1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 10:24:25.63 ID:uuacSDS8O
    男「おはよう女」

    女「あら、男君じゃない。ちょうどいいわ、肩車しなさい」

    男「どうしたんだ?」

    女「あの子が木に引っかかった風船とれなくて困っているのよ」

    男「あれか」ヒョイ

    女「あら、以外と低いのね」

    男「お前から見れば高いんだろ」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 10:28:44.75 ID:h0byQnOh0
    文章読解能力のない俺はどうしたら・・・?




 
6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 10:30:52.34 ID:uuacSDS8O
    男「しかしお前は小さいな」

    女「仕方ないでしょ、体質なんだから」

    男「しかし成長速度が2分の1ねぇ」

    女「ちなみに初潮もまだ、軒並み2分の1みたいだわ」

    男「なんでそんな情報を?」

    女「あら、あなたとの子を産むのだから当然じゃない」

    男「…うわ、俺すげぇ顔赤いぞ」

    女「これでも立派な女性よ、舐めないでほしいわ」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 10:33:17.67 ID:uuacSDS8O
    男「学校到着」

    女「男、抱っこ」

    男「はいよ」ヒョイ

    女「まったく、私の下駄箱の高さには悪意を感じるわ」プンスカ

    男「普通なんだけどな」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 10:34:56.46 ID:h0byQnOh0
    年齢的には犯罪じゃないことはわかった

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 10:38:33.76 ID:uuacSDS8O
    女「ふんっ…」ガラ…ガラ

    男「女、俺が開けるって」

    女「黙りなさい、これっ…は、私との勝負っ…なの」ガラガラ…ガラ

    男「教室のドアも全力か」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 10:40:03.55 ID:/PagJ4YDO
    二十歳になっても小学四年生並みの身体…ゴクリ

    てか、寿命二倍になるんかな


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 10:41:47.18 ID:h0byQnOh0
    高校生だとして、まだ小学2年生ぐらいか


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 10:42:39.96 ID:uuacSDS8O
    女「つ、次は椅子に座らないと…んしょんしょ」

    男「何もかも修行だな」

    女「はぁ、はぁ…まぁダイエットになるわ」

    男「ポジティブだな」

    女「ええ、あなたのためと思えば苦はないわ」

    男「もう、可愛いなぁ!」ナデナデ

    女「や、やめなさい///」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 10:44:51.81 ID:uuacSDS8O
    女「私がおばさんになったらあなたは墓の下ね」

    男「悲しいなぁ」

    女「安心しなさい、私もすぐ同じ墓に入るわ」

    男「できるならお前には長生きして欲しいなぁ」

    女「あら、嬉しいこと言ってくれるじゃない」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 10:49:07.28 ID:uuacSDS8O
    女「男、なぜ席替えというものがあるのかしら」

    男「お前は前の席じゃないと駄目だからな」

    女「そんなのはどうでもいいのよ、男と離れるのが嫌なの」

    男「…」ニヤニヤナデナデ

    女「そ…その顔やめなさい///」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 10:55:16.52 ID:uuacSDS8O
    男「飯だな」

    女「飯ね」

    男「…ウサギのデコか」ニヤニヤ

    女「その顔やめなさい…お父さんの趣味なのよ」

    男「…もしかしてお前だけランドセルで登校してるのも」

    女「…瞳が異常に輝いていたわ」

    男「め、飯食おうぜ飯」

    女「気を使わないでいいのよ」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 10:58:56.09 ID:uuacSDS8O
    女「私がフェラしたら顎が外れそうね」

    男「…まぁ、口が小さいからな」

    女「口を大きくするにはどうしたらいいのかしら?」

    男「…純真無垢な顔でフェラとか言うなよ」

    女「だから見た目で判断しないで、心は立派な女なのよ」

    男「悪かったよ」

    女「わかればいいの。それでフェラなんだけど…」

    男「お前シモネタ好きなだけだろ」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 11:01:30.07 ID:uuacSDS8O
    女「とりあえずリコーダーで練習よ」

    男「まだ引っ張るかフェラ」

    女「…」ピッピピッピ

    男「…」

    女「♪」ピッピピピピ

    男「…」

    女「〜♪」ピューピラリー

    男「なんかお前の親父の気持ちがわかる気がする」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 11:08:10.94 ID:uuacSDS8O
    男「帰るか」

