1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 20:23:33.58 ID:AV+oMhkhO
    あとは任せた


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 20:24:57.19 ID:1ZCr1RMT0 BE:207230898-PLT(56065)

    ロックオン「ぶっちゃけありえない」



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 20:28:44.25 ID:dL3SAh3LO
    刹那「わ…私がプリキュアだー」

    世界「せ、刹那ぁ〜!?」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 20:34:17.26 ID:1loIjYEOO
    刹那「ガンダムハートは平和の印、斬りたてフレッシュ! キュアエクシア!!」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 20:57:50.21 ID:AV+oMhkhO
    誰か書いてください


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 21:06:02.93 ID:i1a5lZ1M0

    刹那「俺がプリキュアだ」




映画プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!【特装版】


 

    アレルヤ「ロックオン、刹那がまたおかしくなった」

    ロックオン「刹那がおかしいのはいつもの事だろ?ほっとけほっとけ」

    ティエリア「そもそもプリキュアとはなんだ?ユニオンの新型か?」

    刹那「プリキュアは世界の歪みを正す者だ、それはガンダムに限りなく近い」

    ティエリア「どういう事だ?ガンダムに近いとは形状がか?」

    刹那「プリキュアとガンダムは別物だ」

    ティエリア(話がまったく噛み合わない…)


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 21:16:33.50 ID:i1a5lZ1M0
    アレルヤ「つ、つまり刹那はプリキュアに憧れてるって事だよね?」

    刹那「違う、俺がプリキュアなんだ」

    一同「……」

    ロックオン「あー…えっと、刹那?刹那はプリキュアなんだな?」

    刹那「そうだ、俺はソレスタル・ビーイングに所属する刹那・F・セイエイ」

    刹那「エクシアの専属パイロット兼プリキュアだ」

    ロックオン「そうか、それでプリキュアは世界の歪みを正す存在なんだな?」

    刹那「あぁ、それはガンダムに近い」

    ロックオン「つまりお前は正義の味方なんだろ?」

    刹那「違う、俺はガンダムだ」

    ロックオン「…よし、誰か医療班呼べ」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 21:30:50.98 ID:i1a5lZ1M0
    ティエリア「刹那・F・セイエイ、プリキュアとは何だ?物か?人か?」

    ティエリア「それは信用に値するのか?取るに足るべきものなのか?」

    刹那「プリキュアはプリキュアと言う存在そのものだ、人の心にあるものだ」

    ティエリア「つまり一種の感情だと言うのか?それとも宗教か?」

    刹那「俺が…俺がプリキュアだ!」

    ロックオン「おいおい、もういい加減にしよーぜ」

    ロックオン「こんなんじゃいつまで経っても話が終わらねーぜ」

    ティエリア「ロックオン、これは今後のソレスタル・ビーイングの命運をかける可能性がある」

    アレルヤ「いや…そこまで深刻な問題にはならなそうだけど…」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 21:37:59.39 ID:i1a5lZ1M0
    ロックオン「ったくしゃーねーな…」

    ロックオン「おい刹那!お前はガンダムとプリキュア、どっちを選ぶんだ!?」

    刹那「!」

    一同「……………」

    刹那「……っ………」

    刹那「…俺はガンd……プリキュアだ」

    ロックオン「なん…だと?」

    ティエリア「見損なったぞ、刹那・F・セイエイ!君はガンダムマイスターに相応しくない!」

    アレルヤ(プリキュア…確かアニメのタイトルだったかな…)


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 21:46:07.86 ID:i1a5lZ1M0
    うぃーがしょん

    スメラギ「あなた達、次のミッション…どうかしたの?」

    ティエリア「スメラギ・李・ノリエガ!刹那・F・セイエイは万死に値する!」

    スメラギ「ごめんなさい、話が見えないわ」

    アレルヤ「えっと、刹那がプリキュアに転職したいそうですよ」

    スメラギ「プリキュアに?刹那、それ本当?」

    刹那「俺はプリキュアだ」

    スメラギ「もう転職しちゃったの?でもあなたガンダムになる夢は…」

    ロックオン「ガンダムは諦めてプリキュアになるんだとさ」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 21:53:08.92 ID:i1a5lZ1M0
    スメラギ「分かったわ、あなたがなりたいのなら止めはしない」

