過去の良作・時事ネタの再投稿です。
ピックアップ希望のSSがある場合は下記リンクからお願いします。
SS宝庫のオススメSS

関連記事
妹「クリスマスイブなんだけどね」【前編】【後編】


472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 19:03:11.43 ID:BzP6rCYZ0


(クリスマスイブ)

妹「もしもし」

兄「もしもし」

妹「来たの……」

兄「今どこ?」

妹「前の道……」

兄「前って、うちの?」





元スレ
妹「クリスマスイブなんだけどね」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1261143381/


 
474: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 19:05:48.17 ID:BzP6rCYZ0


妹「うん……」

兄「今ドア開けるから」

妹「入っていいの?」

兄「うん。なんだよ?」

妹「だって……ごめん今行く」

兄「おいで」





475: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 19:10:30.18 ID:BzP6rCYZ0


妹「お邪魔……します」

兄「うん。思ってたより早かったな」

妹「遅くなっちゃった……ごめん……」

兄「はい、ハンガー」

妹「ありがとう」

兄「あ、中はサンタなんだ」





476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 19:16:22.66 ID:BzP6rCYZ0


妹「えへ……」

兄「そんな服持ってたのか」

妹「買ったの。この時期しか着れないけど」

兄「たしかに正月には着れないな」

妹「モコモコを上に着てないと、外歩くの恥ずかしい」

兄「あ、そうだ。メリークリスマス」





477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 19:21:39.55 ID:BzP6rCYZ0


妹「メリー……クリスマス……」

兄「どうした?」

妹「電車の中で……ずっと泣いてたから……」

兄「……」

妹「抱きしめて……ください」

兄「う、うん」





478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 19:25:59.61 ID:BzP6rCYZ0


妹「ナンパされそうになったの。電車乗り換えるとき」

兄「無事だったのか」

妹「すぐ逃げたけど、ちょっと追いかけてきたの。怖かった」

兄「うんうん、怖かったな」

妹「暗い顔して、ひとりで歩いてたからかな、って」

兄「ん?」





482: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 19:34:18.41 ID:BzP6rCYZ0


妹「クリスマスイブなのにね……私、なにやってるのかなってね」

兄「……」

妹「お兄ちゃんのとこに行っても、だめなのかなって」

兄「なにがだめなんだよ」

妹「昨日もね……ほんとは駅まで来てたの……」

兄「駅って? ここの?」





484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 19:37:21.33 ID:BzP6rCYZ0


妹「うん……。馬鹿みたいよね。あれからずっとお兄ちゃんのこと考えてて」

兄「俺も、ずっとお前のこと考えてたよ」

妹「顔見たくなっちゃって。会いたく……なっちゃって……うう」

兄「おい。泣くなよ。ごめんな」

妹「うぅっ……うううぅっ……お……お兄ちゃんが……」

兄「うん……うん」





485: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 19:40:33.82 ID:BzP6rCYZ0


妹「もう心……決めちゃったのかな……って……ううぅっ」

兄「よしよし……」

妹「あれは……あの日だけにするんだって……」

兄「……」

妹「お兄ちゃんが……お兄ちゃんがね……こうするって決めたら」

兄「……」





494: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 20:02:25.02 ID:BzP6rCYZ0


妹「そうだよね……それが普通なんだよね……兄妹だからねって」

兄「……」

妹「わかりました……ってしか言えなくなっちゃうの……」

兄「俺だって、そう納得するしかないんだ……」

妹「土曜に会わなきゃよかったのかな……とか」

兄「……」





496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 20:06:36.34 ID:BzP6rCYZ0


妹「土曜に泊まりに来なきゃよかったのかな……とか」

兄「……」

妹「でも私……お兄ちゃんの気持ち……知りたくて……」

兄「……」

妹「あの日わかって嬉しかったんだけど……でも」

兄「……」





499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 20:09:28.04 ID:BzP6rCYZ0


妹「どんどんみじめな気持ちになっちゃって……うあぁぁーん」

兄「……」

妹「私ひとりで……私ひとりで……なに勝手に考えてたのかなぁって」

兄「ごめん。俺、お前のこと……傷つけたよな……」

妹「違うの。違うの」

兄「うまく言えないけど……俺はお前のことが大事だ」





501: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 20:13:19.48 ID:BzP6rCYZ0


妹「私のことが大事なら、今、抱いて欲しいの!」

兄「抱いてって……今こうしてる」

妹「違うの! 違うの!」

兄「違うのって……」

妹「して欲しいの! 今!」

兄「え……」





526: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 22:00:25.19 ID:jZ6WSrOv0


妹「ごめんね。ほんとにごめんね。ごめんなさい……」

兄「謝るなよ……」

妹「もうわかんなくなっちゃってるの……私」

兄「俺だってわかんないよ。お前、今日、彼氏に抱かれたんだろ」

妹「違う。違うの」

兄「お前はもう抱かれたんだろ!」





529: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 22:06:31.68 ID:jZ6WSrOv0


妹「それ違うから!」

兄「ほんとかよ」

妹「そう思われるのわかってたけど、それ違うから!」

兄「どう違うんだよ!」

妹「言えなかったの!」

兄「何をだよ! 何を!」





534: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 22:10:49.55 ID:jZ6WSrOv0


妹「あんなやつと付き合ったのは、お兄ちゃんがいなくなっちゃったせいだって!」

兄「ふざけんなよ!」

妹「ごめん。お兄ちゃんのせいにしてたの。私が勝手に」

兄「おい!」

妹「だから彼氏とデートかって言われて……私怒っちゃいそうで……」

兄「なんだってんだよ!」





538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 22:17:03.29 ID:jZ6WSrOv0


妹「お兄ちゃんのせいだって……お兄ちゃん以外となんて……」

兄「俺じゃなきゃだめだろ」

妹「だめだよ! でも自信がなくなっちゃったの!」

兄「俺だって自信なんかないよ」

妹「ごめん、全部言わせて」

兄「なんだよ」





540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 22:21:10.95 ID:jZ6WSrOv0


