた俺の前に出てきたということは…。」

魔神「そうです。契約は完了しました。」

男「じゃあ、上司のやろうは死んだのか!?」

魔神「えぇ、ご主人様のご希望通りできるだけひどい死に方をしてもらいました」

男「そうか。………ははは、はーーーーーーはっはっは」



12:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 01:18:22 ID:9q8htK/.

男「ははは…。そうだ、報酬ってのはどうなった?」

魔神「ご心配なく。ちゃんと頂いておきましたよ」

男「そうか、そうか。で、何を奪ったんだ?金か?それとも生きてるうちに臓器でも取り出してやったのか?はははは」

魔神「私が何をもらったかなどどうでもいいではありませんか、ご主人様」

男「そ、そうだな。とにかくあいつは確かに死んだんだな?」

魔神「えぇ。私、仕事はきちんとするタイプですので」

男「そうか、そうか。ククク、これで俺はあのクソ野郎から解放されたってわけだ。
はーっははっ。今日は最高の日だ!」

魔神「では、ご主人様との契約もこれで完了ですので私はこれで。」

男「あ、そうか、それもそうだな。ご苦労様。」



13:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 01:25:27 ID:9q8htK/.

男「そうだ。また、何かあったら俺の前に出てきてもらえるか?」


魔神「それはやめた方がいいでしょう。私のようなものに一回でも関わると大抵はろくなことになりませんから」

男「なんだそりゃ?願いをかなえてもらってろくなことにならないなんて、そんな話があるわけないだろ」

魔神「まぁ、最初にお話しした通り世の中そんなにうまい話はないってことですよ」

男「え?」



14:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 11:00:11 ID:loSxAwUY

魔神「あぁ、ご心配なく。何もご主人様からこれ以上何か頂こうってことではないですから」

男「な、何だよ、びっくりさせやがって」

魔神「それはすみませんでした。少しおしゃべりしすぎましたね。
では今度こそ私は失礼させていただきます」

ボンッッ!!

男「何なんだあいつ、最後に思わせぶりなこと言いやがって」

男「まぁ、いいや。ともかくあのクソ上司は死んじまったってんだからな。
ハハハ、月曜日が楽しみだ」



15:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 11:10:37 ID:loSxAwUY

月曜日。男の職場

同僚「おい、今日○○さん来てないけどお前何か知らないか?お前の上司だろ?」

男「いやぁ?何も知らないけど?来てないなら来てないでいいんじゃないか?(ニヤニヤ)」

同僚「そ、そうか。何も知らないのか(何だこいつニヤニヤして…、気持ち悪りぃ)」

数日後

同僚「おい、大変だ!!ずっと出社してなかった○○さん、
昨日人事の人が家に行ってみたら誰もいなくて大量の血の跡が残ってたって!!!!」

男「へぇ、ずっと来ないと思ったらそんなことになってんたんだな。ふーん」

同僚「え?あぁ?そうらしい……(おいおい、まさかこいつが殺したんじゃないだろうな)」

男(大量の血の跡ってことは魔神のやつは本当にひどい殺し方をしてくれたらしいな。くくく、いい気味だ)



16:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 11:53:18 ID:loSxAwUY

また数日後。男のアパート

ニュースキャスター「一週間前から行方が分からなくなっていた○○さんのものと
思われる遺体がA市の山中で見つかりました。遺体はパールのようなもので頭部を何回も
殴られた痕があり警察では○○さんに強い恨みを持つものの犯行とみて捜査を進めると同時に、
遺体が発見された現場近くで不審な車の目撃情報がないかを…」

男「ふーん、これって先週俺がドライブ中に魔神に会ったあたりじゃないか。
つまりあいつは、死体を山の中に片づけた後すぐドライブ中の俺に会いに来たってことか」

男「それにしても『パールのようなもので何回も殴られた』か。
クズ野郎にはお似合いの死に様だな、くくくく」



17:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 12:35:56 ID:sYqAlVNU

翌日。男のアパート

ピンポーン

男「誰だよ、せっかくの休日にこんな朝早くから…」

警部「おはようございます。警察のものですが」

男「警察!?」

警部「昨日、あなたの上司の○○さんの遺体が発見されたのはご存じですか?」

男「え、えぇ。ニュースで見ましたので」

警部「そうですか。ならば話は早い。単刀直入に申し上げますとあなたの名前が
容疑者としてあがっていまして、少しお話を伺わせていただきたいんですよ」

男「そんな!!俺は殺してないですよ!!!!」



18:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 12:37:15 ID:sYqAlVNU

警部「日ごろから○○さんに恨みを持っていたそうですね」

男「え!?」

警部「酒の席でよく『あんな奴死ねばいい』といっていたとか」

男「それは…」

警部「それと先週の金曜日にあなたの車とよく似た車の目撃情報がありましてね」

男「いい加減にしてください!!俺を犯人と決め付けてるみたいに!!証拠なんて何もないんでしょ!!??」

警部「はい、証拠は何もありません。ですので、よろしかったらあなたの部屋を
調べさせていただきたいのですが。それと車もね」

男「いいですよ!好きなだけ調べてください。」



19:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 12:44:51 ID:sYqAlVNU

男(そうだ、俺はやってない。殺したのは魔神なんだから証拠なんか出るはずもない。好きなだけ調べるがいいさ)

