1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 02:19:18.67 ID:fWiRQCBEO


    兄「…………うっ」

    神?「目が冷めましたか」

    兄「…………えっ」

    兄「どこだここは?」

    神?「あの世です」

    兄「俺死んだのか!?」

    神?「はい」

    兄「マジかよ…!」

    神「あなたは妹に本気で告白してフラれて自殺しました」

    兄「っえーーーーー!」





3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 02:25:52.40 ID:fWiRQCBEO

    兄「っう、嘘だ!」

    神?「本当です」

    兄「そんな事した覚えがないぞ!」

    神?「相当なショックで記憶が無くなったのでしょう」

    兄「…うっ、嘘だろ…」

    神?「本当です」

    神?「しかもあなた振られた後にレイプしようとして失敗しました」

    兄「うっええーーーーー!」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 02:31:41.41 ID:fWiRQCBEO


    兄「死っ、死にたいっ………」

    神?「あなたは死んでいます」

    兄「…マジかよ…」

    神?「死んで良かったですよね?」

    兄「え……?」

    神?「死んで良かったですよね?」

    兄「……なんでそんな事聞くんだ?」

    神?「そういう決まりです」

    兄「えっ…………」

    兄「………………」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 02:36:03.36 ID:fWiRQCBEO



    兄「……童貞のまま…死にたくなかった…」

    神?「え?」

    兄「童貞のまま死にたくなかったって言ってんだよっ!」

    神?「それは本心ですか?」

    兄「ああ!そうだよっ!」

    神?「………はぁ」

    兄「どうしたんだよっ!?」

    神?「めんどくせっ」

    兄「は!?」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 02:43:20.82 ID:fWiRQCBEO


    カチャ

    神?「もしもし!こちらZ241962!死亡拒否です!」

    兄「お、おい!何してんだっ!」

    神?「はいっ!はいっ!はいっ!了解致しましたっ!」

    カチャ

    兄「な、何が了解なんだよっ!?」

    神?「………ふう……説明しますか?」

    兄「説明しろっ!」

    神?「本当はあなたは死んでいませんでした」

    兄「っはぁーーー!?」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 02:51:15.94 ID:fWiRQCBEO



    神?「死んではいませんが、瀕死です」

    兄「はぁ!?」

    神?「ここは自殺して瀕死の人が来るところなんです」

    兄「んで?」

    神?「ここで死にたいって言えばあの世に行けたんです」

    兄「だから?」

    神「あなたが死にたくないと言ったので、めんどくさくなります」

    兄「という事は?」

    神?「めんどくさいので私、あなたが死んでると嘘つきましたっ、テヘ」

    兄「テヘじゃねええええよ――――!」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 03:03:49.70 ID:fWiRQCBEO



    兄「じゃあ妹をレイプをしたのも嘘なのか!?」

    神?「それは本当です」

    兄「信じらんねぇ…」

    兄「で、どうなるんだよ!俺は!」

    神?「自殺した者に愛があると証明できれば、この世に返れる権利を獲得できます」

    兄「どうやって証明するんだよっ!」

    神?「色々あるのですが、あなたは二番目に難しいものが選択されました」

    兄「っど、どんなやつだよ!」

    神?「二番目のやつなんて何年ぶりかですよ、絶対クリアーできませんよ?」

    兄「いいから教えろっ!」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 03:09:53.92 ID:fWiRQCBEO



    神?「その前に、あなたが一番愛している人は妹ですよね?」

    兄「そ、そうなのか?」

    神?「それはこちらで確実判断できますから、間違いありません」

    兄「そ、そうなのかぁ?全然ピンっと来ないぞ」

    神?「記憶を失ってるからでしょう、徐々に思い出します」

    兄「で、どうするんだよ」

    神?「こちらが用意した【日本人の全員が妹】の世界に行ってもらいます」

    兄「はい?」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 03:16:18.46 ID:fWiRQCBEO



    神?「だから日本人が全員妹なんです、行けば分かります」

    兄「っそ、そこで何するの?」

    神?「その中から本物の妹を探して出して下さい」

    兄「はぁ!?日本人って一億人以上いるだろ!」

    神?「だから無理だって言ったんですよ」

    兄「期間はあるのかよ!!」

    神?「無制限です、でもきっとギブアップします」

    兄「な、なんでだっ」

    神「精神的に限界がきて。まぁそれも行けば分かりますよ」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 03:26:01.65 ID:fWiRQCBEO
    ブ――――――
    ブ――――――


    兄「これは何の音だ!?」

    神?「ああ、もう時間が来たようです」

    兄「えっ?どうなるんだよ!?」

    神?「あー、あんなに難しい課題を与えれて、可哀相に」

    兄「っな、なんかアドバイスくれっ!」

    神?「課題の難しさは性欲の強さで決まるんですっ」

    兄「お、おい!アドバイス!おい!」

    神?「あなたのちっぽけな愛なんて性欲に潰されてしまうでしょう」


    パカッ!