妹「私ね、初めての人はお兄ちゃんって決めてたの……勝手に」

兄「え、そうなのか」

妹「初めてのときは、なにもつけなくても、お兄ちゃんのを受け入れられるようにって」

兄「え……」

妹「クリスマスイブに合わせてたっていうか、合っちゃったっていうか……」

兄「……」





547: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 22:31:29.04 ID:jZ6WSrOv0


妹「だから今日が良かったの……イブにあげたかったの……」

兄「彼氏とはどうだったんだよ」

妹「とっくに別れてるよ。あんなやつ」

兄「なにもなかったのか」

妹「あんなことしたの、お兄ちゃんが最初だから。わかるでしょ?」

兄「じゃあ今日どこ行ってたんだよ。こんな時間まで」





549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 22:36:41.84 ID:jZ6WSrOv0


妹「友達とクリスマスパーティー……。前から決まってたの」

兄「ほんとか?」

妹「ほんと。ほんとなの。だからそれ利用して、ここにって」

兄「それなら最初からそう言えよ……」

妹「『クリスマスイブに抱いてください』って?」

兄「言えないよな。そりゃ……」





552: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 22:42:39.62 ID:jZ6WSrOv0


妹「今日は言っちゃったけどね……全然可愛くない子だよね」

兄「よしよし。よしよし」

妹「よしよし。よしよし」

兄「失恋したような気持ちでいたよ」

妹「……ごめん。困惑させちゃって」

兄「俺さ、日曜にお前が帰ってからさ」





557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 22:51:57.99 ID:jZ6WSrOv0


妹「うん」

兄「本屋に行ったんだよ」

妹「うん」

兄「なんかさ、棚見ててもタイトルが目に入らなくてさ」

妹「うんうん」

兄「これじゃおかしいって、なんか適当に本開いてみても」





559: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 22:58:37.01 ID:jZ6WSrOv0


妹「うん」

兄「文章が目を素通りするんだよな」

妹「私も、日曜の帰り道、なにも目に入らなかった」

兄「楽しかったはずなのにな」

妹「楽しかったことは考えた。すごく嬉しい気持ちになれるの」

兄「ああ」





583: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 23:38:26.50 ID:jZ6WSrOv0


妹「でもだんだん不安になってきて、どうしようどうしようって」

兄「俺はだんだん悲しくなってきて、なかったことにしようって」

妹「それでもずっと、お兄ちゃんのことだけ想ってた」

兄「思ってみたけど、お前のことをうっすら考えてた」

妹「それでね、昨日つい電話しちゃったのね」

兄「それでさ、昨日つい買っちゃったんだよ」





587: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 23:42:52.70 ID:jZ6WSrOv0


妹「なにを?」

兄「まだ言いたくない」

妹「そう。なんで?」

兄「自分が馬鹿みたいだから」

妹「馬鹿みたいなのは、私の方だよ」

兄「あ、今日もこのチョーカーしてるんだな」





590: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 23:49:54.65 ID:jZ6WSrOv0


妹「なに、今ごろ。最初からずっとしてるよ」

兄「目には入ってたけど」

妹「意識できなかった?」

兄「そういや、ずっとサンタの格好だし」

妹「あ、クリスマスプレゼント渡すの忘れてた」

兄「なに?」





593: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 23:54:32.56 ID:jZ6WSrOv0


妹「靴下ある? 綺麗なの」

兄「あるよ」

妹「ちょうど入るぐらいの大きさだから」

兄「持ってくる」

妹「吊るしてよ。ベッドに」

兄「わかった」





597: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/20(日) 23:59:46.76 ID:jZ6WSrOv0


妹「はい。サンタさん来たよ。いい子にしてたかい」

兄「いい子にしてたから、サンタが来たんじゃないのか?」

妹「靴下の中に、プレゼントがあるよ」

兄「わ〜い。サンタさんありがとう、って言えばいいのか?」

妹「プレゼントはバレバレだよ」

兄「わ〜い。なんだろう」





599: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 00:03:41.37 ID:LU1yLfox0


妹「さあ、開けてごらん」

兄「自分で包んだのか、これ?」

妹「サンタさんが魔法で包んだんだよ」

兄「それらしく見えるから恐ろしいな」

妹「今日のパーティーでもおんなじのあげたの。うけてた」

兄「チーズ味か」





602: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 00:10:22.78 ID:LU1yLfox0


妹「当たりか外れかどうかわからないけど。チーズ味好き?」

兄「いや、『うまい棒』はそんなに食べたことないからな」

妹「じゃあ、食べてみる?」

兄「その言い方さ、ドキドキするんだけど」

妹「私も言ってて『あっ』って思った」

兄「『うまい棒』の話に戻るけどさ」





603: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 00:12:54.94 ID:P8rDHbV80

うまい棒久しぶりに食べたくなりました




605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 00:14:14.61 ID:+HYIiLHE0

意識してると彼女が「好き」とか「美味しい」とか「食べる」とか「気持ちいい」とか言うだけでドキっとしちゃうよね、わかるわかる
まぁオレは童貞なんですけど




606: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 00:14:44.10 ID:LU1yLfox0


妹「あれ、『うまい棒』の話じゃなかったの?」

兄「なんか甘くてまずいのがあったのは覚えてる。挑発するなよ」

妹「一個包んでみて、あ、これは使えるって思ったの。挑発はずっとしてるけど」

兄「いくつ包んだんだ? 手握っていいか?」

妹「十個。九個あげてきちゃった。いいよ」

兄「あげたプレゼントはそれだけ?」





611: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 00:29:26.51 ID:LU1yLfox0