警部「ご協力ありがとうございます。おい、部屋の中と車の中を調べろ!隅から隅までだぞ!!」

警官「「「はいっ」」」

男(こんなに人数連れてきてやがったのか。こりゃ本気で俺が疑われてるな。
まぁいいさ、どうせ無駄な努力だ)



20:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 12:48:58 ID:sYqAlVNU

警官「警部!!車の中からこんなものが!!」

警部「ほぅ…、これは。すみません、これに見覚えはありますか?」

男「これは…歯?それも血がついた」

警部「実は○○さんの遺体、ニュースではパールのようなもので頭部を何回も
殴られたとだけ発表されていますが、実物は顔面を何回も何回も執拗に殴られていたようでね。
そりゃぁひどいもんでしたよ。顔を見ても元の顔は分からないくらいにつぶれてるし、
歯は何本もなくなっていました。そんなんだから身元の確認に苦労しましたよ。
これ、○○さんの歯なんじゃないでしょうかね?」

男「………そんな…なんでそんなものが俺の車の中から…?」

警部「それはあなたがいちばんご存じのはずでしょう?この歯は鑑識に回すとして、
署までご同行していただけますね?」



21:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 12:51:13 ID:sYqAlVNU

男「違う!俺じゃないんだ!!俺はやってない!!!!魔神が、魔神が!!!!!!!!!」

ボンッッ!!

魔神「おやおや、【元】ご主人様。大変なことになっていますね」

男「あ!!お前は!!!!お前だろう!!お前があの時俺の車にあいつの歯を置いたんだろう!!!!!!」

魔神「えぇ、そうですよ。」

男「話が違うぞ!!どういうことだ!!!」

魔神「話が違うのはあなたのほうですよ、【元】ご主人様。

あなたの上司があなたの手柄を横取りしたという話でしたが、そんなものはごくわずか。

せいぜい身体の一部をほんの少しだけ頂けるくらいのものでしたよ?

それでも契約は契約ですからね、あなたの望みはかなえましたし、報酬もちゃんと頂きました。

本来なら足りない分をあなたから追加で取り立てるところですが、契約の時に言いました通り今回は特別です。」



22:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 12:52:55 ID:sYqAlVNU

男「俺が聞いてるのはそんなことじゃない!!!!!!なんで俺が逮捕されるようなことを!!!!!!!」

魔神「おやおや、私が報酬として頂いたものをどうしようが私の勝手でしょう?
それに私言いましたよね?『世の中そんなにうまい話はない』って」

男「ちくしょう!!!!騙しやがったな!!!チクショウ!!畜生!ちくしょぅ……」

警部「おいっ!!静かにしろっっ!!いきなりわけのわからないととを喚きやがって。
頭のおかしいふりをして刑務所行きを免れようってんだろうが、そうはいかんぞ。
遺体を山にまで捨てに行っているんだ。これは確実に計画的な犯行だ!」

男「違う…、違うんだ……。俺じゃないんだ、魔神がやったんだ…、魔神が…………」

魔神「では【元】ご主人様、私はそろそろ次のご主人様を探しに行きます。もう会うこともないでしょうが、お元気で」

男「待って、待ってくれ……、頼む…俺の願いをかなえてくれ……、
俺のものをなんでもやるから…頼むよ、お願いだ……。誰か、俺の願いをかなえて…………」



23:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 12:54:09 ID:sYqAlVNU






魔神「あなたの願いを一つだけかなえてあげましょう」



24:みんなの暇つぶしさん:2010/10/11(月) 21:40:58 ID:k0KtpDwo

なかなかとんちがきいてて面白かった。
乙。



25:作者:2010/10/11(月) 23:30:20 ID:p8W8MfLk

読んで下さった方がいてうれしいです。
SS書いたのは初めてですが難しいですね…。
見直したら、修正したいところがいっぱいです…

この魔神のネタで書きたい話はまだあるので、まとめたらまた書かせていただきたいと思ってます。
(今度は別のところで書くかも?……vipとか)

他ににも読んでくれた方がいましたら感想頂けたら嬉しいです
お願いしますm(_ _)m




転載元
「あなたの願いを一つだけかなえてあげましょう」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12874/1286649070/
 

最新記事50件