1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:13:22.26 ID:n12CEj/A0
    ザザッ 

    勉三「さいは投げられたッス・・・」

    勉三「共に立つダス・・・」

    勉三「そして共に戦うッス・・・」

    勉三「ワス達は今・・・」

    勉三「この国に宣戦布告するッス」

最初から読む人はこちら
コロ助「キテレツー!勉三の様子がおかしいナリー!」

前の話から読む人はこちら
コロ助「キテレツ〜!我輩に新しい友達が出来たナリ〜」




 
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:14:17.87 ID:n12CEj/A0
    3年前のある日


    (オープニングテーマ)
    今日も、いつもの売人不足 頭が痛くなっちゃうよ

    いつものヘロインいつものコカイン ワスらはいつも元気だね

    売人、売人、売人、売人、売人不足


    勉三「というわけなんダスよ、キテレツ君」

    キテレツ「つまり、バイトで麻薬を運ばされそうだということだね?」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:14:58.97 ID:n12CEj/A0
    勉三「んダス、この前川原でアルバイト募集の紙を拾ったっス」

    勉三「かなりの高待遇なんで、早速電話してみたっすよ」

    勉三「そしたら人気のない場所にある事務所に連れていかれてたッス」

    勉三「もう見た目完全にヤクザだったッスよ、あの目つきは間違いないっス!」

    キテレツ「勉三さん、人を見かけで判断するのはよくないよ」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:15:39.67 ID:n12CEj/A0
    勉三「あれはやくざに決まってるッス!」

    キテレツ「まあまあ、実際自分の目で麻薬を見たの?」

    勉三「それはまだッス、仕事は明日からだという話ッス」

    キテレツ「ならまだわからないじゃない。」

    勉三「確かにそうダスがぁ・・・。」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:16:20.38 ID:n12CEj/A0
    キテレツ「それに本当に人手が足りなくて困ってるかもしれないよ?」

    勉三「・・・もういいッス、キテレツ君には頼まないッス!」

    キテレツ「あ、まって勉三さん!」

    タッタッタッタ

    キテレツ「あ〜あ、行っちゃった。勉三さんはすぐ人に頼るんだからなぁ。

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:17:01.45 ID:n12CEj/A0
    勉三「ああ、ワスはどうすればいいッスか〜」

    ブタゴリラ「あ、勉三さん。」

    トンガリ「やぁ勉三さん」

    勉三「ブタゴリラ君にトンガリ君じゃねーッスか」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:17:54.37 ID:n12CEj/A0
    ブタゴリラ「勉三さん、こんなとこで何してんだー?」

    トンガリ「浮かない顔して何かあったのぅ?」

    勉三「実は・・・」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:18:35.47 ID:n12CEj/A0
    ブタゴリラ「なるほどなぁ〜。勉三さんがそんなにお金に困ってたなんて」

    トンガリ「そんな事なら僕らに相談してくれればよかったのにぃ」

    勉三「いやぁ、お金に困ってたのは確かッスが、二人に助けてもらう事はできねーッス」

    ブタゴリラ「水くせーよ、勉三さん」

    トンガリ「いやなら断ればいいのにぃ」

    勉三「ハハ、そうかもしれないダスな。」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:19:36.92 ID:n12CEj/A0
    勉三「そうだすな、嫌な事は嫌とはっきり言う、それが大人ってもんッス。」

    勉三「それに意外となんとかなるかもしれねーッス」

    勉三「やる前から後悔してても仕方ねーッス、男なら当たって砕けろッス!」

    トンガリ「いや砕けちゃダメだよぅ、こういう場合」

    勉三「ハハ、その通りッスなぁ」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:20:18.34 ID:n12CEj/A0
    勉三「二人と話して随分気が楽になったッス」

    勉三「とりあえず、話だけでも聞いてみるッスよ。それじゃ二人ともさよならッス〜」

    ブタゴリラ「おう!勉三さんまたな〜」

    トンガリ「大丈夫かなぁ〜」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:21:50.36 ID:n12CEj/A0
    翌日


    勉三「ああ、ついに時間になってしまったッス。そろそろ行かないとまずいッス!」

    某事務所内

    勉三「あの〜」

    事務員「お、来たか。こっちに来てくれ」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:22:30.80 ID:n12CEj/A0
    勉三「あの〜その前にちょっと・・・」

