211 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 10:46:30.04 ID:ypDwocMb0
    翌週 教室

    ガラガラ

    パワプロ「おはよ〜」


    矢部「あ、パワプロ君!おはようでやんす!!」


    レイ「・・・おはよう」


    パワプロ「おはよう、矢部君、レイちゃん」

    田中山「おはよう、パワプロ」


    パワプロ「ああ、おはよう田中や・・・  ・・・ええ!?」


    田中山「戻ってきたぞー」


    パワプロ「え、戻って来たって・・・え?」



前作から読む人はこちら
パワプロ君「ここが大ハード高校か・・・」【パート1】

最初から読む人はこちら
パワプロ君「ここがネルフ高校か・・・」【パート1】

前の話から読む人はこちら
パワプロ君「ここがネルフ高校か・・・」【パート2】



 
213 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 10:55:39.50 ID:UmeitCVGO
    田中山「お前達が見舞いに来てくれた次の日の朝起きたら怪我が治っててさー」

    矢部「オイラも教室入った時は驚いたでやんす」

    レイ「有り得ないわ」

    パワプロ「奇跡だ・・・」

    ガララッ

    トウジ「おーっす・・・・・おお!?」

    ケンスケ「え?」

    シンジ「た、田中山君・・・?」

    田中山「やあ」

    トウジ「どういうこっちゃ!?」

    シンジ「だ、大丈夫なの?」

    田中山「いや、実はさー・・・

214 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 10:58:34.64 ID:UmeitCVGO
    放課後

    カキーン カキーン

    田中山「とうっ!」

    バシッ

    トウジ「ナイスキャッチや!田中山!!」

    レイ「・・・前より動きがキレてる」

    シンジ「うん、本当に奇跡だね」


    アスカ「不思議な事もあるもんねぇ」

    パワプロ「本当だよ。でも、戻ってきてくれて良かった」

    マヤ「そうだね、これで秋の試合には出場出来るし」

    矢部「今度こそ、打倒あかつきでやんす!!」

    アスカ「今度はこっちがコールド負けを食らわせてやるのよ!!」


216 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 11:01:03.10 ID:UmeitCVGO
    ある日

    マヤ「ノック行くよー!」

    矢部「ばっちこーい!でやんす!!」

    マヤ「えいっ」

    ブンッ

    スカッ

    マヤ「あらっ・・・」

    アスカ「〜〜〜」

    「ははははは」

    パワプロ「監督ドンマーイ!」


    ミサト「やってるわね〜」

217 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 11:03:50.97 ID:UmeitCVGO
    マヤ「あ、葛城先生。どうかしたんですか?」

    ミサト「今日、バレー部は休みなのよん。だから暇でね〜」

    マヤ「そうなんですか」

    ミサト「なに?ノックやってるの?」

    マヤ「はい、でも難しいですね。当てるのって」

    ミサト「そんな事ないわよ。ちょっち貸してみて」

    マヤ「え、あ・・・はい」


    ミサト「よーし!ノック行くわよーー!」

    パワプロ「え?葛城先生がやるのか?」

218 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 11:09:55.82 ID:UmeitCVGO
    キーーンッ

    レイ「! くっ」パシッ

    ミサト「ナイスキャッチ!」

    全員「おおおおぉぉ・・・」

    マヤ「葛城先生、野球出来たんですか?」

    ミサト「ん〜?まぁ、スポーツならだいたいはね〜・・・さあ、まだまだ行くわよーー!!」


    カキィンッ カキーンッ



    マヤ「(・・・仕事取られちゃった)」

219 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 11:16:24.45 ID:UmeitCVGO
    マヤ「(ボールでも磨いてようかな・・・)」

    加持「よぅ、伊吹先生!」

    マヤ「あ、加持先生」

    加持「ははは、葛城に仕事を取られちゃったみたいだな」

    マヤ「いえ、私なんかより葛城先生の方が練習になりますから・・・」

    加持「おいおい、野球部の監督がそんな事言ってどうするんだよ」

    マヤ「でも・・・私じゃ彼等の役には・・・」

    加持「伊吹先生は野球経験浅いんだろ?なら仕方ないさ。皆と一緒に上達してけばいいのさ」

    マヤ「う〜ん」

220 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 11:19:15.22 ID:UmeitCVGO
    加持「なんだったら、俺が練習用のピッチングマシーンを作ってやろうか」

    マヤ「ほ、本当ですか!?」

    加持「え、あ・・・まぁ、暇があったらだが」

    マヤ「是非お願いします!私も自主練習頑張りますんで!」

    加持「お、おう」

    マヤ「じゃあ私、ボール磨きがあるんで失礼します!」
    タッタッタ…


    加持「・・・やれやれ、冗談半分に言ったんだけどな。まぁ、いいか」

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 11:52:03.31 ID:MOA8J++CO
    田中山ってどんな奴なんだろう

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 12:11:22.27 ID:TN7IHo5eO
    15では平凡なピッチャー
    2009では守備の名手

    しかし駒坂には及ばない


229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 12:24:49.17 ID:Ru8qLHTbO
    >>227
    13じゃないの!?
    バス停前高校のエース


