635 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 17:37:41.59 ID:B+WfWxfF0
    弓「あの竜の動きをよく観察すればわかるが、あいつは・・・」
    剣士「・・・着陸、したがっているな」
    弓「ああ、減速と軌道修正を繰り返している・・・翼が壊れているんだろう、左右の推進のバランスが取れずに苦戦している」
    魔術師「・・・誰かが翼を壊した・・・・」
    弓「かもしれないし、怪我をしたのかも」
    剣士「・・・誰かが一撃を与えた、というのが有力だな・・・(ボソ」

    魔術師「・・・んー・・・“アイス”!」シュボボッ・・・

    ボボボッ・・・
    魔術師「・・・“シュート”!」ボウッ!

    ヒュゥゥゥゥゥ・・・・

    魔術師「・・・んー・・・」
    弓「・・・やはり遠いな、弓でもあそこまでは無理だ」
    剣士「・・・接近するにも、動きが不規則すぎる・・・」
    弓「ああ、待つしかないだろう」

    魔術師「・・・あの竜がこちらに向かってきたら・・・」
    剣士「・・・迎え・・・討つ(ボソ」


最初から読む人はこちら
女「おや、良さげな仕事がありますねぇ」【パート1】

前の話から読む人はこちら
女「おや、良さげな仕事がありますねぇ」【パート3】


 
636 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 17:42:31.41 ID:B+WfWxfF0
    奏翼竜「キェェエエ・・・ェエエ・・・!」

    ヒュンヒュンッ
    ドカカッ

    奏翼竜「!っ・・・ギェエエ・・・!?」
    「よっしゃ、ジャベリン命中!大ダメージだぜ!」
    「続け続け!どんどん狙い撃ちしていくぞー!」
    「あいつは弱ってる!今がチャンスだ!手柄を取られる前に、やっちまうぞ!」


    ォオオオオ・・・

    剣士「・・・まずいな」
    弓「まずくはない・・・が、確かにまずいな」
    魔術師「・・・他の班の攻撃が・・・続けざまに行われていますね・・・」

    剣士「このままでは討伐され・・・」
    弓「・・・追加報酬・・・」
    魔術師「・・・ううう・・・・欲しいなぁ、追加報酬・・・」

    剣士「・・・あの竜がこちらに逃げ込んでくれば・・・なんとか勝機はあるんだが・・・」
    魔術師「・・・え、本当?」
    剣士「・・・ああ・・・(ボソ」


639 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 17:48:08.92 ID:B+WfWxfF0
    剣士「・・・これは・・・本当に、追加報酬を得る気があるなら・・だが」
    弓「聞かせてくれ」
    魔術師「どんな作戦?大丈夫、覚悟はあるから・・・!」

    剣士「・・・まず、待つ・・・」
    弓「・・・まぁ、だな」
    剣士「こちらにきたら・・・その時、なんとか、確実に・・・翼を“破壊”する」
    魔術師「・・・なるほど、翼さえ破壊できれば・・・」
    弓「・・・竜は飛べず、そのままこちらが一方的に闘える権利を得る・・・なるほど」

    剣士「・・・ただし、奴にも足はある・・・屈強な顎もあるだろう、体当たりされれば死ぬ」
    剣士「奴をこの山に“墜とす”ということは・・・こちらの逃げ道も封じる、ということなんだ」
    魔術師「・・・確かに・・・」
    弓「・・・そうだな、理想の討伐は遠距離からの攻撃で・・・そのまま山間部に落とし、殺す・・・それが一番安全だ」
    剣士「だからこれは追加報酬を得たい場合の討伐方法だから・・・危険だし、不確定要素が・・・(ブツブツ」
    魔術師「やります」
    弓「やる」

    剣士「・・・厳禁だな・・・俺もだけど(ボソ」


642 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 17:53:42.19 ID:B+WfWxfF0
    ザッ・・・
    魔術師「墜落させるには、やっぱり私ですね」
    剣士「・・・そうなるな・・・できるだけ大きな術で、一気に相手の機動力を奪って欲しい」
    弓「昨日見せたような最大の術を使えば一撃で決着がつくかもな」
    魔術師「あはは・・・あれはちょっと、当たりにくいので・・・」
    剣士「(外れれば攻撃が向こうの山にまで及びそうだからな・・・)」

    魔術師「中〜高等の術を2、3発放ちます・・・翼くらいなら多分破壊できますし、精度もまぁまぁです」
    弓「魔力の残量は?」
    魔術師「ご心配なく、これくらいなら12発は・・・多分」
    弓「それを連発していればなんとかなりそうだな・・・」

    剣士「一応弓も遠距離攻撃をしてほしいかな・・・」
    弓「ああ、わかってる・・・速射を続けて翼をできる限りは潰してみよう」
    魔術師「速射ってどのくらいですか?」
    弓「・・・んー・・・精度を求めるなら毎秒1発・・・いや、0.8秒に1発のペースでいけるかな」
    魔術師「は、早い・・・」
    弓「伊達にこのランクまで弓オンリーで通って来てないからな」


645 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 17:57:12.33 ID:B+WfWxfF0
    ボォオオオオオン・・・ボォ・・ボ・・・・ボボボ・・・

    魔術師「・・・本当は」
    剣士「?」
    弓「うん?」

    魔術師「・・・女さんとも一緒に・・・やりたかったんですけどね・・・」
    剣士「・・・」
    弓「・・・あいつの事はもういい、どうせ逃げたんだ」
    剣士「・・・」
    魔術師「そ、そんなことっ・・・!」
    弓「! 構えろ・・・来るぞ・・・!」
    魔術師「・・・」

    ボォオオオオオン・・・ボォオオ、ボォ・・・ボオオオオ・・・!