    事務員「あ?いいからこっち来いよ」

    勉三「は、はい・・・」

    ドサッ

    事務員「これなんだけどよ」

    勉三「結構沢山あるッスね・・・」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:23:30.86 ID:n12CEj/A0
    事務員「ハハ、こんなのまだまだ一部だ。奥にはこの何倍って量があるぞ」

    勉三「そ、そうなんだスかぁ・・・」

    事務員「取引相手の名前と取引場所を書いておいたらから
    なくすんじゃねーぞ?」

    勉三「は、はいッス・・・」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:24:15.44 ID:n12CEj/A0
    事務員「丁寧に扱ってくれよ?商品なんだからな」

    勉三「も、もちろんッス・・・」

    事務員「金はもらってるからこれ渡すだけでいいから」

    事務員「んじゃよろしく頼むな」 ポンッ

    勉三「はい・・・」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:24:56.02 ID:n12CEj/A0
    事務員「あ、中身は絶対見るなよ」

    勉三「わ、わかりましたッス・・・」

    勉三(ダメッス・・・ちゃんと断らないと・・・)

    勉三「あ、あの!」

    事務員「あ゛?さっきからなんだ?」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:25:57.34 ID:n12CEj/A0
    勉三「い、いえ!なんでもないッス!」

    事務員「わかったらさっさと行け!」

    勉三「は、はいッス・・・」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:27:53.43 ID:n12CEj/A0
    キテレツ「コロ助か、どうしたいんだい?」

    コロ助「キテレツ〜、これを見て欲しいナリ〜」

    キテレツ「これは・・・15歳の少女のヌード雑誌じゃないか」

    コロ助「川原で見つけたナリ〜沢山落ちてたナリよ〜」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:29:13.52 ID:n12CEj/A0
    キテレツ「僕は18から24歳までしか興味ないよ」

    コロ助「そうナリかぁ〜。なら勉三さんにあげてくるナリ!」

    キテレツ「今勉三さんいないと思うよ?」

    コロ助「なら、ベンの家の中に入れておくナリヨ〜」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:29:54.05 ID:n12CEj/A0
    勉三「はぁ・・・どうしてワスはこんなに気が弱いんダスかなぁ・・・」

    勉三「確かここのはずダスが・・・

    チラチラッ

    勉三「もしかして・・・あの〜」

    ??「はい?」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:30:42.01 ID:n12CEj/A0
    勉三「もしかして風間さんッスか?」

    風間「シーッ声が大きいです!」

    勉三「あ、はい。すいませんッス」

    風間「で、早速なんですが・・・」

    勉三「これでいいんッスかね?」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:31:25.26 ID:n12CEj/A0
    風間「はい、確かに。ではこれで失礼しますね、フヒヒッ」

    ??「そこの二人止まりなさい!」

    勉三&風間「?!」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:32:15.65 ID:n12CEj/A0
    警官A「警察だ!持ってるものを置いて両手をあげなさい!

    パサッ

    警察B「動くな!」

    勉三(ああ、とんでもねーことになったッス・・・」

    ビリビリッ ペラペラッ

    勉三(あれ、麻薬じゃないッスか?魔女っこ萌えピー・・・・?)

    警官A「児童ポルノ法違反で逮捕する」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:34:09.33 ID:n12CEj/A0
    勉三「えええ?!ちょ、ちょっと待って欲しいッス!」

    警官B「話は署で聞く。そのままこっちへ来い!」

    勉三「ワスは無実ダスーーー!」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:34:51.28 ID:4Qmo7BUlO
    うまいなぁwww

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:34:54.04 ID:n12CEj/A0
    勉三「だからワスは中身を知らなかったッス!信じて欲しいッス!」

    刑事A「ならなんであんなもん持ってたんだ?」

    勉三「それはアルバイトでそこに持っていけと指示されただけッス!」

    刑事A「誰に指示されたんだー?」

    勉三「××事務所の人ッス!」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:35:34.96 ID:n12CEj/A0
    刑事A「ほう××事務所かぁ、ふーむなるほどなぁ」

    勉三「そうッス!その事務所に行けば全てわかるッス!」

    刑事A「××事務所ねぇ・・・おいお前」

    勉三「な、なんダスか?」

    刑事A「でたらめいってんじゃねーぞ!!」

    ドンッ!!

