1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 10:44:49.24 ID:kKEURomIQ

女友「だ、だよねーwwwwだと思ったwwwwww」

女「あいつ私がOK出したら『よっしゃー』って叫んでやんのwwwwきもwwwwww」

女友「…チョーウケるwwwwww」

女「早速明日から昼飯奢らせよっとwwwwwwwwww」


男「……」


 

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 11:33:59.28 ID:kKEURomIQ

大好物って言っても書き方次第で変わっちゃうからな

女「じゃ、帰ろっかwwwはー……マジウケるww」

女友「あ、あはは……そうだね…」

ヌッ

男「…あれ、女さん。まだ残ってたの?」

女「!?」

女友「…!」

女(まさか、聞かれてた…!?)

男「良かったら、一緒に帰らない?」

女「え、ええと…」

男「どうしたの?女さんらしくないじゃん」ニコッ

女(バレてないみたいね…はぁ、良かった……明日のお昼どうしようかと思っちゃった)

女「うん、帰ろっか!」ニッコリ

女友「……」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 11:42:24.54 ID:kKEURomIQ

女「ねー、私クレープが食べたいなぁー」

男「…わかった、買ってきてあげるよ」

女「ホントー!?じゃ、チョコバナナでよろしくね!あ、あと女友の分も!」

女友「えっ!?い、いいよ、あたしは……」

男「…いいよ、遠慮しないでさ」

女「ほら、こう言ってるしさ!」

女友「……じゃあ、あたしも…」

男「わかった」スタスタ

女(いやー、やっぱ思った通り!使えるねぇ)

女友「……」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 11:52:54.87 ID:kKEURomIQ

女「じゃ、私こっちだから!女友、男くん、また明日!」ニッコリ

男「…また明日」ニコッ

女(男なんて、軽く気があるように見せれば良いんだから余裕よね……明日はもっと奢らせよっとwww)タタターッ

男「……はぁ」

女友「あ、えっと…」

男「!? ……あれ、まだ帰ってなかったんだ」

女友「…」

男「そろそろ日が暮れるし、女友さんも帰った方が良いよ」

女友「…うん」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 12:54:23.23 ID:kKEURomIQ

男「ふぅ…」トボトボ

女友「…あの話、聞いてたでしょ」

男「!! …な、何のことだか

女友「惚けないでよ」

男「……」

女友「…あのさ、

男「別れないぞ」

女友「あれh……え?」

男「女さんがいつか振り向いてくれるまで、絶対に別れないからな」

女友「え、いや、そうじゃなくて…」

男「何て言おうと、俺は絶対別れないからな!」

女友(話を聞いてくれない…)



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 13:19:03.63 ID:kKEURomIQ

男が馬鹿っぽくなっちまっただ

女友「……まあ、そういうことなら…手伝ってあげるよ?」

男「え?」

女友「あたし、女と付き合い長いからさ。色々サポートしてあげられるし」

男「ま、マジで?」

女友「うん。どうする?」

男「そりゃ手伝って欲しいけど……昼飯か?」

女友「え?」

男「女友さんも、対価で昼飯を奢って欲しいのか?」

女友「いや、そういうわけじゃないけど…」

男「えっ…タダ?タダでサポートしてくれるのか!?」ガバッ

女友「あ……う、うん…」

男「よっしゃああああああああ!!ありがとう女友さん!!」

女友「……」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 14:49:05.78 ID:kKEURomIQ

3時からまた仕事らしい

男「じゃあ早速作戦会議しようか!そこらのファミレスで!」グイッ

女友「えっ、あっ…」


男「女さん、俺のことキープって言ってたけどさ、本当に好きなのは誰なの?」

女友「え、えーとねぇ…友くんだったかな」

男「げっ、友って……ランク高すぎるだろ…」

女友「……いよ」

男「えっ?何か言った?」

女友「あ、ううん!何でも」

男「そ、そっか……で、女さんの好きな食べ物って何?」

女友「えっとね…卵焼きだよ、甘いやつ」

男「ほぉー…」

女友(……)



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 14:57:46.12 ID:kKEURomIQ

男「今日は色々ありがとな、女友さん」

女友「う、ううん…こっちこそ」

男(えっ……俺何かしたっけ?あ、クレープか…)