妹「他にも用意したけど。『うまい棒』の圧勝だったかな」

兄「安上がりにうけてよかったな。俺のおかげだ。キスするよ」

妹「ラッピングの方が値段高いのよ。中身の方が安くて。キスして」

兄「逆だろ。サンタの格好よりも、中身の方が何万倍も高級だ」

妹「……あっ……んんっ……」

兄「……はぁっ……はぁっ」





615: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 00:37:30.24 ID:LU1yLfox0


妹「なんかね、笑っちゃうの」

兄「笑うなよ。俺は心を決めた」

妹「急にそう言われると、ちょっと待って、って感じちゃったり」

兄「わがままだな」

妹「わがままだよ。知ってるでしょ?」

兄「あのさ、さっきの馬鹿な話の続きするよ」





619: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 00:45:07.48 ID:LU1yLfox0


妹「なんの話だっけ?」

兄「俺が昨日買ったものの話」

妹「全然想像がつきません」

兄「もういいや。直接見せる。ちょっと待って」

妹「隠してたんだぁ」

兄「隠してたんじゃない。しまってたんだ」





621: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 00:52:00.16 ID:LU1yLfox0


妹「え、なにこれ。お洋服?」

兄「開けてみていいよ」

妹「プレゼントなの?」

兄「いや、お前のと言うべきか俺のと言うべきか」

妹「あれ、これバスローブ?」

兄「そう」





630: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 01:05:15.62 ID:LU1yLfox0


妹「あはははは。あはははは」

兄「いきなり笑うなよ」

妹「だってぇ……」

兄「俺そんなこと考えてたんだぜ。お前が泊まりに来たときにとか」

妹「これは私へのプレゼントでしょ?」

兄「Mサイズなら自分でも着れるかなとかって、なんか自分に言い訳もしたんだよな」





631: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 01:05:59.79 ID:LU1yLfox0


妹「これは私へのプレゼント」

兄「おぅ。そうだよ。クリスマスプレゼントだ」

妹「で、お兄ちゃんへのプレゼントは、バスローブを着た子の方。だよね?」

兄「おぅ」

妹「シャワー浴びさせてくれる?」

兄「のぞかないよ」





632: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 01:06:48.49 ID:+HYIiLHE0

の・ぞ・け!の・ぞ・け!




637: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 01:19:10.07 ID:LU1yLfox0


妹「のぞかせちゃおうかなぁ」

兄「そんなにのぞかれたいのか」

妹「少しは。恥ずかしいけど」

兄「楽しみは後でとっとく」

妹「じゃあ、浴びてくる〜」

兄「待ってるよ」





640: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 01:56:39.05 ID:LU1yLfox0


妹「バスローブの人です」

兄「可愛い」

妹「のぞかなかったね」

兄「歌ってた歌、『いきものがかり』の?」

妹「うん。悲しいときに歌って、泣いちゃったりしてたんだけどね」

兄「楽しそうに歌ってたぞ」





642: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 02:03:00.19 ID:LU1yLfox0


妹「うんでも、今もちょっと泣いちゃった」

兄「全然そんな感じじゃないけど」

妹「いろいろ思い出しちゃったの。泣いてるとこ、のぞかれなくてよかった」

兄「そのバスローブ、どう?」

妹「うん。ふわふわで気持ちいいよ」

兄「それはよかった。なんか飲む?」





643: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 02:07:09.54 ID:+HYIiLHE0

くそっ、純愛ラブラブカップルの癖に殺意がわかねえ…




644: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 02:07:50.76 ID:LU1yLfox0


妹「うん。ありがとう。お兄ちゃんは浴びないの?」

兄「俺はさっき浴びた。こうなるとは思ってなかったけど」

妹「このバスローブねぇ、自分じゃまだ似合わないかなぁ、って」

兄「そう?」

妹「シンプルだからちょっと大人っぽくて」

兄「じゃあ大人になればいい」





647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 02:14:07.99 ID:LU1yLfox0


妹「うん」

兄「おいで」

妹「あ、敷いたんだ、バスタオル」

兄「あからさまだな」

妹「電気消そうか」

兄「見えなくなるのはやだな」





649: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 02:19:34.57 ID:LU1yLfox0


妹「ううん、キャンドルがあるの。忘れてた」

兄「へぇ〜。一気にクリスマスっぽくなるな」

妹「サンタはクリスマスっぽくなかったって〜?」

兄「あ、いや、スカートがさ」

妹「スカートが? マッチかライターある?」

兄「いい長さだなって。はいこれ」





650: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 02:25:01.64 ID:LU1yLfox0


妹「でしょ? これ三つ出窓に置いちゃっていい?」

兄「いいよ。火着けようか」

妹「火着けてくれる?」

兄「まだかな。はい着いた」

妹「電気消してみるね」

兄「うぉ」





653: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 02:32:15.62 ID:LU1yLfox0


妹「土曜日のこと、急に思い出しちゃった」

兄「俺も」

妹「いいね、ゆらゆらしてて」

兄「なんかさ、お前最高だ」

妹「そうだといいな」

兄「そうだよ」





655: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 02:41:00.25 ID:LU1yLfox0


妹「じゃあ、最高にして」

兄「そのままで最高なんだよ」

妹「このまま? 裸のまま?」

兄「そう。もっと脱いで見せてくれる?」

妹「うん……」

兄「幻想的って言葉、思い出したぞ」





656: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 02:48:07.46 ID:LU1yLfox0


妹「もっと見てくれる? それだけで感じるから」

兄「見てるよ。お前のこと全部」

妹「ねぇ。もうお願いしないから。委ねるから」

兄「お願いしたっていいんだよ」

妹「全部委ねたいよ」

兄「愛してるよ」





658: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 02:55:31.94 ID:LU1yLfox0


妹「あ……溶けちゃうよ……指が触れただけで」

兄「溶かしてる。お前を」

妹「うん……溶かしていいよ……うんと感じるから」

兄「俺の方も見な。からだ重ねるから」

妹「うん……大好きだよ……欲しかったんだよ」

兄「お前の肌がさ、吸い付くんだ」





660: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 03:03:55.69 ID:LU1yLfox0