    勉三「ええ?!」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:36:15.93 ID:n12CEj/A0
    刑事A「そんな事務所な、どこにもねーんだよ!」

    刑事B「まあまあAさん、落ち着いて」

    勉三「そ、そんなことはありえねーッス!
    ついさっきそこで渡されたものを届けただけッス!

    刑事A「聞いた場所に行って隈なく探したがな
    人っ子一人いねーんだよ!」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:37:27.91 ID:n12CEj/A0
    刑事B「狩野さん、嘘言っちゃ駄目だよ。
    自分のためにも本当の事だけ言っても貰わないと」

    勉三「そ、そんなぁ・・・」

    刑事A「それにな、一緒に捕まった奴もお前から買ったって言ってるぞ?
    金もお前名義の口座に振り込んだって」

    勉三「でたらめッス!そんなのおかしいッス!」

    刑事A「あくまで白を切る気か、まぁいい・・・」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:39:16.17 ID:n12CEj/A0
    ガチャ・・・

    刑事C「Aさん」

    ゴニョゴニョ

    刑事A「ほうほう」

    勉三「な、なんダスか・・・」

    刑事A「お前の家から大量の児童ポルノが見つかったそうだぞ」

    刑事A「どうせまだ持ってるんだろ?!」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:40:06.02 ID:n12CEj/A0
    勉三「そんなの嘘ダス!ワスはそんなの買った事ないッス!」

    刑事B「いい加減にしろ!証拠は揃ってるんだ言い逃れは出来んぞ!」

    刑事A「まあまあ、Bさん落ち着いて」

    勉三(うぅ・・・ワスはどうなってしまうッスかぁ・・・)

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:40:49.91 ID:n12CEj/A0
    キテレツ「ええ?!勉三さん捕まっちゃったの?!」

    コロ助「そうみたいナリ・・・」

    キテレツ「やっぱり麻薬だったのかな・・・」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:42:27.24 ID:n12CEj/A0
    コロ助「違うみたいナリよ?」

    キテレツ「え?どういう事だい?」

    コロ助「刑事さん達が我輩が勉三さん家に持っていた本を沢山持って帰って行ったナリ」

    キテレツ「?ちょっと調べてみようか」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:43:34.38 ID:n12CEj/A0
    キテレツ「あっ・・・これか」

    コロ助「わかったナリか?」

    キテレツ「うん、やっぱりその本が原因みたいだね」

    コロ助「どういうことナリか?」

    キテレツ「この前から始まった児童ポルノ法に違反してたんだよ」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:44:40.79 ID:n12CEj/A0
    コロ助「それはなんなりか?」

    キテレツ「簡単に言うと18歳に満たない者を写したポルノを所持しちゃ駄目ってものさ」

    コロ助「それじゃ我輩のせいで勉三は捕まったナリか?」

    キテレツ「そうみたいだね・・・」

    コロ助「キテレツ〜なんとか勉三さんを助けて欲しいナリ〜」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:45:21.40 ID:n12CEj/A0
    キテレツ「それは出来ないよ・・・」

    コロ助「なんでナリか!!?」

    キテレツ「国家権力には逆らえないよ・・・」

    コロ助「キテレツの意気地なしー!もう我輩一人でなんとかするナリ!」

    キテレツ「あっコロ助ー」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:46:03.60 ID:n12CEj/A0
    某留置所内


    警官「面会だ、出ろ」

    勉三「コロちゃん、どうしたッスか?」

    コロ助「勉三さん・・・大丈夫ナリか?」

    勉三「大丈夫ッスよ〜。この通りピンピンしてるッス」

    コロ助「勉三さん、ごめんなさいナリー!」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:46:44.41 ID:n12CEj/A0
    勉三「どうしてコロちゃんが謝るッスか〜?」

    コロ助「我輩・・・我輩が勉三さんの家に本を置いておいたナリ。
    勉三さんが喜ぶと思って・・・」

    コロ助「だから全部我輩のせいなり、本当にごめんなさいナリ!」

    勉三「いやいや、コロちゃんのせいじゃねーッス」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:47:49.13 ID:n12CEj/A0
    コロ助「でも・・・」