女友「じ、じゃあ、困ったらいつでもメールしてね!」

男「うん、また明日」ニカッ

女友「!! ま、また明日!」タタタッ

男(? に、逃げるように帰ってった…)


女友「…はぁーっ、はぁーっ……」ギュッ



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 21:04:28.84 ID:kKEURomIQ

申し訳ない


翌日

男「女さん、おはよう!あ、女友さんも」

女「え?…あぁ、おはよ」

女友「お、おはよう……」

女(そういえば、付き合ってあげたんだったっけ…)

男「女さん、俺さ、今日弁当作ってきたんだよ!良かったら食べてくれないかな」

女友「…!」

女「え、弁当?あんt……お、男くん、料理出来るの?」

男「り、料理くらい俺だって出来るさ…」

女(男子の弁当か……不安だけど、貰っとけば昼飯代は浮く、か)

女「ありがとう、貰っとく」ニッコリ

男「!」

男(わ、笑った!これって、結構好印象?)

女友「……いいなぁ…」ボソッ



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 21:15:03.63 ID:kKEURomIQ

昼、中庭ベンチ

女「…うっわ、何これ…」

女友「どうしたの?」

女「見てこの弁当……卵焼きがぎっしり」

女友「……」

女「私、こんな弁当いらないから捨てて……って、何指くわえてんの、女友」

女友「えっ?あ、えと……」

女「もしかして、食べたいの?」

女友「……うん」コクッ

女「じゃあ、女友の弁当と交換ね」

女友「ほっ、ホントっ!?」

女「えっ、…うん」

女友「やったーっ!!」

女(女友、そんなに卵焼き好きだったっけ…)



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 21:22:16.80 ID:kKEURomIQ

昼、屋上

友「あれ、今日は弁当なんだな…珍しい」

男「ま、まあな…」カパッ

友「……うわっ!キモッ!」

男「へ?キモいとか失礼な」

友「お前、これ卵焼きしか入ってねーじゃねーか!」

男「そうだけど。一口いるか?」

友「いるか!誰も食べたがらねーよ、そんな気持ち悪いの」

男「!!」ガビーン



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/28(火) 21:31:54.61 ID:kKEURomIQ

その後

男「お、女さん!」

女「…何?男くん」

男「ど、どうだった?俺の弁当……」ダラダラ

女(うっ……聞かれるとは思ってたけど、あげたとは流石に言えないわよね…)

女「お、美味しかった(って女友が言ってた)わ、容器は洗って返す(って女友が言ってた)から」

男「!!」

男(よ、良かった……友の奴、人の弁当を気持ち悪いとか言いやがって…)


女友「〜♪」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 00:57:48.64 ID:aDVQIRLnQ

体育の授業

「おおっ!女子が走ってるぞ!」

「やっぱ、女ちゃんは可愛いなぁ……」

男「だ、だよな!可愛いよな!」

「「なー!!」」

「いや、委員長の方が可愛くね?」

「はァ?お前、目ぇおかしいんじゃねえの?」

男「おい、友!お前はどう思う?」

友「え?何がだよ?」

男「女子だよ、女子!」

友「女子?別にどうでもいい、興味ねーし」

男(ふぅ……今のところ、脈なしってところか…)

「そういえば……女ちゃんの影に隠れてるけどさ、女友さんも相当可愛いよな」

「可愛いって言うより、美人って感じだよな」

「わかるわかる」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 01:12:30.80 ID:aDVQIRLnQ

仕事も相まってモチベーションが段々下がる

体育の授業(女子編)

「「「キャー!!友くーん!!」」」

女(か、カッコイイ……)

「ホント、友くんはスポーツも出来るし勉強も出来るし、顔も良いし……完璧だよね」

女(ホント、友くんは良いよねぇ……)

「友くんのあの顔見てるだけで……って、男、邪魔!友くんの顔が見えないじゃない!!」

女友「…」ピキッ

女(あぁ……友くんと付き合えたらどんなに良いことか…)

女友「でも、男くんも悪くないよね!?」

「えっ?」

女友「…あっ……」

女(一緒にパフェ食べあったりして……うふふ)

「まさか、女友……男の事が…」

女友「……」カァァ



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 01:29:11.79 ID:aDVQIRLnQ

ちなみに友にホモ要素はない

放課後

女(今日は何処に行って奢らせようかなー…)