    兄「うあああぁぁぁぁ―――――……………………


    ブ―――――――
    ブ―――――――


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 12:41:10.55 ID:fWiRQCBEO



    兄「Zzz………Zzz………」

    バコン!

    兄「痛っ」

    妹「お兄ちゃん起きなさい!」

    兄「痛っ…何すんだよ!」

    妹「授業中に何寝てるのよっー!」

    兄「……なんだ夢かぁ―…むにゃむにゃ……」

    妹「そんな夢見心地でいたら兄ちゃん留年しちゃうよーっ?」

    兄「…………」

    妹2「お兄ちゃんヨダレすごいキモーい!」

    妹2〜35「ハハハ!クスクス」

    兄「………!!」

    兄「(な、なんだこれはぁー!!?)」

    兄「(クックラス全員妹じゃねえかっっ!!!)」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 12:48:09.14 ID:fWiRQCBEO



    兄「(クラスの奴だけじゃなく先生までっ!)」

    兄「(というかあいつが先生なのかっ!?)」

    妹「んじゃお兄ちゃんっ、38ページ読みなさいっ」

    兄「…あ、あなたが先生ですか?」

    妹「ふざけないでお兄ちゃんっ!!」

    妹7「今日のお兄ちゃん面白ーい!」

    ハハハハハックスクス

    兄「…あっ、あの!めちゃめちゃお腹痛いんで早退しますっ!」

    スタスタスタスタスタスタスタスタ!

    妹「あ!お兄ちゃん!待ちなさーい!」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 12:56:52.69 ID:fWiRQCBEO



    ガヤガヤガヤ

    兄「嘘だっ、嘘だっ、夢だっ、これは夢…」トボトボ

    アハハアハハ

    兄「こんな事は有り得ないっ…」トボトボ

    キャーッキャー

    兄「有り得ない有り得ない…」トボトボ

    ざわざわがやがや

    兄「…………」ピタッ



    兄「(全校生徒が妹なんてっ!!!有り得ないっ!!)」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:07:37.30 ID:fWiRQCBEO

    キーンコーンカーンコーン

    スタスタスタスタ


    兄「学校にいると夢でも頭がおかしくなるっ!」

    兄「もう帰ろうっ、帰って寝よう…」

    兄「あ、あれはっ…!!」


    妹「お母さん、今日どこでご飯食べるー?」

    妹2「そうねー、あのパスタ屋さん行こっかっ♪」

    妹「わーい、あたしパスタ好きー♪」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:12:32.98 ID:fWiRQCBEO
    兄「………っ!」

    妹「あっ、お母さん!あれお兄ちゃんだよっ」

    妹2「あら本当ねっ!お兄ちゃーん」

    兄「………は、話しかけんなよ!!」

    妹「っわ、お兄ちゃん怒ったー…」

    妹2「お兄ちゃん機嫌悪いねっ…」

    スタスタスタスタ

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:18:23.18 ID:fWiRQCBEO
    プッー!ブーン!

    兄「っま、街の人も全員妹っ!き、気持ちわりい!」

    オーライッ!オーライッ!

    兄「妹がガソスタで働いてて妹が給油しに来てる………」

    ありがとうございましたー!

    兄「あのビルので働いてるドカタも妹なのかっ……」

    キャハハハ!キャハハハ!

    兄「もう誰が誰だか分かんねえよっ!!!」

    ブーン!ブロロロロー


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:27:50.26 ID:fWiRQCBEO
    【玄関】



    兄「まさか…まさかだと思うがっ…」

    兄「いやっここは覚悟を決めてっ!」

    ガチャ

    兄「ただいまー!」

    スタスタスタスタ

    妹「あれ?お兄ちゃんっ、学校は?」

    兄「具合悪くて早退してきたよ…」

    妹「仮病じゃないでしょーねー?お兄ちゃん」

    兄「違うよ…お母…さん…?」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:40:44.57 ID:fWiRQCBEO
    妹「あたしの顔に何かついてるの…?」

    兄「……い、いやなんでもない」

    妹「…そ…そう、なんか顔色悪いよ」

    兄「大丈夫…今日は寝る」

    バタバタバタ

    ガチャ

    兄「………」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 13:51:46.51 ID:fWiRQCBEO
    【自室】




    兄「………ダメだ」

    兄「………疲れた」

    兄「もう何がなんだか……」

    兄「…オナニーしよ」

    ガサゴソ


    兄「……………」


    兄「………エロDVDも全部………妹に………」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:06:09.21 ID:fWiRQCBEO
    兄「くっそ!こんなもん観れるかっ!」

    ガチャン!



