1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:14:02.69 ID:Cf3Y+AYEO
    シン「うわあああああああああああああああああああああああああああ」

    アスラン「落ち着けシン!」

    シン「あんたが純愛エロゲに裏切るからいけないんだ!!!」

    アスラン「ヒーローごっこもののエロゲにこだわりすぎだ!」



スレタイを見て北斗の拳だと思った人・・・


トキならいるからこちらをどうぞ

トキ「北斗神拳で人々を救ってみせる」



 

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:17:10.88 ID:Cf3Y+AYEO
    シン「俺は凌辱エロゲを守ろうとしたのに!救おうとしたのにぃ!!」


    アスラン「もうやめろシン!!」

    シン「野田ー!!」ダッ

    アスラン「シーン!!」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:20:08.82 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「あいつは敵じゃない!」

    シン「敵じゃないから撃つなって言うのかよ!!」

    アスラン「もうやめろシン!お前が本当に欲しかったエロゲはなんだ!」

    マユ『お兄ちゃ〜ん』
    ステラ『シ〜ン』

    シン「妹と電波」

    アスラン「を今すぐプレイするんだ!」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:22:52.79 ID:Cf3Y+AYEO
    シン「wktk」

    アスラン「……インストールが完了した」

    シン「……なんだよ、これ!」

    アスラン「どうした!?」

    シン「こんな汚い絵のエロゲがエロゲなわけないだろ!!」

    アスラン「シーン!!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:26:29.15 ID:Cf3Y+AYEO
    シン「なんだこれ!何食だこれ!!」

    アスラン「256色だったかな?」

    シン「256!?16じゃなくて!?」

    アスラン「よく覚えていない」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:28:53.57 ID:Cf3Y+AYEO
    シン「レトロゲームが好きなのは良いですよ!」

    アスラン「………」

    シン「でもそれを勧めないでくださいよ!これだからヤキン世代は!!」

    アスラン「ふざけるな!!!」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:31:06.18 ID:uibesie50
    キラはPCヲタだからエロゲやっててもおかしくないな


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:31:38.77 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「とにかくやれ!!命令だ!!」

    シン「やりゃいいんでしょ!!」

    数時間後


    シン「つまんなかったですよ、これ」

    アスラン「……!……!い、嫌ならやるな!!!」

    シン「なんですか、それ」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:34:58.85 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「シンが雫をつまらないといった……俺は世代の違いに戸惑う」

    キラ「……いや、あれはつまらなかったよね」

    アスラン「キラ……?お前何を言っているんだ……?」

    キラ「冷静に考えてみるとつまらなかったよね?」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:37:59.63 ID:Cf3Y+AYEO
    キラ「よく考えてみようよ、あれセックス描写しかないでしょ」

    アスラン「そんなことはない!お兄さんや……そう!怪奇現象の究明などサスペ」

    キラ「だから?」

    アスラン「だからって!キラ、お前何を言っているんだ!?」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:40:25.95 ID:Cf3Y+AYEO
    キラ「あれは所詮ありきたりな抜きゲでしかなかったよね?」

    アスラン「………だが、出た時代背景を考えれば!」

    キラ「そんなの関係ないでしょ」

    アスラン「キラー!!」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:43:24.70 ID:Cf3Y+AYEO
    キラ「古い時代の抜きゲは時代が進歩し技術が上がった世界では需要はない」

    アスラン「違う!そうじゃないだろう!」

    キラ「あれは今の時代では立派なクソゲだ!」

    アスラン「………」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:46:42.19 ID:Cf3Y+AYEO
    キラ「個人的には好きだった、瑠璃子さんは僕の初恋の人でもある」

    アスラン「なら!」

    キラ「だけど違う!僕は瑠璃子さんとの思い出を大切にして心にしまっておきたいんだ!」

    アスラン「……キラ……俺は」

    キラ「瑠璃子さんは僕の嫁だ!」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:51:10.35 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「俺が間違っていたんだ……」

    キラ「……もうやめよう、昔のゲームを勧めるのは」


    ディアッカ「初音さんは俺の嫁だからな」

    イザーク「どっちのだ?」

    ディアッカ「女郎蜘蛛 のほう」

    イザーク「なら許してやろう」


    アスラン「………」

    キラ「わかる時代の人だけで楽しめばいいんだよ」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:52:27.11 ID:82SEu4xSO
    本編の方はともかく、このキラの言うことには心の底から同意してしまう


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:53:58.77 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「ダメだ、それは許されない」

    アスラン「レイ!」

    レイ「我々は古いゲームを次世代に残す役割がある」

    アスラン「……お前は世代が違うだろう」

    レイ「俺はラウ・ル・クルーゼだから大丈夫だ」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:56:25.51 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「キラ・ヤマトの言い分も一理ある」

    キラ「………」

    レイ「しかし時代を越えて愛されるキャラがいるのも事実」

    アスラン「………」

    レイ「出会えなければそれは不幸だ」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 18:59:55.62 ID:Cf3Y+AYEO
    キラ「勧めてつまらなかったと罵られるつもり?」

    レイ「他人の勧めるゲームは期待度が上がる
        もしくはそこのバカのように押し付け」

    アスラン「隊長にバカて」

    キラ「バカは黙ってて」

    アスラン「………」

    レイ「自然体にキャラに向き合えなくなる」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 19:02:11.50 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「ただでさえグラフィック的なハンデがあるのにそんなことをされたら」

    キラ「正しく評価できなくなる」

    レイ「その通りだ」

    アスラン「じゃあどうすればいい!」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 19:05:02.82 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「簡単だ、興味を湧かせればいい
        誰もがレトロエロゲをやりたがるそんな世界に」