    勉三「元はといえば、ワスがいい給料に釣られたのがいけないッスから」

    勉三「だからコロちゃんは何も悪くねーッスよ」

    コロ助「勉三さん・・・」

    コロ助「勉三さん、必ず助けるナリよ!」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:48:49.16 ID:n12CEj/A0
    コロ助「キテレツー!」

    キテレツ「ん?どうしたんだい?」

    コロ助「一生のお願いナリ!勉三をなんとか助けて欲しいナリ・・・」

    キテレツ「でもなぁ・・・」

    コロ助「キテレツー!」

    キテレツ「・・・・わかった。なんとかしてみるよ」

    コロ助「うぅ、ありがとうナリ〜、キテレツ〜」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:49:19.98 ID:4Qmo7BUlO
    よく見たらまたスレタイで勉三さん呼び捨てにしてるなw


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:49:29.80 ID:n12CEj/A0
    某留置所内


    警官「面会だ」

    勉三「今日はキテレツ君もいるダスか、それで何かようッスか?」

    キテレツ「勉三さん差し入れを持ってきたよ」

    コロ助「勉三さん、ご飯食べて元気出すナリよ〜

    勉三「それは助かるッス〜二人とも有難うッス!」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:50:18.83 ID:n12CEj/A0
    キテレツ「勉三さん」

    勉三「ん?どうしたッスかキテレツ君」

    キテレツ「お弁当を開けるときは気をつけてね
    テープで閉めてあるけど中身がこぼれちゃうといけないから」

    勉三「?わかったダス」

    キテレツ「テープはその辺に捨てちゃ駄目だからね、
    それじゃまた来るよ」

    勉三「キテレツ君、コロちゃん本当に有難うッス」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:50:59.54 ID:n12CEj/A0
    コロ助「キテレツ〜お弁当渡すだけじゃいつまで経っても助けられないナリよ!」

    キテレツ「ふふふ、これでいんだよ。あとは勉三さん次第さ」

    コロ助「何か作戦があるなりね?!」

    キテレツ「そういうこと」

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:52:42.59 ID:n12CEj/A0
    勉三「お腹減ったッスねぇ・・・」

    勉三「そういえばキテレツ君達が持ってきた差し入れがあったッス」

    勉三「えーっと・・・あったッス」

    勉三「しかし随分厳重に蓋がしてあるッスね」

    勉三「テープでぐるぐる巻きに・・・!?」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:53:26.09 ID:n12CEj/A0
    その日の夜

    キテレツ「・・・そろそろか、おーいコロ助」

    コロ助「ん〜んにゃんにゃ、・・・なんナリか?我輩は眠いナリ・・・」

    キテレツ「いいから、勉三さん家にいくぞ」

    コロ助「う〜ん、・・・勉三さん家に行っても勉三さんはいないナリよ?・・・」

    キテレツ「いいから、はやく起きて」

    コロ助「わかったナリよ〜・・・」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:55:09.12 ID:n12CEj/A0
    コロ助「ふわ〜〜あ」

    キテレツ「あくびしてないで手伝ってよ」

    コロ助「ん〜?それは天狗の抜け穴じゃないナリか。そんなものどうするナリ?」

    キテレツ「説明はあとでするから、勉三さんの家に貼り付けて」

    コロ助「わかったナリよ〜」

    ペタペタペタ

    キテレツ「よし、出来たぞ」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:55:50.16 ID:n12CEj/A0
    コロ助「で、どうなるナリか?」

    キテレツ「フフ、見てればわかるよ」

    ピカーン ヌヌヌ

    コロ助「うわわわあ、誰か出てくるナリー!」

    勉三「キテレツ君にコロちゃん」

    キテレツ「勉三さん!よかった気づいてもらえて」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:56:33.46 ID:n12CEj/A0
    コロ助「あわわわわ、勉三さんナリ!キテレツーどうしてナリか?!」

    キテレツ「差し入れのお弁当に天狗の抜け穴を巻いておいたのさ」

    キテレツ「勉三さんが気づかずに捨ててしまう可能性もあったんだけどね。」

    コロ助「そういうことだったナリか、でもよかったナリー!」

    勉三「んダス、キテレツ君、世話かけて申し訳ねえッス」

    キテレツ「困った時はお互い様さ」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:58:25.32 ID:n12CEj/A0
    コロ助「あとは勉三さんの無実を証明するだけナリね」