    兄(………あの神みたいな奴との会話は夢じゃねえ……)

    兄(…オナニーなんかしてる場合じゃねえ!)

    兄(考えるんだっ………考えるんだっ!)

    兄(というか………妹を探せって、あいつが帰ってくるのを待てばいいだけじゃないのか?)


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:14:06.77 ID:fWiRQCBEO
    兄(でも……あいつはすごい難しいって言ってたな…………)

    兄(二番目に難しい課題だって言っていた………)

    兄(というか何個あるうちの二番目なんだよっ…!それを聞けば良かったっ!くっそ!)

    兄(そもそもめんどくて俺を殺そうとした奴の言う事を信用できるのかっ……!)

    兄(分かねえ!何がなんだか分からねぇ!)



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:32:08.85 ID:fWiRQCBEO
    兄(……………ん?)

    兄(なんだあの…見覚えのない机の黄色の紙……)

    兄…(手紙?)

    兄(黄色にピンクのペンってどんなセンスしてんだよっ………)

    兄(なになに…)


    Z241962-糞エロお兄ちゃんへ


    兄(……これ…俺の事か?)

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:44:44.29 ID:fWiRQCBEO

    あなたがうるさくて言いそびれたルールを教えます

    本物の妹を見つけたらその本物の妹の身体に触れて、本物だと叫んで下さい

    チャンスは一回なのでよく考えましょう

    間違えた場合あなたは死亡します





    兄「…………汚ねえ字………」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 14:59:22.09 ID:fWiRQCBEO
    尚、そこの世界であなたが死亡した場合も、あなたは死亡します

    日本から出た場合も死亡します

    もちろんギブアップした場合も死亡します




    兄(……死亡死亡うぜえな………)

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 15:05:34.74 ID:fWiRQCBEO
    追伸
    あと、あなたは射精したら死亡するというルールが付け加えられました

    こんな事前代未聞です。私も驚いています。

    射精ができたらあなたはこの世界にずっといると居ると、上の方が判断されました

    まあ、後悔のないように頑張って下さいよ、エロいお兄ちゃん
    ――――――――――



    兄(………俺って……俺ってそんなにエロいのか…………!)


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 16:21:12.54 ID:uuIv0zq/O
    夢精でも死ぬのか、すごいぶざまだな


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 15:15:39.73 ID:fWiRQCBEO
    兄(確かに毎日欠かさず3〜5回オナニーはしてたけど………)

    兄(男ならそのくらい当たり前だろっ……)

    兄(っていうかこんな汚い字のあいつはかなり使えないほうの奴だ!)

    兄(絶対そうだっ!俺運が悪いっ!かなり悪いやつに当たった)

    兄(いいやつならもっとアドバイスとかくれたはずっ!)

    兄(ああ………どうしよう………)


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 15:26:44.82 ID:fWiRQCBEO
    兄(妹……俺が一番愛してる人間……妹……)

    兄(俺が告白して振られた………妹………)

    兄(……妹……)


    ズキッ


    兄(痛っ………あ…)

    兄(思い出して…きた……)

    兄(………俺は…………あの日…………)


    ズキッズキッズキッ


    兄(痛っ!…痛っ………)

    兄(……俺は……あの日っ………妹に………)


    ズキッズキッズキッズキッズキッズキッ

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 15:40:05.82 ID:fWiRQCBEO
    【あの日】




    兄「おーい妹ぉー…………」

    妹「ちょっと!何勝手に部屋に入って来てるのよ!酔っ払ってるの?」

    兄「あのさぁー…お前に言わなきゃいけない事があるんだぁ―……」

    妹「ねえ出てってよぉー!お酒くさいっ!」

    兄「頼むぅー……ちょっとだけ聞いてくれ………」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 15:51:30.64 ID:fWiRQCBEO
    妹「…んもう何よっー、ちょっとだけだよっ、お兄ちゃん…」

    兄「あのなぁ…お前が最近付き合った男はなぁ……」

    妹「彼氏がどうしたのよっー!」

    兄「…あ、あいつは悪い奴だからやめとけっ―…」

    妹「えっ?」

    兄「あいつはなぁ…二股三股四股野郎なんだよっ……」

    妹「…………」

    兄「………げぷっ」

    妹「…………言いたい事はそれだけ?」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 15:58:05.80 ID:fWiRQCBEO
    兄「……ああーっそうだっげぷっ…」