    アスラン「まさかお前!デスティニープランを!!」

    レイ「あなたは本当のバカですか?同人ゲームを作るんですよ」

    キラ「そうか!そうだよ!」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 19:07:07.38 ID:2YVrViALO
    種キャラにこんな使い道があったなんて



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 19:08:23.40 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「どういうことだ?」

    キラ「アスランもそうだったじゃないか!葉っぱっ子のくせに」

    レイ「あなたたちはもうすでに鍵っ子、葉っぱっ子というより
        鍵オッサンと葉っぱオッサンですがね」

    キラ「やめてよね」

    レイ「いてて!!」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 19:12:06.55 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「あー思い出した!」

    キラ「そう、君もQOHから葉っぱに入ったにわかじゃないか!」

    アスラン「にわか……」

    キラ「ナイトジャンキーが手に入らないよー!キラー!」

    アスラン「わー!!やめろー!!!」

    レイ「ラウの部屋の引き出しの中だ」

    キラ「あるの!?」

    アスラン「マジで!?」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 19:16:20.04 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「つまり俺たちで同人ゲームを作ればいいのか!」

    キラ「プログラムなら任せてよ、FFくらいで十分かな?」

    レイ「FFは行き過ぎだ、新規イリュージョンユーザーが増えるだけだ」

    アスラン「………(俺やることないな)」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 19:16:25.12 ID:hLT7cnzbO
    あれ…俺のメイリンはいつ出てくるの?


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 19:19:31.25 ID:FvWDZqgKO
    >>53
    待て、この流れで出てきたら腐女子化してるかもしれんぞ
    ハァハァしながら鬼畜眼鏡とかやってたらどーすんだよ



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 19:20:34.14 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「あまりやりすぎてもいけない
        あくまでキャラ魅せのための同人ゲームだ」

    キラ「……難しいな……」

    ディアッカ「パンツバーって見せりゃいいんじゃないのー」

    イザーク「貴様は何もわかっていない!ギリギリだ!ギリギリにするんだ!」

    アスラン「ディアッカ!イザーク!」

    ディアッカ「混ぜてよ!」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 19:24:38.77 ID:Cf3Y+AYEO
    ディアッカ「やっぱさ、操作が簡単でやりこみ要素がある格ゲーじゃないのー」

    イザーク「RPGだ!」

    レイ「RPGはダメだシナリオの露出が高い」

    ディアッカ「やっぱ格ゲーだって」

    キラ「プログラム担当の僕が格ゲー苦手だから無理だよ」

    アスラン「いっそ全キャラを登場させた二次創作エロゲでいいんじゃ」

    レイ「隊長は黙っていてください」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 19:31:05.57 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「東方の人気にあやかるのはどうでしょう?」

    ディアッカ「いいんじゃない」

    イザーク「待て!それは俺のプライドが許さん!」

    キラ「………えっ?」

    アスラン「マリオみたいなレトロゲームのシステムに
          レトロエロゲのキャラを組み込めばいいんじゃないかな?」

    ディアッカ「ヒュ〜♪」

    レイ「素晴らしい」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 19:36:45.48 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「スーファミの星のカービィみたいにお供システムつけて」

    イザーク「なんだ!ワクワクしてきたぞ!」

    アスラン「お供は2Pでも使えて、シングルプレイもマルチプレイもあり」

    キラ「うん、いいと思うよ!」

    アスラン「キャラクターごとにマリオUSAみたいに特性を付ける」

    ディアッカ「例えば?」

    アスラン「瑠璃子さんだったら毒電波で敵を洗脳して行動パターン変えたり」

    レイ「みなぎってきました」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 19:42:31.25 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「SEは隊長に任せます、仕様書をまとめてそれから再考案しましょう」

    アスラン「わかった」

    レイ「プログラムはキラ・ヤマトに任せる
        カービィっぽい感じのプログラムを雛型に作って提出してください」

    キラ「わかったよ」

    レイ「二人」

    ディアッカ「おう」

    イザーク「なんだ」

    レイ「休憩」

    ディアッカ「おう」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 20:14:22.05 ID:Cf3Y+AYEO
    ディアッカ「へぇ、シリーズわけて1面4コースねぇ……」

    イザーク「これなら面を増やすだけで追加を入れられるからパッチ制作も楽だな……」

    レイ「素晴らしい……」

    アスラン「プログラムは余計なものが入ってないな」

    キラ「うん、背景をエセ3Dで綺麗にしてるけど中身はカービィのままだよ」

    レイ「ふむ……」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 20:21:33.76 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「登場作品は自分が好きな作品で選ぼう、その方がいい作品ができる」

    アスラン「各自で仕様書を作りキラへ提出だな、仕様書のテンプレは作っておく」

    イザーク「俺は

    ディアッカ「アトラク=ナクア

    キラ「VIPREシリーズ」

    アスラン「雫」

    レイ「………リーフ二作品か……」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 20:24:57.66 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「雫は無しで」

    アスラン「なん……だと……」

    レイ「リーフ二作品は偏りすぎている」

    アスラン「な、なら痕がなしだ!」

    イザーク「却下だ却下!!傷が疼くんだよ!」

    レイ「それに雫で4コース作るのは無理でしょう」

    アスラン「そ、それはそうだが」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 20:28:18.14 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「どうしても雫を却下するのであれば俺はサークルを抜ける!」

    キラ「お疲れ様」
    レイ「お疲れ様でした」

    ディアッカ「サークルだったんだ」

    イザーク「サークルSEEDか?」

    ディアッカ「SEED持ち一人抜けちゃったじゃん」

    アスラン「お前らぁ!!」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 20:32:13.88 ID:Cf3Y+AYEO
    その頃シンは