    剣士「・・・墜落に成功したら、今回は俺の剣の見せ場だ・・・」
    魔術師「・・・期待、しててもいいですか・・・?」
    剣士「ああ・・・思う存分・・・力を見せてやる」
    弓「頼もし限りだ・・・これで全員本気だな」

    魔術師「(・・・全員・・・女さん、あなたはどこに・・・)」
    剣士「(・・・報酬はどうなるんだろうな・・・)」


649 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 18:03:51.44 ID:B+WfWxfF0
    ボボボッ・・・ボボボ・・・ゴゴゴゴゴゴドドドドドドド!!

    剣士「(く、近づくとさすがに・・・轟音だな・・・!)」
    魔術師「きます・・・来ますよ・・・!」
    弓「いや、もっと引き付けるぞ・・・下手に攻撃すれば相手は逃げるかもしれん」

    奏翼竜「キェェェエエエ・・・ェエエエエエッ!!」
    ドドドドドドドドォォォォ・・・!

    剣士「・・・今・・・だ(ボソ」
    弓「!いくぞ・・・!食らえ、一撃で野兎を貫通する矢の力・・・!」
    ヒュヒュヒュヒュヒュッ、ヒュヒュヒュ!

    ドドドドド・・・
    奏翼竜「・・・!キェェエ・・・!?」

    魔術師「“スティ・アスノット・ブリーオン”!」ブゥゥゥォン

    弓「(“鋼鉄質の、地殻よりの、金剛大砲”)」
    剣士「(文法良くわからない・・・けど、これは・・・)」

    ドドドドド・・・

    剣士「(・・・地面から・・・大砲が・・・)」
    魔術師「これはまだ準備段階・・・攻撃の詠唱は簡単・・・狙いを定めて、“発射”!」

    ドゥンッ!

    剣士「(おー・・・魔法って・・・すごいな・・・・)」


652 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 18:09:20.39 ID:B+WfWxfF0
    魔術師「・・・そこ!“発射”!」
    ドウンッ!

    ドシャッ
    奏翼竜「ギェエエ・・・ギィイイイイ・・・!」

    剣士「よし、翼の一部を破壊した・・・!」
    弓「魔術師は右翼を狙ってくれ、俺は左を集中的に攻める・・・!」ドシュッ、ドヒュッ

    魔術師「あともう少し・・・根元を狙うと、勢いで山の向こうにふっ飛ばされるから・・・翼を狙って・・・」
    魔術師「・・・はっ・・・ふぅっ・・・!“発射”ッ!」
    ドウンッ

    剣士「疲れているか?」
    魔術師「だ、大丈夫・・・少し、自分の力を過大評価してたかも・・・はっ・・・」
    弓「(こんなちまちました攻撃よりは遥かに上出来だろう)」ドヒュッ、ドヒュッ、ドドドドッ

    奏翼竜「ぎ・・・ギィィィィィ・・・!」

    剣士「(! 竜の体制が崩れていく・・・!)」


655 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 18:13:23.10 ID:B+WfWxfF0
    フッ・・・ヒュゥゥウウウウ・・・・ドォオオオオオン・・・・!


    剣士「!やった・・・山の中腹当たりに・・・!」
    弓「よっしゃぁ!」
    魔術師「は、はっ・・・やった・・・なんとか墜落・・・させられた・・・!」

    剣士「よし、俺が先頭を走って・・落下地点まで接近する・・・二人は後ろから、距離を置いてついてきてくれ・・・!」
    弓「わかった、任せろ!」
    魔術師「ま、まだ援護できるからね・・・私も!」
    剣士「よし・・・急ぐぞ、他の連中も移動して、近づいてくるかもしれん・・・!」

    タッタッタッタッタッ

    弓「(なんとかここまでは順調だ・・・あとは・・・)」
    魔術師「(反撃にさえ注意すれば・・・この討伐も完了・・・!)」

    タッタッタッタッタッ・・・

658 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 18:17:38.09 ID:B+WfWxfF0
    ピチチ・・・ピチチチ・・・

    女「・・・」

    小鳥「・・・?」ツン、ツンツン

    女「・・・」

    小鳥「・・・?・・・!」

    ドク・・・ドクドク・・・

    女「っ・・・はっ・・・は・・・」
    小鳥「・・・!」

    パタタタタタタ・・・パタタ・・・

    女「はっ・・・は・・・血が・・・」

    女「くそ・・・野郎・・・」

659 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 18:22:43.65 ID:B+WfWxfF0
    ザッザッザッザッ・・・
    ザッ

