過去の良作の再投稿です。
ピックアップ希望のSSがある場合は下記リンクからお願いします
SS宝庫のオススメSS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 17:10:56.09 ID:Iz1gdGCBO
    幼なじみ「男君、もう朝だよぉ、遅刻しちゃうよ〜!」
    ◆
    悪友女「やほー元気ぃ? 今日もノートみしてよー」
    ◆
    ツン嬢「ちょっ、ちょっと貴方、いつも私にやらしい視線送るのやめてくれない!?」
    ◆
    眼鏡後輩「あ……男先輩、こんにちは……///」
    ◆
    クール先輩「やぁ男君また会ったね。調子はどうかな?」
    ◆
    友「はは、お前相変わらずモテモテだよなーw」
    ↑いまこのポジション




 
2 :1:2009/11/25(水) 17:13:08.67 ID:Iz1gdGCBO
    昼休み・食堂――

    男「はあ……毎日毎日女絡みで大変だぜ……」

    友「お前なんっつー贅沢なことを」

    男「いっぺん俺の立場になってみろってんだよ」

    友「黙れっ、誰でもお前みたいなフラグメイカーになれると――」

    幼なじみ「男君、食堂にいたんだね! 今日もお弁当作ってきてるのに」ズンッ

    男「幼っ……お前何でこんなとこまで;」

    幼「ふっふん、男君の行動パターンはお見通しだよ。……あ、もしかして迷惑だったかナ……」

    男「い、いや……まぁいーけどさ」

    友「…………オレはお邪魔虫かな」ガタッ

    男「お、おい友?」

    幼「えっ、ちちち違うよ! 私たちそんなんじゃ」

    友(うまくやれよー)ボソッ

    幼(……う……うん、わかった)

    友「じゃな〜♪」(……ハァ)

5 :1:2009/11/25(水) 17:14:52.77 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    友(まぁ男とは高校で初めて出来たダチだしな)

    友(今さら妬む気持ちなんか起きないけど)

    友(あれはさすがにモテすぎだろ……。あーあオレもカノジョ欲しいな〜)

    クール先輩「!」
    友「わぶっ」ポニョン

    クール「ふむ……君は男君の友人」

    友「わわわわクール先輩!? すすすすみませんっ」(ぶつかった拍子に胸ががが)

    クール「ちょうどよかった、男君はいずこかい?」

    友「えっ……えっと……す、すいません、ちょっと分かんないッス」

    クール「……そうか。生徒会の仕事で相談があったんだが……仕方がない」

    クール「ありがとう、それじゃ」

    友「は、はいっ、副会長のお務めお疲れ様ッス!!」

    友(…………女の子の胸にぱふってもフの字すら立たないなぁオレだと……)


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 17:15:18.01 ID:9l9y8n6PO
    友がいいやつ過ぎる



8 :1:2009/11/25(水) 17:17:07.42 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    男「友、ちょっとここの数学の問題教えてくんね?」

    友「あ? あーここね、オレも手こずった。実はここをこう代入すりゃ一発」

    男「うおそうだったのかサンキュ!」

    友「じゃ今度おごt」
    悪友女「ねー男ー、ここの問題分かる〜?」ズイッ

    男「あ? ああ、ここならさっき分かった。これ代入するんだってよ」

    悪友女「え、そうなの。やっぱ男は地味に頭イイよなー」

    男「いやこれは友が」

    悪友女「おっと、後は自分で解けそうだから頑張ってみる!」

    男「あっおい!」

    悪友女「い、いつまでもバカにしてんなよ、アタシだってやれば出来るんだから」

    男「……いってしまった」

    友「あいつさー、お前に気があるんじゃないの」

    男「バッ、バーカあの悪友女に限ってそりゃねーから!」

    友「はは……は……。……」

9 :1:2009/11/25(水) 17:19:20.76 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    男「……でさ、クニがゴシュって」

    友「マジで? て危なっ」

    眼鏡後輩「キャッ」

    ドンッ バサバサバサ

    眼鏡後輩「ごごごごめんなさい!」カキカキ

    男「い、いや、オレも悪かったから」カキカキ

    友「あーあこりゃ大変だ」セッセッ

    眼鏡「わわわ私、曲がった先に男先輩がいるとは思わなくて……」

    男「い、いや……って俺のこと知ってんの?」

    眼鏡「あ……い、いえ、そ、それは……」

    友(お、こんなとこにも落ちてる)セッセッ

    男&眼鏡「……あ……」(手が重なる)

    友(……えーともうないっぽいな)


11 :1:2009/11/25(水) 17:20:26.22 ID:Iz1gdGCBO
    男「ご、ごめん」

    眼鏡「い、いえそんな///」

    友「もう落ちてないみたいだぜ、ほい」

    男「お、おお、その分と」ヒョイ

    友(あら)