妹「このまま包まれちゃうの?」

兄「お前も包むんだよ、俺のこと」

妹「うん」

兄「もう少し触るよ」

妹「うん」

兄「いっぱい感じていいから」





664: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 03:11:34.98 ID:LU1yLfox0


妹「あぁっ……そこ……早く触って……」

兄「この胸が好きなんだ。こんないい形に、よくできてる」

妹「ああぁっ……そう……吸って欲しかったの……」

兄「舌が上手に動かせる気がするんだ」

妹「うん……あっあっ……す すごい いい」

兄「お前の感じるところ全部に……線を引こうか……」





666: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 03:18:32.60 ID:LU1yLfox0


妹「ね……ね……ねぇ……」

兄「足ひろげてごらん」

妹「ぅ……ぁ……み……見せるよ……見てね」

兄「もう溢れてるよ。こんなに。いい子だよ」

妹「いつでも……いつでも……」

兄「もっとゆっくりな」





668: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 03:26:15.84 ID:LU1yLfox0


妹「うん……うん……いっぱい……感じるから」

兄「お前が感じるから……俺も感じる……」

妹「もう……浮いちゃってる……」

兄「そのまま。そのまま。爪先から舐めるから」

妹「ああっ……お兄ちゃん……」

兄「綺麗な足。もっと綺麗にしよう」





670: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 03:37:48.03 ID:LU1yLfox0


妹「ここよ……ここよ……」

兄「腰が動いてる。あそこを開くよ」

妹「うん……うん……」

兄「ああ綺麗だ。すごい綺麗なピンク色だ。ここにも綺麗なとこがあった」

妹「お……お兄……ちゃ……の……触る……」

兄「そう……いいよ……そのまま」





677: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 04:05:19.42 ID:LU1yLfox0


妹「あっあっ……あっ……指……そう……そうよ」

兄「もっと感じな……そう……そう」

妹「お……お兄ちゃんも……溶けて……溶けてよ」

兄「俺の……当てたよ……ゆっくり包んで」

妹「あ……来てくれた……入る」

兄「入る……溶け込む……」





680: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 04:16:53.49 ID:LU1yLfox0


妹「痛くなったけど痛くない……全然」

兄「破った……すごい……絡みつく」

妹「中で……お兄ちゃんの……形が」

兄「全部入れるよ。もう少し」

妹「うん……お願い」

兄「あぁっ……奥までいった……このまま」





681: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 04:21:31.29 ID:LU1yLfox0


妹「ねぇ……もう……ふわふわなの」

兄「動かすよ……」

妹「いいよ……大丈夫」

兄「ああっ……締まるんだ……」

妹「あぁん……あ……ああ」

兄「突くよ。突くよ。突くよ」





684: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 04:31:34.19 ID:LU1yLfox0


妹「いい……そ……そう あ あ あ」

兄「すごい……ぴったりくる……」

妹「いい? いい? あっあっあっ」

兄「いいよ いい ああっ あ ああっっ」

妹「ね? ね? ね? ね?」

兄「いくよ……もう……もう」





687: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 04:38:17.68 ID:LU1yLfox0


妹「うん うん あ あ いぃ あっ」

兄「いくっ いくっ」

妹「あ すき すき あああっ んっ んっ」

兄「うっ ああああっ あああああっ あ」

妹「きて きて」

兄「出す……ああああああっ ああっ ああっ ああっ ああっ」





688: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 04:45:14.62 ID:LU1yLfox0


妹「あぁっ……こんなに……」

兄「はぁっ はぁっ はああっ」

妹「ああぁっ……感じちゃうの?」

兄「ああ……最高だよ……最高だ」

妹「ほんとに? 夢じゃないの?」

兄「お前だから……俺も」





689: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 04:53:46.31 ID:LU1yLfox0


妹「私ね、私ね、ただ痛いだけかと思ってた」

兄「できたよ。ちゃんと」

妹「最初からいっちゃってた。入る前から」

兄「痛くない?」

妹「ピリっとしてるけど、なんか痛くないの。全然」

兄「入れたままでいい?」





690: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 05:00:51.26 ID:LU1yLfox0


妹「まだいて。お話もできるから」

兄「ああ。感じてるのに感覚がない。溶けたよ」

妹「雲の上で喋ってるみたいだよ」

兄「自分が自分じゃないみたいな感じになった」

妹「私も。私がお兄ちゃんになって、私を見てるの」

兄「キャンドルの炎に、なんか運ばれた」





692: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 05:07:33.71 ID:LU1yLfox0


妹「私が痛くないって、お兄ちゃんわかってたよね?」

兄「うん。なんか。わかったんだよ」

妹「これが最初でいいの?」

兄「いいんだろ?」

妹「うん。いいんだけど?」

兄「いいんだよな?」





693: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 05:12:33.48 ID:LU1yLfox0


妹「練習したから?」

兄「お前の言ってることが、俺が言ってるように聞こえるんだけど?」

妹「私もよくわかんない」

兄「お前が準備したからだろ」

妹「そうかもしれない」

兄「お前のそんな顔、見たことなかった」





695: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 05:17:34.42 ID:LU1yLfox0


妹「お兄ちゃんも」

兄「びっくりしてる?」

妹「びっくりしてる」

兄「お前しかいないよ」

妹「私も。お兄ちゃんしかいない」

兄「本当だったんだな。あってたんだな、これで」





696: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 05:21:38.44 ID:LU1yLfox0


妹「うん。なんか。いいみたいだよ」

兄「そうか」

妹「まともじゃないよね」

兄「いや、そうでもないだろ」

妹「ねえ。もうほんとはなんにも言えないの。言葉がいらないの」

兄「うん。俺も」





698: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 05:28:07.35 ID:LU1yLfox0