    女「…うん」ウツラウツラ

    男「大丈夫か?」

    女「仕方ない…じゃない…体力も2分の1なん…だ、から…」スヤスヤ

    男「仕方ないな、おぶって帰るか」ヒョイ

    女「…男、好きよ」スヤスヤ

    男「奇遇だな、俺もだ」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 11:19:34.66 ID:uuacSDS8O
    女「しかし私は大丈夫なのかしら」

    男「何がだよ」

    女「あなたとの初夜で果たして満足させられるのかしら」

    男「なっなななな///」

    女「だって多分私の中はキツキツなのよ?あなたがそれで萎えたりしないかと思ってね」

    男「お前そういうのは…///」

    女「あら、赤ちゃんを授かるためには大切なことなのよ、永遠に2人っきりなのか3人以上なのかでは大きな違いが…」

    男「うぅ…はたから見たら小学生からセクハラされてるな、俺」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 11:30:08.55 ID:uuacSDS8O
    しとしとぴっちゃん

    女「雨ね」

    男「雨だな、傘あるか?」

    女「私は小学生じゃないのよ、ぬかりはないわ」

    男「黄色の合羽に赤い長靴…まぁそれなら濡れる心配はないな。もしあれだったら一緒の傘で帰ろうかと思ったが」

    女「…あら、なにかしらこのセンスの無い合羽と長靴は、いらないわ」ヌギヌギ

    男「おいおい…」

    女「さぁ、一緒に帰るわよ」

    男「素直じゃないねぇ」

    女「なんとでもいいなさい。あ、靴ないからおんぶ」

    男「はいよ」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 11:38:13.03 ID:uuacSDS8O
    男「あ、女だ」

    クソガキ「次女が鬼だぞー逃げろー」

    幼女「きゃー!」

    女「ちょ…あなた達待ちなさい…」ゼェハァ

    クソガキ「ばーかばーか」

    女「…待てコラァ!!」

    男「アイツ、今日は小学校でボランティアとか言ってたが…生徒が1人増えただけじゃね」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 11:44:42.07 ID:uuacSDS8O
    女「遊園地デートよ」

    男「まず何乗るか」

    女「コーヒーカップ→お化け屋敷→観覧車をループよ」

    男「あぁ、身長せい」

    女「言わないで」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 11:51:41.07 ID:uuacSDS8O
    女「男、やっぱりお化け屋敷はいいわ」

    男「びびるなって大丈夫だよ」

    女「い、や」

    男「ほら、行くぞー」グイグイ

    女「いーやー!!」プルプル

    係員「幼女を無理矢理連れまわしている不審者を発見!捕獲する!」

    男「ちょま…ぎゃああ!」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 11:57:58.62 ID:uuacSDS8O
    男「いや、この子は女子高生でして…」

    係員「嘘を言うな、だいたい貴様みたいな馬鹿高校生がなぁ…」

    女「私の愛する人の悪口を言わないで、私は高校生よ」

    係員「は?冗談いっちゃ…」

    女「これ、学生証」

    係員「…」

    女「…で、謝罪の言葉が聞こえないんだけど」

    係員「勘違いしてスイマセンでしたぁ!!」

    女「まったく、男君を馬鹿だなんて失礼しちゃうわ。気分が悪くなっちゃった、帰りましょう」

    男「お、おお」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 12:02:37.57 ID:uuacSDS8O
    帰り道

    カァーカァー

    女「あらやだ、観覧車乗るの忘れてたわ」

    男「また来ればいいだろ」

    女「もうあんな所二度と行きたくないわ、あなたが馬鹿にされるのは耐えられないもの。…せっかくロマンチックに観覧車から夕日でも見ようと思っ…わひゃあ!」ヒョイ

    男「俺の肩車じゃ駄目ですかね、お姫様」

    女「…そうね、観覧車なんかよりずっといいわ。なにより…」

    女「私だけの特等席だもの」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 12:11:36.18 ID:uuacSDS8O
    第一部、完


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:07:39.31 ID:uuacSDS8O
    女「まったく、難儀ね学校は」

    男「まあ他のヤツとそんだけ身長差あればな」

    女「…ほしい飲み物が買えないのよ」

    男「ああ、自販機か」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:12:44.99 ID:uuacSDS8O
    男「水泳だな」

    女「溺れるからパス」

    男「せっかく女のセクシーな水着姿を見れると思ったが仕方ない…」

    女「3秒で着替えるから待ってなさい」

    男「計画通り」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:15:09.78 ID:uuacSDS8O
    女「着替えたわよ」

    男「おお…紺スク…」

    女「授業なんだから当たり前でしょ」

    男「もう完璧な小学生だな」ナデナデ

    女「子供扱いしないで、あとなでるなー!」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:17:45.63 ID:uuacSDS8O
    男「さて、授業なわけだが」