    キテレツ「いや、僕達が手伝えるのはここまでだよ」

    コロ助「!?どうしてナリか?!」

    キテレツ「僕達は既に疑われているはずだよ。」

    キテレツ「勉三さんと一緒にいたら皆捕まってしまう」

    キテレツ「これからは勉三さん一人でどうにかしてもらうしかないよ」

    コロ助「それは・・・」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 00:59:26.68 ID:n12CEj/A0
    勉三「コロちゃん、いいんすスよ」

    コロ助「勉三さん・・・」

    勉三「留置所から抜け出せただけでも十分感謝してるッス」

    勉三「その上二人に迷惑をかけるなんて僕にはできねーッス」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:00:25.62 ID:n12CEj/A0
    キテレツ「勉三さん、これからどうするつもりなの?」

    勉三「ずっと考えていた事があるッス、それをやってみるッス」

    キテレツ「そう・・・わかった。コロ助いくぞー」

    コロ助「え?!もう行くなりか?!」

    キテレツ「ああ、もうこれで勉三さんとは他人だ。」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:01:11.13 ID:n12CEj/A0
    コロ助「そ、そんな・・・ん?キテレツ天狗の抜け穴落としたナリよ?」

    キテレツ「あれ?おっかしいな。どこかに落としちゃったみたいだ」

    コロ助「え?そこに落ちてるナリよ?」

    キテレツ「ん〜どこにもないな。これじゃ誰かに勝手に使われてしまっても仕方ないな」

    コロ助「・・・!。キテレツ!」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:02:33.74 ID:n12CEj/A0
    キテレツ「さ、コロ助帰って寝るぞー」

    コロ助「ま、待つナリ〜」

    キテレツ「あ〜あと児ポルノ法で捕まった人達は皆更正施設に送られてるみたいだね。」

    コロ助「そ、そうなりかー?」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:05:22.07 ID:n12CEj/A0
    キテレツ「無実の罪で捕まった人も多いみたいだよ?」

    キテレツ「そういう人達を集められたらどうなるんだろうね」

    コロ助「そ、そうナリね〜
    一人じゃ何も出来なくても沢山いると怖いナリね!」

    キテレツ「そういう事。それじゃはやく帰ろう。ママに気づかれちゃう。」

    コロ助「そうナリね。それじゃ勉ぞ・・・ベン〜バイバイなり〜」

    勉三「二人とも・・・助かるッス・・・!」

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:06:11.97 ID:n12CEj/A0
    それから勉三は各地の更生施設を巡り

    ロリコン達を救い出して回った。

    それを聞いてか勉三の元に各地からロリコン達が集まってきた。

    勉三の元に集まったロリコン達はとある山奥を住処とし

    それぞれ趣味に没頭することが出来た。

    しかしそれをよく思わない政治家達は

    勉三が作った新世界をも破壊しようとしていた

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:08:13.54 ID:n12CEj/A0
    それから三年の月日が流れた。

    この国はテロルの時代に突入

    反児ポルノ法組織

    <チャイルド・セブン>のリーダー狩野勉三は、

    連続逃走援助テロリストとして、全国指名手配。

    ロリコン達の「報復」を恐れた政治家達は今、

    「正義」の名の下に全ての娯楽規制を開始した。

        新世紀児ポルノ対策特別法

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:09:00.08 ID:n12CEj/A0
    勉三「さいは投げられたッス・・・」

    勉三「共に立つダス・・・」

    勉三「そして共に戦うッス・・・」

    勉三「ワス達は今・・・」

    勉三「この国に宣戦布告するッス」

    オタク達「おおおーーー!」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:10:24.93 ID:n12CEj/A0
    キテレツ「勉三さん、今の演説凄かったよ!」

    勉三「キテレツ君!コロちゃんも!