    妹「……………じゃあ出てってよっ!」

    兄「…お…おい…分かったのか?」

    妹「………分かる訳ないでしょ!あ、あたしにはあの人しかいないんだからっ!」

    兄「………おおいっ……!お兄ちゃんの言う事が聞けないのかっ!」

    妹「こういう時ばっかり!あたしだけ幸せになって悔しいんでしょっ!」

    兄「っな、なんだとっ!!お前には俺がっ!」

    妹「キャァ!何っ!?酒くさい――――!」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 16:02:39.76 ID:fWiRQCBEO
    兄「俺はっ、お前がっ!」

    妹「嫌い嫌い嫌い嫌いお兄ちゃんなんか大嫌いっ!」

    兄「…なんだっと………っ!!!」

    妹「きゃっ!乱暴しないでっ!どこ触ってるの!」

    兄「



    ズキッズキッズキッズキッズキッ





56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 16:07:23.80 ID:fWiRQCBEO
    兄(…おっ、思い出した……)

    兄(……すっごく……死にたいっ………!!)

    兄(ってだから自殺したのか………)

    兄(……はっきりとは告白してねぇじゃねえか…………)

    兄(……あれはレイプ…じゃないし……)

    兄(いやムラムラはしたけどっ……)

    兄(……ちょっとわざと触ったけどっ………)

    兄(…まあ……レイプ……かっ……)

    兄(……死にたい………)

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 16:14:07.97 ID:fWiRQCBEO
    兄(……はぁ……)

    兄(……いや……違うっ……)

    兄(そうっ……俺は二股野郎から妹の処女を守ろうとっ!)

    兄(あいつは俺の高校で最も有名なヤリチンっ)

    兄(あんな奴には妹の処女はっ渡せないっ!)

    兄(そういう気持ちでっ…俺は…!)

    兄(……………………告白してムラムラきて襲ったのか………)

    兄(………どの道俺は最低だ…………)


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 16:17:35.00 ID:5rWjckbZ0
    こういうネタがなんで今の世にも奇妙にはないんだ
    まじつまんなくなっちまった


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 16:18:26.70 ID:fWiRQCBEO
    兄(…でもっ…俺がここで死んだら妹は誰が守るんだっ…)

    兄(よしっ!俺はこの課題をクリアーして生き返るっ!)

    兄(そう決めたっ!)

    兄(よしっ!俺は生き返るっ!)

    兄(そしてあのヤリチン野郎と妹を引き離すっ!よしっ!)

    兄(よしっ!頑張るっ!)




    妹「ただいまー!」

    兄(!!)



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 16:42:45.14 ID:fWiRQCBEO
    兄(っか、帰って来た……っ)

    兄(よしっ行ってみようっ…)

    スタスタスタスタスタスタ

    妹「あっ、お兄ちゃんただいまっー」

    兄「…お、おかえり」

    兄(わ、わかんねえ!!)

    妹「…お兄ちゃんっ顔こわいよ…?」

    兄「そ、そうかっ?」

    兄(こっ、これが本物なのか!?)


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 16:47:41.42 ID:fWiRQCBEO
    兄(チャンスは一回だからなっ………)

    妹「お母さんは?」

    兄「あ、台所にいるよっ」

    兄(っそそうだっ、比較してみよう)

    スタスタ

    兄「ああ!お母さんと妹っ!ちょっとそこに並んでっ!」


    妹「なんでよっ?お兄ちゃん」
    妹2「どうしたのよっー?お兄ちゃん」

    兄「いいからいいからっ」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 16:59:16.55 ID:fWiRQCBEO
    妹「これでいいのっー?」
    妹2「何するのよー、お兄ちゃん」

    兄(ジッー---------)



    兄(あっ、微妙にえくぼが…こっちのほうがハッキリっ)

    兄(いやっ、それは笑ったからだった…)

    兄(あ、胸がっこっちのほうがっ…、んー…ブラジャーの違いか?)

    兄(見れば見るほど似てきやがるっ)

    兄(妹にしかないもの………っは!)

    兄(二の腕のあざだっ!)

    兄「二人とも腕めくって!」

    妹「えっ?なんで?」
    妹2「今日おかしいよお兄ちゃん」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 17:04:22.85 ID:fWiRQCBEO
    兄「お願いっ!お願いっ!」

    妹「はいっ」
    妹2「ほらっ」

    兄(!!)

    兄(やっぱり妹のほうにだけあざがっ!!)