    女「先生、質問です」

    教師「はい、女さん」

    女「なんで私だけ浮き輪装備なのですか」

    教師「その方が可愛いからです」

    女「意義あり!」

    教師「ちなみに男さんが自費で買ったものです」

    女「ならいいわ」ウキウキ

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:27:18.35 ID:uuacSDS8O
    女「〜♪」バシャバシャ

    男「あれ、普通に小学生だろ」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:35:22.75 ID:uuacSDS8O
    男「女、水泳楽しかったな」

    女「ええ…」ウツラウツラ

    男「先生、女がお昼寝タイム入りかけてます」

    教師「保健室つれて寝かしとけ」

    男「いくぞ、女」

    女「うみゅ…」ウツラウツラ

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:42:00.26 ID:uuacSDS8O
    女「…」スヤスヤ

    男「こう見ると本当に小学生だよな」

    女「…男、そこはだめぇ」スヤスヤ

    男「前言撤回」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:48:06.43 ID:uuacSDS8O
    男「…っ寝てた!?」

    女「ずいぶん遅い目覚めね、男君。あまりに遅いから膝枕しちゃったわ」

    男「うお…起きてたのか」

    女「ええ、けどあなたはしばらく寝てなさいな。私の膝の感触を味わうといいわ」

    男「…おお」

    女「…と格好つけてみたけど、男君ごめんなさい。そろそろ膝が…膝が…」

    男「筋肉もないんだから無理すんな!」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:58:58.65 ID:uuacSDS8O
    女「身体測定…」

    男「ついにこの日が来たな…」

    女「…じゃあ、行ってくるわ」

    男「生きて帰ってこいよー」

    保健室

    女医「ちょっとー子供紛れこんでるわよー」

    女「女子高生です」

    女医「いや、でも…」

    女「女子高生です」

    女医「…マジ?」

    女「すっごくマジ」

    女医「…じゃあまず身長から計ります」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:05:27.26 ID:uuacSDS8O
    男子控え室

    男「だからメダロット最強だから」

    男友「ふざけんなサイボーグクロちゃんなめんな」

    ガラッ

    女「男!背が増えたわ!」

    男「うわぁああああ!隠せよ!」

    女「仕方ないじゃない、ブラはつけられないんだもの」

    男「それ以前に来るな!」

    女「喜びは分かち合いたいじゃない」

    男「とりあえずこれ着ろ」

    女「ドリルと裸Yシャツは漢のロマンなのよね、私をどうするつもり?」

    男「言ってる場合か」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:11:43.34 ID:Yg/5zastO
    女「おはよう、男君」

    男「おはよう」

    女「のんびり登校もいいけど、このままだと遅刻してしまうよ?」

    男「大丈夫、いつもこのくらいだから」

    女「そうなのか。なら、私もご一緒させてもらうかな」



    女「……嘘つき、遅刻したじゃないか」

    男(女さんの歩幅を考えてなかったなんて言えない……)

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:22:27.52 ID:uuacSDS8O
    男「デートだな」

    女「ええ、デートよ。今日は私が料理を披露するから買い物に行くわ」

    商店街

    女「牛挽き肉、400グラムください」

    肉屋「お兄ちゃんと買い物?偉いね〜100グラムおまけしちゃう!」



    女「怒ってないわよ」

    男「牛挽き肉、握りつぶさないようにね」

    女「ええ、善処するわ」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:24:31.61 ID:PHWaMCQM0
    こういう女の子が俺の目の前に現れてくれないんだけど


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:26:42.53 ID:8gYASlAMO
    >>81
    涙ふけよ。


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:28:03.38 ID:FHHR1taQ0
    >>81
    どんまい


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:30:17.56 ID:Y84HAj9FP
    >>81
    信じて努力すれば夢はかなうってばっちゃが言ってた


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:31:23.41 ID:uuacSDS8O
    男「かき氷でも食うか」

    女「ええ、そうしましょう。私はイチゴで」

    男「ぶどうソーダ練乳金時で」

    女「美味しいわ」シャリシャリ

    男「クソ甘い」シャリシャリ

    女「…」シャリシャリ

    男「…」シャリシャリ

    女「…」シ…ャリ…シャリ

    男「…」シャリシャリ

    女「…お腹が痛い」

    男「だから無理すんなって、ほらトイレ行くぞ」

    女「…うぅ」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:34:29.10 ID:1VgOynrW0
    おとこの食ってるかき氷が理解できない