232 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 12:41:11.72 ID:ypDwocMb0
    数日後

    教室


    マヤ「みんな、おはようございます」

    「おはようございます」

    マヤ「えーと、いきなりですが、今日の一時限目は学年抜き打ちテストを行います!」

    パワプロ「ええ!?」

    ざわざわ・・・ ざわ・・・

    矢部「聞いてないでやんす!」

    マヤ「聞いてたら抜き打ちの意味がないでしょ?」

    トウジ「うあ〜・・・ホンマかいな〜」

    マヤ「大丈夫よ、普段の授業内容を頭に入れていれば。じゃあ、配りますよ〜」


233 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 12:42:53.95 ID:ypDwocMb0

    パワプロ「矢部君、どうだった?」

    矢部「大ピンチでやんす」

    トウジ「ワシ絶対赤点やで〜」

    シンジ「僕もちょっと不安だな・・・」

    矢部「レイちゃん、どうだったでやんすか?」

    レイ「・・・別に、いつも通り」」

    パワプロ「流石レイちゃん。余裕があるなぁ」

    矢部「オイラも勉強出来る頭になりたいでやんす〜」

    レイ「勉強なんて誰でも出来るわ。・・・ただ、やろうとしないだけ」

    矢部「うぐ、相変わらずキツイでやんす」

    パワプロ「ははは、でも正論だよね・・・」

234 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 12:46:47.75 ID:ypDwocMb0
    翌日

    シンジ「パワプロ君、昨日のテストの結果が張り出されてるらしいよ」

    パワプロ「本当?よし、見に行こうか」

    矢部「オイラは行きたくないでやんす」


    ・・・・


    パワプロ「ん?あそこにいるのって・・・」

    シンジ「アスカだ」


    アスカ「・・・・・・ふんっ」
    タッタッタ・・・


    パワプロ「?なんか機嫌悪そうだったな?」

    シンジ「まさか赤点取ったとか・・・」

    矢部「アスカちゃんに限ってそれはないでやんす」

235 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 12:49:41.36 ID:ypDwocMb0
    パワプロ「どれどれ・・・よかった、赤点ギリギリ免れた」

    シンジ「僕もだ。思ってたより良かったかな・・・」

    矢部「野球部員は田中山君以外は全員セーフでやんすね」

    パワプロ「うん・・・お!レイちゃんが学年1位だ!!すごい!!」

    シンジ「ホントだ・・・2位がアスカか・・・しかも2点差」

    矢部「なるほど、アスカちゃんの機嫌が悪かったのも納得でやんす」

    パワプロ「?」

    シンジ「どういう事?」

    矢部「以前、パワプロ君がなんでアスカちゃんはレイちゃんに厳しいのかって言ってたでやんすよね?」

    パワプロ「ああ・・・そんな事言ってたっけ」

    シンジ「(そうだったんだ・・・)」

236 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 12:52:16.89 ID:ypDwocMb0
    矢部「アスカちゃんはあの通り、負けず嫌いな性格でやんす。自分と同じく勉強も出来てスポーツも出来るレイちゃんにライバル心を持っているのでやんすよ」

    パワプロ「ライバル心か・・・なるほど、勧誘の時レイちゃんがいてくれたからテニス部を蹴ってこっちに来てくれたのか」

    矢部「アスカちゃん、素直な性格じゃないでやんすからキツイ態度をとっちゃうんでやんすよ」

    シンジ「・・・矢部君、詳しいね」

    矢部「よくある性格でやんす」キリッ

    レイ「そうだったの」

    パワプロ「うわ、ビックリした!」
    シンジ「あ、綾波いつの間に・・・」
    レイ「私が彼女を困らせていたのね」

    パワプロ「いや、別に困らせてたわけじゃ・・・」

    レイ「気をつけるわ」
    スタスタスタ・・・

    矢部「・・・」

    シンジ「気をつけるって・・・」

    パワプロ「別にレイちゃんが悪いわけじゃないのに・・・」

    この日以降、レイは高校卒業までテスト順位を3〜4位でキープしていく事になる

237 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 12:55:28.21 ID:ypDwocMb0
    月日は進み、夏合宿


    ザー・・・ザー・・・

    パワプロ「ここに来たのが1年前なんて信じられないな・・・」

    矢部「月日が経つのはあっという間でやんす」

    奥居「もう2年生なんだもんな〜俺達。・・・今年こそはいい結果だしてぇぜ〜」

    ヒカリ「あ、こんな所にいた!」

    パワプロ「あ、委員長」

    ヒカリ「キャプテンが怒ってるわよ、早く集合しなさいって」

    パワプロ「ひえっ、そりゃ大変だ」

    矢部「初日からアスカちゃんの機嫌を損ねると怖いでやんす」

    奥居「急ごうぜ〜」

238 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 13:04:21.19 ID:ypDwocMb0

