1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 19:53:04.09 IDZeFlu6G+0

彼氏「ハニー。愛してるよ」

彼女「幸せよダーリン。もう死んでもいいわ」

死神「………」スッ

「………」ザクッ

彼女「」

彼氏「ハニー?」

「……死んでる」

「うわぁああああああああああ」

死神「後追いなんて考えない方がいい」

「あなたの名前は帳簿にないから」

「苦しみ損。どうせ聞こえないけど」

「次の対象は、と」パラ





 
2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 19:54:28.08 IDZeFlu6G+0

母「まったくどうしようもない愚図だねぇお前は!」パァン

子「グスッ……ごめんなさい……ヒグッ」

母「このゴクツブシ」ドガッ

「あんたなんて生まれてこなきゃよかったのよ」バキッ

子「グスッ」

死神「………」スッ

「………」ザクッ

子「」

母「あん?」

「……死んでる」

「あたしゃ知らないよ。愚図が勝手に死んだんだ」

「始末に手がかかるってのに、最後まで面倒なんだから」

死神「親より先に死んだ子は」

「賽の河原に送られるというけど」

「……次の対象は、と」パラ




3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 19:56:08.24 IDZeFlu6G+0

選手(ゲームもラスト40秒を切った)

(これが最後のチャンス……!)

(決めてみせる!絶対勝つんだ!)

「うおおおおおおおおおおおおおお!!」

死神「………」スッ

「……時間だ」ザクッ

選手「」

ザワザワ…タンカヨンデコーイ

死神「次のt」パラ

悪魔「おい」




4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 19:58:27.49 IDZeFlu6G+0

死神「……また邪魔をしにきたの」パタン

悪魔「結果的にそうなるが」

「少し話をしにな」

死神「耳を貸すとでも」

悪魔「お前には決定的に足りないものがある」

「それは人情!」

「すなわち愛だ!」

死神「当たり前」

「人じゃないもの」

「あなただって」

悪魔「悪魔は人間より愛に溢れる存在だよ」

「頭の固い天界の連中には分からんだろうが」




5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 20:00:16.49 IDZeFlu6G+0

悪魔「さっきのも」

死神「何か」

悪魔「30数秒くらい待ってやれなかったのか」

死神「定刻どおりよ」

悪魔「そこが固いって言うんだよ」

「せめて試合を完結させてやってもよかったじゃねぇか」

「それが情けってもんだろ」

死神「知らない」

悪魔「………」

「だろうな」

「教えてやる」キュイーン




6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 20:01:46.74 IDZeFlu6G+0

死神「!」ビビッ

「貴様何を」

悪魔「お前を人間にしてやった」

「しばらく地上で生活するがいい」

「そして知れ」

死神「やめろ」

「私には役割が」

悪魔「俺が代行してやるよ」

「帳簿は預かっとくぜ」パシ

「さぁいけ」

死神「く……」ボヤー




7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 20:09:18.99 IDZeFlu6G+0

街中

女「でさー」

男「あるある」

男友「俺今日用事あるから駅前寄って帰るわ」

女友「あ、じゃあ何か奢んなさいよ」

男友「なんでだよ」

女友「いいだろーほら行くぞー」

男友「おい押すなって」

男「ひゅー」

女友「そんなんじゃないってばー」

男友「じゃーな」

女「うん、またねー」

「じゃあ私ここで」

男「おう」




8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 20:12:37.97 IDZeFlu6G+0

男家

男「ただいまー」

「って誰もいないんですけどね」

「んー」

「飯後でいいな……寝よ」ガチャ

「……?」

「部屋に違和感」

「布団が」

「………」

「ふっ」

「いるんだろ?わかってるんだ」グッ

「ぜっ!」バサッ

「……なっ」

死神「……ん」




9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 20:18:05.65 IDZeFlu6G+0

駅前デパート

女友「あいつら見てるとさー」チュルチュル

男友「金が…今月もつかな…ははっ」

女友「やきもきするのよねー」チュルチュル

男友「昼飯とかいらなくね?一日二食でよくね?」

女友「とっととくっついちまえよなー」ズズッ

男友「そうだ試食コーナーにもう一度」

女友「すみませーん、替玉お願いしまーす」

男友「鬼!悪魔!人でなし!」




10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 20:24:27.43 IDZeFlu6G+0

女家

女「たっだいまーっと」ババッダッダッダッバン

女母「おかえり、女ちゃん」

「また靴脱ぎ散らかして…しょうがないわねぇ」

女「あ」

「女友ちゃんからメールきてたんだ」

『大事な大事なあたっくちゃーんす』

「ふぇぇ」

駅前デパート

女友「お、女から返信」パカッ

『普通に帰ったよ 急に二人っきりにしないでよもう(汗』

「はー」

「すみませーん、ストロベリーチーズパフェお願いしまーす」

男友「勘弁して下さいお願いします」




11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 20:30:10.11 IDZeFlu6G+0

女友「はっきりしねーなー」

「はやく言っちまえよ」

「押して倒せばどうにでもなる」メルメル

男友「お前ちょっと世話やきすぎじゃねぇの」

女友「面白いじゃん」

「人の恋話ほど面白いもんはない」

「う、流石に食べきれなくなったからパフェの残りやるよ」

男友「ありがと、ってまぁ俺の金なんだが」

「そういやお前はどうなんだ」

「浮ついた話とか」

女友「………」

「やっぱ食べる。返せ」

男友「え?食べきれないって」

女友「いいからっ」




12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 20:36:49.72 IDZeFlu6G+0

女家

女「はー」

「今日も言えなかった」ピロリロリン

「メールだ。女友ちゃんから」

『今から男ん家突っ込んでこいよ 当たっても意外と砕けない』

「う」

「がんばろうか、な」

「ちょっと出かけてくるー」タッタッタッ

女母「晩御飯はー?」

女「うーん」

「い、いらないっ」バタン




14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 20:43:28.90 IDZeFlu6G+0

男家

死神「………」スヤ

男「どうしよう」

「分からないときは人に聞く」

「客観的な判断を参考にだな」メルメル

駅前デパート

男友「おっと」ブブブ

「男からメールか」パカッ

女友「早くも成果があらわれたか?」

男友「だったらメールなんかしてこねーだろ」

『うちのベッドで女の子が寝ているんだが どうすればいい?』

女友(なるほどそういうシチュエーションか)

「貸して」ヒョイ

男友「あっ、おい」

女友「♪」メルメル




15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 20:51:17.86 IDZeFlu6G+0

男家

男「一方的に気まずい…」チャーチャラー

「きたか、頼むぞ男友」パカッ

『誘ってんだろ?襲っちまえ』

「え」

「いやしかしそれは」

悪魔男『何言ってんだよ。千載一遇のチャンスだろーが』ピンポーン

天使男『いけません、きっと彼女も何か深いわけが』ピンポーン

悪魔男『かわいいだろーがその子』コンコンコン

男「はっ!確かに」

「きれーな銀髪…日本人じゃないのかな」

「事態を把握するためにもっと観察を」ゴソゴソ




16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 20:56:25.98 IDZeFlu6G+0

男「布団に潜り込んだわけだが」ゴソ

「べ、別にやましいことなんて考えてないんだからねっ」

「はぁ、俺は何をやっているのか」

「しかし間近で見てもやはりかわいいな」ドキドキ

死神「………」パチリ

男「………」パチクリ

(やべぇ目が開いた)ドッキーン

死神「……?」キョトン

男(やべぇ小首傾げてるかっわいー)

ガチャッ

女「男くん、入る――」

「よ……っ?」

男「……え?」

死神「………」




17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 21:04:39.08 IDZeFlu6G+0

男家

女「なっ、ななななn」ワナワナ

男「女、いやこれはその誤解だ」

「話せばわかる」

女「男くんの」

「ばかぁああああああああああああああっ」バタンッ

ウワァァァンタッタッタッ

男「違うんだっ!トラストミー!」ガチャッ

「……行ってしまった」

「はぁ」

「それで」

「君は一体誰なんだ?」クルッ

死神(私が見えてる…?)




18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 21:11:38.16 IDZeFlu6G+0

死神(『お前を人間にしてやった』)ポワン

(……あれか)

男「あの」

死神「あなたは何」

男「そ、そうだよな、人に名前聞くときはまず自分から、だよな」

「俺は男。この家に住んでる」

「帰ってみたら君がベッドで寝てて、」

「よかったら、事情を話してほしいんだけど」

死神「私は死神。今は人間だけれど」

男(シニガミ?)

死神「ここはあなたの家だと言ったね」スッ

「私もどうしてここにいるかは分からない」スタスタスタガチャッ

「邪魔をした。ここを去ろう」バタン

男「行ってしまった」

「なんだったんだろう」




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 21:21:27.39 IDZeFlu6G+0

街中

女「……グスッ」

「彼女いたんだ…男くん」

「はぁ」

「お腹すいたな」グゥ

「うちに帰ってごはんを」

(『い、いらないっ』)ポワン

「う」

「女友ちゃん家、行こうかな……」




24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 21:27:30.40 IDZeFlu6G+0

女友家

女「うわぁああぁん」

女友「おーよしよし」ポンポン

「男が家で年頃の女の子と布団に、ねぇ」

「ほら、飯きたぞ」

女「ぐすっ、えぐっ」

女友(男のあのメールまじだったんだ)

(ん?するとあたしの所為か?)