女友「何もあたしまで行かなくても…」

女「ダメよ、私一人じゃ何されるか分からないじゃない」

女友「……くんは……いもん」ボソッ

男「お待たせ、女さん……に、女友さん…」

女「ううん、全然待ってないよ!」

女友「あ、あはは…」

女「じゃあ、行きましょっか!」

男「うん…」

女友「……」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 01:39:16.04 ID:aDVQIRLnQ

女「あ、私ここのケーキがずっと気になってたんだー!食べに行かない?」

男「うん、いいよ」

女「もちろん、男くんの奢りだよね?」

男「…うん」

女「うふふっ♪」


女(ああ、美味しい…)パクパク

男「…女友さんは、食べないのか?」

女友「う、うん……」

男「遠慮しなくても良いよ?」

女友「……」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 01:46:07.38 ID:aDVQIRLnQ

女「あー、美味しかった!じゃあまた明日ね!」タタタッ

男「…また明日」ニコッ

男(はぁ、今日で3000円も無くなった……でも、これも女さんと付き合う為だと思えば…)

女友「……お金、やばいんでしょ」

男「!?い、いやそんなことは

女友「顔に出てるよ」

男「……」

女友「そんな無理しないでもいいのに…」

男「…無理なんかしてないさ、女さんと付き合う為ならこのくらいどうってこと無い」

女友「……」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 02:02:14.97 ID:aDVQIRLnQ

I'm very sleepy.

男「そんなことよりさ」

女友「…う、うん?」

男「何でついてくんの?」

女友「!……女が、どうしてもついて来てって言うから…」

男「別に断れば良いだけだろ、俺のことサポートしてくれるんじゃ無かったのか?」

女友「……」

男「ぶっちゃけ邪魔なんだよね、俺は女さんと二人で出かけたいのにさ」

女友「……ごめん、なさい」ポロッ

男「…!あ、いや……ごめん、俺…」

女友「ううん、あたしが悪かったの……ごめんね、明日からついて行かないから……」

男「…女友さん、わ、悪かったよ…」

女友「……じゃあ、帰るね…また、明日…」

男「……」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 02:33:23.07 ID:aDVQIRLnQ

男(…何て事を……)

男(せっかく、俺なんかの為にサポートしてくれてたのに…)

男(きっと、渋々ついて来てたのも……女さんを心配して…)

男(明日、謝らないと、な…)


ねむけがげんかい



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 11:22:42.22 ID:aDVQIRLnQ

それから数日が経ちました

男「おはよう、女さん」

女「…あ、おはよ」

男(…女友さん、今日も女さんと来てないのか……謝りたいのに、やっぱりあれ以来避けられてるなあ……)

女(やっぱり、こいつと二人って言うのは不安で仕方が無いわね……女友、最近用事あるからって口実で避けてない…?)

男「…あ、女さん。はい、弁当」

女「え?あぁ、ありがと」

女(…最近はまあまあ食べられる見た目の弁当になったけど、味付けが私好みじゃないのよね……)

男(やっぱり、放課後呼び出して……でも、女さんとの時間がなあ…)



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 11:28:00.13 ID:aDVQIRLnQ

「ねえ、女。最近さぁ、男と良く一緒にいるよね」

女「!! そ、そうかしらねー…」

「朝と放課後、いつも一緒に居るじゃない。付き合ってんの?」

女「つ、付き合ってるわけ無いじゃない!馬鹿な事言わないで!!」

「え、ごめん……」

女(付き合わせてるなんてバレたら、友くんと付き合えなくなるじゃない…!)

女友「……」



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 11:37:22.76 ID:aDVQIRLnQ

男「ん゛ん゛ぅ……」ジーッ

「どうした男、そんなに唸って」

男「…え?別に……」ジーッ

「……ははぁん、なるほど?」

男「あ?」

「お前、女友さんが気になってんだろ?」

男「いや、そういうわけじゃ……」

「わかるぜ、その気持ち…。大人な外見なのに、少し子供っぽい性格が良いっていうか…」

「ギャップ萌えってやつか」

「そう、それだ!あの女ちゃんにはない、女友さん独特の魅力ってやつだな!」

「あ?女ちゃんディスってんじゃねえぞ?」

男(……気にはなってるけど、そっちじゃねえよ…)