    シン「ルナー!そのコスプレ似合ってる!」

    ルナ「あったり前よ!」

    シン「写真撮るよー!ルナー!」

    カメコ「マリみてコス!こっちもお願いします!」

    カメコ「こっちも!」

    即売会でリアルギャルゲ展開を楽しんでいた


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 20:35:26.68 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「俺がここで脱退したら死んだニコルになんと言えばいい!」

    ニコル『アスラン……僕のハードディスク……』

    キラ「ニコル……」←殺した人

    アスラン「ハイネだって!」

    イザーク「西川貴教がエロゲやっているとか生々しいからやめろ!」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 20:41:03.04 ID:Cf3Y+AYEO
    ディアッカ「バカな電波な嫁がはぶられたのがそんなにくやしいの?」

    アスラン「あぎゃーーーーーー!!!」

    ディアッカ「うおっ!!刺されるならミリィ!!」

    キラ「ミリィがね、黒人のくせにチンコ小さかったから別れたっていってたよ」

    ディアッカ「………うわあああああああああああああ」

    イザーク「貴様にもブロックワードがあったのか……」

    レイ「マザコン」

    イザーク「ききき貴様!!貴様ァァアアアアアアアアアアアアアアア」


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 20:45:00.62 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「同人ゲーム作りはヒーローごっこじゃない!!」

    ディアッカ「さっさとここから出てけよ!アスラン・ザラ!」

    イザーク「俺のゲームだ!これは!」

    キラ「それでも守りたい嫁がいるんだー!」


    レイ「バカどもめ」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 20:47:09.96 ID:Q6HpdqF8O
    ここでも主役を取られたシン……(´・ω・`)カワイソス



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 20:50:31.61 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「ラスボスを1面1コースで作って雫を参加させればいいでしょう」

    アスラン「それだ!」

    イザーク「結局リーフ二作品か」

    レイ「仕方がありません、隊長が言葉をきかないのだから」

    アスラン「イザークが痕をやめればいい!」

    イザーク「電波!電波電波電波!」

    アスラン「俺は今でも毒電波を受信したい!」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 20:56:07.01 ID:Cf3Y+AYEO
    キラ「ところで君は何にするんだい?」

    レイ「ラウと議長が僕に最初に与えてくれたゲーム、ディヴァインラヴ」

    キラ「ハードな最初だね……」

    レイ「クリアするのに三年かかった……」

    アスラン「ゲーム下手だな」

    キラ「キャッスルファンタジアで詰んだアスランは黙ってて」

    アスラン「そーですよ鳥が血まみれになりましたよ」

    レイ「それはイベントです」

    アスラン「なん……だと……」


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:06:57.12 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「瑠璃子の特性は毒電波、帯域に入った敵キャラを操る」

    イザーク「楓はメインヒロインだから超絶強くした」

    ディアッカ「……楓ちゃんはメインヒロインじゃないだろ……」

    イザーク「どうみてもメインヒロインだろうが!」

    ディアッカ「梓の扱いひっどいし……」

    イザーク「あんな筋肉ゴリラいらん!」

    レイ「彼はダメだ、隊長が痕の仕様書を作りなおしてください」

    アスラン「俺だって梓はごめんだが……」

    レイ「梓好きな人」

    シーン……


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:10:34.71 ID:Cf3Y+AYEO
    キラ「楓→千鶴→初音→梓の順だよね」

    アスラン「いや、彼女は柳原だったかな?あいつにレイプされてたキャラ以下だろう」

    ディアッカ「おっぱいはあるけど魅力はないんだよね」

    イザーク「やつは論外だ」

    レイ「痕屈指の名おっぱい作画のある梓が酷い扱いだ……」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:12:43.77 ID:Cf3Y+AYEO
    ???「待て!!」


    アスラン「お、お前は!」

    イザーク「誰だ?」

    ディアッカ「おっぱい星人だ」


    ムウ「おっぱい星人じゃない!」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:17:54.82 ID:Cf3Y+AYEO
    ムウ「梓最高だろうが!」

    キラ「えー、それはないですよムウさん」

    ディアッカ「おっぱいでかけりゃババアでもいいやつに説得力はないぜ」

    ムウ「……坊主どもは何年痕をやっていない?」

    アスラン「何年ってリメイクやったから3年くらいか……?」

    ムウ「リメイクは糞!!」

    レイ「言い切りやがった……」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:21:05.64 ID:Cf3Y+AYEO
    ムウ「リメイクは糞!!」

    キラ「ダメですムウさん!これ以上はダメです!」

    ムウ「リメイクは糞!!」

    アスラン「もうやめろ!!」

    ムウ「なんだあのヌルッとした作画!!」

    ディアッカ「オッサン!もうやめろ!!」

    ムウ「あんな千鶴さん千鶴さんと認めない!!」

    イザーク「お前みたいな懐古厨がいるから!!」

    ムウ「リメイクは糞!!」


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:24:50.76 ID:Cf3Y+AYEO
    ムウ「雫のリメイクも糞!!」

    キラ「ムウさん、もうやめて!!」

    ムウ「リメイク駄目絶対!!」

    アスラン「ダメですけども!!」

    ムウ「原作レイプ!!」

    イザーク「そうだけど!!」

    ムウ「リーフはもうカス!!」

    ディアッカ「やめろー!!!」


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:28:45.95 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「……助かります、痕の仕様書をお願いします」

    ムウ「そんなめんどくさいことしないよ」

    レイ「………」

    ムウ「バカなことやってんなー坊主ども」

    イザーク「ストライクウウウー!!!」

    ディアッカ「違うから!!」

    ムウ「ストライクはそっち」

    キラ「おおぅ!」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:31:30.17 ID:Cf3Y+AYEO
    イザーク「ストライクウウウー!!!」