    剣士「・・・(ジッ」

    ・・・

    剣士「(確か、ここらへんに落下したはずだが・・・)」ザザザッ
    剣士「・・・!」


    奏翼竜「・・・ヒュー・・・ヒュー・・・」ズシン、ズシン・・・

    剣士「(・・・いた・・・体を休めながら・・・山を降りようとしている)」
    剣士「(疲れたか・・・そうか・・・だが)」
    剣士「(悪いな、俺はお前を討伐することが仕事なんだ・・・最後の・・・!)」

    バッ

    奏翼竜「!」
    剣士「魔力が十分に帯びた剣は、大体なんでも斬れる・・・(ボソ」

    ザウッ
    奏翼竜「・・・!キェェエ・・・!」
    剣士「まずは木管を一つ・・・破壊・・・!」

    弓「援護するぜ・・・!」ドヒュドヒュドヒュッ
    魔術師「私も・・・!“キュート”!」

    剣士「(よし、順調だ・・・これでなんとか・・・!)」


662 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 18:26:54.55 ID:B+WfWxfF0
    奏翼竜「・・・キェエエエッ!」
    ブンッ

    剣士「・・・!」ガキィッ
    ザザザザ・・・

    弓「!」
    魔術師「剣士さん・・・!」

    剣士「(危ない・・・まさか翼を振って武器にするとは・・・剣でガードしていても、ここまで押し出された・・・)」

    奏翼竜「ヒュウ、ヒュー・・ヒュー・・・!」
    剣士「(・・・く、近くで見るとすごい威圧感・・・俺に倒せるか、こいつを・・・)」
    奏翼竜「ォ・・オオオ・・・キェエエエエエエェェェエィ!」

    ビリビリ
    剣士「〜・・・!」
    剣士「(やってやろうじゃないか・・・伊達で5年間も、鉄の騎士団に仕えていたわけではない・・・!)」

    奏翼竜「ォオオオオオオオ!」
    剣士「ぁああああぁあ!」

    ドシュッ

665 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 18:30:13.61 ID:B+WfWxfF0
    奏翼竜「!」

    ズッ・・・ボドンッ

    奏翼竜「・・・!」
    剣士「右翼、頂戴した・・!」ヒュッ

    奏翼竜「・・・!・・・!」
    剣士「次は・・・首を・・・!」

    ブンッ

    ド

    剣士「っ・・・!ぐお・・・!」
    弓「!(左翼で殴られた・・・!)」
    魔術師「(攻撃が早い・・・!そうか、翼の音で加速して・・・!)」

    剣士「・・・ぐ・・・あばら・・・少し、残念になったな・・・!」
    奏翼竜「・・・ォオオオオオ・・・!」
    剣士「・・・負けない・・・お互い死に損ない・・・!仲良くしようか・・・!」

    バキッ、ドシュ、バキ、バキッ、ド、バキッ

670 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 18:35:49.57 ID:B+WfWxfF0
    ズッ・・・ズッ・・ズッ・・・

    はぁっ・・・はぁ・・・はぁっ・・・

    ズッ・・・ズズ・・・ズ・・・

    臭う・・・臭う・・・“予感”がする・・・!


    ズズズ・・・ズッ・・・ズッ・・・

    ・・・こっちだ、こっちからするぞ・・・!

    臭いがする・・・!魂が呼んでいる・・・!


    折れませんぜ・・・足とアバラと、若干心が折れていても・・・この魂はよ・・・!

    ナイフがなくとも、するどく輝いてるそいつがね、あるんですよ・・・!

    ズッ・・・ズズズ・・・ズ・・ズ・・・

    記者の魂・・・それと、もひとつね・・・

    こんな、自分勝手な田舎者の・・・育ちの悪い私にもできた・・・

    出しゃばりな、不躾な私にもできた、私の・・・!


    ズッ・・・ズ・・・ズッ・・・


672 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 18:39:17.11 ID:B+WfWxfF0
    ボォオオオオオオンッ!

    ドグォッ

    剣士「あがっ・・・・!」
    弓「!おい・・・!」

    ゴロゴロゴロゴロ・・・カランカラン・・・

    奏翼竜「キェエエエエエェェェェ・・・!」
    剣士「・・・!剣・・・が・・・!」ズズッ・・ズ・・・
    魔術師「駄目!逃げて!避けて!」

    剣士「・・・!」
    ヒュッ

    奏翼竜「ォオオ」ガッ
    剣士「・・・!き、やすく・・・掴む・・・な・・・!」グググ・・・
    奏翼竜「・・・キェエエエエエ!」

    ブンッ

    ドガッ
    剣士「・・・っ・・・!」ガクン

    魔術師「・・・!」
    弓「・・・!」

675 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 18:42:21.59 ID:B+WfWxfF0
    奏翼竜「・・・(ジロリ」