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:40:48.50 ID:uuacSDS8O
    >>77
    ぶどうソーダ練乳金時


    男「ぶどうソーダ練乳金時の作り方ー」

    女「わー」

    男「まず氷をしこたま用意して削ります」

    女「男君、腕力が足りないわ」ガ……リ

    男「俺がやるよ」ガリガリ

    女「たくましいわね」

    男「氷が削れたらファンタぶどう味と練乳、金時をぶっかけます」

    女「男君、プルタブ…っが」プルプル

    男「はいよ」プシュ

    女「ありがとう」

    男「完成です」

    女「はぁはぁ…だいぶ体力がいるわね」

    男「小さい子はお家の方と一緒にって…冗談だから冗談だかアッー」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:46:45.09 ID:Yg/5zastO
    男「暇だな……」ボー

    女「こらこら、今は掃除中だよ」

    男「掃除を真面目にやる男子なんてほとんどいないよ」

    女「周りは関係ないだろう?決めるのは自分だ」

    男「女さんも当番のはずだけど、箒は?」

    女「だから言ったじゃないか。やるやらないは自分で決めるって」

    男「大きな箒しかなかったの?」

    女「……」コクリ

    男「そっか……」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:50:10.80 ID:uuacSDS8O
    女「お父さん…コレは?」

    父「ブルマだ、手に入れるのに苦労したんだぞ」

    女「…コレも?」

    父「ネコミミだ、案外楽に手に入った」

    女「どうしろと?」

    父「それで走り高跳びしてくれ、お父さんビデオに収めるから」

    女「…」

    父「男君も喜ぶと思うぞ」

    女「バーの高さはこれくらい?」

    父「ああ、OKだ」

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:55:07.38 ID:PHWaMCQM0
    素晴らしいお父様をお持ちですね


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 15:00:28.94 ID:uuacSDS8O
    女友「やぁ女ちゃん、今日も可愛いねぇ」ナデナデ

    女「やめなさい巨人!」

    女友「私、普通だよ?」

    女「男君と同じ身長というだけで万死に値するわ」

    女友「なんで?」

    女「…だって、私よりお似合いって思っちゃうじゃない」ボソッ

    女友「…可愛いぃいいいいなぁあああ!」抱きナデナデ

    女「は、はなしなさいっ///」

    男「俺ってヤバいくらい幸せ者だなぁ」

    男友「おう、死ね」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 15:07:55.88 ID:uuacSDS8O
    女「男君、私の家のお風呂が大破したから貸してくれるかしら?」

    男「いいぜ」

    女「じゃあ一緒に入りましょう」

    男「…え?」

    風呂場

    女「1人だと溺れちゃうのよ」

    男「いつもは親父さんと入ってるのか」

    女「冗談言わないで、心も体も許す異性はあなただけよ」

    男「…抱きしめていい?」

    女「構わないわ」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 15:10:23.89 ID:uuacSDS8O
    お出かけしてきます

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 16:34:17.99 ID:hpkdUAB6O
    書き手カモン


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 16:56:57.50 ID:TKYlnZp5O
    店員「いらっしゃいませ」
    女「ワンカップふたつと柿の種が欲しいわ」
    店員「あのね、お姉ちゃん。お姉ちゃんはまだお酒買っちゃいけないんだよ。」
    女「わたしはもう子供じゃないわ」
    店員「お使いかな?今度はおうちのひとと来てね」
    女「だから…」ピロピロピローン
    店員「いらっしゃいませ」
    男「買い物にしては遅いから来てみたら…」
    女「この店員、わたしが成人してるって信じないのよ」
    男「仕方ないだろ?そんななりだからな」
    男「こいつはもう大人なんです 体が小さいだけで判断しないでもらえますか」
    店員「(ケッ)失礼しました ありがとうございました」ピロピロピローン
    女「…(身体だけでかいだけじゃないのね)」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 17:28:45.43 ID:TKYlnZp5O
    女「おにぎり握ったわ」

    男「いただきます」モグモグ

    男「一口サイズで食べy」バチン

    女「…馬鹿にしないで」

    男「ごめん… でもやさしい味がするな」

    女「そうよ 食べやすいように握ったからよ」(こんな事で腹を立てるなんてばかみたい)

    高校生って設定なんだな保守


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 17:04:07.69 ID:8gYASlAMO
    男「くっそ!とどかねぇ!」