    キラ「やめてよね」

    イザーク「痛い!痛いぃ!」

    ムウ「仕様書作る前に作品やり直せバーカ!雑魚デュエル!」

    イザーク「貴様アアアアアアアアアアアア!!」

    ディアッカ「まぁ、デュエルは雑魚いよね」

    アスラン「バスターが言うなよ」


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:34:26.98 ID:CuLTI9kDO
    本編では有り得ないイザークとキラの会話が読めて嬉しいのは末期か…

    イザキラハァハァ


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:35:57.14 ID:Cf3Y+AYEO
    五時間後


    レイ「………痕のテキスト量ならそろそろか」

    ディアッカ「まさか本当にプレイさせるとはねー」

    キラ「………」

    ガチャ

    イザーク「梓イコー!!」

    アスラン「…………」

    イザーク「たまらん!たまらん!」

    キラ「………」

    イザーク「仕様書書き直すー!!」

    ガチャ

    レイ「彼は一体……」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:38:42.51 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「……えっ?」

    キラ「……ぼ、僕たちもやってみようか」

    ディアッカ「そうだな」

    五時間後

    レイ「………一人待ち……」

    ガチャ

    キラ「………」

    レイ「どうだった?」

    キラ「年をとると感覚って変わるんだね……」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:43:00.43 ID:Cf3Y+AYEO
    ディアッカ「でもさ……楓ちゃんは劣化気味だった」

    アスラン「俺も千鶴さんに昔のようなときめきを覚えなかった……」

    キラ「なんだか、凄く鬱だよ……」

    レイ「あなたがたはリアルの彼女がアレだからですよ」

    ディアッカ「病んでる病んでる」

    アスラン「病んでる病んでる」

    キラ「病んでないよ、たぶん」

    レイ「教祖は別の意味でヤバいです」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:46:47.26 ID:Cf3Y+AYEO
    その頃シンは


    シン「ルナー!!なんでOS再インストールしたんだー!!」

    ルナ「エッチなものばっかじゃない!!」

    シン「エッチだよー!!」

    ルナ「ついでに隠してあったROMのいっぱい入ったダンボールも捨てといた」

    シン「うわあああああああああああああああああああああああああ」

    現実と戦っていた


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:51:18.80 ID:Cf3Y+AYEO
    キラ「う〜ん……」
    アスラン「う〜ん……」

    レイ「どうかしましたか?」

    キラ「効果音はあるんだけど、効果音だけじゃ寂しいんだよね」

    レイ「そういうことは完成させてからでしょう……」

    アスラン「気分屋なんだ、キラは」

    レイ「戦場ではとてもそうは思えませんが」

    キラ「スーパーコーディネーターなめないでよね」

    アスラン「ノリノリだったな、嫌だ嫌だと言いながら」


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 21:54:56.30 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「と、言うわけで頼んだ」

    メイリン「……えぇ……」

    キラ「頼むよカガリ」

    カガリ「国家元首をこんな理由で……」

    アスラン「お前らぶっ殺」
    ディアッカ「やめろ!」
    イザーク「やめろ!」
    アスラン「離せ!あいつらぶっ殺す!!」


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 22:03:22.35 ID:Cf3Y+AYEO
    メイリン「でも……」

    レイ「隊長がやろうと言い出したんだ」

    アスラン「お前らだろ!」
    ディアッカ「落ち着けって!!」

    キラ「頼むよ、アスランの頼みだ」

    カガリ「見損なったぞ!」

    アスラン「てめえらいい加減にしやがれ!!」
    イザーク「ゴクドー君になってるそ!アスラン!」


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 22:10:19.92 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「安心しろ、エッチな台詞はない」

    メイリン「……わかりました」

    カガリ「やればいいんだろう!やれば!」

    アスラン「やめろ!!」
    イザーク「落ち着け!」
    ディアッカ「オムライスおごってやるから!」

    キラ「離していいよ」

    アスラン「キラアアアアアアアアアアアアア」

    キラ「やめてよね」

    アスラン「痛い!」


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 22:16:02.43 ID:Cf3Y+AYEO
    メイリン「ぎゃ!!」
    ディアッカ「カット!やり直し!」
    イザーク「もっと感情を込めてやれ!」


    アスラン「そうだ、これはエロ同人じゃなかった」

    キラ「ようやく落ち着いた?」

    レイ「エロ同人に同僚を使う鬼畜なんていませんよ」


    メイリン「あ、あんっ!」
    ディアッカ「グゥレイトッ!チンコビンビンだぜ!」
    イザーク「いいじゃないか!」


    アスラン「………」

    キラ「極光剣くらわせておいでよ」

    レイ「無限でも構いません」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 22:19:56.29 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「………」

    ディアッカ「エロくて悪いことなんてないだろ!」

    イザーク「貴様は堅すぎるんだ!」

    レイ「……あなたが言いますか」

    アスラン「だったらCVを募集しろ!」

    レイ「………」

    アスラン「エロくて悪いことなどない!だが知人を使うな!」

    キラ「た、確かに」


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 22:23:39.32 ID:Cf3Y+AYEO
    イザーク「CV募集か……」

    ディアッカ「何人分?給与は?」

    アスラン「割り勘だ」←赤服

    レイ「いいでしょう」←赤服

    キラ「それしかないよね」←国お抱えニート

    イザーク「ふんっ」←白服

    ディアッカ「勘弁してよ」←平


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 22:30:09.69 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「しかし、ワード単位の給与のエロ声優を20ワード程度で呼ぶのもいかがですか?」