    魔術師「ひ・・・」
    弓「!・・・畜生・・・諦めるなよ!」ドヒュッ、ドヒュッドドドド

    ザクザクザクドドド・・・

    奏翼竜「・・・キィイイイ・・・」
    弓「く・・・(翼を盾にするだと・・・!)」

    魔術師「わ、私も・・・負けない・・・!“スティ――」
    ブンッ

    バキッ
    魔術師「ぐは・・・!」
    奏翼竜「キェエエエエエエエエエェェエ!」
    弓「魔術師・・・!(速い・・・!どんな脚力してやがる・・・!)」

    奏翼竜「・・・」
    弓「・・・!」


702 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:00:02.58 ID:B+WfWxfF0
    弓「・・・く・・・」ジリッ・・・

    ズシン、ズシン・・・

    奏翼竜「・・・キェエエェェエ・・・!」
    ズシン、ズシン・・・

    弓「(矢・・では、勝てないな・・・術は使えない・・・)」

    ズシンズシン・・・
    ジリジリ・・・ジリ・・・

    カラン

    弓「(・・・!剣・・・!)」
    スチャッ

    弓「・・・これで・・・!」チャキッ・・・
    奏翼竜「・・・」
    弓「これ・・・で・・・」

    弓「(どうするんだ・・・こんな剣で・・・)」
    弓「(ああ、剣士お前・・・こんな怖い状態で闘っていたのかよ・・・!)」

    ズシン、ズシンッ

    奏翼竜「キェェェェェエエェェエエエエ!」

    弓「・・・〜!」ビリビリビリ


704 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:04:38.57 ID:B+WfWxfF0
    “大丈夫、俺は魔法剣士だからな!”

    “接近戦が怖い・・・?ははは、ばーか大丈夫だろ”

    “お前弓で援護な、大丈夫、近くは任せろ・・・頼んだぜ?”

    “クラス昇格だ!やったな!”

    “今度一緒に討伐受けようぜ!ランクAのさ・・・”

    “大丈夫大丈夫!俺が剣で、お前が弓だからな!いつも通り!”


    弓「・・・く・・・そ・・・!」
    奏翼竜「ォオオオオオ・・・!」ブンッ


    “おいおい、あのクラゲ・・・まるで効いちゃいねぇ・・・”

    “く・・っそ、弓・・・任せたぜ!俺が・・・剣で・・・魔術でなんとか・・・!”

    “う、うわぁああぁぁあああ・・・!”


    「旦那ぁああああああ!」


708 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:08:46.08 ID:B+WfWxfF0
    弓「!」


    ットン・・・・


    奏翼竜「・・・!」
    女「はーっ・・・はーっ・・・!よう・・・また背中・・・!お邪魔しますぜ・・・!」

    弓「・・・!お前・・・!」
    女「旦那!そいつを!」

    奏翼竜「ォ・・・ォオオオ!?」
    ブンッ、ブンッ

    女「ぐぁ・・・早く・・・!掴まってるだけで精いっぱいだ・・・!」
    弓「は、早くっていったって・・・!」
    女「剣は任せてください・・・!旦那は、弓で・・・!」
    弓「・・・!」


    “お前弓で援護な、大丈夫、近くは任せろ・・・頼んだぜ?”

    弓「・・・!ぉおおお!」

    チャキッ
    ギギギッ・・・

    女「(へ、へへ・・・旦那や・・・その剣の渡し方・・・すっごく危ないですが・・・)」
    女「(“粋”、ですぜ・・・!)」

709 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 19:09:51.30 ID:Un5Sl4sl0
    剣は射るものじゃないよねえ
    粋だなw


710 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:12:08.77 ID:B+WfWxfF0
    弓「受け取れぇえええええ!」

    ドシュッ!

    ヒュゥゥゥゥゥ・・・

    女「・・・!危っ・・・!」パシッ
    奏翼竜「・・・!ォオオオオ・・・!」
    弓「邪魔はさせないぜ・・・!騒音野郎・・・!」ドシュドシュドシュッ

    ドドドッ

    奏翼竜「キィイイイ・・・!」

    チャキ

    女「へへへ・・・剣って今まで使っちゃいませんでしたがよ・・・」
    奏翼竜「・・・!」

    女「ナイフよりも・・・強いかも!知れませんねッ!」

    ドスッ


    奏翼竜「ギャァァアアアアアア・・・・!」


712 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:14:24.18 ID:B+WfWxfF0
    奏翼竜「ォオオォン・・・」

    ズシン・・・

    ドクドクドクドク・・・

    弓「・・・は・・・はっ・・・」
    女「・・・ああ・・・はぁ・・・は・・・」

    ドクドク・・・ドクドク・・・

    剣士「・・・」

    魔術師「・・・」

    弓「・・・はぁ・・・はぁ・・・」

    女「へ・・・へへ・・・言ってみたかった・・・」

    女「とうばつ・・・・かん・・・りょ・・・」

    ドサッ


714 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:18:04.40 ID:B+WfWxfF0
    「おーい、こっちだ!ここだ!」