妹「どうしようか」

兄「いや、まだいいよ」

妹「うん」

兄「繋がったままでいよう」

妹「うん。そうだね」

兄「なんでわかるの?」





699: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 05:33:24.58 ID:LU1yLfox0


妹「私が言ってるから」

兄「ああ」

妹「なんか、すごいね」

兄「愛?」

妹「あのさ、お兄ちゃん好きなんだけど」

兄「あはははは。はは」





700: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 05:38:42.38 ID:LU1yLfox0


妹「止まらないよ」

兄「いいよ。もう少し」

妹「もう少しね」

兄「だいじょうぶ?」

妹「うん、だいじょうぶ」

兄「そろそろ?」





701: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 05:42:58.72 ID:LU1yLfox0


妹「うん」

兄「良かったね」

妹「良かったね」

兄「じゃ」

妹「うん」

兄「抜くよ」





703: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 05:49:08.79 ID:LU1yLfox0


妹「あっ……あっ……いなくなっちゃった」

兄「バイバイ」

妹「また来てくれるよね」

兄「うん。もちろん」

妹「でもまだ繋がってるみたい」

兄「そうだな」





705: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 06:00:28.72 ID:LU1yLfox0


妹「あ、お兄ちゃんの、中からこぼれてきた」

兄「出したんだな」

妹「出るときね、すごいわかったよ。すごい嬉しかった」

兄「俺も。嬉しかった」

妹「あぁ、ちょっと醒めてきた感じ」

兄「キャンドル、いいね」





707: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 06:04:56.04 ID:LU1yLfox0


妹「落ち着くね」

兄「ふぅーーっ」

妹「はぁーーっ」

兄「痛くない?」

妹「気にしてくれてありがとうね。ちょっとヒリヒリするぐらい」

兄「これから痛くなるのかな」





708: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 06:09:36.57 ID:LU1yLfox0


妹「うーん。わかんない。ほんとに痛みがないっていうか」

兄「どんな感じなんだ? ヒリヒリして痛くないって」

妹「うーんとね、ヒザが擦りむけた感じ?」

兄「え、痛そうじゃないか」

妹「でもそこを指で触ってもね、別に痛くないって言ったらわかる?」

兄「う〜ん」





710: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 06:12:59.83 ID:LU1yLfox0


妹「わかんないよね」

兄「うん」

妹「私もよくわかんないの」

兄「次、いつしようか」

妹「あ〜、まだしてるみたいなのに?」

兄「今日はこのまま寝ような」





711: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 06:15:52.82 ID:LU1yLfox0


妹「うん。あ、ちょっと待ってね」

兄「うん。あ、俺も」

妹「キャンドルも消して。はい。手繋いで寝ようね」

兄「うん。繋がった」

妹「おやすみ、お兄ちゃん」

兄「おやすみ」





715: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 06:27:51.63 ID:YUdWeZ5/0

こんなに見ていて暖かくなるセクロスは初めてです




772: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 22:40:40.09 ID:KcdHy7/qO


妹「むにゃむにゃ……」

兄「ツンツン」

妹「んにゃ……んん〜ん」

兄「朝」

妹「ん? うん……」

兄「朝ですが。お姫様」






773: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 22:42:41.32 ID:KcdHy7/qO


妹「はい……」

兄「なんか顔が笑ってるよ」

妹「ふぅ〜……ふぅ」

兄「起こして、悪かったかな」

妹「夢見てた……」

兄「どんな?」






778: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 23:01:07.84 ID:KcdHy7/qO


妹「もう忘れちゃった……」

兄「楽しい夢だったのかな」

妹「あ、なんかね、象に乗ってるの」

兄「お前が?」

妹「うん。それでね、棒っていうか枝みたいなのを持っててね」

兄「うん」





780: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 23:02:45.77 ID:KcdHy7/qO


妹「でもバスローブを着たままなの。夢っぽいね」

兄「うん、夢っぽいな。それから?」

妹「覚えてるのはそれだけ」

兄「象ねえ。どういう意味なんだろう。夢判断と夢占いとかで」

妹「ちょっと気になるなぁ」

兄「でも楽しい感じなら、いい夢なんじゃないか」






782: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 23:10:49.58 ID:KcdHy7/qO


妹「そうね。なんか『行け〜!』みたいな感じだった」

兄「『行け〜!』か」

妹「『行け〜!』ね。怖いものなしよ」

兄「ところでさ。電話。家に」

妹「あ、そうだね。待って。どうしよう」

兄「俺からかけようか?」





784: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 23:12:14.69 ID:KcdHy7/qO


妹「なんて言えばいいかな。『ゆうべお兄ちゃんに処女捧げちゃったの〜!』とか」

兄「それで俺にかわって『仲良くやってるから』とか言うのか」

妹「困ったなぁ」

兄「あんまり困ってないだろ」

妹「めんどくさいだけかもね」

兄「ところで、今日の予定は?」





786: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 23:33:10.12 ID:KcdHy7/qO


妹「今日の予定より、今の気分の方が大事なんじゃないかなぁ」

兄「それで、今のご気分は? お嬢様」

妹「さっきは、お姫様って言ってたよね」

兄「ああ、そう言ったような気がする」

妹「だっこ……」

兄「甘えん坊……」





787: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/21(月) 23:34:07.80 ID:KcdHy7/qO


妹「今日の予定は?」

兄「ああ。昨日からさ、教授がいないんだよ。年末になって研究室がだらけててさ……」

妹「うん、すぱっと言ってみて!」

兄「今日はサボる!」

妹「やった」

兄「ちょっとだけ顔出したり、動物の世話したりするけど」





791: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 00:05:28.18 ID:6AkxcMwlO