    アスカ「遅いわよ、アンタ達!」

    パワプロ「ごめんごめん」

    矢部「申し訳ないでやんす」

    アスカ「・・・去年の秋の試合はあかつき高校に完膚無きまでに叩きのめされたわ!」

    レイ「・・・」

    アスカ「だけど、今年はそうはいかない!今度はこっちがコールド勝ちするぐらいの意気込みで挑むのよ!わかった!?」

    全員「お、おう」

    アスカ「声が小さい!」

    全員「おーー!!」

    アスカ「よろしい」

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 13:09:19.55 ID:SJyF0I3oO
    面白い
    だれかパワプロ風のアスカとレイの絵を書いてくれ

241 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 13:19:39.28 ID:ypDwocMb0
    合宿3日目

    アスカ「パワプロ、ちょっと買い物に行くから手貸して」

    パワプロ「俺?いいけど・・・」


    ・・・・

    ミーン ミーン・・・

    パワプロ「やぁ、暑いねぇ。ところで、買い物って何を?」

    アスカ「スポーツ飲料がなくなりそうなのよ。沢山買うから男手が必要なの」

    パワプロ「なんだ、荷物持ちか」

    アスカ「なんだと思ったのよ」

243 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 13:21:28.23 ID:ypDwocMb0
    売店

    アスカ「え〜と・・・」

    パワプロ「お、新しいパワリンだ」

    「あれ?あんた達は確か・・・」

    アスカ「ん?」

    パワプロ「?」

    阿畑「去年試合で当たったネルフ高校さんやな!覚えてるで!」

    アスカ「あ・・・確かそよ風高校の」

    阿畑「そや、投手やってた阿畑やすしや!こんな所で会うなんて奇遇やなぁ!」

    パワプロ「ああ・・・!あの凄い変化球投げてた!」

    阿畑「お、嬉しい事言ってくれるなー!あれはな、魔球アバタボールっていうんや!」

    パワプロ「アバタボール・・・」

    アスカ「あんた達も合宿?」

    阿畑「そや、向こうの方でな。いや〜しかし、君が投手やってるとはな〜・・・今でも信じられへんで」

244 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 13:23:15.75 ID:ypDwocMb0
    アスカ「女が投手やってちゃ悪い?」

    阿畑「いやいや、誰もそんな事言っとらんやん!むしろ、立派やと思うで〜」

    アスカ「そ、そう?」

    阿畑「ああ、特にあのカーブのキレにはウチの部員達も驚いてたで」

    アスカ「ふ、ふん。当然よ!」

    パワプロ「(・・・嬉しいくせに)」

    阿畑「しかもあのカーブ・・・もっと磨く事が出来そうやで」

    アスカ「本当に?」

    パワプロ「へぇー」

    阿畑「勿論、変化球マスターのワイが言うんやらか間違いない!なんやったら、コツ教えたろか?」

    アスカ「え?・・・でも、いいの?敵に塩を送るような真似して」

    阿畑「変化球を愛する者に敵も味方も関係あらへん!あんたはスジが良さそうやしな!」

245 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 13:27:46.60 ID:ypDwocMb0
    アスカ「しょ・・・しょうがないわね。パワプロ」

    パワプロ「なに?」

    アスカ「そういう訳だから、買い物はあんたに任すわ。はい、これお金と必要な分書いてるメモ」

    パワプロ「え、ちょ・・・」

    アスカ「頼んだわよ。さ、行きましょ」

    阿畑「おう、任しとき!」

    パワプロ「ちょっとアスカちゃ・・・行っちゃったよ」

247 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 13:38:35.64 ID:ypDwocMb0
    奥居「あれ?パワプロは何処いったんだ〜?」

    矢部「アスカちゃんと買いだしに出かけたでやんす」

    シンジ「出て行って結構経つよね・・・迷ってるのかな」


    ガラガラ

    パワプロ「た・・・ただいま」

    ヒカリ「パワプロ君?だ、大丈夫??」

    トウジ「戻っ・・・て、凄い量やな」

    パワプロ「こ、こんなの一人で持ちきれるか・・・・はぁ、はぁ」ドサッ

    レイ「気合ね」

    パワプロ「・・・・・・ありがとう」


249 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 13:41:28.13 ID:ypDwocMb0
    矢部「アスカちゃんはどうしたでやんすか?」

    パワプロ「・・・修行に出ちゃったよ」

    田中山「修行?」

    シンジ「パワプロ君置いて行っちゃったの?」

    パワプロ「偶然、そよ風高校の部員の人と出会ってね・・・アスカちゃんの変化球を強化してくれるって言ってくれてそれで」

    奥居「変化球の強化か〜」

    ケンスケ「そんな上手い話あるか?」

    矢部「なんか心配になってきたでやんすね」

    シンジ「・・・アスカの事だから大丈夫だと思うけど」

250 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 13:46:53.25 ID:ypDwocMb0
    田中山「確かに、アスカちゃんが暴れれば不良の一人や二人くらい簡単にのしちゃいそうだしなー」

    「ははは」


    アスカ「誰が暴れ馬ですって?」
    ゲシッ

    田中山「ぎゃふっ」ドタッ

    パワプロ「ア、アスカちゃん!」

    シンジ「おかえり」

    アスカ「ったく、アンタ達あたしをなんだと思ってるのよ・・・」

    トウジ「変化球は強化出来たんか?」

    アスカ「ええ、今見せてあげるわ。みんな、外に出て」

251 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 13:49:30.24 ID:ypDwocMb0
    アスカ「準備はいい?二人とも?」