    男「俺の分合わせて、はい、これで全部?」

    眼鏡「は――ハイッ、どうもありがとうございました男先輩!」

    男「いや、礼を言うなら友にm」

    眼鏡「本当に助かりました! ではまた――///」サササーッ

    男「あ……」

    友「……アノ子オ前ニ気ガアルンジャネ?」

    男「バッ、そ、そんな訳ねーだろ。……まぁ、可愛かったケド」

    友「ハハ……ハ……。……」

12 :1:2009/11/25(水) 17:21:32.24 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    捨てヌコ「ミャ〜ミャ〜」

    友「よーチビにゃん。今日も缶詰め買って来たぜ〜」カキャッ スッ

    ヌコ「ミー!」ハグハグ

    友「……やっぱお前、ウチで飼うの厳しいんだわ……」

    ヌコ「……」ハグハグ

    友「オレの自己満足……どころかお前にとっちゃ不幸になるのかもなぁ」

    ヌコ「……」ハグハグ

    友「まぁそうだとしたら……運が悪かったと諦めてくれな」

    ヌコ「……ミー!」

    友「もう食い終わったん? もうねーよ」

    ヌコ「ミャーミャー」

    友「後片付けはしとくから、また明日な〜」

    ヌコ「ミャー……」


14 :1:2009/11/25(水) 17:22:52.68 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    男「ん……? こんなトコに捨て猫一匹発見」

    ヌコ「ミャーミャー」

    男「まだこんなに小さいのに……可哀相だよな」

    ヌコ「ミャー」

    ツン嬢(……! あ、あれは男……と、猫?)

    ◆ ◆ 略 ◆ ◆

    男「本当に悪いな。飼い主になってもらって」

    ツン「フ、フン! 貴方がどうしてもって言うから……」

    男「ああ、ありがとう」

    ツン「そ、そんな別に……///」

    ヌコ「ミャア」

    男「そいつも嬉しがってる」

    ツン「ソイツ、じゃなくてよ。もっと素敵な名前を付けないと……」

    男「ああそうだな……二人で名付け親になるか」

    ツン「……///」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 17:24:14.90 ID:oQUhKAOp0
    見てたら鬱になってきた支援



18 :1:2009/11/25(水) 17:24:19.54 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    友「あれ、チビにゃん? チビにゃ〜ん」

    友「いない……いつもなら呼んだら絶対出てくるのに」

    友「ついに保健所に連れてかれたのかな……他の動物に襲われたとか……」

    友「誰かが引き取ってくれてたらベストなんだけどなぁ」

    友「うん、きっとそうだ。チビにゃん、幸せにな!」

    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    男「よー、クロの奴は元気?」

    ツン嬢「とても元気よ。定期的に栄養摂ってたみたいで、健康状態に問題ないって」

    男「へぇ、あんな子猫が自力で……奇跡だ」



    幼なじみ(……最近男君とツンさん、仲いいナ……)

    友「チビにゃん元気かな……」ぼけーっ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 17:24:40.64 ID:Zc219TUGO
    友…(´;ω;`)
    頑張れ


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 17:33:42.92 ID:JO782gujO
    第三者の視点から見たギャルゲ主人公って憎たらしいのな

    感情移入ってふしぎ!



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 17:47:08.14 ID:BaIF/40b0
    いいとこみんな持っていく奴っているよな
    優しさとか誠意とか気付いてもらえない奴っているよな
    涙…


35 :1:2009/11/25(水) 17:59:00.80 ID:Iz1gdGCBO
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    友「男ー、一緒に帰ろーz」(おっと幼なじみちゃんか)

    男「ん?」

    友「今日もお熱いねーじゃあねー」

    男「お、おいっ」
    幼「も、もう友君///」

    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    友「男ー、一緒に帰……」


    ツン嬢「それでね、すくすく育ってて」

    男「そりゃ良かった。ツンが引き取ってくれたお陰だよな」

    ツン「べ、別にそんな……///」


    友(うーん横槍無粋な雰囲気が出来上がってるな……退散……)

36 :1:2009/11/25(水) 18:00:52.08 ID:Iz1gdGCBO
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    友「男ー、一緒」

    眼鏡後輩「ほ、本当にごめんなさい、私何度も――」

    男「いやーもういいって」

    友(またクラッシュしとる! オレも手伝……)

    男「はい。今日はこの間より枚数少なくて良かった」

    眼鏡「は、はいっ、本当に有難うございましたっ」

    男「いやーいいっていいって。またな」

    友(……)


38 :1:2009/11/25(水) 18:02:12.71 ID:Iz1gdGCBO
    友(い、いや、これで良しだろ。改めて――)

    友「男ー、いっ」

    悪友女「よぉ男! 今日放課後ヒマぁ? 宿題付き合えよ!」

    男「うわ、急に何だよ」

    悪友女「明日締め切りのプリントまだ終わってないんだよー。
     アタシ馬鹿だからさー、ね、お願い?」

    男「な、何で俺なんだよコイツハ」


    友(あ、これ結局引き受けるパターンだ。今日も無理か……)ハァ

40 :1:2009/11/25(水) 18:06:06.86 ID:Iz1gdGCBO
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    友(ん。今日は珍しくフリーか?)