    ロックオン「お、おいおい!」

    ティエリア「!?あ、あなたまで何を…!」

    アレルヤ「よかったね、刹那」

    スメラギ「でも…あなたには…無理よ」

    刹那「何故だ?」

    スメラギ「だって…プリキュアは…」

    スメラギ「プリキュアになれるのは…女の子だけよ」

    刹那「!?」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 21:55:55.50 ID:AV+oMhkhO
    なんか俺が思い描いてた形とはずいぶん違うけど頑張って


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 21:58:36.55 ID:VAbb7Llg0
    丸投げした挙句張り付いて文句言ってる1を見に来ました


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 21:59:42.53 ID:S/4PzBd30
    こういうスレの>>1は黙ってて欲しいわ・・・


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 22:00:50.06 ID:i1a5lZ1M0
    刹那「そんな…俺は、プリキュアには…なれない?」

    スメラギ「残念だけど…」

    ティエリア「ははは、無様だな、刹那・F・セイエイ」

    ロックオン「そもそもプリキュアは女しかなれない職業なのか?」

    アレルヤ「…どんまい」

    刹那「…………」

    スメラギ「…それじゃ次のミッションプランだけど…」

    刹那(俺が…プリキュアになれない?)

    刹那(…俺は…プリキュアでは…ない…)


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 22:03:13.94 ID:C7VB1JEA0
    プリキュアが男の職業で何が悪い!


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 22:09:43.36 ID:i1a5lZ1M0
    きょきょきょ、ぴゅーんぴゅーん、ずかこぉぉぉん

    ロックオン「おい刹那!Bブロックの敵を落としてくれ!」

    刹那「………」

    ロックオン「おい!聞いてるのか刹那!?敵に回りこまれそうだ!援護してくれ!」

    刹那「……!あ、ああ!」

    アレルヤ「……刹那、僕がロックオンの援護をするから、君はAブロックを!」

    刹那「…了解」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 22:12:42.04 ID:i1a5lZ1M0
    俺「すまない、俺は次のフェイズに入らなければならない」

    俺「こうして君達に読んで貰えて嬉しかった、帰って来た時に残っていたらまた会おう」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 22:21:23.14 ID:Q9vschqo0
    乙


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 22:22:05.27 ID:S/4PzBd30
    乙


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 22:29:34.43 ID:xVPYe0De0
    まだ終わらせては…


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 23:08:14.84 ID:i1a5lZ1M0
    ぷぃー…ぴっぴっ…

    ロックオン「敵部隊の殲滅を確認…ふぃー、危なかったなぁ!」

    アレルヤ「そうだね、刹那は大丈夫?」

    刹那「…すまない」

    ロックオン「ん?どうした、急に」

    刹那「俺のせいで皆を危険に晒した」

    アレルヤ「で、でもこうして無事にミッションコンプリートしたんだ、大丈夫だよ」

    ロックオン「アレルヤの言う通りだ、まぁ次からは気をつけろよ?」

    刹那「わかった」

    ロックオン「じゃあ帰るか、みんなが待ってるぜ」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 23:21:24.25 ID:i1a5lZ1M0
    ティエリア(ヴェーダとのリンクを開始…リンク完了…)

    ティエリア(プ、リ、キュ、ア…検索…)

    ティエリア(該当…『ふたりはプリキュア』、西暦2004年2月1日にスタート…)

    ティエリア「?ヴェーダとのリンクが切れた…エラー…とは思えない」

    ティエリア(まさか…ヴェーダに誰かが介入している…?)

    ティエリア「スメラギ・李・ノリエガに提言するべきか…」

    ティエリア(プリキュアとは…一体なんだ…?)


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 23:35:09.57 ID:i1a5lZ1M0
    リジェネ「気付かれたようだね」

    リボーンズ「あぁ、まさかこんなに早く計画が露呈するなんてね…」

    リボーンズ「こうなってしまえばソレスタル・ビーイングは障害にしかならない」

    リボーンズ(僕の計画のために…消えて貰うよ、ソレスタル・ビーイング)


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 23:39:16.00 ID:i1a5lZ1M0
    フェルト「あ…ハロ…」

    ハロ「フェルト!タダイマ!タダイマ!」

    ロックオン「よぉ!帰ったぜ」

    フェルト「ロックオン…!おかえり…」

    スメラギ「みんなお疲れ様!大丈夫だった?」

    刹那「あ、あぁ…」

    スメラギ「それじゃ早速で悪いんだけど、次のミッションの説明をするわ…」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 23:40:13.50 ID:Q9vschqo0
    一応2期の話なのね


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 23:41:09.38 ID:i1a5lZ1M0
    あれ?これ2期の話なの?