妹「外明るくなったけど、まだ気分が残ってるよ」

兄「ああ」

妹「今日がほんとのクリスマスなんだけどね」

兄「そういや、そうだ」

妹「朝起きたら、枕もとにプレゼントがあるの」

兄「サンタさんに感謝の手紙書かなきゃな」




792: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 00:06:39.81 ID:6AkxcMwlO


妹「どうしよう、こんなにおっきいプレゼントもらっちゃった!」

兄「自分でお願いしたんだから、しょうがないだろ」

妹「違うの。違うの。もらえるとは思ってなかったの」

兄「あそうだ、バスローブ、俺のも欲しくなった」

妹「おそろいにしちゃうの?」

兄「うん。俺のはLサイズで。その格好でさ、シャンパンとか飲んじゃったりしてな」





795: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 00:14:52.35 ID:6AkxcMwlO


妹「足、組みながらとかね」

兄「そして小粋なトーク」

妹「夜景が綺麗ね、とか」

兄「ああ、綺麗だ。それよりも君の方が……とか」

妹「ねぇ……」

兄「あぁ……」





796: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 00:16:20.43 ID:6AkxcMwlO


妹「どうしたい……?」

兄「君と同じだよ……」

妹「言ってくれなきゃわからない……」

兄「言わなくてもわかってるくせに……」

妹「もう私、裸だよ……身も心も……」

兄「ああ……俺だって裸だ……君以外、なにも必要ないから……」




800: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 00:26:14.78 ID:BEre0bLn0

こんなに妹がほしくなるなんて
>>1はすんごいなあ




804: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 00:33:35.03 ID:6AkxcMwlO


妹「どうする? ほんとに。お兄ちゃん?」

兄「とりあえずいったん起きよう」

妹「そうだね」

兄「シャワー浴びなよ」

妹「うん。一緒に浴びる?」

兄「難しいだろ。狭いからなあ。お先どうぞ」





817: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 02:53:04.69 ID:6AkxcMwlO


妹「ヘイ!」

兄「その『ヘイ!』ってなに?」

妹「ジングルベル。お風呂場で歌ってたの」

兄「クリスマス〜ヘイ! ってやつか」

妹「そう」

兄「じゃあ俺も浴びてくるから」





818: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 02:54:38.62 ID:6AkxcMwlO


妹「お菓子食べてたよ。こないだ買ったやつ」

兄「ああ。お腹空いた?」

妹「ちょっとだけ」

兄「俺も食う。食べるものがなくて悪いな。後で食いに行こう」

妹「後でって? なんの後かな?」

兄「なんの後にしたいのかな?」





819: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 03:04:39.52 ID:6AkxcMwlO


妹「少しヒリヒリするけど、全然だいじょうぶだと思う」

兄「ゆうべみたいにはできないかもな」

妹「うん。イブの夜の力だったのかな」

兄「別に上手にできたわけじゃないんだけどな」

妹「お兄ちゃん上手だった。ほんと。私のためにしてくれた」

兄「俺のためでもあったんだよ」





821: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 03:06:33.16 ID:6AkxcMwlO


妹「もう一度したいな。一度だけじゃ終わらないために」

兄「そんな目、するんだ」

妹「うん。真剣だもの」

兄「どうなっても知らないよ」

妹「こんなポーズしても?」

兄「見えそう。お前の……」





822: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 03:23:50.35 ID:6AkxcMwlO


妹「乳首? 見えちゃうかな? バスローブで隠してるのに?」

兄「見たいよ……」

妹「ほら、こんなにプルンとしてるよ。私のおっぱい」

兄「ああ。丸くて。綺麗で。全部見たい」

妹「触っちゃいたい? 揉んじゃいたい?」




823: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 03:25:38.70 ID:6AkxcMwlO

兄「触らせろ」

妹「まだだめなの。もっとお兄ちゃんをじらすの」

兄「頼むよ……」

妹「お兄ちゃん、そんな顔してる。興奮しちゃう」

兄「欲しいよ。欲しいよ」

妹「もっと興奮させちゃうの。足ちょっと開いて見せて」

兄「隣に座っていいか?」






824: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 03:27:01.62 ID:6AkxcMwlO


妹「だめ。正面からもっと見て。バスローブはだけちゃうよ」

兄「ああ……おっぱいの先で引っかかってる……」

妹「ずらして見たい? こんな風に?」

兄「もうちょっと。もうちょっとで全部だから」

妹「全部? 全部見たいの?」

兄「見せてよ。早く」




826: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 03:37:25.91 ID:6AkxcMwlO


妹「バスローブ脱いじゃったよ。裸だよ。でも指で隠しちゃうの」

兄「もう隠すなよ……」

妹「じゃあこうね。ぱっ。ぱっ。また隠しちゃう」

兄「もっと……もっと」

妹「もっと? ぱっ。どう? どうかな? ぱっ。また隠しちゃう」

兄「いいよ。すごいいいよ」





827: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 03:39:16.07 ID:6AkxcMwlO


妹「まだこっち来ちゃだめ。おっぱい隠したまま足ひろげちゃうから」

兄「見えた」

妹「また閉じちゃう。でもまた開いちゃうの。ちょっと腰が動くよ」

兄「ああっ。たまんない」

妹「おっぱいも見せちゃう」

兄「あああ」





829: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 03:59:37.75 ID:6AkxcMwlO


妹「感じちゃって。感じちゃって。私こんなにエッチだから」

兄「ああ。可愛いよ。たまらないよ。欲しいよ」

妹「濡れちゃってるの見える? 見せちゃうよ……」

兄「濡れてきてる……光ってる」

妹「こっち来てもいいよ。お兄ちゃん……」

兄「抱きたい。抱きたいよ」





830: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 04:01:08.52 ID:6AkxcMwlO


妹「ここに手入れちゃうね……お兄ちゃん……おっきくなってるよ」

兄「あっ!」

妹「すごい硬いよ。入りたいよね。私の濡れてるとこに」

兄「ああっ……もう」

妹「おっぱい触ってみる? ほら、ツンってなってるよ」

兄「ああ。お前のおっぱいが……もう弾けてる。こんなに」





831: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 04:06:20.60 ID:6AkxcMwlO