「……なぁ、あたしのハンバーグ半分やるから元気出しなよ」

女「うぅ、ありがとう女友ちゃん」

女友「男のやつめ」

「女の気持ちも知らないで」

「なんて」

「なんて面白そうなことにっ!」キラキラ




26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 21:33:08.78 IDZeFlu6G+0

街中

死神「おかしい」フラフラ

「身体から力が抜ける。気持ち悪い」フラフラ

猫「にゃー」トテトテ

死神「……何」ピタッ

猫「なーぉ」スリスリ

死神「……あげられるものなんて何もないの」

猫「にゃ?」スリスリ

死神「私は死神」

「だからね」

「奪うだけ」

「与えるものなんて、なに、も……」バタッ

猫「ふにゃっ?!」

「にゃー!にゃー!」




27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 21:37:21.60 IDZeFlu6G+0

翌日

男「寝不足い」

「昨日はいろんなことがあった気がする」

「家に女の子がいたりとか」

「疲れてるのかな、俺。きっとそうだ」

「さぁ、今日も元気に学校に」

死神「」

猫「なー」ペシペシ

男「昨日の子が道端に落ちてる」

「夢じゃなかったのか?むしろ続きか?」

「動かない…まさか死んで」

死神「」グーキュルルルルル

猫「にゃー」グイグイ

男「猫がネズミを食べさせようと」

「っておい、それはちょっとどうかと思う!」ダッ




28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 21:41:23.43 IDZeFlu6G+0

猫「!」タタッ

男「すとーっぷ!」ダダッ

「逃げてった」

「お腹、空かせてるのかな。この子」

「学校……」

「まぁ」

「いいか」




30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 21:47:22.41 IDZeFlu6G+0

学校

男友「男のやつ、今日来てねーなー」

女「そ、そうだねっ」

男友「女友、何か聞いてねーか?」

女友「ううん!何も!」キラキラ

男友(何だそのキラキラは)

「風邪でも引いたのかもなー」

「帰り、あいつん家寄ってくか」

女「え」

女友「そうだね!いい考えだね!行こう!」キラキラ

女「わた私はちょ、ちょっと用事があるかなーなんて」

女友「皆でお見舞いに行こう!今すぐ行こう!うんそれがいい!」キラキラグイッ

女「ちょ、女友ちゃん、腕掴まないで、痛い」ズルズル




32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 21:54:19.36 IDZeFlu6G+0

男家

死神「ガツガツハムハム」

男(よく食うなー)

(よっぽどお腹空いてたんだな)

死神「ガツガツ」チラッ

男「?」

死神「助かった。ありがとう」

男「いえ」

死神「今まで空腹を感じたことってなくて」

男(いいとこのお嬢さんなんだろうか)

死神(人の身は不便ね)

(悪魔)

(早くあいつを探しだして元に)

男「あの、」ピンポーン




33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 22:00:22.85 IDZeFlu6G+0

男友「うーっす」ガチャ

女友「ういー」キョロキョロピタッ

女「こ、こんにちは」

男「おーお前らか」

男友「今日来てなかったから風邪かって話してたんだが」

「元気そうじゃねーか」

「女連れ込んでやがるし。やるねぇ」ボソッ

男「そんなんじゃないっつの!」

「この人今朝行き倒れててさー」

女友「ふむ」スタスタ

「貴様か女を泣かせたのは」スチャッ

「この泥棒猫」ボソッ

死神「……?」

女友(言っちゃった言っちゃったー!)ジィーン

男友「何そのやり遂げた顔」




34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 22:08:05.57 IDZeFlu6G+0

カクカクシカジカシカクイムーブ

女友「ふーーーん」

男友「へーーーえ」

女(そう、だったんだー。よかったー)ホッ

死神「………」

「世話になったわ。恩に着る」スッ

「報いはいつか必ず」スタスタス

男「待って」

「行くあて、ないんじゃないか?」

死神「………」

男「俺ん家でよかったら、部屋空いてるし、その」

「好きに使ってくれていいから」

死神「これ以上、迷惑をかけるのも」

男「別にいいってー」

「困ったときはお互い様、だろ?」




35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 22:12:37.11 IDZeFlu6G+0

男友「とか言ってテゴメにする気ですぜ姐御」ヒソヒソ

女友「んまー不潔!男なんて皆ケダモノなのね」ヒソヒソ

男「おい……」

男友「ま、いいんじゃねーの」

「なんだかんだで男にそんな度胸ねーだろ」

「な、死神さん」ポン

死神「では……」

「しばらくやっかいになります」

女友「ですってよ奥さん。年頃の男女が一つ屋根の下」

「おかしなことが起こるかもしれないね!あんたも気が抜けないね!」

「って、うわぁ」

女(男くんが女の子と男くんが女の子と男くんが女の子と)

女友「気を確かに持て」ユッサユッサ

女「そ、そうだ、私も男くんの家に、」

女友「それはない」




37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 22:17:40.58 IDZeFlu6G+0

翌日・学校

教師「あー、急な話だが今日から転校生が来ることになった」

「この子だ」

死神「私は死神。名前はない」

「今日から世話になるわ。よろしく」

ザワザワガヤガヤアノコカワイー

男友「よく転入できたな、あれで」ボソ

女友「ちょーっとうちから口添えしてもらった」ニヤ

教師「女の隣が空いてるなー。そこ座れー」

死神「………」コク

「……よろしく」

女「う、うん!よよよろよろしくねっ」ワタワタ

教師「連絡は以上だー。一限めの用意をしとけー」ガラガラバタン

男(そんなこんなで、彼女を交えた新たな生活が始まった)




38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 22:23:15.68 IDZeFlu6G+0

ふしぎなことに

教師「この一文から読み取れるようにー」

死神「………」ジー

女(死神さん、すごい真剣に黒板見てる)

(まじめさんなんだなー)

死神(おかしい)

(これらは地上言語のはず)パラ

女(次は教科書に)

死神(何故私は理解できる?)パラララララ

女(す、すごい…速読ってやつなのかな)

教師「じゃあ死神ー、この場面での主人公の気持ちはどんなだー」

死神「分かりません」

女(え)

教師「え」

悪魔(だろうな)




39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 22:28:03.26 IDZeFlu6G+0

たりないもの

男友「よーっし次は体育だなー」

女友「だる」

女「死神さん、女子の着替えは隣の」

死神「ん?」ヌギ

女「なななな///」

女友(………)スカッスカッ

死神「着替えたら、いいんでしょ?」バサッ

男「ぶっ」

男友「これが芸術か…ッ」

悪魔(………)

(恥じらいがあった方がエロいな)キュイン

死神「!」ビビッ

「み、見るなっ!」ガバッ

悪魔(マーベラス)




40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 22:33:18.29 IDZeFlu6G+0

せつやくれしぴ

男友「よーっし次は昼飯だなー」

男「購買いくかー」

女「ま、まって」

「あのね、お弁当、作ってきたから」

「皆の分」

女友(上出来だ)b

女(うんっ)b

死神「………」ポロッ

男「あー、箸の使い方知らないんだったなー」

「昨日はチャーハンだったからスプーンだったし」

女友「晩飯はなんだったんだよ」

男「晩飯もあまりものでチャーハンでした」

男友「すげーわかる」




41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 22:41:30.82 IDZeFlu6G+0

てーぶるまなー

死神「………」ポロッ

男「何にせよ、箸使えないと食べられないよな」

女「ごめんねっ、スプーンとか持ってきたらよかったんだけど…」

死神「………」ポロッ

「………」

「もういい」スッ

「はじめから」ジャキーン

「こうすればよかったね」ヒョイッパク

「モグモグ」

男友(大鎌ぶん回して料理すくってる…!)

女(逆に食べづらいと思うんだけど…)

女友(箸握り締めてすくえよ)

男「危なっ、ちょ、危ないから鎌、振り回さないでっ!」




44ネタ切れが2010/06/17(木) 22:47:31.54 IDZeFlu6G+0

おやくめを

教師「今日の授業はここまで。最後にこの前のテストを返却する」

女(あ、わりとよかった)

女友(まぁこんなもんだろ)

男(セーフ)

男友「……くっ」ググ

「うおおおお」ガバッ

「追試ギリギリ…アウト…だと」ガク

「死にたい」

死神「そう」ジャキン

男友「ごめんなさい死にたくないです」

死神(帳簿がないから死期が分からないわ)

(悪魔…代行とか言ってたけど…やって…ないでしょうね)

悪魔(……そんなんあったな)




46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 22:52:53.10 IDZeFlu6G+0

ねこにおんがえし

女「じゃあ、またね」

男「おう」

死神「………」コク

猫「にゃー」

男「お、こないだの猫だな」

「あの猫、倒れたお前の前にネズミ持ってきててな」

「きっとお腹空かせてるの分かったんだろうな」

死神「そうなの」

猫「にぃー」スリスリ

死神「優しいのね。あなた」

(毛もボサボサだし汚れてる。野良なのかな)

「あのね、男。この猫、」

男「いいよ。飼っても。だろ?」

死神「……ありがとう」




47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 22:58:06.86 IDZeFlu6G+0

えがおのかちは

男(あー、でも)

(姉貴が動物嫌いだったな)

(ま、どうせ帰ってこないだろうし)

猫「にゃー」

死神「にゃー」

男(こんな笑顔が見れるんなら)

(いいか)

悪魔(………)

(あいつがペットを飼いたい、なんてな)

(窮地で受けた親切は身に染みるってもんだ)

(良い傾向だな)

(………)

(『にゃー』)

(クスクスクス)




50深い意味はなかった2010/06/17(木) 23:03:04.37 IDZeFlu6G+0

もっとしげきを

女友「私は期待していたんだ」

男友「何を」

女友「あの白いのが男の家に来ただろ」

「普通のパターンならくっつくだろ」

男友「まぁそうだな」

女友「女が危機感を抱くだろ」

「で、もっと積極的にモーションかけるだろ、とな」

男友「結構頑張ってるじゃん」

「今日も弁当、死神にかこつけて渡せてたし」

女友「そうだが」

「やはりサシで何かしてもらった方が」

男友「嬉しいな」

女友「面白いな」

男友「………」




51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 23:16:47.77 IDZeFlu6G+0

女「こんばんはー」ガチャ

(こんな夜半に男くんの家に上がりこむなんて…我ながら成長)

男「女?どうしたのこんな時間に」

女「あのね、お節介かもって思ったんだけど、」

「よかったら晩御飯作ってあげようかなっ、なんて」

男「まじで?助かるよー、ありがとなー女」

女「わ、私が好きでやることだからっ」

(……うーん?)

「男くんの家さ、広いし、家具も結構いいのに」

「なんで簡単な食事で済ませてるの?」

男「この家、大体俺一人だったから」

「別に最低限でいいかーって思ってな」

女「あ……何かごめんね……」

男「いいって。今は賑やかだし」

「なっ」




52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 23:22:54.37 IDZeFlu6G+0

死神「………」ジー

猫「………」ジー

ナンデヤネーンハハハハ

死神(笑いどころが分からない)

(そもそも笑いとはなんだ)チラッ

男「ははっ」

死神「………」ジー

男「は、ははっ」

死神「………」ジー

男「は…は…」

(何だこのプレッシャーは)

死神(男が笑うタイミング…そこがきっと笑いどころなんだろう)ジー

男「あの、さっきからどうしたのかな、俺の顔何か付いてる?」ニコッ

死神(ここだ!)ニタリ

男「ひぃっ」




53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 23:30:09.57 IDZeFlu6G+0

一同「ごちそうさまでしたー」

男「うまかったー。ありがとなー、女ー」

女「あ、デザートに林檎持ってきたから、剥いてくるね」

死神「手伝うわ」

男「!」

女「!」

死神「♪」スリスリスリ

男(鎌振り回す気かと思った)

女(この包丁捌き…出来る…!)スリスリスリ

死神(刃物は心が落ち着いていいわね)スリスリスリ




55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 23:40:27.44 IDZeFlu6G+0

女「お風呂沸いたよー」

男「レディファーストで」

死神「………」コク

女「私、食器片付けてるから、男くんも先お風呂入っていいよ」

男「手伝うよ」

女「えっあああうん、ありありがとととと」

(近い近い近い近い)パリーンパリーン

男「ちょ、大丈夫?」

(女、やっぱ無理して手伝いにきてくれてたんだな…)

(きっと疲れてるんだ)

「ここは俺がやっとくから、女は風呂入ってこいよ」

女「ううううううん、わわかわかった!」

(『先にシャワー浴びて来いよ』って奴ですかー!)