    女「はいはい、取ってあげるわよ。」

    男「すまん、ありがとう。女」
    女「別に気にしなくていいわよ。」ナデナデ










    女「ハッ!…夢か……。」


    むすがしい>>1すげぇよ
    保守

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 17:27:19.35 ID:uuacSDS8O
    ただいま、保守ありがとう感謝の極み

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 17:35:47.75 ID:uuacSDS8O
    女「料理をします」

    男「はい、踏み台」

    女「ありがとう、感謝するわ」

    女「ミジンソード」トンタントンタン

    男「危ないって、ちょっと手貸して」トンタントンタン

    女「フライパンを…ふんっ」プルプル

    男「はい、一緒にやろうね」ジュー

    女「できたわ、はんばーぐ」

    男「途中手伝いすぎた、すまん」

    女「共同作業って考えたら悪い気分じゃなかったわ。さ、食べましょ」

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 17:48:51.03 ID:uuacSDS8O
    男「…なぁ」

    女「…なによ」

    男「…幼稚園児?」

    女「お父さんが昨日買ってきたの」

    男「…なぜ着る?」

    女「あなたが気に入ると思って」

    男「写真撮っていい?」

    女「綺麗に撮ってね」

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 17:57:19.18 ID:uuacSDS8O
    女「水族館ね」

    男「水族館だよ」

    女「ペンギンが歩いているわ」

    男「名物らしいよ」

    係員「では今からペンギンの握手会を始めますー」

    子供「わいわい」

    女「…」ウズウズ

    男「…ならぶか?」

    女「…まぁ、たまには童心にかえるのもいいわね」ウキウキ

    男「(抱きしめてぇ)」

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:09:22.39 ID:Cue3gZ/40
    男「飲む?」

    女「飲まない」

    男「せっかく成人したのに」

    女「体に良くないわ」

    男「うちの親父は中学で飲んでたって話だぜ」

    女「それはあなたのお父さんが阿呆なの」

    男「まあそうだけどね」

    女「あと20年待って」

    男「長いなぁ」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:28:44.85 ID:uuacSDS8O
    女「凄いことに気づいたわ」

    男「なんだよ」

    女「二十歳からはお酒が飲めるでしょ?」

    男「ああ」

    女「けど精神二十歳の私は身体十歳だから、体中に与えられる不の影響は十歳の女の子のそれとなんら変わりはないのよ!」バーン

    男「じゃあ四十歳まで待つよ、その時一緒に始めての酒を飲もう」

    女「嬉しいこと言ってるじゃない」



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:48:40.60 ID:uuacSDS8O
    女「ネタが尽きたわ」

    男「ネタください、お願いします」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:52:00.12 ID:1gK9xBLK0

    【空梅雨】 【阿弥陀来迎】 【一向一揆】 【磔】 【鏡】 【形見】 【うちわ】 【扇風機】

    【何もしない】 【ひな祭り】 【ひまな釣り】 【この恋だけは】 【友に相談】 【決闘】 【恋敵】

    【あなたが幸せなら】 【正夢】 【スク水(旧)】 【信じる】 【修学旅行】 【林間学校】


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:52:23.77 ID:8GEDj/iM0
    服屋で云々


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:53:34.28 ID:pMGZqm0z0
    20年後…


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:59:41.25 ID:uuacSDS8O
    >>114すげぇ
    【鏡】


    女「姿見って嫌い」

    男「なんで?」

    女「あれを見る度に自分とこの世の標準がズレてることを思い知らされるわ」

    男「…あぁ、鏡の大きさね」

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:04:47.62 ID:uuacSDS8O
    >>115
    服屋で云々


    男「デパートでデートか」

    女「そうよ、あなたと私の服を買う…」

    男「…どうした?」

    二階:子供服売り場
    九階:紳士、男性服売り場

    女「…上り下り大変ね」

    男「まぁ…確かに」

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:06:32.62 ID:uuacSDS8O
    >>116
    20年後…


    女「あなた、行ってらっしゃい」チュ

    隣「お隣の娘さんお父さんと仲がいいわよね〜夫婦みたい」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:09:39.07 ID:uuacSDS8O
    >>114
    【扇風機】


    扇風機「シュワー」

    男「涼しいな」

    女「そうね…」

    男「…」スヤスヤ

    女「…」

    男「…」スヤスヤ

    女「…わ、ワ〜レワ〜レハ〜ウチュ〜ジンダ〜」

    男「…」ニヤニヤ

    女「!」

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:14:02.39 ID:uuacSDS8O
    >>114
    【形見】