    トウジ「おう、かかってこんかい!」

    パワプロ「オッケー!」


    アスカ「行くわよ、これがあたしの新変化球!」

    ビシュッ

    ギュオオオオオオッ
    クッ
    パワプロ「(カーブ?これが新変化球?)」

    ククッ
    パワプロ「(!な、なんだこの変化はっ・・・!)」

    ブンッ
    ズバンッ

    トウジ「・・っとストライク!」

253 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 13:52:46.94 ID:ypDwocMb0
    マヤ「わー・・・アスカちゃん、すごい!」

    矢部「もの凄いキレでやんす」

    アスカ「ふふん、あたしにかかればこんなモンよ」

    パワプロ「うん、前のカーブとは段違いだよ」

    シンジ「へぇ・・・」

    矢部「アスカちゃん、名前はないでやんすか?」

    アスカ「え、名前?」

    矢部「魔球には名前をつけるのが常識でやんす!!」

    アスカ「そんな常識聞いた事ないわ。えーと・・・何にしようかしら」

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 13:59:26.47 ID:ZuzBOhHkP
    14時間ぶっ続けとは・・・

    支援

256 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 14:01:59.05 ID:UmeitCVGO
    奥居「カーブ・・・なんか迫力ある名前がいいよな〜」

    アスカ「迫力のある名前ね・・・」

    パワプロ「・・・」

    矢部「・・・」

    シンジ「・・・」

    アスカ「う〜ん・・・」

    トウジ「捕る側から見ると、スッパリ斬るような変化に見えるで」

    矢部「カミソリカーブみたいな感じでやんすね」

    アスカ「カミソリカーブか・・・でもあたしにそんな名前の変化球は似合わないわ・・・」

257 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 14:06:28.49 ID:UmeitCVGO
    レイ「・・・」

    アスカ「! よし、決まったわ!」

    パワプロ「なにに?」

    アスカ「名付けてソニックグレイブ!」

    シンジ「ソ、ソニックグレイブ?」

    トウジ「確かに、インパクトある名前やな」

    アスカ「相手の戦意ごとぶった切るという意味合いで考えたわ!どう?」

    レイ「・・・」コクリ

    矢部「強そうな名前でやんす!」

    アスカ「よし!そういう訳でソニックグレイブに決定!あかつきの奴らの驚く顔が目に浮かぶわー!」


    こうしてアスカは魔球ソニックグレイブを手に入れた

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 14:45:25.82 ID:KDbvH+0gO
    矢部や奥居、エヴァ勢はともかく、
    安易に友沢辺りに走らずに、田中山をチョイスする>>1に好感が持てる

265 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 15:16:38.61 ID:ypDwocMb0
    合宿も終わり、いよいよ秋の地区大会が始まった


    パワプロ「ついに来たぞ、秋の地区大会!!」

    矢部「やるでやんす!!」

    ヒカリ「一回戦の相手は恋恋高校ね、みんな頑張って!」

    パワプロ「恋恋高校か・・・確かウチみたいに部員に余裕のない学校だったけ」

    矢部「そうでやんす!可愛いマネージャーがいるのでやんす!」

    アスカ「なんでそんな事知ってんのよ」


266 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 15:18:16.10 ID:ypDwocMb0
    ネルフ高校スタメン

    矢部  外野 DEBCC
    田中山 遊撃 CDDCB
    パワプロ外野 DCBCC
    鈴原  捕手 EBDBD
    奥居  外野 CDCDC
    綾波  二塁 BFCCB
    碇   一塁 CECDD
    相田  三塁 EEDDE
    アスカ 投手 DFCDC

    試合開始


    恋恋高校はそよ風やあかつきと比べると然程強い相手でもなく、注意する選手もいなかった為ネルフ高校は大した苦戦もせず、恋恋高校に勝利した

    ネ3−恋1


    パワプロ「よし!勝ったぞ!!」

    アスカ「楽勝ね、魔球を使うまでもない相手だったわ」

    矢部「次はあかつきでやんすね!!」

    パワプロ「ああ!今度こそ絶対に勝つ!!!」

267 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 15:20:29.68 ID:ypDwocMb0
    翌週

    パワプロ「ええ!?あかつきが負けた?」

    アスカ「それ本当?」

    ヒカリ「うん、間違いないわ」

    シンジ「って事は・・・」

    矢部「次に当たるのは何処なんでやんすか?」

    マヤ「パワフル高校よ。あかつきの強いって言われてる高校」

    パワプロ「(猪狩・・・お前が予選で負けるなんて)」

    田中山「へぇー・・・」

    奥居「あのパワフル高校があかつきをな〜」

    ヒカリ「パワフル高校には二人の留学生がいるらしいの。気をつけてね」


268 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 15:23:38.93 ID:ypDwocMb0
    そして試合当日