「あうううあううえう」フラフラ

男(女、ほんと大丈夫だろうか…不安…)




56>>54 多分はい2010/06/17(木) 23:46:45.31 IDZeFlu6G+0

カポーン

死神「ブクブクブク」

猫「にゃー」チャプチャプ

女「あ、死神さん」ガラガラ

死神「ん」ブクブクブク

女「おっきいお風呂場ですねっ」ニコ

死神「………」ジー

「………」スカッスカッ

「ねぇ」

女「はい?」バシャー

死神「私とあなた、違うの、何で?」

女「え?」シャカシャカシャカ




58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/17(木) 23:54:33.83 IDZeFlu6G+0

死神「人も動物もね?皆違うの」

猫「にゃー」

死神「同じ種類なのに」

「てすとだって点数が違ったよね」

女「そうですね」シャカシャカシャカ

死神「皆同じで同じことが出来たほうがさ、効率いいと思わない?」

女「そうでしょうか」バシャー

「皆同じだったら気持ち悪いですしー」ピチャピチャ

「皆違うから面白いんだよー」フキフキ

「『面白い』って女友ちゃんの口癖だったなー」クスクス

「ほら、ね?違った方が面白いです」

死神「ふーん」

「そんなもの、か」ブクブクブク




60多分ずれてないと思うきっと2010/06/18(金) 00:01:44.42 ID/RSe89hY0

女「お風呂上ったよー」

死神「よー」

男「おう」

「って死神、そのパジャマ」

女「私の着れなくなったやつー。死神さんにあげようと思って」

「ほら…私身体大きいし…ふふっ、ふふふっ」

男(嫌なスイッチを入れてしまった気が……)

「お、俺じゃあ風呂入ってくるな!」テッテッテ

女「湯上りにはやはり牛乳が」パカッ

「あ、あったあった」

「死神さん、牛乳飲もうよっ」

死神「………」コク

女「猫さんもほーら」

猫「にゃー♪」

女「ぐいっとー」




61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 00:06:26.32 ID/RSe89hY0

男「上がったぞー」

「ってあれ」

猫「」ギュルルルルル

死神「」ゲッソリ

女「」ゲッソリ

男「何が――」チラッ

「牛乳」ザワ

「消費期限…すっげー過ぎてる」サァァ

「すみませんでしたー!」ドゲザッ

女「」




65>>64 何そのIDかっこいい2010/06/18(金) 01:05:31.50 ID/RSe89hY0

女友「男の家に泊りにいっただと」

女「うんー。いろいろあったけど楽しかったよ」

女友「何が起こったかこのおねーさんに話してごらん」キラキラ

女「えっとね、死神さんがねー」

「でね、死神さんがー」

「死神さんったら」

女友「あ、あのさ!男とは何かなかったのかな!」

女「え」

「うーん?」

女友「お前それでいいのか」

死神「女」

女「死神さんだー」

「昨日は楽しかったねー」

死神「………」コクコク

女友「まったくもぉ」




66以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 01:18:20.54 ID/RSe89hY0

女友「女一人には任せておけん」

男友「女には女のペースってもんがあるだろ」

女友「じれったい」

男友「それはお前の都合だ」

女友「というわけでこんなものを用意させた」ピラッ

男友「遊園地のチケットか」

「2枚しか見当たらんが」

女友「当たり前だ」

「デートだぞ」

「でぇーと」

男友「女の性格だと」

「皆で行こうって言うんじゃね?」

女友「………」

「……お前、行きたいのか?」

男友「……はい」




67以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 01:28:51.34 ID/RSe89hY0

遊園地・入口

女「ごめーん、待った−?」

男「いや、今来たとこ」

死神「……うん」コク

女友(結局こうなるのか)

男友「すっげー!一日フリーパスだぜおい!遊び放題!うひょー」

女友「おい貴様ぁ!」ボソ

「あくまで二人をラブい絆で結びつけてやるのが主旨だぞ」ボソ

「あたしらは裏方に徹し」ボソ

男友「おいあれ乗ろうぜあれ!ジェットコースター!」

女友「………」

男「まずは軽いもんからやろうぜ」

「コーヒーカップとか」

女友「あ、あたし遠慮しとくよ」

「男と女、男友と死神でペアで乗りなー」




68以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 01:35:34.71 ID/RSe89hY0

コーヒーカップ・男女ペア

女(あうう)

女友(健闘を祈る)b

女(あうあう)

男「ん、どうした女?」

女「いいいや何でもないっ」

男「回転強すぎたか?ちょっと落とそうか」

女「ううん、そんなんじゃなくて」

「………」

「ここって結構人気なテーマパークで」

男「そうらしいなー」

女「女友ちゃんがチケット用意してくれたんだよね」

「……女友ちゃんにはいっぱい、感謝してるんだ」

(用意してくれたのだって、私と男くんを……)

男(そんなにすごい遊園地だったのか)




69以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 01:42:10.79 ID/RSe89hY0

コーヒーカップ・男友死神ペア

男友「回せ回せー!最速はもらった!」キュッキュッ

死神「……ねぇ、ちょっと」

男友「見よこの華麗なハンドリングを」キュキュキュ

死神「…もっとね、余裕とゆとりをもって」

男友「うおおおおおおおおおおお」ギュギュギュギュギュ

死神「もおおおおおおおおおおおおお」

休憩所

女友(何やってんだあのバカ)

コーヒーカップ・男女ペア

男「……何だあいつら、はえー」

女「そ、そうだね」

「………」




70以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 01:51:03.33 ID/RSe89hY0

男友「次あれ乗ろうぜあれ!ジェットコースター!」

死神「……私、パス」フラフラ

女友「飲み差しでよかったらドリンクやるよ」スッ

「選手交代だなー」ハイ

死神「……ん」タッチ

男友「ほーら早くしろ」

男「待てってほら」

女友「あのバカ、男持ってきやがって」ボソッ

女「いいよ、女友ちゃん」ポン

女友「しかしだn」

女「いいの」ギュッ

女友「………」

「あたしらも乗るぞー」

女「うん」




71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 02:01:15.52 ID/RSe89hY0

ジェットコースター・男男友ペア

男「このはじめの登り道の感覚、いつんなっても慣れねーな」

「なー男友。ヘソがこうむずむずって」

男友「男」

「お前に言っときたいことがある」

男「改まってどうしたよ」

男友「女はお前のこと、好きだぞ」

男「……え」

男友「普通気付くだろーが。ばーか」

「俺も少しじれったくなってな」

男「………」

男友「だからどうしろ、なんて俺は言わねーよ」

「ただな、お前は女の気持ちを知っておくべきだとそう思った」

男「男友……」

男友「お、そろそろ始まるぜ!うっひょー」




72テンションがおかしくなって凄い恥ずかしい展開になった2010/06/18(金) 02:13:22.31 ID/RSe89hY0

ジェットコースター・女女友ペア

女友「まったくあのバカときたら」

「女の絶好の告白タイムが到来したかもしれんのに」

「まったくもぉ」

女「無理だよ」

女友「また女はそんなことを」

女「ダメなの」

「男くんね、私なんて見てないんだ」

「ずっと死神さんのこと」

「だからね、届かない」

女友「………」

「それでもね」

「もしあんたがあんたを見捨てたって」

「あたしはあんたを見捨てないから」




73以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 02:19:04.29 ID/RSe89hY0

女「……どうして?」

「どうしていつも助けてくれるの?」

「今回だって」

女友「あんたはあたしの初めての」

(ダチだから)

「あたしん家のこと知っても仲良くしてくれたのね、あんたが初めて」

「嬉しかったなー」

「そのとき決めたんだよ」

(ずっとあたしはあんたの味方だ)

女友「お、そろそろ始まるぞ!ひゅー」

女「そうだね」

「スーゥ」ガタン

「男くんのー」ガタンガタンガタ

「ばっかやろおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」ギュインゴオオオオオオ




74以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 02:23:40.90 ID/RSe89hY0

休憩所

死神「う」パチ

「んー」スクッ

(まだちょっと頭痛い)

(けど)

(一日パスが勿体無いからどこか静かなアトラクションに)

ミラーハウス

死神「………」

「………」テクテク




75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 02:28:08.49 ID/RSe89hY0

ミラーハウス

死神「はー」

「私がいっぱい」

「妙な感覚ね…この環境の所為」

「か…ッ?!」キッ

悪魔「やーぁお嬢さん」ヌラリ

「いい顔をするようなったじゃないか」

「俺の努力も甲斐があったというもんだ」

死神「貴様…」

「役目代行は果たしているんでしょうね?」

悪魔「あ。忘れてた」

「ってワケにもいかなくてな。ちゃんとやってる」

死神(ふー)

「さっさと元に戻しなさい」

悪魔「……いいのか?」ニヤニヤ




76落ちたらそれはそれで2010/06/18(金) 02:35:10.65 ID/RSe89hY0

悪魔「人と交わってからのお前は」

「ずーいぶんと楽しそうに見えたが、な」

死神「………」

悪魔「今戻してやっても未練が残りゃしねーか?ん?」

死神「私は」

「私は死神」

「いずれ来る生命の為、生命を刈り取ることが使命」

「それが使命なんだッ……」

悪魔(迷いが見えるな)

(しかし、まだ足りない)

「焦るな。まだ時間は残ってるんだ」

「もう少し余興を楽しめよ」フッ

死神「……く」ガク




84支援保守ありがとうございます2010/06/18(金) 08:36:55.07 ID/RSe89hY0

女「い、意外と楽しかった」

男「そうだなー」

男友「もっかいあれ乗ろうぜあれ!ジェットコースター!」

女友「ハーハーバカがハー行きたきゃハーハー一人で行ってこいハーハーハー」

女「あれ」

「死神さんいない」

男「ほんとだ」

「途中までは居たの見えたのに」

女友(またこいつは無神経なことを……)

「……ん?」チラッ

「これ、あたしがやったドリンクだな」シャカシャカ

「………」パカッ

(氷しか残ってない)

(大して溶けてもないな…やっぱつい先程いなくなったのか)