    女「…」

    女「あなたがいなくなってもう何年たったのか、わからないわ」

    女「私も、もうすぐおばあちゃん」

    女「何一つ残らなかったけど、あなたと一緒に過ごした時間、これから後百年生きることになってもそれだけは忘れない」

    女「それだけ…それだけがあなたの…」



    女「…」ウッグヒック

    男「なんで泣きながら寝てるんだコイツ?」

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:19:45.09 ID:n9tMOnRn0
    成長速度が遅い=寿命長い 設定か
    寿命は同じかとおもってた


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:21:11.67 ID:uuacSDS8O
    >>126
    女の夢だから、あくまで

    本当は違うかもYou

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:16:38.47 ID:uuacSDS8O
    >>114
    【何もしない】


    女「自販機に手が…男君は…いないわね」

    女「…っ!…っ!」ピョーンピョーン

    女「椅子を…」ズルズル

    ピッ

    女「買えた!」パァッ


    男「うん、はじめてのおつかい見てる気分」コソッ


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:20:05.61 ID:uuacSDS8O
    >>114
    【ひな祭り】


    男「ひな祭りだな」

    ガ…ラ……ガラッ

    男「この開け方は女だな、おはよ…!」

    女「なによ」キラキラ

    男「…着物?」

    女「…お父さんが」

    男「とりあえず抱きしめたる」ギュッ

    女「お父さんもたまには良いことするわね」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:33:34.84 ID:Cue3gZ/40
    女「あなただけが先に成長してしまうのね」

    男「君だって成長しているさ」

    女「生理だってまだなのに?」

    男「そのうち来るよ」

    女「何だか寂しいような悔しいような、不思議な気分」

    男「焦ることはないさ。君には時間がある」

    女「置いていかれるのは嫌よ」

    男「努力するよ」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:47:11.19 ID:RubZGC6L0
    あれ?モニタが霞む…

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:21:42.37 ID:Cue3gZ/40
    女「でも色んなものに置いてけぼりにされるのは辛いわよ」

    男「僕自身は君を置いてけぼりにしたつもりはないんだけどなあ」

    女「何言ってるの。こんなに背を高くしといて」

    男「僕はただ引きずられてるだけだよ。前に前に」

    女「なら私も一緒に引きずってよ。手を掴んで」

    男「このくらいの身長差なら手くらい届くんじゃない?ほら」

    女「……あったかい」

    男「君の手が冷たすぎるんだよ」

    女「このまま放さないで。ずっと連れてって」

    男「そのうち君が僕の手を引っ張ることになるだろうけどね」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:32:41.05 ID:uuacSDS8O
    >>114
    【この恋だけは】


    女「私は今まで色んな事、物をあきらめてきたわ」

    女「年齢制限、身長制限、体重制限…精神だけは育ったから出来ないことが余計につらかった」

    女「出来ないが仕方ないにならない」

    女「出来ないがどうしようもないにならない」

    女「なにか出来るはず、なにか出来ないとおかしい」

    女「周りは出来る、自分は出来ない」

    女「周りは言う、仕方ない」

    女「自分は思う、仕方なくない」

    女「だけど…だけど仕方ないにはしたくない」

    女「この恋だけは」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:38:30.85 ID:uuacSDS8O
    >>114
    【ひまな釣り】


    女「…」
    男「…」

    女「釣れないわね」
    男「釣れないなぁ」

    女「…」
    男「…」

    女「好きよ」
    男「俺もだ」

    女「…」
    男「…」

    女「私以外は?」
    男「女以上に好きなヤツはいない」

    女「…そう」
    男「…そうだ」

    女「釣れないわね」
    男「釣れないなぁ」

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:42:43.97 ID:uuacSDS8O
    >>114
    【決闘】


    女「誰かが言ったわ、恋は決闘と」

    男「戦争な」

    女「決闘はイーブンじゃないといけないわ」

    男「そうだな」

    女「という訳でまずはクラスの平均身長を下げるため、半分を幼稚園児にしようと思うの」

    男「…熱あるぞ、保健室だ」ズルズル

    女「あ〜う〜」


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:49:11.73 ID:uuacSDS8O
    >>114
    【あなたが幸せなら】


    女「こんな猫のコスプレをしないでもないわ」

    男「膝で丸まれ、撫でさせろ」

    女「…あくまであなたの幸せのためなんだから」

    男「俺の幸せは女の幸せだから、女が嫌がるならやらない」

    女「嫌なジャイアニズムね、なら撫でなさい、私とあなたが幸せになるために」

    男「おう」ナデナデ

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:45:38.00 ID:8aI5aoQW0
    ガハラさんですか?