    友「男ー、久々にゲーセン行こうぜー」

    男「あ、わり! 今日は生徒会で手伝いしなきゃいけないんだ」

    友「クール先輩か」

    男「う……まぁ……」

    友「じゃあ仕方ねーなー。また今度な!」

    男「おお!」

    友(しかしコイツの場合『今度』って有り得るんだろうか?)

    友(……まぁ……別に男はなんも悪くないからいっか……)


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 18:09:23.63 ID:mIv3GCTI0
    友もうちょいしたら病み始めるな


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 18:09:24.11 ID:4Nl2GJj1O
    なにこの泣けるスレ…


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 18:11:28.26 ID:M3+Iv12l0
    実際にあるよな、女関係だけでなく仕事でもさ
    こういう事の繰り返しで
    俺は優しさを失っていったんだ


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 18:13:43.85 ID:P2V1JqCOO
    男が事故で死んじゃうならしょうがないよね
    事故ならね

    って思った




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 18:20:04.18 ID:vGr0lLlO0

    俺「(ツンデレ、幼馴染、先輩、メガネっ子が周りにいてその好意に気付かない
    男とかそれなんてギャルゲwwwwwwww)」



    友「お、男〜?」



    俺「(それにおこぼれを預ろうとか魂胆みえみえwwwwwww脇は脇らしくしろよwwwwwwwwwwwwwwwww)」

    俺「(身分相応という言葉をしれwwwwwwwwwwwwwwwwそして男はクール先輩に手を出したらはりたおすぞww
wwwwwww)」

    DQN&リア充「また俺寝たふりしてるwwwwwwゴミ投げてやろうぜwwwww」


    俺「」ビくっ





46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 18:20:54.95 ID:/sXZyWJr0
    >>45
    おいやめろ







    やえmろ


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 18:25:57.99 ID:TCmg6O3BO
    >>45
    (; ゚д゚) ……





    ( ;д; ) ブワッ





54 :1:2009/11/25(水) 18:57:26.63 ID:Iz1gdGCBO
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    友(お……今日はツン嬢と一緒に帰ってる。はぁ、偶然同じ道だよ……)

    友(ふーん……ツンってけっこう近寄り難いイメージあったけど……)

    友(あんな顔するんだなぁ……男の前では)

    友(あ……他校のバカだ。ちょっかい出してやがる)

    友(……おいおいツンさんそんな、ほっとけばいーのに……)

    友(男も軽くあしらって逃げればいーものを……)

    友(あーもー仕方ねーなー)コキコキッ



    DQNA「は? 何カッコつけちゃってんの?」

    男「うっ……」

    DQNB「ねー、オレらそっちの娘に用があんだけどー」

    ツン「この……下衆!」

    友「はいはいはいそこまで〜」

    男「友!!」
    ツン「友君!?」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 18:58:58.93 ID:P2V1JqCOO
    友がんばれ!



56 :1:2009/11/25(水) 18:59:45.09 ID:Iz1gdGCBO
    友「さっきすぐそこにパトカー通ったからさ、君ら自重した方がいいよ」

    DQN「!! ……? ?」
    友(今のうちに早く行け)

    男(おいっ、俺も闘るぞ!)

    友(バカ、女の子の前で暴力沙汰見せるアホがいるか)

    ツン「……」ブルブル…

    男(くっ……)

    友(こういうのオレんが慣れてるからさ、とっととズラかってツンさん慰めときな)

    男(友……すまないっ……)

57 :1:2009/11/25(水) 19:00:57.90 ID:Iz1gdGCBO
    DQNA「……パトカー通り過ぎただけかよ!」

    友「雑魚バカ今頃気付いたか」(イマだっ)

    男「! ツンっ」グイッ

    ツン「えっ? きゃっ!!」ダッ

    DQNB「やろ……」

    友「おっと残念。ここは通れません」

    DQNA「お前さ……ちょっと調子乗りすぎじゃね?」

    友「はーい2名様、路地裏までご招待ー」サッサカサ

    DQNB「おい待てコラァ!!」

    友(ちきしょー、オレに寄ってくんのは不良ばっかだよ……)


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 19:02:38.29 ID:/sXZyWJr0
    かっこよすぎだろ


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 19:06:26.54 ID:144dN2GA0
    まあボコボコにやられて絆創膏貼ってる方が共感できるけどな



60 :1:2009/11/25(水) 19:10:41.15 ID:Iz1gdGCBO
     ――。

    友(そら逃げろーっ)

    DQNA「待てコラァ!」

    友(やれ逃げろーっ)

    DQNB「コイツ…………足おせーぞ!」

    友「そりゃお前らみたいに手ぶらじゃねーし」ザザッ

    DQNA「うっ……このクソが」

    DQNB「止まったんならさっさと財布出せよほら」

    友「来いよ。逃がしてくれないんなら相手してやるから」バサッ

    DQNA「……舐めやがって」

    DQNB「大概にしとけや……」ジリ…

    友(はぁ……オレっていま格好いいのかな……)

63 :1:2009/11/25(水) 19:19:48.54 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    男「ここまで来ればもう……」