85以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 08:45:57.04 ID/RSe89hY0

男友「一人でアトラクション回ってるんじゃねーか?」

「一日パスなのに寝てたら勿体無いし」

女友「それはお前だけじゃないのか」

男「え」

女「え」

女友「何にせよ、ここで待ってりゃ戻ってくるだろー」

男「そうだなー」




86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 08:57:12.64 ID/RSe89hY0

数十分後

女「戻って、こないね……」

男「………」

「俺ちょっと探してくる!」タッタッタッ

女「わた私も」タッタッタッ

男友「近場のアトラクションのどっかだと思う」

「俺も行こう」スッ

女友「ただの迷子じゃねーのかねー」

「何かあったら携帯な」

男友「おう」タッタッタッ

女友「大げさだと思うけどなー」

「………」




87以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 09:22:08.33 ID/RSe89hY0

女友「いくか」スック

「………」テクテクテク

「おーっと」バタッ

従業員「大丈夫ですか、お客様」タタッ

女友「いたーい膝擦りむいたーぁ」

従業員「手当を」

女友「おい」

従業員「へい」ビシッ

女友「人探しだ」

「性別は女。背はあたしと女の中間程度」

「銀髪白皙だから見りゃわかる」

従業員「へい」

女友「アナウンスはしなくていい」

(〜からお越しの死神さまー、とかねーわなぁ)

「騒ぎ立てはするな。客の不安を煽るな」




88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 09:29:02.01 ID/RSe89hY0

女友「いつも通りに運営しろ」

「だが確実に探せ」

「……いいか。もし敷地内でそいつに何かあったら」

「お前らただじゃ済まないものと思え」

「ダチなんだよ」

「そいつも」

「頼んだ」

従業員「押忍っ」

女友「親切にありがとーおじさーん」フリフリ

従業員「ごゆっくりお楽しみください」ニコ




89以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 09:34:22.40 ID/RSe89hY0

男友「さてっと」

「後はここくらいだな」

ミラーハウス

男友「俺様の完璧な推理はこうだ」

「酔いの醒めた死神」

「あぁっ!一日パスなのにこのままじゃもったいないわっ!」

「どこか静かなアトラクションに行きましょう!」

「ゲーセンは煩かったしやっぱこっちだな」

「さてっと」




90以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 09:38:44.77 ID/RSe89hY0

男「こっちは居なかった」

女「そう…こっちも居ない」

男(流石に人通りが多いな)

「じゃあ、次はそっちを探そう」

女「うん」

「………」

「死神さんが来てから、変わったよねー」テクテク

男「そうだな」

「いろいろ変わった」テクテク

女「買い物とか買い食いくらいはしてたけどさ」

「こんな風に皆で遊びに来ることって、なかった」

男「あぁ」

女「あのね、男くん」

「死神さんのこと、好きでしょ?」

男「……あぁ」




91以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 09:43:42.04 ID/RSe89hY0

男「女…男友から聞いたよ、そn」

女「私も好き」

「男くんも、死神さんも」

「友だち、だから」

男「………」

女「どこ行ったんだろね」

「早く見つかるといいなー」スタスタスタ

男「……ごめん」テクテク




93以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 09:48:12.01 ID/RSe89hY0

休憩所

死神「…う」

男友「よっ、目ぇ覚めた?」

死神「何が……」

「!」

(悪魔っ……)キョロキョロ

男友「男たちならもうすぐ来るだろ」

「さっき携帯で連絡つけたから」

死神「あのね、」

男「おーい」タッタッタッ

女「よかったー、急にいなくなったから心配したよー」タッタッタッ

女友「なんだ見つかったのか。人騒がせなやつだ」テクテク

「だから言ったんだ。大袈裟だーって」

従業員(どっちが)

死神「みんな……」




94以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 09:54:38.49 ID/RSe89hY0

女「ね、やっぱ皆でやれるアトラクションがいいよ」

女友「デートスポットだしなー。いいのあるか?」

男「ホラーハウスは?」

男友「メリーゴーランドだろーが」

女友「乗りたいのかそんなもん」

男友「ちょー乗りたい」

女「いこっか」ニコ

女友「仕方ねーなー」フッ

死神「………」クスッ




95以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 09:57:24.10 ID/RSe89hY0

遊園地・レストラン

男友「なかなか回れたなー。満足満足」ゲフ

女「楽しかったよう」フキフキ

死神「ガツガツハムハム」

男(外食のメニュー…高いな…)

女友「おらデザートも頼めー。今日はあたし持ちだ!」

男友「よっ!」

女「わぁい」

男(ほっ)

死神「ハムハム」ビッ

女友「はいはい、あんたはオレンジタルトねー」

「もうすぐナイトパレードやっから、それまでには」

男友「パフェうめぇ」

女「レアチーズケーキおいしー」

女友「ったく」




96以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 10:06:06.54 ID/RSe89hY0

遊園地・ナイトパレード

男「きれーなもんだなー」

女「そうだねー」

男友「よっし、写真撮るぞ写真」

女友「フラッシュたくなよー」

死神(今日は楽しかった)

(とても)

(『ずーいぶんと楽しそうに見えたが、な』)

(………)

(私に、こんな風に過ごす資格なんてないと思う)

(けれど)

(もう少しだけ、ここで夢を見ていたい)

(そう思える)

女「ね、死神さん」




97以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 10:09:41.41 ID/RSe89hY0

死神「うん?」

女「まだね、やっぱり諦められないんだ」

「好きだから。しょうがないよ」

「私、負けないからねっ」

死神「え?」

女「ね」ニコ

死神(よく分からないけど)ニコ

(ここはなんだか)

(あったかいな)




98以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 10:12:27.48 ID/RSe89hY0

男友「カメラ準備よーし」

男「誰が撮るんだ?」

女友「すみませーん、カメラいいですかぁ」

従業員「はい、いきますよー」

女「ほら死神さんもっ」

死神「え、何」

女「ぴーす」

死神「ぴ、ぴーす」

カシャ




99以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 10:45:39.74 ID/RSe89hY0

学校

男友「よーっし次は昼飯だなー」

女「今日もお弁当作ってきたよ」

「はい、女友ちゃん」

女友「おーう」

女「はい、男友くん」

男友「あざーす」

女「はい、死神さん」

死神「ありがと」

女「はいっ!男くん!」テテーン

男「……え?」

女友「随分豪勢だな」

男友「差別だ……」

女友(女、遊園地イベントが終わってからというもの)

(何かが吹っ切れたような感じだな)ニコ




100以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 10:53:30.67 ID/RSe89hY0

男友「そーだ、この前の写真が出来上がったんだがな」ピラッ

男「お、見せろよ」

女「へー、きれいに撮れて」

男友「ねーし!俺目閉じてたじゃねーか」

女友「いっそうバカっぽい面構えじゃないか」

男友「うっせ」

「焼き増ししたから渡しとくー」

死神「おー」

(心霊写真っぽくなるかと思ったけど普通ね)

(当たり前か。今人間だし)

(………)スッ

(今の私に、死神としての力はどこまで残ってる?)ジャキン

男友「お、久々に出たな鎌」

死神「ちょっと試し切りさせてもらってもいい?」

男友「え?嫌」




103以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 11:00:20.82 ID/RSe89hY0

女「死神としての、力?」

死神「うん。気になって」

女「別に気にしなくても」

「普通の女の子でいいと思うよ」

男(ちょっと変わってるけど)

死神「そうかな」

(………)

男友「あ、次宿題忘れた。女友、見せて」

女友「んなもんあったか?」

男友「なんだ同類か」

女友「一緒にするなっ」ガッ

男友「って」ゴン

死神「そうかも」

女「うん」




105以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 11:45:23.19 ID/RSe89hY0

街中

男友「帰りなんか食ってこーぜ」

女「そうだね、お腹空いた」

男「死神、なんか食べたいもんある?」

死神「そうね」

「今日はなんだか辛いものが食べたい気分だ」

「な…っ!」

猫「……ゃー」クタ

男「あの猫、うちの…っ!轢かれたのか?!」

死神「猫!」ダッ

女友「おい待て、赤信号だ!」グイ

猫「……ゃ」

死神(まだ、まだ息がある)

(はやく…助けないと…!)




106以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 11:55:30.15 ID/RSe89hY0

女友(車道のが赤に…)チラッ

「待ってろ、もうすぐ」

車「キィーブロロロロロ」

女友「信号無視だと…っクソが…」

信号『青』パッ

死神「ねk」

猫「」

死神「―――!」ダッ




107しまった飯時だった2010/06/18(金) 12:01:43.21 ID/RSe89hY0

男友「……まだ、息はある」

「けど、この体じゃ、もう」

女「ぐすっ…猫さん…」

死神「………」スッ

「………」ジャキン

男友「死神?」

死神「分かってる、もう助からない」

「今までね、こんな状況、いっぱい見てきたから」

「見てきた、はずなのに―――!」ポロッ

女「死神さん…」

死神「死んだ生命はね」

「天に昇るの」サァァ

「天に昇って」ザシュ

「待つんだ」

「生まれ変わりのときを」ポロッ




108以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 12:04:50.61 ID/RSe89hY0

死神「願わくば」

「どうか安らかに」ツー

男「……つらかったな」グッ

死神「お、男っ……」

「…ヒック」ヒシ

「グスッ、エグッ」

「ぅ」

「うわぁあああああああああぁぁぁあああああ!!」


その日、私は生まれて初めて、泣いた。




114以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 15:43:40.60 ID/RSe89hY0

ペット葬儀場

係員「それでは、火葬をはじめます」

死神「………」

モクモクモクモク

ペット同伴カフェin葬儀場

男友(この店は何を対象にしたいんだろう)

女「死神さん、相当、参ってるね」

男「ついててやりたいけど」

女友「一人にしてくれってあいつの頼みだろ」

男「大丈夫かな……」




115以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 15:52:07.91 ID/RSe89hY0

ペット葬儀場

モクモクモクモク

係員「葬儀はとどこおりなく終わりました」

「………」

「では、失礼いたします」

死神「………」

(猫……)

モクモクモクモク

悪魔(……なるほどな)

(分かった気がするぜ)

(死神が情をもたない理由)

「………、」

(……やめた)

(………)スーッ




116以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 15:57:35.36 ID/RSe89hY0

男家

男「あのさ、晩飯出来たん…だ…け、ど」

死神「……いい」

男「そ、そっか」

(可愛がってたもんな…)

(今、彼女に出来ることは何か、)prrrrr

男「はい、男家です」

姉『よーっす』

男「あ、姉貴」

姉『なんだその辛気臭い声はぁ』

『家ん中カビでも生えてんのかー』

『今から日本に帰るから』

『きれーにしとけー』ガチャッ

男「……え」ツーツーツー

「え」




117以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 16:05:37.67 ID/RSe89hY0

翌日

男(このタイミングで…)

(死神のこと、どう説明したものか)