    キラ「だよね」

    アスラン「もうこの場合は報奨金しかないだろう」

    ディアッカ「声優やってみたい腐女子なんてうじゃうじゃいるんだから
           ネットで募集かけて送ってもらえばただなんじゃないのー」

    レイ「個人的に嫌です」

    イザーク「俺も」


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 22:36:01.63 ID:Cf3Y+AYEO
    メイリン「隊長が一声かければ何人か集まるんじゃないですか?」

    アスラン「俺が?」

    イザーク「俺が声をかけた方が効果的だ!」

    ディアッカ「ママとシホくらいしかこないんじゃないのー」

    イザーク「歯を食いしばれ!」

    ディアッカ「勘弁してよ」


    カガリ「帰っていいか?」

    キラ「うん」


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 22:40:49.79 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「ポスターを作ってみました」

    (アスランのポスター)
    アスラン・ザラがエッチなゲーム製作中
    エッチな君、俺と一緒にエッチなゲームを作らないかい?

    アスラン「ふざけるなー!!」

    レイ「よし配布」

    イザーク「よっしゃー!!」

    ディアッカ「数だけは多いぜ!」

    キラ「君がばら撒けというのなら僕は!」

    アスラン「やめろー!!!」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 22:43:58.17 ID:Cf3Y+AYEO
    メイリン「結構集まりましたね」

    女兵士「隊長のために!」
    女兵士「隊長のために!」
    女兵士「隊長のために!」

    イザーク「……数だけは多いな」

    ディアッカ「動揺すんなって」

    キラ「ところでアスランは?」


    アスラン「一体何百枚ばらまいたんだ!!」


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 22:44:18.65 ID:4hcA22kL0
    >>130
    もちろんアスランはベンチに座ってるんですね、わかります。


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 22:49:50.08 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「困ったことがおきた」

    キラ「……ワード用意してないよね」

    ディアッカ「じゃあここに連絡先書いて、必要になったら連絡するから」

    イザーク「お前、詐欺師にしか見えんぞ」


    アスラン「お前らあああ!!」

    女兵士「キャー!隊長ー!」
    女兵士「隊長ー!」
    アスラン「うわぁ!!」
    女兵士「隊長!キャー!」

    キラ「テイクアウトオーケー!」

    レイ「好きに隊長を使うといい」

    女兵士「キャー!キャー!」
    アスラン「待て!やめ」
    女兵士「キャー!」
    メイリン「隊長ー!」
    女兵士「キャー!キャー!」


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 22:57:19.36 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「では各自でワードをまとめましょう」

    キラ「25くらいでいいかな?」

    レイ「う〜ん……テンプレがいるな……SEはどこに行った?」

    ディアッカ「ラブホでナニしてんだろ」

    イザーク「ナニに決まっているだろう」

    キラ「今日は休もうか」

    ディアッカ「だな」

    レイ「………」ガサガサ

    イザーク「貴様!それ悪魔城か!?」

    レイ「ええ、参考になるかと思って買いました」

    ディアッカ「やろうぜ!」

    キラ「休んでる暇なんてないね!」


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 23:01:17.52 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「お前ら!!酷い目にあっ……」

    キラ「zzz……」

    レイ「スー……スー……」

    ディアッカ「グガガガガ……」

    イザーク「ムニャムニャ……レイー……ン……」

    アスラン「修学旅行か!」


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 23:05:54.02 ID:Cf3Y+AYEO
    メイリン「隊長!」

    アスラン「うひっ!?」

    メイリン「昨日隊長にまかれた後戻ったら皆さん楽しそうにゲームしてましたよ」

    アスラン「そ、そうか」

    メイリン「これ隊長に」

    アスラン「手紙?」

    台詞のテンプレ作ってね キラ

    アスラン「………俺も徹夜なんだが」


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 23:13:20.27 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「必殺技用に2種類、究極必殺技用に1種類……
          1つずつ余分に収録しとけば隠し要素に使えるかな?」

    メイリン「お茶です」

    アスラン「技は各自4〜7までで、ボツ盛り込む気満々で10種類収録」

    メイリン「お茶です!」

    アスラン「通常はどうするかな?強弱は分けたくないしなぁ」

    メイリン「お茶!!」

    アスラン「パンチ、キック、武器攻撃ってのも短調だしインターフェイスもそれぞれ違」

    メイリン「………」

    アスラン「アチチッ!!禿げたらどうする!!」


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 23:20:34.17 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「仕様書よくみると穴だらけだな」

    メイリン「ご飯ですよ皆さーん!」

    アスラン「なんだよ○ボタンで攻撃って」

    メイリン「ご飯ですよー!」

    キラ「ご飯か」

    イザーク「ママン眠いよ」

    アスラン「テイルズみたいに技をボタンにセットにするか?いや、面倒くさいのはダメだ」

    メイリン「ご飯ですよー!」

    ディアッカ「うん……」

    レイ「朝か、……昼じゃないか」

    アスラン「レベルアップして……技習得?そんなのつまんないだろ」

    メイリン「飯だっつってんだろ!」

    アスラン「ごめんなさい……」


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 23:24:36.62 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「…………」

    イザーク「なんだ貴様!何を悩んでいる?」

    アスラン「…………」

    ディアッカ「ヒュ〜♪女に会う前のアスランっていつもあんな感じだったな」

    アスラン「…………」

    レイ「だから禿げるんだ」

    キラ「禿げてるの?」

    イザーク「カツラ疑惑もある」

    アスラン「地毛だ!」


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 23:34:53.64 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「通常攻撃に三種のパターンを作ったからきいてくれ」