    アスカ「さぁ、みんな。この試合に春の甲子園の出場権がかかっているのよ!絶対に勝つわよ!」

    トウジ「おう!やったるで!!」

    レイ「ええ」

    奥居「あれ?パワプロと矢部はどうしたんだー?」

    シンジ「パワプロ君なら、トイレに行ってるよ」

    田中山「矢部はなんかアニメの録画を家族に頼むの忘れたって電話しに行ったぞ」

    アスカ「ったく、試合前だってのに・・・」

    トウジ「まぁ、リラックス出来てええやんけ。なあ?」

    ケンスケ「そうだな、試合中にウンコしたくなっちゃたまらないしな」

    ヒカリ「ちょっと、下品よ!」

    「ははははは」

271 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 15:31:02.14 ID:ypDwocMb0
    パワプロ「ふう、スッキリした。急いで戻らないと・・・ん?」

    「・・・」

    パワプロ「あれは矢部君じゃないか。あんな所で突っ立って何してるんだ?」


    パワプロ「矢部君!」

    「あ、ここにいたでヤンスカ」

    パワプロ「探しててくれたの?ごめん、遅くなって。急いで戻ろう!アスカちゃんに怒られちゃうよ!!」

    「え、そっちは方角ガ・・・」
    タッタッタ・・・

272 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 15:32:32.61 ID:ypDwocMb0
    矢部「・・・じゃあヨロシク頼むでやんす、姉ちゃん」
    ピッ

    矢部「これで心配事はなくなったでやんす!急いで戻らないとアスカちゃんのカミナリが落ちるでやんす」

    「・・・」キョロキョロ

    矢部「ん?あれはパワプロ君でやんすか?・・・迷子になった子供みたいにキョロキョロしてるでやんす」

    「・・・」キョロキョロ

    矢部「パワプロ君!何してるでやんす?」

    「あ、探してたんだヨ」

    矢部「申し訳ないでやんす、急いで戻ろうでやんす!アスカちゃんに怒られたくないでやんすから!」

    「え、ちょ、そっちは方角ガ・・・」
    タッタッタ・・・

273 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 15:44:48.25 ID:ypDwocMb0

    アスカ「〜〜・・・遅いわねぇ」

    マヤ「うん・・・もうすぐで試合始まるのに」

    シンジ「探してこようか?」

    トウジ「そやな、皆で別れて探した方がええかもしれん」

    ヒカリ「・・・あ、待って!戻ってきたわ!!」

    パワプロ「お〜い、ごめんごめん〜!」
    タッタッタ・・・


    シンジ「良かった、矢部君も一緒だ」


    矢部「お待たせでやんす〜!!」
    タッタッタ・・・

    奥居「あれ?こっちにも矢部とパワプロが来たぜ〜?」

    田中山「え??」

    アスカ「ど、どういう事?」

274 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 15:46:35.39 ID:ypDwocMb0
    パワプロ「え?あれ??矢部君!?」

    矢部君「え?パワプロ君でやんすか??じゃあオイラと一緒にいるのは誰でやんす?」

    「! あ、ヤーベン君!」

    パワプロ「ヤーベン?」

    ヤーベン「あ、パワプリオ君!探してたでヤンス!!」

    矢部「パワプリオ??」

    トウジ「な、なんや?何がどうなっとんのや?」

    アスカ「ちょ、ちょっと待って・・・どっちがどっちなの?」

275 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 15:49:42.03 ID:ypDwocMb0
    パワプロ「は〜・・・君達がパワフル高校の留学生なんだ」

    ヤーベン「そうでヤンス。オイラ、ヤーベン・ディヤンスでヤンス」

    パワプリオ「そして俺がパワプリオ」

    アスカ「しかし、不気味な程そっくりねぇ・・・」

    シンジ「世界には自分のそっくりさんが3人はいるって言うけど・・・」

    レイ「・・・」

    矢部「そんなに似てるでやんすか?」

    パワプロ「そっくりだよ、口調まで」

    奥居「ちなみに二人の守備位置は?」

    パワプリオ「俺は外野だヨ」

    ヤーベン「オイラは外野と二塁でヤンス」

    パワプロ「守備位置まで同じだなんて」

    トウジ「向こうの矢部の方が守備は器用なようやな」

    矢部「ひどいでやんす」

277 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 15:57:27.95 ID:UmeitCVGO
    パワプリオ「これも何かの運命だナ」

    パワプロ「ああ」

    ヤーベン「お手柔らかに頼むでヤンス」

    矢部「こっちは本気でやらせてもらうでやんす!!」

    パワプリオ「じゃあ、また試合で会おウ。ヤーベン君戻ろウ。キャプテンが心配していル」

    ヤーベン「オッケーでヤンス」
    タッタッタ…

    パワプロ「よし!この試合絶対に勝つぞ!」

    矢部「おー!でやんす!」

    アスカ「ちょっと、キャプテンはあたしなのよ?」

280 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:04:01.68 ID:UmeitCVGO
    試合開始

    回表 パワフル高校の攻撃

    ヤーベン「いくでヤンス」

    アスカ「(矢部もどきが1番か・・・)」

    アスカの第一球

    ビシュッ

    ククッ

    ヤーベン「(カーブでヤンス!)」

    キィンッ!