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:51:00.43 ID:uuacSDS8O
    >>135
    ガハラさんですか?


    男「お前の喋り方ってガハラさんに似てるよな」

    女「私も体重がいらないから背が欲しい」

    男「そういう話じゃないだろ、アレ」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:55:28.48 ID:JSshGK1aO
    >>1以外で書いてるやつ邪魔


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:59:50.06 ID:1gK9xBLK0
    新ジャンルに「>>1」はいらない


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 20:02:32.13 ID:urNQxxrT0
    新ジャンルは皆で作るものって親戚の友人の遠い親戚の姉妹の知り合いの友人のお爺さんの隣に住む人が言ってた


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 20:03:15.65 ID:8BJMcdix0
    お爺ちゃん限りなく他人やないか


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:56:52.00 ID:urNQxxrT0
    お題支援


    「すれちがい」「スレ違い」「やり直し」
    「未知との遭遇」「切っ掛け」「物足りない何か」
    「それでも私は(俺は)」「勘違い」「有ったはずの未来」
    「有り得ない過去」「昔の約束」「未来への誓い」

    投げっぱなしみたいで申し訳ないけど、俺に風船を膨らます事は出来ねぇのよorz


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 20:06:03.34 ID:uuacSDS8O
    >>139
    「すれちがい」

    休日、駅前

    男「…だからメダロットは」

    男友「…いやサイボーグクロちゃんは」

    女「…あ」

    女友「どうしたの?あ、男君達だねー」

    女「私は気づいたけど、彼は気づいてくれなかった…難儀な身体ね」

    女友「まぁ明日があるさ〜にゃはー」

    女「羨ましいわ、あなたの性格が」


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 20:08:57.04 ID:uuacSDS8O
    >>139
    「スレ違い」


    姉「弟君、早くはんばーぐを作るのです」

    男「いや、俺は男ですけど…」

    姉「間違えました、すいません。お詫びに切腹ですか?」

    男「いや、そんなんしなくていいんで」

    姉「そうですか、そうだろうと思いました、ではこれにて」

    男「…誰だ」

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 20:18:18.46 ID:uuacSDS8O
    >>139
    「未知との遭遇」


    女「…」

    ?「それでうちの息子ったら」

    次の日

    女「昨日2メートルはある女の人を見たわ…」

    男「多分…うちのお袋」

    女「え」

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 21:14:59.96 ID:4RJEPyUA0

    ヴー ヴー

    男「……ん、非通知着信? ピッ……はい、もしもし?」

    女「……もしもし」

    男「ああ、女か。びっくりしたよ、非通知だったから」

    女「今、駅の公衆電話からかけてるの」

    男「どうしたんだ?」

    女「雨降ってるから、帰れなくて困ってるの。家にかけても誰も出ないし……」

    男「わかった、迎えに行くよ。10分くらい待ってて、すぐ行くから」

    女「ありがと、助かるわ」

    男「とりあえず、長靴と雨合羽もってけばいいよな?」

    女「ばか」

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:14:53.12 ID:QRk1bh/jO
    >>114
    阿弥陀来迎



    女「う、うー……なんか寝苦しいわね…」モゾモゾ

    ペカー
    阿弥陀「起きなさい、女。さあ、目をお開けなさい」

    女「うるさいわね、寝かせなさ……あら、如来様じゃない。驚いたわ」

    阿弥陀「あなたは、苦難の中でも強く正しく生きていますね。そのご褒美に、願いを一つ叶えて差し上げましょう」

    女「ほ、本当に?ななな、なら、私の成長速度を普通にしてちょうだい!」

    阿弥陀「……いや、それはちょっと…」

    女「なんでよ!」

    阿弥陀「ほら、そういう欲を満たす願いじゃなくて、世界のためとか他の人のためとか……」

    女「私にとっては死活問題なの!お願い、早く!」ユサユサ

    阿弥陀「あと、あなたが普通になったら新ジャンルとして成り立たないし……というわけで、またの機会に」ペカー

    女「あ、ちょ、待ちなさーい!!」ジタバタ

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:24:22.64 ID:QRk1bh/jO
    >>114
    一向一揆