    レイ「え?そこ?」

    アスラン「攻撃ボタンを上中下段に分ける案
          敵が空中と地上など段を分けて攻めてきた時の判断が重要になる
          ただし技乱発型のゲームになるのは仕方ない」

    キラ「うわ!つまんないね、それ!」

    アスラン「次は攻撃ボタン、防御ボタン、ジャンプボタンとボタンの役割を分ける案」

    ディアッカ「めんどくせ!防御操作なんてやってらんね!」

    アスラン「次は」

    イザーク「没だ没!」

    アスラン「………」


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 23:39:39.77 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「ちょっと型にはめすぎですね、もっと柔軟にいきましょう」

    アスラン「星のカービィの型を思いついたやつは天才だな」

    ディアッカ「武器を振る、技を繰り出すの2つでいーんじゃないのー」

    イザーク「変にこだわって難解で面倒くさいシステムにしたらダメだ!」

    キラ「じゃあ君たちが案を出せば?」

    ディアッカ「アスラン頑張れ」
    イザーク「アスラン頑張れ」


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 23:43:44.91 ID:Cf3Y+AYEO
    メイリン「昨日やっていたゲームを参考にするのはどうですか?」

    レイ「ダメだな、そもそものコンセプトが違う」

    メイリン「そうですか……」

    ディアッカ「やっぱコマンド方式なの?」

    アスラン「そのつもりだが?」

    イザーク「昇竜拳が出せないやつにはできんな」

    アスラン「そんなやついないだろ……」

    イザーク「私だ」

    アスラン「お前か」


164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 23:52:39.62 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「昔のゲームを参考にしましょう」

    アスラン「E缶」

    キラ「Bダッシュ」

    イザーク「声が大きくなる」

    ディアッカ「グラディウスのパワーアップ」

    レイ「ではAでジャンプBで攻撃、Rを押しながら移動でダッシュ
        配置されているパワーアップアイテムを集めてLで解放
        解放は一定時間、集めた数に応じて技が変わり強力になるで」

    アスラン「誘導尋問か」


165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/29(木) 23:59:31.11 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「しかし、ボス戦はどうする?」

    レイ「パワーアップはアイテムと時間制限にします」

    キラ「コース攻略にタイム制限をつければいけるか」

    レイ「雑魚に技を使わずボスまでパワーアップポイントを保つのが焦点」

    ディアッカ「めんどくせ」

    イザーク「よくわからんから作れ!」

    メイリン「ガヤですかあなたがたは」


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 00:13:46.63 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「難易度の設定が難しいな」

    レイ「難易度はちょっとやり込めばできるノーマル
        三回ゲームオーバーが出現条件の初プレイでも十分クリアできるイージー
        ノーマルクリア後に追加されるハード、ベリーハード、ナイトメア
        たくさん用意しておいて損はありませんよ」

    アスラン「ハードをクリアしたらベリーハードじゃなくて
          ノーマルクリアで3つ同時出現か?」

    レイ「えぇ、自信過剰が飛び級して盛り上がるはずです
        各難易度クリアに隠しキャラ追加の特典をつけましょう
        そうすれば攻略に意味が出てくる」

    キラ「クリアできなくてキャラが使えないって理不尽なクレームこないかな?」

    レイ「セーブデータはすぐ流出するでしょうし
        後で隠しコマンドを追加したパッチを配布して情報公開すればいい」

    アスラン「鬼か」


169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 00:24:38.72 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「仕様書まとめたぞ」

    キラ「よし」

    レイ「テキパキ作る」

    ディアッカ「ホントにBGM俺が作んの?」

    イザーク「イラストを描かされるとは……」

    レイ「イザーク、あなたは絵がうまい」

    イザーク「嘘だ!絵なんて描いたことない!」

    メイリン「よしっと!ホームページは完成しましたよ!」

    レイ「今ある分だけサンプルをアップしろ!発売日は二ヶ月後だ!」

    一同「アイサー!」


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 00:31:23.22 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「基本は無料配布だが知名度が低いのがネックだ」

    ディアッカ「無料なの!?」

    アスラン「コンセプトは古き良きゲームを知ってもらうためだからな」

    キラ「どうするんだい?レイ」

    レイ「同人通販サイトにパッケージ版500円の登録をする
        そこからホームページに来た人間に無料だとわからせ
        あとは口コミとネット掲示板で各自第三者のふりをして宣伝だ」

    アスラン「本当に鬼だろ」

    レイ「喋っている暇があるなら隊長はCV収録を手伝ってください」

    アスラン「あ、あぁ」


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 00:38:02.76 ID:d4i816+gO
    あっという間に大手にのしあがりそうだなw
    舵取りが優秀すぐるw


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 00:42:03.01 ID:Cf3Y+AYEO
    イザーク「腕が痛い……小指らへんつった……」

    ディアッカ「音符が音符が攻めてくる……」


    メイリン「これ楽しいです!」

    レイ「3−2でゲームオーバーか……
        キラ・ヤマト!イージーはメイリンでもクリアできるのが条件だ」

    キラ「えぇ……」

    メイリン「私ゲーム下手ですよ」

    レイ「ゲーマーは興味のないジャンルのゲームなどてんで素人だ
        自分が基準だと思って問題ない、自分の仕事をしろ」

    アスラン「しかしこれではノーマルとイージーに差がつきすぎるな……」

    レイ「ベリーイージーモードを作ろう」

    キラ「し、死ぬ……」


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 00:49:06.60 ID:cbeIZEaVO
    レイとアスランが優秀過ぎる

    そして2ヶ月で作曲からプログラムまで併せてゲーム作れとか鬼過ぎる


180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 00:54:02.98 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「ベリーイージーモードか、隊長、隠しキャラに楓を強化してぶち込め」