    「・・・!これは・・・ああ、なんて森の荒れようだ・・・ひどいな・・・」

    「どうでもいい、さっさとこっちに来てくれ!けが人が3人いるんだ!」

    「・・・!討伐・・・成功したんですか・・・!」

    「それより、それよりも早く、運び出してくれ・・・!」


    「・・・!」

    「死人を出す気かよ!ぼさっとしてないで助けてくれよっ!」

    「わ・・・わかりました・・・!」

715 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:22:25.88 ID:B+WfWxfF0
    ガラガラガラガラ・・・

    「運べ運べ、そっちの茶髪の女が重傷だ、骨折、大量失血・・・とにかく急げ!やばいぞ!」
    「こっちも骨折・・・うっ、血の臭いがひどいな・・・」
    「この町最速の馬車を出してやれ、山の診療所まで運ぶぞ・・・!」

    ガラガラガラガラ・・・


    紅衣「大丈夫ですか、あなたも怪我を・・・」
    弓「・・・」プイッ
    紅衣「・・・」

    男「弓さん、お疲れ様です、追加報酬は・・・」
    弓「・・・そんなことはどうでもいい」
    男「・・・え」

    弓「・・・あの三人を・・・無事に・・・それだけでいいから・・・頼むから・・・」
    男「・・・はい、わかりました・・・ですがこちらも仕事です、追加報酬もきっちりつけときますよ」
    弓「・・・」
    男「・・・では」

    タッタッタッタッタッ・・・

    弓「・・・」
    紅衣「・・・あなたも診療所で、一応見てもらってください」
    弓「・・・怪我なんてねえよ・・・」
    紅衣「・・・」
    弓「・・・弓使いは・・・遠くから狙ってるだけなんだからよ・・・」


719 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:25:00.52 ID:B+WfWxfF0
    紅衣「・・・はい、診療所まで・・・はい、出してください」
    弓「・・・」
    紅衣「少し急ぐので揺れますよ・・・掴まっていてくださいね」
    弓「・・・ああ」

    ゴトン・・・ゴトン・・・ゴトトン・・・ゴトトン・・・


    弓「・・・」
    紅衣「・・・連日の戦い・・・ご苦労様です」
    弓「・・・俺は・・・何もしてねぇよ」
    紅衣「何を言いますか、あなたの班は・・・」
    弓「あの班で、俺だけだ」
    紅衣「・・・」
    弓「・・・全然、良いとこなしのくせに・・・嫉妬ばかりだ」

    紅衣「・・・」
    弓「・・・弓、だからかな・・・」

    ゴトトン・・ゴトトン・・・


723 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:28:28.11 ID:B+WfWxfF0
    バタン
    助手「医師さぁあああん!」

    医師「はい、患者さんですね」サラサラ
    助手「は、はい・・・それに・・・!」
    医師「多く来ていると、なるほど」サラサラ
    助手「そ、そうで・・・はっ、はっ・・・!」
    医師「・・・」サラサラ

    コトッ
    医師「・・・山の閑静な診療所のはずなんですがねぇ・・・どっこいしょ」ギシッ
    助手「ひ、一人は骨折と大量出血で重症で重体で・・・!」
    医師「わかりましたから、君は裏庭でハーブを詰んでいてください」
    助手「はいっ・・・!は・・・はい?」
    医師「さて、大仕事だ・・・」
    ズッ・・ズッ・・・

729 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:31:45.42 ID:B+WfWxfF0
    バタン

    弓「・・・」
    紅衣「・・・手術中なので・・・しばらくここでお待ちください・・・あ、奥にベッドもあります、そこで休まれてはいかがでしょう」
    弓「・・・ここでいい」
    紅衣「・・・はい、では、私はこれで・・・」
    タッタッタッ・・・

    弓「・・・ナイフ・・・剣女・・・」
    弓「・・・良いよな、お前・・・いつもさ・・・」
    弓「良い所ばっかり・・・って・・・」
    弓「・・・これだから俺・・・ギルドで友達が居ないのかな・・・」

    弓「・・・はぁ・・・・ちくしょう・・・」


    ブチッ、ブチッ
    助手「とりあえずハーブ沢山摘んでおこっと」ブチブチ

732 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 19:33:37.30 ID:z4hjCFwGO
    この医者なら治せる。
    悪魔の手があるから……

736 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:35:13.76 ID:B+WfWxfF0
    リーン・・・リーン・・・

    弓「ぐぅ・・・ぐぉおお・・・・ぐぅ・・・」

    キシ・・・キシ・・・

    弓「・・・ぐぅ・・・ぐぅぅ・・・」

    ギシッ・・・

    剣士「・・・」
    弓「・・・んー・・・ぐぉ・・・ん・・・」
    剣士「・・・」
    弓「・・・!」

    弓「う、うわぁあああああぁぁあ!!」
    剣士「・・・うるさいな・・・(ボソ」
    弓「わぁあ・・・あ・・・?」
    剣士「・・・俺だから・・・」
    弓「い・・・生きてたのか・・・よ、よかった・・・!」
    剣士「気を・・・失ってただけだし・・・(ボソボソ」

742 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:38:12.89 ID:B+WfWxfF0
    リーン・・・リーン・・・