    兄(的中!素晴らしい読みっ!!)

    ガバッ!

    妹「ちょ!肩掴んで何するのお兄ちゃん」

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 17:16:18.12 ID:fWiRQCBEO
    ……時間は無制限……絶対クリアーできませんよ……二番目に難しい……何年かぶり……チャンスは一度……間違えたら死亡…………時間は無制限……絶対クリアーできませんよ……二番目に難しい……何年かぶり……チャンスは一度……間違えたら死亡……



    兄「……い、いやなんでもないっ」

    妹「何よもうっー!」

    兄(………っこ、こんな簡単な訳ないなっ………)

    兄(保留にしとこう…………)


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 17:28:07.32 ID:fWiRQCBEO
    【自室】




    兄「はぁ………あざがあるくらいじゃあなぁ…」

    兄「決め手になんねえよ………」

    兄「日本人全員調べなきゃ…………」

    兄「はぁ………どのくらい時間かかるんだよっ……」

    兄「…………………………………………」

    兄「………………DVD……………………」



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 17:36:00.93 ID:fWiRQCBEO
    兄(いやいや…射精したら死亡なんだよ…)

    兄(それに妹が犯されてるの見て楽しいかぁ?)

    兄(まぁ実質妹じゃないし……いいか………)

    兄(……ってか妹同士絡みあって何が面白いんだよっ!…俺!………)

    兄(……日本人全員妹なんだよっ!…………………)






    兄(………黒………人……モノっ!………………)

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 17:45:24.13 ID:fWiRQCBEO
    ガサゴソガサゴソ

    兄「確かここら辺に友達から借りて女優がブスで見てない黒人モノがっ!……」

    兄「あった!」

    兄「やっぱり女優は妹で黒人はそのままだっっ!」

    兄(見たい見たい見たい見たい見たい見たいっ…!)

    兄「射精しなくても見れるだけならぁ……………ああ…勃起してきたっ…ハア…ハア…」

    兄(妹が黒人とエッチするとこがみれるっ…ハア…ハア……)

    兄(妹にでっかいちんぽがぶち込まれたいるんだ…ハア…ハア…)

    兄(……観るだけならっ…ハア…ハア…観るだけならっ…!!)


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 17:56:14.45 ID:fWiRQCBEO
    兄(う、うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!)



    バキッバキッグキバキッ!




    兄「ハア…ハア…ハア…ハア…このパターンでオナ禁何回失敗してると思ってんだ…ハア…ハア…ハア…ハア…」

    兄「…ハア…ハア…ハア…ハア…人生に無駄な経験はないって言うけど本当だなっ」

    兄「ハア…ハア…オナ禁失敗の経験がここで生きるなんてっ」

    兄「ハア…ハア…これは遊びじゃないっ…!本能に逆らわないと死ぬっ…!」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:14:25.74 ID:fWiRQCBEO


    兄「ハア…ハア…外の空気を吸おう…ハア…ハア…」

    ガラガラ

    兄「すーはーすーはー」

    兄「す―――は―――」

    兄「ふう、落ち着いてきた」

    兄「この街も全員妹なんだよな………」

    ガタンゴトンガタンゴトン

    兄「…あの電車だって…妹が運転してるんだっ………」

    兄「…あそこで電柱を直してる人達も…」

    兄「…あそこで焼き鳥売ってる金髪の人もっ…」

    兄「…みんな妹なんだ……不思議だな…」




    兄「…………ん?金髪?」

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:20:25.63 ID:BCugai0r0
    ベジータ「ん?」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:25:13.66 ID:fWiRQCBEO


    兄「あ、あれは外人の金髪じゃないよなっ!」

    兄「どっ、どういう事だっ!行ってみよっ!」

    バタバタバタバタバタバタ


    兄「ちょ、ちょっと出かけてくるっ!」

    妹「はーいっ」

    バタバタバタバタバタバタ


    バタンッ

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:31:52.38 ID:fWiRQCBEO
    タッタッタッタッタッタッ

    兄(絶対あれは染めた金髪だっ!)

    タッタッタッタッタッタッ

    兄(顔も外人じゃないっ!)

    タッタッタッタッタッタッ

    兄(韓国人とかか?)

    タッタッタッタッタッタッ

    兄(そうであっても喋りたい!妹以外の人間と!)