(そっとしておいてあげたいし)

「うおおお俺はどうしたらいいんだあああ」

女「あの、男くん」

男「おう、どした」

女「今日、晩御飯作りにいっていいかなっ」

男「え」

女「死神さんに、おいしいご飯で元気付けてあげたくって」

男「あ」

「いや、その」

「困る」

女「え」

「そ、そうだよね、迷惑、だよねっ」




118以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 16:10:41.61 ID/RSe89hY0

女(そんな風に思われてたんだ…)

「ごめんね、変なこと言って」ジリ

「さ、さよならっ」ダッ

男「待って!きっと誤解!誤解してるから!」

「………」ヒュウー

「俺は」

「どうしたらいいんだ」ガクッ




120以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 16:15:51.32 ID/RSe89hY0

男「ただい」

「ま」

姉貴「おかえり」

死神「………」

男「とき、すでに」

姉貴「なにこれ」チョンチョン

死神「………」

男「その子はえーっとそのー」

姉貴「洋物のダッチワイフ?」

男「ちがっ」

「紆余曲折ありましてその」

姉貴「そんなことはどうでもいいんだけどさー」

男(いいんだ)

姉貴「何か落ち込んでるみたいじゃんこの子」

「でも何も話してくれなくてねぇ」




121訂正:姉貴→姉2010/06/18(金) 16:21:08.12 ID/RSe89hY0

男「〜とまぁ、ざっとこんな感じに」

姉「ふーん」

「猫飼ってたんだ?」

死神「………」ピク

男「姉貴が動物嫌いなのは知ってるけどっ」

姉「……ま、いーけど」

「仏に線香あげてこよーっと」

「ちょっとカモン」チョイ

死神「………」ズルズル




122以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 16:27:20.78 ID/RSe89hY0

チーン

姉貴「………」

「墓、作ったの?」

「猫の」

死神「……ううん」

姉貴「なんで?」

死神「魂はもう、天に昇ったから」

「お墓なんて、作ったって」

姉貴「遺灰は?」

死神「……あるけど」サッ

姉貴「ふーん」

「じゃ作ろう。今」

死神「……え?」




124姉貴が姉貴すぎてもう姉貴でいいです2010/06/18(金) 16:35:41.29 ID/RSe89hY0

姉貴「あんたどこの子?日本じゃないよね」

死神「……さぁ」

姉貴「日本じゃ墓作るんだよ」グイ

「ここは日本だ、さぁ作れ」ガチャ

死神「…え、あの」

バタン

姉貴「ほら手ー動かすー」ザクッザクッ

死神「………」ザクザク

「お墓作って、どうするの」ザクザク

「猫はもう、いないのに」ザクザク

姉貴「あんたが救われるためかなー」ザクッザクッ

「遺されたやつらがさ」ザクッザクッ

死神「……?」ザク

姉貴「さっきから無駄とか言ってるけどさー」ザクッザクッ

「じゃ何で遺灰取っといたの」ザクッザクッ




126以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 16:41:54.88 ID/RSe89hY0

死神「それは」

姉貴「猫は未練ないのかしんないけど」ザクッザクッ

「あんたはあるんだろ」ザクッザクッ

「ねーなら捨てちまってる」ザクッザクッ

「こんなもんか」

死神「う」

姉貴「いつだって泣くのは遺されたやつらなんだよ」

「無責任なもんだ」

死神「……ん」

姉貴「日本じゃな」

「神様なんかは分裂するんだ」

死神「は?」




127以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 16:46:48.64 ID/RSe89hY0

姉貴「そこらの神社や神棚にな、同じやつが分裂して入ってんだと」

死神「はぁ」

姉貴「天に昇った猫の魂もあったらしいけどさ」

「あんたの胸にのこった猫もいていいと思うよ」トン

死神「………」

姉貴「後はその遺灰突っ込んでー」

「土戻して印になんかブッ刺しときな」

「疲れた。後やっときな」ガチャッ

死神「あのっ」

「ありがとう、ございました」

姉貴「あいよ」バタン

男「姉貴」

姉貴「人生経験の差ってやつ?」

男「ありがとう」

姉貴「あいよ」フッ




128以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 16:52:02.98 ID/RSe89hY0

女「男くんには断られちゃったけど」

「やっぱり何かしてあげたいよねっ」

「ということで、来ちゃいまし」

「た」

姉貴 テクテクテク

女「お、女の人」

「美人…」

「男くんの家から、出てきてたな…」

「………」

「〜〜〜〜〜〜っ」カーッ

「男くんのばかああああああああああ」ダダッ




131以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 16:59:05.41 ID/RSe89hY0

女友家

女「うえぇぇ」

女友「おーよしよし」ポンポン

「大人の炭酸ジュースをやろう」

女「グイッ」

「らいあいおろおうんはねー」ヒクッ

女友「そうだなー、うんー、その通りだー」

(このタイミングで男め)

(流石に不謹慎がすぎ)

女「ぅいーっ」バンバン

女友(面白いからいいか)




132絡みなー…2010/06/18(金) 17:02:50.67 ID/RSe89hY0

男家

男「あれ、姉貴もう出てったのか」

ヒラ

男「書き置き?」

『我が弟へ

人がいない間に雌を連れ込むとは成長した

姉は嬉しく思うぞっ

だが雌に笑顔もやれねー雄は未熟もんだ

お前におかしなことは十年早い

偉大なお姉様より』

「しねぇよっ」ベシッ

「けど、そうだな」

「俺は」

「未熟、か」




133以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 17:16:39.12 ID/RSe89hY0

女友「それでは会議を執り行う」

女「う、うん」

男友「おー」

女友「議題は女と男の家族計画についてだ」

女「お、女友ちゃんっ」

女友「あたしは言った」

「押してダメなら更に押せ」

「と」

男友「待て」

「その理屈で今までやってきた結果がこれだ」

女友「ではどうする」

男友「俺は言った」

「押してダメなら引いてみろ」

「と」

女「え、普通」




134以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 17:22:46.97 ID/RSe89hY0

男友「俺を誰だと思っている」

「俺は雄だ」

「男心のエキスパートだ」

女友「頼もしいことを言う」

女「それは…そうだよね」

男友「まー」

「任せとけって」




135以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 17:36:30.88 ID/RSe89hY0

男(最近、女が冷たい)

「あ、女。おはよう」

女「……おはよ」

男(話しかけても素っ気ないし)

「昨日の数学の宿題さ、ちょっと分からないとこが」

女「女友っ」

「おはよー」

女友「おはようさん」

男友「ちーっす」

女「男友くんだー」

男「う」

(何か嫌われるようなこと)

(心当たりがいっぱいある…)




136以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 17:43:05.43 ID/RSe89hY0

男友「昼飯だなー」パカッ

女友「今日のおかずは何かなーっと」パカッ

男「あれ?お前ら弁当持参したのか」

男友「何言ってんの?」

女友「女だっていつも人の弁当ばっか作ってられないだろー」

男(うっ)

(考えてみれば当たり前だよな)

(すっかり女が弁当作ってきてくれるのが当然みたいに思って)

女「死神さん、はいっ」

死神「ありがと」パカッ

男(お、俺の分は)

女「じゃあ食べよっか。いっただっきまーす」

男(……購買、行こう)

死神「………」チラッ

「どうしたの?」




138以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 17:48:44.87 ID/RSe89hY0

女「なにが?」ニコ

死神「男と何かあったの?」

女「なにも?」ニコ

死神「男のおべんと」

女「なんで?」ニコ

死神(……?)

女友「おい、大丈夫なのかこれ」

男友「ん?」

女友「嫌われ一直線ルートしか見えんが」

男友「大丈夫だ、これで」

「女がいつもどれだけ男に尽くしてきたか」

「男のやつも分かるだろーよ」




139すごい難航する2010/06/18(金) 18:01:09.29 ID/RSe89hY0

男(『そ、そうだよね、迷惑、だよねっ』)ポワン

(あのときのこと、ちゃんと言ってなかったな)

(迷惑なんかじゃ)

(『よかったら晩御飯作ってあげようかなっ、なんて』)

(『はいっ!男くん!』テテーン)

(いつも元気で、お節介で)

(『女はお前のこと、好きだぞ』)

(『死神さんのこと、好きでしょ?』)

(『友だち、だから』)

「………」

「言おう」




141以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 18:10:13.21 ID/RSe89hY0

女友「体育終わった−」

死神「つかれた」

女「でも今日はこれで授業、終わりだ」

「ね」ゴソ

「なんだろ、これ」

『ちゃんと、伝えたいことがあります

屋上で待ってます

男』

女友「ほう」

女「お、女友ちゃんっ、見た……っ?」

女友「なんも」フッ

「男友ー、死神ー、買い物いくから荷物持ち付き合えー」

男友「えー、何で俺が」

女友「スイーツ奢るぞー」

死神「いくいく」




143以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 18:18:28.95 ID/RSe89hY0

屋上

男「………」

ギィィ

女「何の、用?」

男「あ、悪いな、時間取らせちゃってその」

女「………」

男「この間は悪かった」

「困る、なんて言って」

女「………」

男「違うんだ」

「女のこと、迷惑だなんて思ってたんじゃない」

「えっと、そのとき混乱してたんだ、俺」

「だから許して、なんて言えないけど」

「女を傷つけたよな。ごめん」

女「………」




144以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 18:22:27.55 ID/RSe89hY0

女(うわぁ)

(男くんと二人きり男くんと二人きり男くんと)

(み、皆がいる教室とかだったらフリも出来るけどっ)

(屋上ってあれ?あのパターンだよねっ)

(こ・く・は・く)

(きゃっ///)

男(う、返事もしてもらえない)

(怒ってるんだ…きっと)

(でも…)




145以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 18:26:42.03 ID/RSe89hY0

男「あ、あのさっ」ガシッ

女「!あっ、あああはいっ何でしょうっ」

男「俺、女に構ってもらえない間ずっと寂しくて」

「今までのこと思い返したら、感謝もしきれなくなって」

「俺やっぱ、お前のことが、」

「す」

「す」

「す」

女「す?」

女友「す?」

男友「す?」

死神「き?」

男「……え」

女「……え」




147耐えられなかったんだ2010/06/18(金) 18:33:45.53 ID/RSe89hY0

女友「おいっ見つかったじゃねーか」

男友「まっさきに飛び出したのはお前だ」

死神「前読んだ本にあったんだけど、これ愛の告白ってやつかな?かな?」

女「お、女友ちゃん……?」

女友「いやーだって」

「こんな面白そうなイベント」

「このあたしが見逃すわけにゃあいかねぇよ!」キラキラ

男友「うん!うん!」

死神「ねっ、続けて続けてっ」

「私たちのこと、気にしなくていいからっ」

女友「そうだもっとやれ」

男友「ヤれ」

女「も、もおおおお」

この出来事は、しばらく皆の笑いのタネにされた

死ぬほど恥ずかしかったけど、女と仲直り出来て、よかったと思う。




161以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 20:07:28.58 ID/RSe89hY0

誰得女友エピソード



はじめようかどうしようか迷って




162以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 20:15:27.42 IDBSeS5u1V0

>>161
是非!