    弓「ああ、そうか・・・ちょっと眠って・・・って、もう夜か・・・」
    剣士「俺と魔術師は治療を受けた・・・から、大丈夫」
    弓「!魔術師も無事だったか・・・良かった・・・」
    剣士「・・・ああ」

    弓「・・・」
    剣士「・・・」

    弓「・・・まて・・・」
    剣士「・・・」
    弓「・・・女は・・・?」
    剣士「・・・ああ・・・女は・・・」

    リーン・・・リーン・・・

745 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:40:29.92 ID:B+WfWxfF0
    魔術師「・・・すー・・・すー・・・」
    助手「・・・よし・・・替えの包帯はこれでオッケー・・・っと・・・」

    魔術師「すー・・・すー・・・」
    助手「あとは添え木を・・・位置をちゃんと直して・・・」
    女「・・・」ソロリ、ソロリ

    助手「えーっと、これをこうして・・・」

    パシャッ

    助手「・・・?」

    ・・・

    助手「・・・今何か・・・光ったような・・・」
    魔術師「すー・・・すー・・・女・・・さん・・・」


747 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:43:43.41 ID:B+WfWxfF0
    女「へっへっへ、撮っちゃ駄目だと言われても、撮りたくなるってのが人の笑顔なんですねぇ・・・」

    ジィィ・・・カショッ

    女「・・・うん、良い寝顔・・・美女の寝顔はなかなか、様になるもんで・・・」
    弓「おい」
    女「!!!」ビクッ

    弓「・・・なんだこれ」ヒョイ
    女「あ、弓の旦那、それは私の宝物・・・」

    ビリビリ

    女「あー!なんてことを!」
    弓「・・・」
    女「旦那何してくれるんすか!焼き付け式のカメラに焼き増しは・・・!」

    ギュッ

    女「・・・え」
    弓「・・・」

769 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 19:53:56.67 ID:fCPnBysPO
    女「・・・・旦那」
    弓「・・・馬鹿・・・お前な・・・」
    女「・・・ジャーマン・・・」
    弓「ちげえよ・・・」

    弓「・・・実際・・・心配・・・したんだからな」
    女「え・・・でも私・・・別にそんな、怪我してないし・・・」
    弓「うるせえ・・・こっちが勝手に心配してんだよ」
    女「勝手な」
    弓「ああ・・・勝手だよ」

    弓「勝手に見限って・・・突き放して・・・嫉妬して・・・勝手だよ」
    弓「ここまでくりゃ、開き直って・・・こうもできるってことなんだよ」

    ギュッ

    女「!」ズキン
    弓「・・・?」
    女「あだだだ・・・」
    弓「お・・・女・・・?」
    女「あ〜・・・そうでしたわ・・・アバラ折れてた・・・」
    弓「折れてたってオイ」
    女「やっぱダメですわ・・・ちょっとお医者さんに診てもらお・・・」ズッ…ズッ…

    弓「・・・」

    女「旦那おやすみー」

    弓「・・・ああ・・・うん・・・」


780 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 20:03:43.29 ID:fCPnBysPO
    リーン・・・リーン・・・
    男「・・・ふー」ボスッ

    紅衣「お疲れ様です」
    男「ああ・・・本当ですよ・・・」
    紅衣「ランクAA、しかも討伐3連続の任務・・・一人でできる事ではありません」
    男「いえいえ・・・みなさんの協力があってこそ、ですよ・・・」
    紅衣「・・・ふふふ」

    リーン・・・リーン・・・

    紅衣「・・・ところで男さん・・・」
    男「んー、はい、なんでしょうか」
    紅衣「女さんについて調べたのですが・・・」
    男「・・・!」

    紅衣「過去任務従事回数はなんと4回・・・ライセンスも中級者のレッド、でしたね、見ましたけど」
    男「・・・あー・・・」
    紅衣「・・・ふふ」

    紅衣「でも男さん、これは“手違い”なんです」
    男「・・・?」
    紅衣「彼女の業績を見直してください・・・ほら、この任務従事回数とカードライセンスの項目」
    男「手違い・・・見直し・・・?何を言って・・・」

    男「・・・」
    紅衣「ね?」
    男「・・・随分と・・・下手な字ですね・・・任務従事回数400回、ライセンスが“レッド”改め“クリムゾン”・・・400の丸が潰れてますよ」
    紅衣「ふふ、何故でしょう?後で記帳担当者を叱りますか?」
    男「・・・・ははは、別に・・・いいですよ・・・」

784 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 20:09:05.33 ID:fCPnBysPO
    ナイフを使ったり、いきなりカメラを持ち出したり、そのくせ高く跳んだり・・・よくわからん女だ。

    言動はどこか軽っぽいし、礼儀はなってないし・・・。

    最初は思ったよ、“ああ、この班終わったな”って。


    でも一緒に仕事をしていくうちに、段々と・・・彼女に対する気持ちが、変わっていったというか。

    なんていうか。


    ・・・俺は弓だからな。

    これ以上他人を褒めると、嫉妬して、どうにもならなくなっちまう。

    だから今はこれだけでいい。

    “よくわからん女”。


    ・・・それだけでいい。


791 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 20:14:49.19 ID:fCPnBysPO
    助手「でも医師さん、すごいですよねー」ゴリゴリ
    医師「はい、何がでしょうか」