    ツン「ハァッ……ハァッ……」

    男「だ、大丈夫か。無理に走らせて済まなかった」

    ツン「私より……友君は……?」

    男「ああ、それなら心配ない、アイツ空手経験者だから」

    ツン「そうなの……?」

    男「そこらの不良じゃ相手にならない程強い。俺の誇れる親友だ」

    ツン「……貴方、友達のことを話すとき、目が輝くのね」

    男「そ、そうか?」

    ツン「うん……素敵だと思う……」

    男「べ、別に……普通だよ……」

67 :1:2009/11/25(水) 19:29:11.45 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    友(つええーよコイツら! 格闘技経験者じゃねーか!!)ハァハァ

    DQNAB「ゼェゼェ……ハァハァ……」

    友(こっちが剛柔使いでこっちが極真かよふざけんな)ゼィゼィ

    DQNA「チェスタアアッ!!」

    DQNB「ゼエエエイッ!!」

    友「フッ! セェッ!!」
     (オレだけ何漫画やってんだよぉ)


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 19:31:59.43 ID:qb9zfK260
    その格闘技経験者の息を切れさせるだけの腕を持つ友に脱帽した


70 :1:2009/11/25(水) 19:38:56.25 ID:Iz1gdGCBO
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
     ――。

    友「か……勝ったぜ……」グラッ

    DQNA「う……てめ……」
    DQNB「覚えてろや……雑魚が……」

    友「へ……へへ……それじゃあばよ……」ヨロ…

    友(うっ……病院行ったがいいかコレ。……!?)



    DQNC「おーおーコイツら相手によく勝ったな」ザッザッ

    DQND「カカカいつも幅きかせといてざまーねーわお前ら」ザッザッ

    DQNE「お楽しみはこれからこれから」ザッザッ

    DQNA「お前ら……来んのおせーんだよ……」

    友「何この展開」

75 :1:2009/11/25(水) 19:50:07.82 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
     ――ツン嬢邸。


    クロ「ミャー」

    男「はは、こいつ甘えてきて可愛いなー」

    ツン嬢「ふふ、覚えてるんじゃない? 拾った日のこと……」

    男「そーかーお前賢いんだなー」

    クロ「ミャー」スリスリ

    ツン「…………」

    男(な……なんかこうしていると夫婦みたいだな……)

    ツン(男君顔が真っ赤……私と同じこと考えてるのかな……)

    男「……///」
    ツン「……///」

    クロ「ミャー」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 19:52:24.38 ID:v/c7nY9d0
    なんか男がムカついてきた



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 19:58:46.61 ID:Zc219TUGO
    逃げた後通報するなり武装して援軍に行ったりするだろ男よ…
    友は…友は…
    てめぇの為に体張ってんだよ馬鹿やろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお



83 :1:2009/11/25(水) 20:02:27.79 ID:Iz1gdGCBO
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    友「……」

    友「………………」

    友「………………………………」



    友「勝ったぜ……」フララッ

    DQNs「うぐぐ……」「が……かっ……」「いてぇよ……」

    友「追加三人が……トーシロじゃなかったら……」ゲボッ

    友「コホッ……マジで死んでたかも……」

    友「やっと……やっと帰イデデッ……やっと帰れる……」

    友「しかも……今度から狙われんだろーなオレ……」ゲハッペッ

    友「明日から帰宅ルート変えるか……」痛ッツ

    友「なんでこんなことになったんだっけ……まいっかどうでも……」ヘクシュン「痛っ」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 20:04:51.97 ID:tJxVsMS/O

    友よ…お前こそ真の漢だ…
    (´;ω;`)ブワワッ


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 20:08:44.43 ID:Zc219TUGO
    へへっ最近涙脆くて仕方ねぇ
    久々に漢を見たぜ

    友あんたの生き方は間違っちゃいねぇ
    ただ人よりも不器用なだけさ


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 20:11:13.31 ID:R/PmevS60
    おまえら友がもてだしたら何だリア充かとか言って
    手のひら返すくせに



97 :1:2009/11/25(水) 20:41:30.94 ID:Iz1gdGCBO
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
     翌朝――。

    男「おいっ友、大丈夫かその顔!」

    友「顔――ああ、この切り傷のこと? これは大したことないよ」

    男「昨日結局どうなったんだ!?」

    友「まぁ、勝ったには勝ったぜ」

    男「そ、そうか……まさか相手が二人で友がそんな状態になるとは……」

    友「いや、最終的に結局5にn」

    悪友女「おはよーっす! おい男、お前昨日何した?」

    男「いきなりなんだよ」

    悪友「幼なじみちゃん、半泣きだったぞ。昨日何かあったんじゃないか」

    男「う……それは……」

    悪友「大人しく告白した方が身のためと思うけどなぁ……」
    (う……アタシ、どさくさ紛れに告白なんて……////)

    友「……はは」
    友(……顔なんかより学ランの下の方が大変な事になってるんだけどなぁ……)


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 20:51:48.47 ID:R/PmevS60

   
女共は会話に割って入んなあああああああああああああああああああああああああああああああああ!