妹「すごいでしょ? 大きくなったでしょ? もっといじって……」

兄「手のひらに吸い付く……この弾力が好きだ……」

妹「好きなの? 好きなの? 食べちゃいたいの?」

兄「ああ。食べちゃう」

妹「食べちゃってみて。ペロペロチュウチュウしてみて」

兄「ペロペロペロペロ……」





832: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 04:07:49.08 ID:6AkxcMwlO


妹「あぁ……ねっ……すごいおいしいでしょ?」

兄「おいしい。おいしい」

妹「お兄ちゃんも脱がせちゃうよ。ペニス出しちゃうよ」

兄「あああ」

妹「先の方から透明なのが出てるよ。糸引いちゃうよ」

兄「手が……お前の手が……」





834: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 04:23:04.48 ID:6AkxcMwlO


妹「こう? 両手でこう? これが好きなんだよね?」

兄「そう……そう……そう……」

妹「私の……濡れてるところも、触ってみる?」

兄「こうだろ。こうだろ」

妹「そう……そうよ……そこ……クリトリス」

兄「クリトリスが……膨らんできた」





835: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 04:24:39.16 ID:6AkxcMwlO


妹「あっあっ……もう……横になっちゃうよ……」

兄「食べるよ。食べるよ」

妹「食べていいよ。食べていいよ」

兄「愛してるよ」

妹「愛してる。キスが入れていい合図だよ」

兄「ん……ん……ん」




836: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 04:36:17.96 ID:6AkxcMwlO


妹「お兄ちゃん……来て……」

兄「入るよ……入るよ……ああっ」

妹「あぁ……入ったよ……」

兄「いい……すごい締まってる……」

妹「いいの? 私のがいいの?」

兄「いいよ……いいよ……もう……お前のがいい……」





837: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 04:37:28.11 ID:6AkxcMwlO


妹「あっ……感じる……そこ……なんか……」

兄「ここ……ここ……感じるんだ……」

妹「動いて……動いて……奥まで……」

兄「あああっ……全部……全部」

妹「お兄ちゃん……中で……いっぱい暴れる……」

兄「好きだよ……好きだ……好きだ」





839: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 04:47:03.56 ID:6AkxcMwlO


妹「ねぇ……やっぱり……感じる……感じちゃう……」

兄「感じちゃえ……感じちゃえ……ああっ……ああっ」

妹「いいよ。いいよ。いいよ……あ あ あ」

兄「いっちゃう。いっちゃう」

妹「お兄ちゃん……出して……出して……あっあっあっあっあっ」

兄「いく。いく。出る。ああっ ああああっ ああああっ いった……いったよ……」





840: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 04:48:50.08 ID:6AkxcMwlO


妹「お兄ちゃん……好き……好き……やっぱり好き」

兄「あああっ……あああっ……はああっ……ああっ」

妹「あ……あっ……ああぁ……ああぁ……」

兄「はぁぁっ。好きだ……最高だ……」

妹「お兄ちゃんだけ……お兄ちゃんだけ……」

兄「そうだよ。そうだよ。そうだよ」





842: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 05:07:08.54 ID:6AkxcMwlO


妹「まだじっとしてね……そのまま……」

兄「ああ……」

妹「どうしよう……ほんとに……」

兄「なに笑ってるんだよ……」

妹「だって……だって……」

兄「もう……可愛いよ……可愛いよ……」





843: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 05:08:44.60 ID:6AkxcMwlO


(玄関)

妹「やっとお母さんに電話できたね」

兄「やっぱり着替えてからじゃないとできなっかたな」

妹「裸でいると、バレちゃったりして」

兄「かもな。なにしてんの〜って」

妹「こわいこわい」

兄「こわいこわい」





845: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 05:10:14.94 ID:6AkxcMwlO


妹「やっぱり今日もご飯作るよ。お母さんにもそう言っちゃたし」

兄「うーん。面倒なら出来合いのを買ってくるとかでも」

妹「あそこのスーパー行こうか?」

兄「うん。困ったときはあそこ。なんでもある。コンビニより安い」

妹「じゃあ行きましょう」

兄「おともします」





847: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 05:11:58.34 ID:6AkxcMwlO


妹「ねえお兄ちゃん……次会えるのって、お正月休み?」

兄「うん。ほんとに年内の終わりが見えなくて」

妹「初詣は一緒に行けるね」

兄「うん」

妹「向こうからこっち来るときに、一緒に来ちゃおうかなぁ」

兄「はは。仲良し兄妹だ」





850: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 05:28:08.27 ID:6AkxcMwlO


妹「来年はいっぱい会えるかな」

兄「やっぱり家まで遠いよなあ」

妹「間をとれば、そんなに遠くないよ」

兄「電話もメールもある」

妹「あの電話したのが、ちょうど一週間前かぁ」

兄「濃密なクリスマスウイークだったな」





852: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 05:29:21.00 ID:6AkxcMwlO


妹「一生忘れないよ。一生どころじゃないかも」

兄「この先どうなるかな」

妹「先のこと考えすぎると、わけわからなくなっちゃうって思い知ったの」

兄「今が大事なんだな。いつでも今が」

妹「今はこれでいいのかなって。ほんと、幸せ」

兄「今はご飯食べるのが大事。ほら、スーパーに着いた」





853: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 05:30:54.92 ID:6AkxcMwlO


妹「あれ、クリスマスケーキがすごい安い!」

兄「もはや叩き売りだな。今日がクリスマスだろうに」

妹「ねえお兄ちゃん、ケーキ買って食べることにしない?」

兄「そうするか」

妹「コーヒー買ってく? ケーキにコーヒー」

兄「いいね」





854: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 05:32:12.67 ID:6AkxcMwlO