    勉三「いやぁ恥ずかしい所を見られてしまったッスなぁ」

    コロ助「そんな事ないナリ格好よかったナリよ!」

    勉三「有難うッス」

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:11:12.63 ID:n12CEj/A0
    勉三「この国はいつのまにかおかしくなってしまったダス」

    勉三「自分達が認められない物は排除しようし、それに誰も逆らわなくなってしまったッス」

    勉三「誰かが立ち上がらないとこの国はもうダメッス!」

    勉三「誰かが国の間違いを認めさせないと」

    キテレツ「僕達もそう思ってここに来たんだ」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:11:57.08 ID:n12CEj/A0
    勉三「そうッスか、仲間が増えて自分も嬉しいッス!」

    キテレツ「それで今後はどうするつもりなの?」

    勉三「もうすぐTVSである政治家達の討論番組が生放送されるらしいッス」

    勉三「そこを襲撃するつもりダス」

    コロ助「武力は使わないんじゃないナリか?」

    勉三「もちろん使わないッス。目的は話合いッスからね」

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:12:54.04 ID:n12CEj/A0
    コロ助「武力は使わないんじゃないナリか?」

    勉三「もちろん使わないッス。目的は話合いッスからね」

    勉三「ただ話し合いをするにも、そこにこぎつけるだけの力は必要ッス」

    勉三「国に自分達の過ちを認めさせる事がチャイルド・セブンを立ち上げた理由ッスから」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:13:48.44 ID:n12CEj/A0
    勉三の呼びかけを聞いて勉三の元に全てのオタクが集結した。

    ロリコンをはじめとするエロゲオタ、アニオタ、漫画オタ

    数万の人間がこの国と敵対しようとしていた。

    アニメやゲーム、漫画に至る全ての娯楽がなくなったこの国は

    衰退の一途を辿っていった

    それでも児ポルノ法違反での逮捕者があとを絶たなかった。

    世の中は性暴力で溢れ帰り児ポルノ法はほとんど機能していないも同然であった。

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:15:57.02 ID:n12CEj/A0
    司会「さて始まりました、『激論それってどうなのよ』」

    司会「今回は児童ポルノ法に尽力されている政治家達にお集まりいただきま

    勉三「ちょっと待つッス」

    司会「な、なんだね、君達は。今生放送中だぞ。」

    勉三「このスタジオはチャイルド・セブンが占拠するッス!」

    司会「チャ、チャイルドセブン?!」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:16:51.70 ID:n12CEj/A0
    勉三母「ちょっと、お父さん!今テレビに映ってるの勉三じゃない?!」

    勉三父「ん?・・・ほんとだ!勉三だ」

    勉三母「勉三どうしてこんな事を・・・」

    勉三父「母さん、勉三を止めにいくダス!」

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:17:44.10 ID:n12CEj/A0
    刑事「犯人の動きは?」

    警官「ハッ!政治家を人質に取りこのスタジオを占拠してから何の動きもありません」

    刑事「犯人の要求は?」

    警官「国の謝罪だそうです」

    刑事「それだけか?」

    警官「はい、今の所それ以外はなにも」

    警官「それと、今狩野容疑者の両親がこちらに向かってるようです」

    刑事「それで説得出来ればいいんだがな」

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:18:25.77 ID:n12CEj/A0
    勉三「キテレツ君達は外で待ってて欲しいッス」

    キテレツ「え?でも・・・」

    勉三「大丈夫ッス、ワス一人で残るわけじゃないッス。これからは大人の話合いッス」

    勉三「それに・・・」

    キテレツ「それに?」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:19:06.14 ID:n12CEj/A0
    勉三「もしもの事があったらその事はTV局の外にいる仲間に知らせて欲しいッス」

    勉三「重要な役目ダス。キテレツ君達にしかまかせられないッス」

    キテレツ「わかったよ。勉三さん頑張って」

    コロ助「勉三さん、あとはまかせるナリよ〜」

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:20:00.03 ID:n12CEj/A0
    数時間後


    勉三母「勉三ー!」

    勉三父「勉三、ワスだ父ちゃんだ、何をしてるんだお前一体そこで!」

    勉三「ワスは何もしてないッス!」

    勉三父「じゃあここを開けてすぐ出てきなさい!すぐに!」

    勉三「出るときは皆一緒に出るッス!」

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:21:41.88 ID:n12CEj/A0
    勉三父「勉三!」