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 23:46:56.56 ID:Q9vschqo0
    いや、リジェネ出てきたし
    あ、でもティエリアがヴェーダにアクセスしてるのね

    まあどっちでもいいや好きに書いてくれ


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 23:59:48.18 ID:i1a5lZ1M0
    アレルヤ「機体の整備が終わり次第出撃か…ちょっと辛いね」

    ロックオン「まさか人革連とユ二オン、EU…全ての国が手を組むとはねぇ」

    刹那「何かに焦ってるようだが…その理由が分からない」

    ティエリア「しかし、こうなるとソレスタル・ビーングの存在理由がなくなるな」

    一同「………えっ?」

    イアン「おーい!お前等、機体の整備終わったぞー!」

    ロックオン「ま、ままぁ難しい話は後にするか!」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 00:12:59.96 ID:i1a5lZ1M0
    ティエリア「刹那」

    刹那「なんだ?」

    ティエリア「プリキュアの事はスメラギに聞いた」

    ティエリア「僕は君を誤解していた」

    刹那「どういうことだ?」

    ティエリア「僕は君がプリキュアになる事でソレスタル・ビーイングを離れるのかと思っていた」

    ティエリア「だがはプリキュアは職業でも宗教でもなく、望みを叶える力だと聞く」

    ティエリア「…君は以前世界の歪みを正したいと言っていたな、その気持ちは今でも変わっていないのか?」

    刹那「そうだ、俺はそのためにガンダムに乗った、俺はこの世界を歪みから開放したい」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 00:21:17.15 ID:i1a5lZ1M0
    ティエリア「そうか…」

    ティエリア「僕はまだプリキュアへの理解が足りないのかもしれない」

    ティエリア「だが君のその想い…それこそがきっとプリキュアなのだろう」

    ティエリア「君は、プリキュアだ」

    刹那「ティエリア…」

    ロックオン「おーい!そろそろ出撃だぞ!」

    刹那「!了解した!」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 00:25:04.21 ID:UgMc/FYs0
    ティエリアと刹那でふたりはプリキュアできそうな勢い…


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 00:26:40.22 ID:i1a5lZ1M0
    リボーンズ「どうして…どうしてだ…!あれだけの数のMSを相手に…」

    リボーンズ「どうして一機も落ちない…!」

    リボーンズ「これがガンダムの力…」

    リボーンズ「こうなったら僕がこの手でソレスタル・ビーイングを…!」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 00:36:23.02 ID:i1a5lZ1M0
    ロックオン「ティエリア!D-12の敵を頼む!」

    ティエリア「了解」

    アレルヤ「刹那!一気に畳み掛けよう!」

    刹那「了解、後について援護してくれ!」

    ティエリア「ナドレッ!」

    連合軍兵士「う、うわあああぁぁぁ!」

    リボーンズ(あそこか…)


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 00:44:31.84 ID:i1a5lZ1M0
    リボーンズ「刹那・F・セイエイ…久しぶりだね」

    刹那「!?誰だ!」

    リボーンズ「命の恩人を忘れたのかい?あの時君を助けたガンダムのパイロットだよ」

    刹那「なんだと?」

    リボーンズ「君達は間違えてる…今の君達は計画を…シナリオを間違えている…」

    刹那「そんな…そんなはずはない!」

    リボーンズ「この計画で君達は…ここで消えければならない!」

    リボーンズ「君達は計画の歪みだ!」

    刹那「違う…俺は!俺は…!」

    リボーンズ(…何!?押されてる!この僕が!?)


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 00:49:01.90 ID:i1a5lZ1M0
    刹那「俺達は…!」

    リボーンズ「う、うわあああああ!?」

    刹那「俺達が、プリキュアだ!」どーん


    ロックオン
    ハレルヤ  『一緒にするな、アニオタ』
    ティエリア


    刹那「!?」


    おわり


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 00:50:06.06 ID:i1a5lZ1M0
    楽しんでくれてた人ごめん、最後適当になった


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 00:51:30.14 ID:UgMc/FYs0
    乙


ハートキャッチプリキュア! キュアブロッサム
ハートキャッチプリキュア! キュアマリン



転載元
せつな「俺がプリキュアだ」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1261826613/




 

最新記事50件