    アスラン「強化?」

    レイ「最弱難易度をクリアした特典キャラは強キャラ瑠璃子
        それはなぜかわかるか?」

    アスラン「いや……」

    レイ「隠しキャラが出た場合、本能的に人間は隠しキャラを使いたがる
        強キャラ瑠璃子を使い上の難易度に挑戦すれば結果は必ず出る
        自分は上達したと思い込む、上達の喜びを味わわせれば評価はあがる」

    アスラン「鬼過ぎる……」

    レイ「楓を初期選択から外すのは痛いがそれしかあるまい」

    アスラン「仕様書を修正してくる、またキラが怒るぞ……」


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 01:01:26.32 ID:Cf3Y+AYEO
    キラ「ストライキする!」
    イザーク「ストライキイイイー!パッケージなんて作らん!!」

    レイ「ガンダムのOSを数秒で作るキラ・ヤマトがなんという弱音」

    アスラン「発売日を伸ばそう……」

    レイ「ダメだ、面子の能力を把握した上でギリギリ設けたリミットだ」

    キラ「やだ!もう嫌だ!」

    レイ「メイリン」

    メイリン「はい!」

    キラ「これは?」

    レイ「体験版配布後のプレイヤーの評価だ」

    イザーク「俺のは!?」

    レイ「さぁパッケージを作るんだ」

    イザーク「くそう!」


    キラ「………頑張るよ……」


183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 01:06:42.61 ID:Cf3Y+AYEO
    キラ「できた!」

    レイ「体験版の要望をまとめた仕様書だ」

    キラ「…………」

    レイ「テストプレイだ、起きろ」

    ディアッカ「もうこのゲーム嫌だ、やりたくない」

    アスラン「……限界だ」

    レイ「たるんで……くっ!」

    メイリン「レイさん!一番疲れてるのはレイさんなんだから!」

    レイ「いい……気にするな……」

    メイリン「向こうで少し休みましょう……」


    アスラン「やるぞ」

    ディアッカ「おう」


    レイ「ナイス演技だ」

    メイリン「任せてください!」


186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 01:14:24.49 ID:Cf3Y+AYEO
    キラ「ケヒュー……ケヒュー…………」

    ディアッカ「……終わった……」

    レイ「ロットアップしてくる」

    イザーク「あれ、俺が一番働いたんじゃないか?」

    アスラン「一人でパッケージ詰めしてたのか!?」

    イザーク「あれ?」

    レイ「無駄話はいい休むんだ」

    キラ「うん」


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 01:25:45.17 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「………」

    キラ「おはよう」

    レイ「それを聞くのは3度目だ
        起きては寝ての繰り返しで3日経ったぞ」

    キラ「うーん……!3日!?発売日は!?」

    レイ「今日だが、昨日からフラゲで話題はあがっている」

    キラ「おお……スレがちょっとずつ伸びてるね」

    レイ「今日の0時に無料配布も始めた
        ダウンロード数はすでに100を越えた」

    キラ「それって凄いの?」

    レイ「凄いと言えば凄い、一応アスランにミラーの用意もさせている」


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 01:31:06.09 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「…………」

    イザーク「…………」

    ディアッカ「…………」

    アスラン「鯖復旧したよ………」

    メイリン「…………」

    キラ「ミラーに行ってよ!ウチの鯖弱いから!」

    レイ「…………」

    イザーク「鯖落ちた?」

    ディアッカ「落ちた」

    アスラン「…………」

    キラ「ミラーいけー!!」


191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 01:37:26.51 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「…………」

    レイ「メイリン、どうにもならない
        ダウンロードリンクを消しファイルを移動させろ」

    メイリン「い、いいんですか!?」

    レイ「仕方があるまい、謝罪文は告知しろ
        隊長は鯖強化、残りは第三者のフリをして一般ロダにあげて配布しろ」

    キラ「一般ロダの鯖落ちちゃうよ」

    レイ「だから第三者のフリをしてだ」

    アスラン「鬼畜め」


193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 01:41:41.97 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「強化オーケー!予定負荷ギリギリだけどいけるはず!」

    レイ「メイリン」

    メイリン「告知します!」

    ディアッカ「吉祥落ちた」

    イザーク「斧戦争ヤバい」

    レイ「(おかしくね?)」

    アスラン「(レトロ同人にこのアクセスおかしくね?)」

    キラ「(おかしくね?)」


194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 01:48:52.95 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「スレは?」

    キラ「2スレ目……」

    レイ「………」

    ディアッカ「鯖落ちちゃうよー」

    アスラン「(なんだろうこれ?)」

    レイ「……今何時だ?」

    メイリン「22時です」

    レイ「次に鯖が落ちたら2時まで落とす、人の少ない深夜に回して分散する」

    キラ「スレ荒れ始めてるけど?」

    レイ「放っておけ」


195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 01:54:01.67 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「これだ……」

    レイ「やはりな……」

    メイリン「なんですか、これ?」

    アスラン「ネットで自社宣伝してるのがバレてたな」

    レイ「あぁ、突撃スレだ」

    メイリン「突撃?」

    アスラン「VIPだ」

    レイ「晒し上げられてるじゃないか」

    アスラン「この文体はイザークか……」


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 02:00:14.79 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「弱ったな……、これでは深夜のうちに配布も難しい」

    アスラン「飽きるのを待つしかないか」

    レイ「落とせた人間通しで配布しあってくれればいいんだが」

    アスラン「通報祭りだな」

    メイリン「著作権的な注意書きはないはずなんですけどねぇ」

    レイ「ないが、倫理観が強いのが2ちゃんだ」

    アスラン「面白がっているんだ」

    レイ「実際面白い」

    メイリン「イザークさんマジ笑える」

    アスラン「イザークは面白い」

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 02:05:58.81 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「誰を責めるわけでもないでしょう」