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 11:53:07.01 ID:aDVQIRLnQ



女「ねぇ、最近どうしたの?」

女友「…え?な、何が?」

女「朝も一人で先に行っちゃうし、放課後も…」

女友「さ、最近…忙しくてさ…」

女「朝はともかく、放課後はあいつと一緒だから、いつ何されるか分からないから怖いのよ…」

女友(……)

女友「…でも、何もされてないんでしょ?」

女「今のところは、ね」

女友「じゃあ、大丈夫だよ」

女「でもさあ…」

女友「大丈夫だよ、女だってもう分かってるでしょ?男くんはそんなことする人じゃないって」

女「……まあ、うん」



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 14:05:48.28 ID:aDVQIRLnQ

仕事ががが

女友「それで、友くんはどうするの?」

女「え!?ど、どうするって…」

女友「好き、なんだよね?告白しないの?」

女「好きだし、告りたいけど……で、でも、断られそうで…」

女友「……」

女「わ、私が一方的に惚れてるだけで、接点もないs

女友「男くんが居るでしょ」

女「…えっ?」

女友「友くんと仲のいい、男くんが」

女「!」

女友「男くんに、紹介してもらえば良いんじゃないかな」

女「な、なるほど……女友、あんたって頭いいね!」

女友「……ふふっ」



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 15:13:44.04 ID:aDVQIRLnQ

女「男く〜んっ♪」ギュッ

男「……えっ?」

男(一瞬寒気がした…)

女「ねぇねぇ、男くん?」

男「ど、どうしたの?」

女「男くんの友達で、友くんって居るじゃない?」

男(…!つ、遂に来た…)

男「あ、あぁ…友がどうかした?」

女「良かったら、私に紹介してよ!」

男「…何で?」

女「うっ……お、男くんの事がもっと知りたいなぁって…」

男(……クソ、友め…絶対に負けないからな…)

男「い、いいよ…」

女(やったっ!!作戦成功!ありがとう女友!!)



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 15:19:44.73 ID:aDVQIRLnQ

男「…なあ、友」

友「…あ?何だよ」

男「あとで紹介したい人が居るんだけど、放課後暇?」

友「あぁ、まあ…今日は部活休みだし暇だけど…誰だよ、そいつ」

男「それは会ってからのお楽しみだな」

友「はぁ?男子か?女子か?」

男「…女子だけど」

友「へぇ…」

男(興味なさげだな……これは、争うまでもないか)



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 15:29:34.46 ID:aDVQIRLnQ

放課後

男(友を紹介する前に女友さんに一言謝りたかったが、目を離した隙に消えていたの巻」

友「おい、男!さっさと行こうぜ!」

男「あ、あぁ……」


男「えーと……じゃあ紹介します」

友「ああ、頼む」

男「…クラスのマドンナ、ご存知女さんです」

女「よろしくね、友くんっ♪」

男(……うわー…覚悟はしてたけど、俺と態度が違いすぎる…)

友「あぁ、よろしく」



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 15:44:54.18 ID:aDVQIRLnQ

喫茶店にて

女「友くんってさ、何部だっけ?」

友「サッカー部だけど?」

女「ぽ、ポジションは?」

友「フォワード」

女(わ、わかんない…)

女「ひ、一人でいること結構多いよね、何で?」

友「一人の方が楽だから」

女「そ、そうなんだ…」

友「女さんは何部だったんだ?」

女「わ、私は…中学はバレーやってたけど、高校入ってからは何もやってないよ」

友「へぇ」

男(何か何気に会話弾んでね?もしかして俺って……邪魔…?)



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 15:51:52.06 ID:aDVQIRLnQ

女「ね、ねぇ!メアド教えてくれない?」

友「…別にいいけど」

男(あれ?そういえば、俺って女さんのアドレスとか……)

女「じ、じゃあ赤外線で送るからさ!」

友「分かった」

男(…………)

男「…ごめん友、俺もう帰る」

友「えっ?」

男「あとは二人で話しててくれよ。じゃあ、また明日な」

友「お、おい!待てよ!」

女(やっと帰ったか、お邪魔虫め)

女「まあ、ああ言ってるしあとは二人で…」

友「……」



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 16:06:59.34 ID:aDVQIRLnQ

男「ふぅ……」

男(そりゃ、あの話聞いてたし……分かってたけどさぁ…)

男(やっぱり俺なんて、所詮は金づるだったんだな…)

男(昼の弁当渡したり、放課後デートしたりして、少しは評価上がってたと思ったのになぁ…)

男(……諦めるか…)

男(…い、いや!まだ何とかなるはずだ…!)