    アスカ「!」

    打球は三塁方向へ


    ケンスケ「(げ!こっちに来た!)」

281 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:07:26.85 ID:UmeitCVGO
    急いで拾い、一塁へ投げるがヤーベンのヘッドスライディングの方が早くセーフ

    シンジ「(矢部君より速いみたいだ・・・)」


    ノーアウト、ランナー一塁(ヤーベン)

    パワプリオ「よし、ヤーベン君に続くゾ!」

    アスカ「(今度はパワプロもどきね!これ以上はさせないわよ!!)」

    アスカの第一球

    ビシュッ

    パワプリオ「(女の子にしては速い球を投げル・・・だガ!)」

    クククッ…

    パワプリオ「(変化!?うォッ)」

    カキッ

    いきなりアスカの魔球ソニックグレイブが炸裂

282 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:10:51.84 ID:UmeitCVGO
    打球はピッチャーゴロ

    アスカは拾ってすぐ二塁へ

    パシッ
    審判「アウト!」

    レイ「ッ」

    すかさず一塁へ送球

    シンジ「(来た!落ち着け、落ち着け・・・!)」

    パシッ

    審判「アウトー!」

    シンジ「・・・ほっ」

    試合開始早々ピンチだったが、アスカの魔球により無事抑える事が出来た


284 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:14:09.51 ID:UmeitCVGO
    二回裏

    ワンアウト、ランナー一塁(奥居)

    レイ「・・・」

    江崎「(これが噂の女選手か・・・)」

    江崎の第一球はスライダー

    ビシュッ

    クッ
    レイ「!」

    ブンッ バシッ

    審判「ストラーイク!」

    レイ「(・・・速い)」

    江崎「(色々苦労してるだろうけど、決めさせてもらうよ!!)」

    江崎の第二球

    ビシュッ

    レイ「(でも、打てない訳じゃない)」

    キンッ

285 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:17:28.50 ID:UmeitCVGO
    江崎「(なにっ!)」

    レイの放った打球はセカンド頭上を越えヒット

    その間に奥居は二塁へ


    奥居「(レイちゃん、やってくれたぜ〜!)」グッ

    レイ「・・・」コクリ


    パワプロ「おお、さすがレイちゃん!」

    アスカ「チャンスよ!!」



    シンジ「(つ、次は僕だ・・・)」


288 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:21:06.14 ID:UmeitCVGO
    ネルフ高校 職員室

    ミサト「あ、冬月教頭」

    冬月「なんだね」

    ミサト「バレー部の予算の事で校長先生に聞きたい事があるんですけど、見掛けませんでしたか?」

    冬月「校長ならちょっと留守にしている」

    ミサト「え?またですか?」

    加持「この前も野球部の試合の日に留守してましたよね?まさか・・・」

    冬月「さあな」

    ミサト「なるほど、息子さんの活躍が気になるんですね〜。素直じゃないんだからー」

289 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:23:42.92 ID:UmeitCVGO
    ブンッ

    ズバァンッ

    審判「ストライクツー!」

    シンジ「くっ・・・」



    アスカ「もう、しっかりしなさいよ!バカシンジ!!」

    矢部「(シンジ君はプレッシャーに弱いでやんす)」

    パワプロ「大丈夫だよ、シンジ君を信じよう!頑張って練習をしてきたんだ、必ずやってくれるよ!」

    トウジ「そうや、シンジ!しっかりせんかーい!」


    シンジ「(皆・・・ん?)」


291 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:26:28.09 ID:UmeitCVGO
    ゲンドウ「・・・」


    シンジ「(と、父さん?なんで観客席に・・・)」


    江崎が第三球を振りかぶる

    ザッ・・・

    シンジ「!(わ、ちょっと待って・・・!)」

    ビシュッ

    ギュオオオオッ

    キンッ!!

    シンジ「え!?」

    パワプロ「おおっ!」

    偶然振ったバットは完璧なタイミングで当たり、三塁とショートの間を抜けていった


294 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:29:15.00 ID:UmeitCVGO
    シンジ「当たっ・・・」


    アスカ「バカ!ボーッとしてないで走りなさーーーい!!!」

    シンジ「あ、そ、そうだ!」

    シンジは急いで一塁へ進む

    奥居は欲張らずに三塁でストップ


    シンジ「(よ、良かった・・・なんとか次に繋げれたんだ・・・!)」

    ワンアウト、満塁(一塁シンジ、二塁レイ、三塁奥居)


    ケンスケ「(こ、こんな大チャンスに僕かよ!?)」


297 :1 ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:32:06.74 ID:UmeitCVGO
    田中山「相田、大丈夫かな」

    アスカ「最悪でも犠牲フライになればいいわ」

    パワプロ「相田ー!頑張れー!」

    トウジ「ピッチャー、ビビッとるでー!!」


    江崎「(これ以上調子づかせる訳にはいかない!)」

    ビシュッ

    ケンスケ「(え、速・・・)」

    ズバンッッ

    審判「ストーライク!」

    ケンスケ「(あ、あの三人こんな球打ったのかよ?)」

298 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:35:03.88 ID:ypDwocMb0
    江崎が第二球を振りかぶる

    ケンスケ「(ちょ待っ・・・)」

    ビシュッ

    ブンッッ

    バスンッ

    審判「ストライクツーー!!!」

    ケンスケ「や、やばい・・・」


    トウジ「ケンスケーー!落ち着いて狙えやー!」

    アスカ「あんたには大して期待してないんだから、リラックスして打ちなさーい!!」

    ケンスケ「(ひ、酷いな・・・)」


299 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:37:47.12 ID:ypDwocMb0
    江崎が第三球を振りかぶって投げた

    ビシュッ

    ギュオオオオオッ

    ケンスケ「(く、くそー!僕だって1年間野球やってきたんだ!こんな球ーー!)」

    キィンッ!