163何で迷ったって完成形があやしい2010/06/18(金) 20:17:14.55 ID/RSe89hY0

女友「た、誕生日パーティー…?」

女「そっ。女友ちゃんもうすぐ誕生日でしょ」

「やろーよー」

「女友ちゃん家で」

女友「いや、あのな、都合ってーかその」

男「なんだ、誕生日なのか」

男友「そういや女友の家って行ったことねーな」

「俺の家には来たことあんのに」

男「俺も行ったことない」

死神「お祝いするの?いいわね」

女「でしょー?やろーよー」

女友「待て、」

「少し考える時間をくれっ」ダッ




165以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 20:24:59.58 ID/RSe89hY0

男「女は、女友の家行ったことあるんだよな?」

女「うんー」

「ご飯食べにいったりとか、泊りも行くなー」

「おっきくてねー、人がいっぱいいてねー」

男「何だ豪邸なのか?」

男友「いろいろと偉い家だーってのは聞いたことあるが」

女「女友ちゃん家はすっごいよー」

男「楽しみになってきたなー」

男友「そうだな」




167以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 20:32:13.21 ID/RSe89hY0

女友「あいつらなら…いや…でもな」

「もし…だったら…」

(何故誕生日パーティなんぞに頭を悩ませるハメになるか)

(それは、あたしにはある悩みがあるからだ)

運転手「お嬢」ペコ

女友「……出迎えはいらねぇっつってんだろ」ピタ

運転手「最近、雲行きが怪しいというのはご存知のはず」

「中に。一人で外を出歩くのは危険です」キー

女友「……ふん」バタン

(悩みというのは、これだ)

(うちは普通の家柄じゃない)

(金持ちなんかじゃ言葉が足りない)

(極道)

(いわゆるヤのつく自由業ってやつだ)




168以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 20:41:49.82 ID/RSe89hY0

女友(まさしくこの家の人間であるがゆえに)

(あたしには友だちと呼べる存在がいなかった)

(気軽に互いの家に遊びにいくような関係)

(ずっと憧れていた)

(幼い時分のあたしは)

(家のことに何の疑問を持ってはいなかった)

(家に招いたトモダチが何人も何人も離れていって)

(いつしか気付いてしまった)

(あぁ、うちは普通じゃないんだ、と)

(だから)

(あたしには友だちと呼べる存在がいなかった)

(……女と会うまでは)

運転手「着きやした」バタッ

女友「……ご苦労」

運転手「いえ」バタン




170以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 20:49:25.25 ID/RSe89hY0

死神「でも女友、都合悪いかもみたいだったけど」

女「うーん」

(まだ、不安なのかなー……)

(男くんたちなら)

(信じてくれると、思ったんだけど)

「きっと、大丈夫だよ」

「恥ずかしいんだと思うなっ」

男友「そんなタマじゃねーだろー」

「けどま」

「やるんならプレゼント、用意しねーとな」

女「うんうんっ」

男「おう」




172以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 20:59:54.78 ID/RSe89hY0

女友家

衆「「「お帰りなさいませッ!お嬢!」」」

女友「はいはいご苦労さん」

女友母「帰ったのね、女友」

「……話があります。奥へ」

女友「……あん?」

女友家・奥の間

女友「……うちの組に内通者、だと?」

女友母「えぇ」

「信頼できる筋からの情報」

女友「……不愉快だな」

女友母「えぇ」

「全くその通りだわ」




173以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 21:06:58.11 ID/RSe89hY0

女友「で?」

女友母「大方の見当はついているのだけれど」

「確定に足る証拠がないの」

「いたずらに場を乱したくない」

女友「あんたがあたしに求めてるのは」

「“エサになれ”」

女友母「そういうこと」

「話がはやくて助かります」

女友「はぁ」

「いいよ」

「なんだっていい」

「……やる」




175以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 21:14:42.94 ID/RSe89hY0

キャッキャ

女「うーん」

「何あげたら喜ぶかなー」

死神「あ、このネックレスかわいい」

キャッキャ

男友「女連中はこういうのすきだよな」

男「そーだなー」

「俺ら何買おうか」

男友「何だっていいんじゃねー」

「お」

「これいいな」

男「そのセンスはないわ」




176以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 21:21:54.40 ID/RSe89hY0

衆A「お嬢、日に日に機嫌が悪くなってますね」

衆B「あれ、衆Cはどうした」

衆A「昨日、お嬢が――」

衆「「お疲れ様です!!」」

幹部「あかんなぁ、こないなとこでお嬢の影口叩くなんて」

「内通者がどこにおるかわっかれへんのに」

衆「「申し訳ありませんでした!!」」

幹部「謝るんならお嬢にいいや」

(生きとるうちに……な)




179以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 21:28:58.56 ID/RSe89hY0

幹部「これが、女友父組家の見取り図になります」

「お嬢の部屋はここになります」

「ここが正面玄関ですが」

「お嬢…失礼、女友はこの」

「第二裏口を通って出入しとります」

「万一気取られた場合、通るのはおそらくここ」

「ここ使うとるんは一部の上級組員だけで」

「年頃の女がおったら、女友でまず間違いありません」

敵幹部「なるほど」

「あなたの計画には特に欠陥も見当たりません」

「きっとうまくゆくでしょう」

「成功の暁には」

「悪くない待遇を、約束しましょう」

幹部「はい」

「よろしく頼みます」ニィィィ




180以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 21:36:04.67 ID/RSe89hY0

女友誕生日

女「おっかしーなー」

「女友ちゃん、学校来てないね」

男友「そーだなー」

「電話してみっか」prrrr

『只今、電話に出ることが』

「繋がらんな」

男「都合が悪いって、これのことか?」

女「う、うーん」

死神「………」

(嫌な風ね…)




181以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 21:42:59.66 ID/RSe89hY0

女「学校、終わっちゃった」

男「結局来なかったな」

男友「なんだなんだ」

「連絡の一本くらいくれりゃいーのによー」

女「どうしよ」

「女友ちゃん家、行ってみる?」

死神「行きましょ」

「はやく」

女「う、うん」




182どうしてこうなった2010/06/18(金) 21:48:53.19 ID/RSe89hY0

女友「………」イライラ

「………」イライラ

「おい」ムセン

運転手『へい』ムセン

女友「あたしはいつまでここに突っ立ってりゃいい」

運転手『その』

『刺客が現れるまで…か、と…』

女友「かれこれ何時間だと思ってんだ……」

「まったく、今日はもう来ないんじゃ――」

(そういや、今日は)

(誕生日、だったな)

(誕生日パーティー)

(かー)




183以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 21:53:47.86 ID/RSe89hY0

女「ここ、なんだけど」

男友「………」

男「………」

死神「………」

黒服「おい」

「こっから先は私有地じゃ」

「部外者は出てってもらえんかのォ」

女(……あれ?)

「は、はい、失礼しました」

男友「なんだなんだこの状況は」

男「人通りも急に少なくなったな、この辺」

死神「………」

女「あのね、私ちょっと」

「様子見てくる」タ

「皆はここで待っててー」タッタッタッ




184以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 22:00:44.28 ID/RSe89hY0

女友(例年、誕生日は一人だった)

(いや、人自体は家に何人かいたけど)

(幼女とごついおっさんどもがパーリーってのもない話だ)

(この日はいつもあたし一人)

(部屋にいつも一人ぼっt)

「運転手ゥ!!」

運転手『へ、へいっ!』

女友「家だよ、あたしの部屋だ!」

「クソババァに謀られたんだよ!」




185以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 22:06:34.25 ID/RSe89hY0

女「何があったんだろ…」

「それにさっきの黒服さん…」

「女友ちゃん家のヤクザさんたち、あんな訛りあったっけなー」

「こっからだとー」

「あの秘密通路が近いなっ」

「前女友ちゃんに教えてもらったんだよねー」

「お邪魔しまー」ギギギ

「す」バタン




187どこへ向かっていくのか2010/06/18(金) 22:12:34.10 ID/RSe89hY0

女友家・女友の部屋

女友「………」

刺客(情報通りですね…)

(例年、この日は部屋に閉じこもっている)

(寂しい娘だ)フッ

「動くな」ジャキン

「貴様の身柄、貰い受ける」

(後は睡眠薬を――)

女友「……ふっ」

「ふふ」

「『動くな』」

「『貴様の身柄、』」グッ

女友母「『貰い受ける』!」バサァ

刺客「……なっ」




188以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 22:18:50.00 ID/RSe89hY0

女友母「内通者がいるとは聞いておりましたので」キン

「このような茶番、をっ」スパッ

「仕掛けっさせ、て、もらいまし、たぁッ!」ザシュ

刺客「……っは」ドク

(強い…ここは一旦…)スッ

(引く!)カッ

女友母(煙幕…?いや…これは爆薬…!?)