    タッタッタッタッタッタッ

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:36:59.86 ID:fWiRQCBEO
    タッタッタッタッタッタッタ


    ピタッ


    兄「ハアハアハアハアハアハア!!」

    妹「いらっしゃいませーお兄ちゃんっ」

    兄「……ハア…ハア…ハア…ハア………」

    妹「焼き鳥おいしいよ♪」

    兄「…ハア…ハア……なぜだ…」

    妹「何がー?お兄ちゃんならタダでいいよっ♪」

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 18:44:08.74 ID:fWiRQCBEO
    兄「ハア………ハア………いらねっ」

    妹「えっー……」


    トボトボ


    兄(……なぜだ……俺の見間違いか?…………)

    兄(いやっ確かにあれはっ…)

    兄(金髪の女だった……)

    兄(……なんなんだ………)

    兄(…はぁ……)



    トボトボ

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:21:15.77 ID:fWiRQCBEO
    トボトボ



    兄(ん?あれ?………………あそこにいるのあの金髪の女じゃん!)

    タッタッタッタッタッタッ

    兄「ハア…ハア…あのぉ!すいません!」

    金髪の女「は、はい?」

    兄「…ハア…ハア…あのぉ…日本人…ですか?」

    金髪の女「は、はいっ、そうですけどっ…」

    兄「…!え!…」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:27:41.05 ID:fWiRQCBEO
    兄「に、日本人なんですか!?あなたは誰なんですか!?」

    金髪の女「……は、はい?…あのぉすいません!ちょっと急いでいるんでっ!」

    兄「ちょ、ちょっと待ってよ!!」

    金髪の女「なんなんですか!」

    兄「お、教えろっ!お前の事を!」

    金髪の女(グニャーン)

    兄「!?」

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:32:34.41 ID:fWiRQCBEO
    妹(グニャーン)

    妹「ど、どうしたのっお兄ちゃん?」

    兄「は!?……お!おい!さっきの女に戻れ!」

    妹「さっきの女ぁ?」

    兄「なんで変わったんだよ!おいっ!!」

    妹「何がぁ?恐いよお兄ちゃん…」

    兄「っど!どういう事なんだよっ!」

    妹「こわーい(泣)」

    兄(………どういう事だっ!)


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:40:25.39 ID:fWiRQCBEO
    兄(…たっ確かに金髪の女だったっ!いきなり妹に変わった!)

    妹「顔がこわいよー…」

    兄「くっそっ…………」

    兄「……えっ…!!」

    兄(今度はあっちにあの女が……!)

    兄「しかも今度は二人いるじゃねえかっ!!」

    妹「どうしたのぉ?お兄ちゃん」

    兄「どけっ!」

    妹「キャッ」

    タッタッタッタッタッタッ


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 19:47:39.51 ID:fWiRQCBEO
    金髪の女「でさ彼氏がさー」
    金髪の女2「マジでーウケるー」


    タッタッタッタッタッタッタッタッ


    兄「あ!あのぉ!すいません!待って待って」

    金髪の女「なぁにぃ?ナンパ?」
    金髪の女「何何ちょっとぉ、こわいんだけどー」

    兄「あ、あのですね!ちょっと聞きたっ

    金髪の女(グニャーン)
    金髪の女2(グニャーン)


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 20:01:28.49 ID:fWiRQCBEO
    妹(グニャーン)
    妹2(グニャーン)

    兄「!!」

    妹「あっ、お兄ちゃん♪」
    妹「何してるの?こんなところでっ?」

    兄(……っなんでだよ……!…)

    兄(なんでこんな事が起こるっ!)

    兄「くっそっ!」

    妹「お兄ちゃんこわい…」
    妹2「機嫌悪ーい…」

    兄(なんでだよっ…!…………………)

    兄(!?)

    兄「え!?あ!あ!これは!?……」


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 20:06:59.82 ID:fWiRQCBEO
    (グニャーン)  (グニャーン)
        (グニャーン)
     (グニャーン)  (グニャーン)



    兄(っこ、ここら一帯の妹のが金髪女に変化がしているっ!?)

    兄(い、いや!)

    兄(金髪から妹にも変わってる!)

    兄(こ、これはどういう事だっ!?)



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 20:10:22.54 ID:fWiRQCBEO
    兄(……落ち着いて考えよう……)

    兄(これはこの世界のなんかのバグか………)

    兄(とにかくここら変になんかある……)

    兄(手掛かりがない今、ここを調べない理由がないっ…)

    兄(ひとまずここにいよう…)

        (グニャーン)

    兄(……うっ、気持ち悪っ……)

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 20:19:58.45 ID:fWiRQCBEO
    【15分後】




    兄(たまに一気に変化する………)

    兄(分かったのはそれだけ……あとは全く……)

    兄(それとグニャーンに慣れた……)

    兄(得たものはそれだけ………)

    兄(………んー…)

    兄(…金髪の女けっこうカワイイな……)


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 20:27:43.49 ID:fWiRQCBEO
    兄(ヤれるかヤれないかって言ったらヤれるなぁ)

    兄(いやむしろヤりたい)

    兄(…おっぱいがデカいなぁ…)

    兄(…あれ?さっきから金髪だらけのまま変化しないぞ?)