    男もそれに答えんなああああああああああああああああああああああああああああああああああ



116 :1:2009/11/25(水) 21:51:20.63 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    生物教師「気孔の孔という字は穴という意味であり――」

    男「……Zz」
    友「……Zz」

    教員「従って孔辺細胞と間違えやすく――」ピク

    男「Zz」
    友「Zz」

    幼なじみ[ね、男っ、起きないとっ。友君も!]

    男「う……ん……」
    友「……Zz」
    男「ヤバッ」

    教員「そこっ。寝ているヤツ!」

    友「…………Zz」

    男[起きろって。知らねーぞー……]

    友「Zz……うーん……どうせこれも夢落ちだろ……Zz」

    教員「相当疲れているみたいだな。ぐっすり眠らせてあげよう、評点と引き換えに……」

    男「あちゃー……」

117 :1:2009/11/25(水) 21:52:56.39 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    歴史教師「……969年安和の変……」

    友「あんなの……へん……」キリッ
    男「……Zz」

    教師「……参考文献、西宮記……」

    友「さいきゅう……き……」キリッ
    男「……Zz」
    クラスメイト「……Zz……」

     ……。

     キーンコーン カーンコーン

    歴史教師「それじゃ今日はここまで……」

    友「……あれ。あの先生居眠り減点取らなかったっけ」

    男「取らねーよ」

    友「マジで」

    男「後でノート写させてちょ」

    友「やだよ」

128 :1:2009/11/25(水) 22:13:34.97 ID:Iz1gdGCBO
    悪友女「男! さっきの授業ノートみして!」

    男「俺も寝てた」

    悪友「じゃあ友! ノートみして!」

    友「いや」

    悪友「あっ友がノートとってたってー」

    クラスメイト「Mgd!?」

    わらわら

    友「うわよせ何をする――痛っマジで痛い!」

    男「これは諦めるしかないよな」

    友「やめろマジでお前ら痛い! ノート見せる、見せるから離れろ!」

    幼なじみ「はい、男君」スッ

    男「おったまにはお前も役に立つんだな」

    幼「『たまには』は余ーけーい」

    友「いってぇ……ヒビ広がったんじゃねーのこれ……」


138 :1:2009/11/25(水) 22:34:38.82 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    クール先輩「……やぁ、友じゃないか。男君はどうした?」

    友「はあ、今図書館で眼鏡っていう後輩の娘とお喋りしています」

    クール「ふむ。眼鏡図書委員と」

    友「あの娘も生徒会だったんですか」

    クール「そうだが」

    友(ネットワークには事欠かないってことか……)

    友「はぁ……では失礼します」

    クール「あ――待ってくれ」
    友「はい?」

    クール「……そうだな。君、暇なら会室に寄ってみないかい?」

    友人「えっ?」
     (こ、これは……!)

149 :クール先輩は友にも君付け補完で:2009/11/25(水) 22:59:24.12 ID:Iz1gdGCBO
    友「し、失礼しま〜す」

    クール先輩「誰もいないよ。気楽にくつろぐといい」

    友「はい」ドキドキ

    クール「さて……さっそく本題に入ろうか」

    友「な、何でしょうか」

    クール「実は昨日の夕刻、某校の多少素行の悪い生徒たちが君のお世話になったとの情報筋が入ってな」

    友「」ピシッ

    クール「我が校の牙なき学徒が彼等の被害を受けないか危惧している」

    友「……」

    クール「今回までは目をつぶることができるが、次回以降は正直分からない。君は常習でもある」

    友「……」

    クール「今後極力、他校生との暴力的干渉は控えてくれたまえ」

    友「……」

    クール「以上……ん?」


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 23:00:57.98 ID:jtmG/rdK0
    まじむくわれねえ・・・・・


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 23:02:02.57 ID:JH7um99Q0
    ひどすぎるだろ


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 23:02:33.73 ID:DIxaYxUi0
    これは酷い


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 23:03:15.16 ID:tJxVsMS/O
    気の毒過ぎる…


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 23:04:28.72 ID:55AVCc5G0
    大笑いして学校中暴れまわっていいレベル


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 23:04:32.23 ID:fdvXeimC0

    。・゚・(ノД`)・゚・。


171 :1:2009/11/25(水) 23:23:27.43 ID:Iz1gdGCBO
    友「先輩、お言葉ですがそれは確約しかねます」

    クール「ほう。聞こうか」

    友「……昨日振るった暴力は望んだものではなく、友人を助けるために行使したものです」

    クール「友人? 男君か」

    友「はい。そして今後も同様の場面に直面すれば、やはりオレは同じ選択をすると思います」

    クール「……ふむ……」

    友「まぁ、ストレス発散や拳のなまりを解消する意味合いも否定しませんが」

    友「それでも基本的に好戦的ではないつもりです。……先述したような例外を除いては」

    クール「……」

    友「男の親友の友という人間は、そんな奴です。……オレからは以上です」


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 23:26:26.44 ID:JH7um99Q0
    やだ友君イケメンすぎる

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 23:27:12.46 ID:jtmG/rdK0
    くっそおおおおおここにきて大人な友おおおおおおおお