    勉三「ワスは証人なんダス、政治家やオタクの皆で話すためにここで見てるだけッス!
    乱暴は一切してないッスから安心するッス!」

    勉三母「勉三ー!また皆さんにご迷惑かけてー!」

    勉三「野田さん、ワスが警察に捕まった時に
    彼らはどうせまだ持ってるんだろと言ったっス。
    どうせってというのはどういう意味っスか?」

    野田「そんなこと存じておりません」

    オタクA「国会の答弁じゃねーんだよ!」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:22:57.30 ID:n12CEj/A0
    勉三「彼が捕まった時、
    警察は家族を呼んであんたの息子はクズだとネチネチいたぶったッス。
    彼だって児ポルノ法がなかったら不法な販売サイトなんかを利用しないッスよ!」

    勉三母「勉三〜〜!うぅ・・・」

    勉三「ワスは更正施設で、この国にはもっと大きな問題がある事を知ったダス。
    あんた弱い者イジメしてる暇があったら、どうして国民にそれを伝えないッスか!」

    野田「それは私の担当ではないですから」

    オタクB「きたねーんだよ!」

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:26:55.98 ID:n12CEj/A0
    勉三「ワスはこの国が好きだったッス、仲間もいたし小学生の友達もいるッス。
    けどあんた達はワス達を鼻つまみ扱いしたッス」

    野田「それはですね。その仲間が問題なんですよ」

    勉三「その仲間もこの仲間も皆国民ッスよ?!」

    野田「それはそうです。しかしですね」

    勉三「それがそうなら児童ポルノは間違いだと謝罪して欲しいッス」

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:30:25.46 ID:n12CEj/A0
    野田「こんな形でそんな要求は聞けません。」

    オタクC「謝れって言ってんだろー!俺達が堂々とオナニー出来なくなってもう三年だ!

    オタクC「その三年は二度とやってこないだ!あんた俺達の身になって物事考えたことあんのか?!」


    勉三「国が指定したエロ本で性欲は解消出来る?冗談じゃねッスよ!!」

    勉三「ワス達には自由にヌク権利があるッス!」

    勉三「そしてアンタらにはそれを保障する義務があるッス!」

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:31:29.48 ID:yCiyQ7FA0
    勉三さんかっけえ


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:32:03.83 ID:n12CEj/A0
    勉三「ロリコンを馬鹿にした事とロリコンの権利を取り上げた事を謝れッス!」

    勉三「手をついて謝れッスーーー!!!」

    全国のオタク「勉三−−!勉三!勉三−!!」






97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:34:17.98 ID:n12CEj/A0
    勉三「どうしてたんッスか?こっちは言う事言ったッス!」

    勉三「どうしてダンマリ決め込んじゃうんッスか!」

    刑事「これ以上こっちも時間をかけるわけには行きませんよ」

    刑事「議員が強制監禁されてるのも事実だし、実力で排除しますか?」

    議員関係者「お願いします。」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:35:26.06 ID:n12CEj/A0
    勉三母「勉三−!」

    勉三父「開けなさい!勉三−−!」

    キテレツ「勉三さーん!勉三さーん!」

    コロ助「キテレツ・・・どうなるナリか・・・」

    キテレツ「もう僕にもわからないよ・・・」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:36:33.73 ID:n12CEj/A0
    野田「・・・謝ります」

    オタク達「謝るってよ・・・!やったーー!!」

    野田「私が思うに、今までの事は色々行き違いがあった上での事です。」

    野田「そういった意味で、今日まであなた達に誤解を与えたまま来てしまった事を反省し、
    その点について善処する事を約束します。」

    全国のオタク「おーーー!!!」

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:38:13.39 ID:n12CEj/A0
    レポーター「ここが事件現場のTVS局前です。」

    レポーター「午後2時頃局内に押し入った犯人グループは
    番組収録中だったスタジオを占拠し、
    議員数名とスタッフを人質に取って立てこもっています。」

    レポーター「依然として監禁を続けている模様です」

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:39:30.27 ID:n12CEj/A0
    勉三「ワスらの目的は達したッス。」

    勉三「でも騒ぎにのって幼女を監禁したり強姦した奴は
    警察が捕まえるなり裁判にかけるなり
    いけない事はいけないと言ってやるッス。そこまでは面倒みれねーッス!」

    ガチャ

    待機中のオタク「やったぞーー!!」

    待機中のオタク「うおおおおおおおおおおおおお」

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:40:11.18 ID:n12CEj/A0
    ヒューヒュー パチパチパチパチ