「しま…っ」

ドォン…




189以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 22:25:31.74 ID/RSe89hY0

ドォン…

女「ふぇ」

「すごい音が」

「中で何が起こってるの……?」

刺客「ゼェッ…ハァッ…」タタタタタ

(!あれは――)

(第二裏口、年頃の女…武道の心得はなさそうだが…)

(なるほど、こいつが真の女友だな!)ダダダダ

女「え?え?」

刺客「覚悟ッ!」ドス

女「」ガク




190以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 22:32:40.58 ID/RSe89hY0

運転手「お嬢!」キキィーッ

女友「なんだこのザマは…家が半壊してるじゃないか」

運転手「お下がりください、これは――」

男友「あれ、女友じゃん」

男「よ、よう」

女友「お前たち?!なんでこんなとこに」

男友「なんでってほら」

「誕生日。お前の」

「何?家ん中で花火ブチあげたの?」

女友「バカなこと言ってないで――」

死神「ねぇ、来て欲しいんだけど」

「こっち。血の痕があるわ」




191以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 22:37:51.99 ID/RSe89hY0

車内

女友「女が中にいた…だと…?!」

男「あ、あぁ」

男友「ちょっと様子見てくるっつって」

「爆発が起きるちょっと前か?」

女友(裏から入ったのか…くそ)

「運転手!もっとスピード!」

運転手「いえ」

「あそこで血痕が途切れています」

「おそらくはあの」

「廃工場の中に」

女友「待ってろよ…」

「女……!」




192以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 22:46:49.15 ID/RSe89hY0

廃工場

敵幹部「痴れ者め」

「罠に嵌り深手を負い、挙句にターゲットを間違えるなどと」

刺客「返す言葉も…ございません…」

敵幹部「幹部さん?」

「随分と話が違ったようだ」

「例の件はなかったことに――」

幹部「………」

(なんで…ッこんなことにッ…)

敵幹部側近「アニキ。不審な車が近付いてきています」

「追っ手、かと」

敵幹部「全てご破算ですよ、まったく」

「刺客。しんがりくらいつとめてもらいますよ?」スタスタスタ

刺客「……はい」スッ




193以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 22:52:38.69 ID/RSe89hY0

男友「えーっと、俺は」

女友「邪魔だからここにいろ」

「運転手、もしものときは車を出せ」

「あたしが行く」

男「お、俺も」

女友「あんたが来て何になるってんだ」

「邪魔だからここにいろ」

死神「私もいくよ」

女友「………」

「あんたは」

「……よさそうだね」

死神「………」コク

女友「さ、行こうか」

「ふざけた真似をしてくれた奴らに」ドシッ

「きっつーいお灸をすえてやりになァ!」ズガァァァン




194以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 22:58:30.66 ID/RSe89hY0

女友「………」チラッチラッ

「………」コク

死神「………」コク

女友(人の気配はなさそうだな…上か)

死神「――!」ジャキン

「あぶないっ」キィィン

刺客「……我が太刀筋、よくぞ受けられた」カンッ

「刺客だ…お前たちを先へ進めるわけにはいかない」ズザーッ

死神「女友ちゃん」ズザーッ

「ここは、私が」

女友「おう」

「まかせたっ」タタッ

刺客(『女友』…?まさか)ブォン

死神「あなたの相手は私だって言ったよ」キィィン

「余所見なんてしてちゃ――死んじゃうかも」




195以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 23:06:21.43 ID/RSe89hY0

女友「ハァッハァッハァッハァッ」タタッタタタタッヒョイッ

「女ぁ!」ガラララッ

幹部「はっ、ははっ」

「ツキが戻ってきよったわ」

「まさか思たけど」

「わざわざお越し下さるたぁなぁ!お嬢!」

女友「呼ぶなよ」スッ

「お前なんかがあたしを」スラァァッ

「お嬢、って、呼ぶな」キン カラッカラカラカラ

幹部「仕込み刀…なぁ…」

「おぉ怖い怖い」スッ

「そない物騒なもん向けやんといてや」ジャカッ

女友「女子ども相手に拳銃を振り回すのが貴様の流儀なのか?」ジリ

幹部「組筆頭の戦闘狂相手に手加減するんも失礼な話やで」ジリ




197以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 23:14:21.28 ID/RSe89hY0

死神「………」ブン キィンガィン グァァン

刺客「…ゼェ…ヒュゥ…」ヒュッシュパッ ヒュオッ

(この者…強い)

(手負いの身体では…抑えきれないか)

死神「ねぇ」ズサッ

刺客「…ハッ…なんだ」ズ ズザ

死神「女ちゃんを」

「と、女友ちゃんを狙った理由は何」

「何の恨みがあったの」

刺客「…ヒュー…ケホ…」

「恨み。そんなものはない」

「強いて言うなら仕事だから、だ」

死神「何それ」

「くだらない」




198以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 23:20:58.72 ID/RSe89hY0

死神「そんなくだらないことで」コォォ

「人の生命を」コォォ

(……!)ドクン

(何を言ってるの)

(私は)

(私は死神なのよ)

(今まで…いくらでも…)

(刈り取って、きた)ドクン

「………」スッ

刺客「戦場で得物を手放すなど」

「……情けのつもりか」

死神「違うもの」

「私は違うっ」




200以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 23:31:04.07 ID/RSe89hY0

幹部「ほらほらァ!逃げてばっかじゃぁどうにもなれへんで」パァン パァン パァン

女友「………」タタッ キンキュイン チュゥン

「貴様」

「女をどこへやった?」

幹部「さぁなぁ」パァン パァン パァン

「このフロアのどっかにはおるかもなぁ」ジャカッ

「けど、教えへん」パァン

女友「………」キュインチュン ズザッ

幹部「跳弾でコンテナでも降らされたらかなわんからなァ!」パァン パァン パァン

女友「……っ!」ザッ チュイン カンカン

「なんだ、気付いてたんだ」

「何故裏切った?」

幹部「功績立てても立てても」ジャカッ

「まだこんな程度の地位や」

「ええ扱いしてくれるとこ付くんが、当たり前ゆうに」




201以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 23:34:37.67 ID/RSe89hY0

女友「よく分かった」

「貴様が重用されない理由が」ダッ

幹部(破れかぶれの突進か?)

「教えてもらおやない…!」パァン パァン パァン

女友「……っ」キィン ザシュッ ヒュオッ

幹部(なんや、なんやこいつ)パァン パァン パァン

(撃たれても撃たれても止まらん…ッ)

女友「はぁああああああああああああああ」ドン カシュッ ドン




202以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 23:40:50.04 ID/RSe89hY0

幹部(死ぬのが…怖ないんか…ッ?)ガキィ ガキィ ガキィ

「……弾切れやと?クソッ」ゴソゴソッバララララ

(床に落ちて…ま、間に合わん…)

女友「貴様に足りないものォ、それはァ」ダッダッダダダダダ

「器、だぁああああああああああああ!」ガキィィィィィン

幹部「ひっ、ヒィ!殺られ」ガバッ

「r」ドサッ

女友「峰打ちだっつーの」

「今のは女の分」

「残りは組に聞きな」

「……女、どこだろ」




203以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 23:45:40.11 ID/RSe89hY0

『……ちゃん』

『…女友ちゃん』

女友(――!)

「そこかっ?」バタン

女「……ぅ」

女友「…ごめんな、うちの騒動で」

「さ、帰ろ」

「う」ガクッ

「ぜ」バタ…

ミシ

ピキッ

ガラ、ガラガラガラ




204以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金) 23:51:21.13 ID/RSe89hY0

ガラ、ガラガラガラ

死神(建物が…)

(もたない)

「女友!女!」

「だ、大丈夫っ?」

女「…ぅぅ」

女友「………」ドクドク

刺客「手を貸そう」スッ

死神「………」

刺客「情け、ではない」

「ケジメをつけたいんだ」

死神「………」コク




206以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 00:02:47.75 ID/RSe89hY0

女友家・女友の部屋

女友「しっかしまー」

「流石にどうなるかと思ったね!」ケラケラ

死神「もう、笑い事じゃないよ」プリプリ

女「何事もなかったから、よかったじゃんー」

「ねっ」ニコ

死神「むぅー」

男友「なんつーか俺たち」

男「蚊帳の外、だったな」

運転手「でしたねぇ」




208以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 00:08:21.52 IDsAh3JijB0

男友「よーっし、じゃー」

「女友の誕生日パーティー」

「を」

「はっじめっるぞー」

女友母「あらあら」ニコニコ

「でも、なにもこんな中破した部屋で催さなくても」

「無事な部屋も空いていますよ?」

女友「いいよ、ここで」

「ダイナマイトでぶっ飛んだんだ」

「あたしの心の壁も、天井も」

男友「とか言っちゃってー」ニヤニヤ

女友「う、うるさいっ、茶かすなっ」ゴンッ

女友母(女友ちゃん……)

(素敵な友だち、いっぱい出来たのね)ニコ




209以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 00:12:06.54 IDsAh3JijB0

女友「かんぱーい」

一同「「「「「かんぱーい」」」」」

ゴツンカツンカランコロン

女友「正直ね、不安だったんだ」

「あたしの家のこと知ったら、皆どう思うだろ、って」

男「どうっていってもな」

男友「なんかもう」

「いろいろあったしどうでもいいな」ハハ

男「それ」ニコ

女「家がヤクザ屋さんだって何だって」

「女友ちゃんは友だちだよっ」

「ね」

死神「うん」

男友「おう」

男「おー」




210以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 00:14:13.13 IDsAh3JijB0

女「プレゼントこうかーん」

女友「の」

「前にー」

「グラスこうかーん!」

男「ん?」

男友「なんだそれ」

死神「………」キョトン

女友「いいから回せ回せー」

「一口ずつ飲んでだなー」

「あーもう、よく分かんねー」

女(おおおおと男くんとかっかかか間接きっs)

女友「今日からあんたらはー」

「あたしと盃を交わした仲だ!」

「これからもよろしくなっ」

「ダチ公どもっ!」




211女友エピ完走出来てすごい安心みたいなものを感じる2010/06/19(土) 00:16:26.87 IDsAh3JijB0

後日談

女友(………)

(ネックレスは分かる。イヤリングも分かる)

(クッキー缶も分かる)

(が)

(木刀なんておんなの子のプレゼントに寄越すかふつー)

(っとにあいつは)

(バカなんだから)フッ




1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 10:02:49.66 IDsAh3JijB0

落ちたので続きを




2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 10:06:19.18 IDsAh3JijB0

悪魔(喜)

(怒)

(哀)

(楽)

(地上におりてからというもの)

(死神は感情というものに触れ)

(泣いたり、笑ったり)

(他愛もない話に花を咲かせたりするようになった)

(……普通の人間の娘のように)ピラ

(これ以上はもう、待てない)パタン

(これ以上はもう、)

(酷だな)

死神「女ちゃんの玉子焼きはおいしいなー」キャッキャ

女「えへー、今度死神さんにも教えてあげるっ」キャッキャ

死神「ほんとー?」ニコッ




4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 10:12:45.28 IDsAh3JijB0

商店街

カランカラン

おじさん「おめでとーございまーす!」

「特等!三ツ星レストランのペアチケットだー!」

女「え」

「ふぇ」

おじさん「大切な人と行くといいよー」ニヤニヤ

女「あ、ありがとう、ございます」カー

(大切な人と、かー)




5はい2010/06/19(土) 10:18:22.45 IDsAh3JijB0

女友家・女友の部屋

prrrr

女友「うい」

女『女友ちゃんっ』

『あのね、さっき商店街の福引きで』

『三ツ星レストランのチケット、当たっちゃったんだけど』

女友「へー」

女『2枚しかなくって』

『大切な人と行くといいよ、って言われたんだけど』

女友「ほー、それはいいな」

「男と行ってこいよ」

「でぇーと」

女『私ね、』

『……みんなのこと、みんな大切だから』

『どうしようか迷って』




6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 10:29:01.72 IDsAh3JijB0

女友(あんたはそういう子だからねー)

「誰かと二人だけで行く、ってのはどうしても?」

女『うん』

『だから行かないでおこうと思うんだ』

『チケット他に欲しい人いたら、あげようと思って』

女友「まぁ待て」

「どこのレストランって?」

女『この間出来たビルの、45階にある』

女友「あれかー」

(うち関係ないなー)