179 :1:2009/11/25(水) 23:28:37.13 ID:Iz1gdGCBO
    クール「……そうか……分かった……」

    友「……」

    クール「君の言うことが真実であれば、万一の際は最大限の考慮を加味しよう」

    友「感謝します」

    クール「……私から以上だが、まだ君に何かあるかい」

    友「いえ、特には」

    クール「では解散だ」

    友「…………ふぅ〜。精神的に疲れたッスw じゃ〜これにてっ」

    クール「……コホン。無粋な言葉だが、君がなぜ異性にモテないのか私には不思議に思える」

    友「! はは、有難うございます。それはオレ自身もですよ。では」ガチャ ――バタン

    クール「…………」

    クール(……もっと早く知るべき人材だったな……)


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 23:30:28.70 ID:GY7Sbbqoi
    >>179
    まさか…友にフラグか?


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/25(水) 23:30:38.90 ID:gGAndqqrO
    友がモテないと知ってるとか
    どんだけ広まってんだよ



211 :1:2009/11/26(木) 00:02:12.74 ID:Iz1gdGCBO
    友「ん……クール先輩……何でオレがモテないの知って……」

    友「あ、男経由か……。……ん……まいっか……」

    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

    眼鏡後輩「先輩って優しいんですね」

    男「そ、そんなことはないよ。ただ気まぐれなだけだ」

    眼鏡「いえ……先輩は優しいです。あの時も、あの時も……」

    男(うう……そろそろ抜け出さないと窓外の連中が;)

    【窓越し】

    幼なじみ「……」じーっ
    悪友女「……」じーっ
    ツン嬢「……」…チラッ …チラッ ソワソワ

    【中庭越し】

    友「おー……」じー……


233 :1:2009/11/26(木) 00:33:43.84 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
     行きつけの外科――


    女医「すごい。全治二週間の怪我が一週間と二日で――」

    友「ええ、鍛えてましたから」

    女医「分かりました。今日で通院は終わりです」

    友「よしゃ」

    女医「ギプスの交換分と軽い鎮痛剤だけ出しておきますね」カリカリ…

    友「あの……もう服着ていいですか」

    女医「え? やだ、ごめんなさいね、どうぞ」

    友「はい、ではお世話になりました」

    女医「ふふ、また来院してね」


    友(はぁ……あの女医さんがまるで天使に思えてくる……)

    友(まぁ欲を言えば………………)

    友(いや……それは初対面の時に言わないと誓ったことだ…………)

    ウィーン/受付「オダイジニー」/ウィーン


240 :1:2009/11/26(木) 00:56:58.42 ID:Iz1gdGCBO
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    ジリリリリリ……カチッ

    友「朝だ……」

    友「ん……外、雨か……洗濯物下ろさなきゃ……」ふあぁ

    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    幼なじみ「朝だよー男君起きてーっ!」

    男「うーんムニャムニャ……」

    幼「問答無用っとおおっ!!」バサッ

    幼「……き……きゃああああああっ!!」///

    男「んー? ってうわっ! かかか勝手に入ってくんなっつったろが!」////

    幼「男君の変態っ!!」

247 :1:2009/11/26(木) 01:09:03.76 ID:Iz1gdGCBO
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    友「今日はチーズトーストでいっか……」

    友「サラダは残ってたっけ……ないな。じゃちょっと刻むか」

    友「ああミルクコーヒーうめぇ。芯からあったまる」

    友「よし……じゃ行くか!」

    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    幼「朝ご飯作っておいたヨ〜」

    男「うわ……朝からすげぇ豪華だな」

    幼「えへへ、もっと褒めて」

    男「世辞抜きですごい。毎日ありがとな」

    幼「いやーおじ様おば様からしっかり言いつかってますから!」

    男「旅行が終わるまでの間だろがっ。ん……しかしこの味噌汁はおいしい」

    幼「ホントに!? へへ、練習した甲斐があったよ///」


249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 01:11:42.74 ID:Ew6Lou5e0

    一人でいることが『出来る』友は強いな



254 :1:2009/11/26(木) 01:20:32.29 ID:Iz1gdGCBO
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    ザーッ――

    友「あーそうだった。雨だった。傘、傘……あれ……買ってなかったっけ……」

    友「ない。気が進まないけどコンビニでビニールの買うか」

    友「でもあれ高いんだよな……治療費のせいで今カツカツだし」

    友「うーんでも濡れて風邪引いたら一人暮らしじゃシャレならんからな」

    友「しゃーない、今日の昼飯はワンランク落とすか……」

    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    男「そんな引っ付くな。危ねーだろ」

    幼「だって濡れちゃうんだもん」

    男「……ったく。高校生にもなって相合い傘とか恥ずかしくねーのかよ」

    幼「女の子の憧れなの!」

    男「一本ずつカサあるんだからそれぞれ使えばいいのに」

    幼「それじゃ道のスペース取るでしょ!」

    男「……まぁしゃーない、か」

    幼「♪」


266 :1:2009/11/26(木) 01:59:44.30 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
     ザーッ――。