    助手「普通、あんなに重症を負った人なら・・・完治に結構かかりますよねー」
    医師「女さんですか?そうですね、普通なら3、4ヶ月は・・・」
    助手「それどころか3、4日も待たずに退院しようとしてますからね、驚きですよ」ゴリゴリ
    医師「・・・治りが早いのでしょう」
    助手「それで片付けるんですか・・・」ゴリゴリ

    医師「それよりも助手さん、魔術師さんの具合を確認してきてください・・・彼女が一番“心配”ですから」
    助手「あはは・・・はい・・・女さんも心配してあげてください・・・」

    ガチャ

    助手「魔術師さーん、具合は・・・」
    助手「・・・ん?こっちは女さんの部屋・・・ドアが空いて・・・」

    助手「・・・女さん・・・いないし」


794 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 20:22:02.91 ID:fCPnBysPO
    タッタッタッタッタッ・・・・

    足音が聞こえる。
    新しい時代に追いつこうと、急ぐ足音だ。

    タッタッタッタッタッ・・・・

    新しい時代は眠っても、休んでも、こちらに向ってきやしない。

    タッタッタッタッタッ・・・・

    だから彼女は、今日も町の屋根を駆け、新しい何かを探し求めている。

    ナイフはなくしてしまったが、サイフの中にはたんまりと詰められた大量の紙幣。
    これでこの先、また出稼ぎに出ることもないだろう。

    しばらくは追い求める事に専念できる。

    でも、

    女「(・・・・また、いつか・・・!)」

    出稼ぎも悪くは無い。
    たまに違うことをしてみるのも悪くはない。
    そんなことを考えながらも、彼女は今日も、出来事を撮り続ける。


    女「・・・・はい、笑ってー・・・」

    パシャッ


801 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 20:25:42.35 ID:fCPnBysPO

    弓「・・・」ボー


    魔術師「弓さん!次は隣の国ですよ、早く」

    弓「あ、ああ・・・おう」

    剣士「盗賊の巣窟か・・・また厄介なものを」

    魔術師「えへへ、さあ、いきましょう!早く早く!復活記念ですから!」

    弓「お、引っ張るなって・・・」



    ジィィィ……カショッ


    おわり


812 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 20:27:34.99 ID:HX45v76d0
    テラ乙
    最初から楽しませてもらったZE


816 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 20:28:07.52 ID:LQDKkXoRO
    >>1乙



    最終回症候群来ちゃったよ…… vipのssでくるとはなあ……


818 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 20:28:42.28 ID:7vRkJ9ol0
    なんか終わるのが寂しいな
    良いSSだった
    >>1おつかれさま



822 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 20:30:35.08 ID:fCPnBysPO
    やたら文字数と全角・が多いSSでしたが、
    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
    ちぃとばかし、夢見がちな話ではございましたが、夢を夢なりに、楽しんでいただけたなら幸いですわ。

    (´・ω・`)さあ、好きな調味料と注文を聞こうか


858 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 20:54:15.34 ID:9LAJXRgZO
    保守するくらいなら何か書きなさいよ。


860 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 20:55:38.63 ID:fCPnBysPO
    >>858 質疑応答でもしようか
    何か気になる事があれば懇切丁寧に答えよう

    セーイ


862 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 20:56:23.05 ID:4wrUUGo00
    >>860
    二期はいつですか?


864 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 20:58:00.05 ID:hSEBDk85O
    二年前の事件はジェミニ関連ですでに描かれてる?


865 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 21:00:15.35 ID:fCPnBysPO
    >>862
    ハンターハンター新刊出たら書く

    >>864
    いいや、まだ
    2年前は「嫌な事件だったね…」


872 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 21:08:32.10 ID:qStnP3ABO
    女何者とかそういうの聞いていい・・・?

873 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 21:10:35.76 ID:fCPnBysPO
    >>872
    記者


875 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 21:12:08.10 ID:61ij1yEi0
    質問を変えよう
    モアってどういう組織?


878 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 21:19:33.82 ID:fCPnBysPO
    >>875
    モアはおそらく世界最大の新聞社
    火国首都に本社を置く


880 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 21:22:14.62 ID:61ij1yEi0
    >>878
    それは読んでりゃ判るが…まぁいいかww
    また見かけたら読みに来るぜー


883 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 21:27:37.75 ID:fCPnBysPO
    >>880 他の新聞社と競争が激しいので
    特に、1面を飾るような特ダネをとれるかどうかは社の命に関わる
    とだけ言っておこう


896 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 21:47:12.71 ID:UqO+O4/2O
    女はナイフ新調せんの?