    アスラン「そうだな」

    レイ「よく考えてみたらなんでこんなに夢中になってたのかもわからない」

    アスラン「シン、そうだシンだ、忘れてた」

    レイ「忘れときましょう」

    アスラン「そうだな」

    レイ「気づいたら誰かが鯖を立ち上げるの繰り返しで
        どうしても欲しい人だけに配布しましょう」

    アスラン「わかった」

    レイ「お疲れ様です」

    メイリン「お疲れ様です」

    アスラン「お疲れ様」


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 02:06:00.11 ID:m4Yr380xO
    こいつら冷静過ぎと思ったら若干壊れたままか



202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 02:25:29.92 ID:Cf3Y+AYEO
    キラ「………」

    アスラン「どうかしたか?」

    キラ「よくスレが進むなと思って」

    アスラン「ん?partいくつだ?」

    キラ「27」

    アスラン「27?」

    キラ「物凄い非難だけどね」

    アスラン「バグか、要望書までできているじゃないか」

    キラ「パッチ配布くらいやってもいいかな?」

    アスラン「個人の自由なんじゃない?」


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 02:29:29.14 ID:Cf3Y+AYEO
    ガチャ

    レイ「………?」

    キラ「あれ?」

    アスラン「お前鯖管してたのか?」

    レイ「そういうわけではありませんが」

    キラ「パッチ配布していいかな?」

    レイ「ご自由に」

    キラ「結構作ってたんだけど開発用PCじゃなきゃできないところもあるし」

    アスラン「自由だ」


206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 02:34:03.34 ID:Cf3Y+AYEO
    キラ「…………」

    ガチャ

    メイリン「………あれ?」

    アスラン「メイリン、パッチを配布するからサイト頼む」

    メイリン「はぁ……」

    ガチャ

    イザーク「あん……?」

    アスラン「どうしたんだ?」

    イザーク「貴様が作った面より俺の作った面の方が評価が低くては腹の虫が収まらん!」

    アスラン「ディアッカは?」

    イザーク「キラを呼びにオーブまで行かせた」

    キラ「えっ?」


208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 02:37:00.14 ID:Cf3Y+AYEO
    ガチャ

    ディアッカ「………」

    キラ「………どう?」

    メイリン「ダウンロード数どんどん伸びていきますよ」

    イザーク「………」カリカリ

    アスラン「………」

    レイ「………」

    ディアッカ「酷いんじゃないの?」


209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 02:46:00.70 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「………カレラちゃんハメ技できるな」

    キラ「ホントだね、誰だろうこのキャラ作ったの」

    レイ「仕様書からプログラムまでお前だ」

    キラ「そうだった……」

    イザーク「できた!」

    レイ「………マップに中ボス配置?ゲームバランスが狂うぞ」

    イザーク「中ボス欲しいって要望あるからこれでいいんだ!」

    アスラン「2/27000な」

    イザーク「やれキラ!」

    キラ「いいの?」

    レイ「お好きに」


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 02:53:27.16 ID:Cf3Y+AYEO
    ディアッカ「曲追加してくれよ、シロガネ戦は音楽変える」

    アスラン「Going onを変えるのか?」

    ディアッカ「いや、形態変えるときにGoing onに戻すけど」

    アスラン「聞かせろ」

    ディアッカ「おう」

    レイ「古き良き時代のエロゲを紹介する同人ゲームじゃなかったのか……」

    メイリン「いいじゃないですか」


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 03:01:25.83 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「1面追加する」

    イザーク「貴様ァ……」

    アスラン「雫はラストの1コースだけなんだ!俺だって4コース作りたい!」

    イザーク「なら俺はとことん痕面を作り込む!」

    ディアッカ「何を追加するんだ?」

    アスラン「ドリル少女」

    キラ「ブッ!」


215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 03:10:28.97 ID:Cf3Y+AYEO
    アスラン「ドリルで駆け回るアクションゲームがあってもいいじゃないか!」

    ディアッカ「悪くはないけどさー」

    アスラン「メイリンこれを読んでくれ」

    メイリン「はぁ……、銀の螺旋に想いを込めて、うなれ正義の」

    キラ「ブッ!」

    レイ「カットインを増やそう」

    アスラン「カットイン?あれは二種類でいいだろう」

    レイ「地味という声が少なくない、レトロ風味に仕上げすぎた気もする」

    キラ「没ボイス使って技増やす?」

    レイ「やれるか?」

    キラ「当たり前だよ」

    イザーク「問題ない!」


218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 03:16:23.63 ID:Cf3Y+AYEO
    レイ「さっき話したことを仕様書にまとめてくれ」

    アスラン「わかった」

    レイ「各自好きなように担当の面を魔改造しろ」

    ディアッカ「全く別のゲームになりそうだな……」

    レイ「タイトルの頭に『裏』とつけ別作品でリリースする」

    ディアッカ「ひゅ〜♪了解」

    アスラン「やるぞ!」

    一同「オー!」


    終わり



221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 03:19:30.51 ID:4d0lYya6O
    追い付いたらシン不在のまま終わってがよかったよ
    乙。

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 03:21:36.93 ID:P65yTxgyO
    乙。

    俺の嫁、メイリンが大活躍でうれしいぜ


223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/30(金) 03:22:02.63 ID:EpS8XZT/O
    乙!五回ぐらい吹いた



引用元
シン「期待していたエロゲが発売中止……」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1256807642/
 

最新記事50件