    友「よおっ」

    男「よおっ」

    幼「友君、おはようっ」

    友「まっ、朝から一緒のカサでの登校なんてお盛りなことっ」

    男「ち、違うわっ! これはコイツが勝手に……」

    幼「か、勝手にとは何よう、大喜びで入ってきたくせに!」

    男「何をォ」

    友「どーでもいーけど、もう1限始まるぞー」

    男「うわっやべっ」
    幼「急がないと!」

    友(あー……ビニール傘にマーキングすんの忘れた。どうか盗られませんよーに……)



325 :1:2009/11/26(木) 13:54:59.40 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    眼鏡後輩「先輩……」
    男「ん?」

    眼鏡「私、雨の日が好きなんです」

    男「なんで?」

    眼鏡「いつもより落ち着いて本が読めるし、何だかワクワクするし……」

    眼鏡「……それによく先輩に会えるし」

    男「え?」

    眼鏡「い、いえ、別に何でもないです///」

    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
     ザーッ――
    友「雨か……」

    友「今日の体育のソフトボールは中止か……」

    友「怪我が直って久しぶりに参加できると思ってたのに……」

    友「しかも今日でソフト種目最終日だよ……オレの見せ場らしい見せ場が……」

    友「……まぁ……次の種目も練習すればいっか……」
     ――ザーッ――

326 :1:2009/11/26(木) 13:57:44.70 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
     下校時刻――。


    幼なじみ「男君!」
    男「のわっ!」

    幼「ふふーん。行きも一緒なら帰りも一緒だよー?」

    男「相合い傘は勘弁な」

    幼「ええーどうしてー? また愛々傘しよーよー」

    男「恥ずいんだよアレ! 俺も自前のカサあるのに馬鹿みたいだろっ」

    幼「……でも一緒に帰ってくれるよね?」

    男「ま……まーな……」

    幼「それなら許してやるか♪」(久々に登下校で男君独占♪)

    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    悪友女「あちゃー、やっぱビニール傘だとすぐ盗られちゃうかー」ガサゴソ

    悪友女「折れたり曲がったのしか残ってないなぁ……と思ったら新品発見、ラッキー!」バサッ

    悪友女「おーい男に幼なじみ、待てよ〜」バチャバチャ



329 :1:2009/11/26(木) 13:59:06.71 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    友(あ……やっぱない。オレのビニール傘無くなってる)ガサゴソ

    友(今日の昼飯を水とまずいコッペパンで妥協したのは一体)

    友(まぁマーキングしなかった自分が悪いか)

    友(自分の代わりに誰かが濡れずに済んだと考えれば無駄な紛失でもないし)

    友(――でもどうやって帰ろうかな)

    友(校舎内で待つか? でも今より雨足強くなったら困るな)

    友(コンビニで買うのだけはダメだ。完全コストオーバーだ)

    友(仕方ない、走って帰るか。やだなー、雨の日って洗濯物乾きにくいのに……)

    友(カバンを頭に被せて……と。どうか風邪引きませんように……)

    バシャバシャバシャ――


342 :1:2009/11/26(木) 14:24:16.68 ID:Iz1gdGCBO
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
     翌朝――。


    友「……」

    友「……ヤバい……」

    友「頭痛い……身体だるい……鼻もノドも変……」ズズズ

    友「やっぱり風邪引いた……」

    友「……寒い……服の下から寒気がする……」ガタガタ

    友「ケータイ……ケータイ……あった。でも電源切れてる」ズズッ

    友「充電器……充電器……あれ、充電器どこだったっけ……」ガタガタ

    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    男(あれ……まだ友の奴来てないのな。あいつでも遅刻することあんだ)

    男(って、廊下の外にいるのツンじゃないか)

    幼「――でね、ゴシュがクニって」

    男「ちょっとゴメンな」

    幼「あっ、ちょっと男君……ぶー、また他の女の子とー」


351 :1:2009/11/26(木) 15:07:43.78 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    教師「友……友はまだ来てないのか、男」

    男「はぁ何も聞いてないッス」

    教師「先生も何も聞いてないぞ。じゃあサボりか……」

    男(友のヤツ、こういうときは必ず連絡してくるのに……急にサボるなんてどうしたんだ……)

    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

    友「やばい……充電器なくしたっぽい……」ズズズ

    友「ちょっと……ケータイ使えないなんてそんな……」

    友「ううっ……悪寒が……。仕方ない……もうちょっと寝よう……」ガタガタガタ



    友「………………誰か来てくんないかな……来る訳ないか……」ガタガタガタ



354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 15:21:28.67 ID:SbYs3Q5d0
    男自体はあんまり悪く無いじゃん
    でも嫌悪感を抱いてしまうという


355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 15:28:14.07 ID:rq0f5g830
    >>354

    それを人は嫉妬という


368 :1:2009/11/26(木) 16:49:09.07 ID:Iz1gdGCBO
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
    ピンポーン

    友「……」

    ピンポーン

    友「……ん……ん?」

    ピンポーン ピンポーン

    友「だれ゛がぎだ!? う……のどが……」ゲホッゲホッ

    ピンポーン

    友「はあ゛あ゛あ゛い……ダメだ、全然声通ら゛な゛い゛……」

    ピポピポピポピポピンポーン

    友「ま……待っで……身体もだるいから……」ズルズル

    ピンポーン!