    江崎「!!」

    奥居「おお!」


    ケンスケの放った打球はセンター方向へ

    しかし

    パワプリオ「これなら捕れル!!」

    パシッ

    審判「アウトー!!」

    パワプリオがキャッチし、ツーアウト

303 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:42:25.08 ID:ypDwocMb0
    奥居「(行くぜ〜!!)」

    同時に奥居がスタート

    パワプリオ「生還させるカ!!!」
    ビシュッ

    パワプリオがホームへ送球

    パワプロ「初速が速い!!」

    矢部「いい肩してるでやんす!」


    奥居「うおおお〜〜!!」

    奥居とボールがほぼ同時にホームに突っ込んでくる


    ズザザザザァァァ・・・・
    バシッ

    審判「・・・・セーフ!!!」

    ギリギリ、奥居の方が早くセーフ

    ネルフ高校先制


305 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:44:08.01 ID:ypDwocMb0
    奥居「やったぜ〜!」

    パワプロ「ナイス奥居!!」

    アスカ「よくやったわ!!」

    ネ1−パ0

    シンジ「やった・・・」

    レイ「・・・」


    アスカ「よし、次はあたしの番ね!!」

    トウジ「やったれ!アスカ!!」


    次打者アスカは球に当てるも、ゴロになりスリーアウト

    チェンジ

306 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:47:44.31 ID:ypDwocMb0
    四回表

    ワンアウト、ランナー無しでヤーベン

    アスカ「(コイツの脚の速さには要注意ね・・・!)」

    アスカが第一球を投げる

    ビシュッ

    ヤーベン「ヤンスッ」

    アスカ「!?(バント!?)」

    コツッ

    ヤーベンのバントで球は一塁方向へ

    ヤーベン「ウオオオオでヤンス!!!」
    ダダッ

    アスカ「トウジ!」

    トウジ「おう!」


308 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 16:50:36.14 ID:ypDwocMb0
    ボールを拾い、一塁へ送球

    トウジ「(行くでシンジ!!)」
    ビシュッ

    シンジ「(う、うんっ!)」
    パシッ

    審判「アウトー!」

    アスカ「よしっ!」

    ヤーベン「(うう、行けたと思ったでヤンス)」

    トウジ「ええで、シンジ!その調子で頼むで!!」

    シンジ「う、うんっ!」チラッ・・・


    ゲンドウ「・・・」

    シンジ「(父さん、まだいるよ・・・)」


    パワプリオ「(ヤーベン君はダメだったカ。ならば俺ガ・・・)」

    アスカ「(来たわね、パワプロもどき)」

    アスカ「(アンタはあたしの魔球で相手してやるわ!光栄に思いなさい!!)」

311 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 17:04:30.66 ID:ypDwocMb0
    アスカの第一球

    ビシュッ

    クククッッ
    パワプリオ「(来タ!この厄介なカーブ!!)」
    ブンッ

    審判「ストラーイク!」


    アスカ「(ふふん、どうよ!)」

    パワプリオ「(女の子なのによくあんな鋭い変化球ヲ・・・!)」

    アスカの第二球

    ビシュッ

    クククッ

    パワプリオ「(ここカッ!?)」
    ブオンッ

    バスッ
    審判「ストライクツー!!」

312 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 17:06:14.64 ID:ypDwocMb0
    トウジ「(ええ感じやアスカ!決めてまえ!!)」

    アスカ「(当然!)」

    アスカが第三球を振りかぶって投げた

    が

    アスカ「!(すっぽ抜け・・・!」

    ビシュッ

    パワプリオ「(失投カ!?もらっタァ!!)」

    ガキキィィンッッ!!!

    トウジ「!!」

    パワプリオの放った球はそのままスタンドの方に向かっていった


    ここでパワフル高校が同点に追いつく

313 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 17:08:29.96 ID:ypDwocMb0
    ネ1−パ1


    アスカ「(くっそ〜・・・大事な所で!)」

    トウジ「アスカ、ドンマイや!一点くらいすぐ取り返したる!!」

    アスカ「・・・ええ、わかってるわよ!」

    アスカは次打者を三振に討ち取りチェンジ


    四回裏

    矢部「よーし!オイラの出番でやんす!!」


    江崎「(・・ふんっ!)」

    矢部「(スライダー見切ったり!でやんす!!)」

    カキンッ!!