    兄(……あれ?金髪タイム長いな…)

    男(あ、あのぉ…)

    兄(!!)

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 20:35:11.15 ID:fWiRQCBEO
    兄「え!?あ!はっ、はい!」

    男「…あなた日本人ですか?…」

    兄「あ!!っは!はい!あなたは!?」

    男「…はい…日本人です…」

    兄「っていうか!その質問をするって事は!?」

    男「…え?まさか?あなたもあの課題を…」

    兄「は、はいっ!!!(泣)」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:02:46.83 ID:fWiRQCBEO
    男「…まさか課題を受けてる人と会えるなんて…」

    兄「っいやー、心細かったんですよぉ(泣)」

    男「…じゃああなたも自殺を……?」

    兄「え、ええ…そうみたいですね…」

    男「…そうみたい?」

    兄「記憶がないんですよ…酔ってたからかなぁ」

    男「そうなんですかぁ……」


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:07:45.14 ID:fWiRQCBEO
    兄「…あなたも…誰かの本物を探しているんですか…?」

    男「ええ…、恋人なんですけど…もう何年前からだろ…」

    兄「何年も前から?!………」

    男「もう時間の感覚なんてないですけどね…こんな世界じゃ…」

    兄「そ、そうだ!あなたはこの世界どう見えてるんですか!?」

    男「…それは…恋人だらけなんですよ…」

    兄「お!同じだ!」

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:13:15.33 ID:fWiRQCBEO
    男「…頭がおかしくなりそうだったんですけど…それも通り越しました…」

    兄「お、俺の妹は見えますよね!?」

    男「…え?あなたの妹?」

    兄「見えてないんですか?」

    男「…何年もの間…見えてるのは恋人だけですけど…そうですか…あなたは妹を…」

    兄(…………も、もしやっ!……)


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:16:54.61 ID:fWiRQCBEO
    兄「…その恋人さんって…金髪でおっぱいの大きめの…?…」

    男「…え?…あなたには見えてるんですか?…」

    兄「はい………さっきどこにいたんですか?」

    男「あそこのマックでご飯を食べてましたよ…」

    兄「…そして俺を見つけたんですね?」

    男「…は、はい」


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:20:06.67 ID:fWiRQCBEO
    兄(やっぱり!!)

    兄「ちょっとそっちを向いて下さいっ」

    男「え?向こうですか」

    クルリ


    (グニャーン) (グニャーン)
     (グニャーン) (グニャーン) 
     
    兄「や、やっぱり!あなたの見てない方向にいる金髪が妹になってるっ!!」

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:26:31.81 ID:fWiRQCBEO
    男「え?どうゆう事ですか?」

    兄「あなたが見てると俺の妹があなたの彼女になるんですよっ!」

    男「…え?」

    兄「だからあなたの視界が優先されて人が変化しているんですよっ!」

    男「は、はぁ………………ああ!やっと意味が分かりました」

    兄(こ、これはすごい発見だっ)

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:31:43.99 ID:fWiRQCBEO

    男「じゃあ、あなたは変化の瞬間を目の当たりにしてる訳ですねっ」

    兄「そういう事ですっ……めちゃめちゃ気持ち悪いですよ…」

    男「…そんな事があるんだ…なんで僕が優先されるんだろ…」

    兄「これを使えば本物が分かるかも知れないっ!!」

    男「えっ?どういう事ですっ?」


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 22:40:27.11 ID:fWiRQCBEO
    兄「変化する人間はいわゆるコピーだから、変わらない人間を探せばいいんですっ!」

    男「ああ!そうかぁ!」

    兄「僕たち生き返れるかも知れませんよっ!」

    男「なるほどっ!…これは希望が見えてきましたね…」

    兄「はい!…あなたはずっと何年も本物を探していたんですか?」

    男「いや…僕は…もう…」

    兄「…え?」


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 23:06:50.32 ID:fWiRQCBEO
    男「…正直もう探し回ってはいないんですよ…」

    兄「っえ?」

    男「…もしかしたらこの人かなぁ?って人がいて……一緒にずっと何年も住んでるんですっ…」

    兄「ええ!?本物の目星がついてるんですかっ!すごいっ!」

    男「ええ…でも勇気がなくて…」

    兄「家はどこですか?」

    男「すぐそこです」

    兄「じゃあ今から行きましょうっ!」

    男「えっ…いいんですかっ?」


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 23:14:31.82 ID:fWiRQCBEO
    -移動中-