898 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 21:49:37.68 ID:fCPnBysPO
    898 :1 ◆1pwI6k86kA



















    ナイフはまたどっかの一番で安売りしてるのを買うだろうな


904 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 22:05:44.48 ID:fCPnBysPO
    威圧感
904 :1 ◆1pwI6k86kA



























922 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 22:47:02.51 ID:xHB9o7gK0
    とりあえず青の国はいまだに気になる


919 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 22:40:30.61 ID:fCPnBysPO
    【名前】女
    【性別】女
    【年齢】21
    【職業】記者(兼傭兵)
    【身長】普通
    【体重】不明
    【性格】明るいけど空気が読めない
    【特徴】傭兵の時と記者の時では服装が違う、喋り方も微妙に違う
    【備考】謎が多いがとりあえず体は丈夫


920 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 22:44:32.49 ID:fCPnBysPO
    【名前】弓
    【性別】男
    【年齢】女に近いか少し上
    【職業】傭兵・弓使い
    【身長】平均よりやや高め
    【体重】普通
    【性格】若干内気で、他人と相容れない難しい感じの性格
    【特徴】弩弓を0.8秒間に1発放てるレベルの弓の名手。一発の威力も魔力を帯びるため高いが銃には勝てねーよ。
    【備考】魔術師の事を微妙に気にしてたくせにこいつなめてんのかすけこましが

924 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 22:49:06.03 ID:fCPnBysPO
    【名前】魔術師
    【性別】女
    【年齢】さりげなく25以上
    【職業】傭兵・魔道士
    【身長】低い
    【体重】教えない
    【性格】周りへの気配りがよくでき、しっかりしている。傭兵なのでお金についてもしっかりしているし貪欲。
    【特徴】力は弱いけど魔術のスキルはかなりのレベルなのでPT狩りの際には範囲攻撃を乱発してくれて経験値がおいしい。絶対に弓よりは強い。
    【備考】戦闘面では活躍や動きがあったけど、話の面でもっと何かあってよかったなと思っている

926 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 22:53:41.11 ID:fCPnBysPO
    【名前】剣士
    【性別】グラニュー糖のグラニューってなんだよ
    【年齢】弓と同じくらい
    【職業】傭兵・長剣使い
    【身長】高い
    【体重】わからない
    【性格】クールでしっかりしてて恥ずかしがり屋
    【特徴】長い黒髪の剣士。傭兵は今のご時世、高ランクともなれば魔術くらい使えないとやってけないが、肉体強化しながら剣一筋で頑張っている。
    【備考】満を持して盛り上がるセリフがブツブツなリーダーってどうなんだよ、頑張れよ

927 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 22:57:21.45 ID:fCPnBysPO
    【名前】男
    【性別】男
    【年齢】30くらいか
    【職業】ギルド員
    【身長】普通
    【体重】普通
    【性格】手を抜いてるように見えてしっかりやってる、傍目にはむかつくタイプ。仕事に対する責任感は強いので良い人ではあるが、若干出世欲が上回るか
    【特徴】赤い制服を着たギルドの役員。ギルドのイメージカラーが紅なので仕方ない
    【備考】女に対して男と、なんだか重要そうな名前がついてるけどそうでもないよね

939 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/27(日) 23:19:17.92 ID:s13gBGaJO
    ん?


    赤い制服のギルドの男が山に逃げる話書いた?


940 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 23:20:09.09 ID:fCPnBysPO
    >>939 書いたよ
    ちょっと前くらいか


941 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 23:20:11.57 ID:QlC9P4ep0
    ギルド員の男が仕事に不満もって山に登って毒の龍とか神主?とか新種の毒とか
    関係してたりする?


942 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 23:22:21.32 ID:fCPnBysPO
    >>941 実はそれは2年前の話である
    この話に直接関係は無いし、男は同一人物ではない
    同じギルドだけど地域も地位も違う


943 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/27(日) 23:25:30.28 ID:QlC9P4ep0
    >>942
    そうなのかてっきり同一人物かとおもってた
    記者と今回の女は同一人物なのか?


944 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/27(日) 23:27:58.39 ID:fCPnBysPO
    >>943 同一人物

    相変わらずの跳躍力


989 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 00:07:23.49 ID:5NVgds8EO
    ジェミニのことも好きだが、個人的には噴火に巻き込まれて
    死んでしまった少年と少女が気になる

991 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/28(月) 00:10:07.44 ID:JsYsF7HlO
    >>989 しんじまったら次何かの拍子に奇跡的に生まれかわるくらいしかないな

995 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/28(月) 00:14:31.58 ID:lvhJU/1/O
    まあ取り敢えず>>1乙
    自分のペースでまた書いてくれよ


997 :1 ◆1pwI6k86kA:2009/09/28(月) 00:15:01.38 ID:JsYsF7HlO
    女「終わりが近付いていますな。
     まぁ二日程度の付き合い、されど二日、腹の減る二日でございましたが、楽しかったですよ。
     また今度いつか、近いうちに会えると良いですね?
     では、またいつか・・・謎来たる日まで!」

1000 :
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2009/09/28(月) 00:15:30.31 ID:rLMMaD8a0

    >>1000なら>>1が新作書く



この作者さんの他の作品はこちら
※ジェミニや記者のSSもあります。


女「おや、良さげな仕事がありますねぇ」おしまい

引用元
女「おや、良さげな仕事がありますねぇ」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1253949730/
 

最新記事50件