    矢部は初球から打ち、ボールはライト前ヒット


315 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 17:11:12.32 ID:ypDwocMb0
    ノーアウト、ランナー一塁(矢部)

    田中山「よーし!続くぞー!!」


    しかし田中山はフライでアウト


    ワンアウト、ランナー一塁(矢部)

    パワプロ「(このチャンスを無駄にはしないぞ!)」


    江崎の第一球

    ビシュッ

    パワプロ「(ストレートか!もらった!!)」

    キンッ!!

    江崎「くっ!」

320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/07(火) 17:40:02.64 ID:qsAopey5O
    おいついた…
    エヴァキャラのパワプロ絵見たいなあ

328 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 17:58:25.26 ID:ypDwocMb0
    パワプロの打球は投手江崎を強襲


    しかし

    バスッ!

    審判「アウトー!!」

    パワプロ「!」

    江崎が見事にキャッチ

    矢部「ととっとでやんす!!」

    二塁へ進もうとした矢部が急ブレーキ、一塁へ戻ろうとするが、江崎の送球でアウト

    審判「アウトー!チェンジ!!!」


    パワプロ「くっそ、行けたと思ったのに」

    矢部「ドンマイでやんす、パワプロ君」

329 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 18:00:30.85 ID:ypDwocMb0
    七回表

    ノーアウト、ランナー一塁(パワプリオ)、二塁(ヤーベン)

    アスカ「はぁ・・・はぁ・・・」

    トウジ「(アスカ、大丈夫か?)」

    アスカ「・・・」コク


    矢部「(アスカちゃん、辛そうでやんす・・・)」


    ヤーベン「(あの子、スタミナ切れでヤンスネ・・・大分球威も変化も落ちてるでヤンス)」


    アスカが第一球を投げる

    ビシュッ

    ヤーベン「(ヤンス!)」

    と同時にヤーベンがスタート

    トウジ「!」

    バスッ
    審判「ストラーイク!」

331 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 18:03:02.77 ID:ypDwocMb0
    トウジ「(ケンスケ!)」

    トウジがすぐさまケンスケへ送球

    焦ったか、少し高めに投げてしまう

    ケンスケ「!(わ、ちょっと高・・・!!)」

    ケンスケは飛び上がりなんとかキャッチ

    その間にヤーベンが滑り込み、セーフ
    アスカ「(・・・頼むわよホント)」


    ノーアウト、ランナー一塁(パワプリオ)、三塁(ヤーベン)


    アスカ「(このっ!)」

    アスカが第一球を投げる

    シュッ・・・
    ククッ・・・

    三番打者「(大した変化じゃない、もらった!)」

    キンッ!!
    アスカ「!!」

    三番打者の放った打球は一、二塁間を抜けた

332 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 18:07:07.03 ID:ypDwocMb0
    レイ「くっ!!」
    と思ったが、レイが横っ飛びしキャッチ

    シンジ「(綾波!!)」

    パワプリオ「(何ッ!)」

    ヤーベン「!(と、捕ったでヤンス!?)」

    シュッ

    すぐにホームへ送球

    パシッ
    トウジ「(よしきた!)」
    ヤーベン「ヤーンス!!」

    ヤーベンはそのままホームへ突っ込む

    ドオンッ!!
    トウジ「ぐっ!」

    審判「アウト!!」
    トウジがブロックに成功、アウトとなった

    ヤーベン「(く〜・・・悔しいでヤンス)」

    アスカ「(・・・よくやったわ)」

    レイ「・・・」コクリ

333 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 18:10:18.48 ID:ypDwocMb0
    ワンアウト、ランナー一塁(三番)、二塁(パワプリオ)

    鮫島「・・・」

    アスカ「(まだワンアウト・・・あと二人)」

    トウジ「(四番や、気をつけてや。アスカ!)」

    アスカの第一球

    シュッ・・・

    鮫島は見送り

    バスッ

    審判「ストライク!」

    鮫島「(・・・変化球のキレも確実に落ちてるな)」


    パワプロ「矢部君、奥居、一発が来るかもしれない!!気をつけろ!!」

    奥居「おーう!」
    矢部「やんす!」

337 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 18:32:38.37 ID:ypDwocMb0
    アスカ「(こんのぉ・・・!調子乗ってんじゃ・・・ないわよ!!!)」

    アスカが第二球を投げる

    ビシュッ

    鮫島「(悪いな)」


    カキィィンッ!!!

    アスカ「!!」

    トウジ「(あかん!)」

    鮫島の打球はレフト方向へ


    パワプロ「奥居ーー!!」

    奥居「おう!」


    奥居が急いで下がる


338 : ◆WAKj/OhRKU :2009/07/07(火) 18:34:18.91 ID:ypDwocMb0
    奥居「(もうちょい下がってジャ・・・)」
    ドンッ

    奥居「うっ」

    奥居の背中が壁に当たる


    と同時に球はスタンドに叩きつけられた

    スリーランホームラン

    パ4−ネ1

    アスカ「・・・!」

    アスカはがっくりとうな垂れる

    シンジ「アスカ・・・」


    その後もアスカはヒットを打たれるが、仲間達のサポートもあり点を入れられる事なくチェンジ


パワプロ君「ここがネルフ高校か・・・」【パート4】へつづく

引用元
パワプロ君「ここがネルフ高校か・・・」
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1246893796/l50
 

最新記事50件