男(どっかの誰かも言ってただろ、諦めたらそこで終わりだって)

男(絶対友には負けねぇ…女さんを、振り向かせてやる…)



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 16:17:43.25 ID:aDVQIRLnQ

女友「…あ、男くん」

男「!!お、女友さん…今帰り?」

女友「うん、奇遇だね」

男「そう、だね……あ、あのさ…」

女友「?」

男「こないだの事、本当にごめん!」

女友「えっ、い、いいよもう……。あたしこそ、ごめんね?」

男(つ、遂に謝れた…!)

女友「じゃあ、ついでだし一緒に帰ろう?」

男「う、うん!」



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 16:51:54.60 ID:aDVQIRLnQ

男「――ってな事があってさ」

女友「そうなんだ……女、遂に友くんに…」

男「でも諦めないよ、俺は!絶対に振り向かせてやるんだ!」

女友(……)

女友「男くん、本気なの?」

男「ああ、本気さ!」

女友「…そっか。じゃあ、あたしもこれからは本気でサポートしてあげるよ!」

男「ま、マジで?心強いなあ……って、今までは本気じゃなかったのかよ!?」

女友「あっ……てへっ☆」

男「可愛くごまかしてもダメ」

女友(そうだね、これからは……本気で)



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/29(水) 17:05:31.97 ID:aDVQIRLnQ

仕事終わりが近いが…


翌日

男「女さん、女友さん、おはよう!」

女友「あ、おはよう、男くんっ!」

女「!?お、おはよう…無駄に元気ね」

男「そうかな?はい、これ昼の弁当!」

女「あぁ、ありがと…」

男(今回は、女友さんに色々メールしてもらって作ったからな……自信作だぞ)グッ

女友「……うふふっ」グッ

女「?」



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 01:05:37.91 ID:kc8ZJcKbQ

男「おい、友」

友「あ?…お前、昨日どうして先に帰ったんだよ」

男「あぁ、実はさ…あの後色々用事あったんだよ、ごめん。それよりも」

友「ん?」

男「女さん、どう思う?」

友「どう思うって何がだ?」

男「ほら、色々あるじゃん。気になるとか可愛いとか」

友「別に、普通だな」

男「……そ、そうか」

男(そういえば、友が誰かと付き合ったって話聞いたことないな……どんなのが好みなんだ?)



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 01:18:50.69 ID:kc8ZJcKbQ

カパッ

女「あれ?」

女友「ん?どうかした?」

女「う、ううん…何でもない」

女(いつもと彩りが違う…気がする)

女友「どうしたの?食べようよ」

女「あ、うん…」パクッ

女「!!お、おいs…っ

女友「えっ?」

女「あ、な、何でもない!」

女友「変なの」クスッ

女(美味しいけど…何だろ、どっかで食べたことあるような…)



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 01:25:12.58 ID:kc8ZJcKbQ

カパッ

友「お?可愛らしい弁当だな」

男「そ、そうか?」

友「誰かに作って貰ったのか?それ」

男「いや、自作」

友「…!?」

男「…何鳩が豆鉄砲喰らったような顔してんだよ」

友「いや、だって昨日までは……あれ?」

男(友がこんなリアクションするって事は、女さんも……流石女友さんだぜ)



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 01:35:20.91 ID:kc8ZJcKbQ

「最近思うんだけどよ」

「ん?」

「女友さん、前より綺麗になってねーか?」

男(……そうか?)ジーッ

「それは、お前が女友さんを好きすぎて見てる錯覚だ」

「いや、俺も思ってた。綺麗になったよな」

「マジで?」

男(そうは見えないけどな…)

「なるほど、恋する女は綺麗になるってやつか」

「恋……だと……?」ゴクリ

男(……恋、か…。女友さんは、どんな人が好みなんだろ)



193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 03:17:09.58 ID:kc8ZJcKbQ