375 :1:2009/11/26(木) 17:01:34.60 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    男「……家にもいない、か」

    幼「友君なら大丈夫だって」

    男「しかしケータイつながらない上に家にもいないとなると……」

    幼「……もしかして誰かの家にお泊りしてるんじゃない?」

    男「なっ、友に限ってそれはないぞ」

    幼「分かんないよ〜、友君一人暮らしで行動力あるし」

    男「うっ」

    幼「男君と比べて強いし頭いいし優しいし頑張り屋さんだし」

    男「ううっ……俺は友を信じる……」

    幼「……友君がいないんだったらここにいても仕方ないよ。もう帰ろ?」

    男「くっ……では友よ、ドアノブに差し入れだけは提げておくからな……」

    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    友「ハァ……ハァ……」
    (チャイムが切れた……嫌な予感……)ズルズル


383 :1:2009/11/26(木) 17:15:35.43 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    友「ハァ……ハァ……い゛ま゛出ま゛す……」
    ガチャ――



    ――バタン

    友「……」

    友(はは……相当体力落ちてるな。扉がいつもの3割増しに重く感じたよ)

    友(……誰だったんだろうな。セールスでもいいから誰かと話したい気分だった……)

    友(……あ!)

    友「あ゛っだ!」

    友(充電器! 玄関横の棚にあったのか。やったこれで充電できる! やった! やった!!)

    友「ゲホゴホゲホおええぇっ」

    友(…………やった……これで……ケータイ使える……)


391 :1:2009/11/26(木) 17:30:30.35 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    男「えっ……」

    幼「だから……ツンさんや眼鏡ちゃんとはどんな関係なの?」

    男「べ……別に。お前にはカンケーねーだろ……」

    幼「あ……あるもん……」

    男(お、おい……マジで涙目かよ……)

    ケータイ【♪だからロンリロンリー 切なくてー 壊れそうな夜にさえー】

    男「! 友からの着信……」

    幼「逃げないで……! いま答えてよ……」ポロポロ

    男「うう……」

    ケータイ【♪ロンリロンリー 君だけはー オーリジナルラブを 貫いてぇー…………ピッ】



392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 17:33:21.73 ID:ru1GYzvj0
    死ねばいいのに!死ねばいいのに!



400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 17:37:09.66 ID:PQ1mg8usO
    男は女を蹴ってでも友を助けにいくべき






    じゃないと友が可哀想すぎる(´;ω;`)




406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 17:40:28.00 ID:0hj7S9bC0

    友は幼馴染を殺していい



414 :1:2009/11/26(木) 17:54:05.62 ID:Iz1gdGCBO
    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
    友「う゛う゛……出な゛い゛か……」

    友(他のクラスメイト……)

    友(……アイツはダメだ、神経質な彼女がいる……)
    友(アイツは確か今の時間塾だ……)
    友(アイツは……禁煙説得のときぶん殴ったのまだ根に持ってるからな……)

    友「……」

    友(……電話は諦めよう……。あ。電源切れた。充電……)

    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
     ――修羅場後。

    男「友に電話、電話……くそ、出ないな」

    男「無事でいるといいな……」

    男「! 着信マーク!」

    ツン『もしもし?』

    男「あ……ツンさん……」

    ツン『さんづけしないでって言ったでショ』

    男「あ、ごめん……」

    ――。



415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 17:54:50.31 ID:5O1huf4lO

    これが憎悪か・・・・



423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 18:10:28.81 ID:GpQ+aDkH0
    男「俺さえあの時中に入っていれば友は死なずにすんだんだ…」


    幼「男君のせいじゃないよ…もう帰ろ?」


    クール「そんなに気に病むと君まで調子を崩すぞ」


    ツン「あいつの運が悪かっただけよ」


    悪女友「じゃあ帰りにファミレスでパッとやろう、その方があいつも喜ぶぜ!」


    男「…そうだな」



427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/26(木) 18:17:22.56 ID:1+86lZOPO
    >>423
    おいやめろ


    頼むからやめてくれ……


    ( ;д;) ブワッ



友「男の奴モテ過ぎだろ……」【後編】へつづく

引用元
友「男の奴モテ過ぎだろ……」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1259136656/l50

 
ドラッグ オン ドラグーン3
ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル (通常版) (初回封入特典 プレイアブルキャラとして「吉良吉影」が使用可能になるDLコードがついた「川尻早人メモ」! 同梱)
逆転裁判5
【Amazon.co.jp限定】バトルフィールド 4 Deluxe Edition(コレクタブルスチールブックケース&バトルパック 3種DLC&China Rising 拡張パックDLC同梱)
ドラゴンズクラウン 数量限定特典 アートワーク集「Dragon's Crown Art Works」 付き
モンスターハンター4
超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 (限定版) (ネプテューヌラバーストラップ、シチュエーションCD 同梱) シチュエーションCD 付
ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII

 

SS宝庫最新記事50件