妹「コーヒーメーカーあったよね。使えるのかな?」

兄「使えるよ」

妹「ペーパーフィルターは?」

兄「一応ある。だいじょうぶ」

妹「じゃ、夜明けのコーヒーを二人で飲もうぜ。いいだろ」

兄「小粋なトークかよ。最近まともなコーヒー飲んでなかったなあ」





855: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 05:35:18.31 ID:6AkxcMwlO


妹「あ、シャンメリーだって。シャンパンっぽいやつね」

兄「これならお前も飲めるな。ノンアルコールだろ」

妹「そして小粋なトーク」

兄「思いつかない」

妹「ダサイぜ、あんた」

兄「買ってくか」





856: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 05:36:52.68 ID:6AkxcMwlO


妹「コーヒーコーヒー。コーヒー豆どこ?」

兄「あっちの方かな」

妹「あれ、こんなとこにバスローブ売ってる」

兄「あはは」

妹「ひょっとしてここで買ったの? あれ」

兄「実はそう」





858: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 06:02:29.76 ID:6AkxcMwlO


妹「じゃあお兄ちゃんの買って、プレゼントしようかな」

兄「ほんと? お金だいじょうぶ?」

妹「だいじょうぶ。お兄ちゃんへのプレゼント資金がまだ残ってるから」

兄「まあ、そんなに高くないからな。お言葉に甘えるか」

妹「うん、じゃあそうするね」

兄「結局、それぞれ自分のバスローブを買うのと同じわけだ」





859: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 06:04:31.14 ID:6AkxcMwlO


妹「しーっ! それ言っちゃだめ!」

兄「すまん」

妹「クリスマスのプレゼント交換です」

兄「プレゼント交換ね」

妹「交換しました。では、包みを開けます。そっちは? うわぁおんなじだ!」

兄「すごい気が合うね。付き合っちゃおうか」





860: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 06:06:06.27 ID:6AkxcMwlO


妹「じゃあ言ってください。ちゃんと」

兄「俺と付き合ってくれ。俺の彼女になってくれ」

妹「うん。彼女になる」

兄「順番がずいぶん狂ったなあ」

妹「今まではお試し期間だったから、ここからで」

兄「かなり試したな。試されたけど」





861: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 06:07:51.10 ID:6AkxcMwlO


妹「あぁ、なんかすごく収穫の多い買い物だった気がする」

兄「クリスマスケーキとシャンメリーとバスローブか」

妹「曲のタイトルになりそうね」

兄「ちょっと長いと思うぞ」

妹「あ、コーヒー入れるの忘れてる」

兄「それもタイトルに入れとけば。ついでに彼氏と彼女も」





862: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 06:09:25.24 ID:6AkxcMwlO


妹「ただいま」

兄「ただいま」

妹「ハンガーハンガー」

兄「ケーキケーキ」

妹「ロウソクロウソク」

兄「食器食器」





864: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 06:10:47.49 ID:6AkxcMwlO


妹「コーヒー入れたよ」

兄「シャンパンも開けるか。えぇい。ポン」

妹「火着けるよ」

兄「うん」

妹「火が着きました」

兄「火が着きました」




865: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 06:12:00.65 ID:6AkxcMwlO


妹「吹いていい?」

兄「一緒に吹こう。せえの」

妹「ふぅっ!」

兄「ふっ!」

妹「メリークリスマス!」

兄「メリークリスマス!」





866: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 06:13:44.02 ID:6AkxcMwlO


妹「それでは、お二人の幸せな門出を祝って、ケーキ入刀です!」

兄「手、重ねればいいのか」

妹「そう」

兄「なんだかすごく馬鹿みたいだぞ」

妹「いいじゃない、馬鹿で」

兄「じゃあ、食べよう」





867: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 06:15:15.48 ID:6AkxcMwlO


妹「ジングルベ〜ル ジングルベ〜ル」

兄「ジングル オール ザ ウェ〜イ」

妹「英語?」

兄「うん。あと忘れた。どうだっけ」

妹「今日は〜楽しい〜クリスマス!」

兄「ヘイ!」


ー完ー





868: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 06:19:30.47 ID:7MchbHqR0

楽しかった





869: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 06:21:53.65 ID:465ZPpdTO

>>1
乙。すごい面白かったよ

俺にもこんなクリスマスがきたらいいのにな




873: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 07:31:06.83 ID:IKbZTVXJO

これは素晴らしい




874: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 07:37:58.35 ID:BEre0bLn0

>>1おつん
あんたはすごい!




875: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 07:38:28.04 ID:Niay8iaEO

あったかくなった




877: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 07:50:39.17 ID:5/KZ5aQSO

乙、すごいイイ雰囲気だった。
次も期待してます。




880: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 08:03:52.30 ID:lVpW/U5ZO

お疲れ様っした
これは永久保存だ…!




883: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 09:12:05.42 ID:u/tpBgpBO

このスレの奴らもみんな幸せなクリスマスがきますように…




884: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 09:53:27.94 ID:sRcIRbWXO

>>1すごくよかった。ありがとう。




886: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 10:56:17.94 ID:ugocfEDyO

>>1すごいよかった。雰囲気GJすぎた。




896: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 15:25:57.34 ID:2XSPajtrO

>>1
乙!
面白かったあぁぁぁぁぁ




906: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/22(火) 19:08:35.07 ID:Kgoe6IBTO

>>1
最高だった




934: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 04:09:20.55 ID:dHfvN7xbO

>>1いいよぉ…いいよぉ




940: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 07:02:55.36 ID:qTKXQc2rO

いいものみれてよかった




949: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/12/23(水) 11:22:58.36 ID:eTTMNNTKO

乙!
今読み終わった
凄く良かったしなんか胸が凄くきゅんとした恋したいな…






カテゴリー兄「」妹「」のSS一覧
管理人のオススメSS
SSまとめアンテナ

 

最新記事50件