仕事仕事でねみい

「…!おい、女ちゃんがこっちに来るぞ!」

「な、何だって!?」

男(!こ、こっちに来る…)

女「と、友くん!」

友「え?」

男(……ですよねー)

「何だよ、友かよチクショー!」

「イケメンは違うなぁ、おい」

女「た、タオル持ってきたから良かったら使ってよ!」

友「いや、自分のあるし」

男「せっかくだし、受け取っとけよ」

友「……じゃあ、使わせて貰うか」ファサッ

女「!!え、えへへへ…」タタタタ…

「うらやま…」



196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 03:28:49.22 ID:kc8ZJcKbQ

男(くそっ、友ばっか…)

男(俺なんてかれこれ数週間女さんと居るのに、何にもされてないぞ……)

男(やっぱり、望みは薄いか…)

男(いや、俺だっていつかは……女さんがタオルを貸してくれるくらいの男になってやるんだ!)

男(……まあ、いつになるか分からないけどさ…着替えよ)ジィー…

男「…ん?な、何だこれ!?」

「どうかしたか?」

男「い、いや…」

男(た、タオル…!?それに書き置きも!まさか、女さんが…)

『頑張って、応援してるよ! 女友』

男(…何だ、女友さんか……。でも女子からこういうことされるの初めてだし、ちょっと嬉しいなあ…)



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 04:16:25.41 ID:kc8ZJcKbQ

放課後・玄関

男「あ、女友さん!」

女友「男くん!女を待ってるの?」

男「うん。あ、タオルありがとね」

女友「い、いえいえ…」

男「今日の体育キツくてさ、汗ヤバかったから助かったよ。明日洗って返すからさ」

女友「あ、いいよいいよ!そんな、別にそこまで気を遣わなくても!あたしが洗うからさ!」

男「…そうか?なら返すけど…ホント、ありがとね」パサッ

女友「い、いえいえ…」ギュッ…



203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 04:24:22.94 ID:kc8ZJcKbQ

女友「と、ところで、今から行く場所は決まってるの?」

男「…またあの喫茶店かな」

女友「いつもあそこじゃつまらないでしょ?だから、あたしが良さそうなとこ調べてきたよ!」

男「ほ、ホントか!?」

女友「うん、見てこれ!最近出来たばかりでさ、きっと女も喜ぶよ!」ピラッ

男「へぇー、こんなとこに…」

女友「どう?」

男「…うん、じゃあ今日はここに行こうかな!何から何までありがとう、女友さん!」

女友「…ふふっ、どういたしまして!」



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 04:32:31.67 ID:kc8ZJcKbQ

四時半過ぎたら寝ないとヤバい

女「お待た…って、あれ?女友」

女友「あっ、女来たからあたしは帰るね!またね!」

男「えっ?あ、ホントだ…じゃあ、また明日」

男(もっと話したかったけど、また明日でいいか…)


女「女友と何話してたのよ?」

男「え?ま、まあ色々…」

女「あ、そう」

男「それよりさ、今日はここに行こうと思うんだけど…」ピラッ

女「…ふーん、結構良さそうなお店じゃない」

男「だ、だろ!?」



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 10:28:22.96 ID:kc8ZJcKbQ

女「おいしーっ!」

男「そ、そう?良かった…」

女「あんt…男くんも何か食べれば?」

男「いや、俺はいいよ…ハハハ……」

男(金に余裕無いし、女さんに食べて貰うので精一杯だからな…)

女「あっそ」

男「は、はは……はぁ」ガックリ

女「あーおいし……あぁっ!も、もうこんな時間じゃない!」

男「え?」

女「私、もう帰らないと!」

男「…何か用事でもあるの?」

女「ま、まあね……それじゃ!」タタタ…

男(……女さんが用事なんて珍しいな…しかもあんなに急いで…)

男(ついていってみようか…?)



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 10:30:54.58 ID:9A4lIO/h0

ここでまさかの安価か?   まさかな



232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 10:32:09.51 ID:kc8ZJcKbQ

安価にしようか迷ってる
個人的にはついて行って欲しいが、ついて行かないだと正直展開が思いつかない



244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 10:45:50.52 ID:kc8ZJcKbQ

男(いけない気がするけど、やっぱり気になるよな…)

男(……よし、ついて行くか)


女「…」スタスタスタ

男(何か小走りだな……そこまで急ぐ程の事なのか?)コソコソ

女「…」キョロキョロ…スタスタ

男(おっと、そっちか……ってあれ?)