    「一揆じゃあ!一揆を起こすんじゃあ!」「「「ウオー」」」

    女「行くのね?」

    男「ああ、おらも行かねえと、村八分にされちまうだ」

    女「お願い、死なないで」

    男「おらは死なねが、おまんが心配で仕方がねえ」

    女「私は、どこかに隠れるわ。他の女の人と違って、村を守る戦力にはなれないもの」

    男「……ならええさ。そんじゃあ、おらは行くだ。必ず、必ず戻ってくるだ。だから、うまいおまんま作って待っててくんろ」

    女「………ええ、分かったわ!」



    女「私達が一向一揆を起こす農民だったらこんな感じかしら?」

    男「なぜお前は口調が変わらないんだ」

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:33:15.98 ID:uuacSDS8O
    >>139
    「切っ掛け」


    女「私が男君を好きになったきっかけ?そうね…」

    入学当日、教室

    モブ『ヒソヒソ…ロリ…ヒソヒソ…』

    女『…また数日間、小学生と言われるのね』

    男『よお、俺は男だ。隣同士よろしくな』

    女『え、ええ』

    男『あれだな、小さいな牛乳飲めよ』

    女『の、飲んでるわよ』

    男『そうか、ところでメダロットって…』

    女「あまりにもありきたりで普通で異常なくらいノーマルだったのよ、彼」

    男「ちょっとした悪口じゃね?」

    女「あら、最大の讃辞よ」

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:33:31.25 ID:kv0S0F0d0 BE:3777071099-2BP(3)
    sssp://img.2ch.net/ico/gene.gif
    小学校潜入

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:42:47.45 ID:uuacSDS8O
    >>164
    小学校潜入

    女「…ただいま」

    父「おかえり」

    女「はぁ…疲れたなんで小学生のふりしなきゃいけないのよ」

    父「リアルな観察をするため」ゴソッ

    女「ランドセルの底にビデオカメラ!?」


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:50:15.01 ID:uuacSDS8O
    女「ドラクエ宗男君からの貰ったわ」

    女「まず主人公ね」

    女「性別は女、体系は…」

    女「…」

    女「…タイプ5ね、心まで小さくなりたくないもの」

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:57:59.78 ID:uuacSDS8O
    >>139
    「物足りない何か」

    女「背ね」

    男「いや、もうちょっと道徳的というか精神的な面での話なんだr…」

    女「背よ、身長よ、高さよ」

    男「…牛乳いる?」

    女「貰うわ」ゴクゴク

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 23:06:15.34 ID:uuacSDS8O
    >>139
    「それでも私は(俺は)」


    女「私は足りない、なにもかも」
    男「俺は満ちすぎ、なにもかも」

    女「もう少し私が満ちていれば」
    男「もう少し俺が足りなければ」

    女「彼は不幸じゃなかっただろう」
    男「彼女を幸せにできたであろう」

    女「だけど」
    男「しかし」

    女「それでも私は」
    男「それでも俺は」

    女「今の私が好きで彼をなによりも愛している」
    男「今の俺が心地よく彼女が限りなく愛おしい」

    男&女「イエス、フォーリンラブ」

    女「最後で台無しね」
    男「だな」

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 23:21:02.93 ID:uuacSDS8O
    男「さぁボンボンを語るぞ」
    男友「まぁ最初はテレビマガジンの別紙、いわゆるおまけの印象が強かったな」

    男「コロコロとコロコロイチバンみたいなものだな」
    男友「だがその少年の夢が詰まったマンガに心うたれた」

    男「人気アニメとかの影響でもあったがなウルトラ忍法帳やSDガンダムフルカラー劇場」
    男友「そして、アニメ化もしたボンボン全盛期を代表する作品…」

    男「メダロット」
    男友「サイボーグクロちゃん」

    男「関連商品もすごかったなー」
    男友「個人的にはサイボーグクロちゃんの作者の次の作品ウッディーケンも好きだった」
    男「俺はLALALAクッキンガーかな」

    男友「クラッシュギアにサプリビギンナーズとかもあったな」

    男「まぁ…結論として」
    男&男友「むっちゃ武者○伝は2!」


    女「ボンボン?…あぁ踏み台ね」


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 23:25:11.62 ID:8BJMcdix0
    と言うかその世代の男子ならゴエモンやビストロレシピを語るべき



180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 23:33:45.35 ID:uuacSDS8O
    すいませんが薬関係で眠いので寝ます

    保守してくれたら嬉しいです

    それと僕はそこまでボンボン好きじゃありませんメダロットとサイボーグクロちゃんとSDガンダムフルカラー劇場が好きなんです


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 23:35:22.14 ID:1gK9xBLK0
    (´・ω・`)知らんがなw




新ジャンル「成長速度2分の1」【パート2】
へつづく


引用元
新ジャンル「成長速度2分の1」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1255137865/
 

最新記事50件