    待機中のオタク達「べーんぞう!べーんぞう!べーんぞう!べーんぞう!」

    勉三「ふふ、やめるッスよ〜」

    待機中のオタク達「べーんぞう!べーんぞう!べーんぞう!べーんぞう!」

    刑事「いたぞー!!」

    ダダダダダダダ

    刑事「取り押さえろー!」

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:42:45.26 ID:n12CEj/A0
    キテレツ「僕の友達になにするんだ!!!」

    次々捕まるオタク達、それを止めようとするオタク達。

    逃げ惑うオタク達、それを追う警察官達。

    そんな中、勉三はただ流れに身を任せるようだった。

    抵抗する事なくあっさり刑事に手錠をかけられる勉三。

    その様子を見て勉三の名を叫び続ける女性

    勉三が連れて行かれるのを見て声をあげるキテレツ達

    勉三はその様子を意思のない人形のように静観していた

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:43:26.66 ID:n12CEj/A0
    外に出ると報道者陣のライトが

    勉三の存在を消そうとしてるのではないかと思えるほどの

    光を浴びせ続ける。

    容赦ない攻撃を受けて今にも倒れてしまいそうな、

    それほどその時の勉三は弱弱しく見えた。

    リーダーとしてオタク達を奮い立たせ

    自分達の意見を主張し続けた勉三の姿はそこにはなかった。

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:44:07.66 ID:n12CEj/A0
    ただの無気力な大学生がそこにいた。

    餌に群がるアリのように勉三の周りを囲う報道陣。

    その様子は世界を救った英雄のような扱いにさえ思えるほどだった。

    しかしその波の中で勉三はより一層小さく見えた。

    自分の顔を隠そうと、手錠を隠そうとしてるわけでもなく、

    ただただ小さかった。

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:45:03.35 ID:n12CEj/A0
    他のオタク達と無意識に比較していたからかもしれない。

    暴れ、逃げ、叫ぶ彼らと無抵抗に引かれる方へと歩くだけの勉三の姿を。

    次々と護送車に入れられていくオタク達。

    ある人は腕と足を引き千切らんばかりに抵抗し、

    ある人は自分の命を削るかのような大きな声で叫んだ

    そんな中勉三は異質な存在だった。

    何もせず沈黙を続けた。

    自分の運命を受け入れるように。

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:46:23.39 ID:n12CEj/A0
    護送車が走り始める。

    野次馬と報道陣をかけわけ一人の女性がそれを追いかける

    勉三は振り返る事なく俯いたままでいた。

    それでも女性は追いかけ続けた

    当然おいつくはずもなく、女性は走るのを止め

    その場に立ち尽くし、

    小さくなっていく護送車をただ見つめていた。

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:46:24.64 ID:4Qmo7BUlO
    心にジンとくるな…


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:47:12.62 ID:n12CEj/A0
    シュプレヒコールの波 通り過ぎてゆく

    変わらない夢を 流れに求めて

    時の流れを止めて 変わらない夢を

    見たがる者たちと 戦うため

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:48:18.36 ID:n12CEj/A0
    勉三達の功績により児ポルノ法は

    少しずつではあるが力を失っていった。

    全国のオタク達は勉三を称え

    あの事件の日を勉三記念日として

    今も語りつがれているという。

    おわり


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:52:32.12 ID:FvFqg2rTO
    今ここに漢が散った…
    おつ!


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:53:44.48 ID:4Qmo7BUlO
    >>1乙!!
    おもしろかったダス


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:55:21.10 ID:yCiyQ7FA0
    最後まで見れて良かったダス

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 01:56:59.61 ID:TYRvj0TkO
    乙
    その女性は友紀さんか?


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 02:12:35.97 ID:n12CEj/A0
    >>115
    一応勉三さんの母親のつもり
    気づいた人もいると思うけど、後半はこれ
    http://www.youtube.com/watch?v=fOEOiVAD1-o

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 02:20:41.93 ID:TYRvj0TkO
    >>121
    これは懐かしい……

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 02:32:16.64 ID:/t4EMIZO0
    昨日勉ゾウの伏線とは何だったのかと言ったらこうなった



引用元
コロ助「キテレツー!勉三が新しいバイトを始めるナリー!」
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1246893202/l50
 

最新記事50件