女「…」スタスタスタ

男(この道って、たしか……)


女「はぁ、間に合った…」

男(……学校、だよな)



246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 10:53:10.84 ID:kc8ZJcKbQ

女「……」ウロウロ

男(誰かを待ってるのか?……でも、女さんが待つような奴って言ったら…)

女「あ、友くんっ!」

男(……友しか、居ないよな)

友「あれ、女さん…だっけ?ここで何してんの?」

女「え、えっと…友くんを待ってたの!」

友「何で?」

女「い、一緒に帰ろうと思ってさ…」

友「…あぁ、別にいいけど」

女「ホントっ?えへへっ…」

男(……そこまで…?)



249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 10:59:51.41 ID:kc8ZJcKbQ

友「……」

女「あ!良かったらさ、途中で喫茶店でも行かない?」

友「……少しくらいなら」

女「やったっ♪じゃあ行こ行こ!」ギュッ

友「……」

男(…そこまで、俺とは一緒に居たくないわけ?)

男(分かってたけど…分かってたけどさぁ……)

男(……もう、いいや…帰るか…)トボトボ

「あれ、男だ」

「哀愁漂う背中だな……どうしたんだろ」



250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 11:09:40.41 ID:kc8ZJcKbQ

翌朝

男(…いつもの癖で、弁当作っちゃったな……もう作らなくていいのに…)

男「はぁ…」

女友「おはよう、男くん!」

男「…え?……あぁ、女友さん……に、女さんか…。おはよう…」

女「お、おはよ…」

女(何か元気無いわね…)

男「…あぁ、弁当か……はい」

女「…ありがと」

男「…はぁ……」

男(あんまり顔合わせたく無かったのに、朝から……憂鬱だな…)

女「どうしちゃったのかしら?」

女友「……」



253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 11:21:51.95 ID:kc8ZJcKbQ

放課後

男(今日は、誰とも話す気になれなかった…)

女「あ、男くん!待ちくたびれたわよ!」

男「!」

女「ほら、早く行くわよ!」

男(…一瞬でも、喜んだ自分が……ムカつくな)

女「あそこ美味しかったし、今日もあそこに行きましょっか!」

男「……ん」

男(そうだよ……女さんが俺なんかを待っててくれるのは…)

女「ほら、早く!」

男(……良い金づるだから、だろ…)



254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 11:30:58.77 ID:kc8ZJcKbQ

女「あー、やっぱり美味しいわ…」

男「…良かったね」

女「えっ?あ、うん…?」

男(……そろそろ時間、だな)

女(ホント元気無いわね……ま、明日になったら治ってるでしょ)

男「…じゃ、俺もう帰るよ。代金は払っとくから。またね」ガタッ

女「えっ?ち、ちょっと…」

女(珍しいわね、先に帰っちゃうなんて……って、もうこんな時間!)

女(急いで食べて、迎えに行かないと…!)パクパク


男「……」トボトボ

女友「…あ、男くん!」

男「…!」



257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 11:35:28.62 ID:kc8ZJcKbQ

女「はぁっ、はぁっ…」

女(ま、間に合った…危ない危ない……)

友「…」スタスタ

女(って、早速来た!!)

女「友くーんっ!」ギュッ

友「…また女さんか」

女「えへへ、今日も一緒に帰ろうかなーって…」

友「……別にいいけど」

女「やったー♪」

友「……」

女(順調、よね?)



261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/30(木) 11:44:30.13 ID:kc8ZJcKbQ

男「…今、帰り?」

女友「うん、男くんは……女とのデートの帰り?」

男「…デートなんかじゃねぇよ、あんなの」

女友「へっ?お、男くん…?」

男「……」

女友「朝から元気無いよ、何があったの?」

男「…別に」

女友「…ほ、ほら!元気出してよ!あっ!あそこにカラオケあるから一緒に行こ、ね?」

男「……」

女友「歌えばきっと元気出るよ?奢ってあげるからさ、ねっ!?」

男「…うん」




転載元
女「あんな奴キープに決まってんじゃん」
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1285638289/



 

最新記事50件