    兄「…あのー、ルールで、お、オナニーしたら死亡とか言われました…?」

    男「え!?オナニーですか…?そんなルールないですよ?」

    兄「ああ、だったらいいんです………(やっぱり俺だけか……」

    男「やっぱり君もエロいんですか?」

    兄「…えっええまあ……あなたは?…」

    男「何年もこの世界にいたらっ、そんなの吹っ飛びますよ、ハハハ」

    兄「で、ですよねー(そういうもんかなぁ…」


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/10(土) 23:38:43.97 ID:fWiRQCBEO
    兄「あのー、その恋人って、元いた場所の人ですか?」

    男「元いた場所というと?」

    兄「その恋人が住んでる家とかにいたんですか?」

    男「いえ…、街で歩いてて見つけたんですっ」

    兄「ええっ!?」

    男「始まったその日に出会いました」

    兄「ええっ――――!?恋人の家に行ってみたりしなかったんですかっ?」

    男「…ああ…その前に出会っちゃいましたから…」

    兄「そ、そうですかぁ…(だ、大丈夫かこの人……」


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 00:00:26.49 ID:fWiRQCBEO
    【男自宅前】




    男「ちょ、ちょっと緊張してきたっ」

    兄「……ですよね………」

    男「……っよし!」

    兄「はいっ!………」

    男「………」

    兄「………」

    男「よし………」

    兄「はい………」

    男「………」

    兄「………」

    男「よし……」

    兄「はい……」

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 00:16:35.12 ID:qrMNxj+7O
    男「………」

    兄「……もし変わったとしても…偽者だと決まった訳じゃないんですから…」

    男「まあ…そうですね」

    兄「…………」

    男「…あのー…見てきてもらえますか?」

    兄「…えっ?…一緒に来ないんですか?…」

    男「………これが鍵ですっ」

    兄「…いいんですか?」

    男「お願いしますっ…………」

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 00:24:58.08 ID:qrMNxj+7O
    【男自宅扉前】




    兄(102…この部屋だな………)

    兄(あの人臆病だな…ついて来ないなんて……)

    兄(まあ何年も一緒に住んでたのが偽者と分かるのは恐いかっ……)

    兄(これは俺にとっても重要だっ!)

    兄(もし開けて恋人が金髪女のままだったら、あの法則で妹を見つけれるんだ…!)

    兄(逆に妹に変わったら振り出しだ……)

    兄(街でたまたま歩いてた人が本物とかありえるのかなぁ……)

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 00:32:13.11 ID:qrMNxj+7O
    兄(ちょっと待てよ…恋人が本物だったらあの人…俺の妹探し手伝ってくれるかな…)

    兄(悪い人には見えないけどっ……)

    兄(あの人臆病だから本物でもきっとなんだかんで先延ばすか……………)

    兄(っていうか唯一仲間を疑ってどうするんだっ!)

    兄(よしっ!俺はこの扉を開けるっ!)



145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 00:37:33.93 ID:qrMNxj+7O
    カチャ…



    兄(よし、鍵開いたっ)

    兄(よしっ!来い!金髪女来いっ!)

    兄(頼むっ……!)

    兄(金髪女であってくれっ!頼む!)

    兄(金髪であってくれっ!)

    兄(来い!開けるっ!)

    兄(扉を開けるぞおおおおおっ!)



    ガチャ!




146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 00:43:21.15 ID:qrMNxj+7O



    キャッ



    兄「!!」




    金髪の女「……あ、あなた誰ですかっ?」

    兄「…っき、金髪だああああああああああ!」

    金髪の女「はい?」


    タッタッタッタッタッタッ


    兄「金髪だったぁぁぁああああっ!!」





147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/11(日) 00:49:08.99 ID:qrMNxj+7O


    兄「…ハア…ハア…き、金、…恋人さんでした…!…ハア…ハア…」

    男「え!!本当に!?や、やったぁああああ!」

    兄「ハア…ハア…や、やりましたぁ…ハア…ハア…」

    男「良かったぁっ…心臓破裂するかと思ったぁ…ハア……」

    兄「……よ…良かった…ハア…ハア…」



    その後俺は金髪が見た事がなくて見たくてたまらない人間として恋人に紹介された


神?「お兄ちゃん起きなさーい」【パート2】
へつづく

引用元
神?「お兄ちゃん起きなさーい」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1255108758/l50
 

SS宝庫最新記事50件