「ま、大丈夫」

「あたしでなんとかしてみるから」

「チケット取っときなー」

女『えっ?』

『う、うん』 ツーツーツー




7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 10:41:03.66 IDsAh3JijB0

女友「えーっとー」カタカタ

「こいつだな」タンッ

「うへぇ」

「安くはないな、流石に」

「ええい女のためだ」タンッ

「………」

「誰かいるのか?」

シィン

女友(………)

(…気のせいか)

悪魔(………)

(あぶねぇ)




9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 10:52:21.62 IDsAh3JijB0

学校

女友「じゃーん」ピラッ

女「女友ちゃん、それって」

女友「おうよ」

「チケット3枚。追加だ」

「これで皆で行けるだろ?」

女「う、うんっ」

男「何の話?」

女「えっとねー、こないだ出来たレストランのねー」

男友「あぁあそこだろー」

死神「おいしいの?」

女「きっとおいしいよー」

悪魔(………)




10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 11:01:35.56 IDsAh3JijB0

レストラン

女「ほえぇ」

男「お、俺なんかこういうとこ初めてで緊張する」

女「私もー」

女友「じゃあ男と女は2人席のやつな」

「あたしらは3人席のやつ」

男友「ういー」

死神「うん」キョロキョロ




11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 11:11:42.27 IDsAh3JijB0

女友「悪くないな」ハム

死神「おいひい」ガツガツ

男友「肉だ肉をよこせ」ガツガツ

女友(こいつらと同じ席だと)サクサク

(すっげー恥ずかしい……)ハム

男友「ゴクゴクゴク」

「ぷはっ」

「死神、ちょっと」クイクイ

死神「ん?」ガジ




12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 11:22:22.51 IDsAh3JijB0

死神「どうしたの、こんなとこまでわざわざ来て」

男友「あのな」

「ずっと前から言いたいことがあったんだ」

「とても、大切なこと」

死神「……うん」

(……これって)

男友「あのさ」

死神(………)

男友「お前、すっげー変わったな」

死神「はい?」

男友「いやいや驚き」

「以前のお前と比べてもみろよ」キュイン

悪魔「全く大したもんだ」スゥ

死神「―――!」




13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 11:33:07.62 IDsAh3JijB0

男「………」モキュモキュ

女「………」パクパク

男(落ち着かねー…)

(ここの雰囲気もそうだが…)

女「………」パク

男(女、お洒落してきてるなー)

(かわいい)

(……はぁ)

(二人席、気まずい)

女「どうか、した?」

男「いいいいやぁなんでも」




14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 11:45:25.47 IDsAh3JijB0

女友「………」カランカラン

「………」クイッ

「……っふぅ」

(頑張れよー女)

(今のあんたは輝いてる)

(魅力で男もイチコロだー)

「……流石に今回は」

「出歯亀なんてしないよ」

「こうしてグラスを傾けながら」

「恋路を見守るのも一興ってもんだ」




15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 11:55:39.32 IDsAh3JijB0

死神「男友をどうしたの……?」

悪魔「別にどうも」

「初めっからこーゆー、こ、と」

死神「………」

悪魔「悪魔はいつも人間のすぐ近くにいるもんさ」

死神「………」

悪魔「で、だ」

「大事な大事な話がある」

死神「なによ」

悪魔「ここで男と女な、」

「死ぬから」

死神「なっ」




16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 12:05:02.47 IDsAh3JijB0

女「料理、おいしいね」パク

男「あ、あぁ、そうだな」パクパク

(緊張で味とかわっかんねー!)

「……女の作った料理の方が、俺にはあうかな」

「あったかいってーかなんてーか」

女「……え?」

男「え」

(俺、もしかして口に出したか…?)

「いいいいや、なーんて」

女「……嬉しい」

男「……おう」カーッ




17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 12:13:27.27 IDsAh3JijB0

悪魔「本当はな」

「ここに来るのは、男と女だけだった」

「それが正史のシナリオだった」

死神「………」

悪魔「だが、俺が曲げた」

「すでにこの世界はパラレルってこと」

「なぜなら」

「お前の存在は、なかったはずだから」

死神「……そうね」

悪魔「正史のお前は、男と女を刈りにくることになってる」

「これがその帳簿」ピラッ

死神「………」パララ

「確かに…」パラ

「え……この人数」パラッパラッ

悪魔「ここにいるはずだった全員、だ」




18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 12:21:02.36 IDsAh3JijB0

男「あのさ」

「前、中途半端で終わっちゃったけど」

女「………」

男「俺、女のこと」

「好きだよ」

女「私も」

「私も、男くんのこと」

「好き」ポロッ

男「お、おい泣くなよっ」

女「えへへ」グスッ




19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 12:28:03.52 IDsAh3JijB0

女友「……よかったな。女」フッ

「しかし」

「男友と死神、戻ってこねーな」

「何やって」

「………」

「ラブいの?もしかしてラブいの?」キラキラ

「行くか!そうしようか!」スチャッ




21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 12:39:39.13 IDsAh3JijB0

死神「あなたの」

「あなたの目的は、何」

「私はどうしたらいいの」

悪魔「正史がどうあろうとな、」

「俺は二人を死なせたくないと思った」

「そんな世界はクソ食らえだと思った」

「……友だちとしてな」

死神「悪魔……」

悪魔「お前が誰より知っていると思うが」

「俺みたいなやつがちょっと事象を曲げたくらいじゃ」

「帳尻合わせは避けられない」

死神「ええ」




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 12:51:14.22 IDsAh3JijB0

悪魔「帳簿の改竄」

「男と女の延命を確定するために必要な処置がそれ」

「それは俺には出来ないこと」

死神「それは私には出来ること」

悪魔「だからお前の協力が必要だった」

「死神のお前の協力が」

「だけどな」

「死神のまんまのお前だったら」

死神「協力なんてありえなかった」

悪魔「俺はお前を人間にすることで知ってほしかった」

「情けを」

「悲しみを」

「愛を」

「その狙いは十分、果たせたみたいだな」ニッ

死神「そうね」フッ




23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 13:01:14.86 IDsAh3JijB0

悪魔「お前を死神本来の姿に戻す」

「記憶も感情もそのままに」

「……俺の浅はかだったところは」

「そうすることによって、お前が永劫の苦しみを背負うことに」

死神「いいよ」

「いいの」

「以前の私とまったく同じ死神はいくらでもいる」

「一人くらい」

「泣いたり、笑ったりする死神がいても」

「いいでしょ」

悪魔「……すまない」

「これから術をとく」

「死神として戻ったらもう」

「普通の人間には」

「みんなには会えなくなる」




25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 13:11:33.22 IDsAh3JijB0

悪魔「最後に、みんなに言うことがあれば」

死神「さよならは言わない」

「みんなが私のこと、わからなくなっても」

「私はずっと、みんなと一緒だから」

悪魔「……とくぞ」キュイン

死神「うん」スゥゥ

(みんな)

(私が、守ってあげるから)

(必ず)




26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 13:20:26.20 IDsAh3JijB0

厨房倉庫

シュゥゥゥゥゥ

プシュゥゥウゥ

ガチャ

調理師「確かここに、素材が余って――」

カチッ

調理師「なんだ、ガス臭」ケホッ

「い」

「ぞ……!」

カッ

ドゴォ




27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 13:34:57.81 IDsAh3JijB0

女友(………)コソ

(死神が消えた…?)

(何がどうなってる)

悪魔「………」キュイン

男友「悪かったよ」スゥ

「騙してた、って思われたかも」

女友「……!」

「あんた一体……」

男友「言いたいこと聞きたいこといっぱいあるだろーが」

「俺を信じちゃくれねーかな」

女友「当たり前だろ……バカ」

男友「じゃーまずは」

「こっから避難、してくれ」

女友「は?」

ドゴォ




28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 13:47:34.39 IDsAh3JijB0

ドゴォ

女「ひゃっ」

男「……っ、火災か?!」

ジリリリリリ

ザワザワザワ

男「落ち着いて、ここから逃げよう」

女「う、うんっ」

「あっ」

「み、みんなどこ?」

男「いねぇ…俺が探しにいく、女、先に」ダッ

女「やだよっ私も行く!」ダッ




29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 13:55:56.37 IDsAh3JijB0

ピシィ

ミシ…

グラァ

ゴトッ

男「こんなときにあいつら、どこに…!」

女「みんなぁ!どこにいるのーっ!」

ゴォ…

男(シャンデリアが――!)

「女、危な――」

ゴォォォオォオ

女「えっ?」

ガシャァアアアアアアアアアン




30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 14:05:58.90 IDsAh3JijB0

男「女ああああああああああああ!!」

シャラ…

女友「危ねーだろ。バカ」フラッ

女「女友ちゃん!」

女友「さっさと逃げるぞ」

男「死神と男友は――」

女友「信じろ」

「あいつらは大丈夫だ」

「絶対に!」




32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 14:14:17.32 IDsAh3JijB0

死神「………」サラ…

『男・女:両者享年70歳

結ばれ 子に恵まれ

子、孫たちに看取られながら

二人

安らかに

眠りにつく』

死神「………」キュッ…

「愛、かぁ…」キュ

(『困ったときはお互い様、だろ?』)チク

(『いいよ。飼っても。だろ?』)チク

(『私、負けないからねっ』)チク

(『……つらかったな』グッ)ドキン

「そっか……」

「そうだったんだね」サァァァァ




33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 14:25:56.61 IDsAh3JijB0

悪魔「まったく死神のやつめ」

「全員分助けやがったな」

「ま、そうすると思った」

「だから、こっからは俺の役割」

「事象の歪曲で生じた不利益」

「まとめて俺がもらっていってやるよ」

「さよなら、はダメなんだったな」スッ…

「またな。ダチ公ども」スゥゥ




34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 14:35:40.15 IDsAh3JijB0

大規模なビル火災。

にも関わらず、奇跡的に死傷者はいなかった。

行方不明者は、二人。

ようとして行方は知れないのだが、

いつものように、振り返ればあいつらが笑っているような気がして、

………、

信じるって、決めているんだ。

あいつらのこと。

いつか、きっと、




35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 14:37:37.82 IDsAh3JijB0



はい、ということでクライマックスでした。
以後の展開はご想像にお任せといった感じに。

ありがとうございました。




36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 14:37:45.77 IDxTrgWu8AO

(´;ω;`)ブワッ




37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 14:47:10.88 IDPyNRrH4qO

>>1お疲れさま〜




38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/19(土) 14:56:57.20 IDC/hdT2ot0

いい終わりだた、おつ








転載元

死神「私は」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1276771984





 

最新記事50件